青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「支~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

揚げ~ ~換 換~ ~握っ 握っ~ 揺れ~ ~損 損~ ~撫で 撫で~
支~
支倉~ ~支度 支度~ ~支那 支那~ ~支那人 ~支配 支配~ 支配人~ ~改めて

「支~」 2132, 23ppm, 5020位

▼ 支~ (463, 21.7%)

36 ない, られて 29 ないの 2119 ないと 11 ありません, あるまい 8 ないもの 7 ないで 6 ないが, ようと 5 られながら 4 ず, ないやう, なからう, なければ 3 きれずに, たが, 無いと, 目を

2 [19件] あるまいが, かねて, さうな低い天井, たやう, た時, た棒, つ, つづけた, つべし, ないか, ないけれども, ないこと, ないだらう, ないといふ, なかつた, なし, られた, 得ず, 竹を

1 [202件] あつて, あつて言, ありますまい, ありませんか, ありませんからね, ありませんがね, ありませんその, ありませんね, うべき, かけての, かねたる姿, きれないので, きれないやう, きれなくなつ, きれぬほど, きわが, ございませんで, さうで, さうな狭いこと, さうに, ささふるき, させたる, させ油気, しかして皆岸, しめ, しめ脚, し材, し蝋熱, し頃, ずかく, ず船, ず鋭, そしていたはられる, そして未来, たけれど, たこと, たの, たまふ, たまま, たる, たるが, たる身なれ, たれ肢體, た儘, た其處, た前, た助手, た右手, た壁, た天, た姿勢, た左, た方, つ何とも, てじり, てるから, てるの, てる様に, てる樣, であるかの, ないかね, ないくら, ないさ, ないぞ, ないぢ, ないとして, ないとまで, ないはず, ないほどの, ないもう, ないよう, ないらしい, ないんで, ない事, ない位, ない同じ, ない場合, ない女弟子, ない彼女, ない時代, ない樣, ない注意, ない点, ない病院, ない程, ない筈, ない訣, ない転げる, ない道理, ない部分, ない限り, なかつたの, なかつたら二階, なきのみ, なきは, なき事, なき位, なき筈, なくなつた, なくなるには, なく所謂自在, なく返事, なけれや, なんや, ぬ, ぬそれでも, ねば, ましたやう, ます, ます七日に, む然, やうと, やうは, られすべて, られずに, られずば, られたかを, られたる, られたるかと, られたるが, られたカーネーシヨン, られた丸屋根, られた圓屋根, られた所, られつつ, られてわ, られでも, られないくら, られました, られまた, られようと, られる, られること, られると, られるので, られる希望, られ又, られ多少, られ大いなる, んと, グツと, 上げんと, 主從手, 二年ばかり, 候, 候近ごろ無心の, 兼て, 切れないで, 切れなくて, 切れなくなりさうになつ, 前のめりに, 十吉と共に, 合つてゐる, 合つてを, 合ひ, 固むるともあやしむなかれ, 妻子を, 孤節紅葉山人の, 宛いま自分が, 尚且つ, 左の, 得ざるに, 得ざる遊佐, 得じ, 得た丈, 得て, 得るもの, 思想が, 拳の, 持ちて, 損ねた塲合, 旅行した, 来て, 来り上りかけ, 柱と, 槍は, 津軽人の, 派遣された, 渡って, 無いやう, 片手で, 片足を, 物聴かん, 留めようとも, 皇軍慰問に, 直立し, 眦を, 給へ, 自然御, 行きいろ, 行くが, 行ったら北京, 行って, 行つた, 行つたのは, 証書を, 赴いて, 赴く事, 轉勤せられ, 項を, 顔を, 骨を

▼ 支ない~ (259, 12.1%)

23 のである 10 でしょう 9 と思ふ 6 のであります 5 やうに, ようである 4 と云 3 がこの, であろう, のです, ような, んです

2 [22件] かも知れない, かも知れません, がその, が事實出來, が特に, が紅葉山人, ことに, でせう, では, ということ, と云う, と信じ, と思う, ね, ものだ, ものと, ように, んだ, 位で, 程度に, 筈です, 譯である

