青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「或は~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~我々 我々~ 我が~ 我儘~ 我国~ ~我慢 我慢~ 我輩~ 或~ 或いは~
或は~
戦~ ~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~ ~戯曲 戯曲~ 戰~

「或は~」 10115, 105ppm, 1029位

▼ 或は~ (257, 2.5%)

2 [17件] あの男, そこに, どうかすれ, 博奕打ちでも, 彼女の, 必要で, 昔は, 月の, 毒龍の, 海に, 猿酒の, 石の, 社会的習慣だ, 精神的苦痛とか, 絶えず引き攣つ, 自動車の, 財況を

1 [223件] あの可哀そう, あの地平線, あの自動車, お伽噺の, お梅さん, しかい, すぐ足, すつかり, すべての, その他の, その外, それから, それを, た, た明治, た理想, た隋代, どの位不安, ほかの, もち直す, もつと, も第, わざと顔, わづか, ウイリアム・モリスの, ギリシア彫刻の, クレオパトラの, シュテファン・ゲオルゲの, ショオの, スヰツチを, セザンヌだ, ソハ, ダンテも, ヂヤズと, ハシは, ヘツルと, ヘーゲルにおいての, ヨジユムを, 一寸した, 一年でも, 一村限りで, 万葉びとの, 三時代前と, 上昇すれ, 下降すれ, 不気味にも, 世界中に, 主義真理の, 之を, 予が, 争ひ, 事に, 二人の, 京都の, 人物なりを, 人間の, 今や身投げ, 仏教徒などの, 他の, 仙人の, 仮令菰田源三郎, 仮粧蹈舞, 伯龍とかいふ, 何か, 何かの, 何ずれかの, 何処其処の, 余の, 作家の, 修辞上の, 個性及び, 僅かに, 僕自身も, 先にも, 其の儘, 其の土地, 其の翌日横浜行, 其以上の, 其意義から, 其本縁なる, 凡てを, 出づるものは, 刑事探偵が, 別になん, 別に作者, 前者は, 剣先の, 千九百十年位に, 千紫万紅色とりどりの, 卻つて事情の, 反対に, 右手の, 同じ理由, 名誉であり, 向うの, 善本を, 喧嘩好きの, 喫茶店なんかで, 單に, 夏の, 夏目漱石の, 外国奉行の, 外界と, 夜に, 天壇の, 天子が, 天気模様を, 天耳或は, 女が, 孝孺の, 宗教登山者に, 宮島新三郎の, 寝がけ, 対手を, 對手を, 少くも, 山師輩の, 島台の, 己が, 市井の, 帰朝の, 平仮名に, 床に, 康誥などの, 強き歌, 往々寄宿生, 往昔衆道の, 後に, 必ずしも各, 快適なる, 恋愛を, 恐らくは眠つて, 憎んでも, 手足の, 指先に, 探偵小説作家が, 教養とか, 数日間水浸しに, 新しい心, 既に公, 普通名詞の, 月を, 月曜日の, 未知の, 枕や, 柘榴と, 正しいこと, 正しい紙, 正當, 此一節は, 母が, 毛虫を, 水の, 氷の, 法律にも, 漸くその, 燃ゆる, 燕尾服を, 父自身が, 物知りぶりや, 獣にも, 珍世界の, 現に忘れられつ, 現実の, 理性の, 甚だしい發作, 田の神, 甲主義乙傾向の, 男性と, 畏敬といふか, 直接とも, 石で, 破風山でも, 祖父母達から, 私の, 精巧な, 素雲嗚尊は, 經文を, 美辞麗句奇抜であり, 肉食の, 胎毒散, 自ら兄とも, 自分で, 自分に, 自分一身の, 自動車で, 自己の, 自然に, 芝居の, 芝居裏の, 花屋仁左衛門に, 若冲の, 苦心の, 苦痛を以て, 萌え立つ若葉, 蓮華に, 虚榮空華の, 虚礼謙譲の, 衛生, 装幀だの, 見すぼらしいバラック, 見すぼらしいバラツク, 言つ, 詩的精神の, 豪奢を, 赤皮の, 趣味として, 身辺の, 逆に, 遅かりしか, 過去の, 道徳と, 酔うて, 重なり合い折れ朽, 重大の, 金忠の, 鉄筋コンクリイトの, 門を, 開いたまま, 間接に, 關聯せずし, 高原の, 鰥寡孤獨と

▼ 或はその~ (168, 1.7%)

3 ような

2 [12件] ために, 一部分としての, 上に, 中に, 人が, 前の, 動機と, 反対に, 外に, 外にも, 為か, 相対性原理の

1 [141件] ことが, ことだけを, ことの, ことを, ためである, ための, なかで, なかへ, ふところに, エロ, ヴアイス・ヴアサだ, 一つの, 一つ都会においてすら, 一部が, 三つの, 三つ共であろう, 上を, 下唇, 不思議な, 両方かも, 中から, 中の, 乱暴な, 二つの, 二三倍も, 代作である, 以上に, 以前から, 以前の, 以後までも, 住民を, 何の, 佚楽戯嬉の, 使用の, 信仰上に, 傲慢と, 價値を, 共同より, 内の, 凶行の, 前年末にも, 前後に, 前提と, 包めるところ何, 原因とも, 同伴者の, 名称から, 善悪正邪は, 噂を, 図太さ, 固定した, 姿態に, 子が, 子孫である, 存在の, 宗教といふ, 家族の, 富を, 屋根の, 左の, 当を, 形式が, 思想に, 恨を, 愛を, 愛情の, 所属学科として, 打開に, 批評の, 折解けかかっ, 故か, 敵と, 方が, 方の, 方面に, 時に, 時折の, 木村先生に, 本源地は, 機会に, 歴史的思想が, 河童は, 渦巻く煤煙, 潜在意識である, 為かも, 為に, 為には, 為めに, 状態から, 生命の, 生活に対して, 生育に, 病んで, 病気を, 発育に, 皮膚の, 瞬間彼は, 瞼の, 社会的行動への, 神祕を, 祟では, 科学的真理の, 種の, 窓のみを通して, 笄と, 第一条件, 筋違なる, 索強附会の, 細部に, 結果なりと, 縁を, 美しい葉, 羽淵に, 考へ方, 背後に, 脚色に, 荒凉という, 萠芽が, 蕪雑な, 行動を, 製作者に, 言葉を, 記事を以て, 証拠蒐集に, 試みの, 資産に, 起伏を, 身が, 追随の, 逆である, 遺書に対して, 部下の, 鑑賞を通して, 附属物として, 附近の, 集団生活の, 静かな, 音が, 頃筆者の, 類型に, 默許を

▼ 或はまた~ (161, 1.6%)

4 非常に 2 何も, 四季の, 社会の

1 [151件] ある時, うまく君達, かうした苦悩, かの四十面相, この赤温泉, これは, これを, そういう個々, その他に, その塚, その時代, その現われ, その系統, その論説, その部屋, その駄作, それに, それよりも, それらの, それを, それ以上に, そんなこと, もっと複雑, アポリネエルの, エジプトなどを, エモオションだ, クレイグの, サンギヨウスイギヨウとも, シュペングラーチザルツの, ジューマである, フランス国立劇場俳優団の, マデイラの, ルュニュ・ボオの, ロープにく, 一人の, 一介の, 一個の, 一夜に, 一層たち, 一度深き, 一方には, 一番与え, 一部人士の, 三十三までも, 上衣の, 不可思議な, 丘上の, 両つ, 両法共, 両菩薩, 之に, 之を, 人に, 人類の, 今まで, 他に, 他の, 他より, 伯龍とかいう, 何でも, 何にも, 僕自身の, 優れた外国劇, 先月の, 全く別, 別れの, 前に, 前者に, 前者は, 単に空想, 単調で, 反対に, 古代史研究の, 国民性を, 土地から, 地味に, 埒も, 堅気の, 外交にも, 大きな花, 天神様と, 女に, 小さい部族, 尾張守お, 希臘伝来の, 彼女の, 思ふ彼女, 恥づべき邪淫, 意外に, 我が家の, 戯曲の, 手なづけ, 敵国の, 文化性が, 文学に, 文書の, 新劇の, 日本料理の, 春日の, 更に別にその, 木に, 柱を, 樺や, 殺されし後三年, 殻と, 汽車か, 法悦と, 深山の, 焚火の, 父母を, 玉の井の, 珍異, 理由の, 生活と, 田植えの, 男の, 癩病患者癲疳持狂人鼻ツかけ, 眞珠に, 砦に, 祇園の, 私から, 私と, 突いて, 結婚如何に, 罪の, 胸肉は, 自分に, 自分の, 自分も, 自分一人で, 自分達だけで, 苦痛を以て, 藁繩の, 藥り, 蝕まれ行く青春, 衣掛け岩羽衣の, 西洋人の, 身寄りも, 迷信の, 追跡され, 酒飲みが, 金十錢の, 鍵を, 長崎の, 闘争そのもの享楽そのものかも, 青竹の, 頼朝は, 風に, 鯀の, 齲齒へ, 1穩健な

▼ 或はそれ~ (90, 0.9%)

5 に近い 2 が原因, を披露, を望んだ

1 [79件] から先, から十年餘, がうまく, が伯父, が個人, が嘗て, が実現, が彼, が彼女, が快, が癌, が目ざめかかった, が私, が英國人, こそ, こそ一糸, すらもまとい得ざる, すら手, だけしか話せない, だけでも彼女, だけで食糧問題, でい, で分つた, と共に印度, と殆, と気づかず, ならと, にひきずられる, によつて, によつて生活, に反対, に対して全く, に対する結び, に對, に續, に腰かけ, に達せずし, に重要さ, に類する, に類似, の中央, の出来た, の前提, の吐き出される, はあてはまらない, は一種, は倒錯, は多く, は既に, は身びいき, は遠い, への反撥, も別段, も私, も純白, より一二丁, より以上, より以前, より前, より少い, をさ, をしらず, をにはか, をやっ, を中心, を全く, を凌駕, を媒介, を弁別, を指導, を斥けた, を沸騰, を無力, を真に, を眺めなかったなら, を豫覺, を超えた, を通して種々, を首肯

▼ 或はこの~ (74, 0.7%)

2 事実を, 孤独に, 小蒸汽, 方が, 歌は, 部屋に

1 [62件] へんから, ま, ものが, 一例かも, 一行を, 三國古代の, 不満なる, 事件の, 二法の, 人の, 人を, 作者が, 作者の, 公開状の, 冬の, 副産物と, 北ゴリフを, 双眼も, 否定の, 問題に, 問題の, 国の, 国を, 型が, 城の, 場の, 大事な, 奪はれし, 女にも, 女性が, 左傳そのものの, 急所を, 悲劇的でない, 想像が, 所謂, 文章會で, 時の, 書の, 本能を, 桐の, 條例の, 歌が, 歌などから, 歌の, 水中に, 沼は, 混合に, 点やはり, 理由からかも, 眠気に, 空間に, 縁を, 者の, 自分に対し, 芝居の, 茨海小学校は, 裏に, 讀み人, 賢明なる, 辺の, 金を, 集を

▼ 或は~ (74, 0.7%)

8 れの 6 れを以て 3 を生んだ 2 は彼自身, れを, を徳川家康, を政界, を文武

1 [47件] が帰っ, が常に, が心, が眼, が衞, に自殺, のただ, のため, のプライヴエイト, の一種, の予想, の人生観, の儒門事親, の同胞, の天才, の婢, の想像通り夢, の文壇, の方, の書簡, の机, の槍, の牀, の英雄的手腕, の虚栄心, の言葉, の認識, の説く, の身, の鋭, は, はその, は老, は誇大, も自分, よりも雄大, を動かした, を取り, を圧制家, を壓制家, を憐れみ, を特別, を知つて, を越さん, を陰険, を陰險, を養う

▼ 或は~ (53, 0.5%)

2 に代る, れありしを, れと共に, れを

1 [45件] あれば, が秀子, と逆, と類似, に加, に區ぎり, に和す, に據, に烏丸, れなつかしき, れに, を, を中止, を事実, を人類, を以て彼, を以て我神功皇后, を以て早暁, を以て魏時代, を伝うる, を信ずる, を兄弟姉妹, を其人, を凌駕, を利用, を天地創造説, を夫婦, を失はん, を女神, を安, を忘れたる, を指した, を救濟的效能, を新定詩格, を欠かん, を民具, を目的點, を短縮, を突きやり, を衝撃, を見, を超越, を近づけ, を雷岳, を餘儀

▼ 或は~ (49, 0.5%)

12 うかも 10 ういふ 3 うした 2 ういふ風, う云, う言

1 [18件] いふあ, ういふ事, ういふ弱點, ういふ歌, ういふ生活, ういふ表現, ういふ運動, うする, うでないあれ, うでないかと, うでなくてか, うでなく別居, うでなく或, うでなければ, うでは, う呼ぶ, う疑, う考へる

▼ 或はこれ~ (42, 0.4%)

1 [42件] がこの, がため, が僕, が奇跡, が御製, が日本文, が最後, が自然的, が運命, こそ先生, だけ云え, だけ出せ, ではいけない, でまた, と逆, に代る, に似た, に優る, に新しい, に近き, は人知れず, は俗人, は東國, は私, も不幸, も室生, を一種, を以て隣家, を全然, を左街, を意味, を感ずる, を承諾, を援護, を球磨川, を疑う, を発見, を第, を縦, を變ずる, を買う, を駁議

▼ 或は自分~ (42, 0.4%)

2 がそんな, の家族

1 [38件] が人間一般, が幼い, が生活力, が起き, が非常, だけ残っ, でする, で作る, で馬, にもそんな, に固守, に独立的, のよう, の商, の嗅覺, の好き, の實子, の性欲的生活, の手, の持たぬ, の挫折, の旧作, の栄耀, の死, の生活, の眼, の親しい, の言葉, の記憶, の身, の體, は滞留三日, は滯留三日, は農業技術, より幾倍, を, を可笑しく, を批判

▼ 或は~ (41, 0.4%)

2 に何, に原因, の恐怖

1 [35件] からの刺戟, から流れこんだ, にする, にわけ, に何等, に影響, に慮る, に為, に逃げ場, に適当, のこと, の一部分, の二つ, の人, の何, の例, の助力, の原因, の器用, の地方, の多く, の専門学校, の形, の意, の或, の手紙, の景物, の石片, の神父, の藩主, より伝わりし, を励まし, 動物の, 種族の, 藩の

▼ 或は~ (41, 0.4%)

2 と同じ, の錯覚

1 [37件] がお, が書き間違えた, が甘やかし過ぎた, が身体, だけが別して, にいい, にこの, にとっても大, に代っ, のそんな, のため, のなか, のもの, の体, の幻覚, の斯, の方, の書齋, の気, の氣, の眼, の知ってる, の神経, の神経過敏, の良心, の襟, の見, の言葉, の顏付, は余りに, は到底, は喜ん, は後に, は生意気, もさう, をこれ, をし

▼ 或は~ (33, 0.3%)

2 に過

1 [31件] あっていうかも, から沢山, から聞いた, が見たら, となつ, に会, に告げ, に抱い, に有用, に知られない, の個性, の僕, の其大, の加, の妻, の姿, の牛, の病, の眼, の話, の運命, の髑髏, は性欲的刺戟, をし, をだます, を乘, を天上, を妬憎, を祷り殺す, を訪問, 或は出

▼ 或はもつ~ (32, 0.3%)

2 と前, と沢山

1 [28件] ことの, と, とある, とい, とそれ, とよく, と下らぬ, と不純, と古い, と古く, と古代, と外, と多く解題, と多勢, と天然, と後に, と後世, と捜したら, と早く, と本能的, と正確, と生まれた, と若, と若い, と華やか, と通俗的, と遠く, と閑地

▼ 或はそう~ (29, 0.3%)

9 かも知れない 2 かも知れぬ, かも知れません, であろう

1 [14件] かもしれない, かもしれぬ, かも知れなかった, だったかも, であったかも, であるかも, でないかという, でないかも, でなく僕, なったの, なって, なるでしょう, 云う白, 思えるほど

▼ 或は~ (29, 0.3%)

2 でもない

1 [27件] かが変る, かさう, かの事情, かの夢, かの末裔, かの機会, かの理由, かの研究, かの間違い, かを握り, かを読ん, か与, か御, か秘密結社, か考え事, か貴, か非, とし, にもいはない, にもつけない, にも感じなかった, にも據ら, の方面, の氣, も他, も起らなかった, を逃げ

▼ 或は全く~ (25, 0.2%)

1 [25件] しょげ返っただろうか, そこには, その境, の出たら, の自惚れ, の裸足, 三角形に, 之なき, 何一つは, 偶然の, 其等の, 別字, 別種な, 地の, 変更せられし, 想像の, 意志なき, 意義の, 拠るところ, 永久の, 洋風に, 無功徳, 無用な, 矛盾する, 虚心平気な

▼ 或はそれ以上~ (24, 0.2%)

2 の迫力

1 [22件] あること, あるといふ, であつ, とも見える, に, にこの, にも相, に在外公館, に支那人, に精神, に肝要, に進まない, に道理, に鏡, のもの, の勾配, の嗜好, の形式, の綿密, の觀念, も村中, 雇うこと

▼ 或は人間~ (23, 0.2%)

2 の自然

1 [21件] が有機體以上, にそれ, には全く, に疾病, の利慾心, の困窮, の大道, の天上, の心理, の戰, の文化, の本能的功名心, の生活, の知らない, は個立的, は死に, は食物, を, を以て以前, を精神的狂乱, 又は神

▼ 或は~ (22, 0.2%)

1 [22件] なる氣, なる流材, に世界, に其気, に其氣, に恐れある, に漢学, は壮大, ぴらに, 不幸と, 俗人の, 唐の, 學の, 將とかいふ, 將を, 山師の, 明神若しくは, 笠小笠と, 諸侯と, 部分を, 鏡の, 雷神は

▼ 或はもっと~ (20, 0.2%)

1 [20件] かも知れません, りっぱな, プライヴェートな, 以前から, 前から, 古いかも, 天然の, 悲惨な, 早くちょうど, 早く再び, 早く学問上, 早く宝亀年中, 時が, 本質的な, 正確に, 短かかった, 精確に, 精神的な, 近く村ソヴェトの, 餌物を

▼ 或は~ (20, 0.2%)

2 自分の

1 [18件] から五, から五六十万年, でも存在, に殘つて, の海寇, はまだ, までの知己, までの習慣, まで多く, まで見せず, も庶民, も纔, 一年廃学したる, 下じめといふ, 猶存, 現に妻, 迄の悪業邪慳, 鎔炉から

▼ 或は単に~ (20, 0.2%)

2 予の

1 [18件] お国自慢, その名物, 一個の, 一般的である, 印度日耳曼民族の, 古渡り, 可能的なる, 女房として, 念仏を, 恋愛が, 瞥見する, 米塩の, 臨終の, 自意識だ, 褒められすぎた駈けだしの, 鉱物学に, 鋼鉄が, 風俗とも

▼ 或は更に~ (20, 0.2%)

2 百年の, 道徳的な

1 [16件] その人自身それ, 不たしか, 他の, 写実的な, 古く脱落, 国民生活の, 小さなもの, 文明を, 最高記録の, 稀薄に, 細やかな, 興味ある, 衆を, 進んで, 限つて隼人種族と, 黄金の

▼ 或は~ (19, 0.2%)

3 の言葉 2 よりも第

1 [14件] か妻, になにか, に災い, のこと, の中, の先輩, の友だち, の如く, の幻影, の思い違い, の生涯, の詩, よりも勝つ, を岐路

▼ 或は既に~ (19, 0.2%)

1 [19件] その時, 中世期末に, 今日までの, 伝説に, 先住し, 入府し, 呪詞なく, 墳墓の, 姦夫である, 存せし日記, 巫女自身の, 愛情と, 死んで, 死語に, 瀕死の, 物の, 病褥に, 神の, 訳されて

▼ 或は寧ろ~ (18, 0.2%)

1 [18件] アナロギスティクは, ゲーテ的な, 住所と, 其人に, 喜んでさえ, 天文といふ, 夫が, 子を, 岩壁に, 思考の, 懷疑的傾向で, 戯作本流に, 折衷的な, 日本人以上である, 材料に, 登山口を, 私の, 笠ヶ岳の

▼ 或は~ (18, 0.2%)

2 お定ツ子, の途

1 [14件] かも知れぬ, くの, すたん, に完成, のあたり, の二篇, の室, の日暮頃, の月, の欠点, の派, の記事, より出でた, を取り

▼ 或は~ (17, 0.2%)

1 [17件] かつぱと言, わかりに, 久美さん一人位の, 信さんが, 勢も, 取りあげに, 杉婆に, 父様の, 白粉を, 相伴の, 筆が, 蝶さんが, 酌みとり下されよう, 酒の, 醫者さんから, 間違いが, 餅でも

▼ 或は~ (17, 0.2%)

4 うかも 2 らざるも, らず, らん 1 あらんか, うでないに, までをかしく, らずして, らむ然, 樣で, 樣では

▼ 或は高く~ (17, 0.2%)

10 或は低く 1 また低く, も四, 夜の, 小手を, 愛の, 或は, 笑ひぬ

▼ 或はもう~ (16, 0.2%)

2 列仙伝中の

1 [14件] すり変えられたかも, そこに, エキスパートでいらっしゃる, 一つ残っ, 一夏ぐらい, 一年前の, 今越えた, 会えないかも, 分って, 加藤の, 死んで, 老耄し果て, 送って, 附ける必要

▼ 或はあの~ (15, 0.1%)

2 伽藍を

1 [13件] ま, 中の, 亜米利加人も, 女と, 女に, 女を, 小屋担当の, 映畫, 曲者の, 海軍の, 竹垣の, 赤いやう, 青々と

▼ 或はそういう~ (15, 0.1%)

1 [15件] ことにも, ことの, 事を, 人々だけで, 作品は, 催しを, 出版インフレ時代の, 場合をも, 場所が, 思想に, 既にあった, 様々の, 永い昼間, 生活と, 見方の

▼ 或はそんな~ (15, 0.1%)

3 ことが 2 ものかも 1 ことで, ことは, ことを, ものの, 事情も, 原因だった, 男と, 評判が, 関係から, 風に

▼ 或は一人~ (15, 0.1%)

2 の女, 或は吉野

1 [11件] がはやり, で何等, と云つて, の, の人, の人物, の友人, の生きた, の老い, の評家, もゐない

▼ 或は其の~ (15, 0.1%)

1 [15件] 一膜を, 人の, 他の, 価値と, 凸凹を, 國の, 國語から, 欲する, 祖父様の, 程度で, 競争者と, 織物の, 表面を, 評判も, 議論の

▼ 或は多少~ (15, 0.1%)

1 [15件] それに, の, の危険さ, の増額, の好奇心, の学術的研究心, の淡紅色, の生ぬるい, の芸術家, の酸素, 事実を, 早計かも, 歴史的妥当性の, 認められても, 遲れた

▼ 或は自然~ (15, 0.1%)

1 [15件] そのま, と新た, と道徳, な成行, において啓示, に作り上げられた, に来, に脱皮, に表現, に迫り得る, に迫るべく, に逆, の印象, の黙契, は力

▼ 或はそこ~ (14, 0.1%)

1 [14件] で目立った, にある, にも見られる, にゐた, に到達, に暗喩, に欠陷, に潜ん, に空白, の八月, の物影, の電柱, へ行く摺れ交い, まで入り得られたら

▼ 或はその他~ (14, 0.1%)

1 [14件] には武官, の単一, の外国人, の数頁, の方法, の物, の理由, の異, の花鳥類, の資本主義諸国, の道, の野蛮, の雪, 如何なる惑星

▼ 或は低く~ (14, 0.1%)

2 ゆるやかに, 或は高く 1 上りつ下, 二羽か, 単調ながら, 右に, 唸るよう, 寐覚の, 床を, 満ち引き, 絶えずかちかち, 評価される

▼ 或は~ (14, 0.1%)

1 [14件] かと怪しまれた, がまだ, にて板, に拠つて, のよう, の上, の中, の名, の樹木, の水, の湖, の韓語, を廻り, を自分

▼ 或は偶然~ (13, 0.1%)

3 の機会 2 ではない 1 かも知れぬ, なこと, な事, な外界, に鶴岡事變, の形, の結果, ぶつかり合った別個

▼ 或は~ (13, 0.1%)

2 の代り

1 [11件] かも知れない, でなかつたかさ, になっ, のみの遊戯, の人, の体, の周圍, の方, の貴い, の顔, を見せ

▼ 或は~ (13, 0.1%)

1 [13件] なる力, に赴き, らしい人間ども, らしい抒情詩, らしく起つこと, 傾向の, 古今式な, 嘗といふ, 宗派の, 徴組抔と, 時代と, 用語を, 體詩に

▼ 或は直ちに~ (13, 0.1%)

8 身を 1 三國志に, 医者の, 水面より, 英米の, 領地を

▼ 或は~ (13, 0.1%)

1 [13件] から幸, が其木, と呼ばれる, なる人, に奉り, に扮, の啓示, の国, の天, の恩恵, の象徴, の資格, の足

▼ 或は二人~ (12, 0.1%)

1 [12件] とも同棲生活, とも死んだ, に一人, の乗務員, の仲間, の処女, の女, の恋愛描写, の男, の間, の頭脳, 或幸運

▼ 或は彼女~ (12, 0.1%)

2 の財産 1 がどんな, にある, の夢み, の夢みつ, の弟, の熱, の鼻, はおれ, はカチューシャ, は酔いつぶれ

▼ 或は~ (12, 0.1%)

2 になっ 1 から声, に受けた, に引く, に從ひつ, に誰, の, の世, の指紋, の方, 漢紀の

▼ 或は~ (12, 0.1%)

1 [12件] 思慮にも, 意的有意的を以て, 政府主義者の, 智, 智が, 智不, 根拠なる, 考の, 邪氣なる, 関心であっ, 関心を, 頓着が

▼ 或はまだ~ (11, 0.1%)

1 [11件] お気づきに, 今頃は, 可い加減, 学生生活を, 恭一自身の, 日本文学であり, 東海道の, 竹内が, 自分が, 著手しない, 酔ってるの

▼ 或は~ (11, 0.1%)

1 [11件] く清正妻, ひやう, ひ方, ふ, ふだらう, ふもの, ふ天守櫓, ふ打擲, ふ此中, ふ處, へない

▼ 或は其以前~ (11, 0.1%)

1 [11件] からも, から日本人, にさう, にさかのぼっ, にも旗, に吾, に溯, の此語, の生活, の祖先, 既にわからぬ

▼ 或は同じ~ (11, 0.1%)

2 事かも 1 ことの, ように, 土地と, 寺の, 屋敷の, 方面へ, 日本人である, 程な, 種類では

▼ 或は~ (11, 0.1%)

2 く分明 1 亜細亜の, 供などには, 兒を, 或は大, 楢俣を, 舎人の, 舎人童と, 虫を, 麥などから

▼ 或は少し~ (11, 0.1%)

1 [11件] ずつ歌, めづらしい, 呆けてる, 変かも, 度の, 強すぎる, 感じた通り, 言ひ過ぎ, 許り, 變つて宗教の, 過ぎて

▼ 或は~ (11, 0.1%)

1 [11件] から黒木立, と師匠, に多く, に大小様々, に或は, に時には, の方, の書斎, の書齋, の眼, へと打寄せ揉み返す

▼ 或は日本~ (11, 0.1%)

1 [11件] が行く行く, でも暖國地方, と密接, には帝国議会, に在る, に於ける, の侍, の国体, の文士, を問題, 或は支那

▼ 或は自殺~ (11, 0.1%)

4 しないで 1 かも知れない, した, し其統率者, せる者, らしいと, をも仕兼ねないだろう, を行

▼ 或は~ (11, 0.1%)

1 [11件] かに書かせ, かの単なる, かの拵えた, かを庇っ, か其側, か来, なる人, も知つて, も知ッ, よりも先, よりも深く

▼ 或は~ (11, 0.1%)

2 の夜 1 かと気, で仆, によつて崩壞, に対する物忌み, の日, ふらむことを, を止め, を祈り, を聴き

▼ 或はかう~ (10, 0.1%)

3 云ふ 1 いふかも, いふ日本の, いふ西洋の, した風が, 世間一般に, 云ふこ, 言ふ

▼ 或は~ (10, 0.1%)

4 に或は 1 から或は, のよう, の如く, へ或は, 同樣, 或は左

▼ 或は夜陰~ (10, 0.1%)

10 を以て小禽

▼ 或は~ (10, 0.1%)

1 か詣でたら, が家, となる, にはそんな, に侮られ, の手前, は私以上, も私, を厭う, を愛す

▼ 或は少く~ (10, 0.1%)

1 とも, とも一, とも十分, とも国家, とも快い, とも恋愛修養, とも文学, とも眼, とも藍色, も今

▼ 或は~ (10, 0.1%)

2 話の 1 一読も, 不審かも, 城内の, 気と, 父君にあたる, 田植神事に, 目に, 饌津と

▼ 或は~ (10, 0.1%)

3 条件の 1 る小さな, る観念, る觀念, 時代には, 村の, 種の, 點に

▼ 或は自己~ (10, 0.1%)

1 と自然, の一切, の健康, の権利, の生活現象, の祖先, の責任, より先進, を吹聴, を隠

▼ 或は説話~ (10, 0.1%)

1 が同様, が縁り, と相, に變化, のはじめ, の主題, の性質, は信仰, もしくは信仰等, を直ちに

▼ 或は~ (10, 0.1%)

3 を超越 1 かもしれない, の事, の元帥, の出せない, を塗る, を払っ, を貸し

▼ 或は~ (9, 0.1%)

2 人間は 1 あなたも, いたくといふ, の名, 余は, 斎部とも, 斯んな, 髯籠の

▼ 或は今日~ (9, 0.1%)

2 の午後 1 と同様, の余, の家庭説, の形, の朝鮮, の樣, の詩

▼ 或は~ (9, 0.1%)

1 が変つて, に腰うち, に近い, よりもつと, より下, より古い, れに, れ以上, 囲われて

▼ 或は~ (9, 0.1%)

1 からあつ, からこう, からのもの, にも, に行き, に述べた, の事件, の子, よりも何層倍

▼ 或は反対~ (9, 0.1%)

1 する, になるであらう, に地火神, に山名, に後者前者, に気持, の感, の説, ばかりする

▼ 或は~ (9, 0.1%)

2 に出し 1 づから之, にする, に慣れざる, の周圍, を以て数, を利く, を聞かぬ

▼ 或は~ (9, 0.1%)

2 ならん 1 なり濃いい, なり離れた, なるも, にし, 唯若し涙, 忌く, 慚く

▼ 或は~ (9, 0.1%)

2 を通じて霊界居住者 1 と手, に持つ, を取り, を掉, を清潔, を用, を離し

▼ 或は~ (9, 0.1%)

1 から學者, が種, であらう, の如き, は何, より先, れは, れ単に, を心よし子

▼ 或は最も~ (9, 0.1%)

