青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「支那~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

揺れ~ ~損 損~ ~撫で 撫で~ 支~ 支倉~ ~支度 支度~ ~支那
支那~
~支那人 ~支配 支配~ 支配人~ ~改めて 改めて~ 改良~ ~攻撃 攻撃~ 放し~

「支那~」 12146, 131ppm, 809位

▼ 支那~ (2970, 24.5%)

22 文化を 14 文化の 12 方で, 法律は 11 學問を 9 ことを, 女の, 影響を, 数学を, 歴史を 8 人は, 詩の 7 事を, 古代に, 學者は, 昔の, 諺に

6 [14件] もので, ものを, ように, 古代法律は, 子供の, 文化が, 方が, 方へ, 書物に, 歴史に, 法律の, 法律を, 芝居の, 詩を

5 学者は, 學問の, 文化は, 書物の, 有名な, 朝廷に, 民衆の, 記録に

4 [26件] ものに, やうな, 人である, 何れの, 児, 名は, 天子は, 学者の, 學問が, 學問に, 少女が, 政治組織は, 文化や, 文字を, 文明は, 文明を, 文物を, 方から, 書に, 杉田玄白に, 歴史の, 法律では, 現状を, 記録には, 貴公子よ, 長城が

3 [47件] ことは, ものと, 人心に, 儒教の, 南方の, 古典から, 古典の, 各地方, 国に, 夜, 女は, 婦人は, 孝道, 孝道に, 學者に, 學者の, 官吏は, 官憲は, 小説に, 小説を, 思想を, 戰國の, 政治家は, 政治家や, 教民を, 数学が, 数学史家の, 文學を, 文献に, 書物も, 書物を, 木彫人形, 本の, 正朔, 歴史から, 歴史は, 産である, 織物の, 若い知識人, 詩には, 詩人が, 語言文字を, 警察が, 貧民の, 過去の, 關係は, 陶器の

2 [222件] ことが, ことである, ことも, それとを, どの作品, ものか, ものである, ような, アイノコの, イスラム教, ウドンの, 丁汝昌が, 上下を, 上海の, 下層民の, 不心得を, 中でも, 中心に, 事が, 事だ, 事に, 事情に, 人に, 人の, 人名地名を, 人文現象は, 介抱を, 代表的料理の, 何とかいう, 佛教に, 作品を, 保全, 偉大に, 儒教は, 先覺者の, 兵が, 兵士も, 兵隊と, 内治, 前に, 劉向劉, 労働者は, 労働者を, 勢力に, 北地ならびに, 南部に, 厄介に, 及びも, 古い時代, 古い書物, 古事風景等を, 古人は, 古代では, 古代の, 古代法律, 古代法律で, 古代法律と, 古代法律の, 古代法律を, 古伝説, 古來, 古俗では, 古典に, 古墨, 古書に, 古美術, 史家は, 史料では, 史籍に, 各時代, 同志も, 同時代, 名で, 君主は, 君子人の, 哲人たちは, 哲学を, 唐の, 唐代の, 商人や, 国を, 國が, 國民性と, 土地で, 土地を, 土埃を, 地を, 地図を, 外の, 大金持, 天子の, 奥地に, 奥地の, 女が, 女も, 女を, 如きは, 如き世界最古, 婦人の, 子は, 子供が, 子供は, 字引の, 孝道と, 孝道を, 学問に, 学問を, 學者で, 學術は, 家へ, 家族制度は, 富が, 将軍の, 小僧が, 小説, 小間物を, 少年が, 山水家の, 工人を, 從來の, 御寺, 思想の, 思想や, 怪談が, 悪口を, 感情が, 成語を, 捕虜に, 探偵に, 揚子江の, 摸倣で, 政治の, 政治家も, 故事を, 数学史を, 文化とは, 文化に, 文字である, 文字に, 文字の, 文明が, 文章です, 文章では, 料理書に, 新疆, 新聞を, 方に, 方は, 旅を, 明の, 昔に, 晋代に, 曲名を, 書物にも, 書籍に, 書籍を, 書風より, 最大の, 本だ, 本は, 本を, 植物に, 椿は, 正史に, 歴代を, 歴史が, 歴史上の, 民窯を, 法律に, 港に, 現代の, 生絲絹織物, 田地は, 田舎言葉で, 画家の, 留学生が, 留学生の, 皇帝が, 皇帝に, 皇帝は, 目録の, 研究は, 研究を, 社會に, 祖先崇拜を, 笑話に, 範圍に, 織物を, 習ひ, 聖人の, 肥えた土, 芝居を, 若いインテリ青年, 苦力の, 蘭の, 蛟の, 衣冠を, 西域羅布の, 言葉で, 言葉に, 詩では, 詩に, 詩人は, 話, 語言を, 賢人は, 足袋を, 軍隊の, 農民が, 近代といふ, 近代生活の, 道徳は, 道教の, 里程で, 鏡は, 青年が, 革命と, 革命は, 革命運動の, 靴を, 領地の, 風氣は

1 [1990件 抜粋] あの景徳鎮, あらゆる河川, い, いろいろの, お伽噺など, が適する, ことについては, これを, そら, ために, とを何となく, は姑, ひとが, ほうで, まんなかへんで, ものであろう, ものなどは, われわれと, カルタ, ギヤルソンが, ゴーリキイと, ジャンク様の, ハスは, フオックス・トロットが, プロレタリアート, ヘロドトス, ヤン嬢, ランプ屋だの, 一人の, 一般大衆は, 一部の, 丁汝昌提督の, 三十六字母は, 三国語で, 上代の, 上海あたりに, 不仕合せな, 世相の, 中に, 中華大, 乙女の, 乞食と, 事とを, 事情について, 事物に対して, 五月の, 亡命者に, 人らしく, 人力車夫が, 人口を, 人夫が, 人形を, 人文現象が, 人達は, 人間は, 今日の, 仏教ともよほど, 他の, 代表作家としての, 伏兵起つ, 伝統に, 何とかいふ, 使節に, 俗歌を, 保護国とも, 倉庫店が, 傀儡の, 傳統的風習である, 僧尼は, 儒教や, 儒者先生たちが, 元明あたりの, 先進國たる, 公使館に, 六朝時代の, 共和政府とは, 兵士と, 兵隊さんと, 典籍にも, 内地の, 册封使が, 冬の, 分類は, 利源を, 刺激を, 前線から, 劉松年仇十州銭滄州あたりの, 労働者二三十名と, 動植物鑛物地理と, 勢力已に, 北の方へ, 北派の, 北部諸州を, 医書に, 医術的祭礼を, 十二月二十八日にて, 南北問題を, 南朝諸国との, 南部諸州全部に, 危急を, 原産植物で, 反切を, 古い地理書, 古い方面, 古い美術品, 古へ, 古代から, 古代には, 古代語である, 古典なぞと, 古典文が, 古塚, 古帖, 古書である, 古瓦二百個, 古記録例へば, 古諺にも, 史乗の, 史家の, 史籍で, 各国人医学校の, 同じ教徒等, 同志の, 同情者たらしめ, 名人に, 名墨, 名称と, 名馬は, 周の, 哨兵, 哲学的天地開闢説が, 唐代に, 商人は, 喪禮は, 囘教徒一般に, 四川省の, 国で, 国内に, 国家と, 国民党の, 國勢不振は, 國家の, 國情に, 國民の, 國民性の, 國體では, 國體や, 土を, 土貨に対して, 地名や, 型に, 場合と, 塞外の, 壁柳の, 外交を, 大テーブル, 大学が, 大官が, 大将達と, 大根漬ほど, 大盗だ, 大衆に, 大都市の, 天元術においては, 天地に, 天子さまと, 天然の, 太陰暦に, 奥地で, 女みたいな, 女特有, 如きがさ, 如き族制, 如き秦皇, 如く兵火, 妊婦は, 威力を, 婚姻の, 婦人と, 子の, 子供達の, 孔子様は, 字書の, 学問が, 学生等の, 学者が, 学説を, 學問といふ, 學問をも, 學生が, 學者から, 學者を, 學者達も, 安交, 宋代に, 宗教に, 官人である, 官憲が, 宝玉や, 宣統, 宮廷へ, 宮殿図を, 家庭に, 家族制度には, 富豪たちが, 實情である, 實際である, 寫經生が, 封建イデオロギーの, 小娘と, 小説あるいは, 小説で, 小説などに, 小説は, 少女たちに, 少年金椎が, 属国ぐらいに, 山東の, 山水画を, 巡査は, 工業界を, 巴邱といふ, 市街を, 帝王の, 帰化人によ, 平民發展時代と, 府志の, 建築であり, 弁髪や, 当路へ, 影響が, 律に, 御國自慢, 応竜始め諸方の, 思想も, 怪談である, 恐ろしい道, 悪鬼人間に, 慶磁の, 我来也が, 或田舎, 戦場の, 戴文進金陵に, 手代の, 技芸の, 拳法以上に, 捕虜を, 改造に, 政府も, 政治は, 政治家それに, 政治思想が, 政治組織と, 故事や, 教育不振を, 敦煌其の, 数学に関しては, 数学上に, 敵では, 文人なら, 文人畫中の, 文化とともに, 文化史は, 文化發達の, 文字で, 文学と, 文学書を, 文學こそ, 文學宗教歴史科學等に, 文學語學を, 文明望むべからず, 文献について, 文籍の, 料理が, 料理口で, 新しい算書, 新學家, 新聞と, 新聞雜誌上, 方士が, 旅から, 旗が, 旧い書物, 昆崙山に, 昔から, 映画などとは, 景徳鎭は, 暦を, 暦法家は, 書と, 書棚だの, 書物らしい, 書目の, 月餅を, 木版書物を, 本国では, 本場も, 本草書中最も, 村老, 東北に, 東周の, 染付青磁等種類は, 桜桃の, 梨は, 植民は, 検屍法などにも, 楊翁偉, 模倣でない, 樹に, 正しい読方, 武術との, 歴史では, 歴史などにも, 歴史印度の, 歴史的思想の, 氏族制度と, 民族と, 民族的宗教の, 民衆が, 民衆にも, 民間では, 民間伝承も, 氣候としては, 汽車ほど, 河南に, 河西の, 沿岸諸, 法律中唐律に, 洛陽で, 流儀に, 海, 海港は, 海賊に, 海防といふ, 清朝に, 漁村を, 漢人種の, 漢時代には, 灯籠が, 無知識階級, 煙草を, 燕楽の, 特別の, 犬の, 狐の, 独裁権の, 獅子舞が, 王族張氏夫妻ならびに, 王羲之という, 現代文学の, 現在の, 現状どころか, 瑪瑙や, 生活には, 産で, 産まれと, 田舎芝居の, 男は, 町の, 画を, 留学生も, 留學生は, 疆域は, 百姓が, 皇帝から, 皿の, 目録といふ, 目録學には, 目録學家にも, 真似ばかり, 知事に, 知識人にも, 知識層は, 石刷が, 研究のみ, 磁器を, 社会に, 社会を, 社會の, 祖先崇拜は, 福州に, 秋日和を, 科擧に, 秦氏との, 穀紙, 空気が, 竜同然なる, 端艇を, 算書が, 算書中には, 算盤の, 米國各, 紀行と, 紙は, 結婚で, 統一と, 絵画に, 絹織物及び, 經籍だ, 織物のみ, 繪畫を, 美人の, 美術工藝の, 習俗大いに, 老学者, 而も, 聖人宮迦羅使者を, 肉体労働者が, 自然め日本の, 航海者が, 船舶のみ, 芝居とは, 芸者の, 若いインテリ層, 若い学者, 苦力で, 草を, 荷車と共に, 落葉, 葬式は, 薫香の, 蛇妖は, 血の, 街の, 衣裳を以て, 裁判所は, 複雑さを, 親屬, 言葉だ, 言語を, 註釋家に, 詩として, 詩は, 詩人などの, 詩文, 詩賦に, 話を, 説では, 論理を, 諸書, 諺を, 豆でも, 豪商の, 貴女が, 貿易港, 賛同が, 赤帽, 車ばかり, 車屋と, 軍談物の, 軍隊に, 辞書の, 農民や, 近代が, 近代史を, 通草一名木通に, 遊びについて, 過去現在將來に, 道徳と, 道路は, 郡を, 都市に, 里長の, 金石書類に, 銀行の, 鋭さに, 鎮魂は, 鐘から, 開港埠に, 開發は, 阿片戦争と, 附近に, 陝西省西安府城學習巷の, 陶器と, 隋といふ, 随筆小説を, 隠者の, 雜劇稗史小説等の, 青年で, 非常に, 革命に, 革命少女, 革新は, 音韻學の, 領事館から, 領地です, 風は, 風俗を, 風光を, 風流婦女子によって, 食事を, 餘風である, 首都河内の, 馬また, 馬車に, 骨董品として, 高僧で, 魔法です, 黄土を, 黄色の

▼ 支那~ (2122, 17.5%)

26 の間 15 のよう 1413 の中 11 の生活 10 の手, はその 9 が一人, だ, のボオイ, の顔 8 の, のボーイ, の女の子, の猜疑心 7 はそれ, や朝鮮人 6 だと, に對, のこと, の妥協性, の姿, の書いた, をし, を理解 5 がその, のそれ, のため, のやう, の召使, の如く, はこの, は決して

4 [13件] が, が世界, が立っ, である, と日本人, の家, の方, の法律, の記録, の詩, の頭, は一般, は日本

3 [45件] かね, がある, が人肉, が多い, が日本, だろう, てえ奴, です, ではない, との間, と接触, にとつて, のくせ, のもの, の人肉, の信仰, の労働者, の勢力, の博士, の大きな, の子孫, の店, の思想, の性格, の教師, の文弱, の目, の立場, の経営, の肩, の道徳感情, の道徳生活, の風俗, はみんな, はもう, はよく, は世界, は個人, は又, は概して, は自分, は餘, やインド人, をつれ, 同樣

2 [165件] か, から礼, があんまり, がまた, がむやみ, が両手, が何, が來, が六十銭, が噛みつく, が孔子, が文弱, が来, が殺した, が眼, が礼, が自分, が見, が覺, じゃない, だとて, だの, だらう, であつ, であるの, であろうが, ですら, でその, でなくても, でも日本人, でも朝鮮人, というの, という奴, といふもの, との交際, とダルトン, とフランス人, と二人, と云, と云う, と全く, と共同, と生まれた, ならいくらでも, にとつ, によつて發明, に比し, に逢, のうち, のこの, のみならず, のやる, のコツク, の一面, の事, の人, の人力車夫, の介抱, の作った, の使つた銀竹, の保守, の先天的性質, の兵隊, の医者, の古墳, の名前, の喧嘩, の國民性, の声, の変, の外, の多く, の大, の子供たち, の孝道, の客, の幇間, の後, の心理, の情人, の感化, の感情, の捕虜, の教育, の料理人, の曲芸, の末, の案内者, の気, の氣質, の泥棒, の洗濯屋, の爺, の片, の物, の特質, の用法, の留学生, の看護, の真似, の祖先崇拜, の群れ, の習慣, の考, の血, の観客, の覺醒, の言, の詩集, の車夫, の辮髮, の道徳觀念, の野蛮, の金満, の長所美點, の風俗習慣, の食人肉, の食人肉風習, の首, はあやしい, はかかる, はこれ, はまた, はニヤニヤ, は一人, は世界中, は人肉, は人買い, は何, は勿論, は北狄, は古く, は古代, は外, は大抵, は太古, は如何, は実に, は小, は平気, は悠々, は手ばやく, は文字, は日本語, は最も, は楫棒, は父兄, は祖先, は臭く, は若い, は荷物, は親, は金, は非常, も同一, やが皆私, や日本人, をよく, を了解, を介抱, を征服, を捕える, を理會, を相手, を研究

