青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戻る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~戸 戸~ ~戸口 戸口~ 戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る
戻る~
房~ ~所 所~ ~所以 所以~ ~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉

「戻る~」 1258, 13ppm, 8448位

▼ 戻る~ (400, 31.8%)

7 それを 6 そこには 4 すぐに, 彼は, 法水は 3 お君, しよう, その足, なると, 私は

2 [13件] そこに, それよく, 云ふ, 今度は, 娘を, 小坊主は, 彼女は, 怒号の, 春木屋は, 机の, 植込の, 長兄の, 面倒だ

1 [334件] あけて, あたりの, あの女, ある種, いうが, いえば, いたそう, いって, いつの間にか徳子一件, いつもより, いつも茶の間, いやそう, うめは, おしの, おたがいに老い, お仙は, お光, お師匠さん, お松は, お蝶, きれいに, こ, この手文庫, こわれた時計みたい, こんこんと, さう, さきの, さしづめ生活, さすがに, さつきの, さつきまで, さらにそれ, しようよ, すぐそっと離室, すぐ一室, すぐ床, すぐ母, すぐ清書, すぐ立ち上つた, すぐ自分, すぐ訊ねた, すでに花廼屋, すれば, そこから, そのま, その日, その時, その火, その灯, その蓋, たちまち一新, ちやうど, ちょうど倉庫, ちょうど左近, ぢき, のめるよう, はじめて本当に身, ひねもす喧嘩, ぴったりと, ふいに, ふたたび父, まさに群衆, まず多久家, またすぐ, また袋, まもなく碁席, まもなく電鈴, みわは, もうみんな, もう佃, もう室内, もう彼, もう必死, もう掃除, もう杉, もう樹明兄, もう灯, もう稽古場, もう部長, ゆき子は, わかれば, わが家の, わたしは, エリザベートが, カオルも, ケチの, ゴリラが, サイは, スグに, セキが, タカ子に, ダタイの, ダッシー苦心の, デスクの, ドイツ軍に, ドライ, ナースチャは, ハッチソンは, ヒメの, ヒメは, ペットに, ミヽヅクを, メモを, 一人母親の, 一同を, 一太の, 一学は, 一寸真似, 一日黙りこん, 一昨日訊問室に, 一組の, 一足も, 一通の, 一郎の, 一間は, 丁度年とった, 丁度鬼頭少佐, 七十郎が, 三位卿は, 三十間ばかり, 三郎兵衞の, 下船しなかった, 下船しなかつた, 不思議に, 中, 中之島まで, 久しぶりに, 予期し, 二ツの, 云うの, 云って, 云つた時に, 互いにその, 五ヵ月間は, 京の, 京子が, 人声が, 今まで, 以前の, 伝三郎が, 伸子は, 何んと, 余りの, 信吉は, 元通りに, 先生は, 光也は, 入れ違いに, 入浴, 六郎兵衛は, 兵庫介を, 其処には, 其蝶も, 再び力, 初瀬は, 刺身の, 劉封糜芳が, 勝手から, 包んで, 千枝子の, 卦には, 去定, 又土瓶, 又雀, 受話器を, 古い週刊誌, 古市加十は, 君の, 君枝は, 呉氏が, 困つたこと, 土間には, 圧力計と, 基地では, 堂内担当の, 壁に, 夕闇の, 多計代, 大きな西洋人, 大鹿の, 夫人が, 夫人の, 奇月が, 奥の, 女の, 女中が, 女房たちは, 女房に, 妻を, 娘の, 媼巫女は, 守宮素捷くそ, 宗三何だか, 宗久は, 家の, 家は, 家中の, 家中を, 密航者が, 富岡は, 小姓に, 小山は, 小村さんは, 小沢は, 工場長の, 巴屋の, 帰途の, 庭先へ, 式場へ, 彼の, 彼女の, 待って, 忙わ, 思うから, 思うの, 急いで, 急に, 怪物の, 懐紙も, 我家の, 我等の, 捜査二課の, 掃除も, 控えの, 放善坊, 数日寝つい, 日の, 日給の, 早々また, 早い夕飯, 早速亭主, 早速彼, 早速紙屑屋, 昂奮も, 昨夜の, 晋太郎は, 暫くごろん, 暫く黙っ, 更にまた, 末弘は, 李太郎は, 来合わせた, 東京へ, 松千代は, 果して散々, 柳吉は, 桂子の, 案の定藤一郎, 植物的神経などと, 横に, 樹明さんと, 櫓の, 母や, 毛布に, 毛皮を, 浴衣に, 深雪さんの, 滝沢三次郎が, 火除地の, 煖炉の, 煙草盆を, 父が, 爺さんは, 牛の, 玄関に, 玄關に, 玉蜀黍の, 瓦灯窓に, 生前, 生活の, 甥から, 田端に, 申すもの, 男衆を通じて, 留守中に, 百姓仁兵衞が, 皇帝は, 盗んだ金, 直ぐに, 直ぐ湯, 私の, 稀らしく, 稼ぎにも, 突然けたたましく, 第八, 約束し, 紅茶が, 縄梯子を, 胸を, 膝を, 致しましても, 船も, 若杉の, 苦り切つた顔, 荷造りは, 葉之, 葉巻に, 薄暗いところ, 藤枝は, 行列は, 袂から, 裸馬に, 言って, 言伝を, 話しかけられるの, 誤解し, 誰やら, 豊世は, 貧乏徳利の, 貴辺, 赤茶けた畳, 車夫が, 農業雑誌から, 造花の, 部屋に, 醤油臭い, 野伏の, 金六は, 金蓮は, 鈴木は, 銃の, 間もなくある, 間もなくその, 間もなく女, 間もなく近所, 阿母, 階下は, 隣室よりは, 静かに, 静岡の, 飯臺の, 驚いたこと, 鶴子は, 鶴雄が

