青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「支倉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~換 換~ ~握っ 握っ~ 揺れ~ ~損 損~ ~撫で 撫で~ 支~
支倉~
~支度 支度~ ~支那 支那~ ~支那人 ~支配 支配~ 支配人~ ~改めて 改めて~

「支倉~」 1096, 12ppm, 9236位

▼ 支倉~ (283, 25.8%)

7 家に, 家を 5 上願書は, 妻の 3 事に, 姿は, 家から, 家の, 家は, 所へ, 旧悪を, 自白が

2 [31件] 事を, 利益を, 呪の, 場合には, 奇々怪々な, 奥さんの, 奴が, 奴は, 妻が, 妻静子は, 宅へ, 家へ, 容貌の, 居所を, 形相は, 意外な, 方で, 方を, 旦那が, 殊勝な, 為に, 留守宅で, 留守宅に, 細君は, 自白に, 自白の, 自白は, 言葉に, 運の, 顔に, 顔を

1 [173件] いる所, かっと見開いた, この返答, しょげ切った姿, やった事, ような, ような遣, カナイに, 一筋縄で, 一身上に, 万策尽きた, 上願書の, 不敵な, 事で, 事について, 事に関する, 事件は, 云い分, 云う事, 云う冤枉未決八年, 云う所, 今迄の, 仕業に, 僻みだろうと, 冤罪の, 前に, 前科については, 前身を, 口を, 否認は, 告白の, 呪いの, 嘲笑状は, 場合は, 変名じゃ, 大音声, 失踪を, 奥さんと, 奥さんに, 奥さん何とか, 女中の, 奴です, 如きは, 如き人間, 妄を, 妻に, 妻に対する, 妻子の, 妻子を, 妻静子の, 姦淫に関する, 姿が, 姿だった, 姿を, 宗教界に, 家だった, 家では, 容貌に, 容貌を, 寄越したもの, 居場所を, 居所に関する, 希望だ, 後を, 徹底的犯罪事実の, 忌避の, 怒号には, 思いつきも, 恐ろしい犯罪, 息遣いを, 悔悟は, 悪い癖, 悪事に, 態度に, 態度は, 憤怒は, 懺悔の, 我事ならざる, 戻ったの, 所在を, 所為と, 所謂, 手に, 手紙には, 手紙を, 持徴の, 放火事件の, 数々の, 断罪に, 方から, 方に, 方は, 旦那に, 旧宅出火当時の, 旧悪の, 昔の, 書信は, 未決監の, 本籍山形県へ, 検挙を, 死と共に, 死命を, 気持は, 油断なく, 派に, 満足を, 為め強姦されし, 犯した数々, 犯した罪, 犯罪は, 獰猛な, 申しますには, 申立ては, 留守宅の, 留守宅へ, 留守宅を, 監視を, 目的は, 相好は, 眼の, 眼は, 着物を, 私行上の, 秘密を, 立派な, 第三回, 第三回訊問, 第三回訊問後彼, 第二回, 第二回訊問, 策戦が, 細君と, 細君に, 細君静子も, 罪悪中最も, 美しい告白, 考えが, 肉体を, 胸に, 脈を, 自宅に, 自白当時の, 自白等について, 荷物は, 行きがけの, 行方不明に, 裁判長忌避の, 訊問に, 訊問は, 訊問も, 訊問を, 訊問中主任が, 訊問半に, 説に, 論じようと, 足が, 近所で, 迷惑は, 追究が, 逃亡した, 逃亡を, 這入る所, 逮捕には, 逮捕は, 運命に, 運命を, 野郎を, 鋭い眼, 隣の, 隣家から, 隣家の, 頭は, 頭上には

▼ 支倉~ (236, 21.5%)