1 [138件] か, かぎり叔父の, かと思います, かと聞き合わせた, かと電話, かにも思われる, からこれ, から行くなら, がここ, がそれ自身, がたかが, がとかく, がね, が事実, が二度三度, が其当人, が唯, が夫, が宋儒, が強いて, が昔, が男, が籠, が細君, が若, が若し, が車塵集, が雪, くらいだ, くらいのもの, くらいの自由, くらい情愛, けれどもしかも, けれども日本文, ことが, ことだらう, ことで, ことであった, じゃない, ただ化の, だろう, だろうと, だろうね, ぢや, であらう, でありましょう, でしょうかって, という, というの, という主義, という答, という許可, という趣旨, といふこと, といふことに, といふの, といふやう, といふ議論, とさ, とされ, としてまた, とします, との考, と云え, と信じます, と取る, と存じます, と思, と思います, と思つて, と思はれる, と思ひます, と思われる, と申します, と答えた, と結論, と考えます, と言つて, と認められます, と高, などと主張, のが, のだ, のであ, のであろう, のでクレマンソウ, のと, のになほ今, のは, のみならず, はずだ, はずです, ほどの氣勢, ものが, もので, ものらしい, やうな, よう許可を, んだらう, 之を, 事と, 事情の, 人間で, 以上本ばかり, 位だ, 位である, 位の, 例として, 原来, 名称を, 場合が, 定義の, 折角仏蘭西, 時代に, 有ると, 準備は, 状態にまで, 理由が, 用意が, 程で, 程である, 程です, 程に, 程不思議千万, 程地方的制限, 程茫茫, 筈だ, 箇条が, 訳であります, 譯で, 買おう, 贅疣である, 身分の, 道具である, 金であった, 限りいつでも, 限り詳しい, 高度を

▼ 支へて~ (191, 9.0%)

10 ゐる 7 ゐた 4 ゐるもの, 上半身が 3 くれるの, ゐて, ゐるの, ゐるやう 2 くれた, この月明り, ゐたの, ゐるから, ゐるに, ゐる事, 來た, 呉れて, 如何にも沈勇

1 [136件] あります, ある, いと厳そ, いと嚴そ, ううんと云つて, うんと働いた, きた這般, くれいつはり, くれたの, くれた商人, くれた自分, くれて, くれるこの世, くれるもの, くれる何, しまつ, しまつて, どぎまぎし, ひとり我詩を, ひよろひよろツと, ほし棹, もらつて, やらねば, やる, やると, ゆくこと, ゐたが, ゐたこと, ゐたもの, ゐた両, ゐた会社, ゐた個人主義, ゐた助手, ゐた塊, ゐた大きな, ゐた平俗, ゐた痩せた上体, ゐるお, ゐるかは, ゐるからと, ゐるけれども, ゐるし, ゐると, ゐるとしか, ゐるらしくジツ, ゐる一つ, ゐる二番目, ゐる二階, ゐる台, ゐる土台, ゐる大, ゐる家, ゐる屈木, ゐる巨根, ゐる平和, ゐる慎ましく, ゐる柱, ゐる梨枝子, ゐる涙, ゐる痩せた手首, ゐる石, ゐる竹, ゐる筒口, ゐる考, ゐる足, キッパリと, 人間は, 僅かに, 僅に, 凝と, 出発する, 力無き, 功績顯著なる, 古松いろ, 呉れさうな, 呉れるやう, 呉れる人, 呑み込めぬ息苦し, 呼吸をを, 土の, 坐すること良, 堀口の, 堅く食入つ, 夢を, 夫婦が, 寄せ附けぬ, 居たが, 居りました, 居る, 居るうち, 居るかといふ, 居るの, 居る様, 左の, 廻轉し, 悲憤の, 打仰ぎ, 机に, 来たの, 来たものの, 林立する, 樂屋に, 次第に高く, 歎く, 歩いた, 歩るいた, 湖東から, 滑稽な, 眠りたるさま, 眼を, 石の, 空屋の, 立つた二條, 立つて, 立てる足, 笑つてゐた, 糸に, 續ける, 考へ, 考へる, 膨らかに, 自分の, 芝生の, 茫然と, 行かなければ, 行かれるだけの, 行くの, 行く事, 行く力, 行く技術, 行けたと, 見る, 起き上つて, 鎭守の, 長き頂, 音頭を

