青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「故~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

放つ~ 放送~ 政~ 政党~ ~政府 政府~ ~政治 政治~ 政策~ ~故
故~
故に~ ~故郷 故郷~ ~救 救~ 救い~ ~教 教~ ~教え 教え~

「故~」 2846, 31ppm, 3798位

▼ 故~ (610, 21.4%)

7 である 5 して, よりて, 私は 4 ひとは, 意味が, 我は, 私が 3 すべての, それは, 我我は

2 [41件] こ, この世の, この名, そのデカダンス, その崖, ミレンに, 万人に, 不思議な, 之を, 予は, 交合の, 人を, 人生は, 他の, 写生文家は, 処女崇拝者は, 危険である, 反って, 古来の, 名と, 吾, 孫や, 小舟に, 恥ぢを, 愛するもの, 我々の, 我在り, 我我の, 戦争は, 探偵小説は, 政治的天才の, 政治的天才は, 是を, 此処に, 生きながら, 神聖な, 苦しんで, 蛇の, 記憶の, 軍人の, 遊戯の

1 [481件] あらかじめその, あらざるや, あらずや, あらず其命數, あらず牛, ありし罪, ある他, ある点, いかに内容, いそぎ上って, いちいち世話, いつまでも, いはれて, いま馬謖の, いよいよ夫婦兄妹, おどろきあわてて, おれにも, かえって蓬莱建介, かかる概念, かかる知覺, かく截ら, かりにも, かりに境, きらって, くらがり峠, ことごとく無, このよう, この古典, この場合, この機会, この種, この運動, これから直接, これで, これに, これらの, これを, こんな名, さう云, さは, さも仰山, さわぐまいぞ, しばしば以前, する方, せよある, せよ私, そういった, そうなった, そう云い始めた, そこに, そしてこの, その声, その文明, その本性, その母, その賢者, そは, それが, それぞれ禄を, それによっては, それを, それ故に, それ者は, そんな, そんな物, た, たしなめるという, たばかる者, だぞ, では, とかくを, とくにこれ, とめる者, どうしてこの, なんとも返事, ねがう心, ねらいの, ほかならない, まこと, むしろ理, めぐりあったこの世, めんどうくさくな, もつこと, やはり常食, やはり簡略, よく真相, よると, わざわざ十字, われあり, われすべも, われは, われ在り, われ在る, キリストは, コペルニクスの, ヂュウスの, ニュートンの, パリスの, マダム・ボヴアリイに, メリメを, 一たび西洋に, 一名, 一日も, 一緒に, 一言に, 三輪の, 不充分である, 世界は, 主観的だ, 事件の, 亢奮し, 京都の, 人の, 人是を, 人甚だ, 人生に, 今は, 今やにわかに唐突, 今一度じっと, 今來, 今夜青年会館に, 今日の, 今甲乙二人, 仏が, 伊東深水氏は, 伐り何, 伯父はや, 何人の, 何度も, 余は, 供給を, 価値に, 俗間収め, 個人的当為として, 個物は, 倫理学を, 偽と, 僕の, 僕は, 僞善諂諛人を, 入札と, 全力を, 其土地が, 其方法たる, 其根本に, 再び述べない, 冬季とも, 出づるか, 出張した, 出来るだけ, 分るの, 初めに, 初め例の, 別に氏神さん, 到って, 労働を, 労働者は, 動と, 動物の, 医は, 単にそういう, 却って誰, 原因し, 参ったと, 取られて, 口説いたの, 古の, 古代人には, 古典詩学の, 古来そのままの, 合せられたる性, 吉野朝廷の, 同じ鳥類, 同僚を, 名づく, 名探偵ダーウィン, 否定し, 吾人は, 呪い憎んで, 呼ばれたり, 命運は, 咎むるや, 哲学は, 唐土には, 嘲笑され, 因り, 因りて, 因り宣, 因り怒れるヂュウス, 因れとは, 地主は, 地位だの, 基くの, 塗香を以て, 士が, 壱岐及び, 売り立て, 外ならない, 外ならぬ, 外の, 多からず, 多と, 多少の, 大らかに, 大小を通して, 大聖孔子は, 天然に, 夫が, 夫婦生活が, 失敗し, 好んで, 妹を, 妹歎くらし風早の, 媒妁での, 存在する, 存在を, 孤独である, 孤獨である, 宇宙の, 安らかである, 宗教は, 客観的で, 客観的態度と, 宮殿が, 容易に, 富士山へ, 寝るという, 専ら宿村, 射る者これ, 尊いで, 小作が, 小説に, 少くとも, 尚さら惜しまれる, 尾形乾山は, 左様心得, 帰る, 帰ると, 常に変化, 常に雷, 弘前の, 当時の, 当時彼等の, 役者に, 彼が, 彼の, 彼は, 彼らは, 彼女も, 後難を, 心を, 快楽を, 念々頭, 念仏の, 思惟の, 怠るよう, 怨まれて, 恐るべきは, 恩を, 悟るなり, 悲しく悲しめ, 悲愴に, 惟神とだけ, 憂ある, 憧憬の, 成る事, 我々が, 我々だけの, 我々は, 我あり, 我これを, 我ま, 我師よ, 我親よりも, 所詮言え, 所謂文明に, 手刈村と, 抱えたの, 拒絶せられた, 捨てま, 採用された, 接戰苦鬪凄からむ, 摸写こそ, 支配的地位に, 政治の, 敢て, 敢然グラス, 文学に, 斬って, 斯く名づけた, 斯様には, 早々各地, 易え, 是も, 是非なく, 普通には, 暗々の, 暗殺されなけれ, 最小の, 末には, 末節之に, 来たの, 根機と, 梵天自身により, 検便される, 極致を, 欧洲の, 歌に, 正しい解答, 歴史小説中の, 死なんといふ, 死へと, 死んだ後, 殺されあまた, 殺すかを, 気づかれも, 水の, 汝會得しうべし, 江戸へ, 沈黙を, 流動ゆたかに, 涙こぼるる, 清水に, 滅んだの, 激しく反撥, 無声の, 爰には, 父追いかけ, 特にいわゆる, 特に書物, 犬神人と, 犬若く, 犬馬の, 狂う哀れ, 独立的な, 猟師鳥という, 猿女の, 現われなかった性質, 理に, 理学博士の, 生じた弱点, 生とは, 生は, 生むもの, 生命と, 生物現象を, 生産物は, 生産者の, 用いよという, 用いるの, 由りて, 留めて, 疲れはつ, 皆で, 盲人の, 相対的真理であり, 省略し, 県官常に, 着し物, 矛盾をも, 矛盾的自己同一として, 知らず知らず一定, 知らん顔を, 知り得なかつた僕, 知識犬の, 社会に, 社会は, 神が, 神の, 神も, 神国といふ, 禁止された, 私にと, 私の, 科学の, 移されて, 移動の, 稲妻の, 空間が, 立ちのぼる湯, 端正なる, 純粋だの, 終には, 結婚する, 結局離背し, 結末之に, 絶えず苦患, 絶交しなけれ, 絶対服従といふ, 絶対矛盾的自己同一として, 絶対矛盾的自己同一の, 継ぎて, 繪かきや, 美にも, 美術を以て, 羞らいを, 考えたり, 耕作者の, 聖人と, 聞くこと, 聡明なる, 自ら求め, 自分に, 自分の, 自分も, 自害した, 自己は, 自己を, 自我は, 自殺した, 自殺するです, 自由である, 至健至剛である, 興奮を, 舟の, 芝居が, 花は, 芸術家たり, 芸術家の, 苦しいの, 苦しみ悦びそして, 落寞たる, 虚偽を, 虚妄の, 行商が, 表現された, 裏切られ戦国時代, 観音経を, 言わば書店, 言語が, 評価しよう, 詩が, 認めるであろう, 誤られて, 説話に, 読者を, 課せられた永劫不尽, 諸君に, 警戒した, 豕を, 資本である, 賢虎汝まさに, 質的で, 身を, 軽々しくそういう, 農業は, 近頃では, 返つて, 返報に, 追, 逃げ來, 進んだつまり, 逸らすなり, 過去は, 違いありません, 遠い国, 遠慮する, 適用しない, 遲, 郷党に対して, 都邑に, 量的である, 鑰二あり, 長い棒, 間違って, 限定された, 限定する, 陥った混乱, 階級的な, 隠れて, 雨の, 雪を, 雲雀の, 青ざめる彼, 面白く候, 面白く後世, 韻律を, 風景画の, 飛んだ御, 騒ぐまいぞ, 高山まで

