青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「提灯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

描いた~ ~描く 描く~ ~描写 描写~ ~提げ 提げ~ ~提出 提出~ ~提灯
提灯~
~揚げ 揚げ~ ~換 換~ ~握っ 握っ~ 揺れ~ ~損 損~ ~撫で

「提灯~」 3244, 35ppm, 3339位

▼ 提灯~ (1189, 36.7%)

104 持って 56 つけて 33 持つて 27 さげて 25 借りて 18 かざして, 点けて 13 貸して 12 持たせて 11 提げて 9 下げて, 手に 8 消して 7 ともして, 先に, 振って 6 照らして, 片手に, 點けて 5 出して, 振りかざして, 突きつけて, 翳して, 見て, 見ると 4 ぶらさげて, ぶら下げて, 吹き消して, 持ち出して, 持った人, 携げて, 用意し

3 [17件] さしつけて, た, とぼして, ふって, ふところに, ふり照らして, もって, 上げた, 取って, 囲んで, 地面に, 持ったり, 振り照, 携えて, 用意した, 膝の, 飛ばして

2 [68件] あげて, おいて, お持ち, かざしながら, さしつけ, さし上げて, さし付けた, たずさえて, つきつけて, つけた, つけたの, つけたまま, つけたもの, つけたボート, つけた駕籠, ふりかざして, もったオイチョカブ, もつこと, ブラ下げ, 一つ, 一つ借り, 一つ貸し, 一本立て, 下へ, 借りると, 六つづつ, 動かした拍子, 十も, 取り上げて, 取り下ろして, 吊して, 吹消し, 土間の, 差し付けると, 差し出すと, 差し込んで, 引ったくっ, 張る者, 想像し, 手放したこと, 投げ出して, 投り出し, 拾い取って, 持たして, 持たないで, 持った男, 持っては, 持て, 持直した, 持直すと, 挟んで, 振りながら, 振り照らして, 振り立てて, 振り翳して, 斬って, 消すと, 点して, 点火る, 留めさせて, 突出した, 置いて, 翳した, 袖に, 視たからと, 車の, 車内に, 高木の

