青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「扉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

房~ ~所 所~ ~所以 所以~ ~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉
扉~
~手 手~ 手代~ 手伝い~ ~手前 手前~ 手当~ ~手拭 手拭~ 手柄~

「扉~」 8960, 93ppm, 1196位

▼ 扉~ (3289, 36.7%)

210 あけて 191 開けて 104 開いて 87 押して 47 開くと, 開けると 45 開けた 44 閉めて 37 開いた 36 あけた, 排して 33 あけると 30 叩いた, 叩く音 29 叩いて, 押した 24 しめて, ひらいて 22 ノックし 20 閉めた 19 細目に 18 押すと 17 開けに 15 開けようと 14 たたく音 13 たたいた 12 たたいて, 叩く, 締めて 11 しめた, ノックした, 背に 10 あけました, あける, ノックする, 閉じて, 静かに 9 そつと, 外から, 左右に, 押し開いて 8 しめると, たたく者, ノツクする, 叩きながら, 叩くと 7 叩きました, 鍵で, 閉ざして, 閉じた, 開くこと 6 ことことと, ぴたりと, ピッタリと, 叩く者, 押えて, 閉めると, 開け, 開けては, 開けました

5 [18件] あけたが, あけようと, こじるの, こつこつと, しめて錠, しめる, とんとんと, ひらいた, 内側から, 叩いたの, 引き開けて, 指した, 蹴って, 閉して, 閉める, 開けたの, 開けるの, 開け放して

4 [28件] あけること, あけろ, おすと, がたりと, た, たたいたの, 入ると, 内から, 叩いたが, 叩くもの, 後に, 押しあけて, 押しては, 押し開けて, 指さし示す, 明けて, 破って, 締めた, 背後に, 見て, 閉めました, 閉めようと, 開いたが, 開けたとき, 開けながら, 開ける, 開ける音, 隔てて

3 [50件] あけたとき, あけた男, あけに, あけますと, おして, しめました, そっと開け, たたく, とじて, はげしく叩く, ばたり, ひらくと, ぴったりと, ギーと, グッと, コツコツと, ソッと, ハタと, パタンと, 下して, 中から, 八文字に, 叩きに, 引開ける, 打った, 押しあける, 押したが, 押そうと, 排け, 締めると, 自分の, 見た, 見つめて, 誰か, 蹴つて, 蹴破って, 蹴開いて, 閉ぢて, 閉めながら, 開いたの, 開いた水, 開きて, 開く, 開くの, 開く鍵, 開く音, 開けたま, 開こうと, 開閉する, 音も

2 [141件] あけ, あけさえ, あけさせた, あけたり, あけては, あけながら, あけるの, あけるん, あける鍵, あける音, あければ, あけ放した第, あけ放して, おあけ, おしあけると, おした, おろして, がたんと, く, こじあけること, こつこつ叩い, こつこつ叩く, こわして, こわすの, しめながら, しめるため, しめるとき, しめる拍子, たたきました, たたくこと, たたくと, つけた, とおして, どんどんと, のりこして, はいると, ぱたんと閉めた, ひきあけると, ひけば, ひらかせた, ひらきました, ひらく, ひらく鍵, へだてて, ほと, ほとほとと, もって, コトコトと, サッと開けた, ノックします, ノツクし, ピタリと, 一ぱいに, 乱打した, 乱暴に, 低く聞える, 何の, 内側へ, 出ると, 力一杯押した, 動かして, 半ば開い, 半開きに, 叩いてから, 叩いても, 叩くので, 叩く様, 右の, 塗りつぶしたら, 塗り潰, 壊して, 小楯に, 少し開いた, 引いた, 引開け, 彼に, 打つ音, 押しのけて, 押し開いた, 押し開いた刹那, 押し開けようと, 押し開けると, 押す, 押す音, 押開い, 指さし, 指さした, 指さして, 指さしました, 排い, 推す, 掻き打ち押し叩いた後, 敲いた, 無断で, 無理矢理に, 焼き切って, 眺めて, 破った, 示した, 締めながら, 誰が, 調べたが, 足で, 距てた, 蹴るよう, 蹴倒すと, 蹴破つて, 軽く叩く, 通って, 通過する, 鎖して, 鎖す音, 閉ざした, 閉じさせて, 閉ぢる, 閉めきった, 閉めた時, 閉めようとして, 閉めろ, 閉め乍ら車掌, 閉め切って, 開いたか, 開いた時, 開いては, 開きは, 開くべきすばらしき, 開く力, 開けさ, 開けそして, 開けたとたん, 開けたよう, 開けた時, 開けてから, 開けますと, 開けようとは, 開けること, 開けるなり, 開けるまでの, 開けるや, 静に, 鳴らして

