青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「描く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

控え~ ~掴ん 掴ん~ 揃~ 揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ ~描く
描く~
~描写 描写~ ~提げ 提げ~ ~提出 提出~ ~提灯 提灯~ ~揚げ 揚げ~

「描く~」 1757, 19ppm, 6052位

▼ 描くこと~ (261, 14.9%)

8 ができる 7 ができた 5 ができない, が出来た, が出来る, になった, によつて 4 は出来ない 3 が好き, である, になっ, になる, に成功, の出来る

2 [14件] が人間, などが, なら風景, にした, になりました, に依っ, に於い, に興味, のできる, の出来ぬ, の如何, は少し, は決して, をペンキ屋

1 [171件] あながち難き, ができ, ができず, ができたら, ができなかった, ができなくなる, ができます, ができません, がどうして, がなぜ, がプロレタリア文学, が上手, が不可能, が伝統, が出, が出来ず, が出来ない, が出来ないだろう, が出来ません, が出来よう, が又, が如何, が巧み, が差し止められる, が彼, が得意, が本意, が洋画, が禁止, が許されない, が間々, こそマルクス, さえできる, しか出, しか出来なかったでしょう, しか考え, だけでどう, だけの楽しみ, だけはそれ, で, でありましたが, では, でも, で一般, で今や, で有った, で蕪村, とそこ, と映す, においては洗, において異彩, にかけてはその, にしました, については私, になつて, になつて歴々, になろう, によってこう, によってプロレタリアート, によって情緒, によって暗い, によって画名, によって私達, によって運命, によつて社会, によるしかなかっ, に人工的, に人間, に在る, に堪能, に心身, に思い到った, に決して, に油, に特異, に精進, に置かれ, に重き, に長足, のできた, のできない, のできぬ, の二つ, の内面, の出来ない, の好き, の妙手, の必要, の悦び, の愚かし, の方, はあ, はあります, はあんまり, はおそらく, はその, はつねに, はできない, はできなかった, はできまい, はない, はまた, はやめない, は不可能, は中止, は光栄, は其の, は出来なくなる, は出来る, は又, は困難, は如何なる, は家じゅう, は必ずしも, は恥辱, は抽象, は既に, は生理的, は私, は筆, は非常, もあろうで, もできる, もなかなか, もまた, もやめ, も出来た, も出来る, も判っ, も可能, も好き, も容易, も必要, も忘れ, も描かれた, も日本, も早かっ, も習わない, や象眼, よりもその, をえたろう, をしない, をすすめ, をはじめて, をもっ, をもて, をゆるされた, を主眼, を人間, を余儀なく, を例, を始めた, を学んだ, を常識的, を強い, を忘れ, を忘れた, を怖, を思いつき, を慫慂, を欲しなかった, を特色, を目ざした, を研究, を考えた, を許され, を許された, を許した, を避け, 勿論よろしくない, 強ち

▼ 描く~ (185, 10.5%)

16 である 10 では 5 ですか 4 だ, であるから, でした, です, と同じ 3 だった, だと, であった 2 が常, が殆ど紋切形, だから, であるが, に入用

1 [115件] か, かね, かも知れない, か支那, があります, がいた, がきまり, がしきたり, がそもそも, がたのしみで, がほとんど, が一番, が主意, が先生, が大嫌い, が嬉しい, が後暗い, が本当, が若者, が詰まらなく, が賢い, が面白い, じゃ, じゃ御座いません, だが, だけれども, だったが, だろう, だろうねえ, だ庭, だ男, であって, でありまして, であるだけに, であると, であろうかと, ですから, ですね, ですもの, ですよ, です最後, でない本職, でなくて, でなくむしろ, とある, と全く, と別段, と能面, なら僕, なら易しい, にあたたかい優しい, にいろいろ, にどんな, にも, にコンパス, に人, に具合, に初めて, に大変不思議, に委曲, に忙しい, に日本画材料, に此, に決して, に用, に私, に自伝的, に長, ねと想像力, は, はい, はかなり, はすまない, はなかなか, はまず, はもう, はもっと, はもとより当然, はやはり, はよい, は上野山, は世間, は勘弁, は勝手, は小説, は当然, は構, は歌, は泰平, は熱烈, は現実界, は環, は画家, は私, は絵, は繪, は胸, は苦手, は親, は誰, は輪, もすべて地獄, も一興, も然, をひかえ, をまた, をやめ, を何より, を忘れた, を特色, を経験, を認めた, を非常, を頼まれました, 貼り交ぜ屏風

