青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「揚げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

描く~ ~描写 描写~ ~提げ 提げ~ ~提出 提出~ ~提灯 提灯~ ~揚げ
揚げ~
~換 換~ ~握っ 握っ~ 揺れ~ ~損 損~ ~撫で 撫で~ 支~

「揚げ~」 1516, 16ppm, 6913位

▼ 揚げ~ (954, 62.9%)

11 しまった 10 いた, しまひました 9 来た 8 いる, 來ました 7 いるの, しまいました, 來た, 来て, 来ました 6 いると, しまつ, 行きます, 行くの 5 いった, 來る, 行った, 見ると 4 しまって, 喜んだ, 来たの, 笑つた 3 ある, くると, それを, ゐる, 下さい, 行って, 遊んで

2 [49件] いたが, いたの, いて, いない, いるよう, おいでに, おくと, おくん, おられた, きた, きた人, くる途中, くれ, くれと, しまう, しまうと, しまったの, それから, どさ, みると, やる, ゐるの, ズシリ, 之を, 何か, 倒れた, 勢よく, 厭といふ, 喜ぶ, 家を, 居りました, 平次と, 弟子が, 晩酌でも, 来ては, 来ると, 泣いて, 泣きたくなるけれども, 泣きました, 泣出した, 泣叫ぶ, 父母を, 矢庭に, 神田明神下の, 良秀に, 行ったが, 見せました, 貰って, 飛んで