▼ 支~ (121, 5.7%)

5 親善を 4 ないこと 2 あるとき, ない限り, 例の, 各地方, 広州に, 文明開化の, 無い手紙, 間に

1 [96件] ある人達, うごきまた, この自治政権, どの部分, ないと, ないの, ないもの, ないよう, ない事, ない分, ない小役人, ない所, ない様, ない樣, ない程, ない間柄, なさ, もっともはなはだしく, パンパンが, 一角で, 三点を, 両国は, 予定だ, 事変が, 事情に, 五ヶ国語に, 人民を, 係争如何に, 健全な, 先生が, 前線に, 勢力が, 協力といふ, 協同主義を, 原野に, 合は, 名を, 問題を, 国より, 国語がちやん, 地を, 地図を, 報告漫談を, 外交上參考に, 天地も, 奥で, 奥の, 奥ゴビの, 安寧秩序を, 將兵に, 帳面づら, 広州から, 形勢は, 戦禍に, 戦禍を, 戦線から, 戰線で, 政権から, 新しい提携, 方へでも, 方面の, 旅行で, 旅行を通じて, 明朗, 村落と, 櫨の, 決算を, 治安工作は, 無いこと, 無いもの, 無い時代, 無い様, 無い独身, 無い甲州, 無かった, 状況上東亜連盟を, 独立自治という, 皇軍慰問に, 紛争についても, 老人は, 聖道を, 蘆溝橋に, 親善が, 親善の, 親善は, 親善も, 赤化を, 起る訳, 農民の, 農民は, 農民運動を, 鉄道は, 関係を, 風光は, 風雲がたうとう, 黎明は

▼ 支へる~ (102, 4.8%)

6 ことが, やうに 5 事が 3 有力な 2 ことの, ことは, ために, といふ, に足る, のが, ものも, やうな, 事は, 程貧しい

1 [62件] いろんな台, からといふ, から困る, が個体, ことも, だけの腕, だけの貯金, つもりなり, といふやう, といふ状態, と反射的, に堪へない, のだ, のです, のは, ひまも, ほど腫れ, ものが, ものです, ものは, われわれの, 一つの, 一ツの, 三番目の, 事の, 伝統の, 位施し, 全能の, 力が, 力の, 力を, 力女子なら, 基礎的層は, 大事な, 家具, 巨大な, 形といふ, 必要上軸部を, 恰好に, 所ぢや, 時は, 木の, 柱だ, 柱を, 根源的生においては, 棒が, 權利が, 為めに, 為めの, 爲には, 石の, 程, 筈の, 者が, 胴體も, 自信の, 茶漬を, 蛸の, 訳でも, 諷刺には, 貧苦に, 身體を

▼ 支~ (100, 4.7%)

13 ない 7 あるまい 6 ないの 5 なからう 4 あるまいと, 無い 3 ありません, ないが 2 ございませんよ, ないと, ないのよ, なかろう, なかろうが, なさそう, 全く文明開化, 無いが, 無いぢ

1 [37件] ありませんが, ありませんけれども, ありやしない, あるまいとの, あるまい実は, あるまい阿星源, この日満側, ございません, ございませんか, ござらぬと, さぞ暑から, ないかえって, ないかと, ないけれども, ないさ, ないそれで, ないでしょう, ないでしょうか, ないもの, ない併, ない有れ, ない筈, なかつたらう又, なかろうかと, なかろうと, なく前, 一致しなけれ, 北支の, 北支部分に, 有ますまい, 有りますまいが, 有るまいか, 無いけれど, 無いでしょう, 無いの, 無からう, 蕪湖の

▼ 支~ (78, 3.7%)

15 ない 6 あると 3 あって, なければ, 無かったら, 無かつ 2 ないかも, 出来たからと

1 [41件] あった, あつて, あつて話, ありませんと, あるです, あるといふ, あるとか, あるもの, あるわけ, ある故, あれば, つちり握手, できまして, ないからと, ないこと, ないと, ないという, ないといふ, ないなら, ないの, ないよ, ないよう, なかった, なかったなら, なかつたら出版, なかつたら話して, なかろう, なく二つ一緒, なし, 争ふ, 出來, 出来たって, 出来て, 唐の, 無い, 無いそう, 無いなら, 無いわけ, 無いん, 起って, 起つて

