青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戸口~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲 戯曲~ 戰~ ~戸 戸~ ~戸口
戸口~
戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る 戻る~ 房~ ~所 所~

「戸口~」 2134, 22ppm, 5210位

▼ 戸口~ (540, 25.3%)

50 立って 14 立つて 9 出て 8 人の 7 近づいた 4 佇んで, 姿を, 消える際, 立った, 立つた 3 よりかかって, 現われた, 立ちどまって, 立ちはだかって, 立ちました, 耳を, 身を, 近づいて

2 [32件] あらわれて, うろついて, たたずんで, たって, ならんで, やつて, ノックの, 丈長き, 並んで, 体を, 入りしより, 坐って, 待って, 急いで, 手を, 掛けて, 插す, 来て, 来ると, 残して, 番を, 立ちあるいは, 立ち塞がりました, 立ち塞がる人波, 立ったまま, 立つた時, 腰を, 行く, 行って, 足を, 近い下座, 顔を

1 [344件] あたる, あまり人の, あらはれました, あらわれそうして, あらわれたさだ子, あらわれた快活, ありし数人, ある低い, いた, いた村山喜兵衛, いた監督, いても, いないで, いなければ, いるな, いる女たち, いる歩哨, いる猪首, いる給仕人, いる馬, うろうろし, おきますよ, おり立って, おろされるまでに, お立ちに, かかる幕, かけて, かけると, かすかな, きて, ぎゅうぎゅう押しつけ, けたたましい足音, こしを, ことことと, しがみついて, じっときき入り, じっと眼, すぎませんまだこれから, すくと, すわつて, せまった, せわし, そつと, たたずんだまま, たつ時, ちかいところ, ちかい壁, つけた薄暗い, つけても, つっ立って, つないで, つめかけてる群集, のこすと, のぞいて, はさまりて, はって, はめこまれた一幅, はりつけると, はり札を, ぶら下って, ぺったりしりもち, またはオルガン, むかえて, むれ集まって, もう白み, やって来て, よりかかりは, ゐたの, ゐるの, ゐる同心, イーリスの, カフェーとだけ, ジーモンが, ヌッと, ハーシュは, 一人の, 一時に, 一等近く, 一脚の, 三つの, 下げた簾, 下げた赤い, 下げた金線サイダア, 下り立つて, 乗りつけると, 人足の, 仆れ, 仕切られ種々, 伸子と, 佇みました, 佇み新聞, 佇む一個, 佇立した, 何か, 俊三が, 僧を, 入りかけたもの, 入りそう, 入り闇, 入口と, 凭れて, 出しても, 出すと, 出ます, 出ると, 出るや, 到り合鍵, 到れば, 到れるお, 到着せし, 前足を, 匍いだし, 半分から, 半紙を, 向いた, 向えり, 向かいあった寝台, 向かってのみ, 向へ, 咲くエゾニウ, 四尺五六寸の, 坐った, 坐つてギター, 坐りて, 坐る老人達, 垂れて, 塞いで, 夜に, 夥か, 大きな躯幹, 天秤を, 女が, 女房たちが, 寄って, 寄ると, 導いた, 山躑躅を, 席を, 廻って, 引きしまった青い, 張りだして, 張紙し, 彳み, 彳んで, 往って, 往つた, 往つてもし, 往つて見る, 往つて鑰を, 待たせて, 待ち受けて, 忍び寄つて, 思いがけない人, 恐れた様, 悪魔が, 手拭を, 折重なりどんどん, 抛りこんだり, 抛りすてるや, 押しやりその, 持って, 挾まりたれば, 挿込んだ, 捜してる名前, 据えて, 据わつて, 掛ったの, 掛る, 控へて, 掲ぐる, 插んで, 新しい標札, 新婚の, 日に, 書いて, 木靴を, 朱砂ハナが, 杓子が, 来たきたない, 椅子を, 検束が, 横わっ, 歩みよって, 歩み寄ったが, 歩み寄つた, 歩み寄りますと, 殺到した, 気がついたこと, 注いだまま, 泳ぐどころ, 洒落た一聯, 消えぬ, 消えるか, 点いて, 現はれた, 現はれる, 現れた, 現れたので, 現れる, 現れ彎刀, 現わし, 現われたシモン博士, 現われるが, 現われるの, 番号を, 着いた, 着いたちょうど, 着いたの, 着くだろう, 石屋が, 突っ立ってたら, 突立っ, 立たして, 立たねば, 立ちいかにも, 立ちすくんで, 立ちて, 立ちどまった, 立ちどまりましたが, 立ちはだかった, 立ちはだかったまま, 立ちはだかつたまま眼, 立ちはだかり, 立ちはだかり腕, 立ちはだかる枯木, 立ちふさがり殿, 立ち停まって, 立ち塞がつて, 立ち塞つて, 立ち柘榴, 立ち止つた, 立ち止つて, 立ち止りました, 立ち混み入る明智, 立ち竦みて, 立ち続けて, 立ったかみさん, 立ったきり, 立ったと, 立ったとき, 立ったまま葵, 立った儘, 立った時, 立った母, 立った母兄, 立った背, 立った貧乏人, 立った露月, 立つ, 立つこと, 立つた儘洋傘, 立つては, 立つと, 立つの, 立つまでは, 立つやう, 立つ毎, 立つ疲れ切った旅人, 立てかけて, 立てた, 立てる乙女, 立並び御, 立寄りけるに, 立寄れば, 立止っ, 立留っ, 立留つてゐる, 立聞きし, 紙荷の, 置いて, 置かれてる牛乳瓶, 置かれる事, 置き棄て置き忘れねば, 美人女給が, 聞える足音, 聞こえたとき, 背中を, 腰かけながら, 膝を, 至って, 色白な, 行きその, 行きて, 行きぬ, 西貝の, 覆面したる, 見えなかった, 見た刹那, 見送りの, 買って, 赤い灯, 走り出て, 踞まって, 蹲りて, 蹲踞んで, 躊躇した, 迎え, 迎え手, 迎ひ, 近いところ, 近い左側, 近い所, 近い楡, 近い腰掛, 近く吊つ, 近く石よりも, 近く竊に, 近く立つ, 近く立つた, 近く蚊帳の, 近く通路に, 近づきました, 近づく, 近寄って, 近寄るを, 送つて, 送りながら, 這入りかけて, 進まんと, 進んだ天井, 遊んで, 運ばせた, 重ねると, 銃を, 集まり珍, 集まり珍し, 集りゐて, 集り1・2・3・4・5, 雪が, 霜げた年とった, 音なく, 頭の, 顕は, 風を, 飛んで, 食み出るほど, 餓ゑ疲れ, 馬車が, 馬車を, 駆けて, 駆け付けた, 髯男が, 黒と, 龍雄の

