青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彼等~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~彼 彼~ ~彼ら 彼ら~ ~彼女 彼女~ 彼奴~ ~彼方 彼方~ ~彼等
彼等~
~往 往~ ~往々 往々~ ~往く 往く~ ~往復 往復~ ~往来 往来~

「彼等~」 19647, 182ppm, 572位

▼ 彼等~ (7122, 36.2%)

59 それを 34 彼等の 32 自分の 27 私の 21 いずれも 16 二人とも, 私を 14 これを, それが 13 互ひ 12 お互に, 何か 11 そこに, それから, 口々に, 私が 10 私に, 自分達の, 自己の 9 さう, 他の, 子供の, 手を 8 それに, 何の, 誰も, 非常に 7 すぐに, 何も, 何れも, 声を, 彼の, 彼等が, 日本の, 自分たちの, 自分で

6 [15件] いづれも, そんなこと, 一切の, 一斉に, 人の, 人間の, 何を, 口を, 多くの, 夜の, 少しも, 急に, 神の, 自分たちが, 黙って

5 [20件] いつでも, そこを, 一度に, 一方に, 一種の, 之を, 人間を, 今は, 今まで, 勇敢に, 帰って, 彼が, 彼を, 我国の, 或る, 民衆の, 永久に, 目を, 私達の, 訓練せられた

4 [49件] いつまでも, いつも私, かくの, この上, すべての, そこで, どれも, みんな僕の, 一様に, 一緒に, 一言も, 三人とも, 主張する, 他人の, 何かの, 何でも, 何と, 何よりも, 何等かの, 僕の, 叫びました, 各自に, 吾, 喜んで, 天皇の, 夫, 如何に, 家に, 己れ, 息を, 我々が, 手に, 晝も, 最初の, 最後の, 東京へ, 此の, 殆ん, 湖の, 生きて, 異口同音に, 考えて, 考える, 自分を, 自分等の, 詩を, 銃を, 風の, 餘り

3 [95件] あまりに, いう, いう迄も, お互いに, ここで, このよう, しば, すぐその, すつかり, そこへ, それぞれの, それで, それによって, ただ一人, どうした, なんにも, またその, めいめいの, ゴーリキイを, トランプを, 一人のこらず, 云う, 云った, 云ふ, 互の, 人が, 今日も, 例の, 俄に, 僕を, 僕等の, 其, 単純に, 即座に, 口に, 吃驚し, 各, 固より, 地の, 夢中に, 始めて, 孰れ, 容易に, 實に, 少くとも, 山の, 已むを, 平和に, 平然として, 幸福であった, 幾度も, 店の, 彼等を, 急いで, 愛情を, 慌て, 我等の, 日が, 日の, 昨日の, 時の, 普通の, 未だ, 次の, 死を, 水中に, 無言の, 現在の, 皆この, 皆同じ, 眼の, 確かに, 私と, 私には, 考えた, 耳を, 腰を, 腹の, 自らの, 自分と, 自分等が, 自分達が, 自然に, 自由に, 自身の, 舞台の, 色々な, 西洋の, 言ふ, 身を, 降りて, 静かに, 革命を, 頭が, 顔を

2 [417件] あなたの, あらゆる手段, あらゆる方法, ある型, あわてふためきながら, いつかも, いろ, おのが, おのづか, お互, お前に, かうして, かつてナポレオン, かの女, きいた, きまって, こ, ここから, ここに, ここへ, ことごとく匙, このごろた石, この事件, この土地, この書物, これらの, こんなこと, こんな事, ごろつきだ, さうし, さすがに, しかしその, そうし, そうした, そう云う, そう言っ, そこから, その, そのこと, そのころ, そのとき, そのま, その中, その健康, その力, その建築, その意味, その日, その為, その理想, その精神, その過去, それについて, そろって, た, ただこの, ただその, どうかする, どう云, どう云う, どこに, どこへ, どちらも, どのよう, どんなこと, ひとつの, ひとの, ほかの, まだ自分たち, みんなで, みんな過去に, むしろ押勝, むしろ押勝以上, めいめいに, もうその, もう革命, もつと, よき天分, わたしが, わたしの, われわれの, グランド, シャクを, スポオツが, チヤムバーレーンを以て, フランスの, フランスは, ボナパルトの, ムスメと, リヴィングストーンの, 一しよ, 一の, 一七八九, 一人ずつ, 一人の, 一人一人一個の, 一勢に, 一向平気, 一団に, 一定の, 一方では, 一族の, 一日に, 一死を, 三人の, 不平を, 不思議そうに, 不思議な, 不思議に, 不意に, 世の, 丘の, 並んで, 主に, 乞食の, 事件の, 二つの, 二人の, 云い合したよう, 云うの, 云つた, 互いに相手, 人に, 人を, 人生の, 今では, 今度の, 今更の, 代る代るに, 仲よくなら, 伝統の, 低い声, 体よく, 何が, 何とかし, 何とは, 何と云, 何事も, 何処まで, 何度も, 何時でも, 作家の, 例によって, 侯が, 信じて, 俺に, 俺を, 僕が, 僕と, 僕には, 先づ此の, 全く同じ, 全世界, 其の展開, 其処に, 其処へ, 内地に, 再び外, 再び廣, 再び顔, 写実主義の, 冬を, 出て, 初め藩閥打破を, 前に, 前にも, 前者を, 勿論この, 南に, 単に, 又し, 双互, 反革命, 只だ, 只管に, 各々の, 各の, 各自の, 同じよう, 君の, 唯自己, 問ふ, 單純に, 四家の, 壁も, 外から, 外の, 外へ, 多くを, 多数者の, 夜が, 夜に, 夜盗の, 大きな声, 大てい, 大に, 大学の, 大急ぎで, 大自然, 大隈伯を, 好んで, 婚姻の, 嬉んで, 子路が, 孔子が, 季節の, 学校で, 安ん, 安心し, 完全に, 実直な, 宥すべから, 家の, 家を, 尊徳の, 少しでも, 屡夜, 屹度声高に, 岸へ, 常に受身, 帽子を, 平和な, 平気で, 幸いに, 幸福だ, 幸福で, 幾度か, 幾時間も, 廊下の, 弱い市民, 当時の, 彼女の, 彼女を, 彼等なりに, 彼等に, 彼等自身の, 往来を, 後々までも, 心を, 必ずしも政治, 必要だった, 忘れて, 恋人同志の, 息も, 恰も庭, 悪魔の, 愉快な, 愉快に, 愛の, 愛を, 成程, 我々よりも, 我々を, 我を, 房一の, 扉の, 抑, 拷問せられ, 持って, 政治を以て, 政治上に, 敵を, 新婚の, 日本人が, 日本人の, 日本人を, 明かに, 明るい電車通り, 昔の, 是の, 時としては, 暫くの, 朝の, 朝早く, 木の, 本質的に, 村の, 格太郎の, 橋を, 歌いました, 歌った, 正さしく口碑的豪傑, 歩き出した, 死骸を, 殆ど本, 毎日の, 気の, 気を, 決して, 決してその, 法王道鏡を, 波止場稼ぎの, 泰山を, 洋服を, 湖上に, 漁の, 演劇の, 演説を, 無意識に, 無言で, 熱心に, 物の, 特に僕, 特に意識的, 狂人である, 玄関とも, 珍らしい, 現代の, 現制度, 現実の, 現物を, 生死を, 生活の, 用が, 田舎から, 甲州の, 甲板の, 當番を, 疑雨荘, 皆, 皆その, 皆な, 皆グラツドストンの, 皆一樣に, 皆宮中より, 皆樗牛の, 皆私が, 皆私の, 皆自分の, 皆閑人ばかり, 直ぐに, 直に非常, 相互に, 相談し, 真に骨, 真の, 真理を, 真面目な, 眼に, 眼を, 知らず識ら, 確信し, 祖母イヴォンヌと, 祝杯を, 神から, 科学の, 稀に, 笑いながら, 第一, 箇の, 精確の, 純然たる, 緊張した, 縁日で, 罪を, 群を, 老いたる狐, 考へる, 聖書を, 聲を, 職場で, 肩を, 自分でも, 自由を, 船を, 芝居を, 花を, 芸術の, 荷物を, 蚕児の, 血を, 表面は, 襤褸を, 西行の, 見た, 覚えて, 親の, 親友隣人を, 言いました, 言う, 言うの, 詩の, 誰一人女の, 諜し, 豈再び失望, 象の, 豫想し, 賑かに, 赫々たる, 車を, 進んで, 逸早くも, 過去に, 過去の, 鉦を, 閣下と共に, 閣下に, 閣下を以て, 防空上の, 隊長の, 雨が, 雨と, 雪の, 雲の, 雷鳴を, 電燈の, 電車の, 静かな, 非常な, 面従腹背を, 革命に, 革命的の, 順順に, 頭を, 顏を, 飽迄も, 高蹈派

1 [5142件 抜粋] ああいふ, あたかも迷, あのよう, あまり疲弊, あらゆる狂態, ある丘, いい労働者, いかにも樂, いったい何, いつもそれ, いつも戰慄, いふ日, いよいよ実社会, おうおうとして, おそろいの, おまはり, お濠ば, かうした美しい若い, かつて見ない, きっとお, くすくすと, こうしたなだらか, ここ一週間化学地質学古, このあたり, この人, この場面, この怪しい, この機関室, この理論上, この素質, この道理, こも, これ迄の, こんな風, さか, さも仰々しく, しきりに彼, しゃべったり, すぐには, すっかり忘れ, すでに艇内, すべて小田原の, すべて青鞘の, せせら笑いながら, そう云った, そして細, その一つ, その仲間, その原論, その場限り, その少年, その影, その挙動, その柳行李, その無, その異性, その茶, その軍国主義, その離れ家, それぞれ家の, それとも, それ以外の, そんなもの, たいてい同じ, ただ主人, ただ東人, ただ非運, たまげちゃったよう, だんだん愉快, ついで早川某, つまらぬ係り合, とうとうそれ, とっ組み合ったまま, どうして我々, どこの, どんなに惨め, どんな態度, なかなか帰っ, なほ前, はずかしくない, ひそひそと, ひまを, ふだんから, ほとんど自我, ぽちや, ますます乃公, またかつ, また何しろ, また睨み合っ, まだ中道, まだ若い, まもなくその, まるで魂, みな政府に, みな高き, みんな地面の, みんな白い, むッつりし, もうちがった, もう三年, もう怠けはじめ, もう走り, ものの考へ, やがて吾妻橋, やって来た, やはり盗み食い, よい加減, よく似, よく草, よろめきながら, わしを, われ先にと, イズレールの, エホバと, キリストを, コンヴェンションに従って, ジイドが, スクルージと, スヰツルの, デカダンスの, ナオミを, パラドツクスを, ピアノの, ペチャクチャ喋舌った, ポンプを, ミランに, ユートピスト流の, ロチスター氏には, 一キログラム二ルーブリ四十カペイキ位の, 一伍長の, 一切, 一向に肯かなかった, 一層仲よく弾いてる, 一所懸命に, 一時に, 一気に江戸, 一脈の, 一體何處へ, 丈たかく美しい, 三人打連れ, 三田の, 不安な, 不相変一町, 世界中の, 両手に, 中間に, 久く, 乱暴を, 二たびそれを, 二人共アメリカ漫遊から, 二手に, 云うかも, 互いにハンカチ, 互に其の, 互に知り合い, 五人又は, 京へは, 人形を, 人肉の, 仇を, 今や夜, 今後毎月一回の, 今更ながら, 今食卓, 他国者だ, 以前の, 仲間の, 住宅内で, 何であんなに空とぼけ, 何ものを, 何処へ, 何時も午前, 何者とも, 佩剣を, 依然として癩患者, 個人的苦惱よりも, 停車場まで, 僅か五六歩, 僕等に, 優美高尚で, 充分の, 先人里離れた, 先祖代々本能的に, 入場できない, 全く政治家, 全然批判的精神, 六年の, 兵力を, 其の方, 其所謂快, 具えて, 円いアーチ, 再び谷川, 冷然たる, 出かけること, 出没自在に, 初めて二人, 別に目的, 到底其の, 割りに, 劣敗者である, 勇気に, 動物説話や, 勿論既成劇壇, 医者としても, 十分に, 十時が, 協力し, 単に座敷, 博物館の, 原因と, 去りて, 又同じ, 双方共決して, 口先ばかり, 只働き, 台所へ, 各々其使命, 吉岡家へ, 同志を, 同胞という, 吠えつく術, 呪つた, 哲學者であり, 唯名誉, 啻に政党内閣, 喜悦に, 嘆く處, 四季を通じて, 国家の, 土下座し, 地を, 坐り込みました暫く, 執着し, 壁を, 夕日の, 多くブルジョア, 夜, 夜陰に, 大きなきつい, 大へん, 大声で, 大得意, 大福を, 大鳴門司令長官, 天真な, 失敗者の, 女性化され, 如何なる計算, 始めから, 嬉しげ, 孤独だった, 學校が, 定めし肩幅, 実に前代未聞, 実は日本, 室に, 家族制度に, 寄, 寛大で, 対象の, 小さいお客様, 小舟より, 少なくも混沌, 尽く, 山へ, 峠で, 工兵の, 巧妙に, 市治郎の, 帰化し, 常に懶惰, 常に静か, 平常市中, 平素の, 年百年中働く, 幾らづゝでも自分の, 座敷へ, 弱きを, 当然の, 彼女が, 彼等自身又は, 徐に遠い, 復活し, 必ず, 必ずニイチエ, 志気を, 忽ち普通一般, 思い出したよう, 思ひ思ひの, 怪異を, 恐らく文相, 息子の, 悉く官立学校, 悠久に, 情緒を, 意に, 愛が, 感じないので, 慌てたやう, 懸命に, 我が國, 或は自, 戦争に際しては, 戸棚や, 手さぐりで, 批評という, 抜身の, 据えつけた機械, 搾取される, 支那固有の, 政友会か, 教会にて, 数えながら, 敵味方に, 文字通り戯曲と, 文芸を, 斯くて, 新らしい, 既に中原, 日曜日の, 日焼けした, 早く淨火, 明るい大通り, 易々と, 是非話を, 時勢を, 暇が, 暗中に, 暴力に, 書付請取手紙等に, 最も激烈, 最前から, 最近奇妙な, 朝子が, 未だ十分, 本当に何一つ知らなかった, 来らんと, 松竹座で, 果して誰, 梯子を, 極めて綺麗, 概して野生, 横町に, 檣を, 欣然として, 正々堂々たる戦闘, 此処から, 武器を, 歴史の, 死体の, 殊に夕方, 殺人の, 毎日暁六ツから, 毒瓦斯を, 水の上に, 永遠に, 江戸人の, 決して常套, 決して自分, 河岸から, 泣き虫である, 洋上を, 流民生活を, 海岸通りの, 淋しい崖, 温情を以て, 満腹感を, 漏洩を, 漸次家族, 炎天の, 無数の, 無論人数, 焼打ちを, 燃えさかる木材, 父母及び, 物訊ねたげ, 狂喜し, 狼狽した, 玉蜀黍の, 現在毎日千人の, 甘じ, 生の, 生粋の, 田舎に, 男女取り雑ぜて, 異樣, 療養所で, 白樺の木を, 皆ここに, 皆一等下つた王といふ, 皆単に, 皆巨萬の, 皆村では, 皆盜んで, 皆親切で, 皆齊しく, 目と目を, 直ぐ近く, 直に剣, 相背き, 真先に, 瞋って, 知らないので, 石狩川を, 社會主義者で, 神父の, 私たちに, 私共を, 秘かに, 種々様々, 突き方, 立つた, 端銭を, 第一門, 策を, 籠の, 精, 純粋な, 素直に, 経済的には, 絶対の, 緑いろ, 罰金遊びを, 群る, 老荘, 耳慣れない陸軍将校, 肉の, 肩越しに, 胸一杯に, 腹背兩面に, 自ら戯曲に, 自分に, 自動車で, 自炊の, 自然主義來れ, 自若として, 舌の, 船医の, 花々しい縁儀, 若い愛人同士, 英雄主義を, 莫大な, 葭の, 薔薇の, 蠅男の, 衒学的な, 被服類その他に, 襟釦の, 見たそして, 見事に, 覗き見, 親族と共に, 言う奇蹟, 言語伝承を, 話声を, 説明しはじめた, 論理学で, 護衛を, 財産横領及び, 資本主義社会に, 赤裸々の, 足駄を, 身体が, 軽々しくその, 辛うじて自分たち, 迎えられたの, 近頃急, 途中で, 進んだ, 遂に見失わなかった, 道路に, 選挙権被選挙権を, 部落の, 酒棚の, 野の, 金剛砥が, 鉛筆を, 錠前の, 長い潜伏期, 長州が, 間もなく艦首, 陶酔の, 隠し切れない喜悦, 難なく妥協, 青年が, 靜慮, 音楽上の, 頑曲多し, 頸を, 飛びもさわぎもせずに微かに, 食べ切れる三倍, 飲んだくれながら, 餘分の, 駅員の, 驚いたよう, 高々要するに眼, 高田直江津方面へ, 鳴いて, 黒地に