1 [684件 抜粋] あつて, あとには, あの年中榾火, あやまりながら, あります, あるの, あるやつ, ある多く, ある船, あれば, いたこと, いただいた髪, いただきたいと, いたん, いた信号旗, いた種吉, いた米友, いた頃, いったその後, いったの, いったばかりの, いつて, いなかった, いふに, いましたけれど, いましたので, いますから, いよいよ屋敷, いよいよ足場, いるこれ, いるとも, いるべき場合, いる交通巡査, いる凧, いる尋常一様, いる所, いる揚物屋, いる様子, いる熊谷, いる籐, うねり狂っ, おいて, おかねば, おりました, おります, おる, お浜, からからからという, きたかれの, きたとき, きたの, きたん, きた悪い, きゃッ, ください, くるし, くるん, くる味方, くる諸, くれたさ, くれたので, くれないか, くれる, くれるから, くれる筈, くれればという, けさアーサーが, ここの, こっちへ, この一座, この日, これから寝よう, ごらんなせ, さて何, さわいで, しまいます, しまう確信, しまったが, しまったため, しまったので, しまったのに, しまったん, しまつて, しまひ主人, しまふと, すぐいいつづけた, せツ, そこには, その上, その凧, その友僚, その弁論, その癖口, その運転, それからの, それから電車, た, つかわすぞ, とにかく与力笹野新三郎, どこへ, なきだしました, なき出す, のぞきこんだ, はたと蹴る, はるか後方から, ふたたびご, まいろう, またバター, まゐりました, みせなくっちゃ, みたかったの, みろ, もうその, もう誰, もがけば, もとの, やがてその, やったら通りがかり, やって, やりたい, やりました, ゆくの, ゆく徳川勢, ゆく朝, ゆく砂塵, わめくと, ゐた氏, ゐるン, アカイアの, アハアハアハと, オーイと, クロニオーンに, サツサと, ジッと, スゴスゴと, チョット帽子, トラックに, トロイア勢に, ヒタヒタと, ボートの, 一人前に, 一度に, 一心不乱に, 一気に踏み潰す, 七顛八倒の, 三人ばかりの, 三絃の, 上下交, 上京した, 下すった, 下に, 不足であろう, 世間の, 中から, 丹三郎を, 主觀, 久しいべか, 乱暴に, 乾いたもの, 了つたのです, 了つた後さすが, 了つて船の, 二たび三たび呼ぶ, 二人が, 二階へ, 云った, 云つた, 交ぜると, 人助の, 今にも動き出し, 今一度諸君と共に, 今朝あたりは, 今朝高輪の, 介抱する, 仕舞いねえ, 仕舞う場面, 仮屋の, 休みなさるんで, 伯父を, 佐伯の, 何人にも, 來は, 倉庫の, 倉庫へ, 働いて, 兄上はや, 兎に, 入江の, 八郎太の, 其町へ, 再び網, 出します, 制しかけた, 制した, 制するもの, 前方から, 前者を, 副食物に, 勇將を, 勝負を, 十二段に, 十八ヵ国の, 半刻, 卸す前, 去るを, 参りましたが, 取らないで, 取り集めなど, 叩くまね, 叫びたい気, 叫んだ, 台所の, 合図みたいな, 同心南沢鉄之進は, 吾妻を, 呉んな, 味方を, 呼ぼうと, 呼んで, 哄笑したい, 唄い出した, 唸つて, 啌つきの, 喜び騷ぎました, 嘲笑を, 困る時, 園部の, 城中の, 塩を, 塩胡椒を, 売る店台, 大きな盥, 大湊の, 奮然とアートレ, 始めて篠田, 子供たちは, 家人を, 小屋に, 居たの, 居ますよ, 居るの, 居る船, 届けに, 届ける所, 峠の, 崩る, 席を, 帰った, 帰りかけたの, 帰りました, 帰るん, 庄屋の, 座を, 弓を, 引上げて, 引取る, 引返し滝川, 彼の, 彼女の, 後から, 後者を, 御丁寧, 御神燈, 忰の, 怒号し, 怒鳴りつければ, 急に, 怪しからん, 悲哭し, 愉快なる, 慟哭したい, 我が帝國軍艦, 我等の, 戦列から, 手桶へ, 手間取るまいぞ, 押し込む, 持って, 捌くという, 攀登る, 攻寄せて, 放肆に, 敗走し, 散財し, 新豆位, 施主たちに, 旅人の, 早く粟津, 早く酒席, 早く馬籠, 昨晩さんざん, 暗の, 望楼の, 本国の, 机を, 来たお, 来たかの, 来たじゃあ, 来たと, 来たという, 来たとき, 来たン, 来た事情, 来た人々, 来た各, 来た味方, 来た様子, 来た素人, 来た西軍, 来た銀造, 来た頃, 来てからも, 来ること, 来るので, 来る時期, 来る甘糟近江守, 来る途中, 東奉行所へ, 松の, 柵壁を, 森の, 森林を, 椅子から, 楽しんだ, 楽むこ, 様子を, 歌い出す, 歌を, 此方の, 此方は, 歩けば, 歸りました, 歸る, 殆ど歎願に, 残った汁, 殘つたのは, 水の, 水気を, 江戸へ, 沖縄へ, 河原の, 泣いた, 泣きだした, 泣きつつ, 泣き伏して, 泣き出さんばかりに, 泣き出した, 泣き出して, 泣くか, 泣くという, 泣く叫ぶ, 泣倒れました, 流して, 流れて, 流れ始めました, 海に, 海へ, 海を, 渠等の, 温い内, 滝の, 潮越え, 無意識に, 燃えて, 燥ぎ出した, 爪先立ちに, 玉の, 王宮の, 生家の, 甲板の, 男に, 男衆は, 画面へ, 白砂糖の, 盛んに, 盪しけれ, 目前に, 直江津の, 直義が, 相互比翼の, 真青な, 睨みまわした, 称揚する, 突き進んで, 窓から, 竹光でも, 笑った, 笑ひ出した, 精一パいに, 糧食ひとしく, 絡むよう, 繰り出して, 繰返すの, 置いた方, 置いて, 置くの, 罵るやう, 群衆に, 羽蟻の, 考へ, 而も, 脅える声, 膝の, 自分で, 自燃作用, 舟遊山を, 船も, 落ちた, 落ち来るの, 藤尾を, 藻掻き狂った, 虎の, 衆呼び醒ませ, 行かれましたが, 行きました, 行きますから, 行く, 行くとは, 行く人々, 行く人達, 行く平次, 行く所, 行く覆面武士, 行ったなどとは, 行ったの, 行ったよう, 行った様子, 行ってから, 行つ, 行つた, 表の, 見せる, 見た, 見たが, 見たよう, 見たら守, 見ました, 見世物小屋の, 見物は, 視て, 言ったの, 言つた, 警戒した, 谷底を, 豆や, 豪族の, 財布ぐるみそっくり, 貰うには, 貰った, 貰った処, 賑わしいこと, 走って, 走つて, 走り出した, 足拍子揃へて, 踊る, 車台も, 近寄ること, 追っかけたん, 追込んだ事, 逃ぐる樣アカイア勢は, 逃げ惑いつつ, 逃げ惑う, 逃げ走るアカイア軍, 進んだが, 進んで, 遊ぶこと, 遙語す, 遣らなかつた, 部屋中大威張で, 酒を, 金網の, 門の, 門を, 間もなく小田卷直次郎, 陸へ, 雨の, 頭に, 顔を, 顔良文醜, 願を, 風が, 風に, 飛び出した, 飛ぶが, 飛去らん, 食べるの, 馬を, 駈けまろん, 駈け附けた, 騒いで, 驚いたといふ, 高いひさし, 高い大空, 高砂を, 高見の, 魏の, 魚も, 鳴いた, 鼻の

