青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「撫で~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~揚げ 揚げ~ ~換 換~ ~握っ 握っ~ 揺れ~ ~損 損~ ~撫で
撫で~
支~ 支倉~ ~支度 支度~ ~支那 支那~ ~支那人 ~支配 支配~ 支配人~

「撫で~」 1507, 16ppm, 6948位

▼ 撫で~ (731, 48.5%)

27 いた 25 やった 20 いる 19 みた 15 見た 13 いたが 12 やりながら 10 ゐた, 居ります 9 みると, やって 8 みたり, みました 7 みて, やると, 見たり, 見ると 6 いると, みる, 見て 5 いった, いるの, やったり, やつた, やりました, やる 4 いました, くれた, 行った 3 いるうち, いるよう, みたが, やったの, ゐるやう, 行く, 行くと, 見せた, 見ながら

2 [37件] あやせば, いたの, いた両手, いるという, いるところ, おられた, おります, おりますと, くる風, くれる, それを, みせた, みたくなるよう, みても, みるの, やつたら, やつて, やり, やるの, わいわい泣いた, ゐる, 云った, 居ると, 打傾き, 昇つて行く, 来た, 来るそよ風, 流れる, 澄まして, 目を, 自分の, 行くの, 見せながら, 言つた, 通った, 通ったの, 過ぎた