1 [1336件 抜粋] あつかいされたもの, あること, かあるいは, かというよう, かと思われた, かねロシヤ人, からあんまり, からきかされる, から受取つた所, から恐怖, から白い, から西湖, から遙, か日本人, があつまっ, があわれ, がいかに, がいる, がきよろきよろあたり, がさんざん, がしくじった, がそんな, がど, がはひつ, がひよつこり, がやってきた, がよき, がヨーロッパ, が一生食, が七八, が二人, が二十五万, が互に, が人種, が付けた, が何人, が作った, が使っ, が傳, が働い, が出, が利益, が北方, が十二禽, が口癖, が古昔, が名産物, が唸り死んじまうだろう, が國粹保存, が多く, が大切, が好き, が妙, が家猪, が宿, が巴里, が平和, が引っぱっ, が憎々し, が戰爭, が持っ, が支那人みずから, が料理書, が日本内地, が日本武術, が是, が来る, が歓迎, が死んだ, が気忙し, が汚い, が洗濯, が海, が渡来, が版圖外, が玉人, が生, が盛ん, が眼尻, が竿, が美代子さん, が考へた, が股倉, が臺灣, が英子さん, が蠻人, が評した, が誤っ, が越え, が逃げた, が邦人, が露西亜, が頓馬, が餘, が黄金時代, こそアジア人, すら神州陸沈, それから彼等, たる貴下, だけが這入る, だけに周囲, だったかも, だって人間, だな, だ恐ろしく, て奴, であったならもし, であり中, である事, である孔子, でしたか, ですハイ確, でそんな, ではあった, ではどう, でもさうです, でも之, でも感心, でも邪魔, で一人, で本国, で無く, で隊長, とが上, としか思えなかった, としての自覚, として假令西洋, とたつた, とてもそれ, とて人肉, となった, との合弁, との生活, とはあんまり, とは全く, とは気質的, とは違, とも判らない, とアメリカ人, とオランダ人, と一分, と交際, と個人的, と同, と寸分, と思ったら, と支那語, と来, と申しまする, と眼, と西洋人, と賭博, と違っ, と雖ども承認, と麻雀, なぞの行商人, などと同, などの記録, などをも手先, ならたいてい, ならば, なら彼, なり施寧, なんかありませんでした, なんかに頼む, にあらず, にいろ, にさえ, にそれ, にだってひとり, にち, にて施寧, にとってはあんな, にとっては印度, にとつて餘, になりきる, にはひ, には中, には受入れられ, には支那魂, には残忍性, にひけ, にもよく, にも分る, にも知られ, にも遺つ, に一弗半, に似合, に何, に内地人, に分, に化け, に取, に向け, に囑託, に売る, に宗教心, に対しても文化的方面, に対して親しみ, に対する優越感, に対する歓心, に尊敬, に恐怖, に扮, に持前, に日本, に案内, に歓待, に殺される, に比較, に物, に知らせなく, に聞いた, に肩, に見せたなら, に誇り得る, に譲つて, に遇, に開放, に関して起る, に頼ん, のいた, のいふ, のぐち, のしっぷちゃんロン・ウウ, のせわ, のはう, のほか, のみに限つて, のやつ, のストイシズム, のハイカラ, の一つ, の一団, の一生, の万有, の中学生, の二, の五味調和説, の人浚, の住家, の使う, の信者, の個人及社會生活, の傍, の優越感, の出し, の劉, の動かすべからざる, の博奕宿, の名人, の呉服行商人夫妻, の営ん, の團體的行動, の大切, の大陸的, の奴隷, の妥協癖, の娘, の子, の孝行, の學者, の宗教思想, の定論, の家屋, の對日感情, の尻馬, の居留地, の常套語, の幸福, の店員, の形式主義, の後裔, の心, の心持ち, の患者, の悲痛, の意見, の所信, の所謂喧嘩, の手入れ, の抗日思想, の掌面, の排英, の政治上, の教理, の数名, の料理法, の方遥, の旅館, の智的能力, の服装, の来る, の歌つたの, の死ぬ, の残虐さ, の民家, の氣骨, の洋画展覧会, の海軍, の滞, の無, の牛肉店, の玄關番, の理想, の生活形式, の男たち, の畫, の発明, の白雲頭, の相貌, の着, の祖先, の祭祖, の稲作, の精神生活, の細君, の繻子, の老婦, の考えかた, の職工, の背後, の脂肪, の自尊心, の舟, の船顔, の荷車, の著した, の著録, の行商, の製, の見物, の記事, の訳語, の試みた, の誤り, の誰, の買, の賣, の趣味, の身体, の車掌運転手, の運転手, の道徳観念, の酒場, の長い, の開ける, の険しい, の面目, の風, の馬車, の鮑吉, の鼻歌, はあれ, はいったい, はいや, はかう, はしかた, はすぐ, はすでに, はどれ, はまるで, はみんな臆病, はやつ, はコヂヤ, はパゴオド, はマッ裸, は一回, は一身, は不相, は中学生, は主として, は二人, は人, は他人, は何事, は作る, は依然, は元, は兎, は兩親, は初め邦人, は動坂, は南人, は反逆者, は古から, は古来, は唐, は善く, は單, は大, は奇, は如何程, は孔子樣, は學問, は実行, は尖った, は尾, は帳簿, は庭訓, は形式, は彼此, は徳性, は必ず, は怒った, は恩恵, は承知, は支那, は文弱的, は旧く, は時には, は暫く, は東坡肉, は横浜, は次, は此, は死後, は殺し, は氣宇濶達, は満足, は牛, は異族, は確か, は米国, は結局支那, は胡乱, は至って, は茜草, は蓄妾, は製紙法, は訛り, は警察, は贈物, は近世, は通訳, は酒, は頑固, は頻, は驚くべき, は黙然と, ばかりで, ばかりみ, ばっかりいた, へ話しかけた, ほど嘘つき, もここ, もまた, もハドルスキーさん, も何, も囘教, も夷狄, も本邦, も羊皮紙, も自白, も閉口, やわ, や大, や現代二, よりは少く, よりも劣つて, よりも遙, より重要, らしいのんき, らしい詠み方, らしかつ, らしく落ちつき, をつれた, をもつ, をやっつける, を乗せ, を使っ, を僕, を動かし, を取り囲ん, を同行, を多く, を實際的, を平均日, を惱, を手, を招き, を指さした, を捕虜, を斬った, を検, を毒殺, を私, を血祭り, を観察, を識, を賞め, を通じて我が, を銃殺, を除け, を驚かした, ノ移住者ガ取得スル所, 乃至日本人, 及び外國人, 多し, 殊に北京人

▼ 支那~ (689, 5.7%)

27 於て 15 關する 14 於ては 13 對し 6 於ける囘教, 於ても, 行はれた 5 傳來した, 遊んで 4 來た, 入り來, 於いて, 限つた

3 [11件] 來て, 出掛けて, 向つて, 布教し, 当てはめて, 於いては, 於いても, 派遣され, 滯在し, 興味を, 關し

2 [45件] あって, ある, いい伝統, して, つきて, 交通した, 似て, 住んで, 來る, 傳へ, 入つて, 出來, 參りました, 在る, 在住し, 對する, 就ても, 屬する, 布教した, 影響を, 往つてやる, 持つて, 於ける, 於けるこの, 於ける佛教, 於ける保護政治, 於ける傳教士, 於ける日, 於ける日本, 於ける日本人, 於ける米, 於ける諸, 流行した, 渡って, 滯在した, 生じたる文人趣味, 留學し, 移住し, 至っては, 行はれ, 起って, 輸入した, 鉄道網が, 雇はれ, 馬明生といふ

1 [453件] あったか, あったと, あったところ, あったほんとう, あらず, ありさ, ありたるが, ありては, ありました纐纈城, あり或いは, あり而, ある名前, ある天子さま, ある嶮, ある日本, ある活動小屋, いたもの, いた今, いらつし, いるの, いる同, いる間, いる頃, いろんな支那, おれば, お帰り, かうした習慣, きたの, この蠻風, こんな立派, こんな話, しても, すこぶる例, すこぶる多い, そして鉄砲渡来, その先駆, それが, そんな名, だつて関羽, とつて, とどまり支那人生活, なくして, なくたまたま, はか, はじまったもの, はたらきかけるについて, ひとりの, ゐて, ゐます, ゐるといふ, キリスト教が, 一わが国に, 一度も, 一般に, 一行といふ, 丁蘭といふ, 上古から, 不作が, 与へたもの, 乱入せん, 二三年も, 二種ある, 亡くなつた, 交通する, 人と, 人參といふ, 人身賣, 今日ある, 仕へて, 仕事を, 仙人や, 伝わり十二支, 伝われる胎教, 伝来した, 伝来せし, 似た行事, 何か, 何が, 何を, 作りだしたの, 來り, 來り仕へ, 來住した, 來往した, 來貢した, 例の, 侠客が, 倣うたの, 倣つて支那を, 傳は, 傳はつた, 傳はり支那人の, 傳はり支那人は, 傳へん爲め流沙葱嶺の, 傳來し, 傳播する, 傳道し, 優つて居た, 優越する, 入ったカシュミル国, 入った景教, 入つたもの, 入つて來, 入らんとして, 入りいたとは, 入りこんで, 入りさらに, 入り支那, 入り新, 入ると, 入れるも, 入港する, 其根柢, 出征兵士を, 出征当時行軍の, 出掛けること, 出掛けるには, 出掛けるより, 出掛け又は, 初めて資本主義, 到着し, 到着する, 劣らずインド, 劣らぬ強固, 勝る所以, 勝海舟が, 勸告を, 十八年と, 十年いた, 十數年間滯在した, 南泉という, 参ずるところ, 参りまして, 參つて居つ, 參つて居つた, 參つて布教を, 及ばない, 及ばんとして, 及ぼし支那, 取つた, 古く知れた, 古より, 古代から, 古來有勝, 古来虎多く, 向けられ又, 向つた將軍の, 向はる, 向はれた, 向はんと, 向ふ, 周処という, 嘉祥大師という, 四川等の, 國し, 在りて, 在住する, 在留した, 在留する, 埋蔵された, 境を, 売込んで, 多い, 大學, 夫婦が, 奉職せん, 始まつて, 孔子と, 孔子出で, 存した, 存したらしく, 存在する, 学んだが, 学術的研究の, 孫叔傲といふ, 學問を, 學術探, 宋と, 完全なる, 宗教が, 宗教なし, 宣教した, 將來された, 就て, 居た時, 居つた耶蘇會士, 居つた頃, 居て, 居らなくても, 居ります, 居り色々, 居住し, 属するは, 布教する, 帰って, 帰ってからの, 帰りて, 広いプロレタリアート, 弘布せられた, 張風という, 影響した, 往きたいという, 往けり後世これ, 往つた, 往來した, 往來する, 往来した, 従征し, 志を, 悪王, 成り立った考証学, 或は居留, 扶植する, 排日の, 接壌する, 接触する, 擔ぎ込むだ, 支へて, 支那人が, 政變の, 故土, 文天祥という, 文物を, 新しい医学, 新しい学問, 新たに, 於きまする革命, 於けるその, 於けるキリスト教宣教師達, 於ける上古, 於ける中世, 於ける中国人労働者, 於ける傳教, 於ける儒教, 於ける割勢者, 於ける割股行孝, 於ける加上説, 於ける印刷, 於ける印刷發展, 於ける参木, 於ける各国, 於ける囘教徒, 於ける國家, 於ける地理發見時代, 於ける天主教, 於ける天主教徒, 於ける孝道, 於ける学問, 於ける學問, 於ける學者, 於ける宗教, 於ける宦官, 於ける家族主義, 於ける實地教授, 於ける從來, 於ける忠, 於ける思想上, 於ける慈善病院, 於ける抗日問題, 於ける文化發展, 於ける最初, 於ける最後, 於ける東方文化事業委員會, 於ける欧米列強, 於ける此等, 於ける殊に, 於ける知識階級, 於ける祖先崇拜, 於ける神, 於ける禪宗, 於ける紙, 於ける羅針盤, 於ける陸路, 於ける鞦韆, 於てこそ, 於てしか, 於てすら, 於てのみ, 旅し, 既に在る, 日本の, 普通で, 服事する, 来たの, 来た博識耆域, 来るよう, 東漸し, 東漸する, 棉か, 棲んで, 極めて近い, 標, 次ぐ文化, 歸らう, 歸らぬ, 歸り, 歸化した, 歸化安居した, 歸着した, 残して, 求めざる可, 求めずとも, 沢山ある, 注ぎ込まれて, 注文し, 注文した, 派遣した, 派遣せられ, 流布する, 浸潤彌, 淵源の, 渡し支那, 渡ったペルシャ人アブ・ザイド・アル・ハッサン, 渡つたのが, 渡つていろいろ仕事を, 渡つてから, 渡つて貿易業を, 渡りあちこち, 渡りその, 渡り支那風, 渡り独得, 渡ること, 渡るに, 渡航された, 渡航した, 渡航する, 満ちおったらしい例, 潜在した, 無い事, 無い樹, 焦澹園, 猴を, 王栄老といふ, 現はれた, 現存し, 現存せる, 生えぬきの, 生れたかの, 生れて, 生命といふ, 生活し, 生活する, 産する, 由来の, 留まつて, 留仙の, 留學さるべき, 留學する, 発したもの, 発し支那, 発生した, 發した, 發達し, 盛んな, 着いてからも, 知られたの, 知られた倭人, 砲とどろきし, 神秀という, 祭祀礼楽と, 移したよう, 移り北方支那, 移住する, 移轉し, 移轉した, 絶望し, 縁の, 繁かり, 翻譯され, 自国統治の, 至りしとき日本人, 若し日本, 若し科擧, 行くと, 行く人, 行ける, 行ったこと, 行った友人, 行って, 行つたら, 行つていつしよ, 行つて居つた, 行つて漢字を, 行はんと, 行われて, 西洋の, 見えて, 見ること, 觀光した, 請託牽引の, 諫鼓また, 負けるだらう, 貴女の, 赴きて, 赴き僧伽梨幾領, 起つた諸, 起りしは, 起りしや, 起り支那, 起る, 起原せる, 足を, 跋扈する, 路上春を, 輸出し, 輸出した, 輸出する, 近いの, 近い邦, 近く又, 返して, 返せという, 迫つて旅順, 送つて, 逆輸入, 這入つた, 這入つたと, 這入つて參, 這入つて天主教, 通商した, 通商を, 進出させ, 進出した, 進出する, 遊びそれから, 遊びに, 遊び長江, 遊ぶ事十余年, 遊んだ翌年, 道徳無しと, 達するまでの, 遣は, 遣る必要, 都鳥が, 限つた風習では, 限らず古代, 限らず日本, 限りませぬ日本, 隆盛を, 離婚と, 頼んだ所二ヶ所, 題材を, 顔回という, 飛んで, 飛行機製作所を, 飜譯される, 飽き飽きして, 馮幼将という, 騷亂の, 鮫人の, 齎らした, 龍神祭祀あり, 龍陽の

▼ 支那では~ (298, 2.5%)

6 昔から 4 これを, 漢の

2 [16件] その國魂, 一般に, 之を, 北宋の, 古くから, 古代から, 古來男女, 周の, 天子の, 子が, 家を, 忠と, 日本の, 火と, 男女の, 親が

1 [252件] あまりに説かれ, ある州, かかる笑, こうして共産主義, この島, この漢字, この特別, この蛇, この都市, これが, ごく古く, さう, しばしば改暦, すくなくとも二千年前, すでに漢, そういうもの, そういう事情, その外, その葉汁, それより, た, ついに発現, ついに発達, ともかく日本, どうなっ, ないが, ほやほやの, また太い, また政治上, もう少し早い, アラビアを, イギリスが, ヨオロッパと, 一國一人を以て, 一年中の, 一族で, 一語に, 万里の, 三代の, 三国誌などを, 三年間は, 三年間も, 三皇の, 上古から, 上聲に, 不孝の, 事情如何によ, 云い得ない, 五刑は, 人ばかりか, 人神牛首の, 人間が, 人魚とも, 今尚, 代々歴史を, 伝を, 何と, 何んと, 余り希有, 傳は, 元代以後稀には, 元明の, 光緒三十三年香港の, 兎に, 兵卒と, 其の時分, 凶年に, 凶年の, 別種の, 前漢の, 前述の, 劉向の, 劫火などと, 労働の, 北京政府が, 北支那や, 南北朝の, 南宋から, 又もや晩唐, 古い時代, 古からあった, 古から軍人, 古く三月, 古く二十五家, 古く堯舜時代, 古く天, 古く秦, 古今殆ど孔明一人と, 古來, 古來土匪, 古來革命, 古来八月十五夜, 古来数学が, 古来算木が, 史家が, 司法官が, 同姓を, 同族の, 同治三年, 周から, 周時代から, 命がけの, 哀を, 唐の, 唐昭宗の, 唐時代から, 唯一根のみしか, 喪に, 國, 國の, 土匪が, 地方の, 多くの, 多くは, 多く竹, 大事な, 大切な, 大饑饉, 天台山の, 天子と, 天子を, 女が, 女の, 妾を, 姓を, 婦人の, 嫁が, 子としては, 字母の, 孝が, 孝義或は, 孟子の, 宋, 宋元, 官吏は, 家族が, 家族の, 實際よく, 寧ろ普通, 専ら作っ, 将来の, 小麦が, 山の, 帝王学という, 師匠を, 席を, 平民發展時代が, 度量衡の, 律学博士という, 後くも周時代, 後に, 後世でも, 御馳走として, 忠孝とは, 戰國の, 政治の, 政治組織は, 教師の, 文章は, 方技之が, 既に北宋, 既に雪, 既婚の, 日常の, 日本國王の, 明朝の, 明末から, 春の, 春秋戰國以來學問が, 時々地方, 景淨と, 曾て, 木王と, 李白や, 東南澤國とも, 東晋の, 棣棠, 極めて頻々, 檀那なる, 此の, 歴代の, 歴史の, 民事の, 決して稀有, 法律上でも, 法律上は, 法律上女の, 流行し, 流賊, 海外は, 漢字が, 漢時代から, 漢民族の, 漢魂洋才で, 熊が, 特に甚だしい, 特産の, 狐でも, 狐という, 狸の, 猫を, 生活が, 生活の, 男女相識の, 療病の, 癆とかいう, 知識階級の, 神仙怪異の, 秦漢以前の, 秦漢時代若く, 税がか, 稲槎菜である, 穀物の, 立派に, 第一流, 算木使用の, 算盤は, 結婚は, 纏足が, 罪人が, 羅又は, 臘月に, 菘藍を, 葡萄の, 蒼頡が, 蓋し免れ, 蘆筍と, 行はれた, 袁世凱が, 製造業者の, 西暦十一世紀の, 見られなかった特殊, 親に, 親を, 親子の, 趙孝趙禮の, 通例古, 鉤藤と, 陸路の, 隋の, 隨分古く, 離縁しなけれ, 非常に, 韓方明の, 頻繁に, 餘り, 餘程古代史上の, 香港漢口北京という, 馬肉や, 髮厄又は, 鴇を, 鶏を

▼ 支那から~ (251, 2.1%)

9 来たもの 7 輸入された 6 渡来した, 輸入した 5 伝わったもの, 帰って 4 来たの, 渡って 3 傳來した, 持つて, 日本に, 輸入され

2 [14件] おもしろい器物, 伝わったの, 來た, 傳へ, 入って, 出て, 帰った人, 我邦に, 持って, 来た大, 来た獅子舞, 来て, 渡ったもの, 獲得した

1 [165件] いうと, いかなる海外, うけ入れたもの, きたという, きた珍しい, くる呉服商人, この京都, して, たくさんの, でありまして, とり入れた文物, はいって, やって来た天才的, ようやく買っ, わが中, サラセン國へ, フランスに, ポルトガルから, マカオを, 亜米利加の, 仕入れたと, 仕入れたん, 仕入れた呉絽, 仕入れた織物, 伝えたこと, 伝えたその, 伝えた者, 伝えた還城楽, 伝えて, 伝えられたもの, 伝わったそのまま, 伝わった事, 伝わった弾き方, 伝わった数学, 伝わった漢詩, 伝わった算盤, 伝わった術語, 伝わり日本, 伝来し, 伝来した, 何千里も, 俳優を, 借りて, 傳つたが, 傳へられ, 入たゆ, 入った俗説, 入った陰陽道, 入つたの, 出るもの, 勃興し, 北濠州まで, 南洋へ, 南海に, 南移した, 印度洋を, 取り寄せるの, 取寄せた奴, 受取つた國王の, 変った種類, 多量に, 大なる借, 大英博物館, 天ぷら, 天子又は, 如何なる書, 始まつた樣, 学ばれた知識, 学び支那, 学ぶの, 学ぶべきもの, 学んだか, 宣教師の, 帯同した, 帰った友達, 帰ってから, 帰つた秋田は, 帰つて参ります, 帰国する, 帰朝された, 帰朝する, 帰還し, 常に學術上, 影響を, 御將來, 手を, 技法が, 持ち來, 持ち帰った逸品, 持ち越した通俗道教, 排斥せられる, 数人の, 文字が, 文字を, 新しい衣, 日本へ, 日本へまで, 早く渡りました, 朝鮮から, 朝鮮日本という, 来たせい, 来たと, 来たよう, 来た古い, 来た呉茱萸, 来た有名, 来た物, 来た者, 来た菜, 来た落葉灌木, 来るの, 来るもの, 東漸した, 椿の, 欧州への, 歐洲への, 歸つ, 歸つて中西屋に, 歸られ, 段々澤山, 法を, 泳いで, 派遣せられた, 流れ来たもの, 海外に, 渡ったよう, 渡った処, 渡った竹, 渡った薬壺, 渡った貧しい, 渡つた石材を, 渡つた銅器がらす, 渡つてきた, 渡り新しき, 渡り来った, 渡来いたしました, 特に選ばれ, 現金で, 直に取寄せられる, 直接に, 禅僧などが, 移された風, 米穀の, 細君と, 舶載され, 舶載した, 船で, 茲に, 茶を, 西は, 西域の, 見たって, 見て, 買入れたの, 輸入せられた, 逆輸入, 進んだ文明, 道教の, 金屬の, 鐵の, 鑄造錢を, 長い間, 除去されないだろう, 離れて, 靴を

