青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「教室~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~故郷 故郷~ ~救 救~ 救い~ ~教 教~ ~教え 教え~ 教会~
教室~
~教師 教師~ 教授~ ~教育 教育~ ~教養 教養~ ~敢 敢~ 散~

「教室~」 1637, 18ppm, 6461位

▼ 教室~ (438, 26.8%)

12 中に 10 中で 9 窓から 8 窓を 7 中へ, 方へ 6 中を 5 中の, 中は, 書物も, 窓の 4 中には, 隅に

3 [11件] ほうへ, 一隅に, 入口に, 前に, 外に, 外の, 建物は, 戸を, 掃除を, 窓に, 藏品なり

2 [33件] うしろの, おのおのの, なかに, なかの, ような, ドアを, 一番うしろの, 一番隅に, 側を, 入口の, 内を, 内部を, 出入りに, 出入りを, 卓の, 地下に, 外から, 天井も, 廊下へ, 後の, 戸が, 方から, 方に, 本や, 横の, 焼跡には, 窓, 職員達と, 自分の, 裏手に, 近くに, 黒板が, 黒板の

1 [252件] あさましい馬鹿騒ぎ, あとから, いくらか, うしろに, うしろ側に, うちが, うちで, うち一方を, お掃除, かけひきまで, かへり, ことよりも, ごとき観, すぐ下, そこここに, そとで, そとにも, その一角, ただの, どこにも, なかには, ほうにも, ほうは, ほうを, まえあたり, まどにも, ようだ, われる様, ガラス戸は, ズット向う, セットに, バラックの, ピヤノの, ボールドに, 一室に, 一番前の, 一番背後の, 三階の, 三階全部に, 上に, 下から, 並んだ机, 中が, 中では, 中でも, 中と, 中なぞ, 中にも, 中も, 中心の, 中頃の, 主任教授と, 人々の, 人に, 人手は, 仕事を, 付近には, 先生, 先生は, 先生よりも, 先生方を, 先生達とも, 先輩に, 内で, 内に, 内には, 冷蔵室に, 前で, 前へ, 前まで, 前を, 創設当時の, 助手, 助手だ, 助手ぢや, 助手でも, 助手を, 助教授の, 古参連中の, 古色蒼然たる, 名が, 周囲にも, 図書の, 図書室で, 図書室と, 図書室を, 塵を, 壁と, 壁に, 壁の, 壁や, 壁を, 外部には, 大きなガラス窓, 大久保さんが, 大久保三郎君, 大久保三郎氏が, 大火鉢, 天井が, 奥田教授の, 姿が, 学生で, 孫野理学士が, 完成に, 実験の, 実験室を, 宮永博士が, 寂しいがらん, 小使に, 小使を, 小林行雄岡崎敬両君の, 小泉源一博士が, 小笹君たちを, 山田先生だった, 広いこと, 床の, 床は, 床板に, 床板を, 廃墟には, 廊下, 廊下で, 廊下の, 廊下や, 建物が, 後方に, 戸口に, 戸棚の, 扉に, 扉へ, 扉を, 掃除から, 掃除も, 掃除当番を, 掃除當番を, 授業に対する, 救護に, 教壇の, 教師の, 教授の, 教授を, 数え歌の, 数は, 數も, 方々や, 方からは, 方の, 方は, 日本各地に, 昼飯の, 最も怖, 本を, 本館で, 机で, 机に, 机について, 机の, 机や, 板塀にも, 柱や, 格子窓には, 椅子卓を, 樣な, 横を, 正面には, 殘つてゐ, 気風に, 沈默は, 浜大柳井上山下吉田の, 淡河博士が, 灯が, 為事の, 為事を, 煖炉の, 片隅に, 狭い実験室, 玄関に, 生徒や, 用事を, 疎開跡の, 白い壁, 皆の, 看護婦たちが, 看護婦も, 看護婦を, 真ん, 真中へ, 石川教授の, 硝子が, 硝子戸は, 硝子窓越しに, 神聖を, 秩序も, 空気に, 空気は, 空気を, 窒息し, 窓からは, 窓などが, 窓は, 窓へ, 窓より, 窓枠の, 窓硝子一枚を, 窓硝子越しに, 窓窓より, 窓辺まで, 紙天井が, 緊張が, 者たちは, 職員学生一同で, 腰掛に, 自室の, 若い人々, 若い先生方, 若い助手, 荒川理学士の, 蔭に, 蝋山教授白面の, 表看板である, 裏の, 裏丘を, 裏手の, 見回りに, 解剖室から, 課業も, 講堂で, 講義に, 講義式に, 近くでなけれ, 近くの, 退屈から, 連中と, 連中に, 連中へ, 運動場に, 部屋は, 附属病院に, 陳紹馨, 隅から, 隅つ, 隅で, 隅なぞよりは, 隅の, 階上にあたって, 雰囲気が, 顕微鏡に, 騒々しさ, 黒板に, 黒板へ, 黒板を, 黒板硝子窓から

