青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「戰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

或は~ 戦~ ~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲 戯曲~
戰~
~戸 戸~ ~戸口 戸口~ 戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る

「戰~」 1246, 13ppm, 8528位

▼ 戰~ (225, 18.1%)

93 てこれ, の後, を續, 續けて 2 これに, て敗, て死, て死す, に勝ち, に敗れ, に死す, の中, を戰つて, を敍

1 [184件] いかなる業, お前の, がはじまる, が出, が終つて, けむ長崎, こそ骨肉相, その邊, たえずた, てわれ斃, てトロイア軍, てネミ, て不, て且つ, て二度, て互, て互に, て他, て共に, て利, て功, て勝利, て危く命, て君一身, て多くこれ, て射出づる矢葦, て恐怖, て打ち, て敗れ, て武名, て汝, て猛勇神, て荒く, て身, て遂に, て鵞鳥, とらはれ, ながらまつたく, にあらず, には夢中, にまで, にも出る, により, にトルクァート, にフィレンツェ人, にフランス, にフランドル人, にラーノ, に仆, に功名, に勝, に勝たしめ, に勝つ, に勝つべし, に國おとろ, に堪へる, に堪へ得ず, に大敗, に少しく, に慘敗, に慣れた, に捧げ, に敗け, に敵, に死せ, に殊勳, に疲れ, に翼, に臨み, に臨む, に與, に赴き, に追, に餓ゑて人, に驅, の, の世, の勝敗, の原因, の場, の子, の小さい, の後ギペルリニ黨, の後グエルフィ黨, の折, の敗軍, の旗, の時, の疲れ, の頃, はその, は一三〇二年五月マラスピーナ, は一三〇六年四月ピストイア, は今や, は何時, は依然として, は内心, は弱し, は決して, は隨分目覺, また常に, わが船, を, をいどん, をお, をし, をもつ, をやめ, を乘, を交, を宣言, を平和, を戰つて普遍, を指せる, を挑み, を挑ん, を求め, を爲, を經過, を繰返す, を要する, を避ける, を開き, を開く, キリスト教徒の, テルモピレーの, メロリアの, 一二七八年ウィーン附近に, 中, 二十歳に, 亡すを, 俗心に, 僅か十八歳, 共に, 其他すべては, 出來ます, 利あらざる, 勝を, 勝利を, 勝負決すべし, 北條氏康と, 十年に, 及び征服, 合ふ, 大いにこれ, 大いに之, 天子も, 奪ひとり, 家に, 彼の, 後には, 後各地, 恍れ, 戰ひ, 戰ひし, 戰死す, 拔い, 捕虜と, 敵軍の, 未だ終らざる, 正義の, 此悲哀と, 汝等の, 盜人亦, 盡した, 禍を, 禍惡を, 稱し, 究竟の, 終つて統制ある, 缺點そのものの, 老ゆれ, 致命傷を, 苦を, 虜と, 見事之を, 討死か, 足利成氏と, 進むものゝふの, 遂にグエルフィ黨, 遂に利, 遂に殺, 關門を, 青銅の

▼ 戰~ (135, 10.8%)

