青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「揺れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~提出 提出~ ~提灯 提灯~ ~揚げ 揚げ~ ~換 換~ ~握っ 握っ~
揺れ~
~損 損~ ~撫で 撫で~ 支~ 支倉~ ~支度 支度~ ~支那 支那~

「揺れ~」 1196, 13ppm, 8518位

▼ 揺れ~ (711, 59.4%)

104 いた 82 いる 29 いるの 21 ゐる 12 ゐた 11 いるよう 6 いて, ゐるやう, 居る 5 いたの, いった, います, ゐるの, 来た 4 居た, 行く, 遊べり

3 [11件] いたが, いるうち, いるその, いるだけ, いるばかり, いるもの, 居るの, 揺れて, 来る, 行った, 見えた

2 [20件] いたり, いるが, いること, いるので, いるのに, いる様, おります, くる, ざわざわと, その壁, そよいだ, ただせうせうと, ふる雨, ゆく, ゐるもの, ギラギラと, 光れり, 徐に汽車, 来るの, 鐘と

1 [324件] あたりの, あの場合, あるいた, いかにもスッ, いくの, いく花江, いたから, いたこと, いた木々, いた荒い, いた赤旗, いた香, いてから, いないこと, いますが, いよよ木, いるお, いるかとさえ, いるしん, いるそちこちの群衆, いるでは, いると, いるところ, いるなか, いるに, いるのみで, いるほば, いるまま, いるものの, いるガス体, いるバス, いるポプラ, いる一つ, いる下, いる大岩, いる女, いる娘, いる家, いる寛闊, いる将校, いる小屋, いる弱い, いる微か, いる心持, いる態, いる最中, いる枯枝, いる柏, いる柳, いる梢, いる様子, いる水, いる水面, いる焔, いる燈火, いる白い, いる眼, いる社交場, いる空間, いる細い, いる花婿, いる草自身, いる裏庭, いる身体, いる風情, いる馬, うつくし, うつくし寂しくて, うねりが, うまく行かぬ, お雪, きた, きたので, きましたが, くだけて, くるか, くるしき, くるよう, くる鵞鳥, この石燈籠, この茅葺き, さきほどまで, さへ, さも嬉し, さらさらと, しまった方, そこだけ, そのままひ, その動揺, その地震, その足もと, その音, それが, ちょっとばかり, とまらねまた, ふと, まいります, まことに冬, また下に, また二三メートル上, まだ寝起らし, まるで石, みえる岩礁, やみ終ったとき, やや大きく, ゆらゆらと, よしきり, ろ, ゐたが, ゐたさ, ゐたとい, ゐた間, ゐた階上, ゐて, ゐるうち, ゐるかの, ゐるかも, ゐるその, ゐるなか, ゐるので, ゐるガス体, ゐるマスト, ゐる可憐, ゐる樹, ゐる河堤, ゐる海, ゐる空間, ゐる糸, ゐる蝶, ゐる間, ゐる露, ゐる頃, アール, イヴニングドレスの, チューリップの, テーブルの, ハタハタと, バラバラと, メリメリと, 一つところに, 一つ一つ光る, 一散に, 上つ, 上の, 上下する, 下ゆく, 不決定, 両の, 乱れた, 二人の, 二十五日の, 二重にも, 今にも込みあげ, 何か, 何となく凄い, 何とのう, 何時倒れる, 余勢が, 傾いたので, 僅か四, 僕の, 光って, 光り来, 光ること, 八郎の, 其間から, 凧ひとつあがる, 出て, 前方の, 動いた, 動く, 動く朱, 卯の花が, 厨房では, 去る, 吹き通った, 吾輩は, 呟き声, 和やかな, 唐紅の, 唸って, 地の, 地上から, 夕靄の, 夜露に, 大きな宅, 奇妙な, 子ら騒ぎ出づる日の, 宙に, 小鳥居る, 居ましょう夫, 居ります, 居りますね, 居るよう, 居る一隅, 居る上, 居る癖, 居る肩, 居る間, 山の手の, 山茶花が, 山野夫人の, 岸辺に, 巣箱の, 帯の, 帰りましたが, 年久しく, 広き額, 座長の, 廻って, 彼女に, 思いがけなく司令部, 思ひがけ, 思ひも, 恐ろしくなり, 手を, 押しあい, 指の, 揺れまくる, 攀上った喘ぎ, 散って, 旧噴火口, 明智の, 映った, 映つた, 暖かい日光, 曇る, 最大急行で, 来たと, 来たよう, 来ふたたび, 来るもの, 来る動いて, 来る楽し, 来る言葉, 来る食物, 染まって, 梁の, 梢が, 橙黄色の, 正しい判決, 母の, 母も, 水を, 泳いで, 流れ行く光りの, 消えるやう, 激しい水音, 火が, 熊の, 熾った, 瓶花傾く, 畳が, 病気に, 白い顔, 眉の, 真暗な, 眼が, 眼を, 稍, 空が, 笑ったが, 紛々と, 絵の, 縺つれし, 美しさ, 聞こえます, 肌寒う覚, 腰に, 膝と, 自分の, 艇の, 花の, 苦しいさ, 茶屋の, 落っこちそう, 落着い, 葉洩れ, 蒼白く燃える, 行くお, 行くよう, 行く後, 行く様, 行ったが, 行つた, 街では, 衣服だ, 見えて, 見えるもの, 見せたる春, 観客の, 話の, 転覆し, 軽く快い響, 輦の, 退いた, 通った, 通る足, 進み出したその, 過ぎる, 遠くから, 遥かや, 重ねて, 開くまももどかし, 闇の, 降りて, 陸へ, 険呑で, 雪片が, 雫が, 雲の, 霧の, 靡いて, 頭が, 頭を, 香料の, 駕の, 骨牌の, 髑髏は, 高原が, 鳴る音, 鷹揚に, 黒い靴下, 黒目は

