青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「政~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

改めて~ 改良~ ~攻撃 攻撃~ 放し~ ~放っ 放っ~ ~放つ 放つ~ 放送~
政~
政党~ ~政府 政府~ ~政治 政治~ 政策~ ~故 故~ 故に~ ~故郷

「政~」 2976, 32ppm, 3640位

▼ 政~ (433, 14.5%)

6 の方 5 が氏郷 4 の手 3 だ, だとて, はその, は政宗, を後

2 [25件] が, がその, が会津, が罪, だから, である, にし, に下さる, に取っ, の, の先手, の兵, の営, の押え, の本心, の様子, の歌, の母, の為, の父輝宗, の規模, は仕方, は氏郷, は秀吉, も手

1 [353件] からし, から会津, から受けた, から氏郷, がある, があれ, がいかなる, がこの, がそれ, がつまり, がひどく, がひどく羨, がわざと, がディオゴ・デ・ガルバリヨ, がローマ, が世, が予定, が仙台, が入, が其夜, が出した, が初, が勝手, が北条氏, が唱えた, が大崎, が太閤, が家康, が家臣, が将軍家, が小田原, が必死, が急用, が拵えた, が支倉, が支倉六右衛門, が攻略蚕食, が敵, が最も, が有っ, が服した, が来ぬ, が来降し, が桃山城, が様子, が此, が死んだ, が殺す, が毒, が然様手ッ, が片, が生れた, が直接自分, が秀次, が私, が米沢, が自ら, が自ら饗膳, が若しも, が見た, が言語面色, が起つ, が連年血, が進, が陳弁, が露骨, が頼み切った, が食いついたら, が駈けつける, こそ却って, さ, だけがそう, だナニ, だ誰, であった, であるシャ, でしょうかな, では無い, でもコリャ迂闊, でも扱い役, でも時代, でやっ, でニッタリ, で寧ろ, という, という人, という大名, という奴, という田舎豪傑, といふ田舎豪傑, と王羲之, どの程, などは無邪気, にせよ, にはじまった, にはその, にはそれ, には一寸, にも同情, にも氏郷, に一手, に不利, に付い, に代っ, に会っ, に何, に佩刀, に侵掠, に備え, に取られた, に向っ, に命令, に容れられない, に対して予てから, に対して何, に属し, に従っ, に心服, に悪意, に招かれ, に掛らね, に援, に會, に欺かれた, に深く, に自分, に言上, に負いた, に負け, に賜わっ, に近かっ, に遣わし, に関聯, に降った, に降参, に陰険, のあ, のいい加減, のこと, のごとき, のはう, のひらいた, のよう, の九代前, の仲直り, の体, の偉業, の兵力宮沢, の処置ぶり, の器量, の国内, の夢, の大脇指, の好い, の如きで, の姓, の威力, の家, の居城, の帰国, の幼い, の弟, の後, の従士, の性格, の意, の意中, の指図, の支倉六右衛門, の敵, の敵陣参加, の末子, の正統, の此頃, の殉死者, の毒味番, の生, の画策, の異, の目上, の秀吉, の秘, の第, の答, の系統, の考え, の背筋, の胸, の臣, の臣遠藤宗信, の藩邸, の見込, の言葉, の計略, の軍兵, の返辞, の間, の陣, の電話, の領地, の頭脳, の騎馬鉄砲八百挺, の麾下, は, はいつ, はいつか, はお産, はなかなか, ははっと, はもつ, はやはり, は一伊達家, は一寸, は一年二回, は不意, は両手, は人々, は今それ, は佐沼, は保護, は其夜窃か, は冷汗, は出ぬ, は制した, は前, は十八歳, は却, は厭, は又, は友軍, は古, は吾が, は図南, は土地案内, は城, は声, は外国, は大, は家康, は密偵, は小, は小田原, は左, は徳川家康, は忌々しかっ, は感じた, は手ずから, は抜かぬ, は持前, は早く, は是, は本軍, は松島, は案, は殉死, は殊, は氏康, は気難しい, は満, は滅亡, は無事, は無念さ, は片倉, は理, は瑞嚴寺, は甚, は田舎者, は百姓, は相, は確, は立派, は米沢, は米沢三十万石, は老臣等, は肩衣, は自ら慚, は良, は街道右手, は裏面, は覚えず, は謀った, は違儀, は遠慮, は面白く, は領掌, は高, ばかりでなく, へ土地案内者, もおよそ, もずっと, も万々合点, も中央, も今, も今更, も取潰され, も大, も太閤内意, も実に, も実は, も家來, も底倉, も役目上仕方, も後れ馳せ, も悪く, も日本渡来, も朝命, も本丸, も根, も次第に, も田舎役者, も皆文学, も秀吉, も藤五郎, も迂闊, より五代, を, をかなり, をくせ者, をさえ羽柴陸奥守, をし, をつれだし, をのさばり出さぬ, を一方, を亡くし, を僻地, を先, を去っ, を友達扱い, を取押えよう, を向う, を味方, を引付けよう, を恐れる, を恨んだ, を招, を措い, を監視, を笠懸山, を虫けら, を見た, を訪うた, を評し, を誘い, を説かなけれ, を請待, を責め, を過, を饗応, 及び其老臣等, 御自慢, 打って, 来れかし, 迄が思ひ

▼ 政~ (260, 8.7%)