1 ありふれて, よき食物, 便利な, 光栄ある, 多い報酬, 幸福だ, 文芸的な, 淺い, 高等なる

▼ 或は~ (9, 0.1%)

2 の柱 1 に供物, の上, ばさ, をかけ, をつけ, を消す, を避け

▼ 或は無意識~ (9, 0.1%)

2 の世界 1 であつ, であるかも, にこれ, に解釈, に追求, の海洋, を論じ

▼ 或は~ (9, 0.1%)

2 のもっ 1 がまだ, が女, が或, と女, になっ, に近い, の友人

▼ 或は~ (9, 0.1%)

3 に私 1 にいえ, に宗教観, に現代, に芸術, に苛政, 遇に

▼ 或はどう~ (8, 0.1%)

1 かと思います, でもいい, 云ふ, 答へても, 考えても, 言う男, 言ふ, 調和させ

▼ 或は一種~ (8, 0.1%)

1 のフリーメーソン的結社, の兆し, の商業政策, の批評家, の罪亡, の責任問題, の透徹力, の進化論

▼ 或は~ (8, 0.1%)

1 信仰者と, 合格を, 同意ならん, 必要に, 斷の, 深切さが, 變なるべし, 起訴として

▼ 或は作者~ (8, 0.1%)

1 が事柄, のなか, の俤, の命名, の好む, の時代履歴, の現実, はそういう

▼ 或は~ (8, 0.1%)

2 の内閣開放 1 が総理大臣, が總理大臣, のため, の病, を以て英国, を以て英國

▼ 或は~ (8, 0.1%)

1 一人でない, 一人物なるべき, 國西臼杵郡の, 性質の, 接に, 樣で, 病者の, 種類の

▼ 或は地方~ (8, 0.1%)

2 の豪紳, を遊説 1 で有名, の有力者, の物産等, の神主

▼ 或は子供~ (8, 0.1%)

1 と云, と大人, におしっこ, のため, の成績, の間, をも, を戦線

▼ 或は~ (8, 0.1%)

1 に秘め, の丈, の不, までも, やさしい人, を外, を苦め, 驕ってたに

▼ 或は~ (8, 0.1%)

1 からの誕生, せるが, であったからかも, であつ, に至る, ぬるため, の床, よりも劣れる

▼ 或は~ (8, 0.1%)

1 が代っ, が既に, が給べさせなかった, とも姉たち, と妹, の方, の言葉, の関係

▼ 或は~ (8, 0.1%)

1 がつかず, がつかなかった, が付い, が向いた, にしない, に入る, のせい, の利いた

▼ 或は沼田~ (8, 0.1%)

8 に至り

▼ 或は~ (8, 0.1%)

2 のあなた 1 に入っ, に通ずる, の沙, の神, へ逐, を渡つて

▼ 或は~ (8, 0.1%)

1 と金, の鋒, までも朱色, を打ち合せ, を投げ, を投げ付けし, を抛ち, を拾う

▼ 或は非常~ (8, 0.1%)

1 によい, に多額, に深い, に科学的, に警戒, に近い, に重き, の不

▼ 或は~ (8, 0.1%)

2 の上, の中 1 からはひつ, に力強く, のいい, の鈍い

▼ 或はおれ~ (7, 0.1%)

3 よりも嗜きだつた 1 と彼女, よりも上手, よりも嗜, より嗜きだつた

▼ 或はもう少し~ (7, 0.1%)

1 おとなしい子供, 之を, 先き, 前から, 彼の, 濃やかな, 若いか

▼ 或は~ (7, 0.1%)

1 と思い, の問題, も二, を示し, 堆の, 寝入した後, 群だつたので

▼ 或は一方~ (7, 0.1%)

1 がその, の年越, の愛, の為, の爲, を男神, 的な

▼ 或は不幸~ (7, 0.1%)

3 にし 2 にと申した 1 にはあらずし, にもいつか4

▼ 或は事実~ (7, 0.1%)

1 か, かも知れぬ, であらう, でないの, として現, に相違, の間違

▼ 或は他人~ (7, 0.1%)

1 が書いた, にさう, の娘, の家, の著作権, の語中, を凌駕

▼ 或は何等~ (7, 0.1%)

1 かの因果律, かの堤防, かの方法, かの秘密, かの自己弁護, かの解決, の影響

▼ 或は余りに~ (7, 0.1%)

1 ありすぎて, 卑俗な, 粗暴な, 自己を, 静止的である, 頓馬だ, 頭が

▼ 或は~ (7, 0.1%)

1 により或は, のあつ, の他, の及ば, の重複, を欠い, を直接

▼ 或は動物~ (7, 0.1%)

1 だとか, と等しき, になつ, の如く, の如くなる, の如し, の性質

▼ 或は~ (7, 0.1%)

1 による事業, の中, の方, の竈近く, の貧富その他, をわすれ, を焼かれ

▼ 或は彼等~ (7, 0.1%)

1 と知り合い, に向く, の孤立, の模倣, の群, は神国日本, よりも逞しい

▼ 或は彼自身~ (7, 0.1%)

2 に対する心理的興味 1 が云っ, すらうつ, の一面, の画壇的, の魂

▼ 或は~ (7, 0.1%)

2 よりも憐, よりも憐憫 1 の歓び, の男神, 賞すべく或は

▼ 或は~ (7, 0.1%)

3 らに 2 なきに 1 あること, ら理解しよう

▼ 或は故意~ (7, 0.1%)

1 と聞こえない, と閉めず, に, にした, に投げ落した, に無, に自分

▼ 或は曰く是~ (7, 0.1%)

2 れ侯, れ大隈板垣 1 れ卷土, れ巻土重来, れ韓非

▼ 或は~ (7, 0.1%)

2 を以て市長 1 が実質上大, が實質上大, の人間観, の神, を立身伝中

▼ 或は現在~ (7, 0.1%)

2 の日本語 1 でも脚光, に於い, のブルジョア作家, の中華民國, の生活

▼ 或は~ (7, 0.1%)

1 がそれほど, と耳, の前, の記憶, を閉じ, を開い, 覚めながら

▼ 或は~ (7, 0.1%)

2 く進歩自由 1 く他人, く数, はざりしならん, をドン底, を普及

▼ 或は~ (7, 0.1%)

1 からその, 刄し, 弔の, 欺より, 死して, 知の, 覺せず

▼ 或は芸術~ (7, 0.1%)

1 がない, とかいふ問題, として広い, となる, はそこ, を守り育てる, を愛する

▼ 或は~ (7, 0.1%)

1 に發, はせると, ひ得るであらう, ひ或は, ふ人, を大, を発し

▼ 或は近く~ (7, 0.1%)

2 或は遠く 1 から眺めるべき, で大砲, に起つ, の所, の料理店

▼ 或は~ (7, 0.1%)

2 器が 1 か, なるやを, 器のみとも, 文化的である, 映畫的

▼ 或はある~ (6, 0.1%)

2 かなき 1 かもしれません, 変化が, 意味から, 時に

▼ 或はただ~ (6, 0.1%)

1 の寧ろ, の贋物, 俺一人の, 彼の, 眺めたやう, 茫然と

▼ 或はどの~ (6, 0.1%)

3 様な 1 ような, 方面かへ, 程度までしか

▼ 或はむしろ~ (6, 0.1%)

1 人は, 兩將を, 女郎買いの, 左にか, 恠しむ, 政治否定の

▼ 或はより~ (6, 0.1%)

2 以上の 1 よい事実, 以上大きな, 性欲的な, 正確に

▼ 或は一つ~ (6, 0.1%)

1 のこと, の仏, の流れ, の肉体, の要素, も見当らない

▼ 或は一般~ (6, 0.1%)

1 に妖怪, に神話, に称し, の性生活, の武士社会, の識者

▼ 或は二つ~ (6, 0.1%)

2 の優しい, の情願 1 にし, の形

▼ 或は京都~ (6, 0.1%)

1 からの脱走, で生活難, と云, の一般, の周囲十二, より之

▼ 或は何処~ (6, 0.1%)

2 かの田園 1 かの無, から差, か他, へも抜けられず

▼ 或は~ (6, 0.1%)

2 西洋人の 1 い空明, の字, 一晝夜を通じて, 将来への

▼ 或は全然~ (6, 0.1%)

1 そういう都合, の仮作, 反対の, 只で, 無いか, 芸術の

▼ 或は~ (6, 0.1%)

1 古典的な, 時間一時間ぐらいも, 洋或は, 焦に, 羊神に, 裸体の

▼ 或は外国~ (6, 0.1%)

1 とまで言, にいつた, にゐた, に行き, の書, の模倣

▼ 或は~ (6, 0.1%)

2 と地 1 と交通, を仰い, を仰ぎ, を此土

▼ 或は幾分~ (6, 0.1%)

1 かが雇主, か皮膚, の真理, の訂正, 之ありしや, 趣味の

▼ 或は支那~ (6, 0.1%)

1 で天, のクリスト, の事, の動植物, の國民性支那文化, を黄禍

▼ 或は文学~ (6, 0.1%)

1 がない, における芸術性, に初, に致しまし, を娯楽物化, を顧みる

▼ 或は日本人~ (6, 0.1%)

1 が土匪, としての現代, としての解り, とドイツ人, の爲, は風呂

▼ 或は時代~ (6, 0.1%)

1 から全く, がまだそれほど, である, と共に分, の大勢, は我国

▼ 或は殆ど~ (6, 0.1%)

1 そういうもの, 全部なく, 副産物の, 加は, 無かつ, 絶無と

▼ 或は民族~ (6, 0.1%)

1 といふやう, によっていろいろ, に就, の中, の問題, の気象的説察

▼ 或は演劇~ (6, 0.1%)

1 とはという定義, とはなんぞや, に或は, の現代性, の革新, は綜合芸術

▼ 或は無意識的~ (6, 0.1%)

1 な過去, にせよ, にその, に創りあげた, に治者, に野狐

▼ 或は~ (6, 0.1%)

1 と看做し, を整理, を書く, を表, 或は人, 粗なる

▼ 或は生活~ (6, 0.1%)

2 とこれ 1 から咲き出た, といふもの, に大きな, の仕方

▼ 或は~ (6, 0.1%)

2 の高い 1 からぶら下っ, から来る, な苦しみ, にも星

▼ 或は空想~ (6, 0.1%)

2 かも知れない, の泡沫 1 して, だけで終る

▼ 或は~ (6, 0.1%)

2 二の 1 一日の, 三句までは, 六世紀の, 十九世紀の

▼ 或は~ (6, 0.1%)

1 にまつたく, を売れる, を外, を殺したる, を苦め, 振で

▼ 或は音楽~ (6, 0.1%)

2 の作曲 1 として或は, とはこういう, に於, また或は文学

▼ 或は~ (6, 0.1%)

1 がなく, と雪, のため, の方向, もあり, 或は雨

▼ 或はここ~ (5, 0.0%)

1 ぞと思う, で海面, にこういう, に管, に過

▼ 或はどこ~ (5, 0.0%)

1 かに動いた, かに勤め, かに製作費, かの細君, か遠く

▼ 或は一定~ (5, 0.0%)

1 のこと, の信念, の祭祀, の範囲, の部分

▼ 或は一日~ (5, 0.0%)

1 で小沢岳, に立ちます, の授業, や二日位, 乃至五日

▼ 或は一時~ (5, 0.0%)

1 にもせよ, の酔興, も早く, 止むこと, 高声念仏

▼ 或は七年以前~ (5, 0.0%)

5 なるべし

▼ 或は位置~ (5, 0.0%)

1 の事, の高い, を変換, を換え, を表

▼ 或は俳優~ (5, 0.0%)

1 の仕事, の方, は平生自分, を希望, を志し

▼ 或は兄弟~ (5, 0.0%)

1 が揃つて入院, であったとも, なりに国民, の名, を殺す

▼ 或は其処~ (5, 0.0%)

3 を見おろす 1 の地形, まで母

▼ 或は其處~ (5, 0.0%)

2 を見おろす 1 にある, の山々, まで行く

▼ 或は其間~ (5, 0.0%)

1 に在る, に存, に支那, に自殺, の聖地礼拝

▼ 或は~ (5, 0.0%)

2 對の 1 宗教に, 對に, 政府軍とも

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 にアイヌ, に一行一句, に巴里コンミユン, に彈丸, に荒栲

▼ 或は~ (5, 0.0%)

2 が非, と非 1 のみとも觀

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 に埋没, に臥し, の形, の文, を捨て

▼ 或は~ (5, 0.0%)

2 の中 1 かも知れぬ, となり, に説く

▼ 或は完全~ (5, 0.0%)

2 に近い 1 な自律性, に幾きものあらむ, に自分たち

▼ 或は宗教~ (5, 0.0%)

1 と云, のみによつて養, の力, の形, の萠芽

▼ 或は強く~ (5, 0.0%)

3 或は弱く 1 繃帯を, 繃帶を

▼ 或は当時~ (5, 0.0%)

1 に至る, のもの, の緊張, の語, も

▼ 或は~ (5, 0.0%)

2 に或は 1 に不慣れ, 奔遂に, 角度に

▼ 或は恐る~ (5, 0.0%)

2 終に述作 1 之れ, 天下を, 黄面の

▼ 或は~ (5, 0.0%)

5 ふに

▼ 或は想像~ (5, 0.0%)

1 がもたらされました, されたの, の上, を立てる, 出来るの

▼ 或は意味~ (5, 0.0%)

2 を成し 1 ある現象, が違ってる, のない

▼ 或は意識~ (5, 0.0%)

1 させられた, しては, によつて, の流れ, 及び其の

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 が棲む, れを, を亡さばトロイア人, を偵察, を識

▼ 或は戦争~ (5, 0.0%)

1 が遂行, に巻きこまれぬ, の場合, の結果, を上

▼ 或は政府~ (5, 0.0%)

1 でやる, に通告, の当局者, の從來社會教育, の當局

▼ 或は文字~ (5, 0.0%)

1 が一般普通, によつて思想, の統一, を以て思想, を媒介

▼ 或は新た~ (5, 0.0%)

1 な作品, な噂, な発展, に湧出, に生れた

▼ 或は早く~ (5, 0.0%)

1 もあの, も小麦色, 寂照に, 或は遅く, 疲弊し尽し

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 にかくれつ, の根元, を切られ, を摩り合せ, を植

▼ 或は~ (5, 0.0%)

2 完成の 1 完成, 完成さが, 発達筋肉の

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 のどっか, の式日, の橋ぎわ, の農家, や町

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 に入り, の御, は一滴, を渉, 汲み或は

▼ 或は滑稽~ (5, 0.0%)

1 な, に卓然, に堕ちる, に見える, に見えるであらう

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 其余類が, 太人である, 太説話の, 生けるか, 高く東京劇場

▼ 或は現代~ (5, 0.0%)

1 の文学, の生活, の社会的環境, の言語, を含めた

▼ 或は~ (5, 0.0%)

2 の島 1 に縹色, に輝く, をさした

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 だけ乳, につく, のそれ, をとも云, を垂れ

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 ぐらいまで或は, の透く, をしめつけられ, をふくらませ, を刺そう

▼ 或は~ (5, 0.0%)

2 を異に 1 ゆやと, 得とから, 遁が

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 となっ, と呼ばれる, の又, の喪, を相手

▼ 或は貴方~ (5, 0.0%)

2 の意見 1 がお, のおっしゃる, も知らない

▼ 或は貴族~ (5, 0.0%)

2 に仕へ 1 が政権, の感情, の随身

▼ 或は遠く~ (5, 0.0%)

2 或は近く 1 ごろ, の遠く, へ運ばれる

▼ 或は間接~ (5, 0.0%)

1 にアラビヤ人, に他, に神話学, に肉体, の発表

▼ 或は~ (5, 0.0%)

1 というの, 嶽の, 氣壓に, 皇産霊神を, 蹈派の

▼ 或はああ~ (4, 0.0%)

1 いう風, もする, 云う気象, 云ふも

▼ 或はあなた~ (4, 0.0%)

1 から来, にはお, のさ, を横

▼ 或はいろいろ~ (4, 0.0%)

1 とある, な教養, な疑い, の時期

▼ 或はおも~ (4, 0.0%)

4 ふに

▼ 或はこんな~ (4, 0.0%)

1 ものだらう, 例などが, 処に, 見事な

▼ 或はそれら~ (4, 0.0%)

2 の人々 1 のこと, の過去

▼ 或はわたくし~ (4, 0.0%)

1 に教, のうち, は初, も早晩

▼ 或は一切~ (4, 0.0%)

1 の政党, の政黨, を失う, を得る

▼ 或は一層~ (4, 0.0%)

1 シエクスピイア的かも, 大胆に, 早い, 當を

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 に介在, の下位, の猫, 臣の

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 て改定, て筑紫, て舛, て革命

▼ 或は伝説~ (4, 0.0%)

2 などの合理化 1 でもあ, の義

▼ 或は~ (4, 0.0%)

2 の平生 1 の耳学, の耳學

▼ 或は作家~ (4, 0.0%)

1 というもの, の人となり, の心, の流派

▼ 或は僕等~ (4, 0.0%)

1 には寧ろ, の子孫たち, の言, の言う

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 きに, に普通選挙法, に死, に進み行け

▼ 或は先生~ (4, 0.0%)

1 にはあれ, の氣, の選, らしさと

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 が既成政党, が既成政黨, けに或は, の歓心

▼ 或は~ (4, 0.0%)

2 來る 1 來上つてから, 來事として

▼ 或は初め~ (4, 0.0%)

2 から詩語 1 から知り, から社会上

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 かわれ, のこと, のもの, 系統の

▼ 或は~ (4, 0.0%)

2 てその 1 て筆, て順序

▼ 或は却って~ (4, 0.0%)

1 いい結果, 地道に, 孔子の, 将来松本氏にとっては

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 より其の, 仏の, 活用が, 玩を

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 の子, は普通, は若しも, を法廷

▼ 或は喜び~ (4, 0.0%)

1 或は怒り, 或は悲, 或は悲しむ, 灯に

▼ 或は国家~ (4, 0.0%)

1 に功, に害, のため, の急

▼ 或は国民~ (4, 0.0%)

1 が好戦的, のそれぞれ, の教養節度, の窮乏

▼ 或は地上~ (4, 0.0%)

1 でたべる, のもの, の或, の落葉

▼ 或は墨子~ (4, 0.0%)

1 の偏愛, の弟子, の死後, の言

▼ 或は多く~ (4, 0.0%)

1 の材料, の模範村, の男, の社会

▼ 或は大きく~ (4, 0.0%)

2 朦乎と 1 ふるへる, 或は小さく

▼ 或は大きな~ (4, 0.0%)

1 かたまりで売るの, 広い森, 廻り道を, 船を

▼ 或は大学~ (4, 0.0%)

1 の卒業生, の教授, の研究室, を辞める

▼ 或は~ (4, 0.0%)

2 に子, を置い

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 となる, を生む, 夏の, 韻でをは

▼ 或は学校~ (4, 0.0%)

2 に行く 1 の教師, をとうに

▼ 或は學者~ (4, 0.0%)

1 の力, の如く, の間, の非難

▼ 或は官吏~ (4, 0.0%)

1 が威張る, などというもの, などと云, のなか

▼ 或は宮廷~ (4, 0.0%)

1 などの資料, に入ろう, の指令, の領分

▼ 或は富豪~ (4, 0.0%)

1 が横暴, の息子, を脅かし, 或は紳商

▼ 或は小学校~ (4, 0.0%)

1 で自然界, の児童, の裏, を卒業

▼ 或は思ふ~ (4, 0.0%)

1 に之二者, に仲禎, に茶番, に逍遙子

▼ 或は恋愛~ (4, 0.0%)

2 の為め 1 において不幸, の実感

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 に關, を寄, を狭く, を狹くし

▼ 或は感情~ (4, 0.0%)

1 のリズミカル, の中, の高, を害した

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 たるベ, と鬪, に対して和, の衆列

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 からのもの, からの由緒, し有, し脚下

▼ 或は時として~ (4, 0.0%)

1 それ以上に, は神, リリシズムを, 又戰

▼ 或は曰く彼~ (4, 0.0%)

2 れの, れは

▼ 或は最初~ (4, 0.0%)

1 に新立, の危機, の文化的, は無給

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 に二度位, のある, の女神, をおき

▼ 或は未来~ (4, 0.0%)

1 の勝利, の彼, の期待, の生活

▼ 或は本当~ (4, 0.0%)

1 かとも思った, かも知れない, と思込ん, の新聞

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 の葉擦れ, を剪, を折つて敵, を拗り

▼ 或は榛軒~ (4, 0.0%)

1 が講師, はこれ, は初, は前

▼ 或は正しい~ (4, 0.0%)

1 かもしれん, 政治理念の, 表現と, 見解も

▼ 或は此人~ (4, 0.0%)

3 ではなから 1 の時

▼ 或は歴史地理~ (4, 0.0%)

4 の説明

▼ 或は無理~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, からぬ, のない, も無い

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 が家庭内, と母, の兄, を又は

▼ 或は特に~ (4, 0.0%)

1 依頼し, 利を, 日本人に, 歌舞妓狂言

▼ 或は犯人~ (4, 0.0%)

1 が殺意, の片, はその, は予め

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 が悪者, でもかかった, の姿, の耳

▼ 或は現実~ (4, 0.0%)

1 に対する吾, の認識, を全く, を唱

▼ 或は生命~ (4, 0.0%)

2 なき瘠土 1 というべき, のない

▼ 或は生涯~ (4, 0.0%)

1 によつて, の願, 通じっこないかも, 通じつこないかも

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 つてゐる, るあるは, 民族と, 香を

▼ 或は病気~ (4, 0.0%)

1 ではない, に対する理解, のため, も早く

▼ 或は病院~ (4, 0.0%)

2 に行く 1 の生活, を思ひ

▼ 或は~ (4, 0.0%)

2 のテント 1 といふところ, 或は赤い

▼ 或は社会~ (4, 0.0%)

1 の改造, の文学的教養, を見る, を越えられなかつた

▼ 或は種々~ (4, 0.0%)

1 な専門的, の學術, の思想, の法律

▼ 或は精霊~ (4, 0.0%)

1 から成り, と言, の所在, の拠つて復活

▼ 或は経済的~ (4, 0.0%)

1 な, な或は, にも成功者, に如何

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 の訓, へさせる, へなけれ, へ或は

▼ 或は自ら~ (4, 0.0%)

1 すでに神的, するをを, 去りたるにても, 追ん

▼ 或は興味~ (4, 0.0%)

1 がお, が多い, のお, はもて

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 のあたり, はしぼみ, を弄ぶ, 咲くもの

▼ 或は西洋~ (4, 0.0%)

1 に於ける, に行っ, の作家, 臭くない

▼ 或は言葉~ (4, 0.0%)

1 が不, が常, の上, を換

▼ 或は訓練~ (4, 0.0%)

4 の足りない

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 の解釋, は霊魂, を作る, を書き

▼ 或は誤り~ (4, 0.0%)

2 て不 1 て陷, に気づく

▼ 或は説明~ (4, 0.0%)

1 であるの, を与え, を与ふる, を求めれ

▼ 或は諸君~ (4, 0.0%)

2 の幸福 1 の名, もそうした

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 に故障, の下, を傷つい, を取り

▼ 或は途中~ (4, 0.0%)

1 から鶏冠谷, で仲間, で止まり, で買食い

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 おちて, と溢れ, に伏す, の草紙

▼ 或は高い~ (4, 0.0%)

1 ものであっ, 声低い, 所から, 雄蕋

▼ 或は~ (4, 0.0%)

1 で何, に濡れ, の頭, を抹殺

▼ 或はいい~ (3, 0.0%)

1 ことでしょう, 喜劇が, 映画という

▼ 或はいう~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, 人が, 王政維新の

▼ 或はかく~ (3, 0.0%)

1 の如き, 作りし者, 考えた方

▼ 或はこう~ (3, 0.0%)

1 まで西洋, もする, 云う踊り方

▼ 或はこういう~ (3, 0.0%)

1 ところに, ものだった, 云い方

▼ 或はことに~ (3, 0.0%)

3 よると

▼ 或はずつと~ (3, 0.0%)

1 辛抱の, 隠者を, 高く歌舞伎座

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 は汝, ほどの依る, を減ず

▼ 或はそうした~ (3, 0.0%)

1 感情の, 折ゆえ大殿の, 者なら

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 だしを, のに何, むちわけなど言ふ

▼ 或はほか~ (3, 0.0%)

2 ひ人 1 の病気

▼ 或はよく~ (3, 0.0%)

1 ないこと, なる才能, わからない迷惑感

▼ 或はアカイア~ (3, 0.0%)

21 の軍

▼ 或はクリスト~ (3, 0.0%)

1 には第, の中, の母

▼ 或は一個~ (3, 0.0%)

1 の人文神, の兵士, の説話

▼ 或は一本~ (3, 0.0%)

1 の細き, の縄, の藁

▼ 或は一歩~ (3, 0.0%)

1 の差, を進め, 退いて

▼ 或は一生~ (3, 0.0%)

1 の間, を通じてこの, 尋ねて

▼ 或は一見~ (3, 0.0%)

2 して 1 した所

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 と區分, の屍, の死骸

▼ 或は万葉集~ (3, 0.0%)

1 に接し, の古い, を代表

▼ 或は三人~ (3, 0.0%)

1 ずつ或は, の人間, 出るところ

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 から一枚, つて山田耕筰の, に見え

▼ 或は不可能~ (3, 0.0%)

1 であるかも, に近い, のやう

▼ 或は不思議~ (3, 0.0%)

1 なランプ, の解決, を解決

▼ 或は世の中~ (3, 0.0%)

1 の人, の推移, を見

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 つながら, 地の, 者共に

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 なるメンバア, 體の, 體自らに

▼ 或は主人~ (3, 0.0%)

1 が何, の急, の身代り

▼ 或は~ (3, 0.0%)

2 による 1 に依

▼ 或は事實~ (3, 0.0%)

1 が先, であり從つて實, に於

▼ 或は~ (3, 0.0%)

2 の橋 1 という説

▼ 或は人工的~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 な神秘主義

▼ 或は人形~ (3, 0.0%)

1 が伴う, のよう, を予期

▼ 或は人物~ (3, 0.0%)

1 のテーマ, の着物, を黜陟

▼ 或は今頃~ (3, 0.0%)

1 すでに自由, はあの, は腰

▼ 或は仕事~ (3, 0.0%)

1 の上, をし, を見

▼ 或は以上~ (3, 0.0%)

1 に何, の専門的知識, の生活

▼ 或は何事~ (3, 0.0%)

1 にも冷やか, も大, も無かっ

▼ 或は信仰~ (3, 0.0%)

1 と或, の発表, を得る

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 の運命, は今, を生命

▼ 或は僅か~ (3, 0.0%)

1 であるかも, に開き, の神

▼ 或は其人~ (3, 0.0%)

1 が病氣, ではなから, にはあらずや

▼ 或は其他~ (3, 0.0%)

1 の各地, の機械, の浄瑠璃座

▼ 或は凝る~ (3, 0.0%)

1 氣の, 氣を, 氣等の

▼ 或は出来ない~ (3, 0.0%)

2 とも限らない 1 には限らない

▼ 或は切腹~ (3, 0.0%)

2 する座敷 1 したに

▼ 或は創作~ (3, 0.0%)

2 の余暇 1 とがしっくり

▼ 或は努力~ (3, 0.0%)

1 が必然, しても, すれば

▼ 或は半ば~ (3, 0.0%)

2 は自由意志 1 削げ或は

▼ 或は南方~ (3, 0.0%)

1 の強烈, の野, へ探検

▼ 或は単なる~ (3, 0.0%)

1 処しかたでも, 権力欲か, 理想として

▼ 或は印度~ (3, 0.0%)

1 で云, と云い, よりかの

▼ 或は双方~ (3, 0.0%)

1 のしかして, の意見, の重要

▼ 或は叙事詩~ (3, 0.0%)

1 から出, が, を唱

▼ 或は古く~ (3, 0.0%)

1 から傳, から存在, 或は新しく

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 処の, 図編者の, 民族に

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 する処, はぬ, ひ或

▼ 或は同一~ (3, 0.0%)

1 の事實, の人物, の理由

▼ 或は君等~ (3, 0.0%)

2 の何れ 1 の内

▼ 或は商人~ (3, 0.0%)

1 になつ, のごとき, の型

▼ 或は善悪~ (3, 0.0%)

2 を分たぬ 1 と云

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に於, の古代史, の名

▼ 或は場合~ (3, 0.0%)

1 によっては非常, に於, や地方

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 で食事, より何者, を見た

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 或は少, 衆の, 計代だけは

▼ 或は大半~ (3, 0.0%)

2 と云つて 1 と云っ

▼ 或は天上~ (3, 0.0%)

1 にて罪, に於, の仙女

▼ 或は天皇~ (3, 0.0%)

1 がもっと, と書い, もただ

▼ 或は失礼~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, ながら貴方, なこと

▼ 或は女性~ (3, 0.0%)

1 に逢, の映像, 見る如く我

▼ 或は妖怪~ (3, 0.0%)

2 の書き方 1 にもいろいろ

▼ 或は妖艶~ (3, 0.0%)

2 の人魚 1 に或は

▼ 或は姿~ (3, 0.0%)

1 が好い, に魅力, をなさない

▼ 或は婦人~ (3, 0.0%)

1 が戸外百般, が漫, の場合

▼ 或は実際~ (3, 0.0%)

1 に近い, 別物かも, 居ないの

▼ 或は宣命~ (3, 0.0%)

1 といふもの, と言, の中

▼ 或は宿命~ (3, 0.0%)

1 とはその, について思索, 或は生死通

▼ 或は小さな~ (3, 0.0%)

1 包みを, 樹の, 歌謡を

▼ 或は小屋~ (3, 0.0%)

2 をかけ 1 の番人達

▼ 或は小説~ (3, 0.0%)

1 が, にもとめられ, をかく

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 であるに, 或は, 時子賛と

▼ 或は少なくとも~ (3, 0.0%)

1 この, 之を, 造船の

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 分類し, 巴志王に, 精密に

▼ 或は屡々~ (3, 0.0%)

2 大なる 1 豪遊し

▼ 或は山人~ (3, 0.0%)

1 の住み, の古来, を天狗

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 だと, であつ, の村

▼ 或は巫女~ (3, 0.0%)

1 の職業, の資格, を形

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 と同一, の信, れの

▼ 或は幸福~ (3, 0.0%)

1 だったかも, などとして表象, を完うし給

▼ 或は幾つ~ (3, 0.0%)

1 かある, もある, もの夢

▼ 或は弱く~ (3, 0.0%)

1 或は烈しく, 或は罵り, 曲ったり

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 ひて, ひられる, 勇に

▼ 或は当然~ (3, 0.0%)

1 あって, とされる, の所為

▼ 或は後代~ (3, 0.0%)

1 に現実, の男子たち, は名高く

▼ 或は従来~ (3, 0.0%)

1 のカラ手拳法, の不敬罪犯人, よりも

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に失望, の為め, をし

▼ 或は恐らく~ (3, 0.0%)