▼ 描く~ (104, 5.9%)

14 いふこと 11 すれば 6 いふ事 3 云ふ 2 いうよりも, する, なると, 家には

1 [62件] いう, いうと, いうよりは, いえば, いふよりも, いふ点, この円, されて, した人物, します, しますその, しよう, すぐ毛皮, すると, するなら彼ら, そこに, その中, その人, それが, どうしても私, なれば, また新しい, もうそれ, やはりいつ, 不思議と, 中心が, 云うこと, 云うよう, 云う男女蔵, 云って, 云ひ, 余技とも, 卵色の, 同じくひとしく, 同時に東北地方, 同時に科学, 威勢よく, 彼の, 彼は, 彼も, 思う, 思われた人, 日本人が, 永代橋から, 流れが, 滑稽感に, 生気が, 申しますとさ, 百姓でも, 目は, 私は, 称する渡唐天神, 称せられ其の, 第6図, 素子は, 終始一貫心, 考えられる円上, 聞く, 自称する, 見るや, 言う, 黙然と箒

▼ 描く~ (69, 3.9%)

8 しても 4 当つて 2 あたつ, ある, 当っても, 適するもの

1 [49件] あると, あるの, きまって, この人位, さへ, したところ, しろそれ, しろ大, とどまったよう, とどまって, とどまりあるいは, とどまり或は, なおまさる, ふさは, みちびかれて, ヨリ以上の, ローマン主義の, 不十分である, 不可欠な, 不自由は, 人情の, 似たり, 先立ちて, 全く気品, 力め姦夫, 努めたる彼, 單に, 妙を, 宜しく鹹水, 庶幾から, 当って, 当つて眼, 当りその, 当りて, 当り山水それ, 心意の, 方って, 於ては, 日本画の, 波打ちぎわを, 濃き代赭, 相違ない, 臨本という, 至ったの, 至って, 至つた動機と, 足るだけの, 雪を以て, 非凡な

▼ 描く~ (51, 2.9%)

2 である, にした, になった, に於, は心, も出来

1 [39件] がいい, がわれわれ画家, が何となく, が行, が近年, その不思議, でなくて, でなくては, となる, と刺繍, において妙, において絶対, にきめた, になっ, には拙劣, には時々, によって生活, によつて, の出来ない, の憚り, はいい, はない, は写実的技能, は出来ない, は基礎工事, は木村, ばかり骨, も少し, も彼女, よりやその, を始めた, を得, を楽, を樂しん, を知つて, を知らぬ, を知り, を研究, を習った

▼ 描くという~ (50, 2.8%)

11 ことは 7 ことが 3 ような 2 ことを

1 [27件] こと, ことその, ことに, こと社会的, この, それも, ところがね, のは, のも, もっともらしい, モットーも, 噂や, 場合注目される, 巧妙な, 心境場合にも, 技量の, 方法と, 点で, 理論に, 試みによって, 試みの, 話が, 説明として, 課題も, 重大な, 風で, 風な

▼ 描くもの~ (50, 2.8%)

2 が何, にとっては不便, の核心, はフィルム

1 [42件] ありと, があった, が圓光, が近代日本人, さえ出来た, じゃ, だ, だから, でありそうした, であります, でありますところで, である, であるが, ですか, ですから, でも, としてつかん, として輩出, となった, と一身, なら何, にあらずや, にとっては充分, にはソツ, に清新さ, に甘えず, に等しい, のなかっ, の主観, の如く, の方, の面積, は, はいよいよ, はどれ一つ, はなかっ, はレンズ, は幽, は神品, も浮ん, を心, 即ち描けた

▼ 描くところ~ (38, 2.2%)

2 の, のもの

1 [34件] が神泉氏, で現代文学, などは宛然, にあった, にある, には感情, にまでも運ん, に依れ, に名人, に従っていえ, のその, のまるで, のシュール, の人, の夢, の女, の形, の捕物小説, の日本, の武者絵, の物語, の物質的, の猿, の生, の男女, の神奈川, の近代, の過程, は単純, は農村, を二枚, を見なけれ, 若い女らしいもの, 面白いでしょう

▼ 描くよう~ (34, 1.9%)