3 自分の 2 さきに, その中, 娘の, 死人の, 秀吉の

1 [247件] あざ笑った, あの如く, いい残し, いうまでも, いささか気, いつもの, いるか, うろたえたあまり, おそろしい顔, お勢, お心, お摩り, かいがいしきたすき, かつ驚き, きゅうに, きょう不意に, こう急, ここで, この無, この男, この道案内者, これまで, さっそく城中, さりげなく, じろりとその, すぐ催促, すでに熔融炉, すやすやと, ずいぶん神経過敏, そこを, その攻撃, その日, その精力的, それらの, それを, そわそわし, たえずこう気, ただちに街道, ただひとり, ただ多端, たとえ気違い, ついにここ, ひそかに, ひとと, ひと膝, ふた股者, ふと眉, ほくそ笑んだ, ほとんど胸中, まごついて, ますます文三, また人, まだ二十九, まだ何, まだ笑っ, まっ赤, みな天皇みずからこれを, やがて富山, やがて神, やって来た, やって来たが, やっとこれ, ややとりのぼせ, わが子の, わきたぎつ涙, わずかに, ガラリその, フト針仕事の, ポロポロ泪, モートルの, 一国の, 一夜に, 一日も, 一策を, 不機嫌な, 世間の, 中, 人で, 今までの, 他の, 仰向いて, 何か, 何とも, 何とも言いません, 何も, 使いに, 例の, 児を, 八五郎の, 其の馬鹿, 冗談の, 冷笑し, 前田を, 勝家の子権六と共に, 勿論昇, 即ち之, 又も, 口惜しかった, 只一面より, 可哀想じゃ, 君主共和を, 味方の, 呶々と, 呼ぶ, 咽喉笛を, 喜んで, 囂々しく, 坐舗, 城の, 夕暮より, 外から, 夢の, 大きな鼻, 大江門を, 大衆の, 大野路山, 奥で, 女師匠の, 女房の, 好い責道具, 始終顔, 学問などという, 完全無欠で, 実は上, 客の, 富山に, 寒さ, 寝床に, 小さい声, 小信長, 山国から, 帰る時, 帰る様, 延喜に, 従四位を, 得意満面である, 復新聞に, 心中惑乱し, 志を, 快を, 忽ち顔色, 怒髪天を, 思いのほかに, 思い切りて, 思う存分, 怪しむその, 恐ろしい力, 意味の, 我が藩屏, 手に, 手の, 打ち明けて, 投降した, 拍子抜けした, 掻き傷, 文三の, 文三等の, 旅館に, 日に, 早くも, 早や, 昇の, 昼過ぎから, 暇乞いの, 更に市郎, 最早泣き声, 月に, 未だ児供, 果てなく地, 格別食糧に, 梯子段の, 正しく人民, 正であります, 正なりと, 此方を, 民衆を, 気の毒, 気息奄々たる, 水心が, 油紙に, 泣き声で, 泣き声に, 泣く子, 津幡の, 清松の, 源四郎の, 漸く眉, 煙草を, 熟, 独り徒然と, 独言の, 献り, 甥の, 痛ましく助, 発作みたいな, 皆武である, 皆神様の, 直ぐに, 相変らず, 眼を, 眼鏡越しに, 礼を, 私より, 立った次手, 笑われたの, 第五列恐怖症, 紙の, 絶えず笑顔, 羨ましいと, 耳の, 脚絆を, 腹を, 臣を, 自ら決した, 舳へ, 茫然と, 茶箪笥を, 荒々しい声, 莞爾した, 菊細工には, 衛律を, 裁判の, 言ったぎり伏目, 説き伏せるを, 起直, 越中の, 足もとの, 身体を, 軍勢を, 近頃年を, 追いかけた, 途中の, 遠くから, 遮って, 部下を, 重傷を, 野々村主, 長いあいだ苦, 長屋へ, 長政十六歳の, 陵を, 雪中を, 霎時考え, 顔いろ, 顔を, 馬上から, 鼠微塵の

▼ 政~ (227, 7.6%)

6 軍は 4 ために

2 [11件] ことを, むすめ, ような, 声に, 字の, 字は, 心中を, 方針が, 要も, 身体だった, 顔を

1 [195件] いいつけ, いいところ, うごきは, うちで, おかあさんよ, おっかさんは, おもかげ, お客やった, ことだ, ことゆえ, ごとき単純, さら, さらさら越え, すがた, そぶりは, にくみを, ねちねちした, ほうが, ほかに, やり出しそう, ゐた麻布, 一分が, 一命お, 一命は, 一命を, 三蓋笠の, 上には, 下では, 下級兵や, 世界に, 世界において, 中に, 中枢より, 主義を, 人気を, 代に, 仮の, 使って, 使来っ, 侍臣だ, 価値を, 傷は, 充血した, 入道殿の, 別業の, 前には, 力を, 勘当を, 務を, 半面を, 口上としては, 呼ぶ声, 命が, 命を, 善悪是非は, 喉の, 声で, 声を, 外には, 大本として, 大計は, 大陸に, 天性と, 天性憂鬱である, 夫婦は, 女である, 女隠居, 如きも, 始国政を, 姿は, 字を, 実効の, 実地に, 家なら, 家へ, 家老に, 宿所などへ, 寛容性を, 小説が, 小説などは, 居るため, 布告まで, 庁を, 店の, 弁には, 弟子達に, 形を, 後で, 後を, 後妻牧の, 心中としては, 心得違いから, 性格として, 悪商法, 悲嘆を, 情夫と, 意を, 懐中鏡は, 戦の, 所へ, 所へなど, 手から, 手には, 手は, 手へ, 扶持料として, 折で, 指導者とでは, 故吾, 敗軍伝わる, 数々を, 新手の, 方が, 方で, 方を, 施行を, 旗は, 時代は, 本と, 本質的な, 枢機なる, 枢機を, 様子は, 権を, 死に顔は, 死体の, 死骸の, 母である, 沢に, 注進で, 浮薄今更, 溌剌たる, 潰滅をも, 灯の, 父ひとりくらい, 父ひとり来たりて, 爺さんが, 物頭, 物騒な, 狂言だ, 理念が, 用いたもの, 申すには, 盲動と, 知己, 知識には, 稽古所へ, 筑前煮き, 策を, 組とに, 耳を, 肝癪, 臣佐, 良否に, 苦心は, 苦衷には, 菅笠三蓋の, 葬式の, 行はれた, 表裏を, 袖を, 要術, 言ッた, 設立を, 読書の, 諸事愚存御座候え, 諸篇, 貴族を, 費を, 足首を, 跡を, 身体に, 身体は, 軍隊を, 述懐だったろう, 進行に, 遺骸の, 針路は, 鉄則, 鉄則や, 鏡の, 長所が, 降伏直後秀吉は, 陣中で, 陣所行市山を, 陣所近くに, 陣立直らぬ, 随筆, 随身と, 顔は, 顔色の, 養子で, 首一つ獲る, 髻と, 鼾声が

