青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「政府~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

攻撃~ 放し~ ~放っ 放っ~ ~放つ 放つ~ 放送~ 政~ 政党~ ~政府
政府~
~政治 政治~ 政策~ ~故 故~ 故に~ ~故郷 故郷~ ~救 救~

「政府~」 5803, 63ppm, 1824位

▼ 政府~ (1754, 30.2%)

17 ために 16 方で 13 保護を 10 下に 7 干渉を, 手で, 方針に 6 力で, 命を, 命令を, 役人の, 政に 5 中に, 処置を, 命令に, 弁護者と, 役人に, 意向を, 方針を, 法律に, 組織を, 遣り方

4 [15件] やること, 依頼を, 役人が, 役人と, 役人は, 御用を, 意に, 手に, 政策の, 政策を, 方から, 方でも, 方針が, 方針は, 権なり

3 [28件] お役人, ほかに, 上に, 事務を, 事業は, 仕事を, 代表者と, 保護の, 保護金, 信用も, 処置に, 力を, 官吏も, 御用で, 施策に, 権を, 権力の, 法を, 注意を, 無能を, 眼を, 答弁書が, 経費の, 規則により, 許可を, 誠意に, 迫害を, 都合で

2 [115件] いうこと, お役人たち, ためを, やりかた, やり方には, コンミュニケは, 一手に, 一方に, 下で, 下においては, 不正を, 不統一無能力, 中心たる, 事は, 事業に, 人に, 作りし法, 使用人と, 全機能, 内に, 内にも, 内意を, 処分に, 創業に, 力としては, 力のみに, 厄介に, 取りたる政略, 命ずる所, 命によって, 命令で, 基礎が, 基礎を, 声明に, 外に, 大困難, 大方針, 如きもの, 威信の, 威力を, 学校に, 完成を, 官吏が, 官吏であっ, 官吏と, 官吏として, 官吏に, 官途に, 実力を, 専横を, 建設より, 弱腰を, 当局者が, 形式をすらも, 役人も, 忌諱に, 恩賞を, 意志と, 意志を, 意気込みを, 感情を, 手を, 措置を, 提案は, 提案内閣の, 支配下に, 政を, 政権を, 政策と, 政策に, 敵で, 方へ, 方針でも, 方針としては, 施設を, 朝に, 権力いよいよ, 権力を, 樹立を, 法に, 法も, 為したこと, 為に, 為めに, 爲に, 現状を, 用に, 用を, 発表に, 目から, 立憲的動作を, 筋の, 答弁を, 答弁書の, 紙幣, 補助を, 補助金が, 要路に, 言ふ, 計画は, 財政の, 財政計, 責任を, 貴官, 趣意は, 迫害に, 迫害や, 都合を, 重要なる, 野郎この, 鋳造した, 間に, 領土な, 頤使を, 高官達が

1 [1223件 抜粋] あいだで, あと推し, いうまま, いわゆる健全, えらい人, おも, お役人様, お買上げ, きめたこと, きめた婦人週間, こういうやり口, この意志, これを, さしがねで, その態度, つくりました東京音楽学校, とつた, どのあたり, なさんと, なす儘, ほうで, もくろみどおり足を, ものが, やつて, やり繰りの, ように, スパイの, ゾンボンは, テロから, バッサリ方針, ブルジョア支配, 一大事に関する, 一大経済策も, 一小吏に, 一挙手一投足にのみ, 一機能と, 一法令により, 一部分と, 一面に, 上からの, 上級官吏たる, 下なら, 不信切は, 不得策, 不断の, 不正も, 世界の, 中心に, 中心何處に, 主人である, 主要義務の, 予算が, 予防命令の, 事です, 事務または, 事業たる, 事業にも, 二三大臣のみにて, 井上大蔵大輔山県兵部大輔の, 人々に, 人たちが, 人たちは, 人である, 人においても, 人は, 人も, 人民に対し, 仕事, 仕事だけ, 仕振を, 代弁者たちの, 代表などを, 代表チェン氏と, 任なれ, 任を, 企業よりも, 会計官吏が, 低利資金を, 体面を, 余光を, 使臣および, 例の, 保護か, 信任し, 信用は, 俸給などに, 倒るる, 側の, 働くところ, 優秀性とによって, 元勳, 光栄ある, 全盛時代で, 公家政治に, 公認する, 公道を, 内でも, 内務大臣として, 処分について, 処分も, 処置につき, 処置よろしから, 処置正に, 出来て, 分裂し, 初に, 刺衝と, 創造せし, 力と, 力によってかの, 力も, 労働者階級抑圧の, 動揺岩倉具視の, 勝手方を, 勢力が, 勢力は, 区域中に, 博物館まで, 厳しい大官たち, 参与兼外国事務取調掛りなる, 反動政策を, 反対に, 反対党か, 反對, 反省を, 取り締りによって, 受取る以上, 各種委員会への, 名を, 告示等貼っ, 周章は, 命に, 命令あり, 命令でも, 命令によって, 命数の, 商売なり, 商売柄にて, 商議議院の, 問題に, 嘱託を, 国か, 国体明徴声明によって, 圧制では, 圧政と, 圧迫にも, 圧迫を, 地方武士に対する, 基礎は, 堀盛と, 堕落と, 声が, 外交に, 外交方針に, 大いに嫌う, 大争い, 大官に, 大官は, 大官財界の, 大敵たる, 大本営発表を, 大胆を, 大臣らが, 大蔵省, 失政をも, 失策です, 女大使, 奴隷に, 好意で, 好意の, 委嘱によって, 威信に, 威光と, 威力に, 嫌疑を, 存在を, 学校の, 官に, 官吏だ, 官吏の, 官吏を, 官吏減俸案に, 官員と, 官商でも, 官札は, 官職は, 官職貴き, 実例を, 実直な, 宣伝御用新聞と, 寛裕は, 實現に, 対日方策の, 対韓策は, 専横と, 尺度で, 属僚に, 屬僚に, 己惚である, 帳簿に, 幣制の, 干渉の, 年金に, 店びらきと共に, 庭園です, 弱体から, 強力な, 強権に対して, 当局者などの, 当局者は, 当路の, 形式を, 役人か, 役人であった, 役人であろう, 役人とか, 役人どもは, 役人によって, 役人または, 役人達が, 役所の, 得失に, 御命令, 御威光, 御歴々, 御用だ, 御用まで, 御用召夫れ, 御用達は, 御用金, 徳を, 心易, 心配と, 忌憚に, 思想的一角が, 怠慢妙な, 性質に, 悪辣な, 意の, 意向は, 意嚮や, 意図は, 意志に, 意気込みが, 感情という, 態度が, 態度には, 態度も, 成立する, 成立を, 戦争継続に, 戸籍に, 所在地バレンシアに, 所置を, 手が, 手によって, 手は, 手前退去命令を, 手柄でなく, 打倒労働者, 投資と, 指令の, 指導という, 指導又は, 指示に, 挑発または, 採用を, 控訴状を, 提出案と, 提灯を, 損に, 撰びたる倫理論, 擬装, 支持によって, 支配下を, 改革とともに, 放送事業法案に対する, 政と, 政にのみ, 政府らしい, 政治と, 政治を, 政治的態度が, 政略によって, 政策によ, 政策遂行を, 救済とは, 教えは, 教化事業が, 敵と, 敷設した, 文部省に, 断乎たる, 新政第一歩も, 新設せん, 方からの, 方からも, 方にも, 方伯たる, 方針すでに, 方針として, 方針に従って, 施政が, 施策は, 施設は, 旅行免状を, 旗幟と, 明暗両, 時代じゃ, 暦によって, 暴動は, 書記官で, 最も鋭意, 最善の, 最高官, 最高機関から, 有罪の, 望み通り当選無効と, 本意に, 本質は, 枢密院に, 柱石とも, 植民政策を, 検閲に, 構成から, 標本に, 権に, 権力な, 権威が, 権威も, 権威を, 樹立にまで, 機務を, 機密機関に, 機構に, 機関で, 權力が, 次第に無能力, 歓心を, 歳入の, 殘酷な, 民業に, 気運を, 求める以上, 決意と, 没理解を, 法に従い, 法典にも, 法律の, 法正しけれ, 注意に, 浪費が, 海軍が, 涙雨が, 無政府主義者, 無為を, 熱心は, 物でない, 牽制を, 犬めが, 状態と, 狗ぢや, 独自な, 玩具たらずして, 理解を, 申し付けには, 留学生の, 當局などが, 當局者としては, 発布する, 発表でも, 發行した, 目を以て, 目指すところ奈辺, 目的という, 目的を, 相当熱心な, 真情を, 知事たる, 確立を, 社会に, 神下しという, 禁令によ, 私有に, 秕政を, 空手形の, 立法的変遷を, 筋で, 筋には, 答弁も, 答弁書を, 管理が, 精神とともに, 精神は, 約束を, 紙幣の, 組織, 組織それから, 組織も, 経済面には, 統制の, 統轄の, 総予算, 義務の, 考えでは, 職を, 職務に関する, 職業紹介所から, 能くするところ, 腐敗を, 致命傷に, 芸術家優遇も, 蔵相の, 處置の, 行う処, 行動と, 行爲, 衝突のみ, 袖に, 裁判沙汰に, 裏側に, 補助金は, 製造事業法の, 要人に, 要人らは, 要求に, 規則で, 解散理由は, 言に, 言論と, 言論文化に, 計上では, 計算に, 訓令を, 許可なくし, 認可を, 誤れる努力, 課した租税, 調査なり, 論の, 諱忌に, 諸君が, 諸省, 警戒が, 議固, 議會にたいする, 議院政略に対しては, 豪い役人, 財政は, 財政面は, 責任で, 責任に, 貯蔵に対して, 買上げ値段は, 賜物の, 趣意も, 身に, 軍事施設が, 軍隊の, 農業政策が, 迫害の, 連中が, 連中は, 道具仕掛けを, 遠慮深謀と, 遣口, 郵便補助金を, 酷虐なる, 金を, 針路は, 鉄道は, 鎮台に, 門へ, 開国論が, 開拓使時代に, 間断なき, 間者では, 関係団体などから, 閣僚たちであっ, 防御, 離間政策によって, 非情を, 面前で, 面目を, 革命以来全国人民の, 鞏保ならん, 順良なる, 顔色を, 顛覆に際して, 顧問と, 飛行免状を, 首きり政策が, 首脳部と, 首領社会革命党の, 高官だった, 高官の, 高官らは, 高官顕職が, 高等官の, 黙許を