3 になった 2 にし

1 [29件] である, なこと, なふう, なもの, な厳粛, な声, な女, な心持, な愛, な手, な文学, な時, な気もち, な生活描写, な眼, な者, な運動, にさせた, になっ, になったら, になり, になる, に一群, に傍, に彼女, に思い出された, に染め, に自分, に見えた

▼ 描くため~ (33, 1.9%)

2 に五〇人, に非常

1 [29件] か, ではなくっ, なら地球, にあえて, にいろいろ, にそんな, にだけ生きつづけ, にはあまりに, にはじめて, にはその, には平野, には悪, には殺人, には芸術家, には非常, にやや, に丹精, に五六日東京市中, に使つて, に實際, に書いた, に武蔵野, に死期, に生まれ, に用いた, に野菜, の希望氏, の近代小説, 夥しい血

▼ 描くには~ (27, 1.5%)

2 ちょっとした器用

1 [25件] あまりに真摯, あまりに筆, いつもよほど耳, かならずこの, これが, さまざまな, まづ, やはりその, 何の, 十九世記的な, 実力が, 客観的に, 寒くストーブ, 實物によ, 山田を, 悉く墨色, 所詮外来, 折合いが, 描きますが, 描くが, 源氏を, 熱心で, 相当の, 紙数を, 美人を

▼ 描く~ (27, 1.5%)

3 にその 2 うるさしや, にはそれ, は卑しい, は無頼, も作家

1 [14件] この事, この聖なる詩, には必ずや, にもどんな, に一層よく, に多く, に気, に特に, に隣室, の歓喜, はやはり, は作家, は眼, 打重ねた

▼ 描く~ (25, 1.4%)

2 が遊び

1 [23件] があ, がある, がその, がなくなっ, が陶器, その人, だが, である, でも方角, となつ, と云, と自然, ならあの, にとつて, によって違う, によつて, に映像, の丹念さ, の表わそう, はもちろん, は勝手, は夭逝, もだんだん

▼ 描く場合~ (17, 1.0%)

2 あるいは起こり

1 [15件] が多い, この本質, その思想性, でも太い逞しい, でも粋, でも自然, ならば, においても根本, にも決して, に一番大切, に大変, に成功, のうやうやしい, の魚類学, は実に

▼ 描くとき~ (13, 0.7%)

1 [13件] その下, その外劃線, でさえも昨今, どの点, なんか椅子, には必ず, にも自分, に一方, に私, に隠し切れぬ, の約束, 早くも, 有りも

▼ 描くので~ (12, 0.7%)

2 あつた 1 あなたが, それが, それには, だんだんに, 人が, 図を, 多少野暮, 大分うまく, 誰も, 閑が

▼ 描く~ (11, 0.6%)

1 [11件] その美人, それは, ために, どうにも, なにか空しく切ない, よかろう, アノ雑沓の, アノ雜沓の, 如し, 故に早い, 訴人や

▼ 描くやう~ (11, 0.6%)

3 になつ 2 にと御 1 な美しい, にし, にそれ, になる, に成つてすべて, に我々佛蘭西作家

▼ 描く~ (11, 0.6%)

1 [11件] じゃない, だ, だから, だね, だらう井伏先生, だわ, です, ですか, ですが, ですよ, なら燃えしきる焔

▼ 描く作家~ (11, 0.6%)

1 [11件] が少く, だと, であった, であったから, であるしかし, と思える, なの, なり彼, は他, もプロレタリア文学運動, を二種

▼ 描く対象~ (11, 0.6%)

1 [11件] と取り組んだ, に対する偏愛はかま, に対する懐疑, に就い, の常識的理解, は元, をすぐ, をどう, を少し, を浮彫, を突放した

▼ 描く~ (10, 0.6%)

1 がこ, がのち, が実は, が早い, が有利, だ, でしたが, の有島, の神経, はそんなに

▼ 描く~ (10, 0.6%)

1 がなくなった, です, などはもちろん, にすらならない, にならない, になる, になれない, になれませんでした, にもなれない, はなし

▼ 描くといふ~ (9, 0.5%)

1 不自然さを, 事実が, 創作上の, 性能は, 描き方, 根の, 目的に, 硬軟両様の, 驚ろきで

▼ 描く人物~ (9, 0.5%)

2 は必ずしも常に 1 のやう, の顔, は, はみなゆるやか, は常に, は悉く, は概ね

▼ 描く~ (9, 0.5%)

