青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「打った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

才能~ 打~ ~打たれ 打たれ~ ~打たれた ~打ち 打ち~ ~打っ 打っ~ ~打った
打った~
~打つ 打つ~ ~払 払~ ~払っ 払っ~ 扱~ 扱い~ ~批判 批判~

「打った~」 1023, 11ppm, 10178位

▼ 打った~ (185, 18.1%)

23 である 1110 です 5 だよ, では 4 であった, は 3 はこの 2 か, かい, じゃア, だった, だという, はお, はその, は彼女, は悪い, を聞い

1 [100件] かと思ったら, かどうして, かもしれません, か仰向け, か医者, か城太郎, か彼, がそち, が一番, が二十九歳, が二度, が原因, が古家, が君自身, が因, が太宰, が落ち, さ, そのときあたい, だが, だったが, だろうね, だ泣くどころ, でありました, であります, であるから, であろうお, であろうと, であろう余, でございましょうか, でございます, でございますよ, でございまする, でした, でしたが, でしょうわけても, ですから, ですね, と同時, と節倹令, に驚い, はある, はかの, はこんなにも, はそれ, はつぎ, はまさに, はフョードル・パーヴロヴィッチ, は一体, は不破, は中庭, は主任書記, は事実, は亡き, は今度, は先刻, は兵馬, は十四経, は右馬助, は四条左少将隆貞, は姐, は客卓, は寵臣水野美濃守, は山口, は常盤, は後, は思いがけない, は昔, は昨夜, は止せ, は氷, は泊ってる, は無理, は煮た, は狭い, は禁断, は空, は菅原道真, は血, は街道, は身体, は頼母, もこの, もさすが, もただ, もようやく, も事実, も夢中, も知っ, も若い, やらだれ, をはっきり, をキッカケ, を夜じゅう苦, を思いだした, を押入れ, を着け, を聞きました, 打たれたの, 百羽捕った

▼ 打ったよう~ (103, 10.1%)

9 に静か 3 な静けさ, にシン

2 [14件] であった, な気, な静かさ, な音, にしん, にその, にひそまり返っ, にひっそり, にシーン, に声, に森, に現われた, に見え, に静寂

1 [60件] でした, でしたが, です, でも, なかすり傷, なしいんと, なもの, な中, な人垣, な仕儀, な夜, な小さい, な心持, な水音, な深夜, な物音, な癖, な花, な行儀, な霧, な静寂, な響き, な髯, な鬼気, にこの, にし, にしずまっ, にしずまった, になり, になる, にぱあッ, にひそまりかえった, にひろがる, にカラリッ, にガッキリ, に土匪, に大形, に寂, に広間いっぱい, に掻き乱れた, に数百人, に枝葉, に森閑, に濡れ, に烏, に粛, に続き, に縮み上がっ, に群衆, に街道, に見えた, に見える, に言っ, に霑, に露, に静まりかえっ, に静まり反った, に静まり返っ, に静まり返りました, に静まり返ります

▼ 打ったもの~ (42, 4.1%)

32 ですから, はそこ

1 [35件] かその, か其の, だった, で, であろう, でけっして, でした, でしたから, でしょう, です, ですが, ですよ, では, といっ, としか思えない, と称せられ, と見え, と近頃, に違い, はその, はたしかに, はなかっ, はまぎれ, はまさしく, はピシリ, は人間, は他, は南軍, は武力, は真個, は第, もあった, を見, を見る, を見出した

▼ 打った~ (37, 3.6%)

2 どうした, 今は, 何うし

1 [31件] そっと口, そのまま腰, それは, それも, そんな事, つづいて, ふと思いついた, またかわし, やがて地, やはり中らなかった, わずらわしい意識, 一人の, 二三寸滑走し, 他へは, 住む事, 何の, 信用しない, 俺に, 子供は, 少し読ん, 弦之, 徳善院腹の中では, 敵が, 斯んな, 気絶を, 矢張り中らなかった, 精養軒には, 見当が, 語気に, 音が, 飛田の

