青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恐ろし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~恋人 恋人~ ~恋愛 恋愛~ 恐し~ ~恐らく 恐らく~ 恐るべき~ ~恐れ 恐れ~
恐ろし~
~恐ろしい 恐ろしい~ ~恐ろしく 恐ろしく~ ~恐怖 恐怖~ 恢復~ ~恥 恥~ ~恨み

「恐ろし~」 1094, 11ppm, 9935位

▼ 恐ろし~ (710, 64.9%)

11 のあまり 9 のため 7 に気 6 うな, に声, に私, を感じた 5 だ, に思わず, に顫, を感じ 4 が先, に身, の余り, は今, を与えた, を知っ

3 [17件] が私, だった, です, というもの, と苦し, に, にがたがた, にもう, に口, に堪えず, に戦慄, に胆, に誰, のあまりに, をもっ, を見, を覚えた

2 [52件] があつ, がこの, がわかる, が感じられる, が解る, が身, だよ, であった, で体, におもわず, にお前, にさすが, にその, にぞっと, についても深く, にふるえ, に包まれ, に彼, に怯えた, に我, に打ち砕かれ, に死にものぐるい, に気絶, に眼, に脅かされ, に色, に襲われ, に身ぶるい, に身震い, に震え, に顔, に飛び上がった, に魂, の余り馳, の為, はこういう, はそれ, は明暦, は私, も忘れ, よ, をその, を充分, を堪え, を感じる, を感ずる, を知らない, を知らなかった, を私, を経験, を通り越し, 物凄さ

1 [460件] あじきなさ, うでも, かなしさ, かの精神分析学者, からすべて, からその, からのがれる, から命, から次第に, から私, から逃れよ, から逃れよう, から遁, があった, がある, がいつも, がうすらい, がお, がだいぶ, がついに, がつくづく, がなかっ, がなくなり, がまた, がやはり, がわかっ, がジワジワ, が人, が何層, が内外, が分からない, が判っ, が君, が大, が大殿樣, が彼ら, が徹底, が忘れられなくっ, が悉く, が想像, が減った, が湧く, が漸く, が皆様, が籠っ, が背筋, が自覚, が迫っ, が迫り, が過敏, が除かない, が静まる, た, ただただ呆, だけが眼, だと, だという, だろう, である, であるけれど, でございます, でしょう, ではなく, で夢中, で泣かず, で特殊, で縮み上っ, という, といつたらありません, といふもの, とその, とそれ, とそれから, とだ, とで床, とで齒, とにおいてはあえて, とに堪えかね, とへん, とも苛立ち, とを感じ, と下らな, と不思議さ, と云う, と云ったらしらずしらず, と偉大さ, と又, と同じ, と夜, と嬉し, と忿, と怖, と恋し, と恥し, と悦, と悩まし, と悲し, と憎, と或, と気味悪, と美し, と苦痛, と身, と身体中, と馬鹿らし, と驚き, などを語った, ならなんでも, にあたかも, にあと, にあの, にいくらか, にうちのめされ, にうちふるへ, にうちわ, におぞ, におびえ, にかへつて身動き, にからだ, にからだじゅう, にがた, にさいなまれ, にじっと, にす, にすくん, にすぐ, にすっかり, にそのまま, にそれ, にぞくぞく, にただ, にたまらなく, にたまりかねた, につ, につく, にとうとう, になおも, には流石, には限度, には魂, にふるえあがっ, にぶる, にぼうっと, にぼく, にまいっ, にまどい, にむりやり, にわつと, にをの, にオドオド, にガタガタ, にサッと, にジユウル, にゾーッ, にハラハラ, にブルブル, にワナ, にワナワナ, に一旦, に一目散, に一種異様, に下女等, に両手, に二人, に人びと, に人間, に仕舞っ, に何ん, に何物, に充ちた, に先生, に全身, に内部, に冷汗, に到頭, に匆々暇, に匹敵, に半分, に又, に呆然, に咳一つ, に唯, に唾, に固唾, に圧せられた, に堪え, に堪えない, に堪えぬ如く, に堪えやらずし, に堪えられず, に堪え切れない, に堪え得られない, に堪へ兼ね, に変化, に大人, に夫人, に失神, に女, に寮, に小さく, に布団, に平次, に彦兵衛, に彦兵衞, に役僧ども, に彼女, に後見, に思はず, に恥, に息, に息もつけない, に息気, に悔い, に慄, に我慢, に手, に手足, に抱いた, に時々, に暫らく茫然, に木, に椅子, に欠け, に歯, に比例, に気がつかれ, に気ちがい, に氣, に満ちた, に火の番, に生きつづける, に町民, に眠りもえず, に眠る, に祠, に立ちすくんだ, に美保子, に背中, に脅え, に脊骨, に膝頭, に自分, に花見船, に萩乃, に蔦葛, に襲われた, に襲われました, に見物人, に見開いた, に誘われた, に足, に踵, に身じろぎできない, に身震, に過ぎない, に震えた, に震え上がり, に震え上り, に震き, に顔色, に顛倒, に馬, に髪の毛, に麻痺, のあまりに思わず, のあまりピストル, のあまり父, のあまり目, のあまり自分, のあまり飛, のため乱暴, のみが残っ, のみを以て民, の余りに, の余り呼吸, の余り気, の余り身体中, の前, の塊, の変形, の存在, の思い出, の方, の餘りか, はいくらか, はこの, はそう, はたまらぬ, はちょっと, はどうも, はどんな, はない, はなかなか, はひしと, はもと, はやがて, はよく, はチョット, は一寸外, は一生涯, は一秒, は予め, は他, は充分, は単に, は原始感情, は又もや, は太陽, は女達, は始めて, は封じえない, は当然, は彼, は彼自身, は思った, は書いた, は果てし, は比喩, は眼, は競り合い, は筆紙, は経験, は絶えず, は腹立たし, は舌, は若い, は誰, は身, は遇っ, は離れ, は飛行機, ばかりで, もこう, もわすれ, も一層, も不思議さ, も世の常, も何, も大きい, も彼等, も忘れた, も消えうせ, も消えました, も消え果て, も考えね, やるかた, や息苦し, や悲し, や気味悪, や物狂おし, や驚き, よりはこの, よりべつ, よりも, よりもこの, よりも先, よりも好奇心, よりも怒り, よりも私, より先, をいつ, をいや, をおそらく, をかんずる, をこの, をごまかす, をさえ何, をしみじみ, をちゃんと, をつく, をときどき, をはっきり, をはっと, をひし, をひしひし, をまだ, をもしみじみ, をもつい, をも想像, をやっと, をよく, をヒシヒシ, を二倍, を人々, を今, を俺, を切々, を判然, を判然覺つたもの, を十分, を又, を味わいたい, を味わわされる, を噂, を増した, を如実, を始め, を宮, を征服, を忍ぶ, を忘れ, を思いまし, を思いみる, を思い出したらしく, を思う, を思はせます, を思ひ出した, を思ひ合せたい, を思ひ知り, を思わず, を感じず, を感じました, を感ぜず, を打ち消す, を持っ, を案じ, を此時, を深く, を物語つて, を物語ります, を理解, を痛感, を知つたの, を知らっしゃらねえ, を知らなかつた, を知らぬ, を知らねえ, を知らん, を知り, を知りぬき, を考へる, を聞かせ, を聞きたる, を肝, を胡麻, を自分, を若い, を覆ふ, を見せまい, を覚え, を覚える, を親方, を話, を話し, を説いた, を説明, を警察, を贖われる, を身, 凄まじさ, 勿体なさ, 又同時に, 堅い石地, 嬉しさ, 悲しさ, 気味悪さ, 浅ましさ, 美しさ, 苦しさ, 遣瀬