▼ 彼等~ (6262, 31.9%)

59 間に 46 ために 42 前に 40 中に 33 或もの 30 中には 29 多くは 27 生活は 25 上に 24 うちの, 或者 23 生活の 22 一人が 19 中の, 間には 17 心を, 眼は 16 あるもの, 姿が, 手に 15 大部分, 姿は, 為に 14 姿を 13 心に, 心の, 心は, 頭の 12 心には, 方が, 間では, 顔を 11 ある者, ことを, 一人は, 口から, 眼に, 眼の 10 方を, 生活を, 言葉は, 間の 9 うちに, 中で, 仲間に, 生活に, 耳に, 背後に, 間で

8 [11件] やうな, やうに, 周囲に, 或る, 所謂, 方へ, 様子を, 爲に, 生活が, 眼には, 言葉の

7 [11件] うちには, 中から, 仕事を, 仲間では, 作品に, 家は, 手から, 手によって, 方に, 日常の, 話を

6 [14件] あとを, すべてが, ように, 云ふ, 仕事が, 会話を, 口に, 手で, 生活には, 言葉を, 話に, 足は, 頭上に, 顔は

5 [30件] あいだには, うちで, すべての, ためには, 一人と, 一人に, 仕事は, 仲間の, 作品は, 作品を, 前には, 前へ, 前を, 家の, 幸福を, 後に, 後を, 態度は, 手を, 持って, 方で, 最後の, 眼が, 眼を, 肩に, 話の, 足を, 頭を, 魂に, 魂の

4 [55件] あいだに, うちにも, ことだ, さうし, ためにも, まはり, ものと, ような, 一人, 仲間が, 会話が, 住んで, 作品が, 作品の, 信仰は, 傍を, 出て, 名を, 名前を, 声が, 夢を, 家へ, 小さな家, 心と, 思想は, 愛の, 感情を, 死んで, 現在の, 目の, 目は, 目的は, 真の, 美しさ, 背中に, 胸に, 興味を, 衣服は, 表情が, 西洋を, 言葉で, 論戦を, 議論は, 足跡を, 跡を, 運命に, 運命は, 道楽を, 間にも, 間を, 関係を, 音楽は, 領は, 顔には, 顔の

3 [128件] あとから, すべては, それぞれの, それと, ところへ, ほかに, まわりへ, もって, 一致した, 上には, 上を, 上半身, 下卑で, 不幸に, 世界には, 世界を, 中でも, 中へ, 主張は, 主張を, 人生に, 仲を, 仲間で, 仲間である, 仲間には, 仲間にも, 仲間入りが, 会合へ, 伴侶の, 作品には, 共同の, 利害を, 力では, 口の, 唯一の, 問題を, 多くの, 多數, 大多数, 夫, 好奇心が, 好意を, 姿に, 姿も, 存在を, 家が, 家を, 小屋の, 平和, 年齢は, 後から, 心から, 念頭に, 思想を, 性格に, 恋愛を, 意識が, 意識に, 所謂感覚の, 才能を, 持つて, 文化の, 文学は, 新家庭, 方言が, 日に, 最初の, 村は, 来るの, 様に, 歩いて, 気持は, 活動を, 為めに, 無智, 熱心な, 現實, 現實的, 生活と, 生活も, 病的な, 発見した, 目には, 真実の, 眼前に, 着物を, 笑ひ, 精神を, 罪ばかり, 耳には, 背景を, 胸を, 興味が, 船は, 芸術に, 芸術は, 行先を, 行動を, 行手を, 裡に, 視線は, 視線を, 言に, 言ひ, 言を, 記憶に, 話が, 話は, 認識は, 豪奢な, 貧しさ, 貧困は, 趣味に, 趣味は, 身を, 身体を, 辛辣な, 遊戲の, 関心は, 頭には, 頭は, 頭上で, 頭上を, 顔に, 顔や, 食物は, 魂は, 魂を

2 [405件] あひだ, ある一団, いつて, いわゆる, うしろに, ことで, ことなど, すぐ眼, すぐ近く, すべてと, すべても, すること, せめてもの, たつた一つ, ための, なかに, なかには, なすところ, なすまま, まん中には, やったこと, やり方の, イデオロギーだ, エネルギイを, モラルの, 一つを, 一人として, 一人なる, 一人の, 一人一人を, 一家は, 一族では, 一日の, 一群は, 一行は, 不安の, 不快は, 不思議な, 世界が, 世界に, 中での, 中では, 中にも, 主人が, 主張の, 主義は, 予期に, 争ひ, 事を, 二人は, 人数が, 人格が, 人格の, 今日の, 仕事には, 仲間にて, 仲間入りを, 任期を, 企らみ得ない, 会話に, 伝記の, 伴侶が, 伴侶に, 住む世界, 体が, 体を, 何よりもの, 何處を, 作中では, 使用する, 例を, 侯に, 信仰の, 信念から, 信頼が, 偉大なる, 偏見を, 傍に, 優越を, 先手を, 先頭に, 全體, 共通の, 内に, 内の, 内心の, 凡ては, 出入する, 利己主義に, 前で, 力が, 力と, 力は, 力も, 努力が, 努力と, 努力は, 動作の, 勤労の, 卓子の, 原始的な, 去り行く跫音, 友達の, 反感を, 口には, 口を, 号令であり, 各の, 同性愛に, 名の, 名は, 吸ふ, 命は, 命を, 哀しき離散, 哲學は, 商売の, 問答は, 問題の, 団体は, 国に, 報告は, 声に, 声の, 声は, 外に, 外にも, 夜の, 夢と, 夢に, 夢の, 夢は, 夢想し, 夢想を, 大を, 大小を, 天性の, 好むの, 妻の, 妻や, 姿の, 子を, 存在する, 存在は, 孤弱を, 學生, 學説の, 宗教を, 宗教論や, 家々は, 家には, 家庭の, 家族の, 容貌は, 實生活に, 希望を, 常談を, 帽子は, 幸福が, 幸福は, 度胆を, 強いの, 影が, 影も, 影を, 役人が, 後には, 後は, 後ろには, 後姿を, 御機嫌, 心々に, 心が, 心にも, 心も, 心持を, 怒りを, 怒り易い, 怒を, 思いを, 思う通り, 思想の, 思想も, 思想や, 性格は, 性格も, 怨恨は, 怯懦を, 恋人の, 恋愛に対する, 恋愛の, 息子らしい, 悦びは, 悲哀を, 想像する, 意は, 意志による, 意志は, 意見が, 意識は, 愛と, 愛を, 態度が, 態度に, 態度には, 態度を, 憎悪を, 成さんと, 成したこと, 戸には, 所業を, 所謂る, 所謂亡者どもを, 手によ, 手の, 手紙日記等を, 才能の, 批評の, 技術が, 技術は, 持つ冷たい, 掌中に, 揚言する, 敏捷な, 敬愛する, 敵と, 敵意に, 文化は, 文学を, 文章を, 方には, 方も, 日々の, 日常生活を, 日課も, 暴力に, 最も知りたい, 會話の, 本能な, 棲息に, 権力に, 次の, 歌の, 歓びや, 歡心を, 死が, 死の, 死は, 死者を, 殆ん, 母が, 母に, 民族自己主義に, 求むる所, 注意が, 活溌な, 涙は, 演技に, 為すが, 爲す, 父なる, 父は, 父を, 父祖の, 父親たちは, 片思ひ, 狡さ, 献策に, 獸類に, 現実自体を, 理想に, 理想の, 生きた翳, 生きて, 生きようと, 生の, 生命に, 生命を, 申出を, 異常な, 癖として, 目に, 目を, 目前で, 目的の, 眼から, 眼より, 知って, 知らぬ間, 研究の, 研究会で, 社会に, 社会的対蹠点に, 祖先が, 祖先と, 祖先は, 神経を, 科学を, 秘密を, 種族が, 笑い声を, 笑ふ, 答えは, 精神の, 精神的類似を, 素朴な, 絶望的な, 罪を, 群に, 群は, 義務の, 習慣だつた, 習慣の, 考への, 耽美主義から, 職に, 職掌は, 職業を, 肩から, 肩には, 胆を, 胸から, 胸には, 胸は, 胸中には, 脣が, 脳力と, 腕と, 腹心の, 臆病は, 自分から, 自動車は, 自然が, 自由批評に, 興奮した, 航海に, 船が, 船の, 船を, 芸を, 芸術と, 蔭口を, 虚栄心を, 血の, 行つてゐた, 行動は, 行方を, 行爲の, 衝動に, 表情に, 表現の, 襖は, 見て, 見るところ, 見る所, 親達が, 言うこと, 言ふ, 言葉に, 許で, 詩の, 詩を, 話し声は, 話声を, 話題に, 話題は, 誇と, 説に, 誰もが, 論理の, 賑やかな, 質問に, 趣味が, 足に, 足もとに, 足跡の, 身に, 身上を, 逃走の, 運動を, 運命の, 運命より, 運命を, 道は, 道を, 酷使に, 金の, 間からは, 間だけで, 間である, 集りに, 非難攻撃する, 面上には, 頭が, 頭に, 顏が, 顏には, 顏は, 顏を, 顔が, 顔つきが, 食卓で, 首を, 首長の, 鼻の