▼ 支那~ (209, 1.7%)

5 出來 4 發明された 3 云ふ 2 あつた, これを, 日本人と, 濃紫色を, 相當, 紙が, 西洋の, 過した経験, 金を, 鼠を

1 [177件] いうから, いうの, いう大, いう聘金, いう鮑魚神同然, いったもの, いふ荒服, いへば, いわゆる冬瓜蛇, いわゆる獣, おいしい所謂支那料理, かれこれ云, こしらえ支那, この制度, この夏殷周, この次に, しかく重要, すらその, せう, そういうの, その存在, できたもの, とにかく一つ, どういふ, どれ程, なにを, はね乞食, もさうであるが, やや大, イヴル・アイを, ヤモリを, 一月七日に, 七日とか, 上子日に, 上茅と, 之を, 亡くなったの, 亢宿を, 人肉を, 仏法の, 仕事を, 仙といふ, 会った人々, 伝道し, 何か, 何を, 佛教を, 作られたもの, 作者を, 僧侶は, 元板, 八年も, 公に, 六圓に, 其の當時, 出来た, 出来る綿, 出来る綿花, 出来る蟠桃, 古く蛟, 古く馬, 同じく僧殘罪, 同時に孝道, 唐昭宗の, 四聲と, 國粹保存など, 地鼠本邦で, 売る方, 外国人の, 多く造られたであろう, 大きくやっ, 大砲を, 大食國など, 天と, 天子の, 女根を, 姑獲, 宣教を, 實行され, 實行された, 将軍出征に, 布教を, 幾度か, 廣めた, 建設的な, 応竜を, 性に対して, 感染した, 戦争が, 戦争の, 戦争を, 新名詞, 日の, 早くから開平開立, 昔から, 普通に, 書法を, 最も多い, 最初に, 有名な, 東夷と, 栽培し, 棋道の, 正史として, 段々洋式, 汽車と, 洋海に, 活版を, 漢の, 漢訳した, 烏を, 獣中の, 珍らしがられ, 現にこの, 現在傳は, 理想の, 産れ, 申しますが, 申しまする安息國, 畜類のみか, 発育し, 発見された, 発達した, 發明せられ, 發達した, 白頭翁日本でも, 目録學の, 禁止された, 立派な, 竜と, 竜骨という, 第一等, 紙を, 紫草と, 線香を, 羊は, 羔子と, 興しに, 良い織物, 蔬として, 虎を, 虎豹を, 蜥蜴を, 蟒を, 行はれた, 行われた命名法, 行われた通り, 行われわが国, 製造された, 見ざる方面, 見た少尉, 見られる万事, 見出すこと, 言うた事, 謂ふところの, 起り仏法婆羅門混淆, 足を, 跳兎一名蹶, 遊んだ頃, 遠西諸, 野猪を, 開版に, 閔子騫が, 闕け, 青華, 面子と, 面白からぬ, 音譯した, 馬と, 馬に, 馬の, 鬼が, 鶏を以て, 麒麟は, 黄雀という, 黒竜と, 鼠麹草という

▼ 支那~ (200, 1.6%)

3 で何, に堪能, の教師, の発音, の言語学的研究, を学ん

2 [21件] で, である, で呶, で言っ, と日本語, と露西亜語, に翻訳, に訳し, に通じ, の出来る, の叫喚, の通訳, の音, を修めた, を勉強, を学ぶ, を教え, を知つて, を知らない, を習, を話す

1 [140件] がうま, ができる, が不十分, が分からなかった, が分らない, が殆, が話せない, が通じた, すなわち宋音, だ, だか, だけは熱心, だつた, だと, でвсе, であ, でありますから, であること, でいった, できく, でことわり, ですから, でなく古代, では, では紫丁香, では風信子, でもちろん, でやった, で云った, で何とか, で全, で叫んだ, で問答, で喋り, で書いたらしく, で注意, で直ぐ, で笑い, で覚え, で言い争っ, で話され, で話しかけた, で酔どれ, とが発韻, とすこし, との合子, との言語, とは尋常以, とを軽視, と一緒くた, と共に把頭, と多少, と支那思想, と比べ, におけるごとき, にさ, にて何とか, になっ, にも接し, によく, に似, に全く, に對, に移され, に精通, に訳出, に譯, に通ずる, のこと, のほか, のやさしい, のよう, の一二三, の借用, の児童読物, の出来ない, の口, の叫び声, の合の子みたい, の唄, の四聲, の声, の好, の字典, の学生, の學習, の性質, の教授, の教授法, の文, の文法, の本, の歌, の歴史的変遷, の漢字, の片言, の看板, の研究, の稽古, の稽古かたがた二三度, の罵る, の著述, の訳, の話, の話し声, の課目, の通辞, の達者, はわからない, は充分, は勿論, は古代, は早口, は極めて, ばかりで叫んだ, もちょいちょい, も可, も発音, も馬来語, をくりかえし, をごちゃごちゃ, をちっとも, をもの, をも善く, をよく, を使っ, を四つ, を学び, を学んだ, を學び, を心得た, を教えた, を教わっ, を片語, を用, を知らなかった, を覚, を解さない, を馬鹿, 又は支那語訳

▼ 支那料理~ (198, 1.6%)

12 を食 5 食って 3 をたべ, を食べ

2 [11件] が非常, だから, にある, の, のこと, の出来損, の原則, の話, をとっ, を御馳走, を食った

1 [153件] か, がおいし, が出来上ります, が在る, が好き, が食, が食っ, くって, くらい奢ります, それから祇園, たんまり出, だ, だが, だと, だの, だろう, だろうと, てもの, でいつ, です, でたっぷり, ではある, では中華, では乾飯稀飯, では天華クラブ, でまだ, でも品数, でも構め, でも食, でも食べ, で二十銭, で満腹, で珍重, で親しく, ということ, といったら, としては上々, とって, とは趣, とは違う, とタバコ, と一, と全員一堂, などの目貫, などをごちそう, なら一卓三十円, なら好んで, なるもの, なんて申します, にこしらえ, にする, についてなかなか, になっ, になどまねく, にもあらず, に傚, に於, に比べれ, に限られ, に飛ぶ, のおいしい, のさっぱり, のつもり, のほか, のよう, のコック, のシュウマイ, のワンタン, の一品, の一遍, の三十六碗, の中, の事, の会楽園, の判る, の味, の夜食, の夢, の如き, の幸華, の店, の御, の御馳走, の折詰, の本式, の某楼, の燕巣湯, の白菜羹汁, の皿, の紅焼鯉, の胃, の腕前, の草分け, の豊竜, の赤い, の長, の食器, の饗応, の馳走, の鯉, はい, はかなり, はどう, はなおさら, は一日, は五十番, は他, は何処, は全部, は女将, は嫌ひだ, は支那料理, は最も, は駄目, へかけ込んだ, へとび込んだら, へゆく, へ入ったら, へ招待, へ行く, めいたもの, も鯉, やが出来, やったら普通, やになっ, やねんけど, よ, よひ, よりも私, らしくない, をよばれる, を出される, を喫い, を奢っ, を好む, を専ら, を採る, を日本人, を造っ, を食いたい, を食つた場合, を食べた, を食べられたら, を食べる, を饗応, を馳走, 凝ったアイスクリーム, 変って, 持って, 時には何, 食った, 食べるため, 食べ乍ら

▼ 支那~ (193, 1.6%)

2 [12件] おそらく長い, さすがに, まだ中国政府, 僅に, 古來革命, 外国販売用の, 家族主義の, 日本の, 生存し得る, 男尊女卑の, 革命の, 食料品は

1 [169件] あ, ああいう打ちつづく, ああ云, あの通り尨大, いまこの, お蔭で, この三百年, この前科者, この問題, こまる, さうでは, しばらく措き, そのため, そのむき出し, その建国, その間終始, ちが, どうか, どうです, どうなる, どこから, なほ我々を, むやみに, もとより巨大, やすくて, やっぱり神戸がい, わが國, エライ国だ, キスラー, ヒリツピンと, 不可解だ, 世界中で, 世界文化の, 乾隆の, 二千餘年の, 二年に, 云ふ, 人心腐敗し, 人民の, 今あらゆる, 今申す, 今百余の, 他の, 代表者を, 住み心地, 何ものをも, 佛教國と, 儒教の, 全然無, 八百五十萬戸明の, 六百七十萬戸を, 共和に, 其の最も, 其頃唐の, 再遊, 前代の, 加工輸出地であります, 動乱の, 勝つ, 勢ひ, 勿論或は, 南朝と, 印度の, 却つてその, 古來, 古來君主專制, 古来自ら中国, 同姓不, 名実ともに, 周代から, 國が, 地勢上猪まで, 城下の, 塞外種族の, 境域が, 大きな国, 大国である, 大堕落, 天子蒙塵の, 女不足の, 始めて, 孝道第, 宦官の, 家族制度第, 封建で, 常に不安定, 平和に, 廣い, 張作霖の, 強くなりすぎる, 彼の, 彼等の, 往古から, 御承知, 必ずしもさうで, 性に, 慄然と, 我國の, 戦乱の, 所謂文字の, 揚子江黄河の, 擾亂を, 支那だ, 支那に, 支那の, 支那人の, 數千年の, 文など, 文化古く, 料理の, 既に云, 日の, 日本と, 日本に, 日本人の, 日清戰役の, 早くから西洋, 昔から, 昔より, 春秋戰國時代に, 曾遊の, 最も貧民, 最早明, 最早明白, 本来望む, 東亞の, 東洋では, 此等學生の, 殆ど何等, 殊に唐時代, 比較的に, 気に, 永く科擧, 永遠に, 決して一遍, 決して孤立, 決して料理, 決して滅亡, 爆竹の, 理解出来ぬ, 甲姓の, 男系相續です, 眠れり而, 石が, 礼のみ, 礼儀芸術の, 禮儀第, 稍, 約一百萬戸, 紛亂を, 色絵において, 英国を, 茲に, 蠻夷の, 観光客の, 詩の, 詰らない印度, 謎の, 遂に救うべからず, 道教の, 遺憾ながら, 遼, 醸造所が, 隣国から, 隨分諸, 餘程便利であります, 饑饉が, 香港を, 鴉片を

▼ 支那~ (180, 1.5%)

6 研究する 4 占領し 3 して

2 [14件] おもふ, 中心と, 中心として, 壓した, 学んで, 旅行し, 理解する, 盛んに, 知ると, 経て, 統一し, 統一した, 經て, 諸蕃傳

1 [139件] おさめると, おもへば, けしかけて, この度, どうかしたい, どうして立て, ひっくるめての, ひとたびは, よくする, よく残し, クレと, 一層難解, 享楽し, 介して, 他の, 他より, 仰で上國, 作るの, 侮辱した, 儒教の, 儒教國であり, 其儘見る, 写したりと, 切随え, 加へ, 助けなかった反動, 助る, 十分に, 占領した, 占領する, 去つた年, 取つた時分, 取るため, 叩きつける役, 含む意味, 呑む延, 呼んだ名称, 墳墓の, 外國人が, 大國と, 如何に, 始め東洋諸, 學術的研究の, 宗主と, 對象と, 導く意味, 少しでも, 崇んで, 弾圧し, 征服し, 征服せし, 征服せる, 復興する, 必ず自壊, 忠實に, 愛さない, 手本として, 拓いた漢民族, 持って, 指して, 指す言葉, 指導奬勵しよう, 掩葢する, 描いたこと, 描いた作品, 操る綱, 擧げて, 支配した, 支配する, 攻究する, 旅行した, 旅行する, 日本よりも, 日没処と, 朝鮮に, 本場と, 根據地として, 極めて自分, 歩いて, 歩きましたが, 浸潤し, 滅ぼすもの, 潛つて來て, 犯し香港島, 現代化する, 理解し, 發船する, 相手の, 眺め樣, 知らせるや, 知らなかったこと, 知らなければ, 知り度, 知るため, 知るには, 知る事, 知る便宜, 研究し, 研究した, 研究の, 窺い四百余州, 笑う事, 紹介する, 統一し得た, 統一する, 縦横する, 考えること, 考へるとき, 聯想する, 脅迫し, 脱け, 舞台に, 衰へ, 見た時, 見て, 見よ印度, 見ること, 見ると, 見ろ, 見限つて北方支那, 視るから, 視察に, 觀光し, 解する事, 解釋する, 解釋せよう, 誰にも, 諸蕃扱, 識り, 讃美し, 負かした日本, 買被, 越ゆる, 通って, 通つて來た, 除いては, 除けば, 食い物に, 黄禍の

▼ 支那~ (160, 1.3%)

11 を着, を着た 3 の山崎, を纒

2 [12件] ともつかない, のまま, の商人, の女, の手, の白髪, の袖, も黒眼鏡, をまとい, を着け, を着せられた, を著

1 [108件] がいかにも, がいなくなった, がうっとり, がお, がこう, がその, がのっそり, が左官, が投げ込んだ, が濡板, が皮肉, が短刀, が砂, が罵り返, が野犬, だが, だろう沓, で, であった, でした, ですがな, でない白い, でも中津, で三味線, で怪しげ, で祭壇, とがもつれ合っ, と向い合っ, と蒙, と違っ, と髪, と黒眼鏡, なぞ着, ならいい, なんか着, にて現, にも似, に改める, に耳, に著, に西洋風, に近い, のあちこち, のあの, のし返しじゃ, のまた, のよう, のよく, のタゴール爺さん, の一件, の中津, の主人, の人, の似合った, の使い動かす, の北原白秋, の和製タゴールさん, の商人風, の大, の大きな, の師匠, の彼女, の徐和, の支那, の洗濯物, の男, の白髯, の短刀, の立派さ, の著心地, の襟元, の言った, の青年, の頑健そのもの, の麗人, は東洋風, は筋張った, は返さね, は野良犬, は雑作, ももっ, や支那織, をき, をきた, をつけ, をまとっ, をまとひ, を一着, を借り, を召されたら, を忘れ, を持つとる, を照す, を着こん, を着せました, を着たる, を着てない, を着ぶくれた, を着流し, を着用, を纏い, を纏っ, を背広, を脱がなかった, を見る, 古い型, 着て, 着るの

▼ 支那~ (141, 1.2%)

6 行って 4 旅行する 3 來た 2 いくの, 往って, 来たと, 来ても, 注文し, 突然出立, 行くと, 行くん, 赴かれてからも, 輸出する

1 [108件] いくん, いって, お行きやす, どうしても行つて, なにを, やってくる爺さん, ゆくこと, ゆく人, よんで, わたりたいと, 二ヶ月の, 伝えたから, 來られた, 來る, 侵入し, 傳來し, 働き掛ける或, 入つて來, 入りこみほとんど, 入りこんだもの, 兵隊に, 出かけた留守, 出かけるの, 出かける前, 出掛けて, 出發, 出立し, 向けて, 売りこもうとして, 売り込む海参, 夥しい投資, 大江惟時を, 奇港した, 奔放自由な, 始めて, 帰った, 帰ったなんて, 帰ったん, 帰つて死ぬ, 往きましてね, 往ねば, 往來する, 戦争に, 打寄せた密教, 押入る時, 持つて, 文化を, 旅立しよう, 来たからには, 来た天竺三蔵法師康僧会, 来ては, 派遣された, 派遣せられ, 流れ込んだまま, 渡った人, 渡っても, 渡つて來た, 渡つて稽古を, 渡らずとも, 渡らんと, 渡りたいという, 渡り彼我, 渡り短期間滞在, 渡るでせう, 渡るん, 渡れ鴉, 渡航する, 滿二年間留學いたした, 留学されました, 留学し, 留學し, 留學せらるる, 眼を, 移住し, 舞い戻ったとも, 舶来その後日本へも, 落ちのびて, 行きわたるの, 行き度, 行くといふ, 行くまだ, 行くより, 行く前, 行く大路, 行く言ふん, 行く道, 行こうと, 行った, 行ったの, 行った友人, 行っても, 行つ, 行つて偉く, 行つて梵語なり, 行つて通な, 西暦紀元五百二十年に, 貢進し, 輸出される, 輸出し, 返さねば, 遊びに, 遊んだこと, 遊んだ時, 遠航, 遣唐使留學生を, 還つたが, 還附すべく理不尽, 鞦韆が

▼ 支那~ (117, 1.0%)

7 日本の 6 日本との 3 交通する, 交通を 2 さかいの, 云ふ, 交通し, 同じやう, 同樣, 日本とで, 日本とに, 関係の

1 [82件] いえども, いへども, いわゆる西洋, うまく合, こんなこと, そうして日本, その近傍諸国, なつて, なると, アメリカ, アラビアの, シベリアへ, ヂパング, フランスとの, ロシアは, 云うの, 云う国籍, 云えば, 云へども, 交易し, 佛國との, 北支那との, 北支那の, 南支那と, 南支那との, 南海諸, 印度との, 印度とは, 印度とを, 印度の, 反目し, 同じく往々観賞, 同じく極めて廣, 同じく竜蛇, 同じこと, 同じ轍, 同様である, 同様に, 同様日本も, 同系統, 大分生活の, 大食との, 夷狄と, 密接な, 對等の, 思はれる地方, 懸離れて, 我国と, 我国との, 我國とは, 戦うて, 戦って, 戦ひ露西亜, 戦争が, 戰ひ, 提携し, 日本が, 日本と, 日本とは, 日本とを, 日本は, 日本を, 日本人の, 日本朝鮮との, 朝鮮とに, 朝鮮沖で, 朝鮮等を, 東西相対する, 比較し, 渡り歩いて, 特別の, 異なって, 相對立, 草野に, 薩摩を, 西方との, 西洋諸, 西班牙とは, 貿易を, 通交し, 過ぎて, 露西亜の

