青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「教~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

政策~ ~故 故~ 故に~ ~故郷 故郷~ ~救 救~ 救い~ ~教
教~
~教え 教え~ 教会~ 教室~ ~教師 教師~ 教授~ ~教育 教育~ ~教養

「教~」 7376, 80ppm, 1395位

▼ 教~ (1138, 15.4%)

98 られて 7742 られた 37 たの 19 ようと 17 たもの 14 ました 13 られる 12 られたと, られたの 10 たので, られた通り, られるところ 8 られたので 7 なかつた, られること 6 たつて, ない, ようとして, られ, られたやう 5 こんで, ずして, たこと, た生徒, られたが, られたもの, られたり, られるやう, 給へ 4 たと, たといふ, ぬに, られたこと, られた儘, られても, 子の, 申すと, 給へと

3 [19件] き, しこと, たお力, たが, た事, ないで, なければ, ぬ, ねば, む, られたから, られたといふ, られなければ, られると, んと, んとて, 方が, 諭して, 込むこと

2 [64件] ければ, ざる也, し, しところ, しは, しを, ずに, たかね, たくせに, たとか, たと云, たと言, たまひし, たら矢張賞めて, たるもの, たるを, たんだ, たんで, たアノ洋燈, た先生たち, た処, た時, つ, てるんで, ないといふ, なくたつ, なり, によつて, ましたか, ます, ますと, むとせり, もし聽, やうと, ようかな, られき, られたばかり, られたる人間, られた事, られた戸, られた支部長, られた時, られた道, られなかつたか, られるとも, られるもの, られる事, られ二人, 下さいませんか, 乍ら背の, 修身の, 子で, 子を, 手で, 方によ, 方は, 方を, 算術を, 給ふ, 習字を, 覺した, 込ませようと, 込まれて, 込むやう

1 [449件] あるが, ある所以, いくたび, おきし祈祷, かしづけ, かたが, くれたるもの, けり, ける, けるやう, こまれて, こまれること, こめば, こんだの, さして, させて, さとされたの, ざりし罪, ざるは, ざるべからず, ざる所詩律の, しが, しごとく魂, しさ, しちや, して, しなければ, しませうか, しまにまに, しめ給ひしなれ, しや, しよりは, し事, し哲人, し小賢し, し言, し路, し道, するが, するで, するわけ, ずとも, ずば, ず候ひき, ず叱らずして, それまで, それを, たあと, たあの, たい, たいことが, たか, たかつたの, たかと, たかも, たがるよりは, たがる時代, たくない, たく相成る傾き有, たけれども, たことは, たこの, たし金毘羅さん, たその, たつもり, たであらう, たとあるが, たといはれる, たといひ, たとき, たところ, たとほり, たと言つて, たのもあの, たばかりで無く, たぶなり, たまふ, たまへ, たまへる, たやう, たらうと, たらだまつてし, たるに, たるヒキ岩といへる, たる佐渡は, たろか, たわたし, たんだらう, た主義, た傾き, た八百屋, た勅諭, た口実, た奴, た富岡, た小僧, た平次, た彼等, た感情, た手前, た数百人, た最も, た東洋, た樣, た正規, た河田, た無愛想, た理智的, た理由, た生徒一同, た稲, た西洋画術, た言葉, た詩的正義, た逆説, だの, ちやくれまい, ちやくれませんでした, ちやつた, つけても, つるなり, つるやう, てた, てないぢ, である, である之, でございます, ですが, とくな, ないか, ないかも, ないから, ないけれど, ないため, ないだらう, ないでも, ないの, ないん, ない困つ, ない眼, なかつたから, なかつたこと, なかつたし, なかつたん, なかつた日本文化史, なかつた自然, なきや, なくちや, なくつて, なくては, なくても, なくとも, なさつて, なさらなかつた筈, なほした, なりへ, なれども, ぬこと, ぬであらうと, ぬもの, ぬ事, ねえでコスツ, ねきや, はつた, はる筈ありまへん, ばや, へんのに, まいと, まさねと, まさねど, ましたがね, ましたよ, ましても, ますもの, ません, またマント, まだ聞かぬ, まつりき, むことを以て, むとすれど暫らく休息せよ, むと欲した, もし伝, もし傳, もし勵まし, もし聴き, やう導かう, よう, ようとしても, ようとは, ようとも, ようなんて, よく導き, られい, られさ, られしま, られしみじみ, られしめよ彼植木屋, られしを, られしアツシリヤ風, られし一夜, られし事, られし如く耶蘇, られし方, られし歌, られし者, られし花, られし路, られし通り, られず途中, られそれ, られそれから, られたからと, られたそして, られたで, られたところ, られたならば, られたま, られたまち子, られたまま, られたまま熱心, られたよい, られたる如く足, られたる美しき, られたわけ, られたん, られた三十年, られた不良少年, られた世界, られた人, られた人間, られた伝説, られた体操, られた其の, られた其寺, られた冷房, られた口上, られた場所, られた女優, られた家, られた屋号, られた幼時, られた彼女, られた文吾, られた新築, られた方向, られた村, られた東西歴史, られた樣, られた横丁, られた潜門, られた火の見櫓, られた生徒, られた百日目, られた知識, られた石, られた祖先伝来, られた羅馬加特力教, られた舞台横手, られた良人, られた處, られた覺, られた説明, られた谷中, られた貸家, られた軍事映画, られた近, られた通り戦々兢々, られた長い, られた頃, られちや, られてかと, られてかの, られでも, られないと, られないところ, られないの, られないよ, られない種々, られなかつただらうか, られなかつたならそして, られなかつたまで, られなかつたもの, られなくても, られなるほど, られぬ時, られました, られましたが, られません, られも, られやうやう, られやつ, られるい, られるうち, られるか, られるかと, られるすべて, られるだらうと, られるところはず, られるのみ, られるま, られる処, られる時, られわれわれ, られ両親, られ今度, られ全, られ勧められて, られ右手, られ同じ, られ基地, られ學, られ山寺, られ拙作, られ来つた者, られ次に, られ無いで, られ考, られ考へさせられること, られ自ら, られ自分, られ言はず, られ諸君, られ逆, られ過ぎたやう, られ道理, ればい, ろと, わがため, われわれに, アヒの, 一句ごとに, 一朝わがその, 下さい, 下さいまし, 下さいましな, 下さいましよ, 下さると, 世は, 乍らお, 乗りこむ時, 人を, 仕立物も, 他人も, 何物をか, 候ひし, 其後の, 初めたが, 博は, 又は感じさせる, 受けたので, 合ふ, 呉る, 呉れし通り, 呉れぬ, 多くあり, 夜は, 大使館の, 大體二ヶ年, 嫉まる, 子が, 子たちが, 子たちは, 子だ, 子である, 子な, 子は, 子や, 子明治大学文芸科の, 子梶喜一君から, 子田中翁の, 學問は, 導いたの, 導く任, 尽したるもの, 己れ, 度い, 影響し, 得て, 得るだけ, 得るやう, 得る唯ひとつ, 心身一如の, 慣れた教室, 或は問, 或は社会的改良, 手すきの, 手にな, 方の, 時勢を, 時計は, 漫然として, 父は, 献納する, 玉ふ, 玉へ, 申しませう, 申し上げるお, 申し候, 申上る, 示すこと, 私も, 笛方に対しては, 終つた彼は, 給は, 給ひき, 給ふお, 給へる, 続けて, 繪畫舞踏まで, 聞かすこと, 聞かす事柄, 聞かせた, 致します, 芸術の, 草が, 草を, 行って, 見物を, 覺し, 覺せ, 詮めは, 諭されるには, 諭すの, 諸君の, 谷中の, 賜ぶなり, 転んだの, 転任した, 込まなければ, 込まれた女, 込まれますからね, 込むには, 込むの, 込むほどの, 込む法, 込んだ時代, 込んで, 辿りついた時, 近代政治を, 迷ふ, 通りつつましい, 遂に習, 過ぎたかも, 過ぎないやう, 金を, 隈なく, 顔を, 願ふ, 鼓方に対しては

▼ 教へて~ (950, 12.9%)

63 くれた 33 呉れた 27 ゐる 23 くれました 14 くれる 13 くれ, くれたの, やつた 12 下さい 11 やらう 10 居る 9 いた, くれます 8 やつて, 呉れました 7 くれたん, 呉れたの, 居るの 6 くれないか, もらつて, やる, 貰つた 5 くれたので, ゐるの, 呉れと, 呉れる, 呉れるもの, 貰ふ 4 おくれ, くれましたよ, くれるもの, やらうか, ゐた, 下さいます, 貰は, 賜れ

3 [22件] あげます, あげよう, おいて, くれたこと, くれたよ, くれない, くれなかつた, くれません, くれると, ゐたの, ゐること, ゐるやう, 上げやう, 上げようと, 下さいました, 下さいよ, 下さるの, 來る, 呉れないか, 呉れるの, 置いた, 頂いて

2 [61件] あげませう, あげるから, ある, くれたのよ, くれたもの, くれたやう, くれたんで, くれた人, くれた時, くれた男, くれて, くれと, くれましたが, くれるかと, くれるだらう, くれるので, くれる人, くれれば, くれ給, もらつた, もらつたところ, もらひたいと, もらふこと, やつたら, やつても, やらうと, やらうといふ, やりたい, やりました, やるが, やると, やるん, やる事, ゐたが, ゐるから, ゐるので, 上げますから, 上げませう, 下さいませんか, 下さつた, 下さつたつて, 下さる, 下さるで, 下さる人, 下されば, 之を, 呉れ, 呉れたので, 呉れませう, 呉れるやう, 呉れる人, 居た, 曰く, 置いて, 置かうと, 置くこと, 置けば, 貰ひたい, 頂きました, 頂戴, 頂戴よ