1 [1150件 抜粋] あおる風の音, あけおとなしく, あけさせようと, あけその, あけたその, あけたまま茫然, あけた山岸芳夫, あけた者, あけっぱなし, あけても, あけないという, あけのっしのっし, あけましょうか, あけも, あけようもの, あけりゃとたんに, あけるため, あけるに, あけるまで, あける前, あける姿勢, あける暇, あけクルクル, あけ何時, あけ又, あけ扉, あけ放したよう, あけ放しました, あけ死んだ魚, あけ用件, あけ空気, あけ跫音, あげて, あとに, いかにし, いちはやく開い, うちやぶって, うち破って, うって, おあけください, おさえ必死, おしそして, おして入っ, おしめに, おす, おろしたり, お祖母さま, お閉め, かたかた, かたく閉め切ってる, がちゃがちゃと, がらがらと, きちんと締め, くぐったの, くぐらうと, くぐると, ぐいと押す, けった, こじあけたとき, こじあけろ, こじ明けると, こずき開けると, ことごとく閉じ, さえぎられた向う, ささえねば, さっとあけました, さっと開いた, さっと開きました, さも玄関番, しっかりしめ, しめ, しめきって, しめしっかと, しめた五人, しめた音, しめて一同, しめて出, しめて奥, しめて廊下, しめて祭りました, しめますと, しめまた, しめるとが, しめるやう, しめる以外, しめ中庭, しめ切って, しめ石段, しめ錠, じわじわと, すこし開け, すっかり閉め切り, ずらして, そっと叩く, そっと押せ, そのまま開ける, その肱金, たたいたが, たたいてから, たたきすぎた, たたきつつ, たたきながら, たたき呼び声, たたき破りたい気分, たたくたびごと, たたく前, たてて, つきやぶって, つくり自分, つけて, つつんだ開かずの, できるだけ乱暴, とじた, とじ主家, とんとん叩い, どたん, どんどんどんと叩い, どんどん叩く, ながめた, のぞき得るの, はげしく打ちたたく, はずして, はね開けた, ぱたんといわせて外へ, ひきのこした駅, ひそかに, ひよつこり敲いて, ひらいたの, ひらいた男, ひらかせ二人, ひらかれて, ひらきその, ひらきはじめた時代, ひらきますと, ひらき宇宙女囚, ひらくべからず, ぴしゃっと閉めた, ぴしゃりと, ぴしりと締めた, ぴったりしめる, ふいに, ふたたび閉じた, ぷすりと射ぬきました, ほとんど放心, またごとごと, まわして, むりやりに, もうあけました, もった室, もれしんかん, やぶったらどっと, やや手荒く, わたくしが, ウラスマルが, ガシャンと, ガタピシやり, ガラガラと, ギイと, グーッと, コツコツ叩い, コツコツ叩く, コンコンと, サッと押した, ズシズシと, ツイと, ドンと, ドンドンドン, ナゼ掛けとか, ノックいたします, ノツクした, バタリと, ピシヤン, ピンと, 一々に, 一つぐらい, 一つ一つ開い, 一寸開け, 一旦締めたら, 一枚は, 三つ叩く, 三重四重に, 下したそちら側, 下ろすモーター, 両手で, 中に, 二つも, 云われた通り, 今ジャヴェリが, 他よりも, 仮に締めた, 低くノック, 体で, 倒しました, 先ず押して入り, 入口と, 全開し, 内へ, 内方へ, 内部へ, 出たの, 出て, 出る時, 前足で, 割れよとばかりに, 力まかせに, 力一パイ押し, 力任せに, 動かしたが, 半ば開け放した, 半分押し, 卸して, 去った, 叩いたので, 叩いた払暁, 叩いた最後, 叩かずフェアファックス夫人さ, 叩きこわして, 叩きだした, 叩きぬ, 叩き割るよう, 叩き破っても, 叩くこと, 叩く前, 叩く聞えて, 叩こうと, 叩つくし, 向けて, 命じますと, 嚴重に, 図書室へ, 固く締め切, 固く閉じ奉る, 圧しえいツ, 城を, 堅く閉した, 壁の, 外へ, 大きく明ける, 大きく開き, 守る沙門, 密閉する, 封鎖し, 少し引き, 少し開い, 広く開けっ放し, 建てま, 引きあける音, 引きながら, 引き上げた, 引き開けた, 引くと, 引っかけたの, 引開くる, 強く叩く, 強く閉める, 待つたが, 後ろ手に, 忍び出た, 思い切って, 恐れた, 手あらく, 手づか, 手際よく, 打ちたたく音, 打ちやぶって, 打ち叩く者, 打ち破らなければ, 打ち破る音, 打ち開く巨大, 抜けて, 押える様, 押さうとして, 押しあけた, 押しあけると, 押ししめた, 押したおし, 押した一瞬, 押しつづけたが, 押しひらいた乞食, 押しやったまま, 押し割り着剣した, 押し戻そうと, 押し破りて, 押し開いては, 押し開きどこ, 押し開き何, 押し開けました, 押し高城伍長, 押すとき, 押せば, 押開けました, 拳で, 持った戸棚, 持上げては, 指さします, 指さす, 指し身, 指差した, 振り向いて, 振向いて, 捜し始めた, 排く, 排した時, 排し去つた, 排開し, 推し開くため, 掩うて, 掻き, 揺すぶって, 支えたばかり, 支える石造, 放れて, 敲くに, 敲く音, 斜め後ろ手に, 明けた女中, 明けると, 明け放させたまま, 明るい灯, 書いて, 未練気も, 横匍ひ, 注意ぶ, 洋杖の, 滅茶苦茶に, 激しく叩いた, 烈しく叩く, 無念そうに, 無理に, 焼ききれ, 片っ端から, 現は, 目ざして, 睥めて, 睨み合せて, 破らねば, 破るの, 破壊し, 破壊せよ, 私は, 突きのけて, 突くやいな, 立てた剥げ落ちた朱色, 立てんと, 糸に, 経なければ, 緑色に, 締めおわって, 締めかけて, 締めさせて, 締めたの, 締めたん, 締める, 締め切ったその, 繊奢な, 聞いた, 肩先で, 背で, 背面に, 荒々しく左右, 荒あらしく開け, 衝いて, 見おろして, 見つめ, 見なおすと, 見まわした, 見ると, 見序文, 見詰む, 見較べた, 観る, 設けること, 調べると, 距てて, 跳ね飛ばすやう, 蹴つた, 蹴とばすの, 蹴やぶるよう, 蹴り詈, 蹴破った, 蹴開くよう, 躊躇なし, 軽くノツク, 逆さの, 透かして, 通りぬけた, 過ぎて, 釘づけ, 鎖さしめないため, 鎖された瞬間, 鎖した, 鎖したり, 閉ざさなかった, 閉ざしいかなる, 閉ざしながら, 閉ざし学校, 閉ざす, 閉ざせよ, 閉した, 閉したまま, 閉した音, 閉しに, 閉じたの, 閉じまするよう, 閉じガッシリ, 閉じ隙, 閉て, 閉ますよ, 閉めきつて, 閉めさ, 閉めたが, 閉めただけの, 閉めてから, 閉めとくと, 閉めなかったとも, 閉めも, 閉めること, 閉めるの, 閉める処, 閉めろ閉めろと, 閉め切った不動堂, 閉め切りそして, 閉め切る事, 閉め忘れて, 閉め燈, 閉め窓, 閉め闇, 開いただけで, 開いたと, 開いたので, 開いたトタン, 開いた瞬間, 開いた際, 開かうとは, 開かずに, 開かないわけ, 開かれたの, 開かれて, 開きうやうやしく, 開きそして, 開きたり, 開きたるまま, 開きに, 開きました, 開きもろ手, 開きガチャリ, 開き俯向き, 開き娘たち, 開き手探り, 開くか, 開くという, 開くには, 開くべき秘密, 開くまでの, 開くやう, 開くわけ, 開く途端, 開けかけてから, 開けくさり, 開けさせを, 開けそこ, 開けたお, 開けただけでも, 開けたとしても, 開けたやう, 開けたら外, 開けた処, 開けた刹那, 開けた拍子, 開けた瞬間, 開けた音, 開けつ, 開けは, 開けひらいた, 開けますから, 開けようとして, 開けるそれ, 開けるにも, 開けるより, 開ける時, 開ける鍵, 開けろと, 開けルパン, 開け今度, 開け放され忙し, 開け放しながら, 開け礼拝, 開け芝居, 開け鉱山局長はじめその後, 開け開いた手紙, 開放した, 開閉も, 降すといふ, 隠すため, 靜かに, 音荒らかに, 頼むの, 顫わせて, 食い止めたレーニ, 鳴らしたの

▼ 扉~ (2059, 23.0%)

122 前に 79 方へ 50 外に 41 外へ 36 隙間から 32 前で 31 外で 28 方を 26 ところへ, 上に 24 ところまで 23 ところで, 方に 21 ところに 20 所に, 鍵を 19 そばに, 間から 16 前を, 外から 14 内側に, 外の 13 ほうへ, ような, 所へ, 把手に, 錠を 12 中に, 向うに, 把手を 11 ように, ハンドルを, 中へ, 向うで, 近くに, 開く音 10 上の, 隙から, 音が 9 かげから, 下から 8 ほうに, 下の, 前まで, 後ろに, 掛金を, 蔭から, 鍵穴に, 陰に, 隙間に 7 かげに, 傍に, 外は, 所で, 横に 6 すきから, そとへ, 上を, 向こうに, 蔭に, 間に, 音を

5 [18件] うちに, すき間から, そばへ, 下に, 中で, 中央に, 前には, 前の, 前へ, 向うには, 向こうで, 外には, 脇に, 裏側には, 近くの, 鍵が, 鍵は, 音

4 [14件] うしろに, しまる音, ほうを, ノッブに, 中から, 中の, 処まで, 向うは, 向ふ, 奥に, 彼方に, 方から, 蝶番を, 表面に

3 [34件] あいだから, すぐ横, そとで, そとに, そばまで, なかに, ひらく音, ガラスに, 一つの, 下へ, 中は, 側に, 傍の, 傍へ, 内へ, 内側は, 内側へ, 処に, 前から, 向うから, 向うの, 向うへ, 引手に, 後ろで, 所まで, 裡に, 錠が, 鍵穴へ, 鏡板を, 閂を, 閉る, 開くの, 際で, 音で

2 [90件] あかぬに, あけ方, あたりに, あるの, うちから, うちで, かけが, かなたには, きしる音, しぜん, すきま, すぐ近く, そばで, そばには, そばの, ところから, ところの, とっ手, なかから, のぞき窓, むこうに, やうに, わきに, わくに, ダイアルを, ハンドルが, ハンドルに, ベルを, 一つに, 一つを, 一部に, 上には, 上部に, 両脇, 中からは, 中には, 側で, 内と, 内側を, 口に, 口へ, 合わせ目, 向うが, 向うでは, 向こうから, 向こうには, 向側に, 外では, 外にまで, 外を, 奥が, 奥へ, 左右に, 引き手を, 彼方の, 後に, 所から, 把手が, 把手にか, 把手の, 明くれ, 枠が, 横から, 横手に, 白い把手, 白い瀬戸物, 端に, 締められる前, 締りを, 背後に, 裏側に, 言葉, 透間から, 銅の, 錠は, 錠前は, 鍵穴を通して, 鑰は, 閉った, 開いたところ, 開いた音, 開く仕掛け, 開閉に, 閾の, 際まで, 電鈴装置を, 面を, 音でも, 音は, 音も

