青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「放つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

支配人~ ~改めて 改めて~ 改良~ ~攻撃 攻撃~ 放し~ ~放っ 放っ~ ~放つ
放つ~
放送~ 政~ 政党~ ~政府 政府~ ~政治 政治~ 政策~ ~故 故~

「放つ~」 1226, 13ppm, 8342位

▼ 放つ~ (511, 41.7%)

21 置いて 20 ゐた, ゐる 16 置け 15 置くと, 置けば 11 置いても 10 置くが 9 ゐるの 5 居る, 置くわけ 4 居た, 置けまい 3 おいても, おくこと, 泣いた, 置くがい, 置けない

2 [30件] あるの, あるので, おいて, おけば, お置き, しまつ, ゐたが, ゐたの, ゐます, ゐるきつ, ゐると, ゐる幾多, 咆吼せし, 居たが, 彼は, 思はず彼女, 相和, 置いた, 置いたの, 置かうよ, 置かなけりや, 置くもの, 置くん, 置けない奴, 置けません, 置け放つて, 自分の, 見るの, 貰ふと, 踊り出した

1 [281件] あります, ある, あるから, あると, ある安並, ある水源地一帯, いつかは, おいたの, おいたもの, おいたよ, おいたり, おかないと, おかれたので, おかれた淋し, おきたい気持, おきたかつた心, おくと, おくといふ, おく限り, おけや, お鳥, きい, これを, しまふといふ, じつと, そこに, その痛, それが, たとへば妖女, つと座, とんと燕, どかりと, どこからでもさ, どたりと, はつきりと, ふわ, みえる, やつたら, やらうと, やりな, やるが, やれ, よく時人的弊, わたしの, ゐたやう, ゐた力量, ゐた糸, ゐなければ, ゐました, ゐること, ゐるで, ゐるであらうか, ゐるので, ゐるのに, ゐるほの, ゐるやう, ゐるらしかつ, ゐる人々, ゐる作品, ゐる冷たい, ゐる山本山正味百二十匁入り, ゐる態, ゐる杜国, ゐる樣, ゐる途中, ゐる部分, アガメムノーンを, アキリーズを, チリチリと, ピーピーと, プイと, ベッドに, 一息いれる, 乳房から, 了ひ, 二人の, 二階へ, 人々に, 人間と, 会衆を, 何か, 何にも, 何んな, 使者の, 來た, 俄に, 信一郎の, 先へ, 其死体に, 其長い, 再び茶釜, 切腹した, 卓上の, 原始時代の, 去らしめた, 叫んで, 可笑しくも, 向ふ, 吾, 呉れた古今東西, 和平ならず, 四の, 四邊を, 城を, 城中に, 夜間採集には, 大和は, 大槍, 天上に, 天下の, 太い軟らか相, 奧へ, 女は, 女を, 好いか, 妹の, 家の, 富豪を, 尻すぼめ, 居たに, 居りました, 居ります, 居ると, 居るの, 居るばかり, 居る光線, 山の, 山懐に, 市中に, 市街をを, 幾島は, 彼の, 打ち倒れて, 打ち殺して, 押し合, 掛つて居た, 推賛の, 措くから, 敵手の, 時々四五尾宛ピンセツト, 暴れま, 末班まで, 来たん, 来る, 来る訣, 梯子の, 椅子から, 機を, 止めども, 歩き乍ら慟哭した, 殊に新, 殺すか, 母屋へ, 毒を, 水夫が, 江戸の, 泣いたので, 泣きたり, 泣く, 泣くの, 清めて, 渠は, 溌剌として, 漁夫の, 演説を, 炬燵の, 無智識, 爆発を, 爽, 片手を, 猛攻した, 現はれた, 現在の, 痛快に, 盲井醇醴を, 相手が, 瞬間的に, 神を, 神儒佛の, 私たちを, 私と共に, 私の, 秣ふ, 空へ, 空中に, 空腹で, 立ちしなに, 立ち上りついでの, 終ひ, 置いたこと, 置いたつて, 置いたので, 置いたよ, 置いたら, 置いたらう, 置いたらお, 置いたらどんな, 置いたら命, 置いたら娘, 置いたら親切, 置いたら講中, 置いたら返つて, 置いた上, 置いた家, 置いた日, 置いちや可哀想, 置いちや惡い, 置いちや氣, 置いては, 置かれ, 置かれた日, 置かれて, 置かれなきや, 置きたくないこと, 置きなすつた方, 置きましたが, 置きましたがね, 置きましたところ, 置きませう, 置きませうよ, 置きませんよ, 置く, 置くこと, 置くそして, 置くなら三河屋, 置くなら他, 置くの, 置くべきもの, 置くやう, 置くより, 置くんで, 置く事, 置く方, 置く氣, 置く癖, 置く筈, 置く薄情さ, 置く訳, 置く譯, 置けないが, 置けないし, 置けないな, 置けないもの, 置けないやう, 置けない性質, 置けなくなる, 置けねえこと, 置けません乘, 置けよ, 置け今, 置け御用聞, 置け戸, 置け此家, 置け此野郎, 老女は, 自家の, 自殺と, 茫然と, 蘇生しよう, 蟷螂を, 行きを, 行つたのは, 見せ物場を, 見たが, 見ると, 見わたせば, 見事に, 見返りも, 詩を, 賞美する, 遠く擴が, 開かせる時期, 靄を, 靜まつ, 顔を, 風を, 飛んで, 馬の, 馬車を, 駈け出しました, 鬱憤を