▼ 打った~ (34, 3.3%)

5 思うと 4 見えて 2 いう

1 [23件] ありましては, あれば, いうから, いうが, いう事, したならどう, しよう, すりゃ残るところ, すれば, ぼくは, 世間に, 云うから, 云う談, 云って, 伝えられる, 思う, 思うが, 思ったらたとえ, 申して, 申し立てて, 考えては, 見えまして, 見える仆

▼ 打ったこと~ (33, 3.2%)

8 がある 3 があった

1 [22件] があります, がなかっ, だ, だし, だろうが, と満州, に関係, のある, のない新しい, の無い, はありません, はある, はお, はない, は彼, は申す, もある, も自分, をひどく恥ずかしく, をよく, を思いだした, を承認

▼ 打ったので~ (19, 1.9%)

1 [19件] これも, さすがのかれ, びっくりし, へえ見兼ね, ぼんやりし, 今度は, 今日は, 梅賀も, 汽車が, 湯が, 灯を, 猴も, 董卓は, 蛇の, 覚えず外, 貞之助が, 長者は, 阪井は, 高氏は

▼ 打った~ (19, 1.9%)

1 [19件] お米, この内輪, だった, だったと, でした私, にお, には二杯, には最初, には足, にジャン, に何, に堅固, に数馬, に青白い, のこと, の容, の火花, は無論, もうだんだん虫

▼ 打った~ (17, 1.7%)

42 だよ

1 [11件] じゃありません, じゃない, だか, だから, だぞ, だな, でございましょう, でした, です, ですね, では

▼ 打ったという~ (13, 1.3%)

1 [13件] ことだ, ことだけで, ことは, のです, のは, ような, わけな, 事が, 事実の, 例の, 噂も, 手付を, 辻風典馬は

▼ 打った~ (10, 1.0%)

3 打たぬか 1 いやまだ, それで手前腹, それは, わからぬが, 分りません, 打たれては, 有難いこと

▼ 打ったから~ (10, 1.0%)

1 であろう茅野雄, なに大丈夫だ, らしい, 上帝倉皇天に, 其処へ, 嘸痛むであろう, 打返しただねえ, 産まれて, 眼から, 顔から

▼ 打った~ (9, 0.9%)

4 違いない 1 しちゃ, しても, すぎない, 相違ない, 過ぎぬ

▼ 打った電報~ (8, 0.8%)

2 が南米 1 が六日, が配達, と函館, はひろ子, を宿, 御落手

▼ 打っただけ~ (7, 0.7%)

1 だった, であった, でありました, である, では, で十分, で急

▼ 打ったのに~ (7, 0.7%)

1 つけっぱなしの, 気が, 痛くも, 相違なかっ, 迎えに, 運転手は, 驚いた

▼ 打った~ (7, 0.7%)

1 でございます, です, など無い, は疑い, もある, も有りました, を病人

▼ 打った~ (7, 0.7%)

1 が逆, ではない, に狂い, は柴田明智等, は細川顕氏, は見事, をかえし

▼ 打ったところ~ (6, 0.6%)

1 がお, だ, で行き, で解ける, はたして道子, へ来

▼ 打った~ (6, 0.6%)

1 がいた, が一人, が笠取山, の父親, は打ち, を救い

▼ 打ったけれども~ (5, 0.5%)

1 これは, そのお, それには, まだ海, 恐らく彼

▼ 打ったつもり~ (5, 0.5%)

1 であったが, でいた, でがんりき, で家, らしい

▼ 打った~ (4, 0.4%)

1 そばです, 多喜が, 眼である, 駕籠が

▼ 打ったそう~ (4, 0.4%)

1 だが, だね, である, ですよ

▼ 打ったため~ (4, 0.4%)

1 であり暫く, にあの, にいつしか, らしかった

▼ 打った~ (4, 0.4%)