▼ 教室~ (279, 17.0%)

13 入って 7 出て 6 行って 3 なって, 入ると, 出入し, 勤務し, 坐って, 帰って

2 [22件] いた, いた時光, いた菅谷重二博士, いると, はいった, はいったとき, はいりました, ゐて, オ暇乞いを, 上つて行く, 入つて, 入つて授業, 入れて, 助手を, 導かれた, 持つて, 於て, 来て, 残されて, 這入つて, 這入ると, 顔を

1 [191件] あって, あっては, あつて, あてられて, あらわれその, あらわれた, あらわれ一個, あるだけの, ある物, いたあの, いたが, いたこと, いました, いらしても, いるだけの, いるよ, いる友人, いる時分, いる若い, おいでに, かくして, きた, きた伊藤篤太郎君, きちんと並ん, きて, きては, こうした学科, こっそりやって来, した, しばらくそのまま頬杖, そのモデル, たちこめて, たつた一人, つまった仲間たち, つまって, つれられて, とどまらずとおく, とどまりアアミンガアド, なかった, ながれ込むの, のこって, のろのろはいっ, ぱっと電燈, ひとり残っ, ひろがって, やって来て, やって来る, ゐた, ゐたが, ゐること, キチガイ博士として, パッと, 一人で, 一人立たされ, 三千人の, 並べて, 並べられた裁縫板, 並んで, 今田束という, 休ませて, 休んで, 伴って, 住みこんで, 余り遠く, 保管した, 児童の, 入ったが, 入ったらしいの, 入った時, 入つた, 入りました, 入り大学, 入り授業, 入り机, 入り爾来, 入り雑ら, 入る, 入るその, 出ずそれら, 出た, 出ないので, 出られないほど, 出ると, 出るよう, 出るん, 出る時間, 出入した, 出入りする, 出入りや, 出席しとる, 到着直ちに, 勤めて, 半年あまり, 厄介に, 可愛い子供, 君臨する, 四五十分も, 在る風琴, 坐りプーシュキン, 大きな, 姿を, 居って, 居ました時分, 居る生徒, 居残って, 居残つて, 属するいくつ, 属するすべて, 市費で, 帰ったの, 床を, 廻されて, 張り出されて, 役に立てさせようと, 慣れ候, 戻って, 持ちこまれるという, 持ち出すこと, 持って, 改造する, 於いては, 於ける同, 於ける同人, 於ける地動, 於ては, 昔どおりに, 机を, 来たの, 椅子で, 残されたこと, 残った, 残って, 残つて居れ, 残りたがる, 殘つて居れ, 泊まった, 演説に, 火を, 灯が, 焼夷弾が, 燃え移った, 狂女が, 現はれた, 現れて, 現われた教授ウンラート, 生き残りの, 立たせること, 立って, 立つて, 結びつけたもの, 結び付ける間接, 置いて, 置くわけ, 腰かけた五〇年後, 臨ませるの, 若い世代, 荷物を, 蓄音機を, 行きお蔭, 行き午食, 行き教授, 行き為事, 行く三階, 行く勇気, 行く気, 行こうと, 行った, 行つてこの, 見えた時, 訪ね又, 詰切つて, 誰かが, 起った怪事件, 近い一角, 退いて, 這入って, 這入っても, 通つた, 通つてゐる, 連れて, 運ばれた遺骸, 運ばれました, 關する, 集まった, 集まつた教員達, 集めた, 集め何列, 雛を, 雪崩れこん, 飾られて, 駈けつけた