1 [3577件 抜粋] あいだでは, あの家, あわただしい移住, いくさの, いふを, いる部屋, うごきを, うちみたり, うち誰ひとり自分に, おかれた状態, おりるの, お菜を, かすかな澄んだ, けなげな, この不安, この数年間, さざめき合う声, すまいの, そして皆, その考え方, たいだ, ためばかり, ときには, ともすれば冷化, どちらもが, なかを, のってる荷馬車, は私, ほうへ, まくら許を, まわりは, もたらす一点, ものなりき, やがての, よば, ゐた時代, アンケエトを, イデヤは, キモノも, コッテエヂに, タンクや, パッシヴと, プライドたる, ペンを, モチーフは, ローマ字論者や, 一人しかも, 一人僕を, 一団は, 一挙一動を, 一疋は, 一行中に, 一面を, 上にも, 下に, 不信いき, 不思議に, 不潔な, 世界から, 世相の, 並ならぬ, 中最, 主人を, 主張に, 主觀, 乘るべき, 予察を, 二三匹が, 云いそう, 云わんと, 交合に, 人品と, 人生に対する, 人種的特質が, 人間憎悪は, 今の, 仕事に関する, 代りにとて, 以前の, 仲間だった, 仲間同志には, 会話, 伝説の, 住む國, 住居として, 体的欲望は, 何物かを, 作家が, 使って, 侵入によって, 信じたの, 信任を, 信頼を, 個人的な, 偏狭なる, 側を, 催眠術を, 僭上に, 元気好, 先へ, 先祖を, 先遣部隊は, 全滅後ただの, 公表する, 内地人もしくは, 内部に, 凡てが, 出入に, 刀身を, 判断を, 利用し, 前では, 前衛集団を, 創始した, 力強い生活, 努力を, 勇気は, 動機な, 勝手決めな, 勢力が, 半は, 博辯宏辭に, 原始的生活状態にまで, 友達や, 反應, 収穫に, 受納ざる所である, 古めかしさ, 各心得顔, 同志の, 名前からでも, 向ふ, 周囲を, 味方に, 命令の, 哲学概論が, 商業的道徳だった, 善悪も, 喉では, 單調な, 噂に, 団欒に, 国内用品の, 國力はた, 地位は, 執着は, 場合は, 墓も, 壁に, 売買或いは, 夏帽子を, 多少, 大いに煩悶焦慮, 大抵は, 天地である, 夫婦手を, 失踪の, 女性であろう, 好きな, 好学心や, 妄を, 妻子女の, 姿より, 嫉妬憎悪奪掠殺傷の, 子供を, 子孫は, 孤独な, 学校や, 守神聖母の, 完結を, 官能主義や, 実に尋ね, 宮を, 家庭家所有物等を, 宿へ, 密話を, 寐物語は, 寡婦孤児未婚の, 対手に, 將來を, 小さい魂, 小屋に, 小遣いは, 居どころが, 属する階級, 巡業地は, 巣窟を, 巧妙な, 席の, 帰宅を, 常用手段だ, 平常の, 年齢の, 広い遊戯室, 廻りを, 弱点である, 彩塵が, 往くべき道, 後ろ姿が, 後続部隊が, 御気, 心もちを, 心像に, 心情や, 心理が, 心胸に, 必要を, 応対振りも, 忠義が, 思いの, 思って, 思想と, 思想文藝の, 怠慢ぶりを, 性質による, 恋を, 恐れも, 恐怖感をも, 息子であり, 悪影響である, 悲歎と, 情象する, 想像力と, 意味深い, 意気組は, 意識を, 愛する自然, 愛情を, 感嘆した, 感激に, 態度彼等が, 憎悪と, 憫笑が, 成効は, 戦闘能力殊に, 所持品では, 所謂ネッタレは, 所謂私設待合が, 手は, 手段より, 打算の, 技巧上の, 抱く如き思想, 持つやう, 持前は, 指揮下に, 挫折した, 採るべき手段, 擾乱作用を, 改悛を, 故郷の, 教えた主義, 敬礼に, 敵は, 文字に, 文学的生産を, 文章道に, 新しい歌, 方にも, 旗や, 日常的乃至, 早熟は, 昨夜の, 普遍的自我の, 智辯能力なる, 暴力を, 書く会話, 最も優れた, 最上の, 最洗練, 有して, 服を, 望みどおり世間から, 期待した, 未来は, 本性の, 本質と, 村落生活に, 来襲は, 枕もとに, 根拠地を, 検挙は, 楽しい家, 様子ばかりを, 樣, 横暴は, 權力也, 歌には, 歎息に, 正義を, 歩いた路, 歴史において, 歴史觀の, 死体に, 殆どすべてが, 母とは, 気もちを, 気持の, 気風彼等の, 氣持を, 求めるところ, 決心は, 沈黙を, 注意も, 泳ぎ場に, 活動を通じて, 流血は, 深い肺臟, 測定を, 滞在期間は, 演奏の, 激昂した, 為す痴態, 無心の, 無状, 煙草の, 熱愛な, 爲にこそ, 父兄や, 物のみ, 物質的交通とを, 特権にとって, 犯して, 狂者の, 狭量を, 獄中の, 現はれる, 現實的意志, 理想を, 生い立ちが, 生を, 生死を, 生活に対する, 生活意識は, 生活資料を, 用ゐる, 町内には, 疑ひを, 痛みを, 発散し, 白い小さな, 百姓仕事といふ, 監督ダン氏と, 目より, 目的らしく思われた, 相互の, 眉間を, 真ン前, 眼について, 眼前には, 着飾つた姿, 知つてる, 知性能力の, 短い一代記, 破廉恥に対する, 社交性を, 社会主義的達成などに関する, 社会的に, 社界に, 祖母, 神授の, 私兵たる, 科學智識が, 秩序を, 種族は, 空想に, 窮状を, 笑を, 筋肉を, 節くれ立った, 精神が, 紋章を, 細くって, 組織的プログラムの, 経験より, 結論は, 絶望した, 緊張した, 罪によ, 美学は, 群れは, 習ひ, 習慣は, 考えは, 考へられた賜物, 聖典である, 職分は, 肉体は, 肖像六十一を, 胃袋は, 背後から, 胸位いしか, 脚が, 脳裡に, 腦裏に, 自ら持つ, 自動車の, 自然の, 自由であろう, 至善に, 舌代的な, 船材や, 芝居に対する, 芸術の, 芸術的技能を, 苦い表情, 苦痛を, 草履ば, 落着く, 蒙つた強大, 虎の巻と, 血は, 行く先々, 行動のみが, 行状には, 衣服全部その他を, 表情には, 衷心の, 製造過程を, 要求と, 見る如く自由詩, 視野の, 親たちは, 親類や, 角度が, 言ふこ, 言葉も, 言語動作は, 記載を, 訴へに, 詩と, 詩的恋愛は, 話す言葉, 詳細の, 語彙の, 説く所, 誰の, 論争は, 議論に, 豫言者たちの, 財産な, 貪婪極りなき, 赤ちゃんに, 超人間的, 趣味程度を, 足音に, 踊り狂う熱, 身上だ, 身心の, 身體から, 軍勢を, 輩は, 農園や, 近代的特色は, 追跡を, 這ひ廻る, 速力によって, 進歩の, 遊び戲れ, 遊戲を, 過が, 道徳で, 道徳生活を, 遥か行手の, 邸は, 部屋を, 郷土への, 酒盛りに, 重荷と, 金城鉄壁と, 銃剣は, 長い髮, 長靴が, 間だけに, 関係に, 防禦の, 陰鬱な, 隊員を, 隠家, 雅致は, 難は, 青春に, 面倒を, 靴を, 領分であっ, 頭のまん, 頭脳を, 顏に, 顧客が, 風格に, 食い物を, 食物の, 飼つてゐる, 餘生ほど, 馬車の, 騒ぐを, 驚きが, 髪を, 魂には, 鼻を

▼ 彼等~ (1734, 8.8%)

12 それを, 何を 10 如何に 7 私を 6 私の 5 そこで, 出て, 自分の 4 口に, 彼等の, 我々の, 最初に

3 [13件] いずれも, そこへ, そこを, それに, 一様に, 今まで, 他の, 吾, 最初の, 現代の, 知って, 知つてゐる, 陸へ

2 [93件] これを, すつかり, そこに, それに対して, それらの, どのやう, どのよう, どの様, もう正々堂々, もつと, やった, よりよき, わたしの, 一人の, 並んで, 人を, 人命を, 人間中での, 他と, 代表する, 何である, 何故に, 働いて, 切符を, 刈り直さなければ, 厨房の, 口を, 各々の, 名前を, 唯一の, 声を, 夫, 失望より, 女の, 女房に, 好んで, 孤独ならぬ, 安ん, 家の, 山で, 希望する, 帰ったあと, 帰ると, 平氏に対して, 床へ, 廻つて来, 彼等に, 後もどりし, 得意の, 御馳走を, 恋人同志である, 戦争に, 放浪の, 政府の, 文化の, 日本の, 曾て, 最後に, 朝飯を, 極端な, 欺かれて, 歓を, 歴史家等が, 氣に, 泊る筈, 王を, 生きて, 生きること, 生活する, 百代の, 目を, 相当に, 知識的に, 私達に, 立ち止ったの, 篠懸の, 米国の, 自ら主権を, 自分を, 興味を, 船を, 裏口から, 話してる間, 認識の, 豪族にとり, 近づいて, 這入って, 通り過ぎて, 金を, 難船せず, 霰に, 食事を, 馬鹿に

1 [1431件 抜粋] あこがれの, あの朝, あまりに神, いかなる境遇, いかにも自由, いかに生き, いくらあせっ, いぢ, いなければ, いやでも, おかれて, おそらくおよそ類似, お互, お通夜帰り, かくあるべき, かつて所有, がっかりした, こういう場合, ここで, このパス, この中絶, この卓子, この家, この店, この着色, この突発事件, これからなるであらう, こんなこと, さういふこと, さうしようと, したやう, するであろうところ, そういう哲学的範疇, そういう意志, そうし, そのうち, その乗せた, その作品, その奴隷, その宝, その悩み, その準備, その盲目, その藪, その重大, そばへ, それで, そろつて, そんな不躾, ぞろぞろと, ただ正直, たとえ世界的国家, だんだん近づい, とにかく御馳走, どういう生活, どうしてもその, どこから, どつ, どれほどの, どんなこと, どんなにもの, どんなに欺かれ, どんな匂い, なおも弁明, はいって, ひねもす物語, ほんとうの, まずはなはだわたし, まだじっと見つめ, まだ求め, みんなで, もうあと三年, もう六週間, もし享楽, もし醜業, ものうげ, やったの, やって来さうな, やはり忠実, よく知っ, よほど前, われに, アヌ・エンリルの, イデオロギーでない, インテリゲンチャブルジョア的であった, カレッジ, ガツガツと, シルヴァーの, ストオヴの, セント・ジョウジ・プレスから, テントを, トランクを, ノラ・クリーナ号と, ボロ切れ, メイカアならびに, 一人も, 一体から, 一同の, 一寸話題, 一攫千金を, 一時の, 一杯の, 一番の, 一番注意する, 一般聚落の, 一週間の, 三五郎と, 三十年前スコットランドから, 上の, 下って, 不平を, 世間に, 丘の, 中国人である, 主人からも, 主觀的, 予定の, 争闘の, 二百年も, 云つた, 互にそこ, 互に特にこの, 京都の, 人事に, 人間として, 人類に, 今の, 今夜にも, 今日まで, 今迄, 仮名も, 企みの, 伝統的に, 住んでる部屋, 何かを, 何と思つて, 何ものであり, 何物をも, 何處へ, 余りに似過ぎ, 余り速に, 使う最も, 來た, 俺一人を, 倒懸の, 倦き, 偶然, 偶然出会い, 僅かな, 僅か五, 僧侶で, 元気の, 先祖安藤五郎と, 入院した, 全く別人, 公開講演の, 共にゐる, 共産主義者であっ, 其の君國, 其処で, 其等の, 内地の, 再び彼女, 凡てひとつの, 凱歌を, 出奔したなら, 出立した, 別れるとき, 剛健なりし, 割合に, 労働者の, 勉強し, 動く度, 勢力を, 北海道樺太千島と, 半封建的, 単独で, 危ぶみ恐れ半ば期待, 却, 去るの, 參加し, 反動的な, 収容され, 取逃がすほどの, 口滑り好く, 古往今来信仰なし, 同じ支那人, 名誉を, 吸つてゐる, 呆れて, 呱々の, 哲學者に, 唯物論に, 喋舌った, 営利会社か, 国民に対して, 土を, 地主, 坐って, 場内には, 士族である, 外国人の, 多くの, 夜歩きや, 夜遊びを, 大きくなった, 大古の, 大学へ, 天文暦算等の, 夫人の, 女から, 好い気, 如何なる国籍, 如何ばかり, 妙子を, 始めるとき, 婦人を, 学校を, 完き, 宝来館で, 宵越しの, 寄り合うと, 寝たり, 察し知るとき, 封建制下における, 射かける矢, 尊敬措く能わざる, 小乗趣味の, 小聲, 少しでも, 少許, 屋根裏に, 屬した, 山住を, 川上の, 巨石の, 帯刀し, 帰つて来る, 常食と, 平常思い切っ, 平穏無事の, 幻影でなかったなら, 幾夜も, 庭へ, 引き籠って, 強制に, 当面興味を, 彼よりも, 彼自体の, 征服し, 後代を, 御題目を, 心に, 心血を, 必死の, 忘れて, 怒鳴つて, 思い出しては, 思つたのは, 怪しいとしても, 恐らくおよそ類似, 恐れるいわゆる, 息を, 悪いので, 悪罵を, 惨憺の, 意気揚々と, 愛する日本, 態は, 憂鬱である, 憤つて, 戀に, 成功を, 我々を, 戦いを, 戦場の, 戸惑ったの, 所請, 手本に, 批評家でない, 折重なって, 担架に, 持つて, 振返るの, 掠奪し, 提供し, 支那人の, 支配階級の, 教えて, 教理に, 散歩の, 斗満に, 料理屋へ, 新しく活躍, 新聞紙中の, 旌旗百万昂然として, 既に国家, 日夜快, 日常親しく, 日本を, 日本軍の, 早合点し, 明鏡の, 時として自分達, 暗示する, 更に前進, 最も嫌つて, 最初座を, 朝も, 末葉なり, 本当に驚く, 本質的に, 村人に, 来る, 東京で, 枕を, 果して作家, 柔い, 案外易々, 楽天的な, 横逆の, 歌を, 正面から, 此処まで, 武家屋敷の, 歯切れの, 歸り, 死なないの, 死んだこと, 死骸其者を, 段々近寄, 毎日同じ, 比較上政權に, 気に, 水面に, 求め彼等, 決闘を, 治者階級から, 法力を, 泥酔したら, 洋服を, 海を, 深い木, 満州侵略を, 漁に, 演る, 漸次に, 火の, 炊いた, 無性格, 無資産, 煽ててること, 熱興だけ, 片附けよう, 特に力, 犯罪を, 猫でない, 獲得せん, 現在ある, 現実に, 生きたやう, 生き残って, 生れるとから, 生活という, 用心棒も, 甲板を, 男の, 畏敬する, 疲れ果てて, 療養所へ, 発見した, 白日夢裡に, 百方謝罪を, 皆この, 皆一つ仲間, 皇室の, 監視し, 目し, 相談せし, 眞面目で, 真に存在, 真に憐愍, 眠りに, 眼を, 矢張り同家に, 砲剣に, 示したうれし, 社会に, 社会主義の, 祕密を, 神を, 私に, 私共に対して, 科学的でない, 移って, 穢土と, 窓外に, 竊に, 笑いさえ, 笑を, 箇人主義的な, 粗野なりし, 素朴に, 経験した, 結婚した, 緊張した, 縫ひかけ, 美を, 義理にも, 翼を, 肉は, 胄を, 胸を, 脳膸は, 自ら手を, 自分よりも, 自動車を, 自己の, 自然に, 自由と, 自覚する, 船に, 良人としての, 色々な, 芸術家として, 若しこの, 茶器を, 落第である, 虚偽論乃至, 行いを, 行くさき, 行ったとき, 行つて了ふと, 袴垂れの, 裏で, 西洋の, 見あげたならば, 見えなくなるまで, 見た所具合, 見てこそ, 見出そうと, 見苦しく逃げ廻つ, 親と, 觀念的に, 解決しよう, 言葉にも, 訪れよう, 詩の, 話に, 認めること, 誤りを, 誰か, 豫想した, 貞淑で, 質問を以て, 足下に, 跫音を, 身から, 車中に, 農夫であれ, 追いか, 退去した, 這入ると, 通りすぎると, 逸早く吸収, 運ばれたの, 道中した, 部屋の, 都に, 酔興に, 野良猫であれ, 金持だ, 釣って, 銘々夫, 長い労苦, 長時間討議し合っ, 門を, 間もなく食堂, 関の, 闘わなければ, 隊長を, 隠して, 隷属した, 集める品物, 雑器でなかつたら, 電車に, 露西亞人だ, 革命的プロレタリアートの, 頭を, 顏を, 顔色を, 風雲火とともに, 食うもの, 食物の, 飲み食いする, 馬に, 驕慢の, 高い地位, 鮫を, 黄金そのものを