▼ 戸口~ (454, 21.3%)

61 方へ 25 ところに 21 ところで 18 方を 17 ほうへ 16 方に 12 ところへ 10 前に 7 ところまで 6 所で, 所に 5 外で, 外に, 近くに, 錠を, 障子を 4 すぐそば, 傍に, 前で, 戸を, 柱に 3 ところから, ほうに, ほうを, 上に, 前を, 所へ, 所まで, 敷居を

2 [18件] しきい, ところには, 上の, 中へ, 前の, 前へ, 壁に, 外へ, 扉が, 扉には, 扉を, 溝の, 物音である, 蔭に, 處で, 辺に, 鍵を, 陰に

1 [150件] あたりへ, あたりを, かたわらに, この宿, すぐ側, すぐ内側, すぐ外, すみに, そばまで, たいこは, ついわき, とこだ, とこで, とこへ, ところからだけ, ところだけ, ところな, ところへの, ほうから, ほうで, ほかに, ほかには, まんなかに, ように, ようやく増加, わきに, カーテンの, カーテンを, ベンチに, 上からは, 上には, 下には, 下へ, 両の, 中からは, 中に, 中は, 中まで, 中や, 人を, 側に, 傍で, 傍へ, 傍まで, 傍らに, 光に, 内に, 内側には, 処に, 前や, 副は, 十字架を, 右の, 右手もと大きな, 向ひ, 向ふ, 周りだけに, 呼鈴が, 呼鈴を, 土間に, 土間へ, 増加せる, 増加の, 壁際に, 声が, 外から, 外でへん, 外には, 外は, 外まで, 外光を, 奥から, 奥に, 奥の, 女房たちの, 家の, 左の, 帷, 幅を, 庭葢の, 廊下から, 往来を, 後ろには, 所などで, 把手のか, 敷居の, 方, 方から, 暗いところ, 木の, 板が, 板を, 枠飾りの, 柱ぎわに, 柱よりも, 柱を, 格子の, 椅子で, 標石の, 横の, 樫の, 次の, 段の, 準を, 無い大きな, 物音は, 男に, 番を, 盛んな, 石だ, 石の, 簾を, 締りは, 締りを, 腰掛けに, 腰架で, 蒼い顔, 蔭から, 蔭なぞに, 血や, 見張, 話, 話しごえ, 豐か, 賑へる, 踏段に, 近いところ, 近くで, 近くの, 鈴が, 鈴がが, 錠前についての, 鍵きり持っ, 鍵も, 鍵孔に, 鍵穴へ, 閾の, 閾へ, 閾を, 闇に, 附いた板塀, 陰へ, 隅に, 隅には, 隅へ, 階段の, 階段を, 雪の, 響板が, 風呂で