1 [389件] あげたいくら, あげたいの, あげたの, あげたのよ, あげたり, あげた頃, あげない訳, あげに, あげますから, あげますからさ, あげませうか, あげやう, あげられんと, あげる, あげるからと, あげるが, あげる代り, あるの, あるので, ある挨拶, いただいた, いただいた先生, いただいて, いつた, おいたが, おいたと, おいたの, おかなかつたの, おきたく思ふ, おきながら, おくん, おく事, おやりなさい, お上げ, お呉れ, ください, くだされば, くらせえ, くれお, くれさ, くれたお, くれたから, くれたが, くれたさ, くれたと, くれたに, くれたもつとも, くれたやりかた, くれたアンドレ, くれたクロポトキン, くれた一人, くれた三平汁, くれた事, くれた人達, くれた例, くれた娘さん, くれた字, くれた宿屋, くれた山, くれた平次, くれた年, くれた悪, くれた文学博士, くれた方法, くれた路地, くれた道, くれた銀杏樹, くれないかね, くれないし, くれないの, くれないほどの, くれないもの, くれないよ, くれない学習院, くれなかつたの, くれなかつたらわたくし, くれなかつたら物貰ひと間違, くれなかつたん, くれなきや, くれなくとも, くれなければ, くれなんて, くれぬか, くれねえん, くれはつ, くれますよ, くれませんでしたでも, くれませんよ, くれるが, くれること, くれるそして, くれるであらうか, くれるならば, くれるに, くれるの, くれるべきである, くれるやう, くれるん, くれる勝れた芸術家, くれる気, くれる決して, くれる程, くれる空, くれる者, くれる話, くれる貧しうし, くれわたし, くれん, くれゴリキー全集, くれ村田春雄君, くれ牛, くれ番, くれ頼むぜ, くんろ, さうし, さへ, しや, たかて, ちやうだい, ちやうだいよ, ちやうだいジュリアンは, のりたまはく, ほしい, ますの, まを, みろと, むつかしいけ, もらつたとい, もらつたといふ, もらつたので, もらつたらサツマ辭書, もらはうと, もらひたい, もらひたいの, もらひたかつた時, もらひましたが, もらふ必要, もらへる事, もらへんですか, もろた, やったらよから, やったん, やつたなら, やらあ, やらうかと, やらう二人, やらう少し, やらずに, やらないもの, やらなければ, やらんでも, やりたいから, やりに, やります, やりませう, やりや, やり芦洲, やるからと, やるがと, やるすると, やるといふ, やるの, やるので, やるばかり, やるよ, やる前, やる氣, やる積り, やれ, よこして, よその, ゐたおかげ, ゐたか, ゐたこと, ゐたので, ゐた丘, ゐた女学校, ゐた或, ゐた横井, ゐないの, ゐなくなつちや, ゐますから, ゐますが, ゐられるの, ゐるうち, ゐるくせ, ゐるだけの, ゐると, ゐるところ, ゐるに, ゐるにも, ゐるのに, ゐるばかりに, ゐるん, ゐるんぢ, ゐるんで, ゐる三味, ゐる先生, ゐる姿, ゐる子供たち, ゐる學校, ゐる日本人, ゐる時, ゐる樣子, ゐる画, ゐる畫, ゐる私立, ゐる科學教育そのもの, ゐる第, ゐる結果, ゐる美しい, ゐる長男, 上げただらう, 上げた積り, 上げても, 上げなさい, 上げましたよ, 上げませうか, 上げませう驚き, 上げられるかも, 上げ度, 上げ給へ, 上るから, 下さいと, 下さいね, 下さいましたね, 下さいましたわね, 下さいましハイ, 下さいませ, 下さいませと, 下さいません, 下さい而, 下さつたしつかりしたおちついた品, 下さつたの, 下さつた庵, 下さつた彼, 下さつた深切, 下さらない, 下さらないから, 下さらなければ, 下さるが, 下さるだけに, 下さる叔母様, 下され, 下すった, 下すつた, 下すつたので, 下すつた母様, 下すつた軟体動物, 下すつた通り, 下稽古を, 不図苦笑, 人々の, 今の, 代写させ, 何時もは, 來た, 來ました, 写する, 凧絲の, 千兩の, 厳ならざる, 去つたので, 呆れ果て, 呉た, 呉れたいはば, 呉れたさ, 呉れたもの, 呉れたもん, 呉れた事, 呉れた儘第二階, 呉れた女, 呉れた方, 呉れた百姓, 呉れた遊歴者, 呉れた醉拂ひだ, 呉れつ, 呉れとも, 呉れない, 呉れないかなあ, 呉れなかつた, 呉れぬか, 呉れましたので, 呉れました事, 呉れますか, 呉れよう, 呉れるお, 呉れるので, 呉れる事, 呉れろよ, 呉れ萬事, 呉れ貴様, 咲子を, 好いか, 実に遺憾, 実才, 居たが, 居つた, 居るから, 居るさ, 居ると, 居るので, 居るばかり, 居る結構人, 山間の, 左様なら, 帰つて来た, 庭で, 彼処は, 後件の, 徳育に, 戴いた模型グライダア, 戴かなければ, 戴きたいと, 戴きたいの, 手を, 文学の, 暮して, 曰, 曰く運命流行の, 来た, 来たと, 来たらよから, 来なされ, 来るが, 欲しいと, 欲しいもの, 死に抵, 生き神樣と, 生の, 用が, 相手と, 穉き, 置いたんぢ, 置いても, 置かう, 置かうかね, 置きたいと, 置くところが, 自然は, 行くと, 行くの, 行ったかも, 袂の, 要ること, 見せて, 見たいと, 見た所, 見れば, 覚えたか, 言つた, 誤らざる人, 貧しい乍ら氣樂, 貫つて居た, 貰つ, 貰つたが, 貰つたので, 貰つた一す, 貰つた唄の, 貰つた弟子である, 貰つた書物は, 貰つた通りの, 貰つてあなたの, 貰つても, 貰つてもう, 貰つて恐縮した, 貰ひたいなど, 貰ひたいもしか, 貰ひたかつた, 貰ひました, 貰へ, 賜はれ, 進ぜやんせう, 遊ばせて, 遣つたので, 遣つたり, 遣つたりなんか, 遣つて, 遣らう縄, 頂いたら少し, 頂いた源河節, 頂いた豚肉, 頂いた鈴木大拙博士夫人, 頂きたいと, 頂きて, 頂くこと, 頂く訳, 頂く譯, 鳴り止める鐘

▼ 教~ (910, 12.3%)

7 方で 6 ために, 中に, 本質 5 事を, 信仰に 4 お筆先, ごとせしか, 制度を, 神殿へ

3 [14件] 信者が, 信者で, 信者である, 信者に, 寺である, 寺も, 教祖の, 方の, 時代である, 歴史を, 爭の, 真否を, 絶対性は, 義に

2 [58件] ことについて, ことは, 上から, 上に, 中から, 五戒の, 人は, 信仰, 信仰が, 信仰の, 信徒の, 信者だ, 僧の, 僧侶ことごとく, 僧侶を, 儀式は, 出店の, 力に, 古い經文, 問題に, 国には, 外に, 多くの, 大寺院, 天国は, 如きは, 寺に, 寺の, 寺を, 寺院の, 尼僧が, 幾千年間の, 庭に, 影響が, 御開山様, 思想が, 思想の, 感化を, 戒律の, 教えは, 教会が, 教義は, 文献を, 極端である, 次第に衰, 爭は, 理を, 發展の, 神である, 神話信仰に, 立場から, 經文が, 者は, 蟲が, 説を, 諸宗は, 講師という, 講師を

1 [701件 抜粋] ある人, ある僧侶, いよいよ盛ん, いわゆるグッドフライデー, うちから, うちには, おこもり, お寺の, お札を, お歴々は, お祖師樣, かかる絶対性, ことなどは, ことを, ごときは, ごときも, ごとき古来, ごとし給いしかば, さかんとは, ためには, つたわってでも, ない民, はラヴァナ, ほうで, ま, まに, まにまにし, ものと, やうな, ようじゃ, ようでございます, ように, アポピは, エーテルさへも, クヴェラ佛教四王天に, シヴアも, スミラミコトを, ビショップの, ユウカリストの, 一つとして, 一変, 一寺院を, 一日の, 一段に, 一派なる, 一派の, 一節, 一長老が, 七高僧が, 三位一体説は, 上では, 下に, 不振を, 不敬古文書, 中で, 中にも, 主義を, 予言と, 事です, 事は, 事務でも, 二百五十戒を, 二種に, 五大明王等も, 五条に, 井中に, 人たち, 人たちからは, 人であっ, 人を, 仁と, 今日に, 仏典であります, 仏典なる, 他教, 以て, 会堂は, 会堂イスラム教の, 会計事務を, 伝統の, 伝統及ヨーロッパ戦争という, 伝道は, 伝道へ, 伝道を, 伽藍が, 住した, 何とやらへ, 何物なる, 使命なりと, 俗習家等の, 保護金, 信仰だったろう, 信仰とが, 信仰には, 信仰を, 信仰をずつと, 信仰者で, 信仰萌し眞言宗にも, 信徒だ, 信徒でございます, 信徒に, 信心な, 信心話だ, 信条によって, 信者, 信者か, 信者だけが, 信者だった, 信者だつた, 信者です, 信者と, 俤を, 修行を, 修行者あるいは, 傳播に, 傳播の, 傳道の, 傳道者が, 働は, 働を, 僧では, 僧を, 僧侶, 僧侶でなく, 僧侶ほどに, 僧侶も, 僧及烈に, 僧正と, 僧輩反抗もっとも, 儀式には, 儀式の, 先生の, 全員を, 典籍のみを, 内務大臣から, 内幕は, 出口王仁三郎などは, 出口王仁三郎氏は, 出発点に, 分銅が, 分院, 別を, 制度なく, 前に, 創世史と, 創作じゃ, 助命を, 勢力が, 勢力の, 勢力を, 勢力地に, 協力を, 博愛に, 可否優劣は, 右に, 司祭が, 名を, 名声を, 咒文が, 哲學の, 哲學及び, 噂を, 嚴なる, 国々の, 国では, 国に, 地獄の, 地獄を, 地盤から, 地盤を, 坊さんが, 執事が, 基礎の, 場面にこそ, 境界は, 境遇は, 外の, 多いところ, 大きな影響, 大きな麻痺, 大の, 大祭日, 大罪人, 天使である, 奥書院だった, 奥書院にて, 女性崇拝の, 如きに, 如き新しい, 如き時間空間, 如く傳説, 如せしか, 妄信者次第に, 姿を, 嫡統と, 子が, 字引である, 存する原因, 学校だ, 學問なら, 安楽国を, 宗教書類を, 宗教画として, 宗派なり, 宗派は, 宗祖といふ, 宗長と, 宗門大将軍張魯の, 客引きの, 客桟の, 宣伝なぞ, 宣教師が, 宣教師たちは, 宣教師の, 宣教師は, 宣教師を, 害毒を, 密入国は, 寺が, 寺は, 寺院から, 寺院は, 寺院も, 寺院を, 尊い神, 小乗的な, 尼僧を, 屋根, 巫女でも, 巻では, 布教を, 帰一に, 常套手段である, 座敷牢に, 建設者は, 弊風, 弟子な, 強味である, 形骸を, 影響で, 影響に, 影響の, 影響は, 徒である, 徒夥しく, 從來の, 御開山, 徳光恵風に, 徴と, 思ひ邪, 思想なり, 思想家たち, 急務は, 怪行者に, 恩に, 惡口の, 惡口を, 意を, 意味に, 意義を, 愛と, 感化が, 感化は, 成立と, 我體は, 戯言で, 所説を, 所談と, 所謂無, 手切りの, 拷問折檻話の, 持ってる恋愛観, 掟に, 支社を, 支那に, 教えの, 教えを, 教主の, 教会堂が, 教会堂などと, 教團の, 教師の, 教文を, 教理とも, 教理に, 教理は, 教理寂滅の, 教相の, 教祖は, 教祖出口お直, 教義が, 教義との, 教義についての, 教義まで, 教義や, 数は, 敵であり, 敵を, 文句なり, 文明が, 文言を, 文集なる, 新研究, 方から, 方ぢや, 方は, 旅行者が, 旅行者たちは, 旨を以て, 是非は, 時代で, 時代第, 普及に, 書は, 書物を, 最初起つた, 有樣, 有神論は, 本は, 本も, 本尊なる, 本尊は, 本山および, 本意を, 本殿で, 本殿や, 本部に, 東漸すべき, 根本と, 根本な, 極めて理論的, 極致たる, 構成は, 欧州を, 歌を, 歴史に, 歴史性を, 歴史的な, 残党で, 殿堂とも, 母院と, 母院や, 毘沙門と, 民ぞと, 民に, 法幢を, 法運は, 法運やや, 波に, 波斯胡寺ゾロアスター教の, 洗礼を, 洗礼式は, 渡來といふ, 満足が, 源を, 炎勢は, 為に, 無常觀に, 無謀さに, 熱心な, 熱血ひとたび, 爭に, 爲異教徒と, 牧師たちの, 特殊に, 犯罪と, 狂信者であった, 王仁三郎程度俳句も, 理屈が, 理解者たる, 申立に, 畑に, 盛衰推して知るべし, 目的なり, 目録が, 目録は, 目録を, 眞如と, 真に具体的, 真理は, 真面目を, 眼から, 研究です, 研究と, 研究といふ, 研究法といふ, 礼儀な, 礼讃宣伝説教を, 社会すなわち, 祖師たちにおいて, 祖師の, 神から, 神の, 神主が, 神代文字は, 神学への, 神殿は, 祠廟と, 祭式に, 禁欲主義に, 種類には, 積弊たり, 立派な, 立脚地より, 第二五章, 管長千家尊愛氏は, 管長様を, 篇を, 精神, 精神が, 精鋭を, 糟粕を, 紹介で, 終焉を, 組織は, 経典であり, 経典である, 経典類や, 経本など, 結末とを, 統一を, 統率が, 經像を, 經典が, 經典である, 經典中に, 經文には, 經論に, 総務で, 総本家バチカン, 罪に, 罪人だ, 罰なら, 美福の, 群に, 習俗の, 老眼を, 聖典に, 聖地イエルサレムが, 聖徒などを, 聖書が, 聖書の, 聖母, 聖者像を, 胎内より, 興りました頃, 荒誕な, 藏經は, 行いを, 行届かぬなり, 衝突の, 衝突は, 表号が, 要目であった, 覆ること, 見解である, 親類みたいな, 言説は, 訪問記だ, 話は, 語は, 語も, 説教を, 説明, 諸尊, 諸山も, 諸説を, 講師兄妹の, 講釈は, 豪壮な, 負けだ, 賊に, 起尽を, 起源, 趣味あり, 趣意を, 趣旨に, 迫害が, 通りに, 連中が, 進路すでに, 道なる, 道場へ, 道士先刻までは, 道徳思想に対しても, 道院に, 部類を, 金光大, 開山は, 開祖宗忠翁の, 開顕の, 隠し神に, 雄大な, 霊力よりも, 霊跡である, 非経聖書, 面目は, 飜譯です, 香気を, 魔神に