▼ 政府~ (781, 13.5%)

9 それを 8 これを 5 人民の, 日本の 3 国民の, 日本政府と

2 [28件] これらの, さらにその, すぐに, よろしく該軍, 之を, 五月一日に, 人事変革の, 今日まで, 全力を, 外国人の, 多くの, 天皇の, 容易に, 左の, 従来の, 忽ち茲, 手を, 日本人民の, 日本政府の, 最初より, 民の, 自身の, 血を, 諸般の, 進んで, 雌の, 非常に, 頼むに

1 [692件 抜粋] あたかも人民, ありがたいと, ある意味, ある日, あわてて, いう, いかなる事件, いささか寝醒め, いささか当惑, いつしか躍起, いつひっくりかえる, いつも事実, いま日本政府に, いよ, いよいよこんど, うちけしに, おそらく利附大蔵省証券, きっと成功, けっして干渉, けっして日本人民, このこと, こののろく, このよう, このモラトリアム, この二つ, この兵備, この句読点一つ, この問題, この地方, この外國貿易, この弊, この強制収容所, この恐し, この政綱, この業, この機, この法, この混乱, この点, この留学生たち, この科学, この英国特権階級, この説, これが, これで, これに, これに対して, これ等の, こわくなっ, さしあたって, さまざまの, さらに厳命, しばしば改まりたれ, しばらくこの, すでに先まわり, すでに国民, そこで純然, そこまで, そのいずれ, そのままに, そのまま官僚的, その保護国, その内, その処分, その実際, その対策, その心, その最も, その本質, その法案, その窖, その立法権, その言, その財産, その集まった, それから, それに対して, そんなこと, そんな観念的, そんな野暮, ただちに増税案, ただちに罹災者, ただに, ただ力ある, ただ命ずる, たびたび贅沢禁止, ちっとも工場主, ついにキリシタン中, つい先頃, つぶれる日本国中人心動揺, どうし, どうして土地問題, どうする, どこにも, どれだけの, どんなこと, どんな手段, なお大きい, なかなか県公署, なぜこれ, なぜ同じ, なほ市井の, なんの, はじめから, はじめて一応強固, はっきり反, ひたすら戦争, ひたすら聯合, ひとり変革の, ひどく気, ほとんど全国, まず人, まず人民, まず鉱毒除害, また文芸委員, また神代, まだ学校, まだ軍需産業補償, まだ遂に出現, みずから, みずから人民に, むしろ弁解困難, もう少し関心, もし五分利公債, もちろん旧, もっぱらこの, やがて其の, よくその, よく知っ, よろしく陳謝, わが演劇, わざと交渉会談, われわれから, アフガニスタンの, イギリス公使の, イヨイヨ震駭した, インフレの, ウィリアム征服王以来その, ギリシア教という, ゴーリキイを, セイ氏が, ソヴェトへの, チベットに対して, チベットの, チベット国に対しては, チユウヤ並びに, ツァーの, ドイツ軍の, ボルドーへ, マダマダ跡の, マルクス一家を, ミカドの, モラトリアムまで, ラサ府には, ラジオを, ロシアばかりか, ロシア政府と, ロベスピエールよりも, 一も, 一九一七年から, 一九三五年七月著作権審査会官制の, 一国の, 一度も, 一方において, 一日の, 一般国民の, 一部京都一部大阪に, 七〇年二月樺太開拓使を, 七月一日同, 万能で無い, 三人の, 三百七十五万トン輸入しよう, 三菱会社を, 三%で, 不手際な, 世の, 世界の, 世界中に, 世界平和大会や, 中華民国へ, 主としてドイツ風, 二万三千三百八十一メートル現, 二三日する, 二千万を, 二百四十万弗を, 二言目には, 五億近くの, 人口五千万を, 人民に対し, 人民を, 今に, 今や実際に, 今回ローマの, 今尚, 仏教によって, 他へ, 他方に, 伏見の, 伯の, 何か, 何れも, 何等これ, 作家の, 使われた事, 依然たる, 価値の, 侵略主義の, 俄に, 信じて, 個々の, 値が, 僧俗官吏に, 先生の, 党を, 全く官僚統制, 全く無力, 全印度人, 公債を, 其の害毒, 其を, 其最も, 内外山積の, 出したと, 初めて見て取ったらしい, 初め二千万ドルの, 別として, 到底往, 到底親切, 前に, 劇場監督を, 力で, 力を, 努めて, 勝算を, 北方の, 北方シベリアに, 十分の待遇を, 十月三十日に, 十月十七日, 千八百円ベースを, 午前中に, 厳粛公正なる, 古風一天張りの, 可なり, 右翼取締りの, 右翼団体や, 各国連合軍を, 各部門等, 同一の, 同条約, 名主五人組親族の, 名代人なり, 否定が, 周章し, 唯英仏人, 商売を, 喜望峰に, 四月末の, 国の, 国内において, 国境を, 国教を, 国民も, 国防計画よりも, 國庫の, 地方官吏の, 増税案を, 外人の, 外国と, 外国型の, 大いに困る, 大予算, 大分に, 天皇を, 夫人を, 女を, 女子機械工補導所を, 如何とも, 婦人の, 存在を, 学校どころの, 学者とともに, 安全です, 完全に, 宗旨政党の, 官員の, 実践的には, 実際は, 密告の, 富農の, 専ら後者, 将来の, 小さい県, 山賊の, 己等を, 已むを, 市民が, 帝國憲法に, 年六分の配当を, 年貢, 幾分か, 当分地方債を, 当時日本へ, 彼の, 征伐の, 徒党を, 徳川氏を以て, 心配の, 必ず怒り, 快く濱島氏, 思想犯罪防止の, 怪文書取締りに, 恐ろしい群集, 恬として, 愚に, 愛国主義ファシズムを, 成立間際の, 我が国を, 戦争に対する, 戦争を, 手に, 打倒せね, 捕鯨船の, 提出し, 改正委員に, 攻撃された, 政府たるの, 政府として, 政府の, 政府は, 政治上で, 敗戦を, 教育勅語によって, 文化政策という, 文化財である, 文科系統の, 断じてこれ, 新しい民主憲法, 新聞の, 旅券を, 既に利根, 既に多量, 既に李如松, 日本じゅうに, 日本における, 日本には, 日本に対して, 日本人を, 日本国民に, 日清日露第, 旧幕府, 早くも, 早速之, 明治の, 明治二十三年国会開設と, 明治五年十月二日太政官布告第, 昨年, 昨日ホノルヽなる, 是を, 時期至った, 暴力を以て, 更に強硬, 替ても, 最もチベット人, 最近この, 最高の, 朝敵の, 本人に, 本質的な, 東北局という, 東北振興調査会なる, 松方内閣で, 果して論者, 校門から, 極く, 概して蕃客, 権力に, 樺太の, 機関説否定の, 正々堂々たる抗議, 此忠良なる, 此日より, 此良田を, 武力を, 歳入の, 歴史上最も, 死刑囚の, 民を, 民族の, 民衆に, 民間に対して, 民間政論の, 永続する, 江戸に, 江戸川の, 沢山金を, 治むべし, 治安警察法第, 法律によって, 法律の, 活気は, 浮島の, 淮河の, 満洲, 準備し, 潰すが, 瀟洒な, 無言で, 特にチベット, 特に駆逐艦, 狡猾で, 独英仏伊その他十ヶ国から, 猶の, 王朝復興の, 現下の, 現在安保条約を, 瓦解する, 生糸貿易に, 用紙割当事務庁案を, 田畑山林の, 男女いづれ, 百姓や, 皆さんの, 盛んに, 目下試み, 碩学鴻儒を, 社会政策上の, 社会民主党だ, 禁止した, 私たちの, 科学者を, 移住に対する, 積年閉鎖の, 積極的に, 米の, 米公使デ, 純友一類, 絶対に, 美術院賞を, 背信の, 脱退した, 腐敗極まっ, 自分に, 自分達の, 自己に, 英人らと, 英国に, 英国を, 衆智者の, 衆議院へ, 表面上は, 表面上自, 裏から, 補助金を, 覆が, 解散の, 話が, 課税以上には, 諸外国, 謝罪せよ, 議会で, 議会の, 議員の, 財産に対し, 財界, 軽卒にも, 輿論の, 農業上の, 農民党たる, 近々小包郵便, 近ごろ露国が, 通貨制度を, 連合国勢力に, 遂に宣戦布告, 遂に金, 運用の, 都合八組の, 重いか, 重要産業の, 金が, 金まわりの, 金融機関の, 鉄道を, 鉱山の, 鉱毒事件調査委員会調査に, 開国に, 陜西省の, 陰然, 陸海軍を, 随分苦心, 雲上に, 非常なる, 非常の, 韓国皇室の, 頼みに, 食料として, 養成し, 馬鹿な, 驚いて, 高等教育の