3 こ, 彼の

2 [12件] いよ, 一目見る, 中, 主任の, 叫んだ, 哀れな, 少しも, 彼が, 忽ち元, 漸く顔, 相変らず, 苦しそう

1 [206件] あきれたよう, ある嫌疑, あわて, いつまでも, いま, うなずいた, うなずきながら, きっとなっ, きっと唇, きっと大きい, こう怒号, この事, この決定, この送達書, こんな手段, さっきから, さる者, じっと眼, じっと自分, じっと頭, その密告, その後時折神戸氏を, それを, そんなヘマ, そんな人間, とう, とうとう死刑, どうした, どこに, なしと, ぬっと頭, のろ, またプッツリ, エスパニヤ国王に, ギクリと, グッタリし, ジリ, スラ, チラと, ヒラリと, ブラリと, ホッと, 一審以来正に, 一度喋り出す, 一方裁判長, 一身を, 三光町へ, 不意に, 不機嫌, 之から, 二人ばかりの, 二十日間未決監に, 云い悪く, 今は, 今日只今より, 今神楽坂署, 今警察, 何とて小林貞, 何と答えた, 便所の, 僕達に, 先ず彼女, 先に, 公判の, 公判直後より, 公式の, 六月十三日の, 六月十九日即ち, 再びきっと顔, 再び忌々し, 冒頭に, 別に, 前に, 前回の, 割に, 助かりますでしょうか, 又し, 叔父の, 口惜しそう, 口癖の, 品川署の, 唖然と, 唯一の, 喘ぎながら, 喚いた, 喚き立てた, 嘯いた, 境内の, 大きな眼, 大正六年六月十九日附で, 奥の, 妻が, 妻の, 委曲を, 容易に, 少し狼狽, 少し面, 尚も怒号, 庄司氏の, 度々頭, 当時に, 当時電車が, 後にこの, 徹頭徹尾犯罪事実, 忽ち声, 忽ち足, 忽ち身, 恐い顔, 恐れる色, 恐怖の, 恨みの, 恰も自分, 悪びれずに, 感激の, 態と裏路, 態と足, 慰藉料として, 控訴後も, 放火を, 放還せられたの, 文筆の, 既に此時分, 日に日に悪, 早くも, 暫く息, 暫く新た, 暫く睨む, 果してどう云う, 果してどんな, 果して控訴, 果して有罪, 果して渡辺刑事, 枯薄の, 根岸の, 極悪人として, 欣々然として, 正に奈落, 此頃お, 殆ど泣かん, 殊勝な, 毬栗頭を, 気色ばんだ, 注文する, 流石に, 淋しい独房, 深刻な, 激しくか, 激怒した, 然し答えよう, 牧師の, 犯した罪, 独特の, 獄中から, 獄中で, 異様な, 白を, 百円なら, 相変らずぶっきら, 看守達に, 眼を, 知って, 知らなかったかも, 石子刑事の, 神戸氏が, 神戸牧師が, 神戸牧師に, 神戸牧師の, 神楽坂署で, 神楽坂署へ, 私を, 第一審, 第二回, 終始一貫と, 絶えず哀願, 続いて, 繰返し署長に対して, 能勢弁護士から, 脅迫の, 自分には, 苦り切って, 苦悶の, 荒々しく答えた, 蒲団を, 裁判長の, 記憶喪失どころか, 誰か, 諦めたよう, 貞との, 貞に, 貞を, 身から, 身に, 逃げたん, 逃走後一ヵ月有余三月の, 逮捕せられる, 遂に姿, 頑丈な, 頭を, 顔を, 顔面蒼白或いは, 飛上った, 驚いて, 高輪の, 黙々とし, 黙って, 黙り込んだ牧師

▼ 支倉~ (116, 10.6%)

4 獄中で 2 何でえ, 怪しいと, 果して彼女, 自白を, 貞子を

1 [102件] あなたに, いかに庄司氏, いかに彼, いたと, いたら, いつも駅, いないと, この家, そう云った, その女, その書信, その死体, それと, どうかした, どうした, どうと, どんな罪, ぬっと現われた, ひるむ色, また輪, もし浅田, よろ, ガミ, 一目見る, 一筋縄で, 不機嫌に, 乗込むかも, 乱暴を, 云うよう, 人を, 今どこに, 今古我判事, 何んと, 何事か, 何事を, 又特別, 古我判事, 同情し, 君が, 唯一の, 四五人の, 四度目の, 寝返りを, 小林貞と, 小林貞の, 居間の, 庄司に対する, 庄司氏の, 庄司署長と, 当局へ, 当時この, 当時横浜市の, 当時電車が, 後に自白, 恨めしそう, 悄然と, 悪人であった, 憤怒に, 懺悔が, 放火事件につき, 既に落着, 日本へ, 最後の, 未決数年に, 来て, 東京監獄に, 果して殺人罪, 果して貞子, 極悪人である, 楽しんで, 池田ヶ原の, 浅田の, 満面朱を, 牧師に, 留置郵便を, 真の, 神学徒の, 神学校に, 神戸牧師に, 神聖なるべき, 私に, 窮余の, 署長の, 自ら名乗っ, 自分の, 自分を, 自殺を, 苦闘八年遂に, 褞袍の, 誘拐でも, 貞と, 貞を, 起訴され, 遂に第, 金科玉条と, 電車が, 電車は, 顔蒼ざめて手足を, 風呂敷包みに, 飜然自白する, 黙して, 黙り込むと

▼ 支倉~ (53, 4.8%)