1 から来た, で遠く後, にし, に価値, に踏み入る, の作者, の室内, の男子, の錦絵

▼ 描く画家~ (9, 0.5%)

2 もいやしい, を言 1 として属し, の筆, は珍, も多い, も株

▼ 描く~ (9, 0.5%)

1 が五人, が模写, と一緒, と同じ, にはた, にギモン, のやう, はとにかく, を持っ

▼ 描く~ (9, 0.5%)

1 さえも家, です, にとってははるか, はありまし, はこの, は少く, も多く, も民衆, 焼く者

▼ 描く~ (8, 0.5%)

1 さもなければ抒情小曲, フットボールの, リアルな, 不要多言で, 久我先生, 分らないぞ, 友と, 巴里の

▼ 描くとか~ (8, 0.5%)

1 あるいは公設市場, それ等は, そんな結構, 主題の, 又は, 又は森, 或は真夏, 窯に

▼ 描くより~ (8, 0.5%)

2 ほかに, 仕方が, 外に 1 さきに, ほかは

▼ 描く~ (8, 0.5%)

1 から見る, でもいちばん, においてこの, にもそのまま, に大, に無視, に真実, の心得

▼ 描くだけ~ (7, 0.4%)

2 で満足 1 でした, ですが, でなくおそらく, では, ならば

▼ 描くにあたって~ (7, 0.4%)

1 いろいろの, それを, ダンテは, 一つ違え, 原書三国志の, 奔放なる, 自分の

▼ 描く~ (7, 0.4%)

1 から来た, から来る, にし, の人物禽獣, の伴家主, は多く, は浄瑠璃所作事

▼ 描く文学~ (7, 0.4%)

1 であるか, とに分け, と慰楽, の味, は真, への待望, よりも群集

▼ 描くつもり~ (6, 0.3%)

1 だった, だよ, であります, でしたが, で丸髷, で書い

▼ 描く~ (6, 0.3%)

1 例と, 写生と, 好みて, 待つ處, 恐る, 憚りもしくは

▼ 描く世界~ (6, 0.3%)

1 が従来多く, が普遍的, が極めて, には全く, はあり得, は竹

▼ 描く~ (6, 0.3%)

2 も描く 1 だから, だが, だこん畜生, の前

▼ 描くその~ (5, 0.3%)

1 傍で, 形美しく, 恋人を, 技の, 理想と

▼ 描くとも~ (5, 0.3%)

2 描かないとも 1 なく頭, 云い得る, 及ばずなどという

▼ 描くにも~ (5, 0.3%)

1 不便だ, 作者が, 忍びない, 才に, 適して

▼ 描くのに~ (5, 0.3%)

1 ただ正面, 多少秘法, 特種な, 詩の, 變幻極まり無きこんがらかつた

▼ 描くばかり~ (5, 0.3%)

2 でなくその 1 であつ, では, なの

▼ 描くよりは~ (5, 0.3%)

1 インドとして, 世の, 二羽の, 日本に, 紙本に

▼ 描くよりも~ (5, 0.3%)

1 この調査, じっと眺める, 家庭を, 比較的に, 表現すべき

▼ 描く人間~ (5, 0.3%)

1 の形, の意氣, の獣性, の運命, はいつも

▼ 描く~ (5, 0.3%)

1 だね, にひどく, はすでに, はまざまざ, も従っ

▼ 描く曲線~ (5, 0.3%)

1 のさまざま, は乙, は朧げ, を目, を研究

▼ 描く~ (5, 0.3%)

1 がのち, ですが, の縣, は丸い, も迷

▼ 描くとは~ (4, 0.2%)

1 いえない, 何という, 何事だ, 知らなかつた

▼ 描くのみ~ (4, 0.2%)

1 だつた, でなくその, で砕けた部分, ならず他

▼ 描く場所~ (4, 0.2%)

1 も従っ, を捜し, を捜す, を見つけよう

▼ 描く習慣~ (4, 0.2%)

2 が脱却, が脱却出來

▼ 描くかも~ (3, 0.2%)

1 しれないからと, 知れないところ, 知れねえ

▼ 描くから~ (3, 0.2%)

1 いけないという, 仕様が, 得て

▼ 描くけれども~ (3, 0.2%)

1 その後に, 未成品である, 計画を

▼ 描くこれ~ (3, 0.2%)

1 で十何枚, にオーソリティー, も癇癪持

▼ 描く~ (3, 0.2%)