▼ 政府~ (536, 9.2%)

5 これを 4 発表した 3 それを

2 [29件] あると, このせち辛い, この種, これに, その国, どんなに恐れ, チベットに対し, レザノフの, 一般の, 人民の, 今日までの, 何か, 例の, 保護しなけれ, 内に, 出來, 引越して, 成立した, 新たに, 施政の, 日本を, 東北の, 樹立され, 示して, 移住者に, 考えて, 補助を, 費用を, 金を

1 [466件] あった, あったればこその, あって, あらわれ廃藩, あるところ, あるならば, ある一定, ある以上, あれや, いうところ, いく度か, いったとき, いる, うまい方略, かかる不公平, かかる資力, かなり無遠慮, かわったり, きめる土地調整法案, くれたん, こういう神下し, こしらえるもの, この上賞金, この事実, この人, この伝馬制度, これが, これに対して, これは, これまで, これまでの, これらの, こんな悲劇, さう決めたの, しこたま儲けつづけた, しばしば声明, しようと, すでにおれ, すべて負担し, するそれ, そういう権力, そうさせる, そこへ, そこを, その保管, その創設, その増加, その幕下, その当然, その損害, その方針, その樹立, その独特, その租税, その處置, その遺産, その領分, その願望通り, ただちに全日本国軍隊, ただちに学校, ついにブルジョア, できつづけて, できて, でき一応, とくに多額, とって, とつた, どうあろう, どういう政綱, どういふ, どうして結婚資金, どうのこうの早い, どのよう, どれだけの, どれほど冷淡, どれ丈雑誌に, どんなに党員たち, どんな意向, なくては, なぜある, はじまったよう, はつきり声明し, ひとりで, ひょうしょうしなければ, ぼくの, まるまる費用, みずからを, みずから醸しだした, めぐらす帝国主義戦争, もしも僕, もたらされなければ, やつても, やらうとしても, やること, よいとか, われわれを, インドの, キリスト教を, サイパンの, ストを, タンポも, チベット内地に, チベット国の, チベット政府と, チロオヌの, パナマ共和国に, ベルリンの, ボルドオから, ポツダム宣言を, ラジオを, 一〇〇クヲタアを, 一〇〇磅を, 一九三七年すなわち, 一切の, 一国の, 一手に, 一方で, 一時しのぎに, 一緒に, 一般種痘の, 一貫し, 万国交際の, 下獄され, 不經濟, 世俗の, 世界に, 世界を, 世間の, 之を, 予の, 事実を, 二三強藩の, 二十万元を, 二十哩や, 五名の, 五年に, 五百人議会に, 五%を, 亜米利加の, 交代した, 人の, 人を, 人心と, 人権を, 人民一般に, 人民生活を, 今に, 今夏幸徳等の, 今度の, 仏国に, 仲よく笑い合っ, 任命し, 何とかし, 何処に, 余りに無力, 保証しよう, 保護し, 保護を, 保護区を, 信じ込んで, 儲けること, 儲けると, 全力を, 全的承認を, 八方四方尊敬ばかり, 公定しよう, 公的に, 公認教に, 共産党鎮圧の, 其購入に, 其隸屬する, 再び形, 冷淡だ, 処置を, 出し, 出兵論者の, 出来て, 出現し, 初めてぶつかった, 利用した, 制度を, 努力する, 動けば, 勝利に対する, 勝利を, 勲章を, 十一月には, 半ば強制的に, 半分取れ, 印度民衆を, 危険に, 参覲交代の, 取りあげなかった, 合意の, 吉祥天女画像を, 向英一辺倒, 君らを, 吾, 呉れるの, 嘘を, 四百年の, 国体明徴の, 国家的事業の, 国庫の, 国民に対して, 国民の, 国民を, 国民生活の, 国運を, 國庫の, 圧制し, 地主, 地方の, 地方人民を, 地金の, 壊滅し, 士族の, 売淫周旋業者が, 変つたのについて, 外国を, 外国産の, 外國へ, 多年の, 多數, 大いに慌て, 大いに面, 大きく分裂, 大久保利通時代の, 太陽暦を, 奨励する, 奨励を, 奮発し, 子供読物の, 学生の, 学術の, 官選文芸委員の, 定めて, 実行し, 実際に, 客土や, 宣伝し, 宣伝する, 家族制度を, 實力者に, 寸毫も, 対内的に, 少しく恩, 居すわりつづける事, 屈服する, 屡々新貸, 左翼だ, 左翼である, 差配人を, 巴里の, 帝国ホテルに, 干渉し, 干渉せず, 平民の, 幾月も, 廃骨を, 建てたもの, 建てるべきもの, 弱体を, 強権によって, 弾薬の, 当然に, 彼の, 彼を, 従来こうした, 徳川時代からの, 心を, 心胸を, 心配し, 必ずしも仏教, 念入りに, 思ひ切つた苛斂誅求, 急に, 怯懦を, 悦ぶのみ, 悪い, 悪感情, 悪魔の, 惡るい, 惨虐, 意識的に, 憲法の, 憲法を, 成立する, 或種, 戦争する, 戦争を, 戦争目的の, 戦争責任追求に対して, 手を, 打ち殺すと, 承諾しなけれ, 抑圧する, 持ち込んだ強談判, 採用した, 提携し, 撒いて, 支持し, 支那の, 支那人を, 支那銀行団に, 攻めて, 政友会を, 政治を, 政策を, 救済する, 教育上に, 文芸保護の, 新聞に, 新鋭の, 方便の, 方便的に, 既に商売, 日一日より, 日本に対して, 日本の, 日本政府に対して, 日本船の, 明第, 映画とか, 普通郵便物の, 最も, 未だに存在, 本当に自発的, 条約の, 東京大阪の, 東北振興に, 東征軍進発の, 根本的敗北を, 様々の, 樹立される, 樹立せられ得る, 機関説排撃の, 欲すると, 正成を, 此銅山に, 段々文明開化, 殺したもの, 民主的な, 民間の, 決めた生きて, 決行する, 治水会と, 法典の, 法律を以て, 法律責に, 法文を, 泣きを, 海沿いの, 減免租の, 満州へ, 満鉄, 漸く山, 潰さぬよう, 濫造した, 無条件降伏し, 無理を, 無能である, 無鉄砲な, 特に土木局, 狙って, 王冠章の, 現今の, 現行条約の, 産業奨励の, 申し込んだ降伏条件, 男子三十歳, 異る, 発布する, 発案する, 発表する, 發行を, 百年の, 皇帝の, 盗みさえ, 直ちにそれ, 直ちに要求, 直接に, 直接航海に, 知らぬふり, 確立し, 神経質で, 秘密に, 移るべき近代建築, 移住を, 突然全国的, 立ちすべて, 立つ, 管理し, 純粋な, 累進税で, 維新以來準備し, 維新以来準備し, 維新史を, 総選挙, 臨時法制審議会を, 自ら牛乳搾取業を, 自分自身の, 自然科学の, 自身に, 若しか, 苦心惨憺した, 英本土を, 葉志超を, 著しく軍国主義的, 蜻蛉返りを, 行つた, 街の, 表明した, 裁判を, 裁判判決前已に, 見て, 許さない, 許しとくもの, 許すよう, 許可し, 誉めると, 認めて, 認定し, 誠意ある, 誠意を, 調査した, 議員買収の, 負うであろう, 財政困難の, 財産の, 財閥的私的権力でない, 貨幣発行の, 責任補償する, 貴いと, 買い上げたこと, 買た, 買つたなら, 買上げた, 買收し, 資本主義経済の, 賠償金の, 赤字やりくりの, 足利氏が, 躊躇せず, 追認し, 追認する, 造船所の, 運送の, 郵便補助金を, 酒屋なら, 酪農の, 鋳造せる, 鎖国攘夷の, 鑛毒に, 長く人民, 防止すべきである, 降服し, 随時に, 電通を, 非常な, 音楽家が, 頻に, 駄目なら, 高い関税, 高率に, 鴉片を

▼ 政府~ (453, 7.8%)

9 於て 7 反対する 5 して, 向って, 對し 4 向かって 3 反対し, 於ては, 請願する

2 [33件] あらざれば, しても, なってから, にらまれるの, むかって, 不平を, 不満を, 云わせると, 交渉し, 仕えて, 代ゆる, 依りて, 依頼し, 信頼せし, 出入し, 反對, 反抗する, 向けるだけの, 告げて, 報告し, 大更迭, 密告する, 抗せん, 敵対する, 於ても, 有したるは, 話を, 請願し, 限りたる, 雇われたからと, 雇われて, 露清特約を, 願うて