▼ 恐ろしそう~ (67, 6.1%)

5 にし 3 な顔 2 に, に肩, に見た, に身, に身震い

1 [49件] ですから, なようす, な声, な木像, な眼, な秘密, な苦し, にあたり, にかすれた, にきょろきょろ, にささやきかわし, にそう, にそして, にそちら, にちらりと, にもうとっくに, にやっと, にウィスキー, にブルブルッ, に丁度, に云っ, に云った, に傷口, に叫んだ, に天, に椅子, に横, に犬, に獅, に王, に眉香子, に私, に竦ん, に竹, に聞いた, に見送っ, に触れ, に訊いた, に話した, に語った, に警視庁用, に身体, に身慄い, に返辞, に逃げ戻っ, に通り過ぎ, に避け, に頷く, に首

▼ 恐ろし~ (55, 5.0%)

3 な名, な顔

1 [49件] であつ, である, でなく存外, と云い, なお気もち, なつめたい, なもの, なり, なるが, なるに, なる事, なる雲, な人, な初老, な地響き, な壁, な大将, な宇吉, な家, な山, な山伏, な形, な歪んだ, な毛, な眼, な足音, な遠い, な響, に, にお, にながめた, にひきつ, に声, に幅広, に幼き, に御, に意味, に眺め, に良人, に見比べた, に視, に語る, に谷間, に身震い, に避け, に響く, に顔, に首, もなく

▼ 恐ろしかつ~ (50, 4.6%)

248 たの 3 たので, た事

1 [12件] たか, たかが判るであらう, たが, たけれど, たこと, たし外國人, たと, たという, たね, たんです, た光景, た巴里

▼ 恐ろしがっ~ (34, 3.1%)

4 ている

1 [30件] たりした, てい, ていた, ていました, ています, ていられます, ておいで, ておしまい, ておった, てがたがた, てここ, てどう, てなかなか, てなるべく, てばかりいた, てふるえ出す, て南京鼠, て口, て夢, て嫁, て寄, て寄り付かない, て尻込み, て居る, て帳台, て招き猫, て片, て自分, て逃げ, て食わぬ

▼ 恐ろし~ (14, 1.3%)