▼ 支那~ (117, 1.0%)

3 なの, の人物 2 のもの, の卓, の四角, の字面, の建物, の朱塗, の石橋, を真似た

1 [95件] が好き, であった, である, であるのに, ではない, でもある, でもなし, で紋様, で見た, と仏教其, な伽藍, な何, な好み, な御, な桃色, な気, な濃い, な瑪瑙, な胴着, にこなされ, にし, にそれ, になっ, に劉栄正, に太郎, に彩色, に扮, に精通, に蘇州百貨公司, に見える, に言, に赤, に重苦しい, に髪, の, のこと, のこの, のわげ, のガラス絵, のシャウ鶏, の七歳男女, の不思議, の五色, の亭, の人, の仗人, の住宅, の化粧, の南京玉, の四角型, の国家観念, の土塀, の墨絵, の大きな, の天井, の女性, の好ましい, の学問, の宮殿, の家, の小童, の影響, の快, の扉, の料理, の暗い, の木靴, の椅子, の毛氈, の気韻, の水盤, の目録, の目録學, の紅い, の紙, の繪, の美, の美人, の美貌, の翡翠色, の脩身学, の臣屋臨御, の色彩, の蚊帳, の街なみ, の角ばった, の設備, の趣, の部屋, の金看板, の鉢, の銅鑼, の鳥籠, を思ひ出させず, を模倣

▼ 支那には~ (100, 0.8%)

2 古い言葉, 古より

1 [96件] ありません, あるけれども, いって, いま余裕も, かかる時代, この景教碑, この竹三郎, これと, これに, そうした事実, その儘行, ない, ない太政大臣, なくな, なくなって, ひりますと, また從來石刷, まだ人物, むかないよし, もっと支那, アルと, 一つも, 丁度今, 中, 之に, 人が, 他媽的, 何か, 何ものをも, 佚し, 佛教も, 佛教以外に, 來なかつた, 全く跡, 全部を, 其の時, 別の, 古く, 古くから, 古く子, 古く常, 古人の, 古來南北, 古來飢饉, 喪が, 嚴密の, 地方によ, 地方官の, 大祀, 妙な, 宗教無し, 宮掖閨閤の, 市ごとに, 当然行われ, 律宗の, 御承知, 排日反, 日本の, 昔から, 昔の, 春秋時代呉王闔閭の, 木が, 果実の, 歴代の, 民意なし, 氣の, 汽車は, 海鼠が, 澤山あ, 無かつ, 無数と, 王羲之など, 珍らしい, 現に李儼, 生じなかったもの, 用例は, 當時流布し, 神農様という, 素より認められず, 絶えず野蠻, 編磬の, 色々と, 虎に, 親殺しの, 赤裸の, 起居注の, 通用しない, 進歩が, 長く渡っ, 隣室の, 隨分多く, 隨分婦人の, 雲南に, 韓方明の, 飽き厭きして, 魚妖の

▼ 支那でも~ (92, 0.8%)

3 同じこと 2 周の, 宋の, 日本でも, 昔は

1 [81件] いう, いろ, ここでも, この商売, この問題, この物, そのまま通り, ない一種混雑, なく印度, なく日本, なければ, 七百年前の, 上下数千年の, 云ふ, 他の, 全く驚いた, 兵器の, 其の通り, 初至, 十二禽と, 南宋の, 南船北馬と, 印度から, 印度でも, 原始時代は, 古く黄帝, 君子は, 唐の, 唐以前は, 国宝中の, 地下に, 地方, 地陥り, 壻が, 好んで, 子に, 宰相が, 寺院に, 從來使は, 政界の, 数学と, 數代相續した, 文芸の, 斉の, 日本の, 日本を, 明の, 時鳥を, 最も氣宇廣大, 朝鮮でも, 東晋の, 沙室でも, 河童という, 浄土の, 湖南あたりにしか, 無論殊にあゝ, 無識, 燕太子丹秦に, 珍しく清潔法, 珍らしかろう, 田舎へは, 當初辮髮反, 発売禁止と, 盂蘭盆に, 盛んに, 眞の, 秤は, 竜の, 第三者として, 葡萄は, 蚯蚓の, 蛇を, 蛟が, 西洋でも, 詩經は, 資本家は, 近世に, 酸漿という, 野人が, 雲南の, 顏を

▼ 支那~ (91, 0.7%)

10 日本の, 朝鮮の 8 印度の 3 インドの, 日本に 2 インドを, 印度との, 印度や, 朝鮮から, 朝鮮では, 朝鮮に

1 [45件] きの六角火鉢と, きの硯屏の, きもの界の, その他の, わが邦, アメリカを, インドで, インドに, インド及び, エジプトや, シベリア等寒地に, フィリッピンで, フイリツピン人の, フランスで, フランスなどの, ペルシアや, ヨーロッパに, 上海附近の, 中央亜細亜の, 中央亞細亞などで, 印度と, 印度とは, 印度などから, 印度に, 印度も, 和蘭とも, 土耳古の, 外国の, 後インド, 我邦の, 支那の, 日本で, 日本について, 朝鮮と, 朝鮮などの, 朝鮮なら, 朝鮮における, 朝鮮にも, 朝鮮や, 満洲, 滿洲へ, 滿洲三界まで, 西洋では, 西洋には, 黒竜州に

▼ 支那にも~ (82, 0.7%)

3 あって, あるから 2 あり, ある, 同様の, 既にこの, 日本にも, 西洋にも

1 [64件] あったこと, あつた, ありて, ありますが, あるかしらん, あれど, あれば, お代官, この風潮, これと, これに, これ以後長編だけを, ございました, そういう本質的, その例, どこにも, なくな, なく西洋, まだインターナショナル, もはや断簡零墨, ペルシャにも, 一種全身鼠色で, 之を, 今日の, 似た事, 何か, 傳はり又, 僅に, 僧など, 分布し, 前に, 北魏孝荘帝の, 千疋猴あった, 古くから, 古く舊石器時代, 古く詛言, 夙くあっ, 大きなの, 往昔より, 我国にも, 新しい女, 日本に, 日本の, 明るかった, 昔から, 昔の, 昔流行病と, 朝鮮にも, 李徳祐陸羽蒲元など, 果下馬双, 欧州にも, 此に, 歴史が, 無いと, 白米城の, 神様が, 稀には, 蕨の, 行は, 親殺し事件, 身後の, 非凡の, 飛べば, 鶏に

▼ 支那~ (82, 0.7%)

2 が倒れ, だった, とは限らない, の介抱, の屍体, よりゃよっぽど

1 [70件] か騒動, がこの, がその, が一人きり, が侵入, が女郎屋街, が将校, が幾人, が弁当, が悉く, が昼間闖入, が河馬, が無数, が蒙, が逃げ腰, だ, だけで, だの, とが些細, との群集, との間, と一緒, と同じく, と大, と対峙, と私, と賭博, にし, に扮する, に銃殺, のなか, のやつ, のカクシ, の一隊, の万一, の乱暴, の劒銃, の家, の小屋, の所行, の構築, の死傷者一万人, の死骸, の猛, の癖, の肉弾, の腰, の辮髮, の遺棄, の鉄砲, の青龍刀, はそれ, は一時, は二人, は到る, は女学生, は彼等, は徹底的, は意地, は生前, も強い, も沙, やちょんぎられた, わしる蒙, をもつ, を思い出し, を撃退, を斬り殺した, ヲ, ヲ殺

▼ 支那文化~ (73, 0.6%)

6 の研究 3 の中樞 2 の傳來, の再, の刺激, の影響

1 [56件] がこの, が儒教, が及びいた, が最初, が部落的生活, であつ, とに対する徹底的, と新, によつて日本文化, に則る, に反, に対してともかく, に対して加える, に対する批判, に影響, に洗練, に直接, のお, のとけ合った, の世界, の今日, の伝来, の匂ひも, の及んだ, の外, の學術的研究, の性質, の感化, の日本, の智識的, の末流, の根原, の正統, の特殊, の特長, の眞價, の種子, の衣, の起源, の輸入, の養分, は一段劣, は世間, は即ち, は大正, は日本民族, をとりいれ, を受けた, を同化, を学術的, を採つ, を明, を會得, を理解, を知らなけれ, を輸入

▼ 支那~ (56, 0.5%)

1 [56件] かくまで, ここを, しばしば眺められる, そうでない, どう出る, どんな事, ほんとに國民的, まだ清国, まだ鹿, よいと, アラビヤの, クレすなわち, 世界の, 世界一だ, 中國, 云わば, 代表的な, 依然無得点, 傍近の, 入って, 前者タル理由ニヨリテ後者タル自, 千有餘年以前より, 南京を, 印度の, 印度又は, 受けて, 受取る対価, 含まれて, 四十弗で, 外国と, 存在しなかった, 家元である, 小児を, 憎いので, 支那自身の, 文化の, 日本と, 日本に, 本家だ, 東西洋の, 欧米に, 残って, 源で, 無二, 爾後三百年間殺伐野蠻な, 犬の, 當時文化の, 発達し居る, 皇軍の, 第一, 米穀の, 記念しよう, 負けたから, 負けること, 開祖で, 餘程著しい

▼ 支那~ (54, 0.4%)

7 の使命 2 が支那, というの, という名, の研究, は進ん

1 [37件] からで, がおのずから, が上, が日本, が発達, というもの, という称呼, とかいっ, と称する, においては日本, においてもまた, にかかる, についてはその, に上, に対する日本, のさしあたっ, のその, の全体, の内藤湖南, の力, の古流, の大, の教授, の方, の現在, の発達, の第, はそれ, は儒教, は単に, は提供, もまた, をうちたてる, をそこ, を支那, を盛, を進め

▼ 支那との~ (50, 0.4%)

4 交通は 3 間に 2 交通が, 交通の, 関係を

1 [37件] 一二の, 両様式, 交通を, 位置は, 公の, 原産である, 原産灌木で, 国境を, 國境にも, 國際關係頗る, 境の, 実際上, 強弱の, 往復に, 往来が, 戸數の, 戸數を, 文化が, 文化に, 文化上の, 文化日本人と, 文学的交渉の, 比較については, 直接契約が, 貿易が, 貿易と, 貿易に, 貿易は, 通商が, 通商の, 通商上若しくは, 間には, 間にも, 関係と, 関係は, 関係よりも, 關係が

▼ 支那大陸~ (45, 0.4%)

2 に渡っ

1 [43件] から持ちこまれた, かブラジル, だけとかいうの, である, で天台大師, との交通, における日本, にし, に及び, に張られた, に於, に於ける, に渡ろう, に相, に行った, のいわゆる, の一番東端, の九竜, の九竜半島, の偉, の優秀, の天然現象, の奥曲輪, の妖しい, の広, の文化, の文學, の文物, の曠野, の間, の雰囲気, はついに, はては極東, は曠漠, へおろされ, への発展, へ一直線, まで唐, より東經二十五度, より歐洲, を生かし, 及び南方, 広しと

▼ 支那事変~ (44, 0.4%)

2 の初頭

1 [42件] がはじまっ, がはじまった, が勃発, が始, が漸く, が起こっ, が起っ, が起った, が起り, が遂に, だけの頃, で名誉, で急, で某, について, になり, に五十, に先立つ, に変更, に対しこの, に対する英国, に於, に於ける, に理念的基礎, に鑑み, に際して参拝者, のつい, の影響, の発展次第, の複雑, の起つた, の進展, の進展中, はああ, はまだ, や大東亞戰爭, や関西風水害, を解決, を迎えた, を通じ, を非常時, 及び第

▼ 支那~ (39, 0.3%)

5 の講座 2 の歴史, を研究

1 [30件] が佛國, が最も, が閑却, では, といふもの, と題する, に非常, の先, の大家, の成立, の方面, の智識, の最も, の淵源, の現状, の研究, の種子, の範圍, の老兵ゼームス・レツグ, の講席, の起源, は佛國, は單, は昔, は種々, をした, をやる, を一科目, を勉強, を擔任

▼ 支那料理屋~ (39, 0.3%)

2 に過ぎない, の二階

1 [35件] かな, から掛炉焼鴨, があった, がある, が多い, が多く, ってもの, であろう, では何, でも食わせ, で中, で五六品, で大隅君, で晩飯, で蓄音器, と云う, なぞ作った, などへも案内, にでも休ん, にでも行かう, にはいり, に居た, に来, に比べれ, に電話, のがたがたテエブル, の女, の明り, は甚だ, へいつた, へはよく, よりもただ, を出る, を教, 知って

▼ 支那朝鮮~ (39, 0.3%)

2 から傳はり, に於, 新石器時代石器

1 [33件] からの輸入, からの輸入品, から帰化, から繪畫, から連れ, と相, などと来, によく, に上子の日, に勝る, に輩出, のこと, のもの, の仏教建築, の佛像, の古史, の如く, の建築, の影響, の征服, の歸化人, の珍奇, の白磁, の石器時代, の音楽, は今後百年, へ伝えた, よりの輸入品, を経, を經, を通して仏教, を通じていたる, 及び日本

▼ 支那~ (39, 0.3%)

2 に於ける, の三角波, の波濤, を東上

1 [31件] から朝鮮海峡, で海賊船, で覇, にぬける, にも広く, に來往, に往來, に沈み, に至る, に船, に面し, のビイクトリア島, の南, の方, の水上交通, の盡, の電信夫, の驚風狂瀾, はただ, へと列なっ, へぬけた, まで進出, も赤く, や印度洋, をのぼっ, を南東, を横行, を湖水, を行く, を通, 唯見

▼ 支那~ (37, 0.3%)

3 だよ 2 の, のもの

1 [30件] だが, だと, で, であるの, で滑稽味, で飾窓, とは云, ともいうべき, と朝鮮式, と西洋臭味, なの, な苦肉の策, にする, によった, によろしく, に濃厚, に蛇頭, に見え, に見える, に近い, のルール, の勇気, の守禮門, の家, の応接間, の所, の温室, の考へ, の色硝子, の麻雀

▼ 支那~ (36, 0.3%)

1 [36件] で申しますれ, というの, にいう, にいつたら, にこの, にては申す, にでき, に描写, に膽斗, に解釈, に誇張, に道徳, の伝記家, の六ツ, の卑しい, の古い, の哲人, の妖術, の妖術幻術, の形容, の形容詞, の応接間, の掛け声, の男尊女卑, の磊落, の空名虚辞, の筆法, の粗食, の経済家, の考, の荘麗, の言葉, の髭, は一切, より割出し, を演ずる

▼ 支那~ (35, 0.3%)

3 朝鮮も 2 印度も, 日本も

1 [28件] いまの, この機会, さういふ風, その内情, だんだん亜米利加化, またいたずら, よほど拡げる, アジア的条件の, 亜米利加も, 今は, 分らなきあ, 同じく儒教国, 同樣, 單なる, 変った, 始めは, 彼らにとっては, 怪談の, 損を, 日清戰役の, 昔は, 殊更亂, 滿州からは, 犬の, 相当に, 英仏同前だ, 英吉利も, 遠くへ

▼ 支那~ (34, 0.3%)

1 [34件] あり水, があり, さして駈けだした, でございますわ, での支那料理, としての県城城内, と馬来芝居, に特有, に起った, に連れこまれた, のきたなき, のヘイ珍楼, の一角, の一部, の公娼窟, の博愛, の小, の無頼漢, の焼豚屋, の異臭, の色彩, の記, の風景, はここ, は少しく, は日露戦役, へ出, へ海蛇, へ行った, も日本市街, らしい左右, を一周, を成し, を物

▼ 支那~ (34, 0.3%)

2 の人

1 [32件] あるいは支那学者, から離れ, が非常, だけあっ, だと, であつ, である, であるとか, であるとは, ではなかっ, で支那, で然, で督軍, というの, というもの, として憚, として有名, として東印度會社, と云, と呼びなら, と稱, と言われ, のいふ, の岸田吟香, の支那智識, の斎藤恒少将, の波多野乾一, の豫言, の輕侮, の頭, はよく, や旅行家

▼ 支那政府~ (31, 0.3%)

1 [31件] から任命, から指定, から支給, がその, が新た, が日本, として外交団, との交渉顛末, にこの, に交渉, に勸告, に掌握, の其意, の態度, の採用, の敷設, の爲, の眼, の経費, の行政区域, の都合, は, はこの, は北方, は國庫, は外國, は少し, は概して, は水旱毎, へ, も憐れ

▼ 支那~ (30, 0.2%)

3 の中 2 に便乘

1 [25件] がすなわち, がピッタリ, が商船, が波, が浮い, が浮かん, が種子ヶ島, たると, に乘, の戎克, の構造設備等, の様子, の燈火, の真黒, は動く, は綱, は近寄っ, も近付い, も静か, より製造法, を凌い, を十艘, を満々, を綱, を雇

▼ 支那神仙説~ (29, 0.2%)

3 に於 2 の分子, の我国

1 [22件] が如何, とを巧, とタンホイゼル説話, なり, にもその, にも之, にも其例, に見えたる, に関する一個, に類似, の仙郷淹留説話, の如き, の常套, の影響, の根本的特色, の淹留説話, の白衣, の精神, は其最, は単に, より転じ来る, を連想

▼ 支那學者~ (28, 0.2%)

1 [28件] があつ, がゐない, が何れ, が居, が道徳, である, であるから, ではドイツ, でも猶, で且つ, で其著述, で正, として四方從遊, として指, として聞えた, と同じ, と成つた人, ながら支那, に非常, の一人, の多, の景教考, の門, の隨筆, は勿論, を出し, を輩出, 迄が之

▼ 支那において~ (27, 0.2%)

2 外国貿易の, 大いに尊重, 開発すべく

1 [21件] どう発音, はたらいて, 丁, 主として不作, 互に手, 人口が, 仏教が, 佚亡した, 全く見かけられなかった, 刑法法典編纂の, 労働の, 基礎を, 塞外の, 大臣某氏が, 容れられないと, 既に, 既に混淆, 窮乏の, 茶の, 行つたと, 諸方面