▼ 教室~ (192, 11.7%)

3 あつた, 為事し, 誰かが, 顔を

2 [11件] それを, みんなに, 先生が, 先生の, 屡教科書, 朗読した, 机を, 為事を, 男の, 解剖に, 講義に

1 [158件] あの温良, あらうとも, いちばんうしろに, いつもの, うたって, おそわって, おたがいに多少気まずい, かう云つて歎息, くだらないノート, こういった, さっぱり真面目, しょんぼり自習, する講義ぶり, そこの, その次, その顔, そろって, たびたび顔, つくるツリー, どの先生, なにを, ひとしきりぎゃあぎゃあ大騒ぎ, ひとりで, ひょうきんな, ぼんやり時を, めき, もっとも大胆, ものを, やはり私, わっと, エロティックな, テキストに, バアロウさんと, ヒックリ返っ, ラヴ, ローマ字で, ローマ字を, 一人の, 一度は, 一杯つまった, 一緒に, 三田文学紅茶会が, 上級学校志望の, 下の, 互いに論争, 仕事を, 作製し, 使つて見た, 使ふ, 俺は, 働いた, 働き午, 働き夜, 先生に, 先生も, 公言した, 凹面鏡の, 初世, 創設されました, 勉強の, 受ける白眼視, 古典的な, 可なり口, 同じ事柄, 同時に授業, 咳を, 四十人ばかりの, 土器の, 地理の, 報告した, 大騒ぎを, 子どもと, 学生が, 学生に, 学生を, 學生に, 実験が, 実験し, 寝る許可, 将来何に, 小便を, 居眠りばかり, 居眠りを, 屍体解剖を, 席が, 弁当を, 当時私は, 待ちくたびれて, 得るところ, 心理学の, 恰度その, 意地わるい, 我も, 或る, 戦争ごつ, 授業し, 教える時, 教つてゐる, 教わったこと, 教わる学問, 文学史を, 新らしい, 昨夜七時の, 机の, 校長さんに, 校長への, 根を, 楢雄は, 権田原先生に, 死んだはず, 毎週放送され, 演説の, 瀬川といふ, 煙草の, 煙草を, 犬を, 生徒が, 産婦人科学の, 癌腫発生の, 皆の, 直接容疑者に, 相手は, 研究し, 研究中応召された, 私ども百姓の, 私は, 算術や, 精一ぱいに, 紹介された, 組主任から, 編集し, 聞いた吾輩, 良寛和尚を, 苦しんで, 英語を, 行なわれた, 行われた, 行われる位, 見かけた熱心, 見かけましたので, 見る大学生, 見慣れた猫又先生, 解剖が, 言葉や, 訊くと, 読本を, 講師が, 講師を, 講義を, 起こって, 路易は, 逢った時二人, 遊びました, 遊んで, 雛を, 青木が, 飼われて, 騒動を

▼ 教室~ (170, 10.4%)

14 はいって 9 行って 8 入って, 持って 5 行くと 4 帰って 3 入つた, 持つて, 這入って, 連れて 2 入ると, 出ること, 来て, 行きそこ, 行つた, 通って