1 [567件 抜粋] あいた入口, あおりから, あおりで, あかない, あく音が, あけかた, あけたては, あけ方ぐらゐ, あたりを, あたる柱, あちらこちらを, あったの, あるところ, ある一帯, ある処, ある出入口, ある四角, ある城門, ある大きな, ある新しい, ある方, ある簡素, ある部分, ある部屋, ある鈴, ある陽, うえには, うしろは, うちからは, うちは, うちへ, うちを, お仕置場らしい, かぎを, かげんを, かたわらに, かなたで, かなたに, かわりに, かんぬきを, がたつく音, きわに, こわされるまで, ごとく厳重, ごとく自由, したから, しまった中, しまつた中の, しまつた小屋の, しまらぬうち, しめようを, すき間に, すぐそば, すぐ傍, すぐ内側, すぐ右側, すぐ左側, すぐ後ろ, すぐ背後, すぐ裏, すそに, すっかりあい, そとには, そとの, そばと, そばを, ためか, ため二枚, ついた大きな, ついた小, ついた石, とこで, ところが, ところでは, ところには, ところより, とじ目, とってが, どれかを, ない倉庫, ない入口, ない山門, ない門, なか, なかは, なくな, なりに, のぞき穴, はしの, はまった玄関, はまった球形, はヘロデ王ベテレヘム嬰児虐殺, は海老錠, ひとつが, ほうから, ほうで, ほうには, ほかに, ほかには, まえでは, まえに, まだ開かれない, まはり, まんなかの, まん中に, むこうで, むこうでが, むこうの, やうで, わきには, カギ孔に, カットを, ガラスから, ガラスが, ガラスを, キリスト像その, スイッチを, ダイアルが, ノッブが, ノッブの, ノッブを, ノブに, ノヴを, ハンドルと, ボタンに, ボタンを, ポスト口から, メンバーは, レリーフ法華堂, 一つから, 一つが, 一枚くらい, 一枚ぐらい, 一番近くに, 一角に, 一重彼方が, 一重彼方は, 上から, 上まで, 上半分が, 上半部に, 上半部の, 上方の, 下からは, 下が, 下には, 下りた鉄格子, 下半分, 下方に, 下部に, 両方に, 両面には, 中, 中を, 中程に, 中程にて, 主観態度の, 事だろう, 事で, 事は, 二重に, 付いた大広間, 付いた部屋, 件は, 側から, 側が, 側へ, 傍には, 傍を, 傍舞台の, 僅かの, 先が, 先は, 入り口に, 入口から, 入口とが, 入口へ, 全部を, 具合いが, 内か, 内の, 内へは, 内側から, 内側にかけて, 内側には, 内側にも, 内外に, 内部から, 内部に, 写真には, 処が, 処へ, 出口で, 出口へ, 列が, 別の, 前, 前あたり, 前な, 前は, 前へさえ, 前方に, 前方の, 前辺, 動きが, 半開きだけ, 厚い合せ目, 厚い硝子, 厚さ, 原画が, 双方ともに, 取っ手に, 取手を, 口々は, 口から, 口ことごとく, 口まで, 口を, 口絵には, 叩かれる音, 右側に, 右手には, 合せ目も, 合せ目を, 合鍵でも, 向い丁度, 向うからは, 向うまで, 向う側では, 向う側に, 向う側へ, 向こうからは, 向こうです, 向こうの, 向こう側から, 向こう側に, 向ふで, 向側からも, 周囲は, 固さ, 外, 外からは, 外でじ, 外において, 外にて, 外まで, 外れた弾み, 外側, 外側に, 外側へ, 大さ, 奥の, 奥を, 奥三階の, 如く左右に, 子供たちは, 存在を, 寫眞を, 小町や, 少し手前, 屋根とには, 岩窟の, 工合いなどを, 左右から, 帳を, 幻影であった, 廻りを, 引き金であった, 彫刻と, 影から, 影だけが, 影に, 影を, 彼方から, 彼方で, 彼方でした, 彼方は, 後から, 後には, 後の, 後ろでは, 後ろには, 後ろや, 後方に, 心地, 心地とみに, 感じも, 戸を, 打金, 把ッ手を, 把手, 押ボタンや, 挿錠を, 掛け金や, 掛金と, 握りに, 数珠つなぎだ, 敷居すりへっ, 敷居に, 敷居の, 敷居口に, 文字は, 文字盤を, 方で, 方にあたって, 方には, 方によって, 方は, 方ばかり, 方より, 方角で, 方角では, 明く音, 時, 暗さ, 書棚は, 未熟な, 板が, 枠と, 枠も, 枠組を, 枢は, 根に, 框に, 框の, 梨地ガラスの, 棧だった, 様に, 模樣は, 横木を, 欄間が, 次にまたトンネル, 正面へ, 浮彫を, 潜り戸の, 無い古い門, 無い門, 片すみに, 片っぽ, 片側は, 片方と, 片翼, 片陰, 用紙は, 申しわけに, 番を, 畫を, 白々しいの, 白壁に, 真向いに, 真白き礎ゆ, 矢を, 破れ目から, 破壊され, 硝子が, 秋風を, 穴へ, 窓から, 窪みは, 節穴から, 細工を, 絵の, 締まつ, 縁と, 縁に, 繪の, 繪を, 美しい女学生, 羽目に, 羽目板は, 肱金それらの, 肱金には, 背後には, 背面へ, 脇で, 腕金を, 蔭などに, 蔵書印を, 蝶つがいは, 蝶番が, 蝶番の, 衝突で, 表面から, 表面には, 表面は, 見当が, 見返には, 覗き硝子に, 覗き硝子の, 角に, 言葉として, 記録が, 誠が, 貫木を, 軋る音, 軋音, 輪廓が, 辺に, 近くから, 近くへ, 邊に, 重たく閉された, 重みで, 重みに, 金具に, 金具も, 釦を, 鉄板でない, 錠まえ, 錠まわりが, 錠前を, 鍵がが, 鍵だった, 鍵と, 鍵に, 鍵も, 鍵孔に, 鍵孔にも, 鍵孔へ, 鍵穴から, 鍵穴が, 鍵穴の, 鎧扉は, 鏡が, 鏡板は, 鐶に, 鐶の, 門が, 門柱の, 閂に, 閉ざされるの, 閉って, 閉まつて, 閉まるの, 閉まる音, 閉めて, 閉め方, 閉鎖が, 開いたすき, 開いたり, 開いた向う, 開いた裏客間, 開いて, 開かれし音, 開かれた寺, 開かれて, 開かれる日, 開きが, 開き目から, 開くにつれて, 開くよう, 開く予想, 開けっぱなしに, 開け立て, 開け閉てなどが, 開閉の, 開閉を, 間からも, 間へ, 間隙から, 間隙より, 閾に, 附いた入口, 附いた厳めし, 附近には, 陰から, 陰で, 陰入り口柱の, 陰険な, 隅に, 隙ま, 隙より, 隙間からの, 隙間などには, 際に, 際の, 際へと, 電鈴装置や, 青い紗, 青ペンキ塗, 静かに, 面と, 音と, 音なども, 音に, 音にも, 音の, 音や, 音肱金の, 響きは, 響に, 頂より, 頑丈な, 頑強なる, 題簽の, 風に, 飾りが, 鳴るの, 鴨居から, 黒いお

▼ 扉~ (1273, 14.2%)

124 開いて 60 あいて 40 開いた 20 ある, 音も 18 あって 16 ついて 15 しまって 14 開くと 13 あいた, 静かに 12 あった, 開く 11 左右に 10 開かれて 8 内側から, 半開きに 7 あつて, ひらいて, 開かれると 6 あく, 締って 5 ありました, スーッと, 外から, 細目に, 開かれた

4 [13件] あくと, こつこつと, しずかに, しまった, しまつ, ギーと, 内から, 少し開い, 開いたと, 開く音, 開け放して, 開け放しに, 音を

3 [22件] あつた, あります, ひらいた, ひらかれた, ひらかれて, ガチャリと, ガラガラと, ガラリと, ギイッと, ギーッと, 一つあっ, 両方に, 外に, 少しあい, 明いて, 見えて, 見える, 設けられて, 閉った, 閉る, 開いたり, 開くの

2 [75件] あいたと, あきました, あく音, ありますが, かすかに, こわれて, さっとあいた, しまつてゐた, すうっと, そつと, その時, とざされて, どんどんと, ないから, なくて, ばたあん, ばたんと, ばたんば, ひっそりと, ひらいたの, またことこと, ガタガタと, ガタリと, コツコツと, サッと開いた, スーと, ドン, バタンと, パタンと, パッと, ピタリと, 一つありました, 一つある, 一つも, 一方へ, 三ヶ所にも, 並んで, 中から, 付いて, 内に, 内側に, 内側へ, 半ば開い, 半分ばかり, 口を, 向側から, 外側から, 大きく軋み, 少しずつ, 少し開いた, 明けつ放しにな, 父に, 目に, 自然に, 荒々しくあい, 見えた, 誰の, 軽々と音, 軽く叩かれ, 運転手に, 閉じて, 閉って, 開いたの, 開いたので, 開いたまま, 開いてるの, 開かない, 開かれたの, 開かれ先, 開きっぱなし, 開きません, 開けば, 附いて, 静に, 鳴った