▼ 政~ (188, 6.3%)

9 の首領 8 を基礎, を組織 6 に入る 4 の弊害, の腐敗 3 なるもの, の勢力

2 [13件] との關係, と提携, と爲, なきに, にし, の價値, の國家, の孰, の性格, の規律, の首領たる, をし, を非

1 [117件] ありて, あるを, がみんな, が名, が大抵, が握る, たらしむるか, で他, で在朝, として存在, との交渉, とは黨派的私情, とを結合, と共に倒れる, と共に起き, と利害, と名, と國家, と旅進旅, なりと, なるべし, にはあらじ, には依然として, には必ら, にも亦, にも關係, によつて異, により, にゐ, に不忠實, に入ら, に入らざる, に共通, に對, に我が, に接近, に於, に臨ま, に關, に關係, に降りし, に頼る, の主義政綱, の仕事, の佳, の信用, の分合, の利害, の力, の參謀等, の名, の外, の推選首領, の提携, の援助, の支離滅裂, の本分, の本色, の決議, の淘汰作用, の無, の爭, の眞意義, の矯正, の組織, の綱領, の總理, の能, の藝術, の行政權, の規律節制, の言動, の訓練, の謀, の運動, の間, の陋弊, の領袖, は一, は一夜作り, は主義綱領, は公, は公黨, は其腐敗, は始めて, は容易, は小, は未だ, は科學政策, は總, は革命主義, も具體的, も絶對的, や政治家, より逃, らしき政黨, をみろ, を以て内閣, を作ら, を作る, を利用, を否認, を問はず, を好み, を嫌, を擁する, を操縱, を支持, を毛ぎらひした傾き, を率, を組織せり, を論ず, を超越, を通して政府, を通して政治, 即ち是, 或は愛國公黨自由黨等

▼ 政~ (187, 6.3%)

3 して, 問う 2 おとりに, とるの, 前提として, 孔子に, 聞く時, 聴いて, 聽い, 行って, 行ひ, 議して

1 [161件] あづかり国, あらためるに, うごかしたが, お聞き, お聞きめす, お輔, かえりみて, きこしめすこと, さへ, たすけました, つかさどる者, つがふよく, とり行なえよ, とる人, なさざるべからずと, なさしむるものなり, なさんと, なすに当たり, なすの, なすは, なすべきもの, なす主権者, なす人, なす者, まを, みずから誇っ, みそな, みそなはせ給, もって, 一新せしめ, 両脇, 主張する, 乞うた, 京地方に, 任し民, 任じられても, 信用させ, 傍観し, 先鋒に, 公儀に, 前提する, 前提と, 助けただけ, 助けたの, 助けた船頭, 取り捌いて, 古に, 否定し, 呼び返して, 和し言, 問いし時, 問うに, 嘲りて, 執ること, 執るに, 執る朝, 執る者, 執行し, 大ニ改メ, 大臣殊に, 奉ずる者, 始めとして, 委ねた大臣, 完く, 害するの, 審議する, 尋ねて, 左右する, 布くは, 平け, 度外に, 廃し, 引いた一節, 御信用, 忌むよう, 怨んででも, 怨嗟する, 悪む者, 惜しんで, 慕うこと, 成敗し, 捕へて, 捨てて, 掌る, 擅に, 攝した, 改め至忠至公, 救い上げたの, 敷かれつつ, 料理する, 施さず, 施しこの, 施すに, 施すにも, 施行し, 日本に, 明らかに, 望むの, 正すこと, 殺したに, 殺してから, 殺す動機, 母に, 水から, 決議する, 為すに, 為すを, 為す甚だ, 烹て, 熊本に, 熟視し, 皇帝, 相手に, 知った訳, 知りその, 知る日, 笠寺に, 紊し, 終えて, 維持する, 維持せん, 繼承せし, 罵って, 聞し召され御世, 聽かる, 自分の, 自滅させ, 與り聞き, 行い立法権, 行うこと, 行うて, 行え, 行つたのである, 行ない寛大, 行なうこと, 行なう時代, 行ふ, 見むものぞ, 見ること, 見るを, 見殺しに, 親から, 親らする, 親らせしめ, 語る者, 誹り上下, 談ずるも, 談ぜざれども, 論ず, 論ずるは, 諸公と共に, 謀らず, 議するか, 賛美でも, 輔ける, 輔佐した, 送って, 連れふたり, 連出して, 還し給うたので, 重んずるゆえん

▼ 政~ (100, 3.4%)

2 五十万石いさ, 四年年齢が, 木遣を, 顔を

1 [92件] ある, あるとして, いあわせて, おり大阪, お勢, ぐるぐる廻っ, ことにふれ, この城, さも聞えよがし, その中軍, その愛妾, それぞれ自叙伝を, それである, でたを, ひとりで, ひとり泣い, ふたたび言った, まいる, やがて勇躍, やって来たの, やられましたよ, よくせきの, ドジを, 一と, 三日も, 下っ引, 二度も, 今朝言ッた, 仮面を, 住み三, 作らえて, 俄かに, 信長から, 優善の, 先ず口, 入ッ, 内心の, 前にも, 助命と, 勝豊と, 北国すじの, 十二の, 十五六人の, 可哀想だ, 呻った, 命に, 坐舗, 執ろうと, 外出の, 妥当する, 富山を, 寡居し, 小百合, 尖り声で, 層に, 帰ってからも, 幸い通り掛った, 心底を, 投り出した, 抗戦を, 捲土重来の, 春日井郡の, 晴着としては, 有つた, 末な, 来たはず, 来て, 根来雑賀党などの, 横合から, 殺されたん, 殺されて, 気の, 浜松を, 火と, 無異, 留守の, 目ざす敵, 真正面に, 立ち寄り蜂谷頼隆, 紊れない, 経て, 胸に, 行はれた, 衰へ, 複雑な, 軍勢を, 迎えを, 近頃旦那, 遠州井伊谷, 采配か, 陵に, 陵の