▼ 揺れながら~ (88, 7.4%)

3 見えた 2 浮いて, 燃えて, 移動し, 立って, 進行する

1 [75件] けんめいに, こっちへ, この葦簀, それでもある, ただニコニコ, どうした, ふわりと, また左右, むこうの, やがては, ゴツンゴツンと, ス, スピイドを, 一葉二葉落ちた, 乱暴に, 動いて, 千鳥足で, 叫びさ, 向こうへ, 坂に, 壁の, 子供の, 小気味よく流れ, 延びたり, 建物の, 快く揺られ, 急速に, 恐しい勢, 戯れか, 日本橋の, 昇って, 映ったので, 映って, 映り動い, 時として真直ぐ, 暗黒の, 曲っては, 来た, 来る, 林立し, 枝葉間に, 漂って, 濃藍色の, 灯りつづけた, 燈影の, 燐銀の, 疾走し, 目まぐるしく流れる, 立昇っ, 笑った, 管を, 糸子と, 縺れ合って, 舳に, 船体の, 芳秋蘭の, 落ちた, 落ち黒い, 行く, 行つ, 走った, 踊りま, 近づいて, 通った, 進んだ, 過ぎた, 遠ざかって, 遠のいて, 遠のきました, 遠退い, 長くつづい, 陽に, 霧の, 駆けて, 鮮やかに

▼ 揺れ~ (26, 2.2%)

4 揺れて 3 揺れる

1 [19件] けるかな, しぶく小竹, つれて, なって, ゆられて, 似て, 体を, 我が家の, 揺られて, 揺れた, 揺れたかと, 揺れたと, 揺れた船, 揺れました, 揺れる闇, 揺れ返して, 煽った処, 物みな虹色に, 逢わないから

▼ 揺れ~ (18, 1.5%)

1 [18件] あの寒, かなしさ, たびに, 下甲板, 中で, 中を, 余りに烈し, 如く, 寒けさ, 後では, 拍子を, 済んだ後, 激しいとこ, 船が, 近づく薄, 重くて, 鎮る, 風

▼ 揺れ~ (18, 1.5%)

2 がどうも, で市内, を確か

1 [12件] がおおよそ, が簡単, だ, である, といったら, にまで却つてそれ, はひどい, は白燃, も尋常, をした, を感じ取らう, を気

▼ 揺れ~ (15, 1.3%)

1 [15件] おさまるまで, した, のこって, ひどいので, やや鎮まっ, コトコトと, 以前よりは, 再びどんと来, 劇しい, 外門から, 明るく白い中, 激しいので, 激しくなる, 烈しいやう, 聞えた