▼ 支那日本~ (27, 0.2%)

2 の花瓶

1 [25件] で所謂天文, という国, といった具合, といつた, においていかなる, にのみ見る, にも渉, に発達, に行わるる, のそれ, のどの, のよう, の事, の古典, の古画, の外字新聞数十種, の奈良朝時代, の密教研究, の文化, の玄猪神, の科学史, の藝術, の鼻, への関門, を通じて佛教思想

▼ 支那ソバ~ (26, 0.2%)

2 のチャルメラ, を二つ

1 [22件] が大量, が造れる, たべて, だのスシ, というの, のどんぶり, のドンブリ, の年越し, はさすが, も全盛時代, や十銭, をうたせ, を五杯, を受け取り, を売りこみ, を売る, を奢っ, を柳, を造っ, を食べ, を食べさせ, を食べよう

▼ 支那思想~ (26, 0.2%)

7 の影響 2 と日本

1 [17件] からきた, が入っ, が重んぜられた, ではない, に支配, に親しみ, に関する研究, の全体, の拘束, の易理, の独自性, の要素, の輸入たる, は支那特有, より入り来りたる, を以てスマイルス, を取扱う

▼ 支那~ (26, 0.2%)

3 のもの 2 の団扇

1 [21件] かの區別, か南蛮製, だという, だろう, である事, に傚, に比べ, に限る, の古い, の大きな, の模造, の煙草, の爆竹, の白粉, の花籃, の螺鈿, の鏡, の雪花墨, の高価, ばかりで, らしい壷

▼ 支那とは~ (25, 0.2%)

2 違って

1 [23件] いつも互いに教え合っ, いは, ひどく違っ, よほど相違, 主として黄河, 互に懸隔, 交通不便の, 今にも戦争, 別々の, 単に自己, 同文同種の, 對等の, 少し違つて, 思えない位い, 揚子江の, 文字も, 既に一つ, 日清戦争後当然, 昔から, 殆ど初対面である, 無関係に, 獨立の, 盛に

▼ 支那文学~ (25, 0.2%)

5 の影響

1 [20件] とかの影響, にそういう, に就い, に移し, の人, の俊才, の奥野信太郎さん, の性格, の教養, の源泉, の真, の話, の軟派書, の長い, の関係, も仏教, や仏教, を専攻, 乃至支那哲学, 乃至美術

▼ 支那民族~ (25, 0.2%)

1 [25件] といふ, と因, に接觸, に於ける, に用, のその, の一大社會, の偉大, の優人蔑視, の器物, の堕落, の憎悪, の政治的統一, の文弱, の文明, の特質, の發展, の血, の間, は世界, は辷らせる, を構成, を絶滅, を誘導, ヲ迎

▼ 支那そば~ (24, 0.2%)

3 を食 2 がみんな火, でも食べたい

1 [17件] が食, と洋食, のラッパ, の出し, の味, の屋台店, の店, の鉢, やが唐人笛, やの女中さん, やへよく, をたべ, を食べ, を食べた, を食べる, 下っては, 食べつ

▼ 支那婦人~ (24, 0.2%)

2 の服装

1 [22件] だが, だったら, だつたこと, と共に漫歩, などには迚, などを眺めた, に会, のみのやう, の一団, の小, の用いる, の繊細, の芳秋蘭, の貞操觀, の都雅, の間, らしい物ごし, をさがし, を指さす, を見付け, を迎, を連れ

▼ 支那美人~ (24, 0.2%)

2

1 [22件] が古代, が宋思芳, が幾輛, だった, だったから, とが文字通り, とを連れた, と接吻, などは今に, にそつくり, のゐる, の売子, の小指, の後, の簪, はいつか, も僕, よりも寧ろ, を二三人, を側, を描いた, を発見

▼ 支那より~ (23, 0.2%)

3 輸入した

1 [20件] 一千年も, 伝来し, 伝来せしめ, 伝来せる, 傳はり若く, 劣るところ, 唐手を, 密教を, 将来せる, 承け繼, 日本に, 朝鮮を, 来たり, 渡つた四季咲の, 禪僧雪舟なぞの, 西に, 西北亞米利加に, 西方に, 退却し, 進んで

▼ 支那~ (23, 0.2%)

2 が恐縮, に文句

1 [19件] から学校, では一切訪客, では又, でも同時にさ, にとって面白く, による東支鉄道, に云, に寝, のその, の云, の作つた広大, の四, の宣伝ニュース, の強引, の材料, の識者, の鉄道, は主張, も在留邦人

▼ 支那官憲~ (23, 0.2%)

2 がその

1 [21件] から嚴, に勸め, に説き, の不, の保護, の包囲, の取扱, の圧迫, の當然, の疑問, の窮餘, の處罰, は之, は人肉, は干渉, は復讎, は極度, も大分心配, も幾分, を助け, を苦しめた

▼ 支那グリル一番~ (22, 0.2%)

5 で夕食 2 でシウマイ, で食事, の支那

1 [11件] から五目めし, でいろ, でシュウマイ, で支那, で文芸部, で食っ, に集り, のご, へたら, へ使, へ行き

▼ 支那及び~ (22, 0.2%)

2 支那人を, 日本における, 日本の

1 [16件] インドの, インド等には, ベルギーの, 其影響を, 印度へ, 印度地方の, 対アメリカ戦争の, 支那人に, 支那人について, 支那人に対する, 支那人の, 日本画の, 朝鮮から, 満蒙と, 蒙古, 西欧の

▼ 支那文字~ (22, 0.2%)

3 をつかう

1 [19件] が文字そのもの, が讀めた, でも日本製, の, の借用, の古い, の声音, の如き, の格言, の輸入以來, や古典的支那文, をつける, をべったり, を以て書く, を少し, を日本人, を用い, を解する, を讀む

▼ 支那歴代~ (21, 0.2%)

3 の法律

1 [18件] の中, の史料, の史書, の君主, の君主中, の天子, の官制, の後宮, の怪奇小説, の政府, の政策, の本草, の禍源, の詩, の風俗習慣, を通じての現象, を通じて尊重, を通じて父母殺害者

▼ 支那方面~ (20, 0.2%)

3 の材料 2 に於ける

1 [15件] からわが, から我が, にまで分布, に去ったらしく, に往來, に野心, の事, の文獻, の研究, の記録材料, の通商, へ來集, へ兵, へ渡航, より蒐録

▼ 支那~ (20, 0.2%)

1 [20件] から來, がヒャンチン, そのまま取っ, である, でポルトガル人, で教わった, で現, で発音, で読み下すべき, との僕等, と註し, に引當, に通じたる, のウメイ, の漢語, の転訛, はメイ, は必ずしも, を研究, を考え

▼ 支那~ (19, 0.2%)

2 や和文

1 [17件] が出, であると, で書かれた, の構造, の飜譯, も能, をも讀み出し, を学ばせる, を学ぶ, を學び, を學ぶ, を日本, を日本語化, を正しく, を研究, を見なれ, 即ちいわゆる

▼ 支那人間~ (18, 0.1%)

7 に於ける 3 に行 1 に傳播せん, に喧傳, に存在, に山魅, に島中, に布教, に怨家, に食人肉

▼ 支那~ (18, 0.1%)

3 である 2 すなわち漢名

1 [13件] から導かれた, がある, が皆, が見附, で白楽天, に基づい, の事, は南天燭, は山茶, は海帯, は繁縷, を和訳, を問

▼ 支那民衆~ (18, 0.1%)

3 の表情 2 の中

1 [13件] がある, が何, についてお, に働きかける, に希望, のため, の側, の就中知識層, の幸福, の心, の相貌, の解放, を感服

▼ 支那~ (18, 0.1%)

2 を駐兵

1 [16件] がなぜ, が弾薬庫, が日本街, が来る, が此処, に利用, に売渡す, の兵営, の兵士, の熱河省進出事件, の破壊方法, はあんなに, は味方, は日本軍, を寄せつけない, を敵

▼ 支那に関する~ (17, 0.1%)

2 学問は, 知識は

1 [13件] ことで, ことのみの, ちょいと, ものばかり, 一般的記述の, 利権が, 学問においては, 学問の, 新著の, 書籍を, 最大の, 正しい知識, 限り私は

▼ 支那古代~ (17, 0.1%)

2 に於ける, の所謂王道

1 [13件] の伝承, の刺繍なぞ, の天文学史, の學問, の小説, の文書, の服裝, の桃, の法律, の田地, の經濟事情, の言語, の記録中

▼ 支那蕎麦~ (17, 0.1%)

2 にてん丼

1 [15件] がある, が入り, が本当に, ぐらいしか出来ない, にし, のごとく, のチャルメラ, の十杯, の屋台, の立食, をうるさ, を売り, を拵え, を指さした, を食べた

▼ 支那~ (16, 0.1%)

2 の不思議

1 [14件] で匙鍬, などの長崎骨董, などを指頭, には作者, にひきつけられた, に対する開眼, の典型, の感化, の皴法, の童子, の筆法, も善い, をまねた, を研究

▼ 支那~ (16, 0.1%)

2 の原料, を研究

1 [12件] が使用, とに對, との原料相違如何, の位置, の數, の最古, の製法, の製造工場, の調査, の輸入, は幾分, を蒐集

▼ 支那~ (16, 0.1%)

2 の中

1 [14件] が出し, と柳行李, と間違, に一杯, に充満, に入れ, に柳行李, の一つ, の底, の葢, やらが足, や何, をおい, を引き出し

▼ 支那少年~ (15, 0.1%)

3 の金椎 21 から逆, が泣き, です, とが同乗, との偶然, の叫び, の挙動, の金椎君, の魂, は声

▼ 支那における~ (14, 0.1%)

1 [14件] それとの, やうに, モロラア, 極度の, 武力革命の, 殺児, 漢字の, 異常な, 発音に, 筆画朝鮮における, 結果から, 考証学亡国論の, 青海波の, 鬼の

▼ 支那~ (14, 0.1%)

1 [14件] 以テ歐洲大陸ト比シ本邦ヲ, 併呑シ朝鮮ヲ, 保全シツツ或, 保全シ支那亦, 保全セシメタル米國トガ天ニ代リテ當年ノ, 分割スル者, 北方ヨリ脅威セル露西亞, 富源ナルカノ如ク垂涎スル小膽國民ニシテ如何, 思ハシム, 漫遊シタコトガアルガ支那ノミナラズ日本ノ, 獨逸ニ中央支那以南ヲ, 祖トスレバ之ヲ, 自立セシメタル後ハ日本, 財政的准保護國トセルコトハ説明ノ

▼ 支那内地~ (14, 0.1%)

1 [14件] で金儲け, に居住, に戦争, に散漫, に移住, に行渡, に踏み入る, の呉, の石器時代, の紛擾, へ國, を一瞥, を占領, を旅行

▼ 支那~ (14, 0.1%)

2 でお茶

1 [12件] が用意, で本, で皆さん, で辛抱, のお, のほう, のヴェランダ, の壁掛, の寝, の硝子戸越し, へ持っ, へ行った

▼ 支那問題~ (13, 0.1%)

2 に就, はどう 1 かなそれとも, だの非常時, だよ, ですつて, とは没交渉, のせゐだよ, はいつ, を目標, を談

▼ 支那研究~ (13, 0.1%)

2 と云

1 [11件] が唱導, が日本人, となる, などに對, においては特に, に就, の聲, の足跡, は一層, は其初期, をし

▼ 支那~ (13, 0.1%)

2 の味

1 [11件] がよい, の取引, の好き, の極, の箱, をくれました, をすすり, を円型, を吸い込む, を啜り, を飲む

▼ 支那という~ (12, 0.1%)

2 ところは, ものの, 国は 1 すぐれた文明, ものだけ, ものだけを, ような, 概念との, 風に

▼ 支那小説~ (12, 0.1%)

1 [12件] に頭, の事, の古, の女, の影響, の研究, の翻案, の輪郭, の類, の飜案, はどれ, を研究

▼ 支那数学~ (12, 0.1%)

2 の改造 1 については, の一部分, の後, の応用, の根幹, の特色, の発達, の系統, をよく, を巧み

▼ 支那~ (12, 0.1%)

5 のもの 2 の絨毯 1 で稀, の品物, の標品, の猫, の者

▼ 支那趣味~ (12, 0.1%)

1 [12件] であった, であつ, というよう, として日本, により, の, の人, の取り入れ, の流行, の骨董談, ばかりである, を移植

▼ 支那についての~ (11, 0.1%)

2 正しい知識, 知識を 1 ご勉強, 伸子の, 作者の, 日本人の, 本の, 特殊の, 研究を

▼ 支那に対して~ (11, 0.1%)

1 [11件] いろいろの, はたらくため, ほんとうの, 効果の, 実際的, 従来如何なる, 政治的経済的または, 日本の, 無気味な, 行って, 講究研鑚

▼ 支那よりも~ (11, 0.1%)

1 [11件] さらに深く, まず北狄間, もっと遠い, モー一層, 一層の, 一時代早く, 優れて, 印度よりも, 本を, 発達し, 著しく発達

▼ 支那~ (11, 0.1%)

1 [11件] 保全, 保全ヲ, 労働者農民, 労働者農民兵士達ト力ヲ, 労働者農民兵士達ト手ヲ, 半両五銖, 古物ヲ, 唄イマショウ茂チャンアノ唄好, 必要ヲ, 確定的安全ノ, 貧弱ナル一角ニ沒頭スルヨリモ支那其

▼ 支那出来~ (11, 0.1%)

2 のもの 1 のレターペーパ, の三世相, の古い, の方, の櫛箱, の絹, の鉢, の陶榻, を肯定

▼ 支那~ (11, 0.1%)

2 來からの, 瓦, 美術の 1 來の, 傳説を, 錢, 陶器などに対する, 陶器を

▼ 支那商人~ (11, 0.1%)

1 [11件] があたり, が先, と日本人, と競争, に変っ, のたむろ場所, の一団, の思惑, の来り, の首, の馬車

▼ 支那家屋~ (11, 0.1%)

1 [11件] が臨時, だつた, にし, につれ, の中庭, の兵士たち, の土塀, の家なみ, の建物, の美し, は内部

▼ 支那文明~ (11, 0.1%)

1 [11件] に負, のよう, の影響, の滓, の結晶, の絶盛期, の輸入, の長所, は保守的, を崇拜, を過度

▼ 支那智識~ (11, 0.1%)

2 の豐富 1 が非, に渇し, の全, の内容, より以上, を吸收, を得, を提供, を選擇

▼ 支那~ (11, 0.1%)

2 又はインド的範疇 1 であるが, であるとは, な, なるもの, な感じ, な荒唐性, ね, の氣分, の絵

▼ 支那芝居~ (11, 0.1%)

1 [11件] といふもの, に告別, に関すること, のこと, の講釈, の道具, の面白, は固, は無闇, を一時間, を観る

▼ 支那といふ~ (10, 0.1%)

2 ものが, 国は 1 ものに対して, もの支那人と, 事に, 国あ, 國が, 土地に

▼ 支那らしい~ (10, 0.1%)

1 へんに, もので, ものと, 伝説が, 女性を, 町の, 筆法で, 色調であっ, 話である, 風景を

▼ 支那傳來~ (10, 0.1%)

2 のもの, の歴史 1 で無く, と思はるる, の樣式, の海中仙山, の硬玉, ノ舊套

▼ 支那印度~ (10, 0.1%)

2 の思想 1 では殊に然, などから伝えた, にでる, に有する, の古, の美術写真, はもとより, を放浪

▼ 支那哲学~ (10, 0.1%)

1 とあまり, という名, として研究, などは欧州, の宇宙論, の書, の正統, の通覧, は今日, や印度六派哲学

▼ 支那旅行~ (10, 0.1%)

1 から持ち越した, から歸, に出かける, の中途上海, の時, の歸, の話, も一先ず, らしい懐古的, を終つて

▼ 支那~ (10, 0.1%)

4 一の 2 一等の 1 一と, 一流の, 二は, 六泉の

▼ 支那青年~ (10, 0.1%)

1 がゐられた, と土耳, に抱えられた, に跳び掛かった, の一団, の側, の愛國的精神, の腕, は走り, を思わせる

▼ 支那~ (10, 0.1%)

2 して 1 あっさり, がカロリー, しに, し焼売二円, それから銀座, た, は二円半, を食

▼ 支那においては~ (9, 0.1%)

1 これより, 一般的である, 不思議でない, 人々の, 南北朝既に, 古代絵画に, 問題は, 戦争より, 空前絶後とも

▼ 支那にて~ (9, 0.1%)

1 これより, はかの, 伯夷叔齊の, 出版されし, 士人の, 天子の, 文を, 製す, 鼠頭魚とは

▼ 支那に対する~ (9, 0.1%)

2 態度は 1 ひとりよがり, わが正当, 同じ意味, 政策その他いろいろ, 正しいはたらき, 私の, 興味の

▼ 支那ソバ屋~ (9, 0.1%)

2 のチャルメラ 1 がある, が悲しい, のラツパ, の屋台, の戸口, の風景, もいた

▼ 支那一流~ (9, 0.1%)

1 の刺股行孝, の功利的道徳, の変態性慾, の大, の女, の思い切った, の濃厚料理, の焦げ付く, の空文

▼ 支那全土~ (9, 0.1%)

1 で百基, にない, に亙, の耕地, への放送権, を席捲, を挙げ, を攪乱, を通じてたしか

▼ 支那学者~ (9, 0.1%)

2 が他, であること, のこれ 1 といわれ, といわれた, の熱心

▼ 支那料理店~ (9, 0.1%)

1 から台湾館, だつた, で逢, で酔っ払い, に席, に行きました, の日本間, へつい, へ夕食

▼ 支那~ (9, 0.1%)

2 の真中 1 があり, です, なの, のこと, は夜九時, へとばし, へ這入り

▼ 支那説話~ (9, 0.1%)

2 の模倣 1 と他, には知られざるなり, に其例, の中, の如き, の或, より来りし

▼ 支那~ (9, 0.1%)

1 がしきりに, だった, などにもとても, など買っ, の足音, の跡, をはい, をはいた, を指した

▼ 支那あたり~ (8, 0.1%)

1 からはひつ, から伝へた, から西洋, が原産地注意, で造られた, に珍重, の間, まで押廻

▼ 支那からの~ (8, 0.1%)