1 何事も, 朝倉先生を, 葡萄の

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 の一側, を長, 或は聖愛

▼ 或は意外~ (3, 0.0%)

1 な発見, の救助, の方向

▼ 或は手紙~ (3, 0.0%)

2 の筆 1 をよこす

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 へを以て人達, へ子, へ聞かす

▼ 或は教師~ (3, 0.0%)

1 の手内職, の質問, 或はどこ

▼ 或は教育~ (3, 0.0%)

1 とを屡々, なり政治, について

▼ 或は文学者~ (3, 0.0%)

1 の常, の超絶的, の道楽雑誌

▼ 或は新しい~ (3, 0.0%)

1 一作の, 牛乳や, 白木の

▼ 或は明るく~ (3, 0.0%)

3 或は暗く

▼ 或は明日~ (3, 0.0%)

1 から他行, でも答弁, の米代

▼ 或は映画~ (3, 0.0%)

1 というもの, なりになに, の本質

▼ 或は暗殺~ (3, 0.0%)

1 されるかも, など致し, を行

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に記し, の筆法, を読み

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 て台閣, て臺閣, て門下

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 つたかも, 意識に, 甲の

▼ 或は朝鮮~ (3, 0.0%)

1 から群, や日本内地, よりも劣つて

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 來戲曲らしい, 居宣長と, 統に

▼ 或は東京~ (3, 0.0%)

1 に或は, の趣味, より余計

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に因り, に民, に離れ

▼ 或は極めて~ (3, 0.0%)

1 つつましや, 平凡なる, 精神的な

▼ 或は極端~ (3, 0.0%)

2 なる法治主義 1 にいふなら

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に蟠り, の並行線數個, わり或は

▼ 或は~ (3, 0.0%)

2 の如く 1 號に

▼ 或は歌舞伎~ (3, 0.0%)

1 と云, の世界, の舞台

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 倉院御蔵の, 當かも, 硬である

▼ 或は此方~ (3, 0.0%)

2 の心 1 は男子用

▼ 或は此等~ (3, 0.0%)

1 の事情, の国々, を始

▼ 或は母親~ (3, 0.0%)

1 ともいい, に冒険, の身辺

▼ 或は~ (3, 0.0%)

3 を帥

▼ 或は永久~ (3, 0.0%)

1 に見込み, に開けない, に黙っ

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 の背, わが言, をヘクトール

▼ 或は河童~ (3, 0.0%)

1 が棲ん, の好物しりこだま, は皮膚組織

▼ 或は深く~ (3, 0.0%)

1 て五六里以内, 味ふ, 胸の

▼ 或は火消鳶人足~ (3, 0.0%)

3 おとつさん

▼ 或は無実~ (3, 0.0%)

2 の罪 1 の汚名

▼ 或は無視~ (3, 0.0%)

2 し或は 1 して

▼ 或は特別~ (3, 0.0%)

1 な社会, のお, の関係

▼ 或は理想~ (3, 0.0%)

1 といい, と現実, に近い

▼ 或は環境~ (3, 0.0%)

1 が然, によつて様々, や條件

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 のま, 來な, 命がけな

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 の角, へ賣り, 住みして

▼ 或は疑ひ~ (3, 0.0%)

1 を, を抱く, 或は惑

▼ 或は発狂~ (3, 0.0%)

1 し自殺, するの, せしめて

▼ 或は皮肉~ (3, 0.0%)

1 と考えられる, に立入り, 或は悲痛

▼ 或は~ (3, 0.0%)

2 が無くっ 1 の前

▼ 或は盲目~ (3, 0.0%)

1 である場合, な憎み, 或は癩

▼ 或は直に~ (3, 0.0%)

1 仏蘭西の, 漢土の, 遁逃し

▼ 或は直接~ (3, 0.0%)

1 この流派, の表現, また目

▼ 或は相互~ (3, 0.0%)

1 に交渉接触, に相, の愛

▼ 或は相当~ (3, 0.0%)

1 な指導者, に丸い, のオシャベリ

▼ 或は真面目~ (3, 0.0%)

1 な恋愛, に落着, に訴

▼ 或は知っ~ (3, 0.0%)

1 てい, ていられる, ている

▼ 或は研究~ (3, 0.0%)

1 した人, と呼び, の選賞

▼ 或は社会的~ (3, 0.0%)

1 な或は, な批評, に決定

▼ 或は私自身~ (3, 0.0%)

2 と共に意気地 1 に言い聞かせた

▼ 或は立ち~ (3, 0.0%)

1 或は坐し, 或は臥し, 聴くに

▼ 或は築地小劇場~ (3, 0.0%)

1 に対抗, に行く, の罪

▼ 或は簡素~ (3, 0.0%)

2 幽婉 1 に或は

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 の神, の蛋白質, を斥

▼ 或は~ (3, 0.0%)

2 に或は 1 などの毛

▼ 或は結婚~ (3, 0.0%)

1 したばかりの, するかも, もしない

▼ 或は羽衣~ (3, 0.0%)

1 ではなく, の三保, を返せり

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 の死後, の疲労, は摩西

▼ 或は職業~ (3, 0.0%)

1 などに通ずる, によって固定, の裏打ち

▼ 或は自暴自棄~ (3, 0.0%)

1 となつ, となり, に陥つた

▼ 或は自由~ (3, 0.0%)

1 であり得ると, の為め, を与へよう

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 から籠, に又, に散じ去る

▼ 或は芸者~ (3, 0.0%)

2 と関係 1 に恋

▼ 或は芸術的~ (3, 0.0%)

1 な新旧, な表現, の迷妄

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に伏, に伏し, を以て護岸

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 となる, を瓶, を飼

▼ 或は~ (3, 0.0%)

2 或は棟 1 を枝

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, て争う, 斷に

▼ 或は読者~ (3, 0.0%)

1 にさう, の事大主義, をし

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 寺諸, 神の, 臣の

▼ 或は諸侯~ (3, 0.0%)

1 から後援, が財産, でもみな公選

▼ 或は議員~ (3, 0.0%)

3 の歳費

▼ 或は議論~ (3, 0.0%)

1 により或は, をしよう, 或は対話

▼ 或は谷崎氏~ (3, 0.0%)

1 の, の言, は難

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 だけで幾万種, っぽく或は, 或は紫

▼ 或は赤い~ (3, 0.0%)

1 国だ, 灰を, 花に

▼ 或は路傍~ (3, 0.0%)

1 に休み, の小社, の高山植物

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に乗, をも輓, を通ずる

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 がると, 浮で, 軒香車の

▼ 或は軽蔑~ (3, 0.0%)

2 して 1 せられ人生

▼ 或は近似~ (3, 0.0%)

2 の色 1 したまたは

▼ 或は過去~ (3, 0.0%)

1 の事実, の儒的, の或は

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 の為め, の長手, を問うた

▼ 或は道教~ (3, 0.0%)

1 がそれ等, の影響, の所謂冥罰

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 かに及ばない, によい, に品

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 に似たる, に被い, をのみにしばしば

▼ 或は金銭~ (3, 0.0%)

1 であり或は, の慾, を与え

▼ 或は鎌倉~ (3, 0.0%)

1 で私, に行っ, の窟

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 さ幾歩幅幾歩と, 年月の, 或は小

▼ 或は長い~ (3, 0.0%)

1 逸出などの, 隣人生活を, 頸をば

▼ 或は閉ぢ~ (3, 0.0%)

1 たりした, るため, 或は開き

▼ 或は閑却~ (3, 0.0%)

2 されて 1 されたの

▼ 或は離れ~ (3, 0.0%)

1 て雁, の様, 或はもつれ

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 が曲る, をく, を回らし

▼ 或は~ (3, 0.0%)

1 なりとし, の火, を捕ふる

▼ 或は黄龍~ (3, 0.0%)

1 となり, となりし, に化せ

▼ 或は黒く~ (3, 0.0%)

1 凡そ臼, 或はほのか, 或は青く

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 たまから, つても

▼ 或はあと~ (2, 0.0%)

1 から忍び込んだ, しざり

▼ 或はあり得ぬ~ (2, 0.0%)

2 とは保障

▼ 或はあれ切り~ (2, 0.0%)

1 もう一生, もう一生逢

▼ 或はいた~ (2, 0.0%)

1 かという事実, ことで

▼ 或はおなじ~ (2, 0.0%)

1 八幡に, 単行本御

▼ 或はおのれ~ (2, 0.0%)

1 の救援, より強い

▼ 或はかうした~ (2, 0.0%)

1 問題を, 方面から

▼ 或はかえって~ (2, 0.0%)

1 から差上げた, 有害だった

▼ 或はかなり~ (2, 0.0%)

1 遠いけれども, 長い間連續

▼ 或はきり~ (2, 0.0%)

2 すと

▼ 或はこの世~ (2, 0.0%)

1 の女, を喜ばす

▼ 或はこの間~ (2, 0.0%)

1 に培われた, に幾分

▼ 或はこれら~ (2, 0.0%)

1 の言葉, をさして

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 希望に対して, 承知でしょう

▼ 或はさき~ (2, 0.0%)

1 に郷党, の沒却理想

▼ 或はしか~ (2, 0.0%)

1 あるべく見えるの, す是

▼ 或はしみじみ~ (2, 0.0%)

1 とした, と自己

▼ 或はすでに~ (2, 0.0%)

1 滅びた言葉, 滅びた語

▼ 或はすみれかきつばた~ (2, 0.0%)

2 などの色

▼ 或はその後~ (2, 0.0%)

1 ちが, 久しく人麿

▼ 或はそれだけ~ (2, 0.0%)

1 の気持, 日本人の

▼ 或はそれとなく~ (2, 0.0%)

1 心がけて, 頭を

▼ 或はそれとも~ (2, 0.0%)

2 合意的に

▼ 或はそれほど~ (2, 0.0%)

1 案じること, 死を

▼ 或はそれ以下~ (2, 0.0%)

2 の日数

▼ 或はそれ以外~ (2, 0.0%)

1 に芸術的価値, の点

▼ 或はちょっと~ (2, 0.0%)

1 いたずらな, 気を

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 思つてゐた, 思ふの

▼ 或はとある~ (2, 0.0%)

1 トロイア人我か, 使命帶びわれ

▼ 或はとり残される~ (2, 0.0%)

1 ことも, と云

▼ 或はどうか~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ 或はなかつた~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, 筈の

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 う木, ひみむろとでも訓

▼ 或はほとんど~ (2, 0.0%)

1 金と, 音も

▼ 或はぼうぜん~ (2, 0.0%)

1 として, として無為

▼ 或はぼんやり~ (2, 0.0%)

1 天井を, 感じただけで

▼ 或はまことに~ (2, 0.0%)

1 無二の, 狭くて

▼ 或はまさに~ (2, 0.0%)

1 破らざるを, 起ろうと

▼ 或はもし~ (2, 0.0%)

1 その人たち, 巣に

▼ 或はもっともっと~ (2, 0.0%)

1 切々たるかも, 長かった

▼ 或はもと~ (2, 0.0%)

1 から埒, ほりの

▼ 或はやっと~ (2, 0.0%)

1 勇気づいて, 片脚

▼ 或はよい~ (2, 0.0%)

1 かもしれぬ, 舞踊劇の

▼ 或はよき~ (2, 0.0%)

1 思想を, 方法を

▼ 或はわれ~ (2, 0.0%)

1 の戰鬪, の軍勢

▼ 或はガリバルヂー~ (2, 0.0%)

2 に私淑

▼ 或はクロオデル~ (2, 0.0%)

1 に及ばない, のそれ

▼ 或はコロンタイ女史~ (2, 0.0%)

1 の恋愛物語, の物語

▼ 或はトルコ風~ (2, 0.0%)

1 に寐台, に寐臺

▼ 或はナポレオン~ (2, 0.0%)

2 の骸骨

▼ 或はピストル強盗~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 或はボート~ (2, 0.0%)

1 をうかべ, をこぎ

▼ 或はモーゼ~ (2, 0.0%)

1 の制定, の法律

▼ 或はラジオ~ (2, 0.0%)

1 であるとか, の聞き

▼ 或はリウゴ形~ (2, 0.0%)

1 の物, の裝飾

▼ 或はリキエー~ (2, 0.0%)

2

▼ 或は一夜~ (2, 0.0%)

1 に三浴, は一時頃

▼ 或は一大非行~ (2, 0.0%)

2 なる可

▼ 或は一家~ (2, 0.0%)

1 の主人, の事情

▼ 或は一挙~ (2, 0.0%)

1 に悪夢, に踏みつぶす

▼ 或は一族~ (2, 0.0%)

1 として守らなけれ, のうち

▼ 或は一時代~ (2, 0.0%)

2 の民衆

▼ 或は一時的現象~ (2, 0.0%)

2 としてかかる

▼ 或は一滴~ (2, 0.0%)

1 の涙, も飲めぬ

▼ 或は一萬~ (2, 0.0%)

1 に近い, の

▼ 或は一貫~ (2, 0.0%)

2 した思想

▼ 或は一部~ (2, 0.0%)

1 を意味, 正しいもの

▼ 或は七八人~ (2, 0.0%)

1 の女中, も手籠

▼ 或は万人~ (2, 0.0%)

2 の為

▼ 或は三十年~ (2, 0.0%)

1 に雑誌, の経験

▼ 或は三面六臂~ (2, 0.0%)

2 の鬼

▼ 或は上り~ (2, 0.0%)

2 或は下り

▼ 或は上下~ (2, 0.0%)

1 し或は, に打

▼ 或は上天~ (2, 0.0%)

1 と云, と云つて

▼ 或は下り~ (2, 0.0%)

1 て水, 迂余曲折

▼ 或は不可~ (2, 0.0%)

1 なからむ然, なきが

▼ 或は不安~ (2, 0.0%)

1 な睡眠, を覚

▼ 或は不時~ (2, 0.0%)

1 の不幸, の失血多量

▼ 或は不正~ (2, 0.0%)

2 の勘定書

▼ 或は不満~ (2, 0.0%)

1 かもしれません, さえ抱く

▼ 或は不良少年~ (2, 0.0%)

1 のいた, の心理

▼ 或は不足~ (2, 0.0%)

1 した部屋, なりとて

▼ 或は世上~ (2, 0.0%)

1 に有るべき, の争

▼ 或は世人~ (2, 0.0%)

1 の記憶, を誤る

▼ 或は世界~ (2, 0.0%)

1 の奈辺, 第一

▼ 或は世間~ (2, 0.0%)

1 の信用, を知らない

▼ 或は世間的~ (2, 0.0%)

1 に有名, に知名

▼ 或は中折~ (2, 0.0%)

1 するに, を被っ

▼ 或は中流下層階級~ (2, 0.0%)

2 の貧困

▼ 或は主婦~ (2, 0.0%)

1 が残つて神様, は神

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 しからずして

▼ 或は久保田君~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の全

▼ 或は久留米路~ (2, 0.0%)

2 より或は

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 として付けた, を無

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 が特に, に党外

▼ 或は予期~ (2, 0.0%)

1 せずそんな, に反し

▼ 或は予約~ (2, 0.0%)

1 が如何, が現実

▼ 或は事件~ (2, 0.0%)

1 の史的事実, の推移

▼ 或は事業~ (2, 0.0%)

1 の為め, を指導

▼ 或は二三~ (2, 0.0%)

1 の大, の女

▼ 或は二十万分一~ (2, 0.0%)

2 の縮尺

▼ 或は二年~ (2, 0.0%)

1 が彼, なり五年

▼ 或は二重~ (2, 0.0%)

1 にとりつけ, にも三重

▼ 或は二階~ (2, 0.0%)

1 から仰ぎ, か近所

▼ 或は云う~ (2, 0.0%)

1 処の, 帝地道より

▼ 或は五十年~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 る氣, れば

▼ 或は人生~ (2, 0.0%)

2 を知る

▼ 或は人道~ (2, 0.0%)

1 の志士, の為め

▼ 或は人類~ (2, 0.0%)

1 が生きる, の間

▼ 或は人麿的~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ 或は人麿自身~ (2, 0.0%)

1 が何, の作

▼ 或は今夜此筆~ (2, 0.0%)

2 を擱

▼ 或は今後~ (2, 0.0%)

1 は行, も世間所謂使用人

▼ 或は仕事着~ (2, 0.0%)

1 の豊か, の豐

▼ 或は他国~ (2, 0.0%)

1 に移住, に遊学

▼ 或は他書~ (2, 0.0%)

1 の中, を併せ

▼ 或は仮に~ (2, 0.0%)

1 その劇団, 愚者が

▼ 或は伊勢~ (2, 0.0%)

1 の倭姫命, へ参つた

▼ 或は伊太利~ (2, 0.0%)

1 のヴェニス, を斥

▼ 或は伊藤井上~ (2, 0.0%)

2 を聯

▼ 或は伊藤内閣~ (2, 0.0%)

2 が二囘

▼ 或は伊藤系統~ (2, 0.0%)

1 に属する, に屬

▼ 或は伯叔父母~ (2, 0.0%)

1 とか兄弟, 或は兄弟

▼ 或は佐藤氏自身~ (2, 0.0%)

2 は不用意

▼ 或は佐賀~ (2, 0.0%)

2 より筑後川

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 のいず, を長く

▼ 或は何某~ (2, 0.0%)

1 の懇親曾, の高僧

▼ 或は何箇月~ (2, 0.0%)

1 か, ぐらい泊っ

▼ 或は作品~ (2, 0.0%)

1 によつて, の行

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の泣き声, の臭気

▼ 或は侮辱~ (2, 0.0%)

1 や虐待, や迫害

▼ 或は便利~ (2, 0.0%)

1 であるかも, であるとか

▼ 或は保子さん~ (2, 0.0%)

1 とあなた, のあの

▼ 或は個々~ (2, 0.0%)

1 の家, の神

▼ 或は偏見~ (2, 0.0%)

1 となっ, や追随

▼ 或は傳説~ (2, 0.0%)

2 などの合理化

▼ 或は傷つき~ (2, 0.0%)

1 或は, 骨も

▼ 或は傾き~ (2, 0.0%)

1 また俯向き, 或は崩れた

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に好事家, に頭

▼ 或は働い~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 或は僕一人~ (2, 0.0%)

1 に, に与へらるべきである

▼ 或は僧侶~ (2, 0.0%)

1 だらうとは, とかいうもの

▼ 或は優しく~ (2, 0.0%)

1 しなければ, 或は恐ろしく

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 からススケ峰, 贇と

▼ 或は元旦~ (2, 0.0%)

1 などに神, ののりと

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 とかいう方々, の方

▼ 或は先天的運命~ (2, 0.0%)

1 の悪い, を善き

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に満ち, 暗と

▼ 或は党派的~ (2, 0.0%)

1 な利己的, に独占

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 山形に, 美宮図の

▼ 或は全部~ (2, 0.0%)

1 を其断層線上, 載つて

▼ 或は公平~ (2, 0.0%)

1 でないもの, にも見える

▼ 或は公書~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 を示し, 或は七

▼ 或は六時~ (2, 0.0%)

1 に覺め, に起き

▼ 或は共通~ (2, 0.0%)

1 ししかも, の問題

▼ 或は其一方~ (2, 0.0%)

1 が真実, を渓流

▼ 或は其一篇~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 或は其反対~ (2, 0.0%)

1 であったか, に山頂

▼ 或は其己~ (2, 0.0%)

2 に背いた

▼ 或は其時~ (2, 0.0%)

2 既に話

▼ 或は其系統~ (2, 0.0%)

1 の成句, の社

▼ 或は再び~ (2, 0.0%)

2 坑中に

▼ 或は冷笑~ (2, 0.0%)

2 するの

▼ 或は凝り~ (2, 0.0%)

1 或は散つ, 或は散る

▼ 或は凶暴的~ (2, 0.0%)

2 無智

▼ 或は出る~ (2, 0.0%)

1 かも知れぬ, のね

▼ 或は出版~ (2, 0.0%)

1 しなかったの, はまだ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 を撫し

▼ 或は分配~ (2, 0.0%)

1 の場合, は少額

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 から其左下, より臣下

▼ 或は利得~ (2, 0.0%)

1 の故に, を取り

▼ 或は制約~ (2, 0.0%)

1 といふもの, に緊

▼ 或は刺戟~ (2, 0.0%)

1 されて, の強い

▼ 或は剃刀~ (2, 0.0%)

1 なりしかと, を使つた方

▼ 或は前人~ (2, 0.0%)

1 の説, の蹤

▼ 或は前日~ (2, 0.0%)

1 まで一党, まで一黨

▼ 或は創造~ (2, 0.0%)

1 しなければ, の何物

▼ 或は劇団~ (2, 0.0%)

1 の特殊事情, の統率者

▼ 或は劇場~ (2, 0.0%)

1 という所, とかいうそういう

▼ 或は功徳池~ (2, 0.0%)

2 のほとり

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 かつた, 七の

▼ 或は助かる~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, 事も

▼ 或は労働~ (2, 0.0%)

1 し同僚, の如き

▼ 或は労働者~ (2, 0.0%)

1 であるならば, でなければ

▼ 或は動作~ (2, 0.0%)

1 と方向, などをくるめ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 はむ枯山, ひ来て

▼ 或は十年~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 或は千曳~ (2, 0.0%)

2 の磐石

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の方, へ北

▼ 或は原文~ (2, 0.0%)

1 にない, を非常

▼ 或は又全く~ (2, 0.0%)

1 何にも, 心づかずして

▼ 或は反感~ (2, 0.0%)

1 はある, を起す

▼ 或は反撥~ (2, 0.0%)

1 させ或は, せしめるに

▼ 或は叔孫通~ (2, 0.0%)

1 の補, や梁文

▼ 或は古い~ (2, 0.0%)

1 かとも思はれる, 要素の

▼ 或は古山~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 或は古語~ (2, 0.0%)

2 の結びつき

▼ 或は可笑しく~ (2, 0.0%)

1 聞えるかも, 響くかも

▼ 或は右側~ (2, 0.0%)

1 から或は, の縁

▼ 或は各地~ (2, 0.0%)

1 に伝播, の固有

▼ 或は吉野~ (2, 0.0%)

2 と二人

▼ 或は同人~ (2, 0.0%)

1 ではなから, なるべきを

▼ 或は同志~ (2, 0.0%)

2 を天下

▼ 或は同情~ (2, 0.0%)

1 に驅, の涙

▼ 或は同様~ (2, 0.0%)

1 の奇禍, の懸念

▼ 或は同色~ (2, 0.0%)

2 を襲

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 ある人, の為め

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の川岸, ひ合

▼ 或は吾輩~ (2, 0.0%)

1 の精神異状, の調査

▼ 或は周囲~ (2, 0.0%)

1 の同情, の影響

▼ 或は呪詞~ (2, 0.0%)

1 の用, を考へ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 あるものの, を官

▼ 或は和歌~ (2, 0.0%)

1 や俳句, を奉り

▼ 或は唐本~ (2, 0.0%)

2 の詩集

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の物好き, 多く行

▼ 或は唯今~ (2, 0.0%)

2 でも猶

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の一側, 或は悪

▼ 或は喧嘩~ (2, 0.0%)

1 して, でもした

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 を停め, を匿

▼ 或は嗜好~ (2, 0.0%)

1 すべき個々, は左翼文学

▼ 或は四十~ (2, 0.0%)

1 の院長, 迄とありまし

▼ 或は団体~ (2, 0.0%)

1 が寺, として大

▼ 或は困難~ (2, 0.0%)

1 であると, なこと

▼ 或は国々~ (2, 0.0%)

1 の君, の特殊

▼ 或は国語~ (2, 0.0%)

1 の教育それ自体, の研究

▼ 或は国語問題~ (2, 0.0%)

1 と云, には別に

▼ 或は國家~ (2, 0.0%)

1 の急, の爲

▼ 或は地蔵~ (2, 0.0%)

1 に賽, の斎日

▼ 或は地震~ (2, 0.0%)

1 へるため, よりも多

▼ 或は城市~ (2, 0.0%)

1 の傍, の意味

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 の柳

▼ 或は堂々~ (2, 0.0%)

1 さとして, と云つて

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の下, を書く

▼ 或は墨染~ (2, 0.0%)

2 の衣

▼ 或は壮大~ (2, 0.0%)

1 な光りが, な素朴

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の効果, の詩人

▼ 或は売らず~ (2, 0.0%)

2 とも好い

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 なメロドラマ, になった

▼ 或は変化~ (2, 0.0%)

1 は健康, も如何

▼ 或は夢想~ (2, 0.0%)

1 だに, を称

▼ 或は大臣~ (2, 0.0%)

1 たり, のむす

▼ 或は大阪神戸方面~ (2, 0.0%)

2 からつまり

▼ 或は大隈伯~ (2, 0.0%)

2 の後半期

▼ 或は天然痘~ (2, 0.0%)

1 が流行っ, が流行つて來

▼ 或は太陽神話~ (2, 0.0%)

1 としての解釈, なりとする

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に近い, を失ひ

▼ 或は夫婦づれ~ (2, 0.0%)

1 だったり, の或は

▼ 或は奇怪~ (2, 0.0%)

1 なる動物共, に又は

▼ 或は奈良朝~ (2, 0.0%)

1 の書き物, の頃

▼ 或は女人~ (2, 0.0%)

1 であらう, を殺め

▼ 或は奴隷~ (2, 0.0%)

1 のやう, の言葉

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 惡に, 晴な

▼ 或は好む~ (2, 0.0%)

2 で公私

▼ 或は好ん~ (2, 0.0%)

1 で山, で庶民的

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 なからう, なからん

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に許され, を失はん

▼ 或は威嚇~ (2, 0.0%)

1 し或は, とかその

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に対して母, の晴着

▼ 或は子孫~ (2, 0.0%)

1 における生, に取り出され

▼ 或は孔子~ (2, 0.0%)

1 の方, の特別

▼ 或は學問~ (2, 0.0%)

1 の目的, を輕蔑

▼ 或は學生~ (2, 0.0%)

1 の分類, の成功

▼ 或は宇内~ (2, 0.0%)

2 の大勢

▼ 或は完成~ (2, 0.0%)

1 した人間, の際

▼ 或は宗女~ (2, 0.0%)

2 を與

▼ 或は宗教上~ (2, 0.0%)

1 に或は, の目的

▼ 或は宗教的~ (2, 0.0%)

1 な大都市, な高い

▼ 或は官吏登庸法~ (2, 0.0%)

2 を改正

▼ 或は実現~ (2, 0.0%)

1 されるかも, されること

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 を謝

▼ 或は家じゅう~ (2, 0.0%)

1 を巻きこむ, を荒れ

▼ 或は家人~ (2, 0.0%)

1 が勤める, の心

▼ 或は家族~ (2, 0.0%)

1 がそろっ, の飾章

▼ 或は家長~ (2, 0.0%)

1 の越権, をやつ

▼ 或は容易~ (2, 0.0%)

1 であるかも, に了解

▼ 或は寂しい~ (2, 0.0%)

1 あきらめに, 道だ

▼ 或は寄席~ (2, 0.0%)

1 にその, に出

▼ 或は富子~ (2, 0.0%)

1 がつけた, の求むる所

▼ 或は寡婦~ (2, 0.0%)

1 が斎女王同様, のわざ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 にゐられなく, 或は河岸

▼ 或は将門~ (2, 0.0%)

1 の為, を薦むる者

▼ 或は小さく~ (2, 0.0%)

1 その姿, 或は大きく

▼ 或は小川~ (2, 0.0%)

1 に沿つた道, の畔

▼ 或は小説家~ (2, 0.0%)

1 として或は, よりも詩人

▼ 或は小鳥~ (2, 0.0%)

1 にも木の葉, に凝る

▼ 或は屋上~ (2, 0.0%)

1 に飾る, の物干場

▼ 或は屋根~ (2, 0.0%)

1 の瓦, を葺き替

▼ 或は山伏~ (2, 0.0%)

1 しと, し同様

▼ 或は山羊~ (2, 0.0%)

1 と小, を追

▼ 或は峙立~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 のよう, の吹き

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 から田, をわたり

▼ 或は川村さん~ (2, 0.0%)

1 が逢う, はやはり

▼ 或は左側~ (2, 0.0%)

1 から腕, 或は右側

▼ 或は希臘~ (2, 0.0%)

1 の宗教, より先

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 かなもの, 瀉或は

▼ 或は平凡~ (2, 0.0%)

1 な意見, に見える

▼ 或は平地~ (2, 0.0%)

2 に風波

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 を老

▼ 或は年寄り~ (2, 0.0%)

1 か若者, になる

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 があっ, 借と

▼ 或は度し難き~ (2, 0.0%)

1 ものと, 馬鹿と

▼ 或は座敷~ (2, 0.0%)

1 から下りる, のなるべく

▼ 或は建立~ (2, 0.0%)

1 する場合, せられた教義

▼ 或は弟子たち~ (2, 0.0%)

2 を水干

▼ 或は張る~ (2, 0.0%)

1 氣から, 氣を

▼ 或は当っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 或は当局者~ (2, 0.0%)

1 として之, においては自

▼ 或は役人~ (2, 0.0%)

1 になる, に成りたい

▼ 或は後人~ (2, 0.0%)

1 の偽作, の竄入

▼ 或は後者~ (2, 0.0%)

1 の前, を包含

▼ 或は徒労~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, に属する

▼ 或は從來~ (2, 0.0%)

1 に異なつた, の宗教中

▼ 或は復員~ (2, 0.0%)

1 しても, になっ

▼ 或は心当て~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 或は心象~ (2, 0.0%)

1 となっ, の象徴化

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 られて, るるが

▼ 或は忘却~ (2, 0.0%)

1 すべく或は, の名

▼ 或は思想~ (2, 0.0%)

1 と云, にも異

▼ 或は性欲的~ (2, 0.0%)

2 な場面

▼ 或は怪獣~ (2, 0.0%)

1 の眼, を彷彿

▼ 或は怪鳥~ (2, 0.0%)

2 の嘴

▼ 或は恋人~ (2, 0.0%)

2 かの女性

▼ 或は恐れ~ (2, 0.0%)

1 てか何れ, てゐる

▼ 或は恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 切り出すの, 美醜を

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 なと, にした

▼ 或は患者~ (2, 0.0%)

1 に対して単に, に對

▼ 或は悪い~ (2, 0.0%)

1 女と, 病を

▼ 或は悪魔~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, の手弄みか

▼ 或は悲しい~ (2, 0.0%)

1 事も, 氣持ちに

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に搦, 厚き夫人

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 ひたりしが, ひ或は

▼ 或は意気~ (2, 0.0%)

2 の為め

▼ 或は意見~ (2, 0.0%)

1 を記す, を述べる

▼ 或は愛情~ (2, 0.0%)

1 の保証, は他

▼ 或は感じ~ (2, 0.0%)

1 ている, てほ

▼ 或は感知~ (2, 0.0%)

1 しても, す可

▼ 或は感覚~ (2, 0.0%)

1 で客観的, の芸術

▼ 或は憤っ~ (2, 0.0%)

1 たり或は, てしかるべき

▼ 或は憲法~ (2, 0.0%)