▼ 揺れたり~ (15, 1.3%)

2 して, 光つ

1 [11件] します, 交叉し, 屈んだり, 川に, 左へ, 悲鳴を, 横に, 石炭殻の, 自然に, 跳び上がったり, 顫い

▼ 揺れ~ (15, 1.3%)

3 しない

1 [12件] しないのに, しない白鮫号, しない青い, すぐかげる, せず燐寸, せず私鉄, せぬ静か, ないが, み渡っては, 少いだろう, 見せないで, 重くやがて

▼ 揺れつつ~ (14, 1.2%)

2 代助

1 [12件] あり, し太る光, 光る海, 早くも, 森の, 灰に, 照りぬ, 畳に, 積った, 肉を, 進むので, 進んで

▼ 揺れ帆綱~ (12, 1.0%)

11 よ空 1

▼ 揺れ~ (10, 0.8%)

1 して, しやうけれど, しようけれど, だんだんと, ぢき, ぢめる, ひどいので, ますます激しく, 少なく士卒, 雲の

▼ 揺れ~ (10, 0.8%)

1 するばかり, つたえるごと, はじめ天候が, 感じながら, 手のひらで, 抑えつけて, 抑えて, 病人は, 考慮に, 見あの

▼ 揺れその~ (8, 0.7%)

1 たんびに, 下から, 下で, 下の, 人は, 宵丸木組の, 幕の, 愛すべきところ

▼ 揺れうごく~ (7, 0.6%)

2 ものが 1 とき, ものの, 婦人たちの, 影も, 舳から

▼ 揺れ~ (5, 0.4%)

2 えりの, へる揺れ 1 へるこの

▼ 揺れても~ (5, 0.4%)

1 いた, 動かないよう, 屋根は, 澪れない, 火の

▼ 揺れかへ~ (4, 0.3%)

2 つた後の, りの

▼ 揺れそしてまた~ (4, 0.3%)

4 私の

▼ 揺れそよぎ~ (4, 0.3%)

2 この目, 独り遊ぶ

▼ 揺れ具合~ (4, 0.3%)

1 と汽船, に従つて仕事, は正しく, を見

▼ 揺れ揺れ~ (4, 0.3%)

1 かがやかし金色, てよし, て一散, 消えた

▼ 揺れ~ (3, 0.3%)

1 だまつ, へしなけれ, わめきして

▼ 揺れては~ (3, 0.3%)

1 いるが, ひり来, ゐましたが

▼ 揺れ大きく~ (3, 0.3%)

1 揺れた, 灯ざし, 船が

▼ 揺れうごい~ (2, 0.2%)

1 て, ていた

▼ 揺れかえし~ (2, 0.2%)

1 がきた, ている

▼ 揺れかた~ (2, 0.2%)

1 によってその, をし

▼ 揺れから~ (2, 0.2%)

1 のぼる顔色, 小波が

▼ 揺れごと~ (2, 0.2%)

1 に痙攣的, に電燈

▼ 揺れする~ (2, 0.2%)

1 と白い, 毎に

▼ 揺れそう~ (2, 0.2%)

1 な合方, な必死

▼ 揺れそして~ (2, 0.2%)

1 急に, 様々の

▼ 揺れだけ~ (2, 0.2%)

1 であまり, では

▼ 揺れっぷり~ (2, 0.2%)

1 で神尾主膳, 苦しがっ

▼ 揺れてを~ (2, 0.2%)

2

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

1 すぐ自分, 注意される

▼ 揺れながらも~ (2, 0.2%)

1 この夜, とろとろと

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

1 相当だった, 矢張揺れ

▼ 揺れもう~ (2, 0.2%)

1 凝と, 凝として

▼ 揺れやまぬ~ (2, 0.2%)

1 沢山な, 間に

▼ 揺れやむ~ (2, 0.2%)

2 を見

▼ 揺れやん~ (2, 0.2%)

1 でいる, で市ヶ谷見附

▼ 揺れ二人~ (2, 0.2%)

1 のいる, の肩

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

1 ふ竹群, ふ見れば

▼ 揺れ壁上~ (2, 0.2%)

2 の陰影

▼ 揺れ工合~ (2, 0.2%)

1 とを見, を注意

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

1 がかすか, と幹

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

1 はわれ, を触れたら

▼ 揺れ揺れる~ (2, 0.2%)