▼ 政~ (93, 3.1%)

2 [11件] から荒木村重, といふ中国, の夫人, の居室, の手紙, の方, の眼, の面, は, は俄, は官兵衛

1 [71件] から名, から強, が, がそれ, が備後, が家老, が彼, が捨て, が時勢, が死んだ, が荒木村重, が非常, だけのうろたえ, だけはさすが, だつて, というもの, といえ, としてそれ, とただ二人きり, とて元, とも直談, などはただ, には何, には意見, に告げた, に目通り, に諫言, のいる, のてがみ, のところ, の一, の一たん, の一族小川三河守, の使い, の前, の周囲, の姪, の家臣, の手, の書簡, の立場, の老臣, の臣, の頼り, の顔いろは, はある, はいう, はいま, はこう, はどこ, は一書, は三木陥落, は並居る, は否定, は聞い, は自分, は荒木村重, は軽く, へ就寝, もつよく, もまずは, も宿老たち, も摂津, も断じて, やら老人たち, よりのこ書簡, よりもくれぐれもよろしく, をもその, を主, を説く, を説破

▼ 政ちゃん~ (91, 3.1%)

4 はいいました 3 がいいました, のいう, は頭 2 が答えました, の顔, はお母さん, はこの, は赤い

1 [68件] いためませんから, が, がすばしこく, がどうして, が兄, が指さしました, が気, そのお, と同じ, なんか一日, にあげる, にお返し, にたずねました, にたのみました, にわかる, のあと, のいつ, のそういう, のだいじな, の傍, の呼ぶ, の小さな, の手, の持っ, の机, の機嫌, の目, は, はあの, はいい, はうまく, はうれしい, はお, はかないませんでした, はからだ, はそこ, はだまっ, はどうして, はなに, はねむい, はまじめくさっ, はよろこん, はわらいました, はペス, は二人, は困った, は学校, は寒い, は小さい, は心, は思いだした, は損, は方々, は町, は疑われる, は白い, は目, は自分, は自分ひとり, は買った, ばかりで, もさっき, もはいっ, や徳ちゃん, よりもっと, をごらん, をパチ, を追いかけました

▼ 政~ (66, 2.2%)

3 従うに, 従わしむべきか 2 参与する

1 [58件] あずかりなから, あずかる者, かかわると, この由, して, なっても, 一言申す, 一變し, 云わせれば, 代って, 任せられて, 凝らしすでに, 厳密な, 参せしめざる時, 參せしめなく, 同じからん, 同意する, 向い, 向って, 告げて, 呼出しを, 委せて, 就いて, 就いての, 帰すべきもの, 引上げた, 従事する, 忠なる, 慣れいまだ, 托し政府, 攻め立てられて, 敵意を, 於て, 昨夜の, 服従い, 服従する, 比して, 毛利方の, 熱中奔走し, 精励し, 自然に, 行って, 見て, 言わせると, 訊いた, 話せば, 譲る事, 贈った, 追い縋って, 逢ったらそう, 関われという, 関係なき, 關し, 關與せる, 随身の, 鞅掌し, 頼まれたのに, 飽きて

▼ 政黨内閣~ (54, 1.8%)

5 を主張, を建設, を組織 3 に反 2 に可

1 [34件] たる旗幟鮮明, といふ可, としては最も, とは決して, には反, に入る, に對, に於, に近づく, に進む, の到底, の妙處, の已む可, の建設, の攻撃, の本義, の機運, の組織, の起るべき, の運命, の避, の首相, は暫らく斷念, は氏, は終に, をも一たび, を今日, を信じ, を信ずる, を否定, を忌む, を目的, を難し, を非

▼ 政~ (53, 1.8%)

11 に接近 4 を握つた 2 に參與, に近接, の下移, を握る

1 [30件] が兵馬, が引渡された, が貴族, との抱合, と共に公卿, と聯結, と近接, に, にとつ, に與, の中心, の分配, の到る, の奪取, の援助, の爭奪, の統一, より遠, をフィレンツェ, を亂用, を分, を利用, を失つた, を專有, を得, を把握, を掌握, を握らね, を握り, を變

▼ 政さん~ (49, 1.6%)

3 はお 2 のいう

1 [44件] がらち, がゐ, が二三日, が御, が獨, じゃ少し, だ, だってあんなに, とかい, とでも行け, とに小, と共に二人, なぞも陰, なんかに気取られる, なんぞは幸福さ, にもそれ, に促され, に言っ, のそば, のやう, の容体, の従弟, の手助け, の方, の顏, はいよいよ, はかしこい, はさも, はしきりに, はそば, はだれ, はちょろり, はにこにこ, はハンカチーフ, はフラフラッ, は兄, は快活, は真顔, は笑つた, は答, は話上手, へ口, までが人, も今

▼ 政右衛門~ (49, 1.6%)

2 はその

1 [47件] がここ, が二刀, が云った, が何ゆえ, が大小, が岡崎, が敵, が自分, が訊いた, に, にすなわち, には何, の, のた, のひとがら, の妻, の子, の師匠, の店口, の性格, の技量, の敵河合股五郎, の犠牲, の自己韜晦, の苦悩, の足手, の駕籠, はここ, はせがんだ, はそう, はそっち, はひそか, はもと, は三十五歳, は云った, は偶然, は妻, は彼自身, は振返っ, は提灯, は敏感, は昔, は甲斐, は若い, は黙っ, も好評, を主人公

▼ 政~ (44, 1.5%)