1 わけて碁, 器用だ, 陶器も

▼ 描くそれ~ (3, 0.2%)

1 が素晴らしい, のよう, を言

▼ 描くと共に~ (3, 0.2%)

1 彼は, 日本文学発生の, 詩を

▼ 描く~ (3, 0.2%)

2 作者の 1 瞬時の

▼ 描くほどの~ (3, 0.2%)

1 力量が, 努力を, 用心深い奴

▼ 描くわけ~ (3, 0.2%)

1 ですが, にはいかない, に行かぬ

▼ 描く以上~ (3, 0.2%)

1 かう云, に飛躍, はいかなる

▼ 描く作品~ (3, 0.2%)

1 にうつった, の中, を経済的機構

▼ 描く~ (3, 0.2%)

1 からそこ, にま, の構想

▼ 描く~ (3, 0.2%)

1 と子供, や微, 或は権利

▼ 描く女性~ (3, 0.2%)

1 に興味, は何, を見る

▼ 描く幻影~ (3, 0.2%)

1 にすぎん, のよう, の世界

▼ 描く~ (3, 0.2%)

1 にぐにやりと, にこう, にまだ

▼ 描く機会~ (3, 0.2%)

2 がない 1 も画家

▼ 描く白い~ (3, 0.2%)

1 一線が, 水脚泳ぎ出した, 速度に

▼ 描く絵師~ (3, 0.2%)

2 の一人 1 がある

▼ 描く~ (3, 0.2%)

1 がほか, には必ず, は手

▼ 描く若い~ (3, 0.2%)

1 女の, 妻の, 寡婦が

▼ 描くあの~ (2, 0.1%)

1 ユーモアの, 特異な

▼ 描くかと~ (2, 0.1%)

1 思ふと, 申せば

▼ 描くかは~ (2, 0.1%)

1 まだ一向見, 決まって

▼ 描くこの~ (2, 0.1%)

1 主題の, 事は

▼ 描くさま~ (2, 0.1%)

2 は烏

▼ 描くそう~ (2, 0.1%)

1 させる刺戟, である

▼ 描くといった~ (2, 0.1%)

1 ような, 風の

▼ 描くとしても~ (2, 0.1%)

1 前に, 彼の

▼ 描くばかりの~ (2, 0.1%)

1 もので, 一本調子では

▼ 描くひと~ (2, 0.1%)

1 にいちど, にこんな

▼ 描くやつ~ (2, 0.1%)

1 かと思った, もなかろうで

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 な美人づれ, 君

▼ 描く事以外~ (2, 0.1%)

2 の余興

▼ 描く人達~ (2, 0.1%)

1 なの, は古い

▼ 描く仕事~ (2, 0.1%)

1 が大変, をしなけれ

▼ 描く代り~ (2, 0.1%)

1 にその, に聊か

▼ 描く作者~ (2, 0.1%)

1 の心境, の態度

▼ 描く円弧~ (2, 0.1%)

1 の大き, は次第に

▼ 描く写実派~ (2, 0.1%)

2 の作家

▼ 描く努力~ (2, 0.1%)

1 と時間, を払う

▼ 描く喜び色~ (2, 0.1%)

2 や太陽

▼ 描く場合それ~ (2, 0.1%)

2 は下絵

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 はアインシュタイン, は文字通り一片

▼ 描く子供~ (2, 0.1%)

2 の踊

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 とも通じる, の中

▼ 描く必要~ (2, 0.1%)

1 がない, のある

▼ 描く情熱~ (2, 0.1%)

1 がある, は衰

▼ 描く技術~ (2, 0.1%)

1 に自信, は自分

▼ 描く方法~ (2, 0.1%)

1 には極めて, に取り入れた

▼ 描く旋風~ (2, 0.1%)

2 に対照

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 である, をうたいたい

▼ 描く油絵~ (2, 0.1%)

1 も少く, や水絵

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 において彼, まるで物足らず

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 で, には道ばた

▼ 描く為め~ (2, 0.1%)

1 にあの, には彼

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 がありません, が絵

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 のやう, の批評

▼ 描く~ (2, 0.1%)

1 は執拗, を取り上げ

▼ 描く義太夫~ (2, 0.1%)

2 の師匠

▼ 描く自信~ (2, 0.1%)

2 はある

▼ 描く自己~ (2, 0.1%)

2 と描かれる

▼ 描く舞台~ (2, 0.1%)