1 と博士, と思ふ

▼ 揺れ村祭~ (2, 0.2%)

2 の太鼓

▼ 揺れ椅子~ (2, 0.2%)

1 に腰, をゆする

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

2 が揺れ

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

1 やアラレ, 降れば

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

2 ふれば

▼ 揺れ~ (2, 0.2%)

1 に撓った, に縺れる

▼1* [128件]

揺れかえる揺れかえった後の, 揺れかがやかし金色の, 揺れかしぎつつ, 揺れがたがたと音, 揺れきりきりと廻り, 揺れぎしぎしと軋めき, 揺れくずし初め, 揺れくつがへる, 揺れぐあいから後棒の辰, 揺れこちらへ爆, 揺れてお, 揺れしきりに明滅する, 揺れしたかと思う, 揺れじゃこりゃならぬ, 揺れすぐに一人, 揺れそのまま消えて, 揺れそのままスルスルと力柱, 揺れそのままドーンと下, 揺れその間からヴィンダーブラ, 揺れそめにけり, 揺れそれから左手へ, 揺れそれなり何処へやら, 揺れそんな感じだ, 揺れたるのみ, 揺れたわむ呼吸に, 揺れだったのだ, 揺れつつや揺れつつ, 揺れてか縁を, 揺れてかがよふ, 揺れてぞッと, 揺れでもするか, 揺れ自然との, 揺れとたんに彼の, 揺れと共に火を, 揺れびく田の面, 揺れにたりしか糸も, 揺れひた縋りつつ燕, 揺れほうだいに揺れ, 揺れまたどこかでは, 揺れまっ暗なので, 揺れまろみつつ, 揺れやすき母の, 揺れゐしが影日向, 揺れをほどの大声だった, 揺れギーという寂しい, 揺れチカチカチカチカと青, 揺れドシャ降りの中, 揺れ一羽は宙, 揺れ下駄の音, 揺れ乍ら林立して, 揺れる寝覚め, 揺れ今にもロープが, 揺れぶくちばし, 揺れ作家としての心, 揺れの目, 揺れ光秀の閉じ, 揺れ具合いでこいつ, 揺れて来た, 揺れ加減を体験, 揺れ動かされていた, 揺れ厚ぼったい葉が, 揺れ厚ぼつたい葉, 揺れは渇い, 揺れ地上のもの, 揺れ壁土はばらばら, 揺れ夜中の間に嵐, 揺れ夜水中でこまかく, 揺れ始めの時, 揺れ子供達が駈け, 揺れ寝台の飾り, 揺れ小姓たちの佇ん, 揺れ小揺れじゃこりゃ, 揺れ師走の風, 揺れ幾条の淡く, 揺れ廻つて居る地震, 揺れが大きく, 揺れの隙間, 揺れ微かに音, 揺れ快く酔は, 揺れ悩んでいる, 揺れ我々もそれ, 揺れが閉まる, 揺れ拙い字で, 揺れ揺れ帆綱よ, 揺れ撓む柱を, 揺れ易いからね, 揺れ時々ずしんと, 揺れ時には相触れ, 揺れの酒, 揺れ枯枝が走りざわめい, 揺れが波打つた, 揺れがみしみし, 揺れは踊つて, 揺れ様々な形, 揺れに鐶, 揺れ泡沫が立ちのぼります, 揺れに漂つて, 揺れはとめどなく, 揺れと散っ, 揺れ漂い濤の, 揺れ潜望鏡には海面, 揺れ火元の方, 揺れ烈しくゆれて, 揺れく輿, 揺れ白い指が, 揺れを作っ, 揺れ着物の裾, 揺れ硝子戸越しに見, 揺れには星, 揺れ細い羽が, 揺れ絶えず小さいさ, 揺れ線香の火, 揺れに纏った, 揺れはたった今, 揺れが揺れ, 揺れ裸火の光, 揺れ言葉のからくり, 揺れ諸所で逃げ出す, 揺れ車輪の響き, 揺れ返しを案じ, 揺れ通しで, 揺れ進む速度につれ, 揺れ進んで行く, 揺れ青い枝と共に, 揺れなど鏘, 揺れを傾げる, 揺れえる, 揺れ鳴る一車が