▼ 彼等~ (1120, 5.7%)

51 して 10 見て 7 待って 5 相手に 4 眺めて, 迎えた, 迎へ 3 シベリアへ, 乗せて, 写生する, 待つて, 支配する, 羨んだ, 見た時, 見ると, 軽蔑し

2 [55件] つ, どこへ, よく見, 代表する, 信じて, 信じなさるな, 信用し, 助けて, 動かす内面, 包んで, 呶鳴りつけた, 喜ばした, 嘲笑した, 囲繞する, 坐らせその, 幸福に, 待ち受けて, 恐れて, 悪魔に, 悪魔の, 悲します, 愛して, 支持し, 支配し, 救つてやる, 救ふ, 敵と, 暴君に, 死地に, 殺して, 流行児に, 激励する, 照らして, 猥セツと, 甘やかすこと, 生の, 疲らせたの, 監視し, 知る為, 祝します彼等, 苛める方法, 見るため, 見上げて, 觀察する, 訪ねて, 許し余, 誘ふの, 軽蔑する, 迎へる, 連れて, 遇する, 避けて, 間牒に, 非と, 駆って

1 [898件 抜粋] あくまで追求, あべこべに, あやし眠らする, あやつる術, いたわらなければ, うごかした声, うちへ, うらやましいとは, えらびて, おどろかしたの, おどろかせそして, おびやかして, お互いに, かくの, かくも, からかいでも, ぐつすりと熟睡させ, こきつかつ, ここに, こつくりさせる, こなたに, この境地, この縺, これまで, ごろつきの, さしまねく勇気, しぼること, しらしめよ, そこに, そこまで, そのやう, その破片, それぞれ予期しない, そんなみじめ, たすけぬ彼等, だしぬいたとしか, ちらっと見, つかまえて, つつんで, とりかこんで, どうしよう, どこ迄も, どんなに待遇, なしくれよ, なつかしく思ふ, にらめるかも, のせた流れ, のみ照すやう, ばかに, ひき離した, ひっ立てる様, ひどく喜ばした, ぶらぶらと, まるで超, みたり, みよ, みんとて, むかえ東京, もって, やっつけて, ゆは, よく知りたい, よろこばしたいと, よろこばせたらしい, わざとらしさ, カヴァ酒や, グラント将軍が, ジヤアナリストに, ファロオ島に, マリヤの, ヤンヤと, 一人も, 一匹一匹たんねんに, 一層野心的, 一日其寒い, 一竦み, 三尺と, 上ツ面だけで, 不完全なる, 不屈に, 主に, 乗せたモオタア・ボオト, 乗せた裸女達, 乘り越え, 二人きりに, 亞米利加へ, 人生の, 今責める, 代表し, 休息させる, 伴に, 低地へ, 何時まで, 侮蔑し, 保持し, 保護し, 倒した, 偉くし, 偽つた私, 働かせすぎたり, 僕に, 優遇した, 入れました, 全く悲しませ, 全生活的, 公けの, 再び引き止めよう, 写生しよう, 冷眼に, 処分し, 出し抜いて, 出迎えたの, 別室へ, 制止した, 刺戟し続け, 力づけるため, 助けた, 助けようと, 助ける筈, 勇敢に, 動かさずには, 動かして, 包まうと, 包む, 包んだ軟か, 十分興奮させ, 卑み笑う, 南化せしめた, 厚遇する, 取りまいた, 取り卷いて, 取り巻いた若者たち, 取り押える手はず, 取囲んで, 取扱ふ, 取替へて, 受けざるは, 叱りつけたと, 叱り飛ばして, 合理的人間に, 同じ運命, 同程度, 呆気に, 味方に, 呼びかへ, 呼びに, 呼び入れて, 呼び留めますまい寧ろ, 呼ぶ習慣, 唆か, 問題と, 喜ばし得ぬこと, 喰い殺さずには, 嘲るの, 団体的に, 国へ, 圧しかけた, 圧迫する, 地上に, 堂内へ, 場末の, 増長させる, 声援した, 夢心地に, 大変困らした, 大学の, 失望させた, 奇人に, 妬みさ, 始め何, 威嚇した, 嫌悪の, 守護する, 安全な, 定住せしめる, 宮に, 家来に, 寛容し, 尊敬し, 尊敬する, 導いて, 導く善, 導けもし, 少しく驚かした, 尾行し, 島に, 左様なさしめた, 幸福ならしむる, 庇護し, 庇護する, 座敷に, 引きずるの, 引きとめたの, 引留めても, 引見し, 引離して, 当て込んだ, 当然の, 形容する, 征服した, 待たなければ, 待ち構えて, 後より, 御する上, 御覧遊ばせ, 心から愛する, 忘れたの, 怒らせたり, 怖れ過ぎる, 思い出した, 急き立てて, 恐れさせない, 恐れないこと, 恐れる心もち, 恐れ疎遠, 悉く斬れ, 悩ました, 悪党だの, 惹きつけ利益, 愉しませる, 愛した, 愛しぬいて, 愛し眠りがたい, 愛する心持, 愛死という, 感動させ, 感謝させた, 慰めたが, 慰めたと, 慰めに, 慴え, 憎々しくさえ, 憎み, 憎みはじめたの, 憎む力, 憎めず憐, 憎んだと, 憎んでは, 憐むやう, 憐れみなど, 憐んで, 懲しめる, 成長させる, 我は, 我慢し, 手曳きし, 打ち倒し突き, 打つこと, 扱う非, 承服させた, 抑制し, 抱かんこと, 押しのけて, 押しのけました, 押し退けて, 拒み彼等, 招きかくして, 招んで, 拾ひ上げました, 指差し, 振り払って, 捉まえ, 捕えて, 捕えようとは, 捕縛えよう, 捨て置いて, 撃ち家, 撃滅する, 撃退する, 擲りつける, 放てるなり, 救うて, 救出し, 救済せよう, 教へ, 教育し, 敬い愛せよと, 敬愛し, 斯くも, 早く引, 早稻田, 明るく愉快, 暗くし, 曝しぬ, 服させた功, 枯死せし, 棄てざるは, 検閲官に, 楽しませながら, 模倣しよう, 欺きひそか, 欺瞞と, 欽慕す, 歡迎せね, 此船より, 死に導いたもの, 殲滅し得た, 殴ったこと, 殺さないの, 殺したため, 殺し荒野, 殺せしは, 殺せり, 毒するやを, 気球にて, 求めて, 沈黙させた, 泣かすの, 浦山しく, 淨むる火の, 満足させ, 満足させるであろう, 満足せし, 滅ぼし豹, 漸竭, 火焙りに, 無感覚に, 無視した, 焼いた煙, 焼網に, 照す, 熱き地, 片っ端から, 狙ふだらう, 独逸へ, 猫として, 率いた頭目, 現世的に, 理解し得なけれ, 甘やかして, 生かす機能, 生み裏面, 生んだ民族, 生命の, 痛くした, 痛み愍れん, 痛めたらしくしばらく, 痛快に, 発達させる, 皆同じ, 益する何物, 監督する, 目のあたりに, 相手としても, 眩惑し, 眺めた, 眺めながら, 眺め出した, 眺め野, 睨めて, 知つて居る, 知らぬので, 知り若しくは, 知るを, 祝福する, 禁籠する, 私の, 稀大なる, 突殺す, 窮屈がらせた, 立たせたの, 立ち止らせて, 立派に, 笑はせる, 等分に, 籠絡し, 籠絡した, 糾彈した, 納得せしめる, 網羅し, 縛めた後, 縮み上らせた種族, 繞つて二人が, 罪なし, 置こうと, 罰するの, 罵つて, 罵倒し, 聞き見るが, 背中に, 脅かすよう, 脱出せしめざる, 自由の, 舊幕臣として, 苛立たせた, 苛責す, 苦しませて, 苦しめつづけた, 苦しめ圧した, 茶屋や, 落着かせなかった, 蔑視か, 蠱眼や, 裂くこと, 裏切ること, 裏切るよう, 襲って, 西洋人だ, 覆ひかくす, 見おろし彼等, 見かえして, 見そして, 見たが, 見たので, 見つめて, 見ないうち, 見なかつたの, 見なば, 見ましたが, 見また, 見まもって, 見みづから, 見ること, 見るらしく思われる, 見出すこと, 見出すまでには, 見失おうと, 見守つて, 見彼等, 見渡して, 見縊って, 見返して, 見送った, 見送つて, 見送らずに, 見送りながら, 見送る時, 覚さねば, 観察し, 観察する, 解放し, 訪ねること, 訪れるだろうか, 診察し, 評價する, 誘うこと, 誘惑し, 誠信と, 説得しよう, 説服し, 調子の, 識らざる, 變へる, 象徴派の, 貧乏から, 責めなやまししとき, 貶せん, 赤くす, 踊らせる舞台廻し, 踏みにじつて, 軽く扱ら, 軽る, 載せて, 輕ん, 輕んず, 輕蔑する, 迎えるべく扉, 迎ふべき, 迎へるべく, 迎接せざりしか, 近づけた, 迷わしたの, 追い散らすと, 追い越して, 追い返したけれども, 追い遠ざけて, 追ひ, 追ひかけはじめた, 追払おうと, 追払ったが, 逐へる, 通して, 造つた天才は, 逮捕しよう, 運んで, 遠く放たない, 選んだ大衆, 邊荒に, 邪魔すべきで, 酷使し, 防ぎました, 除いて, 階級意識に, 随喜させ, 集め各々, 離さなかった, 面白がらせる, 顔色から, 飜弄し, 養ふために, 駆つて, 驅つて放縦懶惰の, 驅て, 驅逐せし, 驚かした, 驚かすこと, 驚ろかし, 魅するの, 魅惑し始める, 麻痺させ

▼ 彼等~ (872, 4.4%)

18 して 16 とつて 13 よれば 11 向って 9 對し 8 對する 5 あっては, 告げて 4 それを, よると, 取つて, 従えば, 於ては, 與へ 3 とりて, 取っては, 比べれば, 用が

2 [54件] ある, あると, くらべて, この二つ, すすめました, すれば, その過去, つ, ふさは, むかひて, 一時の, 云わせれば, 仇を, 会つた, 会わなかった前, 何か, 何の, 何を, 共通な, 勝利を, 厭がられる, 取って, 口を, 同情し, 同情した, 同意する, 向つて, 囲まれながら, 多少の, 学生や, 対抗し, 希望を, 幸福あれ, 接した, 於て, 比べて, 注ぎかけて, 理解される, 発見される, 私が, 立身出世の, 背を, 背中を, 與へられた, 言わせれば, 話しかけて, 話した, 話しました, 説きたいと, 近づくこと, 逢って, 酒なし, 酒を, 關し