▼ 故~ (209, 7.3%)

4 して

2 [11件] 一と, 人情の, 幽かに, 張合の, 水は, 確とは, 糸子は, 自と, 車台は, 近来主張を, 電燈が

1 [183件] あまり心, あまり食いつかなかった, いまだに御, きまりを, こうした体刑, ここでは, この兩主義, この山上, この時, さほど新奇, じーっと見, すべての, その夜, その後青眉の, その日, その水音, それが, それともいつぞや, それとも釜, ちっとも苦, ちょいちょい故障, どうか, どうもあなた, ふわふわたわいない, また豪州, また鼻血, まだ竈, めっきり参拝者, もう晩方, やつれ皮膚, ゆっくり落, アンドレーエフの, ゾッと寒気, トルストイの, 一人も, 一向それ, 一家の, 一寸変に, 一層紋十郎さん, 一年の, 一時やや, 三吉ばかりは, 久しく忘れられ, 久し振, 乗客は, 予は, 二人の, 京都の, 人が, 人の, 人間が, 今でも, 今日は, 今朝おなかが, 仕事を, 他に, 仙台の, 体も, 何う, 何事をも, 俄かに, 借問す, 元来た, 入寺, 其研究の, 初めて病, 別に抵抗, 割合に, 劇場の, 動も, 又は他, 又は他流, 又は違った, 右の, 同じ車室, 名声ようやく, 名声漸く, 唯何, 因が, 図らず痢病, 大切な, 大層粘着力が, 夫人は, 嫻かな, 孝ちゃんの, 孫右衞門の, 安眠が, 室は, 容易に, 小さい水玉, 少青年期間, 層波目が, 左右八つの, 帰京し, 度々女, 庭が, 彼が, 彼は, 彼女の, 往来は, 怎うし, 怎し, 思ったより, 我が呼吸, 或は当時, 折角の, 拵え方, 描写の, 斬られた者, 斯いう, 昔の, 曩の, 月は, 朝の, 桃代が, 構造の, 横ばら昨今の, 此心の, 此方の, 段だ, 毎朝床離れが, 法廷内の, 無智, 父を, 物売りにまで, 猫の, 環境が, 甚く, 田辺辺で, 男の, 痔いたみ, 眠いこと, 眠りの, 眼の, 知って, 知らと, 知らぬが, 神経病だ, 私と, 私にと, 私の, 私は, 稍小さい, 竹の, 第一番, 終に, 老人に, 腹を, 自ら知らず, 自分で, 自分の, 自分は, 自己防禦の, 自暴自棄の, 致して, 船尾から, 藤吉郎は, 行かむ, 行儀は, 袖ヶ浦の, 見て, 観察の, 誠に下手, 謡曲から, 貪りて, 身投でも, 道家に, 金銭と, 長崎が, 靄深く, 頭の, 頭は, 頸の, 顏が, 顔が, 顔の, 風も, 餘り, 馬が, 馬力の, 體も, 髪も, 鳥の

▼ 故~ (190, 6.7%)

5 席に 4 所に 3 ような, ように, 位地に, 身の

2 [14件] あること, ことと, 交換を, 体に, 如し, 座に, 概念, 様に, 蒼ざめた悲し, 行でも, 通りである, 開府の, 開府王真人の, 首相ソールズベリー侯は