▼ 揚げ~ (53, 3.5%)

3 支度を 2 命を, 準備を, 船の, 途中で, 途中に

1 [40件] あとは, お婆さんも, こと, つけ方なども, どさくさで, ほかに, カツレツを, 儀は, 先頭に, 剃刀痕を, 天麩羅三百四十を, 奥の手だ, 女ばかり, 寮に, 帰途には, 平軍三千騎が, 幼なだ, 延びた顔, 式, 式などは, 後も, 日は, 日東京へ, 時にも, 時刻を, 機を, 殿について, 用意あっ, 用意に, 者でございまし, 船中に, 芸人だ, 貝が, 連中は, 配りもの, 配り物, 金銭を, 開始された, 際逃げおくれ, 鼓を

▼ 揚げ~ (32, 2.1%)

2 開始した

1 [30件] した, したから, しようと, すすめた, するかの, するの, せがむの, つけたり, つけた洋服, みると, 仕果した, 付けて, 令した, 企てた者, 伝令し, 入れたらこれ, 号令した, 命じかなり, 命じたの, 命じて, 命じ自身, 命ぜられたそう, 命令した, 宛って, 急いだかと, 悠々なしとげた, 断行した, 発令した, 行うとともに, 行ったよう

▼ 揚げ~ (28, 1.8%)

2 なって, なっては

1 [24件] かかったの, かかって, かかりだした, かかるの, したって, する時代, とりかかってから, なってから, マニラへ, 來て, 入れて, 出ると, 困るよう, 夢中です, 当って, 来た, 焼鴨, 熊手と, 用いても, 着手する, 行く事, 行く船, 行つて再び, 要するこの

▼ 揚げながら~ (23, 1.5%)

1 [23件] あが, しきりに身振り, なおも身体, 一座の, 何ごころなく, 例の, 再び奥, 千里一飛びという, 四足を, 庭中逃げ廻っ, 振り顧った, 母親らしい, 片手で, 片手を, 立ち上ろうと, 絡み合って, 船長室を, 街道の, 逃げ出したいやう, 逃げ出したいよう, 逃げ迷う, 頭の, 駈け出して

▼ 揚げても~ (19, 1.3%)

2 結構です

1 [17件] その中間, それでは許し, つと大丈夫, よいところ, ようございます, よければ, よし, よしそんな, よし林檎, よし白瓜, よし胡瓜, よし茄子, よろしゅうございます, 切れるやう, 別である, 漢中は, 遅くは

▼ 揚げたり~ (16, 1.1%)

2 したの

1 [14件] いろいろと, おかげで, する手つき, まるで浪人, 刺身を, 口を, 売ったり, 天井板を, 布団を, 杭を, 泣いたり, 独楽を, 網の, 閉鎖され

▼ 揚げ~ (16, 1.1%)

5 の者

1 [11件] がござん, でご, で荒木左衛門, と遊女屋, にはまた, の表, へとび込ん, へはいっ, へ参り, へ参る, をかね

▼ 揚げ~ (16, 1.1%)

3 の上, の下 1 が下, などを払っ, になっ, のうえ, の中, をあげ, を一枚, を下, を剥ぐ, を暫く

▼ 揚げ~ (12, 0.8%)

2 を刎 1 がない, が二枚, が曲っ, が曲つて, になっ, の下, は中, をあげ, をひい, を起す

▼ 揚げ~ (11, 0.7%)

1 [11件] お沙汰止み, できない, みな困ってる, 一緒でした, 以上の, 又少し, 右の, 家庭でも, 山火事を, 明日と, 色の

▼ 揚げ~ (11, 0.7%)

1 [11件] から階段, になり, の下, も上げた, をしめ, をひきあける, をもち上ぐる, を上げさせ, を皆, を開いた, を静か

▼ 揚げ~ (8, 0.5%)

1 いかに至難, その後沙汰やみに, 一瞬早けれ, 乗っかって, 可能か, 届いたばかり, 盆に, 短いなんて

▼ 揚げてから~ (8, 0.5%)

1 でも, まだ幾日, 不届, 二日目の, 八五郎は, 婚礼を, 藁火を, 藤吉は

▼ 揚げ~ (7, 0.5%)

1 いって, いつて, しようぜ, その犠牲, みえた, 同時に水面, 干柿二三個

▼ 揚げもの~ (7, 0.5%)