1 のイメージ, は明暗

▼ 描く近代小説~ (2, 0.1%)

1 が爛熟期, に近づい

▼ 描く陰影~ (2, 0.1%)

2 は突如

▼1* [323件]

描くあらゆる相貌は, 描くあるタイプの, 描くあれやこれ, 描くいわゆる睛を, 描くうちにとうとう, 描くおそろしい直線, 描くお婆さんと知合, 描くかという以前における, 描くかといふ問題が, 描くからと云った, 描くからにゃありのままに, 描くかわりに巌壁, 描くかを思うこと, 描くかをすら忘れて, 描くくせがある, 描くくらいなら己, 描くこといずれも好き, 描くことさへできる, 描くことそれ自体が天性好き, 描くこと自体の困難, 描くこと虚無に徹する, 描くこと賛成であるが, 描くこと香を聞く, 描くすなわち写実する, 描くすら凡庸で, 描くぞと奥さんに, 描くため彼は場所, 描くだけじゃアつまらない, 描くだけのことは, 描くできごとの背後, 描くというはヘマムシ入道や, 描くといつたのはさ, 描くといふだけで済まないもの, 描くとかいう程度の, 描くときそれは, 描くときバルザックは殆ど淋漓, 描くときレオナルドがどんなに, 描くとき彼は冬, 描くとき現在大人として日々, 描くとき生の姿, 描くとき私どもは決して, 描くとき自然主義的な筆端, 描くところ七日市河原のグランド, 描くところ狭霧立ちこむるあの, 描くとて描きゐたり, 描くどころか油絵といふ, 描くなどというと, 描くなどといふ事は, 描くなり蜂屋の, 描くなんかということを, 描くにあたっての創作の, 描くにあたってはどの国, 描くについては細心の, 描くに当たってその物象, 描くに際しても常に朗らか, 描くのみで何の, 描くの便宜を得, 描くの外また花鳥, 描くの法を知らざる, 描くの要を唱, 描くはずである, 描くふるさとの釈尊, 描くほどに金に, 描くぼくの立場, 描くぼんやりした輪, 描くへに, 描くまた故なし, 描くまでは幽霊の, 描くまま偉大なる女王, 描く同じこと, 描くもの裁縫師大工左官履師石積などチベット国民, 描くその中江戸市中, 描くやり方はとかく, 描くらん不憫やお, 描くを以て本領と, 描くゴーリキイの温かく, 描くセマン人言う藪中, 描くテクニックをもち, 描くバックの筆致, 描くパリの雪景色, 描くポンチの顏, 描く一つの傾向, 描く一二の婦人作家, 描く一方でマリア, 描く一種の敬虔, 描く一緒に行こう, 描く一部分に過ぎない, 描く三つ巴は如何, 描く上野山と比較, 描くなり, 描く中尾の振る, 描くだった人物, 描く事自然主義以後の文壇, 描く二人の夢, 描く二挺の鉄砲, 描く人々や文士, 描く人婦人で小説, 描く流行る簡便式, 描く仏像を彫る, 描く余裕がなくなる, 描く作品そのものも変っ, 描く作家たちは辛酸, 描く信号体操といふもの, 描く倫理が如何, 描く傾向がある, 描くの如, 描く元気がなくなっ, 描くをよく, 描く光源氏はこの, 描く全く現象的な, 描く八十の島山, 描く公卿面にそのまま, 描く其原稿紙上に乃木将軍, 描くが狭まっ, 描く劇的事件の大, 描く力他人の上, 描く力量が必要, 描く勤労する女性, 描く千々岩の松原, 描く千人針に何, 描く半円をしばらく, 描く単純で力強い, 描くの傍, 描く述べる句, 描くく苦心, 描く可らずと, 描く可能性をもっ, 描く名人を称揚, 描く和子や我, 描く喜びに転ずる, 描く器用な人, 描く四君子などでも一枝一葉, 描く四次元の, 描く図式空間の切断面, 描く図柄はきまった, 描く圖案を庶民用, 描く土地も人, 描く土産絵である, 描く場合作者は対象, 描く場合自分にとっ, 描くの紫, 描く墨絵には一点, 描く外燈を発見, 描く多様な個性, 描くのポーズ, 描く大人の側, 描く太い線の, 