1 [141件] あって, あるべく覚えざるとともに, ある事, かなへ, ごとく, ごとく低く, ごとく笑ったり, ごとく静, ごとく飲食, ごとし士人磬神聖, させるわざ, その大きい, ないのに, ない恐怖, ない憂欝, ない淡い憧憬, ふやけた秩序, ままであった, やうに, わが室, テクニックにわたっての, ペンが, ペンである, 万引と, 中央集権が, 久邇宮朝彦親王即ち, 事を以て, 井伊直盛の, 人を, 人間放庵である, 來臨ぞ, 修辞性に, 先生が, 先生です, 内藤恥叟翁其他から, 処へ, 勇み肌も, 勇気で, 卑小さしか, 同情は, 名か, 名でした, 名と, 名なるべし, 名らしい, 吾は, 吾を, 呉の, 味方の, 喜び, 園を, 土移し, 地位に, 地名的理会が, 墓地の, 天語連の, 太閤で, 失ふ事, 奉化府州判, 奉化県, 女でない, 女の, 如くで, 如くであった, 如くである, 如くなりき, 如くに, 如く人民非, 如く室隅, 如く懈緩, 如し見れ, 威厳とでも, 嫉妬か, 學に, 學を, 安定の, 安策が, 山川浩氏の, 弱点が, 御名で, 御密使, 御最期, 御発心, 怒りが, 急速な, 恨にて, 恨み何, 悲しみぞと, 愛情は, 憎しみを, 我なり, 所から, 押付けわざ, 明るさ, 昔に, 椅子に, 此つれな, 氏とを, 氣が, 沈厚さなだらかな, 流汗を, 深澤侯の, 無い一種, 爲政者の, 独特な, 理由の, 男爵中島錫胤で, 直接の, 直接清澄を, 着物に, 称呼, 空世辞を, 空屋敷と, 精の, 美しさ, 考えを, 自分の, 苦悩寡作という, 表医者, 親しみ易, 賚なる, 辱さが, 迷ぞな, 逃げ足を, 通の, 通りあの, 通りな, 通りに, 通り横に, 通り親しい, 通り貼り付け, 道に, 遣瀬, 酒肴持參, 錯覚では, 錯覚としても, 鍵の, 闇に, 静かさに, 驚きと, 高貴さを

▼ 故~ (170, 6.0%)

37 もって 16 もつて 6 話した 4 もて, 知らず, 訊いた 3 もってか, 問うに, 聞いて 2 以って, 問うと

1 [86件] あまり精しく, しらねど, たずねしに, たづねしに, もってのみ, もつてか, もつてのみ, もてすべて, もてアレース, もて僧籍, もて嗚呼, もて我, もて我汝等, もて畏怖, もて神靈二位, もて膽, もて衆神, もて遠く, 以つて, 以つてなぐり附け, 以つてアカイア人の, 以つてトルストイの, 以つて凡ての, 以つて劇中人物の, 以つて南天が, 以つて多くの, 以つて彼は, 以つて擯斥する, 以つて殆ん, 以つて民族心理學的乃至, 以つて申し込み, 以つて直ちに, 以つて自分の, 以つて自分を, 以つて貞潔の, 以つて酒楼茶店簷を, 以つて野に, 以つて馬が, 以三月二十一, 告げて, 告げよ我, 問う, 問うた, 問うたところ, 問うたところが, 問うた時, 問は, 問ひ, 問ひた, 問ふと, 問へども, 問へば, 問わなかった, 失ない, 尋ぬる, 尋ねしめけるに, 尋ねると, 幕史より, 彼らに, 忘れざるは, 悟るべし, 暁れるなり, 毫も暁ら, 申し上げると, 着弊, 知ったの, 知らざる胸, 知らして, 知らず自, 知らなかった, 知らねば, 知ること, 知るもの, 私は, 精しく話した, 聞くと, 解し得ずただ, 言ひ, 訊いて, 詰りぬ, 詰るに, 語る, 説明など, 請い問う, 譲めて, 質して

▼ 故を以て~ (153, 5.4%)

3 これを

2 [13件] 世上の, 之を, 例年の, 其主力の, 反つて其初心, 在野の, 地位を, 必らずしも, 毫も其の, 決して閣下, 法廷に, 自ら新, 解除せらる

1 [124件] この金堂, これより, その人, その留守, ちくらが, 一介の, 一時大に, 一部の, 世人これを, 人に, 人之を, 会期を, 伯父を, 作家に, 作家をも, 作者をも, 僅に, 党中の, 入舎の, 公債募集の, 其の薀蓄, 其割ニ当, 冷視したなら, 刺客が, 劣れる, 十数年前仙台の, 即日退位を, 吾妻錦絵の, 嚴責を, 回避する, 固辞す, 固辞再三, 国中の, 国民党を, 国民的ならず, 城内に, 大に, 大夫までな, 天上に, 女尊男卑は, 妄に, 妻帯を, 始終, 寛永六年に, 審判委員五名を, 審問せらる, 尚薬, 屈辱し, 山陽を, 左岸の, 己の, 已むなく新井代りて, 帯刀免許の, 常に法廷, 年に, 幸徳拘引後種々の, 弱冠ながら, 強請した, 彼等を, 徴兵を, 必ずしもその, 恨む処, 我が正し, 我が江戸文学, 扈随する, 承応元年, 挨拶を, 斥けられざれば, 斥け新, 斬罪と, 断はった, 旨を, 曾て, 本能的生活の, 柴田是真を, 此密事を, 殺人罪を, 法隆寺は, 満村家, 漫に, 爭ひし, 爾余の, 物々しく悲観, 特にこれ, 生死を, 甲の, 盡く, 直ちに内陣, 直ちに蛇蝎, 直に偽, 直に僞黨撲滅, 直に当期議会, 直に當期議會, 社會を, 私は, 科するに, 空荒闃として, 精霊の, 絶対に, 老将, 腦膸の, 與ふる, 荀子を, 菊池容斎幸野楳嶺渡辺省亭を, 藥屋は, 衣食住の, 被告等の, 観音様は, 認識目的に, 豈に, 財宝の, 賞を, 足頗る, 軽視する, 迎ふる, 連累者と, 遙かに, 金を, 長野の, 阿附朋, 陳東海を, 離縁とは, 露国教会は, 龍田姫は