1 [343件] あったリー・シー・ツワン, ありと, あるいは無, ある他, ある英人, いかなる融通, いたるまでの, おとらず非, おぬ, お預けに, かえしました, かせ, くれて, この二分子, この碑, さっそく引き渡されるだろう, してからが, その使用, その影響, その確認, たいへん憎まれ, ちかい權能, ちかづいて, つかへて, てむかいとらえられたこと, できたかという, ねじこむに, まかせなさい時代, また私, もしくは政府, ゆき談判, よく似た, よりて, よれば, わからなければ, ボロジン, 一〇〇磅を, 一定の, 一文を, 一種の, 七%で, 上申し, 不安を, 不忠実, 世話し, 久しくつきまとっ, 事えて, 事実の, 云掛け, 人心の, 仕官せぬ, 代って, 代りて, 代わりて, 任せたる者, 会して, 伝統約, 伝達し, 伺わなければ, 何か, 何千万円の, 何等の, 余力が, 依らねば, 依りすがる気, 便利な, 信用の, 信頼させる, 充満し, 入らなければ, 入る人, 具申した, 冥加金の, 出して, 出すこと, 出ずれば, 出たの, 出て, 出ないの, 出仕し, 出兵の, 出身し, 出身しなかった, 出身すれ, 出身海陸の, 力を, 加担してる, 助力すべき, 労農政府が, 勤めるよう, 勧告した, 勸告せん, 協力する, 占めよう, 参与した, 友少なく, 反かむ, 反してまでも, 反対したる, 反抗した, 反抗したる, 収めなおまた, 収攬せよ, 取って, 取次を, 召し出されて, 吉凶が, 同感し, 向いて, 向い議する所, 向かいて, 向かっては, 向つて三, 向つて共同便所増設, 向て, 告げざる者, 告げその, 告げなければ, 告げると, 告げる気, 告げ口する, 告げ口を, 嘆願し, 国会開設の, 在て, 在る所, 報告する, 報告に, 大改革あり, 奉仕する, 好意を, 如何なるエライ人物, 委せて, 嫁し, 学校鉄道あり, 容れられて, 寄付しました, 寄贈する, 實行せしめる, 対って, 封土を, 居つたの, 属すべからずと, 属すべきは, 属する諸, 左袒し, 左院と, 差し出した, 差出し政府, 差押へ, 希望する, 帰し工商, 帰する, 常備の, 平和的条約を, 平気で, 建白し, 建白する, 建議した, 引きつがれたいま, 引き渡して, 引き渡すと, 引張つて來, 強制する, 強大の, 当ろうと, 従うか, 従順だ, 忠告する, 忠告を, 忠告致した, 忠実である, 意を, 愛国運動たるの, 憎惡, 扈従する, 払って, 承認された, 抗し, 抗し自ら躬, 抵抗する, 持ち出したり, 掌握せられ, 掛合うと, 採用し, 接すれば, 接せずし, 提供し, 提出される, 提出し, 援助を, 擬した積り, 支払うもの, 支配され, 支障を, 收める, 敵し其これ, 敵するとき, 敵すれば, 新しい喧嘩, 於ける位爵, 書を, 最後の, 服するは, 服従せざる, 望む政府, 期待する, 未払月給, 楯を, 正直に, 武器を, 比較し, 気づかれるでしょうな, 気に入らないからと, 没収され, 河渫を, 波及せし, 渡して, 満足を, 無断で, 照会した, 照會の, 狂人保持の, 献上し, 理解させた, 用立金を, 申して, 申告する, 異心, 発した請訓, 盲従する, 盲従せしめ, 盲従せん, 盲從する, 盲從せしめ, 盲從せん, 直接し, 直接結びつけられ, 眼を, 督促し, 知れた時分, 私が, 私せず, 私は, 租税として, 移ったの, 税を, 税金を, 窒息させられた, 窘められた経験, 納まるん, 納めること, 納めるです, 納め其代り生活, 繋駕され, 罰せらるる, 職を, 肉薄する, 肉迫し, 自ら侮り, 自分の, 自己を, 至って, 與へて, 苦しめられたこと, 要求し, 要求する, 要請し, 見つかれば, 覘われ胃腸病で, 言す, 言って, 許されて, 訴うべき, 訴うべきなり, 訴うる, 訴えても, 訴えるより, 訴える心算, 訴え出, 訴え政府, 詰問しました, 説き勧めて, 請いオランダ人, 請求した, 請求しよう, 請願すべき, 謀叛人と, 警告す, 買いあげられて, 買ひ上げ, 買上げて, 買上られた, 買収された, 買收された, 身売の, 軍の, 近づいて, 近づかずに, 近づきその, 近づきたるは, 近づきて, 返上し, 迫って, 迫りその, 迫りて, 迫り来れり而, 迫ること, 迫るべきだと, 迫るもの, 迫れば, 送ったという, 送ったところ, 送って, 送ります, 這入りさえ, 通じここ, 通じ得ること, 通告し, 通告する, 遠慮なんか, 間接賠償, 関わること, 関係し, 関係した, 阿附するよう, 限らざることあきらか, 限らず地方, 限りて, 限り候事取, 隷属服従し, 雇われたさくらども, 雇われ前, 電報を, 非常に, 面当を, 預けた金, 預けて, 預け年々, 頼むだか, 頼むの, 頼め, 馴致し

▼ 政府~ (274, 4.7%)

17 して 5 攻撃する 3 倒して, 助けて, 攻撃した, 組織する, 護り立てようと

2 [23件] もって, 世界と, 代表する, 信ぜず人民, 信頼せよ, 動かして, 動かし復, 建設す, 引渡したる伊藤侯, 手古摺らせ然, 批判し, 支持し, 樹立し, 激励し, 確立する, 立つるは, 苦むるが如き, 苦むるの外何の, 頼まぬ決心, 顛覆し, 顛覆する, 顛覆せ, 馬鹿に

1 [191件] あの儘, いろんな形, うつすよう, くつがえすこと, くつがえすという, くつがえそうと, こしらえて, ささえようと, そしる者, たすけ諸, つくらせその, つくりたり, つくりたるも, つくり上げて, のろい人, はじめ各, はじめ御用史家は, はじめ心ある, はじめ諸方にて, はばかって, よろこばないこれら, わが手, われらの, ウマクつ, サポートする, 一新一洗せね, 不思議な, 乗っ取ろうと, 乗取らむとするも, 乘取らむとするも豈, 介して, 代表し, 仮りに, 作りたるが, 侮辱した, 侮辱する, 促が, 促して, 保存せん, 信じたの, 信じて, 信じろと, 信用し, 信頼されたい, 信頼し, 倒し諸, 倒し遂に, 倒すそう, 倒すに, 倒せば, 倒そうとばかり, 倒滅せしめ, 出資者に, 分離し, 創立する, 助けるの, 助けるん, 劫さむとす, 励まして, 動かした結果, 動かすこと, 厭ひ, 去るもの, 取締る, 向うに, 呑めり, 呪って, 唱えるの, 困らして, 圧倒する, 変えて, 外護する, 失つてゐる, 始めと, 始め世間一般の, 威嚇し, 威嚇する, 嫌うが, 嫌うよう, 嫌悪する, 寸断すべき, 尊崇する, 尊重する, 差し置きみずから天, 廃し, 建てたが, 建て今日, 弁護する, 強固ならしむる, 形り, 思いその, 怨むと, 怨むよう, 怪しまざるなり, 恐れて, 恐れ今, 慕って, 憎みは, 憎み呪, 戴いて, 打ち倒しに, 打倒し, 打擲し, 承認すべし, 承認するなら, 投げ倒しプロレタリア階級, 抱きこみ日本, 押え付けて, 拝む, 指導し, 挽回せ, 掌握し, 提げて, 撃との, 攘夷政府と, 支えて, 支持する, 支援し, 改めて新, 改良する, 改革し, 攻撃し, 攻撃しよう, 攻撃す, 日本国民一種族の, 枢軸と, 根底から, 根絶やしに, 構成する, 横暴だ倒せ, 欺いて, 欺瞞し, 毒づくこと, 法律の, 泣かせること, 率ゐ, 痛快に, 相手に, 穏に, 突撃する, 立つること, 立てたるその, 立てて, 立てようと, 立て一国中, 立て善人保護, 第二, 糾弾すべし, 組織し, 組織したら, 組織したる, 統制し, 維持し, 維持する, 維持せん, 脅して, 覆えそう, 見たこと, 見ると, 見るに, 見れば, 視ること鬼, 解きたるは, 解き以, 解き由, 解散し, 設る, 設計する, 認めたると, 護り立て後進, 貫くシステム, 責めます, 買うだけの, 賛助したる, 賤み, 転覆せずし, 軽ん, 輕んじ, 辯護する, 退いて, 退き改進党, 通じまして, 造て, 雇い政, 離るる, 離れなば, 非と, 頂いても, 頼んで, 養って, 驚駭せしめたる

▼ 政府~ (172, 3.0%)

8 人民との 3 いう, 云ふも, 人民とは, 可申候, 合戦を, 条約を, 民党との, 議会との

2 [12件] 云ふ, 人民と, 伊藤侯との, 妥協せり, 妥協を, 学者と, 戦って, 政府との, 文部省とは, 絶縁せられたる, 衝突し, 議會との

1 [116件] ある約束, いうよりも, いたしましても, いって, こういう訳, しめし, そして政府, その国民, その政党, それを, なしまたは, なった後, なって, また国内, まだ忠誠, イギリス東印度會社の, エセックス邸との, ジャーナリズムとは, ソヴェト同盟との, ソヴェト大衆との, チベットとの, ブルジョア新聞は, プロシヤ政府連合の, 一体どっち, 一検察吏の, 両立し, 並び立ちて, 事端を, 云う説, 交渉する, 交渉の, 交際を, 人民とが, 人民とを, 公安委員会が, 前世界, 反乱とは, 反対党が, 各職域, 同意見, 喧嘩を, 国家とは, 国民といふ, 国民とに, 學術研究の, 安南皇帝個人, 密接な繋り, 対立し, 役人と, 彼を, 御用商人との, 思た, 思込んで, 悲痛な, 意見を, 憲政党の, 憲法とが, 戦ったところ, 戦つて来た, 戦つて来られた, 戦ひ称して, 戰ひ, 接触する, 提携する, 提携を, 政商との, 新しい法律, 新聞の, 日本政府の, 星一派の, 最も不屈, 最も近い, 栄養専門家に, 栄養専門家医者たちの, 歴史家とは, 殆ん, 江戸の, 特別の, 現を, 琉球政府と, 産業会社の, 相仇視, 相助け, 相対し, 相談づくで, 秘密条約を, 約束し, 経済学者とは, 結束し, 縁故あらざる, 耐久力の, 肩を, 自治体と, 至密の, 致しましては, 被害民との, 見ては, 見做, 親しくし, 言い会社, 言う云々, 諜し合わせ, 諸個人, 識認したる, 議会と, 議会の, 議院と, 軍国主義とを, 軍部との, 軍隊と, 軍隊の, 都会の, 雖も, 露米會社の, 露西亜の, 高野山との

