青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「放し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

支那~ ~支那人 ~支配 支配~ 支配人~ ~改めて 改めて~ 改良~ ~攻撃 攻撃~
放し~
~放っ 放っ~ ~放つ 放つ~ 放送~ 政~ 政党~ ~政府 政府~ ~政治

「放し~」 1582, 17ppm, 6659位

▼ 放し~ (921, 58.2%)

23 くれ 22 下さい 21 やった 16 しまった 15 ください 12 やりました 11 やって, やると, やれ 10 やる 8 やつた 7 ある, おくん, やるの, 見ると 6 置いて 5 おいて, しまいました, しまえ, やったこと, 呉れ 4 いて, おくと, ください僕, しまって, みると, やること, やれば

3 [17件] おやり, おやりなされ, くれた, しまったの, ちょうだい, やっても, やつて, やるから, やろうと, 下さいよ, 両手を, 今まで, 後ろへ, 放して, 置くと, 逃げようと, 頂戴よ

2 [45件] あげて, あたりを, あって, いった, いつた, いると, おくれよう, くれない, くれ手, しまうの, しまったが, その儘, その方, その縁側, その顔, それを, なくなして, ほし, まるで咆, もらいました, やったの, やりましょう, やりますと, やるだけに, やるつもり, よろよろと, アヽ楽や, 上げないこと, 下さい放して, 人々の, 代助, 出て, 庭つづき, 来たの, 枕元の, 棒の, 烟草の, 考えること, 耳を, 自分の, 言った, 退ると, 頂戴と, 頭を, 驚いたよう