3 中に, 如きは 2 ために, やうな, 場より, 次ぎの, 間に

1 [119件] あつた, あつて, あとで, あらび彼等を, ありし日, お猿みたい, ことは, ごときこと, とき頼朝が, もつれを, もなか, ドイツの, ラジオを, 上一同, 中にも, 供物を, 前に, 前年讀賣新聞社に, 創痍未だ, 勃發により, 千生り瓢箪に, 印象も, 原因である, 原因とな, 四年目と, 場に, 場合でも, 場合においては, 壓倒的勝利さては, 士を, 大書した, 大詔に, 如き其芝居, 如き危險, 如何ばかり, 完勝の, 審判者たる, 少しく以前, 布告を, 影響といふ, 役には, 彼方に, 後である, 後キルスを, 情念いかに, 戰場を, 手口を, 持場は, 敗者たる, 日から, 早立二囘戰の, 時から, 時で, 時でも, 時の, 時も, 時代の, 時使つたと, 時期です, 時期に, 時歴, 曠野を, 最中で, 最中であります, 最中に, 最初眞珠灣攻撃の, 會場にな, 末に, 果光榮を, 機關髮を, 段取で, 民導けり, 氣運飽く迄, 永祿四年の, 決を, 準備, 火花の, 火蓋を, 炎々の, 猿の, 當時には, 眞最中や, 票決を, 空氣の, 筆を, 筋書通り, 約を, 終りに, 終告げ, 終結は, 絶え間なかつた, 經驗を以て, 續けられる, 習のみ, 艱難も, 色が, 苦しきこと, 血地屋上の, 行はれた, 裡に, 觀戰記を, 記念と, 詔勅の, 試合を, 課題が, 起るありて, 起るや, 起る前, 起れかし, 車も, 野球試合の, 金花田兩八段の, 銃後は, 門出に, 間は, 間際にて, 難局を, 體驗を, 黒き雲

▼ 戰~ (102, 8.2%)

16 ことを 3 を, 時に 2 のだ, のである, トロイアの, 事を

1 [72件] かるが, が如く, ことです, ことと, ことに, な, なからん, なんていふ, にあたりかれ, には元, には必ず, に切もち一つ, に於, に當, に當つて, に遑, のが, のは, のを, の力, の許, は惡, は我身, は破門, ばかりか自分, や, やうに, や殆, を念ぜず, を望まん, を汝等, を激しく, を見, アカイアの, ヘクト, 事から, 事難し, 人々も, 人間は, 其子思ひ, 前に, 力なく, 勇士らの, 勿, 可きの秋, 國, 心も, 必要を, 念も, 我を, 技を, 時の, 時は, 時誰か, 業を, 樣見せ, 武器と, 氣も, 結束し, 緋の, 羔の, 者の, 者は, 者勝たず, 者天に, 者無, 能はず, 脚下に, 軍勢の, 道を, 關根名人の, 階級の

▼ 戰~ (93, 7.5%)

3 參加した 2 あり, ありだ, なつた, なると, 勝利を

1 [80件] あつて, すぐれたる, せめて反, なって, なつて, なりやがて, のぞむあの, アルゴス軍勢數多く, トロイア諸, マルクス・アントニウスとともに, ミルミドネスの, 丹後田邊の, 仕立て深, 備へる, 免れ生, 剛健ならず, 加はらじ, 加はる, 勝たず, 勝ちたりとも, 勝ち殺戮を, 勝つて, 勝つ者, 參加し, 參加なされた, 及べと, 取りか, 右腕に, 吾邦が, 哀れや, 堪えねど, 委ねき, 專ら行はる, 屡, 巧なり, 彼は, 彼らの, 從つて歸らず, 戰死された, 打ち敗れ顯家, 敗けちや, 敗けて, 敗る, 敗れ, 敗れたとて, 敗れた眞田, 敗れて, 敵の, 於いて, 暴し, 曹操が, 桃太郎と, 死した士, 死した爲, 死の, 海底戰鬪艇龍の, 源九郎が, 熱くな, 用ゐる, 由ては, 破れて, 立つ時, 脆くも, 臨み最, 臨むの法, 臨むますら, 臨む時, 行きし兵士, 行く人, 討死した, 討死の, 誤つて流彈, 赴くこと, 足を, 較べると, 轉移する, 適せず, 間に, 驅り進む, 鯨波を

▼ 戰~ (78, 6.3%)