1 [357件] あげたい, あげながら, あたかも篩, あたしと, いく湿った海風, いたから, いたらどういう, いたわりながら, いた十三, いた薄, いた運八, いつもの, いましたが, いるけ, いること, いるだけ, いるでは, いるより, いる一つ, いる中, いる光線, いる医師, いる宵, いる態度, いる指先, いる様子, いる武蔵, いる竜, いる翳, いる自分, いる観, いる間, いる高い, うへ, おくの, おやりなさいました, お出でに, お稲, かう云つて揶揄, かく訊ねし, かぐ, かすかな, かなしむ, かわいがって, きた模様, くださろうと, くれいつ, くれたの, くれたり, くれたわ, くれた小父さん, くれてるその, くれました, くれます, くれるだけ, くれると, くれるもの, くれるやう, くれる人, ぐるりと, こう云い聞かせる, こう云った, この二十七間, こんな顔, さしあげます, さびしかった, しなび切った小さな, じっとその, すぎるの, すつかり恐れ, すんでの, そういっ, そこらを, そしてズー, その気味, その泣き濡れた, それから今度, それが, それでも世間並, ただ託す, つくづくと, なつかしみ朝ごと入江, なんとはなし, にやにやし, はっくしょ風邪, はるかに, ほぐすべきところ, ほしいいう, ほしかった, ぽつり, まわった, みせて, みたいし, みたい気もち, みたおれ, みただけ, みたのち, みた道庵先生, みてから, みては, みまする, みるが, みること, みる気, みれば, みろ, み内, もうじき, もらいたいと, もらいながらも, もらおうと, やったが, やったもの, やったよう, やったらすぐ, やったら非常, やつたり, やらないので, やらんばかりに, やりそれから, やりたいくら, やりたい様, やりたくなった, やりましたが, やりますと, やり膝, やるため, やるちうこと, やる事, やる宇治山田, やる気に, やる私, やろうと, やろうという, やろうとも, ゆく, ゆくかと, ゆくこと, ゆくこの, ゆくと, ゐたとさ, ゐたり, ゐた金三郎, ゐて, ゐるの, ゐるので, ゐる事, ゐる宵の口, ゐる手の甲, ゐる指先, カラカラと, キナ臭い, ニヤリニヤリと, ヒココヒヨコと, 一話しする, 上げた, 上げるあの, 上を, 上機嫌で, 下さいました, 下さるもん, 下へ, 下りた階段, 両手で, 主人が, 乱れた髪, 二つばかり, 云う, 今日から, 介抱し, 介抱する, 仕方を, 仰いでから, 何だお京さん, 何んとは, 來る, 傷わるに, 入港し, 冷かに, 助れ, 即ち彼, 去りました, 反る, 取澄ました風, 古雅掬すべし, 可愛がっ, 吾がみどり児, 呉れた, 呉れた叔母, 喜んで, 嗚咽し, 地に, 埃を, 夜は, 大笑, 大胆に, 子供は, 字を, 実にどうも行儀, 宥り放つ, 居た, 居りますと, 居る, 居るの, 居る老人, 屈み目, 川瀬勇は, 帰る翁主, 平伏しながら, 幾度も, 延ばして, 彼の, 往く春風, 御覧なさり, 微笑した, 怖い小父さん, 怖い話, 思案に, 恐ろしく擽つたい, 息子の, 悦ぶ者, 慰めて, 慰め慰め拾い上げ, 慰め語るヘクトール, 我慢した, 手を, 抱き上げて, 撫でた指, 斯んな, 新らしい, 時計の, 暗い天井, 暗にその, 暮した八五郎, 杖の, 来る, 来るため, 来る柔らか, 柿を, 桃輔は, 桐火鉢, 歌つてゐる, 歌の, 歸つたのは, 母親の, 気を, 氣を, 沸く白い, 波紋を, 泣いた, 泣きます, 泣顔を, 流し棄てる習俗, 海路の, 涙を, 淋しい苦笑い, 渦卷く, 灯の, 片笑み, 牛に, 物々しいピラミッド形, 犬の, 珍趣妙案の, 療法を, 白い半, 白波を, 目縁を, 直したり, 直行は, 真夜中の, 着ふくれた褞袍姿, 空気は, 窓の, 立ったとたん, 立って, 竦然と, 笑う, 笑うのに, 米友の, 置いた, 老カイゼル, 肥えた, 胡坐で, 胸の, 船をも, 色々に, 花の, 花房一郎の, 苟安の, 苦笑した, 行きたいやう, 行くに, 行くよう, 行く丁度, 行く初秋, 行こうかと, 行ったかと, 行ったそれ, 行ったの, 見しまひ, 見せたら彼等, 見せると, 見たが, 見たくなる, 見たとか, 見つ, 見ました, 見ます, 見よとて, 見る, 見ること, 見るその, 見るほど, 見る人, 見れば, 見廻しながらも, 見當, 言いました, 言った, 訊いたよ, 詫びた, 貰ったら, 貰ったり, 貰って, 軒の, 軽く押し, 近くある, 通りたいよう, 通りぬける, 通り過ぎる, 通り過ぎると, 通るとき, 通るので, 通るもの, 通るやう, 通るよう, 通る電信柱, 過ぎたり, 遜に, 遣つた, 遣るだけで, 金色の, 長い刀, 長劒, 降つて, 静まりかえった鼓膜, 非常な, 面目ない, 頬を, 頭から, 頭を, 飛んで, 高い背, 高く笑った, 高笑いを, 鷹揚に, 黒人じみた

▼ 撫でながら~ (254, 16.9%)

