青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「影~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

形~ 形容~ ~形式 形式~ 形態~ 形成~ 彦~ ~彫刻 彫刻~ ~影
影~
~影響 影響~ ~役 役~ ~役人 役人~ ~役割 役割~ 役所~ ~役目

「影~」 16899, 157ppm, 671位

▼ 影~ (3712, 22.0%)

108 落して 56 ひそめて 54 見て 51 投げて 39 見送って 36 映して 34 消して 32 潜めて 30 宿して 24 うつして 23 踏んで, 隠して 20 おとして, 見ると 19 没して, 見た 17 引いて, 眺めて 16 曳いて 15 かくして, 追うて 14 落として 13 かくした, 地上に, 見ながら, 見ること, 踏みながら 12 地に, 見せて, 重ねて 11 つけて, 作って, 浮べて, 見つめて 10 帯びて, 投げた 9 ひいて, 投じて, 落しながら, 見るや, 見送った, 認めた 8 つくって, ひそめた, ふんで, 写して, 持って, 描いて, 追うよう 7 もって, 印して, 落す, 見せない, 見せなかった 6 とどめて, みて, 曳きながら, 沈めて, 消した, 見送りながら, 認めて, 踏まれたの, 踏まれると

5 [21件] さして, 感じる頃, 持つて, 映す, 残して, 求めて, 没した, 流して, 浮かべて, 自分の, 落した, 見つめた, 見ても, 見ない, 見る, 見出した, 追いました, 追って, 追ふ, 逐うて, 長々と

4 [29件] さがして, つくる, ながめて, ひたして, もとめて, 凝と, 慕って, 斜めに, 水に, 浴びて, 消す, 湛えて, 漂わせて, 留めて, 眼の, 私は, 見せなかつた, 見ては, 見失った, 認めると, 踏まうとして, 踏もうと, 踏もうとして, 躍らせて, 追いながら, 追った, 隠した, 隱し, 顧みて

3 [69件] かさねて, こしらえて, じっと見つめ, すかして, そこに, ちらと, つくつて, ひいた, ひきながら, 与へて, 作つてゐた, 作つてゐる, 信じるならば, 倒に, 先に, 凝視し, 反射させる, 口元に, 壁に, 壁の, 失って, 引きながら, 彼の, 往来へ, 待って, 投げかけて, 投げる, 投げるの, 投じた, 抱いて, 指さした, 描いた, 描けと, 曳いた, 水の上に, 浸して, 消したの, 涵し, 添へ, 漂わして, 潜めたの, 目がけて, 眼で, 絶って, 胸に, 落しぬ, 薄くし, 見せないという, 見せないの, 見せぬが, 見たから, 見たと, 見たとき, 見たやう, 見たよう, 見た時, 見つけた, 見つけて, 見なかった, 見まもって, 見るの, 見る時, 見れば, 見出すこと, 見失って, 踏まうと, 追うの, 造って, 長く引い

2 [197件] あらは, ありありと, いつまでも, いりみだして, うけて, うしろに, うつしたの, うつすと, うつすもの, うつす水, おって, おとした, おびて, おぼろに, お延, きざんで, くらまして, さしてゐる, して, その天井, たたえて, たよりに, ちらりと認めた, つけたり, とめて, なして, はっきりと, ひく, ひそめたと, ひそめたもの, ひそめるの, ひろげて, ふるわせて, ぼかして, ぼんやりと, まじえて, みせなかった, みたの, みると, みるの, われらの, ジッと, チラと, チラッと, 一層暗く, 与えて, 乱して, 伴つて居る, 作った, 作るの, 作るよう, 写したもの, 利用し, 刻んで, 動かして, 半町程, 友として, 反映し, 受けて, 土に, 地面に, 増して, 夜の, 失つた, 実地に, 宿しながらも, 宿しました, 宿す処, 寫して, 帯び時雨, 引く老人, 彼は, 往来の, 怖れる, 恐れて, 恐れる, 想像しない, 批判した, 投げかけた, 投げたこと, 投げたの, 投げては, 投げるよう, 投じてるもの, 拝んで, 拡げて, 持つ男, 指して, 振向いて, 振返ると, 捉えて, 捉えるよう, 捉へ, 捉へる, 描くの, 描けとの, 散らした, 斜に, 映した時, 映じて, 時々見る, 横に, 止めて, 気に, 気の毒に, 水中に, 沒し, 没しまことに, 波の, 消したかの, 消したと, 消してから, 消しました, 深めて, 添えて, 湛へ, 潛めて, 潜めた, 犬と, 狙って, 猶留め, 現して, 現は, 画き伝へたるなり, 畳んで, 発見し, 発見した, 目あてに, 眺めた, 眺めては, 眺めながら, 短く地, 神秘と, 空に, 籠めた, 籠めて, 締りの, 翳して, 背負って, 芝地の, 草の, 落さうとして, 落さない, 落したの, 落した悠久, 落した様, 落すまるで, 薄くした, 虹の, 街道に, 見え隠れに, 見ず, 見せながら, 見せなくなって, 見せぬこと, 見たの, 見たので, 見つけると, 見ました, 見るにつけ, 見上げて, 見出した時, 見給, 見詰めて, 見送ること, 見送るばかり, 認めたこと, 認めること, 認める時, 負って, 路に, 踏まずなどと, 踏むと, 踏むの, 踏む人, 身に, 輪に, 追いつめて, 追う, 追うに, 追って行った, 追ひ, 追ッ, 追跡し, 逆に, 透かして, 遠くに, 酒倉の, 門へ, 隠したの, 隠すと, 頬に, 顔に, 顕わ, 騒がせて, 黒い文字, 點せ

1 [1844件 抜粋] あげて, あとに, あらわしたの, いくつと, いだき何ら, いつまで, いろいろと, うけたと, うすく投げ, うそうそと, うつした, うつした船, うつすこと, うつすやう, うれしがった, おさめようと, おとしそれ, おとすうす暗い, おとす海, おどろおどろしくうつしだし, おも, お島, かいま見しが, かくしたと, かくして三方ヶ原, かくし丸の内, かくす, かくすの, かすかに, かれこれと, きたない大きな, きょろきょろ眼, くぐって, くっきりと, くらましましたから, けした, この沙原, こめて, さがすの, さしかけた, さしはさまずに, さまよ, しずかに, したがえて, したひて, しょんぼり壁, じっとながめ, じっと見つめないで, じっと見透かした, すぐ追っ, すべて長く, そこへ, その目, その霜, たたずませて, たどって, だも, ちらりとお, ついばみさりしたまゆら, つかんで, つくづくと, つくり襞, つくる腋の下, つける必要, とどめしこと, とどめずむしろ, とどめなかったの, とらへようと, どこかへ, ながめた, なくした男, なげかけた, なげた封建時代, なげながら, なげる因子, なせども, なつかしむよう, ねらった, のぞんで, のめらして, はったと睨めつけ, はらいのけるよう, ひいたその, ひきはじめたとき, ひくの, ひそめそして, ひそめた明治初年, ひそめなにか, ひそめる, ひそめるよう, ひそめ何, ひそめ無口, ひそめ隠岐, ひたす森, ひとりたのしみ, ふしぎそうに, ふらふらと, ほのかな, まこと, また知, まとった仮面, まばゆい春光, みおろしながら, みせなくなったと, みつめて, みとめたから, みとめた朱同, みるたび, みろよ, もしくは最も, もつた柔らかい, もつ冬, やどした針葉闊葉, やなせる, ゆびさした, ゆらゆら藪, ゆるやかに, よく見直す, よび起こして, アスファルトの, ゴオティエや, サヤサヤと, ハッキリ道, ビュッと, 一つ残らず, 一寸も, 一重に, 上に, 不破の, 両側の, 中華全土に, 乱しました, 二つ重ね, 交わして, 人に, 他人に, 仰ぎながら, 仰ぐと, 伝つて底力の, 伴ふ, 伸ばしながら, 何か, 作った者, 作つて居ります, 作るが, 作る山, 作れり, 促えて, 倒せるを, 偽りと, 児童の, 写すこと, 写すほどに, 凄い空, 凡て呑み込ん, 切った, 別ちし, 刻んだ頬, 匂わせて, 半身に, 印しながら, 去って, 反射させ, 取出し教職員, 口へ, 合わせて, 君見る, 含んでるぼやけた光, 吸って, 吸ひとられ, 吹きわけいづる八重葎, 呆然と見送った, 周平は, 唇に, 囲んで, 地べたに, 埋めた丁, 夕方鳥を, 外に, 大きく壁, 大地一面に, 天人じゃと, 失う, 失ったの, 失った鉛, 失ふの, 妾は, 完全に, 宿した, 宿したもの, 宿した濡い, 宿しながら, 宿す, 宿す萍, 宿そうとも, 寝台の, 小さくなる, 尾け, 山だ, 岩壁の, 巧に, 帯びた神韻縹渺, 帯ぶる, 幾許の, 庭石へ, 引きとめようと, 引くおん, 引ずって, 彼方此方さがし求めた, 後から, 徐々に海, 心に, 忘れる事, 思うこと, 思ふがま, 悼ましく眺めるよう, 想像し, 惹いた姿, 愛し音色, 感じながら, 感ずるの, 慕い寄って, 懼れ, 我が門口, 打ちつつ, 投げいとも, 投げかけるもの, 投げてる人物, 投げます, 投げるので, 投げるやう, 投げ付ける事, 投げ合つて, 投じなかったらしい, 抜き打ちに, 抱くよう, 招いたの, 拝まして, 拡げた, 拵えて, 持ち瓦斯体, 持つ気だかい, 指さしました, 振り仰いだ, 振向いては, 捉えること, 捕えようとして, 捜すの, 授かるには, 探し廻ってると, 掲げ奇異, 描いては, 描き出したが, 揺かし, 揺れさせた, 撫でて, 散らして, 敷いて, 断たず何となく, 斷ちたる, 昔の, 映さないよう, 映した姿, 映しつつ, 映しまた, 映し合った, 映すと, 映すよう, 映す異人池, 映ぜず鏡, 時どきに, 晦ましたには, 曳いてた, 曳きづつて, 書く例, 月よ, 望み得たとか, 望見した, 未来に, 楽しむ幸福, 機械的に, 止めず, 止め爾余の, 此拙作の, 歩きながら, 歿し, 残らずうつして, 水脚に, 求め兄, 沈めこんで, 沈んだ目つき, 没したかに, 没しはじめて, 没し去って, 没するやう, 沢づたいに消し, 泛べて, 注意し, 洩れる瓦斯燈, 流れに, 浮かせて, 浮べた, 浮舟は, 浸すその, 消されて, 消したゆえん, 消し去った義, 消すかも, 消すで, 消すよう, 涵せり, 深く見せ, 添え葉, 湛えてるよう, 滅した, 潛むるに, 潜めしむる任務, 潜めなければ, 潜め買出し, 濃くし, 濃く蓄積, 無數, 煖炉や, 照らす, 狐狸の, 獲物として, 現わす, 生み出して, 留むるまでに, 畝って, 畳へ, 痛ましげ, 白い壁, 白帆と, 目あてとして, 目を, 看るに, 眺めやるに, 眼前に, 矜り, 石畳の, 碎いて, 示せて, 私の, 移して, 空の, 窓の, 競いつつ, 糸で, 紫になど, 絶たず昼, 絶ち営所, 縁の, 縮め漠々, 置いた, 置き回, 美人と, 耐えられない自責, 背に, 背負った男, 腰掛くる, 臆病の, 舗石の, 落さぬ水, 落しそれ, 落したやう, 落した泉, 落してる中, 落し次第, 落すため, 落すやう, 落す夏, 落せり, 落としたこと, 落としてる, 葉子は, 薄く倒した, 薄めて, 藉り, 衝いて, 被って, 西山に, 見うけて, 見かけた肩幅, 見さだめて, 見すべき, 見せさえ, 見せず森林, 見せた日本丸, 見せても, 見せないで, 見せなかったもの, 見せぬは, 見せぬ小鳥, 見せませんから, 見せ四散, 見たか, 見ただけで, 見たもの, 見た公卿たち, 見た重, 見つけたの, 見つける前, 見つけ出すと, 見つめてると, 見てから, 見て取ると, 見とどけろと, 見ない所, 見なかったの, 見ましたので, 見ませんから, 見やって, 見るか, 見るとき, 見る事, 見る思い, 見る親しみ, 見下ろして, 見元気, 見失いどうも, 見失えり, 見失ひ我, 見張らせたが, 見越して, 見返りたい, 見送つて, 見送りつつ, 見送ると, 見送れば, 視め, 覘ふ, 訪い大坂, 認めず, 認めたので, 認めなかった, 認めるの, 認める事, 認め得たり, 誰とお, 赤土の, 走らせる, 趁うてゆく, 路伴れ, 踏まざること二丈, 踏まずといった, 踏まへる如く, 踏みつけて, 踏み合つて, 踏むといふ, 踏んでも, 軟風, 辷らせつつ, 追, 追いひどく, 追い捕えること, 追うごとく障子, 追う彼, 追っかけて, 追っては, 追って四, 追って果てなく慕っ, 追つて, 追ひちらし, 追ふこ, 追跡しました, 透して, 逐った, 通わす居周囲, 遊戯の, 遙かに, 遠く見まわす, 遮る事, 重なりあわせて, 重ねる, 釣るもの, 錯雑させ, 長く投げ, 長く細く曳い, 長く長く引い, 除いては, 隈どっ, 隠したかれは, 隠したり, 隠した銀座, 隠すという, 隱させ, 離れたこと, 雪に, 霞の, 青畳に, 顏から, 顕して, 顫わせて, 飛立たせながら, 飽かずに, 高く浮かべた, 鮮やかに, 黒く段, 黒水晶の

▼ 影~ (3549, 21.0%)

29 あった 28 ある 26 さした 25 さして 24 映って 23 落ちて, 見えた 19 動いて 17 地に, 見えて 15 射して 14 立って, 見える 13 差して 12 うつって 11 私の, 自分の 10 うつる, 消えて 9 あらわれた, あるの, さす, 彼の, 斜めに, 映つて, 漂って, 薄い, 薄くなった, 障子に 8 あつて, くっきりと

7 [15件] ありありと, そこに, ちらちらと, ちらついて, つきまとって, ぼんやりと, 写って, 宿って, 射した, 浮んで, 眼に, 薄くて, 薄くなっ, 見えなくなると, 雪の

6 [13件] うごいた, さすの, だんだんに, ちらと, ゆらゆらと, 映ったの, 水に, 現れて, 現われて, 薄いよう, 見え出した, 迫って, 障子の

5 [18件] ありました, あります, うごいて, さしてきた, さしました, 動いた, 差した, 急に, 水の, 濃い, 点々と, 細長く靡い, 薄かった, 薄くな, 薄くなつた, 近づいて, 静かに, 黒

4 [24件] あって, あると, さしたの, そこを, ついて, ない, まぼろし, みえた, 付きまとって, 出来て, 大きく天井, 掠めた, 揺れて, 映して, 無い, 現れた, 薄らいで, 見えない, 見えないので, 見えなかった, 見えました, 見えると, 長く地, 障子を

3 [75件] あつた, あらわれて, あるので, あるよう, うごめいて, うすくなった, うすれて, うつりました, かすかに, かたまって, さしてくる, さして来た, さします, さすと, すうっと, ちらちらする, ないと, ないので, ないよう, なかった, はっきりと, ひらめいた, ひろがって, ほの, また私, ユラユラと, 一つの, 一時に, 佇んで, 入って, 出て, 前の, 動くの, 地上に, 壁に, 夢の, 婆娑として, 宿り始めて, 往来を, 心の, 忍びやかに, 忍んで, 映した, 映つた, 映りました, 映る, 映るの, 波の, 流れた, 流れて, 浮いて, 浮ぶ, 浮んだ, 添って, 漂うて, 潜んで, 煙の, 眼の, 私を, 空に, 自分を, 薄れて, 蠢いて, 見えたの, 見えないと, 見えなくなった, 見えなくなるまで, 見えぬ, 見えませんでした, 足の, 踊って, 部屋の, 頭に, 頭の, 風の