▼ 故~ (127, 4.5%)

3 言ふより 2 いひその, つい通り, 慇懃に, 知らずや, 筋を

1 [114件] あって, いひ哲學者, いわねば, いわんか, おいでの, お気の毒, しらる, するやう, するよう, せんは, その上, である殊に, なすも, ならず情, ならぬ其罪, ならぬ女, なん云々, らしいが, らしい京弁, らしくすねたやう, らしくすねたよう, らしく振返った, らしゅう私, ケロリと, 三人が, 下りて, 云家毎に, 今では, 伊藤晴雨画伯から, 何も, 余を, 佛間の, 使者差立てる, 信じ所謂詛, 俯向い, 傳ふ, 兄の, 口で, 古風に, 台から, 否定的に, 告げて, 咳払し, 四角四面の, 声を, 外を, 存候云云御, 峻は, 平気を, 平氣を, 彼は, 心得驚懼, 思い注射, 思う, 思うたが, 思ったから, 思ったろう, 思ふ, 思ふ心, 思へば, 思わぬでは, 悪戯を, 惟う, 惱むを, 想像される, 手軽に, 打明けて, 拙なく書いた, 拾ふために, 持って, 持参しました, 断じ去り, 日頃の, 明には, 暖炉職人の, 暖爐職人の, 此処ん, 法螺吹き諸, 淺黄だつ, 灯火を, 煙を, 生先, 申すで, 白石先生の, 知らねど, 知られたり, 知れた, 短銃に, 磊落らしく, 穿いて, 答う, 答えると, 線路で, 聞けば, 背後を, 臺から, 蔭に, 蜜柑箱と, 見えて, 見え国男さん, 見て, 観念致しまし, 解すべきであろうか, 言うたばかり, 言うより, 言ふ, 計短, 証明せず, 説かれ侍るを, 謝する, 途中餘所で, 遠くから, 非難する, 頭を

▼ 故にこそ~ (112, 3.9%)

4 彼の 2 いつそう, まさに存在, 又同時に, 彼等が, 時に生活, 私は

1 [96件] あたら惜し, あとは, あの歌, あの通り昼, あへなく討たれける, いっそう恥かしく, いまだに見える, この空間, これは, すべての, そこに, その言葉, それは, である, でしょう, とどのつまりは, なお鴎外, なつかしい, なまなましい肉感, またかく, むずとその, やれる丈, シェーラーによって, スペンサーを, ヒューマニズムは, 一つの, 一定の, 一層死んだ, 一心籠めて, 万の, 上様が, 予言は, 五月一日に, 人々は, 人の, 人を, 人間は, 今も, 今度は, 信長が, 初めてその, 初めて所謂, 危いところを, 却って一つ, 却って未, 卵と, 去年一昨年何にも, 又世論, 又吾, 吾, 和人に, 善いもの, 夫は, 夫を, 如何に, 学校を, 形而上学者, 彫刻家は, 彼より, 彼を, 彼女に, 彼女は, 憂鬱な, 我は, 或る, 故右大臣さま, 文壇生活四十余年の, 新古今集時代, 最もよく愛せる, 最も美しい, 最も高い, 死に対して, 母性の, 没落せね, 特に発達, 特に私, 現実的な, 生命の, 生産関係乃至, 由, 百ヶ日が, 私たちが, 篤と申し残し, 自分は, 興味津々たる, 花野に, 菩薩として, 親が, 誓願は, 誘惑的な, 警視庁は, 遮られぬ光, 長兵衛先方の, 闇の, 電火一閃する, 魅力が

▼ 故~ (96, 3.4%)

9 あらう 7 あつた 6 あらうか 3 あつたらしい, あつて, せう 2 でも, はない, はなく, 歪んだ皮椅子, 稍曲つた太い

1 [55件] ああいじめ, あらうかの, あらうが, あらうけれど, あらうそれ, あらうと, あらう今, あらう極めて, あろうか, おぢ, さあお袋, すこし工合わる, その冬捕縛, その頃夜, それから御, それが, つい人間, ならなかったので, はなれ難く, まだ高, スッカリ勞れ, スツカリ労れ, マホメット教徒の, 不折氏の, 予の, 人の, 何とも御, 例えば指揮, 入つて, 其の場, 千鶴子は, 却ってそうなった, 四五十日ばかり, 好いという, 平和な, 彼等は, 我は, 斯様に, 有ったろう, 果ては頭, 水自慢の, 河が, 牛の, 白隠, 矜羯羅よりは, 神様の, 職も, 自然収入が, 見えたの, 車の, 遂に面会, 遅れるの, 重てえ, 難癖を, 首が

▼ 故~ (80, 2.8%)

6 あって 5 なくひよめいた 4 あろう, あろうが 2 あらうが, ありましたろう, ある, あるの, ない微笑, なく胸

1 [49件] あったでしょう, あったの, あったろう, あつた, あつたらう, あらう一ツ, ありおそらく, ありましたでしょうか, ありましょうが, あり何時, あり後, あり種々心, あるか, あるだらうし, あるでしょう, あるん, あろうけれど, あろうし, あろう一ツ, あツ, しらぬ愁, ないうら悲しさ, ないとは, ないのに, ない不安, ない制裁, ない嫉妬, ない震えよう, なき偏見, なき涙, なくお, なくおしげ, なくた, なくただ, なく余, なく動悸, なく微笑み合っ, なく思った, なく新字面, なく睦まじかりし, なく立上, なく處移, 亦不審, 以て, 有るだろうが, 無きに, 無くて, 無く厭, 解らぬ品物