2 の原則

▼ 或は懲役~ (2, 0.0%)

1 にされる, に爲

▼ 或は成功~ (2, 0.0%)

1 した著述家, するか

▼ 或は我々~ (2, 0.0%)

1 の到達, の間

▼ 或は我が~ (2, 0.0%)

1 精神に, 運命を

▼ 或は我我~ (2, 0.0%)

2 の快

▼ 或は戰場~ (2, 0.0%)

1 に, の有

▼ 或は戰爭~ (2, 0.0%)

1 で討死, 正當論

▼ 或は戰鬪~ (2, 0.0%)

1 のいづれ, の場

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に代, に當

▼ 或は批判~ (2, 0.0%)

1 すること, なき風俗小説

▼ 或は折裂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 よりもうまく, を切

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 或は探偵小説~ (2, 0.0%)

1 という名前, としては不

▼ 或は推させ~ (2, 0.0%)

2

▼ 或は政党~ (2, 0.0%)

1 の謀, は公党

▼ 或は政治家たる~ (2, 0.0%)

2 を失はず

▼ 或は政治的~ (2, 0.0%)

1 な啓蒙, な才能

▼ 或は政黨~ (2, 0.0%)

1 の謀, は公黨

▼ 或は敏腕~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 或は散る~ (2, 0.0%)

1 氣或は, 習が

▼ 或は散文~ (2, 0.0%)

1 の一種, の叙事詩

▼ 或は数等~ (2, 0.0%)

2 美しい印象記

▼ 或は數個~ (2, 0.0%)

1 のもの, の物

▼ 或は文化~ (2, 0.0%)

1 の空白状態, を低める

▼ 或は文章~ (2, 0.0%)

1 を朗讀, を理解

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 ういふ人, う書いて

▼ 或は斯く~ (2, 0.0%)

1 些細な, 曰はむ

▼ 或は新しく~ (2, 0.0%)

1 さまざまな粧い, 造つた

▼ 或は旅行~ (2, 0.0%)

1 をした, をしよう

▼ 或は日光~ (2, 0.0%)

1 と陽炎, により

▼ 或は日常生活~ (2, 0.0%)

1 の中, の規律

▼ 或は日本的~ (2, 0.0%)

1 といふこと, なもの

▼ 或は昌作~ (2, 0.0%)

2 を伴

▼ 或は明らか~ (2, 0.0%)

1 に或は, に承知

▼ 或は是非~ (2, 0.0%)

1 なく, 弘法大師は

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 じく, としては食人種

▼ 或は時々~ (2, 0.0%)

1 思い出したよう, 手拭が

▼ 或は時に~ (2, 0.0%)

1 断ゆれ, 自ら小に

▼ 或は時代的~ (2, 0.0%)

1 なもの, の傾向

▼ 或は時勢~ (2, 0.0%)

1 に中らん, の狂濤

▼ 或は時流~ (2, 0.0%)

1 が一様, が一樣

▼ 或は時間~ (2, 0.0%)

1 が違う, の定

▼ 或は暗く~ (2, 0.0%)

2 殆ど夢現

▼ 或は暗示~ (2, 0.0%)

1 する, を受け

▼ 或は暴風雨~ (2, 0.0%)

1 の中, の神

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 ふ信条, ふ狗奴

▼ 或は曰く事此~ (2, 0.0%)

2 に至れ

▼ 或は曰く侯~ (2, 0.0%)

1 は党首, は黨首

▼ 或は曰く末松謙澄男主~ (2, 0.0%)

2 として内閣割込

▼ 或は曰く板垣伯入閣~ (2, 0.0%)

1 は無, は無条件

▼ 或は最後~ (2, 0.0%)

1 の一言, の会合

▼ 或は有る~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, にし

▼ 或は有名~ (2, 0.0%)

1 な藏書家, になったでしょう

▼ 或は木綿~ (2, 0.0%)

1 の物, を長く

▼ 或は未だ~ (2, 0.0%)

1 晉書を, 見えざるにや

▼ 或は本当に~ (2, 0.0%)

1 見たの, 評価と

▼ 或は本職的~ (2, 0.0%)

2 に沒頭

▼ 或は村君~ (2, 0.0%)

1 として持たね, は不滅

▼ 或は杢太郎~ (2, 0.0%)

1 に示した, はこの

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 へもすべて, 或は西

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の小径, を穿

▼ 或は柱頭~ (2, 0.0%)

2 の苦行

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 と言, のない

▼ 或は根源的~ (2, 0.0%)

1 に二分, に統一

▼ 或は案外~ (2, 0.0%)

1 の軽傷, 近世の

▼ 或は梵語~ (2, 0.0%)

1 でなくて, の材料

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 の金物

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 く少く, く疎遠

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 を架ける, を渡り

▼ 或は欺かれ~ (2, 0.0%)

1 もしよう, 或は脅され

▼ 或は歡迎~ (2, 0.0%)

1 されも, を受ける

▼ 或は此の間~ (2, 0.0%)

2 に啓

▼ 或は此家~ (2, 0.0%)

1 に移つた後, は所謂

▼ 或は此無限~ (2, 0.0%)

2 の生命

▼ 或は武士~ (2, 0.0%)

1 に或は, の仕官

▼ 或は歴史~ (2, 0.0%)

1 において或は, を一種

▼ 或は歴史的~ (2, 0.0%)

1 の裏面, の連想

▼ 或は死ぬ~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, より外

▼ 或は死ん~ (2, 0.0%)

1 でからのこと, で行く

▼ 或は殊更~ (2, 0.0%)

1 に人間, 文学的価値を

▼ 或は段々~ (2, 0.0%)

1 と頭, ベツリなど

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 を盛った, を置かむこ

▼ 或は民族的~ (2, 0.0%)

1 なある繋がり, な意味

▼ 或は永く~ (2, 0.0%)

1 働くもの, 神秘に

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 ないと, ない顔

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の上, の底

▼ 或は汽車~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 或は河内~ (2, 0.0%)

1 に或は, の山

▼ 或は河岸~ (2, 0.0%)

1 の崖, 或は木の下

▼ 或は法廷~ (2, 0.0%)

1 では初ま, の罪

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の上, の代り

▼ 或は波斯~ (2, 0.0%)

1 に逃れ, を經

▼ 或は泣き~ (2, 0.0%)

2 或は笑

▼ 或は活動写真~ (2, 0.0%)

1 に或は, を見た

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 賊とも, 違いの

▼ 或は流れ~ (2, 0.0%)

1 てい, て居る

▼ 或は流行~ (2, 0.0%)

2 に包まれなけれ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に打ち揚げられ, の音

▼ 或は海底~ (2, 0.0%)

1 に於, の

▼ 或は消え~ (2, 0.0%)

1 或は, 或は輝き

▼ 或は渇驥~ (2, 0.0%)

1 の澗, の間

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 が生, が生れ村

▼ 或は温泉~ (2, 0.0%)

1 に出掛ける, を好む

▼ 或は澄む~ (2, 0.0%)

2 氣に

▼ 或は激しい~ (2, 0.0%)

1 衝撃によ, 願望を

▼ 或は濁った~ (2, 0.0%)

1 血色の, 響で

▼ 或は濃く~ (2, 0.0%)

1 或は薄く, 淀んだ闇

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の早い, をなし

▼ 或は火裏~ (2, 0.0%)

2 の殉教

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 の丘

▼ 或は烈日~ (2, 0.0%)

2 に乾燥

▼ 或は無聊~ (2, 0.0%)

1 に苦しみ, の故

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の変じ, の毛

▼ 或は父親~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, の平吉以上

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 う云う, 雅の

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に此般, の遠

▼ 或は牛肉牛乳~ (2, 0.0%)

1 に臭氣, を穢き

▼ 或は牛頭~ (2, 0.0%)

2 或は馬頭

▼ 或は物見遊山~ (2, 0.0%)

1 に出かけたい, の旅行

▼ 或は犧牲~ (2, 0.0%)

1 をば怠る, を供

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 き經驗, し

▼ 或は猪口~ (2, 0.0%)

2 でシロツプ

▼ 或は獅子~ (2, 0.0%)

1 の其敵, の繍毬

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 實の

▼ 或は現代短歌~ (2, 0.0%)

2 全集中

▼ 或は理想的首相たる~ (2, 0.0%)

2 を得可

▼ 或は瑰麗~ (2, 0.0%)

1 なる悪夢, なる花形

▼ 或は甚だ~ (2, 0.0%)

1 微力で, 忠実でなかった

▼ 或は甚だしく~ (2, 0.0%)

1 尻くさらせ, 稀薄である

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 て作, て彼地

▼ 或は生き~ (2, 0.0%)

1 てゐない, ながら死

▼ 或は生れ~ (2, 0.0%)

1 て僅, ながら人生

▼ 或は生死~ (2, 0.0%)

1 の一大事, の境

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の代掻き, を表

▼ 或は田舎~ (2, 0.0%)

1 ではさ, にい

▼ 或は男子~ (2, 0.0%)

1 の心理状態, は分家

▼ 或は画家~ (2, 0.0%)

1 が画筆, というよう

▼ 或は畏怖~ (2, 0.0%)

1 される文学上, のしな

▼ 或は留守~ (2, 0.0%)

1 の間, をする

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 に詩人

▼ 或は略し~ (2, 0.0%)

1 て, て単に

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の上, を担い

▼ 或は當然~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, とも考へられる

▼ 或は疑う~ (2, 0.0%)

1 と云っ, 太祖の

▼ 或は病死~ (2, 0.0%)

1 して, のやう

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 を病む

▼ 或は白く~ (2, 0.0%)

1 咲きいで, 或は黒く

▼ 或は白鳥~ (2, 0.0%)

2 の遊泳

▼ 或は百万年~ (2, 0.0%)

1 を数, を数える

▼ 或は百済観音~ (2, 0.0%)

1 についてすでに, のほのぼの

▼ 或は皇室~ (2, 0.0%)

1 の威厳, の威嚴

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 は髪の毛, 或は盆

▼ 或は盂蘭盆~ (2, 0.0%)

1 に柱松, の精霊

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に屋上, 或は箪笥

▼ 或は盛ん~ (2, 0.0%)

1 にせず, に佛寺

▼ 或は盲人~ (2, 0.0%)

1 であるか, 或は癩

▼ 或は直線~ (2, 0.0%)

1 が或は, をど

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 竝行し, 踵いで

▼ 或は相手~ (2, 0.0%)

1 に送った, を切りふせ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 を軒げ手

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に近い, をいふ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の文人, の日本人

▼ 或は真に~ (2, 0.0%)

1 漫性胃病で, 秀吉の

▼ 或は眠り~ (2, 0.0%)

1 ながら或は, 或は仕事仲間

▼ 或は瞑目~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 或は矛盾~ (2, 0.0%)

1 した様, した行爲

▼ 或は知らず~ (2, 0.0%)

1 と答, 天真の

▼ 或は知らない~ (2, 0.0%)

1 日本支那, 者であった

▼ 或は知性~ (2, 0.0%)

1 というもの, は喪失

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 或は長

▼ 或は石燈籠~ (2, 0.0%)

1 にしがみつく, のある

▼ 或は神人~ (2, 0.0%)

1 の姿, を作る

▼ 或は神意~ (2, 0.0%)

2 に似た

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に奉仕, 見に

▼ 或は私事~ (2, 0.0%)

1 に及び過ぎる, に及び過ぎるであらう

▼ 或は科学的~ (2, 0.0%)

1 な講演, の知識

▼ 或は科学知識~ (2, 0.0%)

1 にプラス道義, を或は

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 かな雪, な金字塔

▼ 或は穢れたる~ (2, 0.0%)

1 念を, 行を

▼ 或は空気~ (2, 0.0%)

1 の圧迫, の大洋

▼ 或は立志社~ (2, 0.0%)

2 を設け

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 とともに南畫, を割っ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 ひて, ふ愛すべき異類異形

▼ 或は笑い~ (2, 0.0%)

1 さざめき乍ら, 或は感じ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に平民新聞, を収む

▼ 或は筆者~ (2, 0.0%)

1 の人格, の聞き

▼ 或は箴言~ (2, 0.0%)

2 と題

▼ 或は簡略~ (2, 0.0%)

1 であり時として, に過ぎ

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 或は袖

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 とか云, なり然

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に科学的, 林を

▼ 或は繊細~ (2, 0.0%)

1 なあらゆる, なもの

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 をなつ, を採り

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 き或は, け或は

▼ 或は美田~ (2, 0.0%)

2 を買

▼ 或は美術~ (2, 0.0%)

1 として自由自在, 或は音楽

▼ 或は群行~ (2, 0.0%)

1 する神, の神

▼ 或は習慣~ (2, 0.0%)

1 がある, として一種

▼ 或は老衰~ (2, 0.0%)

1 すると, するの

▼ 或は耶蘇宗~ (2, 0.0%)

2 の坊主

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に就き得る, の為め

▼ 或は肉体~ (2, 0.0%)

1 から肉体, と肉体

▼ 或は肥料~ (2, 0.0%)

1 に用, を與

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に紅色, 或は髭面

▼ 或は脱落~ (2, 0.0%)

1 し宛然枯木, 或は穂

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の筋

▼ 或は臣下~ (2, 0.0%)

1 となつ, を賣

▼ 或は臥牛~ (2, 0.0%)

2 の道

▼ 或は自ら貴族院~ (2, 0.0%)

2 の議席

▼ 或は自由党~ (2, 0.0%)

1 に入り, の反抗

▼ 或は自由黨~ (2, 0.0%)

1 に入り, の反抗

▼ 或は自白~ (2, 0.0%)

2 する如く今日

▼ 或は自身~ (2, 0.0%)

1 その声, の病気

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に或は, を噛み

▼ 或は舞台~ (2, 0.0%)

1 の伝統, を真暗

▼ 或は良人~ (2, 0.0%)

1 とのむずかしい, と自身

▼ 或は色彩~ (2, 0.0%)

1 の中, 多い諧謔曲

▼ 或は芸術家~ (2, 0.0%)

1 でゐ, としてはやはり

▼ 或は芸道~ (2, 0.0%)

1 の修業, を一方

▼ 或は若き~ (2, 0.0%)

1 も, 空の

▼ 或は若し~ (2, 0.0%)

1 何かの, 我配處に

▼ 或は苦労~ (2, 0.0%)

1 が上辷り, にひしがれた

▼ 或は英文~ (2, 0.0%)

1 の書, を以て紹介

▼ 或は英語~ (2, 0.0%)

1 で或は, で講義

▼ 或は草庵~ (2, 0.0%)

1 を結ん, 或は茅店

▼ 或は草木~ (2, 0.0%)

1 の根, の葉

▼ 或は華やか~ (2, 0.0%)

1 な或は, になり

▼ 或は菱形~ (2, 0.0%)

1 をなす, 又は花模様

▼ 或は葡萄色~ (2, 0.0%)

2 の酒袋

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 古の, 古或は

▼ 或は蒲壽庚~ (2, 0.0%)

1 の一家, の孫

▼ 或は蓬莱山~ (2, 0.0%)

2 と云い

▼ 或は薔薇~ (2, 0.0%)

1 の精, を歌

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 で腹, 其の外

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 と黄, 或は鼠色

▼ 或は藩中~ (2, 0.0%)

1 に居, の士族

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の湯, を束

▼ 或は虚構~ (2, 0.0%)

1 が如何にも, の言

▼ 或は蝦夷~ (2, 0.0%)

1 の一部, の住宅

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に, ひ或

▼ 或は行く~ (2, 0.0%)

1 ことが, ということ

▼ 或は行動~ (2, 0.0%)

1 するかを, にわれ

▼ 或は表面~ (2, 0.0%)

1 に衝突, 近く進ん

▼ 或は被害者~ (2, 0.0%)

1 の死骸埋葬地, の苦悶

▼ 或は装飾的~ (2, 0.0%)

1 なもの, の形

▼ 或は製作~ (2, 0.0%)

2 の主題

▼ 或は西洋劇~ (2, 0.0%)

1 で沢山, の巧

▼ 或は要領~ (2, 0.0%)

2 を得ず

▼ 或は覚え~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 或は観察~ (2, 0.0%)

1 が鋭い, の浅い

▼ 或は観察者~ (2, 0.0%)

1 としての徹底的態度, としての研究者

▼ 或は言ふか~ (2, 0.0%)

1 もしれない, も知れない

▼ 或は言伝~ (2, 0.0%)

1 を人, を託し

▼ 或は記憶~ (2, 0.0%)

1 から消え去, に新

▼ 或は評価~ (2, 0.0%)

1 が急変, する自身

▼ 或は詞章~ (2, 0.0%)

2 の文体

▼ 或は詩人~ (2, 0.0%)

1 として或は, や小説家

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の裏, はそこ

▼ 或は誤字~ (2, 0.0%)

1 あらん, である

▼ 或は論理~ (2, 0.0%)

1 は細か, を徹底

▼ 或は諸方~ (2, 0.0%)

1 に洞窟, へ贈り

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 となつ, の

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 ふに, ふ割愁腸

▼ 或は謙遜~ (2, 0.0%)

1 から物, にはやはり

▼ 或は議す~ (2, 0.0%)

2 可きもの

▼ 或は議会~ (2, 0.0%)

1 に対するこの, を盲従

▼ 或は議員歳費増加案~ (2, 0.0%)

2 を提出

▼ 或は議院~ (2, 0.0%)

2 を解散

▼ 或は貧しい~ (2, 0.0%)

1 家に, 青年画家であった

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 寓を, 須と

▼ 或は貴人~ (2, 0.0%)

1 には誕生, の長寿

▼ 或は資本主義経済~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の全面的修正

▼ 或は賛成~ (2, 0.0%)

1 して, する

▼ 或は賺し~ (2, 0.0%)

1 たりし, 或は虐げ

▼ 或は赤く~ (2, 0.0%)

1 或は白い, 或は黒く

▼ 或は足下~ (2, 0.0%)

1 の配下, は言はん

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 より追い来る, をつけられた

▼ 或は跣足~ (2, 0.0%)

1 でズボン下, でヅボン下

▼ 或は踊っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 或は踊り~ (2, 0.0%)

1 に來, を踊

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 或は盲人, 或は盲目

▼ 或は身体~ (2, 0.0%)

1 がことごとく, を叩きつけられた

▼ 或は農村~ (2, 0.0%)

1 で鍬, 諸行事

▼ 或は近所~ (2, 0.0%)

1 に花, の瘋癲老婆

▼ 或は迷信~ (2, 0.0%)

1 に属する, に陥り

▼ 或は追放~ (2, 0.0%)

1 したの, に処せられ

▼ 或は通俗~ (2, 0.0%)

1 になる, に堕す

▼ 或は通告~ (2, 0.0%)

1 を要す, を要せず

▼ 或は進歩党~ (2, 0.0%)

1 の一挙一動, をし

▼ 或は進歩黨~ (2, 0.0%)

1 の一擧一動, をし

▼ 或は遂に~ (2, 0.0%)

1 久保田君は, 亡びるに

▼ 或は遊仙ヶ岡~ (2, 0.0%)

2 と名づけられた

▼ 或は運動~ (2, 0.0%)

1 の為, の爲

▼ 或は道徳~ (2, 0.0%)

1 がない, 高き人

▼ 或は遠い~ (2, 0.0%)

1 旅へでも, 昔の

▼ 或は遠き~ (2, 0.0%)

1 將來であるまい, 殷代の

▼ 或は遥々~ (2, 0.0%)

1 この寺, 東京まで

▼ 或は適切~ (2, 0.0%)

1 なるを, な茶々

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 からむ, くさま

▼ 或は遼東の豕~ (2, 0.0%)

1 たる譏を, に類する

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 での訓諭, を枕

▼ 或は酒食~ (2, 0.0%)

1 に其の, を貪る

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 右衛門の, 吉の

▼ 或は重大~ (2, 0.0%)

1 な侮辱, な犯罪

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 など言, の精靈

▼ 或は金帛~ (2, 0.0%)

1 を贈り, を遺り

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の笞, の鎖

▼ 或は銅瓶~ (2, 0.0%)

2 に梅もどき

▼ 或は~ (2, 0.0%)

2 で線

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の串, の笞

▼ 或は鑑賞~ (2, 0.0%)

2 の範囲

▼ 或は長き~ (2, 0.0%)

1 劔, 柄を

▼ 或は長く~ (2, 0.0%)

1 なつた, ぶすぶすと

▼ 或は長方形~ (2, 0.0%)

2 の花壇

▼ 或は長篇~ (2, 0.0%)

1 として扱われ, を書く

▼ 或は間違っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 或は閣下~ (2, 0.0%)

2 が自治制度

▼ 或は閲歴~ (2, 0.0%)

2 を以て既に

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 弗利加の, 育王の

▼ 或は降る~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, 神將力士あまた

▼ 或は陸路~ (2, 0.0%)

1 を子, を辿った

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の間, や霞

▼ 或は青く~ (2, 0.0%)

1 くつきりと, 或は赤く

▼ 或は青磁~ (2, 0.0%)

2 に菊

▼ 或は面白い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 岩礁などを

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に土, を磨きし

▼ 或は頭上~ (2, 0.0%)

1 に五つ, に戴い

▼ 或は頭痛~ (2, 0.0%)

2 が或は

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に青筋, をよせ

▼ 或は風俗習慣~ (2, 0.0%)

1 が幾分, などについて誤ってる

▼ 或は飛箭~ (2, 0.0%)

2 に傷

▼ 或は飜訳~ (2, 0.0%)

1 し或は, をさせれ

▼ 或は食物~ (2, 0.0%)

1 に於, をさがし

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 じるし, の姿

▼ 或は馬頭~ (2, 0.0%)

2 或は三面六臂

▼ 或は驚き~ (2, 0.0%)

1 或はよろこび, 或は嘆

▼ 或は高き~ (2, 0.0%)

1 にゐ, 処から

▼ 或は高天原~ (2, 0.0%)

1 から持ち来された, と夜

▼ 或は高貴~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の方

▼ 或は鬼神~ (2, 0.0%)

1 となり, なきの

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の所有, 食するもの

▼ 或は鳴動~ (2, 0.0%)

1 によつて神, に伴つて黒煙

▼ 或は麻布~ (2, 0.0%)

2 の叔母さん

▼ 或は麻雀~ (2, 0.0%)

1 に或は, を勧め

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 に彩色, 或は赤

▼ 或は~ (2, 0.0%)

1 の條, や白

▼ 或は黙し~ (2, 0.0%)

1 て四辺, 或は穿鑿

▼ 或は黙っ~ (2, 0.0%)

1 てそこ, て笑っ

▼1* [4849件]