▼ 教~ (503, 6.8%)

10 受けて 8 信じて 7 受くる 5 説いて 4 乞ひたい, 乞ふ, 信ずるもの, 受けた, 受けたい, 受けたいの, 奉じて, 得て 3 うける者, もって, 受く, 受けたこと, 垂れて, 奉ずる国, 守りて, 支那に, 非難する

2 [21件] なみする破木杓, 享け, 信ずること, 信ぜざるもの, 創める, 厳禁し, 受けたいと, 受けたか, 受けること, 奉ずるもの, 奉ずる者, 學ぶ人, 得れば, 捨てて, 捨てると, 授けて, 用うる, 盛に, 聴聞あっ, 説くよう, 請ふ

1 [372件] あざむくには, あらは, うけたれども所謂師, うけた人々, うけた今川了俊, うけて, うけても, うける, うけるため, おろそかに, お授けくださいます, き, きかで無, きかで無辺, きびしく禁じ, きらうの, こういう境地, こめて, これによりて, しきもって, して, しらず心, しんずるアメリカ, そっくり利用, たった今しがた伝授, たぶらかす手, たまはり, つきぬけた人生哲學, とり入れたもの, はじめて具現, はじめて持つ, ひそかに, ひろむ, ひろめたいといふ, ひろめるため, まつ, まつと, まつ次第, みずから信じた, もたらした傀儡, もつて, 一つの, 与えは, 与へは, 世にも比類, 中心と, 中心として, 中心としての, 主唱する, 主張し, 乞いたいこと, 乞いたいと, 乞いたいという, 乞いに, 乞いました頃, 乞いまた, 乞う, 乞うた, 乞うたが, 乞うた人, 乞うの, 乞うもの, 乞う外科医, 乞はむ, 乞はんと, 乞ひ, 乞ひたき, 云々し, 云々する, 亞細亞文明と, 他人に, 仰いだ, 仰いだこと, 仰いだの, 仰がないから, 仰ぎたいと, 仰ぐ, 仰ぐの, 伏奏した, 伝えるもの, 伝へた, 伝授された, 作らんという, 俟つ, 信じたる婦人, 信じないヨセフ, 信じはじめたの, 信じるやう, 信じ身命, 信ずる人, 信ずる国, 信ずる所以, 信ずる比丘, 信ぜざるや, 信ぜずして, 信ぜぬと, 信ぜば, 信ぜんと, 信心し, 傳へた僧禪鑑が, 傳來した, 公認せる, 兼ねて, 冀う, 冷泉家に, 処世上の, 利用した, 動植物に, 勤めた, 単にその, 受くべき, 受けさ, 受けさせやう, 受けしめ一人前, 受けし書, 受けたいという, 受けたという, 受けたといふ, 受けたなら, 受けたもの, 受けたらしい, 受けた事, 受けた人々, 受けた仏蘭西, 受けた学生, 受けた後, 受けた故, 受けた者, 受けた関係, 受けなければ, 受けむことも, 受けやう, 受けること四十年, 受けるといつて, 受けるには, 受けるの, 受けるやう, 受ける人, 受ける者, 受けん, 受け入るること, 受け入れる, 受け得たる事今, 受け終戦, 受け道, 合一させ, 吝ま, 否定し, 含まぬ筈, 唱へ, 嘲笑した, 国教として, 國教と, 垂るる, 垂るれ, 垂れよ, 垂れられ二人, 垂れるの, 垂れ賜, 基礎と, 外に, 大學, 奉じての, 奉じます, 奉じ壯烈, 奉じ而, 奉ずるの, 奉ずるものぢ, 奉ずるより, 奉ずる人, 奉ずる国民, 奉ずる帝王, 奉ずる支那, 奉ずる支那人, 奉ずれば, 奉信, 始めとして, 始め諸, 学びて, 學んだので, 守りソコデ誰, 宝物の, 実行し, 宣した, 尊ばず佛教, 尊び忠孝仁義, 尊重しよう, 對岸の, 崇び疑獄を, 布かれたと, 布こうずる, 布こうと, 建つと, 建てたなど, 弁へて, 弘めつ, 張らんが, 強ゆるもの, 弼くる, 彼が, 待つ, 待つこと, 待つて, 待つの, 後に, 得たい, 得たの, 得る道, 御存じの, 御拡め, 復奏したなら, 忘れ給, 忽に, 思い推古天皇, 惡し, 惡口する, 愛して, 懐中し, 我が國, 批評的に, 承って, 承て, 抑へた, 拝聴せし, 拡める, 持したる教育者, 指したもの, 指して, 指斥する, 按ずれば, 振るい興したいにも, 捨てたければ, 捨てた上, 捨てました, 捨てるか, 捨てるよう, 捨てる事, 授かる居心, 授けたと, 排斥する, 探し求めて, 握りつぶして, 攻め同じく, 攻撃した, 攻撃する, 政治的に, 文句通り実行し, 施す其の, 日本に, 日本へ, 書けば, 最初に, 有する我等, 有難いもの, 根拠として, 案出し, 棄つるを, 棄てること, 棄てる話, 模写せる, 樹てる, 欽明朝の, 正しくした, 正しく理解, 正したこと, 歴史的に, 殆無, 求めんと, 無智, 煩は, 燒きすてた, 理想的な, 理會する, 理窟に, 理解する, 生み出した支那人, 用いドイツ, 用うれ, 留めおいたの, 異にする無く, 相対的な, 真実教と, 知らずや, 知らなかったの, 知らなかつたの, 知るはず, 矯めて, 研究する, 破壞, 祇南海に, 立てたの, 立てたもの, 立てたること, 立てて, 立て三世十方一切仏教, 第一, 篤信し, 籠めた, 精誠によって, 紹介し, 給うた存念, 絶えなむ, 美しい教, 耳に, 聞いたといふ, 聞いたり, 聞いて, 聞き孔子, 聞くに, 聞く機會, 聴いて, 聴く積り, 聴聞する, 聽かんためなり, 自宅の, 衰運に, 補強しない, 補弼す, 西域の, 要求する, 見れば, 見学したい, 記する, 詐りよそおった, 誤る者, 誤謬に, 誨えた, 説いた, 説いたと, 説いたの, 説き最後, 説くため, 説くべきか, 説くべきかを, 説くもの, 説くやう, 説く者, 説く身分, 誹謗し, 請いたいもの, 請うた頃, 請うべく宇佐, 請うや, 請う次第, 請けむに, 請はれた, 請ひたいと, 請わんが, 譏る愚人, 賜ったので, 蹴とばし神様, 較する, 載せて, 輕信する, 辞して, 迫害した, 道徳と, 遣は, 遣わして, 里閭に, 重んじ事々物々秩序, 重んじ日本人, 重んぜざれば, 重んぜず, 開く者, 閲した世界, 除きたいてい, 雇ったの, 難有, 頂く師, 頌揚する, 顕は

▼ 教~ (327, 4.4%)

12 つた 5 つたこと, つたと 4 つてゐる 3 つたのか, つてゐた, つて村や, りながら, 仏教の, 在世正法の 2 つたが, つたところ, つたので, つた事を, つて, つて居た, つて来た, 日本の, 科学の

1 [265件] あまり仲, いまだ宗教, かえって阿仏尼, くだりて, この国, この時代, これからの, これに, すべて邪教である, そうでない, そのはじめアジア, その今日, その原理, その国, その宗派, その後五年目の, その旧来, それが, それに, それらの, そんなにイノチガケ, ただ釈迦在世, つたから, つたせりふの, つただけ, つたといふ, つたの, つたのが, つたのだ, つたのみ, つたばかり, つたもの, つたやう, つたらすてき, つたん, つたアリランの, つたナンシー, つたパーシユーズは, つた二軒の, つた人である, つた先生で, つた先生でございます, つた先生などは, つた先生を, つた怪猫の, つた惣菜料理を, つた挨拶で, つた方が, つた旅館の, つた樣子で, つた水泳の, つた爲で, つた筈, つた筈ぢ, つた船会社への, つた通りつくり声で, つた通り一々, つた通り一定し, つた通り一言も, つた通り柳屋の, つた通り米ドルで, つた通り首から, つた間拔けな, つた頃, つてある, つていつの間に, つてお, つてその, つてそれだけ, つてちひさい, つてはじめて, つてよろしい, つてゐました, つてゐるらしい, つて一二年たつ, つて何うにか, つて來た, つて來たらしい, つて來たんだ, つて來て, つて來ました, つて俄然, つて俺が, つて口へ, つて寄した, つて居ります, つて居る, つて店二階を, つて彼女は, つて暮した, つて毎日毎晩必ず, つて江戸へ, つて置かなけれ, つて耶馬臺の, つて臍に, つて蒔いた, つて蒙, つて行きなさい, つて見なく, つて見なくつ, つて近くに, つて近所の, つて金具に, つて釣に, つて釣り始めた, つらつらその, とても盛ん, どうだ, ないの, まさに, まさにこの, ますます隆盛, まだつかめぬ, まだ仏教, もちろん歴史, もとより政教分離, ゆくりなくそち, よう言うた, ギリシアおよび, クリストに, クリスト自身も, クリス自身も, シヨオペンハウエルの, ダイジな, 一切の, 中つたのである, 中央政府の, 了解せられ, 二三年前大, 二人その他に, 五つの, 人の, 人文の, 人間の, 今までに, 今日の, 今日相当強く, 他の, 何もの, 佛道二教の, 信じるが, 信心を, 信者が, 僧俗一致の, 全國, 公許し, 其の国, 其の後, 其の根本, 再び唐室, 再生宗教, 処と, 出なん, 勿論僕, 勿論釈迦, 単に教会, 単神論, 卜伝から, 印度其儘の, 即ち, 即ちこれ, 即ち人生, 即ち純正, 取るべからざるもの, 古より, 古るし, 古宗教, 古昔の, 君の, 唯參考, 唯物論によって, 在世正法像法末法および, 多くカルバン宗に, 多難なる, 大師の, 大正十三年京城に, 太古の, 奇怪事に, 奇道である, 如何に崇高, 妖怪学の, 学校で, 完全な, 完全円満永遠不朽に, 宜しく反省悔悟, 実は, 少くとも, 巴里に, 師の, 幻術を, 心外別伝でなく, 必ずしも孝道, 悲惨を, 意外な, 懐疑者によりて, 或は, 支那で, 支那でも, 支那の, 政教分離の, 救済の, 教として, 昨今の, 木に, 機に, 檢擧に, 欧米人に, 欧米諸国の, 歴史的に, 死に, 殆ど半身不随症, 毎日礼拝を, 永く帝室, 永遠性を, 法華経の, 父母の, 特に末法時代, 特別な, 特認教もしくは, 犠牲を, 現に磯原, 現世の, 理外の, 生けるキリスト, 生の, 町の, 畢竟クリスト, 當時に, 皆この, 皆凡人の, 祖先崇拜と, 神力加持を, 私の, 私を, 私有財産に, 米国の, 精神上の, 素菜を, 結局手踊の, 絶対性を, 老子の, 耳より, 聖道自力の, 胡人の, 行なわれないの, 行証ひさしく, 衰微せざる, 西人の, 西方の, 西洋の, 要するにこの, 説いて, 説明を, 誰の, 身を, 輪廻転生の, 輿論に, 道徳を, 遥の, 邪教の, 長安に, 陰神陽神を, 非常に, 飽くまでも合理的, 黄帝老

▼ 教へる~ (277, 3.8%)

11 やうに 7 ことは, のであつ, のである 6 ことが, ことも, ために 4 といふ, やうな, 人と, 者は 3 と云, のが, のだ, のは, もので, ものは, 所に

2 [15件] ことを, でせう, ところに, ところの, ところは, のです, のには, のを, ものが, ものである, ものと, 事に, 事の, 事は, 正義で