2 にし 1 にさわる, にすりしょうが, はぜひ, をする, を突

▼ 揚げ~ (6, 0.4%)

2 中止されました 1 下手で, 天ぷらの, 得ずして, 早かった

▼ 揚げ豆腐~ (6, 0.4%)

1 ならば, に拵え, に白い, の五分, を手, を焼き

▼ 揚げ~ (5, 0.3%)

1 がはいり込ん, がひどく, にはいろいろ, のよう, の空所

▼ 揚げ~ (5, 0.3%)

1 がはやります, である, に掛った, をした, をよく

▼ 揚げ~ (5, 0.3%)

1 があった, なン, に変り, の無慙, の風体

▼ 揚げという~ (4, 0.3%)

1 のが, ような, 処も, 時にその

▼ 揚げ作業~ (4, 0.3%)

1 が済ん, でした, はまだ, を見

▼ 揚げ詰め~ (4, 0.3%)

2 にし 1 でほか, とはいい

▼ 揚げ~ (3, 0.2%)

2 てみ 1 にそれ

▼ 揚げ~ (3, 0.2%)

1 からと自分, よ, ッ

▼ 揚げつつ~ (3, 0.2%)

1 急速度, 流れ下る同じ, 疾駆し

▼ 揚げては~ (3, 0.2%)

1 すべてを, つい二里彼方, 百事水泡に

▼ 揚げ~ (3, 0.2%)

1 ね黒竜江, 包んだ奴, 無役

▼ 揚げ~ (3, 0.2%)

1 とんぼ採りの, 死んだ叔母, 石曳き

▼ 揚げよう~ (3, 0.2%)

1 ではありません, として帝, として裏口

▼ 揚げ~ (3, 0.2%)

1 る, るること, るる埃

▼ 揚げ~ (3, 0.2%)

1 との多い, の近く, までをまっ白

▼ 揚げ婆ア~ (3, 0.2%)

2 のお 1 の家

▼ 揚げおろし~ (2, 0.1%)

1 に何, に精

▼ 揚げてからの~ (2, 0.1%)

1 お種, ことです

▼ 揚げてからは~ (2, 0.1%)

1 からきし意気地, 殆ど無一物

▼ 揚げです~ (2, 0.1%)

2

▼ 揚げには~ (2, 0.1%)

1 一方もう, 光太郎は

▼ 揚げりんご~ (2, 0.1%)

1 が揚がる, のごちそう

▼ 揚げ出し~ (2, 0.1%)

1 とか日本橋室町, も復活

▼ 揚げ加減~ (2, 0.1%)

2 で味

▼ 揚げ婆さん~ (2, 0.1%)

1 もそう, も今月

▼ 揚げ~ (2, 0.1%)

1 といっ, のほう

▼ 揚げ火箭~ (2, 0.1%)

1 を飛, を飛ばし

▼ 揚げ立て~ (2, 0.1%)

1 の上等, を食う

▼ 揚げ~ (2, 0.1%)

2 を持ちだし

▼ 揚げ~ (2, 0.1%)

1 から溢れ, になっ

▼ 揚げ~ (2, 0.1%)

1 からこぼれた, の移動

▼ 揚げ薄い~ (2, 0.1%)

2 下駄を

▼ 揚げ~ (2, 0.1%)

2 を百代

▼ 揚げ~ (2, 0.1%)

1 を立, を立つる

▼ 揚げ~ (2, 0.1%)

1 や金網つき, をちょんちょん

▼1* [188件]