9 云った 6 言つた 3 彼は, 言った 2 代助, 強かな, 愛に, 私の, 私を, 笑って, 蒲団の, 鏡の, 高い声

1 [215件] あらわし尽せない, いかにも穏やか, いきまいた, いたが, いっこう返辞, いった, いったという, いったの, いつまでも, いとも憐れ, いまにも笑いだし, うそぶいて, うつむき加減, うなづいたの, おど, おゐで, かう言, かう言つて, きいた, これが, こんなこと, こんな考え, さう, さてその, されば戦, しきりに, じきに, じっと考え込ん, じつと, じめじめ泣い, じろじろ門札, するだけの, そう思い, そう言った, そのまま水面, その太い, その手, それが, それに, そろそろと, そんな風, だからお前達, つく, つづけた, とにかく自分, どんなに泣いたろう, なお幾度, なだめるよう, なにか思案, なにげなく石, のんびりした, ばさばさした, ひそかに, ふふふふふふと, ほくそえんだ, ほほう, ぼんやりした, ぽつんと直立, むしりとる触手, もう一度自分, やたらに, ややしばらく品書, ゆっくり時間, ゆつくり, ようやくの, よく訳, ゐると, カア, テルヨさんの, ニッコリと, ニヤニヤ笑っ, ニヤリニヤリと, フトむかふ, ムクの, 一座の, 一時間でも, 一流の, 一言いった, 一閃する, 三平に, 三日前に, 三芳と, 不平そうな, 不思議そうに, 中空で, 主人を, 二階へ, 云出す, 人間に, 今日限り此祠を, 仕方な, 仰る, 伸子の, 伸子は, 体内へ, 何か, 何も, 何処を, 何気なく苦笑, 余の, 傍へ, 入つて來, 再びムク犬, 凝乎, 出鱈目を, 剃刀を, 前の, 口の, 叫びました, 叫んだ, 右の, 含み声で, 哀願に, 圓朝は, 坐らうとして, 堂守の, 大儀さうに長火鉢の, 太夫さんの, 奉加帳を, 奥さんに, 奥の, 女が, 女を, 嬉しそう, 子供の, 宅助自分で, 家外に, 寝室を, 尋ねた, 小さな目, 弟子の, 弱々しい透きとおった, 彼女の, 微笑し, 心にも, 応えるの, 恥かしげ, 悄々綱利の, 悠長に, 愉快そうに, 感極まって, 應へる, 我こそという, 或る, 房総第, 教へて, 新しい方角, 日本人が, 日本晴の, 暫しあたり, 暫少時品書を, 村役人と, 森を, 横を, 次第によっては, 此児も, 此兒も, 沖の, 泣きました, 涙を, 渡って, 満足さう, 満足そうに, 源氏は, 演説を, 漸っと, 無意識の, 爺さんは, 甲斐は, 申しました, 男は, 目ざすお, 目で, 目のあたりに, 眼を, 私は, 笑った, 笑みかけようと, 答えるの, 素子との, 細い眼, 縁に, 考えた後, 耳に, 肩ごしに, 臆面も, 自分で, 芳夫は, 菱苅は, 蠅を, 蠍座の, 観察し, 言い出した, 言ひました, 訊いた, 訝しそう, 話されたの, 語るの, 買って, 走らせること, 踵の, 近づいて, 通った, 遠い沖, 部屋を, 錠剤に, 錢形平次の, 鏡を, 静に, 音も, 頻に, 飽きたよう, 驚くべき言葉, 鷹の, 黙つて

▼ 撫でたり~ (135, 9.0%)

18 して 5 叩いたり 4 するの, 襟を 3 さすったり, した, しながら, 肩を 2 擦ったり, 擦つたり, 袂を, 額を, 顔を

1 [82件] いやな, おめき叫ん, お茶を, こすったり, さすつたり, さすッ, したが, したそう, した下司, しては, し始めた, する, すると, するので, する生意気, そうかと, そうして私, そしておそらく, たわけの, だらしは, なお降りしきる, はては, また珍しく, まるで舐めやしない, アムステルダムの, カナカナと, ヒゲを, 上から, 乞食に, 仮髪, 何か, 供の, 兩手を, 出も, 前褄, 口に, 口の, 呪いを, 嗅いだり, 四股を, 大きな手, 居住ひ, 岬の, 帯を, 平次の, 引っぱったり, 心の, 慰めたり, 房髪を, 打粉を, 打紛, 抑へたり, 抱いたり, 抱きしめたり, 指で, 接吻し, 摩ったり, 改めて顔, 教師の, 時による, 暫く見, 欄間を, 火箸を, 猫に, 獨り, 着物の, 矢たら抱き上げ, 私の, 羽根を, 背中に, 胸を, 腑に, 腕を, 舌を, 葉が, 蓮の, 袴の, 足の, 足踏みを, 遊んで, 重々しく腕, 陽に

▼ 撫で~ (57, 3.8%)