1 [562件 抜粋] あずけて, いきり立った馬子, いくつも, いふなり, うけて, おろして, おろし始めたと, お持ちなさらない, お貸し, かかげて, かかげ番手桶, かきわけて, かけるの, かけ舞台, かざさせて, かざした儘, かざした多数, かざし格子, かじ棒に, かつぎ廻る, がんりきの, くるりと, こうして噪い, こころもち外の, こちらへ, こっちへ, これへ, さ, さがしますから, さげた一人, さげた人連れ, さげた六十, さげた小女, さげた植木屋, さげた男, さげた留守居, さげた都合五人, さげた駄菓子屋, さげた駕籠, さげつつ, さげる, さげるそれから, さげるの, さげ店前, さげ梢, さしおいて, さしだして, さしつけた, さしつけると, さし上げた大勢, さし付けた途端, さし付けて, さし付けると, しきりに持っ, じろじろと, ずっと下げ, その上, その屍骸, その眼先, その簑, それへ, たかくさしあげた, たずさえた先導, たたみながら, たたむよう, たたんだよう, たのみに, たよりに, だしたから, だしましたから, ちょッと, つきつけたり, つきつけると, つくったり, つけさせた, つけさせ二階, つけたお, つけたま, つけた一台, つけた二人, つけた人, つけた大男, つけた小使, つけた巡査, つけた男, つけなければ, つけましょうかねえ, つけます, つけられては, つける, つけるから, つけるという, つけるには, つけるもの, つけ大きな, つけ抜刀, つけ放し, つけ無い, つり下げそうして, つり階段, つるされた大理石, つるしたよう, つるした三人一組, つるした堂, つるし社前, つるし置きたるの, てんでに買う, とぼしますゆえ, ともしその後, ともし上手, ともし終ると, とりつける様, とると, どう工面, なぜ持っ, ならべ黒ずんだ格子, はう, ばっさりと, ばっさり切っ, ひらめかす大勢, ひろい上げて, ふき消す, ふっと消す, ふりかざしど, ふりかざしながら, ふりかざし尾州, ふりまわして, ふり廻すだけ, ふり照らしながら, ふる無数, ぶらさげたやう, ぶらぶらさせ, ぶら下げたその, ぶら下げたまま, ぶら下げ道庵先生, ぼっと松林, またお, みては, みとめると, みやげに, みると, むこうへ, もちて, もち出し, もち曲太鼓, もつた一人, もつもの, やらうか, やり過すと, よう, ガラッ八, ズイと, パッと, フイと, フッと, ブラ下げた, 一ついくらです, 一つこしらえ, 一つ拜借いたしたうございます, 一つ点け, 一つ買っ, 一人の, 一個引奪つて三段ばかり, 一張買っ, 一緒に, 三つも, 上げたり, 上げて, 上げると, 上げろ, 下げずに, 下げた人々, 下げた捜索, 下げまして, 下ろして, 下目に, 丸く輪形, 久に, 乱暴し, 二つ三つ, 二つ三つ點け, 二つ借りる, 二三間先に, 人が, 今更の, 仙公の, 伸ばしたよう, 低めて, 余に, 作る, 便りに, 借りたので, 借りたら新しい, 借りに, 借りましたけれど, 借りる家, 借り弱, 借り本道, 先き, 先へ, 先頭に, 入れた平次, 入れて, 入口へ, 其儘むざと忘れ, 其方へ, 出したが, 出したので, 出してる家, 切って, 切られた時, 切り落されると, 切り落としました, 切落す, 列ねた時, 前に, 動かさずに, 動き出しそう, 包んだ葬式彦兵衛, 包んだ阿賀妻, 包んでも, 十八も, 半分殘し, 取った, 取り上げました, 取り上げると, 取り出し床, 取下ろすべく賢母, 取出し懐中附木, 取出すと, 取落して, 受取った米友, 受取って, 受取ると, 口に, 叩き落されたの, 叩き落す提灯, 叩き落とした, 吊し赤黄青, 吊すと, 吊り, 吊り旗, 向けたの, 吹き消した, 吹き消すの, 吹き飛ばし残らず, 呼びました, 問題に, 圍んでし, 圧しつぶされて, 売ってる店, 売りに, 外して, 外し新しい, 夜な夜な天守, 家族で, 寄進した, 山と, 崖から, 嵐雛助に, 左に, 左膳の, 差しつけて, 差し上げた態度, 差し上げて, 差し付けさせて, 差し出したが, 差出させて, 差出したが, 差出しました, 差出すと, 差翳し, 平次に, 幾つも, 幾段にも, 座敷へ, 弁信に, 引いた, 引ったくり, 張るの, 彼の, 往來の, 待って, 待つて, 待つ間, 忘れるなよ, 恨めし相, 所持すべし, 手さぐりに, 打振り, 打落とし, 投げ出した, 投げ捨てて, 押えながら, 押へ, 拾いな, 拾い上げて, 拾おうとして, 持たした女, 持たしめたもの, 持たずに, 持たせようと, 持たせるの, 持たなければ, 持たん方, 持ちたり, 持ちひとり, 持ち出すこと, 持ち勢揃い, 持ち安直, 持ち換, 持ち換えながら, 持ち片, 持ち片手, 持ち翳させながら, 持った, 持ったまま, 持ったまま橋, 持ったジェリー, 持った二人, 持った仲仕たち, 持った侍, 持った僕, 持った僧二人, 持った士, 持った大勢, 持った子供達, 持った小僧, 持った小者, 持った爺さん, 持ってる中村佳吉, 持つこと, 持つたま, 持つた八五郎, 持つた群衆, 持つべきであるのに, 持つ手, 持つ折助, 持つ気, 持つ男, 持て来させて, 持伝え, 持参する, 振りあげたが, 振りかざしたの, 振りかざしたガラツ八, 振りかざしながら, 振り上げて, 振り廻しつつ, 振り廻して, 振り検死役人, 振り照らしたが, 振り照らしたぐらいの, 振り照らしたま, 振り照らしつ, 振り照らしながら, 振り翳しながら, 振り返って, 振向けて, 振廻し, 捻くり, 掛けつらね客, 掛ける釘, 掠めて, 掲げつらねた旧い, 掲げて, 掲げ何十人, 描く, 提げさして, 提げ一人, 揚げて, 握り持たせて, 携えたり, 携えなければ, 携え東奔西馳, 携え某, 携え赴きたるところ, 携へて, 斜めに, 斬られた切先, 晝間早く, 松の木に, 枝にかけて, 枷に, 棒鼻に, 楯に, 樹てた, 橋の, 殿に, 母の, 毎晩お客さまへ, 水際へ, 消され空き小屋, 消した, 消したの, 消したやう, 消したよう, 消しながら, 消しコソコソ, 消し落す, 深く吊し, 澤山つけ, 灯した理由, 灯して, 点けた一台, 点けた車, 点けね, 点けますよう, 点した, 点した二隻, 点し目撃者, 点じて, 点つけ, 点も, 照らし回って, 照らし廻つて, 燈し, 燒いた, 玄関一杯に, 用ゐる, 百貨店の, 目あてに, 目がけて, 目當てに, 眺めながら, 眼の, 空へ, 突きつけた駒井甚三郎, 突きつけます, 突きつけられて, 突き付けました, 突き付けると, 突き出して, 突き出しながら, 突込んで, 立てたこれ等, 立てつらね玄関正面, 立てる四つ脚, 立て紅白, 竿の, 綿に, 置き並べその, 置くと, 羽目の, 翳したと, 股に, 胎龍の, 腰に, 舐めた, 舟べりから, 舟縁に, 艫に, 蔵つてある, 行き過ごさした, 見うけましたよ, 見せて, 見つめて, 見ねえな, 見るたび, 見定めて, 見直したが, 視た, 覗いて, 覗きながら, 誂えなくてもよ, 貫いて, 買いに, 買つてこの, 買つて来よう, 買ひ, 貸さうかの, 貸したそれ, 貸す, 貸せ, 路ばた, 軒に, 軒先に, 辻番所まで, 近く, 近づけて, 送りあげるが, 透間なく, 連ね野楽, 運びこむ画商共, 道の, 釣し, 釣す, 釣り下げたり, 長い竿, 障子に, 霞の, 鞍へ, 預け小用, 預ったきり, 高くかかげた, 高くし, 高く高く振り廻し, 高だ, 點けさせ, 鼠に