1 [533件 抜粋] あああかない, あいたこと, あいたまま, あいたもの, あかった, あかないので, あかなかったもの, あがって, あきかかって, あき中, あき支店長代理, あくたび, あくという, あくよう, あけて, あけはなたれ窓硝子, あけば, あけられたが, あけられたとき, あけられたの, あけられて, あたかも左右, あったが, あつて内, あらあらしく開いた, あらわれました, あらわれましたいよいよ, ありいつ, ありそれ, ありなお, ありましたっけね, ありましたよ, ありまして, あり窓, あり黒い, あるから, あるが, あるきり, あるという, あるなんて, あるの, あるほど, いくつも, いっぱいに, いつの間にか鎖, いつの間にやら, いつの間に開かれた, いつまでも, いつもの, いま久子の, いよいよ厳粛, うちがはから, うち破られる, うつる, かたっと, からりと, かんぜんに, かんたん, がた, がたっとあきました, がたっと鳴った, がたぴしと, がらがらと, がらっと開かれる, きいつと, きしみばたん, ぎいっとうちへあきました, ぎいと, ぎいと内側に, ぎいと開い, ぎいーッと, ぎーいと, ぐいと細目, ぐうっと動き出し, けたたましい車金具, この世の中, この狭い, これへ, ございましたが, さっとあい, さっとひらいた, さっと左右, さっと開かれ, さっと開かれた, さっと開けられる, しっかりしめられ, しまったが, しまった後, しまった音, しまってるので, しまつた逃げろ, しまつて, しまらないって, しまらなくな, しまるか, しまると共に, しまるまえに, しまるまま, しまるよう, しめられて, すうつと, すうと, すうー, すぐに, すこしあい, すこしずつ, すこしばかり, すこしひらかれました, すっかりひらきました, すっと動き, すつかり, するするっと, すー, すーっと, そっくり浮き, そっと開かれた, その背後, そもそも最近, そろそろと, そろりと開いた, たけが, たしかにある, たたかれた, ちょと, ついた袋戸棚, ついにあく, つくこと, つつましく滑らか, とざされ廃屋, とつぜんぱっといっぱい, とりつけられるの, どうして開いた, どうして開いてる, どたん, どつ, どんとた, ないの, なかから, のろのろと, はげしく鳴りひびき, はまって, はめこんであります, ばたり, ぱたんとしまった, ぱつと開いた, ひきあけられて, ひきあけられ顔, ひき開けられ二十四五, ひとところ開い, ひとりでにギイ, ひとりでに内側, ひとりでに動きだし, ひとりでに閉まっ, ひとりでに開い, ひとり手に, ひどい音, ひらいたとき, ひらいての, ひらかぬよう, ひらかれその, ひらきました, ひらき判事, ひらくごと, ひらくでは, ひらくと, ひらくはず, ひらくよう, ひらけた, ひろびろと, ひん曲って, ぴたりと, ぴちやつと閉つて, ぴちんとしまって中から, ぴっしゃりと締った, ぴったりしまっ, ぴつたり鎖され, ほそめに, ぽつと, またとんとん, また閉まっ, また開い, また開いた, まだ開かれ, やっと開いた, ゆく手, ゆるゆると, ようやく両方, よくロック, わずかに, アンナの, ガタリビシリ, ガチャガチャと, ガチャンと, ガーンガーン重くけたたましく, キーと, ギイと, ギイキリキリ, ギギギイ, グッと, コトコトと, サッと開い, サッと開けられる, サツト開き, スイと, スウと, ソロソロと, ダーンと, ツトおのずから, ドッと, ノックされ, ノックされた, ハタと, バタバタと, バタリと, バタンバタンと, パクリと, ピッタリと, ロッビアだろう, 一つばたばた, 一寸開い, 一尺ほど, 一斉に, 一時に, 一杯に, 一枚外れか, 一枚締め, 下りては, 下りなくなったの, 下りるよう, 不意に, 両側に, 乱暴に, 二つあった, 二つ一つは, 二三分すかし, 二枚あっ, 五寸ほど, 人間の, 今にも開い, 今日は, 伸, 住持が, 何か, 何時迄も, 佗し, 余り熱く, 倒れかかって, 倒れたな, 僅かの, 元の, 共通の, 内部の, 再び開い, 出来て, 前方を, 劇しく, 力一杯に, 動いたやう, 動いたよう, 動きそして, 動き出したと, 匂わしい銀鼠色, 午後九時五分過, 半ば開いた, 半ば開き, 半びらきに, 半分開けた, 半開きにな, 厚いからね, 厳然と, 叩かれて, 叩けなくなったとき, 右手に, 同じよう, 向うから, 向ふ, 君に対してさえ, 吹き飛ぶよう, 啓らきくれ, 図太く入口, 固く鎖され, 固く閉ざされた, 固く閉まっ, 地獄の, 堅く締まっ, 堅く鎖される, 堅く閉, 壁の, 壊れかかって, 壊れそう, 夥多しく裂け, 大きく開いた, 大きな音, 寄せて, 密閉され, 小さい室, 少しで, 少しばかり, 少し隙間, 少し静か, 嵌って, 巌の, 左側一枚開い, 左右には, 左右へ, 巨人の, 平仮名の, 彼が, 彼に, 徐々にあい, 徐々に押しひらかれ, 徐かに, 忽ちバラバラに, 忽ち轟然, 思いがけずある大胆, 急いで, 急に, 意外にも, 或いはなかば, 或ひ, 手荒に, 打壊されはじめたよう, 押されれば, 押しひらかれて, 押せど, 押せば, 数人の, 日を, 明き男甲, 明け放たれた, 明らさまに, 明滅する, 時折ばたん, 普通と, 更にもう少し開けられ, 有る斯, 未亡人の, 東側と, 極めて静か, 横から, 樽ロケットを, 残って, 水を, 流れて, 深く閉ざされ, 湯殿らしい, 溝に, 煽られるの, 片方開いた, 独立に, 生れたの, 眼前から, 砕けて, 破られて, 破れるか, 破れんばかりに, 破壊された, 私が, 秘密を, 突然あい, 突然カタリ, 突然ガチャン, 突然開い, 突然開かれた, 立てきって, 細く開い, 細っそり, 締つて閂が, 締まったので, 締まって, 締めきって, 締められて, 美しいの, 聳え立ちその, 背を, 背後で, 背後に, 自動的に, 自暴に, 荒々しく開かれ, 蝶番から, 行く手を, 行手を, 裂ける, 裏側に, 裾の, 見えるが, 覗いて, 設けて, 蹴破られて, 蹴破られる, 軋って, 軋る音, 造られて, 遅かれ早かれ開放, 遠望される, 邪慳に, 邪魔を, 重々しくギイイ, 重い音, 重くて, 鎖されると, 長閑な, 閉された, 閉されて, 閉されるや, 閉ざされてるの, 閉じられる, 閉じられると, 閉ぢられる, 閉つて硝子越しにな, 閉つて走り出した, 閉まった, 閉まったぞ, 閉まって, 閉まってる時, 閉まつた家, 閉まる, 閉まるか, 閉まる音, 閉まろうと, 閉められた, 閉められて, 閉められると, 閉められる頃, 閉りました, 開いたけれど, 開いたその, 開いたま, 開いたら, 開いたらしくウルフ, 開いたらそれ, 開いた気, 開いた音, 開いてた, 開いては, 開いてるを, 開いてれば, 開かなかったら覗き窓, 開かぬと, 開かれそこ, 開かれたこと, 開かれたやう, 開かれた感じ, 開かれた様子, 開かれないうち, 開かれました, 開かれること, 開かれるの, 開かれ扉, 開かれ松火, 開かれ行く手遥か, 開きあふる, 開きかけた容子, 開きは, 開きはるか, 開きました, 開きアイスクリーム, 開きグルゥバッハ夫人, 開きランツ大尉, 開き一人, 開き仕事, 開き好奇心, 開き長い, 開き鳩, 開くこと, 開くでも, 開くまでに, 開く仕掛, 開く何, 開く度毎, 開く時, 開く機, 開く気配, 開く直前, 開けっぱなしに, 開けっ放しに, 開けて, 開ける, 開けること, 開けるため, 開け放される, 開け閉てされるで, 開放し, 開閉する, 階段口に, 隙間を, 静か乍ら突然, 靜に, 順番に, 頼まれますもの, 風に, 風も, 颯っと, 颯と戸外, 飛ばないよう, 魔の, 鳴り人びと, 2の, 9の

