青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「描写~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

掴ん~ 揃~ 揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ ~描く 描く~ ~描写
描写~
~提げ 提げ~ ~提出 提出~ ~提灯 提灯~ ~揚げ 揚げ~ ~換 換~

「描写~」 1580, 17ppm, 6666位

▼ 描写~ (224, 14.2%)

9 中に 7 うしろに, 筆を 5 間に 4 うちに 3 上には 2 上に, 不思議に, 中から, 冴えを, 功を, 態度の, 清澄な, 細かさ

1 [173件] あい間あい間にも, あたりは, あとへ, ある小説, うちから, うちにも, うちへ, おもしろみ, くだりは, ことが, こまやかさは, ごとき, しかた, しかただ, しかたとかは, ため, ためから, ための, ためへ, できないほどの, どこかしら, どこかに, どこを, なかに, ほうが, ほとんどない, もたらす芸術的雰囲気, ものは, やうに, ゆえに, ような, ように, アクセントという, カリカチュアに, スケッチ文集を, 一つである, 一つも, 上では, 上でも, 不十分も, 不完全な, 世界は, 並々ならぬ, 中で, 仕方が, 仕方は, 代りに, 作品である, 作家と, 佳さ, 具体性, 内で, 冗漫を, 写生とは, 力を, 力量が, 努力が, 印象と, 参考は, 反復をも, 句である, 句に, 含蓄ある, 執着的な, 基礎に, 場合には, 場合絵の具を, 場所を, 変転痛苦を, 変遷を, 大家たる, 奇を, 如何その他直接感情に, 実力を, 客観性とによって, 対象と, 小説, 小説などを, 小説を, 少なくも一部分, 巧さが, 巧さ義賊も, 巧拙いかんによりて, 巧拙を以て, 平凡な, 座蒲団の, 影を, 必然の, 意図が, 態度が, 態度は, 成功など, 手ぎはでは劣つてゐ, 手法も, 手法を, 手紙でも, 扶けと, 技巧にも, 技巧の, 技術の, 拠って, 指導によって, 文学は, 文章では, 方を, 方法, 方法の, 方法や, 方法絵具材料が, 方面を, 根本と, 根柢には, 根気づよ, 極意である, 概念的の, 欲望は, 正否を, 歩を, 比較的巧妙, 比類少き, 活, 溌溂さ, 点で, 熱中が, 物で, 猥雑創作態度の, 現実性を, 理解へ, 生々しさ, 的確心理の, 的確構図の, 研究は, 秘訣は, 種は, 空間の, 筆に, 筆によ, 筆の, 筆は, 筆致など, 箇所だけを, 範囲で, 精確な, 精細を, 細部も, 終わりにおいて, 統制の, 練達から, 美しい動物, 美しい明瞭さ, 能力とは, 腕が, 腕は, 腕を, 自然主義的な, 興味が, 興味は, 視点の, 詩が, 説明も, 近代性の, 迫真性とは, 迫真性も, 追求に, 途中に, 逞まし, 進んだ時代, 部分である, 部分も, 重要なる, 音画として, 領域だって, 鮮明さ独自な

▼ 描写~ (169, 10.7%)

11 して 4 まとめて, やって, 主と 2 さけて, したもの, したり, するが, とおして, なすべきであります, 与えられて

1 [132件] きいて, した, したか, したため, したらオブローモフはだし, した人, した俳句, しては, しなければ, しようと, し三吉, すべきである, すること, するという, するの, すれば, どう処分, なしたこと, なし得るほどの, はじめた, ふくめて, まだし, まねようと, もって, もつ戦争反対, やった, やられては, やる, よんで, ゴーリキイは, ノスタルジアと, 一行否, 与えて, 与えられるべきである, 与へた, 丹念に, 主としている, 主としております, 主として現実的, 主調と, 主題に, 事と, 仔細に, 俳句の, 傷ける, 全体的に, 全然含ん, 写し初め, 凡近浅薄と, 別としても, 利用し, 制限する, 割いて, 加えて, 取って, 取去つた, 可能に, 含まないとは, 含んで, 吾, 味わって, 喜ぶ読者, 基礎と, 好むもの, 完全に, 少し, 待たずに, 思い出して, 思い出しやさしい, 悉く移植, 意図する, 抜萃したい, 押しつぶして, 指摘した, 挿む, 控えなければ, 掲げよう, 散らして, 整理し, 文学の, 書き了, 月並みと, 検討し, 止めて, 止め生活的, 気の, 気遣って, 注意し, 為した作者, 為し成功, 無性に痛快, 無数に, 無視し, 特に推奨, 異にする, 発展させるべき, 目的と, 研究し, 節約した, 簡便に, 簡略に, 精細に, 約束し, 織り込んで, 繰り拡げて, 考えました結果, 背景として, 能事と, 行は, 補つて呉れる, 見せられた事, 見て, 見れば, 言ふも, 試みた後, 試みて, 試みるに, 読むと, 諸君自らの, 送って, 透して, 連想した, 運びつつ, 過不足なき, 選り集めて, 避けて, 避けよう, 避け象徴, 郷党篇の, 重ねて, 閑却し, 離れて