▼ 提灯~ (708, 21.8%)

40 火が 27 火を 24 灯が 17 光で 15 火に 14 光に 13 光が 12 火は, 灯を 11 ように 10 光の 9 光を 7 ような, 影が, 明りが, 明りに, 明りを, 灯で 6 火で, 火の 5 やうに, 光は, 灯に, 灯の, 蝋燭が, 蝋燭を 4 ひかりに, 光りを, 明りで, 火も, 灯も, 用意を 3 あかりが, ひかりを, 下に, 中に, 中を, 光も, 光りの, 灯は, 灯影が, 紋は

2 [45件] あかりに, あとを, ひかりで, ほのかな, 上へ, 下から, 下で, 下部だけは, 中で, 中の, 仕度を, 代りに, 光りが, 光りは, 前に, 大さ, 小山の, 幽霊の, 幽靈, 形に, 影に, 影は, 影も, 怪を, 数が, 明かりが, 明りの, 柄の, 様に, 消えたの, 火影あかき, 火影が, 火影に, 灯かげに, 灯から, 灯と, 物々しい警戒振り, 紋所が, 色が, 薄暗い灯, 蝋燭に, 行列が, 覚束ない, 賢母は, 風説に

1 [276件] あかりか, あかりで, あかりの, あかりを, あたたかい光, あと始末と, うるささに, おかげです, かげが, かげを, かごで, かすかな, きらめき家, こと, ことを, これは, ごとくぶら下げて, しかも丈三尺, しるしに, しるしには, しるしまぎれ, そのどれ, ためにかへ, つらなった中, なかにも, ならんだ緋, なるだけ, ひだの, ほうが, ほかげは, ほの暗い蔭, ぼんやりした, ま, まま客の, まま音羽の, まわりで, やって来ること, ようだ, ようなふくれっ, ガラスに, ピンクの, ピンクブルウレモンエローの, ブラ下り具合が, 一つぐらい, 一つに, 一つの, 一つ灯に, 一件は, 一対, 一行が, 上から, 上に, 下つた家, 下などに, 下へ, 下を, 中から, 中が, 中も, 主は, 人々が, 人の, 人は, 仕掛などが, 体へ, 使用なぞの, 傍で, 傍へ, 光, 光あまた, 光でも, 光ひっきりなしに, 光りでその, 光りで奥, 光りで足元, 光りに, 光景が, 光白菊の, 内側に, 出て, 出入りする, 出所は, 切りぬきを, 列が, 列感心し, 前を, 動いて, 化け物, 印, 印が, 印で, 印を, 口金と, 古いの, 古びたのに, 吊して, 名を, 周囲丈ほか見えない, 奇体な, 字も, 安物を, 定紋は, 導く儘, 小品の, 尻を, 差渡し六七尺丈は, 幾つかが, 幾つかを, 底や, 弓を, 張替, 形を, 影から, 影で, 影には, 影また, 影らしい, 影一つ認めざりし, 後に, 微かな, 徽章は, 心細い灯, 必要なく, 投げる丸い, 持主は, 數は, 數を, 文字を, 斎藤も, 新しい影, 新しい蝋燭, 方に, 方へ, 方を, 明かりで, 明かりに, 明かりを, 明りだった, 明りでは, 明りと共に, 明りは, 明りへ, 明るさ, 明を, 暗くな, 暗くなっ, 朱文字を, 松の, 柄が, 柄ごと唇へ, 柄で, 柄を, 梅鉢の, 様な, 標を, 横に, 母が, 流れて, 海荷物打ちつ, 涼しい灯, 淡い明り, 満艦飾に, 火から, 火がと, 火だけで, 火だけを, 火であった, 火であります, 火と, 火一つも, 火光が, 灯, 灯かげです, 灯かげを, 灯しか, 灯だけは, 灯とが, 灯とともに, 灯にも, 灯らしい, 灯りが, 灯りを, 灯一つ二つ婦たちは, 灯影に, 灯影の, 灯影を, 灯火を, 灯黄色に, 炎は, 点滅する, 照らせる空, 照明では, 照明の, 燃上る, 燈り, 田舍町を, 疑問が, 真赤な, 破れたの, 示威が, 示威運動みたいだった, 稲田ずれに, 空に, 箱に, 紅きさしつけ, 紅の, 紋, 紋が, 紋とか, 紋どころを, 紋に, 紋の, 紋を, 紋様は, 細長いの, 絵を, 絵描きに, 縮小につれて, 羊角を, 舟が, 色それをば, 色だけ, 色は, 華やかな, 落ちて, 蔭に, 蔭の, 蔭を, 薄あかりに, 薄明り, 薄暗い光, 藪を, 蝋が, 蝋は, 蝋燭の, 蝋燭は, 蝋燭も, 行き交, 行方は, 表には, 裏側には, 裏口から, 要らない夜, 要らぬという, 見えぬわけ, 見える処, 覺束ない, 話を, 赤い灯, 赤い灯かげ, 赤い色, 足どりが, 身として, 軒つづき, 近づくの, 通り過, 通るところ, 連中が, 連中は, 連中言わ, 配合が, 釣鐘のと, 鈴なりで, 鈴なりです, 鈴なりなにが, 鉄芯を, 間に, 隠見する, 集団が, 電気入りを, 面は, 顕われた, 顯はれた, 駈けみだれて, 骨けずり, 骨の