▼ 支へは~ (56, 2.6%)

15 ない 5 ないの 4 ないと 3 ありません, ないが 2 ありませぬ, あるまい, あるまいな, ないで, ない様, ない筈, なからう

1 [12件] あるまいいつそ何, あるまいと, あるめ, どうしてゐるだらう, ないわけ, ないん, ない書物, なきやう, なくまた, なく従つて歌舞伎劇, なく而, 無かつ

▼ 支ふる~ (42, 2.0%)

3 ことを 2 を得, を得ず, を見る, 能は

1 [31件] ことが, ことも, こと能は, ため肱木に, ところ何物ぞ, とて, なく着けたる, にたと, に依つ, に於, に足ず, の勞苦, の姿勢, の難き, ばかり青き, ものなく, もの往々, や, 一番大切なる, 力を, 富を, 故に, 水氣の, 物なき, 者と, 者なけれ, 能はずひとり片田舎に, 能はず首尾断絶し, 身と, 鉄の, 雲なき

▼ 支事変~ (41, 1.9%)

2 のため, の当初, の風雲急

1 [35件] がこう, がその, がはじまっ, がはじまつ, が勃発, が国内, が始つた, が始まっ, が始まつ, が実は, が挙国一致, が支那事変, が準, が焼けひろがる, が発生, という歴史的空前, と共に一片, と同じ, によって日本, に遭っ, のおかげ, のこと, のはじまりかけた, の中華民国, の波, の発生, の真, の記事, の賜物, の遠因, はまだ, は秋以後, は軍当局, を語らせる, を遂行

▼ 支~ (40, 1.9%)

13 ない 2 ないが, ないの, なかつたが, なく相

1 [19件] あらん不如意, ありませぬ, ありません, あるまじと, あるめいけれど, ある筈, ない筈, なかった, なかつた, なく潰える, なさそう, なし殊に, 各自の, 支えず矢, 最北支, 有るまいが, 無い, 無かつ, 置かず内端

▼ 支へが~ (29, 1.4%)

4 ない 2 ある

1 [23件] あり殊に, あるならせめて, あるわけ, あるんぢ, あれば, ございませんでしたら私, たきに, たしと, ないから, ないと, ないの, ないらしい, ない丸木, ない事, ない程, なかつたなら少し, なかつたの, なかつたらお茶, なかつたら適当, なくば, 必要な, 無い, 無かつ

▼ 支~ (24, 1.1%)

3

1 [21件] づれておの, とその, とそのまま, と入道, と向直, と婦, と後, と直ぐ, と胸, と膝, と血声, と蹴込, と雖, と颯と, やまた, トは, 形に, 葛木の, 足の, 間も, 音

▼ 支~ (24, 1.1%)

2 二年南方に, 於ける, 於ける日支親善

1 [18件] あり一人, いたとき, いたんだが, やられた, 一年おりました, 入らずして, 奮戦し, 就いての, 居ります, 張られた欧米, 征き, 急行し, 探って, 波及し, 派遣された, 渡つた時と, 行って, 高さ百五十米

▼ 支への~ (22, 1.0%)

2 ない事, ない限り

1 [18件] ある時, ついた一本レール, ところで, ないこと, ないの, ないもの, ないやう, ない人, ない内容, ない問題, ない程, ない箇所, ない訣, ない連用助動詞, 召集が, 巨材をば, 柱は, 物資供給に

▼ 支問題~ (22, 1.0%)

4 は一段落 2 でもチャハル問題, とは多少, に絶大, の結果, は広田対支外交, は戦争, を目 1 である, になる, も日本側, を考へる

▼ 支鉄道~ (19, 0.9%)

4 の問題 2 の倶楽部

1 [13件] が南, が東, が黒竜江省, の回収, の幹部, の昂昂渓駅, の灰皿, の終端駅, の線路, の関係, は大, は満, を踏み越し

▼ 支~ (17, 0.8%)