2 して, やつて, 續け, 願ひ

1 [70件] いたされました, したこと, した事, した場所, しばらくやめ, しばらく止め, しるさむ, するよりも, なさむとするものは, なすこと, なすなり, なせしやは, はじめること, やめよ爭, やめん後, やるといふ, やる事, わが鋭, 一人と, 交へ, 人界の, 企つ, 傍觀したる, 出した時, 叙し, 囘暦百三十三年の, 囘避しなかつた, 均衡せしむ, 好まない男, 好むに, 實踐する, 希へるなるべし, 常と, 念ずるもの, 思ひ棄てたるもの, 我は, 戰つた, 戰つたこの, 戰は, 戰馬の, 承諾する, 拒まんは, 拜見し, 指すされど, 挑むの風, 挑むを, 挑んだ, 挑んで, 教へ, 斷ずるの, 明日に, 書いて, 望まば, 止めざれ命, 禁ずべし, 約す, 終らんが, 續ける, 習ふ, 聞きつら, 聞居たり, 若し要, 見るに, 試みたの, 試むる積りで, 起しける也, 避けむとはせず, 都の, 開いたが, 開始し

▼ 戰~ (64, 5.1%)

6 なければ 5 ねば 3 ざるべからず 2 うと, して, す程, 一方は, 戲談である

1 [40件] いよいよ戰爭, う, うかな, こ, ざりし人々, ざること能はず, ざる如き, し, したの, しむ, しむるとせむ, しめつおのれ, しめんと, じ, すこと, ないで, なかつたもの, ねば成らない, はげしく荒ぶ, はじまりましたが, 一體相手の, 僅, 先づ間違ひ, 午前二時三十分に, 囘暦百三十三年十二月の, 國の, 富江方の, 實に, 弱いです, 徹底的に, 志願が, 敢て, 旅行者の, 日ごろの, 正に無上, 略して, 絶えないん, 負けても, 開かれた, 鬪はれた

▼ 戰~ (29, 2.3%)

221 た, りといふ, われの, 上つて早々, 宗教家や, 海も, 猛烈の

▼ 戰~ (28, 2.2%)

3 出來 2 あつた

1 [23件] あつたら, あつて, あると, あるに, あればと, せながら, ついて, どうなる, なければ, はじまって, はじまり私, まけて, 交は, 勃發し, 勃發した, 始つて間もなく, 始りさうだ, 演じられる, 濟むと昌作は, 繰返される所以, 證明し, 起つた, 起るか

▼ 戰~ (27, 2.2%)

4 なつた 2 なつて

1 [21件] いへば, お文, なりて, なりマンフレディ戰場, なり或は, なれば, はいふが, 亂鬪に, 同時にガブラシさん, 同時に北京, 同時に壕舍, 同時に娘, 同時に皆, 同時に省略, 同時に肺患, 同時に落ちぶれた, 同樣, 怒とを, 暗とに, 爭鬪切に, 競爭とに

▼ 戰つて~ (26, 2.1%)

3 居る

1 [23件] なければ, また大國, みせて, も決して, も見ない, ゐた, ゐますと, ゐる, ゐると, ゐるやう, ゐる北海道, ゐる姿, ゐる者, ゐる誰, をる, 之れ, 呉れ給, 居つたが, 生きるの, 行かうよ, 行くといふ, 負けた豐太閤, 遂に上汐

▼ 戰~ (15, 1.2%)

1 [15件] つつ危惧憂鬱, て, とにあら, ながら問題, ながら見守, ながら跪, ばかりで, を感じる, を抑, を目撃, を逃がさない, 乍らも, 心は, 慄ふこ, 深い憫

▼ 戰ふこ~ (15, 1.2%)

5 と勿 2 とによつ 1 となけむ, とはあらざりき, とはしない, とは易, とは易から, とふさはず, ともわれら, とも亦

▼ 戰~ (13, 1.0%)

3 あつた 1 あらうとも, しみじみと, 各國, 國を, 歸つ, 百萬の, 討死し, 誤つて一眼, 重傷を, 魏の

▼ 戰へる~ (13, 1.0%)

1 [13件] にあらず, をあら, を指す, ツルヌス, 兩軍の, 其間に, 勇士の, 勇者として, 手で, 敵逃げ, 時己が, 猛士ら, 者の

▼ 戰~ (8, 0.6%)

2 てゐる 1 その誤謬, て可愛らしい, て居る, て散りこぼれた, て穿いてた, でゐ

▼ 戰~ (7, 0.6%)

1 のでせう, ばかりである, 指を, 月日をば, 木の葉は, 音が, 鳩を

▼ 戰ひし~ (7, 0.6%)