▼ 政府から~ (128, 2.2%)

2 して, たのまれて, 出して, 賄賂を, 購い入れたという

1 [118件] ある国事犯捜査, あんなにくりかえし示された, いろいろ圧迫, お触, きた使い, くれる金, じきに, その人, それを, そんなに保護, にらまれても, ひどく睨まれ, もらう恩給, わり当てられて, チベット政府へ, チャンと, ドイツの, ネパールへ, ノベル平和賞といふ, パリの, 一つの, 一人について, 亜米利加に, 交付金ひったくる, 仏蘭西政府へ, 任命されたる, 任命した, 何とか言う, 何の, 供給を, 俸給を, 借りてる地面, 僕に, 免状を, 兵を, 其の學問, 内務省の, 出てるん, 出る公文書, 出品者に対して, 勲章が, 十万磅の, 原案を, 去った, 又御用召, 取られたん, 受けて, 合理的に, 君が, 命令が, 命令される, 命令を, 四百円の, 国の, 地方政府に対して, 地租を, 多くの, 大変な, 実際に, 将軍政府に, 島原藩に, 年俸あるいは, 幾分の, 強いられましたこと, 強て, 強要される, 抗議が, 招かれて, 招待され, 指定された, 援助または, 支給さるる, 支那政府へ, 支配命令書が, 救助金を, 旅券を, 春に, 棺を, 母親が, 民族の, 派遣され, 派遣された, 然るべき官吏, 独立した, 独立しなけれ, 画家として, 発行の, 直接に, 筑前閥が, 約二割, 納めるの, 給料を, 英ソ秘密会談について, 補助が, 補助を, 褒状に, 見れば, 親王謀叛の, 許された官學, 許されて, 誰が, 請取た, 貰うて, 貰えるです, 貰えるよう, 貰って, 資力や, 返されコモ湖畔, 追いだしドイツ, 送って, 道造りが, 選ばれて, 重宝がられ, 金を, 雇はれ, 雇われて, 頼まれて, 食料を

▼ 政府~ (113, 1.9%)

2 し人民, 亦公等, 亦衆議院, 其の系統, 国民も, 英国へ, 議会も

1 [99件] ありそこ, いいかげんな, いままでの, いろいろ意, うるさくなく, おなじく人民, おのおのその, かうして, このこと, この点, これに, これに従う, しわが, し国法, し英国, その勧告, その権義, その評価, その賊, それほど狼狽, ない, はじめは, ふりあげたわが, まさか日本, またこれ, またそれ, またただ人事, またよく, またチベット国民, また一個, もっと手厳しく, やりきれたもん, われわれの, エンジンを, 一応は, 一揆も, 一時ロンドンに, 一朝に, 世話を, 之を, 云いませんでした, 亦かかる, 亦多く, 亦日本, 人事の, 人民も, 代り数十年, 何等の, 余程困た, 共に消費者, 其の計, 労働者も, 印度人の, 同様である, 名は, 地方官廳も, 地頭と, 外国移民を, 大きな仕事, 大層教育に, 始めて真面目, 威権もっとも, 婦人に, 学校へ, 学校も, 守らせる気, 実行せざる, 家族制度を, 實行し, 少し躊躇, 強制し, 彼が, 微妙な, 忠義の, 悪い点, 憐れだ, 成るべく知らぬ顏, 或は自分, 日本の, 明治十四, 是に, 時に強硬手段, 権力を, 武家も, 気づきは, 決して閑却, 狼狽くさっ, 相当な, 相当力瘤, 箇人も, 自由を, 虚心に, 認めて, 議會も, 譲ったらしく, 軍人も, 開拓使さえも, 非常に, 黙って

▼ 政府主義~ (113, 1.9%)

3 の革命 2 か, だと, と共産主義, に陥る, のこと, を実行

1 [98件] がこの, が何, が妨げられる, が恐い, が暗殺, が社会主義, しかない, だから, だの, だろうと, である, でもいい, でもなん, で緩和, とあつ, というもの, といっ, といふの, といふ名, といふ思想, といふ言葉, とそれ, とは唄, とサンジカリズム, と呼ばれる, と暗殺, と暗殺主義, と歐羅巴, と片山君ら, と社会主義, と称する, と言, なぞと共通, などがある, などとは正反対, ならずとも, なりし, なる語用, なんぞに縁, についてのわたし, になった, によって国家, に傾かした, に堕する, に對, に帰着, に於, に至っ, のよう, の二語, の何者, の倫理, の傳道, の内容, の名, の哲学, の土台, の地理的分布, の學説, の張本, の志士, の思想, の文学, の新聞, の方, の標語, の父, の理論, の發達, の相違, の組織, の考え方, の背後, の著述, の鼓吹, は人間, は危險, は焼け, までが天, もそう, もどうか, もよい, も専制主義, も虚無主義, やキリスト教社会主義以上, をロシア, を一擧, を信奉, を包容, を唱, を基礎, を奉ずる, を宣言, を批判, を殺し得た, を社会主義, を終局目的, を跡継ぎ

▼ 政府主義者~ (113, 1.9%)

5 ではない 3 だと, の中 2 だ, であった, と共産主義者, なり, になっ, を殺し

1 [90件] かと御, がうんと, がそこ, がその, が一般, が人間, が企てた, が壓政, が実際, が少し, が年来主張, が考える, が鉱山, だの無神論者, であって, でありました, であるか, であるくせ, ですか, でない, でもと, でも社会主義者, で後, で有る, で非, で革命家, としての僕, としての自覚, としてアメリカ, として帰つて, として目ざましい, との交渉, とはたして, とは畢竟, とは限りません, と一般教育家, と云われ, と会いたい, と分っ, と言はる, と言われ, にせられた, になつ, になりました, になる, には個人的, に加, に子供, に至つて, に關, に非常, のみでなく, のやう, の一團, の全滅, の多く, の女, の專有, の所説, の排斥, の暗殺, の泰斗, の種子, の空想, の言論, の誰, の跋扈, の闘士, の集会, の革命, は一般, は事實上, は今, は暗殺者, は武力, は死んだ, は決して, もこの, もすべてそれら, も幸徳, も日本, や, やそういう, やサンジカリスト, や社会主義者, を一纏め, を地震, を殺し得ずし, を生むべき, を自任

▼ 政府~ (58, 1.0%)

2 対して, 納められて, 貢物を

1 [52件] この国, 上奏文を, 上納すれ, 与えたるもの, 仕官などは, 伺ったところ, 供出し, 供出しなけれ, 供出する, 取って, 取押, 向けられて, 向って, 告口を, 呼び出だし, 問い糾したい, 報告した, 報告する, 大小さまざまの, 尋問の, 届け出るでしょう, 建議する, 引き渡されるよう, 従軍したい, 御指図下, 掛合い事が, 改めてコン吉, 日本来寇の, 渡すの, 申し立てしか, 申し込んで, 申し進, 申込みに, 直接に, 知らして, 私を, 租税を, 納むべ, 納めて, 納めに, 納めるつもり, 納めるの, 納め物に, 肉薄し, 訴うべき, 訴えざるや, 訴え出ずる, 話を, 迎えますが, 迫つた, 頼もうかと, 願書を

▼ 政府当局~ (46, 0.8%)

2 からは常に, に希望

1 [42件] がこの, がこれ位, がその, が地方官公吏, が直接関心, が該問題, であると, と協力, と相手国, によって不法, によつて, に一定, に宣伝報道, に対して国民, に対する罵詈悪口, に特殊, に連絡, のする, の保護, の意向, の意嚮, の招き, の政治的処置, の注意, の誠意, の重大, の間, は, はあの, は又, は国民, は国運, または南鮮政府, もいろいろ, もともに, も亦, も口, や国民, をし, を鞭, ノ怠慢曠職ニシテ, 及び国民一般

▼ 政府~ (42, 0.7%)

3 の警官たち, を作り 2 の破壊的行動, を有

1 [32件] から資金, が, が共同, が出, が選挙, たらしめむとするの, たる観念, だの, であって, であつ, でもなく, と云, と政府反対党, と為り, と絶縁, と認むる, なきのみ, には非, に傾く, に援助, に非ずし, のうち, のやる, の無謀, の警官, の連中, は打ち, らしきもの, を作りたる, を待つ, を有する, 忽ち出現

▼ 政府では~ (36, 0.6%)

1 [36件] あなたを, この事件, この言葉, これを, こんなこと, そのため, その所有, その研究, その禍根, それを, ない, ないかと, なかった, なくて, なく家, また大いに, シナの, 一万円位の, 之を, 何だかだ, 僕の, 十日の, 國粹を, 外国交際の, 外国産の, 大喜び, 大臣の, 恩賞令の, 政治, 普通の, 最近突如, 発行早々とかく, 私が, 租税半減を, 詳しくその, 軍隊や

▼ 政府~ (35, 0.6%)