或はあいつも化ける, 或はあきれたような, 或はあさ子もそれとなく, 或はあしゃげがあつて其中には仏壇風, 或はあっさり敏子に, 或はあったかというよう, 或はあったろうかと思われる, 或はあどと称する, 或はあなにや, 或はあなたがたの両親, 或はあまんし, 或はあまねく凡俗人等の, 或はあまりに奇怪だった, 或はあやとして取り入れられた, 或はあらくれの, 或はあらきと訓, 或はあらざる有様も, 或はあらゆるクリストの, 或はあるべきだが出来ない, 或はあんなことに, 或はいい加減に妥協, 或はいかなる迫害を, 或はいかに上手に, 或はいきなり相手の, 或はいくつかの連続, 或はいくらかの北歐的修正, 或はいつぞやの真白き, 或はいつの間にか斎藤茂吉論に, 或はいつも自分が, 或はいとも陽気な, 或はいひわたつた, 或はいまの不覚, 或はいまだ想像として, 或はいやな心持, 或はいらいらとしてゐる, 或はいわゆる美人とは, 或はうごくに, 或はうすい赤ちゃ色の, 或はうたがはしいふ, 或はうたてもゆ, 或はうたまひのつかさ, 或はうちへ持つ, 或はうつかり眠つて畢つたの, 或はうつ伏しつ遂には, 或はおかえりの折, 或はおかげさまで, 或はおこり女色に, 或はおしといふ様, 或はおしこみ専門の, 或はおとなしく默つて居たらう, 或はおどし色々に, 或はおどす様な, 或はおどるこころの, 或はおにぎりで上野, 或はおのれのをも梓行せん, 或はおめでたごとなる行事, 或はお前たち自身よりももっと, 或はお客がある, 或はお盆を手, 或はお針から歸つて, 或はかういふことは, 或はかたをかや, 或はかなと言つたの, 或はかなたアカイアに救助, 或はかぶき者として, 或はかみのみ即ち, 或はきびしく批判される, 或はきまつた人が, 或はきれを以て掩うたもの, 或はぎっしり塊まっ, 或はくらだつたの, 或はくるりと背, 或はぐうたらな遊び好き, 或はけがれたものである, 或はけむったい人々に対して, 或はぞ破れ, 或はここ何週間かは家, 或はこぢんまりとした, 或はこっちの空気, 或はことさらに捜す, 或はこれから出かけるところ, 或はこれ以上の表現, 或はころがり出したが本当, 或はごく部分的に, 或はごろた石の或は, 或はさし上げぬ限り, 或はさほど深い関係, 或はさまざまの珍, 或はさらに虚無的に, 或はてしまふ, 或はしなければならない, 或はしもとを縒つて使, 或はしんからの, 或はしんみり飲めるそしてまた, 或はじっくり育てなかったと, 或はじみなお召, 或はじめじめしない馬鹿馬鹿しく, 或はじゃがいもをゆで, 或はぢゃあは, 或はすかし或はおどし, 或はすがめの人, 或はすぐそこの, 或はすぐ間もなくであったかも, 或はすこし呼吸器を, 或はすすんで弁護, 或はすそわの田井, 或はすべてに近い, 或はすまして或は, 或はするべき必要を, 或はすんなりと伸び, 或はすーっと一方, 或はずっと気づかぬまま, 或はせみね駅あたり, 或はせるろい, 或はせんとしてゐる, 或はそいつの化けた, 或はそういった特殊な, 或はそっと噛んで, 或はその小さな輝きが, 或はその或一面に, 或はその道の言葉, 或はその間に艱難辛苦, 或はそれで安楽と, 或はそれ以上芝居をぶち, 或はそれ以上距離のある, 或はそれ以前に渡来, 或はそれ以後段々さういふ, 或はそれ前に訳し, 或はそれ自らに内在, 或はそれ自身は現存, 或はそろそろと彼等, 或はたいへん賢明な, 或はたかちゃんなんか口, 或はたつが約束, 或はたばたの折口, 或はだし花などいふ, 或はだだ白い, 或はちょいちょい色眼ぐらいは, 或はつい近頃から, 或はついに本来の, 或はつめたい透明さが, 或はこの元, 或はという希望を, 或はとうに走つて行つて, 或はとく子一人に対するもの, 或はとも思い, 或はとりかえせるかも知れない, 或はとんでもない或は, 或はつかに, 或はどちらか一方, 或はどっかの筋肉, 或はどなたかのまちがい, 或はどんな恐しい, 或はなくなり或は今, 或はなだめつ得意客は, 或はなってもよい, 或はなるたけ立たないやう, 或はなるべく本質に, 或はなろうとし, 或はいいでしょう, 或はのっそりとはいりこむ, 或はのり越したといふ, 或はのりごとと言うた, 或はのりとを分解, 或はのんびりと男女, 或ははっきりした知識, 或はひきうどと云, 或はひとりでに枯渇し, 或はひどい位な, 或はひどく磨滅し, 或はひな祭りの人形, 或はひょっとしたらそれも, 或はひよつとする, 或はひよわ児か, 或はひろがりゆくべき祝福の, 或はびろうどの法衣数着, 或はぴったりしきらないの, 或はふいと床, 或はふざけ種々樣, 或はふすまに, 或はふといふ形, 或はうのやまと言つた, 或はへと言ふ, 或はへの字の, 或はべらぼうな或は, 或はぺったりとこれ, 或はほう悪く或は, 或はほのかに或は, 或はほのぐらさが, 或はほんとに自殺し, 或はまう少し古い, 或はまずいかも知れない, 或はまたそれから後の, 或はまたただ漠然とした, 或はまったく鑑る, 或はまるでなかった, 或はつま, 或はみさ子の眼, 或はみなさんの手, 或はみんな瘋癲病院に入らなけれ, 或はむしがれい, 或はもうこれつきり永久にお, 或はもうとうに見つかっ, 或はもう一度強く頭, 或はもう二度とお目, 或はもう全然佐代子を, 或はもう少し実際に近かっ, 或はもさうかもない, 或はもしかすると, 或はもしもし亀よ, 或はもつれて混沌, 或はねこじきと, 或はやうやく暮れ, 或はやがてお目出度, 或はやさしく真実な, 或はやつて来た, 或はやつしと謂, 或はやむを得ずそういう範囲, 或はやむを得ないことかも, 或はやや専門的に, 或はやらずにゐられなかつた, 或はやり切れない程わかる, 或はやればい, 或はゆかはみ, 或はゆらめき或は枯れる, 或はかつた, 或はよかったの, 或はよそへ引越す, 或はよるべなき, 或はよろこびさびしさその他, 或はが行き, 或はわかっても知らん顔, 或はわが浮世絵に, 或はわざとそうするの, 或はわしの筆, 或はわれ知らず使ふ言葉, 或はわれ等の示教, 或はゐなくなつて, 或はゐるかも知れぬ, 或はかびには, 或はアイヌ語系の名, 或はアウフクレールング的啓蒙とどこ, 或はアカイヤの, 或はアジマン族が大挙襲来, 或はアダンの防風林, 或はアトロピンを点眼, 或はアメリカを通り, 或はアリストテレースやアヴェロエス, 或はアリチデスとも稱, 或はアルコール漬けにでもし, 或はアルハムブラの様式, 或はアレースの, 或はイギリスのピューリタン, 或はイクラかお神酒, 或はイタリック字形を用, 或はイタリーまで侵入, 或はイナマルタ川エビタナゴにし, 或はウゴリノ伯の写真, 或はウネメラノとラ, 或はウラというの, 或はウルフらしいと, 或はエコル・ノルマルの入学試験成績発表日, 或はエレキトルの事, 或はエレン・ケイの思想紹介, 或はエロス或はシレン等, 或はエンゲルスの見解, 或はオパルパの例, 或はオペラや芝居, 或はオランダ人もその, 或はカタロオグを読ん, 或はカナカナのよう, 或はカメラの前, 或はカラクーミーを非常, 或はカルナヴァルの男, 或はガボリオだとか, 或はキャムプ生活を奨励, 或はキリスト教以前にはもつ, 或はギョッとする, 或はギヨブツギヨブツクオーを加, 或はクツクの旅行案内, 或はクライド・フイチエスの如き, 或はクリストたちの一生, 或はグチとタンカ, 或はグブツクオーと聽, 或はケンケン服膺する事情, 或はゲエテの, 或はゲーテにおける古典主義, 或はコスバリと読む, 或はコデと為るべき, 或はコロボックルとは蕗, 或はコロポックルなりと答, 或はコンクリートで築かれ, 或はコンプレックスの変型, 或はゴスで或は, 或はゴムの敷居, 或はゴム印の特許, 或はゴム紐の一端, 或はゴーリキイを理解, 或はサガレンまで行った, 或はサブライムといひ, 或はサロメ女王の驕奢, 或はサンダウの鐵亞鈴, 或はサンドウイツチとアイスクリイム, 或はシスを書, 或はシニシズムにすがっ, 或はシャルルに貪慾, 或はシュペングラーの, 或はシレン等を添, 或はシヱレイの合歓, 或はシークななり, 或はシーソー風なもの, 或はジャーナリズムに関係, 或はジョルジョ自身ひどくこの, 或はスクリャビンがやつ, 或はスケッチに及ばないだろう, 或はスケプシスの過, 或はスバル派早稲田派と三田派等, 或はスロオ・カアヴを描き, 或はズケズケした触り, 或はセイタを背負う, 或はセットの方, 或はソーダ鱸大鮹, 或はタイプライタアの後, 或はダイナマイトを歌, 或はチアム語のクハイ, 或はチクチク痛いといふ, 或はチヨボ其他百般の事, 或はテュプス或は原, 或はテーブルの上, 或はテーブルトルニングと云う, 或はデカダン的とも云うべき, 或はデュシスの翻案, 或はデューイ氏に関する記事, 或はデンマルク作家にかぞへ, 或はトタン塀を繞, 或はトボトボと歩るい, 或はトルストイについて人道主義, 或はトーンと軽く, 或はドイツ人なりしかと思はる, 或はドストイェフスキイ風の意識下, 或はナイル河の上流, 或はナップ等がこの, 或はナテュラリズムを意味, 或はニタトロマップ迄行き, 或はニユートンコペルニカスの如き, 或はハイキングといふやう, 或はハイゼでおし, 或はハゼでもイナ, 或はハタキの都合, 或はハッと眼, 或はハーモニーが新しから, 或はバチスト麻の謂, 或はパイオニアの役, 或はパツトラア教授の如き, 或はパリに或は, 或はパルテノンの俤, 或はパンを或は, 或はビユーチフルと言, 或はビルデングの歩廊, 或はピタゴラス團體の學則等, 或はピラミッド形の象形詩形, 或はピルパイと成つたの, 或はファクシミルを挿入, 或はファシズムに陥り, 或はファンテジイを作, 或はフィギュラチーヴに或は, 或はフェリックス・ルセルにアラミス, 或はフユチユリズム其の他, 或はフランスの国民性, 或はフランス人位のもの, 或はフランス美術をもの, 或はフランス語でまた, 或はフローベルであろうかとか, 或はフールマノフのよう, 或はブルジョア的イデオロギーの持主, 或はプラトンの, 或はプルウストとベルグソン, 或はプロレタリア団体の中, 或はプロレタリア食傷新道などと名づけ, 或はヘンリ王子の精神, 或はベルクリイムの傍訓有度, 或はベンチにかけてユッくり注意, 或はペチカの煉瓦, 或はペン軸にする, 或はホテルの粗末, 或はボール箱でも風呂敷包み, 或はポルトガルより先, 或はポルノグラフイイにある, 或はマイナスになる, 或はマスを釣つて, 或はマダムの方, 或はマチスやピカソ, 或はマリアによって悲しく, 或はマンロー氏の大, 或はは中身, 或はミス黒焦事件, 或はミトライユにもまさる, 或はミレヱを連想, 或はメカニズムだった, 或はモウ一層狹, 或はモウ加藤の家, 或はモスクワへ, 或はモラルが物語全体, 或はモリと云う, 或はモリエールのリアリズム, 或はモーター船例えば浅間秩父等, 或ははヤヲヤ, 或はヤブランリュウノヒゲ一類どちらでも解釈, 或はユダを感じ, 或はユーマの如く, 或はヨットを操り, 或はヨモの転訛, 或はヨーロッパあたりでも同, 或はヨーロッパ人に日本人, 或はヨーロッパ文明にあきた, 或はライ公と言, 或はラテン系の語彙, 或はランゲの説, 或はランティラックの, 或はリアリスティックに見る, 或はリアルすぎる位, 或はリキエー郷軍の夥多, 或はリテラリーに或は, 或はリヤカーに乗せ, 或はレゼー先生はお, 或はレニヱサマンの曇り, 或はレールに横たわった, 或はロシアに於ける, 或はロシアもさうかも, 或はロシア人なりしかと, 或はロベスピエルかマラ, 或はロマンティックに感得, 或はロレンソを招いた, 或はローマとかには殆ど支那, 或はワグネルを機関師, 或はワシントンにと擔ぎ廻はり, 或はヴォッカを呑ん, 或はヴオツカを呑ん, 或は一つ一つ他の室, 或は一つ年上位の美人, 或は一つ本の再, 或は一ヶ月いやどうか, 或は一万円になる, 或は一丈下に木葉枝, 或は一世に騒がれた, 或は一世紀間なりの文明, 或は一九一七年の十月革命, 或は一二の出来事, 或は一二回ぐらゐづつお邪魔に参上, 或は一二段下つて居たかも, 或は一人前の男, 或は一代に其完成, 或は一冊ずつ三度, 或は一刀なる者, 或は一匹ずつ離ればなれ, 或は一向に讚められたる, 或は一国の演劇文化, 或は一国民といふもの, 或は一地方に天子, 或は一城を得る, 或は一夕の觀覽料, 或は一外人を主題, 或は一子相伝などが多, 或は一官吏の姿, 或は一寸旦那さん見えない, 或は一寸脈を取, 或は一寸間を入れ, 或は一尺置いた所, 或は一尺近くはいっ, 或は一峰秀立し或は, 或は一年の後, 或は一年中のどの, 或は一度も此世, 或は一度きりだったかも, 或は一戸宛向ひ, 或は一所に来た, 或は一揆主義的極左主義的偏向を想起, 或は一揆方の剛の者, 或は一日遊びの浴客, 或は一旦標山に, 或は一昨年の自己, 或は一時游離した霊魂, 或は一時的であるかも, 或は一時的君や森田, 或は一月有餘の誤, 或は一本足か跛足, 或は一村の地, 或は一枚の蕗, 或は一生涯彼はそれ, 或は一生涯文学に志ざし, 或は一番人間として魅力, 或は一番最後にあらわれる, 或は一目彼女を励まし, 或は一篇を知る, 或は一考の価値, 或は一致その批評的, 或は一致点に到達, 或は一般教育にそれ, 或は一般的に暖いも, 或は一般読書界に於い, 或は一葉よりも一層, 或は一行が自分等, 或は一言もふれない, 或は一読三歎案を打っ, 或は一身をあげ, 或は一転して, 或は一週一回ぐらいの水, 或は一週間内にある, 或は一進一止するに, 或は一道の飛流銀漢, 或は一部分に扮装, 或は一銭銅貨と間違, 或は一門の影塔, 或は一階級のうち, 或は一面的な標準, 或は一頭角をぬいた, 或は丁度その時, 或は七人の囚人, 或は七十五尺といふよう, 或は七千兩といふ夥しい, 或は七字づつ行列させて, 或は七年も八年, 或は七日も八日, 或は七色の虹, 或は七重の教養, 或は七面鳥の丸焼, 或は七頭又は十頭, 或は万一ちがって, 或は万世橋と叫び, 或は万事を犠牲, 或は万人多数の人間, 或は万年雪となっ, 或は万有的に傾, 或は万民の心, 或は万治元年に江戸, 或は万葉仮名で書い, 或は丈余なるあり, 或は或は五, 或は三つ四つ下であらう, 或は三人共無實, 或は三代目の今日, 或は三位の重臣, 或は三倍だ, 或は三分の一の金高, 或は三分の一位だ, 或は三分間位なりきと, 或は三勝半七的な道徳, 或は三匹とも機械師達, 或は三十二年又は三十四年, 或は三十位でも有う, 或は三十倍の実, 或は三千兩にもなる, 或は三千餘人を還俗, 或は三四日も掛つて, 或は三好三人衆の内, 或は三年五年と重病室, 或は三成の遺骸, 或は三日の朝, 或は三日五日とそれ, 或は三日宛とすれ, 或は三本これで酔う, 或は三流どころに過ぎず, 或は三百万円にも附かない, 或は三種のもの, 或は三羽か三疋, 或は三者の合併, 或は三色きりの調和, 或は三葉葵の定紋, 或は三藏の許, 或は三越に火災, 或は三輪山と神河, 或は三里ともまだ, 或は三重吉が, 或は三階に居合せた, 或は三階建等の最, 或は三韓或は隋唐, 或はにくるつ, 或は上り切つた行きどまり, 或は上士と下士, 或は上役との間, 或は上流のアカデミック, 或は上海の美華書院, 或は上田秋成の用語例, 或は上級学校への入学準備, 或は上総の庁南, 或は下さんと欲, 或は下らない対手と, 或は下り右に左, 或は下り道は上下左右, 或は下手人ではあり得ない, 或は下津川より更に, 或は下町の方全焼, 或は下町育ちかも知れぬ, 或は下等な変化, 或は下級の大衆, 或は不便なる島, 或は不動を表さず, 或は不可解なもの, 或は不問に附せられた, 或は不変の意, 或は不定期に上海北京, 或は不平に堪へ, 或は不平不愉快の中心, 或は不愉快であるかも, 或は不意の水祝ひ, 或は不文の掟, 或は不断念仏をはじめて, 或は不服かも知れぬ, 或は不条理かも知れぬ, 或は不正不当に対しては十分, 或は不用な一言, 或は不甲斐ない意久地が, 或は不眠に對, 或は不穏なりとて, 或は不自然の拘束, 或は不規則的暴力に対する秩序的道徳力, 或は不謹慎の様, 或は不遜に聞える, 或は五衛門と, 或は与える才能に, 或はの非議, 或は世界的思潮に共鳴, 或は世界的理性或は攝理, 或は世界的秩序或は世界的理性, 或は世間一般をし, 或は世間有志者の發意, 或はと申した, 或は両人の間, 或は両国橋あたりから身, 或は両手でぶら下っ, 或は両方を総括, 或は両者を綜合, 或は両者ともにそう, 或は両面の剋, 或は並行の道, 或は中世のもの, 或は中元に長上, 或は中国の自立, 或は中央亜細亜の高原, 或は中根雪江から多少, 或は中毒の前駆期, 或は中津川を遡っ, 或は中流人の心持, 或は中等学校へ行かない, 或は中等市民と訳し, 或は中西氏が周章て, 或は中途で萎靡, 或は中間物へ或は, 或はに差され, 或はで消滅, 或は丹青を以て或は, 或は主君師匠および財寳, 或は主従関係というよう, 或は主要部終りの弱い, 或は主観的描写と呼ばれ, 或は主賓たる予等, 或は久しく暗黒界に, 或は久しぶりの来訪, 或は久保田万太郎の思想, 或は久松の眼, 或は乗合自動車の町, 或は乙亥に入, 或は乙女自身が考え, 或は乙束区長が自分自身, 或は九・五十六三十五ミリなどまたは, 或は九十九か, 或は九十九里から犬吠埼, 或は九月初めであった, 或は九鬼氏の, 或は乞士としての太夫, 或は乱暴と思われる, 或は乾燥などといふこと, 或は亀化して, 或は予め何の, 或は予測通りではない, 或は争い或は親しんだ, 或は争端を起す, 或は争闘し不可解, 或は事件そのものが良く, 或は事務的な会見, 或は事実上出来の悪い, 或は事柄に人, 或は事業家の或は, 或は二つ以上の喪葬行事, 或は二ヵ月その工場, 或は二三円を寄附, 或は二三十行づゝ二三箇所削つて, 或は二三千人の集団, 或は二三日で行ける, 或は二三百年の間隔, 或は二三首乃至十首, 或は二人づつもしくは数人づつ或は交互, 或は二人分以上の重量, 或は二代目三代目と襲名, 或は二分が何, 或は二十フィートのもの, 或は二十四時間のうち, 或は二十年もか, 或は二千四百倍と云います, 或は二千年も前, 或は二千年位齡をとつ, 或は二四〇〇〇時間を過した, 或は二回連続の話, 或は二尺置も或は, 或は二年前の旅, 或は二度食事をする, 或は二時間たつたら甕, 或は二月に少し, 或は二枚で買える, 或は二百五十石と唱え, 或は二百十日の暴風, 或は二着かを, 或は二等室の方, 或は二綴以上の接尾語, 或は二者を兼ねた, 或は二説皆是であるかも, 或は二郎が容姿, 或は二階建三階建等の階下, 或は二頭立の馬車, 或は二頭立ちのもの, 或は云はん此の二國, 或は云ふかも知れない, 或は云わない心持, 或は互に酒の, 或は或は六, 或は五六十里といえ, 或は五六尺の檜苗, 或は五冊ぐらいでお, 或は五十の人, 或は五十二度まで行った, 或は五十音に外, 或は五千万人中滅多に読まれない, 或は五尺三寸のもの, 或は五年の訛, 或は五年十年の後, 或は五徳の人, 或は五本六本である, 或は五町七町ほどの賤民おのおの党, 或は五穀の種, 或は五穀草木のみを喰, 或は五行六行にしか使, 或は五輪塔型或は多宝塔型, 或は五間或は十間, 或は井深君を誤解, 或は亜鉛塀を繞, 或は亡くなったのかも, 或は亡くなるか又は, 或は亡ぶるとも伯, 或は亡失したのりと, 或は交互に入り, 或は交替的に行, 或は交渉して, 或は交際の都合, 或は享和二年では, 或は享楽的になっ, 或は奉鉄道, 或は亭主の甲斐性, 或は人だかりのしてる, 或は人はいふかも知れない, 或は人並以上の特別, 或は人事的分子を有する, 或は人参数切を入れた, 或は人君としてはま, 或は人家の軒, 或は人情派の界, 或は人文神国家の主宰者, 或は人智の程度, 或は人格的状態に於い, 或は人殺しでもし, 或は人民共の迷信, 或は人気のない, 或は人生感を共に, 或は人界の女性, 或は人目を憚り, 或は人肉を食, 或は人通りの尠, 或は人道主義的根拠から出発, 或は人長と才, 或は人間一般の弱点, 或は人間界に恩恵, 或は人間群というもの, 或は人間至上主義といつたら, 或は人類共通のもの, 或は人麿が二ざま, 或は仁義の為め, 或はの水鳥, 或はれ甲論, 或は今のが第, 或は今や最期に, 或は今一つ前の姿, 或は今井であるかも, 或は今回の犯罪, 或は今後判然明白になる, 或は今後父と母, 或は今日あなたに会った, 或は今日古事記を見ます, 或はの御, 或は仏教の一分派, 或は仏教味を多く, 或は仏教観相の影響, 或はようと, 或は仕事仲間と一緒, 或は仕方に依, 或は他家のもてなし, 或は他日我等に利, 或は他殺を謀り, 或は他界への遠征, 或は仙人を或は, 或は代価も置かずし, 或は代理者たるに留まらず, 或は代表せらるべき人, 或はを下し, 或は以下の人たち, 或は以前此地の開発主, 或は以外でも出来ました, 或は仮令気がついて, 或は仮説として許される, 或は仰いで大空, 或は仲尼の増す, 或は仲買人の普遍的, 或は企まれてるかも知れません, 或は伊七ならむ, 或は伊勢行幸にでも扈従, 或は伊勢長島三河の一向, 或は伊沢氏に寄寓, 或は伊那盆地から木曾駒, 或は伏見等で行, 或は休みない制作, 或は休む方法を, 或は休眠から覺め, 或は会いに来ます, 或は会津方面の称呼, 或は会社の名, 或は会計役へ申し入るべく, 或はだけは不名誉, 或ははつて, 或は伝へて瑞長, 或は伝写にせよ, 或は伝播説は此点, 或は伝法院の表, 或は伝達者の発言, 或は伯耆に北条氏討滅, 或は似通えるか, 或は佇み或は蹲まり, 或は位置等の如し, 或は位階勳等を進め, 或は声に, 或は低い呟きと, 或は低唱す忽ちに, 或は住み処などの, 或は住居を取毀され, 或は住居その他の関係, 或は佐久間町の三味線屋火事, 或は佐伯といふ, 或は佐保山姫と云う, 或は佐藤重吉に花, 或は体例に背きたる, 或は何げなしに, 或は何とか穏やかに, 或は何とも感ぜぬもの, 或は何もかもそのままにし, 或は何らかの為に, 或は何れかの国家, 或は何ヵ月かを過した, 或は何人かの悪, 或は何十年の間, 或は何年目には又, 或は何時も通の, 或は何時代に當, 或は何様いうかの, 或は何物ともしか, 或は何百号への大作, 或は何百年か後, 或は何百日何千日の間, 或は何處かの家, 或は何里も徒歩連絡, 或は佗びしい夕の靄, 或はが所説, 或は余り複雑すぎたの, 或は余子の小説集, 或は余技とならざる, 或は余技的なもの, 或は余計な事, 或は佛蘭西共和國を模型, 或は作つて居つたの, 或は作るからには別, 或は作劇の組織, 或は作家相川良之介の趣味, 或は作家編輯者との間, 或は作法というもの, 或は作物競争と見る, 或は作者名の明らか, 或は作者自らもし平安時代, 或は作者自身はそれ, 或は佳作以上で傑作, 或は使用せしめん, 或は使者をよこす, 或は來けらし軒鐘, 或は例外かもしれない, 或は侍たちも持て余し, 或は侍臣の口, 或は依頼されて, 或は視した, 或は侮り或は亢, 或は侵略手段によるにあらずし, 或は便宜上のコムミユニスト, 或はを喜ばすべき, 或は保ち得るのである, 或は保健の為, 或は保子自身も自分, 或は保存されて, 或は信じ合へ, 或は信じようと努力, 或は信じられない苦しさ, 或は信仰的な考へ方, 或は信太から来た, 或は信子について耳, 或は信用して, 或は信頼されては, 或はのはやりはじめ, 或は俳人たちに勝つ, 或は俳優的衝動の, 或は個人の名, 或は個人的傾向として或は, 或は個人社会或は主義趣味, 或は個人訪問が行われた, 或は倒れてゐる, 或は倒れかかりて人, 或は倒れることも, 或は倒れんとする, 或は倒壞家屋の下敷, 或は借りものに, 或は借金のかわり, 或は倫敦消息は読みたい, 或はは十, 或は倭漢朗詠集の前, 或はに愚者, 或は假構の美化, 或は偏頗になれ, 或は停車場の方, 或は健康に就い, 或は健康相談所でもっ, 或は側室ともいふ, 或は側面から透し, 或は偶人である, 或は偶人劇の舞踊, 或は偶然放射線による障害, 或はせもの, 或は偽り曲げた言葉, 或は偽名した場合, 或は偽装のもの, 或は傑士賢臣肯いて, 或は傷害し或は, 或は傷痍を負, 或は傾向を異に, 或は僕等日本人の正確, 或はりて, 或は僥倖にし, 或は僧門の人, 或は價値だけに購入, 或は價値觀的傾向を生ずる, 或は僻遠の地方, 或は儀式的の或は, 或は儒家の學, 或は優しい眼を, 或は優れて居られた, 或は優者として動物, 或は元々原話, 或は元日に妖怪, 或は元来そういう名前, 或は兄さんの方, 或は兄妹であらう, 或は兄若い衆の怨, 或は兄菊五郎の深い, 或は兇器を捨てる, 或は先入観からである, 或は先天的構成によって先, 或は先夫人かと思われる, 或は先導者の残せし, 或は先日腫物云々の報知, 或は先生自身にはか, 或は先祖の墓, 或は先立ち併行し, 或は先輩の岩井半四郎, 或は先輩後輩であろうか, 或は先輩諸氏の怒, 或は先進國に追いつく, 或は先達諸家の迷惑, 或は先駆と名づけ, 或は先験哲学の創始者, 或は光る鋼鐵に, 或は光広卿の耳, 或は光明界に出, 或は光線によって起きぬけ, 或は克己ということ, 或は免れ難い苦悩, 或は党中紛擾の事, 或は党外の士, 或は党派のため, 或は党類を集め, 或は入らうとしても受けつけられなかつた, 或は入水せし女, 或は全体馬とした, 或は兩手を祈る, 或は八つを竪, 或は八フィートごと位に石段, 或は八ヶ月經つたと云, 或は八人ずつの食卓, 或は八十尺或は七十五尺, 或は八千兩の行方, 或は八年或は十三年, 或は公使館に明治三十五年, 或は公債を書替え, 或は公共的に教会, 或は公卿的日常から個性, 或は公営娯楽施設など, 或は公子で凡愚, 或は公式の応用, 或は公正なる内省, 或は公民権は如何にも, 或は公益と云, 或は公衆の眼, 或は六人ずつ塒, 或は六十近いかも, 或は六十倍或は三十倍, 或は六十円でも, 或は六十歳をすぎ, 或は六千パーセント云い直せば, 或は六尺高くな, 或は六年或は八年, 或は六月の天, 或は六月号から, 或は共同の物, 或は共同生活の面, 或は共同起原説もしくは部分的採用説, 或は共産主義の宣伝, 或は兵制は甲州流, 或は兵力を以て強逼, 或は兵学者山県大弐をし, 或は兵書を講じ, 或は兵部の邸, 或は其一人であるかも, 或は其一派であるかも, 或は其一部を上下, 或は其一部分の帝王本紀, 或は其一類の即興歌, 或は其下肢に, 或は其不平を色, 或は其世近く移り住んだ, 或は其中に一種, 或は其主長は精霊, 或は其二つの, 或は其以上との信仰, 或は其以下の者, 或は其以後呂不韋, 或は其伝統者と同, 或は其侭或は従来, 或は其儘酢味噌或は醤油酢, 或は其光を此方, 或は其別当寺, 或は其前から伝へる, 或は其前後の家長たち, 或は其力の前, 或は其土地を治める, 或は其在庫品に対して何等, 或は其地の有司, 或は其変形したもの, 或は其外の文献, 或は其家の勢力範囲, 或は其式を伝へた, 或は其弟子の弟子等, 或は其当を得ざる, 或は其形のみ同じく, 或は其後も田舎, 或は其心は果たさない, 或は其性質は誤解, 或は其成熟の意味, 或は其抒情文に依つ, 或は其数年前に於ける, 或は其断篇なる由縁, 或は其時代により長慶體, 或は其樹てた木, 或は其正北外廓に当る, 或は其流行に関係, 或は其渟滯を通ずる, 或は其父かであらう, 或は其王とする, 或は其用途が混同, 或は其祖先の霊, 或は其種本ではあるまい, 或は其等の人々, 或は其筋からの目付, 或は其結果の甚だ, 或は其設備を意味, 或は其誓文はひき抜かれた, 或は其説に大図, 或は其身躬から意, 或は其辺から来た, 或は其部下である中, 或は其重みの下, 或は其附近の地, 或は其階級から昇つた候人流, 或は其頃流行の道教, 或は其餘焔を洩らす, 或は具壽又は長老, 或はを見, 或は内々気がついたかも, 或は内地にをつた者, 或は内奏より訴, 或は内実これを顧み, 或は内庭に集つて, 或は内田君よりも早, 或は内界の, 或は内縁の妻, 或は内面の特別性, 或は円筒を転がし, 或は出するかも, 或は再三往訪した, 或は再現し或は, 或は冒険であるかも, 或は冒険譚というもの, 或は冗談にせよ, 或は写本となる, 或は写真を見, 或は写経を終える, 或はらしくすこし, 或は冷たい硝子の, 或は冷淡にならされた, 或は冷静に自ら, 或は凄まじい舞台を, 或は凍えて死ぬ, 或は凝りすぎて気, 