▼ 戸口から~ (258, 12.1%)

22 出て 10 入って 8 外へ 6 はいって 4 外を 3 では, 一人の, 中を

2 [22件] フラリと, 中へ, 人間は, 入つて, 入ると, 出ようと, 呶鳴りました, 声を, 外の, 姿を, 家の, 射す灯, 屋内を, 引返したため, 斜めに, 森の, 無言で, 第一, 覗いて, 走り出て, 這入って, 顔を

1 [155件] あわてて, おみや, この家, この座敷, こは, さし込んで, さす光線, じろ, すべりこみさっき, そとを, ちやうど, つかつかと, です, どっと入っ, どっと入る, なにか恍然, のっそりと, はいったの, ばけもの, ぱっと明るく, ほんの二, また一人, みんなにげ出し, もどって, もれて, ヌッと, ポッツリと, ランプ一つしか, 一同を, 一杯人の, 一歩も, 一足跳び, 一間ぐらいの, 中に, 二人の, 入り狭い, 入るの, 入る光線以外, 六間先き, 其の小さく, 其形恰も, 内部を, 出して, 出しやる, 出ました, 出られる位, 出る, 出入りなすっ, 匂って, 厖大な, 去る, 叩き出したフェリクス, 吐き出されどやどや, 呶鳴りたてた, 場内左右の, 塾の, 外に, 外光が, 夜の, 大声に, 妃の, 客室の, 家へも, 寒い風, 射し込む光線, 射し込んだ, 小便に, 少し家, 尾を, 屋内へ, 岡に, 岡野が, 座敷の, 庭の, 廊下の, 廊下へ, 彼が, 彼は, 思わずグググッ, 意気で, 憲兵が, 手が, 手や, 投げ込んだ, 押し出した, 拔けて, 拝観する, 日が, 日向へ, 村山喜兵衛が, 森が, 河合が, 洩れて, 消えて, 消えてから, 消え去って, 渡されたの, 測つて, 無遠慮に, 片手を, 現れた, 現われた, 現われた武士, 疾風の, 白い人影, 目を, 真正面に, 矢代を, 石でも, 石川兵庫介が, 礼子を, 空に, 突然に, 緑の, 線路を, 耳を, 聞えた, 聲を, 自由に, 艶な, 艶麗な, 薄暗い土間, 藤さんを, 表庭, 裏へ, 見える前方, 規則に, 覗きべそ, 走り去った, 足音が, 路上へ, 跳び出した時, 蹴とばして, 身をよけて, 転がし出された若い, 辷るよう, 逃げだそうと, 逃げて, 逃げはじめた, 遠, 遠くへ, 遠ざかった, 部屋の, 開きから, 降りようと, 雪の, 青竹の, 頭を, 頸を, 飛び出したの, 飛び去ったこと, 飛んで, 駈け出すと, 駈け出そうと, 高い声

▼ 戸口~ (257, 12.0%)

14 出て 9 開けて 8 出た 54 出ました, 通って, 開いて 3 あけて, 出ると

2 [18件] ふさいで, ふさがれて, ガタガタ開け, 入って, 入ると, 出たが, 出たり, 出ようと, 叩くと, 塞いで, 後に, 指さしました, 指ざした, 指して, 突開け, 背に, 見て, 見る者