1 [643件 抜粋] あたえるかは, あった時, あつて, あてたもの, あはれを, あまだ, あるもの, いいけるは, いぢめ, いひけ, いふかく, いへといふ, いわゆる学問, おびただしい不安, およべば, お辞儀を, かう揶揄, かかるこまかい, かこまれて, かぶれて, くれて, くわれて, こう出られ, この上, この種, この素晴らしい, これほどまでに, こんな香, さへ, さまざまな, しても, すれ違ったり, ずどんと, せめて一日, その当面, その文句, その求め, それ等を, そんな暇, そんな遊戯, だまされちゃ, ついて行った, ついて行った私, つきつけること, つまらぬ贈物, つれられて, でなくば, とって, とりては, とれば, どうして出来よう, どんな急用, どんな風, なつく, なりかわって, ぱくつかれらあな, ひどい跛足, ほほえみかける畑, まさる魂, むかって, もたらす光明, もつと, わかったらしい, わからせること, わかりよく, わかる時期, わが国民, わが生れし, イロハを, ダンスの, チェッカースや, ボーシスが, ムズカシイ顔は, 一層の, 一枚ずつ, 一番可笑しい, 三分間の, 下さしめること, 不利を, 不用心, 与うべきもの, 与うるだけが, 与うるの, 与えた, 与えて, 与えなければ, 与えられたこと, 与える, 与えるなり, 与えるの, 与へた, 与へようと, 与へようとして, 両手を, 之は, 乗ずる隙, 予告し, 二の, 云いました, 云ひつけた, 云わすと, 云わせると, 云われて, 人生の, 仕事を, 仕返しが, 付きものに, 代つて, 代る社会施設, 伍し, 会い得ること, 会ったの, 会って, 会つた時, 伝達し, 似た日本人, 何かの, 何が, 何んと, 何事かを, 何事を, 供えるであろう, 依って, 依つて, 依つて拡大, 俺の, 傳へ, 僕が, 優つてゐた, 優りし羅馬, 優れた點, 先立つて, 全幅の, 公開は, 共産主義的な, 共通の, 其理論の, 内緒で, 再び感じ, 凭りかかっ, 出し抜かれるはず, 出来ること, 出遇った時, 分けた, 分り易く, 分るか, 列を, 別れて, 別れを, 利用され, 利用せられ, 到底十分の滿足, 前日の, 力附けたい, 加はつた, 加ふる, 劣って, 劣つてゐる, 劣らない夜会服, 助言し, 勝つた何, 勝りて, 匹敵する, 十分自信を, 占めさせたの, 印度で, 危險で, 原始宗教の, 参政権を, 及ぼした又, 反対する, 反対せず, 反對, 反抗する, 反省を, 取つて絶對, 取りて, 取囲まれながら, 受け入れられるもの, 受け渡されない, 叛いた, 古い頃, 古くさくなっ, 同化し, 同情します, 同情を, 向い舌, 向くかも, 向つて感謝, 向つて襲, 向は, 告げた, 告げなかつた, 味方する, 呼びかけた, 命令し, 唄はせ, 唄わせて, 喚起した, 喜ばれなく却, 噛みついた, 四方を, 執って, 執っては, 声が, 多くの, 大変いい, 大層元, 大胆さが, 天罰を, 失はる, 奇妙に, 好むがまゝに齒, 好意を, 好感を, 始まるとも, 娯樂を, 媚びる必要, 子供部屋の, 安心を, 完全なる, 寝床を, 対抗したら, 射道, 尋ねて, 尋ねられること, 對ひ, 小言を, 少しでも, 少しの, 屈する者, 属する家畜, 己の, 帰国の, 平和あれ, 平和と, 年始状を, 幸福と, 幸福な, 幸福なる, 弱い尻, 当らねば, 当惑を, 役立つこと, 彼等が, 彼等の, 征服された, 従つて国難に, 従兄の, 從へば, 微笑むやう, 徳義上の, 忌れ, 忘れ難い, 恵みあれ, 悪事は, 愚直凡庸な, 愛も, 愛らしく見える, 感づかれないよう, 感情が, 感謝した, 憐れみを, 憧憬の, 戻つたやう, 手を, 手仕事を, 手伝って, 手工を, 手渡された示談金, 手渡し, 打って, 扶植する, 抗せんため, 折檻を, 拒む也, 持ちかけた相談, 捧げさして, 接する態度, 接近し, 接近せん, 提供し, 救いの, 教えて, 教えられて, 教える所, 教へ, 教へよ, 教ゆる, 敬意を, 敵意を, 敷衍させ, 斯く多大, 新なる, 於いては, 施して, 最後の, 會は, 會ひ, 月の, 期待し, 未練が, 本能として, 材料を, 案内させ, 模範を, 歌を, 正しい行動, 此名を, 歯を, 残されても, 残したこと, 残酷な, 殺人の, 殺意の, 比して, 比べると, 比較的純血, 民族意識や, 気づかれて, 気づかれぬ間, 気付かれないよう, 気兼ねなく, 気取られないやう, 氣に, 氷菓や, 決して緊要, 注ぎ込まれた毒, 浸み, 深い敬意, 深刻な, 渡す気づかいは, 満足を, 滑稽に, 無いもの, 無意味な, 無禮曰, 無関係で, 熱帯として, 物言はむ, 特別の, 牽く所, 理窟が, 理解されない, 理解出来るだろう, 甚だ親切, 生きてる喜び, 生活の, 由つて継承され, 由て, 由来する, 當然の, 登るを, 百倍する, 皇帝の, 直ぐ近く, 相つづい, 相談し, 相通ずる, 眠ること, 眺め入, 睡る時間, 知らさねば, 知らされては, 知らしめたい, 知らせたい, 知られるの, 知れ渡つて, 知識に対する, 示せるに, 礼を, 社会の, 祝福あれ, 福を, 禮を, 私の, 移し植えて, 種々なる, 競技挑みつ, 笑われるだろう, 糢糊たる, 累し, 紹介され, 組附かう, 結婚を, 絡まる私, 絡わる貧困の, 缺けて, 罰を, 美を, 耳を, 聞いて, 聞えて, 聞かれは, 肉迫した, 胴あげ, 腕を, 自負を, 致さなければ, 與し, 與ふ, 與へられ, 船を, 良心を以て, 苦しめられたこと, 苦しめられたし, 苦労を, 苦情を, 蔑まれ憐れまれたひとり, 蔭を, 蔽いかぶさって, 衝突しない, 衣服を, 裏切られた憎しみ, 襲われた父, 見せて, 見られないもの, 見られるありあり, 見咎められようはず, 見習って, 見習つてお前をば, 覚えさせた, 親しく口を, 親しまれると, 親しみが, 解せら, 解せられた詩的, 触れては, 言いつけて, 言い給え, 言って, 言つた, 訊ねる者, 託して, 許して, 許すべきこと, 話したけれども, 話した推定, 話して, 誨え, 読んで, 誰人の, 請ふ, 警告する, 譲り渡して, 象徴なし, 負ふところ, 負わせる権利, 負を, 負債を, 貴族の, 買ってる, 買収された, 賊の, 贈れ, 起った事, 足が, 路を, 跳りかかった, 身上話を, 近く位置し, 近く住ん, 近づいて, 近づきて, 近づく機會, 近づけば, 近づこうと, 追って, 送る事, 逆らふ, 通じなければ, 遇つて大, 道で, 遠いもの, 適当な, 選挙に対する, 邪魔を, 酒肴を, 酷く討たせます, 銃弾を, 銅貨で, 錠を, 長く侮られ, 閉鎖する, 間違ひ, 附き來, 附添っ, 非常に, 頂かれるの, 順應する, 顔を, 類似した, 食ひ, 食物を, 食費を, 餘裕を, 馬鹿だの, 駿介は, 魂を, 麦藁を

▼ 彼等~ (263, 1.3%)

22 一緒に 9 雖も 3 いえども, しても, 倶に, 私との, 話を

2 [20件] して, キャメラ, ベエスボオルの, 一しょに, 人間同士の, 其の行動, 別な, 別れた, 反対に, 同じやう, 同じよう, 彼等の, 格闘した, 知り合いに, 肩を, 自分とは, 自分とを, 話しながら, 論判を, 酒を

1 [177件] いっしょに, いつしよ, いへども, いろいろ面白い, きては, すれちが, すれちがいながら, すれ違う時, その作品, その美観, それから従来, つりか, ながくもの, ならんだお, まったく同感, わかる, わたしとの, わたしの, アメリカ兵との, ナオミとを, パーシウスとの, ボートとの, 一しよ, 一所に, 一日も, 一生を, 並べて, 並んで, 中立的壇上に, 互に慰め合っ, 交つても, 交はる, 交渉を, 交際しなくなっ, 交際は, 交際を, 人種のちが, 会うこと, 会社側の, 会話を, 何か, 全く異, 全く違った, 全部的に, 共々に, 共にある, 共にあるく, 共に行く, 共に遊ぶ, 共に遊ぶべく待っ, 共通の, 其足下の, 再会する, 再會, 別の, 別れた場所, 別れて, 別れると, 別れ南, 別れ雜誌, 刺違えて, 前後し, 勞苦と, 反對, 同じ, 同じく乱倫, 同じく沈默, 同じはしけ, 同じほど, 同じテムポ, 同じレベル, 同じ位置, 同じ場, 同じ大き, 同じ家, 同じ意味, 同じ方向, 同じ様, 同じ程度, 同じ能力, 同じ行為, 同じ衝動, 同じ言葉, 同じ魅力, 同じ黒い, 同感し, 同様の, 向い合って, 向き合に, 吾, 問答し, 境遇を, 変らない, 変らなかつた, 大なる, 対照させる, 対立する, 対等に, 少し離れた, 己を, 年と, 引き合せて, 彼女が, 彼女たちの, 彼等との, 應酬し得る, 我との, 戰爭せぬ, 手が, 接触する, 接觸し, 擦れ違いに, 旅行しなれ, 日本の, 日本人との, 日本人の, 最も形式的, 會ふ, 朝夕を, 機密を通じて, 此處で, 殆ど変らなかった, 比べて, 比較し, 気脈を通じて, 気質を, 沒交渉に, 泊り歩いたこと, 漁船とは, 無関係な, 猫とばかり, 生活を, 甲乙の, 異なる所, 相会, 知合いに, 等しい高み, 等しければ, 精神の, 純文学の, 純文學, 結びついたもの, 絶縁し, 縁切りに, 聖者とを, 職業的に, 膝を, 自分との, 良い親しい関係, 落ち合ひ, 衆愚の, 行交わなかった, 行動を, 親しくし, 親しくも, 親睦を, 言葉を, 話しあつ, 話したといふ, 話して, 話し合つた結果, 話し合つて, 話すには, 語り聽, 調子を, 議論する, 連絡し, 連絡の, 連絡を, 運命を, 関係の, 雖亦自然派のみに, 雜居し, 離れてから, 顔を, 馴染である, 騒いだ

▼ 彼等~ (253, 1.3%)

3 それに, また私, 亦た 2 しこの世, またこの, 亦その, 亦心, 名だたる北方草原, 大抵芸術, 帰れない事, 流石に, 私たちに

1 [226件] いつの間にかそこ, おそらく早晩, お勝手道具の, きっと愛読, ここに, この弱点, この椿事, この習慣, これからその, さすがに, しばし忘我, しよく, し我等, すっかり弱りきった, すっかり満足, すべて母親や, ぜひとも事件, そこが, その中, その事情, その幽霊, その捜索, その泥棒, その通り, それぞれ感じ, それを, だんだんに, ついにやがて農商務省, つまりは, つり込まれて, とうとうパーシウス, どうやら理解, なるたけ銭, はるばるこの, ひどく疲れ, びっくりし, ぶらぶら歩き出し, ほと, また, またその, またたぶん, まためぐりつ, またわたくし, また一方, また二人, また人間, また作者自身, また僕, また同等, また多く, また大院君, また彼, また微笑, また揃っ, また早, また松葉, また歪め, また死ん, また沈黙, また浮動, また父母, また爽やか, また畢竟, また芝居, また青雲, まだ生命, みなこの, みな善良な, みんな外に, もう來年, やがてあの異, やはりボルシエヴイキ官僚政治, やはり自然, やはり西国, やはり霧, ゆく手, よくは, よく外來, わかり切って, ズルイ急に, ペルシオも, 一しよ, 一と, 一人づつ下つ, 一処に, 一定の, 一専門家として, 一年々, 一瞬の, 一群であろう, 世界についての, 世間並に, 之に, 二三時間以上も, 云っては, 亦, 亦あの, 亦いつのまにか, 亦おの, 亦やがて, 亦われら同様, 亦一個, 亦何時, 亦作者自身, 亦大食国, 亦太夫, 亦富, 亦幸福, 亦徒ら, 亦我が, 亦斯, 亦本質的, 亦海岸, 亦無関係, 亦現在, 亦百合子, 亦私同様, 亦私達, 亦結束, 亦聖なる, 亦自分達, 人であり, 人の, 人並に, 人間である, 人間の, 今や追われる, 今後どうして, 今晩は, 余程亢奮, 例の, 倦怠を, 僕も, 僕等の, 其以来何処へ, 列に, 別に余, 努力如何によ, 医師に対して, 又弱き, 又彼, 古い伝説, 同じやう, 同じ電車, 同様な, 同様に, 向うの, 善か, 嘗て一度, 外からは, 多分その, 大抵は, 太古の, 実は思いの外, 実は思ひ, 実際は, 専ら音楽, 少しくぎょっとした, 左う, 巻きこまれました, 平原から, 年齢の, 彼の, 怖くな, 慣れたの, 成る可, 我國從來の, 戦争には, 手真似では, 明らかに, 昔から, 昔の, 春の都の, 時々, 時の, 晴々しい, 曾ては, 最初より, 有てば, 本当の, 本来の, 本来は, 次第に恥じおそれ, 此処に, 毎晩飮食に, 水底の, 江戸ッ子に, 独得の, 玉川の, 現在の, 現物を, 生活の, 異議なく, 疲れたと, 病む, 皆冷静に, 相当の, 眼を, 矢張り支那と, 矢張叢林の, 私と, 私に, 私も, 私を, 立ち止る, 素直に, 置き捨てられじと, 耕すか, 耳こすりした, 聞いて, 聡明の, 聰明の, 自ら喩え, 自分自身の, 自分達の, 自認し, 苦ん, 蒼白に, 蛇の, 誇張し, 遂に事, 酔っぱらって, 阿Qに対して, 駿介に, 默つ, 黙つて

▼ 彼等には~ (230, 1.2%)

3 彼の

2 [15件] さう, さうし, すでに労賃, そんなもの, 丁度五つ, 人間と, 何か, 分らなかった, 十分な, 尊徳の, 幻術の, 彼等の, 未來への, 私が, 自然が

1 [197件] あの旧劇, あまりに重, いっさいについて, お上の, この天才, この暴行者, これが, その方, その理由, その行き, それが, それぞれ自分たちの, それで, ただくいしばった, どうも合点, どちらでも, どっしりと, どんな人間, なんとなく気づまりであり, なんとも解釈, はりえ, ほんとうに, また人, また充分, また昔話, まだそれ, まったくわからない, もつと, もとの, やはり話, よい遺伝, よく解っ, われわれの, ガイドとして, ディストリビュションが, ドニェープルの, ルネッサンスを, 一つも, 一切用が, 一向苦, 一層耐え難く, 不可解である, 不可解な, 世界の, 云い知れぬ蠱惑的, 五月繩い, 今自分たち, 他界との, 伝つて居る, 何より快い, 何分に, 何等かの, 何等の, 偉大なる, 僕等を, 全く戦陣, 全く美, 全然非, 共通の, 其の時, 其自身の, 再生の, 刀槍の, 分りきって, 分る, 到底理解, 創造の, 力が, 助かるべきもの, 危くて, 及ばじさて, 取扱い得ないが, 口を, 困難と, 地上の, 墳墓の, 多くの, 夜にかけて, 夜の, 夢想だ, 大きな印象, 大き過ぎる, 大しておそろしい, 大の, 天命が, 夫も, 始めて, 子が, 存在しない, 実に可哀相, 実際に, 宿が, 實際に, 寧ろ愉快, 寸分の, 小さな木, 少なかった, 工藝の, 帝展の, 幸にも, 床の間に, 形さえ, 御手本, 思われた, 思われたの, 思想が, 恐かった, 悦しか, 意識が, 我等の, 手なれた仕事, 手を, 文字が, 文字の, 新しき第一歩, 既成政党とか, 明日は, 明白に, 時至れ, 暴君で, 更に意味, 最も深刻, 最も豊, 最も近, 最も近かっ, 最初から, 最後の, 服裝も, 未だ本当, 未開人である, 本物と, 果して心, 梢も, 構わず大股, 権力の, 歓びだつた, 歓びであった, 歡喜を, 正に当, 此以外の, 此方の, 此頃急に, 歴史の, 死の, 毛髪が, 気が, 氷が, 江戸っ子が, 沙汰が, 洋々たる, 満足な, 無上の, 無価値, 無花果や, 物珍しいの, 独身ものの, 猫に, 現在も, 甚だ遺憾, 白人独特の, 皮を, 盲目的な, 相変らず, 相当の, 真似の, 真理でない, 真直な, 真面目に, 神経性粘液質とでも, 私慾は, 私達の, 突然三人, 結局大した, 經驗が, 翼が, 自分等の, 西瓜の, 見向きも, 詩的の, 話題が, 認めること, 足場が, 転向美談は, 軽蔑し, 通じそう, 通じなかった, 道が, 道は, 適処と, 選ぶべきを, 重大な, 重大に, 重量が, 関係が, 非常に, 非難する, PCLの