5 の墓 2 が, といい, というの, の亭主, の墓地

1 [29件] が風炉先きの屏風, が鬼神, でもなく, という烈婦, といったよう, として評したい, とは三沢初子, と仁木, と宮城野, と男, と細川勝元, などを演ずる, の, の場, の大役, の大役お引き受け, の寺, の忠節, の方, はなぜ, は浅岡, もわが子, や朝顔, をこの, をみた, を挙げる, 如き女, 小むらさき, 小むらさき芝居

▼ 政~ (39, 1.3%)

2 煙に

1 [37件] お村, すぐ察し, すこしへんち, そうである, その附近, それを, はやかく, もう噛付きよう, やっ気, やわ, スコだれの, 不審顔を, 今と, 今は, 仰天しない, 偶, 冬子も, 利家の, 前田利家も, 北国より, 奮戦した, 子供も, 左様さネと, 彦太が, 悪が, 戦も, 施い, 来て, 此程遠藤が, 江戸人の, 浅井の, 漸く思返, 移りゆく世, 結局この, 苦笑いを, 遂にその, 黙止し

▼ 政~ (35, 1.2%)

3 云ふ 2 いって

1 [30件] いいて, いい戦, いうのに, いひ献上物, お寿, お時, つきそい両, なった, まま母, わしとの, 一手に, 両ながらその, 云う男, 井伊兵部とは, 人民の, 刑とに, 前田利家の, 力を, 助は, 勝敏とを, 同じよう, 名乘つた, 呼んだ, 女は, 民主政や, 申す, 相談し, 称して, 称す二世広重家, 顔を

▼ 政~ (35, 1.2%)

2 は四十歳

1 [33件] からいえ, が二十年, が其の, が魔法修行者, だ, である, に取っ, の下, の伝, の威権, の後, の魔法, はその, はそれら, はという, はどういう, は一族内, は乱世, は堅固, は幼時, は生れない, は生れぬ, は病気, は行水, は魔法, も偉かっ, よりも遥, より後, を出そう, を笠, 一家の, 公に, 公を

▼ 政~ (34, 1.1%)

2 に面会, の妹娘

1 [30件] が, が来, が私, でございます, という諸侯方, の云う, の妹, の宅, の居る, の眼前, の鼻, はこれ, は何, は大きに, は妹, は態と, は気の毒, は翌朝, へも此, も仙太郎, も出, も厄年, も安心, も心配, も義理, も誠に, も重三郎, も驚い, や仙太郎, よりも馴染

▼ 政~ (26, 0.9%)

1 [26件] かこん畜生, がお, が云わ, が甦っ, が走り, が飛ん, といふ子, とお, とが何, なんざ, の両, の丸, の仰せ, の御, の気焔, の走, はうしろ, は今, は同じ, は走, へは御, も御, も藁, を手ごめ, を手引, を投げ込んだ

▼ 政~ (23, 0.8%)

2 が出

1 [21件] から共和政體, がいくら, が儒教, が成立, が支那, が改, が確立, と云, と矛盾, と違つた, になつ, には適合, に對, に就, に關, の大臣, の變動, をとる, を以てせん, を解釋, を説明

▼ 政宗公~ (22, 0.7%)

2 がお, というの, のお

1 [16件] おひとり, がまだ, が夏, が東北地方全体, が豊太閤, が豊家, という一箇, に何, の時代, の木像, の臣下, の血統, は家老, は日本一, へこの, より他

▼ 政~ (16, 0.5%)

3 の二人

1 [13件] との間, と道徳, など, の改革, は皆之, も一家, も亦, も木村, を主張, を立つる, を立てん, を議定, 甚だ錯乱

▼ 政~ (16, 0.5%)

3 の校訂者 2 の校訂

1 [11件] そのほか, でも本, で旁詩文題跋, に下し, に下した, の如き, の論文, は後, を刪定, を完成, を補訂

▼ 政どん~ (15, 0.5%)

1 [15件] からでない, が一節づつ先, が来, が来た, であること, なるもの, には, の意識, の昨夜, はこうして, はこの, はなにゆえ, は一まき, は人間, は御飯

▼ 政~ (15, 0.5%)

1 [15件] おまえの, お前はナ, お藤, この先生, 国政の, 子供等と共に, 専制政は, 小供ら, 教が, 昇については, 独裁政と, 独裁政の, 筒井の, 議会政とを, 貴族政には

▼ 政~ (15, 0.5%)

2 の最中, を待つ

1 [11件] あらば, が起つた, に於, に驚く, の前, の導火線, の後, の機, は必ら, を目, を語り

▼ 政~ (13, 0.4%)

3 という人 1 からはじまつた, という祖父, にとってこれ, に向っ, はその, は俺, は六十歳, は福島県, は薄茶, も可哀そう

▼ 政という~ (12, 0.4%)

1 [12件] のが, のでございます, のは, 人物の, 四十五六の, 女は, 女郎を, 形態が, 男が, 署名で, 者が, 者今三十六七なるべし

▼ 政入道~ (11, 0.4%)

1 [11件] が空脛, といえ, ともお, と思いこまれた, の世盛り, の手元, の清盛, の独裁ぶり, の重い, はたとい, は時に

▼ 政には~ (10, 0.3%)

2 一つも 1 それが, それでは我慢, ならなかったの, 何一つ長所, 切れ話を, 殊の, 浪人が, 無遠慮という

▼ 政宗方~ (10, 0.3%)

1 では物柔らか, で然様, との領分争い, に名生, に在っ, の史伝, の眼, の者, の計画, は迎える

▼ 政~ (10, 0.3%)

2 に風行 1 から天保, のつもり, の名優, の復現, の戯作者生活, の新, の通人, ヲ一新シ云々

▼ 政~ (10, 0.3%)

2 の病死 1 が大軍, が此, に輪, の兵, の女, の年齢, は城攻め, は天文十八年十月牡鹿山

▼ 政~ (9, 0.3%)

2 をとる, を執 1 にはしっ, にはしつ, の把握者, を執っ, を得つる

▼ 政~ (9, 0.3%)