2 恐れて

1 [15件] つなぐの, もって, 勝と, 合すれ, 巡遊した, 平打ちに, 掛けるやう, 生じて, 生ずるに, 生ずる東洋學者, 經て, 行く, 見て, 見る前, 飛びあるいたが

▼ 支へながら~ (16, 0.8%)

1 [16件] こくりこくり, ボール箱に, 一人で, 人の, 何事か, 俯向いた, 別に抱締, 問ひかけた, 幾人もの, 恭, 母親と, 聞いて, 薄汚れた, 行く人, 通行の, 首を

▼ 支親善~ (16, 0.8%)

4 の代り 2 だけで, の実質 1 が気分, といふこと, に傾き過ぎずや, のため, の必要, の美談, はもはや, を忘れ

▼ 支なし~ (15, 0.7%)

2 といへり, と云う

1 [11件] か, と, という, といふ, とてその, とは何事, と思ひたれ, と書い, と考えた, と雖, など抗

▼ 支なく~ (14, 0.7%)

2 検査を

1 [12件] ある人々, その上, てもわたくし, なつた, ば, ばその, ば概略, ば私, ば貴, スキーも, 同じ返事, 地面へ

▼ 支~ (12, 0.6%)

1 [12件] せうね, ね時, やって, ウロウロし, 人魚を, 戦死を, 戦死家族は, 死にまだ, 経過し, 負傷した, 野戦に, 鉄道の

▼ 支無い~ (10, 0.5%)

1 かと考えられる, が元来, と同じく, のかい, のだ, のです, やうな, 位だ, 位である, 限りは

▼ 支~ (9, 0.4%)

1 つつ, てわれ, ながら, ながらお, ながら丁寧, むっくり起きる, 打仰い, 畳の, 船頭は

▼ 支なかっ~ (9, 0.4%)

31 たらお話, たらこの, たらという, たら伺いたいもの, たら夕方, たら話して

▼ 支なから~ (9, 0.4%)

81 うといふ

▼ 支なかろ~ (9, 0.4%)

42 うと 1 うが, うじゃ, うという

▼ 支なき~ (9, 0.4%)

1 なり, の姿, ものである, も一首中, やを, ように, 様致す, 者は, 限り何も

▼ 支あるまい~ (7, 0.3%)

1 が, ということ, といふ, と信ずる, と思う, と言, な

▼ 支へも~ (7, 0.3%)

2 なしに 1 あるまい, ないが, ないわけ, なかつたが, 無い理

▼ 支から~ (6, 0.3%)

1 中支, 南支海南島から, 帰還し, 引揚げ, 突然暑中見舞, 避難した

▼ 支~ (5, 0.2%)

1 たりした, てからもう, てからも山海数千里, て五年目, て来た

▼ 支~ (5, 0.2%)

2 ささうな 1 けれどシエクスピイヤ, けれど既に, さそうである

▼ 支なけれ~ (5, 0.2%)

1 ば, ばおれ, ばこれからすぐ, ばちよ, ば参考

▼ 支へを~ (5, 0.2%)

1 うけて, さがすの, 失つた, 失つた巨木の, 自分で

▼ 支~ (5, 0.2%)

2 山東の 1 上海に, 中支, 南方諸島に

▼ 支漫談~ (5, 0.2%)

2 に力 1 の原稿, は今, も受ける

▼ 支貿易~ (5, 0.2%)

2 に使用 1 と到来, の数字, の量

▼ 支でも~ (4, 0.2%)

1 ございますので, 有ると, 眼先の, 起きたの

▼ 支~ (4, 0.2%)

1 なりて, なる石, 殊勲を, 流裔と

▼ 支なかつた~ (4, 0.2%)

1 が生き, でせう, と見える, のです

▼ 支へに~ (4, 0.2%)

1 して, なるの, やつと, 背景を

▼ 支~ (4, 0.2%)

1 からって返し, のだ, 云や, 細い力

▼ 支~ (4, 0.2%)

1 てゐる, て春日新九郎, 正腹, 水が

▼ 支外交~ (4, 0.2%)

2 に基い 1 は一つ, や排日問題

▼ 支進出~ (4, 0.2%)