▼ 彼等自身~ (151, 0.8%)

32 がそれ, が使われる, が常に, が既に, が最高, の不安, の中, の内部, の部屋

1 [130件] がお, がマルクス主義, が今日, が働く, が各々, が同様, が名声, が彼, が果して, が武力, が決して, が法螺丸, が爆死, が男, が考えた, が考へた, が骨, すこし気恥かしく, すら思い, すら思ひ, だけを支持, だと, だという, ではなく, では畜生谷, でもある, で探しあてる, で運び出す, としてはさ, と共に世間, においては多く, にすら氣, にそして, について一言, にとっては問題, にとつて, に外, に於ける, に親しみある, に認識, のうち, のそれぞれ, のため, のどこ, のアルファベット, の不正, の世界, の主観, の低能, の個性, の優秀, の全部, の制作, の前, の力, の労作, の勞働, の友達, の名誉観, の姿, の存在, の家庭, の家来, の幸ひで, の徳性, の心, の心臓, の思想, の憂鬱, の戰爭觀, の手, の掘鑿, の政治運動, の文学論, の方, の日常的, の最後, の爲め, の生活, の用, の目, の着物, の秘密會合, の積極的方面, の立場, の罪悪, の美, の色, の行為, の衣服, の言動, の言葉, の詩, の語, の誤解, の趣味, の足許, の遣ふ, の険しかっ, の音, はどんな, は一向, は厳格, は徳義上, は敢, は正に, は無力, は競技, への申, もどこ, も仲間同志, も斜め, も機関車, も絶縁, よく知っ, よりも大事, をうるほす, をこ, をはじめ, をも驚かした, を保護, を満足, を発見, を葬っ, を見出す, を賈, 出て, 分っては, 又は彼等, 敢えてこれ

▼ 彼等二人~ (90, 0.5%)

4 の間 2 の前

1 [84件] がいかに, がはじめて, が居残った, が庭, が立派, が米神, でありそこ, であり助けだされたたった, で心, との心, ともある, ながらに気, にとっては何, にとっては濃霧, にやさしく, に出逢う, に告げよう, に大きな, に対して不快, に注意, のすぐ, のまわり, の上, の主たる, の交際, の周圍, の家庭生活, の平生, の恋人, の方, の正義, の男女, の白人兵, の相似, の真, の竝ん, の結婚, の話, の間柄, の頸, の魂, は, はあて, はいま帰, はここ, はこの, はちょうど, はまた, はまだ, はよしや, はニヤニヤ, は一度, は両親, は今後吾, は仲睦, は僕, は午後六時頃, は叫ん, は奇妙, は感, は指揮官マック大尉, は晴れ, は朝, は本来, は果して, は次, は毎日, は盲目, は終に, は青草, は類似, も玄竜, も石橋, も美しい, をいたわっ, をも引込ん, を再び, を憐, を捕えたくない, を探しださせ, を浸し, を結びつけ, を見比べ, を除い

▼ 彼等から~ (70, 0.4%)

3 離れて 2 それは, 土地の, 私を

1 [61件] いふと, さう云, その, できるだけすぐに, めぼしい作物, エスプリと, ハミ出し, レスペクトを, 一包を, 一町ほど, 一間ばかりの, 乳を, 仲間は, 仲間はずれに, 何か, 何の, 保護する, 出て, 十フィート以内の, 危害を, 原稿を, 受けるポピュラリティー, 古い伝説, 呆れたよう, 商売の, 多くを, 子供らしい, 家族の, 対等に, 常に洒脱, 幾度か, 意地の, 教えて, 教へて, 来る陰欝, 様々な, 歌で, 求められない, 渾名を, 片づけられて, 生活の, 眼を, 笑われると, 絶大な, 聞かう, 聞かされて, 聴き伝えても, 袖の下を, 要求せね, 見たら私, 見て, 見れば, 解放させよう, 軽蔑され, 遮斷, 金を, 隨分影響を, 隱す, 離さずに, 離れずに, 非難される

▼ 彼等にとって~ (60, 0.3%)

2 それは, 幸福か

1 [56件] あまり不自然, うるさいもの, かえすがえすもの, かなりな, しないでは, そうである, そんなこと, そんな事, ちと無理, どうしても邪魔, どうでも, なくては, もっとも甘美, 不利な, 不当な, 不思議に, 不満であり, 何で国家, 何よりであった, 何よりも, 価値の, 倫理は, 全くなく, 全く同, 全く縁遠い, 其処は, 初めてであった, 単に, 唯一の, 夢の, 実に, 実に至難, 実質的には, 山狩の, 幽霊船は, 彼女は, 恐らくは一生涯, 新聞が, 本宅と, 極量を, 比類の, 氏は, 水族館の, 永住の, 決してな, 現にある, 甚だファミリヤー, 生徒は, 真の, 私が, 総ては, 胡魔化す, 自分は, 芸術は, 軽微な, 風刺と

▼ 彼等にとっては~ (47, 0.2%)

2 我々の

1 [45件] あそこが, ある淋しい心安, おそろしい夜, この人間性, それが, それで, それは, ただの, また仕事場, まだ道鏡, もともと本道, イデオロギーが, 一人子である, 一時の, 一種の, 不利な, 人間の, 今朝から, 何よりも, 唯一の, 外国人を, 官吏に, 少しでも, 思想と, 恐らく生れ, 悪縁であった, 最早何, 棲息する, 極めて容易, 死で, 氷菓と, 治外法権の, 洋服よりも, 現実と, 現実的であるなら, 白昼の, 知らねば, 禁じられた恋愛感情, 私の, 表現, 議会統制という, 超大巨人, 車輪の, 都合の, 驚倒的な

▼ 彼等にと~ (40, 0.2%)

26 つては

1 [14件] つてフエータルな, つて人生は, つて余りに, つて倫理は, つて唯一の, つて最大の, つて歴史は, つて死を, つて無く, つて神といふ, つて肉体は, つて脅威でも, つて致命的の, つて髯は

▼ 彼等~ (39, 0.2%)

1 [39件] 一人モ意気精神ノ, 一人モ祈, 一隊ハぶる, 不義ナル財産ノ, 中ニハ種々, 中ニハ西洋人, 住居ハ竪穴ニシテ屋根ハ主トシテ蕗, 信仰ガ強固ニシテ犧牲ヲ, 信仰自由ニ同情ヲ, 公語タラシメザルベカラズ, 別天地ヲ, 半個モ武装シタルハナシ, 和蘭ニ在, 國民精紳ニ適合スル制度ナリ, 土地ヲ, 大多數國民, 大資本, 女子, 小屋, 惡模倣ナリ, 或者ヨリ進ミタル民主國ナリ, 携ヘ, 方ニモ計算違イガアッタ, 昏迷セル自由ノ, 欲スルトコロハ領土ニアラズ物資ニアラズ己レ, 殆ド, 獨占ヨリ奪取スル開戰, 移住ヲ, 立案スル如ク社會ガ認メテ勞働ヲ, 結婚ヲ, 耐ヘ, 肉体ヲ, 胸臆ハ火ノ, 財産ヲ, 貪ル羊, 貴族的中世的特權, 軋轢ノ, 遺跡ハ北海道ニ於テハ比較的, 鋭気ヲ

▼ 彼等よりも~ (35, 0.2%)

2 ませて, 大なる, 過去からの

1 [29件] いい人, おとなである, なお強かっ, はるかに, もっと遠く, もつと, ギリギリの, 一層苦労人, 優れた神, 先き, 十倍も, 却て, 多く且複雑, 大きい家, 富み彼等, 年上の, 幸福であった, 幸福である, 幾分か, 強かつた, 強しとおもへど, 柔かい心臓, 活動写真の, 玄人, 真物, 背の, 芸術家, 逞しい実行力, 遙かに

▼ 彼等との~ (29, 0.1%)

4 間に, 間には

1 [21件] 交友によ, 交際には, 交際も, 共同戦線において, 協定値段の, 差は, 応対交渉は, 挨拶ぬきの, 敵対行為は, 永遠の, 生活で, 相違を, 相違彼等の, 親しい交, 距離が, 違いは, 間が, 間にも, 間の, 間を, 関係は

▼ 彼等に対して~ (28, 0.1%)

1 [28件] いつまでも, いやしくも糸七, そう軽い, どんなこと, ひけめ, もっと人情, 一指を, 一番よく, 丁寧な, 主観的なる, 何の, 価値を, 兎角驕慢, 冷淡な, 多大の, 好感よりも, 常に示したがっ, 恐怖の, 恰も鷲, 控めに, 殆ど効果が, 永遠の, 涙なき, 深い憤慨, 温和なりし, 為すべき其, 無関心, 私は

▼ 彼等三人~ (28, 0.1%)

1 [28件] がこの, が何処, が座敷, が負傷, とすれ違い, にはすでに, に悪, に疑ひ, の中, の中隊長, の久しく, の場面, の外国人, の姿, の子供, の宝石, はさっ, はしんと, はその, はちっとも, は各, は此, は猫, は自由, は行き, は見る, は電燈, は馭者

▼ 彼等夫婦~ (26, 0.1%)

3 の間 2 の恋愛, は或

1 [19件] がこの, が何, が心から, が想像, とは往来, のそれら全体, の仲, の寝室, の深い, の為, は, はお, はまだ, はまるで, は他, は罹災, は若い, は荷車, は誰

▼ 彼等にも~ (23, 0.1%)

1 [23件] あるに, こうして, この土蔵, そうだ, その兵, よく観れ, わからなかつた, ユニオンと, 一定の, 与へようと, 亦地方的特色, 人がましい社交, 判然と, 寺詣り, 平常は, 後でその, 怠慢の, 感染し, 春は, 来たと, 欠点は, 牝牡は, 生死の

▼ 彼等に対する~ (23, 0.1%)

1 [23件] クリストの, 不平を, 不快を, 不憫さを, 人々の, 信頼の, 優しい言葉, 全責任, 同情が, 同情で, 唯一の, 啓蒙だ, 嘆賞と, 宛然非人乞食を, 平素の, 彼の, 憤懣の, 所謂, 支配権を, 真の, 社会的待遇が, 考えこそ, 興味とを

▼ 彼等より~ (22, 0.1%)

2 先に

1 [20件] いくらか温い, すぐれて, ずっと上, その状態, エスキモー犬の, 一次元上の, 不幸な, 不死の, 不熟練, 侮辱と, 先には, 奪はん, 奪ひたれ, 正直で, 甚しい, 白い人種, 白い皮膚, 立ちまさったものの, 逐一申し立て, 高いと

▼ 彼等夫妻~ (18, 0.1%)

1 [18件] がある, が停車場, が十一月, に危害, の前途, の関係, はたいがい使用人, は上っ, は住家, は千代子, は千曲川, は家, は当分加勢, は彼, は西, は鉛, も拝殿, も遠慮

▼ 彼等とは~ (14, 0.1%)

2 異った

1 [12件] ちが, 一尺しか, 全く相, 全然同一, 別に暮した, 別人だった, 反対の, 只笑い, 度々出逢っ, 正反對, 親しく交際, 違つてゐる

▼ 彼等と共に~ (13, 0.1%)

1 [13件] あれ, その田, 其影を, 十字架にか, 右に, 寺にて, 建物の, 愉しむこ, 無事な, 苦楽を, 行かなければ, 踊りを, 酒盃を

▼ 彼等こそ~ (12, 0.1%)

2 押勝の 1 それを, わが民族, 何事を, 太古の, 女, 幽霊では, 手紙を, 真の, 軽蔑すべき, 通行人の

▼ 彼等としては~ (12, 0.1%)

1 [12件] いかさま尤も, いつも自分たち, こうも, そうして思い切り, もちろん当然の, 余ほど, 先づ用意周到に, 差当りこれより, 普通に, 理想を, 雪之, 顔の

▼ 彼等人民~ (12, 0.1%)

1 [12件] が今回, に接し, に接する, の可憐, の情態, の行為, の解散後, は, はその, は這, をし, を誤解

▼ 彼等とても~ (11, 0.1%)

1 [11件] お蔭で, 一代の, 強健な, 敢て, 根據の, 死の, 犬を, 生きて, 百万石や, 真面目な, 自分の

▼ 彼等によって~ (11, 0.1%)

1 [11件] すでに軟化, 嘗て叫ばれ, 徹底された, 意識される, 或は演説会, 文壇の, 残されずに, 混雑し, 無原理, 真実の, 示さんと

▼ 彼等自ら~ (11, 0.1%)

1 [11件] うら淋しく追放人, が受けね, の信じ, の前途, の歪められた, の爲, の身の上, の青年時代, は勿論, を知らざる, 責めて

▼ 彼等によ~ (10, 0.1%)

1 つて, つて働きかけられる, つて嘗て, つて意識的ある, つて興味を, つて苦々しく, つて行はれた, つて認識論といふ, つて誘ひ込まれた, つて語られる

▼ 彼等仲間~ (10, 0.1%)