1 [533件 抜粋] あった, あったとしても, あった一人, あった蓙, あっても, あつた, あまり人も, あるし, あるでは, あるどの, あるの, あるので, あるトランク, ある上, ある二階, ある座敷, ある押入, ある次の間, ある牛, ある縁, ある馬車, ある鶩, あッという, いきなり外套, いきなり天皇, いた, いたから, いただきてえん, いただきます, いたの, いたわけ, いた僅か, いつもの, いやな, いらっしゃい, いる, いること, いる女房, うしろへ, え訳, おいたきり, おいたこと, おいたり, おいたん, おいた斥候, おいた鱸, おいては, おいてもね, おきました, おき急ぎ, おくから, おくからさ, おくが, おくという, おくよう, おくれ, おくれよ, おくれよクロック先生, おくれわたし, おくれッ, おくれ痛い, おく習慣, おけば, おしまい, おやりなさい, おやりなす, おやんなさい, おるもの, お光さん, お貰い申します, お辞儀を, かえって, きっと老婆, くださいこんな, くださいそんな, くださいそんなに, くださいったら, くださいまし, くださいまし船, ください放してよ, ください私, くるりと, くるん, くれあ, くれたさ, くれた四方, くれた者, くれないか, くれないし, くれない奴, くれない指, くれなかった, くれなかった気味, くれなかつた, くれましたけれど, くれません, くれるか, くれるから, くれローク, くれ危, くれ後生, くれ放して, くれ此奴逝, くれ給え放して, くれ親分, くれ釘勘, ぐるりと, げんこつを, こっちへ, この子, しまいますよ, しまう, しまうか, しまうこと, しまえと, しまえば, しまおうかと, しまおうとは, しまったけれども, しまったこと, しまったとき, しまったところ, しまつた人は, しまつて, しまつてゐた, しまふなら, しまふ事, すうっと, そこから, その傍, その大変, その手, その轟音, その隅, その髪, それから向う向き, それから遮二無二, それだけで, それで, たまるか, だれも, ちらかって, つかわすが, つかわせ, つぶやいた, つまらなそう, とうとうハンケチ, どうしよう, なぐりつけるよう, にっと笑った, ねえ手, はげしい息づかい, ばらばらと, ひたすら老儒者, ひらひらと, ふたたび叡山, またもやドミトリイ, また寄っ, また自分, まだねころん, みなされすぐ, みよう, みようか, みようかとさえ, みるが, みること, みるよう, みれば, めぐって, もう一人, もう一度君, もぐらが, もとの, もらいたくない気持, もらうの, もらったそう, やったが, やったって, やったとの, やったので, やったもの, やったら大川, やった事, やった故に, やった消えて, やった白い, やった籠, やっちゃ, やつたり, やらうと, やらしたの, やらないぞ, やらなくちゃ, やらねば, やりそれから, やりたい, やりたいの, やりたくなった, やりてえん, やりましたが, やりましたと, やりましたよ, やりますから, やるか, やるつて, やるよう, やるわけ, やる時機, やる言わなければ, やれい, やれいい, やれって, やれと, やれなどと, やれ野中, やろう, よいと, よいもの, よこしたよう, よこしました, わたくしの, ゐなかつた, ゐる, ゐる見たいな, エ, グルグルと, ゴリは, ドアを, バケツと, バスに, ヒルネも, 一人うそぶい, 一人で, 一歩下が, 一歩先に, 上を, 上目を, 下, 下さいあゝ, 下さいでないと, 下さいと, 下さいほんとに, 下さい見られると, 下さい退いて, 下さつたこと, 下さつた御, 下されば, 下すもの, 下に, 下の, 下りたおなじ, 中庭を, 丹生川平へ, 主人公の, 主殿, 了った, 了ひなさい, 了ふ, 二階の, 云った, 仏家式の, 仕舞うと, 他人に, 他巳吉, 仰向けに, 伸び上がって, 何処かへ, 來んだ, 保が, 倒れかかるはずみ, 健三を, 傍屋へ, 僕は, 兄の, 其処へ, 内に, 冷やかな, 凝然と, 出すこと, 出すなあ, 刀を, 別室へ, 剣を, 劉備の, 助八, 千鶴子を, 去って, 又帯際, 反対の, 古ぶる, 各所に, 吉野太夫を, 君の, 地に, 堪るもの, 声を, 外から, 大事そうに, 天井を, 天皇の, 夫の, 子を, 孤立させ, 実際の, 室に, 家の, 寄来す, 対手の, 小一郎奴は, 小女の, 小走りに, 少し前, 尻っ, 尻に, 居た, 居る, 屡々突拍子, 山や, 山杉甚作が, 川の, 巡査と, 巡査の, 差置くや, 帰さなかった, 帰したと, 帰したという, 帰す前, 床の, 庭を, 弟の, 弱, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼方の, 後へ, 後押して, 快走艇や, 急に, 急催促, 戸倉老人の, 斬りかかれ, 時計を, 曳きずって, 木製人形の, 本所の, 来た, 来ました, 来ようよ, 来る行事, 林に, 林の, 柄尻で, 柔かに, 棹を, 榮子を, 横に, 檐下へ, 歓びの, 此處へ, 歩いて, 死なして, 死なしてと, 母の, 毫も煎じつめた, 気勢を, 気合いを, 気持ちの, 水邊に, 沈んで, 活かして, 海とは, 火鉢の, 無我夢中で, 犬に, 犬を, 独りで, 珍らしい, 生活し, 生涯の, 田打櫻の, 番の, 畳の, 盗みを, 盤の, 目新しげ, 眞ツ直, 私の, 私を, 稍, 突きやりました, 突きやる, 突き倒した, 突き出した面, 窓を, 立ちあがると, 立ちあがるなり手, 立ちすくんで, 立ち上った, 立ち上つた, 立ち上つた位, 立ち去って, 笑遁の, 箪笥の, 素知らぬ顔, 終った, 縁さきへ, 縁先へ, 置いたの, 置いた騾馬, 置いては, 置いても, 置きますから, 置く, 置くという, 置くん, 置けば, 考へようとしても, 肩を, 腰を, 膝の, 自分だけは, 自分は, 自在に, 自斎, 舞台全体に, 苦い潮水, 草を, 落ちる, 落ちるところ, 藪の, 蘇生させ, 行った一件, 行つたのだ, 行つて了は, 表に, 裏口へ, 見す, 見せて, 見よ鉾先, 見ること, 見るという, 見給え早速, 言いつづける, 言葉でだけ, 語原の, 警官の, 豆を, 貰いたい, 貰い泣きの, 賜もと菊に, 走ろうと, 起ち上らうと, 起ち上る, 起上った, 足で, 足を, 足早に, 跳びついて, 踏みつぶされた蛙, 車夫が, 軽く脾腹, 輝きと, 返せ, 逃げだした, 逃げて, 逃げましたものの, 逃げるん, 逃げ出, 逃げ出した, 遊ばせて, 遊ばせる輪道, 遊びたいと, 遊ぶこと, 遣った, 遣った位, 遣つたこと, 遣つたら幾年, 金を, 門内へ, 隅に, 雀や, 雄鶏が, 露八が, 青眼に, 静かな, 静に, 静まった姿勢, 頂きましょう, 頂戴, 頭の, 顔を, 飛び込もうと, 飛退る, 飼つてあつ, 首を, 駆け出して, 驀地に, 鶴見は, 黙したが

▼ 放し~ (235, 14.9%)