或は凡てが無意義, 或はによつて, 或は処世術をと様々, 或は処士竹内式部をし, 或はを行う, 或は凸凹と云, 或は凹みて渦, 或は出かけるべく餘儀なく, 或は出島の和蘭屋敷, 或は出来たばかりで, 或は出来る丈け, 或は出来上つてから見せる, 或は出水で瀬, 或は出身郷土の名, 或は出雲の飯石神社, 或は函谷關といふ説, 或は刀我野の真, 或は刀禰たちの仮装, 或は分らないやうな, 或は分れ或は合, 或は分割され或は, 或は分布区域の広い, 或は分業的に或は, 或は分霊の木, 或は分類に関しては神話学者, 或は切り離せないものである, 或は切支丹に厚意, 或は刈上げ祭りの時, 或は刊行本の稿本, 或は刑罰とは常に, 或は列車の窓, 或は初めて雪渓を, 或は初夏の, 或は初子の産前産後, 或は初心者の獨斷, 或は判っても又, 或は判断に苦しむ, 或は判然しても, 或は別々かも知れません, 或は別にわが許, 或は別人だったの, 或は別個の思想, 或は別物の如く思はるる, 或は別種の出来事, 或は別離の如く, 或は利子で食, 或は利害の問題, 或は利害相反する階級, 或は利用したいと, 或は利目がある, 或は到るかも知れない, 或は制度に關, 或は刺さり鼓舞され, 或は刺激するといふ, 或は刻毒なる或は, 或は削り花と, 或は前々から何等, 或は前垂被布なんどいふもの, 或は前掲二親王の中, 或は前方後圓の古墳, 或は前記のシカイ殿, 或は前記慶長四年の百姓, 或は前進への必然, 或は前駆し或は, 或はの分子, 或は主人公とも, 或は副詞法より語尾, 或はの霊徳, 或は創作家と記す, 或は創立者に擬せられた, 或は創設の功, 或は創造力として意外, 或は創造者プロメトイス自ら天火を吹き込みし, 或は劇作の筆, 或は劇作家協会の規約, 或は劇毒で殺す, 或は力もて迫り, 或は力中等の者, 或はあり或は, 或は功名にあてられ, 或は功業遺徳につき, 或は劣情と呼び, 或は劣等な作品, 或は励まし又戒め, 或は労作の汗, 或は勅命に戻り, 或は勇士の如く, 或は勇士家園を辭, 或は勇士意氣に感じ, 或は勇將棄て去り, 或は勇者譚或は伝説, 或は動いてるのかも, 或は動き或は止まつ, 或は動力のスウィッチ, 或は動物画に現, 或は動詞と名詞, 或は動詞的発想に体言的, 或は勘次との間, 或は勝つあるも此令, 或は勝れりとし, 或は勝手に改作, 或は勝鬨をあげ, 或は勞働文學が起つた, 或は勤王の主, 或は勲功を以て或は, 或は勳功を以て或は, 或は勿体ぶつて, 或は匐行して, 或は化膿するかも, 或はであっても, 或は北アラスカの荒涼たる, 或は北京で斷髮強制會, 或は北京人が物静か, 或は北支那の五台山, 或は北方の国境地方, 或は北朝の花園院, 或は北村庄作にせよ, 或は北胡と称し, 或は北陸と巡幸, 或は十カ月の後, 或は十七・十八・十九・二十などとも違った, 或は十三年の後, 或は十三月と書く, 或は十三本の筋, 或は十二三せいぜい四五, 或は十二人ずつ或は, 或は十人もゐた, 或は十何度と降る, 或は十余所に及ぶ, 或は十倍なる物, 或は十全を称し, 或は十分かも知れません, 或は十千の, 或は十四年目に故国, 或は十四条などまちまち, 或は十字架にかけ, 或は十年二十年刻苦研鑽を重ね, 或は十年以内ならん, 或は十幾米といふ程度, 或は十数年の年長, 或は十數秒間繼續すると, 或は十日に一度, 或は十日替りにしよう, 或は十日間經つて愈, 或は十月十一月にかけてはまし, 或は十本の鋭い, 或は十歳くらゐの, 或は十畳二十畳五畳三畳真砂の床, 或は十石一人扶持もあり, 或は十行或は二三十行づゝ, 或は十間恰も眞綿, 或は千万人中の一人, 或は千仭の山峰雲間, 或は千島方面並に樺太方面, 或は千年か, 或はに或は, 或は午後彼は私, 或は半ば以上天賦の才能, 或は半ば朦朧状態に於, 或は半ば歴史的にし, 或は半ば私に聞かせる, 或は半年もかかる, 或は半日の休み, 或は半日一日になり, 或は半時或は一時, 或は半身を土中, 或は半途より旗下, 或は卑俗さに於, 或は卑怯の恐怖, 或は卑猥な言語, 或は卑近に思う, 或は卑陋の人, 或は卒伍の卑, 或は協力すること, 或は南内ともいふ, 或は南岳の岸壁, 或は南支那の天台山等, 或は南洋諸島の原始演劇, 或は南蕃人といひ, 或は南関より来り, 或は単独でどこ, 或は単語に於ける, 或は博士が来, 或は卜象を出す, 或は占めんとする, 或は印度洋の大, 或は危急の場, 或は危機と称すべき, 或はかず離れずの, 或は即作右衛門では, 或は即席に料理, 或は即興的に詠み捲いた, 或は却つてこれこそ眞實, 或は却つてさまざまな男性, 或は却つて一段の秋霜烈日, 或は却つて一段秋霜烈日の厳, 或は却走し盤旋, 或は厄介払いを喜んだ, 或は厄介物視して, 或は厄払と云, 或は厚顔無恥のため, 或は現象の, 或は原因を現, 或は原始時代の節廻し, 或は原形を残し, 或は原書に上童, 或は原爆がもう少し, 或は原生動物が光, 或は原稿紙の間, 或は原野にし, 或はで書物, 或は厭味にこねくられた, 或は厳しい眼を, 或は去らんと欲, 或は去勢されて, 或は正池田家譜, 或は參議院に斷髮, 或は又どう云ふ, 或は又当然ながら事実, 或は又新らしい暗示, 或はに逢, 或は友人知己にむかっ, 或は友達からさうきかされ, 或は双六谷を凌ぐ, 或は双方ともにか落ち, 或は反動化するの, 或は反動的な役割, 或は反感的に吾, 或は反映論に陥っ, 或は反正天皇のみ, 或は反発し合つて妄動, 或は反駁し或は, 或は取り入れたものの質, 或は取り殺さねば置かぬ, 或は取り返しのつかない, 或はくる所, 或は受けとめる内心の, 或は受けとる以上に, 或は受けなければならない, 或は叙情にその, 或は叙述に非, 或は口眞似は, 或は口碑が若, 或は口笛を吹い, 或は古事記あたりに發, 或は古事記筆録当時既に一種, 或は古人の言行, 或は古今未曾有の長篇, 或は古今集の大, 或は古今雑部の, 或は古代スパルタをさ, 或は古典人としてかその, 或は古墳旧刹, 或は古藤に向っ, 或は古道具屋を入れ, 或は古都のたしなみ, 或は古風なる, 或はの義, 或は叫び或は黙し, 或は叫喚の, 或は可手の人, 或はで下, 或は叱つたり或は, 或は右舷に凭つて, 或は右衛門を祀つた, 或は各自决する事, 或は合して某々, 或は合体したと, 或は合意情死の中途, 或は合理主義者であった, 或は合理性をよろこん, 或は吉村忠雄氏又は次郎生, 或は同位關係により連絡制約, 或は同好家の一部, 或は同情心を起し, 或は同感を持つだろう, 或は同時であったか, 或は同時に或は相, 或は同盟の君主等, 或は同種のもの, 或は同義語的に民衆読者, 或は同行したとも, 或は同輩以下に対, 或は名刺を差付け, 或は名前を兎, 或は名工の技, 或は名所旧蹟を見, 或は名残りを惜, 或は名演出家を親友, 或は名目だけ遺, 或は名称を偽り, 或は名詮自性のけやきの, 或はなどである, 或は君父に順, 或は君自身も経験, 或は否定的に大, 或は吾人の説, 或は吾等の胸, 或は吾輩一流の野性, 或は呆れましたがどう, 或はの季札, 或は呉一郎と瓜二つ, 或は呉山に老朽, 或は呉景だとも, 或は呉祕の如き, 或は周圍に孔, 或はひの, 或は呻吟し或は, 或は呼ぶかそれ, 或は呼吸器障害若くは, 或は咆吼忿嗔して, 或は和一郎の気がね, 或は和服或は洋服, 或は和解の助言, 或は和銅元年と云, 或は和魂と解せられぬで, 或は咲きもせぬ, 或はみ或は, 或は哲学の一部門, 或は哲学的な均衡, 或は唇飾の事, 或は唐代の仏教哲学, 或は唐宋時代には我が, 或は唐櫃の底, 或は唐獅子を置き, 或は唯一の真理, 或は唯一人の知識人, 或は唯一回だけの事實, 或は唯単に嘲弄で, 或は唯心的に傾き, 或は唯死に迫つた力, 或は唯物唯心或は個人社会, 或は唯造営者の気稟, 或は唱門師とも見られる, 或は唸り聲を發, 或は賣社會, 或は商号かも知れない, 或は商売に従事, 或は商工会その他の実業団体, 或は商業上の目的, 或はを設け, 或は問うまでもない, 或は問答を交, 或は問題であらう, 或は啓蒙宣伝に役立つ, 或は善人だと, 或はを鳴らし, 或は喋っている, 或は喚び起され得る程度に, 或は喜劇はこの, 或は喜劇役者でも漫畫家, 或は喫茶店でされる, 或は單純に考へれ, 或は單純素朴なる信念, 或は單語表みたいなもの, 或はじ武村兵曹, 或は嘆き訴えの前兆, 或はの話, 或はをし, 或は器具製造に從事, 或は器物時としては, 或は器財用として用, 或は噴出物によつて小圓錐形, 或は噴氣孔となり, 或は噴火し或は, 或は噴煙が突然, 或は嚇し或は賺し, 或は嚇す荒き言, 或は嚴島行幸に一門, 或は嚴正に或は, 或は嚴然として叱正, 或はへたる, 或は四つ足門の屋根, 或は四五人のこと, 或は四五年であり自分, 或は四五度二三度もしは, 或は四五日ぶりに一度, 或は四五枚より多く, 或は四五百人も一時, 或は四分の一ぐらいな, 或は四十九弗八分の三であらう, 或は四十四縣とも傳, 或は四十年前の思出, 或は四十歳くらゐで, 或は四十間ばかりにて休息, 或は四国の山中, 或は四国九州をあて, 或は四変して, 或は四年であるが, 或は四年以下にもひろげる, 或は四憐互に敵たる, 或は四方に乱れ, 或は四日の間, 或は四本マストの扇, 或は四百年前亡んだ尚徳王, 或は四等の有期徒刑, 或は四行の大字, 或は四階建に傷み, 或は団子様々の趣向, 或は図画を以て机, 或は固定の妥当的, 或は固有名詞でなく大将軍, 或は国体といふやう, 或は国務を以て党派, 或は国家生活の間, 或は国家的役割をはつきり標榜, 或は国家組織以前からの言葉, 或は国府津の家, 或は国民感謝の情, 或は国民精神作興の為, 或は国際間の平和, 或はと國, 或は國事といひ, 或は國内に於, 或は國務を以て黨派, 或は國土を想像, 或は國憲を紊亂, 或は國有かの所有權, 或は國民の皆, 或は國策といひ, 或は國粹會或は建國會, 或はく或は, 或はの中, 或は土かたになり, 或は土地を割い, 或は土壌に臥し, 或は土山より昨日, 或はの字, 或は圧制せられ恋愛, 或は來の, 或は在らずにはゐない, 或は在るが如し, 或は在来の文学的概念, 或は在郷軍人会のそういう, 或は在野の領袖某, 或は地主としての空気, 或は地代を取っ, 或は地勢や阻ま, 或は地味なくすんだ, 或は地図などを持出し, 或は地所家屋の売買, 或は地方住民の移住, 或は地方官に命じ, 或は地方的な称号, 或は地方縣令で借金, 或は地方間の交通, 或は地物の精靈, 或は地球を一廻り, 或は地理に関した, 或は地理學教室中に寄生, 或は地盤不良な場所, 或は地蔵堂観音堂などに寝, 或は地震動としての破, 或は地霊克服を内容, 或は地面に膝, 或は坂本又は坂元, 或は坂様谷の落口, 或は禪を, 或は坐し或は臥す, 或はにはまりすぎ, 或は染みた手拭, 或はの溜らぬ, 或は埃及と云い, 或は火を, 或はの前, 或は城主或は諸, 或は執筆して, 或は執達吏高利貸などの連中, 或は基本として, 或は堂上風など, 或は堂供養の要素, 或は堂宇を包ん, 或は堅パンを噛ろうと, 或は堅固を極め, 或は堆石堤ではない, 或は堕性的な傾向, 或はを護す, 或は堤防が搖, 或は報告不能であっても, 或は場面の模索, 或はの九輪, 或はだけを残し, 或はのやう, 或は境界の一線, 或は墓地を買上げ, 或は増し或は減ずる, 或は増竄を生じ, 或は増訂し同時に, 或は墨學を爲す者, 或はでも腐っ, 或はり或は, 或は壊らんと為る, 或はし缺, 或は売られてゐる, 或は壹千圓以下壹百圓以上の罰金, 或は変るかもしれないで, 或はの末, 或は夏すぎて時, 或は夕映色の眼鏡, 或は夕暮であるかは, 或は夕雲の翳, 或は夕風にゆらぐ, 或は夕食には干, 或は外れて意外, 或は外れるかも知れない, 或は外国人達が賑, 或は外國軍隊との連絡, 或は外埠の同, 或は外壁の上部, 或は外物に誘はれ, 或は夙にお宮という, 或は多く世に知られ, 或は多く其形式化したがた, 或は多く此に力, 或は多分親戚知友の, 或は多宝塔型其他いろ, 或は多年酷使に堪え, 或は多方面に効果, 或は多言とも云, 或はのあらゆる, 或は夜な夜な美しいお, 或は夜中使を出し, 或は夜半鐘と云, 或は夜更しをしすぎ, 或は夜空の星, 或は夜窓際で月, 或は夜裏庭に忍び出, 或は夢み自分の, 或は夢むるにあらずやと疑ひつつ, 或は夢中に見, 或は夢殿を除け, 或は大いなる行為に, 或は大きい買物小さい, 或は大した事でなかった, 或は大久保主水, 或は大事に至った, 或は大人の背中, 或は大体彼に近い, 或は大同小異の目標, 或は大名になつ, 或は大和の神, 或は大和尚になる, 或は大家の列, 或は大山鳴動走鼠一匹, 或は大工らのため, 或は大師の文章, 或は大晦日の日, 或は大木明神から大木山, 或は大正初年頃, 或は大正六年か, 或は大殿など言, 或は大河の跡, 或は大海の, 或は大生郷の天神様, 或は大白沢山に相当, 或は大砲を鋳る, 或は大空の神, 或は大胆な少年, 或は大衆というもの, 或は大袈裟できざっぽく, 或は大言壮語だけで自分, 或は大通漫歩の人, 或は大院君が平, 或は大陸で大量製産, 或は大額の義, 或は大風の吹く, 或は天井に柱, 或は天台或は真言, 或は天啓として生かす, 或は天女の釣られし, 或は天子の命, 或は天富命に從, 或は天平寳字八年と云, 或は天御中主神を感じる, 或は天御中主神それらの神, 或は天才の発見, 或は天才的なもの, 或は天文年間と書い, 或は天智天皇を申し奉る, 或は天災の塲合, 或は天神下に舎つた後, 或は天空を照, 或は天聲がいい加減, 或は天譴を蒙れり, 或は太き竹を以て, 或は太子の差金, 或は太平洋沿岸にこれ, 或は太玉命と謂, 或は太陽若しくは田土, 或は夫婦として配する, 或は夫婦間の交接, 或は夫等からも何等, 或はくした, 或は失するが如く, 或は失敗かも知れない, 或は失敗勞れであつ, 或は失望し或は, 或は失禮ながら貴方, 或は失策失敗に遭遇, 或は失踪については何, 或は夷俘といふ, 或はなるもの, 或は奇岩怪石の数奇, 或は奇拔に或は, 或は奇逸の或は, 或は奈良の古, 或は奏せられた事実を, 或は契丹國志などによる, 或は契合すべく更に, 或は奔湍巌を噛む, 或はへ請, 或は奥平屋敷の溝, 或は奥座敷といふ, 或は奧縞を著用, 或は奧羽或は北陸, 或は女らしくなくなりは, 或は女子なりし, 或は女子青年団の協力, 或は女房のそれで, 或は女権主張者であつ, 或は女群は今, 或は奴婢部曲にし, 或は好んで進み入り, 或は好事家の如く, 或は好意から倍額, 或は好戦思想を鼓吹, 或は如何に転変, 或は如來の靈驗, 或は妖婦イムペリアだとか, 或は妙義山に将, 或はならざるべきを, 或は妥当でないかも, 或は妬く或は浅ましく, 或はでなかったこと, 或は妻子の幸福, 或は妻子眷屬のため, 或は妻的違う, 或はなどと一緒, 或は姉さんに妹, 或は始皇帝の專ら刑法, 或はを示すなり, 或は威勢の好い, 或は威徳院といふ寺, 或は娘子は一人, 或は娯楽のため, 或は婚姻を以て相互, 或は婚礼のテーブルスピーチ, 或は婚禮の日限, 或は婦人雑誌ででも読んだ, 或はた, 或は嬉しい思いを, 或はの腰巻一つ, 或は孔子曰としても傳, 或は孔雀の輪羽, 或はを見, 或は字脚アクセントの上, 或は字面どほり, 或は存在する筈, 或は存続させると, 或は孝友と云, 或は孤獨赤貧の一青年, 或は孤立して, 或は学会等及びクワーリッチ, 或は学校劇と云, 或は学校統一を名, 或は学校設立の念, 或は学業にいそしみ, 或は学生に外国書, 或は学者の研究, 或は学識を以て或は, 或はが伊沢氏, 或は孫卿といつた, 或はれか, 或は學び直しを, 或は學校の圖書館, 或は學識を以て或は, 或は宇治の集り, 或は宇治平等院鳳凰堂の雲上供養仏, 或は守宮のやう, 或は安十郎が区長時代, 或は安心かとも思ひました, 或は安政元年十一月四日及び同, 或は安楽な生活, 或は安積へゆく, 或は宋代の蒲姓, 或は宋學とか宋學, 或は完成味をもつ, 或は宗助の所, 或は宗教上道徳上の最上階級, 或は宗教家といふやう, 或は宗教的信念を或は, 或は宗教系統のもの, 或は官公吏とかの責任, 或は官員だけが人間, 或は官奴の神仏群行, 或は官憲の干渉, 或は官爵を與, 或は官能の満足, 或は五郎は, 或は定家の式, 或は宜しきを得たる, 或は実に然うなの, 或は実業的天才でもなけれ, 或は実話物へ或は, 或は実説だろうかと, 或は実際そうであるかも, 或は実験と称し, 或は客人のこと, 或は客観的描写と言われる, 或は客觀的世界乃至それ, 或は客觀的實在世界の認識, 或は宣伝に依, 或は宣伝能力といふもの, 或は宮中でのお, 或は宮廷外に出, 或はにもなる, 或は宴会に招かれ, 或は宴席の即興, 或は家々では其専門, 或は家居し或は, 或は家屋に殆, 或は家屋敷を売り, 或は家庭以外ではやらぬ, 或は家庭内身辺の客観的, 或は家庭的ないろいろ, 或は家業を助け, 或は家計の許さ, 或は家鴨の如く, 或は宿でいろいろ, 或は宿した巨旦將來, 或は宿命的であり或は, 或は宿屋の下婢, 或は宿縁ある人, 或は寂びて各, 或は寄り集ひて, 或は寄稿家に御, 或はに貫一, 或は密樹の下, 或は密漁を企て, 或は富みの國, 或は富士の人穴, 或は富沢が僕, 或は富野辺の大きな, 或は寒い日は, 或は寒風が吹きぬけ荒壁, 或は寛永十年といい, 或はにつき, 或は寝そべりながら飲ん, 或は察して頂く, 或はよ, 或はに然, 或は實驗くらゐやつ, 或は寧ろ互に錯綜し, 或は寧其巫女教時代の俤, 或は寧性格の表現法, 或は寧情趣本位の主客融合境地, 或は寧殿ほかひの, 或は寫シシ等の假名, 或は寸分の興味, 或は寺僧のひそか, 或は寺島等をお, 或は寺社や舊幕時代, 或は寺院には数個, 或は対岸の草, 或は対者にむかっ, 或は対話或は全く, 或は対象の内部, 或は対蹠をなす, 或は専門語でせう, 或は射られた時は, 或はに駆逐, 或は将帥の或は, 或は将来の別種, 或は将来女の人, 或は将来自分の妻, 或は将然稀には, 或は將帥の, 或はみ敬えと, 或は導かなかった所に, 或は小乗仏教によく, 或は小刀を借る, 或は小判歩判を桝, 或は小唄の類, 或は小学校児童の劇教育, 或は小学生時代から持っ, 或は小屋掛と云, 或は小山祐士へ菊池寛, 或は小曲風のもの, 或は小杉未醒といふ人物, 或は小林秀雄氏の所謂, 或は小穴君の名, 或は小規模に起つた, 或は小説雑話にし, 或は小説風なもの, 或は少々の烏滸, 或は少いかも知れぬ, 或は少な過ぎるか, 或は少なくとも現に闘って, 或は少年たちの方, 或は少年子弟の自治, 或は少数の努力, 或は少時息を凝し, 或は尖った或は穏, 或は尚一層主観的な, 或は尾張氏と同じ, 或は尾根を搦, 或は尾鰭が急速, 或は局部に於, 或は居留し或は, 或は屈せずして殺され, 或は屈伸し或は, 或は屋敷に狼藉, 或は屍体処理人夫たらしめないため, 或は展開であり或は, 或は山々の何, 或は山三の先登, 或は山人生活の行儀, 或は山僧君の方, 或は山地にも育つ, 或は山姥の里降り, 或は山寨の石門, 或は山岳と共に旧き, 或は山嶽と共に舊, 或は山廻り役の一行, 或は山本有三広津和郎等に案外, 或は山水の奇勝, 或は山江水漲る間, 或は山県侯を以て憲法中止論者, 或は山縣侯を以て憲法中止論者, 或は山茶も一時, 或は山野に逃れ, 或は山間の企業, 或は山陰道或は四国九州, 或は山陽の江戸, 或は山陽道或は山陰道, 或は屹度及第の通知, 或は岡崎まで同行, 或は岡本綺堂氏の, 或はに凭れ, 或は岩角を踰, 或は本天皇時代, 或はに打上, 或は岸本の方, 或は崇拝である, 或は崩れた石塔の, 或は川口一郎へ山本有三, 或は川柳の中, 或は巡回と次, 或は巣元方だとも, 或は工場から数条, 或は工場委員会文化部員に訊くだろう, 或は工業を盛ん, 或は左手に獸皮, 或は左翼的な書物, 或は左翼運動の中, 或は左舷に立つ, 或は巧みにそれ, 或は巧緻深遠なる思辨, 或は巨巖高聳殆んど, 或は巫女自身が神, 或は差引かれたもので, 或は已に勢力を, 或は市中から集め, 或は市中公会等の席, 或は希望して, 或はに勧むる, 或は帝劇の舞台, 或は帝国党を以て内閣, 或は帝国憲政の将来, 或は帝國憲政の將來, 或は帝國黨を以て内閣, 或は帝大に火災, 或は帝王となり, 或は帝胡人の殺す, 或はのよう, 或は帰って来る, 或は帰り去り或は, 或は帰依をなす, 或は帰国の時, 或は帰庵しないかも, 或は帰朝歓迎会とでもあらう, 或は常に持って, 或は常世の国と記す, 或は常世国と云い, 或は常習化した, 或は常識の裏, 或は常陸の石那阪, 或はを脱せん, 或は帽子或は汚, 或は幕府の御, 或は幟竿の先, 或はだの, 或は平たきを以て考, 或は平中は自分, 或は平和を兩軍, 或は平明清澄の妙境, 或は平易に失した, 或は平民的道徳を教, 或は平民社に同情, 或は平気な気持, 或は平気そうにうけ, 或は平素女の客, 或は平野でもよい, 或は年齡を隱, 或は幵官氏に宜, 或は幸若の一派, 或は幸運を保証, 或は幻想する思ひの, 或は幻聴の前触れ, 或は幻覚であろうか, 或はななじみ, 或は幼い時分に, 或は幼児を架け, 或は幼年時代を過ごした, 或はに或は, 或は幽遠なそれぞれ, 或は幾たび同じ歌, 或は幾丈の瀑布, 或は幾人かの集団, 或は幾何学的な形, 或は幾十分の週期を以て繰返される, 或は幾十日に亙る, 或は幾十百年の間, 或は幾多の才人, 或は幾度かくり返し, 或は幾日も一室, 或は幾百圓と云, 或は幾百粁といふ程度, 或は意義の, 或は広い意味で, 或は広くそして屈曲, 或は広島の城谷, 或は広義の往来存問, 或は庇護するよう, 或はに踞り, 或は床の間の床側, 或は序詞などで続けた, 或は店先或は街上, 或は店蔵に成っ, 或は度し難いものと, 或はを離れる, 或は座敷芸と考へ, 或は座談会といふ風, 或はの芸能, 或は庭師などの群, 或は庵中閑打坐は, 或は庶物の精霊, 或は康郁に作る, 或は庸兵となつ, 或は廃止にならず, 或は廝養の児, 或はれたる舟, 或はく或は, 或は廣介のこの, 或は廣場など安全, 或は廣大な景色, 或は廣州に於ける, 或は廣東とかいふやう, 或は延年の法, 或は延長するか, 或は建國會近頃では東京, 或は建文を称し, 或は弄ばれ或は欺かれ, 或は弄ぶような, 或は式子内親王殊に著しく, 或は弑逆が行, 或は弓矢に興, 或は引き上げて又, 或は引き合い或は撥, 或は弘賢の自筆本, 或は弛緩を加え, 或は次くつ, 或は弥勒菩薩だとも, 或は弱者救済の夢, 或は強いてこれ, 或は強制肥育では甘く, 或は強要して, 或は強風が粉雪, 或は弾丸で負傷, 或は当ってるかも知れん, 或は当人これを肯, 或は当人自身それを云ふん, 或は当夜難波十二景といふ様, 或は当局に何等, 或は当時世上にそう, 或は当時同車したり, 或は当時青野季吉によって鼓舞的, 或は当期の議会, 或は当業の請託, 或は形勢の変化, 或は形式に違, 或は形式上の遊戲, 或は形態の構成, 或は彫刻の様, 或はの如く, 或は影響が見られる, 或は役霊と見る, 或は彼らの平和, 或は彼ら嶮要の, 或は彼ら海洋の潮, 或は彼ら自らの武勇促, 或は彼女らは多少, 或は彼我の國情, 或は彼等自身も機関車, 或は往き或は戻り, 或は往き・過ぎの意, 或はのつけ方, 或は待っていらっしゃる, 或は待合であつ, 或は律文である, 或は後々の貴族, 或は後で何か, 或は後れ或は先立ち, 或は後世好事家の偽作, 或は後住族が何時, 或は後家らしい髪, 或は後年に至, 或は後悔は宿命, 或は後期王朝に入, 或は後生学者の手, 或は後継者とみ, 或はの形骸, 或は徒らに排他, 或は徒勞に屬, 或は徒婦羅沼とも読み得ざる, 或は従五位下とある, 或は得意さはあるだらう, 或は得意不得意なもの, 或は從弟とかがどうも, 或は御太刀刀御茶湯, 或は御存じだらう亞弗利加, 或は御家人旗下のよう, 或は御殿樣で厭味, 或は御身が思ふ, 或は御馳走になる, 或は多く學び, 或は復古趣味的な作品, 或は復急に事, 或は復活であります, 或は復讐の実, 或はしく本, 或は微弱ながら性欲, 或は微苦笑の味, 或はありと, 或は徳川家に籠絡, 或はの号棗軒, 或は徴用工になり, 或は心学の平凡, 或は心底から復讐, 或は心斎橋以外は歩かない, 或は心理の深み, 或は心理学的に社会学的, 或は心理學者が實驗, 或は心理小説単なるリアリズム, 或は心理描写の影, 或は心理的特色であったかも, 或は心神恍惚たり或は, 或は心臓の一歩手前, 或は心臟鼓動の力盡, 或は心身共に衰弱, 或は心霊諸君は死後, 或は必ずしもひとりよがりぢ, 或は必定読んでを, 或は必然の結果, 或は必要かもしれない, 或は忍ぶ戀路に, 或は志賀直哉氏の作品, 或は忘れていた, 或は忘れたまま今までに, 或は忘れられてしまった, 或はかりし或は, 或は応報か然, 或は忠孝の為め, 或は忠実な自然描写, 或は忠平に作り, 或は忠義の人, 或は忠行に作る, 或は快く或は発作, 或は快活にうれし, 或は念仏踊りなど其間, 或は念頭に置か, 或は濤澎湃として, 或は怒らせるかもわからない, 或は怒り或は哀, 或は出さなかったの, 或は思ひ出さうとしても容易, 或は思ひ込まされてゐた, 或は思做でさう, 或は思惟の事柄, 或は思想運動者の上, 或は怠惰な俳優, 或は怠慢な理性, 或は急いでそれ, 或は急病の手当, 或は急速に真鍮, 或は急須と等しく, 或は性格の多種多様さ, 或は性格上鎌倉以後の文學, 或は怪しさをも, 或は怪我人は助, 或は怪物の性質, 或は怪異なもの, 或は恋する可能性を, 或は恋愛上のもの, 或は恋歌に限られ, 或は恍惚たる悲壮, 或は恐れられ或は馴, 或は恨み或は疑ひ, 或は恰好かも知れぬ, 或は悉く信ぜられぬに, 或は悔みなどした, 或は悠くりと楽しみ, 或は悠然として或は, 或は悦ばしく或は悲壯, 或はみ日毎, 或は悲しげに, 或は悲しく或は絶望的, 或は悲しく面白い彼等の, 或は悲しみ或は憤り, 或は悲む可きか, 或は悲壯或は清怨等, 或は悲憤の情, 或は悲痛な調子, 或は悲観し或は, 或は悶え或は悔み, 或は悶死を意味, 或は情夫か何, 或は情愛を通じ合う, 或は情緒これこそ一切, 或は惠果が大師, 或はの床, 或は惹きつけ或は反撥, 或は愁雲恨雨の中, 或はみ給, 或は意向とは意識, 或は意地悪い者, 或は意志を示す, 或は意志的な行動, 或は意想外に美事, 或は意欲的なの, 或は意気昂揚して, 或は意義あるやう, 或は意見書を送付, 或は意識内容を以てし, 或は意識的につけた, 或はといわれる, 或は愚劣に或は, 或は愚意を誤解, 或は愚是非正邪のこんがらがる, 或は愚痴で有, 或は愛し尊敬すべき, 或は愛し合うような, 或は愛ちやんは其の, 或は愛国公党自由党等を組織, 或は愛国心の鼓舞, 或は愛国社を興し, 或は愛國公黨自由黨等を組織, 或は愛國社を興し, 或は愛巣心といふべき, 或は愛彼等の沒我, 或は愛慾的表現である, 或は愛犬家に撫育, 或は愛護を殺した, 或は愛護桜に暗示, 或は感じ得るかも知れない, 或は感ぜられる様に, 或は感受性というもの, 或は感嘆の意, 或は感心したり, 或は感覺に或は, 或は慈仁なるもの, 或はざりしならん, 或は態と風情を, 或は慟哭と一つ, 或は慢性的に変質, 或は慢性的異常相貌を一般, 或は慣例上一応菊池, 或は慰め或は励まし, 或は慰め去りては來, 或は慶長年間と書い, 或は慷慨義烈などいふ, 或は慾情も, 或は憐憫の情, 或はる状態, 或は憤り或は嬉しい, 或は憤り出すかも知れない, 或は憤怒の思い出, 或は憤激し或は, 或は憤然として奥床しく, 或は憲兵に腕, 或は憲法撤廃に対する婦人, 或は懇願し或は, 或は懐しい山村として, 或は懐疑的であ, 或は懷疑主義と言, 或は懸りの浅, 或は懺悔して, 或はれ或は, 或は戀愛結婚は理想, 或は戀慕に墮, 或は戊午の年, 或は程と納得, 或は成り上りの, 或は成り立つてゆけぬ, 或は成年式を経ぬ, 或は成徳なりを或は, 或は成立って行く, 或は成行で決定, 或は成長という風, 或は我々人間に操縦, 或は我々以後の時代, 或は我が国の言いならわし, 或は我が国等によく, 或は我斃し血染, 或は我等の几側, 或は我輩の言, 或は我邦の古代, 或は戒めとして考へる, 或は戦争防止の目的, 或は戯れに諭す, 或は戯れ合い二羽の, 或は戯作者的な好み, 或は戰死し或は, 或は戰軍の首領, 或はを表, 或は戸主たるべきひと, 或は戸口に立並び, 