2 [246件] あそこにも, あたりを, あらわれたの, あること, あるという, あるやう, いいました, いくつも, いちめん網に, うかんで, うしろに, うすい, うすくなる, うずくまって, うっすらと, うつるに, うつるの, うつる影, うろうろし, うッ, おどって, おぼつかなげ, かすめて, かのお, かれの, きらりと, ここに, さしたと, さして薄暗い, さし込んで, さすこと, さすやう, さすよう, さまよって, しずかに, した, して, そこへ, そこらに, その上, その唇, その窓, そよげり鋪石, それらの, たかで, ただよって, ちよつと, ちらちらちらちらし, ちらりと目, つき添つて, つっ立って, できて, できるので, どこに, ないこと, ながい, ながく伸び, にじんで, はいって, はっきり見える, はつきりと, ばたばた鳴っ, ひそんで, ひとりなり, ひらめいて, ふいに, ふくれ顔, ふたりの, ほのかに, ほんのりと, まざまざと, また瞬時窓掛, まだゆたか, まだら, みえる, もつれ合って, やどって, ゆらめいて, ゆるやかに, ゆれて, よどんで, アリ, クッキリと, チラと, チラホラ動く, ハツキリと, プイッと, 一つ, 一つお, 一つ見える, 上って, 下りて, 並んで, 二つ, 二ツぼんやりうつっ, 二人の, 仄かに, 今瑠璃子, 何である, 先を, 其障子に, 写つ, 出来る, 動いたかと, 動いたの, 動いたよう, 動く, 動くと, 動くに, 去ると, 口を, 向うから, 君の, 含まれて, 地を, 地上を, 大きく壁, 大股に, 女の, 妙に, 子供たちの, 寂しく砂, 寄って, 射したんで, 射し募る頃, 射すと, 少しも, 尾を, 屏風の, 山から, 山に, 山の, 差します, 差すの, 幕を, 幻の, 幽かに, 幾つも, 庭に, 庭の, 彎み, 彼を, 彼女にも, 彼方の, 往来へ, 後から, 微かに, 心に, 心を, 感ぜられて, 折れ曲って, 拡がって, 散る, 日に, 星の, 映すと, 映った, 映ったが, 映ったと, 映ったり, 映ってたのよ, 月の, 来て, 東の, 東京の, 樅楓を, 横に, 樹の, 橋板の, 次第に移っ, 武州公の, 歩むよう, 残って, 汚れた畳, 泛んで, 波間に, 浮かんだ, 浮び上った, 浮び出た, 浮ぶの, 消えた, 消え残って, 淋しい, 深く立ち, 添は, 添わって, 漂つてゐない, 漂つて居る, 濃かつ, 濃くなった, 点在する, 烟の, 無地の, 煙を, 現われた, 町に, 疎な, 疑惑の, 目を, 眼前を, 矢の, 石地蔵に, 砂の, 私達の, 空にも, 空の, 突然に, 細く動いた, 翳した, 胸に, 自然に, 苦に, 落ちる, 薄いの, 薄くなり, 薄くなります, 蝙蝠傘で, 襖の, 見いだされた, 見えたので, 見えなかったから, 見えなければ, 見えます, 見えません, 見えるか, 見えるの, 見えるはず, 覗いて, 走って, 迷って, 透いて, 重なって, 鏡に, 門から, 閃いて, 閃き茶の間, 閃めいた, 闇の, 霧の, 静かな, 音も, 魔物の, 魚のかげと, 鮮やかに, 鴉の, 麓の

1 [2016件 抜粋] あかく立っ, あすこへ, あったの, あつたら見, あの杉, あまりにも, あらねば, あらわれたらそこ, ありは, あるいて, あるならば, あるばかり, ある人, あんなにのび, いくすじ, いっしょに, いつか闇に, いつのまにか見えなくなっ, いつもこの, いま南へ, いよいよ痩せ, うかんだ, うすい様, うすくて, うすらぐの, うす暗いしかし, うつっては, うつりはじめる, うつるはず, うらうらと, おしかぶさるやう, おほう, おもしろいおもしろいな, おれの, お辞儀を, かかって, かさなりあうよう, かすめ通った, かなたの, からみ磯風, くっきり水面, くつきりと, ぐるぐる廻っ, こう云った, こちらへ, この町, こもる, こわいの, さういふふう, ささなくなったの, さしこんだ, さしたその, さしたやう, さした大学生, さしても, さしてゐる, さして人, さして居る, さして爪立つ, さして艶麗, さして高城, さしますから, さし始めたの, さし若い, さすわよ, さす毎, させば, さっと谷間, さながら火, さも嘲りたい, しきりに活動, しゃがんで, じりりッ, すうすうと, すぐに, すすり泣いて, すっと鴈治郎横丁, すべるよう, ずるずる湿っぽい暗い, そこらあたり, そのまた, その欄干, その蔭, それから脱兎, そんななか, ぞろぞろつながっ, たたくよう, ただ一つ, たちまち眼界, たゆとうていそう, だんだんと, だんだん溜っ, ちぢまり震えて, ちょこちょこつい, ちょろちょろ見え, ちらちら見られた, ちらつく不快さ, ちらほら残っ, ちらりと差し, つかめないまでも, つき纒うの, つけて, できた, とびかかった, とぼとぼと, とり去られなければ, どうも邪魔, どのへん, どんより曇った, ないちゃんと, ない所, ながう枯草, なくなって, なく空魚籠, なんとなく薄ら, のさばりかかって, のめった, ぱっと空, ひたいを, ひよい, ふうと, ふと眉, ぶッ, ほしかった, ほんとうに, ぼくを, ぽっかりと, ますます親し, また一つ陰, また同じ, また赤坂城, まだ私, まつわって, まるで, まわりに, みえました, みだれて, むこうが, むらむら現われた, もう一度湯気, もう遥か, もんどり打っ, やがて高原, ゆっくりと, ゆらいだ, ゆらりと動いた, ゆれる, よぎって, よろよろと, わたしの, ガラスに, キラキラ写っ, グングンのぼっ, ザビーネの, ソロソロと, チラチラ動い, ツカツカと, パッと, フラフラと, ボヤッと, ムクムク動い, 一つうつり出した, 一つものの, 一つ二つみえた, 一つ見え, 一人で, 一列に, 一度に, 一時まつたく, 一様に, 一群れ見え, 万斤の, 三陣四陣に, 下がって, 不安な, 不明瞭に, 中村城の, 丸太で, 二つあった, 二つ三つかかっ, 二つ三つ立つ, 二つ彼女の, 二つ船見山の, 二三小手を, 二個映っ, 五つ六つうごき, 交つてゐる, 人間らしくとりつくろっ, 今夜は, 仏蘭西全土を, 付き纏って, 伴う, 伸びたり, 低く地上, 体一面に, 何処に, 余の, 侯爵閣下に, 倍に, 側近の, 僕の, 先生の, 光線の, 入り亂, 全市街, 其の熱, 内に, 写つて居る, 冷たく凝結, 出來, 出現した, 別れたの, 刻まれて, 前方に, 動きながら, 動くとも, 化石し, 十分に, 半襟の, 去ったよう, 反対側の, 口々に, 右手を, 向う側の, 君色々, 呼ぶ, 唸った, 四五間ほども, 四方八方へ, 在郷馬や, 地上の, 垂れ罩め, 城内の, 境野の, 壁の, 夕空を, 多くの, 夜明い, 大きい闇, 大きくひろがり, 大きく前後, 大きく映っ, 大きな壁, 大地を, 天を, 太郎坊の, 奥まつた, 始終まつわっ, 守るよう, 実際何処, 宿つたなら, 寂しいよう, 寒く長く路上, 射したという, 射すの, 射せば, 小八, 小林多喜二という, 少く姉, 少し位置, 尾けて, 屋根の, 岸に, 崩れる鬼, 左から, 差したけれども, 帷の, 年一年と, 幾重にも光秀, 店の, 廂を, 引き返し襲いかかりは, 影が, 彼女の, 往き通う路, 征矢みたいに, 後ろ向きに, 得物得物を, 微妙な, 忍び寄るよう, 急いで, 息づいて, 悠然と浮い, 感ずるなんて, 懸ったの, 戻って, 投げられるもの, 抱きすくめた彼, 拭いきれて, 振り向いた, 掠め過ぎた, 控目に, 揺ぐと, 揺れる, 放れた, 敵やら, 旋風に, 早くも, 明るく暗くその, 明るみの, 映したもの, 映す, 映すよと, 映っても, 映つたん, 映りそう, 映るので, 映る時, 時々闇, 暖かそう, 暗がりの, 暗黒を, 月を, 朗々たる, 木村の, 机の, 板戸を, 果して物, 植込みを, 横切って, 樹, 欄に, 次第に心から消え, 次第に遠のい, 正面を, 武蔵であった, 歯を, 残つた, 殘つてゐた, 殺到し, 気勢に, 水平線の, 池上に, 没して, 治良右衛門の, 泰二君である, 流れとともに, 浮かび上がって, 浮き上って, 浮びましたが, 海天一色の, 消えたらしいところ, 消えぬ, 消えると, 消え去らぬうち, 涼しい顔, 淡くなっ, 淡むらさき, 深くなった, 深まって, 清水に, 渡りきる頃, 渦卷く, 湯の, 源氏の, 漂いそれ, 漂った, 漣立っ, 漾って, 激しく揺れ, 濃かった, 濃くなっ, 濃し, 灰の, 無いから, 焼きつく, 牢の, 獣の, 現れ勇ましい, 生ける金剛像, 生命を, 画の, 畳にも, 疾駆する, 白い石碑, 白かった, 白河の, 百米突あまりに, 目の, 真白な, 眼底から, 短かく, 石畳の, 砥の, 確かに, 秋も, 移るに, 空色の, 突然通り過ぎた, 窓の, 立ちふさいだ, 立ち罩め, 笑ったの, 簾から, 紫の, 細そりした, 組んずほぐれつして, 絶える, 綾に, 縁や, 縺れ興醒めた白, 羅刹と, 群れを, 老人の, 肥えた傴僂, 膝を, 自分と, 舞い降りて, 船底へ, 芝生に, 芸術の, 草叢の, 落ちたかは, 落ちれば, 蒼黒い, 薄いじゃ, 薄かつ, 薄くなりかけた, 薄く印象, 薄く流れ, 薄すら, 薄れるにつれ, 薄れ無論, 薄黄いろく, 蚊帳の, 行きつ戻りつする, 行燈の, 衝立の, 袖に, 見あたらない, 見えたが, 見えないの, 見えなくなって, 見えぬと, 見えましたので, 見えるが, 見えるので, 見える濃い, 見え手, 見つかった, 見るうち, 見出されること, 覗かれた, 認められませんでした, 谷合に, 赤い大地, 赤く赤く, 走り出すと, 走り込んで, 足もとに, 路地を, 踊ります, 蹲まっ, 身悶えし, 近づく, 近付いて, 逃ぐるが, 透く艶, 這いつつ, 這入つて, 通りすぎる, 通り過ぎようと, 通るの, 過ぎゆくものの, 道を, 違ふ, 遠くまた, 遠のくまで, 重そう, 鉄漿壺を, 銀灰色の, 鏡を, 長くピアノ, 長く砂, 閃いた, 附纏う, 降る落葉, 陽炎の, 階上へ, 障子へ, 雑踏に, 雲を, 霧を, 青く映っ, 静三の, 頭上を, 顔を, 颯とさす, 颯と通った, 飛び去った, 飛鳥の, 駈けて, 高く立ち, 鬼魅悪く, 鮮か, 麓から, 黒くうつっ, 黒く写った, 黒く映つた, 黒く黙し

▼ 影~ (1886, 11.2%)

262 ように 130 ような 76 やうに 62 中に 47 形に 36 やうな 24 うちに 21 様に 17 上に 14 下に 13 中で 12 なかに, 中から 11 様な, 薄いもの 7 中を 6 中へ, 方へ, 映るの 5 あとを, あるの, ごとく, 中の, 如くに 4 ために, 人, 薄いよう, 薄さ

3 [13件] うつって, なかを, 一つが, 下で, 外に, 奥に, 如き人々, 底に, 映って, 樣な, 消ゆる, 者, 薄い感じ

2 [84件] あいだに, あるあの, ある石, うえに, うちには, かぐろさ, ことを, ごとく淡き, ごとく静か, さして, さすこと, すがた, ちらちらと, ちらつく, ところどころに, なかから, なかで, ぬしは, ばらの, ふかい蚕豆, ほうは, ほかには, みじかさ, ゆらぐ半月窓, ようだ, ようにしか, ようについて, ベンチに, リズム, 一つに, 上で, 上を, 下す, 下を, 中には, 主は, 人物が, 冬は, 前の, 動いて, 動くよう, 口から, 多いもの, 多い顔, 奧から, 如き人, 如くそこ, 如く川上, 如く幻, 如く忍び, 如く現れ, 如く立ち並ぶ冬枯, 姿も, 尾を, 左右に, 差して, 形におけるが, 後から, 我に, 手には, 方の, 映る所, 朧かな, 棒が, 横う, 沈める樹, 漏れて, 濃く, 男は, 落ちた何軒, 落ちて, 落ちるあたり, 薄い一人, 薄い女, 薄い存在, 虚しい自信, 裏打も, 裡に, 見えるの, 身に, 長く曳いた, 長さ, 間に, 雲もつひ