108 して 37 なって 6 なつて 4 されて 3 したまま 2 したこと, してから, ならないよう, 衝と

1 [69件] あってからの, お話しを, かかった, されその, されたその, される論文, したぢ, したに, したま, したり, したるもの, したカメラ, したピストル, した室, した捨子, した衣類, した連中, しちや, してあつ, してるなんざ, しとくから, しないで, しを, する, するという, するとかいう, する蛙, する訳, なった, なったまま, なった何羽, なってる, なってる戸, なつちや居ねえ, なつてる, ならない, ならないで, ならないの, ならぬため, なるが, なること, なるだろう, なると, なる程, まいるか, カンキンし, 中を, 出るの, 尻下りに, 手入れを, 捨てて, 更紗の, 来たん, 来ました見て, 枕の, 物の, 申します, 疑はれるやう, 笑ふ, 育った児, 自分の, 行き家, 行く, 行くよう, 行く隙, 話した, 走った, 釘で, 預けて

▼ 放し~ (67, 4.2%)

32 寝床の, 蚊帳の

1 [60件] あかりの, お仕置きを, お勝手口, しょい揚, ところに, ままが, ままなら, ままの, まま家族の, ものが, ようで, ように, 一般的批評の, 三尺の, 三間ばかり, 上り口に, 二階に, 体である, 入口に, 内臓を, 円柱の, 写真器で, 夜具の, 大きい目, 女だ, 家だ, 寝床に, 寢床に, 床の, 性質その, 截ち切らず即ち, 手紙を, 押入れから, 故事や, 日本本土の, 書生さんの, 気質から, 濶と, 無縁塔と, 男で, 空地に, 窓の, 竹轎を, 笑顔を, 第一着, 義雄でも, 肥料桶みたいに, 蒲団に, 蒲團の, 蚊帳に, 蜜柑が, 調子で, 謎解き, 電灯のみが, 頭髪も, 馬車で, 駒下駄を, 高笑ひ, 鳩時計が, 點の

▼ 放し~ (58, 3.7%)

2 少しも

1 [56件] あつた, あとを, あんなに仲, いいん, いられなかった, いろ, お人好しで, かかえ切れないほどの, この二月, この手紙, その氣樂さ, とり合わず伸子, どこも, どんな事, べつに保存, もの事を, ろくにわが子, わたしたちが, ランプを, 一番美しい, 二人は, 人間が, 今は, 何を, 何處かの, 出て, 動くこと, 勝氣で, 危くって, 口など, 呑むの, 外を, 失礼し, 奥へ, 小遣銭も, 少し浮氣, 帰つて仕舞はれ, 微塵も, 愉快で, 機智の, 正直さうで, 正直一途で, 此処を, 滅法可愛らしく, 無邪氣, 物の, 町へ, 疑ひやう, 皆一家族の, 秘密が, 第一着, 置きます, 親旦那樣, 賑やかに, 遠慮を, 閉た

▼ 放し~ (23, 1.5%)

7 にし 3 にした, ひに 1 した時, ではなおさら, なの, にする, にせられ, になっ, の孔雀, の牛馬, の鳩, よ

▼ 放し~ (22, 1.4%)

2 さりませ, さりませ永生

1 [18件] そして女, ぞんざいな, 処が, 可愛らしい表情, 威勢の, 座敷と, 性格が, 感じが, 態度や, 氣性を, 立膝で, 至極あたりま, 表情と, 質問に, 顏には, 顏も, 顔を, 高笑が

▼ 放し~ (15, 0.9%)

2 しません

1 [13件] したが, しないぞと, しないで, しねえ, しまい, しませぬ, しませぬ放しは, すまいなどと, せぬ, せぬが, なさるまい, 困りますよ, 物騒だ

▼ 放しては~ (13, 0.8%)

2 いかん

1 [11件] いけないと, いけませむ, くれません, こっちが, たいへんである, 引き戻し又, 引戻し又, 殿を, 考えられないもの, 考へること, 韃靼人の

▼ 放しにな~ (13, 0.8%)

7 つてゐた 2 つて居ります 1 つてしまつても, つて寺内には, つて薄, つて鉛筆の

▼ 放しても~ (11, 0.7%)

2 立って 1 いいこと, いたので, おれは, くれよう, もう自分, よろしまっせ, 宜い, 捕まえるの, 艇は

▼ 放したり~ (10, 0.6%)

2 して 1 する, するの, もじもじさせ, 又抓ん, 押したり, 揉んだり, 落したり, 鰻の

▼ 放し~ (10, 0.6%)

2 をし, をする 1 の代り, の供養, をした, をしましょう, を怠らなかった, を買っ

▼ 放しうなぎ~ (8, 0.5%)

3 の惣仕舞 1 で後生, と共に大川, は, をし, をする

▼ 放しながら~ (7, 0.4%)