1 [167件] あきれたよう, あけつ, あけては, うかがうという, かためて, がたがたいわせた, がたぴしと, きっと見, くぐって, くぐる前, こじあけた, こっそり忍び, ことこといわせ, ことごとく鎖し, さぐって, さした, さっと開い, しっかりと, しっかり閉めさせました, しつかりと, しめコゼット, じっと眺めた, じつと, すぎたものゝみが, そっと押し, そつと, たいへん心配, たたくすばらしい, つと這入つ, でたところ, とび出すと, のぞいて, はいって, はいるとき, はいる特権, はいろうとは, はなれて, ひらかれて, ひらかれる可能, ぴたりと, ふさいだ, ふさいだのに, ふりかえった, ふり向いた彼ら, またいで, またぐ途端, まぼろし, まもったが, ガタガタと, キョトキョト見, スーッと, ズッと, トントントンと, ノックした, 一々丁寧, 一歩踏み出す, 入つた, 入る, 出かかつた, 出づれば, 出てから, 出ながら, 出る, 出るとき, 出るまでは, 出るや, 出る拍子, 出る時, 出入し, 出入する, 出掛, 半ば塞ぐ, 叩いては, 叩くかの, 右近が, 向けて, 四十男と, 塞ぎたるは, 壊して, 大いにし, 守って, 少しは, 引受けて, 慕って, 抑えた手, 押した, 指さして, 指した, 指し低く, 指すか, 指すと, 指すといふ, 指すの, 按じ田地, 振りかえっ, 掃いて, 掃除し, 掃除してた, 探しあてお, 擦り抜けるの, 敲いて, 明けて, 有する土地, 漏れる光線, 潜れば, 狙った, 玄関ご, 発見し, 目がけて, 目ざして, 目掛けて, 眺めかがらぼんやり, 眺めた, 睨んで, 示した, 私は, 窺つてゐたら, 細めに, 締め切って, 藁や, 見た, 見つけて, 見つけようとして, 見つけ出した, 見る, 見ると, 見出して, 見守った, 見張って, 見遠く, 視詰めて, 覗いたこと, 覗う, 覗くと, 訪れました, 訪れるなぞ, 誰かが, 調べて, 調べに, 護って, 跨いだとき, 跨ぎました, 跨ぐだけの, 跨ぐや, 跳び出して, 踏み出したり, 蹴飛ばすよう, 退かなかった, 這入った雪, 通らないもの, 通り越したもの, 過ぎ行きて, 閉めきって, 閉めたばかりの, 閉めて, 閉め雪帽子, 開いた, 開き中, 開くの, 開けたまま, 開けたら, 開けるため, 開ける前, 間違えたの, 隠した, 離れて, 飛びだした

▼ 戸口~ (171, 8.0%)

9 出て 8 来て 5 行って 4 顔を 3 かけて, 出た, 走って, 飛んで

2 [12件] いったとき, いって, 來た, 来ると, 歩いて, 歩みよる気配, 立つた, 走りよる気配, 足を, 近寄って, 進み半ば夢中, 首を

1 [109件] お出迎え, お呼びに, こう言う, こればかりは, そっと顔, つかつか行った, とびだして, とんで, はいった事, はいった者, ひよつこり現れた巡査, むかった, もどりました, やっと辿り着いた, よく肥った, ゲルダを, ソッと, 乳母は, 伸子たちを, 入る, 出かけて, 出たので, 出ようと, 向いた藤吉, 向かって, 向った, 向って, 吹きつける風の音, 呼び集めて, 妹の, 姿を, 寄った, 寄った工合, 廻って, 廻つて見たら, 廻る時, 引っ張られて, 引込んだ宗吉, 往って, 往つた, 往つて平八郎に, 戻って, 戻りました, 抜き足で, 抜けだそうと, 押し返すこと, 据えて, 来た, 来たの, 来た時, 来ないうち, 歩いた, 歩みかけた, 歩みかける, 歩みかけるそこ, 歩み寄ると, 歩んで, 注ぎ現われる敵, 火事装束らしい, 犇, 現れた, 現れました, 白髪を, 盲目の, 真青な, 着いたとき, 突ッかけた, 立ち, 立ちよった, 立ちよって, 立って, 立つかも, 立つと, 立停っ, 簧を, 置いて, 與吉を, 草の, 行き黄瑞露, 行くの, 行った, 行つた, 行つて, 行つて斜に, 行灯の, 走った, 走りカンヌキ, 踊りこみ忽ち, 蹲んだまま俯向, 転げ込んだ, 近づき半ば, 近づき旗, 近よ, 近寄ったが, 退いて, 退却した, 送って, 遁げ出した, 釘づけ, 面向け, 飛び出さうと, 飛び出しました, 飛び出すと, 飛び出そう, 馳け, 駈けて, 駈け出すなり, 駈け寄った, 駈け廻って