10 すって, すりながら 6 すった 5 するよう 2 すり, すり偽りなせそ, すり掻い撫でさ, する, するの

1 [16件] すったり, すられた空骸, すられるよう, すらん, すりたい位, すりましたから, すりまた, すり一文字, すり夜通し, するため, するので, するまで, する取澄し, する父, する目つき, つせえ俺

▼ 撫で~ (47, 3.1%)

25 はし 12 はした 3 はしました 1 はされる, はしそれから, はしはじめた, はします, はす, はすので, はす結果

▼ 撫でつつ~ (22, 1.5%)

2 立ちはだかりたる身の丈豊か

1 [20件] ああと, いった, その名, にやりと愛嬌笑い, スイスの, 云つた, 人の, 名を, 姉上の, 専念に, 小声で, 歩むとも, 決心しかね, 漸くそこ, 物語れば, 笑って, 箸を, 菲才を, 訊ね返した, 説服する

▼ 撫で~ (16, 1.1%)

1 [16件] かかると, こすり上げては, した, した火, して, なって, なつた, 拂ふ, 撫でた上, 撫で上げながら, 来るが, 来る汗ばんだ五体, 治めて, 盗まれるよう, 粧や, 行つ

▼ 撫でても~ (13, 0.9%)

1 [13件] さすっても, まったく知覚, やりたいよう, わかる, ハンケチで, 呉れる事, 小麦いろ, 山羊は, 満足しなけれ, 種も, 耳を, 胸の, 音を

▼ 撫でては~ (11, 0.7%)

2 自分の 1 いけません, いろいろ慰め, かなやと, くれません, はあなる, 今日をか, 泣いた, 空しく高い虚空, 談笑に

▼ 撫で~ (9, 0.6%)

1 お方では, 与力では, 大名地頭などより, 市井人が, 性悪を, 悪党では, 武士では, 者は, 茶菓では

▼ 撫で~ (7, 0.5%)

2 労ぎたまふ, 労ぎたまふうち撫で 1 ねぎ給ふ, ほめ給, 労ぎたまふ還り

▼ 撫でてから~ (6, 0.4%)

1 その両手, なるたけ大きな, 大事に, 寝た, 落付き払っ, 髪を

▼ 撫で乍ら~ (6, 0.4%)

1 いきなりそんな, うとうとする, また言った, 又言葉, 歩いた, 続けました

▼ 撫でてを~ (5, 0.3%)

4 ります 1 りましたが

▼ 撫で~ (5, 0.3%)

1 る, るる, るるが, るるに, るる快

▼ 撫で~ (5, 0.3%)

2 はしつ 1 はさず, はし, はした

▼ 撫で~ (5, 0.3%)

1 として節, にせ, の水, は少々, を云っ

▼ 撫でそれから~ (4, 0.3%)

1 仔細らしく, 左の, 抱きあげて, 眼を

▼ 撫で廻し~ (4, 0.3%)

1 その臍, たつて, やがつて, 見ると

▼ 撫で~ (4, 0.3%)

1 につい, に戯れ, の間, を撫で

▼ 撫でさすり~ (3, 0.2%)

1 いささかの, 泣くなとは, 畳み返しそしてまた

▼ 撫でそして~ (3, 0.2%)

1 何事か, 安心し, 左腕を

▼ 撫で~ (3, 0.2%)

1 が中, の裏聲, を出し

▼ 撫で~ (3, 0.2%)

1 をもん, を撫で, を撫でまわし

▼ 撫でくり~ (2, 0.1%)

1 回した, 回して

▼ 撫でじっと~ (2, 0.1%)

1 海に, 眼に

▼ 撫でその~ (2, 0.1%)

1 何じ, 手で

▼ 撫でての~ (2, 0.1%)

1 思案である, 歎息顔

▼ 撫でまた~ (2, 0.1%)

1 沼の, 遠ざけながら

▼ 撫で~ (2, 0.1%)

1 し膝, せず黒い

▼ 撫で~ (2, 0.1%)

1 やりながら, り

▼ 撫で切り~ (2, 0.1%)