3 自白させる 2 して, 尻目に, 憎んで, 指す, 睨んだ

1 [40件] 予審廷に, 信用し, 取調べずには, 取逃がしてから, 告発する, 呑んで, 呼び寄せて, 喚問し, 大胆不敵の, 対手取り二つの, 少しも, 屈服せしめた, 庇護する, 強請って, 御存じです, 悪化させた, 憫然と, 抱き起したが, 揺ぶるよう, 有難いと, 検挙し, 検挙する, 極めつけて, 極悪人として, 犠牲と, 犠牲者と, 留置場から, 疑う訳, 目するに, 睨みつけて, 知らねえの, 糺弾する, 船出させた, 苦しめなくても, 見やった, 見据えながら, 見詰ながら, 観察した, 訊問した, 逃がしたの

▼ 支倉~ (52, 4.7%)

2 たしかあの

1 [50件] ああし, あの七色, あの四句, あの夜最後, あの対決, あの日本, あの男, あの神秘, あの神通自在, あの間, あまり君, いつぞや君, が少し, このモヤモヤ, この三色刷, この事件, この出来事, この屍体, この結論, この艇内日誌, この葬龕, この警句, この譬喩, さしもの, じいっと耳, せめて最後, その場所, その潜勢状態, そんな事, たぶん海精, ちょうどこれ, できること, とうとう僕, どうしてもクリヴォフ夫人, の書いた, は強直前, まさかにその, まさにその, まさに時, もう永い, もしこの, もしその, やはり浄善, を人形, 何よりブラーエ, 例えば髪, 実は君, 実は斯, 当然そうなる, 第二回

▼ 支倉さん~ (47, 4.3%)

2 はそう

1 [45件] かえ, から来た, から来る, から荷物, から頼まれ, が, がどうか, が家作, が是非, が潔白, が赤い, さ, なんかにくっつい, に操, に是非, に用, のお, の事, の今度, の分, の奥さん, の女中, の宅, の家, の所, の手紙, は, はどこ, は刑務所行, は夙に, は宣教師, は居ない, は居られない, は巧妙, は当時確, は未だ, は留守, は詐欺, へ行儀見習い, もいよ, もきっと, も坊ちゃん, も家, も態, も運

▼ 支倉~ (43, 3.9%)

2 取って, 向って, 疑念を

1 [37件] いた親類, しては, そんな馬鹿, どうされた, やり込められて, 不利なる, 不利に, 云った, 云って, 会う事, 会う為, 会った事, 会われて, 似て, 低声, 余程応えた, 促すよう, 出食わしたと, 告げました, 呼び留められて, 奉公中病気に, 好意を, 居た時分, 従ったの, 悟られて, 情状酌量の, 愚弄され, 戻って, 犯されて, 申したか, 罪が, 罪なき, 聞いて, 迫った渡辺刑事, 関係ある, 面会いたしました, 頼まれたの

▼ 支倉喜平~ (38, 3.5%)

2 と云う, の事

1 [34件] から来た, がニコ, が逃亡, だが, という宣教師, と書い, には然し, に対しても彼, に帰った, に関する調書, の一件, の大胆不敵, の妻, の宅, の恐ろしい, の第, の許, の門標, は一癖, は予審判事, は先日以来本件事実, は別に, は到頭, は司法主任, は小塚検事, は徹頭徹尾, は有罪, は殺人放火以下八つ, は神楽坂署, は見る, は詐欺, を市ヶ谷刑務所, を東京監獄, を訊問

▼ 支倉~ (20, 1.8%)

1 [20件] きっと先生, こ, ギョッと, ソテロも, ヘト, 云う事, 今は, 再び怒号, 子供では, 対手が, 弱って, 彼女に対しては, 打明けるだろうし, 甚だ苦しい, 男だ, 知らぬ存ぜぬと, 続いて, 能勢さんに, 負けないで, 身から

▼ 支倉君君~ (18, 1.6%)

2 はこの

1 [16件] が知ろう, と云う, にこの, の一言, はあの, はこれ, はヒステリー患者, はボー, はリシュリュウ機密閣, はレイリー卿, は外, は手燭, は検事, は津多子, は砒食人, は非常

▼ 支倉~ (15, 1.4%)

2 云う人, 同監

1 [11件] 一緒に, 云うの, 云って, 会う為, 似通った所, 小林との, 小林貞との, 文通し, 正に咫尺, 石子との, 貞子の

▼ 支倉から~ (13, 1.2%)

2 手紙が

1 [11件] こう云う, こんな手紙, 二百両強請た, 何か, 分厚の, 恨まれた点, 来た分, 来た手紙, 来た荷物, 来る手紙, 石子刑事に

▼ 支倉事件~ (10, 0.9%)