▼ 戻る~ (125, 9.9%)

9 である 5 を待っ 4 だった, であった 3 か, だ

2 [13件] かそれ, か小荷駄, が何だか, が常, だが, だね, であるが, でした, でしょうが, ですか, では, は困難, も遠

1 [71件] かしら, かっ, かと思ったら, がいつか身, がいや, がその, がまさに, が不服, が割合, が大変, が待ち遠しい, が怖し, が意外, が気恥しく, が賢明, が遅く, が順, さ, さその, じゃ, だから, だという, だよ, だらう, であったが, であるの, でしょ, です, ですから, とよく, と後, と花道, にはまた, には凡そ, に逢った, はいつ, はおそく, はこの, はもう, は一日, は九時頃, は十五年後, は厭, は大抵, は御免, は早く, は智恵, は私, もい, もいまいましい, もよろしゅう, も億劫, も嫌, も工合, も忌々しい, も気, よ, をおそれる, をひどく, を嫌う, を年来, を待たず, を待ち, を待つ, を怖, を無性に, を許し, を逆, を防ぐ, 何だか惜しい, 途中と

▼ 戻ること~ (114, 9.1%)

6 ができた, が出来た, になった 4 にした 3 になつ, になりました, は戻, は戻つた 2 ができる, が出来ない, になり, はできない, はないだろう, は到底, もある

1 [66件] あらざれば, があつ, ができたら, ができました, ができませんでございます, がない, が出, が出来, が鶴菜どの, さえありました, だけは協, とし, と思っ, ない幸雄, なし, などの出来うる, にいたそう, にきめた, にしましょう, にしよう, にする, になる, にはなつ, によつて, のできない, のない, の不可能, はかえって, はすっかり, はできなかろう, はできませんでした, はどうしても, はならじ, はまったく, は不可能, は人間, は俺, は出来ない, は出来ないであろう, は極度, は泣きたい, は流石, は知らない, もできない, もできません, もならず, もめずらしく, もよい, も住田, も出来ない, も出来なかった, も容易, も忘れなかつた, も考え, を主張, を出来る, を唱うる, を喜ばしく, を好ん, を忘れ, を急ぎ, を我, を押しとどめ得る, を欲しなかつた, を申, を認める

▼ 戻る~ (46, 3.7%)

5 よい 3 いい, 私は 2 宜い

1 [33件] いいと, ええと知らし, お葉, ごときもの, その中, その蔵元屋, みゑ子が, やはり春, よい衣類, バーグレーヴ夫人は, ラオコオンの, 一八三一年に, 三桁程度の, 世子は, 今年は, 今度は, 以上の, 何う, 作衛は, 元へ, 右の, 問題の, 居士が, 常なる, 早いか, 木下君は, 楢夫, 次の, 甲子太郎と, 竹山の, 絵の, 自殺した, 長々と

▼ 戻るよう~ (27, 2.1%)