1 かな, て合し, も利, 其時我は, 處には, 處也, 處多摩川の

▼ 戰~ (6, 0.5%)

1 て屍體, て決鬪, て見事之, 再び南下, 遂にパトロクロス, 遂に火

▼ 戰ふと~ (6, 0.5%)

1 いふこと, いふは, いふ意氣, いふ特別, も更に, 云ふ

▼ 戰ふも~ (6, 0.5%)

1 の, のである, のなれ, のを, また辭, 利なし

▼ 戰へば~ (6, 0.5%)

1 勝つ, 勝つ人, 勝つ驕將, 彼死せりとは, 必ず此四者, 生命の

▼ 戰へり~ (6, 0.5%)

1 このときわれ神, プリアモス守る, 一二九〇年アスチ, 其誓約を, 汝の, 黒き船

▼ 戰から~ (5, 0.4%)

1 一カ月も, 南京入城まで, 失火に, 立上り或は, 關ヶ原までの

▼ 戰ひで~ (5, 0.4%)

4 はなく 1 はない

▼ 戰~ (5, 0.4%)

1 後ニ復興シテ, 積極的權利, 積極的權利ヲ, 結果ニヨリテ急, 進退陣形

▼ 戰つた~ (4, 0.3%)

1 がこの, が崖みたい, が義雄, この鬪爭

▼ 戰つて來~ (4, 0.3%)

1 た, たけれども, た兩手, て地球

▼ 戰ふべき~ (4, 0.3%)

1 ものだ, 所を, 方法は, 武器を

▼ 戰~ (3, 0.2%)

1 から江戸, ぞとむつ, 聖戰だ

▼ 戰でも~ (3, 0.2%)

1 されては, して, 始めやう

▼ 戰によ~ (3, 0.2%)

1 つて世界に, つて恥を, つて要求せられる

▼ 戰はずし~ (3, 0.2%)

1 てオリュムポス, て内, て風靡

▼ 戰はれた~ (3, 0.2%)

1 ときは, のだ, 戰爭が

▼ 戰はん~ (3, 0.2%)

1 とする, とすれ, わが同輩

▼ 戰ひつ~ (3, 0.2%)

2 づけて 1 しかも我

▼ 戰~ (3, 0.2%)

1 かくやと, して, 彈丸も

▼ 戰~ (3, 0.2%)

1 めんアカイアの, 冬は, 桃太郎の

▼ 戰やめ~ (3, 0.2%)

1 ざらむ汝の, て其家, むアカイアの

▼ 戰~ (3, 0.2%)

1 交フルヤ第一線タル海軍ニ於テ制海權, 戰ヒシカヲ解スベカラザラントス, 指シ地上ニ於テ尚

▼ 戰布告~ (3, 0.2%)

1 がある, になつ, をし

▼ 戰いで~ (2, 0.2%)

1 チラ, 來る

▼ 戰いとられた~ (2, 0.2%)

1 ものである, 文學が

▼ 戰いました~ (2, 0.2%)

1 から御船, が遂に

▼ 戰うて~ (2, 0.2%)

1 十數人を, 眞に

▼ 戰きが~ (2, 0.2%)

2 出て

▼ 戰~ (2, 0.2%)

1 と共に接吻, に美しい

▼ 戰ける~ (2, 0.2%)

1 王を, 身は

▼ 戰しよう~ (2, 0.2%)

1 ぢや, とした

▼ 戰する~ (2, 0.2%)

1 を念じ掛く, 事が

▼ 戰つた人~ (2, 0.2%)

1 です, と言

▼ 戰つて之~ (2, 0.2%)

1 に克ち, を走らす

▼ 戰といふ~ (2, 0.2%)

1 超常識, 革命を

▼ 戰にな~ (2, 0.2%)

1 つたのである, つて歸つて來る

▼ 戰には~ (2, 0.2%)

1 信玄以上で, 非常に

▼ 戰にも~ (2, 0.2%)

1 ならぬ, 及ばずして

▼ 戰に際して~ (2, 0.2%)