1 の親, は上手, もあ, を振向い

▼ 打った~ (4, 0.4%)

1 で一尺, の名, はない, は急所

▼ 打った拍子~ (4, 0.4%)

1 にひどく, にピストル, に扇, に足

▼ 打った~ (4, 0.4%)

1 であった, な, な静か, にコロッ

▼ 打った~ (4, 0.4%)

1 がある, である, で持ちきっ, はたちまち

▼ 打った~ (4, 0.4%)

1 が一本, に載せ, の先, はフタ

▼ 打ったくつ~ (3, 0.3%)

1 なんぞをどうして, のある, をはく

▼ 打ったその~ (3, 0.3%)

1 声の, 記録書を, 髪の

▼ 打ったって~ (3, 0.3%)

1 お前そんな, 点には, 致し方が

▼ 打ったとか~ (3, 0.3%)

1 で今夜, で田地, 大した事

▼ 打ったとき~ (3, 0.3%)

1 には雨後, にドア, に交番

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 これは, それのみ, 貴方な

▼ 打ったばかり~ (3, 0.3%)

1 だのに, であった, である

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 お役人, に土足, に長く

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 をいただい, をつけ, を冠

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 がある, が十間, ではなく

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 がそこ, が張り繞ら, の中

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 がやぶ, はみんなファウル, はショート

▼ 打った登山靴~ (3, 0.3%)

2 をはく 1 でなくても

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 がなかっ, でしょう, を浴衣着

▼ 打った途端~ (3, 0.3%)

1 にかの, にがたりと縁台, に右

▼ 打った~ (3, 0.3%)

1 その某館, で山奥, のこと

▼ 打った飾り駕籠~ (3, 0.3%)

1 でおまけ, に不審, のあんばい

▼ 打ったかの~ (2, 0.2%)

1 ごとく動いて, ように

▼ 打ったかも~ (2, 0.2%)

1 知れないと, 知れません

▼ 打ったころ~ (2, 0.2%)

1 はたしかに, は碁

▼ 打ったそれ~ (2, 0.2%)

1 が一番, が大きな

▼ 打っただけで~ (2, 0.2%)

1 死ぬ者, 谷へは

▼ 打ったところが~ (2, 0.2%)

1 何ぞと, 兄さんからは

▼ 打ったとたん~ (2, 0.2%)

1 に睫毛, に頭

▼ 打ったとて~ (2, 0.2%)

1 現在でも, 誰も

▼ 打ったとも~ (2, 0.2%)

1 とうに打った, 送ったとも

▼ 打ったばかりに~ (2, 0.2%)

1 フラリと, 殺された

▼ 打ったばかりの~ (2, 0.2%)

1 ところであった, 宵の口で

▼ 打ったまま~ (2, 0.2%)

1 で無言, 睨んで

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 ずを, 同じ事

▼ 打ったものの~ (2, 0.2%)

1 メソメソ泣かれ, 目ぼしい

▼ 打ったわけ~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 の音, 何と御覧

▼ 打った古い~ (2, 0.2%)

2 幕が

▼ 打った場合~ (2, 0.2%)

1 それでもおだやか, 苦しめて

▼ 打った大砲~ (2, 0.2%)

1 で岩, のよう

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 がもう, の亭主

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 がある, の潜り戸

▼ 打った小判~ (2, 0.2%)

1 で五百両, を持っ

▼ 打った当人~ (2, 0.2%)

1 だけにどうも, でございますから

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 はまっすぐ, は已に

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 ではない, で余

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 の前, を開く

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 で凡そ三十間, の根

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 の輪, らしい流れるばかり

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 でございますよ, ならわざわざ

▼ 打った~ (2, 0.2%)

1 の火, へすぐ

▼ 打った~ (2, 0.2%)

2 之助

▼ 打った芝居~ (2, 0.2%)

1 が中途, だとしても

▼ 打った証拠~ (2, 0.2%)

1 で, に相成る

▼ 打った陣笠~ (2, 0.2%)