2 の渦中 1 の光景, の模様, の波, の波浪, の激浪, の知己, の高潮四海

▼ 政さま~ (8, 0.3%)

1 がお, が御, にお, の御, の身命, はきりりと, はただちに, を鎮圧

▼ 政~ (8, 0.3%)

1 が, がそのまま, が今日, というの, はこれ, はその, は分家, は焦立っ

▼ 政黨首領~ (8, 0.3%)

1 たること, としての成功, として他, として比較的, と同じ, に非, の宣言書, は亦

▼ 政宗と~ (7, 0.2%)

1 はそんな, は不和, 与に, 家康と, 徳川家康との, 秀吉とは, 秀頼が

▼ 政~ (7, 0.2%)

1 で実権, には相, のこと, の下, の内縁, の宏大, の革正

▼ 政~ (7, 0.2%)

1 と号する, に加入, の一つ, の開山, の雛形, の類, を結ん

▼ 政~ (6, 0.2%)

1 あつた, はない, 一人は, 創刊記念の, 政党という, 見ちがえるばかり

▼ 政兵衛~ (6, 0.2%)

2 なるもの 1 という男, と云, の甥, の立ち退いた

▼ 政といふ~ (5, 0.2%)

1 事が, 事で, 事の, 人が, 唖の

▼ 政とは~ (5, 0.2%)

1 およそ正反対, モウ会えない, 共に織田家, 正なり, 秘密の

▼ 政にも~ (5, 0.2%)

1 似合わぬ正直, 昇にも, 注意し, 負けん荒武者, 長じ

▼ 政七方~ (5, 0.2%)

1 では, に居, の桟橋, へ出, へ泊りました

▼ 政~ (5, 0.2%)

1 から公, が豐原, の方針, の施政方針, はつけ込み

▼ 政權分配~ (5, 0.2%)

2 を要求 1 を口實, を提携, を閣下

▼ 政權爭奪~ (5, 0.2%)

1 の外, の渦中, の野心, を以て結局, を目的

▼ 政黨組織~ (5, 0.2%)

1 に同情, の策行, はまた, を喜ばざりし, を承認

▼ 政どの~ (4, 0.1%)

1 の乳人, の好意, の首, を御

▼ 政なり~ (4, 0.1%)

1 この他, 兵馬の, 和戦の, 租税

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 以テ我人民ヲ制伏セント欲シ徒党ヲ, 共治スル國民, 執ツテ國, 施シ漸

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 が大, が村, というおつき, の声

▼ 政入道殿~ (4, 0.1%)

1 とはその, のご, へ呼ばれ, よりそれ

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 に干渉, は情実, を帰還, を挙

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 と云, にある, に隣り, の胡

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 にのぼり, に上り, に最後, の波瀾

▼ 政壇上~ (4, 0.1%)

1 に立っ, に立つ, に起つ, は泣き女

▼ 政壇演説~ (4, 0.1%)

1 に出席, に類する, の聴衆, を聴き

▼ 政宗勢~ (4, 0.1%)

1 の不誠実, の方, は氏郷勢, も其先鋒

▼ 政宗領~ (4, 0.1%)

1 である, のはずれ, の町人百姓, の者

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 といふ人, と同, の, の日記

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 が叛, の一族, の怨, の曾孫

▼ 政殿~ (4, 0.1%)

1 が聳え, という昔, と稱, を門

▼ 政~ (4, 0.1%)

2 両党 1 の関係, を悩ます

▼ 政~ (4, 0.1%)

1 が死に, のとき, の死, の給仕

▼ 政高公~ (4, 0.1%)

1 のおん形見, の形見, の御, 御最期

▼ 政黨員~ (4, 0.1%)

1 たるもの, に對, も往き, よりし

▼ 政から~ (3, 0.1%)

1 再三の, 天保の, 常々それとなく

▼ 政ちや~ (3, 0.1%)

1 んさ, んそんな, ん足労

▼ 政とて~ (3, 0.1%)

1 善良な, 大阪監獄きっ, 決して悪い

▼ 政などは~ (3, 0.1%)

1 何でも, 其方で, 少くとも

▼ 政上人~ (3, 0.1%)

1 の著, の遠忌, は男子

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 を修め能, を億万欺年, を弘めず

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 が仇敵佐々木劔刀斎岸柳, というの, とよんだ

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 ならびにその子, の子, は目通り

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 が京都, の息女弥子, の息女弥子吟松院冷月居尼

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 を世人, を済, を革新

▼ 政時代~ (3, 0.1%)

1 における一つ, に在った, の麗人

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 に参与, はすべて入浴, を助けたる

▼ 政權分配論~ (3, 0.1%)

1 に依り, に反, を唱

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 が, が描ける, の

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 に自ずと, の家集, 大永三年

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 で私, の激しい, を利用

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 の究察, をもっ, を講

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 でありますが, にかう, に曰く

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 が洩れない, の席, を採り

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 に於, の国, の理想

▼ 政~ (3, 0.1%)

1 など, を殺し, を陥

▼ 政黨内閣論~ (3, 0.1%)

1 に傾き, は夫, を聞きたる

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 え, え今お待ち

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 てまいりました, 間接に

▼ 政その~ (2, 0.1%)

2 利害の

▼ 政ちやん~ (2, 0.1%)

1 と一処, にも出す

▼ 政では~ (2, 0.1%)

1 きかない氣, 理念としては

▼ 政とか~ (2, 0.1%)

1 七祀, 専制政とかの

▼ 政との~ (2, 0.1%)

1 意見が, 間に

▼ 政なりと~ (2, 0.1%)

1 す, 論じて

▼ 政ばかり~ (2, 0.1%)

1 でお, でなく全

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 せがんで, 声を

▼ 政へも~ (2, 0.1%)

1 彼へも, 語らなかった

▼ 政をも~ (2, 0.1%)

1 圧するの, 罪に

▼ 政一致~ (2, 0.1%)

1 ということ, になった

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 についての得失利害, にも何

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 です, などという偉い

▼ 政~ (2, 0.1%)