1 彼は, 諸國

▼ 戰はず~ (2, 0.2%)

1 と云, にはゐられない

▼ 戰はば~ (2, 0.2%)

1 我は, 鹽盈つ

▼ 戰はむ~ (2, 0.2%)

1 かくて, 運命われに

▼ 戰ひありし~ (2, 0.2%)

1 ところ, 時前者の

▼ 戰ひた~ (2, 0.2%)

1 まひし, まひしと

▼ 戰ひだ~ (2, 0.2%)

1 からであります, したやう

▼ 戰ひと~ (2, 0.2%)

1 いふもの, はに新

▼ 戰ひ敗れ~ (2, 0.2%)

1 て後郷里, て血

▼ 戰ふため~ (2, 0.2%)

1 に勇猛, の旗

▼ 戰ふべくん~ (2, 0.2%)

1 ばまた, ば世界

▼ 戰~ (2, 0.2%)

1 ぎわの, たく止みは

▼ 戰また~ (2, 0.2%)

1 も湧き起る, 起る

▼ 戰スル如キハ國家~ (2, 0.2%)

2 ノ權利ナリ

▼ 戰ニ於テ~ (2, 0.2%)

1 本國, 若シ白耳義ガ獨乙ト握手シ而シテ英國

▼ 戰主義~ (2, 0.2%)

1 では有る, では無く

▼ 戰主義者~ (2, 0.2%)

1 であつ, の内村鑑三

▼ 戰甘く~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 戰~ (2, 0.2%)

1 なところ, な詩

▼ 戰起り~ (2, 0.2%)

1 てこの, ドイツの

▼1* [198件]