2 富豪の

1 [33件] ノルマさえ, ユダヤ人を, 人民の, 他の, 伊藤の, 会社へ, 保守政党の, 個人会社等から, 古河の, 国会だけの, 国家は, 国連が, 学者が, 官僚が, 官僚や, 官庁に, 官憲や, 役人が, 役人の, 憲兵隊の, 政党は, 教育家によって, 文部委員会が, 新聞は, 県または, 社会の, 自治体の, 誰彼を, 議員の, 資本家の, 資本家地主や, 軍隊は, 郷国人から

▼ 政府部内~ (32, 0.6%)

2 に就てい, に於ける, の藩閥者流, 及び貴族院

1 [24件] および民間共, でおそろしい, では法王, でも真実, で確実, にあっ, にありて, にある, においても有力, にはこの, に対する件数目, に持ち込み, に私, に蟠, に行われた, に計画的, の人気, の人間, の問題, の権力, の秘密, の者, の要人, の話

▼ 政府に対して~ (30, 0.5%)

2 悪感情, 申し込ませること

1 [26件] あらゆる手段, ことごとに, これに, なした多額, ネパール政府が, フランスに, 不平は, 不平を, 余り信用を, 信用を, 公然の, 功績を, 叛乱を, 少しも, 恐れを, 恰も首, 所在な, 抗議し, 曾て, 朝鮮における, 柔順な, 物品あるいは, 絶大の, 義務づけられたという, 萎縮震慄の, 面目が

▼ 政府より~ (30, 0.5%)

2 依頼された, 毎年若干の

1 [26件] これを, して, その国内, その証明, シナとの, 下は, 公に, 公然学芸, 出令, 命じて, 売出すには, 宗旨保護の, 引出すこと, 我政府に, 手を, 特に奨励, 特に御, 箱館下田の, 給助され, 諮詢の, 購い入れた軍艦, 起こるべからず下小民, 輸入の, 遙かに, 革命党か, 革命黨か

▼ 政府~ (29, 0.5%)

1 [29件] あつて民衆, さへも, それ相応な, どうしても必要, やるの, リキンで, 何か, 半分出す, 取り上げて, 取り扱うまいと, 取締の, 取締らね, 国民の, 売出す, 宦官を, 建てて, 引受けるという, 払わなければ, 採用した, 新しく日本陸軍, 新計画, 映画教育の, 歳入の, 涵養に, 経営し, 英国が, 補助し, 課税を, 鋳造の

▼ 政府~ (27, 0.5%)

3 を作り 2 の勝利, を有

1 [20件] たらしめむとするの隱謀, たる觀念, といふ結社, と云, と爲, と目すべき, と認むる, なきのみ, には非, に援助, に非ずし, のやう, の陰謀, もあり, らしきもの, を作りたる, を待つ, を有する, ノ出現モ國家, 忽ち出現

▼ 政府状態~ (26, 0.4%)

1 [26件] が出現, が始まった, が彼, が見られた, が訪れた, だ, だった, であって, でも人間, で市民一般財産生命, となった, などを僕, なの, におち入り, にし, に乗じ, に近かっ, に開放, に陥っ, のまま, の下, の店, の敗戦直後, の真っ, を現出, を発生

▼ 政府との~ (23, 0.4%)

9 間に

1 [14件] 一種の, 不和は, 交渉顛末が, 協定によって, 契約書では, 妥協を, 意に, 提携問題に関する, 条約に, 権義を, 約束なり, 間は, 間柄は, 関係

▼ 政府~ (22, 0.4%)

1 [22件] からは八名, が, で責任, としては東征軍, ともまた, とも延安政府側, とも重慶政府側, にある, においてもまた, のこの, のマターファ, の委員, の委員五名, の意図, の有力者, の武力, の熟慮, の答弁, の見解, の諸種発表, の軍備, の軍隊

▼ 政府によって~ (20, 0.3%)

2 奨励され

1 [18件] エコール・ポリテクニクが, 人民が, 作りあげられた政策, 官僚統制され, 実に申訳的, 指導され扱われ, 指導啓発されね, 断絶せしめられた, 特に朝鮮, 生活を, 用いられること, 盛んに, 破滅に, 言明された, 証明されたる, 費されないであろうし, 選ばれたる一人, 重用され

▼ 政府でも~ (19, 0.3%)

2 これは

1 [17件] あったろうか, ことに意, これを, 一旦区別的名称, 不快に, 充分注意し, 唯見, 地方の, 官庁でも, 悲鳴を, 政府であれ, 日本という, 日本の, 民間でも, 火災の, 統計が, 買い切れめ

▼ 政府及び~ (19, 0.3%)

2 識者は

1 [17件] その使用人, その命, チャンバーレン君を, 人民一般の, 個人の, 国民を, 國民を, 地方庁は, 地方行政官は, 戦争の, 支配主体に, 教会て, 日本國民の, 民衆を, 議会によ, 議會に, 軍部が

▼ 政府にて~ (17, 0.3%)

1 [17件] いえば, この乱暴人, これを, その支配, 一事を, 事を, 余を, 博物館美術館等に, 学校を, 学術法律商売等の, 宗教上に, 寺院保存金を, 新に, 施行すべき, 残り九十人の, 決答を, 法を

▼ 政府には~ (17, 0.3%)

1 [17件] どなたにでも, もとより金, やっぱりどうも信用, やはり当り前, 先にも, 吾, 国立劇場を, 完全なる, 専制の, 従来我が, 必要だつた, 拠ること, 未だこの, 澤山ございませう, 米も, 金が, 飽きられただろうと

▼ 政府委員~ (16, 0.3%)

2 か弁護士, は

1 [12件] が人命, が仮に, が昨日正造, として演壇, となり, には発言, に許し, に質問, の出席, はただ, はメイ・フレデリック, は民部大蔵大輔大隈重信

▼ 政府~ (15, 0.3%)

1 [15件] から個人, から自由主義, でもそれ, と常に, と支那, の同情, の局長級, の役人, の有力, の注意, の者, の言葉, の高位顕官, や某, や検察庁方面

▼ 政府~ (14, 0.2%)

2 な乱立

1 [12件] であったため, でも, で主観的, なブルジョア哲学, な世相, な多, な対立, な混乱状態, な生産量, な結論, な自由思想, な自由競争

▼ 政府にも~ (13, 0.2%)

1 [13件] ことわって, せよまた, その裏打ち, なけりゃ, なけりゃ個々, また或, まだ知らせてない, 公卿社会にも, 出来ないこと, 国民にも, 國債なる, 無理を, 重用され

▼ 政府攻撃~ (13, 0.2%)

2 の材料

1 [11件] が政治, とか統制派, ならいくら, に利用, に帰着, に突進, の声, の立場, へ廻った, をつづけ, を宣

▼ 政府に対する~ (12, 0.2%)

1 [12件] ところの, ような, アメリカ公使ファルケンボルグの, フィヒテの, 京都新, 勢力は, 攻撃をも, 新しい敵意, 沿道諸, 答申の, 質疑を, 重大抗議の

▼ 政府~ (12, 0.2%)

1 [12件] から婦人公民権, として又は, にひき直され, に決して, に賛成, はエッキスパート, は不穏文書等, をもみつぶす, をラジオ, を検討, を貴族院, 第十二条

▼ 政府としては~ (11, 0.2%)

2 何よりも 1 この, この条約, こんな大, その資金全部, 二千万ドルの, 財界立直, 速かに, 非常なる, 驚くべき飛躍

▼ 政府~ (11, 0.2%)

1 [11件] には大, に司法兼教部省, に教文部省, に教部省, に教部省社寺局, に散, に議論, に限るべき, の不和, の全権, 実に容易

▼ 政府として~ (10, 0.2%)

1 やむをえないこと, やるべき事, 余程物産, 公に, 千五百萬兩で, 地獄を, 外交団の, 威厳を以て, 極めて鞏固, 白耳義の

▼ 政府への~ (10, 0.2%)

1 分は, 反抗に, 反抗は, 媚態や, 希望は, 怨恨を, 愁訴と, 注目を, 痛烈な, 返金を

▼ 政府からも~ (9, 0.2%)

1 世間からも, 全国の, 天文に, 手当が, 支配され, 早く来い, 補助を, 許され仕來, 金の

▼ 政府とは~ (9, 0.2%)

1 いえ憲政会, いよいよ敗北, なか二日おい, 全く關係, 戦場に, 民主主義による, 甚だ親密, 英國の, 飛び散る階級闘争

▼ 政府なる~ (9, 0.2%)

3 ものは 1 ものその, ものたとい, ものも, ものを, もの人民を, を以て万事様式

▼ 政府~ (9, 0.2%)

1 としての感情, と共に文明, にさまたげられ, に乏し, のいう, の挙動, の発狂, はとなえ, は天皇権力主義

▼ 政府自身~ (9, 0.2%)

1 かからそれ, がこの, がその, が大体次, が恒, が民権, としても当然, にこれ, の工作

▼ 政府である~ (8, 0.1%)

1 からこれ, が国体明徴, ことを, ために, と断念, と私, と考へた, 昔し

▼ 政府という~ (8, 0.1%)

2 ものは 1 ものに, ものについての, ものを, 感じを, 態度を, 自然力よりも

▼ 政府において~ (8, 0.1%)

1 それを, よくやっ, 五十万弗を, 交易条約御, 取り消すとは, 外国の, 自から, 隠然これを

▼ 政府においては~ (7, 0.1%)

1 ただ報告, 一言も, 今にも露国, 他の, 四名の, 徳川慶喜征討令を, 民を

▼ 政府による~ (7, 0.1%)

1 明治初年の, 検閲制度が, 検閲制度の, 機関説排撃の, 浦上信徒総, 統制に, 言論の

▼ 政府に対し~ (7, 0.1%)