1 [160件] うちふと忽ちに, かたはら日本語の, かといふ, かといふこと, かといふやう, かのごとく書いた, かはり, かもその, からそれ, からで御座いませう, からよ, から十兩持つて來, か数, か考, がい, がこれ, がしかし, がそれ, がヒト, が但し, が好い, けどひやかし, こと, ことだつた, ことなし, ことに, この婆さん, しかも母, そしてどの, ための, ため隣組が, だけである, だけです, だけのこと, つもりで, つもりの, といふやう, といふ手段, といふ筋, とお前, とかいふこと, とか與, とか頭, ときには, ところである, ところ三四カットやる, ところ少く, としましたら其時皆さん, とその, とほり, と又, と咲子, と女中, と彼女, と暫らくヂツ, と腰, と若い, と角, と言, と謂つた歌, と面白い, なと頻りに, などは到底, なんてずいぶん, にすぎない, には当るまい, に一時間, に等しい, に足りるであらう, のかと, のでなく, のと, のにどの, のにやかまし, のに骨, のも, の力, ばかり, ばかりには止らなかつた, ま, またかう, ものでない, ものを, やうである, より外, わい, わけぢや, わけに, わけにも, アルフレッド, メトードを, 上にも, 中田圃, 事が, 事にて, 二宮金次郎や, 人が, 人は, 代わりに, 位の, 先生が, 処だらう, 処は, 分には, 前に, 力は, 可能性の, 命題も, 商業學校の, 女学校が, 女學校が, 嫁入, 学者も, 學問などよりも, 學校の, 役目だつた, 必要は, 所だ, 所で, 所である, 所によ, 指道標は, 文句に, 方だ, 方も, 方法の, 方法は, 時, 時には, 暇に, 書き方に, 木乃伊の, 東の, 松川の, 栞に, 様な, 樣な, 気が, 漢字の, 為である, 為に, 父の, 看板を, 禁慾主義的生活は, 筈だ, 筈だつた, 筈も, 者ばかり, 者両方に, 聲, 處だらう, 處では, 要するに一つ, 話だ, 證據といふ, 通り, 通り八幡神が, 通り名高い, 随意科の, 風を

▼ 教~ (254, 3.4%)

7 關する 6 して 5 よりて 4 依って 3 入って, 對し, 對する, 關し

2 [11件] ありては, なって, 入つた, 入るもの, 就いて, 従ったの, 從ひ, 於て, 立つるところ, 關係ある, 限ると

1 [198件] あらずいわゆる, あらずして, あらずなき, あらずの, ありて, あり勝ち, いるという, きまって, こったという, こもる不可思議, さきだちて, しくもの, したがえば, しろこの, すが, せられた, せられ生徒, そむく事, ちげえねえです, とつて, なったかねえ, なったからって, なったと, なったり, なつた, なつて, なり得るといふ, なるかも, なると, なる詩, はずれる, はまりこんだ人間, まかせ河原伝, もっとも理性的, もとづきて, よく最初, よれば, カンキンされ, ヒントを, 一万六千二百九十二フラン, 一千五十五ポンドを, 与うるところ, 乏しくし, 二樣の, 仕へたの, 任じて, 会って, 伴ふ, 依つて解釋, 侵されて, 係わったミカド, 傾きたりと, 入つて, 入らず今人學, 入りしもの, 入りて, 入るるは, 凝って, 凝っとりやすので, 出て, 出でたもの, 力を, 励み熊沢蕃山その他, 勉めつつ, 勝るゆえん, 勝れり, 化する, 十分なり, 及ばざるに, 反対する, 反對, 反逆した, 取って, 取られそう, 合致し, 告げられた一人, 四書五経を, 因りて, 在ては, 地下に, 基いて, 基きて, 基づいて, 基づきこの, 大きな憎しみ, 大して關心, 婦人の, 子が, 寄進が, 専心する, 對抗する, 對比する, 尤も激しき, 就いての, 属せざるもの, 屬する, 帰依あっ, 帰依し, 帰依しました, 帰依し奉る, 帰依する, 弘布の, 影響された, 彼を, 征服された, 待つところ, 従いて, 従うこと, 従うて, 従う可, 従えば, 従ひ, 従ふことがなかつた, 御坐, 心醉し, 悖るもの, 拠つて記す, 接し日々, 改宗する, 教うる, 於いては, 於いても, 於ても, 智慧の, 服従した, 本づい, 来た, 欧州在来の, 此の, 歸依し, 歸依した, 歸依せしめ, 歸入し, 殉じたこと, 殉じたもの, 殉じて, 殉ずるの, 殉ずる事, 殺されると, 比しては, 法相宗が, 泣くもの, 淨信ある, 深淺, 玄弉三藏の, 現われたる共産制度, 現われた暗, 現われて, 由来す, 異なるは, 瞑眩, 確信を, 示した大, 移った為, 移るべきはず, 縛れる気, 聞いて, 育せられ, 背かざること, 背きて, 背きキリスト教徒, 背くとて, 背くを, 自身の, 至っては, 行かぬつもり, 託して, 説くところ, 説く地獄, 負うの, 贊成せぬ, 近いこと, 近い佛教, 迫害を, 通いました, 通じた宗祖大師, 通じて, 連なつて氣息, 過ぎないと, 達して, 達すれども, 遭遇する, 都合が, 重を, 関係の, 關した, 限つてマニ教を, 限らずこれ一般宗教通有, 限らず昔, 限るというにおいてを, 陶酔した, 非ず, 順ずる, 頼つて, 飽きたらないで, 養育しられ, 驚異し, 驚魂駭魄の

▼ 教~ (141, 1.9%)

4 云ふ 3 云ふも, 仏教と, 行と 2 いう, いうので, すると, 申すもの, 申す方

1 [118件] あり註, いいその, いい他, いうけれども, いうべからず, いうべし, いえる宗教, いってね, いっても, いやちんちんもがもが, いろいろ聞い, いわずいずれ, いわずその他, おなじく中山おみきさん, して, し之, し宣旨, し政府, す, せずして, その区別いかん, その後に, その異同いかん, なさざるべからず, なしには, なすべし, なそうという, なったらしい, なって, なるの, なるもの, なる次第, なれり, ひとの, アイヌの, ソシアリズムを, トルストイとは, フランスの, 一括し, 云いよくよく, 云つた, 云ふたものと, 云へば, 仏の, 仏教との, 仏教とを, 仏教の, 仏教は, 仰ぎ奉り御廟前, 仰ぎ奉るの, 何等の, 倉田組では, 儀式の, 全然面目, 其の他, 前後し, 同じくネストリウス, 同じである, 同一の, 同名異, 同日に, 名づく, 名づくる, 名づくれ, 名づけたン, 名づけて, 名づけ瀑布, 名づけ真, 呼ばれる仏儒神道, 大いに異なる, 天主教との, 天草商事の, 奇蹟の, 子供らしい, 学生とに, 実隆との, 手を, 抱合し, 指定された, 新月形, 時と, 時とが, 景教とが, 暗示とを, 染め抜いたはつぴ, 歴史とは, 浄土真宗との, 牴触しない, 現に懷, 田中館博士, 申しますの, 申す邪教, 相並ん, 神道とを, 祭祖教である, 称す, 称ふるあり, 稱せられた, 米国の, 老莊申韓, 肩を, 自然教とは, 虚偽の, 蛇とは, 西洋の, 見做, 語を, 近世の, 道教とで, 道教の, 道理教との, 邪教とを, 間違えたところ, 關係の, 關聯し, 阿仏が, 雖も, 非公認教

▼ 教うる~ (140, 1.9%)

4 の道 3 ものは, 神は 2 が如き, が如く, ことを, ところでは, ところに, と云う, 事と, 場所に

1 [114件] がため, が如く学ぶ, が如し, ことが, ことなく, ことなり, ことは, ことほとんど, こと今に, こと能わざりし, こと能わず, ため十分なる, ときは, ところから, ところで, ところの, ところは, ところ低く, とさとりたれ, とて密処, とのこと, と同時に, なりとてすなわち, にあらず, にいかなる, においてをや, にもせよ, に事, に先ず, に吝か, に善, に常, に当時, に役立つ, に忙, に服従, に第, に等しい, に純然, に若かず, に足らぬ, に足る, に酒色, に非, に順序, のが, のと, のみを以て教育, の余暇, の学塾に, の必要を, の意味, の方法如何, の暇なし, の樹, の機会, の法, の術, はただ, はただ人, は決して, は皆これ学者, ままに, ものが, ものこれを, ものであっ, ものと, ものな, ものに, もののごとし, もの教え得る, や否, ゆえに, ようである, ように, よりも深く, よりも習い, をもって教育, をもって目的, を法, 人が, 人を, 以上師たる者には, 先生と, 処あった, 地獄は, 天の, 心である, 戒法を, 戦法は, 所, 所である, 所に, 所の, 所は, 所を, 教会の, 教科書は, 旁音楽取調所の, 栄養学校である, 業に, 法, 法に関する, 生徒に対して, 神の, 者あり, 者なく, 者なりや, 者は, 者も, 聖者は, 資格が, 過去の, 際に

▼ 教~ (117, 1.6%)

3 支那に 2 ある, 世に, 教えられ算数, 日本には

1 [106件] あった, あって, あっても, あつて, あらわれたの, あり行, あると, あるもの, あんまり御利益, いくら待っ, お筆先, かえって勢力, このあたり, さかんに, すでに第, すな, その教義史, どんなもの, どんな金, もし相対的, チベット人に対し, 世に伝えられ, 中心であっ, 事実なら, 二つに, 人麿等の, 今こそ, 仏教その他の, 仏法求道者に, 他の, 伝統を, 作った文化, 備後と, 傳はりお, 全国に, 八九分どおりの, 其の名目, 出現すべき, 即ち摩尼教, 原始佛教から, 可なり支那人, 哀れな, 唐代の, 唐時代に, 嘘であっ, 墮落した, 大地震, 天下の, 如何に, 始めて, 孔子の, 孝道を, 尤も孝道, 已に支那, 当山を, 復活し, 徹底的に, 思想上の, 我々を, 揃ひも揃つてしかく, 支那, 日本に, 早くも, 早く寛永貞享間, 易行道である, 最多数, 東亞諸國の, 東漸し, 根を, 格段の, 次第に衰え, 次第に開, 段々説を, 流れて, 流行し, 流行し始め, 流行する, 流行つた時に, 流行氾濫を, 海路シャム, 深遠だ, 渡來し, 漸く民間, 狩野派よりも, 現れたかも, 現在日本にも, 盛りだした時以上, 盛んに, 矢張り, 知識としては, 立って, 籠ると, 罪人の, 罪多い, 臭いと, 興って, 行はれ, 行われ妄説, 西暦六百三十五年から, 記録の, 誰れ, 起つた爲め, 過去に, 道教と, 長安に, 頭を

▼ 教へを~ (103, 1.4%)

3 り, 乞ひ, 聽く 2 乞ふ, 受けたい, 受けて, 受けること, 願ひたい

1 [84件] あなどらしめぬ, うけし時, うけて, うけようと, えさせよ, きき遂に, きくを, きく彼等, たしかに心, で私, ふかく思ふ, まつ, まともに, もて汝, よく理解, 乞うた, 乞はう, 乞ひたい, 乞ひたい歌の, 乞ふた, 乞ふために, 伺ふこと, 信ぜざりしに, 信ぜよと, 傳へる, 受く, 受くれ, 受けそれ, 受けたが, 受けたこと, 受けたらしい, 受けた宣教師ブレルスフォード, 受けた連中, 受けた關係上, 受けなければ, 受けまた, 受けようと, 受けるため, 受けると, 受けるやう, 受ける必要, 受ける様, 受け云々, 受け日本人, 含くめつ, 味ひ, 垂れしを, 垂れ滋潤, 奉じて, 奉ずる切支丹, 奉ずる民相, 守らざりしため, 守らせ候, 守り寺院, 宣べたりと, 希ふごとく, 弘めるため, 形の, 徳と, 我は, 戴くやう, 授く, 書きとめたもの, 棄てて, 殘し, 求め聖道, 汝に, 續けて, 聞いて, 聞かないで, 聞き仏蘭西, 聞く, 聽き, 脱する頃, 記臆し, 説いて, 説きた, 説くと, 説くの, 説く者かく, 請へ, 讀みたり, 身に, 身を

▼ 教~ (98, 1.3%)