1 伝来か, 帰化人の, 留学生が, 絹糸の, 輪入で, 輸入した, 輸入である, 輸入という

▼ 支那伝来~ (8, 0.1%)

2 の文化 1 と考, の二十四季節, の厳しい, の意, の算法, の趣向

▼ 支那~ (8, 0.1%)

1 が濃い, が黄浦灘, との恋, と云われる, の入墨, の物売り, の着物, の腹部

▼ 支那~ (8, 0.1%)

2 に見えぬ 1 では, にもその, に一寸見當ら, に見ゆる, の目録, の知更雀

▼ 支那~ (8, 0.1%)

1 すなわちアマグリ, すなわち甘, とをかけあわせ, の優品, の樹, はその, も三本, を売っ

▼ 支那水仙~ (8, 0.1%)

1 であろう青い, といっ, は要らない, もくるくる, も雑煮, を一鉢, を買っ, を購

▼ 支那自身~ (8, 0.1%)

1 が鴉片, だけが痛切, においては, に於, の軍国, の顏, はいう, を第

▼ 支那そば屋~ (7, 0.1%)

1 とも違っ, と両方, と氷屋, のやき, のカツ丼, のチャルメラ, の粗末

▼ 支那にては~ (7, 0.1%)

1 云ひならは, 娥皇女英の, 宋代以後の, 明の, 秋季に, 芭蕉の, 道行われざれ

▼ 支那ほど~ (7, 0.1%)

2 宦官の 1 僞書の, 喪禮に, 子殺し, 宦官に, 神秘的で

▼ 支那まで~ (7, 0.1%)

1 で日本, やってきたの, やって来て, 渡って, 留学し, 行商に, 達し今

▼ 支那~ (7, 0.1%)

1 したの, した印度, して, せられた仏教, せられて, せられてしも, の熱

▼ 支那在住~ (7, 0.1%)

2 の傳教士 1 の宣教師, の耶蘇教士, の耶蘇會士, の英國人, の西洋人

▼ 支那~ (7, 0.1%)

1 がある, がこれ, が死ん, だった, と支那軍閥, のチイ嬢, を引っ張り出し

▼ 支那文學~ (7, 0.1%)

2 の講座, を修め 1 が五大洲文化, の影響, の趣味

▼ 支那歴史~ (7, 0.1%)

1 あつて以來最初, には甚だ, の大勢, の正史, の研究者, や東洋歴史, をつらぬく

▼ 支那~ (7, 0.1%)

2 の大きな 1 の, の灰皿, の硯屏, の藍色, らしい酒壺

▼ 支那~ (7, 0.1%)

2 に行われ 1 で虎, で驚く, に存する, に於ける, の樣

▼ 支那語科~ (7, 0.1%)

1 に, にありし, に在籍, の入, の出身, の第, を出る

▼ 支那金魚~ (7, 0.1%)

1 があしら, なので, の婦人, の感じ, の目玉, やら緋鯉, を思ひ出す

▼ 支那~ (6, 0.0%)

2 アフリカの 1 もしくは印度あたり, 印度あたりに, 印度か, 西洋に

▼ 支那である~ (6, 0.0%)

1 か, から其の, から墨子, から従って, それで西洋館, 事が

▼ 支那人の~ (6, 0.0%)

1 かうい, とはすっかり, とは全く, とは違っ, は違う, より優れ

▼ 支那人自身~ (6, 0.0%)

1 がそれほど, が彼等, においては上, にし, の努力, もこの

▼ 支那以外~ (6, 0.0%)

1 にはない, には滅多, に見られない, の, の他, の文化並

▼ 支那~ (6, 0.0%)

1 國が, 國の, 省にわたる, 體, 體に, 體の

▼ 支那~ (6, 0.0%)

1 であらう, との性格, と或は, に在る, の影響, の話

▼ 支那~ (6, 0.0%)

1 すらも数千年前, にては戦争利, に於, の存在, の官吏, の見

▼ 支那国民~ (6, 0.0%)

1 の太古, の専有, の敵, の純粋, の自然純朴, の間

▼ 支那國民~ (6, 0.0%)

1 の智識, の最も, の間, は保守的, を感化, を理解

▼ 支那官吏~ (6, 0.0%)

2 の常習 1 の手, の收賄聚斂, の苦心, を買收

▼ 支那~ (6, 0.0%)

2 との相違, と囘暦 1 によつて, に比し

▼ 支那~ (6, 0.0%)

1 洲における, 洲を, 洲シベリアは, 洲帝国に対する, 洲手に, 洲朝鮮には

▼ 支那神話~ (6, 0.0%)

2 の天地開闢説 1 に於, のそれ, の研究, の開闢説

▼ 支那からも~ (5, 0.0%)

1 他の, 出ますので, 四方八面這入, 秦や, 遠く切支丹

▼ 支那じゃ~ (5, 0.0%)

3 ない 1 ねえよう, 職工を

▼ 支那~ (5, 0.0%)

21 から豚, か朝鮮, とか神代

▼ 支那について~ (5, 0.0%)

1 これだけの, 如何なる期待, 特殊の, 種々の, 述べた醸造

▼ 支那ばかり~ (5, 0.0%)

2 では 1 でない印度, でない西洋, でなく世界各地

▼ 支那へも~ (5, 0.0%)

1 数回往復し, 行ったか, 行って, 輸出された, 隨分澤山の

▼ 支那もの~ (5, 0.0%)

1 では, らしい茶棚, を扱っ, 食って, 食べる

▼ 支那中央政府~ (5, 0.0%)

1 が成立, に愛国運動たる, の成立, の要人, の誕生

▼ 支那事變~ (5, 0.0%)

1 が起り, に鑑み, は長期, まではその, や世界

▼ 支那人町~ (5, 0.0%)

2 へなど足 1 の変てこ, をウロツイ, を探検

▼ 支那人街~ (5, 0.0%)

1 だなと, の一部, や居留地, を全く, を通りかかる

▼ 支那人風~ (5, 0.0%)

5 の巨漢

▼ 支那仏教~ (5, 0.0%)

1 と儒教, のもの, のテキスト・クリティック, の渡りし, の過去

▼ 支那公ロン・ウウ~ (5, 0.0%)

2 の嗜眠病的 1 としての僕, のしっぷ, の僕

▼ 支那分割~ (5, 0.0%)

2 の運命 1 の勢, の過程, を夢みた

▼ 支那史學~ (5, 0.0%)

4 の開祖 1 に影響

▼ 支那固有~ (5, 0.0%)

1 のもの, の學術, の文化, の經典, の陰陽説

▼ 支那國内~ (5, 0.0%)

1 に宣布, に行, の治安, の秩序亂, の紛爭

▼ 支那宿~ (5, 0.0%)

1 には名, に降参, の中, の東興桟, の騒々し

▼ 支那~ (5, 0.0%)

1 では妻, には赦, に於ける, の精神, を改正

▼ 支那法律~ (5, 0.0%)

3 の特色 1 の淵源, の親

▼ 支那洪水説話~ (5, 0.0%)

1 の解釈, は姑, は所謂世界的洪水説話, は支那国民, を見る

▼ 支那特有~ (5, 0.0%)

1 と見え, のもの, の社會的産物, の絵画, の風土

▼ 支那苦力~ (5, 0.0%)

1 が幾百人, の存在, の爺連, を使, を見

▼ 支那蕎麦屋~ (5, 0.0%)

1 の哀れげ, の夜陰, の灯, の燈火, を描い

▼ 支那~ (5, 0.0%)

1 かまた, に近い, に雉, は虎, は虚談

▼ 支那~ (5, 0.0%)

2 をかたぶけ 1 に酔ひ, の杯, の瓶

▼ 支那~ (5, 0.0%)

1 にひと株, に植えられ, の朱泥, の驚くべき, や普通

▼ 支那革命~ (5, 0.0%)

1 に対してそれだけ, の旗幟, の精神, は全面的, を守れ

▼ 支那および~ (4, 0.0%)

2 インドの 1 朝鮮の, 韓国の

▼ 支那~ (4, 0.0%)

2 ものよろしい 1 もの買う, もの買ふ

▼ 支那とか~ (4, 0.0%)

1 印度とかいふ, 朝鮮とか, 満州とか, 西洋とかの

▼ 支那においても~ (4, 0.0%)

1 けっして見る, 儒教は, 古代に, 新しい世界

▼ 支那へでも~ (4, 0.0%)

1 南洋へでも, 印度へでも, 渡る計画, 渡ろうという

▼ 支那めし~ (4, 0.0%)

1 が喰, でもいい, をかっ込む, をとっ

▼ 支那をも~ (4, 0.0%)

1 日本をも, 東方という, 研究し, 賛美した

▼ 支那カバン~ (4, 0.0%)

1 や行李, より宮, を載せた, を開い

▼ 支那事情~ (4, 0.0%)

1 に一般的, の生き字引, を御, を詳述

▼ 支那人たち~ (4, 0.0%)

1 の政略, はそんな, は橋, は笛

▼ 支那人ボウイ~ (4, 0.0%)

1 は顔, を従え, を案内, を随

▼ 支那人心~ (4, 0.0%)

2 の新 1 が段々, の統一

▼ 支那人達~ (4, 0.0%)

1 につくらせた, は何故態と, は部落, も張宗昌

▼ 支那~ (4, 0.0%)

2 だな 1 だろうと, の僕

▼ 支那唐代~ (4, 0.0%)

1 ではつ, に於ける, に渡來, の官職

▼ 支那四千年~ (4, 0.0%)

1 の古典, の史乘, の外交史, の文化

▼ 支那在留~ (4, 0.0%)

1 の商人, の外國商人, の宣教師, の邦人

▼ 支那奥地~ (4, 0.0%)

1 に出征, の爆撃, の英, へのこの

▼ 支那学校~ (4, 0.0%)

1 で行われた, で行われる, に近い美しい, は幸

▼ 支那学生~ (4, 0.0%)

1 が事変, のさ, の一団, の眼

▼ 支那學生~ (4, 0.0%)

1 に紹介方, の妄動, の愛國的精神, を得

▼ 支那學研究~ (4, 0.0%)

1 といふ點, の原則, の最も, は哲學

▼ 支那宋代~ (4, 0.0%)

1 に出, の文化, の高, は陶磁

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 ザクラで, ザクラである, ザクラと, ザクラの

▼ 支那工人~ (4, 0.0%)

1 の団結力, の団結心, の負傷者, を軽蔑

▼ 支那從來~ (4, 0.0%)

1 の民情習慣, の道徳, の道徳宗教, の風俗

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 の中, をパラリ, を拡げ, を畳んだ

▼ 支那旅館~ (4, 0.0%)

1 では深夜, に部屋, の客引, は殆

▼ 支那服姿~ (4, 0.0%)

1 がその, で三味線, で身軽, を妙

▼ 支那~ (4, 0.0%)

2 來の 1 國の, 國を

▼ 支那本土~ (4, 0.0%)

1 でも祓除, に於ける, のもの, の有数

▼ 支那留学生~ (4, 0.0%)

1 に事寄せ, に対して侮蔑的, の一団, はたしかに

▼ 支那留學生~ (4, 0.0%)

2 の數 1 として先生, などが本

▼ 支那神仙譚~ (4, 0.0%)

1 が誇張, に見ゆる, の模倣, より藉

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 では, やかましく云, 下らない国, 喪禮の

▼ 支那算書~ (4, 0.0%)

2 から伝わった 1 とは初め, の伝えられた

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 には野菜, の古画, の描法, や日本画

▼ 支那蕎麥屋~ (4, 0.0%)

3 の笛 1 は家

▼ 支那西洋~ (4, 0.0%)

1 ととりあつめ, に關, の國語, は優れ

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 が出来, ではなかったろう, の言葉, を媒介

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 はそんなに, を改良, を種, を輸入

▼ 支那軍閥~ (4, 0.0%)

1 の一頭目, の小さな, の手, を描いた

▼ 支那軍隊~ (4, 0.0%)

2 を他 1 と衝突, の名声

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 である, に比し, の富平縣, の處

▼ 支那~ (4, 0.0%)

2 の直衣 1 で作られ, のそろい

▼ 支那陶器~ (4, 0.0%)

2 の鑑定家 1 などが入れ, の模様

▼ 支那~ (4, 0.0%)

1 だ, でそれから, で黄海, に属する

▼ 支那食堂~ (4, 0.0%)

1 でま, でシュウマイ, で食事, は十円

▼ 支那飯店~ (4, 0.0%)

1 で待つ, で日本人, へ乗り込ん, へ行った

▼ 支那馬車~ (4, 0.0%)

1 である, に乗つ, のむれ, は石

▼ 支那ある~ (3, 0.0%)

1 のみ, のみ波斯, を知らない

▼ 支那からは~ (3, 0.0%)

1 なんの, 何も, 哲人たちが

▼ 支那とが~ (3, 0.0%)

1 いかにも近く, 仲が, 協力すべき

▼ 支那どんす~ (3, 0.0%)

1 であつ, で牡丹, 五〇銭二〇銭の

▼ 支那なら~ (3, 0.0%)

1 どないし, ば竜神, 自分が

▼ 支那においてすら~ (3, 0.0%)

1 ある地方, 本文で, 行き詰まるほど

▼ 支那にと~ (3, 0.0%)

1 つては, つても, つて終つたと

▼ 支那にとって~ (3, 0.0%)

1 不吉の, 大事な, 新しい学問

▼ 支那への~ (3, 0.0%)

1 新しい交通, 日本資本の, 進貢を

▼ 支那へは~ (3, 0.0%)

1 この術, ひりました, 入つて

▼ 支那へまで~ (3, 0.0%)

1 ひろがって, やってきて, 行商に

▼ 支那ぼけ~ (3, 0.0%)

2 でしょう 1 とそう

▼ 支那または~ (3, 0.0%)

1 佛領印度に, 印度に, 印度伝来の

▼ 支那みずから~ (3, 0.0%)

1 が東洋, の深い, を反省

▼ 支那めいた~ (3, 0.0%)

1 匂を, 服装を, 鉢に

▼ 支那よりの~ (3, 0.0%)

1 伝来である, 傳來である, 影響が

▼ 支那を通じて~ (3, 0.0%)

1 人間と, 支那固有の, 蛇の

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 取ラザルハナシ, 恐ルベキ實力, 還附セザランコトヲ企ツルト共ニ

▼ 支那ホテル~ (3, 0.0%)

1 からの電話, のまえ, の階段

▼ 支那ランプ~ (3, 0.0%)

3 の石油

▼ 支那中心説~ (3, 0.0%)

1 とならざる, に甘心, を唱

▼ 支那人一流~ (3, 0.0%)

1 の徒, の毒々しい, の頗付き

▼ 支那人日本人~ (3, 0.0%)

1 が發掘, の生活, 安南人

▼ 支那人氣質~ (3, 0.0%)

1 である, に對, の一端

▼ 支那人紡績~ (3, 0.0%)

1 に資金, の一団, は前

▼ 支那以南~ (3, 0.0%)

1 ノ割取, ノ領有, ヲ英國ニ妥協シタル者ナリ

▼ 支那傳統~ (3, 0.0%)

1 の天文, の熟語, の禮教維持

▼ 支那兵たち~ (3, 0.0%)

1 に蜜柑, は木綿, は物悲しく

▼ 支那兵営~ (3, 0.0%)

1 だ, であつ, の中

▼ 支那劇場~ (3, 0.0%)

1 で支那人, の喧噪, はサンフランシスコ

▼ 支那労働者~ (3, 0.0%)

1 に遺つ, はすべて, を使役

▼ 支那古今~ (3, 0.0%)

1 の人物, の名家, の常態

▼ 支那古典學~ (3, 0.0%)

1 と云, の一進歩, の基礎

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 が東洋史, であったらしいが, や朝鮮史

▼ 支那史乘~ (3, 0.0%)

1 に尠, に於ける, に詳記

▼ 支那各地~ (3, 0.0%)

1 の利権, の料理法, を遊歴

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 に於ける, に法, に行

▼ 支那土産~ (3, 0.0%)

1 が木版, のうち, の小

▼ 支那~ (3, 0.0%)

3 來の

▼ 支那地方~ (3, 0.0%)

1 に入り込ん, に生ずる, の生産品

▼ 支那女性~ (3, 0.0%)

1 のお気, の現代的覚醒, はみな洋風

▼ 支那定食~ (3, 0.0%)

1 を食, 一寸呆れた, 食って

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 料理の, 料理並に, 料理特別献立

▼ 支那文典~ (3, 0.0%)

1 はドミニカン派, を著, 若しくは其他語學

▼ 支那料理食~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 ひ宿

▼ 支那~ (3, 0.0%)

2 石器時代土器 1 疆の

▼ 支那新聞~ (3, 0.0%)

1 に或, の記, を取り上げた

▼ 支那本部~ (3, 0.0%)

1 と大差, の地, の文學史學

▼ 支那浪人~ (3, 0.0%)

1 と云つた想像, などという概念, も来る

▼ 支那渡り~ (3, 0.0%)

1 だと, の赤塗, の黒繻子

▼ 支那~ (3, 0.0%)

2 食って 1 なの

▼ 支那留學中~ (3, 0.0%)

1 には殆ど, の狩野博士, 殊に北支那留學中

▼ 支那皇帝~ (3, 0.0%)

1 がこの, の領土内, の顔

▼ 支那社會~ (3, 0.0%)

1 の隅々, は眞面目, を研究

▼ 支那~ (3, 0.0%)

3 の袋

▼ 支那絨毯~ (3, 0.0%)

1 そして壁寄り, の上, を血

▼ 支那絨氈~ (3, 0.0%)

1 のため, もペルシャ物, 大きいスタンド

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 のロオブ, の空, を買

▼ 支那美術~ (3, 0.0%)

1 の畠, の研究, 大展覧会

▼ 支那藝術~ (3, 0.0%)

1 と對抗, に地方色, の拘束

▼ 支那蝋燭~ (3, 0.0%)

1 が差, にゆっくり, を入念

▼ 支那貿易~ (3, 0.0%)

1 に関する特権, を始め, を獨占

▼ 支那農民~ (3, 0.0%)

1 の中, の技術, の食物

▼ 支那近代~ (3, 0.0%)

1 に於ける, の學術, の詩宗

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 に參つて, に通, の書籍

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 とよばれ, のわき, へ向う

▼ 支那~ (3, 0.0%)

1 は僕, やへ行く, をたべる

▼ 支那くさい~ (2, 0.0%)