1 その年貢, どんなにこれ, 一〇〇磅を, 一致の, 同胞に対し, 毎年幾分かの, 陳謝しなけれ

▼ 政府そのもの~ (6, 0.1%)

1 がわたっ, の創意, の命脈, はなるべく, もまた, を非難

▼ 政府においても~ (6, 0.1%)

1 この三十年以来, その方針, その殊勝, その罪, 政友会においても, 貴公らが

▼ 政府にては~ (6, 0.1%)

1 かかる企み, 各国公使を, 大蔵省と, 学校と, 法律を, 近年ようやく

▼ 政府にとって~ (6, 0.1%)

1 たいへんな, どんなに御, 政府の, 痛くも, 誠意と, 都合が

▼ 政府当局者~ (6, 0.1%)

1 の一人, の弱点, の施設, の身, は常に, もそれ

▼ 政府からは~ (5, 0.1%)

1 一割二分を, 何かの, 公爵を, 公認せられなくなっ, 駅逓司の

▼ 政府これ~ (5, 0.1%)

2 を認定 1 に権力, を禁ず, を見

▼ 政府~ (5, 0.1%)

1 から当然, と実に, ね, もの, よ

▼ 政府とを~ (5, 0.1%)

2 混同し 1 倒すであろうと, 同一視する, 惧しめる

▼ 政府なり~ (5, 0.1%)

1 世間なりが, 人民も, 国民なりの, 民間有志家なりが, 貴族階級なりから

▼ 政府にたいして~ (5, 0.1%)

1 きびしく指示, どっと爆発, 独立の, 要求する, 警告し

▼ 政府に対しては~ (5, 0.1%)

1 ひどく反抗心, 全く無効, 恰も痛痒相, 済まないが, 陸軍の

▼ 政府主義的~ (5, 0.1%)

1 で社会生活, な会話, な思想, な破壊的, のもの

▼ 政府内部~ (5, 0.1%)

2 に分裂 1 での彼ら両人, といわず, の薩長抗争

▼ 政府~ (5, 0.1%)

1 ともいい, と交戦, と革命軍, の義勇軍, はいよいよ

▼ 政府からの~ (4, 0.1%)

1 委嘱も, 弾圧が, 特に命令, 訓令で

▼ 政府たる~ (4, 0.1%)

1 の分限, もの, ものが, ものは

▼ 政府にとっては~ (4, 0.1%)

1 へんな, もっともっと大きな, 全く計画的, 自身の

▼ 政府よりも~ (4, 0.1%)

1 しきりに御, よき政, 弱きもの, 高くし

▼ 政府乃至~ (4, 0.1%)

1 文部省による, 社会支配層の, 蒋介石政権は, 軍部に対する

▼ 政府共産主義~ (4, 0.1%)

1 にある, の名, の猛烈, を信ず

▼ 政府~ (4, 0.1%)

1 で最も, において例えば, にカウンシル・オブ・サイエンス・ポリシイ, に官僚

▼ 政府あり~ (3, 0.1%)

1 ていまだ, 仏の, 現政府

▼ 政府すなわち~ (3, 0.1%)

1 内閣行政府が, 国家権力の, 幕府に

▼ 政府それ自身~ (3, 0.1%)

1 がやった, が随分, にも人口

▼ 政府たる者~ (3, 0.1%)

1 が人民, の行動, は国会

▼ 政府だって~ (3, 0.1%)

1 うまく管理, もはや施す, 血も

▼ 政府といふ~ (3, 0.1%)

1 ものが, やうな, 權力執行機關が

▼ 政府とが~ (3, 0.1%)

1 いっしょに, ポツダム宣言の, 旧憲法

▼ 政府としての~ (3, 0.1%)

1 指導監督を, 評価が, 誓約である

▼ 政府としても~ (3, 0.1%)

1 国民としても, 放っちゃ, 焦眉の

▼ 政府とに~ (3, 0.1%)

1 命じて, 起しました, 離間され

▼ 政府なら~ (3, 0.1%)

1 叩き潰し, 多元的国家論者の, 我慢し

▼ 政府におきましては~ (3, 0.1%)

2 これだけ 1 是れ

▼ 政府にても~ (3, 0.1%)

1 おのずからまた, ついには, 一統いたし

▼ 政府により~ (3, 0.1%)

1 彼が, 松本案という, 禁ぜられた時

▼ 政府のみに~ (3, 0.1%)

1 国を, 流行する, 限らず商家

▼ 政府もしくは~ (3, 0.1%)

1 制度に, 後援者が, 臣民は

▼ 政府をも~ (3, 0.1%)

1 創造せざるべからず, 容易に, 改め諸

▼ 政府を以て~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 政府主義大会~ (3, 0.1%)

1 と言っ, は四月一日, を開く

▼ 政府予算~ (3, 0.1%)

1 の中, の八五%, の歴史的性格

▼ 政府事業~ (3, 0.1%)

1 として李, として起された, にし

▼ 政府以外~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 において別に

▼ 政府反対党~ (3, 0.1%)

1 が案出, と中立党, の人々

▼ 政府時代~ (3, 0.1%)

1 における政治, にはこの, の外交

▼ 政府治下~ (3, 0.1%)

1 にぞくする, に於, の官吏

▼ 政府當局~ (3, 0.1%)

1 が平和, の人たち, は外國財界

▼ 政府直営~ (3, 0.1%)

1 の, の商店, の自動車

▼ 政府自ら~ (3, 0.1%)

1 の行動, の責任, 侮って

▼ 政府要人~ (3, 0.1%)

1 が襲撃, にも重大, の堕落

▼ 政府要路~ (3, 0.1%)

1 に深い, の人々, の人物

▼ 政府顛覆~ (3, 0.1%)

1 に与り, の卵, を計る

▼ 政府ある~ (2, 0.0%)

1 の理, は瓜

▼ 政府あるいは~ (2, 0.0%)

1 政党に, 法律と

▼ 政府および~ (2, 0.0%)

1 会社の, 統帥府は

▼ 政府~ (2, 0.0%)

1 何かの, 政府の

▼ 政府じゃ~ (2, 0.0%)

1 どの産業, ないが

▼ 政府だの~ (2, 0.0%)

1 国家だの, 資産ある

▼ 政府であり~ (2, 0.0%)

1 おん身らが, 労働者の

▼ 政府であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばなる, ば他

▼ 政府であろう~ (2, 0.0%)

1 とも利益, と銀行

▼ 政府とからの~ (2, 0.0%)

2 警告にも

▼ 政府とに対する~ (2, 0.0%)

1 微妙な, 社会的不平を

▼ 政府とも~ (2, 0.0%)

1 いふべき時代, 交渉し

▼ 政府なし~ (2, 0.0%)

1 である, 政府が

▼ 政府における~ (2, 0.0%)

1 一つの, 貴族政治の

▼ 政府にたいする~ (2, 0.0%)

1 大きな不平, 政策転換の

▼ 政府によ~ (2, 0.0%)

1 つて撰定された, つて統制され

▼ 政府に従うは~ (2, 0.0%)

1 はなはだよろしから, 政府の

▼ 政府のみ~ (2, 0.0%)

1 では, ひとりその

▼ 政府ばかり~ (2, 0.0%)

1 でない議会, でなく暴横無恥

▼ 政府ばかりを~ (2, 0.0%)

1 いうわけ, 言ふ

▼ 政府へは~ (2, 0.0%)

1 これ人民が, モウ一切出ない

▼ 政府また~ (2, 0.0%)

1 其責任の, 譲歩を

▼ 政府~ (2, 0.0%)

1 処置此趣旨ニ戻, 尚存續シテ陸上ヨリ

▼ 政府万能主義~ (2, 0.0%)

1 の実行者, の時代

▼ 政府~ (2, 0.0%)

1 のサモア, の社会図

▼ 政府~ (2, 0.0%)

1 に世, に都市当局

▼ 政府主席~ (2, 0.0%)

2 と第

▼ 政府主義者ら~ (2, 0.0%)

1 にすがっ, の会合

▼ 政府主義者ジェルメン・ベルトン~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 政府主義者中~ (2, 0.0%)

1 から暗殺者, にて分業制度

▼ 政府主義者等~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, の所説

▼ 政府乗取~ (2, 0.0%)

1 の紛争, の野心

▼ 政府乘取~ (2, 0.0%)

1 の紛爭, の野心

▼ 政府党組織~ (2, 0.0%)

1 の計画目下, の議

▼ 政府全く~ (2, 0.0%)

1 これを, 宗教を

▼ 政府共産主義者~ (2, 0.0%)

1 に屬, の公判開始

▼ 政府内閣~ (2, 0.0%)

1 が捕縛, はヴエルサイユ

▼ 政府~ (2, 0.0%)

1 と綽名, の美点

▼ 政府即ち~ (2, 0.0%)

1 内閣行政府の, 真正なる

▼ 政府反対~ (2, 0.0%)

1 の八百屋組合, の演説会

▼ 政府各省~ (2, 0.0%)

1 ではそれぞれ文化部門, の要求

▼ 政府同士~ (2, 0.0%)

1 の交渉, の関係

▼ 政府嘱託~ (2, 0.0%)

1 の委員, の軍事探偵

▼ 政府国営~ (2, 0.0%)

2 の漁区

▼ 政府建設論~ (2, 0.0%)

1 に対して猶予, に對

▼ 政府提出~ (2, 0.0%)

1 による農業関係, の著作権法中改正法律案

▼ 政府改造策~ (2, 0.0%)

2 は先づ藩閥

▼ 政府時勢~ (2, 0.0%)

1 を探察, を辨

▼ 政府機構~ (2, 0.0%)