▼ 提灯~ (378, 11.7%)

5 出て 4 いくつも, 消えて, 点いて, 見えた 3 ついて, ぶら下って, 人魂の, 幾つも

2 [27件] あって, ある, あるなら大変都合, かけつらねて, つけて, ふうわりと, ぼんやりと, ゆらめいて, 一つずつ, 一と, 一度に, 並んで, 二つ, 先に, 出た, 前を, 動かない霧, 掲げて, 揺れそしてまた, 沢山点され, 無事に, 立って, 行儀よく, 見えて, 近付いて, 飛ぶ, 飾つてある

1 [291件] あかあかと, あつた, あつたら貸し, ありました, ありましたら借用, あるか, あるだろう, あると, あるやう, ある大勢, あれへ, いかにも助かりました, いくつか, いくつと, いつの間にかふっと消え, いッぱい, おまつり, おりおり出入り, かかげられて, かかってるの, くるりと, ここに, この林念寺前柳生, さがり我々, さながら蛍, さまよい出したの, しきりに秋風, しぼむよう, そうだ, そこにも, たくさん並ん, たくさん取りつけ, たった一つ, ちらと, ちらほら見える, ついたま, つき用意, つくられる, つけられ手分け, つるされて, つるされるので, つるして, とぼ, ともされました, ともって, どうした, どう間違っ, ないので, なかば焼け, なくっては, なくては, なく二人, なんでおめでたい, ひっそりと, ふいに, ふっと消えた, ぶらの, ぶらぶら風, ぶら下げられて, ぶら下った間, ほのかに, ほんのりと, ぼうと, ぼかす様, ぼんやり照す, また動き出す, みえた, むく, むくむくと, やがてその, やぶれほそい, ゆったりゆったりと, ゆれると, アーチに, クルクルと, ズラリと, チラチラ動い, フッと, ボッと, ボーッと, 一つある, 一つこの, 一つでは, 一つも, 一つゆっくり, 一つフラ, 一つフラフラ, 一つ加わった, 一つ宙に, 一つ宙を, 一つ巴の, 一つ揺れ, 一つ映った, 一つ消え, 一つ淋しく, 一つ番太が, 一つ落ち, 一つ行く, 一つ車の, 一つ近づい, 一つ造り花も, 一つ飛びこん, 一つ高く, 一ぺんに, 一対ともし, 一燈ぼうと, 一群の, 七つ勘五郎夫妻久藏親子和助萬吉それに, 七ツ八ツ, 三つばかり, 三つ四つ紙で, 三つ沈ん, 上ったし, 下がった, 下がって, 下って, 両脇, 並んだ, 二つしか, 二つなら, 二つ三つど, 二つ三つ用意されました, 二つ三つ走りで, 二つ三つ閑かな, 二つ平次の, 二つ新橋何とか, 二つ窓から, 二つ見え, 二つ走っ, 二三つ動く, 二人の, 二十幾つブラ下が, 二十幾つブラ下がっ, 二張ハタハタと, 二張翳された, 二梃平次と, 二棹威光を, 二階の, 五つ六つ夏の, 五張それも, 今徐々に, 伸び切らないで, 低くなっ, 何よりの, 何を, 何者である, 來ます, 俄かに, 倍の, 停りそこ, 先だ, 先頭と, 光の, 六つさ, 六つゆらり, 六つ出, 出ないと, 切って, 十七八蝋燭も, 半刻, 半蔵たちに, 危ない, 取って, 右と, 右往左往に, 吊さ, 吊され, 吊られる, 吊るされましたが, 同じところ, 吹き消される傘, 埋もって, 墓地から, 大きく左右, 孤堂先生の, 寂しいん, 山門へ, 差し付けられた, 巻かれも, 幅を, 幾十と, 庚申塚の, 式台脇に, 弔るされる, 引込められると, 弦之, 当り前です, 往来の, 往来中から, 必要だ, 必要である, 急に, 懸けて, 掛けられる, 掲げられあの, 掲げられると, 提げられたり, 揺れ動き火鉢, 数十間の, 映って, 暗夜に, 朦朧と, 来た頃, 来ますな, 来る, 来るよう, 板屋根の, 次々と, 次第にここ, 洞門の, 浮いて, 消えたから, 消えたの, 消えちまった, 消えては, 消えてるじゃ, 消えるに, 消えるを, 消える前, 潰ぶれる, 激しくふらふら, 濁った水, 点れて, 烈しく揺れ, 烏瓜の, 無數, 然うだ, 煙草の, 照つてゐた, 燃えないで, 燈って, 燦めき出し, 物を, 物影から, 狐火の, 現われる心, 田の, 留まって, 畳まれて, 目の, 眩しい, 眼に, 瞬く, 矢の, 積った, 篝火の, 縦に, 縮まって, 縮まつて, 至るところ, 菊桐の, 螢の, 見えたから, 見えなくなった, 見えなくなると, 見えなくなるまで, 見えました, 見えるの, 見へる, 豊かな, 贅沢なら, 走った, 走って, 走つて, 軒並に, 軒先き, 輝いて, 通ったなどとは, 通つて眞向うの, 遅く帰宅, 遅ればせに, 遠のいて, 避けて, 釣るされて, 門の, 門並に, 降って, 集まったの, 集まって, 集まりました, 集り大変, 雪の, 露地口を, 風に, 飛び交, 飛んだし, 飛花を, 馬を, 黄っぽい, 黄色い明り, 點された