1 で云う, の主義, の人気者, の仁義, の儀礼, の党派, の定評, の所謂, の話, の通有的茶飯事

▼ 彼等~ (9, 0.0%)

2 あつた 1 あつたなら, あつて, なかなか人後, 偶たま露顕し, 六道銭を, 引受けて, 経営主任の

▼ 彼等以外~ (9, 0.0%)

2 に更に, に誰, の者 1 には必要, にも早稲田, の土人

▼ 彼等同志~ (9, 0.0%)

1 だけで話, で今宵, の世界, の会話, の符牒, の結婚, の雑談, むつまじく話し戯れ, もやはり

▼ 彼等少年少女~ (9, 0.0%)

2 の心 1 の向上心, の宗教心, の精神, はその, は自分勝手, は言わず語らず, は逸早く

▼ 彼等特有~ (9, 0.0%)

1 の卑猥, の威厳, の嫉妬心, の微笑, の旅箪子, の理屈, の突ッケンドン, の鋭, の階級

▼ 彼等親子~ (9, 0.0%)

2 の家 1 が口, の会話, の変死, は三人, は晴々, より外, を見

▼ 彼等ばかり~ (8, 0.0%)

3 では 1 だ, でなくその後この世, でなく一般, でなく他, でなく屋敷中

▼ 彼等一同~ (8, 0.0%)

1 が隊伍, に深い, の憤, の目, はやはり, は一片, は遊廓, をじろりと

▼ 彼等~ (7, 0.0%)

1 からだ, が不届き, つて君が, つて然し, つて自分の, とてそう, 今では

▼ 彼等両人~ (7, 0.0%)

2 に外 1 が盛り場, が認めた, の心, の悲劇, を掴み殺し

▼ 彼等学生~ (7, 0.0%)

2 であった 1 が下宿屋, であると, に特有, の腐敗, は今宵

▼ 彼等すべて~ (6, 0.0%)

1 がおれ, が奇怪, が英語, に動, に所有, の動作

▼ 彼等だけ~ (6, 0.0%)

2 では 1 だが, だつたが, だと, 一緒に

▼ 彼等では~ (6, 0.0%)

2 ないか 1 ある, あるけれど, ない, 無いか

▼ 彼等ほど~ (6, 0.0%)

1 偉大で, 卑屈で, 地上の, 寛大で, 恵まれたもの, 老獪で

▼ 彼等一流~ (6, 0.0%)

2 の運命開拓法 1 の上ずった, の傲慢, の光彩, の生活問題

▼ 彼等だけが~ (5, 0.0%)

1 その眞, 本当に音楽, 白髪を, 閃きの, 関東男児の

▼ 彼等とともに~ (5, 0.0%)

1 お互いに, こたび, その場, 理解し, 社会革命の

▼ 彼等人間~ (5, 0.0%)

1 が母, の眼, は一人, は毫も, を区別

▼ 彼等以上~ (5, 0.0%)

1 であった, であつ, にビクビク, に逆上, の肉慾性

▼ 彼等東京人~ (5, 0.0%)

1 が真実, の云う, の持つ, は文化民族, は食物

▼ 彼等父子~ (5, 0.0%)

1 にのみ集めさせ, の立場, は顏, も一層, より他

▼ 彼等独特~ (5, 0.0%)

2 のずる 1 な思ひきり, の理由, の鋭い

▼ 彼等相互~ (5, 0.0%)

3 の間 1 に一定, の競

▼ 彼等その~ (4, 0.0%)

1 大膽, 生長の, 船より, 非情の

▼ 彼等である~ (4, 0.0%)

1 から樽野, ことを, ゆえに, 故直接

▼ 彼等とも~ (4, 0.0%)

1 友達に, 我々は, 遊ぶ機会, 遊ぶ機會

▼ 彼等はじつ~ (4, 0.0%)

2 とその 1 と堪へ, と堪へ忍ん

▼ 彼等ふたり~ (4, 0.0%)

1 に着服, は溪, は組内, は自身番

▼ 彼等~ (4, 0.0%)

1 何事か, 寄せる村人等, 拍車を, 魅力を

▼ 彼等への~ (4, 0.0%)

1 同情の, 大慈悲, 宿命的な, 需用と

▼ 彼等みずから~ (4, 0.0%)

2 を以て新 1 のまた, の研究分派

▼ 彼等一味~ (4, 0.0%)

1 ののさばり, のもの, の召捕, の有志連

▼ 彼等四人~ (4, 0.0%)

1 のもの, の子供達, の評論家, はみんな

▼ 彼等子女~ (4, 0.0%)

1 に施した, の智識, の目, を罪人扱い

▼ 彼等江戸ッ子~ (4, 0.0%)

1 からヒント, が如何, の衰亡, はこうして

▼ 彼等被害民~ (4, 0.0%)

1 の意思, の窮迫, は他意, は国家

▼ 彼等だけの~ (3, 0.0%)

1 仕切られた會話, 生活内で, 頭を

▼ 彼等であっ~ (3, 0.0%)

1 てみれ, てもその, て古人

▼ 彼等~ (3, 0.0%)

1 のだらう, のであった, のである

▼ 彼等においては~ (3, 0.0%)

2 功名心とか 1 カントのば

▼ 彼等については~ (3, 0.0%)

1 また他日, 何かの, 例外と

▼ 彼等に対し~ (3, 0.0%)

1 なば, 優越感を, 如何なる手段

▼ 彼等のみ~ (3, 0.0%)

1 ならずこの, ならず誰, 互ひ

▼ 彼等~ (3, 0.0%)

1 又色々の, 彼女達は, 消防夫に

▼ 彼等を以て~ (3, 0.0%)

1 唯一の, 妄に, 矢張現在の

▼ 彼等~ (3, 0.0%)

1 元來何レ, 大ナル歡迎, 自ラ欲スルママニ信仰

▼ 彼等一家~ (3, 0.0%)

1 の様子, の生活, は空襲

▼ 彼等一部~ (3, 0.0%)

2 の人間達 1 の人間

▼ 彼等上流人士~ (3, 0.0%)

1 が東京市内, の最高, は自分

▼ 彼等~ (3, 0.0%)

1 人我を, 岸の, 巨頭が

▼ 彼等以前~ (3, 0.0%)

2 の作家たち 1 の哲學

▼ 彼等労働者~ (3, 0.0%)

1 が永遠, には惨めさ, にもよく

▼ 彼等各自~ (3, 0.0%)

1 の世界, の受持つ, の境遇

▼ 彼等同士~ (3, 0.0%)

1 が唯, で話す, の二つ

▼ 彼等多く~ (3, 0.0%)

1 の国々, の親戚, は車中

▼ 彼等~ (3, 0.0%)

1 ブルジョアが, ブルジョアに, ブルジョアにとっては

▼ 彼等支那人~ (3, 0.0%)

2 の間 1 が依然

▼ 彼等既に~ (3, 0.0%)

1 うしろに, 始めが, 悲しみ此等は

▼ 彼等自身意識~ (3, 0.0%)

2 せずに 1 して

▼ 彼等警官~ (3, 0.0%)

1 が平素如何, は些, は腕力

▼ 彼等青年~ (3, 0.0%)

1 が自, の心理, の手

▼ 彼等かの~ (2, 0.0%)

1 島を, 火花の

▼ 彼等からも~ (2, 0.0%)

1 それを, 私からも

▼ 彼等がは~ (2, 0.0%)

1 いつて, ひつて

▼ 彼等この~ (2, 0.0%)

1 處に, 非道の

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 うして, へ再び

▼ 彼等さえ~ (2, 0.0%)

1 やっぱり気持, 一度は

▼ 彼等だけに~ (2, 0.0%)

1 必要な, 思考が

▼ 彼等でも~ (2, 0.0%)

1 それを, 気が

▼ 彼等とて~ (2, 0.0%)

1 むしろ厚遇, 出鱈目な

▼ 彼等とを~ (2, 0.0%)

1 あなたは, 区別する

▼ 彼等なりに~ (2, 0.0%)

1 はつきりした, 工夫し

▼ 彼等において~ (2, 0.0%)

1 顕わ, 顯は

▼ 彼等について~ (2, 0.0%)

1 その一端, 例の

▼ 彼等についても~ (2, 0.0%)

2 蜜蝋に

▼ 彼等にのみ~ (2, 0.0%)

1 とめぬ, 恵まれたる特殊

▼ 彼等によりて~ (2, 0.0%)

1 一たびは, 築かれるの

▼ 彼等に関して~ (2, 0.0%)

1 何らの, 考えたすべて

▼ 彼等のずつと~ (2, 0.0%)

1 上の, 後に

▼ 彼等のみが~ (2, 0.0%)

1 もつ静粛, 決して独占的

▼ 彼等はい~ (2, 0.0%)

1 づれもさういふ風に, ッぺんに

▼ 彼等はぞ~ (2, 0.0%)

2

▼ 彼等ほどにも~ (2, 0.0%)

2 詩を

▼ 彼等みづか~ (2, 0.0%)

1 らは, ら辯護する

▼ 彼等われら~ (2, 0.0%)

1 に送りき, に高き

▼ 彼等アイヌ~ (2, 0.0%)

1 の生活, は亡び行く

▼ 彼等インテリゲンチャ~ (2, 0.0%)

1 ではなく, は何とか

▼ 彼等ハ皆~ (2, 0.0%)

1 小農夫, 祈ルコトヲ知リタレドモ

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 炎熱ノ, 誇ラスノミ

▼ 彼等一党~ (2, 0.0%)

1 が総, は常に

▼ 彼等一団~ (2, 0.0%)

1 の文芸記者, の親戚たち

▼ 彼等一派~ (2, 0.0%)

1 の口, は民衆

▼ 彼等三疋~ (2, 0.0%)

1 はみんな, は姉妹

▼ 彼等互に~ (2, 0.0%)

1 呼べる時これ, 相標榜

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 の婦人, 惑星の

▼ 彼等何もの~ (2, 0.0%)

1 ぞもしくは, ぞ彼等

▼ 彼等兄妹~ (2, 0.0%)

1 が旧知, の運

▼ 彼等兄弟~ (2, 0.0%)

1 の家庭内, の肖像画

▼ 彼等全部~ (2, 0.0%)

1 の栄誉, の頭

▼ 彼等労働力~ (2, 0.0%)

2 のみの所有者

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 時代人の, 樣の

▼ 彼等吏員~ (2, 0.0%)

1 と会談, の多く

▼ 彼等哀れ~ (2, 0.0%)

1 な人々, な農民

▼ 彼等多数~ (2, 0.0%)

2 の無産者

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 數の, 數者ニ停

▼ 彼等少年~ (2, 0.0%)

1 の, の仲間

▼ 彼等少数者~ (2, 0.0%)

1 の社会的, は未知

▼ 彼等巨頭連~ (2, 0.0%)

1 がこうした, の存在

▼ 彼等我等~ (2, 0.0%)

1 に教, を追

▼ 彼等戰鬪~ (2, 0.0%)

1 の休み, を起さん

▼ 彼等智識階級~ (2, 0.0%)

1 の婦人, ばかりが江戸ッ子

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 に歸, ふといふ

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 に請はん, を畏れ

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

2 の教育

▼ 彼等狂人~ (2, 0.0%)

1 が覚め, が覺め

▼ 彼等白人~ (2, 0.0%)

1 から異, は悉く

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 叫びて, 我と同じくうくべき

▼ 彼等直ちに~ (2, 0.0%)

2 これを

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

1 その身, 自由平和を

▼ 彼等~ (2, 0.0%)

2 夫婦の

▼ 彼等自身さ~ (2, 0.0%)

1 へそれ, へ知らない

▼ 彼等自身細工~ (2, 0.0%)

2 を施す

▼ 彼等若い~ (2, 0.0%)

1 人達にも, 夫婦が

▼ 彼等農民達~ (2, 0.0%)

2 の小さな

▼ 彼等都会~ (2, 0.0%)

1 の子女, の少年少女

▼ 彼等酋長達~ (2, 0.0%)

1 の家, はこれから

▼ 彼等野人~ (2, 0.0%)

1 の口, は先づ

▼1* [526件]