▼ 故~ (53, 1.9%)

3 とは考へつ 2 とその, と批評, と申し, よ

1 [42件] からのう, から新吉さん, か人気, か加茂氏系図, か少し, そうだ, ぞと言い聞かすべし, つたのだらう, といい得よう, という, ということ, という事実, といえる, といはれ, といふ, といへ, とさ, とし, とのみ思った, とは思っ, とは所謂真人村, とは考えつかぬげ, とは言います, とばかし思つて, とも考へられ, とも考へられる, とも解釈, と云, と云っ, と分りました, と思う, と感じ, と気がついた, と確信, と考へ, と責めます, なと昌作, ねえ, よお前さん, 唯一人の, 是まで, 竜神何卒好き檀越に

▼ 故~ (52, 1.8%)

2 何かという, 新羅, 馬は

1 [46件] あるが, かかる場合, かくこそ, この事, この女夫, その柔術, なくして, われ昔南蛮寺に, アカイア軍勢は, アポローン, トロイア軍勢は, 三島湟咋の, 上に, 何ぞ, 其八十神各々稲羽の, 十五十六の, 又彼, 古より, 右三ヶ国日本と, 君侯の, 塹濠渡るべく念ぜる, 外で無い, 天より, 奴理能美が, 宇遲の, 彼こそ, 彼つねに, 彼らは, 後者が, 思ふに, 我今, 承平, 此処を, 歩兵の, 汝に, 無し泣かじ, 父王の, 爾来終天, 知らず, 知らぬが, 老いたるポリュイドス, 自ら尤るなり, 衆勢經, 西の, 解らないが, 面白くなく

▼ 故でも~ (39, 1.4%)

4 あらう, あらうが 3 ある, あるが, あろう, あろうか 2 あらう汗ばんだ生き甲斐, あろうが

1 [15件] あったが, あったろうが, あらうし, ありその, ありますが, ありますまいが, あるかノ, あること, あろうかと, ございましょうか, ございましょう私, ない, ない貴方, 有ろう, 有ろうと

▼ 故では~ (36, 1.3%)

7 ない 6 ありません 3 なくして 2 ありませんあの, ないか, なかった, 決してありません

1 [12件] ありませんでした, ありません富, それが, ない肉慾, ない醜いから, なかつたと, なかつたので, なからうかと, なくあまり, なく心から, なく空, 無い

▼ 故であろう~ (27, 0.9%)

172 か或は 1 かかえって, かその, か昭和六年, が余り, けれど那須, とお, と解する, 死刑に

▼ 故である~ (25, 0.9%)

2

1 [23件] かその, かと云う, かも知れず, が況して, ことは, ことを, こと明らかである, という, という考, といかに, とする, とすれ, とせられ, とのこと, と伝えられ, と信じ, と察, と思う, のか, のかも, のに氣, は勿論, 昨年

▼ 故その~ (20, 0.7%)

1 [20件] 一代記は, 代名詞は, 場合の, 子父の, 巣から, 擬人觀の, 数を, 時おれが, 書は, 母が, 流儀で, 者に, 腹に, 警護の, 足を, 通りに, 金を以て, 限りここでは, 限りにおいては, 音に

▼ 故かも~ (19, 0.7%)

3 知れぬ, 知れませんが 2 知れないが, 知れぬが 1 しれないが, しれないの, しれぬが, しれません, 知れないの, 知れなかった, 知れません, 知れませんよ, 知れんて

▼ 故~ (12, 0.4%)

42 かし, 様故, 蓋し大隈 1 尊んで, 汝また

▼ 故それ~ (11, 0.4%)

1 [11件] がし, の踏み出した, は始め, は理解, へ乗れ, へ申しつけ, までは御用物, を売ろう, を直接, を見られる, 故僕

▼ 故とも~ (11, 0.4%)

2 知らねども 1 わからない, 分かず彼, 知らでその, 知らで独りこれ, 知らねど, 知る由, 至って怯懦故, 覚えず余, 許さるるまでに

▼ 故には~ (11, 0.4%)

2 あらずして, 御座候はんなれ 1 どんな大胆, ア存じ, 候わず, 如何なる時, 積極的な, 螢雪の, 許す母娘

▼ 故~ (10, 0.4%)

2 のか, のである 1 のであり, のでございませう, のね, んでしょう, んです, 此方も

▼ 故だろう~ (9, 0.3%)

51 かまったく, それに, と云う, 冷たい噴水

▼ 故なる~ (9, 0.3%)

3 を知らず 1 かはた, かを知る, がため, を, を知らなかつた, を詳

▼ 故この~ (8, 0.3%)

1 まま拵えを, 場で, 席で, 手帳に, 時間性の, 時間性は, 難問は, 顯現は

▼ 故おれ~ (7, 0.2%)

1 が源兵衛, に金, はただ, も力, も呼び, も困っ, も起き上り

▼ 故かと~ (7, 0.2%)

2 危ぶむも, 眞に 1 大いに懸念, 独り悔しゅう, 真に成つて

▼ 故~ (7, 0.2%)

1 あって, あつて, ある, あるから, 不審である如く, 解らないので, 解りかねます

▼ 故により~ (7, 0.2%)

1 アカイア全, アキリュウスを, ユノネの, 多くの, 彼を, 痛く惱め, 長く天上

▼ 故あっ~ (6, 0.2%)

1 てせっかく, てはるばる, て一纏め, て廃業, て徳川家, て江戸

▼ 故これ~ (6, 0.2%)

1 にてご免, も相違, を, を所持, を称し, を見知らぬ

▼ 故じゃ~ (6, 0.2%)

2 ないかと 1 ないか, ないでしょうか, ないわ, ない鎌

▼ 故なら~ (6, 0.2%)

1 ば吾, めと, んが, んと, ん昨年刊行されたる, 仕方が

▼ 故にや~ (6, 0.2%)