2 て遠

▼ 政以氏~ (2, 0.1%)

1 と為す, と爲

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 といふ単一政事結社, の出版

▼ 政兄弟~ (2, 0.1%)

1 の大, の陣所

▼ 政入道浄海~ (2, 0.1%)

1 に賄, は平家

▼ 政入道清盛~ (2, 0.1%)

1 のやう, も死ん

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 が勅使, が廂

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 なんてまっぴら, を否定

▼ 政及び~ (2, 0.1%)

1 その結果, 養子伊賀守勝豊以下を

▼ 政古き~ (2, 0.1%)

2 大御世

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 に於, の一大段落

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 にし, に非

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 にし, に非

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 に会, に籠っ

▼ 政大殿~ (2, 0.1%)

1 に奉じ, に奉ずる

▼ 政学者~ (2, 0.1%)

1 はみな揚言, 既に君位

▼ 政宗め~ (2, 0.1%)

1 が寄せ, が陰謀

▼ 政宗位~ (2, 0.1%)

1 だけだ, の仕事

▼ 政宗謀叛~ (2, 0.1%)

2 とは初め

▼ 政左衛門~ (2, 0.1%)

1 が体当り, という一刀流

▼ 政復古~ (2, 0.1%)

1 のこと, は皇国本来

▼ 政權日本~ (2, 0.1%)

2 の大政翼賛會等

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 から曾, なども是

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 に委ねざれ, を談論

▼ 政法上~ (2, 0.1%)

1 において国権派, の急進主義

▼ 政淳寺~ (2, 0.1%)

1 にある, に山本家

▼ 政無法~ (2, 0.1%)

1 の世の中, の騒動

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 を落延びさせん, 還因

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 の壇場, の立場

▼ 政職どの~ (2, 0.1%)

1 には今どこ, には相

▼ 政職以下~ (2, 0.1%)

1 すわという, の者

▼ 政職様~ (2, 0.1%)

1 にはそれ, の御

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 が指圖, と云っ

▼ 政~ (2, 0.1%)

2 に就い

▼ 政表課~ (2, 0.1%)

1 から出版, があり

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 の談議, 格式目

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 が馬上, の姿

▼ 政~ (2, 0.1%)

2 でも彼

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 に一切, は将軍

▼ 政費節減~ (2, 0.1%)

1 に仮託, のため

▼ 政費節減民力休養~ (2, 0.1%)

2 を唱

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 の軍勢, の隊

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 におとづれて, に訪れ

▼ 政閑期~ (2, 0.1%)

1 にはどこ, には政治面

▼ 政~ (2, 0.1%)

1 のほう, へ歩

▼ 政黨中~ (2, 0.1%)

1 で最も, に在

▼ 政黨内閣制~ (2, 0.1%)

1 に反, を否定

▼ 政黨嫌~ (2, 0.1%)

2 ひの

▼ 政黨改造~ (2, 0.1%)

1 の意見, を唱道

▼ 政黨政社~ (2, 0.1%)

1 の開山, の類

▼ 政黨界~ (2, 0.1%)

1 には尚, のルイ十四世

▼1* [326件]