1 においが, 男を

▼ 支那くん~ (2, 0.0%)

1 だりで, だり男

▼ 支那しかも~ (2, 0.0%)

1 唐代の, 歴史は

▼ 支那そして~ (2, 0.0%)

1 日本仏教の, 現代の

▼ 支那そのもの~ (2, 0.0%)

1 が難解, ではない

▼ 支那その他~ (2, 0.0%)

1 の東方, も亦

▼ 支那たる者~ (2, 0.0%)

1 ぞ, の誰たる

▼ 支那です~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 支那でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ば味

▼ 支那での~ (2, 0.0%)

1 事ゆゑ忠臣が, 共産主義の

▼ 支那でばかり~ (2, 0.0%)

1 お暮し, お暮らし

▼ 支那とも~ (2, 0.0%)

1 つかず西洋, つかぬ甚だ

▼ 支那とを~ (2, 0.0%)

1 了解せね, 対等の

▼ 支那などに~ (2, 0.0%)

1 對し, 比べて

▼ 支那などの~ (2, 0.0%)

1 旅行ばなしを, 東洋の

▼ 支那なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 燕

▼ 支那にでも~ (2, 0.0%)

1 ありそう, 南洋にでも

▼ 支那にとっても~ (2, 0.0%)

2 又とある

▼ 支那にまで~ (2, 0.0%)

1 聞こえて, 足を

▼ 支那に対しては~ (2, 0.0%)

1 当然の, 言へ

▼ 支那のみに~ (2, 0.0%)

1 在る宿根草, 産する落葉喬木

▼ 支那ふう~ (2, 0.0%)

1 のちょっと, の山荘

▼ 支那まんじゅう~ (2, 0.0%)

1 をお, を仕込ん

▼ 支那ソヴェト地方~ (2, 0.0%)

1 の味方, をぶっ

▼ 支那トルキスタン~ (2, 0.0%)

1 における多く, の地方

▼ 支那バス~ (2, 0.0%)

1 あるいはチャンバス, は蓮根

▼ 支那一般~ (2, 0.0%)

1 の接客法, の風習

▼ 支那上海~ (2, 0.0%)

1 に於, の方面

▼ 支那事件~ (2, 0.0%)

1 などにも野, のところ

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 只形骸, 日本ノ

▼ 支那人さん~ (2, 0.0%)

1 もうい, もういい

▼ 支那人ども~ (2, 0.0%)

1 が飯, は一人一人桟橋

▼ 支那人みたい~ (2, 0.0%)

1 ななり, なもん

▼ 支那人リイ・ハン・フウ~ (2, 0.0%)

1 に直ぐ, を怪しい

▼ 支那人一般~ (2, 0.0%)

1 にも通用, に信ぜられ

▼ 支那人中~ (2, 0.0%)

1 には戦火, に多い

▼ 支那人夫~ (2, 0.0%)

1 の一人, の背中

▼ 支那人式~ (2, 0.0%)

1 だなと, の仕方

▼ 支那人形~ (2, 0.0%)

1 の眼, の瞳

▼ 支那人最近~ (2, 0.0%)

2 の覺醒

▼ 支那人流~ (2, 0.0%)

1 の悪臭, の法螺

▼ 支那人経営~ (2, 0.0%)

1 の料理屋, の百貨店

▼ 支那人部屋~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, へとびこん

▼ 支那人陳施寧~ (2, 0.0%)

1 が全く, 殺されしは

▼ 支那以上~ (2, 0.0%)

1 に待遇, に発達

▼ 支那住民~ (2, 0.0%)

1 の九割, の非常

▼ 支那保全主義~ (2, 0.0%)

1 ノ徹底ヨリ, ヲ堅持スル日本ハ彼トノ衝突ニ於テ

▼ 支那公使~ (2, 0.0%)

1 となれ, の袁世凱

▼ 支那公使昇格問題~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 支那公使館~ (2, 0.0%)

1 にいた, のまえ

▼ 支那兵士~ (2, 0.0%)

1 が捕虜, の中

▼ 支那其の~ (2, 0.0%)

2 他の

▼ 支那切っ~ (2, 0.0%)

1 ての名門, ての貿易商

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 インドマレイポリネシア等の, インド南洋から

▼ 支那印度七億~ (2, 0.0%)

1 ノ同胞ハ實ニ我ガ扶導擁護, ノ同胞ハ我ガ扶導擁護

▼ 支那及支那人~ (2, 0.0%)

1 なるもの, に対する根本的態度

▼ 支那反物~ (2, 0.0%)

2 よろしいか

▼ 支那史上~ (2, 0.0%)

1 に頗る, の偉人

▼ 支那史學史~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を大

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 樣に, 樣の

▼ 支那和蘭~ (2, 0.0%)

1 さえその, にし

▼ 支那哲學~ (2, 0.0%)

1 の上, の研究

▼ 支那哲學史上~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 支那商店~ (2, 0.0%)

1 が其, の軒頭

▼ 支那囘教~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ 支那囘教徒~ (2, 0.0%)

1 が支那暦, の數

▼ 支那国土~ (2, 0.0%)

2 の天然

▼ 支那国産的~ (2, 0.0%)

1 なるもの, な画風

▼ 支那國民性~ (2, 0.0%)

1 の缺陷, はさ

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 花瓶が, 街の

▼ 支那大衆~ (2, 0.0%)

1 の或, の敵愾心

▼ 支那太古~ (2, 0.0%)

1 の人類起原説話, の民

▼ 支那夫人~ (2, 0.0%)

1 の典型, の美徳

▼ 支那委員~ (2, 0.0%)

1 の言, は戰鬪開始

▼ 支那娼婦~ (2, 0.0%)

1 の張店街, を収容

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 で有名, ひの

▼ 支那學教授~ (2, 0.0%)

1 であつ, として同校

▼ 支那官場~ (2, 0.0%)

1 の如き, の常態

▼ 支那宮廷~ (2, 0.0%)

1 に奉仕, の宴遊

▼ 支那専門~ (2, 0.0%)

2 の本屋

▼ 支那少年善金~ (2, 0.0%)

1 と伊孫, はおずおず

▼ 支那帝国~ (2, 0.0%)

1 も久々, を暗示

▼ 支那帝國~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は正に

▼ 支那建設~ (2, 0.0%)

1 の協力者, の基礎条件

▼ 支那当局~ (2, 0.0%)

1 に向, は直ちに

▼ 支那志士~ (2, 0.0%)

1 に劣らざる, の間

▼ 支那情調~ (2, 0.0%)

1 になつて, のある

▼ 支那扇子~ (2, 0.0%)

1 で顎, を持っ

▼ 支那数千年~ (2, 0.0%)

2 の今

▼ 支那数学史~ (2, 0.0%)

1 の闡明, を説い

▼ 支那文人~ (2, 0.0%)

1 の住居, の特色

▼ 支那文学史~ (2, 0.0%)

1 との関係, を守田

▼ 支那料理店紹興~ (2, 0.0%)

1 での同じ, の主人

▼ 支那料理法~ (2, 0.0%)

1 の憲法, の論語

▼ 支那旅行中~ (2, 0.0%)

1 には有り, にも幾度

▼ 支那明代~ (2, 0.0%)

1 に於, の壺

▼ 支那~ (2, 0.0%)

2 數の

▼ 支那朝鮮日本~ (2, 0.0%)

1 の三国, 同じ支那

▼ 支那本来~ (2, 0.0%)

1 の文字, の舞台

▼ 支那梅毒~ (2, 0.0%)

1 でああ, でまごまご

▼ 支那模倣~ (2, 0.0%)

1 は当代, もよい

▼ 支那殊に~ (2, 0.0%)

1 北支など, 齊

▼ 支那民家~ (2, 0.0%)

1 が五, の一室

▼ 支那気分~ (2, 0.0%)

1 で無作法, の一端

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 がとまっ, が指先

▼ 支那沿岸~ (2, 0.0%)

1 に及んだ, のある

▼ 支那沿海~ (2, 0.0%)

1 の埠頭, へ貿易

▼ 支那海一帶~ (2, 0.0%)

1 に渉つて海上, は英佛艦隊

▼ 支那游記~ (2, 0.0%)

1 と, のなか

▼ 支那滯在中~ (2, 0.0%)

1 に起つた, 屡

▼ 支那火鉢~ (2, 0.0%)

1 には炭, の模様

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 の腹, やない

▼ 支那現在~ (2, 0.0%)

1 の事情, の程度

▼ 支那生活~ (2, 0.0%)

1 の表裏, の間

▼ 支那画家~ (2, 0.0%)

1 の一派, の絵

▼ 支那的性格~ (2, 0.0%)

1 という, というもの

▼ 支那的空想~ (2, 0.0%)

2 に耽りたる

▼ 支那的色彩~ (2, 0.0%)

1 を帯び, を帶びて

▼ 支那知識層~ (2, 0.0%)

1 と提携, の個々

▼ 支那社会~ (2, 0.0%)

1 に起る, の中産階級以下

▼ 支那稗史~ (2, 0.0%)

1 から材料, をまねた

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 と小さい, のステッキ

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 は絶えず, を買っ

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 と共に柱, に囲

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 と目, の美

▼ 支那系統~ (2, 0.0%)

1 の別種, の民族

▼ 支那紙研究~ (2, 0.0%)

2 の材料

▼ 支那統一~ (2, 0.0%)

1 のとき, の時

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 に高雅, の表

▼ 支那総督~ (2, 0.0%)

1 となり, の監督

▼ 支那總督~ (2, 0.0%)

1 となり, の監督

▼ 支那織物~ (2, 0.0%)

1 に對, を研究

▼ 支那~ (2, 0.0%)

2 と菊

▼ 支那茶館~ (2, 0.0%)

1 へ持ち込んだ, へ行っ

▼ 支那菓子~ (2, 0.0%)

1 とからはつよく, を始めた

▼ 支那西部~ (2, 0.0%)

1 に亙る, に入っ

▼ 支那訳書~ (2, 0.0%)

1 のあった, を土台

▼ 支那詩文~ (2, 0.0%)

1 の全盛時代, の模倣

▼ 支那語学者~ (2, 0.0%)

1 である若林兵吉先生, で私

▼ 支那語教育~ (2, 0.0%)

1 のため, の理論

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 の律, や

▼ 支那起原説~ (2, 0.0%)

1 の立て得られし, はあぶない

▼ 支那辺海~ (2, 0.0%)

1 に迫る, を擾

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 から直接, りの

▼ 支那部落~ (2, 0.0%)

1 で獲物, に屯

▼ 支那里數~ (2, 0.0%)

1 で計, を使用

▼ 支那銀行~ (2, 0.0%)

1 の頭取, は翌日

▼ 支那銀行団~ (2, 0.0%)

1 に左右, の勢力

▼ 支那関係~ (2, 0.0%)

1 が四十六位, のもの

▼ 支那~ (2, 0.0%)

2 剌比亜波斯皆魔法の

▼ 支那音楽~ (2, 0.0%)

1 の節, を奏し

▼ 支那風模倣~ (2, 0.0%)

1 でもない, とは言

▼ 支那饅頭~ (2, 0.0%)

1 の好評, もこの

▼ 支那香港~ (2, 0.0%)

1 に待機, の領事

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 にまたがった, にまたがり

▼ 支那駐在~ (2, 0.0%)

1 の皇軍慰問, の米国使臣

▼ 支那~ (2, 0.0%)

1 があるでせう, という奴

▼1* [827件]