▼ 放つ~ (95, 7.7%)

4 いて 2 この男の子父, 他の, 文句なし, 矢は, 青年が

1 [81件] あたりには, いった, いまだにぼうぜんとたたずみ, いわれたこの, おかみに, おもしろい形, お駒, くちふこと, この乱軍, したらどう, その左眼, その斥候隊, それで, なだれを, ほどなく毒瘡, みごとに, 一同が, 一弾こめ, 三日も, 両手で, 両手にも, 両膝, 二条ばかり, 五百の, 今年の, 今度は, 低い地平線上, 何か, 信ずる習, 再び密集団, 十矢ずつ, 南南西に, 双頬, 同時に, 同時に彼女, 同時に詛, 唯見る, 地平から, 多景島がや, 寒鮒は, 巌流は, 左手に, 市の, 庭前の, 彼は, 彼方の, 御嶽に, 心安らかに, 忽ち棒, 意外や, 慌て, 成程, 拍手が, 新七は, 旭山城に, 暗夜にも, 板場の, 水は, 水面忽ち, 猫たちまち, 称せらるる, 等しく越前勢, 聽く, 自分の, 舗道は, 舞踏の, 蒼ざめて俯向いた, 蔑せら, 蛇は, 蜻蛉の, 衝撃に, 見れば, 見事に, 見渡す限り, 辻風典馬の, 過たず一, 酔いに, 間髪を, 隣の, 鞭を, 顏から

▼ 放つ~ (47, 3.8%)

8 である 64 では 2 を聴く

1 [27件] があった, がある, が例, が其の, が多年, が無抵抗, さ, じゃ, だった, だつた, であった, であります, であるから, と同じ, と同時に, はあれ, はいかなる, はいささか, はその, はそれぞれ, もあった, もどう, を左手, を瓢箪式, を聞い, 一事が, 有様天も

▼ 放つこと~ (39, 3.2%)

3 がある

1 [36件] ありても, あるに, ができなかった, が六ツ, が出来ない, が出来る, さえある, だろう, であろうか, です, で野, なかりき, なし, にしよう, になっ, になった, になり, になりました, によってで, によって初秋, に反対, に気, に申, のみを一途, は同情, は期待, は観念論, は許され, も亦, も出来た, も可能, を任務, を得ざる, を拒む, を要, 飢えたる豚

▼ 放つもの~ (32, 2.6%)