2 なもの

1 [25件] なそぶり, なやや, ならもう, なれど, なルンペン, な事, な仕儀, な位置, な偶力, な方向, な気, な面, に, にさえ思われた, にします, にと仏様, になっ, になった, になる, にわたくし, に勧めなけれ, に太陽燈, に諫め, の御計, よく申し聞かせ

▼ 戻るという~ (21, 1.7%)

2 ことも

1 [19件] あんばいで, あんばいであった, ことは, ことを, のか, ので, のは, ような, わけにも, わけサ, 主張だった, 卦であります, 方が, 時に, 条件を, 渡り鳥の, 訳じゃ, 順序を, 風に

▼ 戻る~ (18, 1.4%)

4 其だけの 2 戻らないか

1 [12件] あるいはもうそう, そのお前, それは, どっちか, どっちかに, 判らないであろう, 判らぬから, 戻らんか, 斬るか, 湖水の, 行く手も, 道は

▼ 戻るまで~ (18, 1.4%)

1 [18件] お前が, 先生を, 受取りを, 店の, 彼の, 待って, 待つが, 待つて, 待つより, 斉藤平太は, 最後の, 朝に, 止まなかつた舟, 油を, 留守番を, 眠らないで, 話して, 霊界に

▼ 戻る~ (14, 1.1%)

1 [14件] か余, がしなかつた, がない, になったらしい, になつ, になれない, になれなくなった, にはどうしても, にはなれず, にはなれない, にもなれなかった, はありません, はしない, もない

▼ 戻る~ (14, 1.1%)

4 も戻る 3 も皆空足 2 は十人 1 なき, なき處, もあった, もいくらか, も皆

▼ 戻るため~ (13, 1.0%)

2 にできる

1 [11件] にゆるく, に乗りこん, に事物, に出, に堀留, に壁, に山, に彼ら, の地ならし道具, の調節作用, の重要

▼ 戻る~ (13, 1.0%)

1 [13件] いつもお, その時, だって, なきこと, にちょうど, には地球, に同道, に吾家, は, はもう, まで旅先, や持つ, 負けては

▼ 戻る~ (12, 1.0%)

4 だ, だが 1 だと, だな, だろう, ですか

▼ 戻る途中~ (12, 1.0%)

2 おたま 1 あの筋, この場, であった, でお, でせい, でわたし, で永遠, において不, また, を擁し

▼ 戻るところ~ (11, 0.9%)

1 [11件] だ, だった, だったが, だよ, だろう猪, であつ, でご, でしたから, なので, をつかまえ, を後ろ

▼ 戻る~ (11, 0.9%)

3 もある 1 が信ぜられる, が出来ず, が出来た, にしよう, になった, になったら, は出来ない, もあるだらう

▼ 戻るつもり~ (10, 0.8%)

1 かい, かねえ, だつたの, だろう, であったが, でありますから, でございます, です, ですかな, なん

▼ 戻る~ (10, 0.8%)

1 およんで, しては, しても, ふしぎは, 下女が, 及ばなかつたの, 当つて, 戻られず, 最も有利, 相違ない

▼ 戻るには~ (10, 0.8%)

1 およばん, これも, 一時間以上も, 二億二千万年かかる, 余りに彼, 十分すぎる, 戻りますが, 時間を, 門を, 零時三十二分発の

▼ 戻る~ (10, 0.8%)

5 否や 1 すぐ報告, ぴたりと, ぴたりとと, 息をは, 驚くべき報告

▼ 戻るわけ~ (10, 0.8%)

3 でも 2 にも行かず 1 ですね, にはまいりません, にはゆかず, に行きません, はありません

▼ 戻るかも~ (8, 0.6%)

2 わかりません, 知れねえ 1 しれないよ, しれぬ, 知れないし, 知れぬ

▼ 戻るより~ (8, 0.6%)

1 仕方が, 仕方ない, 仕方も, 他は, 先に, 外に, 外は, 水を

▼ 戻るとき~ (7, 0.6%)

1 には新しい, に束ねた, の眼, はそれ, はなく, も私, 安いので

▼ 戻るまでは~ (7, 0.6%)

1 お上げ, ここで, オレたちを, ボクは, 到底二人, 東京を, 案じられます

▼ 戻るもの~ (7, 0.6%)

1 ありと, か, と知るべし, なり, のよう, の気苦労, 多く為

▼ 戻るやう~ (7, 0.6%)

1 でいや, なみじめさ, にいたします, におれ, にし, に懲り, に見えた

▼ 戻るなり~ (6, 0.5%)