彼等あそぶと蒼天, 彼等あるが故に, 彼等いかで知らん, 彼等いのち賭けの仕事, 彼等いよいよ笑ひさざめき, 彼等うたはずといへ, 彼等えせ識者等は, 彼等えらばれし時よく, 彼等おのおのの夫, 彼等お腹の底, 彼等かく並べるま, 彼等かくするは煮られ, 彼等かしこに敗れ, 彼等からは幕府に, 彼等やうだい三人とも, 彼等きょうだいの出生地, 彼等こころゆくまで悔いん, 彼等こそは真に芸術三昧, 彼等さえも見たこと, 彼等さけびて汝等, 彼等じゃなかった, 彼等すこしく書を, 彼等すでにこ, 彼等すなはち, 彼等すなわち常識屋は, 彼等そういうような, 彼等そのものが自然, 彼等たえずかく爲すなるべし, 彼等たちの手, 彼等たつた一つの, 彼等だけでカフェー全体を, 彼等だけは生き残つて, 彼等だったのだ, 彼等だって何時も何時, 彼等であったろうということ, 彼等といふのは, 彼等とが血統上いかに, 彼等として日本人の, 彼等とてもそう無造作, 彼等とても全く米の, 彼等とても決して願わなかった事件, 彼等とばかり遊ぶの, 彼等なら無論そんな, 彼等ならざる吾, 彼等なればなり, 彼等についての陰口を, 彼等につき纒い, 彼等にとってこそこわい力, 彼等にとっての最大限でありました, 彼等にとっても一つの, 彼等によってこそ最初に, 彼等によつて何, 彼等にをしまず, 彼等に対してすらその執拗, 彼等に対しても終始寛容, 彼等に対するの情あり, 彼等に関する限りなにひとつ胸くその, 彼等のせゐででもある, 彼等のまん前の, 彼等のみに限りて, 彼等のみの民族的遊戲では, 彼等のみを見彼等, 彼等はいちにちい, 彼等はかたみがわりに, 彼等はげしき怒りを, 彼等はしかえしに, 彼等はずつと前から, 彼等はぜつたいに, 彼等はどつちから, 彼等ははぢめから, 彼等はめさめぬ糧, 彼等ばかりが進んで, 彼等ばかりは故郷たる, 彼等ひとしく参加する, 彼等ふたたびは帰る, 彼等ほどの知識も, 彼等またこれを, 彼等みずから弁護するよう, 彼等みたいな田舎者, 彼等みないたく泣き, 彼等みないと幸, 彼等みな地に俯き伏し, 彼等みな忍從して, 彼等みな我等を見, 彼等みな火に燃え, 彼等みな目を片側, 彼等みな聲をあ, 彼等みんなの間, 彼等うとに, 彼等もしのびないところ, 彼等やさしき母あらん, 彼等やはり浅ましくも, 彼等よりずつと智慧が, 彼等よりはほんの少し, 彼等よりもかへつて汝に, 彼等つぱ, 彼等らしい色々な, 彼等らしい歪めかたで, 彼等をかぞへうべし, 彼等をはなる, 彼等をば日記や, 彼等をも嘉し給, 彼等をよけること, 彼等を通じて常に見られる, 彼等アラビア商人は西, 彼等インテリゲンチャ自身のイデオロギー, 彼等ウルトラはこうして, 彼等少クトモ北海道ニ於テ, 彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等ノ公語タラシメザルベカラズ, 彼等ガ牧師ノ一人タルろば, 彼等ガ筒袖ヲ着, 彼等ガ虚言ヲ吐キ, 彼等ガ農法ハ新陸ノ土地ニ適セザルカ, 彼等ギャング一味に関係, 彼等クリューの内面判断構造, 彼等グイードを呼ぶ, 彼等サモア人だのに, 彼等サンジカリストは皇室, 彼等シェストーフ的者は云い始める, 彼等ダンテの好意的畫策, 彼等トルコ兵は神さま, 彼等トロイア集會の席, 彼等トロ族の住ん, 彼等ドイツ軍はこの, 彼等ナロードニキの伝統的見解, 彼等御味方遮断, 彼等ニシテ久シク留ラントセバ勢ヒ彼等ノ別天地, 彼等ニ主張セラルルナラバ國際的無産者タル日本ガ力ノ組織的結合タル陸海軍, 彼等ハツネニ饒舌ヲ極, 彼等ハ一種輕キ物質ヲ以テ造レル舟, 彼等ハ先ヅ荒土ヲ拓イテ種, 彼等ハ公債ニ變形シタル依然タル巨富, 彼等ハ勇気ノ化粧, 彼等ハ午後二時半カラ四時半マデハ予ガ治療ヲ受ケテイテ寝室カラ出ル筈ガナイト, 彼等ハ始ヨリ一宗派ヲ組成スル意志, 彼等ハ日本人ニハ非ザルモノノ如キコト判明セリ, 彼等ハ本国いぎりす, 彼等ハ異様ノ風体, 彼等ハ石製ノ利器, 彼等ハ自国ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ故国ヲ逃レテ和蘭, 彼等ハ舊時代ニ生レ其ノ見, 彼等ハ街上ヲ歩ミナガラモ, 彼等ハ講和會議ニ於テ英國ノ保護, 彼等フランス人は自国語, 彼等モク屋はそれ, 彼等ヨーロッパ人の日常会話, 彼等を拜, 彼等一人にし, 彼等一切に, 彼等一同共謀の贋金, 彼等一家丈けで, 彼等一族をまったく, 彼等一旗で遂行, 彼等一日の仕事, 彼等一日作りの漁師達, 彼等一生の幸福, 彼等一般が腐敗, 彼等一行の乗っ, 彼等一連の人間共, 彼等七人の共同事業, 彼等けの知っ, 彼等三人相逢はざること, 彼等三名以外の者, 彼等三者の数年間, 彼等上流社会から抵抗, 彼等上級生達の思い, 彼等不平の徒, 彼等不良少年少女はだから, 彼等世に遠かるが, 彼等両名を射殺, 彼等久しく忘れゐたり, 彼等二三子には劣らない, 彼等二人きりであつ, 彼等二十余名はこれ, 彼等二十六人をすべて秘密裁判, 彼等二十六名を無, 彼等二千五百の鉱毒被害民, 彼等二名の出欠, 彼等二日も三日, 彼等二犯人に執っ, 彼等二百九十九人は自分, 彼等五六人の独占, 彼等五十万を十万倍, 彼等五年の間, 彼等人形操の位置, 彼等人間たちの目障り, 彼等人類はどの, 彼等仏蘭西人が密談, 彼等他国ものは天主, 彼等代議士は法律, 彼等以下に下る, 彼等を苦しみ, 彼等何すれぞ宇宙以外の, 彼等佛教僧侶の着物, 彼等佛蘭西作家の解決, 彼等作家たちのまわり, 彼等使節のため, 彼等來りよばはり, 彼等かに身, 彼等信仰者たちはやはり, 彼等が右腕, 彼等倶楽部員は皆, 彼等偉人たちはすこし, 彼等僧兵の群中, 彼等優人階級が明, 彼等より初め, 彼等い連, 彼等のわが身, 彼等兒童をプロレタリアート, 彼等党人の熱意, 彼等全体の不幸, 彼等全然でだめ, 彼等兩人の遺骸, 彼等公卿にし, 彼等六人の急, 彼等共通の信念, 彼等たりき, 彼等兵士とも眼, 彼等其の好意を, 彼等列強の見解, 彼等利慾に迷, 彼等を望むあたはで, 彼等劇しき熱の爲, 彼等努力する私共, 彼等労働政治家の手, 彼等勇敢なる武士, 彼等勤人階級の特性, 彼等北部九州の部族, 彼等匪徒の手, 彼等千々相集まりて, 彼等南進者の群, 彼等即ち皆汀に, 彼等去りて後詩人等第, 彼等及び彼女等は, 彼等友人達は偶然, 彼等古河の徒党, 彼等叫びて三, 彼等可憐の子息ら, 彼等の日課, 彼等同士二疋で追, 彼等同士相当な間隔, 彼等同士笑つたり, 彼等同様に宗教的, 彼等同然の一素寒貧, 彼等名優がどうして, 彼等名士が面影, 彼等君子の才芸, 彼等唯一の用具, 彼等善良なる少女, 彼等四五十人を養う, 彼等四十に近い, 彼等四十七人は尽く, 彼等回回教徒の習慣, 彼等国民は今度, 彼等国際殺人団の一味徒党, 彼等土木業者鉱夫の如き, 彼等地主は今や, 彼等士官の一群, 彼等壮士の結構, 彼等売り子の話, 彼等大胆な若い, 彼等大衆の自己意識, 彼等大衆作家がさし当たり, 彼等天下の選良達, 彼等奇しき樹の, 彼等匪は, 彼等奴隷はこの, 彼等如き若年者で, 彼等妾達が彼, 彼等姉妹の床, 彼等姉弟と伯母, 彼等委員たちは真面目, 彼等委員達即ち代議士達, 彼等姦徒醜類の汚行, 彼等を生まず, 彼等学者に彼岸ザクラ正品, 彼等寄宿生達の及ばぬ, 彼等密猟船自身の疵, 彼等対平氏の関係, 彼等専門のもの, 彼等将士の風流, 彼等に去ら, 彼等小僧上りの商人, 彼等少しくしづまれる時わが, 彼等少年たちの印象, 彼等少年軍の多く, 彼等屡々目覚時計の, 彼等山男は七, 彼等島民殊に其の, 彼等巨頭株連中の非, 彼等市政の黒幕連, 彼等市民の上, 彼等希臘人が競技, 彼等平民は自ら, 彼等ひに, 彼等少いもの, 彼等幼いものの, 彼等幾多の犠牲的青年, 彼等店主は其夜, 彼等庶幾くは, 彼等弁解すること, 彼等引き返しアカイア勢に向, 彼等強慾にし, 彼等の邪, 彼等彼女等を賢く, 彼等徒弟はそっと, 彼等得意の奸手段, 彼等徳義を世界, 彼等に憤り, 彼等必ず我等に, 彼等必ずや死後尽く, 彼等る, 彼等忽ち馳せ廣野, 彼等思想拒絶症患者によれ, 彼等怪人集団の勢力, 彼等怪物はロケット爆弾, 彼等恐怖し駈け狂, 彼等悖徳漢九名のため, 彼等悪党は自若, 彼等悪漢共の思惑, 彼等悲しむべければなり, 彼等愛国団体が恐れ, 彼等愛国者のため, 彼等愛國家の中, 彼等愛國者のため, 彼等感激せる民衆, 彼等成長しつつ, 彼等を地獄, 彼等我が日本に, 彼等ひは, 彼等戦士の中, 彼等所謂不穩, 彼等をこれ, 彼等技術家の生活, 彼等ひ屋, 彼等を置く, 彼等指導者はこれ等, 彼等指導者等はこれら, 彼等政党人がこの, 彼等文壇一味の伏兵, 彼等文士の所有品物, 彼等文字の精霊, 彼等文筆者流のグループ, 彼等文芸家が少し, 彼等新兵を夢, 彼等日本を以て此二者, 彼等旦暮に叫ん, 彼等小作人は, 彼等早朝に時, 彼等昆虫の要求, 彼等昔聲高らかに叫ん, 彼等暴民共の一炬, 彼等未来派の宣言, 彼等未開民族今日の智識文化, 彼等國の, 彼等本心は案外, 彼等本来の事務, 彼等朴直なる田舎漢, 彼等朴直勤勉なるべき地方人士, 彼等村民ハ自ら売らんと, 彼等東亜諸民族, 彼等東京の学生生活, 彼等林町の一族, 彼等果して我を, 彼等樂園を逐, 彼等樂浪の民, 彼等権力者もしくは金力者, 彼等けば, 彼等止まれるならばこの, 彼等正直にし, 彼等武器執る手, 彼等せる者, 彼等残らずが一つ, 彼等母子をいとい憎ん, 彼等民衆の大, 彼等汚穢の流, 彼等決死隊の手, 彼等派遣文士記者がどういう, 彼等流言者の口, 彼等浪人生活者の中, 彼等浪人者は立ち, 彼等に浮ぶ, 彼等混戰と苦鬪, 彼等渡るをいそぐ, 彼等滅亡するもの, 彼等灰色の人々, 彼等無心の毛族, 彼等煙草生徒も眼, 彼等父娘はちらちら, 彼等には実に, 彼等犯人を裁く, 彼等独有な祖先伝来, 彼等独自のユニック, 彼等武器を, 彼等獨特の方法, 彼等のため禍難, 彼等現代的官僚と軍部, 彼等理想を重んずる, 彼等くれど, 彼等生けるま, 彼等生前の情慾, 彼等生存の理想, 彼等生徒はこの, 彼等の声, 彼等を枯骨, 彼等町人が帳場格子, 彼等画家はセイレネス, 彼等畫家はセイレネス, 彼等白蝙蝠団の陰謀, 彼等皆名をいはる, 彼等皮膚白き者, 彼等をえむ, 彼等盗賊の群, 彼等盜賊の迹, 彼等なし魚同様, 彼等連れて, 彼等相合傘の二人, 彼等相當のけち, 彼等知るなし, 彼等社会に珍, 彼等祖先は真個, 彼等神殿に, 彼等ひを, 彼等禿げた頭を, 彼等程の大天才, 彼等へて然, 彼等米英人をこの, 彼等精霊の齎す, 彼等素朴なる漁夫, 彼等せらる, 彼等聖人に対して非常, 彼等をもじ, 彼等腰弁の仲間, 彼等からにさえ, 彼等自ら何とも知らぬ, 彼等自ら其天地を劃, 彼等自体の力, 彼等自分一個の実力評価, 彼等自分等のみが一日, 彼等自動車運転手連の話, 彼等自由主義者にとってはこの, 彼等自身一種の公式, 彼等自身丈けで, 彼等自身二日休んだだけで, 彼等自身以外の何者, 彼等自身何等かの色, 彼等自身彼等の家庭, 彼等自身文化の科学, 彼等自身曝露して, 彼等自身氣づいては, 彼等自身産業資本家又は政治的支配者, 彼等自身異性をみる, 彼等自身發展的なもの, 彼等自身衣服を改めて, 彼等自身革命的労働者の行動, 彼等芸術労働者は新しい, 彼等若し既に至善, 彼等藩閥は初め, 彼等虎狼の爪牙, 彼等虫類にとって往々, 彼等行者は民衆, 彼等街衢から出, 彼等檢擧者の, 彼等被告は, 彼等被告人たちの無罪, 彼等被害人民が今回, 彼等被害地人民は共和政体, 彼等被害地民は之, 彼等見せかけの無, 彼等親達の心, 彼等観念論者は吾, 彼等詩人たちが何故, 彼等詩人輩の想像, 彼等誇称する所, 彼等君子は, 彼等恐れざる可, 彼等象徴派の詩人, 彼等貧しい寄宿学生に, 彼等へ置き, 彼等貴族的道徳的藝術家の間, 彼等赤毛布の群, 彼等速く大野横ぎり, 彼等車夫に法外, 彼等軍人政治家の実行, 彼等軍隊の上, 彼等辯解する事, 彼等農夫との間, 彼等農夫自身にとってそれ, 彼等農民の上, 彼等通人も肚, 彼等通詞が單, 彼等連合軍の兵士たち, 彼等連歌師に望み得べき, 彼等進み来り手を, 彼等進んでディーテ, 彼等運命児の一団, 彼等日使節が, 彼等選手達の宿命, 彼等避難民はこうして, 彼等都会労働者等の生活, 彼等酔漢の躯, 彼等醜業婦が持っ, 彼等醜類汚族, 彼等の犢, 彼等金星超人より見れ, 彼等鈍瞎漢は始め, 彼等鉱山師達は住友, 彼等鏖殺の秘計, 彼等の友愛, 彼等關係の記事, 彼等陣門たち去らず, 彼等集団は初めて, 彼等雙方の家, 彼等青年男女の個性保護, 彼等頭取とか重役, 彼等をまげ, 彼等顔面の構造, 彼等飽く事なきを, 彼等駄獣の群, 彼等驚きにより, 彼等魚族も秋, 彼等の子, 彼等麺麭を得る能わざる, 彼等默然として頭俛, 彼等黙然として頭俛, 彼等黯める波