1 [865件 抜粋] あとから, あなたに, あの連, あらわれたの, ありあり映っ, あるお, あるところ, ある女, ある娘, ある幽霊, ある涼しい, ある者, ある顔つき, いかに動く, いつしか見えなくなる, いと淡き, うすいこと, うすいやう, うすい不具者, うすい人, うすい兄忠通, うすい奴, うすい婆, うすい存在, うすい男, うすい異様, うすい電灯, うすく痩せ, うたた悲涼, うちでは, うちより, うわさが, おもしろさ, かげ, かすかな, かなしき, かはり, きれぎれな板敷, くるめきに, こい錯綜, ことと, ことは, こまかく刻み入ってる, ごときもの, ごとき媼さん, ごとき禍い, ごとくこっそり, ごとくさして, ごとくちゃんと, ごとく一歩, ごとく動いて, ごとく吾人, ごとく歩む人, ごとく痩せた母蜘蛛, ごとく薄き, ごとく跟, ごとく黙して, ごとし業縁, さ, ささない湿地, さしそうな, さしたよう, さしたる, さした様, さすの, さすやう, さす悲しい, したしさ, して, しばしなる, すこしも, すべてが, せいだった, せいに, そばに, ただよ, ため, ちがった物, つきまとう山, つけ方が, ところまで, どこにも, ないとき, ないの, ないシュレーミール氏, ない低地, ない光, ない大, ない姿, ない恋愛, ない明るみ, ない曇つた, ない深瀬, ない無住, ない谷間, ない身, ない青年, なかでは, なかへ, なほぞ, はじまり, ひそやかな, ひそんで, ふかい眼もと, ふやしよう, ほかに, ほかにも, ほか舞う, まだ翳さない, まつすぐ, まばゆさ, まわりの, みその, みぞただに, もつ暗示, ものの, やうで, やうな思ひ, やつ出かけ, ようであった, ようなほほえみ, ようにも, よどんだ貧乏長屋, インク色に, シーンには, ダニウーブ河畔に, ボックスに, マントを, ミジンも, ワルツが, 一つの, 一人が, 一人さまよう階を, 一枚を, 一茎, 一面へ, 一騎二騎五騎七騎と, 上から, 上へ, 下の, 世界との, 世界は, 両端を, 両面を, 中からは, 中である, 二つある, 二字は, 井桁が, 交錯する, 交錯に, 人々は, 人だ, 人は, 人三五郎の, 人物だった, 人物は, 人間だ, 仄暗い, 仕業よ, 代りに, 位置が, 低く見ゆる, 俳句, 僕とが, 先から, 入りまじる如く, 八分通消え, 公会堂へ, 其処に, 円陣に, 写ると, 冴えを, 凉風に, 刀法をも, 前に, 前には, 力を, 動きも, 動き多き, 動くが, 動くとしか, 動くばかり, 動く所, 半分は, 危く欹つて動い, 去るに, 口が, 向こうには, 哭くよう, 嘉納親分が, 国から, 國, 國に, 地点との, 地点へ, 堆積だ, 塊り, 変化で, 変化を, 外, 多い, 多いこと, 多いやう, 多い光, 多い奥まった, 多い小暗いほどの, 多い庭向き, 多い心, 多い書斎, 多い谷, 多い路, 多くは, 夢青い, 大きき, 大きさ, 大きな石燈籠, 天井から, 奥から, 奧に, 如, 如きその, 如きもの, 如き人々列, 如き夢, 如き姿, 如くさ, 如くさまよって, 如くである, 如く一条, 如く伴って, 如く何処, 如く何時の間にか, 如く其奧, 如く孤, 如く従う, 如く従順, 如く是, 如く消えた, 如く痩せたる, 如く窺われて, 如く見え, 如く走せ去った, 如く跟, 如く通って, 如く闇, 如く香, 如し, 娘は, 家には, 宿った水中, 寂しい女, 密接しゐたる, 射して, 射すやう, 射す場所, 小さな村落, 少い公然, 少しも, 層を, 岡の, 工合なんか, 巨き, 幻に, 広場に, 底から, 延長に, 形から, 形の, 形は, 影, 影たる, 影なる, 影に, 彷徨に, 彼に, 後姿を, 微塵も, 微風に, 恋人も, 情無く, 我胸中に, 戯れを, 所でも, 所に, 手で, 手弱女これを, 手水鉢の, 折れ重なって, 持主は, 捉ふべき, 捨石に, 掻消す如く失せ, 揺れて, 散文か, 数九に, 敷石です, 方から, 方でも, 方に, 方を, 明るい仲の町, 映すと共に, 映ったの, 映つたところ, 映りそう, 映るまで, 映るよう, 映る處, 映れるなり, 映れるを, 時, 暗い天井, 暗い所, 暗さ, 暗闇を, 朧な, 本体である, 柱が, 様なおもわせ, 模様を, 樣に, 橋とともに, 次には, 正体は, 正体も, 此方に, 殘つた裏櫺子の, 母さんに, 水しづかにも, 水に, 池の, 沈んだの, 浅い濡縁, 浮ぶさま, 海の, 浸った灰問屋, 消えそう, 消えた所, 消えて, 涼しい姿, 淋しさ, 淡い男, 淡い身の上, 深い山巒, 深い謎, 深くなった, 深まりなら鏡, 深みを, 添うが, 渾名が, 漂えるの, 濃いと, 濃いの, 濃いもの, 濃い感じ, 濃い緑, 濃い道, 濃い頬, 濃き霧, 濃くしづか, 為せる, 為に, 無い明るみ, 無い花, 無しと, 照らすらん, 燒石許ころが, 物理的説明などは, 狛犬が, 狼煙では, 猟人なり, 現れざるを, 現れたの, 現存せる, 瑞鳥の, 生きて, 田原の, 男と, 男湖畔亭の, 男身代りであろう, 疾きが如くに, 痛みぞ, 登場が, 登場は, 盲目づれらし曲り, 眩惑を, 瞳は, 短かさ, 石柱材を, 石燈籠が, 砂を, 碑だ, 神が, 移り変わりは, 移るが, 穏か, 突く這いを, 窪んで, 端が, 糸が, 素の, 細さ, 絶えなかったもの, 綺麗な, 繪模樣と, 繽紛として, 美しさ, 群れを, 耳には, 聖餐祭に, 腕に, 膳を, 自分が, 花は, 草の, 落ちた所, 落ちるころ, 落ちるよりも, 落つるところ焔いよ, 薄い, 薄いこと, 薄いと, 薄い二本差, 薄い人間, 薄い人間みたい, 薄い場末, 薄い夫, 薄い姿, 薄い怨靈, 薄い星, 薄い朝夕, 薄い朧気, 薄い無理, 薄い私ら, 薄い衣服前垂, 薄い言葉, 薄い顔, 薄くな, 薄くなっ, 薄らいだ感じ, 薄れ行く趣, 藻に, 蠢くの, 行方知らずも, 衣服を, 裾に, 見えない牧場, 見えなくなるまで, 見えられぬは, 見えるのに, 見える迄, 見失われた溝, 訪れるの, 調和と, 走るやう, 足もとから, 路地と, 跳躍も, 蹲ったよう, 身であった, 軒端に, 軽い伴奏, 軽やかに, 近々とせまる, 返し矢われなら, 透きて, 通りに, 道を, 道化は, 部分だけの, 郵便屋さんを, 重なりて, 重なるあたり, 重り合つた中に, 野獣を, 野茨や, 鋭角的に, 長きより, 閃く如く一間余り, 閃く如く座, 間を, 附き絡, 障子を, 隠見する, 雑草の, 雲もつ, 霧を, 面を, 響に, 頂の, 頂を, 領分の, 頭に, 顔に, 顔の, 顕はれたる, 鳥火の, 黒いの, 黒く地

▼ 影~ (1738, 10.3%)

370 形も 70 ない 59 なかった 32 見えない 27 ありません 24 見えなかった 22 かたちも 16 なし 14 ない姿, 姿も 13 なくなって 12 ないの 10 なかつた 9 無い 7 見えなかつた, 見えぬ 6 ないが, ないので, 無し, 見えなくなって, 見えません, 見えませんでした 5 なくな, みえなかった 4 ない人間, ない老人, なかつたの, なくただ, なく荒れ, なしに, もうどんどん小さく遠く, 見せぬ, 見られなかった

3 [29件] ありませんが, ありませんでした, ある, うしろに, そこに, ないもの, ない乞食, ない有様, ない男, なくて, なくなった, なくやつれ果て, なく年, なく消え, みえない, 形もねえ, 止めて, 無かった, 白い影, 落ちて, 見あたらなかった, 見えた, 見えないの, 見えないので, 見えなかったの, 見えぬに, 見える, 見せなかった, 跡を

2 [70件] あった, あり, うつれり, さむざむとして, すがた, つかめない昨今, とまらず, とまらず影, ないお, ないから, ないこの, ないと, ないところ, ない下女, ない中老人, ない大空, ない女, ない小布屋, ない小料理屋, ない庵室, ない有, ない生活, ない痛々しい姿, ない私, ない貧しい調度, ない身扮, なくその, なくそれ, なくって, なく塗れ, なく変って, なく拉し去られた, なく歪みます, なく汚れ, なく生き, なく痩せほそっ, なく窶れ, なく萎び, なく衰え, はつきりと, ゆらげり, 一様に, 何も, 勿論微笑, 反つて, 地に, 映さぬ, 映して, 朦朧と, 染まる緋色, 殘らず, 水で, 没して, 消えて, 消え失せて, 無く, 無く茶博士, 現はれなかつた, 稀に, 見えず, 見えない十三夜, 見えなくなる, 見えねえ, 見せず周章, 見せては, 見せない, 見せない彼, 見た, 隠ろひ照る月, 音も

1 [723件 抜粋] あたりに, あつた, あの人, あはれや, あらず, あらずただ, あらわな, あらわれなくなりました, あるが, あるという, あれば, あんなに長く, いいました, いちめんの, いっこう頭, いつか夕鴉の, いつとは, いつのまにか木, いつのまにか諏訪, いやコオロギ, うごかなかった, うすくならざる, うつって, うつりそう, うなずきかえしました, おそらく遠く, おびただしく長く東方, おぼろであり, おぼろなる, かくれるほど, かすんで, かたちもと, かなり濃かっ, くらまされる怖, この湖, こんもりと, ございませんけれど, ささず着流し, ささなかった風, ささなかつた風, ささぬの, ささぬので, さしてや, さびしき故国, しまめ, すぐに, すべて自分の, すべり, すゞしい, そこから, そこは, その下谷練塀小路, その中, その子供, その形, その船, その觀照, その間に, それの, それらしい, たえて, たしかに交じっ, たなびきて, だいぶみょう, だんだん黒く, ちらちら映っ, ちらほら見え, とどめて, とどめては, とまらぬ水, どこへか, ないあはれ, ないうらさびれた, ないきりやう, ないきりょうになった姉娘, ないこんな, ないのに, ないよ, ないようす, ないアバラス堂, ないドア, ないバラック, ない三軒長屋, ない上, ない下流, ない乞食姿, ない乾燥, ない人相, ない侘住居, ない凄まじい姿乍ら, ない古, ない善良, ない地主たち, ない墓, ない娘さん, ない寂しい一寒村, ない尾羽打枯, ない巡礼なぞ, ない常夏, ない平, ない廃墟, ない廃屋, ない廃残, ない後家, ない快さ, ない惨憺, ない態, ない枯巌枯骨, ない橋, ない死に, ない水, ない涯, ない澄んだ, ない炭屋, ない生ける, ない痩村, ない百姓, ない秋日和, ない粗末, ない老衰病者, ない腐朽, ない腰弁, ない自室, ない若々しさ, ない蒼, ない裏長屋, ない襤褸, ない調度, ない貧乏, ない質素, ない躄, ない醜婦, ない長屋, ない陪臣, ない顏, ない顏容, ない風体, ない駒ヶ林, なきが, なきしがなひ, なき今, なき小国, なき廃墟的存在, なき浪人者釣合ざる, なき貧小士族, なくお, なくきこえる, なくすでに, なくつて, なくなったところ, なくなった上, なくなった彼女, なくなりますが, なくひっそり, なくまして, なくまた, なくもつれ, なくやつれはてた, なくわが国, なくドブ板, なく一種朗らか, なく人声, なく住み荒らした, なく傾い, なく僅, なく去り自ら, なく叙事詩, なく名僧智識, なく声, なく大工小屋, なく室内塵一つ, なく害, なく平然と, なく床, なく弓, なく弛緩, なく悄然, なく打ち壊され, なく扱われ, なく掃滅, なく掘り返された, なく春, なく晴れた, なく木深いところ, なく末白波, なく枯れ凋ん, なく橋, なく殆ど, なく浮上, なく消され, なく潰しました, なく激しい怒涛, なく猿ぐつわ, なく田舍口, なく病み, なく痛んだ, なく痩せさらばえた, なく目, なく破れ, なく穢れた, なく空, なく老いさらばえる, なく色あせ, なく荒々しい青葉, なく荒廢, なく荒涼んだ, なく落ちぶれ, なく衰微, なく覆面, なく見る, なく跡絶え, なく陰影, なく非常, なく骨, なく鹽, なし大, なし折, なにもかもみな真っ青, ならんで, ねえだよ, のこさず消えうせて, はじめて戦, はっきり地上, ひじょうに豊富, ほとんど一波, ほの, ぼんやりし, またあきらか, また円, また声, また方, また瞑想, また靜, まだすっかり消え, まだ短く, まったく消え失せ, まばらだった, まばらです, まばらに, みえずただ, みえず夜, みえないし, みえなかつた, みせない, みどり色の, みない, もう見る, もらさない, ゆらぐ, ゆらりと迫っ, わびしく稻妻, ゐる雲, ジッと, ハッキリと, ランプの, 一丈ある, 一物も, 三尺左右に, 不思議な, 久しくお待ち, 乱れながらに, 二つあった, 二人の, 互に見えなくなり, 亦姿, 亦決して, 何か, 何となく寂, 何時しか消え, 作らせないほど, 停ま, 全部見えなくなり, 共に消え, 写そう, 写ってるよ, 刈萱に, 動かず, 動かない, 動かぬ, 動きました, 動く, 動くので, 卑屈の, 卒然と, 取残されし女, 名殘, 向かわって, 含まない澄みきった大空, 品川の, 塗りつぶされて, 変らない, 外へ, 大きくなる, 失せた, 失はれ櫓, 定かには, 宵から, 家には, 宿る, 射さぬの, 射す色, 射映ねば, 小僧サンの, 小夜風に, 小石川音には, 小鳥の, 山科の, 差さなかった, 希望に, 幾つか, 庭の, 彼女自身の, 後ろに, 心あり, 心に, 忘れて, 思い出せないほど, 愛卿の, 扇町屋の, 手下どもの, 搖ぎ山自身も, 故づき, 斑らで, 旅人の, 日向が, 日向も, 映さない暗黒世界, 映すなり, 映って, 映らなかった, 映らなければ, 映りそう, 映るという, 春めいた草鞋, 時あ, 時あっ, 暗い暗い暗い見えぬ, 暗かった, 暗くなった, 更けて, 有りませんがね, 望まれる松尾山, 椎と, 権叔父の, 止めは, 残して, 残らずただ, 残らず消, 気に, 永い年月, 沖と, 波止場も, 浮いて, 浮べず没表情, 消えた, 消えたかと, 淡く銀, 深く浅く奥, 添う御堂, 添って, 溜らず, 漂うて, 漏れずに, 澄んだのに, 濃く魚釣り, 点じなければ, 無いという, 無かつ, 無き形相, 無く人, 無く晴れ渡つ, 無く森々, 燈を, 犬一つ見えなくっ, 現われなかった, 田水に, 留めず名, 留めず後, 留めぬさ, 疎である, 疎らに, 白らんで, 相模の, 短いの, 破蒲団, 私の, 稀だ, 紫に, 細々と, 絶えて, 緑いろ, 緑の, 船蔵の, 芝生を, 苦しい影, 草に, 萎る, 落さないばかりに, 蒼ざめて冷やかに, 薄い, 薄くなった, 薄くなるだろう, 薄く歯, 薄そう, 薄れて, 蟻の, 西洋人の, 見あたらなかつた, 見えずすべて, 見えずただ, 見えずまた, 見えずバス, 見えず声, 見えず夜, 見えず小児達, 見えず小屋, 見えず源教, 見えず狂女, 見えず猶, 見えず荊州, 見えず見るの, 見えたが, 見えたので, 見えな, 見えないお, 見えないし, 見えないで, 見えないでは, 見えないよ, 見えないよう, 見えない夜霞, 見えない程, 見えない遥か, 見えなかったこと, 見えなかった筈, 見えなくなったの, 見えなくなりその, 見えなくなりピュー, 見えなくなり水, 見えなくなるほど, 見えなく成ったのう, 見えぬほど, 見えます, 見えるくらい, 見かけない, 見ずに, 見せずに, 見せず声, 見せたこと, 見せない木精, 見せない風死, 見せなかった明智小五郎, 見せなん, 見せぬし, 見せぬは, 見せやしないじゃ, 見たこと, 見で, 見ないが, 見なかったの, 見のがさずに, 見はぐるまいと, 見ゆ, 見られなかつた, 見る事, 見る見るうち, 見わけがたく, 見分けが, 見当らないの, 見当らぬので, 見落すまじき眼, 覗かせぬ, 認められないよう, 谷間を, 豹の, 跡が, 踊る, 送られる客, 逃すまじとの, 這うよう, 速度も, 過ぎる, 遠き夕照り, 遠くなり, 重なって, 鍛冶屋の, 隠れる, 隠ろい, 隱ろひ, 離れたと, 霧の, 青く移る, 靜かに, 顔を, 馬の, 高くない, 鬼火も, 鳥の, 鳥一羽も, 黙然と廊

▼ 影~ (1517, 9.0%)

19 どこにも, なかった, 見えなかった 16 いいました 11 ない 8 消えて 7 彼の 6 少しも, 見えない 5 一つも, 妹の, 影と 4 いって, それを, 斜に, 消えた, 見えなかつた

3 [18件] ありません, くっきりと, そこに, そこの, どこへ, なくて, みえなかった, 二人の, 地に, 殆ん, 無い, 自分の, 薄れて, 見あたらない, 見えないが, 見えなくなった, 見えません, 見えませんでした

2 [90件] あたふたと, ありませんでした, いぢ, いつか消え, いと白く, かれら, くつきりと, ここへ, この形勢, さやけし, しずかに, すぐに, その時, それに, そろそろと, ちょうど四方, どちらにも, ないの, なかつた, なし, なにより, まっしぐらに, まっ黒に, みじんも, もうそこ, もう見えなかった, もう見当らなかった, アレトに, 一人も, 一方の, 一羽の, 二つに, 五間十間離れ, 人の, 傘を, 公園の, 刻々に, 前の, 又八, 図書室の, 地を, 塀の, 失せに, 家の, 尾花の, 尾鰭を, 巧みに, 市五郎の, 床に, 彼を, 彼方の, 往来の, 急に, 揺れて, 明けき月, 橋の, 欄干に, 正眼ながらに, 水に, 波に, 消える, 消えるよう, 溶けるよう, 漂ひ, 無し通風筒, 牡丹花の, 私の, 細長い鍵, 絶えて, 色めきて, 草に, 草の, 草葉の, 落ちて, 薄くなり, 見えず, 見えず空襲警報, 見えつつ, 見えないで, 見えなかったの, 見えぬ, 見当らなかった, 路地の, 近いた, 逞ましく, 野を, 音も, 風を, 鳥の, 黒