3 に關, の拓本, の眞僞 2 の實, の實物, の建設, の模型, の模造碑, の移轉, の買收, を買收

1 [73件] がある, が世間, が出土, が唐代, が唐時代, が土中, が明末清初, が歐洲, が發掘, が碑林, である, との因縁, とは可, と關係, にいふ, には碑亭, に對, に有司, に玄宗即位, に見える阿, に長安, のこと, のそれ, のみに關, のみは不思議, の來歴, の保護, の保護保存, の僞作, の出土, の原物, の外, の實際, の打ち倒された, の本物以外, の當時, の發掘, の眞物, の眞贋, の研究者, の碑林移轉, の譯文, の辯護論者, はその, はその後十五, はもと, は唐時代, は官命, は實, は年代, は瓦礫縱横, は碑林中, は長安, は頗る, も打ち倒された, も早晩廢, を三千兩, を今日, を來觀, を僞造, を實檢, を尤も, を往觀, を探, を探訪, を研究, を碑林, を英國博物館, を親覩, を親閲, を解釋, 探望, 詳しくいへ

▼ 教~ (91, 1.2%)

4 に出入, の眞向 3 の先生 2 に行く, に行つて, に足, の信者, の前, の建物, の裏, へ行く

1 [64件] からはピアノ, からは可, から信仰, から博物館, から破門, が二人, が教, で, でけさ, での結婚式, で讃美歌, としても今後, とを説教, と乞食, と縁, にある, にも行かんだらう, にゐる, に居る, に熱心, に着い, に知り, に籍, に行きます, のお, のこと, のま, のわたし, のケラア, の人, の佐治實, の四つ角, の塔, の婦人會, の屋根, の戸, の教理, の日曜日, の暦, の最も, の本堂, の法律, の海老名彈正先生, の牧師さん, の血, の鐘, の門, の附屬病院, の隅, の雰圍氣, は彼等, へと出掛ける, へなんぞ行く, もない, や學校, や封建諸王, や神學校, をちよ, を一人, を出た, を取り, を巴里, を背負つて, を離れる

▼ 教ふる~ (78, 1.1%)

3 所である 2 ことを, ところに, ところは, ものあり, 能は

1 [65件] がため, が如く, ことの, こと一生身を, こと忠なり, この者, さまの, ところ甚だ, とさとりたれ, にあらず, にぞ, にも最も, に來, に在り, に意, に愛, に服従, に等しい, の不可, の外, の宗教, の煩, の親, の賢明あり, は寧ろ, は道, ものと, ものな, ものなり, ものの, もの尤も, もの等に, も天, をまたず, をもて, を見た, を見る, 事こよなく, 事の, 事は, 便宜上かりに諸, 処が, 処に, 功徳の, 労を, 声に, 学生, 宗教なき, 実行的道徳なる, 所が, 所で, 所なき, 所は, 所以に, 所以の, 所更に, 手段に, 教師に, 榾火かな, 法を, 淑女身を, 者なら, 者に, 者は, 霊薬と

▼ 教~ (64, 0.9%)

3 人の 2 支那に

1 [59件] ありますし, あり経済, あるから, あるの, いずれも, その一つ, その伝, その年, その真, その道において, ない, ない教, なさるそう, なほ貴族的なる, またこの, また自主独立論, やはりこの, ジャイナ教も, ニーチェも, フランスの, マホメット教も, 事に, 亦た, 亦反省悔悟, 亦固, 亦此種類, 亦漸く, 仏教も, 先ずこの, 公許と, 別當, 同一の, 唯識の, 宜いが, 弘法も, 御存知なし, 御帰依, 必ず分派, 必要である, 昭和神聖会も, 時にあふ, 景教も, 殆ん, 法華の, 混同し, 然りである, 知らなかったから, 研究し, 磐城殊に, 米教も, 群衆を, 老子も, 聞かざるべからず, 英教も, 華厳の, 衰へ, 討死し, 遂に和, 長安に

▼ 教へに~ (60, 0.8%)

3 來た 2 従は, 従ひ, 從ひ, 行くん, 行く時間

1 [47件] あり, お出, したが, なつた, なつたり, なります, なること, なれて, よれば, 且讃美歌改正の, 來たんだ, 來て, 出かけた, 出掛けるし, 往きます, 從つて, 從つてその, 從つてわが, 從つて階を, 從ひよく信仰の, 来た, 来たので, 来た筈, 来て, 来ましたから, 来る, 来る人, 来る画室, 来る神わざ, 歸せしめし, 歸依せ, 殉じて, 殉じ又は, 殉ずるに, 殉ずる時, 殉ぜり, 答へ, 行かれて, 行く任務, 行つた, 行つた時の, 行つてゐ, 行つてゐた, 行つてゐられた, 通ずる永遠, 違ひない, 遠ざかるを

▼ 教ゆる~ (42, 0.6%)

2 人は

1 [40件] が佛教, ことが, ことは, たまもの, ところである, ところに, ところにより, ところの, ところを, ところ単に, にあらず, にはさ, にマキアベーリ主義, に先だって, に妻君熱心, に非, のが, は思い掛けぬ, ままに, も下女, よりはその, 一つの, 一切平等は, 則あり, 外に, 外神田佐久間町河岸の, 後犬を, 所である, 所の, 所を, 故に一切, 松風と, 牧師は, 神は, 者が, 者の, 者心得べきなり, 計りでなく, 通りの, 間のみが

▼ 教~ (39, 0.5%)

2

1 [37件] がこの, が現われた, が走っ, だって黙っ, と共に矢張り鶴巻町, に助けられ, のその後, の備忘録, の姿, の肉体, の言葉, の身, の驚き, はある, はうしろ, はそれ, はどうしてももう一度, はヒヤリ, は云い放した, は全力, は呼び, は怒鳴り出した, は恐怖, は慄然, は支那流, は暗い, は次, は無言, は眼, は突っ, は自動車, は躊躇, は遁, は闇, は黙った, まで飛び出し, や汪兆銘

▼ 教~ (35, 0.5%)

3 という学校

1 [32件] からも七等, では以前, では表, でもまず, で日進, で稽古, で語り合う, という, という儒学つまり漢学, にあった, にお, において素読, にもそれら, に出, に移った, に道庵主従, に附属, の先生, の助, の同窓, の学友, の学問所, の寄宿, の寄宿生, の寄宿舎, の広い, の書物, の漢学, は廃, は文政, へ寄宿, へ行っ

▼ 教~ (32, 0.4%)

2 云へば, 禁じて

1 [28件] あつた, あつて, あらねば, あり得ない, いうならば, いえば, いふと, いふ阿字觀, すら自殺, せう, でも, シ, 云へ, 人間の, 会得した, 天国と, 嫌う魔王, 宗教では, 形假名なる, 後年柳生但馬守が, 成佛する, 根が, 神と, 祭司と, 私も, 葬式され, 解釋致しました, 鳴らしたもの

▼ 教では~ (31, 0.4%)

1 [31件] ありません, あるが, いらっしゃらないの, こう説い, そういう事, どんなふう, ないと, なくして, なくて, なく大, なく彼自身, モを, ヲホで, 三つの, 人間も, 何と片, 何事でも, 到底新, 名高い霊跡, 堅く佛弟子, 妄語を, 平群眞鳥の, 後醍醐天皇崩御の, 新生寺さんが, 是は, 眞如實相と, 眼で, 罪深い者, 許されないと, 認識に対する, 過去

▼ 教部省~ (31, 0.4%)

3 御雇い 2 というもの

1 [26件] が神祇省, その資金, である, では役所, となった, と称するなり, なるもの, に出, に出仕, に奉職, に身, のこと, のやり口, の一部分, の命, の方針, の考証課, の設置, の門, は司法省, は文部省, は神祇局, への勤め通い, へ具状, を去ろう, 第一

▼ 教~ (30, 0.4%)

22 の死 1 がその, の列, の受難, の墓, の許されぬ, の道, の間, はいずれ

▼ 教~ (28, 0.4%)

2 の最も, の部分

1 [24件] からしたがってまた, がこの, が死, せぬの, でもない, において時代, には何ら, によって単に, に乳洋中, に神秘主義的, の批難, の核心, の究極, は他, は単に, は歴史, は無用, やそういう, や宗教的信条, や教訓, をなす, を実感, を適用, 殊にイデア

▼ 教~ (27, 0.4%)

2 の方

1 [25件] から云, から出た, がつけた, が富永, が攻撃, が神, その自ら, に委する, に比し, に言, のごとく, のとつ, のオメル, の如き, の婦人教訓, の家, の意, の標的, の言, はその, は世人, は妙, は神, を埋葬, 必ず言わん

▼ 教~ (26, 0.4%)

2 なもの, のもの

1 [22件] である, であること, な交わり, な割りきれない諦め, な因果, な婦人, な寂滅爲樂, な心, な愛, な書物, な表現, な追憶, にいわば, には肉, に換骨, に言わば, に變化, の分子, の古い, の色彩, の霊, 特に印度教化

▼ 教~ (23, 0.3%)

2 ローマ教の

1 [21件] ひとの, キリスト教の, ゾロアスター教や, 乃至神様, 仏教の, 共産主義は, 其の學, 印度の, 原始仏教に, 基督教や, 拝日教を, 摩尼, 摩尼教には, 明教が, 景教, 最後に, 波羅門から, 空観に, 連帯性や, 難し, 靈魂不滅説の

▼ 教~ (23, 0.3%)

5 にあらず 2 なん, に生れ, の人民

1 [12件] でもない, で復活節, と称する, なり, なりロンドン, にあらざる, になる, に求むる, のスペイン, の人間, の大, の文明

▼ 教から~ (21, 0.3%)

2 來た

1 [19件] あなたを, すれば, プロテスタントに, 一半は, 云う時, 人の, 他力教への, 來て, 出た基督教, 出た所, 出て, 出發, 始つた修法かも, 生れたもの, 百万円の, 絶対他力の, 起こった迷信, 遠かろう, 開展した

▼ 教はる~ (21, 0.3%)

3 ことが 2 ところが, とすぐ

1 [14件] ことでない, と, といふ態度さ, ところなく, ところ少く, とは一体, ともなく, とイロハガルタ, のである, ま, ものです, 手習ひよりも, 方の, 氣に

▼ 教という~ (20, 0.3%)

2 のは, ものが, ものを

1 [14件] ことが, のだろう, のに, ものと, ものに, ものには, ものの, 一つの, 仏教の, 国教が, 当主も, 教学という, 日本の, 歴史的にも

▼ 教への~ (20, 0.3%)

3 中に 2 転換は

1 [15件] おやに, さきに, ままに, よき場合, わが教, わが語, 天啓なる, 布教者として, 彼を, 新約に, 真髄を, 糧, 聖道教から, 親を, 魔教的冒涜を

▼ 教信者~ (20, 0.3%)

1 [20件] が持っ, だという, であったから, であって, でして, でまことに, で家, とかう, としての死, として守らなけれ, となりかけ, なので, に面会, のよう, の中, の官吏, の教師, の某々二氏, の生活, より千金万金

▼ 教である~ (18, 0.2%)

2 ことを

1 [16件] かというよう, から完全, か何ん, がかく, が予, けれども一面これ, ことが, ためであり, という類, とすれ, のに, 一體女人で, 大蔵小蔵である, 弥陀の, 浄土教が, 西洋人の

▼ 教~ (18, 0.2%)

2 の楽

1 [16件] とは奧向, と等しき, にあり, にて薗八節三味線, に留めき, に置き, の出身, の奏曲, の妓, の妓たち, の子供, の楽女たち, の楽手, の組織, の陰気臭, を動かしぬ

▼ 教~ (18, 0.2%)

1 [18件] が出, が年, が教父, が来る, だった, だの叔母, でしてね, でポチョームキン元帥, というの, としては区, と結婚, にたいしてある, には国じゅう, の妖女, の魔法杖, はまた, は小, を仮定

▼ 教~ (16, 0.2%)

1 [16件] がいよいよ, であった, の顔, はいよいよ, はひやひや, はゆうべ, は前夜, は無事, は確か, は答えた, は蒼い, は袂, もその, も捕えられる, を寺社方, を引っ立て

▼ 教~ (15, 0.2%)

3 てもろ

1 [12件] えて貰おう, たりする, てくれたら, てなさる, てほし, てもうてん, てもらえる, てやってる, て戴い, て貰う, て貰え云う, て頂戴

▼ 教でも~ (15, 0.2%)

1 [15件] この仕掛け, すべて新興宗教の, なんとか教, 乳香には, 地水火風空を, 御自分, 徳川の, 或は正大圓滿, 教へらる, 猶太教, 究竟は, 空海でも, 莊嚴な, 陽明の, 食卓での

▼ 教へたり~ (15, 0.2%)