2 恐ろしや

1 [12件] この大, それは, それほどまでに, どうせ売らるる, な活き, の, もうもう重ね, 又五十兩, 實の, 日高の, 此大恩の, 肝潰し

▼ 恐ろしがる~ (11, 1.0%)

1 [11件] かしらと見, ことは, その山道, のである, のも, ものばかり, もの許で, んです, 必要が, 理由なぞが, 町へ

▼ 恐ろしけれど~ (9, 0.8%)

3 此髷を 1 かく成, そこへ, 急いで, 私如き, 臆し, 送りの

▼ 恐ろし~ (8, 0.7%)

1 その時締め, 其時締めし, 奥様と, 姿や, 強力や, 決心じゃ, 腕と, 般若声

▼ 恐ろしかりし~ (7, 0.6%)

1 がまた, ことどもを, のみにて, 事共はや悉く, 夏の, 責苦の, 鬼三郎ぬ

▼ 恐ろし~ (7, 0.6%)

2 な顔 1 な一生, な人間, な顔付き, に瞳, に身

▼ 恐ろしがった~ (6, 0.5%)

1 という新聞, のかも, のは, のも, ほど寒, 自分自身の

▼ 恐ろしさうに~ (6, 0.5%)

1 または何うに, もうと, わなわなと, 入つて來, 戦いて, 見た

▼ 恐ろし~ (6, 0.5%)

1 いひて, おぼすな, 思いし夜, 思う一人, 思ひしより, 思へば

▼ 恐ろしい死~ (5, 0.5%)

1 だつたの, と破壊, のよう, の冷た, の渦

▼ 恐ろしいう~ (4, 0.4%)

4 なり声

▼ 恐ろし~ (4, 0.4%)

3 御座ります 1 て歌ミ

▼ 恐ろしい死顔~ (3, 0.3%)

1 の記憶, もこれ, を見たら

▼ 恐ろし~ (3, 0.3%)

1 つてゐた, つて嫌がる, つて私の

▼ 恐ろしがり~ (3, 0.3%)

1 て賛成, ながらその, もし恥じ

▼ 恐ろしキチガイ地獄~ (3, 0.3%)

3 じゃ

▼ 恐ろしいくら~ (2, 0.2%)

1 ゐだ, ゐでございます

▼ 恐ろしいこん~ (2, 0.2%)

1 で, らんが

▼ 恐ろしがりぬ~ (2, 0.2%)

2 母は

▼ 恐ろしさこれ~ (2, 0.2%)

1 もまた, を見

▼ 恐ろしさったら~ (2, 0.2%)

1 そりゃ御, なかった

▼ 恐ろしすぎる~ (2, 0.2%)

1 というよう, のです

▼ 恐ろし地獄~ (2, 0.2%)

2 の話

▼ 恐ろし學校~ (2, 0.2%)

2 の唱歌

▼ 恐ろし~ (2, 0.2%)

1 なる者, な身振り

▼1* [61件]

恐ろしいけだものから, 恐ろしいこってす, 恐ろしいすがた, 恐ろしいたましいの動揺, 恐ろしいちからで, 恐ろしいちょうざめが鉢巻, 恐ろしいぬしが, 恐ろしうございますわね, 恐ろしないん, 恐ろしかで逗子に, 恐ろしかと思いわたし, 恐ろしからむ食ひ, 恐ろしかりしかども子供, 恐ろしがらずにゐ, 恐ろしがらせたくはなかっ, 恐ろしがらせよう自分でない, 恐ろしがらないものは, 恐ろしがられている, 恐ろしがりたるものも, 恐ろしがるならちっと面倒臭い, 恐ろしき死のありし, 恐ろしげに笑ふ, 恐ろし事だ, 恐ろしこんにち, 恐ろしさうに此戸外を通り過ぎた, 恐ろしさうに蒲団を匍, 恐ろしさうに蒲團を匍, 恐ろしさといッたらあるまい, 恐ろしさゆゑにはあらで喜ばしさ, 恐ろしさ下々の難儀, 恐ろしさ吹雪の恐ろし, 恐ろしさ宛がら天魔の怒り, 恐ろしさ市之丞様のお, 恐ろしさ平凡の底, 恐ろしさ彼女は暫く, 恐ろしさ気味の悪, 恐ろしさ牢獄恐ろしさ, 恐ろしさ逃げ隠れをした, 恐ろしさ酒が敵, 恐ろしさ雪が人間, 恐ろしさ魂も身, 恐ろしとはおぼさぬか, 恐ろしとも見ず円位, 恐ろしない雪の, 恐ろしものがすぐ, 恐ろしやと雨夜の, 恐ろしゅうござりますゆえ白状いたしまするでご, 恐ろしゆうございますけれどそう, 恐ろしようやく平蔵の, 恐ろし世上の口, 恐ろし二字厳かなる二字, 恐ろしを帯びた, 恐ろし学校の唱歌, 恐ろしを着け, 恐ろし消えぬ怨みの, 恐ろし漏斗に吸込まれた, 恐ろしの声, 恐ろしに震える, 恐ろし過ぎ伸子は, 恐ろし過ぎる事柄であった, 恐ろしした