1 そこへ, 前後不覚で, 彼は, 水を, 看て, 鉄砲の

▼ 戻る~ (6, 0.5%)

1 なお一言, にその, には必然, に姉, に既に, までは血眼

▼ 戻る~ (6, 0.5%)

1 になつたん, になれなかつた, の癖, はしなかった, は本, 或は暴

▼ 戻るから~ (5, 0.4%)

1 いっ時, それまで, 厚く人民, 旅費を, 本人は

▼ 戻るとは~ (5, 0.4%)

1 なんたる, なんだか夢, 当てに, 怪しからん奴め, 考えられない

▼ 戻るので~ (5, 0.4%)

1 あつた, あらうから, お神さん, ござります, 有った

▼ 戻るまでの~ (5, 0.4%)

2 間に 1 つなぎに, 道筋と, 間の

▼ 戻るよりは~ (4, 0.3%)

1 いくらか, こ, ここから, ましだったろう

▼ 戻る~ (4, 0.3%)

1 がない, ですが, ですよ, で又

▼ 戻る~ (4, 0.3%)

21 は一ヵ月半, は鍋

▼ 戻る~ (4, 0.3%)

1 だつた, の口, を叱りつ, を頼ん

▼ 戻るからと~ (3, 0.2%)

1 言つて頼んだ, 言ひ, 頼めば

▼ 戻るだけの~ (3, 0.2%)

1 ことだ, ことで, 燃料は

▼ 戻るにも~ (3, 0.2%)

1 及びません, 立ちすくんで, 道が

▼ 戻るのに~ (3, 0.2%)

1 ちと時間, まだおなじ, 今度に

▼ 戻るはず~ (3, 0.2%)

1 の人, はない, もない

▼ 戻る勇気~ (3, 0.2%)

1 が失われ, はなかつた, を失った

▼ 戻る決心~ (3, 0.2%)

1 は変らなかった, をした, をする

▼ 戻る~ (3, 0.2%)

2 はまた 1

▼ 戻るかと~ (2, 0.2%)

1 其だけで, 思って

▼ 戻る~ (2, 0.2%)

1 つそく, 立場立場の

▼ 戻る~ (2, 0.2%)

1 わたくしも, 又場所

▼ 戻るじゃ~ (2, 0.2%)

1 ありませんか, ないか

▼ 戻るすぐ~ (2, 0.2%)

1 ぐつすり寝た, 寝ようと

▼ 戻るそう~ (2, 0.2%)

1 だ, です

▼ 戻るそして~ (2, 0.2%)

1 彼女を, 河へ

▼ 戻るたび~ (2, 0.2%)

1 に心, に膝

▼ 戻るといふ~ (2, 0.2%)

1 便りが, 風に

▼ 戻るとともに~ (2, 0.2%)

1 まだ事, 彼の

▼ 戻るほど~ (2, 0.2%)

2 根が

▼ 戻るもん~ (2, 0.2%)

1 か, でもないし

▼ 戻る~ (2, 0.2%)

1 だつて, だよ

▼ 戻る~ (2, 0.2%)

1 がつき, が起らなかった

▼ 戻る所存~ (2, 0.2%)

1 は無い, らしい

▼ 戻る~ (2, 0.2%)

1 がいい, が人間

▼ 戻る時分~ (2, 0.2%)

1 でそれから, と

▼ 戻る時間~ (2, 0.2%)

1 ですから, に不足

▼ 戻る樹明君~ (2, 0.2%)

1 まことにありがたう, よく帰りました

▼ 戻る機会~ (2, 0.2%)

1 がある, はない

▼ 戻る気持~ (2, 0.2%)

1 は昨日, を失っ

▼ 戻る気持ち~ (2, 0.2%)

1 がしなかった, がない

▼ 戻る~ (2, 0.2%)

1 たんと玩具, のおかし

▼ 戻る虚し~ (2, 0.2%)

2 さは

▼ 戻る運動~ (2, 0.2%)

1 を続けはじめた, を繰り返し

▼1* [167件]