3 して 2 した 1 しは, するの, する必要, その家, メンケラが, 子供の, 彼は, 而し, 読書に, 輪にな

▼ 教~ (15, 0.2%)

1 [15件] にとつ, にも旗亭, に新しい, の名士, の大, の大勢, の大徳名匠, の奮起一番, の指導者, の現状, の英俊, の齒, は広う, を整理, を腐敗

▼ 教とは~ (14, 0.2%)

1 [14件] ともに学術上, どんな宗教, わが心, 一である, 全くその, 即ち摩尼教, 天啓教の, 如何なる教, 新旧の, 果して, 異なる絶対的, 自稱, 西暦五世紀の, 趣きを

▼ 教には~ (13, 0.2%)

1 [13件] いったんだ, いって, かかる擬人説, なるほどバイブル, 僞物が, 唐代から, 密教的思想が, 政府より, 服せない, 甚だ暗い, 着手の, 近づかない方, 関係の

▼ 教へた~ (13, 0.2%)

4 など仰 2 でもない 1 だけな, とある, に過ぎない, のはま, のみで, のよ, は

▼ 教~ (13, 0.2%)

1 [13件] から学びいた, その儀式, にユダヤ教, に於ける, に旧教, に説く, の多妻宗, の天人, の楽土, の法度, の甲派, より出でたる, より発生

▼ 教~ (13, 0.2%)

1 [13件] から取らね, から送, がゐる, が歐洲, が非常, であるとは, などの體驗, には及ばぬ, のやう, の中, の口, は皇軍, を伴なつ

▼ 教~ (13, 0.2%)

1 [13件] あるいは監督宗, およびローマ宗これ, にてはホリー・コミュニオン, にては各, にては小, に属する, に異なる, のごとく, の定, の教正, はなお, は二人, は新教

▼ 教といふ~ (12, 0.2%)

4 ものは 2 ものを 1 のは, のを, ものも, 人あり, 御宗旨, 連鎖によ

▼ 教はり~ (12, 0.2%)

2 に來, に行く 1 はした, はしなかつた, ふじ子は, 三本の, 夕食する, 家中でも, 芥川龍之介の, 行つて見る

▼ 教へは~ (12, 0.2%)

2 目のあたりに 1 しなかつた, するけれども, つたに, 受けなかつたが, 受けませぬ, 可憐である, 庶民の, 絶対に, 聞いたには, 表面の

▼ 教人衆~ (12, 0.2%)

1 [12件] が介抱, の中, の人目, の手, の話, の間, は, は天, は皆一同, は皆目, は風, もその

▼ 教った~ (11, 0.1%)

2 通り訳は 1 から追, ことは, ことを, じゃありません, のだろう, のです, ばかりのフランス, 最後の, 通り話した

▼ 教へては~ (11, 0.1%)

2 ならぬと 1 くれないやう, くれなかつたで, ならない内儀, ゐるけれども, オルガンに, 下さらぬか, 困りますね, 困る, 貰つた

▼ 教へても~ (11, 0.1%)

1 [11件] い, た, だめだ, よい, らは, 少しも, 差支が, 差支へが, 教へ, 解らないから, 誤まる

▼ 教~ (10, 0.1%)

1 と云つて夢中, ね, のいう, のって, のに, のを, よ, わねとゆき子, わよ, んの

▼ 教として~ (10, 0.1%)

1 どっちが, 三宝を, 他の, 以上の, 其質素の, 古い古い昔, 固定し, 奉職し, 政府要路の, 最も勢力

▼ 教より~ (10, 0.1%)

1 はるか幼く, ほかは, 仏教の, 出づる所, 役者の, 得たるところ, 母の, 生じた習慣, 発生す, 見れば

▼ 教大師~ (10, 0.1%)

2 の遺骨 1 があの, が入唐, の一千一百年忌, の如き, の御, は判官菅原清公, や弘法大師, 御誕生地

▼ 教課書~ (10, 0.1%)

1 から日本, だけの知識, にその, に噛, は一冊, ばかりを後生大事, ばかり読ん, や教師, をよみます, を機械的

▼ 教との~ (9, 0.1%)

1 二種を, 価値の, 合致, 比較にも, 父母より, 結合を, 間に, 関係に, 類同

▼ 教とも~ (9, 0.1%)

1 いうべきもの, いって, いふべき位置, にこの, に眼, 稱せられた, 考えられる, 言いますがね, 言ひます

▼ 教~ (9, 0.1%)

1 に向, に於ける, のごとき, の中, の兄弟達, の多く, の擴大, は彈壓, は次第に

▼ 教~ (9, 0.1%)

1 がある, などの平家軍, の弟業盛, の遠, は敗れ, も敦盛, や盛俊, 然たる, 第三

▼ 教あり~ (8, 0.1%)

1 だれか, つる国, て宗教, て気象, とも馬耳東風, イスラム教あり, 支那に, 米国には

▼ 教にも~ (8, 0.1%)

1 ある通り, 一種の, 中心の, 傳は, 深い人, 釋迦以前の, 関わるべきこと, 階級の

▼ 教へが~ (8, 0.1%)

1 さうし, それ等の, てら手, まだどこ, 久しく傳つて, 父なる, 肝賢, 適切に

▼ 教へも~ (8, 0.1%)

2 何も 1 あり麗色, した, しなくても, ならずを, 我等に, 頼るに

▼ 教会派~ (8, 0.1%)

1 って, という, なん, のある, のもの, の大, の家政婦, の童貞女

▼ 教~ (8, 0.1%)

1 であり幾多, と聞かされ, なれば, の前進, の君主, の學校生徒, の諸王, やマホメット教國

▼ 教外別伝~ (8, 0.1%)

1 さ, であるならば, に附す, の極地, の概, の標榜, を標榜, を説く

▼ 教文館~ (8, 0.1%)

2 のフジアイス 1 と相まって, に行っ, の傍, の前, の富士アイス, の飾り窓

▼ 教~ (8, 0.1%)

1 が耶蘇教以前, の為, はつまり, は今日歐州, は前, を學ぶ, を持たせ, を諸方

▼ 教~ (8, 0.1%)

2 の中 1 が必要, が済みます, でありますから, の一部, を勉強, を教える

▼ 教うれ~ (7, 0.1%)

1 ばいろは, ばその, ば下流社会, ば則, ば教, ば舅姑, ば訳

▼ 教へと~ (7, 0.1%)

2 くれ 1 したの, した所, その儀礼, 云ふ, 申すので

▼ 教~ (7, 0.1%)

1 ならむ, の人, の宗教, の旨, の者, の諸法, より発したる

▼ 教~ (7, 0.1%)

2 の女 1 が伝奏, の三女, の二女, の歿, は役儀がら幕府

▼ 教~ (7, 0.1%)

1 ありて, あるいは教導職, から分離, から回し, があり, のよう, 小教院

▼ 教えっ~ (6, 0.1%)

3 こを 2 こしたり 1 から少し

▼ 教たる~ (6, 0.1%)

1 ことは, とを問はず, ゆえんなり, 倫理教と, 倫理教において, 倫理教の

▼ 教だの~ (6, 0.1%)

2 戒だの 1 何だ, 忠信孝悌だ, 政だ, 武士道だ

▼ 教とを~ (6, 0.1%)

1 ぜひ研究, 冒涜する, 分別し, 合致させる, 問わず皆それ, 混同する

▼ 教へながら~ (6, 0.1%)

1 またそれ, 彼の, 時にわし, 歩き出した, 職業以外に, 釈きながら

▼ 教~ (6, 0.1%)

1 から見, から言う, の新しい, の理想, の破廉恥罪, 面白くない

▼ 教主義~ (6, 0.1%)

1 から几帳面, とか人道主義, との調和, とギリシア主義, の教訓書, はかつて

▼ 教~ (6, 0.1%)

1 が調戯半分, という人, と懇ろ, と相談, のほった, は好事

▼ 教信徒~ (6, 0.1%)

1 に指令, の密入国, の数字, は特に, は現在日本, も儒者

▼ 教~ (6, 0.1%)

1 がイルミネーション, をもらい, をアンドレアス, をイノサント長老, をパウロ, を持ってる

▼ 教~ (6, 0.1%)

1 などの心中, の一類, の創建, はその去る, は強硬派, やその

▼ 教~ (6, 0.1%)

1 がつけ加えた, が訪ね, という文字, とお, の前身, の話

▼ 教思想~ (6, 0.1%)

1 とを対照, には離れられなく, に不, の輪回轉生, の關係, を取り込ん

▼ 教課書以外~ (6, 0.1%)

4 の書物 1 の参考書, の読書

▼ 教うべ~ (5, 0.1%)

1 からざる動物, からざれば, からずと, きに, くだけそれだけ

▼ 教つた~ (5, 0.1%)

1 かその, か知りません, ことなど, ばかりのフランス, 安望館

▼ 教とか~ (5, 0.1%)

1 かかる宗教, 四維とか, 大和の, 尊徳宗とかを, 西力の

▼ 教はらない~ (5, 0.1%)

4 で裾 1 で自分

▼ 教ふべき~ (5, 0.1%)

1 か, ことあら, こととを, ことなら, 者として

▼ 教へてを~ (5, 0.1%)

2 ります 1 られました, られ金曜日, りました

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 なり扨私, の真意, 所革命の, 者あり, 者ある

▼ 教以外~ (5, 0.1%)

1 に何事, に儒教, に專門, に支那, に正伝

▼ 教会員~ (5, 0.1%)

1 が打, だった関係, であり伝道事業, のしかも, の殆

▼ 教及び~ (5, 0.1%)

1 グノスチック教の, ゾロアスター, 同じく一遍, 漢學を, 耶蘇教の

▼ 教古文書~ (5, 0.1%)

2 の批判 1 の全部, の歴史的價値, は莫大

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 にも記され, による時, の幾ページ, の序文, は保護者フランス

▼ 教婦人同盟~ (5, 0.1%)

2 の事業 1 の主宰者, の副, の運動

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 が世界, に尊崇, の下, の眼中, は印度

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 は神仏混合, もござります, を合唱, を唱え, を読みはじめる

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 の統一, の高大, は大中臣氏, を大中臣氏, を布い

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 に許すべからず, は多少, を使用, を教育, を連れ

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 の卿, の子, の所領, の次男, 重衡

▼ 教碑出土~ (5, 0.1%)

1 の噂, の場所, の年代, の状況, の當時

▼ 教碑文~ (5, 0.1%)

2 を作つた大秦寺 1 の如き, の撰者, の飜譯

▼ 教~ (5, 0.1%)

2 の諸宗 1 が並び行われ, の微, を包括

▼ 教~ (5, 0.1%)

1 だった, に請う, の染筆, よわたし, を動かし

▼ 教および~ (4, 0.1%)

2 民俗 1 イスラム教は, イスラム教を

▼ 教~ (4, 0.1%)

2 ている, て自ら骨

▼ 教って~ (4, 0.1%)

2 えの 1 いても, えいう

▼ 教つて~ (4, 0.1%)

2 ゐたので 1 ゐると, 居るから

▼ 教であり~ (4, 0.1%)

1 これは, 又一般稱呼, 同時に新, 是れ

▼ 教としての~ (4, 0.1%)

1 儒教を, 徹底した, 権威を, 特殊の

▼ 教など~ (4, 0.1%)

1 いへる事, ほかの, 問題に, 祖先と

▼ 教なら~ (4, 0.1%)

1 いざ知らず, ばと彼, ば古代印度, ば經部

▼ 教なり~ (4, 0.1%)

1 ゆえにわが国ヤソ教, 一神教には, 多神教の, 政治なり

▼ 教においては~ (4, 0.1%)

1 まず我が, 中世以來ギリシア哲學の, 朝晩タイコを, 魂ひ

▼ 教について~ (4, 0.1%)

1 いつも感謝, アイヌ語で, 悪い噂, 行を

▼ 教にて~ (4, 0.1%)

1 一度ころび, 僧侶と, 町屋村入口にて, 神都と

▼ 教のみ~ (4, 0.1%)

2 ありて 1 あって, では

▼ 教はつ~ (4, 0.1%)

1 たさうで四文錢, たりお, たりシロ, たり聞い

▼ 教ふべからず~ (4, 0.1%)

2 といふ 1 といへ, として江淮

▼ 教へた所~ (4, 0.1%)

3 によれ 1 も餘

▼ 教へなど~ (4, 0.1%)