描く奇異な技巧, 描く女画家マリー・ローランサンに惚, 描くがゐる, 描くも書く, 描く孫悟空のやう, 描く宗教家の如く, 描く対象物に対して彼, 描く小婦も老婦, 描く少年のよう, 描く屈従と倦怠, 描く屈曲した線, 描く山本は書, 描く山水の画幅, 描く巴里の青年画家, 描く平田篤胤とはあの, 描くのマダム, 描く幻像あこがれを歌, 描く幻想と云う, 描く度毎に袂, 描く弾道はまた, 描く形式において倫理, 描くで死体, 描く微細な感情, 描く性格の単調, 描く恋愛は所謂マリヴォオ式, 描く恐らく最後の, 描く悲しみの情, 描くりの, 描く意味の影像, 描く意図が常に, 描く意気に於, 描く意識の苦労, 描く態度が前, 描く手真似をし, 描く技法なり画, 描くには岡野氏, 描く探偵は畢竟, 描く方面に一歩, 描く多し, 描く日本の, 描く日本海大戦の場面, 描く映画に対してもっと, 描くれや, 描く時彼独特のアトリエ, 描く時茶碗をふせ, 描くが欲しい, 描く最もほのかに, 描く木炭紙を棚, 描く未来の生活図, 描く居宣長とは, 描く本能があ, 描く材料に金銭, 描くを着く, 描く権利を持ちたい, 描く機械人形の頭, 描く機縁は有, 描く機運をつくり, 描く欲望がある, 描く歴史的な絵描き, 描く歴史的運動の曲線, 描くになる, 描く気魄かな, 描く水彩画風の景趣, 描く水色の, 描くの歯, 描く江戸手遊絵の夢, 描く江戸百景をさながら, 描く決心をした, 描く波紋はどうやら, 描く洋画家だった, 描くの絵, 描く淋しい心, 描く漂浪者でも何, 描く漆絵としては最も, 描くの文, 描くには道ばた, 描く爲めにあの, 描く物質をも, 描く独自の清らかさ, 描く猛猛しい緊張の, 描く理想のよう, 描く生活に入る, 描く男性を象徴, 描く画用紙や絵具, 描くはいつも, 描くあり, 描く直線は腕, 描く直線曲線が全然, 描くもまた, 描く着物は暖か, 描く短篇のうち, 描く社会性と魚, 描く社會相やら人間苦, 描く神経は鈍る, 描く秘密の夢, 描く程彼の矛盾, 描く種類の第, 描くして, 描く積りでないが, 描く空想であろう, 描く空想畫即ち理想, 描く童謡をつくる, 描くは唯もう, 描くである, 描く精神的技術的訓練があります, 描く約束をし, 描く紅き蓮を, 描く素朴な人間理解, 描く絵かきになっ, 描く絵工であるので, 描く絵画の美, 描くと非常, 描く美しい精神像の, 描く美人の型, 描く美人画ならいま直ぐ, 描く美女の蒼白い, 描く美的配合を目的, 描く群青や緑青, 描く者印形屋その他あらゆる手芸, 描く聖者は人間性, 描く聰明なレオナルド, 描く肉欲を書き, 描く肖像もそれら, 描く能力を欠い, 描くのきつい, 描くのある, 描く腺病質の美女, 描くでも煮, 描く臆測をみな, 描く自分は黙っ, 描く自然に対して人間的, 描く自然物に対する接触, 描く自由をわたくし, 描く興味はない, 描く色々な動物, 描く芸術性との不一致, 描く若者の群れ, 描く苦心と平行, 描く苦辛は新聞記事, 描く茫漠とした, 描く蒼空の虹, 描く蓮丹念なれど, 描く蘆雁の模様, 描くにおいては古来, 描く裸婦の生々しい, 描く観念的な絵, 描く覺悟である, 描く言葉はきかれない, 描く計画があっ, 描くふ奏でる, 描く豊岡という画家, 描く貧困からの出道, 描く赤土の絶壁, 描く趣味と個性, 描く軍艦の画, 描くは次第, 描く辛棒さえあれ, 描く近来の諸, 描く途中には, 描く造形的要素といふもの, 描く運命は新た, 描く道具をスッカリ, 描く鏡板が出来, 描くなきに, 描くには右, 描く雄健の美的精神, 描くに就い, 描く雜俳もやる, 描く難しさ, 描くの白妙, 描くの形状, 描く順序の練達者, 描く風潮が生じる, 描く飛騨の翁, 描くよ青雲, 描くを圧せる