▼ 描写~ (138, 8.7%)

8 ある 3 あって 2 ことに欠け, 亦最, 傑れ, 出て

1 [119件] あくどいという, あった, あったと, あったよう, ありおまけ, ありそれ, ありました, あり会話, あり解剖, あるかと, あるからに, あるし, あると, あるの, あるよう, ある大作, あれば, いまに, いろいろある, うまくできん, きわめて巧妙, こういう作家, こまかくて, して, すべて各, その筋, その細かけれ, それである, たくさんたくさんあった, できる事, どっさり有っ, どんなに史実的, ないの, なく小説, なく心理, なく生活事実, まずいから, まだ弱く, むこうから, もって, よく出来, テレビにでも, ピタリと, 下手だ, 二の次に, 伸子に, 何とも云え, 俗悪である, 優れて, 充分でない, 入交じっ, 全部である, 公式的分析を, 具体的で, 写真的描写に, 処々に, 出来ず小説, 出来て, 出来にくい, 出来るか, 出来るという, 到るところ, 刻みつけられて, 単に科学記事, 可能に, 堅実である, 多かつ, 多く入っ, 多少の, 大仕掛, 大切だ, 完全だ, 実に精緻, 実社会の, 客観的に, 少いし, 少しでも, 巧に, 心に, 必要な, 怪しからぬ, 恐ろしかつ, 意味も, 成立し, 我が日本文学, 拙いから, 挿まれて, 極めて冷静, 段々厭, 段々新作, 滑稽的である, 瀟洒である, 甚だもどかしく, 生々する, 生じ音楽, 目標と, 私に, 科学的に, 稚拙と, 空想を, 突然現れる, 立派な, 精密であれ, 細かい割, 織り込まれて, 自然に, 藤原氏隆盛時代の, 行われて, 観念的な, 試みられたの, 質量ともに, 足り無いという, 軽浮, 辛辣を, 違って, 随所に, 際どいという, 驚くべき豊富, 高尚である

▼ 描写~ (121, 7.7%)

4 しても, なると 2 あると, こもるはりつめた気力, なったら日本文学, 依って, 成功した, 故意の, 於いて, 至っては, 興味を

1 [95件] あらわれて, あらわれるこの, ある, あれこれと, いかなる, うつした, うつり足利時代, うむこと, おどろきと, かかった後, かからなければ, こまかい注意, して, しろ, しろそれ, しろ外国人, しろ細かく, すぐれたもの, すぐれ女, すりかえて, するため, そっくりな, たけて, とどまらず題材, ないこと, なって, なる, なるから, なるわけ, ひろげられて, まじえて, まとめて, よると, 人間が, 任せて, 依つて現, 価するもの, 価する奇言奇行, 傾いて, 傾くが, 全力を, 凡そ嶄新, 出会った時, 向かって, 呼び起こされて, 堕して, 富んで, 専念し, 局限された, 我々は, 戻る, 戻るという, 接し大いに, 数十枚を, 於ける, 於て, 於ては, 於ても, 時々は, 最もふさわしい, 根ざして, 欠くべからざる手法, 止って, 求めら, 満ちて, 狭ば, 現れて, 現実の, 相当の, 確実性を, 立ち戻ると, 終って, 終るであろう, 終始し, 興味が, 芸術家としての, 苦心し, 行き当った時, 走って, 赴かしめるの, 転じて, 較べて, 追い込まれて, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎぬ詩, 還り, 重きを, 重点を, 関連し, 陥った頃, 陥りやすい, 非常に, 骨の

▼ 描写~ (117, 7.4%)