▼ 提灯~ (152, 4.7%)

23 火を 10 灯を 4 火が 2 して, 囲まれて, 明りを, 映るの, 書かれた, 照し, 蛍を, 蝋燭の, 蝋燭を, 釣鐘だ

1 [95件] あかあかと, かかれた, かこまれて, さはるこの, すかして, せいっ, ちゃんと店, つかまつた, とりかこまれて, なって, なろうも, はたはたと, ひを, みとれたの, よりて, ジャムスと, チラチラうつった, 三々五々額, 云って, 仇を, 何やら書い, 俯向い, 入れ, 全部蝋燭を, 出て, 出会った, 出會, 名残を, 囲繞され, 変って, 変わって, 急き立てられざら, 成らうも, 描いた画か見る目, 描いた畫, 描かれた蛇の目, 景気を, 景気幕か, 染めぬいた大道易者, 案内され, 気がついた, 気がつかなかったの, 汁粉お, 添って, 火の, 灯が, 灯ともす, 灯りが, 灯りを, 照された, 照らされたの, 照らされた酒池肉林, 照らして, 照らし見た末, 現われた, 白装束で, 眼を, 瞳を, 石を, 礫を, 移して, 移つてぼうぼう, 穴を, 紅き牡丹, 縋つた, 花山車ぐらいに, 落花の, 蔦の, 薄き日影, 薄紫の, 蝋燭が, 見えますかね, 触って, 言葉かけ, 記された文字, 豆蝋燭を, 赤い字, 路を, 追われ追われて, 送られて, 過ぎない事, 道庵は, 酒の, 重い錘, 釣がねえ, 釣鐘, 釣鐘じゃ, 釣鐘でございます, 釣鐘ほどの, 釣鐘末遂げられる, 隠れて, 電灯, 頭と, 飾られながら, 黒く成つて

▼ 提灯~ (145, 4.5%)

3 消えて 2 すぐ前, ガクリと, 又もや消えた, 地に, 持って, 次第に上, 洞の, 自分で

1 [126件] あれは, いつの間にやら, いまだに暗い, おかしいと, こちらに, この光, この席, この時, さしもに, すぐついた, そこに, その蝋燭, たしかに僕ら, たちまち叩き落された, ちょっと土地, ぢき, つきものだ, とうとう消え, とまったが, どうなりやす, なく三年前頃, ぴたりと, ふさわしくない, ぶら下って, まさしく人, またわかい, まだ宵の口, まだ灯, もう消した, もう無くなってる, もう畳, もとの, ようござん, ドツと, ハネ飛ばされ, 一つ, 一つ最初の, 一ぺンに, 一方に, 三つであった, 両側に, 今朝藏の, 住吉踊の, 何といふの, 何時の間にやら, 何時までも, 借らず下駄, 傍え, 八津の, 六つづつ三ツ別々に, 初めに, 北方に, 南町奉行所の, 吠えたける人涛, 吹さらす, 地べたに, 壊れた上, 夢の, 小田原でございます, 山の上に, 屹度車今少し, 年内に, 幸いの, 弓張りだった, 彼と, 径を, 悉くぼんやり, 悠々と, 手拭で, 投げ出されて, 抛り出して, 拙者が, 持たずとも, 持たないでも, 持たぬ身, 持たねえもん, 持ていて, 提灯蝋燭は, 断わって, 新撰組の, 暗い狭い町通り, 期せずして, 木槿垣を, 松原で, 松風に, 梅鉢の, 極めて静か, 江戸から, 決して持たない, 沈まない, 消えても, 溝口伊予の, 濃い赤, 灯って, 灯を, 点いて, 無い, 無事であった, 燃えなかつたの, 燃え上る政七, 疊んで, 白張である, 白張りの, 確に, 秋風に, 納涼に, 紙で, 紙ばかり, 置きあと, 置場所に, 美しく点った, 蝋燭が, 蝋燭を, 要らねえ, 要らねえ理窟, 要らんよ, 要りません, 解つた, 赤いか, 軒をめぐって, 遙に, 震災の, 霊魂の, 非常に, 駄目懐中電灯では, 駈けまわろうという

▼ 提灯~ (66, 2.0%)