▼ 戸口~ (79, 3.7%)

2 おせいちゃ, げたに, 喚いた, 大声が, 待って, 立って

1 [67件] あつたらう, ある女, おかあさんの, おきまり, がやがやし, くるりと, しとやかに, そう云う, そっと彼, ためらって, つかまった, とまると, ひそ, ぶるぶるっと, ぼんやり待つ, また珠数, 一塊り, 一秒時間程, 争う, 二三度あった, 二人が, 二人の, 云った, 何か, 刑事は, 唸って, 唸つて, 夜中に, 女房に, 寝巻姿の, 彼に, 彼は, 彼を, 彼女に, 待ちかまえたよう, 待ちながら, 惣平次と, 手間の, 押えたの, 振り返った, 断わられの, 有ったけれど, 本を, 格闘が, 棒立ちに, 止った, 止まると, 点検し, 着物の, 私は, 私服と, 絞り水, 聞えた, 聞き耳を, 自分を, 術を, 衣より, 話して, 話し合って, 足踏を, 身ずまい, 轡を, 迷つた, 逢つた芸者が, 鈴を, 雪帽子や, 靴を

▼ 戸口まで~ (72, 3.4%)

5 出て, 行って 4 送って 3 追って, 送つて 2 出ましたが, 来て, 行った

1 [46件] いくと, いったが, いらっしゃいますと, おくり行くに, ぐんぐんわたし, ずるずる引き摺られた, その男, ついて, ぱっと暖か, ひきずって, もつて, やって, ゆくと, 來てから, 動かして, 呼び出した, 呼んで, 客人たちを, 届かない, 帰って, 引き返さなければ, 後ずさりに, 忍び寄ったが, 忍び寄って, 手を, 曳いて, 来た, 来ると, 焼けて, 続く, 舞い戻って, 行かない中, 行き素早く, 行くと, 行ったが, 行った時, 見送りに, 見送りました, 辿りついた, 近づき得なかった理由, 追いかけて, 送ったが, 送ったま, 送られたが, 逃げのびて, 駆出して

▼ 戸口~ (67, 3.1%)

5 あって 4 あった, 開いて 3 あいて 2 あるの, 一つある, 始終開い

1 [45件] あくんぢ, あったにも, あっても, あつて, あまりせま, ありその, ありそれ, あるが, あるに, がやがやする, しめらるる時, たいそうひくく, たった一つ, ついて, ついてるぶざま, できて, ない, ふさがった, ガタガタと, ゴトゴト云ってた, サッと開いた, 一パイに, 二つありまし, 二つある, 人を, 伸子たちの, 低いので, 依然として開け放され, 停つた, 半明, 半開きに, 大きな音, 少し透い, 少し開いた, 惜しくなり, 有るの, 殖えて, 細目に, 見える, 身を, 通りに, 開いた, 開きました, 開け放されて, 顔を

▼ 戸口~ (45, 2.1%)

2 あったが, 開いて

1 [41件] あらあな, すぐに, ただ腐食, なしあの, びくとも, またもと, 一つも, 中から, 二人の, 低く窓, 依然として開け放され, 勇士らで, 単なる破屋, 厳重に, 困窮を, 固より, 外から, 大部分近世, 小さくて, 常に人, 幾らも, 或廢園, 文学の, 昔の, 昼も, 昼夜とも, 有るけれど, 決して締り, 無いだろう, 相変らず, 私が, 箇性の, 締められた, 與吉の, 薄くらがり, 街路に, 身を, 閉ざされて, 開かれて, 開け放されて, 開け放して

▼ 戸口には~ (29, 1.4%)

2 手拭に, 錠が

1 [25件] みなれない侍, やや遠く, 一本の, 人の, 仮装した, 制服の, 厳重な, 大きな百合, 小さな梯子, 居ませんでした, 屈強な, 弾丸を, 果して謙蔵, 柵が, 母親の, 知らない女, 緑の, 羽根の, 羽衣を, 角行燈が, 誰やら, 貸車, 軒ごとに, 重くろ, 黒色の

▼ 戸口~ (17, 0.8%)