▼ 扉~ (627, 7.0%)

42 手を 40 鍵を 20 錠を 13 耳を 10 向って, 背を 9 ついて 8 錠が 6 身を, 近づいて 5 なって, 近づいた, 閂を 4 ぶつかった, ぶつかって, 倚り, 顔を 3 かぎを, すがって, つかまって, 凭れて, 取り付いて, 当って, 衝突し, 身体を, 近づくと

2 [37件] えいおう, さしこんで, して, つかまったまま, つかまつて, つけて, はさんだ手, はめられたガラス, ぶっつけた, ぶっつけて, よりかかって, ガッチリと, ノックの, ピンと, ロシア語を, 一人の, 半身を, 口を, 合う鍵, 君看ず, 彫り付けられて, 手が, 投げ付けて, 棧を, 殺到した, 片手を, 目を, 立つて, 行き当った, 貼りつくよう, 近い壁, 鍵が, 閂が, 頭を, 飛びついて, 飛びつきました, 飛沫いた

1 [331件] あずさ弓の, あたった, あったり, あてがったり, あてて, ある, ある名前, いったい何, いつか私が, いやと, うちあて, うち当ったよう, うつった姿, お名前, かかって, かぎが, かけた, かけたり, かけること, かじりついて, かじりつく, かためられて, かんぬきが, くっ着いて, さされて, さしかける頃, さして, さし向けた, しがみついた間髪, しがみついて, しっかり掴まり, しのびよって, そういう仕掛, そう書い, その女学校, それを, たち塞がるよう, たつ黄金, ちよつと, ちよろ, ついた菊桐, ついてるから, つきあたり, つきあたりました, つけた寺, つれて, とざされて, とびかかった, どさ, どしん, のしかかった, のしかかって, のせて, のぼって, はさまって, はみ出して, ひったりと, ぴったり寄添っ, ふれて, ふれますと, ぶち衝, ぶっつかって, ぶっつかりながら, ぶつかったもの, ぶつかったり, ぶつかってる吾が, ぶつかつ, ぶつかつて, ぶつかりました, ぶつかる音, ぶつけた, ぶつけました, ぶつける, ぶらさがって, へだてられて, ほほ笑みを, まだしっかと置い, まだ鍵, むかって, むかつて, むけまた, よじ登ったり, よせかけた木, よりて, よろけかかって, よろけて, よろめきかかりました, わたくしは, ウヰンクを, エスペラントと, カギを, カンヌキを, ガチャリと, キリストの, コトコトと, ソッと, タールを, ノック, ノート風の, バラバラと, ピタリと, ペッタリと, ローマ字で, 一つどう, 両手を, 並べて, 中隊長室と, 乗せて, 乗って, 人の, 付いてるガラス窓, 代へ, 似たる仏蘭西窓, 体あたりを, 体当りで, 何か, 倚りかかっ, 入らんと, 八つ当りを, 内から, 内側から, 凭たれ, 凭りか, 凭れたまま私, 凭れたらひとり, 凭れた時, 凭れ掛かって, 出くわした, 到りし時, 到りし時焔, 到りし時焔さ, 力が, 厳重な, 厳重に, 向かい耳, 向かって, 向けた, 向ける, 向ったという, 向つて, 向つて打突つて行つた, 向つて痛苦, 君看, 吸いこまれて, 吸ひつい, 吸込まれた, 吹き入, 命中した, 囁きながら, 固着し, 塗って, 変えたばかり, 外から, 外套が, 多くの, 夜風かとも, 大きな錠, 大きな鍵, 字を, 寄る, 寝巻姿の, 封を, 封印を, 小さな窓, 小児の, 尚も神妙, 尤もらしく, 就いて, 嵌まって, 嵌め込んだ家, 差し金を, 差込ん, 干割れの, 引き摺られて, 引き添って, 張りつけて, 当てが, 当てた椅子, 当る堅い冷たい, 彫れる, 彼の, 手まで, 打った鉄鋲, 打つかった, 打つけられた釘, 押された拳銃, 押しつけられて, 押当て, 持たせ半ば, 指の, 据ゑてゐた, 掛けると, 掛ったらしい, 接近したる, 掲げて, 描いた藪柑子, 描かれたインド風, 支えられたため, 斯んな, 新吉の, 於ける覗穴, 施されたもの, 明るい朝暾, 映った, 映って, 月が, 木の, 来た, 梓弓の, 棒をつつ, 機械的装置を, 注意も, 注目し, 消えて, 漲って, 激突させた, 爪で, 現われて, 瑕が, 當り, 発矢とばかり, 白いチョーク, 白く絵, 直射する, 碧巌録提唱と, 秘密を, 突き当たったが, 突き当たる, 突き当ると, 突き衝った, 突き飛ばされかけた, 突ツ込む, 突当つて吃驚, 突進しよう, 突進する, 立ち寄って, 立ち寄つて, 立つと, 立つ時私, 筆太の, 紙を, 結えた女車, 続いて, 縛られ白昼, 繪ける, 署名し, 肩を, 脊を, 腹立たしく吠えかかった, 臨んだ時, 花びらの, 茶器が, 衝つてわが家の, 袂を, 裸体を, 見るも, 触つて, 触つて音, 触ると, 触る音, 触れる, 触れると, 觸つた, 誰か手を, 貼られて, 貼紙が, 赤い白い涎かけ, 走り寄っ, 距てられ, 跳ねかかって, 身体が, 躯を, 軽くノック, 軽く突き立て, 近いひとつ, 近い健策, 近い内側, 近い隅, 近く床に, 近く扉の, 近づいたとき, 近づいたら少く, 近づきその, 近づきカーテン, 近づきピカ, 近づくこと, 近づく足音, 近づけながら, 近よった, 近付いて, 近寄った, 追い詰められると, 連結し, 逸て, 達し得られたか, 釘うつ, 釘を, 釘付けに, 銀の, 錠など, 錠などは, 錠は, 鍵の, 鎖を, 閉めこまれて, 附いて, 附着い, 附着いた, 附着し, 降ろして, 隔てられあれ, 隙が, 隙間を, 隠る, 隠れたが, 隠れたの, 隠れて, 集めぬ, 雫が, 青年, 靠れて, 面した長い, 面して, 頬を, 額を, 飛びかかって, 飛び付いて, 飛んで, 飛付きました, 駈け寄った, 鼻を

▼ 扉~ (557, 6.2%)

8 内から, 開いた 7 音も 6 しまって, 内側から, 開いて, 開かれた 5 びくとも, 厳重に, 静かに 4 ビクとも, 八文字に, 錠が, 開いたまま, 開かない

3 [11件] いっぱいに, ない, なんの, ぴたりと, 左右に, 押しても, 締って, 苦も, 閉まって, 開いたま, 開け放されて

2 [31件] あかなかった, いつでも, いつもの, かるくひらいた, がたんと, しずかに, しまったまま, すぐに, どこに, ひらいて, またぴたり, ガタガタと, 中から, 再び続けざま, 再び閉ざされ, 半ば斜に, 半開きの, 固く閉つて, 女の, 彼の, 微塵, 無慈悲に, 続け様に, 閉ざされて, 閉め切って, 開かなかった, 開かれなかった, 開かれるが, 開くかと, 開け放しに, 開け放しにな