2 この作者

1 [115件] あざやかである, いかにも神韻, いつも等しい, いやだ, いや応なしに, かつて無かっ, きわ立って, こうして段々, こころみられて, この問題, この時, これだけ, しないけれども, しないこと, すばらしくよ, すべて書く, そっくり旧, その方法, その辛辣, それが, それらの, それ以後の, た, たしかに彼女, たちまちに, できず, とにかくある程度に, ともすると反感, どうであろう, ないと, なかった, はぶきますが, ほとんどなく, まことに明暗多彩, ますます困難, まだ見いだされません, もう少し後, もっと感覚的, よりひろい, カリカチュアに, パレットに, ユーモアに, 一切抜きに, 一見写実的方法, 不可能である, 予の, 人を, 人性の, 他人種, 伝宸翰本の, 何も, 何れも, 余計の, 作品の, 兎も, 全くの, 写実的に, 出来ないであろう, 可成り, 多くの, 婉曲に, 実に精細, 実に驚くべき, 少年の, 屡破綻, 平凡な, 平凡に, 建築である, 強烈で, 当時の, 必ずしも事実, 必ず人, 想像で, 持ち前の, 探偵小説には, 描写では, 明治末年近松秋江が, 昔の, 本当におっしゃる, 校定本では, 極めて美文的, 止まるもの, 正当である, 此作者に, 殆谷崎潤一郎氏の, 民衆を, 決定する, 流石である, 消えぬ絵, 炭火に, 特に巧妙, 特に温かい, 現代においても, 痛切で, 直線的に, 真を, 確かに, 私にも, 立体的でなく, 簡素の, 粗雑である, 粗雑な現し, 絶対に, 自ら卑怯と, 茫洋として, 草木山河に, 見事な, 観察の, 誇張され, 読むもの, 象徴的気分は, 迫真力を, 進むの, 閑却され, 非現実的

▼ 描写~ (102, 6.5%)

32 ている 4 てある, てゐる 3 てゆく, て行く 2 それを, てきかせる, てみた

1 [50件] がちであった, これを, そうした現実, たり, つつ一方, つつ取り入れた, つまりは, てあった, ていた, ているだろう, ていれ, てかい, てきた, てこれ, てしかも, てそれ, てそれから, てはいる, てもこれ, ても君, ても着られない, てゆきます, てよい, てゐたら, てゐない, て下さい, て代表, て作品, て国民的性情, て在る, て女, て居なかつた, て居る, て御覧, て戴いたなら, て涙, て直感的, て罪ほろぼし, て置こう, て葦牙, て語る, ながらしかも, ながらも心, 一歩突き進ん, 且つ同情, 半獣生活, 大正の, 自分の, 表現を, 諷詠した

▼ 描写する~ (93, 5.9%)

8 ことは 7 ことが 3 ことで, のは, 事は 2 ことに, ことによって, ことを, ために, ということ, に当っ, 事が, 気持が

1 [53件] いとま, ことである, ことの, ことも, ための, だけで, だけの誠実, つもりで, という, とき世間の, とまた, と云う, と称する, にあたって文学的正直さ, には必須, には最も, にふさわしい, にむずかしい, に当たって機微, に極, に過ぎない, に適当, のが, のであった, のである, のでない, のに八九月頃, のも, の必要が, ものだ, もので, ものである, よりはむしろ, を詩人, 上に, 事はつひ, 事難く, 余裕を, 作家である, 作家も, 場合に, 大作家, 必要は, 感情で, 態度の, 手際が, 技それらを, 方法は, 暇を, 浄土とは, 能力が, 腕を, 街頭を

▼ 描写した~ (43, 2.7%)

3 ので, もので, ような 2 のであります, ものである

1 [30件] ことが, こと等々, ってそれ, という, ということ, ところから, とは申されない, のが, のであった, のである, のです, のは, ものから, ものです, ものなどに, ものに, アントニイ・スタンデンという, イダーリアの, ソツの, 下の句に, 人間とは, 作だ, 各種の, 彫刻絵画も, 後に, 悲劇である, 文学は, 文学者が, 童話は, 随筆的な

▼ 描写~ (39, 2.5%)