1 あらんずらん, ありけむ, ありけん, これを, その伝記, 飯焚の

▼ 故ばかり~ (6, 0.2%)

4 では 1 でないどう, でなくよく

▼ 故ある~ (5, 0.2%)

1 が如き, にあらず, にかと申, 人と, 時木刀にて

▼ 故ここ~ (5, 0.2%)

1 では簡単, に居留地, に改めて, に残っ, も水渉

▼ 故だった~ (5, 0.2%)

2 のだろう 1 かも知れない, かも知れぬ, かも知れません

▼ 故なるべし~ (5, 0.2%)

2 二十歳以下の 1 とは負, と答, と言え

▼ 故のみ~ (5, 0.2%)

3 では 1 で吾, ならん

▼ 故をもって~ (5, 0.2%)

1 その以後, 下落するであろう, 埋蔵を, 説明し得ない, 非難し

▼ 故~ (5, 0.2%)

1 が尊, その酔, に話し, のほか, を馬鹿

▼ 故だけ~ (4, 0.1%)

4 では

▼ 故とか~ (4, 0.1%)

1 一説に, 知らぬ横, 稱する, 馬死ん

▼ 故にも~ (4, 0.1%)

1 あらず私, よるの, 依る, 馬鹿

▼ 故今日~ (4, 0.1%)

1 がきょう, では貴重, はキッ, は懇ろ

▼ 故~ (4, 0.1%)

1 がお, はますます, も仮令, も娘

▼ 故自分~ (4, 0.1%)

1 の暖, はかよう, はわれわれ, も腹

▼ 故そんな~ (3, 0.1%)

1 ものは, 秘めたるいい, 者を

▼ 故ぞと~ (3, 0.1%)

1 問へば, 深くは, 知りぬ

▼ 故だらう~ (3, 0.1%)

1 か全く, と言, 冷たい噴水

▼ 故でしょう~ (3, 0.1%)

21

▼ 故です~ (3, 0.1%)

1 から親, がだんだん, ねどうぞあしからず

▼ 故とは~ (3, 0.1%)

1 云え世俗, 申しながら, 言へ

▼ 故にのみ~ (3, 0.1%)

1 この全, 現實, 詩が

▼ 故を以てか~ (3, 0.1%)

2 浅草や 1 どうか

▼ 故~ (3, 0.1%)

1 とても代数, によつて, を五

▼ 故二人~ (3, 0.1%)

1 が表, で後, はいえ

▼ 故~ (3, 0.1%)

1 から主君昭公, は見せとう, 此を

▼ 故~ (3, 0.1%)

1 うぞ, かについて不足, も存じませぬ

▼ 故~ (3, 0.1%)

1 が広く, づく山頂, は小吉

▼ 故~ (3, 0.1%)

1 のやう, の事, の身の上

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 かめは, 前方の

▼ 故かく~ (2, 0.1%)

1 の如く, 産婦が

▼ 故かの~ (2, 0.1%)

1 ように, 怪しい噂

▼ 故から~ (2, 0.1%)

1 であろうか, 此石とは

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 のみ恐れ, は名づけし

▼ 故そのまま~ (2, 0.1%)

1 にしました, 植えた

▼ 故その間~ (2, 0.1%)

1 にお, に身請

▼ 故ただ~ (2, 0.1%)

1 漠然とどこ, 結果だけを

▼ 故ちょっと~ (2, 0.1%)

1 様子を, 触れば

▼ 故であろ~ (2, 0.1%)

1 ぅか, 食物を

▼ 故でございます~ (2, 0.1%)

1 か誠に, 只今では

▼ 故でなく~ (2, 0.1%)

1 大衆の, 彼に

▼ 故でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 故という~ (2, 0.1%)

1 ので, 様な

▼ 故との~ (2, 0.1%)

1 ことだ, 口実で

▼ 故とを以て~ (2, 0.1%)

2 其の外人

▼ 故どうぞ~ (2, 0.1%)

1 このまま, ゆつくりし

▼ 故なく~ (2, 0.1%)

1 前言往行を, 越度も

▼ 故なし~ (2, 0.1%)

1 とせん, と為ん

▼ 故によって~ (2, 0.1%)

1 事々に, 決して風守

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 帰る, 戻す

▼ 故またまた~ (2, 0.1%)

1 ひっくり返して, 八人が

▼ 故もう~ (2, 0.1%)

1 今回で, 保留に

▼ 故ゆっくり~ (2, 0.1%)

1 出だ, 走っては

▼ 故わたくし~ (2, 0.1%)

1 は何, は心配

▼ 故一徹~ (2, 0.1%)

2 に左様

▼ 故一方~ (2, 0.1%)

1 なほ實現を, の俗語

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 へ上, よりしたたか

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 もまた, 體の

▼ 故久し振り~ (2, 0.1%)

1 に古里, に故里

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 は人力車, は気短

▼ 故出来る~ (2, 0.1%)

1 だけ遣っ, だけ魔

▼ 故別に~ (2, 0.1%)

1 問ひ質し, 驚きも

▼ 故夏殷周~ (2, 0.1%)

2 の頃

▼ 故左様~ (2, 0.1%)

1 御承知, 心得られたい

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 の云う, はキリスト教

▼ 故支那~ (2, 0.1%)

2 で濃紫色

▼ 故旅人~ (2, 0.1%)

1 は白昼, は白晝

▼ 故早く~ (2, 0.1%)

1 帰って, 芽が

▼ 故此所~ (2, 0.1%)

1 には略する, に聊か

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 をつける, を落着け

▼ 故老人~ (2, 0.1%)

1 の説通り, は万全

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 の大, よりは竜夥

▼ 故親父~ (2, 0.1%)

1 にはみんな, には言われず困った

▼ 故起す~ (2, 0.1%)

1 のも, も気の毒

▼ 故金子~ (2, 0.1%)

1 は全く, を少々

▼ 故~ (2, 0.1%)

1 は居りません, をいれ

▼1* [488件]