1 [98件] あがりこんで, いったらねずみ, おしかけて, かおるの, かけこみ, きたの, くる顔, こんなもの, しのびこんで, でて, ぬっと黒い, のこのこ参観, のぼって, はいった, はいった時, はいってから, はいりました, はいる, はいると, はいろうじゃ, まだ洋行前, みちびいた, みちびいて, もどった, もどつた, もどるん, やって来た鬚, やつて, やり女, 二十分程, 依頼し, 俺が, 入った, 入った日, 入ってから, 入ってからも, 入つて, 入らうか, 入りこみダイヤモンド, 入るの, 出かけて, 出かける後姿, 出て, 出なくても, 出ると, 出るよう, 出る前, 出勤し, 出勤する, 出向いて, 出席し, 出掛けること, 外国人を, 娘たちを, 届けさせるよう, 帰ったが, 帰ったとき, 帰ったの, 帰つて来ました, 帰られたが, 帰ると, 帰る途中, 強奪に, 御持参, 戻った, 持参し, 散歩に, 日本橋から, 残つて厚い, 殘らなけれ, 移らなければ, 移りなさいそこで, 移動する, 自働電話, 行かなくっちゃ, 行かなくつちや, 行きグラウンド, 行く, 行く事, 行った, 表面だけは, 見えなかったが, 見えませんな, 講義に, 走って, 近いて, 送って, 運ばれて, 運ばれ解剖台上, 運び始めた, 運んで, 集って, 集つてその, 鞄を, 響けて, 顔を, 駆けつけたの, 駈けこんで

▼ 教室~ (135, 8.2%)

23 出て 7 出た 6 出ました 4 出ると 2 ひらいて, 出たり, 掃除し

1 [89件] あけて, あっちへ, かりて, ご案内, さわがすため, さわがすつもり, たずねた時, たずねる, でる, とびだして, どの小学校, ぬけ出すこと, のぞいて, のぞくと, はいると, はじめ図書室博物室等を, はねだして, ぶっこぬきに, ほったらかして, まわって, まわる, ゆるがし学校, わざわざ見物, ドンドン出, 一歩出た, 中心として, 何と心得る, 公けと, 出しなに, 出すので, 出たの, 出たもの, 出ようと, 出るの, 出るまえに, 出る娘たち, 出ろ出, 初めとして, 包む一棟, 卒業した, 去ること, 参観す, 受持って, 名残惜しさうに素, 密閉し, 床張りに, 廻り甘味品, 引上げ笈を, 往復し, 思いだして, 思い出させるよう, 恐怖の, 意味し, 抜け出しまだ, 抜け出す, 持たず二部教授, 案内しよう, 歩く, 無視する, 片づけ女教師, 睨みまわした, 自分の, 見おろして, 見まわした, 見まわしちょっと, 見まわしてから, 見わたした, 見巡すと, 見物しました, 覗いて, 覗きながら, 覗き彼女, 訪れる患者, 設け研成学院, 誰よりも, 軽蔑し, 辞して, 間違へ, 間違へる, 離れたかと, 離れて, 飛び出さうと, 飛び出して, 飛び出しました, 飛び出しましたが, 飛び出すものの, 騒がしたん, 騒がすけしからん生徒, 騒がす生徒

▼ 教室~ (59, 3.6%)

2 一棟三室その

1 [57件] あの水車小屋みたい, いつもいっぱいであった, いつも聽講者, うす墨, ざわざわし, しんとして, しんとなっ, その最北端, たちまち一塊, たった一つ, ちよつと, ほとんどその, まだしいんとし, まるで野戦病院, 一緒に, 三組にな, 下だけ, 二十程机を, 五区の, 今し, 今度新明正道教授外二名の, 全員絶望との, 八重桜の, 劇しくどよめい, 動物園の, 向うの, 四年女子組の, 崩壊した, 川っ, 広くどの, 当時俗に, 急に, 教授と, 新しい, 明治十九年に, 暗く汚なかつた, 書斎の, 本館の, 殺風景過ぎます, 気味わるい, 水の, 滅茶滅茶に, 漸, 爆弾にも, 男女一しょだった, 的矢丸船内に, 皆が, 盲めっぽう, 納骨堂が, 若い声, 衛生細菌の, 豆が, 開かれた, 闇だ, 陰気で, 階下の, 雪崩で