1 [1137件 抜粋] あきらかに, あたかも己, あたり一面に, あったが, あと戻りを, あららぎ谷からい, ありませんから, あり独, あるから, あると, いう, いずこ, いぜんの, いちどに消え, いったい何ん, いつか歩く, いつしか消え, いつの間にかかき消され, いつまた, いつもつとめていち, いつもの, いまにも, いよいよその, いよいよ寂しく, いよいよ長く, うしろに, うすれ, うつくしく水, うらうらと, おろか小舟の, おろか陣地の, かえって驚いた, かなり大きかっ, かの横町, きのうに, こうしてまた鼓楼, こう云う, ここには, ことごとく池, このひら, この勇者, この蚊帳, ころぶよう, さして, さっと野, さらにまた, さりげなかった, しだいに近く, しばらく其処, しばらく簀戸, じっとし, すくすくと立つた, すぐ向う, すぐ没し, すぐ足袋, すぐ額堂, すっ飛んで, すでに消えた, すばらしくいい身なり, すべなし, すらりと, そう役目, そこへ, そこを, そのまま地底, そのまま消え失せ, そのやみ, その三名, その喉, その声, その後時が, その数, その足つき, その障子, その霧隠れ, そよぎあの, それきり黙っ, それでは, それらの, たしかに一種, たしかに水平線上, たずねました, ただ一人, たちまちそれ, たちまち客席, たちまち消え, たちまち見えなくなった, たれですか, だん, だんだんに, だんだん小さく, だんだん空, ちやうど, ちょうど烏天狗, ついに再び晴れる, つづいて, つめたく乾いた, とたんに小さく, とりも, どうしても本物, どうにか捉, どこかに, どこから, どこへか, どこまでも, どれも, どんなにか, どんなに無垢, ないのに, なうて, なおよろ這い, なかなかり, なくあんど, なく大穴, なく落ちたの, なだれ始めた, なに一つとして, ぬれたデック, のめのめと, はっきり浮ばない, はなはだ猿, はや肩, ひきが, ひつそりと, ひとつでは, ひとつの, びっくりした, ふいに, ふたりの, ふとし, ほかの, ほのぐらくじ, ぼかされて, ぽつぽつぽ, ますます少なく, またいつの間にか, またそれた, また別れ別れ, また自分, まだここ, まだガッキ, まだ往来, まだ立迷っ, まだ見え, まったく見当りません, まるで乱軍, まるで消え, まるで豹, みえなかったが, みな一様な, みな武者ぶる, みるま, もうその, もう一つ, もう二十間, もう原, もう宙, もう後, もう星, もう李逵, もう永遠, もう消え, もう痕, もう見あたらない, もう風, もって来た, もっともっと身軽, もとより, もとよりちょっとした, もはやどこ, やがて, やがて人目, やがて離れ, やっぱり動かない, やはり影, やはり紫, ややあわて, よく見る, よろよろと, われわれが, アセチレンの, クレヴァースの, グングン大きく, ザブザブ白い, ツカ, フィルムの, ムラムラと, モウ一度一生懸命の, ワーテルローの, 一つだけに, 一つにしか, 一とき湾内の, 一団百人以上も, 一抹の, 一日も, 一歩進み, 一瞬の, 一線に, 一重に, 三丈五丈と, 三蔵ひとりだった, 不思議に, 丘へ, 乗りかかって, 事の, 二つ, 二つ満つ, 二重三重に, 二階の, 五つだった, 人波と, 人類破壊の, 今にも消され, 今手許, 他の, 仙吉を, 伊那丸の, 伸び上る, 何という, 何ものだろう, 何処と, 何町を, 余が, 侍者に, 依然として薄い, 元気を, 光線の, 入口の, 全く消え, 全然一つ, 共によろ, 其眼より, 再び後ろ, 冴えた百合花, 冷やり, 凝然自失し, 刃の, 初めに, 利用すべき, 力なく, 動かず冴え, 動くよう, 北側と, 十間ほど後に, 半蔵らが, 却つて明鏡の, 去来する, 口の, 可愛らしき島田髷, 右へ, 同じよう, 吹雪に, 咄嗟な, 和尚の, 四ツを, 在らず, 地球の, 埓も, 声も, 夕闇の, 夜目にも, 大きい楊, 大きな松かげ, 大地へ, 大氷塊, 奇怪な, 女とも, 子安堂から, 學校に, 実にはっきりと, 家々の, 寂として, 射して, 小さくなっ, 小さく軒下, 小布で, 少しまばら, 少し頭, 尺の, 層, 崖を, 工場の, 左側から, 平次と, 年老った, 幻の, 幾度か, 床几に, 廊下に, 引ッさげ, 弱って, 影に, 彼らの, 彼奴に, 後向に, 従いて, 微塵も, 忽ち消える, 忽ち門衛, 忽ち飜つて貫一, 怏々と, 恰で, 悲しく生き, 意外な, 愚か小雀一羽眼に, 戸では, 手に, 技巧の, 折れて, 探しても, 掻いくぐって, 放蕩の, 斜めに, 日に日に稀薄, 日光の, 日毎に, 明るくなる, 星を, 映らなん, 映らぬが, 時々身体, 暗い君子, 暗くなり, 暗闇の, 最も濃く, 月の, 朝日に, 朦朧として, 朧でも, 木の間を, 本来何者だろう, 朱実の, 杣道に, 松林の, 格好から, 森の, 欄干の, 次第に淡く, 正確に, 歸つた, 殊に深い, 毎晩同じ, 水の, 水面の, 氷ったもの, 決して寂しい, 決して見られなかった, 汽車に, 河原の, 波面に, 活気づいて, 流れを, 浮き出て, 消えうせて, 消え失せた, 消去り, 淡く縁端, 添いながら, 溝板の, 漸く小さく, 澹, 濃く映った, 濛々迷, 灰の, 無い染次, 無くひとりひとり, 無論の, 物に, 犬の, 猛然と暗, 猛虎に, 玉の, 現れるが, 生湿り, 町方の, 疑う余地, 白い砂地, 百日紅の, 目の, 相擁し, 眞善美, 真っ白な, 短かく地べた, 石地蔵には, 砂丘にも, 破れし簷, 示して, 祠の, 穏やかに, 空濠の, 突として, 突然街道, 窓辺を, 立上つて大急ぎで, 竹の, 笠の, 紛れなく尼僧姿, 紛然雑然として, 紫である, 細い道, 絶えず彼女, 網膜に, 縁伝いに, 縦列を, 肥前国藤津郡多良峯を, 肩の, 背後に, 自己の, 自然の, 船の, 艶に, 若葉で, 草を, 草木を, 葉が, 薄くとも, 薄くばかり, 薄れ消えて, 薄蒼い, 薬師ヶ谷東光寺の, 蚰蜒の, 蝉しぐれの, 蠅に, 行手の, 見あたらなかった, 見えざるなりき, 見えず又, 見えず辺り, 見えて, 見えないの, 見えない宵の口, 見えなかったそして, 見えなかろう, 見えぬかと, 見えるが, 見え此方, 見つかりません, 見まじと, 見られなかった, 見るに, 見受けられませんでした, 見失ったが, 見当りませんでした, 見逃せなかつた, 認められなかった, 誰の, 變らねど, 豹の, 足下の, 足許が, 跡形も, 踏切から, 身を, 身近く, 軽い足取り, 近き未来, 迷い犬の, 逃げるよう, 透く, 這うよう, 通り新, 通過ぎた, 運転手の, 遠くに, 遠ざかり不知火, 遠浅の, 郊外の, 野の, 野末へ, 鉄いろ, 鍔の, 長い廊下, 長く, 長く水, 長く畳, 間もなくまた, 闇の, 陰森と, 隠せば, 離れて, 雲の, 霧に, 靄の, 青い沙漠旅行, 面に, 頓て, 頷き合った, 風と, 飛び起きて, 駒の, 駕を, 魔物の, 鶴子の, 麓にあたる, 黒い今夜, 黒くしずか, 黒くそびえ, 黒くな, 黒く水, 黙々と社殿

▼ 影~ (905, 5.4%)

44 なって 14 隠れて 10 かくれて, 身を 8 包まれて, 向って 7 過ぎない 6 おびえて, して, すぎない, 添って 5 つつまれて, 掩われ 4 しても, なった所, むかって, 囲まれて, 立って 3 かこまれて, なる, 似て, 呑まれて, 怯えて, 眼を, 過ぎなかった

2 [37件] ある, いて, おおわれて, すぎないこと, すぎなくなった, なり白く, ゆきあたつたと, ピタリと, 二人が, 伴ひ, 僕は, 円い頭, 影を, 待つらむ妹, 従いて, 揃つてか, 李花の, 框も, 注意し, 潜みぬ, 潜んで, 直面し, 立つて, 紫陽花の, 絢どられ, 脅かされた, 見えつつ, 見えぬ, 見入つてゐた, 言葉を, 託けて, 追れ, 透かして, 過ぎまい, 隠れた, 静かに, 驚いて

1 [655件 抜粋] あこがれて, あごで, あったベンチ, あの時代, あは, あると, ある東床, ある鮑貝, いいました, いた一人, いって, いつく比丘尼, いつも香氣, いるよう, うかが, うち伏し, うつくしき夫人, うるみを, おおわれだれ, おどろいたもの, おどろかされるやう, おびえたよう, おびえながら, おびえるとか, おびえる事, お園, お増, お島, かかりてもと, かくして, かくれ, かくれた助手, かくれながら, かくれる幻像, かざされて, くちばしを, くっきりと, くらべると, この妖姫, こびりついて, こんなこと, さへ, さも東洋, しありけれ, しては, しゃがんで, しよんぼりと, じっと浮ん, じっと見つめ, じぶん, すぎないから, すぎない幽霊, すぎなかった, すぎなかったが, すぎなかつたが, すぎなくなって, すぎなくなり忽然と, すること, する事, すわって, せよ肉体, そうて, そって, その幹, その画家, その神秘, その通る, その髪, それと, それに, それほどの, そろそろと, たつた一つ, だまされるとは, ちがいない, ちぎれた草, ちら, ちらちらと, ちろちろ泣き後れてる虫, つかまれて, つづいて, つないで, つれて, ですって, とある空地, とけ合って, とても美しい, とび上る, ともに棲みたい, なった千, なった半面, なった室, なった懸崖, なった方, なった月, なった杉山, なった頬, なってるが, なってる方, なつて, なにか巨大, ならぬ場所, なりそう, なりの, なり切って, なり日向, なり石, なり頭, なるかしら, なるの, なるわ, なる川, なろうと, ぬすむこじき法師, ぬれて, はいったの, はいった時, はいって, ひかれて, ひくひくと, ひそむ尊い, ひっそり咲ける, ひとつの, ひもどく, ひらめいた, ふと眉根, ふる, ふれて, ぶつかった, ほかならないという, ほかならぬ, ほの, ほのかな, ほんのりと, ぼんやりと, ぼんやり立っ, まじつて, まわってばっかり, みちて, もうひとり, もうろうと, ものを, もやもやし, やつと, ゆらいで, ゆらぐと, よく似, よぼよぼした, よりて, よろよろと, ゐる影, コートの, ションボリとして, パッと, ビクとも, マリユスは, 一人の, 一刷彩つた如く見えた, 一撃を, 一生を, 一線ずつ, 三十日の, 三挺の, 不思議な, 与えられた動揺, 中高な尖った, 九十九ばかり, 乾かぬ露, 二つの, 二人の, 交り, 人は, 人間の, 似たるによりて, 似た光線, 佇ませずに, 住ふも, 住み, 住む友達, 住んで, 何やら人影, 何処から, 何處から, 作つてある, 例の, 傷けられた, 充ちあふれて, 光る, 入り, 入る前, 凡事ならぬ, 出る香氣, 刻み込まれた, 前にも, 加はつた, 動くたび, 包まれた街路, 包まれてる都会, 包まれ空, 包み込まれる, 包み込んだまま, 包んで, 匹敵する, 区切られた地面, 匿し, 半分かくれかけ, 占められて, 取り包まれた林檎, 受けとって, 可憐しい, 吃驚した, 合す面, 向かって, 向けて, 向つて乱闘, 吸ひつき, 吸われて, 吸収せられ, 呑まれるという, 周囲を, 呼びかけた, 咲きいづる時, 咲き出でし聖者, 唾し, 啄木鳥が, 喘ぎを, 嚇か, 嚇された宗教家, 圧倒せられ, 地を, 坐ったまま, 埋まって, 埋めて, 執拗に, 塞がれて, 墨絵の, 声澄み, 変って, 多数の, 多數, 夜更しする, 太政入道清盛の, 奇妙な, 奎吉を, 娘の, 孤独自我そして, 守られて, 寝そべろうと, 寝像, 対して, 小さくなった, 小さな二輪車, 小さな骸, 就くが, 屈んだ, 山の, 巣喰ふ焦立たしき, 帰して, 広々と, 形と, 影, 彼が, 彼は, 彼女を, 微かな, 心が, 心を, 忍ばした, 忠実な, 怖じたがる癖, 思わずハッと, 怪しみ恐れて, 怯えたの, 怯え三十日爆弾, 恋して, 恋愛男女が, 息ふ, 息を, 悔恨の, 情の, 愕いた, 憂身を, 憧るる, 憩わず後ろ, 懐かしい娘, 懸つて, 成つて其の, 成日向に, 或はそこ, 手を, 手足を, 投げかけた, 抜け目, 抵抗する, 拠り, 振向いて, 接するは, 接するを, 接吻しよう, 揉みこまれて, 支へ, 敏感に, 於て, 於てこそ, 映えて, 映った, 映つた, 映つたので, 映つて, 映る鏡, 時鳥の, 暗く住む, 曇って, 曇つてゐるだらう, 曇りなく, 替えて, 月夜に, 有るか, 束ねて, 来て, 枝葉を, 桜の, 棲む, 横たわっては, 横たわってる男, 歯が, 殺さる, 殺さるる話, 気がついて, 気がつくと, 気が付いたの, 気づくこと, 気を, 水の, 沿うて, 泣き伏した女, 注がれて, 注意した, 浮き出して, 浸され光, 浸って, 添う影, 添ふ, 湧き立つ泉, 満ちた, 溺る, 溺れ酔おうと, 潛んで, 潜み隠れ抽象的, 潜む恐ろし, 潜める悪, 濡れしおれた, 火桶を, 炉の, 無限の, 煙りの, 照され, 父の, 狂って, 狂つて自ら謀反を, 甘えるよう, 生れて, 用意し, 畳む上, 痩せさらば, 白日も, 白髯の, 目の, 目先を, 相違は, 真赤に, 眠つた, 眠るぞうたて世, 眺め入る, 着物だけが, 矢杉は, 祖母が, 穴を, 空を, 立った旗二郎, 立つ鮮やかさ, 競ひ, 等しかつ, 筋の, 紛れて, 紫色を, 組みついて, 組重ね, 絵で, 縹緲の, 縺れた糸, 置かれた洋燈, 翼の, 耳を, 聞いて, 肉の, 背屈まった, 脅かされて, 腰掛けて, 自分で, 與へられた, 色も, 茫洋として, 蔽すように, 蔽われたに, 蔽われてるもの, 薄り, 薄絹, 藍の, 蝉が, 蝕まれた圓朝, 蟠る魔物, 街灯が, 覆はれた, 覆われて, 見える, 見えるの, 見え自分, 見るま, 見入ったり, 見入って, 見参らす雛, 見奉れば, 見惚れたの, 見覚えの, 親しみながら, 触れたと, 訊いて, 設けられてる円卓, 話しかけるよう, 認めた時, 誘われて, 譬えた人, 負うて, 質量が, 踊らせ光らせかがやかして, 踏んで, 蹄の, 蹴おされて, 躍る善男子, 近づいた時分, 追いついた, 送られて, 送られ御, 透したが, 透したらん, 透しながら, 逡巡し, 連れ子は, 過ぎないが, 過ぎないで, 過ぎないという, 過ぎないの, 過ぎないもの, 遮られて, 遮られると, 醉ひしれ, 重な, 重る塀, 野宿し, 鋭どく, 鎖されがち, 鎖されるの, 鐵燈の, 閃く得物, 閉ざされて, 闇黒な, 陰れて, 隈どられ, 隠されて, 隠れたの, 隠れたる苫屋, 隠れた本性, 隠れては, 隠れてるお, 隠れるよう, 隱れ, 集結しました, 雨戸は, 雲白く, 露に, 靡く, 面を, 音樂の, 頬被りせる, 飛びかふごとく, 首を, 馬影も, 駭き, 驚かされるよう, 驚かしめし企圖, 驚き, 驚き恨み, 骨格の, 鮮やかな, 鳴く蟲, 黒ずんで, 黒塗に, 黒眼鏡の, 鼻を