3 である 2 あり, なきは

1 [25件] あるも, があった, があつ, が三十種以上, が毀れた, が見えた, さえあった, だ, だから, であります, であるかという, であるとともに, では, と見た, なるか, なれ, にし, には水素, のやう, はみな豫め, はモーラリチー, は三等, は曰く厠, もある, 相集まり

▼ 放つよう~ (31, 2.5%)

5 なもの 4 になる 2 な乳白色, になった

1 [18件] だった, なこと, なそんな, な声, な微笑, な心地, な怪し, な欅, な無駄, になっ, にグッタリ調子, に単に, に思えた, に死骸, に清盛, に焼け, に神経, に見うけられた

▼ 放つても~ (25, 2.0%)

7 置けまい 3 置けないやう, 置けません 2 置けない, 置けめ 1 おけまい一度, そんなに不自然, 余外な, 置けず阿倍川町, 置けないから, 置けない重大, 置けまいど, 置けまい行つて

▼ 放つ~ (17, 1.4%)

2 至る

1 [15件] しくは, しても, すぎない互, 一箭一箭紅的を, 異ならず身, 等しい結果, 自ら驚き, 至ったの, 至った本意, 至って, 至つては, 至つても, 至るか, 至る以上, 鷹は

▼ 放つ~ (16, 1.3%)

2 如きもの, 如しと

1 [12件] ごときこと, ごときを, ごとく不思議薫不思議臭, さすがに, どうだ, ゆえだ, ゆゑにかの善生ず, 如きは, 届かない, 消えた蝋燭, 白日の, 設計しない

▼ 放つちや~ (14, 1.1%)

3 置けません 2 置けない, 置けないから 1 置けないお前, 置けないぜ, 置けない此場, 置けなかつたんで, 置けねえ, 置けねえが, 置けめ

▼ 放つところ~ (13, 1.1%)

2 であろう, の液体 1 だった, の, のもの, の光明, の劣情, の動く, の大, の窓, の霊光

▼ 放つては~ (10, 0.8%)

2 置けない 1 おけない, 消えて, 消え放つては, 置きなさらない, 置けないが, 置けなかつたの, 置けませんお, 薪の

▼ 放つとき~ (10, 0.8%)

2 やい 1 がある, そのかなしみ, の自分, はシャロット, は単純化, は心静か, は神, わが一筋

▼ 放つ~ (9, 0.7%)

2 得ざりし者 1 いふ, 得たの, 憚らず, 望む, 見よ, 視たの, 視恐れて

▼ 放つ~ (8, 0.7%)

1 とさすが, なり, に, に射られ, のあたらぬ, は之, は建波邇安, は集まっ

▼ 放つという~ (7, 0.6%)

1 ことは, こと泰親いまだ, ような, 催しを, 場合の, 意味でも, 趣向は

▼ 放つので~ (6, 0.5%)

1 あつた, あらうか, 人だかりの, 彼女は, 私も, 調べさせて

▼ 放つ~ (6, 0.5%)

1 があっ, があった, こそは先生, なりと, は鶴, もあった

▼ 放つたり~ (5, 0.4%)

2 した, 鴉の 1 何か

▼ 放つ~ (5, 0.4%)

1 いかが, この誤, 同様で, 山影の, 趣きあり

▼ 放つ~ (5, 0.4%)

1 そこに, ひそかに, 否や, 寒鮒みんな泳い, 青田風

▼ 放つ~ (5, 0.4%)

1 が身, なん, によって如何程, のあざやか, よりももっと

▼ 放つだけ~ (4, 0.3%)

1 である, では, で一万メートル, で風船虫

▼ 放つと共に~ (4, 0.3%)

1 おもわず日頃, 勝家始め男女三十九人一堂に, 夜来の, 老女は

▼ 放つ~ (4, 0.3%)

2 など太田 1 に全身, は彼女ら

▼ 放つ~ (4, 0.3%)

1 が金色銀色, のあら骨, は殆ど, 小さし

▼ 放つかの~ (3, 0.2%)

1 ごとく, 如く高く, 様に

▼ 放つその~ (3, 0.2%)

1 声には, 火花はも, 隙に

▼ 放つたか~ (3, 0.2%)