2 一つの, 窓とを

1 [13件] こわれては, カーテンの, 二つの, 同じ幅, 向い合って, 向き合って, 平行に, 廻廊とは, 思われる方角, 書斎とは, 柱一つを, 知って, 窓とに

▼ 戸口~ (13, 0.6%)

1 [13件] あいて, ある, ついて, つまらぬもの, 内が, 扉も, 無かつ, 無ければ, 皆閉じ, 窓も, 閉って, 開かれた様子, 雨戸は

▼ 戸口~ (11, 0.5%)

3 窓の 2 窓から, 窓に 1 商店の, 窓を, 調度に, 路地や

▼ 戸口からは~ (8, 0.4%)

1 なれた, まるでコンロ, 何れも, 昔ながらの, 朝日が, 粉が, 紀久子が, 馬貫之の

▼ 戸口より~ (8, 0.4%)

1 入りし数人, 入り来る, 半身を, 射し入り暗い, 帰らせ給, 投げその, 浮びいでつつ, 笑みつ

▼ 戸口にも~ (6, 0.3%)

1 たれて, 人が, 時としては, 特別の, 立って, 笊を

▼ 戸口調査~ (5, 0.2%)

2 があり 1 で分っ, による, の名簿

▼ 戸口では~ (4, 0.2%)

1 なかった, 五六人の, 女子供らが, 急に

▼ 戸口にて~ (3, 0.1%)

1 傘の, 振りか, 見返りながら

▼ 戸口を通して~ (3, 0.1%)

1 俺の, 聞こえて, 街路樹が

▼ 戸口~ (3, 0.1%)

1 呼び出した, 来て, 歩いて

▼ 戸口からも~ (2, 0.1%)

1 先刻下り立った, 帰られまいゆっくり

▼ 戸口という~ (2, 0.1%)

1 ものが, 戸口を

▼ 戸口とは~ (2, 0.1%)

1 利益甚だ, 廊下で

▼ 戸口なる~ (2, 0.1%)

1 コリントスがたの, 水牛の

▼ 戸口へと~ (2, 0.1%)

1 進み寄った, 進み寄つた

▼ 戸口へも~ (2, 0.1%)

1 例の, 届かない内

▼ 戸口以外~ (2, 0.1%)

1 にも一つ, はあらゆる

▼ 戸口~ (2, 0.1%)

1 に子供等, の床

▼ 戸口及び~ (2, 0.1%)

1 土地調査が, 土地調査竝に

▼ 戸口名簿~ (2, 0.1%)

1 の上, を出し

▼ 戸口~ (2, 0.1%)

1 に至る, もいない

▼ 戸口調~ (2, 0.1%)

1 から除外, では戸数

▼ 戸口調査簿~ (2, 0.1%)

1 に載っ, のよう

▼ 戸口~ (2, 0.1%)

1 かのとある, かの地

▼ 戸口近く~ (2, 0.1%)

1 である, に立っ

▼1* [51件]

戸口および窓の, 戸口かなという句が, 戸口からにしては, 戸口さえ見えないくらい, 戸口さ手で身體, 戸口しきゃないなんていうお上品, 戸口すなわち一つの, 戸口と見, 戸口だけは確かに, 戸口ちかくでその, 戸口であるとも思われる, 戸口でしていた, 戸口でのひそひそ話が, 戸口でも晴着に, 戸口といふやうな, 戸口とかに意地の, 戸口とを中心として, 戸口にあたってチラと, 戸口にかけて耳を, 戸口になんぞうろついてや, 戸口にまで追い詰めて, 戸口にゃ一羽の, 戸口によって扇を, 戸口のまん前に, 戸口へのそりの, 戸口へは下りずに, 戸口までは二人に, 戸口みたいな狭い, 戸口もとにポカン, 戸口よりかかっている, 戸口よりは最も遠き, 戸口らしい粗末な, 戸口をとほして, 戸口をはひつた, 戸口カラ現レタガ, 戸口デ辿, 戸口乏しくて, 戸口増倍し一郡饒, 戸口天平神護年中右大臣吉備真備が郡領, 戸口があい, 戸口戸口には羽根, 戸口の中, 戸口のところ, 戸口に女, 戸口氏名は潜, 戸口茂里の忠告, 戸口茂里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 戸口茂里高橋秀臣石山弥平小林茂八であった, 戸口が貼られた, 戸口調査名簿をお, 戸口近い彼女の