▼ 影~ (302, 1.8%)

25 なって 5 形の, 影とが 3 いふを, しも, なつた, なる, 一緒に, 光とが, 光との, 光の, 石地蔵との

2 [21件] いっしょに, いって, しはらはら, なった, なつて, なりて, なり煙, ひなた, 光を, 入り乱れて, 形と, 影, 影とは, 影の, 影は, 必死の, 日向とを, 日向の, 消えうせて, 自分の, 陰との

1 [198件] あやまるには, あらはる, いいそう, いい今夜, いい得るよう, いうからには, いえば, いひ主, うすれて, おぼしいもの, お通, かや, きらきら光る, この肉体, その下, その湿つた, その腰, それを, た, だ盛つた, であった, とけ合ってるかの, なったが, なってるあの, なり居たるその, なり帶, なり形と, なり畢ん, なり遠ざかる, なること, なると, ふたりし, ふたりづれで小塚原の, ぽっちり見えた, まあ二人伴, まだ出ない, みえたもの, やさしい姿, やらだ, やらだよ, やらです, ゆたかな, わかれ濃淡, ズングリ低い, ダンスしました, 一しよ, 一ツに, 一所に, 一致させる, 三悸み, 並んで, 並木のだ, 乱るる, 争つた, 二人きりとは, 二人づれのまことに, 二人の, 云い鳥巣庵, 云うの, 云うもの, 云う事, 互いに前後, 互に縺れ, 交はる, 人間の, 低くしずか, 光が, 光と, 光とに, 光とは, 光に, 光りが, 光りと, 光りといふ, 光りの, 分れたが, 力の, 動き, 化した左膳, 区別したら, 合は, 同じくらいに, 同じで, 同じ方向, 向いあって, 向い合った, 向ひ, 呼ばれまた, 唯それ, 墨の, 声とに, 声との, 声の, 変って, 変りない, 夏の, 夕靄が, 天地の, 女は, 妻君とは, 存候, 実物と, 家屋の, 対して, 対岸の, 対座し, 対語を, 小さな丸い, 少年音楽隊の, 幽霊には, 強い日光, 形, 形とが, 形を, 形太夫と, 影が, 影との, 影とを, 影二人法師, 影二人法師の, 影法師を, 彼等の, 後燈が, 心持とを, 忠実な, 思いあやまって, 思えとて, 思ひ誤れり, 悲壮が, 成りて, 戦おうと, 揺らめく枝, 擦れ違った, 日を, 日向のだ, 明るい初夏, 明るみから, 明暗の, 明月の, 智慧の, 暗い影, 書した, 木立ち, 波面に, 消え残る夕焼, 混じ現在, 添は, 灯の, 煙草と, 爭との, 狡猾な, 疑はる, 白樺の, 白砂と, 相擁し, 真っ先の, 知らずに, 石地蔵とが, 石地蔵を, 砂の, 硫黄が, 稱する, 稲妻とを, 空の, 網, 考えること, 聲, 腐爛の, 艶, 若い女, 茶畑の, 草の, 蔽い重なって, 薄き光, 藤の, 行きすぎたお, 街の, 見て, 親子四人の, 言へば, 言葉を, 記号で, 貞純との, 踊つてゐる, 蹴り合いを, 輪に, 辺りの, 迷信の, 逢ひ, 雲とを, 静けさとの, 静寂とばかり, 響とで, 響とに, 頭上の, 馳する, 騒音, 黒髪が

▼ 影~ (190, 1.1%)

11 あつた 2 うずまって, 埋まって, 彼女を, 戸口へ, 私は, 鉛筆の

1 [167件] あつて, あらう, あらうか, あらうと, あり難う, いずれも, いっぱいに, いつぱい, いつも嘆息, ええその, おおう下界, おおわれて, お悦びでござりましょう, お祖母さんにも, かき乱すよう, くすくす笑い出し, けんとう, ここに, こそこそ何, この何百年前, さし示し, さへ, じっと凝視, すっかりおおい, すっすと, すまして, すら慰め, せう, そっと意, そのこと, その奥さん, その時, その顔, それと, それを, ただじりじり, つねやが, できて, できてるかの, どんなに苦心, なつかしい緑陰, はやく姿, ひく, ふちを, ゴソゴソやつ, サンドウィッチを, シナの, ドニェープルを, ベッドの, 一人憤慨した, 一同揃っ, 一寸面白い, 一緒に, 一群の, 上の, 不断に, 丸い帽子, 乱しながら, 二三人づつ歩い, 二人の, 二人を, 云つてゐる, 人の, 今は, 今日も, 今迄, 代表され, 何か, 側の, 僕の, 内密の, 冷たい手のひら, 出来過去, 判らなかった, 助か, 助かりました, 取囲まれて, 可なり, 吐息を, 吾輩の, 土塀は, 坪井は, 埋まった, 夜なべ仕事が, 大人の, 妄想の, 妖怪の, 娘よりも, 子供たちは, 学校は, 宇乃の, 守って, 安価に, 寝とぼけた夜鳥, 山之, 彼を, 往還で, 御白粉, 恋愛の, 恥かしい, 息を, 感謝し, 斜め上から, 明らかに, 明るくきらきら, 晴天に, 智慧の, 暗かった, 暗く隧道, 書籍を, 月の, 月を, 格子を, 横切られたり, 歩道を, 死体の, 氏は, 洋傘を, 洞の, 浄められ, 浮き出して, 涼しい, 涼しかった, 深く曇っ, 片頬, 特別に, 狭い庭, 留ったの, 白い女, 眼の, 短い方, 秋子が, 空想の, 節々が, 細い頭, 絶えず変化, 繋いで, 胴から, 脅す脅かされる丈, 自分も, 花火師の, 蔽われて, 薄暗くなっ, 蜻蛉の, 街燈が, 裏切られて, 西の, 覆い卑怯者, 覆って, 見えなかったトン, 見た時, 見て, 見て取った, 見るせい, 覗く鮮, 覗く鮮さ, 逢ったと, 采配を, 里の, 長い間, 青ざめた玻璃天井, 靜かに, 音羽の, 食べたこと, 食べました, 黄なる, 黒く見え

▼ 影~ (173, 1.0%)

9 はその 5 の殿村 4 と須原, の佐川春泥, の顔, はそれ 3 の春泥, の速水 2 であった, とその, のほう, の綿貫, はこの, はポケット, は少し, は経験ずみ, もアッ, も須原

1 [117件] がこれ, がたずねる, がとんき, がふたり, がまず, がやっぱり, がよりかかっ, がパッ, が世の中, が人工底なし沼, が今後, が右, が恐ろしい, が深く, が笑いだした, である, でさえ異様, とちょびひげ, と二匹, と何, と相対, と部下, にとっては今, にとって地底パノラマ国, には, にも東京, のまっ, のむぞうさ, のよりかかった, の全身, の恬淡ぶり, の悪知恵, の手, の技術, の本拠, の申し出, の眼前一尺, の耳, の肩, の隠れ家, の鮎沢, はある, はあるいは, はいま, はいろいろ, はいわれる, はおもや, はかたわら, はこともなげに, はこれ, はこれから, はじりじり, はすぐ, はすばやく, はそう, はたちまち, はちらっと, はとても, はどこ, はどんな, はびっくり, はふたたび, はまた, はやがて, はやっと, はオール, はニヤニヤ, は一本, は上半身, は二匹, は何者, は全身, は千代, は口, は夢, は奇術師, は小林, は小説家佐川春泥, は尾久, は岩, は帝国ホテル, は建物, は引っ返さなかった, は春木, は木, は東京, は死体運搬, は殺人会社, は真実, は知らなかった, は約束, は自分自身, は自由, は興味深く, は良斎, は融通むげ, は速水, は速水荘吉, は隠, は須原, ほどの知恵者, もあいそ, もあきれかえっ, もこういう, もこんな, もそこ, もその, もそれ, もとうとう, もわざと, もポケット, も向きあっ, も笑い返した, をかかえ, をその, を射殺, を抹殺

▼ 影から~ (148, 0.9%)

4 出て 2 一人の, 大きな眼, 影へと, 彼の, 手を, 眼を, 離れて, 青い洋服, 首だけ

1 [126件] あざやかに, お客様を, ききながら, じっと身, すっかり見, そうっと白衣, そっと蚊帳, そっと頭, そつと, それとも見えぬ, だん, では, とびだして, どことなく気ぜわしい, なるであろう, ひた走りに, ふたたび本物, ふと彼, ぼくへ, ぼやけた返事, またいちばん, まるで足, もう細い, やがて二, やがて現われ, わざわざ顔, 一塊の, 一歩踏み出しかけた, 三米離れた, 上がって, 下げ髪に, 不意に, 今や鈴江, 仔細の, 何とはなし, 侍医の, 俺は, 先の, 再び現, 再び現われた, 出た, 出る毎, 判断する, 半分部屋の, 半町とは, 呼びかけた, 呼び留めた, 唇の, 四方を, 外れた月光, 夫人を, 女の, 姿を, 室の, 小さな姿, 少し進み出, 廊下へ, 弱々しい虫, 影へ, 影を, 彼は, 彼奴らが, 忍び寄って, 急に, 悔やんでも, 手の, 打傾い, 指先で, 操かし瞞らかす, 斜に, 日の, 時々に, 月を, 朝すず虫, 松木は, 様子を, 歩いて, 汗ばんで, 浮かび出, 浮き出してる眩い, 消えて, 湧き出すよう, 漸く離れる, 物の, 現はれ, 現われたが, 現われたの, 現われたもの, 現われて, 男の, 発したの, 目を, 真珠の, 眺めた, 私は, 笑いながら, 綾子の, 美くしい, 考えますと, 聞えた, 脱して, 色の, 蘆屋までは, 蛙が, 見た事, 見ると, 見事な, 見合った, 見守って, 覗いてて, 覗いてるよう, 覗いてる自分自身, 読んだ, 足音も, 逐われて, 這出した, 遠くひかえ, 隙を, 離れること, 頬冠した, 顔だけ, 顔を, 飛び出した時, 飛出して, 飛出そう, 高々と

▼ 影さえ~ (138, 0.8%)

10 見えなかった 4 ない, なかった, 見えない, 見えぬ 3 見えません 2 さして, なくて, なくなった, 一つも, 漂って, 見えた, 見せなかった, 透いて

1 [93件] あった, ありません, いだいて, うかがわれる, おぼろげに, ささずひっそり, ささなかった, さしては, しなかった鳶, しません, たれとも, て, とどめないだろう, どこの, ないぞ, ない裾野, なくどこ, なくなって, なく四季, なく後村上天皇, なく流し, なく満, なく満月, はいらないよう, まばらであった, みれば, もう其処, よぎりも, 二人の, 仄めいて, 動かず, 動かなかった, 含まれて, 宿さなかった, 宿る櫓, 寂しかった, 射さなかったろう, 少し薄れ, 差して, 思い浮べなかった, 持って, 映るばかりに, 止めて, 残して, 残って, 残らずあわれ名所, 気を, 水に, 浮べないの, 消えて, 漂った, 濃やかな, 無かった, 示さず眼, 示しませんでした, 稀薄だ, 荒んで, 見あたらなかったの, 見あたらぬの, 見いだされなかったと, 見えず, 見えず大, 見えず月, 見えたらばと, 見えないけれど, 見えないでは, 見えないの, 見えない大川, 見えなかったでは, 見えなくなって, 見えなければ, 見えぬところ, 見えぬは, 見えます, 見えませんでした, 見せなくなる, 見せませぬ, 見せられた事, 見たこと, 見たもの, 見つけ得ないだろう, 見なかったの, 見ませんでした, 見ゆる, 見られずお, 見られなくなった, 見当らない, 見当らなかった, 見当らぬ, 覗き出して, 認め得ない程, 賊を, 頬に

▼ 影~ (97, 0.6%)

6 道陸神十三夜の 4 道陸神の 3 ぼんやり白い 2 傍に, 土塀の, 待とる, 若い夫婦, 道陸神なんぞ, 道陸神を

1 [72件] あの太鼓, いかで, お湯の, が茫々, きりぎりす, どすお, ぼんやりした, また樹影, みんなが, らん薄曇りに, 一面に, 人にて, 今宵によるの, 伏線的テーマと共に, 優柔不断の, 光の, 円味やを, 剣槍の, 十一羽の, 回想でしか, 土の, 声しか, 夜風に, 天の川, 屈託の, 山や, 崩れかけた煉瓦, 幼な, 形では, 恐ろしいけむり, 散所芸人たち, 断続し, 新らしい, 日に, 時の, 景色の, 暗さ, 木立の, 植木師たちの, 植込みで, 横町の, 歩兵が, 気分や, 法師頭巾の, 流人的な, 消えなん, 深い闇, 深味が, 深味迄を, 白い旗影, 看板の, 石牌や, 空気に, 紀念の, 線の, 肩先の, 自らその, 色を, 色彩で, 花立てに, 裾野の, 見ゆると, 軒燈の, 過去半生の, 道碌神, 重って, 野犬の, 金魚池の, 階段の, 音の, 馬の, 馬車の

▼ 影~ (79, 0.5%)

9 向って 3 向かって 2 手を, 眼を, 私は, 移って

1 [59件] おびただしい落葉, かくれるよう, さっきから, なつかしげ, むかい, むずと組み付きました, よびかけた, サッと小太刀, サッと斬りつけた, ザアッ, 乗り捨てて, 何か, 例の, 入れると, 刀を, 向けたまま凝然, 向けて, 喰い入りました, 寄って, 引いて, 引摺行猶段々, 恨めしげ, 扇子で, 手燭を, 投げた, 投げつけた, 振り向いて, 掌を, 斬りかかった, 日かげへと, 横向きに, 消えた, 消えました, 烈しく手, 無手と, 狙いを, 突いて, 編笠の, 聲を, 胡坐を, 越えると, 足礫, 身を, 身構えた時, 迫った, 迫る, 追い重なって, 送って, 逃込んで, 門七が, 隠れたの, 隠れましたが, 集まって, 集まつて, 頭を, 顏を, 顕れたつけ, 顯れた, 飜然と

▼ 影~ (53, 0.3%)

5 へ見えなかつた 3 へ見せなかつた 2 へはつきり, へもなく, へ見え

1 [39件] かるす, へあつ, へうとき, へすばや, へない, へなく, へもない, へもなかつた, へも見あたりません, へも見えず, へも見えない, へも見えなかつた, へも見える, へや然, へや蕾, へ一つ二つ, へ人, へ凄い, へ宿る, へ寫さぬ, へ射し, へ屆, へ差さない, へ我脚下, へ細き, へ落ちる, へ見えた, へ見えません, へ見ず成し, へ見せず, へ見せませぬ, へ見へぬ, へ見ゆる, へ見られなかつた, へ見られます, へ覗い, へ香滴, まで, ゆらげば

▼ 影だに~ (44, 0.3%)

4 見えず 2 ない, ない虚し, 見えざれば, 見せざりき

1 [32件] あらず, とまるもの, なかった, なく歯刷子くら, なく真理, なく遂に, なしよ, なし無, 宿らずとも, 射さなかったと, 止めて, 止めない, 残しては, 無く今, 留めず, 留めないもの, 終に見する, 見えざりき, 見えずありしより, 見えずつれなくて, 見えず不正, 見えず声, 見えず昨日, 見えなかったとき, 見えぬ, 見えぬに, 見えねば, 見せぬ昔, 見へぬ渺々, 見られませんでした, 見出すこと, 認められなかつたが

▼ 影には~ (40, 0.2%)

2 他の

1 [38件] いったり, いって, いっても, いつもの, いつもバック, お高, そんな重苦し, なお幾人, ひどいめ, 何が, 光りの, 刑事が, 力が, 却って古い, 太宰の, 幸福が, 引き裂かれるやう, 強制と, 快活なる, 悲しみが, 春らしい, 案外広, 死神が, 毒あり, 清新な, 滑稽な, 無数の, 瑠璃紺青紅の, 相応しい真黒, 祭を, 糊口に, 芭蕉に対する, 裕福そうな落ちついた, 足が, 遠く日本銀行かなんかの, 金色の, 鳥渡説明の, 鼻が

▼ 影さえも~ (38, 0.2%)

9 ない 5 見えなかった

1 [24件] ないの, ない単なる, なく朝, なく町, なく遠い工場, なく間ごと間ごと, なし, なつかしいの, 射さないよう, 差さなかった, 現さなかつた, 碌々に, 見あたらない, 見えずなったり, 見えない, 見えなかったと, 見えぬ, 見えません, 見せず再び, 見せなかった, 見つからない, 見られないの, 見られなくなった, 見ること