3 傘とを 2 お奉行所, 奉行所の, 釣鐘ほどの, 鬘が

1 [55件] いいどうも, お供揃いとが, その主, それを, もう一人, わかりましたので, ファニイからの, 下駄と, 主婦や, 二つの, 二三人の, 二升樽とを, 人声とが, 人影が, 何か, 侍の, 同じよう, 同じ経路, 大きな白木綿, 小旗, 小格子, 小生は, 御奉行出入り商人, 御奉行所出入商人, 心得て, 成つたけれども, 手燭と, 手燭の, 提灯と, 桃の, 火事頭巾と, 燭台が, 燭臺が, 竜の, 紅葉を, 花籠は, 菌を, 蝋燭と, 赤合羽を, 踊りの, 釣鐘です, 釣鐘と, 釣鐘も, 釣鐘以上の, 鉤である, 鍵を, 陣笠と, 雑踏の, 頼政の, 風呂敷包みを, 飾物と, 駕とが, 高張とは, 鬘さ, 鬘を

▼ 提灯~ (56, 1.7%)

3 足もとを 2 見るや, 足許を

1 [49件] いうの, いっぱいで, こっちへ, すきま, ずっと這入っ, だん, どう間違つて, のそ, 一パイ蟻の, 人里を, 別に不思議, 地面を, 外に, 大きな荷物, 室の, 小さな車, 川風が, 帰るの, 恭一と, 敵の, 昼の, 暗の, 来た旅, 来る船, 松の, 極めて弱い, 此の, 歩いちゃあ, 歩くもの, 浜御殿の, 火傷を, 無し篝火, 照し乍ら地べた, 照らされた舟, 破られると, 見えました, 輝かしく照明, 送って, 送り出た中京, 道を, 道案内に, 闇路を, 隠れるほどに, 雪之, 飾られた, 飾られ時々, 飾り立てても, 餅を, 鯨の

▼ 提灯~ (55, 1.7%)

4 つけずに 2 何も, 持たずに, 持たないで, 普通の, 見えないで

1 [41件] あったもん, ありゃしねえ騒いで, その主, その光, つけずぼー, つけず更ら, つけて, つけないで, なくして, なく夜, なしほとんど, なにも, ふッ, もう灯, やがて消えた, 一緒に, 別に要るまい, 取り去られて, 変な, 履物も, 幾つかは, 必要と, 懐中電灯も, 戻る, 手に, 持って, 持とうという, 捨てられかん, 提灯やの, 橋の, 消えて, 点けずに, 点けなかったという, 無く歩き出した, 目に, 相変らず, 祭禮の, 絵に, 要らなかった, 雨具も, 駕籠も

▼ 提灯~ (43, 1.3%)

2 灯明の, 竜燈は, 蝋燭や, 行燈は

1 [35件] お供え物, そこらに, むらさきの, 万燈を, 傘など, 初詣, 小桶, 帳場の, 幕や, 怪奇な, 懐中電灯を, 手燭には, 手燭の, 松明が, 松明で, 松明を, 樒や, 炬火が, 燈明の, 燈籠の, 白木の, 百本の, 色色の, 花のれんを, 花瓦斯の, 菅笠などを, 虫売り, 蝋燭を, 雪洞が, 雪洞の, 露店などの, 面明りの, 飾り花を, 鬘や, 鬼灯提燈を

▼ 提灯行列~ (30, 0.9%)

2 が三日

1 [28件] があった, があつ, がある, がいく, が出た, が日比谷公園, が行, が行われ, でもやらかしてる, に出た, に加, に賑, のあった, のため, のながれ, の参加者, の夜, の惨事, の波, の祝勝騒ぎ, の群れ, は大本営治下, ほどの御用, や花電車, をし, を催す, 更に真鶴, 見たいだ

▼ 提灯つけ~ (22, 0.7%)

3 て通 2 て, て岸和田

1 [15件] てゐた, て人来, て出, て出かけ, て手習, て旅舎, て社, て組合, て行, て行った, て裏二階, て見, て見る, て送らせ, ながら土蔵

▼ 提灯~ (15, 0.5%)

2 と見えまし

1 [13件] が後に, となり, に来た, のみ小説, の方, は世間常例, は二三間先, は先, をし, をした, をする, をそこ, を先

▼ 提灯には~ (13, 0.4%)

1 [13件] それ江川の, まだ火, 一つ一つ明らかに, 及ばねエよ, 小さな橋, 彼女の, 新しい水滴, 朱文字で, 灯が, 燈とも, 皆舶来蝋燭を, 赤い蕋, 骨が

▼ 提灯~ (11, 0.3%)

4 火を 1 おうつし申し, 入ったが, 入れて, 早足に, 早速, 書いた車, 火の

▼ 提灯でも~ (10, 0.3%)

1 つけて, なし, べた一面に, 上げて, 借りて, 持って, 持つたやう, 持つて, 松明でも, 納めようか

▼ 提灯~ (8, 0.2%)

1 か濡, といっ, といふ, とすれ, と分る, なんぞと云っ, のを, わやい

▼ 提灯一つ~ (8, 0.2%)

1 で勝手, で闇, に菅笠一つづつ, の光り, ひげこ, ぶら下げて, や二つ, をたより

▼ 提灯とを~ (6, 0.2%)

1 ひっかかえて, 投げ出した, 投出しました, 持つた小僧, 用意し, 興味を以て

▼ 提灯だの~ (5, 0.2%)

1 墓場の, 岡ッ引く, 暖簾だの, 町与力の, 行燈だの

▼ 提灯という~ (5, 0.2%)