2 情象

1 [37件] いい花鳥諷詠, いえば, かみ合って, されるの, したらば, そこにおける, その屈辱, その範囲, である, なったの, なるであろう, なると, インテリゲンツィアの, プラトンアリストテレスの, リズムに, 云うもの, 云う方, 会話の, 受動性の, 呼ばれ或は, 庶民道徳の, 形を, 日常茶飯事の, 現実の, 筋の, 見られないもの, 観照の, 言い主観主義, 言い或は, 言つても, 言われる, 説明とが, 諷刺との, 象徴的表現とが, 超自然, 近代的人物との, 零細な

▼ 描写され~ (26, 1.6%)

17 ている 1 つつある, てい, てゆく, てゐた, てゐない, て行く, とくにマリイ, 力づよく彩られ, 同時に揚子江

▼ 描写~ (26, 1.6%)

2 ある

1 [24件] あります, あり敵, この草子, ちょうど割り切れる, どきりとする, ない, ひきしまって, プロレタリア, ム・ハ・ト, 一方に, 不足し, 何も, 入れて, 印象には, 多くの, 平和を, 情の, 手ぎわよく, 根の, 歩を, 決してただ, 理路整然たる, 説明も, 飽くまでも細かく

▼ 描写~ (21, 1.3%)

2 の事, を有っ

1 [17件] が併, が実際, だ, で哀れ, とかいま, とが全然, と奔放, にそれぞれ非常, に応, に於い, のはからざる, や構成力, をもっ, をもつ, をもつた, を求めます, を示し

▼ 描写しよう~ (20, 1.3%)

3 とする 2 とし, とした

1 [13件] というの, としても字義通り如実, としても容易, としてわたし, としてゐる, とは求めなかった, と努め, と思う, と思え, と思ひます, と試みる, と骨折っ, などと考へる

▼ 描写という~ (19, 1.2%)

4 ことが 3 ことを

1 [12件] ことに, のでなく, のは, ものが, ような, 事を, 以上の, 批評の, 点で, 約束を, 袋を, 鉄則は

▼ 描写~ (19, 1.2%)

2 不倫の

1 [17件] あるいは昆虫, わき道へ, 何かと, 卑近には, 家庭生活や, 対象を, 批判にも, 文学やが, 月並的感慨などは, 狭く小さく纏った, 自己分析めいた, 表現の, 記述や, 説明という, 説明といふ, 説明に, 造形美術的な

▼ 描写~ (17, 1.1%)

1 [17件] お照さん, この作家, そこが, なくして, はじまって, やろうと, ゆく方法, 一気に興味, 一貫する, 何ら松の木, 光君を, 学ばせること, 歴史的重要さが, 行かねば, 説明しよう, 追求しなけれ, 退屈する

▼ 描写には~ (17, 1.1%)

2 一葉の, 音譜を

1 [13件] リアルな, 多分の, 大分馬力を, 対象の, 少し重い, 少なくも伝統的, 心を, 明らかに, 最も暖かい, 深刻な, 特殊な, 生存の, 色彩と

▼ 描写では~ (13, 0.8%)

5 ない 1 ある, ない真実, なくして, なくて, 作者オオドゥウが, 外国人として, 屡々専門家, 浮彫り

▼ 描写から~ (10, 0.6%)

1 すでにペソス, はじまって, はじまる, はじまるの, 察しても, 広汎な, 悪ふざけが, 脱却し, 進んで, 遠く失われ

▼ 描写しなけれ~ (10, 0.6%)

3 ばならない 2 ば, ばならぬ 1 ばいけない, ばなるまい, ば満足

▼ 描写~ (10, 0.6%)

1 としては世界的, と共に象徴的, と象徴的, などジイド, の変っ, は小説, やプロレタリア文学, をとっ, を小説作法, を鋭敏

▼ 描写である~ (9, 0.6%)

1 がこれ, がしかし, がゆえに, が要するに, けれども俳句, ことが, この曲, とか時代的感覚, 句さ

▼ 描写~ (9, 0.6%)

1 でも, なもの, なカット, な力, にごく, に投げ企てる, に書かない, に歌う, に色彩ゆたか

▼ 描写にも~ (8, 0.5%)

1 ほぼ同様, 劣らず, 外界に, 少なからぬ, 相当の, 視点の, 軽い滑稽, 遙かに

▼ 描写された~ (7, 0.4%)

2 性格が 1 ので, ように, 土人の, 心理の, 自然の

▼ 描写~ (7, 0.4%)