或は戸台さんでも来, 或は戸外の業務, 或は戸障子等を作, 或は戻りやっと人一人, 或は戻る氣或は, 或は所感で装飾, 或は所謂啓示として解釈, 或は扇形或は菱形, 或は手先より臂, 或は手前の討取りましたる, 或は手古摺りとか云う, 或は手細工或は紡績等, 或は手織の木綿, 或は手術室のよう, 或は手足を伸ばし, 或は手足部の欠損, 或は手酌で, 或は手鎖をはめられ, 或は手首に或は, 或はの男, 或は才人ぶりを充分, 或は才學につき, 或は仰いだという, 或は打ち紐を, 或は打電し或は, 或は払うて左手, 或はゆるを, 或は扮装としてポーズ, 或は批評の言葉, 或は批評家というもの, 或は技巧偏重の, 或は技術を常に, 或は技術的範囲に限られ, 或は抉れ込んだりし, 或は把柄に木脂, 或は抑制せられた生, 或は投げ与えられたものを, 或は投書家なり松尾, 或は投網でイナ, 或は抱き或は捧げ, 或は押しがむら, 或は抽斎と親善, 或は拍子木かカスタネット, 或は拒んで戦, 或は曲した, 或は拙文のどこ, 或は拡大鏡のよう, 或は拳銃の一挺位, 或は拾い集められ始めたのだ, 或は持たなかった賢さ, 或は持病であると, 或は持続を平然と, 或は持続的に起る, 或は指先を心持ち, 或は指名して, 或は指図もし, 或は返せし汁粉, 或は捕えられていた, 或は捕物帖の始祖, 或は捧げて居た, 或は捧物をし, 或は捨鉢に投げ出されてる, 或は排撃し合, 或は排斥もされた, 或は掠奪された, 或は檢家その, 或は探るような, 或は探偵が潜伏, 或は探究家妥協せざる社会改良家, 或は探険談と呼, 或は接吻に同じ, 或は接待役に出た, 或は接見を禁止, 或は接触しても, 或は推摩居士がいきなり, 或は推測された祕密等, 或は推理推論を以て之, 或は推論によりて得たる, 或は描写体の散文, 或は揣摩すべき者, 或はく再び, 或は揶揄するよう, 或は損ね或は滅ぼす, 或は損失したか, 或は損害や阿諛, 或はり戻しを, 或はし出すこと, 或はし至らしめた後, 或はへ帰り, 或は摂理の不可思議, 或はけて死ぬ, 或は摩りて全体, 或は摩擦或は力, 或は撃つが如く, 或は撃攘する事我國法, 或はき合うの, 或は擧國瓜分の厄, 或は擬人化されたもの, 或は擬似的な接触, 或は擬作と思はれる, 或は擴充である, 或は攝理などである, 或はするが, 或はふる物, 或は支那人の目, 或は支那人町をウロツイ, 或は支那文学の影響, 或は支那朝鮮の歸化人, 或は支那漢代の瓦器, 或は支那西洋に關, 或は支那語の児童読物, 或は改めなどし, 或は改め變ぜんか, 或は改作せられて, 或は改竄せられ増減, 或は改革で大, 或は放送委員会のよう, 或は政党員よりし, 或は政治といふやう, 或は政治家の或は, 或は政治家たる者は一二冊, 或は政治方面の専門家指導者, 或は政治的事件に対して多く, 或は政治的党派性を帯びるであろう, 或は政治的見地から観察, 或は政治経済的な取極め, 或は政達が即ち, 或は政黨員よりし, 或は故に再び之, 或は故人の一族, 或は故郷にありし, 或は救世軍の太鼓, 或は敗けても世界, 或は教え訓し或は, 或は教会に通う, 或は教授の都合, 或は教育學であらう, 或は教育行政の上, 或は教訓をばその, 或は教訓的な宣伝小説, 或は散つてそして, 或は散文詩のよう, 或は散歩と称し, 或はを失した, 或は敬徳の字, 或は敬意を含ん, 或は敬虔な先達, 或は数世紀前アイヌが全, 或は数十日のこと, 或は数十日後に機会, 或は数十銭の所得, 或は数寄屋河岸の真顔, 或は数峰岐峙するを, 或は数年の間, 或は数度此国に来る, 或は数歩高まり前進, 或は数百の匪, 或は数百倍の精神労働力, 或は数百艘の船, 或は数百里もの遠い, 或は数種の法, 或は数箇の村, 或は数銭或は数十銭, 或は整理であり或は, 或は敵人の女, 或は敵意であるか, 或は敵手に陥った, 或は敷きて座敷, 或は數千年の休息状態, 或は數句或は數節改刪, 或は數尺ならむとす, 或は數年内に大, 或は數氏から出る, 或は數男一女の集團, 或は數百人を算するで, 或は數百年前といふ過去, 或は數百群を成し, 或は數百里の深, 或は數節改刪して, 或は數術と書い, 或は數軒の家, 或は數週で諸君, 或は文化元年甲子二十五歳の時, 或は文化性といふもの, 或は文化現象を通じて見る, 或は文化的価値を見る, 或は文化的施設の方面, 或は文化的時間性に關, 或は文化的虚栄心で七むづかしい気分, 或は文化的領域に於ける, 或は文化課といふ部門, 或は文学以上の問題, 或は文学作物が此態度, 或は文学少女の人物評価, 或は文学演劇といふやう, 或は文学的批評という一種, 或は文意に疑ひ, 或は文明を過去, 或は文章学等の諸, 或は文芸の商品化, 或は文芸的知識階級と呼ばれる, 或は文部省の責任, 或は斉東野人の説たる, 或は料理屋などへ持っ, 或は斜め或は横, 或は新しもの好きの或は, 或は新井白石をし, 或は新地を遠国, 或は新川に這入る, 或は新年の御題, 或は新手の強, 或は新築の祝, 或は新築中にいくら, 或は新聞上で御覧, 或は新興芸術派のよう, 或は新都の經營, 或は方式の上, 或は方法的にいろいろ, 或は方言的にか, 或は方言的発音に好感, 或は方言研究の流行, 或は方面にちやん, 或は旁徑に入り, 或は旅中にあっ, 或は旅僧体の者, 或は旅宿の娘, 或は旅立の日, 或は旌表を加, 或は族姓を示す, 或は族長から言, 或はを立てた, 或は旗亭かとも思われた, 或は旗竿尾の装飾, 或は既婚の結果, 或は既成政党の孰, 或は既成政党以外新たに同志, 或は既成政黨の孰, 或は既成政黨以外新たに同志, 或は満支, 或は日々の悪評, 或は日常的な人情, 或は日明を蔽う, 或は日暦中に見出され, 或は日月並び出るの, 或は日本のも初め, 或は日本人的な, 或は日本列島の構造, 或は日本文學若くは, 或は日本民族の起原, 或は日本海岸に或は, 或は日本犬と同, 或は日本独特の清潔, 或は日本紀資料記述時代に既に, 或は日本美術の世界的発展, 或は日本認識のさせ, 或は日本語もその, 或は日没前一時間位の間, 或は日神の系図, 或は日神奉送の神話, 或は日置大舎人部, 或は日置部と相, 或は日記と同類, 或は日進文明の自由, 或は軍属だった, 或は旧年より熱海, 或は旧弊とか因襲, 或は旧時の田花, 或は旨く此方へ, 或は稻田大, 或は早晩掃出さるべき運命, 或は早稲田大学の卒業式, 或は昇り或は下り, 或は昇竜を或は, 或は明け方近かった, 或は明晩は目白, 或は明治以後でも蝦夷松前, 或は明治初期に於ける, 或は明治改元当時であつ, 或は明治時代以前の人々, 或は易し或は己, 或は易心を以て之, 或は昔日の漢方医, 或は昔日本以外の土地, 或は昔物語を語る, 或は昔祖母の話, 或はの始め, 或は春夏日でり或は, 或は春夏秋冬の音, 或は春日の森, 或は春日山の麓近く, 或は春日山麓の自然, 或は春着の褄, 或は春雄に対する愛情, 或は昨夜熊害の他, 或は昨日の酒宴, 或はにても近, 或は晁公武の郡齋讀書志, 或は時事界にも済々, 或は時代相違ならむかとも, 或は時平にも多少, 或は時弊に當, 或は時遲く或は, 或はかも知れぬ, 或はの惣菜, 或は晩酌の銚子, 或は普通と多少, 或は普通以上の記憶力, 或は普通位には有り得るであらう, 或は普通名詞の, 或は普通教育の革命, 或は普門品を誦し, 或は晴れ或は雨, 或は智育偏重の弊, 或はの空, 或はを取っ, 或は夏期に, 或は暑中に葬, 或はく蟄, 或は暫く使って, 或は暮れに近づい, 或はぶ氣, 或は暴威を互, 或は暴徒ともいい, 或は暴飲暴食時に病, 或はの釣鐘草, 或はに逃走, 或は曰く予は大望無し, 或は曰く予父祖の餘惠, 或は曰く京に在, 或は曰く其後に在り, 或は曰く圓一は阿, 或は曰く天神タンゴラ天より糸, 或は曰く憲政党は大隈伯, 或は曰く憲政黨は大隈伯, 或は曰く科擧の原則そのもの, 或は曰く自然に禄, 或は曰く長上に抗する, 或は曰はく所謂国民性の描写, 或は曰はんキリストは罪過, 或は曲り或は迂回, 或は曲線が円形, 或は更代の仕事, 或は書いたかも知れませぬ, 或は書かなかつたとしても先生, 或は書かれなかったかという点, 或は書き落されている, 或は書く時間を, 或は書こうとした, 或は書斎を教室, 或は書添へ或は, 或は書物を抱え, 或は書籍を読ん, 或は曼陀羅を安置, 或は曾根部落の水源, 或は左翼の, 或は最う目も, 或は最初のから咯血, 或は最初京都などから運ん, 或は最大の俳人, 或は最小限で彼, 或は最近数年間の諸, 或は月夜の白雲, 或は月明の川原, 或は月読命と須佐, 或は有り或は, 或は有力者たちの背反, 或は有志青年に村内, 或は有意の創造, 或は有機感覺上に於, 或は服従者の詞, 或は望む可く, 或は望めないことで, 或は朝鮮征伐の時, 或はせずして, 或は期待が裏切られる, 或は朧氣に自, 或は木の下などへ往つて, 或は木の根や岩角, 或は木の葉が偶然此所, 或は木像などとして据え, 或は木影に本, 或は木曾の桟橋, 或は木曾駒の金, 或は木理のやう, 或は木立から抜け, 或は木細工の刳り, 或は木質を以て作りたる, 或は未来派とかダダイズム, 或は未然を察知, 或は未熟にし, 或は未知のもの, 或はの末, 或は末期に短歌, 或は末梢的過ぎる, 或は本場のには日本, 或は本式の成女式, 或は本木村といふの, 或は本末を考へない, 或は本来の天職, 或は本流のもの, 或は本義かも知れぬ, 或は本能的に察してる, 或は本郷区全焼或は帝大, 或は本願寺の庭砂, 或は朴訥なの, 或はに据ゑて, 或は杉並木の奥, 或はが始終, 或は李氏の言, 或は杏坪先生の名, 或は材料の穿鑿, 或は村全体が念仏聖, 或は村毎に牽き出す, 或は村里の娘たち, 或は杞憂に過ぎない, 或は条件の中, 或はけらし, 或は来たと思う, 或は来ないのかとも, 或は来るこが, 或は来るべきを案じ, 或は東両国回向院前等に卸売見世, 或は東寮に居つた, 或は東洋の筆, 或は東洋人が今日西洋人, 或は東洋的な, 或は東海或は奧羽, 或は杳渺たる奇, 或はは大きく, 或はの朧, 或は松井庫之助藤田小四郎等で此中藤田小四郎, 或は松尾の阿礼, 或は松屋呉服店の頂上, 或は松本善光寺又は飯田高遠あたり, 或は松本方面へ下山, 或は松樹の枝, 或は松永弾正の命令, 或は松永弾正自身が宣教師問題, 或は板敷の下, 或は枕席に侍る, 或は枕神と謂っ, 或は林氏のよう, 或は枯寂猖狂は猖狂, 或は枯枝か何, 或は枯死する, 或は枯荻をかざし, 或は枳園の本草経, 或は架空の人物, 或はの桙, 或はの地方, 或は某々等の大衆文学, 或は染織下つて, 或は柔らかに過ぎた, 或は柔軟なる膝褥, 或はち或は, 或は散り桐, 或はを戴く, 或は栄華を平氏, 或は栗原郡で歿, 或は栗田鋤雲といふ人, 或は校友會本部から出し, 或は根こぎにされ, 或は根強く有るまい, 或は根本的な変化, 或は桂冠を戴き, 或は桂小五郎氏等の通辯, 或は案内の僧, 或は案内者としてこれ, 或は桜井の駅, 或は桜田という地名, 或は桶川大宮岩槻の各, 或はを伝はつ, 或はに巻きつい, 或は梅子さんが先生, 或は梅津正保師範の来, 或は梯立で昇り降りするほ, 或はを以て打ち, 或はがかけ, 或は棟木を搬, 或はとなつ, 或は森さんは北京, 或は森先生の目, 或は椅子に掛かり, 或は植主の生地, 或は植木を入れる, 或は植物油を加, 或はの花, 或は椽側に或は, 或はの懷王, 或は楚人となす者, 或はましむる, 或は楽しい画学である, 或は楽境を睥目, 或は楽天的だつた, 或は楽観し又は, 或は構成派のよう, 或は標章玩具の類, 或は模糊たる影, 或は権利をもつ, 或は横暴を極, 或は横浜に流浪三年半二十七歳, 或は横田宗春であらう, 或は横顔だけ漫談, 或はの枝, 或は樹木の幹, 或は樹氷の現象, 或は樹間或は湿地, 或は橄欖の林, 或は橋場の瓦斯タンク, 或は橘三千代橘諸兄等の諸, 或は橘夫人念持仏や香薬師, 或はに触れ, 或は機会を見, 或は機械の發明, 或は機械主義的マルキシズムをなく, 或は檜枝岐に伝わった, 或はのよう, 或は櫻木大佐の運命, 或は欠ける恐れが, 或は欠乏を通じてのみ各人, 或は欠如は或, 或は欧洲に亘る, 或は欧羅巴的女子職業に自営, 或は欺き或は嚇し, 或は欺罔により, 或はといはれる, 或は歌い或は叫び, 或は歌人としての自覚, 或は歌右衛門のゆき方, 或は歌舞伎劇のテクニック, 或は歐洲の北部, 或は歡喜の情, 或は止まつてゐる, 或は正保以前から, 或は正大圓滿な教, 或は正月になる, 或は正月農事始めにも, 或は正直に感服, 或は正面に端坐, 或は正鵠を失した, 或は此一切の事件, 或は此両個の説話, 或は此両州の境, 或は此乙部に聯屬, 或は此作をも, 或は此処で屍体, 或は此前にある, 或は此大観あるも, 或は此山は見えない, 或は此意味の神, 或は此文に拠った, 或は此日の作, 或は此時の作, 或は此書翰集も大学, 或は此木津が本願寺附属, 或は此未開国を征服, 或は此未開國を征服, 或は此本であらう, 或は此無理の労働, 或は此玄如節の如き, 或は此石製烟管は穴居人, 或は此神の右眼, 或は此篇の考証, 或は此腐儒説の被, 或は此言を聞い, 或は此記事を撰む方, 或は此賭易き道理, 或は此近代の理会, 或は此道を少し, 或は此道理を知らず, 或は此高山滞在は九月上, 或は此點ではない, 或は武力に訴えざる, 或は武勇の威力, 或は武器の損じた, 或は武林などの真似, 或は武梅竜では, 或は武藏から頻繁, 或は歩いたのが, 或は歩きつつその, 或は歩くか寝る, 或は歪曲させられる時, 或はだ, 或は歯痛が次ぎ次ぎに, 或は歴々として我足下, 或は歴史上の捏造説, 或は歴史上交渉接触の形跡, 或は歴史性ぬきの下じき, 或は歴史的因襲としてアルコール的お祭的, 或は歴史的理由がある, 或は歸化しその或, 或は死し或は暇, 或は死なせかたの, 或は死なないかも知れない, 或は死んだ後に, 或は死体を以てその, 或は死体切断を, 或は死刑以上の問題, 或は死刑囚さえもが味, 或は死場所を求め, 或は死後に何人, 或は死罪に處, 或は死者は明, 或は死霊生霊無数の暗鬼, 或は死骸の傍ら別, 或は残るかも知れない, 或はるやを, 或は殘酷なくら, 或は殴りつけるかどちら, 或はの時代, 或は殺されたかも知れぬ, 或は殺さんことを, 或は殺し或は発狂, 或は殺害せられ或は, 或は殺戮せられて, 或は殿に御, 或は殿様に個人的, 或は毆打したり, 或は母鶏の背, 或は毎夜そこに燈明, 或は毎夜一点の光明, 或は毎日細かい日記, 或は毒ガス細菌戰に轉移, 或は毒悪なるもの, 或は毒殺すると, 或は比喩風の神語を言, 或は比較的に弱勢, 或は比較神話学とは称し, 或はの生えた, 或は毛嫌ひして, 或は毛深い或は青白い, 或は民友社派との間, 或は民家で, 或は民権の主張, 或は民衆作家とも呼ぼう, 或は民謡として伝わっ, 或は民間では大した, 或は民間流伝の物, 或は気まぐれな坊さん, 或は気味悪い数々の, 或は気楽さうに聞えるかも, 或は気狂いだなどとも, 或は気絶し又は, 或は氣質が自然, 或は水上に胸, 或は水中の魚, 或は水先案内などを業務, 或は水夫となり, 或は水晶のやう, 或は水死した者, 或は水火の如き, 或は水牛の如く, 或は水蒸気が直接, 或は水邊に居る, 或は水野越前に魁, 或は水鏡し金繍, 或は氷柱弾犯罪という名, 或は氷炭相容れざる思想, 或は永久局外中立国たる保障, 或は永田澄子に好意, 或は永続事業となつ, 或は永遠に印刷, 或はづけの, 或は求められている, 或は求婚手段と言, 或は汚れている, 或は汚点か, 或は汝ら望みなば, 或は汝惱ますや, 或は汝敵を撃て, 或は汝等を棄て, 或は汝等水軍のほとりわれら, 或は汝自身の影像, 或は汝近くより, 或は江戸の御, 或は江戸川口の方, 或は江戸時代の遺物, 或は池田氏の事, 或は決してなくは, 或は決めることが, 或は決定本は今後, 或は決定論的傾向を生じ, 或は沈黙を守ろう, 或は沒美學的俗見を, 或は沖繩までも足跡, 或は沛郡の梁文, 或は沢子から手紙, 或は沢山運命が許す, 或は河北の賊, 或は油揚に昆布, 或は油繪に樣, 或は沼澤のほとり, 或は沿岸を往き, 或はになぞらえ, 或は泉石が初めて, 或は法律を一カ条, 或は法文の完備, 或は法王廳のアヴィニオン, 或は法眼宗英の家, 或は波浪つんざける船の, 或は波頭に上り, 或は泣いて居た, 或は泣寝入りをする, 或は泥坊と云う, 或は泥棒し或は, 或は泥水中に倒れ, 或は注釈を以てこれ, 或は泰山府君の信仰, 或は泰平郷のため, 或は洋服フロックあり背広, 或はの海, 或は洞穴を経, 或は津堅島の大祝女, 或は津田繁二さんの許, 或は活動に轉, 或は活動蛹完全な昆虫, 或は流されてしまう, 或は浅い俳優が, 或は浅ましく多少の, 或は浅草今戸町その外処々, 或は浅草蔵前の電燈会社, 或は浜づたいに往通う行商, 或は浜田や熊谷, 或は浦島子暫く天, 或は浩然として歎息, 或は浪六もしくは弦斎一流, 或は浪底に下り, 或は浪漫的なもの, 或は浮き浮きした真似, 或は浮立せて, 或は浮薄なる文士等, 或は海べりへ出, 或は海上遙かに遠い, 或は海上遥かな彼岸, 或は海中まで進入, 或は海外留学を命ぜられる, 或は海外貿易を取締, 或は海外雄飛の夢, 或は海岸の洞穴, 或は海棠の雨, 或は海水の表面, 或は海水七八尋の砂泥, 或は海浜の岩窟, 或は海獸大魚を捕獲, 或は海神の宮殿, 或は海辺をさ, 或は海部と言, 或は海面に到達, 或は海魚のもある, 或は消えたので, 或は消防隊を必要, 或はもろくなり, 或は淀み或は瀬, 或は淋しい冬日の, 或は淑子も自ら, 或は淡い絵具を, 或は淤泥或は腐, 或は淫靡を極めた, 或は深い湖水の, 或は深刻に考へさせる, 或は深淵のよう, 或は混淆したもの, 或は混生し或は, 或は添刪に与る, 或は清らかに或は, 或は清国分割を主張, 或は清國分割を主張, 或は清客か, 或は清怨等の感, 或は清新な空気, 或は清新流麗を崇, 或は清暑堂御遊といふ, 或は清朝の末年, 或は清水浜臣門の堀内雪堂, 或は清算論めいたもの, 或は渓間に一小屋, 或は減ずるので, 或は渡しを向う, 或は渡島の津輕, 或は渡瀬村役場に滞留, 或はを巻き, 或は温く抱擁される, 或は温泉場を読書, 或は温泉湧出し新島, 或はの中, 或はより程遠から, 或は湖水の面, 或は湖湘に幸, 或は湧出量を増し, 或はを呑み, 或は湯河原でございますの, 或は湿地を通行, 或は韓交換を, 或は之丞, 或は源光圀をし, 或は溥洽の所, 或は溺情的に見落し, 或は滅び或は離散, 或は滅ぼすであらう, 或は滑らかな数本, 或は滑稽諷刺の戯作, 或は滿洲から起つ, 或は滿韓交換を説く, 或は漂泊不定な一不良, 或は漂流人で折節, 或は演出家がこの, 或は演出家その他になれ, 或は演劇的傾向のある, 或は演劇的動作であつ, 或は演劇芸術は唯一人, 或は演技というもの, 或は演繹すべき範圍, 或は演説に説き, 或は演説会が開かれ, 或は漠然とした表し方, 或は漢人の迎合主義, 或は漢初の頃, 或は漢学者の物笑, 或は漢方薬局かにしたい, 或は漢詩に或は, 或は溢し, 或は潔癖精神的に幻想, 或は潜り或は跳ね, 或は潜伏して, 或は潜在意識の世界, 或は澄み或は, 或は激しくないもの, 或は激励して, 或は激昂の熱, 或は激流洗ふ所, 或は激湍沫を吹い, 或は激烈或は皮肉, 或は濃き橄欖の, 或は瀧口が武勇人, 或は瀬川と珍, 或は灌木や篶竹, 或は火事にあいまし, 或は火星のスパイ, 或は火災を起しかけ, 或は火雷神として竃, 或は灰色の雲, 或はにまぐれ, 或は烈しく或は優しく, 或はにむせび倒れ, 或はにまかれ, 或は無くてもよ, 或は無力であること, 或は無名作家の個性表現, 或は無名畫家が畫筆, 或は無心な情緒, 或は無意味にただ, 或は無我意識への参入, 或は無機成分中微量のもの, 或は無熱でも自覚, 或は無理じいに夫婦, 或は無用なるかを, 或は無知の一, 或は無縁の霊, 或は無自覺な, 或は無自覚的に可, 或は無限の痛苦, 或は無難に免れる, 或は焦れて自棄, 或は焦慮とでもいふ, 或は焼いたするめの, 或はの如く, 或はて喰, 或は熊坂の誤で, 或は熊毛郡を古, 或は熊襲の徒魏人, 或は熊野比丘尼などの自身, 或はに乏し, 或は熱からんこと, 或は熱し能は, 或は熱中により或は, 或は熱帯地方の動物, 或は熱心すぎる家庭, 或は燃えあがるボヘミヤの, 或は燐寸を貸し, 或は燐酸石灰等の肥料, 或はけを起し, 或は燒物だつて言ひたい, 或はない男, 或は爵位をも博し得, 或は父母の呪咀, 或は父母兄弟親戚の言葉, 或は父祖の妾, 或は父自ら或は母, 或は爺さんとなる, 或は片々だけに下げ, 或は片仮名は平仮名, 或は片方だけにきまつ, 或は片足で立つ, 或は版図に対してはその, 或は牛馬を殺し, 或は牛魔王か何, 或は牧人の, 或は牧場に或はまた, 或は牧谿を模倣, 或は物ごとの表面, 或は物凄い光景が, 或は物品交換の用, 或は物欲しそうな顔, 或はを彼ら, 或は更に調子, 或は特而必誅とか時而必誅, 或は牽強附會とされる, 或は犀象のた, 或はのこと, 或は犬猫に対する時, 或は犯罪人の子, 或は犯行の故に, 或はせるが, 或は狂人の所為, 或は狂奔し上, 或はに狼, 或は狐狸相親しむの情, 或は狩人や密獵者, 或は狩野風の無, 或は独乙は温かき, 或は独居のつれづれ, 或は独断的詩論の主張, 或は独木舟に乗り, 或は独歩自身の中, 或は独立した学問, 或は独身者らしい脛一本, 或は狭く或は広く, 或は狭義に於, 或は狸寝入りだったかも, 或はを神使, 或は狼連などと云う, 或は猖狂或は枯寂, 或はく容易くは, 或は猛勇で聞えた, 或は猛虎の発散, 或は猟人リヤードの方, 或は猥雑な顫律, 或は猫柳の枯れてる, 或はかも知れない, 或は獅子王を, 或は獅躍し或は, 或は獨木橋の上, 或は獨立と云, 或は獨逸系の人, 或は獰猛なるもの, 或は獲得すべき自由, 或はの番舍, 或は獸類の皮, 或は玄妙不可思議であるかに, 或は玄茂即玄明, 或は率直に闡明, 或は王侯貴族の覊絆, 或は王引之の經傳釋詞, 或は王符に作る, 或は玩具視し或は, 或はらしい香料, 或は珍しく出来の, 或は珍奇なる文書, 或は現にホールの, 或は現世の栄光, 或は現代的な女, 或は現在あなたがたの向う三軒両隣, 或は現場不在証明などの懸念, 或は現存の龜板文, 或は現状維持の平和主義, 或は現神以外の人間, 或は現象に関して其由来, 或は現象分析機として或, 或はは然, 或は理外に在る, 或は理念の操作, 或は理智の意匠的構成, 或は理源大師が葛, 或は理窟によつて, 或は理解しようと, 或は理解力の薄い, 或は理論的に又は, 或は琴台ではなから, 或は瑞典かと云つて, 或は瓦解に至る, 或は眠を, 或は甘やかすような, 或は甘酒をすするなら, 或は生かせかた, 或は生きよこれは, 或は生けるが如く, 或は生じ或は, 或は生れる子供の, 或は生れ変ると云う, 或は生前も物質的保護, 或は生意気だと, 或は生来なの, 或は生死通を得, 或は生活合理化といふこと, 或は生活逃避的な気分, 或は生涯僕の記憶, 或は生物学によつて証明, 或は生理上より缺, 或は生理的な条件, 或は生血を吸, 或は生還を期し, 或は生長し或は, 或は用法迄も全く, 或は田の神の為, 或は田中君は鉱毒問題, 或は田中正造が渾身皇室, 或は田山花袋氏の如き, 或は田峯の芸能, 或は田町の鹽湯, 或は田畑を売り, 或は由来記を信じれ, 或は甲虫を拾い, 或は男女の拝んでる, 或は男女共に実家, 或は男木など, 或は男王に隷屬, 或は町人出の所謂, 或は町医に嫁いだ, 或は町名だに変らなかつた, 或は画像などにて南谿, 或は画壇的にはもつ, 或は画学生的な作者, 或は画家建築家音楽の作曲家, 或は画面の中央, 或は画風の上, 或はる可, 或はの溝, 或は留任運動を喜ばれる, 或は異変の為, 或は異様なりしなるべし, 或は異論がある, 或は異風男の寛濶, 或は畳みてその, 或は畳めるは応, 或は畳針を買, 或はる可, 或は當局者として之, 或は當時二人の擧動, 或は當期の議會, 或は當業の請託, 或は畸人の如き, 或は畿内の國, 或は疇昔を凌駕, 或はを挿む人, 或は疑いを抱く, 或は疑つてゐる, 或は疑惑の念, 或は疱瘡の餘波, 或は疲労させること, 或は病根といふもの, 或は病氣見舞として其の, 或は病臥し斃死, 或は痛んで脹れ, 或は痴情等の名, 或はのつい, 或は癩文学と療養所文芸, 或は発作し自分, 或は発売を禁止, 或は発見するかも, 或は発音を間違, 或は登り或は降る, 或は登山しようと, 或は登録権を保護, 或は發明家として眞摯, 或は發音的に書く, 或は白く赤く咲きつ, 或は白堊を塗, 或は白帆の往来, 或は白旗をあげ, 或は白木の指物細工, 或は白根の開山, 或は白椿に赤い, 或は白砂糖の消費量, 或は白簾虹を掛け, 或は白米を麥, 或は白銅に微妙, 或は白鳳彫刻観から見れ, 或はを踰, 或は百太夫以前にこの, 或は百姓が年貢, 或は百姓家で挽割, 或は百年の後退, 或は皆さんのお, 或は皆さん方の旅客, 或は皆人知り悉, 或は皆無でないかも, 或は皇后の御, 或は皇太孫の大, 或は皇子の為, 或はにある, 或は皮膚の不思議, 或は皮革製品の専門職人, 或はを延ばし, 或は盗まれてしまった, 或は盛衰記の記事, 或は盜賊を防ぐ, 或は監督するに, 或は目ざめてたほたほと振らす瓢, 或は目上の人, 或は目的に向, 或は目的小説の翻訳, 或は觀に, 或は直してずっと平常, 或は直井氏では, 或は直接事件に関係, 或は直接方便の有った, 或は直接犯人が持っ, 或は直様日本の異名, 或は直観の尊, 或は相互主義的法規が益々, 或は相対する人, 或は相模から或は, 或はを貫き, 或は看破し得るところ, 或は看護婦か何, 或は眞ツ赤なうそ, 或は眞宗が西, 或は眞志屋の一族長島氏, 或は眞理に近, 或は眞相を穿つた, 或は眞言宗の方々, 或は真剣さのすぐ, 或は真名橋杉を伐った, 或は真夏の山, 或は真底想はなかつた, 或は真白にこちら, 或は真相を伝えた, 或は真紀子の楽しみ, 或は真船豊へといふ風, 或は真言の教義, 或は真贋に関する範囲内, 或は真赤に焼いた, 或は真野冬旭か, 或は真鍮の皿, 或は眩しく又はクッキリ, 或は眷屬神の一つ, 或は眺めそして清閑, 或は眼胞に向う, 或は着物の包み, 或は又は愛, 或はり或は, 或は瞑想の後, 或は瞬間に或は, 或はを負うた, 或は知つて故ら, 或は知り抜いて居るであろう, 或は知るなく去る, 或は知性的とでもいいます, 或は知能上の, 或は知識的に誤解, 或は短文に貯蔵, 或は短歌の類, 或は短篇の形式, 或は短艇の事, 或は矯激な, 或は石器を以て神, 或は石器時代の土器, 或は石垣の角, 或は石垣煉瓦塀煙突等の倒潰, 或は石塊を積載, 或は石壁の門, 或は石屋の仕事, 或は石山ををがむ, 或は石川に持たせつ, 或は石狩川の大箱, 或は石英閃緑岩に変っ, 或はに埋もれ, 或は砂利や砂, 或は砂糖を和する, 或は砂糖屋の看板, 或は研究的に観, 或は研究組織部からその, 或は砕かれ焼かれる運命に, 或は砲兵工廠無事など各種, 或は壞までは, 或は破壊を要求, 或は破廉恥な挙動, 或は破滅援ふべく更に, 或は破風山の頂上, 或は硫氣孔の状態, 或は硬き飯及び, 或は碁道を仙人, 或は碇泊中の少数, 或はき或は, 或は碧梧桐の膝, 或は確實性を持たせる, 或は磊落に或は, 或はひく, 或は礼拝堂の上, 或は社会人文史上の変事, 或は社会党の如き, 或は社会史的観点に立つ, 或は社会外の存在, 或は社会感覚と各自, 或は社会機構としての文化部門, 或は社会的公正文化的妥当の見地, 或は社会的改良を図る, 或は社会的現象が如何, 或は社会研究者である男性, 或は社會主義的コスモポリタンな一面, 或は社會主義者の忠告, 或は社會的なる物, 或は社頭の式, 或は祈るというかとにかく, 或は祈念をこらす, 或は祈願を籠め, 或は祖父の江戸土産, 或は祝宴を張つて貰, 或は神これを授けし, 或は神事執行の中心様式, 或は神人村と言う, 或は神仏を念じ, 或は神原五郎治と与し, 或は神子の唱, 或は神怪なりとして神視, 或は神水を振り, 或は神田を寄進, 或は神界に赴きて, 或は神祕的なもの, 或は神秘主義となり, 或は神経痛が或は, 或は神經痛が或は, 或は神聖なる, 或は神自ら行ふ舞踊, 或は神自身が神占有, 或は神話の中, 或は神速の二頭, 或は祭りの日, 或は祭祀とは何等, 或はを犯し, 或はを平均, 