あたりであろうとは, 政あればこの, 政いまだ竟へ, 政猿畠の, 政および帝政の, 政かしこよりいで, 政かなこれは, 政これに在り, 政ごとに対して不満, 政ういふ, 政さんあなたの写真, 政さんここへはいんなさい, 政じゃお職, 政我らが, 政すなわち立憲政は, 政するは当然, 政せがれは佐吉, 政たちが相つい, 政たる絶対に, 政のいふ, 政だけは笑ひもせず, 政ちゃんこっちへ入っ, 政ちゃんと町へ, 政ちゃんどこでペス, 政ちゃんひとりしかペス, 政ちゃんほんとうかい, 政ちゃんりんごをさる, 政ちゃん安心して, 政であったそこには, 政であり君主政で, 政でないようである, 政でなくとも容易, 政でもなかろうし, 政とかの概念は, 政として丹後一国で, 政とてもとより, 政とに顧みて, 政ともいふ或は, 政とを分けるの, 政どんといふもの, 政どんと一緒の時, 政どんと十日に一度位, 政どん今日は早朝, 政どん噂に聞く, 政どん御前がああ, 政ないし民主政を, 政などいふ例, 政などからも余り好かれなかった, 政などと違って, 政などになると, 政などにも同じやう, 政などを併わせ百七十余万石動員兵力量四万四五千に, 政ならでは目が開かぬ, 政なる人物の, 政なんぞあれは, 政にさえ見限られたくらいの, 政にたいしてここは, 政についても軍議の, 政にて人民の, 政にのみ心を, 政によっても行なわれたから, 政にわたって大いに警戒, 政に従って小谷に, 政に関しては国民の, 政はじめ此処に霊魂, 政はもウ帰ッて, 政へというよりも, 政ほかに佐吉, 政ほどな者, 政ほどの鼬花火の, 政をし, 政て来たら, 政やんちょっと馬, 政より始まる, 政よりは六つ七つ若い, 政が胡地, 政ら三人であった, 政ヲ把リテ志ヲ行フ能ハザリキ, 政一つである, 政一ときては日, 政一人でやる, 政一名登って, 政一言もなし, 政一途に出, 政七これが其方, 政七両氏と共に鰍沢, 政七余の品, 政七昨夜重三郎はお, 政七荷足の仙太郎, 政につく, 政不破彦三などの奇襲戦, 政世間からチヤホヤ, 政略の, 政にも滅多, 政中村家政代とよびし, 政二つながら完き, 政五郎家来納戸役金七両十二人扶持川崎丈助の女, 政交通の利, 政亮政治部長の高田知一郎, 政今日この琵琶, 政今更何の, 政以下われら重臣座を共に, 政以下命のあらん, 政以後の燒物, 政佐君を悼み, 政使となし, 政によって大, 政であり軍僧, 政兄イあそこでは一時, 政公眇目の平公, 政刑律例に及び, 政刑情実に成り, 政の甚だ, 政制度があり, 政前田又左衛門利家, 政前田利鬯皇太后宮亮林直康氏等が来, 政剣一如という高所, 政の背後, 政北陸にあっ, 政十郎の娘, 政右衛門さんの末子, 政右衞門や元禄六年, 政名流二刀二天流などの士, 政名玄信などとも名乗った, 政名藤原玄信と書い, 政がいた, 政に養, 政尽き曹操, 政国西軍には大内政弘, 政執りもちて, 政の二代, 政増清勝に仕え, 政壇青雲の志, 政大いに怒って, 政大夫呂祐吉通訓大夫慶暹同丁, 政大義名文ウフアハハハハ脇坂様なぞ大岡殿, 政太師と称し, 政夫婦がこぎつけ, 政如き愚痴無知の, 政曰先有司赦小過, 政ノ要, 政学党の社中, 政學堂江南製造學堂南北洋水師學堂など西洋, 政宗さへ此年, 政宗さんから実は, 政宗それを取り上げ, 政宗と一揆方との通謀, 政宗と懇親である, 政宗と策応して, 政宗三成清正正則それに毛利, 政宗二人の様子, 政宗今日夕刻より俄, 政宗以前から世, 政宗以来の水害地帯, 政宗以来孔雀丸は松島, 政宗元服の式, 政宗先生が音, 政宗公以来伝わって, 政宗参候の事, 政宗如何と観, 政宗寄するぞ, 政宗当人さ, 政宗松平忠輝等の連合軍, 政宗殿にはだ, 政宗的な言葉, 政宗監視の役, 政宗等と片山道明寺附近, 政宗遅滞するならば, 政家十代前の宗, 政に過ぎれ, 政實一族五千人福岡城を死守, 政で切腹, 政専任の権, 政少し力を, 政巨細となく, 政て方策, 政度あたりの同じ, 政度戯作文学のラスト, 政度戯作者気質に即し, 政弊悪政はこの, 政形加藤直枝など三, 政を立て, 政従う者は, 政復古運動の進展, 政徳山五兵衛尉を呼ん, 政忠殪れ光則, 政忠等が率いる, 政怒って攻め立て, 政恒夫人よ, 政懿雁木坂の四加番, 政を開始, 政房次は松平直矩, 政政言輝録の三公達, 政の単, 政方面を抜き, 政既に平け, 政是江波月弄妍などか, 政として政治, 政で僅か, 政未だ立たざる以前, 政提携し, 政本部が非公式, 政などは関東, 政根来の雑賀党, 政も申し, 政權侯伯の恣, 政權分配問題は自由黨, 政權奉還に似たる, 政權掌握てふ, 政權武力の新, 政權獲得を夢み, 政權軍權財權ヲ私セル者ハ只龍袖ニ陰レテ惶, 政權黒黨の手, 政はこれ, 政殺しに関係, 政母子は眉, 政毛受勝介みな討死して, 政法上道理に合う, 政法無形の人, 政法科は我法科, 政法科文學科醫科格致科農科工科商科の八分科, 政泰討死し関城, 政泰駒城主の中御門実寛, 政が主膳高清, 政照抔至極之決心, 政爭激烈であつ, 政現れて漸く, 政申すつかさ, 政が, 政相国と称し, 政社組織の準備の, 政程には無くとも, 政税務すべてを管理, 政竹鼻城主の不破, 政等以檄告喩壹與壹與遣倭大夫率善中郎將掖邪狗等二十人, 政継政増の二代, 政維新がおこなわれた, 政は坂本, 政は年月, 政翼賛会に於, 政聴かず他の, 政職つていふ男, 政職以下詐謀日和見の偽装, 政職君の長崎, 政職閣下と書きつけた, 政自ら槍を揮っ, 政自治の制度, 政自身津幡を攻め, 政が幕府, 政若狭守経俊淡路守清房尾張守経貞備中守師盛武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 政荒井泰治の人々, 政萬端利章一成内藏允, 政虎聞キ候テ可討留物ヲ残リ, 政虐刑をなし, 政血気に逸っ, 政なる訳字, 政表学なる語, 政要六韜などの漢書, 政親等諸将相, 政親組飯田四郎左衛門良清に嫁, 政言殿には二万五千石, 政言輝録の三公達, 政記刪潤不止, 政記十五巻通議二巻日本楽府一巻其他文集詩鈔の類, 政記校訂の事, 政諸事心やすい, 政變政爭愈々顧みられなく, 政の弟, 政越前大野の金森長, 政の茨, 政の予言, 政遂げて覆, 政が即ち, 政達二人の墓, 政達居士の法諡, 政邦次は松平明矩, 政長政父子から一鞭, 政陽郡の東南, 政なりとて, 政が來, 政のもの, 政わず, 政頼中条越前守たちもすぐ, 政頼柿崎和泉守などの諸, 政大いに改まり, 政風人情政治上の事, 政風雪の山路, 政飲まぬか, 政驍勇にし, 政體創造の首功, 政體又は其思想, 政體或は民主思想, 政體藝術文學の類, 政高公俄かの御, 政黨ぎらひな私が大, 政黨たるを得可, 政黨上の歴史, 政黨主義等をベルグソン, 政黨互ひに, 政黨以外に新政黨, 政黨以外新たに同志, 政黨其物を非, 政黨内閣たるを得る, 政黨内閣組織の最大要件, 政黨内閣論者なり, 政黨分野に大異, 政黨史を編, 政黨員たるの日, 政黨員任官の門戸, 政黨扶植に盡力, 政黨提携の事, 政黨攻撃の文, 政黨政治であるから, 政黨政治家と其の, 政黨政派の爭, 政黨是れなり, 政黨歴史を打破, 政黨漫りに, 政黨終に行政權, 政黨總理を辭, 政黨腐敗したればとて, 政黨自身の罪, 政黨論に反, 政黨革新の事, 政黨首領たるの範圍, 政黨鬪爭とかさ