1 では随分, にはそんな, に最初, に関係, の検挙, の為, は天下, よりずっと, を以て始め, を心行く

▼ 支倉検事~ (8, 0.7%)

1 から殺人, が, が電話, と熊城捜査局長, と熊城捜査局長立会, の二人, の私宅, は親し

▼ 支倉君僕~ (7, 0.6%)

1 がもし, にはレヴェズ, の魔法史的考察, はいま自然, はこの, はソーンダイク, は考える

▼ 支倉には~ (6, 0.5%)

1 そんなもの, どう響いた, 一片の, 似合しくない, 日本の, 関係したくない

▼ 支倉君それ~ (6, 0.5%)

1 がこの, がまた, が三段論法, が僕, が兜, が+-

▼ 支倉からの~ (5, 0.5%)

3 手紙だった 1 嘲弄の, 手紙を

▼ 支倉六右衛門~ (5, 0.5%)

2 の墓, をローマ 1 の海外派遣

▼ 支倉との~ (4, 0.4%)

2 間に 1 浅き交友, 面会の

▼ 支倉に対する~ (4, 0.4%)

1 嫌疑は, 疑惑を, 義理立てと, 考えを

▼ 支倉君これ~ (4, 0.4%)

1 で先刻人形, はけだし, は驚駭噴泉, も今

▼ 支倉~ (4, 0.4%)

2 で買った 1 で売る, と書かれた

▼ 支倉~ (4, 0.4%)

1 に行儀見習い, に貞, の女中, より出火

▼ 支倉自身~ (4, 0.4%)

1 さえも到底, に尋ね, の写真, は後

▼ 支倉一行~ (3, 0.3%)

1 が出発, が向う, が舟

▼ 支倉君ここ~ (3, 0.3%)

1 にある, に途方, まで云え

▼ 支倉とは~ (2, 0.2%)

1 どんな性格, 似も

▼ 支倉~ (2, 0.2%)

1 世話を, 行ってからも

▼ 支倉君そこ~ (2, 0.2%)

1 に奇想天外, に推摩居士

▼ 支倉君偶然~ (2, 0.2%)

1 にも僕, の中

▼ 支倉君犯人~ (2, 0.2%)

1 が小, はダンネベルグ夫人

▼ 支倉常長~ (2, 0.2%)

1 とせざるべからず, の一行

▼1* [73件]

支倉お前も大概, 支倉からは杳として, 支倉この髑髏を, 支倉じゃないね, 支倉その人を, 支倉だけでも好い加減持て余し, 支倉としては秘密に, 支倉どうしても云わないか, 支倉についてかね, 支倉にとって最後の, 支倉にとっては甚だ不利, 支倉に対して先入的偏見乃至, 支倉より聞知した, 支倉一家の写真, 支倉主人が帰っ, 支倉六右衛門常長を特使, 支倉六右衛門松本忠作等を南蛮, 支倉六右衞門を遣つた, 支倉六左衛門をし, 支倉出発の月の浦, 支倉君これ以上論ずる問題, 支倉君すべて不調和なもの, 支倉君キャムベルに云わせる, 支倉君トリエステで隠れ衣, 支倉君フロイドは幻覚, 支倉君ワイマール侯ウイルヘルムはその, 支倉君世話を焼かす, 支倉君二つの甲冑武者, 支倉君僕等が真実, 支倉君六引く一, 支倉君失神が下等神経, 支倉君孔雀の趾跡, 支倉君幡江は自分, 支倉君床に付い, 支倉君心像は広い, 支倉君拱廊へ行かなけりゃならん, 支倉君推摩居士に加えた, 支倉君斯うして, 支倉君普通の状態, 支倉君最近現われた探偵小説家, 支倉君氷島なん, 支倉君没頭と酷使, 支倉君浄善は最初, 支倉君眼を覆われ, 支倉君硬度の高い, 支倉君窓を閉め, 支倉君紙魚に蝕, 支倉君結局そう云う, 支倉君群衆心理の波及力, 支倉君血液の九〇%以上, 支倉君試しに持ち上げ, 支倉君闇でなくては, 支倉君驚駭噴泉の踏み石, 支倉君黒呪術は異教, 支倉告白の場面, 支倉喜平事件証拠金品目録として送っ, 支倉喜平宛名は金沢市役所市長殿, 支倉喜平調書と云う, 支倉の実地検証, 支倉の手紙, 支倉審問を開いた, 支倉対小林の関係, 支倉対庄司署長の闘争, 支倉年来の望み, 支倉幾度も云っ, 支倉拘引の前後, 支倉断罪に当っ, 支倉方居宅前の五反田桐ヶ谷, 支倉渡航の方, 支倉貴様はいかに, 支倉追跡の任, 支倉逮捕の方, 支倉に出入