2 の官僚独裁化

▼ 政府~ (2, 0.0%)

1 国家的唯物資本主義もしくは, 警察と

▼ 政府當局者~ (2, 0.0%)

1 である, の無

▼ 政府発行~ (2, 0.0%)

1 の, の紙幣

▼ 政府~ (2, 0.0%)

2 の彼

▼ 政府自体~ (2, 0.0%)

1 がいま, 少くとも

▼ 政府補助金~ (2, 0.0%)

1 なしに, は不

▼ 政府諸公~ (2, 0.0%)

2 もこの

▼ 政府部内の人~ (2, 0.0%)

1 で是非文章, にあらずし

▼ 政府黨組織~ (2, 0.0%)

1 の計, の議

▼1* [294件]

政府あれば良民, 政府對し, 政府役人の, 政府がか程迄に, 政府ぐらいなもの, 政府こそ本当の, 政府ことごとくこのこと, 政府ごろの政党, 政府さんのする, 政府しきりに学校を, 政府しばしば庶民に, 政府すじの史跡天然記念物保存調査, 政府すでにその原因, 政府すらも捜索に, 政府それらは王位, 政府だけがほんとに世界的, 政府だけを責めて, 政府であったのである, 政府であればわれわれ, 政府でござるな, 政府でないと認め, 政府でなければいかん, 政府での専売制は, 政府で無いと認め, 政府とかあるいは教育者, 政府とてあらゆる進歩, 政府とにおいて一六五四年に, 政府と共に日本の, 政府んの, 政府なかるべからざるが, 政府なき簡単な, 政府ならびに自民党の, 政府なんかへとも思わない, 政府にたいしては慎重なる, 政府について一つ感心する, 政府にとつては, 政府にとっても危険な, 政府になツてからも, 政府にばかり儲けさせない私, 政府によるの便利に, 政府のみの病に, 政府はから約束を, 政府でんぐり返そう, 政府ばかりが外国貿易の, 政府ば倒したらそん後, 政府ぶったおせ, 政府ぶつ倒せの, 政府へでも売りつけるより, 政府まずその愚, 政府または国民に, 政府みずからが憲法, 政府みずから憲法を守っ, 政府みな同主義, 政府もとより帝室, 政府よりの許可を, 政府よりは資本家に, 政府らしい信用も, 政府をばなさざるところ, 政府タランモノハ其臣民ニ満足ヲ得, 政府チタ政府等互ニ割拠しコーカサス方面, 政府一旦軽卒, 政府ポルトガルなどの一, 政府ヤソ教を厳禁, 政府廃却シテ後来ノ, 政府ヲ立ルモ亦人民, 政府ヲ立ル所以ハ此通義ヲ固, 政府一個の法律, 政府一局部の帝室, 政府一新の時, 政府に関してにわかに, 政府不信の民心, 政府不注意であったならば, 政府与党憲友会の幹事長, 政府中官吏相互の等級, 政府主義そのものにも別に, 政府主義その他のアラユル唯物的, 政府主義シュティルナーの利己主義的, 政府主義バクーニンやクロポトキン, 政府主義信仰自由などと, 政府主義同盟を組織, 政府主義国粋主義享楽主義本能主義自然主義ダダイズムニヒリズムなどいくら, 政府主義思想を大別, 政府主義新聞雑誌から世界, 政府主義的主張を宣言, 政府主義的共産主義的な理論, 政府主義的宣伝には染っ, 政府主義的宣傳には染つて, 政府主義的態度を鮮明, 政府主義的理想家としてともに, 政府主義的自由競争の不, 政府主義等の稱, 政府主義者ルクリユ氏の一族, 政府主義者四五名もそれ, 政府主義者大杉栄は甘粕, 政府主義者男四名女一名が爆發物, 政府主義運動に, 政府主義青年に暗殺, 政府二百五十余年の泰平, 政府云々と公言, 政府人民は依然, 政府人造の悪法, 政府今回の声明, 政府仕官は思い, 政府仕立の芸術祭プログラム, 政府代理人は英国最高バス勲位ホレーシォ・ネルソン・レー, 政府代行機関を現地, 政府代表は国際連盟, 政府以下すべての官民, 政府以来の新規, 政府以来国外からの圧迫, 政府以来国家が教育制度, 政府以来民衆という観念, 政府何ぞ信用あらん, 政府嘱の, 政府信教の自由, 政府側関係官庁と表裏一体, 政府党事件としては一番, 政府党以上に強大, 政府党員に暗殺, 政府党対反対党として集団的, 政府共産の赤旗, 政府共産党の仕業, 政府共産制の新, 政府共産生義である, 政府共産革命と大書, 政府共産黨といふ言葉, 政府出品ではなく, 政府出版物はその, 政府勘定所の例, 政府南方連絡事務所との所在地, 政府印刷局全焼せりという, 政府又は碩学の, 政府及ぴ日本の父母, 政府及大政翼賛会に於, 政府及議会の行動, 政府及議會の行動, 政府双方で一番困難, 政府對黨が, 政府可能的政府を貫く, 政府方面の, 政府各部の役人, 政府同様な政府代行機関, 政府吏人の毫も, 政府吏員も適時参加, 政府と云うなら, 政府嚮導の議会, 政府団体があっ, 政府国民の挙国一致, 政府国民一身同体敗戦の苦しみてえ, 政府変動の後, 政府に通用, 政府外交部は今度中支, 政府外国事務掛り東久世少将, 政府に教育, 政府大臣が推奨, 政府委員長チャンスカヤ某から電報, 政府を用, 政府嫌疑と抑圧, 政府実にこれを, 政府富強の勢い, 政府対外人宣教師の問題, 政府対軍部とか政党ブルジョアジー対軍部, 政府封建の時代, 政府尋問の廉有, 政府差廻しの成層圏機, 政府弁護者となり, 政府の弊, 政府引いては国民, 政府弾劾を事, 政府彈劾を事, 政府当事者と直接, 政府当局その他各官衙, 政府当局ヲシテ能ク其責ヲ竭サシメ, 政府当局天下の学者, 政府当面の責任者文部省芸術局長ラルウメ君, 政府待つに逋亡, 政府不承知之, 政府御用の神学者シェリング等, 政府は言うまでもない, 政府戦争法律刑罰などという言葉, 政府所信もおのずから, 政府所有の在外正貨, 政府打倒の気勢, 政府打破の旧, 政府承服に及ぶ, 政府承諾せざれば, 政府指定の公, 政府提案の内, 政府支持の各, 政府支配権力に向うだろう, 政府攻撃派なるやも, 政府解の, 政府放送のたより, 政府て再び, 政府を軽んずる, 政府新たに憲法, 政府も幕府当局者, 政府方針の質問演説, 政府方針声明の内, 政府既に成算あり, 政府日本銀行の分, 政府暗黒局の直轄, 政府最後の将軍慶喜公, 政府有司とか富豪, 政府未だ如何に, 政府案支持でなかろうという, 政府検閲官が今日, 政府権力からの独立, 政府権威の理, 政府機関のあらゆる, 政府を用, 政府の道, 政府歳入を徴する, 政府海關税を以て之, 政府状態富の分配, 政府の諮問機関, 政府的乱立は夫, 政府的享楽主義に弱らされ, 政府的共和国にあっ, 政府的共産主義の理想郷, 政府的情勢もこれ, 政府的懐疑家がそれら絶対的精神者, 政府的文化政策以外の何もの, 政府的気質と通過, 政府的無気力さにたいして反動, 政府的社会そういう印象, 政府的社會主義者になつたの, 政府的禍乱に反動, 政府的自由制を以て掃蕩, 政府的革命はドウ, 政府皆色を失った, 政府直属の女, 政府直轄の人民, 政府省庁へ儀礼的, 政府真に合祀を, 政府と見究め, 政府社会の理想, 政府社会すべてがおのれジャヴェル一個, 政府社会局主催の義務戯, 政府社会政策に, 政府税制をもつ, 政府一之人当時国中に, 政府から各, 政府等ガ民權運動ニ讓歩スルトキ成ルベク長ク專制ヲ維持セント欲スル期間, 政府等互ニ割拠しコーカサス方面, 政府管下の外人宣教師, 政府組織についても慶喜, 政府経由で連合国側, 政府統帥府の意見一致, 政府総出の出迎え, 政府編纂のもの, 政府されず, 政府自ら明治文明の重大, 政府自ら礼をつくし, 政府臭味がある, 政府若し正造及び, 政府蒋介石を抱き込んだ, 政府薩長人武断政治の致す, 政府虚威を逞しゅうすれ, 政府虚無主義などを振, 政府行政官から出た, 政府補助の劇場, 政府補助金付の郵便物, 政府補助金額を年十七万九千ポンド, 政府要員はトルコ, 政府見たいなものが, 政府官庁に, 政府諸君の観察, 政府警察国家封印状裁判言論圧迫等のありのまま, 政府警察新聞記者まで, 政府財政の緊縮, 政府資本家代表が労働時間, 政府賛助派なりと, 政府軍部攻撃の火の手, 政府の指揮, 政府伺ふ上, 政府通訳官福沢諭吉氏は見, 政府連合の追放政策, 政府運動と本来, 政府運転の急行列車, 政府鋳造の一分銀, 政府閣僚は最近, 政府關係で購入, 政府防衛の議会, 政府雇傭の人たち, 政府震撼するの, 政府革命の事, 政府顛覆陰謀に気脈, 政府首脳部の覚醒, 政府高官を悩ましたらしく思はれます, 政府黨ハ怖ルル, 政府黨團體があつ, 政府黨的團體を歴訪, 政府黨的言論以外に迄走