1 ものが, ものは, やつだ, 見慣れないもの, 通称が

▼ 提灯とが~ (5, 0.2%)

1 すぐ前, ちらつきしきりに, ぶら下げられて, 右往左往に, 雨の

▼ 提灯などを~ (5, 0.2%)

1 付け力強く, 出した両側, 掛け連ねさせ食堂, 提げこんで, 運んで

▼ 提灯~ (5, 0.2%)

1 なぞいう, につい, やら六尺棒, や家中いっぱい, を下ろし

▼ 提灯~ (4, 0.1%)

1 何かの, 何んか, 松明か, 行燈か

▼ 提灯から~ (4, 0.1%)

1 うつした行燈, 御詮議, 眼を, 結局何も

▼ 提灯だけが~ (4, 0.1%)

1 一つさまよい歩く, 一つ相, 人波に, 月夜に

▼ 提灯とは~ (4, 0.1%)

1 いえこれ, 事変り, 前へ, 驚いた

▼ 提灯ともし~ (4, 0.1%)

1 て二三人, て先, て妻, て迎え

▼ 提灯~ (4, 0.1%)

1 の, のでどれ, んざあ要らねえ, んです

▼ 提灯なし~ (4, 0.1%)

1 で歩い, に, に外, に手前

▼ 提灯などが~ (4, 0.1%)

1 ぶらさがって, 並んで, 積まれ, 落ちて

▼ 提灯にも~ (4, 0.1%)

1 及ばなかったの, 及びません, 書き込むこと, 花という

▼ 提灯じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, ない提灯, 戸惑を

▼ 提灯である~ (3, 0.1%)

2 それが 1 を見

▼ 提灯にて~ (3, 0.1%)

1 旅行する, 立ち止まって, 車を

▼ 提灯のみが~ (3, 0.1%)

1 宙に, 明るく少し, 浮き出して

▼ 提灯もち~ (3, 0.1%)

1 でない解説, とりもち, などとともに大衆

▼ 提灯をも~ (3, 0.1%)

1 少し上げ, 消さないで, 許されて

▼ 提灯~ (3, 0.1%)

1 割羽織と, 割羽織には, 割羽織の

▼ 提灯片手~ (3, 0.1%)

1 にその, に息, の取

▼ 提灯かた~ (2, 0.1%)

2 手には

▼ 提灯ぐらいの~ (2, 0.1%)

1 ことで, 大きさ

▼ 提灯これ~ (2, 0.1%)

1 は弓張, は江の島

▼ 提灯だけは~ (2, 0.1%)

1 うまく保護, ともし

▼ 提灯だけを~ (2, 0.1%)

1 差しのべて, 打って

▼ 提灯~ (2, 0.1%)

1 や, やない

▼ 提灯であった~ (2, 0.1%)

1 が近寄る, 馬鹿囃子の

▼ 提灯です~ (2, 0.1%)

2

▼ 提灯といふ~ (2, 0.1%)

1 のだ, 事は

▼ 提灯とか~ (2, 0.1%)

1 して, 赤提灯とか

▼ 提灯とともに~ (2, 0.1%)

1 ふらりと, 人垣の

▼ 提灯との~ (2, 0.1%)

1 光との, 調和が

▼ 提灯ない~ (2, 0.1%)

2 子は

▼ 提灯なども~ (2, 0.1%)

1 わが枕辺, 吾が枕辺

▼ 提灯なんか~ (2, 0.1%)

1 出してさ, 無論持ち合せよう

▼ 提灯によ~ (2, 0.1%)

2 つて代表される

▼ 提灯によって~ (2, 0.1%)

1 照らして, 確に

▼ 提灯みたい~ (2, 0.1%)

1 だ, に咲い

▼ 提灯やの~ (2, 0.1%)

1 かいた, まえに

▼ 提灯やら~ (2, 0.1%)

1 そこは, 手燭を

▼ 提灯二つ~ (2, 0.1%)

1 がさながら, がたより

▼ 提灯印傘~ (2, 0.1%)

2 の堤

▼ 提灯吹き~ (2, 0.1%)

2 滅し

▼ 提灯唯一つ灯~ (2, 0.1%)

2 したの

▼ 提灯~ (2, 0.1%)

2 の悲鳴

▼ 提灯~ (2, 0.1%)

1 の内, の壜

▼ 提灯~ (2, 0.1%)

1 と云う, を釣

▼ 提灯祭り~ (2, 0.1%)

1 の夜以外, は一定

▼ 提灯~ (2, 0.1%)

1 が見られた, で念入り

▼ 提灯闇夜~ (2, 0.1%)

2 も恐れず

▼1* [184件]