1 の裏金, をかぶっ

▼1* [279件]

打ったあげく多量の出血, 打ったあの影芝居であった, 打ったあやしい無電を, 打ったあゝ可愛そう, 打ったかつらをつけ, 打ったかと思うと, 打ったかという大事な, 打ったかとしか思われないひどい, 打ったかなア江戸に, 打ったかなんかでひどく, 打ったかをしいて知りたい, 打ったきり半時間, 打ったくつわたしは得意, 打ったくつビロードの半, 打ったくまというの, 打ったけなげの者, 打ったけれど一向へんじ, 打ったことピシリと引ける, 打ったこと並人生の切な, 打ったこれから先が, 打ったころ彼は馬車, 打ったこんな電報が, 打った様子な, 打ったざまだ, 打った女中という, 打ったしかし私は, 打ったじゃないか, 打ったすずめもぶらさげ, 打ったせいだろうと, 打ったそして停まった, 打ったそれで村の, 打ったッ, 打ったたまが塀, 打ったため左半面見る影, 打ったため王双は逃げきれず, 打っただけのことで, 打ったがす, 打ったときベートーヴェンはその, 打ったとき何事だろうその, 打ったとき宗助はもう, 打ったとき彼は何, 打ったとき金五郎はマン, 打ったとしてもそういうこと, 打ったとは思われぬ, 打ったなどということが, 打ったのちこんどは四つ, 打った線香, 打ったはずだからな, 打ったはずみに己, 打ったはっと目を, 打ったはめ手通りに行っ, 打ったひそひそばなしという, 打ったひとつの点, 打ったふしぶしの, 打ったほうをサト子, 打ったほかに左, 打ったほど鋭く現実, 打ったほどにしか見えないかい, 打ったほんとうの鉄砲, 打ったまだ片割れは, 打ったまっ黒な怪物, 打ったまでなの, 打ったまではいいが, 打ったまま氷結したバイカル, 打ったやがて一時を, 打ったやつをなあ, 打ったよう千百の見物, 打ったりっぱな旧家, 打ったんでげすが, 打ったスペイン型の短銃, 打ったチョコレート色の毛, 打ったチョビ安大道に四つんばい, 打ったディールさんと思いくらべ, 打ったトタンに気持, 打ったパリパリなん, 打ったピグミーは一間, 打ったミノ判二枚の, 打った一ツ家の額面, 打った一人の塾生, 打った一大布石であったこと, 打った一打ちが急所, 打った一石だった, 打った一軒の門, 打った一通の電報, 打った七つから八つ, 打った三吉もお前, 打った上弾みを喰っ, 打った不吉な摶動, 打った折れの, 打った九万をポン, 打った二つの現象, 打った五枚冑を戴き, 打った五枚錣の兜, 打った五百両千両という大, 打った亜鉛葺きの, 打った低級な小, 打ったもあろう, 打った先妻のアデライーダ・イワーノヴナ, 打ったに黒革, 打った兵隊靴が入り乱れ, 打った其奴の鼻頭, 打った冑金襴で錏がわり, 打った冥加の程, 打ったが脇差, 打った切石が試験的, 打ったを下げ, 打った功労の者, 打った勢いで, 打った北沢がメンソレータム, 打った千両箱でそれ, 打った単葉の偵察機, 打った原稿の全部, 打った厳しい鋲の, 打ったからジク, 打った合口で金重, 打った咽喉がうずく, 打った四本の新しい, 打ったに裳, 打ったで今日, 打った増屋の刻印, 打った太鼓が, 打った大きな折敷に, 打った大きなその靴を, 打った大小覆面黒装束というこしらえ, 打った大網に雑魚, 打った大迫玄蕃が, 打った大門の鉄扉, 打った契約書と同文, 打った女の子でもいい, 打った打者だった, 打ったのところ, 打った畳を, 