戻るあゝ亡き母, 戻るいのちを持つ, 戻るがいなや, 戻るくらいなら初め, 戻るくらいの分量であった, 戻るぐらいなんの, 戻るぐらゐなんの事, 戻るこれはありがたい, 戻るころには大方, 戻るこんとんとして何物, 戻るさんだん, 戻るしかないと, 戻るそれが昼飯, 戻る夕飯を, 戻るたびあっちへも落ちた, 戻るだけだつた, 戻るちいちやんを借り, 戻るやありません, 戻るついでに新聞, 戻るつてことよおら, 戻るときいまキャリコのした, 戻るときわたしが馬車, 戻るとき戸棚の抽出, 戻るとき村の男の子たち, 戻るとこだもの, 戻るとしても出直して, 戻るとでも云うよう, 戻るとの非難に対し, 戻るとも神体は, 戻ると共にこの事, 戻る天鬼から, 戻るどうも米を, 戻るなどと申しおる, 戻るなり樹明居へ押しかけ, 戻るのみでかえって, 戻る下策である, 戻るばかりどうか助ける, 戻るふりをし, 戻るべかと思うて, 戻るほかに仕方, 戻るほどの鴻溝大嶺が, 戻るまでに中将は, 戻るまでにはきっとお, 戻るまでもなくお松, 戻るまでを女主人は, 戻るみちはふさがれ, 戻るやいなや日ごろ自分, 戻る肯ひた, 戻るリズムにつれ, 戻る一寸と前, 戻る不運な主婦, 戻る世話になつ, 戻る了簡はない, 戻る予定だったが, 戻る事数百ヤードにし, 戻る人物はどういう, 戻る人途中を歩く, 戻る今夜もまた, 戻る今日のインテリゲンチア作家, 戻る仕事の待っ, 戻る仕掛けだったん, 戻る以外に仕方, 戻る伊東甲子太郎の胸中, 戻るひどくカーブ, 戻る何年ぶりの対面, 戻るしさ, 戻る余裕がなく, 戻るであったから, 戻るはゆるされず, 戻る兵隊も隨分, 戻るもなし, 戻る列車の到着, 戻るの道, 戻る十間ばかり間, 戻る南無樹明大明神, 戻る回, 戻る同じ船で, 戻るへ言, 戻る国債応募額の多寡, 戻る場合は皆此, 戻る夕方まで三人, 戻る夕日の光, 戻るはありません, 戻る多分ひとりで, 戻るもぎっしり, 戻る夜路でよく, 戻る奇怪不埒なる説, 戻るがありましょう, 戻るがある, 戻る娘たちのこと, 戻る嬉しさも, 戻る子供ぢやねえ, 戻る客たちの揺れ, 戻る家路を保っ, 戻る少年もあった, 戻る希望を持てる, 戻るに其の, 戻るをやる, 戻る御飯蒸器では, 戻るの木, 戻る心底明日は重蔵殿, 戻るだつた, 戻る拍子に母, 戻る数奇不可思議な輪廻, 戻る方向にノコギリ, 戻るがきた, 戻るの人, 戻る昼顔は見つからなかつた, 戻る時ウケにはいる, 戻る時刻になれ, 戻る時赤提灯の前, 戻る時雨かな, 戻る有難かつた, 戻るや蔓枝, 戻るの門, 戻る極めて無事な, 戻る気配もなく, 戻る氣暴ぶ氣, 戻る氣遣ひは, 戻るのそば, 戻る汽車賃が足りない, 戻るのはためき, 戻る煩わしさを, 戻るか, 戻る理由も別に, 戻る甘いやうな, 戻るもある, 戻るなり, 戻る発奮にずかずか, 戻るは夏秋中留つて, 戻るの髪, 戻る積りで暗い, 戻る筋合いはない, 戻る篤学の雛僧, 戻るの玉, 戻る罪人のよう, 戻る聖霊は水神祭り, 戻る自分をほんとに, 戻るなどで海上, 戻る船中で彼, 戻るのうま, 戻る茶店なんかがひろがっ, 戻る蓑吉を待っ, 戻ると心境, 戻る覚悟でございまする, 戻るには行かぬ, 戻る身心何となく不調, 戻る迄は歌子さんも, 戻る途中喜兵衛は一種, 戻る途中寄手の呂方, 戻る途中廊下で人, 戻る途中畑の路, 戻る途中花嫁である彼女, 戻る途中藤田氏をお, 戻る途中赤提灯を軒, 戻る運命に在る, 戻るを歩いた, 戻るが残つて, 戻るの草, 戻るでなければ, 戻る金木犀の香, 戻るにこの, 戻る間柄ではないだらう, 戻る階段をゆっくり, 戻るもある, 戻るから輿, 戻るがはいる