1 とおも, と思ふ, と見る

▼ 放つため~ (3, 0.2%)

1 には後宮, の下, の存在

▼ 放つのみ~ (3, 0.2%)

2 ならずその 1 なるに

▼ 放つばかり~ (3, 0.2%)

2 であつ 1 でなく遠近

▼ 放つやう~ (3, 0.2%)

1 なこと, な気, になつ

▼ 放つ~ (3, 0.2%)

1 あるべからず, がしばしば, をなすまじく

▼ 放つ~ (3, 0.2%)

1 が来た, はあまり, を酔わす

▼ 放つ灼熱~ (3, 0.2%)

3 の白金

▼ 放つ~ (3, 0.2%)

1 が晃乎, の終末, をばすべて樂しき的

▼ 放つ砲弾~ (3, 0.2%)

1 が飛び出した, の装填, も盛ん

▼ 放つ~ (3, 0.2%)

2 もある 1 もあり

▼ 放つ黄金~ (3, 0.2%)

2 の日あし 1 の光

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

1 あるいは両者, それとももつともつと

▼ 放つだけの~ (2, 0.2%)

1 事じゃ, 蝋燭を

▼ 放つとしか~ (2, 0.2%)

1 思はれずこの, 思われずこの

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

2 ぶ川

▼ 放つなり~ (2, 0.2%)

1 とある, 而し

▼ 放つには~ (2, 0.2%)

1 充分だ, 少々寒

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

1 朝の, 賢人

▼ 放つゆえ~ (2, 0.2%)

1 にその, に願

▼ 放つよりも~ (2, 0.2%)

1 むしろ後方, 空しい戦略

▼ 放つ一言吐胸~ (2, 0.2%)

2 をつい

▼ 放つ一顆~ (2, 0.2%)

2 の宝石

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

1 なるべしと, も変態心理学

▼ 放つ切点~ (2, 0.2%)

1 か, があるらしい

▼ 放つ勇気~ (2, 0.2%)

1 はなかっ, は全く

▼ 放つ動物的精液~ (2, 0.2%)

2 の激臭

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

1 魚は, 鯛が

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

2 の奇男子

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

2 ばかりを扱うた

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

1 のうしろ, のす

▼ 放つ深い~ (2, 0.2%)

2 悲哀を

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

1 がきらめく, は鋭く

▼ 放つ鋭い~ (2, 0.2%)

1 眼が, 銀箭の

▼ 放つ~ (2, 0.2%)

1 が異様, も清かっ

▼1* [206件]