提灯あかくなりたる後, 提灯いやしくもあかりの, 提灯仏壇の, 提灯かりの通勤, 提灯がわりにもし, 提灯ぐるみに取, 提灯こそ提げて, 提灯さいかち茨の赤い, 提灯さえあれば, 提灯さしかざし浮足し, 提灯さびしく立ちて, 提灯そこのけのでっかい, 提灯そして線香の, 提灯その灯が, 提灯そのものです, 提灯その他いろいろな意匠, 提灯それを受取つて塀, 提灯それ等は容易, 提灯だけで人声が, 提灯だったのだ, 提灯だろうと思われる, 提灯つけた車が, 提灯つみ物なぞはあるいは, 提灯つるして天の河, 提灯づくり団扇に絵, 提灯のは, 提灯ての暑い時分, 提灯であろうとは認められる, 提灯でございますか, 提灯でしたからどうも, 提灯ではありませぬか, 提灯としての通行が, 提灯とつちまい, 提灯とても二つ引両の, 提灯とで昼の, 提灯とに飾られて, 提灯とぼしやがつて, 提灯ともす蛙かな, 提灯ともるもと, 提灯どうも役人らしい, 提灯どころか扉が, 提灯なきは危, 提灯なぞはいらん, 提灯なぞが出て, 提灯なぞは思いのほかの, 提灯なぞを置き風呂, 提灯などつけては, 提灯などと共に入交って, 提灯などは用意しなかつた, 提灯ならば何者, 提灯なりに面を, 提灯なんぞどこの, 提灯にがたくり格子, 提灯についてはいかなる解釈, 提灯に対する解釈は, 提灯つけて, 提灯ばかりでは, 提灯ばかりがもう鬼灯, 提灯ひとつでは不足, 提灯ふと消ゆる, 提灯ふりて歩みける, 提灯ふりかざし仮花道, 提灯ぶらさげの品川行時代, 提灯ぶら提げ人通りも, 提灯へまで十八文と, 提灯ほしや, 提灯ほど鮮かに, 提灯ほどに水の, 提灯ほどの大きさ, 提灯ほどもある大きな, 提灯または高張り, 提灯までが安全無事で, 提灯までもみな草雙紙の, 提灯より見っこの, 提灯らしいのが, 提灯をよ盥を, 提灯をよけて通した, 提灯カンテラがなく, 提灯ガトボルシ折柄桜時故ニ風景モ, 提灯ヒーッという女, 提灯ローソク入, 提灯一つ夜を遥, 提灯一つ師走かな, 提灯一個八銭とを買った, 提灯一具に小さく, 提灯一対を門前, 提灯下げて夜道, 提灯は白い, 提灯代りの松明, 提灯にしか見えない, 提灯つてる, 提灯入らず片手懐に, 提灯円いピンク, 提灯て来, 提灯出かけたぞ, 提灯十張と言った, 提灯が闇, 提灯即ち盆提灯や, 提灯取り出して灯, 提灯の下, 提灯夜道を照らし, 提灯炬灯, 提灯奥州斎川孫太郎虫扇子暦らんちゅう, 提灯屡々二つの, 提灯じゃ, 提灯山笠みたいである, 提灯もただ, 提灯左手に鉄瓶, 提灯幣束を付けた, 提灯幸いの雪, 提灯廻燈籠多く並べたる, 提灯弓張をおし重ね, 提灯引けといっ, 提灯張り活字拾ひ, 提灯タテサセ丁場, 提灯行燈等の, 提灯投げの, 提灯手燭ボンボリ蝋燭等に至る, 提灯投げ出し両手を, 提灯持たせ小走りに, 提灯持つて行つた時, 提灯持つてるのは, 提灯持て田甫の, 提灯持位えは, 提灯持兼帯の男, 提灯持参で招かれ, 提灯持参草鞋がけの運動, 提灯持記事を書く, 提灯提灯早く早く, 提灯携え本堂南方鼠小僧の, 提灯携げて出, 提灯散らしの模様, 提灯数十個をともし, 提灯それから兵隊帰り, 提灯時々高さ三十フィート, 提灯暗き初荷かな, 提灯松明と上, 提灯松火篝火真昼の如く, 提灯のおかげ, 提灯泥細工の住吉踊, 提灯消えちやつた, 提灯消して, 提灯火打よろしく取り出し, 提灯点けて客, 提灯烏瓜を更め, 提灯照し甲処乙所と, 提灯燈籠ありて, 提灯燭台の広間, 提灯片手老の歩み, 提灯片手老いの歩み, 提灯独楽が, 提灯狸ばやし足洗い屋敷ぐらいのもの, 提灯真赤な猿, 提灯を見たい, 提灯競争に迄若返っ, 提灯競走に出る, 提灯笠袋下駄袋の類, 提灯算盤玉紙製の茶入, 提灯箱法被などが雑然と, 提灯の火, 提灯紅白の造花, 提灯の褪せた, 提灯花台箱であるが, 提灯花孔雀歯朶盗棒萩犬虱しほん, 提灯花車シャンギリの音, 提灯蛇塚を走る, 提灯蝋燭は蝋燭, 提灯行列是れ豈, 提灯行列等あり, 提灯行灯等の印, 提灯もある, 提灯見たいにブラ, 提灯記事をかかげ, 提灯記事御機嫌取り記事尻拭い原稿なぞいう, 提灯貼り建具経師, 提灯赤い鳥居の, 提灯赤銅の銅壺茶道具, 提灯逆上せるほどな, 提灯金銀の短冊, 提灯が長々, 提灯の川べり, 提灯雪駄でうと, 提灯で通し, 提灯鵜呑みにした