4 申したこと

▼ 教~ (4, 0.1%)

1 この際牝虎, べからずとぞ, べしだ, もし悪事

▼ 教よりも~ (4, 0.1%)

1 そちらの, もっと外形的, 寧ろ道教, 深刻です

▼ 教以前~ (4, 0.1%)

2 から我々祖先 1 からし, のギリシア

▼ 教史観~ (4, 0.1%)

2 は七祖史観 1 とまさに, はその

▼ 教~ (4, 0.1%)

1 なるもの, 辭彙に, 辭彙は, 辭彙卷一倶肥羅天の

▼ 教學者~ (4, 0.1%)

1 でありますけれども, には目録, は別, は錫蘭嶋

▼ 教時代~ (4, 0.1%)

1 の, の俤, の學問, の文學

▼ 教流行中國碑~ (4, 0.1%)

1 に就い, に就き, は唐時代, よりも約

▼ 教~ (4, 0.1%)

2 は濁世末代 1 に順ずる, は存する

▼ 教~ (4, 0.1%)

1 外国に, 学に, 学の, 尊の

▼ 教関係~ (4, 0.1%)

1 か若い, か銭形平次, にはゆき渡る, の多く

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 ことも, 可から, 可き

▼ 教うべき~ (3, 0.0%)

1 ことなら, 光明を, 動物と

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 すなわち小乗仏教, すなわち耶蘇, 即ち仏教

▼ 教こそ~ (3, 0.0%)

2 神ながら 1 最も日本的

▼ 教せた~ (3, 0.0%)

1 あるねん, か, げたの

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 たりし, たり書物, てつから

▼ 教です~ (3, 0.0%)

21

▼ 教と共に~ (3, 0.0%)

1 印度思想も, 多少支那, 鼎立の

▼ 教なき~ (3, 0.0%)

1 ゆゑなり, を得ず, 心に

▼ 教なども~ (3, 0.0%)

1 夙に此, 行なわれて, 行はれ

▼ 教による~ (3, 0.0%)

1 ところが, ものである, ものに

▼ 教に従って~ (3, 0.0%)

1 たちまち妻, 深き鍋, 萎縮すれ

▼ 教はった~ (3, 0.0%)

1 こと中, のだった, ギャグだった

▼ 教はらなかつた~ (3, 0.0%)

1 けどでも, のだらう, ものと

▼ 教はりたい~ (3, 0.0%)

1 などと滝, わ, わねあの

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 この後, その体操, 人は

▼ 教へた人~ (3, 0.0%)

1 があつ, が吾國, です

▼ 教へてと~ (3, 0.0%)

1 言つて且つ, 言ふ, 頼み升た

▼ 教へでも~ (3, 0.0%)

1 した者, するやう, 有らうが

▼ 教ゆべき~ (3, 0.0%)

1 ものなし, やけっして, 方便であった

▼ 教ゆれ~ (3, 0.0%)

2 ば困らせる 1 ば各自

▼ 教をも~ (3, 0.0%)

1 受けて, 打遣, 胡

▼ 教中将~ (3, 0.0%)

1 である, と田中館博士, にはいろいろ

▼ 教仁君~ (3, 0.0%)

1 さようなら, さようなら君, 怖いかね

▼ 教以来~ (3, 0.0%)

1 のゆゆしい, の宝塔仏舎, の霊跡

▼ 教信仰~ (3, 0.0%)

1 に於, の下火, の極致

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 から起された目覚めた, から首音, に引き入れた

▼ 教僧侶~ (3, 0.0%)

1 の口, の着物, よろぼいいず

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 として改造, は, をのべた

▼ 教即ち~ (3, 0.0%)

1 ネストル教とは, 印度教化した, 後に

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 は卜伝直系, より奈良, を訪ねられ

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 がクララ, が無けれ, のレオ

▼ 教~ (3, 0.0%)

2 宗の 1 宗より

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 が落成, に集まる, やインド

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 という寺, と云う, は日蓮宗

▼ 教支部~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, に通うた, を訪れた

▼ 教會堂~ (3, 0.0%)

1 が木の間, で嚴肅, へと案内

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 は世に最も, をまくっ, を着

▼ 教来石兵助~ (3, 0.0%)

2 の家 1 のいま

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 があるいは, などのこと, などの不可思議

▼ 教的信仰~ (3, 0.0%)

1 の体験, の形, を基礎

▼ 教的哲學~ (3, 0.0%)

1 においてはイデア, にとつ, の根本前提

▼ 教的思想~ (3, 0.0%)

1 の中, の熱烈, は支那哲學

▼ 教~ (3, 0.0%)

1 の中, の部分, を有し

▼ 教~ (3, 0.0%)

2 の用向き 1 はなはだ多し

▼ 教神学~ (3, 0.0%)

1 が押し与え, である, にも通用

▼ 教神殿~ (3, 0.0%)

2 に監禁 1 ではない

▼ 教要理~ (3, 0.0%)

1 のお話, のけいこ, は滑稽

▼ 教道教~ (3, 0.0%)

1 が行, が附いた, の本

▼ 教部省内~ (3, 0.0%)

1 の一隅, の当局者あて, の役人たち

▼ 教うべし~ (2, 0.0%)

1 といいし, という

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 何かの, 佛教とは

▼ 教しふ~ (2, 0.0%)

1 忽忘草の, 朝夕に

▼ 教ぜんたい~ (2, 0.0%)

1 があぶなく, がけしからん教え

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 曰く爾先瞬きせざる, 誤を

▼ 教であれ~ (2, 0.0%)

1 一流と, 儒教であれ

▼ 教とが~ (2, 0.0%)

1 二つに, 流布し

▼ 教とて~ (2, 0.0%)

1 一山を, 時の

▼ 教~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ 教なすっ~ (2, 0.0%)

1 て下さいまし, て下さるでしょう

▼ 教などの~ (2, 0.0%)

1 童貞受胎の, 興る前

▼ 教なる~ (2, 0.0%)

1 ものを, 所以を

▼ 教なれ~ (2, 0.0%)

1 ば定め, ば軽視

▼ 教において~ (2, 0.0%)

1 統一せらるべき, 體驗の

▼ 教においても~ (2, 0.0%)

2 アウグスティヌスや

▼ 教にては~ (2, 0.0%)

1 だれも, 此語は

▼ 教にと~ (2, 0.0%)

1 つて相當の, つて第一義の

▼ 教によ~ (2, 0.0%)

1 つて國土を, つて祝福された

▼ 教によって~ (2, 0.0%)

1 現代生活が, 立てられたの

▼ 教に対する~ (2, 0.0%)

1 圧迫, 私の

▼ 教はって~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐます

▼ 教はらう~ (2, 0.0%)

1 か雑誌記者, と宣教師

▼ 教はりたく~ (2, 0.0%)

1 てお尋ね, て今日

▼ 教はるの~ (2, 0.0%)

1 は手習ひより, は損

▼ 教ふるなら~ (2, 0.0%)

2

▼ 教ふれ~ (2, 0.0%)

1 ども我感情, ば横笛世

▼ 教へた通り~ (2, 0.0%)

1 に別れる, をそつくり其儘

▼ 教へで~ (2, 0.0%)

1 あらう, あらうけれど

▼ 教へでは~ (2, 0.0%)

1 ないか, 女犯は

▼ 教へや~ (2, 0.0%)

1 しない, 寺院の

▼ 教へらるべき~ (2, 0.0%)

1 もので, ものである

▼ 教へらるる~ (2, 0.0%)

1 ままに, 者には

▼ 教へるなら~ (2, 0.0%)

1 ば深切, 本當

▼ 教へる如く~ (2, 0.0%)

1 エロースは, 實體

▼ 教または~ (2, 0.0%)

1 倫理教が, 倫理教の

▼ 教を以て~ (2, 0.0%)

1 すること, 單に

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 ヲ垂レタリト聞クソ, ヲ設クルニ才ニヨツテ育ヲ

▼ 教一変~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 教仁さん~ (2, 0.0%)

1 て, ね

▼ 教信院~ (2, 0.0%)

1 という念仏道場, の僧たち

▼ 教偽作~ (2, 0.0%)

1 のカラクリ全部, の罪状

▼ 教傳來~ (2, 0.0%)

1 の空想, の語法

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 がすすん, とし

▼ 教~ (2, 0.0%)

2 不沾裙

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 體が, 體の

▼ 教全般~ (2, 0.0%)

1 だねえ, にわたつ

▼ 教其の物~ (2, 0.0%)

1 が漠, に就

▼ 教区民~ (2, 0.0%)

1 のため, の絶大

▼ 教区長~ (2, 0.0%)

1 の末娘, の貧乏生活

▼ 教友ら~ (2, 0.0%)

1 が心, とパン

▼ 教喇嘛~ (2, 0.0%)

1 が小さい, に恨まれた

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 にて詠める, は筑摩県

▼ 教外別傳~ (2, 0.0%)

1 と云ふから, の禪宗

▼ 教如上人~ (2, 0.0%)

1 と六, は徳川家康

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 のかくされた, の話

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 の女, の男雅有

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 が百首, 父子に

▼ 教寺院~ (2, 0.0%)

1 の月章, を見歩いた

▼ 教島津ハル子ひと~ (2, 0.0%)

2 のみち

▼ 教忠卿~ (2, 0.0%)

1 が病歿, は非常

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 はまた, は無骨

▼ 教拝火教~ (2, 0.0%)

1 なども行, なども行なわれ

▼ 教拝火教等~ (2, 0.0%)

2 の諸宗

▼ 教政一致~ (2, 0.0%)

1 ということ, になった

▼ 教政府~ (2, 0.0%)

1 の教, の教え

▼ 教教育~ (2, 0.0%)

1 から来たらしい, による封建社会

▼ 教文書~ (2, 0.0%)

1 など出た, の片鱗

▼ 教文館ビル~ (2, 0.0%)

1 のフジアイス, へ寄り

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 の一人娘早百合姫, もその

▼ 教本山~ (2, 0.0%)

1 を一見, を巡覧

▼ 教本部~ (2, 0.0%)

1 へ参じた, まで訪ね

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 に叩き着け, の上

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 の住地, や大関平馬

▼ 教流行碑~ (2, 0.0%)

1 の内容, は先般

▼ 教発祥~ (2, 0.0%)

1 の目, の縁起

▼ 教的愛~ (2, 0.0%)

1 で彼女, とが混淆

▼ 教碑書後~ (2, 0.0%)

1 に, の終末

▼ 教社會主義~ (2, 0.0%)

1 は貴族, を標榜

▼ 教祈祷所~ (2, 0.0%)

1 という大きな, と見える

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 の確立, は当りました

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 の二人, の目と

▼ 教~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 教芸術~ (2, 0.0%)

1 の厳し, はその

▼ 教行証~ (2, 0.0%)

2 の三法

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 である, の下

▼ 教覚速善居士~ (2, 0.0%)

2 の額

▼ 教~ (2, 0.0%)

2 によりて悲哀

▼ 教説的~ (2, 0.0%)

1 であって, になる

▼ 教議会~ (2, 0.0%)

1 などをもっ, ならびにローマ

▼ 教通り~ (2, 0.0%)

2 何とも返事

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 するを, の師

▼ 教道徳~ (2, 0.0%)

1 の偽善, はすべて情緒

▼ 教阿弥陀仏~ (2, 0.0%)

1 と名乗っ, は歓喜踊

▼ 教隆本~ (2, 0.0%)

1 が関東, を明らか

▼ 教~ (2, 0.0%)

1 の饗宴樣式, を

▼1* [519件]