2 ということ, を計画

▼ 支鉄道問題~ (4, 0.2%)

1 がどう, が起っ, で蒋介石政府, はソヴェト同盟

▼ 支関係~ (4, 0.2%)

2 に就い 1 が緊張, または支那

▼ 支ありません~ (3, 0.1%)

3

▼ 支ある~ (3, 0.1%)

1 ことなく, 場合白耳義の, 際は

▼ 支では~ (3, 0.1%)

1 ないかとの, よくやりました, 阻止しなけれ

▼ 支なかつたら~ (3, 0.1%)

1 一緒に, 僕も, 夕飯でも

▼ 支ふべき~ (3, 0.1%)

1 を慮り, 処に, 處に

▼ 支へたり~ (3, 0.1%)

1 して, し快, 仕切りも

▼ 支へつつ~ (3, 0.1%)

1 又かの, 室の, 横様に

▼ 支へては~ (3, 0.1%)

2 出直し間違へては 1 駈け歩く威勢

▼ 支へで~ (3, 0.1%)

2 あつた 1 出られぬやう

▼ 支へと~ (3, 0.1%)

1 なる, なるもの, より新しい

▼ 支ゆる~ (3, 0.1%)

1 事を, 者今でも, 能は

▼ 支事件~ (3, 0.1%)

2 の結果成功 1 など所謂非常時

▼ 支事情~ (3, 0.1%)

2 の調査 1 を捕え

▼ 支山脈~ (3, 0.1%)

1 が近く脚下, に就, の総称

▼ 支方面~ (3, 0.1%)

1 にこうした, に上海方面, の広い

▼ 支~ (2, 0.1%)

1 ないばかりに, 上海か

▼ 支~ (2, 0.1%)

1 からここ, 仏印だ

▼ 支つた右手~ (2, 0.1%)

2 を延べ

▼ 支なかるべく~ (2, 0.1%)

1 その他の, 候

▼ 支なら~ (2, 0.1%)

1 ば外, まだまだ使

▼ 支~ (2, 0.1%)

2 棒に

▼ 支より~ (2, 0.1%)

1 乳母を, 末盧に

▼ 支三千万民衆~ (2, 0.1%)

1 に含まれる, の絶対的要望

▼ 支作戦~ (2, 0.1%)

1 に過ぎない, の完全

▼ 支倶楽部~ (2, 0.1%)

1 の舞踊会, へいそぐ

▼ 支停戦協定違反事件~ (2, 0.1%)

2 と異

▼ 支~ (2, 0.1%)

1 曰泄謨觚, 曰泄謨觚柄渠觚有千餘戸世有王皆統屬女王國郡使往來常所駐東南至奴國百里官曰

▼ 支商談~ (2, 0.1%)

1 におけるワシントン政府, は不況

▼ 支国民~ (2, 0.1%)

2 はお互い様

▼ 支国民大衆~ (2, 0.1%)

2 の大衆財閥

▼ 支大使~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 支対策~ (2, 0.1%)

2 がまだ

▼ 支戦争~ (2, 0.1%)

1 などではない, の噂話

▼ 支~ (2, 0.1%)

2 曰奴佳

▼ 支決算ニ~ (2, 0.1%)

1 干與ス, 干與スル代リニ衆議院ヲ通ジテ國民トシテ國家

▼ 支派遣~ (2, 0.1%)

1 が上海派遣, でハガキ

▼ 支独立~ (2, 0.1%)

2 に導く

▼ 支産業開発~ (2, 0.1%)

2 に際して一等痛手

▼ 支経済提携~ (2, 0.1%)

2 が成り立ち

▼ 支自治政権~ (2, 0.1%)

1 の樹立, の独立

▼ 支行動~ (2, 0.1%)

1 の消極化, を正当化

▼ 支要求~ (2, 0.1%)

1 は都合上全部, は都合全部

▼ 支運動~ (2, 0.1%)

1 の資金, をし

▼1* [158件]