あいと言ったら, 故あったことの, 故あとはふたり, 故あのいたいけな, 故ありてかかの, 故あるべしとも覚えね, 故あわてて, 故いいことに, 故いささか国土産な, 故いそいでモヤー, 故いちおう取押えて, 故いったんここでは, 故いつも午前の, 故いろいろ珍しき物, 故おのれが十八, 故お宮のあたり, 故お通し申すべし以来, 故かかる説を, 故かく少しずつ話, 故かたじけないとてそれから, 故かとにもかくにも, 故かとも思ひ候, 故かはつれなき令孃, 故からというばかり, 故からりとあと, 故京を, 故くれぐれ石神様を, 故けだしいかんと, 故けんどん西國順禮等と列し, 故こそあれ腕車が, 故この世の名残り, 故これからは鉄道, 故これ以外何にも言, 故こわいものは, 故こんな事なら, 故しないこととして, 故しらぬ靈魂の, 故すわこそとにわかに, 故そう見ること, 故そげな馬鹿, 故そこいら, 故そこで考えて, 故そちらへ出かけ, 故それから後に, 故それぞれ違った音, 故それだけ水面が, 故それで一番深く, 故それほど死にたいとは, 故それらは結局, 故たちまち雷震し, 故たらずとせむや, 故ちと遅く暮れ, 故つい怨む心, 故ついつい画家の, 故つづけ打ちに, 故薩に, 故であって利潤率, 故であったのであろう, 故であったろうか今, 故であり悪人の, 故でございます生きてい, 故でござる今若し, 故ででもあったろう, 故でないことも, 故で御座いましょう昨日からも, 故といふ字句の, 故といふべからむか, 故といふもの即ち律令典例, 故ときどき変調を, 故とこそ思ひけ, 故として雪枝の, 故とぞ申すもとより, 故とでおそらく誰, 故とでも思ったの, 故とのみ思い取りしかば, 故とばかりきめて, 故とまった方が, 故ともかくも一応, 故とをきけ, 故どうしたわけ, 故どうか一つあなたお, 故どれが一番, 故どんな家に, 故ないことも, 故なおなおおれが, 故なべては安息香, 故なりとぞ云々, 故なりと断ずるなり, 故なるべけれど男, 故なれば儂, 故にかへる, 故にさえ彼を, 故にぞ苦しむと, 故にだけその美徳, 故にて候べきなれ, 故にであらうか, 故にといふよりほか他, 故にとや決して冬, 故にの君である, 故にもの思ふ身, 故による彼等の, 故に対し日常茶飯事の, 故のちにゆずり, 故のみと記す, 故のみにあらず法制關係, 故のみにはあらず, 故のみをもって, 故はいはいと言っ, 故はと問わば, 故はよ売りきって, 故ひとつあの, 故こより, 故ほんの持合せで, 故ますます自見, 故ますらをの争, 故まず御無事, 故みな楽土より流れ出る, 故むやみにきり, 故もう少し喋舌って, 故もし明朝は, 故もしや規程で, 故やらむ, 故ゆるゆる身を, 故リシダス逝きぬ, 故ようよう力が, 故より隙ありし, 故よりもむしろ世間, 故よろしくたのむと, 故に言, 故らしい此節は, 故わざと過分に, 故わたしとし, 故われら小倉袴のぶん, 故をもってはいまだにわかにその, 故を以てしか称呼したる, 故を以てのみ名づけんや, 故エロースの性格, 故カワラケは乾く, 故サンタル人は睡, 故セバ始めて, 故トド浜とて除きあり, 故フロ場へ来, 故ボールドにМОЯナカニ居ル, 故メノイチオスの勇武, 故の疑ひ, 故一ばんに忠次郎, 故一二度俳諧の席, 故一切は顯, 故一切平等で生活, 故一同仰天せしも, 故一向気付かず世話, 故一定の度, 故一日に一里, 故一概に疑う事, 故一民族内の総べて, 故一献差上げたいと, 故一緒に何処, 故一言し置く, 故七月は出る, 故三社様の地内, 故下山に先だち, 故下拙もつい, 故世に珍宝饒し, 故世間からは当る, 故主人から借受け, 故久しくても敗れず, 故乞食して, 故二十三年の相違, 故二將さながら飢ゑはてし, 故五六匹主計頭に土産, 故交際上円満を欠く, 故京都に行こう, 故人倫的關係において, 故人心はた, 故今に貴いと, 故今夜そちの家, 故今日残存するもの, 故仏蘭西の写実派, 故他者はそれ, 故仮に自分が, 故の免状, 故伊達政宗からし, 故何となく子供の, 故何らかの形及び, 故何卒よろしくと言, 故何所か離れた, 故何時までも待つ, 故何等の爭ひも, 故何者もわが, 故余程和田君の, 故余自身にて談判, 故作家自体の足跡, 故便所で尻餅, 故保存せられないで, 故から去っ, 故個人的意見を陳べた, 故はここ, 故でも仏, 故八幡へ行っ, 故公用向きの礼儀, 故其処の畑, 故其後誰一人登った者, 故其處の畑, 故兼吉へ手紙, 故再版からす, 故別録の體裁, 故利平も菖蒲, 故利根川堤や山の手, 故刺したのは, 故に戯言, 故前者即ち實, 故前面の刑部姫, 故が這入っ, 故勿論たいしたもの, 故厚く礼を, 故又はそう完全, 故双方の間, 故取戻さんと存じました, 故古びて歪ん, 故古代においては今日, 故同じキリスト教ながら, 故名人らしい事, 故吟味所の中, 故否それどころかかかる態度, 故吹込以前に社員, 故呼び入れて兼吉, 故和名ウサギウマといい, 故咲枝でも面会, 故哲学者風の重厚沈毅, 故をブチ, 