▼ 教室から~ (40, 2.4%)

5 出て 2 聞えて

1 [33件] お由, つれ出して, でて, はみだしたとき, もっとひろい, オルガンの, ワラワラと, 今度追われる如く, 出されて, 出た, 出る仕事, 剖見の, 名誉博士の, 問い合わせにも, 始めるよう, 帰ったとき, 帰って, 廊下を, 抜け出して, 抜け出そうと, 教室を, 歸つ, 消えて, 消えると, 盗んで, 程遠くない, 聞えるの, 職員室へ, 見えなくなつ, 遠いの, 遠くて, 雨天体操場へ, 飛び出した

▼ 教室では~ (36, 2.2%)

2 先生の

1 [34件] あなたの, あまり愉快, たとい鑑定, どれほどこっけい, ない, なるべく中央, なるべく金, まえほど, もっと早くから黒板, もつと, キリスト教に関する, ペンクや, マイノングの, ミンチン先生が, リヤ王が, 一面識が, 何十年以来植物の, 修一は, 傍視を, 全然煙草, 原子物理学の, 地理の, 教師, 教師が, 教師の, 旧くから, 案の, 殆ど休なく, 無論の, 熱心に, 神無, 逢えなかったが, 重宝がられ, 顔を

▼ 教室には~ (35, 2.1%)

9 いって 5 いると

1 [21件] いなかった, いるという, いるなり, いる時分, おどろいたね, ついこの, もう用, ソンナ連中が, 今まで, 午後の, 厚板の, 同級生が, 地圖もか, 松村任三, 正たちは, 武石弘三郎さん一人で, 磨製石斧三百個計り有れ, 私と, 約七, 自習を, 誰も

▼ 教室~ (32, 2.0%)

3 ある

1 [29件] あった, あるだけ, あるの, いくつも, きたなくよごれ, しいんとなりました, そうなっ, たいへん賑やか, ない, ひとつある, ブドリの, ムンと, 一つきりの, 一杯に, 三つしか, 不穏であった, 不自由で困る, 二階に, 十二時すぎに, 可か, 変に, 廿四時間の, 彼の, 火事だ, 焼けたと, 珍らしくし, 生命だ, 聽衆で, 診療室に

▼ 教室でも~ (21, 1.3%)

4 ねむく本 2 運動場でも

1 [15件] いちばん火に, しばしばこの, たびたび教科書, なく世間, なしあなた, まだ気が付きかね, よく試驗管, ハッキリその, 先生が, 始業前から, 後ろの, 授業中, 生徒たちは, 神妙らしくし, 自分の

▼ 教室~ (15, 0.9%)

1 [15件] しいんとなりました, しんと, つぶれるかと, できあがって, ない, ほんとうに, 一つきりでした, 寄宿舎も, 寮も, 建増した, 生徒も, 直ぐ近く, 職員室も, 見納め今は, 違て

▼ 教室~ (15, 0.9%)

2 の一室, の空気

1 [11件] ではあった, で同じ, で成績順, で食べる, にて閲覧, にまで遠慮なく, に世界, に善き, に竝, の授業, の静か

▼ 教室~ (13, 0.8%)

1 [13件] お寺の, それを, 下駄箱と, 云ふ, 共同長屋で, 家庭という, 廊下を, 思われる広い, 掲示板に, 教員七〇〇名が, 海洋博物館とが, 紳士の, 認めるであろうか

▼ 教室~ (12, 0.7%)

1 [12件] なかんずく僕等, みんなばらの, 何かに, 僅かな, 先生の, 学生の, 寄宿舎は, 廊下で, 校庭を, 校舎の, 臨床科の, 電車の

▼ 教室~ (11, 0.7%)

2 が今ここ 1 からどんなに, がしばしば, が心, で見, の頭脳, はうち, もおそらく, を救護, を集めなけれ

▼ 教室~ (7, 0.4%)