1 からである, とかそんな, とか言っ, としてもともかく, と思っ, と教える, と言っ

▼ 描写とは~ (7, 0.4%)

1 こういうもの, つまり思惟言行の, 一体いかなる, 小林秀雄の, 文学の, 物の, 質的に

▼ 描写によって~ (7, 0.4%)

1 いつの間にか引きずられ, 何という, 卑屈な, 実感を, 書く文学, 深められた, 読者の

▼ 描写として~ (6, 0.4%)

1 では, 推賞する, 濃淡の, 理解され, 看れば, 見るならば

▼ 描写において~ (6, 0.4%)

1 不十分である, 全く個人主義的, 力強い特性描写, 大衆を, 常に失わない, 我々は

▼ 描写における~ (6, 0.4%)

1 なまなましいもの, 作者の, 社会性, 社会性について, 社会性の, 精疎

▼ 描写される~ (5, 0.3%)

2 家の 1 が犯人, ときには, 筈で

▼ 描写したい~ (5, 0.3%)

2 ばかりに情熱 1 が為, と苦心, んだ

▼ 描写でも~ (5, 0.3%)

1 なしどうも, カエサルの, カメラの, 上手いわね, 泉の

▼ 描写などは~ (5, 0.3%)

1 一切なく, 其の好例, 実に貴族的, 少しも, 日本人では

▼ 描写によ~ (5, 0.3%)

1 つて充分に, つて実感を, つて小説の, つて次の, つて通俗小説よりも

▼ 描写~ (4, 0.3%)

1 が語, の乏しい, の効果, を振り捨てよう

▼ 描写~ (4, 0.3%)

1 が如何, そういう物, なの, を知る

▼ 描写すれ~ (3, 0.2%)

1 ば, ばよい, ば写真

▼ 描写たる~ (3, 0.2%)

1 とは問題, と平面描写, の興趣

▼ 描写であり~ (3, 0.2%)

1 そうして支配階級, 批評で, 諷刺であり

▼ 描写との~ (3, 0.2%)

1 本質上の, 連関を, 間に

▼ 描写など~ (3, 0.2%)

1 孔子についての, 田山花袋の, 面倒くさくなり

▼ 描写に対して~ (3, 0.2%)

1 上流社会の, 水掻きの, 訂正を

▼ 描写よりも~ (3, 0.2%)

1 反つて周到, 自己表現という, 説明が

▼ 描写~ (3, 0.2%)

1 のリアリズム, の常識性, の説明

▼ 描写的手法~ (3, 0.2%)

1 のみが感じられ, のみを見る, の介在

▼ 描写~ (3, 0.2%)

1 な半面, に傾い, の仕事

▼ 描写したる~ (2, 0.1%)

1 底の, 者あり

▼ 描写しない~ (2, 0.1%)

1 で直ちに, 内に

▼ 描写しなかった~ (2, 0.1%)

1 として攻撃, のかも

▼ 描写し観る~ (2, 0.1%)

2 者を

▼ 描写するあたわざる~ (2, 0.1%)

2 に苦しむなり

▼ 描写せし~ (2, 0.1%)

1 むるにとゞまるの悔なき, 所なり

▼ 描写せず~ (2, 0.1%)

1 に真率, 感情の

▼ 描写せられ~ (2, 0.1%)

1 ておらず, てゐる

▼ 描写せん~ (2, 0.1%)

1 がため, と努力

▼ 描写そのもの~ (2, 0.1%)

1 がみる, が文学

▼ 描写だった~ (2, 0.1%)

1 と思った, ので浴衣がけ

▼ 描写できる~ (2, 0.1%)

1 この仕合せ, 筈が

▼ 描写です~ (2, 0.1%)

1 が, がこれ

▼ 描写といふ~ (2, 0.1%)

1 ことが, テクニックが

▼ 描写とか~ (2, 0.1%)

1 会員の, 筋の

▼ 描写としての~ (2, 0.1%)

1 京浜国道が, 好所である

▼ 描写としては~ (2, 0.1%)

1 例の, 第一級

▼ 描写とを~ (2, 0.1%)

1 目撃する, 自由に

▼ 描写とを以て~ (2, 0.1%)

1 して, しても

▼ 描写~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 描写なぞ~ (2, 0.1%)

1 にはてんで, を思ひだせ

▼ 描写などの~ (2, 0.1%)

1 上に, 方面から

▼ 描写なども~ (2, 0.1%)