ありませんでしたから落ちつい, 支あるべからずただ独り女子, 支あんめえ, 支かせたいすんなりと, 支からの復員の, 支きたるま, 支きましたとさ, 支き直して明, 支くまでも短刀, 支て持, 支こうとした, 支さえなければ, 支した私と, 支し閊えはない, 支するという, 支そうに, 支たるべきものなり, 支だけだ, 支だけでも実に莫大, 支加へて, 支つて顏を強く, 支つて顔を強く, 支それが, 支なかるべけれどいやしくも, 支なかるべしと, 支ながらをかしい程, 支などの列車内で, 支なるものは, 支にもなるまいと, 支にをりました, 支に対して感じるこの, 支ように, 支其身を, 支ふるごとく見えしむ, 支ふれば足れり, 支へた枠から二尺, 支へてがつくりと, 支へてこそ日本国民の, 支へでもあつた, 支へとしてゐるの, 支へながらもとにかく滑, 支へはは申上げ奉る, 支へる役に立つのだ, 支へんためここに, 支まで行って, 支れた者の, 支れる所幼兒の, 支をも見ない, 支アルニ非ズ, 支エアルマイ颯子ノ好, 支エナイト思ッタケレドモソレデモ妻ノコウイウ醜態ヲ見, 支カタルがこじれ, 支バイアス灣上陸軍に加はり, 支七番の坂本さん, 支不相済と, 支支と, 支事変一周年正午のサイレン, 支事変中新聞関係で中, 支事変二週年記念日小学校中学校は休, 支事変以来いろいろ新しい, 支事変勃発と共に軍事行動, 支事変特別税ての, 支二十一カ条問題をめぐって排日, 支微六魚, 支交渉及び綏遠問題, 支人間の重苦しい, 支仏印フィリッピンビルマ戦争らしい戦争, 支仏教団体を総括, 支八ヵ国の少年, 支八月田端に歸, 支共存の思想, 支共栄の大望, 支共産会合が開かれ, 支にほり入る, 支半古の地, 支協定となれ, 支協約の, 支南支仏印フィリッピンビルマ戦争らしい戦争, 支南洋をつつむ, 支双方の国民的理解, 支同文の邦家, 支問題対米問題対露問題など考慮, 支問題日ソ問題其の他, 支四州に満足, 支国境の近く, 支国是となっ, 支国王名は栴檀, 支外交史上に於ける, 支大同の映画, 支天堂に, 支宣撫班のはなし, 支対立論とその, 支工作の一時的行きづまりなどは, 支工作その他の活動, 支工場が出, 支帰朝土産の絵画, 支平野の村落, 支従軍を通じて現実, 支懐感禅師法照禅師少康禅師, 支或は日満, 支提携によって文明開化, 支文化の交流提携, 支文化工作の基礎, 支文化活動のため奔走, 支文明の交流, 支方向へ行く, 支旅行の印象, 支有りて一概に, 支朝鮮印度方面の東洋語, 支末廬伊都まではしるせる, 支末盧伊都不彌, 支止めるなんてそんな, 支比較論議とでもいうべき, 支民族性という話, 支民衆の上, 支派遣槍第二三四四部隊川之上隊, 支派遣軍の手, 支海南島から佛領印度支那方面, 支混血児の女, 支無きとて出発, 支無しという涼しい, 支父子の縁故, 支百骸あるが, 支清くし, 支相つぐなはない, 支空爆の記事, 支立てようかといふ話, 支策謀の事実, 支経済ブロックが成り立つ, 支至る処に, 支荒布橋中橋下を経, 支行きはその, 支行動其他が挙国不一致外交, 支視察の帰途, 支親和の先駆, 支親善外交に一大, 支観念を清算, 支記事を読ん, 支農民大衆の生活力, 支農民暴動の後, 支辺りの支那人, 支送りが六ヶ, 支送りしようなどと考へる, 支通商を思はせる, 支那古器ヲ多, 支那古陵の景色, 支那彫の唐獅子, 支那織の布地, 支鉄道一年の貨物, 支鉄道問題以来ファシズムに反対, 支鉄道従業員のジェネラル・ストライキ, 支鉄道沿線の穆陵, 支鉄道西部線の欧洲, 支銀行の頭取, 支閊えないが部分的, 支開発政策など, 支関係調整のひとつ, 支離散滅をきわめ