3 はしばらく 1 に寄生, に流れた, の視線, は森

▼ 教室全体~ (7, 0.4%)

1 がしん, がその後, が大きな, に漂っ, に迷惑, に響き渡る, を一わたり

▼ 教室での~ (6, 0.4%)

1 勉強に, 授業時間中も, 活劇については, 為事が, 知合いな, 話題にさえ

▼ 教室にも~ (6, 0.4%)

1 いちように, なるの, 同じよう, 宿舎にも, 廊下にも, 見受けられなかった

▼ 教室からは~ (5, 0.3%)

1 たから, 全く見えない, 女教員の, 婦人の, 英語の

▼ 教室じゅう~ (5, 0.3%)

1 が一時, に聞こえわたる, はしばらく, を見わたした, を見廻し

▼ 教室へは~ (5, 0.3%)

2 いってるの 1 いつたが, いる時分, ひつて

▼ 教室へも~ (4, 0.2%)

1 いったが, 一週間に, 入つて, 出ずに

▼ 教室よりも~ (4, 0.2%)

1 一そう無趣味の, 夜倶樂部の, 揃って, 話して

▼ 教室まで~ (3, 0.2%)

1 のぞかせられたこと, 一つだった, 遠くて

▼ 教室記録~ (3, 0.2%)

1 である, もまた, を書き綴っ

▼ 教室い這入っ~ (2, 0.1%)

1 て来, て来られ

▼ 教室~ (2, 0.1%)

1 はいってた, はいってる

▼ 教室~ (2, 0.1%)

1 か知れん, とやっつけられた

▼ 教室だって~ (2, 0.1%)

1 決して安全, 焼けて

▼ 教室であった~ (2, 0.1%)

1 と, 実話

▼ 教室でだって~ (2, 0.1%)

2 手獣の

▼ 教室における~ (2, 0.1%)

1 動作を, 国手とが

▼ 教室主任~ (2, 0.1%)

1 と同僚, の

▼ 教室以外~ (2, 0.1%)

1 には少し, の人々

▼ 教室~ (2, 0.1%)

1 一学年担任者武井甲吉, 二年級担任武池清二郎

▼ 教室講義~ (2, 0.1%)

1 が取っ, はラジオ

▼1* [57件]

教室ああ一緒に, 教室いも来なされしません, 教室かなんかの中らし, 教室からでも学べるし, 教室からも得られますし, 教室だけで顔を, 教室だったそうです, 教室であるから聴衆, 教室でして聞かせた, 教室でですか, 教室でよりも遙かに, 教室とが私の, 教室のです, 教室などというものが, 教室などに出掛けて, 教室などの参観です, 教室において生徒の, 教室においてばかりされるもの, 教室についていて, 教室にでもいるよう, 教室にとっては誠に思いがけない, 教室にまで持ち込んで, 教室に対する駁論な, 教室へと持ち運ばねば, 教室への出入りを, 教室までが何とはなし, 教室みたいなところ, 教室もしくは伯林の, 教室らしいものに, 教室仕フ裘葛, 教室ノートなどの本質的, 教室設備スル如キ摸倣的浪費ノ, 教室一万四千をなんとか, 教室一同で盛ん, 教室三昧の学士, 教室不明の爲, 教室中央気象台その他の人々, 教室入口の廊下, 教室體に, 教室其の他飛行機, 教室出入を禁じ, 教室及病院内のどこ, 教室少年文学では無かろう, 教室屍体解剖室内の奇怪事, 教室所蔵の教授用標本, 教室所藏の物, 教室所藏其右のもの, 教室本館階上教授室の自分, 教室生活がそのまま, 教室生理学教室の廃墟, 教室のモデル, 教室的英会話風に訊ねる, 教室の諸君, 教室精神病学教室を参観, 教室藏下の中央, 教室見廻ることや, 教室附属狂人解放治療場に於