▼ 影すら~ (35, 0.2%)

4 見えなかった 2 ほとんど落ちない, 見えない

1 [27件] ないの, なかった, なくなって, みえない, みえないでは, わたしの, 仰がれない, 唇の, 感じなかったほどの, 揺れない, 消え果てた, 涙に, 無い, 見あたらなかった, 見えないでは, 見えないの, 見えないばかりか, 見えない雨, 見えなかったのに, 見がたい, 見られなかったの, 見出されないの, 見出すこと, 見出すの, 詩人の, 閼伽汲む, 阿閼

▼ 影では~ (34, 0.2%)

3 ないの 2 ありません, ない, ないか, なくて

1 [23件] ありましたが, ありますまいか, ございませんこと, どうか何, ないかと, ないかとさえ, ないかなどと, ないでしょうか, ないもう, ない真実, ない色, なかった, なかつたの, なかろうか, なくほんとう, なく明, 彼女に, 忘却される, 思うが, 恋に, 悪語を, 蔭間の, 青みがかった反映

▼ 影にも~ (34, 0.2%)

2 遇は

1 [32件] あらず空, おびえるよう, なっては, やはり父祖以来, ハッと, 一つ何かが, 似たれ, 似た男, 似て, 凶事の, 堪へぬ鼠子, 情の, 慰まむ, 戦いた, 拘らずアリストフアネス, 日向にも, 木の, 梢を, 気を, 水玉が, 添って, 濃くなりかけ, 申しません, 相違なかっ, 私は, 縁の, 繭の, 蟇の, 見えない, 見せない, 見當ら, 音にも

▼ 影~ (32, 0.2%)

1 [32件] からそれ, から名前, かわからない, けれど伊庭, そうな, つたのだ, ということ, としたら, とすれ, とは思いません, と思, と思っ, と想, と見きはめた, な, などと否定, の, のを, もない, も洩さぬ, も見えざりけれ, も見えず, も見せない, も見る, よ, わねそら, ツせ, ピー, 何か, 夢の, 手を, 野ら番が

▼ 影とが~ (30, 0.2%)

2 あるだけ

1 [28件] あちこちと, あとに, あるばかり, ない, 一つに, 互に歯, 付いては, 入乱れて, 向きあったの, 地面に, 投げられる, 次第に多く, 殊更美しく, 消えつつ, 淋しく黒く地上, 深くかれ, 濛々土けむり, 皆の, 相縺れ, 相離れた, 眼に, 縺れあって, 見詰められる, 車体の, 逃げて, 通りに, 重なり合った, 野の

▼ 影でも~ (28, 0.2%)

2 なければ

1 [26件] あくまで明るい, あつた, あるの, あるよう, かし本の, さすと, それが, ないし, ない私, なかった, なさそう, ひくよう, 何でも, 厭いはせぬと, 射して, 拝んで, 映りそう, 映るの, 木立の, 浮かんで, 見えますか, 見つけたの, 見のがす事, 見るよう, 見送ったの, 追いしりぞけること

▼ 影見れ~ (26, 0.2%)

72 ば下枝, ば小, ば永く, ば照り, ば秋, ば良夜, ば高く 1 ばあかあか, ばふりみだる, ば微動, ば心づくし, ば雑草原臈

▼ 影との~ (25, 0.1%)

2 うちに, 中に

1 [21件] あいだに, ために, ほか何も, むらがる, 三伏の, 中を, 交錯した, 交錯せる, 反射を, 合間に, 対話, 工合を, 沸騰の, 浮んで, 王国へ, 織り物を, 薫る時, 詩人, 遊戯である, 限りない, 離れること

▼ 影とも~ (25, 0.1%)

2 云ひたい

1 [23件] つかず人家, つかない明る, ない安手, なりて, まこと, カゲロウとも, 儚く隔, 光りとも, 分かず煙, 判らない, 判らないもの, 形とも, 思って, 思はれた, 思われるもの, 思われる物, 消えやらず現, 知れない一つ, 花知らず, 見える影, 見るべき一片, 言うべき親しみ, 鳥の

▼ 影ばかり~ (25, 0.1%)

2 であった, である, 白く映る, 見ゆ

1 [17件] ある処, だ, だった, でありました, でなく今に, でなく花, では, で武者, なるを, なんだ, ぼんやりまっすぐに, ぼんやりまつ, 残ったが, 残って, 眼について, 縦に, 見せて

▼ 影すらも~ (24, 0.1%)

6 ない 2 ないの, 消えて

1 [14件] ないこの, 写らない, 捉えること, 理智の, 継父に, 行いは, 行ひ, 見えざるに, 見えなかった, 見かけない, 見ること, 見付からなん, 見当らない, 頼む影

▼ 影だけ~ (24, 0.1%)

2 だ, である, では, で人

1 [16件] その影, であった, であるやう, で充分, 一抹の, 描くの, 明瞭に, 映って, 眺めて, 簡単に, 見えたの, 見えたんで, 見えて, 見せて, 見ると, 長く後

▼ 影とは~ (24, 0.1%)

3 正しくそれ

1 [21件] さっそくおたがいに意見, そなた, なんじゃ, なんでしょう, もうかなり, バルコニに, 一刻も, 一層その, 何と不思議, 別に黒吉, 反対な, 吹雪に, 女の, 峯子に, 比較を, 気がつかなかった, 漂ひぬ, 知りながら, 見えぬ実物, 遊んで, 非常に

▼ 影~ (23, 0.1%)

2 薄あかりに

1 [21件] あるいは殺された, それ自, 何ぞの, 何とも言えない, 夢, 幻か, 幻の, 形か, 影か, 思い出せねえか, 思ひ切つて觸, 想像に, 星が, 死か, 深いか, 空を, 自分が, 阿媽ほんとの, 隈だつ, 霧の, 骨か

▼ 影とを~ (21, 0.1%)

2 ふり撒い, 浮べて

1 [17件] つないで, 併せ有, 地面の, 帶びて兩側の, 弊履の, 感ずる, 抱きしめるかの, 映した池, 映して, 橋板の, 混ずる勿, 穿たれし者, 等分に, 織って, 見て, 見ると, 見送った

▼ 影をも~ (21, 0.1%)

1 [21件] 写そう, 墨の, 守らん意気組, 宿して, 帯びて, 怖れ, 明るしと, 映さずに, 映そうと, 望んだ, 止めざる時, 止めなくなること, 残して, 照らすこと, 留めず洗, 私に, 納めて, 落とさずなんら, 見い出すこと, 見せないので, 逃すまいと

▼ 影~ (21, 0.1%)

2 のレンズ, を投げこん

1 [17件] からのもの, がやられちまった, が五つ, が今, が爆発, が片端, だぜ, の前, の投下, はいくつ, もやられちまった, をあんなにどっさり, をモーターボート, を壊し, を投げこむ, を積んだ, を雨下

▼ 影らしい~ (19, 0.1%)

4 ものが 3 ものも 2 のが, ものすら, ものは 1 ものがちつ, ものと, ものなどは, ものを, 影を, 珍しいもの

▼ 影である~ (18, 0.1%)

3 ことが 2 ことは, 私は

1 [11件] かそれ, かの樣, ということ, といふ, とは知らない, と信ずる, に極, のにこの, やうに, ような, 事を

▼ 影~ (18, 0.1%)

5 のだ 3 んだ 2 のです, んだろう 1 けれどもペカルナヤ, のかしら, のである, のであろう, びく山吹, んです

▼ 影にな~ (18, 0.1%)

1 [18件] つた御, つた所で, つた所は, つてし, つてゆき子の, つてゐた, つてフツと, つて切り抜いた, つて医者の, つて壁一ぱいに, つて失踪した, つて居た, つて暗, つて源吉の, つて牧師の, つて眼底を, つて身を, つて髮を

▼ 影さす~ (17, 0.1%)

2 ばかり

1 [15件] のみ, ばかり生, ものを, 中に, 光景古き, 女讐, 店頭に, 庭若葉かな, 月も, 桜の, 点々と, 真宝寺, 程には, 緑の, 葭簀垣今朝も

▼ 影だけが~ (17, 0.1%)

2 動いて

1 [15件] ありありと, そこに, はつきりと, むこうの, 二つある, 二つ動い, 北岸の, 大入道の, 微かに, 斜に, 暗い蔀, 月光に, 死んで, 残つた, 親しいもの

▼ 影なき~ (17, 0.1%)

2 男, 話の

1 [13件] その人, に影, に至れり, を得なかつた, を思はず, を見とどけた, 人の, 土ゆ砂塵を, 密猟者の, 日輪, 眉, 道を, 魔ものの

▼ 影という~ (16, 0.1%)

4 ものが 3 のは, ものは 2 影は 1 ものの, わけで, 観念と, 貞淑な

▼ 影みたい~ (16, 0.1%)

4 なもの

1 [12件] なやつ, な与里, な奴, な淡い, にいつも, にウロウロ, にフワフワ, に思い返さず, に沢庵, に追って, に遠く, に黒く

▼ 影一つ~ (16, 0.1%)

2 見えない大

1 [14件] でも一応, ない真昼, ない青い空, なかった, なくただ, なく唯, の小路, やにわに刀, 動かない深海, 見えないあたり, 見えない気味, 見えなかつた, 見なかった, 認めざりしこそ

▼ 影~ (16, 0.1%)

2 もあった, をきく

1 [12件] があった, がどうも, が耳, さえあります, だな, にはその, に対する弁明, のあたり, もある, も今, をうっかり, をポコちゃん

▼ 影~ (15, 0.1%)

2 て凍え, て栗色, て茂れる 1 て, てぞゆく, てとびました, て低き, て公園, て大, て暮れぬ, て神話, て苦笑

▼ 影屋敷~ (15, 0.1%)

2 の門

1 [13件] だぜ, である, とは反対, なのに, のすこし, の不可思議, の内部, の裏木戸, の鎧櫃, の門内, へはいっ, へ御, をさして

▼ 影より~ (14, 0.1%)

2 出でし影

1 [12件] さびし大海, して, むすぶ夜半, 他には, 他は, 外に, 淡き身, 走り出難, 迅い, 闇に, 鞠養し得, 黍の

▼ 影~ (14, 0.1%)

2 の教え, の達人 1 でようやく, と甲源一刀流, の剣道指南, の劔術, の榊原健吉先生, の第一義, は十分, は無双, より劣っ, を教授

▼ 影なる~ (13, 0.1%)

2 を認識

1 [11件] かとシャロット, ものの, ものは, や夢, らむ, 人の, 人物に, 居住は, 空間を, 花の, 頭の

▼ 影長く~ (13, 0.1%)

4 曳く槍 2 曳く大, 曳く投槍 1 して, 引く鋭, 曳く, 曳く鋭鋒, 水に

▼ 影こそ~ (12, 0.1%)

1 [12件] まさしく伊那丸, やどれ咲き, 不敵な, 右府信長に, 忘れ得ざらめ, 揺れ揺れ通え差, 映れ, 胸は, 薄く, 見たれ野, 跳れ, 蹲んだ彼氏

▼ 影~ (12, 0.1%)

2 生きたる 1 あらそふ, いさまし, うつる, おぼめけ盛る色, しるく見えける, なき, 並べる, 円なる, 君を, 流るる

▼ 影などが~ (12, 0.1%)

2 映って 1 どうしてこうよく色, ひらひらと, ゆるゆると, 対岸の, 浮き出たよう, 眺め合える, 空に, 見えて, 障子の, 障子窓に

▼ 影人形~ (12, 0.1%)

4 の遊び 1 だって言う, のそれ, の実演, の影, の舞踊, はたとえば, やもっと, を使う

▼ 影暗く~ (12, 0.1%)

2 彼を 1 其の顔, 廊下を, 月の, 浅酌低吟などという, 繁る瘤寺, 被い靄霧, 蹲るも, 隙間もる, 障子の, 香烟窓を

▼ 影~ (12, 0.1%)

4 のやう 1 として明治初年, の中, の人物, の壁, はある, は眞, をつくつ, を渡し

▼ 影あり~ (11, 0.1%)

2 迷あり 1 しばし日, とこしえに, と聞い, と見えたる, 交番の, 然れ, 誰そや, 金剛纂の, 靴を

▼ 影であり~ (11, 0.1%)

1 [11件] そしてまた卓一, その墓, だから彼, 一時の, 不消化な, 光輝に, 凋落の, 刑執行の, 宿命の, 射影にしか, 部分であった

▼ 影~ (11, 0.1%)

2 の一角 1 だ, だという, のズット右手, の裏手, の裏海岸, の離れ家, は山, を中心, を廻る

▼ 影など~ (10, 0.1%)

2 絶えて 1 うつりませんでした, へんに, みせて, 微塵も, 映すて, 映ったり, 見分くべ, 顔の

▼ 影ひとつ~ (10, 0.1%)

2 無し 1 なかった, なくプリンク, 見あたらぬ澄みきつた青空, 見いだし得なかった, 見えない大空, 見えぬおびえの, 見つけるの, 見つつ

▼ 影まで~ (10, 0.1%)

2 来た時 1 いじめつけられたの, はっきり写る, 忍び寄った, 数へて, 映る道路, 来て, 眼に, 鮮やかに

▼ 影~ (10, 0.1%)

2 に春風, に電光 1 じゃない, だよ, にさ, に水, を逆さま, 斬春風

▼ 影ある~ (9, 0.1%)

1 に心, は燈籠, は生者, は竹, ものが, 旅人である, 旅行者よ, 眉の, 眼の

▼ 影その~ (9, 0.1%)

2 壺も 1 中に, 中を, 前に, 廃頽と, 影の, 時ありあり, 時昔物語にでも

▼ 影ながら~ (9, 0.1%)

2 早や 1 なお面影, 亀の, 尚ほ, 瓦よりも, 青白き艶, 面倒を, 龜の子が

▼ 影さし~ (8, 0.0%)

31 たれば, てしげき, てと歌う, て言, 初めし

▼ 影として~ (8, 0.0%)

1 ひろげて, 三太郎の, 何んと, 書くこと, 画布が, 見ざるべからず, 見ること, 譬へば占象

▼ 影なく~ (8, 0.0%)

1 ひき上げし舟, ドボリドボリ, 奥に, 形なく, 渡守りの, 澱みなく, 紺碧の, 踏みにじられて

▼ 影によって~ (8, 0.0%)

1 ここに, 変化あらしめた, 掩いか, 掻っさらわれ, 時刻を, 更に浄め, 演出され, 覆われて

▼ 影をさえ~ (8, 0.0%)

2 見ること 1 埋めようと, 帯びて, 瞥見させる, 見なかった, 見なかったの, 見遁

▼ 影~ (8, 0.0%)

3 の影 1 さ, にとりまかれ, の頬, も供, も熟生

▼ 影濃く~ (8, 0.0%)

5 あざやかに 2 て表 1 迫りきたったの

▼ 影だにも~ (7, 0.0%)

1 ない, なき, なし, 捉えがたい, 無い, 論ずべき場所, 雑然と思念

▼ 影って~ (7, 0.0%)

1 いるの, その陰影, んでしょう, 少し薄暗い, 来た, 植木の, 白い歩道

▼ 影と共に~ (7, 0.0%)

1 いちど地へ, 一挙に, 寝ころんで, 我が国民, 水の, 空中に, 霧の

▼ 影などは~ (7, 0.0%)

2 露ほども 1 何処にも, 微塵も, 皆が, 窺えなかった, 見た事

▼ 影なら~ (7, 0.0%)

1 では訪, ば消, ば鳥, む観つつ, 字も, 影で, 月に

▼ 影について~ (7, 0.0%)

1 その影, 岸を, 廻った三年ぶり, 息を, 歩く, 火を, 辿って

▼ 影日向~ (7, 0.0%)

1 ありて, ある建築, が深い, になっ, も半, をする, 黒くあかるくを

▼ 影深い~ (7, 0.0%)

1 客人大, 庭園とは, 御浪人, 澄んだ眼, 片ほお, 表庭, 表情で

▼ 影燈籠~ (7, 0.0%)

2 のよう 1 のやう, の意匠, は再び, も一つ, 見るよう

▼ 影薄く~ (7, 0.0%)

1 なって, なるにつれて, 今や死ぬ, 存在し, 新派劇ひとり驕っ, 時代転換の, 模糊と

▼ 影見え~ (7, 0.0%)