支那ありてより, 支那いづれも大, 支那うどんを食べさせ, 支那おかゆを町, 支那かということに, 支那かぶれの荻生徂徠, 支那からかあるいは両方, 支那くささを, 支那さわいでるが, 支那さんいつしよに, 支那じゅうで, 支那その物が, 支那その他東洋の美術品, 支那そば一ぱい食べたきり, 支那そば一杯と老酒いっぱい, 支那そば並のを二丁くん, 支那そば会をしよう, 支那そば屋寿司屋たい焼屋色々な匂い, 支那そば雲呑のうまい, 支那それから馬来馬来から, 支那たらんとする, 支那たる以上籐椅子と, 支那だけが持って, 支那だけは大分国民的自覚を, 支那だの天竺や, 支那ゅうところはまだ, 支那やあなた, 支那ってとこには, 支那つてこんなに大きい, 支那てら上海てら行くいう, 支那でありながら近頃, 支那でありましても決して, 支那でさえこれを, 支那でなくちゃ聞かれない, 支那でなくってはあり, 支那でなけりゃ内地へ, 支那でのみ書道なる, 支那とかいう東洋諸, 支那とかいふものと, 支那とちがふし, 支那とに限る, 支那どすがな, 支那などから出る古, 支那などで用ひ, 支那などでは銅貨が, 支那などでも夢の, 支那などは習慣を, 支那なり西洋なりに, 支那なんかよりもっと古い, 支那にじゃない, 支那にだって偉い人, 支那についても日本についても, 支那にとってはまことに不面目, 支那にのみ産する, 支那に対し世界に対して, 支那あんな魚機, 支那のについてもそのすべて, 支那のの模倣に, 支那のみでなく波斯語系, 支那のみで知り難く, 支那のみは殆ど絶對的に, 支那のむのに, 支那へさえ来て, 支那へとばかり思って, 支那へなんか来てや, 支那ほどの美くし, 支那また和を, 支那までの脱走に, 支那までも進出する, 支那みたいに一人, 支那みやげとして売り出した, 支那きたる驛名, 支那めいていた, 支那めし屋の障子, 支那もさようには違っ, 支那ゆきはその, 支那吠えよ, 支那よりは後に, 支那らしき趣を, 支那らんちゅうの目, 支那わけどりの割前, 支那わりにうまし, 支那をのみ責むべ, 支那ををさめると, 支那を以て日本文化の, 支那アラビア等では時代, 支那インテリ青年は多かろ, 支那インドそれからやや, 支那インドエジプトその他の諸国, 支那インドギリシアそれから朝鮮, 支那インドマレー半島その他虎の産地, 支那インド八ヵ国の少年, 支那インド等に見ざる, 支那オレンヂの祕密, 支那ギリシヤからはじまつ, 支那グリルで夕食, 支那コックが帰らず, 支那ゴロと同棲, 支那ジャバ及び日本, 支那ジャバ前後インド諸国の産, 支那ジヤンクを浮べ, 支那ソバ三十とちがっ, 支那ソバ五十銭と書いた, 支那ダンサーとタンゴ, 支那チベットインドマレー諸島に住む, 支那チョッキをじかに, 支那トルキスタン庫車内トングスバス發掘の塑像佛頭, 支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, 支那ト米國トニ一齊ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, 支那ト英國トノ衝突ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, 支那ドンスの緋, 支那ニ投資的侵略ヲ學ビタルコト悉ク獨逸, 支那ニ於テ二國ガ亦同, 支那ニ臨ム時明治大帝ハ何ノ爲メニ日露, 支那ノミナラズ日本ノ何処カヲ旅シタ折ニモ, 支那亦大, 支那ハイフォンの出張所詰, 支那ハサテ置キ我邦ホド古物ヲ疎略ニスル国ハ有ルマジト思フナリ, 支那ビルマタイに限られた, 支那ビルマ印度における彼等, 支那ビルマ米国に産, 支那ビルマ米国等の硝子蛇, 支那フィリピンとアジア, 支那ブルジョアを, 支那ペケそれ逃げろ逃げろよろしい, 支那ペルシアエジプトイタリアは時, 支那ボウイの一隊, 支那ボーイが一人, 支那ポリネシアフィンランドエジプト及びフェニシア伝説, 支那ミザクラ欧洲産の者, 支那ヨリ旧ク舶来セシ器物, 支那ヨリ來ル者ニシテ大ニシテ文章, 支那ロシアに対する戦争, 支那一つは南洋, 支那一切の諸, 支那一國の文明, 支那一帯の諸, 支那一帯地方の事情, 支那一帶殊に山東地方, 支那三千年第一等, 支那三国の無頼漢, 支那三国志の関羽, 支那三民主義から始め, 支那上代より存, 支那上古の政史, 支那上国ノ人, 支那両刀の店, 支那両替屋の招牌, 支那に波斯以西, 支那並びに朝鮮に, 支那に見られる, 支那中心の思想, 支那主義の眼, 支那のわき, 支那事変以後魯迅さんはぼく, 支那事変以来の経験, 支那事変以来小説が書き, 支那事変以来日本人ともお, 支那事変傷痍軍人後援会主催全国同盟新聞社森永製菓株式会社後援映画と講演, 支那事変勃発当時作戦部長の重職, 支那事変勃発頃の満州軍, 支那事変紀念日の挨拶, 支那事変終止を早から, 支那二十二朝を通じて顕れたる, 支那二千餘年の歴史, 支那五獄の随一, 支那交趾などのあらゆる, 支那人ぐらゐ心理の複雑, 支那人すべてを賃銀奴隷, 支那人それらのもの, 支那人なみのヘロ中, 支那人みずからの文化, 支那人アメリカにいる, 支那人アングロサクソン人の利, 支那人ボウイ兵卒ロシア人の売春婦三人, 支那人ポルトガルの詩人, 支那人ロシヤ人ギリシヤ人などといった国籍, 支那人ロン・ウウとして知られ, 支那人七人と朝鮮人八人, 支那人乗客も大, 支那人五人組が来た, 支那人人肉ヲ食フノ説, 支那人以外にも会員, 支那人仲仕が大層, 支那人仲間にもいくらか, 支那人何をあんなに, 支那人使用の文字, 支那人信者を獲得, 支那人南洋人等は何れ, 支那人印度人時には埃及人, 支那人印度人伊太利人その他ケンタッキーアルカンサス等の南部亜米利加人, 支那人口に対する一切, 支那人同士はさ, 支那人同姓と婚, 支那人向の実, 支那人向きであろうが, 支那人商人の住む, 支那人固有の道教儒教, 支那人坊主は未練そう, 支那人墓地馬来人墓地めぐりて, 支那人大に恐れ, 支那人好みの野菜, 支那人姿となっ, 支那人嫌ひで有名な平田篤胤, 支那人子供はだいぶ, 支那人季参の妾, 支那人官仕して, 支那人宣教師按摩軍人ヤンキーアイヌ似ても, 支那人居住地区では汚水, 支那人巡捕が, 支那人巡査を小馬鹿, 支那人巡警の影, 支那人式喧嘩を見, 支那人意気地なし面あて, 支那人排日運動の事, 支那人朝鮮人ノ移住, 支那人朝鮮人たち労働者がサヴエート同盟, 支那人朝鮮人等の男女, 支那人東洋全体を見渡した, 支那人根性の發露, 支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 支那人洋服店評判よし, 支那人火夫も, 支那人生活をし, 支那人的で面白い, 支那人目を暈す, 支那人直伝の東坡肉, 支那人相手の商売, 支那人相當の考, 支那人研究を始める, 支那人等の区別, 支那人紡績会の集団, 支那人美術商リイ・ハン・フウの名, 支那人職工の群, 支那人腕くらべ等何れも三讀三, 支那人自分で發明, 支那人苦力が沢山, 支那人華靡駢儷對偶の文體, 支那人虎を呼ん, 支那人観なるもの, 支那人覺醒の程度, 支那人賈陽山君が肉, 支那人車夫のうろ, 支那人通訳はいつたい, 支那人連は一斉, 支那人部落の赤土道, 支那人露西亜人または名, 支那人骨董商リイ・ハン・フウは事実, 支那今後の興廢盛衰, 支那今日の最大急務, 支那仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 支那以来団という名, 支那以西の諸, 支那伝奇小説の翻案的架空性, 支那伝承の端午, 支那伝来風にいえ, 支那何事か行われ, 支那佛教上忘るべからざるこの, 支那佛教學必携予在英, 支那佛教界に新しい, 支那併合の機, 支那來航の外國船, 支那侵略を企て, 支那便箋を幾つ, 支那便覧をつけ, 支那保全ノ確保, 支那保全ニ於ケル日英開戰ハ已ニ論議時代ニ非ザルナリ, 支那保全策ハ或ル程度ニ於テ支那, 支那保安隊式のもの, 支那俳優の舞技, 支那側自慢の楊州料理, 支那傭兵と同じ, 支那と朝鮮傳, 支那傳來以外に實驗體得, 支那傳來説を述べよう, 支那傳道史上有名なる天主教, 支那僧侶の好意, 支那僧密林師犬養翁また私, 支那元代投火機の, 支那全体についてはまた, 支那全国が道, 支那全部を井田, 支那公使館員風変りな衣裳, 支那公本船へ来い, 支那六朝の仏像, 支那共産党の一つ, 支那共産派は崩壊, 支那兵あたりが使用, 支那其他は日本, 支那内地旅行の時乘用, 支那寒厳しき地, 支那出來の枕, 支那出發間際に起つた, 支那分けどり争いを, 支那刑法史曰く経子一家言曰く周易一家言曰く読書五十年この五部, 支那劇母などの評, 支那労働者農民がもろとも, 支那労働者達が道端, 支那勢力を一掃, 支那北京辺の兎, 支那北洋艦隊の全滅, 支那北部は太古時代, 支那医者は有意, 支那十二三万人日本三千五百ロシア数万の由, 支那西洋の, 支那の前, 支那南岸に立脚, 支那南方に起った, 支那南洋へと見学, 支那南海を黒潮, 支那南蛮の物, 支那南蛮諸島西欧の国々, 支那印度亜刺伯西洋という順序, 支那印度日本等に於, 支那印度朝鮮語ハ亦當然ニ國際語ノタメニ亡ブベシ, 支那印度洋に, 支那印度等の大陸的国民, 支那印度西洋の各国, 支那即ち廣州に, 支那が入らぬ, 支那原産本朝高僧伝及元亨釈書に後鳥羽帝, 支那又は至那等は, 支那古代人は事実そこ, 支那古代史の研究, 支那古代婚姻は人, 支那古代陶器が単なる, 支那古典的趣味の上, 支那古来の聖人たち, 支那古詩の結尾, 支那の西洋鍍金, 支那史学の立場, 支那史家中最も能文, 支那史書の中, 支那同様ただ馬, 支那同様竜に髪, 支那名士は微笑, 支那名物のひとつ, 支那向きの物, 支那周代の朝廷及諸侯, 支那和蘭等の商館, 支那哲学仏教哲学や況して, 支那を声高, 支那唐朝の制, 支那唐紙がどんなに, 支那商人団の希望, 支那商業団体の各, 支那商館の石, 支那問題バルカン問題米国の排日問題, 支那器具や生命, 支那器物は何, 支那四億の民衆, 支那四川省と西蔵, 支那四川省巴東三峡に擬し, 支那四百余州第一等, 支那団扇のまね, 支那国古来の政法, 支那国帝に対し兵, 支那国民説話の固有, 支那國民間の評判, 支那在留中のアメリカ宣教師諸君, 支那地名人名字典まだ出版, 支那坊主は掛値, 支那の短剣, 支那埃及方面に極めて, 支那塞外の蠻族, 支那塞外民族の言語地理, 支那士女の實状, 支那の国, 支那外交の最高政策, 支那大人式編集を始めた, 支那大使林権助氏が奉天, 支那大分騒いで, 支那大官らしい歩きつき, 支那大陸文化の輸入, 支那大陸紀元八十万一年重陽の佳日, 支那大陸黄土地帯のあの, 支那天台宗の外, 支那女学生が三四人, 支那女工等が砕片, 支那女特有の秘密好き, 支那女眼脂の出た, 支那であると, 支那姑娘だが, 支那娼婦謂ゆる, 支那婦人ソックリの感じ, 支那婦人間ノ強, 支那嫌ひで有名で堯舜禹湯文武周公, 支那子夫人などをキオク, 支那で書い, 支那字典には出, 支那字威で威骨, 支那字音においては転, 支那学界の進歩, 支那学者ドクタア・エス・ウェルス・ウィリアムは支那, 支那学者内藤湖南氏の息子, 支那学説とインド本土, 支那學問の研究, 支那學專門の教授, 支那學支那文學科といふ, 支那學最初の講座, 支那學會の大, 支那學者といつて差支はない, 支那學者プロフエツサーレツグはその, 支那學者間には知られなかつた, 支那學講座擔任の最初, 支那學講座資本を寄附, 支那宋時代の哲學, 支那宋末の官人たち, 支那宗教の講義, 支那宗教大系と云, 支那宗教論の中, 支那官人と婦人, 支那官吏處世の第, 支那官場特有の中飽, 支那官軍の包囲, 支那宦官の智能, 支那宮女風カルメン風歌麿風などあらゆる, 支那の中, 支那家具ががらん, 支那家屋ほこりをかむった, 支那富豪に附き, 支那の伝導標語, 支那寺院の塔, 支那将校が瓜, 支那将軍の姿, 支那小説中誨淫の譏, 支那小説中鬼狐を説い, 支那小説云々の話, 支那少女ばかりで, 支那少年伊孫がいった, 支那少年金椎であったこと, 支那居留の大食商賈, 支那で雲呑, 支那ノ小, 支那山東の地, 支那岬インド岬と名づけた, 支那崇拜家が例, 支那崇拝は頗盛ん, 支那巡査の許し, 支那巡査ぬかるみのまま固化, 支那工人たちのマルキシズム, 支那市場であって, 支那市街は東西南北, 支那布教上の一大暗礁, 支那布教中眞主靈性理證, 支那希臘の蠅, 支那の使, 支那帝使を西班牙帝使, 支那帝使進貢を求む, 支那帝國史にも支那語言文字, 支那帰りの商人, 支那常識だけを要求, 支那に支那服, 支那幸福になりません, 支那の玻璃, 支那店員の接客術, 支那弁当とって, 支那式建築が残っ, 支那式建設であって, 支那式教練をはじめ, 支那式模製の日本鏡鑑, 支那式黄竜の仕掛け花火, 支那強くなつて, 支那影響を受けた, 支那に倣っ, 支那には西洋, 支那後世の書籍, 支那後代の法律, 支那復興の機運, 支那思想そのものを批判, 支那思想界は如何, 支那怪奇小説集を讀んだ, 支那我国においてその, 支那或は朝鮮から, 支那或はまたエジプトなどを, 支那戦線にもいた, 支那戰國時代は周室, 支那所傳の諸説, 支那手品の高座, 支那抜きのアジア仏教大会, 支那拳法が伝来, 支那持ち越しの通俗道教, 支那提灯を釣り下げ, 支那撃つべしという種類, 支那支那何事か行われ, 支那支那現在の事情, 支那放送権を奪われ, 支那政局の根本動力, 支那政庁に都合, 支那政治家の不, 支那教界の大, 支那散文考を読む, 支那数学研究の目的, 支那数学者よりもやや, 支那文人画の小点, 支那文化研究者就中儒教研究者はこの, 支那文化遺物の變形, 支那文化黎明時代人に穀食, 支那文学中最も愛すべき, 支那文学古典をお, 支那文学模倣とも言, 支那文学研究者の眼, 支那文学者一戸務君を訪れる, 支那文學書目解題に據, 支那文學科といふ, 支那文學美術すべて支那影響を受けた, 支那文庫とある, 支那文明記支那漫遊記支那仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 支那文様の趣き, 支那文物の渡来, 支那文獻を渉獵, 支那文研究に費やす, 支那理って, 支那料理それも量, 支那料理ハマムラへ宿, 支那料理一福ての, 支那料理三つ四つビールをのむ, 支那料理三十六碗の献立, 支那料理人をよん, 支那料理今で言, 支那料理天華倶楽部へ, 支那料理好きやのん, 支那料理屋みたいなペンキ塗り, 支那料理店主東京一高価な靴店セキド, 支那料理持参で来り, 支那料理支那コックが帰らず, 支那料理文子はいろいろ, 支那料理満腹する程, 支那料理簡易食堂平民バーといったよう, 支那料理自分はこの, 支那料理西洋料理が結構, 支那料理風のもの, 支那方あたりから転出, 支那旅行以来のもの, 支那旅行家より聞いた, 支那旅行後もああ, 支那日本両国の学界, 支那日本南洋インドペルシャとにかく地球上, 支那日本皆其現はし, 支那日本等の東洋, 支那明代清代の所謂赤繪, 支那明清のもの, 支那時としては比類, 支那時変二周年記念日黙祷回向私も日本人, 支那時局に関する所, 支那智識そのものが凡て斷片的, 支那書史の著者, 支那書籍の總目録, 支那書籍目録の分類, 支那最初の目録, 支那最古の書, 支那最近の國粹主義, 支那服いつでん金, 支那服特有の裾, 支那服貴様の腕前, 支那朝鮮あたりを旅行, 支那朝鮮亞米利加歐羅巴あらゆる國, 支那朝鮮内地に活躍, 支那朝鮮南洋的では, 支那朝鮮同様弥勒仏の名, 支那朝鮮征伐の計画, 支那朝鮮民族ヲ迎ヘテ先住, 支那朝鮮風の模樣, 支那未曾有の大, 支那本草を集成, 支那村落で駅員, 支那楼閣山水のみ描い, 支那のよう, 支那楽以上であるが, 支那楽土説起りマルコポーロ, 支那楽高麗楽よりも東遊び, 支那を据えつけ, 支那正史に載つ, 支那歴史上決して輕, 支那歴史上尋常の出來事, 支那歴史家に隨分, 支那歴史的思想の起源, 支那歴朝名媛詩鈔車塵集を読み, 支那に北支那, 支那民族分割の運命, 支那民族南下の事, 支那民族性への洞察, 支那民族發展の跡, 支那民族研究への一寄与, 支那民衆ニ対シテ剣ヲ振, 支那民譚の影響, 支那汽船会社の便船瑞生号, 支那法曹間に允, 支那法系の法律, 支那泰西ニ至ル迄古代, 支那洪水神話の英雄, 支那派遣の坊さん, 支那派遣以前になつた英國人, 支那派遣軍総司令官閣下, 支那派遣隊司令部付となった, 支那流儀にただ, 支那流劍法も決して, 支那流政策で遂に, 支那浪人特有の虎髯, 支那浪人臭も無, 支那海あたりの雨, 支那海一帯はトロール船, 支那海南の航路, 支那海南路猶看, 支那海岸に出, 支那渡來の方式, 支那渡来の物, 支那湖南の衡州府華光寺, 支那湖州の菱湖鎮, 支那滿洲シベリアまで普及, 支那漁船の供給, 支那漢人ネグリートインドネシアなどがまじりあった, 支那漢代の瓦器, 支那漢時代の石, 支那漫遊記支那仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 支那火夫の忍従, 支那焼火鉢の灰, 支那焼花瓶左右の大, 支那焼酎の残り, 支那煙草のミュズ, 支那燈籠の光, 支那爪哇蘇門多羅, 支那版画展覧会があっ, 支那牛莊の衞生局附屬醫院部長, 支那物二三金ずしですし, 支那特殊の発生, 支那特産の樹木, 支那猥談を草する, 支那玉虫や鴛, 支那王国の年代記, 支那現代文学叢書第一輯, 支那現地の人々, 支那産物誌や植物誌, 支那産藍菊の根分, 支那町傅家甸の新, 支那画山水とまた, 支那留學の人々, 支那留學中可なり苦しい, 支那を論ずる, 支那百姓工人苦るしめる, 支那的キリスト教を説く, 支那的ロン・ウウがまた, 支那的形象文字は亞細亞, 支那的思想封建的形式的思想これを破壊, 支那的特殊なもの, 支那的誇張風流の定型, 支那的論理によれる, 支那的音声で, 支那皇帝たる者の一, 支那目録學の大成, 支那と稱, 支那研究家がどんな, 支那磁州窯の白釉, 支那神仙界より移植, 支那神仙説中の蓬莱山, 支那禅宗曹洞宗の開祖, 支那福州の林氏, 支那のチャウチャウ, 支那からばった, 支那等植民地諸国の代表者, 支那米明日は, 支那精神の本質, 支那紀行と云った, 支那紙全般の原料, 支那紙幣を受取らなくなっ, 支那紙晨報を拾い読み, 支那紙西傳時代に關係, 支那紙輸入の年代, 支那素麺のよう, 支那紳士とを除け, 支那経済と社会, 支那経済恐慌の主因, 支那経由で日本, 支那統治の要, 支那經典の英譯者, 支那經濟叢書を魁, 支那縮緬の女, 支那織りの黒い, 支那繪畫の拘束, 支那繻子に, 支那の一傍系, 支那群衆に取り巻かれ, 支那職工がゐた, 支那職工達が建物, 支那肖像畫の流行, 支那ラノ力ヲ, 支那を帯びた, 支那臭いが併, 支那臭く点景の, 支那臺灣から日本, 支那舞踊の影響, 支那舟夫によってノタリノタリ, 支那芝居中一番面白かりしは, 支那芝居見物記はこの, 支那花鳥画の名手徐熙, 支那芸術の標本, 支那若しくは朝鮮の, 支那茶碗に一つまみ, 支那著名の藏書家, 支那蕎麦一品洋食と, 支那蕎麦大福餅にうどん, 支那藝術一般の傾向, 支那蘭鋳の鉢, 支那蜜柑も紀州産, 支那に僕, 支那行商人元気がよい, 支那街路は全く, 支那製ラシイ牡丹ノ刺繍, 支那製作品を其, 支那西域の庫魯克格, 支那西域タクラマカンの荒野, 支那西洋その他あらゆる国, 支那見学に赴いた, 支那見物をするべく, 支那見聞録にも支那人, 支那視察に出掛ける, 支那観光に出掛ける, 支那訳経の飛狸, 支那詩人もしくは日本, 支那語日本語に通ぜざる, 支那語科出身で若い, 支那語言文字に就い, 支那語訳のサンスクリット, 支那語講座テキストの裏, 支那語講座流の発音, 支那語韻の街, 支那語風に発音, 支那警官の銃口, 支那警察に対して厳重, 支那象牙の日, 支那財界の大, 支那貴婦人を二人, 支那貿易商福昌号の裏口, 支那資本はもはや, 支那資本家の一団, 支那賢人の虚偽, 支那賭博を好まず, 支那贔屓といふこと, 支那赤絵展アイヌ作品展の如き, 支那起源と言い, 支那路線をたずね, 支那軍はちよつとした, 支那軍人の多, 支那軍用機となり得る, 支那軍編成についての紙上紹介者, 支那軍談とそっくり, 支那軽業師と同宿, 支那輸入の絹帛, 支那にある, 支那近代學界の一特徴, 支那近東こういう方面, 支那通どもが大, 支那通信員クックが切言, 支那通商はその間, 支那通有の一缺點, 支那通訳であるが, 支那進出はこの, 支那道徳が形式上, 支那道教の法王張天師, 支那遠征の将士, 支那遼東方面の明軍, 支那部安南部と分れ, 支那部教授も日本部教授, 支那酒場の隅ッコ, 支那酒老酒の本場物, 支那里数で行っ, 支那里磚瓦をもっ, 支那金魚二尾黒蝶のやう, 支那で二十両支払, 支那銅貨や珠子, 支那長持がある, 支那開發の蹟, 支那開闢以來未曾有の現象, 支那關係の學科, 支那陶器全書四巻を購, 支那陶磁の本山, 支那の高祖, 支那随一の湯屋, 支那隨一の屬國, 支那雑貨をいつ, 支那雑貨店にて水仙, 支那雜貨を商, 支那難民の診療救済, 支那露西亞ノ三大國ニ介在シテ自立スル能ハザリシ地理的約束ト, 支那の空, 支那青少年に, 支那青年層に多大, 支那青年李金成暗殺の物語, 支那青海省の南部チベット境, 支那面積に見積りまし, 支那革命擁護のため, 支那革命擁護ノタメニ諸君ハ支那ノ労働者, 支那革命運動の本拠, 支那革命黨の本部, 支那革鞄を横倒し, 支那鞄信玄袋を車夫, 支那鞄柳行李信玄袋本箱机夜具これを二階, 支那鞄柳行李更紗の蒲団夜具, 支那音曲にはまつたく, 支那音説である, 支那風のが一番味いね, 支那風俗の一つ, 支那風俗巻之上, 支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 支那風呂にはいらない, 支那風市街で同じく, 支那風日本風のあらゆる, 支那風景のよう, 支那風物研究会の出版, 支那風画を描き, 支那風石橋がかかっ, 支那風都市として名高かっ, 支那飯屋の前, 支那饂飩屋の淋しい, 支那饅頭チョコレート牛乳水飴等と多数, 支那饅頭屋があっ, 支那饑饉の原因, 支那首席代表が主唱, 支那馬来瓜哇あたりの売春婦, 支那驢馬乗りでした, 支那高勾麗両系, 支那高麗に押し寄せ, 支那などと俗, 支那麺包が蒸され, 支那麻製品の布地, 支那黒檀の机, 支那より見れ