1 にする, をやっ

▼ 撫で~ (2, 0.1%)

1 にしづか, の代用

▼ 撫で~ (2, 0.1%)

1 ひ治め給, ふが

▼ 撫で~ (2, 0.1%)

2 を圧し

▼ 撫で試むる掌~ (2, 0.1%)

2 のその

▼1* [125件]

撫でだかも, 撫であどなき顏, 撫であの柔かな, 撫でうまさう, 撫でお伽話でもし, 撫でお松に名前, 撫でへす, 撫でかつなだめて, 撫でこう言いながら, 撫でこれはお前, 撫でごえで, 撫でさえした, 撫でさすり膝に抱きあげる, 撫でさる旅の, 撫でざまにするりと, 撫でしかし彼は, 撫でそういうことを, 撫でそれを休ませ眠らせたい, 撫でたりなどして, 撫でたりなんかして, 撫でつまらなそうに, 撫でてかの歌を, 撫でてやがる, 撫でみた, 撫でいふ所も, 撫でながらとほんとなにか, 撫でながらははあとか, 撫でなぞしてな, 撫でなどするを, 撫でなほ嫋々たる余音を断たない, 撫でには破れない, 撫でやうとする, 撫でスカートを軽く, 撫でズボンの金筋, 撫で一尺ごとに手, 撫で一抹の筆, 撫でから脱いだ, 撫で上げ人と話した, 撫で下げ撫で下げ滑稽けた話, 撫で下しその家, 撫で下し七十銭だして, 撫で下し招待券の御, 撫で下つた小作りの姿, 撫で久慈にからかった, 撫で乍らガラツ八の八五郎, 撫で乍ら安楽椅子の上, 撫で乍ら平次と顏, 撫で乍ら恐縮しきつ, 撫で乍ら明神下の平次, 撫で乍ら暗示を与え, 撫で乍ら笑つてゐる, 撫で乍ら自慢半分に説明, 撫で仁義正しくましませ, 撫で何となく春の, 撫で再びあすの, 撫で冷たい夜風が, 撫でを嗽ぎ, 撫で右手の金網, 撫でえて, 撫でを払う, 撫で夜気はひ, 撫で大刀を突い, 撫でがへる, 撫でがへる, 撫できサルワトル・ロオザ, 撫でばし, 撫でく在れ, 撫で廻し乍ら斯んな調子, 撫で廻し運転手が空バス, 撫で廻わしている, 撫でをくだい, 撫で心地がする, 撫で忽又熱き唇, 撫で愛まれ何でもかでも言成, 撫で慰さむるやうに薄霧, 撫で手紙をよこす, 撫で批判的に検査, 撫で振りは何たる, 撫で接吻するとき, 撫でであった, 撫で暫く口ごもって, 撫で有志は得意, 撫で柔げて見た, 撫で梨花一枝雨を帯びたる, 撫で椅子の上, 撫で様子いかにと, 撫で永遠に憧, 撫で洞庭の烟波眼下, 撫で漸く心の, 撫で爾後これを小, 撫での頭越し, 撫で物其他の如く, 撫で痛みを移し, 撫ですらん, 撫でを瞑じ, 撫で石壇を攀ぢ御前, 撫で禿がし, 撫での汗, 撫で筆画を探っ, 撫で精神生活のリーダー, 撫で給はんとの御, 撫で緑波は胸, 撫でを滑, 撫でを摩り, 撫でとおぼしき, 撫で脇腹を伝つて, 撫で腹中に向かっ, 撫でへ抱い, 撫でより先, 撫で苦く佗しい, 撫で落し金網を大口, 撫でを捻っ, 撫で試み毫釐の塵埃, 撫でひ恵び賜, 撫で軽く衣紋を, 撫で通路からはずれ, 撫でつた, 撫で頬ずりをし, 撫で頭髪に触れ, 撫でを覗い, 撫でを覗い, 撫でえる大きい, 撫で髪の毛までも掻き上げ, 撫でに戲, 撫での手入れ