2 て小島 1 て, てうつろ, て下す, て今や, やがてわが

▼ 影黒く~ (7, 0.0%)

1 ある君, さしいでぬ, 地に, 岸から, 映りたるを, 水に, 芝生に

▼ 影しか~ (6, 0.0%)

2 ないこと 1 なかった, 見えぬ, 見られなかった, 頭に

▼ 影それ~ (6, 0.0%)

1 が段々, は何, も広大, を一挙, を彼等, を見る

▼ 影だった~ (6, 0.0%)

2 のだ 1 が彼, そうです, とすれ, んだろう

▼ 影でしか~ (6, 0.0%)

2 ない 1 ないから, ないの, なかった, なかつたの

▼ 影とともに~ (6, 0.0%)

2 たえず私 1 すすみ入り, 剣妖丹下左膳いまし, 忘却を, 玉を

▼ 影とやら~ (6, 0.0%)

1 お三婆, でおい, でどうやら, でひょっくり, 只今も, 旅運強き

▼ 影のみ~ (6, 0.0%)

1 で主, ならずランプ, ならず星, 徒らに, 畳の, 見えて

▼ 影ばかりが~ (6, 0.0%)

1 あつた, 去来した, 投げられる気, 知つてゐる, 空にも, 際どく頭

▼ 影ほど~ (6, 0.0%)

1 不思議な, 俺の, 好ましきもの, 害に, 快いもの, 特異な

▼ 影をば~ (6, 0.0%)

1 廻らされた柵, 映し出して, 模様の, 滑らかな, 甘んじて, 隱しけり

▼ 影~ (6, 0.0%)

1 併セテ只三人ノミ, 吊フテ彷徨彳, 沈ムノ心無, 聯ネテ飲啄相離ルヽコトナキガ如クナルコト能ハズ, 見ザルハ何ゾヤ, 逸スルオソレアリ

▼ 影~ (6, 0.0%)

1 にあり, にうつくしき, に映じ, に映る, に落ち, の光

▼ 影深く~ (6, 0.0%)

2 四方竹の 1 ひっそりと, 不気味に, 四辺を, 見えて

▼ 影芝居~ (6, 0.0%)

1 であった, の様, は鳴物入り, を宿し, を興行, 又は錦影繪

▼ 影~ (6, 0.0%)

31 しか, てもはっと, てをる

▼ 影~ (6, 0.0%)

2 かるべければとて 1 い処, かるべき, く又, さを

▼ 影護き~ (6, 0.0%)

1 ところあり, ところある, 事なり, 地位に, 地位より, 限なれ

▼ 影うすく~ (5, 0.0%)

1 また全く, よって聞く, 俯向き加減に, 膝に, 落ちぶれて

▼ 影だけは~ (5, 0.0%)

1 かくすこと, ぼくの, 少しも, 直ぐに, 見えたので

▼ 影だけを~ (5, 0.0%)

1 従えて, 掴んだ, 見つめて, 見て, 見てては

▼ 影であった~ (5, 0.0%)

1 かそれとも, か顔色, が他, のだ, ので要

▼ 影といった~ (5, 0.0%)

2 ものが 1 のは, ような, 方が

▼ 影なり~ (5, 0.0%)

1 ける, ながら法, ながら眼, 人は, 而し

▼ 影までが~ (5, 0.0%)

1 ちぢこまって, 一層はっきり浮ん, 曾て, 見る見るあと, 透いて

▼ 影~ (5, 0.0%)

1 こたはる, さらばいざ, 母よ, 肆意に, 飛んで

▼ 影二つ~ (5, 0.0%)

2 ありてか 1 は歩一歩, は狸小路, は義雄

▼ 影~ (5, 0.0%)

1 が功, するに, の合間, は十一月朔, は文化十四年丁丑

▼ 影坊子~ (5, 0.0%)

1 が向う, が身じろぎ, のむれ, の様, を淋し

▼ 影漸く~ (5, 0.0%)

2 遠し 1 凝りては, 日光の, 薄からん

▼ 影~ (4, 0.0%)

2 ほし齋 1 つるすなは, 見えに

▼ 影じゃ~ (4, 0.0%)

1 ありません, ない, なかった, 凄い死神

▼ 影する~ (4, 0.0%)

1 かの音楽以上, 水を, 白い花, 藺の

▼ 影とても~ (4, 0.0%)

2 ない 1 無い中, 落ちた木の葉

▼ 影などを~ (4, 0.0%)

1 ながめました, 眺めながら, 見なかったの, 静かに

▼ 影なれ~ (4, 0.0%)

1 ばかく, ば写り, ば果敢なき, ば音

▼ 影にさえ~ (4, 0.0%)

1 恐れを, 歇斯的里性の, 私は, 胸が

▼ 影によ~ (4, 0.0%)

1 こたへ, つて判断する, つて殆ど乱される, つて現在また

▼ 影ひい~ (4, 0.0%)

1 てさ, てふるさと, て人, て枯鶏頭

▼ 影ふかい~ (4, 0.0%)

1 うれひのみ, 日ざし, 海に, 谷をも

▼ 影~ (4, 0.0%)

2 ふしは 1 ふし, ふしを

▼ 影~ (4, 0.0%)

1 と薄ら寒く, やうな, ような, 月を

▼ 影を以て~ (4, 0.0%)

1 せよ, 上古を, 填められて, 宛然魔神の

▼ 影多く~ (4, 0.0%)

2 して 1 立つ, 雨多い

▼ 影富士~ (4, 0.0%)

1 ですから, と同様, を素, を見

▼ 影弁慶~ (4, 0.0%)

1 が南部, が橋, は意気地, をし

▼ 影沈ん~ (4, 0.0%)

1 では魚樹, で動かず, で魚木, で魚樹

▼ 影消え~ (4, 0.0%)

2 にけり 1 て, 殘る

▼ 影~ (4, 0.0%)

1 に入る, に差, に眩き, より漏れ

▼ 影長き~ (4, 0.0%)

3 大槍揮 1 大鎗揮

▼ 影いくつ~ (3, 0.0%)

2 涼し月夜 1 しづけき真柴垣日

▼ 影いと~ (3, 0.0%)

1 明きに, 暗き水柳, 深く清ら

▼ 影うち~ (3, 0.0%)

2 かしぐ夕月夜切通し上 1 しぐれたるむら雲

▼ 影うつす~ (3, 0.0%)

1 星の, 水の, 煙草工場の

▼ 影うつり~ (3, 0.0%)

2 灯も 1 をり

▼ 影くき~ (3, 0.0%)

3 やかに

▼ 影さして~ (3, 0.0%)

2 飛びちらふ見れ 1 日の

▼ 影しづか~ (3, 0.0%)

2 なり月夜 1 に薄れ行け

▼ 影そして~ (3, 0.0%)

1 二人の, 巨大な, 狭苦しい都会

▼ 影たち~ (3, 0.0%)

1 がこの, にかけて僕, の手

▼ 影たる~ (3, 0.0%)

1 に外, 犠牲の, 虚妄の

▼ 影だの~ (3, 0.0%)

1 物かげが, 眸の, 起重機の

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 たりし, 坊師って, 坊師を

▼ 影であろう~ (3, 0.0%)

21 廚子に

▼ 影です~ (3, 0.0%)

1 がかたち, ね, よ

▼ 影でなく~ (3, 0.0%)

1 て何, て朦朧, 日南でなく

▼ 影としか~ (3, 0.0%)

1 我々は, 眼に, 見えない

▼ 影とては~ (3, 0.0%)

1 何も, 見えないの, 見る事

▼ 影とで~ (3, 0.0%)

1 どす暗く, 暗い陰氣, 朝の

▼ 影とに~ (3, 0.0%)

1 充ち到るところ, 充ち溢れて, 眼を

▼ 影ならず~ (3, 0.0%)

1 ば, 血だらけの, 黄色の

▼ 影なりと~ (3, 0.0%)

1 信じ自ら己, 拝みなおすこった, 記す

▼ 影なんぞは~ (3, 0.0%)

1 あの人, ちっとも見えなかった, 更に見えない

▼ 影については~ (3, 0.0%)

1 どっちも, よく知, 繊細な

▼ 影にて~ (3, 0.0%)

1 きみ待つ, 君まつ, 馬車の

▼ 影のみの~ (3, 0.0%)

1 男の, 紫ながら, 色も

▼ 影ばかりの~ (3, 0.0%)

1 人の, 人物に, 身よ

▼ 影ひく~ (3, 0.0%)

2 朝の 1 なかを

▼ 影また~ (3, 0.0%)

1 泉水の, 漸く明り, 点々として

▼ 影みれ~ (3, 0.0%)

21 ば袖

▼ 影よりも~ (3, 0.0%)

1 淡き昔, 速に, 静かに

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 の住む, の息, の跡

▼ 影写真~ (3, 0.0%)

2 の方法 1 の原理

▼ 影冴え~ (3, 0.0%)

21 て辻

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 はその, よ, をし

▼ 影坊師~ (3, 0.0%)

1 がヨチヨチ, が煤けた, を見

▼ 影~ (3, 0.0%)

2 に応ずる 1 をかけた

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 が薄, も見えなかった, も見せない

▼ 影暗い~ (3, 0.0%)

1 勝利を, 影に, 筆触に

▼ 影暗き~ (3, 0.0%)

1 ことなし, ところに, 杜の

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 てその, ゆるを, ゆれば

▼ 影淡き~ (3, 0.0%)

1 あたりに, もなんとなく, 残月が

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 の吉田屋, の宿屋, の宿舍

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 というの, とは即ち, は即ち

▼ 影繪の~ (3, 0.0%)

3 をぢさん

▼ 影~ (3, 0.0%)

2 さも 1 紅色の

▼ 影~ (3, 0.0%)

1 に斑鳩, に春風, 猶且つ煢然

▼ 影走り~ (3, 0.0%)

1 をる, 寄りて, 現る

▼ 影障子~ (3, 0.0%)

1 にさす, にさせ, を伝い来つ

▼ 影高く~ (3, 0.0%)

2 秋は 1 灯ちらちら

▼ 影あざやか~ (2, 0.0%)

1 に左, に輝きぬ

▼ 影あやし~ (2, 0.0%)

2 かも歩き

▼ 影あら~ (2, 0.0%)

2 はなり

▼ 影いさぎよし~ (2, 0.0%)

2 葉竝ふるひぬ

▼ 影いづ~ (2, 0.0%)

2

▼ 影うごく見れ~ (2, 0.0%)

2 ば流れ

▼ 影うつし~ (2, 0.0%)

1 たり, の遊び

▼ 影うつれる~ (2, 0.0%)

1 春日野の, 靜け

▼ 影おの~ (2, 0.0%)

1 づから墨絵, づから鮮やか

▼ 影かたぶけるごとく~ (2, 0.0%)

2 にて

▼ 影かと~ (2, 0.0%)

1 惑うな, 苦笑された

▼ 影かとばかり~ (2, 0.0%)

1 人々の, 底光りする

▼ 影かとも~ (2, 0.0%)

1 見えた, 視めら

▼ 影かも~ (2, 0.0%)

2 知れない

▼ 影がさつ~ (2, 0.0%)

2 と掠めた

▼ 影がと~ (2, 0.0%)

1 びちがふ, 苦慮いたしおる

▼ 影がは~ (2, 0.0%)

1 すかひ, だかの

▼ 影さむき~ (2, 0.0%)

2 冬の

▼ 影さん~ (2, 0.0%)

1 は一見, を訪ねる

▼ 影した~ (2, 0.0%)

1 はしく, 新鮮な

▼ 影じゃあ~ (2, 0.0%)

1 なかった, ねえん

▼ 影すみれ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 影すらや~ (2, 0.0%)

2 ただに

▼ 影せぬ~ (2, 0.0%)

1 冥府わなわな, 鶺鴒の

▼ 影そのまま~ (2, 0.0%)

1 を一気に, ムチを

▼ 影そのもの~ (2, 0.0%)

1 にも反射, のよう

▼ 影だけで~ (2, 0.0%)

2 実の

▼ 影だらう~ (2, 0.0%)

1 か, と思

▼ 影ちら~ (2, 0.0%)

2 つかす百日紅

▼ 影つけ~ (2, 0.0%)

1 て二列行進, て日向

▼ 影つて~ (2, 0.0%)

1 またさびれる, 消えて

▼ 影であっ~ (2, 0.0%)

1 て, て影

▼ 影で御座いましょう~ (2, 0.0%)

1 か, かそれともただ

▼ 影とお~ (2, 0.0%)

2 もふ

▼ 影とな~ (2, 0.0%)

1 ツた, ツて

▼ 影なきふかい~ (2, 0.0%)

2 想ひ

▼ 影なし~ (2, 0.0%)

1 ともこ, と言

▼ 影なぞは~ (2, 0.0%)

1 少しも, 見とめるべくも

▼ 影などで~ (2, 0.0%)

1 暗かつ, 若い男女

▼ 影などに~ (2, 0.0%)

1 ぢつと, 足を

▼ 影ならぬ~ (2, 0.0%)

1 枝の, 身の

▼ 影なりとも~ (2, 0.0%)

1 うつし給え, よろしいから

▼ 影にか~ (2, 0.0%)

2 くる

▼ 影にしか~ (2, 0.0%)

1 すぎない, 過ぎない本当

▼ 影のみが~ (2, 0.0%)

1 知るところ, 駛って

▼ 影はの~ (2, 0.0%)

1 つぺりしたる山, どけかるらん

▼ 影ひたす~ (2, 0.0%)

1 つくもの, 椿は

▼ 影へと~ (2, 0.0%)

1 忍びながら, 飛鳥の

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 の見, の青き

▼ 影ほどの~ (2, 0.0%)

1 理智も, 確かさで

▼ 影ほのか~ (2, 0.0%)

1 なり隅田川, にさし

▼ 影ほのぐらき~ (2, 0.0%)

2 朧月よ

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 づ我の, ぼろしの

▼ 影までを~ (2, 0.0%)

1 はっきり映し, 妖鬼と

▼ 影まばら~ (2, 0.0%)

1 だった, な林

▼ 影もの~ (2, 0.0%)

1 いはじ水, 云ふ

▼ 影もも~ (2, 0.0%)

1 うずうっ, うずうつと

▼ 影やら~ (2, 0.0%)

1 彩やらを, 邸の

▼ 影らしく~ (2, 0.0%)

1 ひらひらと, わたしの

▼ 影わが~ (2, 0.0%)

2 影も

▼ 影をだに~ (2, 0.0%)

1 見ず, 見ること

▼ 影をのみ~ (2, 0.0%)

1 みたらし川の, 追った

▼ 影をや~ (2, 0.0%)

1 これ狐にも, 胸に

▼ 影をよ~ (2, 0.0%)

1 ぎってまっしぐらにこなたへ向っ, ぎつたとき靜かに

▼ 影を通して~ (2, 0.0%)

1 ちびの, 自分にばかり

▼ 影チャーリング・クロス~ (2, 0.0%)

2 に光る

▼ 影ヒラリ~ (2, 0.0%)

1 とふりかえっ, と外側

▼ 影一時~ (2, 0.0%)

1 にどよめき渡っ, に閃く

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 という所, へゆき

▼ 影交し~ (2, 0.0%)

2 月は

▼ 影佐君~ (2, 0.0%)

1 では, というの

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 の五つ, よりも光り

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 ぞと, は歌道

▼ 影全く~ (2, 0.0%)

1 眼中に, 絶えて

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 したの, する議

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 から貰つた正宗, はドクトル

▼ 影嚮石~ (2, 0.0%)

1 なる巨岩, も厚い

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を造っ

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 なり夢, を加えたる

▼ 影寒し~ (2, 0.0%)

2 このあたり

▼ 影寒菊~ (2, 0.0%)

2 は寒菊

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 にするなり, になしたる

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 なれば, に血

▼ 影忍び~ (2, 0.0%)

2 てうつす

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 は坐る, を包み

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 なり, に落つる

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 影映す~ (2, 0.0%)

1 のみ, 紅葉の

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 祕密の, 香の

▼ 影暗う~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 影更け~ (2, 0.0%)

1 て壁, て荒き

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 にのほ, に照り

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 の扁額, の秋色

▼ 影波光~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 影浦教授~ (2, 0.0%)

1 に乞う, の指導

▼ 影淡く~ (2, 0.0%)

1 はら, 甲板に

▼ 影深き~ (2, 0.0%)

1 欄干に, 處に

▼ 影清き~ (2, 0.0%)