或は禄制を変革, 或は禅定の穴, 或は禊ぎの為, 或は禍福を与奪, 或はを失ふ, 或は福地と呼ばれる, 或は福浦という地名, 或は秀子が塔, 或は私一人であつ, 或は私憤を洩らす, 或は私有か或は, 或は私達以上にその, 或はも初秋, 或は秋冬大風大水などよから, 或は秋後決とも云, 或は秋風の神, 或は科学主義と対立, 或は科学的知識に至つて, 或は科学者の文章, 或は科目の増加, 或は秘密等の厭, 或は租税を恐れ, 或は移り或は絶え, 或は移居が任官, 或は移植をした, 或は移民地を探検, 或はに葡萄畑, 或は稀薄にしない, 或は程度の間, 或は厚きに, 或は稍趣を異に, 或は兒に, 或は穀物を斥, 或はのま, 或はて世, 或は積極消極の両様, 或は穏当でないかも, 或は穢されるということ, 或は穢悪の負担者, 或はの外, 或は空く悲歎し, 或は空しくなつた家, 或は空中に棲める, 或は空前のもの, 或は空地を賜, 或は空文の憲法, 或は空梅雨かも知れない, 或は空氣の中, 或は穿鑿し或は, 或は突拍子もない, 或は突発的に来り, 或は突貫戰の, 或は窃かに京師, 或はに網戸, 或はながら休み, 或は立ち舞ひ或は, 或は立って働く, 或は立つて徘徊, 或は立体化ということ, 或は立志に関する宣伝小説, 或は立憲政党或は愛国公党自由党等, 或は立憲政黨或は愛國公黨自由黨等, 或は立木谷川道筋神社道標それより何歩, 或は立派であったろう, 或はに乗り, 或は竜頭山とも呼ばれる, 或は童児青年老夫, 或は童子丸といふ名, 或は竦峙壁の如く, 或は端役に廻る, 或は競売に附せられた, 或は競技券禁止等も研究問題, 或は竹山城の侍, 或は竹田小幅を売り飛ばした, 或は竹竿にて枝, 或は竹製の大小さまざま, 或は笑つてゐるの, 或は笠取山を枝沢山, 或はの垣, 或は筆記に記し, 或は等閑に看過, 或は筋全部がわからぬ, 或は筋肉を動かし, 或は筋道を間違, 或は筑摩家の恩, 或はをかけ, 或は答弁を議会, 或は箒木或は火, 或は管子はもと, 或は管絃楽の高き, 或は箪笥或は衣類, 或はに打たれ, 或は節分の夜, 或は築山などの上, 或は築港事業に藉口, 或はを以て畫, 或は簡約し或は, 或はの如き, 或は米穀は固, 或は粉々になつ, 或は粉未として感じ, 或は粉末絵具を以, 或は粗雑なもの, 或は粛然襟を正さしめ, 或は粟稗などを貰っ, 或は或は団子, 或は精神の破産, 或は精神上に於ける, 或は精神病となり, 或は精神的現象が或は, 或は精神統一とか或は, 或はの灰分, 或は糠秕或は燐酸石灰等, 或はを切られ, 或は糸車を廻し, 或は系譜の方, 或は糾纏の誤で, 或は紅毛人たちは勿論, 或は紆余曲折しながら, 或は純文学に入っ, 或は純粋にせめて, 或は紙張物或は雪中歩行等, 或は紙數を儉約, 或は紛々として他, 或は素人が, 或は素晴らしい小説の, 或は素朴な感動, 或は素材の力, 或は素知らぬ顏で, 或は素質がさ, 或は紡績等の稼, 或は累代の官職, 或は累代奉公の家人共, 或は細かい芽生, 或は細君らしい人, 或は細密に或は, 或は紳商など, 或は紺野老人に逐電, 或は終に柱を, 或は終りに近づい, 或は終日でも平気, 或は終焉を告げる, 或は終熄するもの, 或は経史を読み, 或は経験によつて, 或は経験哲学に反する, 或は結婚前に私, 或は結婚届の規定, 或は結婚当初にはあつ, 或は結婚政略の便宜, 或は結果を現, 或は結構でございましょうが, 或は絞きて殉, 或は絡まり或は孤立, 或は絢爛な線, 或はのよい, 或は絵画美に囚, 或は絵草紙か何, 或は絶えてその, 或は絶えず意識的なる, 或は絶交すると, 或は絶後になる, 或は絶望の果敢, 或は絶望的に聞え, 或は絶海の孤島, 或は絶頂の三山, 或はの布, 或は絹地に刷っ, 或はると, 或は經書と同じく, 或は經濟の方面, 或は經由して, 或は經驗を指し, 或は継続する状態, 或は続きといふ用語例, 或はふ蔓, 或は綺麗なふざけやの, 或は綿を何, 或は緊張辞と言, 或はに或は, 或は編輯部でどこ, 或は編集者としてもそれ, 或はかに或は, 或は緩く叫ぶ声, 或は練りに練り直した, 或はの下, 或は縛ったり或は, 或は縣官郡吏を擒, 或は縣會で可, 或はに峙っ, 或は縦横に転置, 或は總體の絡合, 或は繁った黒木の, 或は手の, 或は織物ならん, 或はあるもの, 或は罪人の姿, 或は罪悪かも知れん, 或はも下し, 或は罵り或はふざけ, 或は罵る如き声の, 或は羅刹夜叉となり, 或はを目的, 或は美しさの, 或は美しく或は悦ばしく, 或は美人其閨を汝, 或は美味だからと, 或は美川君の方, 或は美文調なる一種, 或は美服を着飾り, 或は美花を粗末, 或は群行者を随, 或は群集の常識的, 或は羨むべき退化です, 或は義一とつける, 或は義兄又義妹, 或は義務の奴隷, 或は義太夫の如き, 或は義憤に激, 或はをく, 或は羽毛のきれつ, 或は翌々年までへかけ, 或は習俗的に息苦しく, 或は習慣道徳的な正義感, 或は習癖からか否, 或はで渾身, 或は尼が, 或は老人が裏, 或は老嬢にて世, 或は老後の思ひ, 或は考えかたをする, 或は考えたあげく, 或は考えなおすかも知れん, 或は考えように依っ, 或は考えられねばならなくなる, 或は考古学といふ予定, 或は考案の一助, 或は考証家の首肯, 或は耻ずるが如き, 或は耽美主義と名づけられた, 或は聊か彼等の, 或は聖なるもの, 或は聖人というの, 或は聖徒の数, 或は聖情と称, 或は聖愛或は痴情, 或は聖美なるもの, 或は聖者の如く, 或は聖観音ともいわれる, 或は聖霊の子供, 或は聞いたにし, 或は聞かせるもの, 或は聰明とかぬけ, 或はを揃, 或は聴かなければならなかつた, 或は職域奉公と云, 或は職業人的ポーズの枠内, 或は職業的解釈より前, 或は職能といふ立場, 或はと松露, 或は肉体的に, 或は肉親のひとり, 或は肉躰の力以外, 或はの中, 或はのぞきを, 或は肥った者か, 或は肩越しに或は, 或は肯定乃至重視, 或は肯綮に当らない, 或は肺炎になつて, 或は肺病徴候のやう, 或は胃潰瘍と瞞, 或は背広フロック袴羽織思ひ, 或は背後からそれ, 或は胡麻飯を用い, 或はを離れ, 或は胴体と首, 或は能くせむ, 或は能率化して, 或は脅され勢毒を, 或は脆く逃げ散るかも, 或は脆弱な文化意識, 或はに伏し, 或は脇役に向, 或は脚下十丈の底, 或は脚本が文学的, 或は脚本家です, 或は殼で, 或は脱皮をうらやむ, 或は脳髄を具, 或は腎気を失つた若隠居, 或は魚或は, 或は腐つたり或は, 或は腐らなかつたりする, 或はを組み合, 或は腕組みをし, 或はの血液供給, 或は腦血管の破る, 或はのまわり, 或は腰部が大きく, 或はの空, 或は腹の中に蠢く, 或は膝塗餅ともいふ, 或は臆病とかの欠点, 或は臣道の実践, 或は臥してゐる, 或は自ら先鋒の, 或は自ら兵に将, 或は自ら泅ぎ着きて, 或は自分たちの生活, 或は自分妙を欲しい, 或は自分等の其年代, 或は自分自身で流れ, 或は自分達はシュルレアリズム, 或は自利一辺の小人, 或は自力で十分, 或は自力難行を捨て, 或は自嘲的に戯談, 或は自家の鉄鍋, 或は自家発電による暗い, 或は自己催眠とか或は, 或は自己弁護のため, 或は自己弁護的に, 或は自己犧牲は貴い, 或は自殺未遂者の置き忘れ, 或は自炊したり, 或は自然主義が外部, 或は自由学園音楽団としていろいろ, 或は自由經營とか官公營, 或は自由進歩両派以外別に一政党, 或は自由進歩兩派以外別に一政黨, 或は自粛自戒を心掛け, 或は臭い髮の, 或は至上個人としての相聞, 或は至尊の御, 或は至当であろう, 或は致仕して, 或はの上, 或は臼井君に失礼, 或は舁いて鎮魂法, 或は舁かれて庁, 或は舅姑と妻, 或はに傾向, 或は舊唐書の經籍志, 或は舊我を屠る, 或は舊火山と名づけ, 或はを伴, 或は舞台そのものの構造, 或は舞台装置の美術的効果, 或は舞踏を今, 或は舞蹈或はチヨボ, 或はに上つて濡羽, 或はのない, 或は舶来の, 或は良いみせしめに, 或は良兼は常陸国, 或は良兼等を酷い, 或は良哉若くは, 或は良心を傷, 或は色々苦しめて, 或はの実家, 或は芝居に或は, 或は芝草の中, 或は芥川に芥川, 或は芭蕉を読む, 或は花人を叙, 或は花環形の奇異, 或は花祭りのもの, 或は花葉を芟, 或は花道をつける, 或は花鳥を繍, 或は芸人として門芸, 或は芸壇の屍山血河, 或は芸術そのものを較べ, 或は芸術品の普及頒布, 或は芸術映画につきまとっ, 或は芸術論になる, 或はを摘み, 或はを被れる, 或はは其護法, 或は若い私は, 或は若しも隆起ある, 或はの對象其物, 或は苦々しくやって, 或は苦心談も存外, 或は苦悩がいる, 或は苦界を睨視, 或は英一の墓前, 或は英雄聖賢の人, 或は茂吉を罵殺する, 或は茅店に閑坐, 或は茫然として山, 或はに意味, 或は草原で或は, 或は草木の葉石野火の煙, 或は草本等より成る, 或は草花の種子, 或は草香孟慎の族, 或は荒き山羊を, 或は荒んでゐる, 或は荒唐無稽な様々, 或は荒寥とした, 或は荒廃の折, 或は荒海などを舞台, 或は荘厳を尽し, 或は荳科の類, 或はを負, 或は莫迦気ている, 或は菅絃楽の高き, 或は菊作りの秘伝書, 或は菊池寛の如き, 或は菊池寛氏の腰, 或はを採る, 或は菓子を買っ, 或は菩薩の乗り物, 或は萎む氣或は, 或は萬一自由詩の詩壇, 或は萼たちは暫く, 或は落ちつき払つた考が私, 或は落着いて, 或は落葉松の純, 或は落雷で碎かれ, 或はか所々, 或は葉鶏頭の淋し, 或は著者の一家言, 或は著述の餘暇, 或は葛根をほっ, 或は葡萄酒の酔, 或はを以て作り, 或は蒐集家の文庫, 或は蒙昧な反動国, 或は蒲生君平となり, 或は蓋しわが口, 或は蓮花開発に似たる, 或は蕪村自身の創作, 或は蕪青を用い, 或は黄色い色の, 或は薄々と虚空, 或は薄い面紗の, 或は薄く水の, 或は薨去直後か詳, 或は薬師であり地蔵, 或は薬草の採取, 或は藍色の釉薬, 或は藝道戀愛に對, 或は藤原朝の儒者, 或は藥物など土地, 或はの中, 或はの中, 或は蘆屋の菟会処女, 或は蘇州の寺, 或は蘇州河以南の租界地域, 或は蘭軒に贈つた, 或は蘭軒歿後の事, 或は虎蹲しその, 或は虐げ纔に, 或は虐待でなければ, 或はに乗じ, 或は虚しく設け予め, 或は虚無党の如き, 或は虚脱と云った, 或は虚言を吐き, 或は虞美人の血, 或はでも落ちた, 或は蚯蚓のやう, 或はに旗幟, 或はの甘き, 或は蜜蝋蜂が一生懸命, 或は蝙蝠傘を杖, 或はと飛び, 或は蝶々を網, 或は蝸牛の歩み, 或は蟲害其の他, 或は蟲藻であ, 或は血みどろの悪戦, 或は血族の悽惨, 或は血管中の血, 或はのアキリュウス・ペーレーデース, 或は衆善奉行諸惡莫作, 或は衆生の語, 或は衆議院多數, 或は衆議院多数の意向, 或は行きがけのシカゴ公園, 或は行人を掠め, 或は行動主義浪漫主義など文学, 或は行過ぎた背後へ, 或は行違ひなどを, 或は術科か, 或は街上に曝す, 或はをはがれ, 或は衣川の姿, 或は衣更てはや, 或は衣裳持ちで質, 或は衣類それも多く, 或はに示した, 或は表現そのものが既に, 或は表現以前の精神的実体, 或は表現内容に応じ, 或は表面的な士気, 或は衰弱して, 或は衰退の意味, 或はに道念寤め, 或はを連ね, 或は被官解放運動の名残り, 或は被害民を罵詈, 或は装置主任という資格, 或は装飾を必要, 或はからちやん, 或は裏口より突然, 或は裏街の入り込ん, 或は補修を加え, 或はになっ, 或は裸男でありました, 或は裸體となつ, 或は製粉処にて粗末, 或はをまくった, 或は複式のはねつる, 或は複雑だとか, 或は褐色にした, 或はを細目, 或は襞層刀稜の如く, 或はに或は, 或は襤褸をまとおう, 或は西京には古く, 或は西伊豆と出, 或は西南の騒動, 或は西周の初, 或は西域人といふ, 或は西嶺は富士山, 或は西數里の間山, 或は西村の祖母, 或は西洋人が使つて, 或は西洋人相手の花屋, 或は西洋讃美の書物, 或は西海に走つ, 或は西班牙を斥, 或は西蕃の寇, 或は西藏方面蒙古, 或は西風寄せ來り勢猛, 或は西鶴を見直し, 或は奏の, 或は見たかもしれない, 或は見つからなくても遠藤, 或は見ることが, 或は見出させる術を, 或は見出したと思った, 或は見出そうと仕, 或は見得坊が, 或は見方をかえれ, 或は見栄だけでそれ, 或は見習つてゐたかも, 或は見違えたかも知れません, 或は見馴れない顔ばかり, 或は規則に就い, 或は規模小にし, 或は覗き眼鏡を取りはずし, 或は覚めて居た, 或は親しく渡航視察の, 或は親たちを馬鹿, 或は親族であり友人, 或は親昵朋友のため, 或はに行きたくなく, 或は観光の意義, 或は観念的に或は, 或は観照に或は, 或は観破せざるが如き, 或は観菊の会, 或は觀念に對, 或は觀菊の會, 或はの小片, 或は角度が来年, 或は角田かもしれません, 或は角製の細棒抔, 或は解るかも知れません, 或は解脱救濟の一契機, 或は解釋により又は, 或は觸覺をたのしむ, 或は言い過ぎたことの, 或は言わん右に, 或は言問橋にせよ, 或は言廻しと違つた表現, 或は言語的実践の訓練, 或は訃音が至らなかつた, 或は計りに來, 或は計算し難き久しき, 或は討死し或, 或は訓戒しとにかく, 或は訓示といふやう, 或は記憶偏重ということ, 或は記憶違へから併合, 或は記紀を書いた, 或は記者なり牟婁新聞, 或は記述者の記憶, 或は記録には現, 或は訪問勧説を行い, 或は訴えとして娘, 或は註文の使者, 或は詈言したり, 或は詐術を以て齊, 或は詔使に対捍, 或は評判の通り, 或は詞章記誦の末, 或は詠じ或は又, 或は試みの可能性, 或は詩人兼ジヤアナリストを完成, 或は詩人哲学者を以て単に, 或は詩人文学者の質, 或は詩人文學者の質, 或は詩人論を譯載, 或はがとんちんかん, 或は話し家に, 或は該植物の發育, 或は詳密であり或は, 或は誅せられてしまった, 或は誅殺するという, 或は誇張されて, 或は誘拐せられたとか, 或は語句言いかえれば, 或は語句言ひかへれば, 或は語根の屈折, 或は語源を同じく, 或は誠意のな, 或は誤読ならむ, 或はあり父母, 或は説明説話は凡て, 或は説有て図, 或は説経は此点, 或は説話発生の動機, 或は読み或は考, 或は読んだふりを, 或は読書でありますとか, 或は誰かが立, 或は誹謗を生じ, 或は調合はよく, 或は調和するかも, 或はつたり, 或は諂ったり或は, 或は談笑し或は, 或は請人相立候程なれ, 或は論理的とか合理的態度, 或は論者の社会的所属, 或は論説へ転向, 或は諷誦の文, 或は諸侯大夫を勝手, 或は謀叛人の子供たち, 或は謂ふかも知れぬ, 或は謔浪笑罵す, 或は講演或は座談会, 或は謝罪し或は, 或は謠曲或は義太夫, 或はひ舞, 或はるを, 或は識者にし, 或は警官の保護, 或は警察の者, 或は議會を盲從, 或は議題に上る, 或は譽めそやし或は, 或は讃岐の杉本坊, 或は豆腐のこと, 或は齧と, 或は豊前坊から北岳, 或は豊島刑部左衞門秀鏡の陣鐘, 或は豊饒なる新, 或は象徴としてゐる, 或は象徴詩かも知れない, 或は象徴風に現, 或は豪華にその, 或は豫めタオルを卷い, 或は豫審廷で發明, 或はに欺かれし, 或は豺狼の, 或は貝塚を以て巨大, 或は貞伯に作つて, 或は貞女征夫を思ひ, 或は貞女烈婦の美談, 或は貞白に作り, 或は負うべき任務だろう, 或は負けていた, 或は負傷した人々, 或は財寶を掠め歩く, 或は貧乏な人, 或は貧窮な生活, 或は責任を回避, 或は責任者として押し出され, 或は貯え置き遠方, 或は貰い受けたもの, 或は貴族主義者が思ひ切つ, 或は貴種の人, 或は貸間を業, 或は資本家或は富豪, 或は資金の出所, 或はを見, 或は賊徒を容, 或はかな華美, 或は賑やかな或は, 或は賞揚して, 或は賞罰の觀念, 或は賠償金を出さず, 或は或は愚, 或は賢明なる人物, 或は賦租を免じ, 或は質疑がある, 或は質素の習慣, 或は賺しつ或はなだめつ, 或は贅沢を極めた, 或は贔屓ともいいます, 或は贖罪供物であるところ, 或は赤ン坊の様, 或は赤毛です, 或は赤瓦を積む, 或は赤皮の靴, 或は赤褐黄緑その他様々の浮藻, 或は赤道附近でしか生きられない, 或は起こりうることを, 或は起り或は仆, 或は起行を試みた, 或は超越的形而上学の世界, 或はを脅かし, 或は趣向をもつ, 或は足らざるあり或は異, 或は足利三代の木像, 或は足袋を濡らした, 或は跌坐専念放心の方法, 或は跡足でバタ, 或は張された, 或はを踏み違えた, 或は路上問答を試みられた, 或は路中行装を観, 或は跳ね上り或は, 或はの人々, 或は踊一手の祝儀, 或は蹉躓の伴, 或は蹲まり或は空, 或は躊躇すると, 或は躍如として魚, 或は身分を取立て呉れろ, 或は身輕な漂泊, 或は身長一寸位とか八寸位, 或は身長六尺二寸余とも伝, 或は身體が不具, 或は車なんどを曳い, 或は車掌に頼ん, 或は軍事の方面, 或は軍事思想を或は, 或は軍人間に比較的, 或は軍備主義の尊重, 或は軍略に汝, 或は転向を覚悟, 或は軽き麻酔を, 或は軽快な銀色, 或は軽演劇からも出うる, 或は軽薄かそういう, 或はやかに, 或は輝きて動い, 或は輝くやうな, 或は輸入活字ではない, 或は輸出向に製作, 或は轉び切支丹となつ, 或は轉宅の時, 或は轉折の處, 或は辛い夢, 或は辛抱するかも, 或は辞句の訂正, 或は辞藻や, 或は農商務とどういう, 或は農桑を伺ひ, 或は農民が騒ぎだす, 或は農産品仲買関係者が米, 或は迂回する等, 或は迎合主義の結果, 或は出の, 或は近くピューンピューンと鳴く, 或は近く傍らの炭壁, 或は近く大なるもの, 或は近づいて来, 或は近づいた危険を, 或は近づき或は遠, 或は近世の神社行事, 或は近代の西洋, 或は近傍を歩行, 或は近家の興廃浮沈, 或は近江朝に出来, 或は近郊の山, 或は近頃の名, 或は返さずと云う, 或は迷って来, 或は迷妄嫉妬と云, 或は剥ぎ或は, 或は追いつきもしよう, 或は追分沓掛等に淹留, 或は追剥を致し, 或は追返されるかも知れぬ, 或は退きてトロイア勢, 或は退化の跡, 或は送られるに堪え得ない, 或は送るのを, 或は送還せられむことを, 或は逃げてもしかた, 或は逃げどころ人間よりは気, 或は逃避して, 或は逃避所だ, 或は逆立し或は, 或は逆襲的に赤穂方, 或は透明に近い, 或はふ蟻, 或は這入つて来る, 或は通れぬということ, 或は通俗的にし, 或は通儒名士の文中, 或は通常の人間界外, 或は逞しき奔放さと, 或はかな忘却, 或は速く或は遲, 或は造り酒屋の庭, 或は連れの者, 或は連れ立ちし人に, 或は連体の語尾, 或は連歌が室町, 或は連絡といふこと, 或は連続を示す, 或は連葛とある, 或はを隔て, 或は進化論の最初, 或は進歩して, 或は逸る氣の, 或は逸話の部類, 或はりて, 或は遁逃的態度に出, 或はさで, 或は遅々とながら, 或は遅く或は全く, 或は遊び或は働い, 或は遊び仲間によ, 或は遊冶郎の窃, 或は遊廓から時に, 或は遊歩道の芝生, 或は遊歴中にも同行, 或は遊蕩の気分, 或は運命に支配, 或は運命的現象として作者, 或は運送問屋苦力及車夫の取締, 或は過ぎし人々の, 或は過失死をとげる, 或は過少評価せしめるやう, 或は過度に効果, 或は過言ではない, 或は道士の導き, 或は道徳的影響に対する警戒, 或は道徳的理想は其の, 或は道楽をするべきである, 或は道樂を目的, 或は道筋が異, 或は道義の論, 或は道義的に現象, 或は道義観や正義観, 或は道路の破, 或は道風あたりまでをやり, 或は達ちゃんの方, 或は達子に心, 或は達識の人, 或は違ふかも知れぬ, 或は遙方山の半ば, 或はざかつた事も, 或は遠く西域地方へ出掛けた, 或は遠く鳥羽に清水, 或は遠のいたり或は, 或は遠山の雪, 或は遠島に流人, 或は遠廻しの忠告, 或は遠征隊の兵士, 或は遠洋近海航行の汽船内, 或は遠雷のよう, 或は遥拝した為, 或は適度の表示, 或は適当かも知れぬ, 或は遭難紀念会といひ, 或は遭難紀念會といひ, 或は遺書を拝, 或は遺書といつてもよから, 或は遺産に対する婦人, 或は避けたという気, 或は避けたいと思つた, 或は還俗せしめ給, 或は邑落では主長, 或は邪魔者と見, 或は郡吏等を頼ん, 或は郡虎彦氏の如き, 或は郡長の代理, 或は部下に伝へる, 或は部分的では, 或は部民との間, 或は部類から見, 或は郷党の情実, 或は郷黨の情實, 或は都会ではヴィーナス山脈, 或は都会的であると, 或は都合上支払ひを, 或は都城の傍, 或は都鄙政談の囂々たる, 或は酒店ならば, 或は酒精中毒から来た, 或は酒飲みだつたか, 或は酔い或は醒め, 或は酔ったふりを, 或は酵素と名づけ, 或はに失す, 或は醍醐味と云つて, 或は醒め或は夢み, 或はを, 或は醤油酢にて喰, 或はの道, 或は釈教歌などの影響, 或は釋草より釋獸, 或はの子, 或は里宮が先, 或は重々しげに, 或は重厚典雅を崇び, 或は重吉には何とも, 或は重圧かということ, 或は重複すること, 或は重要美術的な存在, 或は野心といふ面, 或は野火や山火事, 或は野菜ものばかりを食つて, 或は野蛮の状態, 或は野辺山原というよう, 或は金ピカ自慢の方, 或は金以外評判と云う, 或は金属製の拇指環, 或は金工或は染織, 或は金曜ごろ出かけられるかも, 或は金曜日になる, 或は金焔色に鱗片, 或は金銀等へ自分, 或は金錢を談ずる, 或は金門玉堂の人, 或はの先, 或は針小棒大にいう, 或はを垂れつ, 或は釣技といふ言葉, 或は釣糸を埀, 或はとたゆまざる, 或は鈍ったものが, 或は鉄砲を捧げ, 或は鉄道の労働, 或は鉛筆を耳, 或は鉛色の身, 或は鉱物に宿る, 或はに同化, 或は銀座通とか日比谷, 或は銃器臺などは其連合, 或は銃声をき, 或は銃殺された, 或は鋤鍬などを持っ, 或はをうち, 或は鋭利なる観察家, 或は錆声で端唄, 或は錫蘭島だと, 或はっていた, 或は錯倒であると, 或は錯脱を生じ, 或は錯覚かも知れない, 或は錯覺とし, 或は鍛冶屋派の作家, 或は鎌倉武士以來の關東武士, 或は鎭守に或は, 或は鐘楼などをもつた, 或は鐵砲を捧げ, 或は鐵管の繼手, 或は鑄金を以て供奉博士, 或は鑑賞上の訓練, 或はの温泉, 或は長上者に捧げる, 或は長安に於, 或は長崎通詞で隨行, 或は長期にわたる籠城, 或は長期療養を覚悟, 或は長椅子に倚, 或は長沼輩党の内部, 或は長閑に或は, 或は門田朴斎では, 或はめく藥湯, 或は閉店とかそんな, 或は開いたり或は, 或は開き或は闔, 或は開けた谷間の, 或は開港する以上, 或は閑靜處に住み, 或は間に合せ的なもの, 或は間もなく伝記に, 或は間歇的に或は, 或は間然するところ, 或は間違ひの, 或は間違いではない, 或は間違った所で, 或は間違つて居るかも, 或は閔子の門人, 或は閔泳駿等が支那, 或は関係ある, 或は関心の外, 或は関東地方にまで出掛け, 或は関東地方全滅などそして, 或は関翁と打, 或は関西に行き, 或はが来た, 或は闇夜の星, 或はじて, 或は闘いを挑む, 或は闘って自分, 或は闘志をなくし, 或は闘論が出来なかった, 或は關所破りなどのこと, 或は關東と云, 或は阿媽ともいう, 或は附加言にし, 或は附近の丸沼及大尻沼, 或はしく或は, 或は陋劣なる家庭, 或は降つて源氏物語, 或は降魔の剣, 或は陝甘新疆方面, 或は陝西に或は, 或は陝西巡撫の升允, 或は除夜の転化, 或はに之, 或は陰欝な金色, 或は陰険の手段, 或は陰陽と言, 或は陰陽術或は文章学等, 或は陰陽道との交渉, 或は陶棺木棺が二十, 或は陽球内に入, 或は隋唐と古, 或は階級の意識, 或は階級以外のもの, 或は階級的社会の支配, 或は階級間のそれで, 或は随一とも称すべき, 或は随感消息等は各, 或は随筆的に話し, 或は隔絶し或は, 或は見し, 或は障子を細目, 或は隠れた大学者だ, 或は隠士が優越, 或は隣室の話声, 或は隣組のそういう, 或はの行列, 或は雄弁過ぎるの, 或は雄略天皇などいふ, 或は雅文と称し, 或は集めたものと, 或は集めんとする, 或は集会の時, 或は集会宴席の附合, 或はを呼ぶ, 或は雑報にあるいは, 或は雜沓の中, 或は離散した状況, 或は難からんか, 或は難きことを, 或は難く或は易し, 或は難解と目, 或は雨戸が閉められるかし, 或は雨日の景, 或は雨降山の事, 或はを踏ん, 或は雪中歩行等にて運動, 或は雪洞の明り, 或は雪達磨の形, 或は雰囲気ではなかったろう, 或はではない, 或は雲南地方の, 或は雲南方面に於, 或は雲竜寺にゆき, 或は零落した者, 或は電信の符号, 或は電光を見ない, 或は電気を誘うた, 或は電車の中, 或はひおの, 或はとおき結び, 或は露わに卑しくまたは, 或は露国のスパイ, 或は靈山子と篏, 或は靈魂の不死性, 或は青いとんぼの, 或は青き蟾蜍の, 或は青侍格勤の前, 或は青年の必讀書, 或は青白い或は滑らか, 或は青銅にうつし, 或は青銅漆かで出来, 或は静かな海, 或は静岡の方, 或は静的な半面, 或は静観する, 或は靜岡縣に何, 或は非業の末路, 或は非難出來なかつたかも, 或は面子により或は, 或は面白がって, 或は面白くないといふ, 或はの鞄, 或は革命の歌, 或は革命軍の旗, 或は鞦韆の踏臺, 或は韓非の筆, 或はを変, 或は音転であるかとも, 或は韻文の一種, 或は頂上の十字架, 或は順序から見, 或は順応性が新, 或は順慶の説く, 或は須磨を追, 或は頓馬な或は, 或は領格時としては, 或はの生気, 或は頭後に渦, 或は頭蓋骨を砕い, 或は頷き或は招けり, 或はれ或は, 或は題材は何ん, 或は額面を減少, 或はの色, 或はが見え, 或は顔丈けが異常に大きく, 或は顔半分など瞬間, 或は顛末の報告, 或は顛覆するの, 或は類似の品物, 或は類型を意味, 或は類歌あるべくいさ, 或はりみ, 或は風の神にやる, 或は風の音の如く, 或は風声鶴唳にも驚きました, 或は風格であって, 或は風雨に曝され, 或は飄逸に或は, 或は飛んでアイアス, 或は飛火がした, 或は飛行機の姿, 或は飛躍しながら, 或は飜筋斗返りし斜立, 或は食物原料採集に出掛け, 或は飢渇に苦, 或は飮食店に於ける, 或は飯櫃の邊, 或は飯田安石の女婿銀二郎, 或は飯盒の中, 或は過ぎし年賀, 或は飲み或は, 或は飲めぬ手合に, 或は飲んだばかりのウイスキー, 或は飲食品の一番, 或は飲食店等に立ち寄り, 或は飴菓子団子氷水を商う, 或は飽くまでも官能的な, 或はを搗く, 或は養子であるか, 或は養父の手びき, 或は養老二年と云, 或は餓鬼岳の名, 或は餘程人民に廣, 或は饅頭形とでも名, 或はに苦しみ, 或は饑渇の爲め, 或は饗宴と称, 或は首尾好く町, 或は首肯せらる, 或は香料の豊か, 或は香水の化学方程式, 或は香酔山の如き, 或は馬琴流の善玉悪玉, 或は馬船をかずけ, 或は馬車の車輪, 或は馬鹿な, 或は馳逐し或は, 或はじま, 或は馴れを感じる, 或は馴れない新方式, 或は駄目だったかしらと, 或はで道中, 或は駱駝や牛馬, 或は騒音になっ, 或は騾馬の如く, 或は驚くに足らざるべし, 或は驟雨神話説はこの, 或はをこ, 或は骨角の如き, 或は體温の昂騰, 或は高圧的に返答, 或は高声の叫び, 或は高等な或は, 或は高等学校で逝く, 或は高等學校に於い, 或は高遠な理想, 或は高邁な理念, 或は高頭君の登られた, 或はに銀貨, 或は髭面或は帽子, 或はを左右, 或は髷物所謂現在の大衆小説, 或はの去る, 或は鬼怒沼林道を辿っ, 或は鬼打木と稱, 或はの狂つた少女, 或は魅力といふかさ, 或は魅惑性精神病発作の最初数分間, 或は魚止瀑のこと, 或はの鮨, 或は鮓蕎麦などを売る, 或はは自ら羽淵, 或はなぞを活洲, 或は鳥吟を摸擬, 或は鳥打帽を被っ, 或は鳥海氏が蕨岡, 或は鳥虫よりも前, 或は鳴神となり, 或はからである, 或は鶴來往來より野菜, 或は鹽田の損害, 或は鹿島槍ではない, 或は鹿糞ばかりを食用, 或は麓近く移つて來たか, 或は麗衣美食を希, 或は麺麭を少量, 或は麻雀戲のやう, 或は黄ろく或は, 或は黄帝の字, 或は黄緑青紅様々の光沢, 或は黄色味をふくんだ, 或は黒人なりしかば却, 或は黒人上りかとも思っ, 或は黒尾も此, 或は黒岳又は本社ヶ丸, 或は黒湯山ではない, 或は黒潮に乗っ, 或は黒砂糖の桶, 或は黒部五郎岳の大, 或はつて微笑んだ, 或は黙契をむすん, 或は黙過された時, 或は黨中紛擾の事, 或は黨外の士, 或は鼎足の位置, 或はを捉えん, 或は鼠色の紙, 或は鼻筋の上, 或は齊東野人の説たる, 或はを一本叩き折つた, 或は齒痛が次ぎ次ぎに, 或はになつ, 或は龍神信仰がこの, 或はの卵, 或は2段が1段