1 [380件] あいた, あいてないの, あかず, あかなくても, あきましたから, あきません, あきませんでした, あけっ放し, あけられたそして, あったが, あとから, あなたの, あるかないか, あるけれども, いかにも堅固, いつもちゃんとしめてあります, いつも開かれ, いつ重吉, いまにも, うまいぐあいに廊下, うまく開いた, かたくとざされた, かたく彼, かたく閉められ, からからと, かるく開かれ, きらきらと, ぎいぎいと上へ, ぎりぎりぎりと上, ぐらぐらと, ここに, ここも, こっちからは, ことの, こわれかかった観音開き, こわれて, さっきあけた, さっと引き開けた, さっと開きました, さびた鉄, しずんだ, しまった, しまったきり, しまつてゐました, しまらないで, しまらなかった, しまる, しめてありました, しめられた, しめ切ってないだけに, すっかり大きく, すっかり開け放され, すでに水兵, すべて閉じた, すべるよう, その字, その蝶番, たちまち半分がた, たった一枚, ちゃんとしまっ, ちゃんと閉め, ちょッと, ついにあかなかった, ついにぐー, ついに轟然, ついに閉じられた, とざされて, とてもこんな, とれて, どういう風, どうすれ, どこからか, どーん, なおも上, なくその, なくなり簷, はずれたまま, はたと鎖され, ぱくんと, ぱたんとしまった, ひとりで, ひとりでに閉まったらしい, ひとりでに開い, ひとり手に, ひらいたものの, ひらかなければ, ひらき, ひろく開かれ, ぴしやんと開いた, ぴったりと, ぴつたり, ぴりぴりと, ふいに, ほんとうに, また開い, また開いた, また開かれた, まだいくら, まだぎりぎりぎりと音, まだ艷, まのあたり額, まるでわざとの, まるで弾かれた, みなち切れ, みな回転し, みな開け, みんな鍵が, みんな閉ま, めりめりと, もうぴったりと, もう一息, もう半分, もう遠慮会釈, やけにうち, やっと破壊, やはり音, ゆるさなかった, ようようの, よく閉まっ, よせかけて, ガタンと, ギイッと, ギーと, ゴトリとも, スウッと, スーッと, チャンと, ドーンと, ニスの, ハタと, バタンと, パタリと, パタンパタンと, ピタリと, ピッシャリと, ピッタリと, ポーンと, モギ取られ, 一つも, 一同が, 一団の, 一方へ, 一枚は, 一番固く, 丈夫で, 三方から, 三重に, 上下が, 上塗りの, 下に, 両側とも, 乾反って, 二つとも, 二度とは, 京子を, 他ならぬ, 何か, 何かを, 何が, 何と申します, 何の, 俗人の, 倒れ雨, 傾いたまま風雨, 元の, 全部内部から, 全部開け, 全面に, 内側に, 内側へ, 内部から, 内部へ, 再び初め, 再び動こう, 再び開い, 再度開かれた, 冷たい闇, 前に, 前の, 前夜の, 前後とも, 動かなかった, 動きも, 動く様子, 勿論開かなかつた, 化性の, 千切り取られ, 半ば開かれ, 半ば開き, 半分開いた, 半蔵らの, 半開きに, 南京錠を, 厚くて, 厚さ二寸, 右手に, 同じく同氏, 向こうに, 向こうへ, 呼びよせられた者, 固い, 固く締まっ, 固く鎖し, 固く閉ぢ, 固く閉められ, 土蔵の, 堅く閉され, 壊れて, 壞れ, 外から, 外の, 外へ, 外より, 外れて, 外側から, 夜通しあけ放され, 夜間も, 大きな寢臺, 大きな鉄扉, 大きな音, 大一番, 大勢の, 大司教の, 奥の, 始めて開いた, 実際素張, 容赦なく, 少し開いた, 左右へ, 幾度か, 廊下側の, 当然糸子, 彼が, 彼に, 彼らと, 彼女を, 微動だ, 微塵に, 思いの外大きかっ, 恋と, 悉く閉ざされ, 悠くりと, 意外に, 手ごたえも, 手に従って, 把手や, 押されたとおり, 押せども, 押破られた, 明かずに, 明かなかった, 明くそうして, 明く筈, 明け放したま, 昨夜の, 是非開けなけれ, 昼間は, 最近に, 最近にな, 朝の, 木で, 木の, 本能的な, 格子型に, 次々に, 毎日開ける, 永久に, 永遠に, 決して開いた, 浴室に, 深緑色褐色と, 滅多に, 滅茶苦茶に, 滑らかに, 無くなり簷, 然し開いた, 焼け床板, 熊城の, 燦けり, 片扉, 用の, 直ちに閉, 真鍮であり, 矢張容易に, 破れんばかりに, 破れ割れ微塵, 確かに, 空いて, 空気が, 紐の, 絶えず開い, 絶対に, 締つて居る, 締まって, 締めきって, 締められてから, 締め切った上, 締め切られな, 聞きなれて, 自と, 自分の, 自然に, 良人の, 苦悩の, 苦悶にたいして, 華かに, 薄黒く, 被害者総一郎が, 見えない, 見るからに, 観音開にて, 語らず, 誰が, 跡かたも, 軽く押した, 輝けど, 退却し, 透明であった, 酉刻, 重いと, 重く鎖され, 重く閉され, 釘着に, 釦を, 鉄である, 鉄の, 鉄板のみで, 錠の, 鍵を, 鎖して, 鎧の, 鎧組と, 鐵の, 閉されたまま, 閉ざされたまま, 閉じて, 閉じてた筈, 閉じられて, 閉つ, 閉つたいとも, 閉つてし, 閉めて, 閉められた, 開いたこと, 開いたり, 開かず外, 開かないと, 開かれたまま, 開かれた時, 開かれて, 開かれぬ, 開かれません, 開きさ, 開きぬ, 開きません, 開き外, 開く, 開く筈, 開けられん, 開けられ扉, 開けること, 開け放したま, 開け放したまま, 開け放して, 開け放してあつ, 開こうと, 間もなく元, 間もなく開かれます, 間違いなく, 除かれた, 隣の, 電光の, 非常に, 響なく, 頑丈の, 頑固に, 頻繁な, 飴の, 3の, 4の

▼ 扉~ (192, 2.1%)

13 の方 4 のそば, のところ 3 に立っ, のほう, の前

2 [15件] から出, で, にしがみつき, には二人, に来, に立った, に近い, の外, の所, の栓, の隙間, へ姿, まで送っ, を出る, を指さした

1 [132件] かにロールヘン, からそっと, からだ, からのぞい, からチラ, からツヤ子, からピアノ, から一人, から一歩, から三尺, から中, から他の, から入っ, から半身, から向う, から呶, から外, から干, から格子縞, から正面, から現在人形, から窓際, から群集, から見る, から誰, から離れた, から頬髯, から顔, から首, ごし, でないと, でなかったと, ではいりわずらっ, でもじもじ, でジロッ, で一人, で何度, で向き, で大池, で恭しく, で敬礼, で注視, で甲高い, で直立, で立ち止っ, で軍隊式, で電燈, という扉口, と入口, と向き合つた南側, にいた, にかしこまった, にのぞきました, には扉, には赤襟, にもう, にもじもじ, にもたれ, に人形, に佇みました, に佇ん, に先程, に凭, に吊られ, に安吉, に影, に抱きついた, に棒立ち, に現われた, に眼, に立ちふさがっ, に立つ, に立つた, に背, に荷馬車, に見える, に近く, に近く体操, に進め, のきらら, のすぐ, のそ, のカウンター, の下, の傍, の前列, の左側, の椅子, の横木, の辺, の連中, はいつも, は今, は回転窓, は手荒く, は箪笥, へくずれだした, へ一々, へ入った, へ出, へ恐る恐る, へ戻っ, へ歩いた, へ注がれ, へ流れ始めた, へ眼, へ立った, へ立つ, へ行こう, へ近づい, へ近づいた, へ逃げる, へ駈けよる, まできた, まで送られ, まで降り, をいや, をのぞい, をふさい, をガラリ, を出よう, を土足, を指差し, を目がけ, を素早く, を覗い, を調べ, を通して向う, を通りすぎ, を頤, んところ, 迄飛ん

▼ 扉から~ (166, 1.9%)

15 出て 9 顔を 6 外へ 3 首を 2 はいって, 入って, 出ようと, 出入りする, 始まって, 室の, 屋根土塀などを, 覗いて, 酒倉へ, 顔だけ

1 [113件] いわゆる劇場, さす明るみ, しめ出された, すべりこんだ二人づれ, するほか, そこまで, その壁面, その姿, たった一人, ちよいと, つと身, とつぜんと, どどどーっと, はやお, ひょいと出た, ひよい, ぶち込まれたの, もれて, スタスタ入っ, マシュース探偵が, マンハイムの, 一寸入っ, 一緒に, 七十八の, 三尺ほど, 二等車の, 何んだ, 何気なく外, 先生が, 入つて來, 出なければ, 出入した, 出入りし, 出納口に, 半身を, 去る, 双葉が, 右寄りの, 吹き込む隙間風, 呑まれるよう, 四十五六の, 壁へ, 夏の, 外に, 夫人が, 客室の, 室内へ, 小径の, 小走りに, 少し離れた, 居間を, 廊下を, 建物の, 急ぎ足で, 憲兵が, 戻つて來, 手に, 手を, 抜け出した訳, 押し除け馬車, 振り向いたの, 放り出して, 斜めに, 早くも, 時々新聞売子, 来たか, 欄干を, 水のばし, 洩れて, 洩れるラムプ, 流れて, 消えて, 消える, 消えること, 灯火が, 煖炉に, 物干, 現れて, 現れる, 登場し, 真直に, 私の, 窓へと, 立ち昇る煙り, 耳を, 背を, 脱け, 艦内へ, 花剌子模国より, 落ちて, 薄荷入りの, 見えた, 見える壁間, 覗かれる表, 解放された, 誰かが, 跳び出し階段, 蹌踉き出た, 身を, 迎えた, 逃げるよう, 這入り夫婦, 金の, 長男の, 陽が, 離れて, 離れると, 雪次郎が, 顏を, 風と, 飛びのいた, 飛出したらしい黄色い, 首だけ