故宝の, 故善きにあらず, 故を治める, 故国民今に重, 故地球が冷却, 故多量に続け, 故の山道, 故夜みんながその, 故三十日の, 故大きに嬉しく竹, 故大久保勤次郎という先生, 故大勢の中, 故大黒が鼠, 故天命の儘, 故天津教流に假名, 故太く角を, 故で秀子, 故失礼致しまする, 故奈良朝の, 故の請求, 故如何なる学問を, 故として見る, 故は横浜, 故子供には余り, 故定跡化しない, 故実際に安い, 故客一同は虎, 故の境, 故のうち, 故の事, 故家人どもの寝しずまっ, 故容易く敵国にて, 故宿下りの折, 故寂しいといふ事, 故専ら夜旅させ, 故導きやうに, 故小生の希望通り, 故小説戯曲の作者, 故小身者は煮焚き, 故少々引用しよう, 故少し考えれば, 故少しく疑は, 故屋敷へ帰っ, 故山のぼりなどをし, 故差向で居た, 故帰らぬ由申越されぬ, 故帰りがけに入口, 故常に極めて劇しい, 故年々歳々新でしょう, 故幾ら考へても, 故幾ら腕を延ばし, 故も幾分, 故弟子になり, 故彼國に而, 故往々神秘的な, 故に煙, 故後世は専ら, 故從つて又他者性, 故御免を蒙っ, 故御手元へさし上げます, 故御無沙汰を致しました, 故御飯をば喰, 故必ず食を, 故必然虚弱になる, 故忠次郎とやった, 故忽ち部下の, 故忽水こぼる, 故思いがけなく免許を, 故度念を, 故恰も内部の, 故恰好の試驗材料, 故悔いの最も, 故の主, 故我等の方, 故者近く, 故も立て, 故手前に取られ, 故手當り次第, 故手間を略, 故打ちあけるが商人道, 故捨置かれんから, 故控えおれと申し聞けまし, 故摺上物に致そう, 故政江の云い, 故散財をかけ, 故敵国に逗留, 故文化が實, 故文化的時間性は自然的時間性, 故文化的歴史的時間においては過去, 故文字を書きたる, 故新しい青年は, 故新種を飼い, 故方々へ隠し, 故旄牛と等しく厚い, 故既に詩の, 故日限を約束, 故さが, 故春日山に囚, 故是しきの事, 故時々流れる水, 故書きあらわされていない, 故に八罐, 故月中に響, 故有っての事, 故有限的主體, 故ながく姉妹, 故本当にうれしい, 故本所はたいがい, 故本陣まで御足労, 故材料の取捨, 故東京のなごり, 故枕元を見たら, 故枕草紙を春宮, 故果然と名, 故の一部, 故格別に事, 故椅子に無事, 故極めて短かいもの, 故槌蛇と呼んだ, 故此名がある, 故此店の師匠, 故此方は修行者, 故此間は居籠り, 故歴史的傳統の示す, 故の覺悟, 故死者の妄執, 故残らず捨てて, 故殺さずそれより, 故殿様の有難い, 故母達互にそまつ, 故毎日毎日うちにはいなんだ, 故毛皮は鎧, 故流れ出でず, 故で冷せ, 故永遠においても將來, 故の端, 故決心して, 故油断して, 故泊ることが, 故活動に固有, 故流石に勘弁, 故深い意味が, 故深見新左衞門, 故清酒鹿脯を供え, 故済ましてやった, 故源次郎に殿様, 故火葬の事, 故灰衣托鉢僧団の祖師フランシス, 故災難を起し得ぬ, 故無言て聞き流した, 故が一時, 故猟師その跡, 故猿取りに無駄骨, 故玄関で一寸, 故はおいで, 故甚便利なり, 故と存在, 故生存に適する, 故生活の困難, 故生理的厭悪感でそうした, 故田原藤太といいし, 故だけは必ず, 故を受けた, 故病気の由, 故直ぐ立退きを, 故直ちに二騎の, 故の家老, 故瞿曇これを詛い, 故知らぬ激しい感傷, 故知らぬ顔でいた, 故石根は名, 故石油缶で炊く, 故確かにその, 故を言う, 故への純, 故稍詳に此, 故稽古場へ行っ, 故空間の場合, 故立ち入って云うなら, 故てふ, 故竜太夫のうち, 故童子の亡くなった, 故答えて曰くイエス, 故終に住所を, 故結局して, 故絶対に他, 故美味いものも, 故義父も母, 故聯關の緊密化, 故聴者に楽しみ, 故胸ぐらを取っ, 故が乗つ, 故つてゐれ, 故這うよう, 故ながら耳, 故自己認識がそれ, 故自然とこれら, 故至急出頭せいとの, 故芸術たりうる, 故侍を, 故若しも社会に, 故に再び, 故菅豚ともいう, 故蒲壽庚は大いに, 故藩地へ帰り, 故蘇魯支は初めて, 故血統を引いた, 故行くごとに, 故行って離しやる, 故行ったが二五八十, 故に固, 故襦袢一枚で乗っ, 故見方によれ, 故の敵, 故観音堂へ行っ, 故計算の仕様, 故試合をしよう, 故説明の便宜上, 故かそ, 故論筆として諸氏, 故と書いた, 故責任は結局神, 故貰った米と, 故質屋へ払う, 故起きるの辛く, 故起き出でてその, 故へは少し, 故と客, 故近きあたりの, 故遂に仕合ひいた, 故がとても, 故遠し笠岡て, 故釈尊が当り, 故重罪犯者同様その土地, 故野生となっ, 故が思いよらず取れる, 故長者大いに喜ん, 故長蔵も怪しみ, 故門弟になった, 故に上れ, 故障碍除障碍神ともに象, 故隼太めを目, 故露月の姿, 故空間性が, 故頼んで送っ, 故飯島様が相川, 故飯食ふと同じ, 故飲まず宿へ, 故飲食物に混ぜ, 故り眼ざま, 故香炉が神, 故の稽古, 故馬鈴薯料理の試食会勧誘, 故高輪の漁師町, 故が島, 故鳥渡下して, 故にてこれ, 故黍団子をやっ