打った宣言演説の原稿, 打ったにものすごい, 打った小刀を研ぎ終り, 打った小川が流れ, 打った少年の顔かたち, 打った屍体容器に取付け, 打った山稜が小黒部谷, 打った岩烏も畢竟, 打ったのよう, 打った幔幕の桟敷, 打った幕舎やらそれぞれ, 打った平打の銀簪, 打った庭樹の面, 打った之助, 打ったさだった, 打った弾みに眉間, 打った形跡がある, 打った著の, 打ったがしい, 打った思いをし, 打った急電に依っ, 打った患部と思う, 打った懐しく床しい留南奇が, 打ったるもの, 打ったは風流, 打った手形だけが桃色, 打った手裏剣は彼, 打った拍子木の音, 打った捨吉も斉, 打ったも一コース, 打った料理が毛蟲, 打ったも面, 打った旗さし物を翳し, 打ったには七里, 打った早業は人間業, 打った時ノックするわよ, 打った時分に屏風, 打った時楊柳の黄色い, 打った時葉子も思わず, 打った本人である, 打った本姓が, 打った東作それくらいのこと, 打った東西文化の方向, 打ったのしずく, 打った松平出羽守様お払下げ, 打ったを懸け, 打った板木の音, 打った格別普通の, 打った格子さきへあの, 打った格子組の木橇, 打った桐箪笥を作ります, 打った植込みの蔭, 打ったへ大変, 打った様子暫らくは起き上る, 打った標木を唯一, 打った欄干づき輻, 打った武芸者なんてひとり, 打った民五郎を追っ立て, 打った氷斧を持っ, 打った津賀閑山が騒ぎまわっ, 打った濡れ縁さえ突き上げる, 打ったはそこ, 打ったでしょう, 打った為仔細あって, 打った暗に打っ, 打った無線電報が奇怪, 打った無電による, 打った煉瓦の石, 打った独武者羅生門よし土蜘蛛, 打った生活をし, 打った生蕎麦はやっぱり, 打った由緒ある古物, 打ったの緒, 打った甲斐がねえ, 打ったは暑, 打った盛り上をおいた, 打った槍を, 打った瞬間にソンナ変テコ, 打った短靴を穿ち, 打った石橋を渡る, 打った石礫猛犬の額, 打った砂利道が涼しげ, 打ったの音, 打った積極的理由もわかりません, 打った立札を, 打ったであった, 打ったに包まれた, 打った素襖烏帽子の奉行, 打った細い杭と, 打った細長い卓によって, 打ったの末, 打った繻珍の鼻緒, 打ったは膝, 打った懸窓, 打ったが後で, 打った自分の情婦, 打った自動車を発見, 打った船印が立てられ, 打った芝居みたいに思われだす, 打った花道で何となく, 打った草履をひきず, 打ったの山, 打った蕎麥が素敵, 打った藤六のもの, 打ったの地面, 打った覚えがござろう, 打った観音開きの扉, 打ったは, 打った試しがない, 打った諭告なの, 打ったの無電, 打った象牙が林, 打ったが町, 打った進歩への献身, 打った道教まがいの祭壇, 打った部屋があっ, 打ったの茶釜, 打った金銀の金具, 打った金鍼を揉み込み揉み込み, 打った鉄兜の鉢, 打った鉄扇がポン, 打った鉄棒をさし, 打った鉄鋲が魔物, 打ったの樹木, 打った鉢兜に小具足, 打った鉢割という武器, 打ったが音, 打った鋲穴の窪み, 打ったには寸毫, 打ったを着, 打った長屋風の格子戸, 打った関羽と称する, 打った電文は, 打ったを穿い, 打った靴私のルックサック, 打ったの反響, 打った風折烏帽子に彼, 打った飯碗を捧げ, 打っただけをさらに, 打ったで取り返し, 打った駕籠で迎え, 打った高い屋台に, 打ったをゆすっ, 打った髪の毛か, 打ったはまた, 打ったの羽織, 打った鼻柱の横