▼ 扉には~ (107, 1.2%)

11 鍵が 10 錠が 2 内側から, 外から, 斯う書い, 番が, 赤い字, 錠を

1 [74件] いつもの, かぎ穴が, かならず外, さびしく錠, ちゃんと鍵, ちやんと, どういうわけ, はたしてどこ, ぴたりと, もう初夏, よく, クールフェーラックが, ゴティック式錠前の, 一面に, 万能鍵を, 三羽の, 中から, 九鬼という, 九鬼といふ, 何等これ, 傍聴者満員と, 別に錠, 厳丈な, 厳重な, 厳重に, 各俳優, 堅く錠, 夢川利一様著者と, 大きな鋲飾り, 始めから, 学園の, 完全に, 小き, 常に鍵, 幽霊の, 当時も, 必ず鍵, 掛金が, 日本文字が, 昼も, 暮春者春服既成得冠者五六人童子六七人浴乎沂風乎舞, 曾て, 朱総が, 横手の, 次ぎの, 洋風の, 海老錠が, 灰色の, 無数の, 特別一等の, 番犬を, 白い標札, 矢の根の, 石村という, 神尾の, 笹竜胆の, 締りが, 羅甸字で, 羅甸字にて, 花を, 葵の, 薄彫り, 觀世綟の, 触れられない, 軽く花鳥, 金の, 鍵がか, 鍵を, 鍵孔に, 鍵穴も, 鏡が, 長さ二尺四寸, 隙間風が, 1から

▼ 扉~ (96, 1.1%)

8 窓も 3 なければ 2 あいて, 二つの, 見える, 閉まって, 開いて

1 [75件] あけはなされたまま, あって, おとなしく片, おびただしく荒れ朽ち, この高熱火焔, さらって, すっかり開け放した, すべて閉まっ, だんだんに, どんなげんじゅう, ない, ない出入自在, ない妙, ない小, ない様子, ない門, なく只, なし, ひらかないで, ほんの少し, またそれから先, みな開け放し, みんな閉め, やはりみんな, アンテナの, 一様に, 今や閉ざされ, 何も, 前夜通い婆の, 卵を, 同じく之, 同じく締, 同じよう, 固く鎖, 土台も, 埋れては, 壁も, 壊れたり, 安定が, 少しあけかけた, 少し開い, 屍体発見以前より, 引取人が, 引返すついで, 心の, 戀人同士が, 指で, 無い四方, 煎餅の, 猫と, 玄関の, 皆しめ切っ, 石で, 私の, 秘密階段も, 窓の, 絶対に, 締めて, 菌の, 葎を, 蔀も, 見わたすかぎり, 調べたが, 踏み外された広間, 鍵を, 鎖したるに, 閂も, 閉められたので, 閉められて, 開かれた, 開きそれから, 開けたまま, 雨戸も, 高さ, 黒く塗っ

▼ 扉~ (72, 0.8%)

8 手を 2 からだを, 行って, 鍵を

1 [58件] あたった, あられも, あるいは飾箱, かけると, きえると, さしのべた, しっかりと, どすーんと, ぶち衝, ぶつかった, ぶつかると, ぶつかる音, むらがり寄った, もたせた背中, もたれかかり扉, ピッタリと, ロシア語で, 丈夫な, 体を, 入って, 厠で, 双肩を, 口を, 叩きつけ叩きつけた, 同じ意味, 向けて, 向って, 吹きかかった, 四インチ釘を, 夕刊を, 大粒な, 寄って, 嵌込まれて, 廻り扉, 彼は, 彼を, 扉から, 指を, 映るに, 本能的な, 真黒に, 突きあたった, 突当る音, 立つた茶色, 耳を, 行き低く, 要次郎, 触れない中, 走つた, 軽く片, 近寄るに, 進んで, 錠を, 隱れ, 額を, 飛び付いた, 飛び付いたが, 駈け入る

▼ 扉~ (63, 0.7%)

2 いい得ないであろうか, 一緒に, 不思議に, 小扉, 車体との

1 [53件] あの美しい, あの閂, いっしょには, いわず六つ, すれすれの, づ, なったの, なって, なりぬれば, なりギー, なり虹梁, 三重にな, 二つの, 云う扉, 全く同じ, 具合悪い, 同じやり方, 同じ仕組み, 同じ色恰好, 同じ面, 向いあった壁, 向かい合った一方, 向き合う大きな, 向き合ったところ, 向き合った壁, 向ひ, 壁とに, 壁に, 女秘書室の, 平行に, 床または, 彼の, 思しき板戸, 思ふ大, 戸を, 扉の, 来たら内側, 次の間とを, 死骸の, 窓が, 窓と, 窓枠は, 背文字を, 袴着の, 討死しよう, 話の, 鉄格子を, 鍵か, 鍵で, 開いた, 露台が, 飮臺との, 飲台との

▼ 扉~ (37, 0.4%)

3 あつた 2 闇の, 隔てられて

1 [30件] この世と, しきられて, しめ切って, そこから, その外側, ぴったりと, ふさがれて, もって, わずかに, 一方は, 二人は, 二重に, 仕切られた三坪, 仕切られて, 仕切られるよう, 区切っても, 厳重に, 呼ぶ, 売場との, 客観態度の, 幾重にもなつ, 扉は, 捜査主任の, 支えられた, 料理場に, 私達に, 行きどまりに, 通行が, 遮断された, 鍵が

▼ 扉~ (34, 0.4%)

5 窓を 3 窓から 2 窓が

1 [24件] コンクリートの, ボード・ジョインターや, 他の, 僅かな, 内部の, 十二宮の, 壁を, 屋根の, 床に, 引出に, 抽斗を, 支柱の, 支柱も, 本棚の, 秘密の, 窓などが, 窓に, 窓は, 窓や, 箱の, 荒々しい人々, 話の, 郷土の, 黒鏡魔法の

▼ 扉にも~ (24, 0.3%)

6 たれて 2 たれる, ガラスが, 昆虫の

1 [12件] いつの間にか錠, カギを, 厚紙を, 同じ文句, 外観上位置的に, 屋根にも, 思へた, 春廼舎朧著と, 椿岳の, 次の, 無造作に, 番人の

▼ 扉~ (13, 0.1%)

2 にある, に立っ 1 でチラリ, で張り番, にあった, には外面艶消し, に戻る, に押し付けられ, に立ち, に立つ, のところ

▼ 扉~ (10, 0.1%)

2 のの 1 から, からなかなか, から全部, か何教室, か部屋, がどう, と云, と私

▼ 扉まで~ (10, 0.1%)

2 行って 1 あちこちと, くると, ひらかせて, もう三段, 導きます, 引き返して, 来た時, 送つてもと

▼ 扉一つ~ (9, 0.1%)

1 が鎖し, じゃない, ずつ, で本館, で通じ, の内, の窓, を隔て, 動かないで

▼ 扉がば~ (8, 0.1%)

1 たんとあい, たんとあいた, たんとしまりました, たんとしまる, たんと閉, たんと閉まっ, たんと開いた, たんと音

▼ 扉~ (8, 0.1%)

5 しに 1 しにこの, しにそういう, しの会話に

▼ 扉より~ (8, 0.1%)

1 すこし中, そっと頭, 出で, 剥ぎ取り, 城内へ, 流れ流れ流れて, 総大将, 駈け入る

▼ 扉をば~ (7, 0.1%)

3 たんとしめた 1 たんとしめる, たんと閉じた, たんと閉め, 又も

▼ 扉~ (7, 0.1%)