揚げあとは土地, 揚げあの年中榾火の, 揚げいかがわしい酒と, 揚げいと神妙に, 揚げうまし栗の, 揚げッた, 揚げおぼろ位にしか製品, 揚げかくして二の, 揚げかたかなに, 揚げかつて船長が, 揚げかねて覺えた, 揚げかわりに水陸両用戦車隊, 揚げきつたやう, 揚げぐらいは出来て, 揚げするであろう, 揚げさえすれば, 揚げされ又は出揃った, 揚げされたテクノクラシー的観念の, 揚げざまに余, 揚げしだい二箇月間三百円にて雇わん, 揚げしようとする, 揚げそうにし, 揚げそして夕方の, 揚げその下で, 揚げその他どうである, 揚げそれを肩, 揚げたちまち後ろを, 揚げだけは掏る, 揚げちゃあいけねえ, 揚げっ放しにしといた, 揚げつめていた, 揚げてかような, 揚げてからも高い闇酒, 揚げてぞ突貫する, 揚げてはと思い, 揚げてわッは, 揚げでもまだ陣中, 揚げといふ東京直行の, 揚げとか警察とかいう, 揚げとやらいつもながら, 揚げなどして, 揚げなどと称して, 揚げなどの速い男, 揚げなべをくぎ, 揚げにくいだろう, 揚げにもここが, 揚げに際し桟道の, 揚げぶたを卸し, 揚げいと思っ, 揚げまた未婚で, 揚げまで見て, 揚げまではざつと廿円近くの, 揚げみたいに粗悪, 揚げむとす大に栄, 揚げよりほかに, 揚げらしい冬支度でない, 揚げわたした辺りの, 揚げカスを載っけた, 揚げカーテンを下ろした, 揚げダンテを抑, 揚げチェルキドナーティ兩家の確執, 揚げ一夜遊んでの, 揚げ一定数に達した, 揚げ上手に分配, 揚げ不意に明るい, 揚げ丹精を抽, 揚げ乍ら飛んで, 揚げ乍ら帰つて行つた, 揚げ乍ら無理無体に屠殺, 揚げ乍ら雪の中, 揚げ乍ら霜に濡れた, 揚げ事業につぎ込ん, 揚げ障の, 揚げ二三日は樣子, 揚げ互いに呼びあうよう, 揚げ五つ六つ打って, 揚げ今日の問題, 揚げ今朝泉岳寺へ引取, 揚げを抑, 揚げなしに, 揚げ代金が二十文, 揚げ以前の早舟, 揚げ以来の事, 揚げ伊太利の降伏, 揚げ卓の, 揚げ來つて彼は熟, 揚げ促進運動のデモ, 揚げとも閉口, 揚げ借金方へは不, 揚げに倒れ, 揚げ先生とか何とか, 揚げ切りにし, 揚げ冠ない, 揚げ勝負の場合, 揚げ勝鬨をあげし, 揚げを張つたこと, 揚げ勢いに乗じ, 揚げ卓子を叩き, 揚げ単純な両替, 揚げを呼, 揚げ呂曠と呂翔, 揚げにほろ, 揚げ土台の根つぎ, 揚げ場所のこと, 揚げ夕刻にまた, 揚げ大池の細君, 揚げ天竜の流れ, 揚げ太い綱で, 揚げをおこし, 揚げ富豪を劫掠, 揚げる時刻, 揚げ馬と, 揚げ就中北及び西北, 揚げと天守, 揚げ左右の手, 揚げを朝風, 揚げをふところ, 揚げ廊下へ飛び出し, 揚げ調べると, 揚げ後内火艇に繋がれ, 揚げ後方へ離れあう, 揚げ復勗むるに遠大, 揚げ或は天を, 揚げ戸窓になっ, 揚げを支配, 揚げ手巾を振り, 揚げ手毬を高く, 揚げ下されまして, 揚げ振り飛ばし, 揚げ据ゑられし諸の, 揚げ操作は難業, 揚げ支度をなし終った, 揚げ方丈の方, 揚げを振り, 揚げ日和だつたよ, 揚げ明神下の自分, 揚げが肝腎, 揚げ暴風と爭, 揚げ更にめぐりに, 揚げ椀種味噌田楽向きにこしらえ, 揚げ槍先の功名, 揚げのしずく, 揚げを抑, 揚げ此夜一つ眼と言, 揚げの二人, 揚げの上, 揚げを噴いた, 揚げ脚を, 揚げ狂歌乱舞顛倒淋漓野蛮人の状態, 揚げを抑, 揚げ甲斐があるまい, 揚げ省線で帰る, 揚げを瞬きし, 揚げもある, 揚げの母, 揚げのフライ, 揚げ立派な物, 揚げ簀戸を開けさせ, 揚げを垂れ, 揚げ米屋を毀ち壊し, 揚げ糸子が扉, 揚げ純粋の画家, 揚げ結局掛り合いに, 揚げに衣, 揚げを垂れ振るう, 揚げ船頭が口, 揚げ花火だよ, 揚げ荷役の段取り, 揚げ菓子もあれ, 揚げ蒲田は声, 揚げ蜀山人を罵る, 揚げ衣田が大阪, 揚げ解散すると, 揚げ赫々の光, 揚げ足取りの尻取りの, 揚げ辭退する文七, 揚げ遠く勿魯漠斯, 揚げ遠心雲と与, 揚げの匙, 揚げで店, 揚げ鍋小皿物をこさえる, 揚げに砂利, 揚げ雲雀の鋭い, 揚げを低く, 揚げに立て, 揚げ風斜めに吹け, 揚げ館一杯響くほどに, 揚げの卵