1 どこまで, 凄いほどの

▼ 描写に対する~ (2, 0.1%)

1 不愉快さは, 疑惑は

▼ 描写への~ (2, 0.1%)

1 宣戦, 疑問の

▼ 描写をも~ (2, 0.1%)

1 せいぜい細かく, 必要と

▼ 描写を通して~ (2, 0.1%)

1 ルドヴィッチが, 何を

▼ 描写会話~ (2, 0.1%)

1 もなかなか, を克明

▼ 描写全体~ (2, 0.1%)

1 が傑, を考え

▼ 描写出来る~ (2, 0.1%)

2 もので

▼ 描写報告~ (2, 0.1%)

1 が多い, するため

▼ 描写巧み~ (2, 0.1%)

1 につくりあげられたる, につくり上げられた

▼ 描写態度~ (2, 0.1%)

1 とを加, と緊張

▼ 描写本位~ (2, 0.1%)

1 の句, の文学

▼ 描写表現~ (2, 0.1%)

1 する技, を試みるであろう

▼ 描写音楽~ (2, 0.1%)

1 の愚, を例へば

▼1* [119件]

描写あれには実に, 描写うたふといふ, 描写説明かなど, 描写かと思えば, 描写こそは真実な, 描写されまとめられている, 描写されようとも要するに, 描写しえて妙, 描写したかつたのである, 描写しつくしたらば作品, 描写しとおしたところに, 描写しなくてもよい, 描写し分けたものだ, 描写し尽くして余す, 描写し得るもので, 描写し止まりて後年, 描写し続けることによって, 描写と声言, 描写すべからざるものが, 描写すべきであると主張, 描写すべく余りに複雑, 描写するならば現実そのもの, 描写せよと要求, 描写せられしはあらざる, 描写せられた人物及び, 描写せられてるわけに, 描写せられなければならない, 描写その風景の, 描写その他に私, 描写それ自身の内, 描写ただ水の, 描写たっぷりよりもこんな, 描写だけでは, 描写だけで満足しない, 描写だけの小説を, 描写である如きであって実は, 描写できぬものです, 描写でない云わばドストイェフスキー的, 描写でなくて一種, 描写でなければ何, 描写での執拗な, 描写でもも少し趣味, 描写とが果して調和, 描写としても彼の, 描写としてよりは青年期の, 描写とで描き出された江波, 描写とともにいつかのこし, 描写とに従事し, 描写とにおいてそれを, 描写とに対する評価であった, 描写とばかり見ること, 描写とばかりは決していい切れない, 描写とも見えるバルザック, 描写ともに得やすから, 描写などで補って, 描写などにも力を, 描写などをして, 描写においても十九世紀の, 描写にだけ念が, 描写についてであります, 描写にとつてすばらしい, 描写にのみ終始し, 描写によりはっきりと, 描写によるものだろう, 描写によるのほかは, 描写によるよりも専ら性格描写, 描写に関しては読む方, 描写に際してはよく画家, 描写のみでなく又, 描写のみがことごとく存, 描写のみに入念で, 描写ははッと, 描写ばかりが文学でない, 描写ばかりで借金の, 描写ばっかりである, 描写ほど張りが, 描写より例えば酒場, 描写をのみ対象と, 描写を以て杣夫とか, 描写を通じて吾人は, 描写一場面の優秀, 描写一点ばりの中間小説, 描写人生の観照等, 描写以上の職能, 描写会話運びの巧さ, 描写の散文, 描写全般に亘る, 描写凡手ならずと, 描写出来たと思い込ん, 描写劃一線の態度等, 描写写実性である, 描写を作っ, 描写夢幻にし, 描写大したものです, 描写少しく露骨に, 描写心理描写が試みられた, 描写心理描写情景描写の巧さ, 描写情景描写の巧さ, 描写る意味, 描写手法にもかかわらず, 描写插話が芸術化, 描写文学が成立, 描写方法と構成方法, 描写時代を生きぬ, 描写の調べ, 描写法活用法に一つ一つ独立, 描写法無知と無, 描写無用を叫ぶ, 描写は蔦, 描写異常なアブノルマル, 描写的リアリズムをその, 描写的要素の殆, 描写筆致はそこ, 描写をした, 描写芸術家となる, 描写記載にリアル, 描写記録はこの, 描写追求性からは解決, 描写追随を許さない