2 言った 1 云った, 囚人に, 庶民的習性に, 犯すべからざる威厳, 秋三を

▼ 放し~ (5, 0.3%)

1 いうに, いうのに, きまって, 云う有様, 云ふ

▼ 放しそう~ (4, 0.3%)

1 にしない, になかっ, になった, にもしない

▼ 放しその~ (4, 0.3%)

1 傍に, 帰る間際, 手を, 鳴声

▼ 放しそれから~ (4, 0.3%)

1 こめては, 両足を, 小刀を, 警察として

▼ 放しちゃ~ (4, 0.3%)

1 くれませんわ, ならねえよ, ダメ, 駄目ね

▼ 放し~ (4, 0.3%)

2 やない 1 やありません, や氣

▼ 放してあつ~ (4, 0.3%)

1 た丹頂, た窓, て青々, て青青

▼ 放しじゃ~ (3, 0.2%)

1 ありませんか, ないか, 辛い訳

▼ 放してよ~ (3, 0.2%)

1 これは, ヨハンさん, 怪物

▼ 放しでは~ (3, 0.2%)

1 いかぬ年々六萬圓宛修繕費, なかった, 済まんから

▼ 放し~ (3, 0.2%)

2 がれ 1 あがれ

▼ 放し~ (3, 0.2%)

1 ええ, ッ, ツ

▼ 放し~ (3, 0.2%)

1 の手, の運命, は後

▼ 放しつつ~ (2, 0.1%)

1 ある時, 君をこそ

▼ 放してから~ (2, 0.1%)

1 カズ子の, 爐ばた

▼ 放しには~ (2, 0.1%)

1 しないであろうりっぱ, なるめ

▼ 放しにも~ (2, 0.1%)

1 しめえが, 出来ないの

▼ 放しまた~ (2, 0.1%)

1 宋の, 濠の

▼ 放し~ (2, 0.1%)

1 この手, てッ

▼ 放し~ (2, 0.1%)

1 のある, の前

▼ 放し草履~ (2, 0.1%)

1 は飛び飛び, も穿かず

▼1* [106件]

放し追放で, 放しこの聖典を, 放しこれを捕えさせ, 放しへしなけれ, 放しさうにもしない, 放しさっきから片手, 放しさみしく答えたものの, 放しじっとその眼, 放しすっくと身を, 放しすばやく外へ, 放しそしてこう言い返す, 放したまはざれ, 放しだけでよ, 放しってば痛いから, 放してさえくだされたら何ん, 放しての愛情を, 放してをくの, 放しでも馬は, 放しということに, 放しとは気がつかなかった, 放しともないが, 放しどなたさまでご, 放しなおも疾風, 放しなさえだが敲く, 放しにくそうに, 放しにくくて, 放しほんとうとは思えない, 放しぼんやりと法水, 放しまず王の, 放しまるで嘲弄する, 放しきくし馴れぬいて, 放しあたり前に, 放しッこはねえ, 放しドアに身体, 放し三度が三度手盛り, 放しは聖賢, 放し下腹をなで, 放し不眠番を設け, 放し両手を宙, 放し丹治の脇腹, 放しの首, 放しのほう, 放し免すにちがい, 放し八人を眼がけ, 放し其のま, 放し冷やかに三人, 放しをゆがめ, 放しふと与里, 放し同様にし, 放し喰べた物は喰, 放し嘲弄の色, 放し大童で二度と, 放し子供みたいにこっくり, 放し孝助ばかり残る, 放しに保たれ, 放し小声でじや, 放し少し晩い, 放し少なくとも下総一国の, 放し市長を脅した, 放しの上, 放し彼自身の土民, 放し憎いマドリッドの, 放しを合わせ, 放し手紙をずたずた, 放しを彼女, 放し日本の歴史, 放し書斎を抜け, 放しのポケット, 放し村方お構いの御, 放しに辛うじて, 放しからぽたぽた, 放しを喰い縛っ, 放しの膝, 放し沈没させたという, 放し深夜の市中, 放しの体, 放しのほう, 放し矢合わせをし, 放しと豪族, 放しがちょっと, 放しを仰い, 放し笠一つを持っ, 放し第三者として観察, 放し給はず然るに別当, 放し義理も欠き捨て, 放しを聳, 放し自分の席, 放し自分らは草, 放し自我を超克, 放しはふたたび, 放しは屋敷, 放し裸体武兵衛へ眼, 放しひ放しに, 放しを上げ, 放し軽く笑って, 放しのお, 放し陶器師は呆然と, 放し難い気持に, 放し難く遂に三歳, 放しをあげ, 放しの戦法, 放しの匂い, 放しの性質, 放しをずらりと, 放し鳰鳥の様子, 放しの頭