放ついいダイアモンドだったら, 放ついろいろの草花, 放つうつくしきかもまんまろ, 放つかとばかり尊く見えました, 放つかに感ぜしめられるかの, 放つから妙な破, 放つからにはよくよくの, 放つかを少しも, 放つくせにこの, 放つこと幾度か知れなかった, 放つこと雨より繁, 放つこれなる沼, 放つごとにやッ, 放つさまざまな妖火業念, 放つされど初生の, 放つ全体の, 放つすいかずらが一杯, 放つすくすくとのびた肉体, 放つそういう相待上, 放つそれが星雲, 放つたか百合子は気づい, 放つたとえば我々の, 放つたんだよ, 放つてから間もなくの, 放つてをかしくも, 放つあらうが, 放つというも特異の, 放つといふ意味でも, 放つときこれを彎, 放つとき二人が苦しん, 放つとき大千世界はことごとく, 放つとくと魘されて, 放つとともに起ちて, 放つとは大した云, 放つとも言ひたい, 放つ石弩を, 放つにぞ名をば, 放つにも数百円を, 放つのに一々弁解, 放つの暴行を敢, 放つはずはない, 放つはて知らぬ海, 放つひとりであること, 放つひまもなく, 放つふうだった, 放つほかに何, 放つほど罪ない, 放つほどに猿猴霧に, 放つほどの大挌闘, 放つぶいわかしと, 放つまで永いはる, 放つままに任せ, 放つみすぼらしい老人に, 放つものただに地上, 放つものわれなり, 放つもの乎否なれば, 放つやつを, 放つよりとんで, 放つらんと覚えず, 放つわけであるが, 放つシャボン玉が碧空, 放つダイヤモンドを見た, 放つデマゴギーだという, 放つメスを危険, 放つ一人の偉人, 放つ一弦一弦の弓鳴り, 放つ一點を見, 放つ万暦の鉢, 放つ不二の明る, 放つに恍惚, 放つ主人の態度, 放つ事実の一つ, 放つ人自体を憎む, 放つ仏像の見える, 放つのもの, 放つ作家であるが, 放つ佳香と相まって, 放つ儀式がありました, 放つ光景に醉, 放つ光沢の中, 放つ光線が水勢, 放つ其衣取りて, 放つに, 放つ功績である, 放つひさ, 放つ勿らしむ, 放つから音, 放つ合成金の新, 放つです, 放つ嘆声に他, 放つ土中をめがけ, 放つは, 放つ多くの草花, 放つの空, 放つは無, 放つの明星, 放つ容子もなく, 放つ密偵は悉く, 放つ尊厳さを薄め, 放つ山河内の姫, 放つ幼い感情に, 放つ幾分詠歎的な, 放つ幾千の睛, 放つ強き光の正中, 放つ怪物淺藍色の多, 放つ愛人我等が救, 放つ感じで不吉, 放つるもの, 放つ所以なの, 放つ手釦の宝石, 放つ攻城砲のみはいかに, 放つ数個の眼球, 放つ敷布団一枚かけ布団一枚, 放つ明るさを, 放つ時そこには現実, 放つ時汝のいっさい, 放つ時節でないから, 放つもない, 放つの實, 放つの樹, 放つ果実のよう, 放つ柘榴珠が収め, 放つ栴檀の大佛像, 放つには, 放つ楽しみがある, 放つ楽器の数々, 放つ樟脳の香, 放つ毒々しい花粉の, 放つ気味悪い燐光として, 放つ気持にもなれなかつた, 放つ水面にかの, 放つ汚い顏を, 放つ液体を分泌, 放つのお, 放つ烏賊の話, 放つ無窮の薔薇, 放つ熱っぽい活溌な, 放つ燈台が白い, 放つ燈火に火, 放つ爛々たる眼, 放つ物体を視る, 放つ独自の風格者, 放つはダイヤモンド, 放つ珠履をはい, 放つ琵琶の湖, 放つは宝, 放つ生温い香気が, 放つ用意をした, 放つひ鳩, 放つ白い粉が, 放つ白夢香の筈, 放つ皺くちゃのハンカチーフ, 放つの奥, 放つ矢玉に斃, 放つ矢石の敵, 放つ石垣の側, 放つ社長から神示, 放つもない, 放つな小造り, 放つのその, 放つのよう, 放つ者さへあつ, 放つ肉体を, 放つ肯定の言葉, 放つはずして, 放つの匂い, 放つ自由境である, 放つ至善の光元, 放つ色彩が圧迫的, 放つを折らせた, 放つ草原の枯れ, 放つ蔓性植物や花, 放つを上, 放つ薫閃めく光, 放つかがせよ, 放つのやう, 放つ血気のその, 放つを知る, 放つ見学の将校, 放つ視力のめざまし, 放つ言語が胸中, 放つを出し, 放つ聖徒, 放つ赭色のガレ, 放つ距離といい, 放つ退屈を, 放つがなく, 放つか向, 放つ金属のどろどろ, 放つ銀色の影, 放つもなかつた, 放つ間もなく流れて, 放つ陰翳とが彼方此方, 放つ青柳の絲, 放つ飛槍は誤らず, 放つ飛箭に投槍, 放つ飜譯の詩, 放つ香気には何と, 放つ騒音にまきこまれ, 放つ高い香気は, 放つ髪新鮮な麦藁帽子, 放つだつた, 放つの糞, 放つ鳶色の大きな, 放つ黄銅は第, 放つ黒焼き屋であること