あらざる前に, 教あるはなし, 教うべきであるとお, 教うるもいたずらに論議批評, 教うるもつまらぬことを, 教う退きて, 教えとやらを説かれる, 教えむものと, 教えらるべき多く, 教かと云ふこ, 教かの功多き, 教からもマホメット教からも, 教がはひりそれ, 教ぐらい平和を, 教この三つによ, 教これを食う, 教ごとをし, 教しえて下さいました, 教すなわち三時教を, 教すら存立を, 教するの用に, 教せえておく, 教せたげへんな, 教せだっけ, 教せといたら電話帳見た, 教せときましてんそれ, 教せとくさかい新聞, 教せられたろうじの, 教せられへんよって, 教せんよりしばらく, 教その宜しきを, 教そのままの祟り, 教そのものを批判, 教それも單, 教のだ, 教たらざる時と, 教たらしむることは果して, 教だけで事を, 教やア, 教たり勧められ, 教であって像法, 教であったのだ, 教であります支那文化に, 教でかく考へたので, 教でございましょうな, 教でないように, 教でなくてはならぬ, 教というも十歳以下小児の, 教とかいう上手も, 教とかに割當て, 教とかの会計事務に, 教とかを目的として, 教ときやがる, 教とともに欧米の, 教とやら申すの, 教とやらに御帰依, 教とやらの分社の, 教とやらをお伝えくださる, 教どころの勢力以上, 教なかんずく他力教の, 教ながら新教旧教また, 教なく三十七年の, 教なしというべし, 教なぞ拝む気, 教なぞは日本に, 教などで鍛へ, 教などという怪しきもの, 教などとは似ても, 教などに屈従する, 教などのさかしらよりも, 教などを信じて, 教なりが色々多岐, 教なりという, 教なりというものあらん, 教なんかに足を, 教なんかもエスが, 教なんぞを讀むこと, 教における發展の, 教にかへるべし曰く, 教にさえ内心では, 教にても儒教にても, 教にとって他の, 教にとっては如何にも本懐, 教により果を, 教に対して意志的に, 教に対してはその教理, 教に対してもけっして反対, 教に従い半国を, 教のみが真実の, 教のみを奉じて, 教はつたんだから, 教はなはだ大切なり, 教はらずに知つて, 教はらなくても知つて, 教はらなくたつて好い, 教はりましたね, 教はりませんでしたので読む, 教はり立のお話し, 教はること, 教はる者は目下, 教はれ真理を, 教ばかりでなく他, 教ばかりも嗤はれまい, 教ふその體操, 教ふといふは, 教ふべきであるか, 教ふべければなり, 教ふべしや, 教ふるは不必要, 教ふる如く學を, 教ふる如くするにその, 教へけむわれはおぼえぬものおもふこと, 教へけむ去りあへぬ, 教へしかば平く, 教へしもすべて武士道の, 教へたりという彼の, 教へたりとの事也, 教へたりなんかするから, 教へたりなんてするね, 教へた事も有, 教へた者はドストイエフスキイ, 教へた語と言, 教へた道ではない, 教へてから教へらるべき, 教へてさうさせた, 教へてね叔母さま, 教へてのたまはく昔某の, 教へてやらうといつて, 教へにおける言葉の, 教へになつてこれは, 教へによりて世に, 教へに対して其一部に, 教へよ吾人を, 教へよとなり, 教へるある種の, 教へるつて私, 教へるであらうか, 教へるはうも不規則, 教へるべきものだ, 教へれば芸, 教へを以て人達を, 教へんために, 教まずシナに, 教また井上頼国氏が, 教まで大裾野, 教めいていた, 教もしくは特待教の, 教やの引用も, 教ゆっけん木びき歌, 教ゆるが如きは彼等, 教ゆるもその説く, 教なかつたかい, 教られしよう覚て馬鹿気, 教家へ, 教ぢや, 教わたしはその, 教われれば軽便, 教をのみ無雙, 教を通じて存する一つ, 教を通じての確実な, 教イデオロギーを真向, 教エタ病人ノ加持, 教エテ御代官, 教エテクレタガ世ノ中, 教エテクレタソレカラコノ南平ハボロノナリ故色々, 教エテヤッタラキモヲツブシタ顔ヲシテ, 教エテヤロウト挨拶スルカラウチヘ連レテ来テソノ晩ハ泊メタ, 教エテ先ズ稲荷ヲ拝メトテソノ法, 教エルノデソノ人ニ就イテ去風流, 教オルソドックスのまっ, 教カルマック族の一植民地, 教カ月を經, 教キリスト教などにおいて見られる, 教サバトの徒, 教ジェスイットおよびプロテスタント, 教ドルイドの宗儀, 教バルダスの遺風, 教フルトキ兼テ二段ノ加算, 教フルトコロニヨレバ娼婦税吏異邦人, 教プラトアリストートルの學, 教ヘテ銭ヲ取, 教マホメット教及びイエス, 教ミュジュルマン宗の四宗, 教ユダヤ教キリスト教などにおいて見られる, 教ユダヤ文学などに興味, 教ユルニ非ズヤ, 教ラマの僧院, 教にし, 教一致の立場, 教万分の一を維持, 教三十七為相十三である, 教三氏の, 教上力を專ら東國, 教上忘るべからざるこの, 教上道徳上面白くない, 教下されまた救, 教相離, 教中ユニテリアン宗は当時日本, 教中大橋訥庵兄弟がおり, 教主張魯に対しては卑屈, 教主義者と伊達者, 教乃至儒教で, 教とある, 教九流の数, 教九流諸子百家古今の興廃, 教事件でも宝塚事件, 教云々など言う, 教亡びてまもなく, 教人信の過程, 教人民にあらず, 教人衆邪淫の戒, 教仁君二振りのうち, 教仁君手を延ばし, 教仁章炳麟とわたし, 教仁等はいずれ, 教今日の実況, 教により出陣征伐, 教以上に不都合, 教以下の智識高僧, 教以後の僧侶, 教会員以外の大工, 教会員間によく, 教という男, 教伝地獄というところ, 教伝播の直接間接, 教伝甲斐ない, 教伝道師転がるよう, 教伝道師札荅蘭城下の避難民男女, 教のため, 教信ずる養父母は, 教信寺の池, 教信者諸氏処を換え, 教修道院の創設者, 教傳道者の如く, 教儀集解という順, 教儒教だけを國教, 教兄弟のとき, 教入中國考, 教入唐出立の際暴風大雨, 教全巻の秘密, 教其他の諸, 教其物は此種類, 教内のをし, 教内最初の隠, 教の二僧, 教制定と云, 教を盛りかえし, 教勢擴張に力めた, 教千部の, 教史中の宣教師たち, 教史籍を渉獵, 教各派の本山, 教名明光親鸞の孫唯善, 教和雍寛洪の風, 教四王天に在, 教より聞くべし, 教国中で一番, 教国中イギリスフランスドイツロシアアメリカは富強, 教国実国綴方生活工程国研をはじめ, 教国富又兵強, 教國人である作者, 教を訪, 教團成立の最初, 教坊十万の妓, 教坊楽とべに, 教坊辺の楽師, 教塩谷修輔氏岡千仭氏が中助, 教士等の支那, 教士連で彼等, 教外別伝不立文字等の標榜, 教かりしは, 教大秦末尼の三者, 教の光ため, 教天草商事遷座のこと, 教奉じて怪物, 教奉ずる囚人が, 教好尚のおもむく, 教を立て, 教婦人が街頭, 教嫌ひであつた, 教という学, 教学校の反, 教学術の名称, 教學刷新の急, 教學塾をひらき, 教學必携予在英, 教安寺というの, 教宗とスコットランド国教宗との, 教宗と旧教との区別, 教宗派は数百種, 教宣教師の專賣, 教宣教師達の努力, 教山上人を請, 教岩坊の談, 教を受け, 教巧君兄弟がいた事, 教において親鸞, 教布教は殆, 教帰一の教, 教庭訓往来こそ最も, 教廣博で印度通教, 教弘法その他の宗祖, 教役者ではない, 教彼等何ものぞ彼等, 教復活の先駆, 教という僧, 教念善性了海等である中, 教にす, 教恋無常と人, 教悔師ばかりで, 教悔機関悪く云え, 教感覚あるもの, 教を確, 教所宗の人, 教扶桑教といろいろ, 教批評といふもの, 教授馘切り事件があった, 教排斥者の翹楚, 教採用の一理由, 教探訪記で大いに, 教推して知るべきなり, 教はそう, 教撮影苦心談ものっ, 教政治と教, 教教会牧師という, 教教円の二僧, 教教学は勿論, 教教祖は紫琴女, 教の眼, 教文化に斬新, 教文学と少年少女, 教文學が歐羅巴, 教文種長無絶, 教文部省ありて, 教文館五階の, 教方面に於, 教という, 教族古豪族のごとき, 教族金剛族から出る, 教をひるがえし, 教既是西胡師法其徒自行, 教神学中より, 教旧教あるいは加特力教, 教旨根本の原理, 教とは小, 教普及の運動, 教普行の宗旨, 教暁らじ, 教曉らじ, 教最も盛んなり, 教會コンブレエとその, 教會員はそ, 教會所屬の宗教書印刷, 教會法の下, 教會法等は羅馬法王, 教會的な篤信家, 教の住人, 教来年の春夏, 教来石流の煙火, 教東京遷座由来記を心ゆく, 教を収める, 教ではなかつた, 教と其の, 教に取る, 教と法, 教權統一の形勢此, 教權者の存在, 教次郎磯直吉持斎茂吉同一作, 教正中に二人, 教武君は浅草小島町, 教を持った, 教殺人事件かね, 教母達にとつて, 教母院の道院, 教比丘も器物, 教氏九州大学の四宮兼之氏, 教法政法皆悉く互性活眞, 教に假名, 教流行中國碑文を撰述, 教の水, 教渡來以後邦人の身體, 教教ともに, 教漸く流通し, 教潜入記を執筆, 教男女之, 教無くして, 教照心といつた, 教特に自力教の, 教特有の紛う, 教珍敷拝見仕候, 教用例で之, 教たやう, 教申すことを, 教界ぜんたいは片倉, 教界刷新のやり口, 教界古今の大学者, 教界粛清とに全力, 教発生前後に於ける, 教發達の歴史, 教的ジヤアナリストの牧師たち, 教的偶像崇拝かを隠し持ってる, 教的冒涜を指示, 教的実体となる, 教的実在即ち歴史的実在, 教的崇拝のあと, 教的平民主義が力, 教的愛国団体である昭和神聖会, 教的教育に反抗, 教的教養を身, 教的敬虔な思想, 教的文士となり, 教的精神が記録, 教的色彩の濃い, 教的著作を繙いた, 教的蠱惑の氣分, 教的血肉を除外, 教的要素とギリシア的要素, 教的観察のあらはれで, 教的詩人であつ, 教直覚教は理外, 教相抜群の誉れ, 教相組織を建立, 教真人である, 教真実の行, 教知識の錯迷狂的變態性, 教研究の著述, 教研究者であるゴルドン, 教碑事件の顛末, 教碑保護を決議, 教碑買收に盡力, 教礼拝式ありて, 教社会の今後, 教社会主義とでもい, 教にその, 教神学復興の枢軸, 教祭殿に巫女, 教講釈, 教究竟の目的, 教精神は聖アウグスチヌス, 教であり其分派, 教系統の法然上人, 教純良にし, 教經典においてはコリント後書三, 教經典序聽迷詩所經に就い, 教經出世したと, 教総務となっ, 教にすべ, 教なりと言う, 教美術と人麿等, 教習慣の然, 教に就, 教者天帝の意, 教者布教の手段, 教者悪人を感化, 教者曰くヤソ教の他, 教者曰く世界中種々の宗教, 教者曰く君の論, 教腐敗せるに, 教自体の語る, 教自然教の二種, 教興隆に役立てよう, 教良石というの, 教若くは婆羅門教, 教にせん, 教藝術にてはヨハネ, 教の哂, 教行信證や御, 教衝突の發端, 教衰えたる原因, 教衰微の原因, 教規通りの古, 教言與其鉤故自尓以後, 教訓話だけであった, 教月色深, 教誑惑黎元宜, 教説き聞かせて一時, 教説内容の上, 教説相が美しい, 教説社會の公衆, 教説者として有名, 教課一覧をご覧, 教課書さへ読ん, 教課書大明神と崇める, 教課目の時間割, 教調する計画, 教の再発, 教論談義を挑みかけ, 教諸国の上, 教諸宗派中の最も, 教諸派みなしかり, 教しおも, 教の御, 教起こりて在来, 教軒湖岸に散在, 教辭典は父母, 教込まれたから私共, 教近年に至り, 教迫害がはじめられた, 教の中, 教造氏の勧め, 教遊雅円観など, 教違背の行爲, 教事瓊浦把燭談等に, 教部両省合併で不二麿, 教部兼文部省なるもの, 教部文部両省の合併, 教部省あたりの同僚, 教部省奉職の日, 教部省社寺局のごとき, 教醋吸の図, 教關係の古, 教關係者が警視廳, 教の天野四郎, 教隆盛の地, 教青年會館や丸山, 教革命をひつ, 教館のであった, 教館以外で大砲, 教馬霊教の終焉