あげくの兵, 戰あり敵軍勝に, 戰ありしときは, 戰いたか何故, 戰いでいる枯葦原の, 戰いでゐるのが, 戰ことが, 戰うのはよろしく, 戰うべきことは, 戰かせながら絶望的, 戰かつてゐるの, 戰かれて立つ, 戰きぬかくて, 戰き出すやうな, 戰ぎつゝ光は袖口, 戰ぎて我にロムルス, 戰ぎて行々子鳴きかはす, 戰ぎぬ袖振りて, 戰ぎ一聲ほのかにさ, 戰ぎ口より沫出, 戰ぎ木の葉はかさ, 戰くわが生氣, 戰ぐさみどり畝の間, 戰ば立ちぬ, 戰こそはイリオンに, 戰された後に, 戰し始めたと同時, 戰そしてあの今度, 戰その效なく, 戰たる一八四八年六月の, 戰つたのである, 戰つたら潮の, 戰つたる勇士, 戰つた中で一番, 戰つた人々の中, 戰つた例もあります, 戰つた兵士のやう, 戰つた後で漸く, 戰つた忠義の士, 戰つた揚句に不思議, 戰つてしまつたのであります, 戰つてそれに一命, 戰つてることばかり, 戰つて世界列強の一, 戰つて刻一刻に敗け, 戰つて勝利を得たれ, 戰つて國となり, 戰つて夜の明け, 戰つて射出した矢, 戰つて市になり, 戰つて戰つて刻一刻に敗け, 戰つて敗北を取りし, 戰つて斯うと, 戰つて普遍なるもの, 戰つて會津へ落ち, 戰つて白村江に敗北, 戰つとむべく戰馬を, 戰つねに飽かずとも, 戰つよきトローエス又, 戰之に, 戰であるので念入, 戰ですわ, 戰でなく又文弱, 戰では弱蟲, 戰ということの, 戰とては經驗なき, 戰との演劇あり, 戰とは關係の, 戰とめて而, 戰と共にシベリヤに, 戰さむしかも, 戰なさず飛ぶ武器を, 戰なして相うてり, 戰などは少し説明, 戰ならば發火電鑰, 戰なり先づ, 戰において花やかな, 戰によるものか, 戰のき葦の, 戰はじ絶えずも, 戰はず武具を交換, 戰はんずるものも, 戰はんためプレディカトリ派を起し, 戰はんため陣頭に, 戰ひありや我, 戰ひかれも海上, 戰ひき大地の, 戰ひきれよう清々と, 戰ひけんくわ葛藤, 戰ひするまで冷え切, 戰ひたいと思, 戰ひたる美しき聖ミケル, 戰ひつづけたレコオドは, 戰ひですそれを, 戰ひといふ感じも手傳つて彼, 戰ひと修業とを始める, 戰ひと共に世これ, 戰ひなりこの戰, 戰ひますから馬, 戰ひもしやう, 戰ひやぶれたやうな, 戰ひゐたりし, 戰ひ勝ちて倒しぬ, 戰ひ好まざる我に, 戰ひ得ざらしむ, 戰ひ挑み合ふ, 戰ひ死し殘黨四十人羽衣に, 戰ひ死する者の, 戰ひ求めて魚, 戰ひ眠れる者を, 戰ひ終りて, 戰ひ終りて後敵の, 戰ひ負けて二千五百萬圓, 戰ひ通して來, 戰ふかと思へ, 戰ふたり或は戰軍, 戰ふて敗死する, 戰ふとき我等は, 戰ふならば其間, 戰ふべくもあらず, 戰ふべしと神明, 戰ふよりよし, 戰ふわが望み, 戰へる如くその榮光, 戰まで住まわれた, 戰もどかしとや思ひけん, 戰やめよアキリュウス勇將すぐ, 戰よそに遠ざかり, 戰より文弱の, 戰よりもこれらをば, 戰なくては, 戰わずして勝敗, 戰われに加, 戰われた時に, 戰シタル軍隊ハ徴兵制ノ佛蘭西ト露西亞ニシテ, 戰スルヲ見, 戰た痕跡, 戰ニヨリテ立證セラレタルモノニ非ズ, 戰ニ大勝ヲ獲, 戰ニ對スル自衞的必要ニ基キテ獨立擁護, 戰ニ於ケル英米ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, 戰ニ暴露セラレタル如ク日本ハ自營自給スル能ハザル幾多, 戰ニ至ル迄國政ヲ把リテ志, 戰ニ際シテ大西郷アリ明治大帝アリシナラバ, 戰ハ天其ノ驕, 戰ハ已ニ論議時代ニ非ザルナリ, 戰ヒシ英米ヲ見, 戰ヒテ凱歌ヲ擧タル時ニ認メラルル者ナリ, 戰ヒ英佛ノ二國獨兒格, 戰フコトノ單ナル我利私欲ニ非ザルコトハ, 戰フコトハ國家ノ國際的權利ナリ, 戰フベキ武力ヲ有, 戰ヘクトール衆軍を激勵, 戰不可避論を承認, 戰事務局かなんかで特攻隊, 戰前後の戰場生活, 戰助けんと, 戰勃起し巴里, 戰原因ヲ顧レバ明白ナリ, 戰及び喊聲の, 戰喇叭鳴れりけ, 戰場之者僅百餘輩也然者企謀反事, 戰場裏に再び, 戰好むアカイアの, 戰巧みの, 戰強きダルダノイ, 戰忘れ逃げ歸る, 戰思ふことあらず, 戰意見を發表, 戰挑むべく行かずや, 戰敗れて此, 戰暴れて兩軍, 戰望み鋭刄, 戰望み兵船の, 戰松前藩吏戸田又太夫, 戰梅原さんの無念, 戰された松崎大尉, 戰準備金を設, 戰疲れたり, 戰病院へ後送, 戰病院用の蒲團, 戰直前に廣島, 戰研究所長の飯村穰, 戰終了の後二年, 戰組わけの三たび, 戰翌年から今日, 戰荒れ狂ひ, 戰討伐セシ時代ヨリ現時ノ統一ニ至レリ, 戰語りを爐ば, 戰起らんか, 戰近くの事, 戰連勝だが, 戰連勝優勢なりしが, 戰運動をする, 戰避けて汝逃ぐ, 戰避けしめば許さぬ, 戰避難者としての觀察, 戰飽かぬ一勇士