1 から三米, から五六間隔, がはめ込まれ, が渠門, の上部海水注入孔, の直ぐ側, を小船

▼ 扉越し~ (7, 0.1%)

1 にあなた, にひろい, にコン吉, に云, に何, に弟, に激怒

▼ 扉~ (6, 0.1%)

1 でウロウロ, で桝, に立ち, に立つ, に立てる, まで行く

▼ 扉では~ (5, 0.1%)

2 なくして 1 なくて, なしに, 傴僂の

▼ 扉という~ (5, 0.1%)

1 ことが, のは, ものは, やつが, 扉は

▼ 扉などは~ (5, 0.1%)

1 とうの, ない門, 案外に, 疾うになく, 錆びてこそ

▼ 扉一枚~ (5, 0.1%)

1 だけを残し, の中, の彼方, の次に, 隔てた外側

▼ 扉~ (4, 0.0%)

1 ギイッと, 何かに, 卓子か, 扉に

▼ 扉だけ~ (4, 0.0%)

1 あけはなされて, であった, 赤く塗った, 開いて

▼ 扉~ (4, 0.0%)

2 のです, んだ

▼ 扉などを~ (4, 0.0%)

1 あけて, さぐっても, 外す迄も, 綿密に

▼ 扉のむ~ (4, 0.0%)

3 こう側 1 こうは

▼ 扉を通して~ (4, 0.0%)

1 ひびいて, まだ暮れ, 向うを, 見えるよう

▼ 扉ボーイ~ (4, 0.0%)

2 の指 1 の黒, の黒ん坊

▼ 扉~ (4, 0.0%)

1 になっ, に十数条, の仕切, の縦窓

▼ 扉あり~ (3, 0.0%)

1 てバルコン, て下, 雪囲

▼ 扉からも~ (3, 0.0%)

1 ひょっこり現われ, 僅かしか, 指紋なぞは

▼ 扉だけが~ (3, 0.0%)

1 あいて, 暗い光り, 開かれて

▼ 扉であった~ (3, 0.0%)

1 がこれ, ことを, のだ

▼ 扉にあたって~ (3, 0.0%)

1 ばさり, 怪物の, 扉を

▼ 扉によって~ (3, 0.0%)

1 区切られた左右二隅, 屍体の, 用いたよう

▼ 扉らしい~ (3, 0.0%)

1 ものに, ものを, 黒漆が

▼ 扉開かれ~ (3, 0.0%)

1 てあり, て愛, て歴年

▼ 扉あるいは~ (2, 0.0%)

1 控えの, 門の

▼ 扉からは~ (2, 0.0%)

1 今も, 戸外で

▼ 扉がが~ (2, 0.0%)

1 じゃっと, たつと

▼ 扉ごと~ (2, 0.0%)

1 取巻いて, 外れたの

▼ 扉~ (2, 0.0%)

1 へなく, へ開かなかつたら

▼ 扉さえ~ (2, 0.0%)

1 叩いたの, 開かなかったら死ぬよう

▼ 扉~ (2, 0.0%)

1 て呉れた, て店

▼ 扉だけを~ (2, 0.0%)

1 暫時見せる, 開けて

▼ 扉だった~ (2, 0.0%)

1 が今, のだ

▼ 扉でも~ (2, 0.0%)

1 あって, コンクリートの

▼ 扉といふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, 扉には

▼ 扉との~ (2, 0.0%)

1 間だった, 間に

▼ 扉とは~ (2, 0.0%)

1 くらべもの, 米国風そして

▼ 扉とも~ (2, 0.0%)

1 大きく開かれてる, 言えるもの

▼ 扉とを~ (2, 0.0%)

1 外に, 閉鎖し

▼ 扉なし~ (2, 0.0%)

1 の山門, の門

▼ 扉なる~ (2, 0.0%)

1 主観の, 蓋を

▼ 扉をでも~ (2, 0.0%)

1 あけるよう, 見るよう

▼ 扉を通じて~ (2, 0.0%)

1 家の, 時々刑事

▼ 扉一時~ (2, 0.0%)

2 に音

▼ 扉三尺~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ 扉両方~ (2, 0.0%)

1 にさらさら, に細め

▼ 扉~ (2, 0.0%)

1 の上, よりもやや

▼ 扉~ (2, 0.0%)

1 か開きぬ, にもあける

▼ 扉~ (2, 0.0%)

1 の注水孔, をはいる

▼ 扉閉ぢ~ (2, 0.0%)

1 られて, 返せ

▼ 扉開き~ (2, 0.0%)

1 て現, になる

▼ 扉開きし~ (2, 0.0%)

1 剣おびたる, 剣佩びたる殿守をか

▼ 扉~ (2, 0.0%)

1 と友松, にふかれ

▼ 扉高く~ (2, 0.0%)

1 に彼等, 張り

▼1* [135件]

ありとあらゆるところは, 扉あれども, 扉おのづから, 扉かげについと, 扉がかりでこの, 扉くぐりて, 扉ぐちにこう, 扉こそとざされて, 扉この通り雨ざらしに, 扉さくらと雲雀, 扉されずにあった, 扉されようとする, 扉しとやかに開かれ, 扉ずつと前によ, 扉そこから入っ, 扉それから前によ, 扉だの地蔵堂の, 扉ったらどういうトンマ, 扉であって街路, 扉であり華麗の, 扉ですか, 扉としていれる注文, 扉とって引く, 扉とでできて, 扉なぞあらゆる点, 扉など心に, 扉などがある, 扉などへ叩きつけられるもの, 扉ならどれも, 扉なんか開ける道理, 扉にあたりはぢめる, 扉にかけてあける気, 扉について更に委しく, 扉については語るを, 扉にて眞僞は, 扉になつてゐます, 扉あれの, 扉のずつと先の, 扉のみで遺憾, 扉はぎーと, 扉ばかりだ, 扉ばかりがあって, 扉ひとつしか隔たっ, 扉ひらいて南無阿弥陀仏, 扉ひらかずわがこころ, 扉ひらき釜あらはる, 扉ひらけば南無阿弥陀仏, 扉へと冷たい夜気, 扉へは外から, 扉まえにつづく, 扉までが厳重に, 扉までの角度が, 扉までも閉鎖され, 扉みたいだね, 扉もろとも室内, 扉やらを打破し, 扉開け, 扉よりももっと冷たい, 扉らしく押せばガタガタ音, 扉わきの細長い, 扉わくの三段, 扉をとほしそれ, 扉をもメリメリと, 扉をよぎつて出, 扉を以て閉ざす, 扉カチカチと鍵, 扉ドアの傍, 扉ニ小サキ窓アリテ金網ヲ張ル, 扉撼シ, 扉一つ距てた向う, 扉一切合切をあけ放っ, 扉一重をへだてる, 扉並びの右手, 扉二つの小さな, 扉しまりけり除夜, 扉代りに村人, 扉以外にない, 扉会帰途は山越, 扉の片隅, 扉傾きし窓, 扉全体がぐらぐら, 扉力任せに引く, 扉厚く閉じ込められ官能, 扉及び奥附の, 扉口凡そ人が身, 扉同じく川田氏所藏の, 扉向うの壁, 扉にかけた, 扉壁屋根すべてが滅茶苦茶, 扉の雪, 扉寄りにも一つベット, 扉に鎖し, 扉くとともに, 扉の方, 扉左右に飛び散りぬ, 扉左手はヘルマー, 扉引きぬかれた煙筒戸棚テーブル腰掛け, 扉が苦しく, 扉打ち開きあり寒, 扉のま, 扉の類, 扉の段段, 扉や皮張椅子, 扉浅うして, 扉深きところの, 扉漏る赤き灯, 扉無しの関所, 扉特有の地鳴り, 扉をし, 扉窓卓子戸棚の在所, 扉の装飾, 扉に, 扉細目に仄見え給, 扉続きの隣室, 扉締りに行く, 扉羽目板の釘, 扉翻りて紅, 扉船内の海水, 扉装置が秘められ, 扉裏庭の木戸, 扉の私達, 扉金具の抜け, 扉の箍, 扉鉄門庇框こわれた火鉢, 扉が同一, 扉閉鎖せよ, 扉開いた格子に, 扉開けてつかつか, 扉開閉のたびごと, 扉へ導く, 扉には有名, 扉なく開け, 扉颯と開く, 扉飾りには鼈甲, 扉餓鬼地獄のかつ