2 花草に

▼ 影澄み~ (2, 0.0%)

2 にけり

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 かに此, かに野

▼ 影灯籠~ (2, 0.0%)

1 の人物, の踊り

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 に, の音

▼ 影玻璃~ (2, 0.0%)

1 の如き, の如くなる

▼ 影~ (2, 0.0%)

2 なく映らふ観れ

▼ 影男速水荘吉~ (2, 0.0%)

1 の色シャツ応用, を逮捕

▼ 影白う~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 影~ (2, 0.0%)

2 を数

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 にも唇, に映りぬ

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 に愁, の一点

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 かりき, にし

▼ 影~ (2, 0.0%)

2 が之

▼ 影~ (2, 0.0%)

2 之草

▼ 影~ (2, 0.0%)

2 をすえ

▼ 影薄き~ (2, 0.0%)

1 中に, 新月山の端より

▼ 影薄れゆき~ (2, 0.0%)

2 色蒼

▼ 影見えぬ~ (2, 0.0%)

1 まで決心, まで見送

▼ 影見る~ (2, 0.0%)

1 まに, もと

▼ 影護く~ (2, 0.0%)

1 て手, なり此寺

▼ 影~ (2, 0.0%)

2 らしい事

▼ 影身着戎衣服頭戴烏帽子右方~ (2, 0.0%)

2 執弓矢

▼ 影迅くし~ (2, 0.0%)

2 て後

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 といふエツセイ, を書い

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 が生き, の影響

▼ 影~ (2, 0.0%)

2

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 なる水, に照

▼ 影~ (2, 0.0%)

1 の棚田, は朝

▼ 影鶴山~ (2, 0.0%)

1 に作る, を避け

▼ 影黒み蹙め~ (2, 0.0%)

2 る空

▼1* [606件]

りくなり, 影ありありと西側, 影ありしきのふの, 影あるは滅え, 影あれば春めい, 影いずれが実在, 影いづれか春, 影いよいよ盛んなる, 影うすれゆき色蒼, 影うす暗きをさいわい, 影うつせ妹にの, 影うつらふ氷の, 影おだしけれ火照る夕波, 影おちぬ野の, 影おとすうしろには, 影おどるなり乾むしろ, 影おぼつかなく漂えり, 影おぼろなるが, 影および著書を, 影お玉の涙ぐんだ, 影かが見えるはず, 影かしら晃, 影かすかなり星, 影かぜに瞬く, 影かというのほかは, 影かのように, 影からもそのお笑い, 影がかべにうつって, 影がかべや天井に, 影がからまつて, 影ががふッ, 影がね一晩の, 影がのそりと, 影がまことか, 影がわづらは, 影がわらわらみえ南, 影やうを, 影くらくなりて, 影くり出して来る, 影くろぐろと生ける, 影ぐらいなもの, 影ぐらいしか見えないくせ, 影る, 影ここまでは届かず, 影ここだアンペラ小積む, 影こそはまさしくあの, 影こなたへ来れ, 影これを覆へり, 影さした不幸の, 影さす見れば, 影させるのに, 影さながら魚群の, 影さびしくた, 影さむみ薄ら光, 影され見れば己, 影ざんざめきたる花の下, 影しとどめず風並に, 影しろき鱗を, 影し騒げど月明りせり, 影ゃあそんなところまでわかるわけはねえからの, 影じたのは, 影じたるよ, 影がた, 影すべてのもの, 影すみはてぬ池水に, 影せしむるを, 影そういう君に, 影そこに小波一つ, 影そしてまた同時にその, 影そぞろ寒げに, 影そでに落ち, 影それらのもの, 影ぞかべに消えゆく, 影ぞと見ゆる薄く, 影たちこめた喪中の, 影たのめ慈悲は, 影だけしか見る勇気, 影だけでもうつさせて, 影だけになって, 影だって消せば, 影だつたものである, 影だろうと思った, 影だ成るべく其窓の, 影ちよつとその, 影ちらちら見えて, 影ちりぢりに, 影ちり昏み, 影ちる竹の, 影やな, 影ったけれどしかし, 影つけた法衣ひつかける, 影つした二条の, 影つた私自身を靜, 影つた緑青の, 影つるユンクフラウの肩, 影づたいに粋な姿, 影んだ, 影でありましてこの, 影であり達せられた目的は, 影であるらしく見えたので堀部君, 影でさえ触ったら毒気, 影でしたが, 影でしょうか, 影でないまでもデモクラチスム, 影といつては何一つ, 影といふのはさう, 影とか雲に, 影とかいうものなら, 影とかに美しい感じ, 影としてはこういわなけれ, 影とて見当りません, 影とでもいうよう, 影とやいはん, 影どころじゃない, 影ながき厭生哲學の, 影ながくたれ, 影ながめつつ考, 影なぞと古来讃美, 影なと見て, 影などから私の, 影などというものは, 影などといふ字の, 影などには頓着なく, 影などへ心を, 影などもあって, 影なりでもつて, 影なんかどうにでも, 影なんかに化けて, 影なんかはなくて, 影なんぞを見て, 影にかも心は, 影にくッつい, 影にだってつい造作, 影にと見れば, 影にとっては感動すべき, 影ににひとみを, 影にのみ匂やかなる, 影にまでこいつは, 影によけながら古ペンキ, 影に対してあまりに眼, 影に対してまで嫉妬を, 影ぬち衆星の, 影のせゐもあるらし, 影のみは堂々無数, 影のみを宿すため, 影はずかしき我が姿, 影はずみ來る母, 影はずみ来る母と, 影はたや向, 影はね傴僂の, 影はへいを, 影はや今日の, 影はるかなる明方, 影うしは, 影ばかしになった時, 影ばかりとなって, 影ばかりはあろうと, 影ばかりもたよ, 影ぱっと左右に, 影ひけよ, 影ひしひしと白人, 影ひたすらや振り, 影ひたる南の, 影ひとつ京へ上り, 影ふとさしぬ, 影ふむはいかで, 影かい憂愁, 影への恐怖言いかえれ, 影へは思わず刀, 影ほそき御肩, 影ほどもございませんでした兵庫兄さま, 影ほのぐらい密室に, 影ほの暗く障子に, 影ほの暗けれど, 影ぼうをば引摺つて, 影ぼう子ばっかり大きく, 影ぼしの外には, 影まことに非凡である, 影または幻である, 影まだ見ず, 影まつはるもの, 影までも見逃がさぬよう, 影まねびゐる向ふ, 影まろき, 影みえて, 影みせぬ百鳥の, 影みだれ飛ぶ美作の, 影めがけてねらい, 影めざしてぱっと, 影もかはらざりけり, 影もかはらで, 影もこそもて, 影もつ家どなり春先といふに寒き, 影ものすごや, 影もはや寒むか, 影もろともいろいろ, 影もろともにいこへる, 影もろにうしろへ, 影もをかしく庭の, 影やうねのかげ, 影やせて, 影やとうろ, 影やどし治安の, 影やや深き趣, 影やらがひとりでにおま, 影ゆくりなくもあの, 影ゆめふかげ, 影ゆらぎまだ春, 影ようやく顕われぬ, 影よりはまだ薄い, 影はする, 影りかけてゐる, 影って物, 影ろう人形の巨大, 影わが子ぞと見, 影わずか七八合顔良の, 影わたくしも影, 影わたしの肉體, 影をくらい軒燈の, 影をすらつけて, 影をぞ曳きたる, 影をでもあらわしたこと, 影をめぐっていつまでも, 影ををさめた, 影アキルリュウスの戰, 影キミヲ尅シ, 影ノヨウニ絵取ッタモノヲ着テイル, 影平羌, 影バタバタッと, 影ルパンは何, 影一つ山の端に立つ, 影一つ松葉の紋, 影一つ犬コロ一匹通って, 影一つ赤蜻蛉の飛ぶ, 影一ぱいに壁, 影一ツない, 影一人は由造, 影一個立てり, 影一方は眇, 影一派が坐, 影一點二點其間を海鴎, 影三寸動いて, 影上等なの, 影上鞦韆と云, 影に没し, 影蒼茫, 影中空に盈ち, 影なり, 影也人者鬼之形也, 影乱れる靴音, 影に沁むなり, 影二人笑む, 影二人法師のからくり, 影二尺を隔てず, 影という貸席, 影以外に何ら, 影東山, 影低いながらピチピチ, 影が青沼, 影んなに, 影何かしら異常なる出来事, 影何物とも知れぬ, 影侵窓夢忽醒残雪懸天, 影むきかかった藁屋根, 影屠蘇盃裏馨, 影入り乱れて闘い, 影八面に満ち, 影其のものの, 影写して蔵する, 影写しおばーけこーこ, 影写しこれに考証, 影写せしめ自ら跋し, 影写せしめたのである, 影写校勘の任, 影写真法という特殊, 影写程式というもの, 影る, 影えて, 影て, 影かなりし, 影冷ややかに松, 影凄く忍ヶ岡に, 影凄凄タリ, 影処々に波頭, 影出沒そぞろに, 影刻此本之挙, 影夕の, 影動きて衣紋竹, 影を攻め, 影勝団子の屋台, 影勝王が大将, 影十二鋪を以て御, 影斜と, 影厚い外套越しに, 影去りて光り射し, 影参差松三本の月夜, 影収まれば淡き, 影取りて, 影口言れ勝, 影というの, 影君江畔老緑平老, 影吾人を離れざる, 影呑みて, 影赤き少年, 影喪服を着, 影四角くて意匠, 影を描き, 影水楼間, 影に落つる, 影地上に婆娑, 影地球の表面, 影地震の夜, 影堂及影像を有する, 影堅き塔の, 影を作り, 影声言葉線運動という風, 影夕日に長く, 影に瘤, 影多き心を, 影多ければ罪, 影多情多感なその, 影夜恐怖見知らぬもの, 影夜露にきらめく, 影の如く, 影大きく眼の, 影大定徳不動明王の, 影天山竹仰睇澄光玉並蓮, 影太く壁に, 影奇怪な形, 影娑婆として孤月, 影娥池の北, 影子園というの, 影季七八は菅原道真, 影宋本を墨守, 影宝山二流を合した去, 影宿す清水に, 影する時, 影などいう, 影むざむと追, 影寫してゐられた, 影くやすら, 影小樽新報支社の北山孤雲, 影小鳥の飛ぶ, 影尖った頬骨太く, 影尖れる端と, 影居泊私にはぜいたく, 影屈せずに後, 影屋敷そこでの恐ろしい, 影に及べる, 影峯巒の影, 影崩れる鬼影, 影嵯峨嵐山の晩春, 影川風思画堂青潮水の音, 影に落つ, 影巨大なスフヰンクス, 影幽かなる月, 影かけて, 影張り出し前門の下, 影に重る, 影は暇, 影往來す, 影往來暖きこと陽春, 影に触れられない, 影忽ち滅えぬ, 影恐しく太い電信柱, 影るい臭気悪, 影蒙や, 影ふ吾子, 影我一人になりぬ, 影或は水上に, 影と譯, 影手水鉢をおおう, 影払階塵不動と明らか, 影し畢つた時, 影抄元板千金翼方に跋, 影持つ西日かな, 影描かれたり, 影揺れてまだ, 影敵味方すらもともすれば, 影断片の無尽蔵, 影新敷標木に落ち, 影の影, 影既に内に, 影日向心を入れ, 影日和もし, 影明滅する漁村, 影讐書案, 影映らば, 影映りて, 影映るを見, 影時にはまた栗鼠, 影時雨の提灯, 影暁星の如, 影暫時のほど, 影曳きて, 影鮮にて, 影朝日に當, 影も草, 影木の間もる日光, 影を見比べ, 影の街路, 影はとおく, 影東山に似, 影の葉越, 影松風の中, 影柾木愛造はそこ, 影の色, 影を突き出した, 影槍光は血, 影で, 影模糊とみえそめた, 影横斜の態, 影横斜水清淺暗香浮動月黄昏, 影樹影花影が池, 影樹木の影, 影は生, 影死者生之終, 影だん, 影水光のわが, 影水岸に白鷺, 影水彩を薄, 影沈む緑の, 影波間泛近看, 影洩りたるが彼, 影浪人体の怪しげ, 影浮いてあがる, 影浮きて, 影浮びて姫, 影の果, 影消える印象の, 影消え入りたい心をも, 影消え去りて微笑, 影涼しきところ木の根に, 影げに, 影深い長い睫毛は, 影かりし朝ぼらけ, 影清らなり春雪, 影東軒, 影滑稽な影, 影じみた欄干, 影濃き路を, 影濃し旱雲, 影火水このきらびやか, 影の山, 影顔色, 影無き辺を, 影無常というべき, 影父親のベッド, 影片々たる閑庭異様, 影牧場の息吹き, 影物凄き真夜中ごろ廓に, 影猪苗代湖の飯豊山, 影の死骸, 影鮮, 影現に止めんと, 影甚だ濃く凉氣おの, 影のレンズ, 影の畝, 影男のからだ, 影男ひとりは地底, 影男春泥もこの, 影男鮎沢の愛人, 影留らず觀經の, 影白い上壁, 影小く, 影相伴はむこと, 影乳の, 影真実の火事場, 影真鯉の姿, 影着物の肩先, 影睡る腹持たざれ, 影石仏は坐しぬ, 影と言う, 影私自身の影, 影移りする鳥籠, 影に待乳山, 影程のことを, 影うら枯れたやう, 影空くしてひと, 影立ち三重の, 影を挙げ, 影をかつい, 影築山の頂き, 影簪光参差として床, 影障に, 影にし, 影といふもの極品也, 影組百騎の中, 影え, 影絶えてなし, 影絶えぬ遠く灯, 影に光る, 影を選び, 影縹緲の空, 影繁く遊びくたびれ, 影織るがごとく, 影繪舟かな, 影繪芝居のやう, 影美しく飾られて, 影即擧手中如意示之, 影に應ずる響, 影膳据ゑつつ座, 影自然なる冬構, 影舞い下りてくる, 影の方, 影を, 影かしい細い, 影芝居うつし絵落語手品等の演芸者, 影花やかに緑, 影の影, 影落し過ぎし椄木かな, 影落す遥か下の, 影落ちたり, 影葬ろう葬ろうとして到底, 影蓋はん迄は汝, 影なす頭, 影薄いであろう, 影薄う青み入りぬれ, 影薄げにぞ見えし, 影薄ら蒼く見える, 影薄れて, 影蘭子こそやっと, 影に懸れ, 影が勢, 影も通, 影行く見れば, 影行燈に映る, 影街路に響く, 影衣香の陸續, 影へし, 影装置を積ん, 影裏紅杏肥濛濛花氣濕人面東風吹冷輕羅衣などといふ句, 影裡刀光閃めく, 影裡如何に生き, 影裡春風を斬るごとく, 影ひく, 影見えしはあれ, 影見えずあまり深く, 影見えずなる迄月, 影見ざる国内に, 影見ゆるに口, 影覗きもしやがらねえ, 影親しかも, 影観測が困難, 影言いはん月の, 影護たくて若し, 影などの多い, 影谷中の水村, 影賑やかに夜, 影石皆, 影踊りは自分, 影踏むばかりのしるし, 影踏んで, 影輝く勢, 影辛うじて運び出した二三, 影送られ座, 影し, 影近づきし障子かな, 影ひて, 影透いて颯と, 影透かぬ森の, 影へば, 影ふ壞, 影通行整理の提灯, 影辺塞, 影遠く逃げて, 影に晦, 影の上, 影鎌ヶ嶽冠ヶ嶽も冠, 影の如く, 影閉ぢたる眼前, 影のよう, 影に閃, 影なく冴え, 影に映り, 影雄君はこの, 影雄小山鞆絵宮本和吉伊藤吉之助宇井伯寿高橋穣市河三喜亀井高孝, 影の効果等, 影雪中登山で遭難, 影の鬢, 影雲井の胴, 影霜葉喃語を棄てず, 影の溢れた, 影青い隈取り水晶の, 影青き月の, 影青く丘を, 影青春の美しき, 影の上, 影顕し給うぞよ, 影飄々として朔風, 影は前, 影実に持つべき, 影馬匹の影, 影高度八千メートルくらいかなあと思っ, 影の毛, 影の如く映れるあり, 影魚鱗のごとく, 影鮮麗なり, 影鳴く墓場, 影黄色く躍る熱沙, 影黒し非常に, 影黒影さながら魚群, 影黒髪が丈, 影のごとく, 影きかもや, 影黝む照やすからず