青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「揃っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~探偵 探偵~ 接し~ ~接吻 接吻~ ~控え 控え~ ~掴ん 掴ん~ 揃~
揃っ~
~描い 描い~ ~描いた 描いた~ ~描く 描く~ ~描写 描写~ ~提げ 提げ~

「揃っ~」 1202, 13ppm, 8480位

▼ 揃っ~ (1176, 97.8%)

44 いた 42 いる 32 いるの 22 いて 9 おります 7 いるので 6 いたから, いるが 5 いたの, いても, いながら, います, いるのに, いるん, いれば, 出かける, 出て 4 いたので, いるし, いると, いるという, いるところ, 外へ, 頭を

3 [13件] いたが, いたもの, いない, いるか, いるもの, いるよう, それが, アラスカへ, 居ると, 彼女の, 来て, 来ると, 私の

2 [40件] いたこと, いた頃, いないと, いない人, いなかった, いなかったので, いました, いません, いるから, いること, いるとか, いる中, おいで, おりますから, きた, この毛色, そこへ, ますぜ, みると, 不埒な, 二人とも, 写真を, 前へ, 嘘を, 夕食を, 夜の, 居ります, 居る, 手を, 朝食, 来た, 来たの, 歩いちゃ, 礼を, 神経衰弱に, 綺麗好きであった, 西を, 踊るよう, 顔を, 食卓に

1 [816件 抜粋] あの赤い, あります, あわただしく走っ, あんな顔, いかなる悪, いささか祝宴, いたし, いたじゃ, いたって, いたよう, いたら五百両, いたり, いた勉学時代, いた時分, いた隆盛時代, いっせいに紋也, いては, いないの, いないのに, いない家, いなければ, いますから, いますよ, いませんでした, いやがると, いやすからネ, いよいよ会議, いるからな, いるため, いるだけ, いるだろうな, いるとき, いるならいい, いるのよ, いるばかりに, いるもん, いるらしいから, いる上, いる以上, いる同社, いる小, いる工場, いる所, いる打破, いる晴, いる此界隈, いる癖, いる草原, いる連中, おとなしく, おねがいに, おやじ, おりましたそこで, おりましょうな, おりまた, おり従って, おり私, おると, おろうと, お仕着せの, お出かけに, お参りを, お参り昔の, お客を, お尋ねに, お時儀, お父様, お玄関, お茶を, お見合せ, お詣り, お越し下さい, お迎い, お通, きたし, きびきびし, くる, くるの, こうして主人, ここへ, こっちを, このまま上陸, この地, この対訳, この演芸館, この訳文, こんな所, ご門, しまいました, しまうとは, しまったん, すこし口, すっと抜け, そうしてしゅん, そうな, そこの, そとへ, そのくつろぎ, その日, それに, そんな人間, たしかに見届け, ただ首, できたの, とった写真, どこかへ, どこへか, どっしりしてる, なくちゃ, ふさぎ込んで, ぶち殺され, またなにか, また出, まっくろな, みんな提灯を, もって居りました, やってきた, やって来た, ゆくという, よい奉公人, よく来, ら, ろくでなしな, ゐて, ゐないので, ゐるので, ゐる所, アリバイが, オーケストラの, カーキー色の, ガスビル地下の, キューラソー号に, コツコツコツコツと, サロンで, シュワルツコッフ博士の, ズーッと, タオルを, ダブルで, パイプに, ヒジ鉄砲を, ビサンチン湾へ, ブレイマの, ペコペコと, ポカリと, メーンマストを, 一つの, 一人ずつ, 一人前二十二銭しかも, 一堂に, 一家に, 一寿の, 一尺ほどずつ, 一所に, 一時は, 一時内地へ, 一間程の, 三鷹の, 上に, 上を, 上京した, 下へも, 不思議な, 与八ひとりが, 両国橋から, 並んだ, 並んで, 丸坊主に, 乗って, 乙類に, 二人の, 二人ぶるぶる, 二尺ばかり, 二階から, 二階に, 云い合せたよう, 京の, 京都の, 人の, 人も, 人間なんて, 今日の, 仏の, 伸子の, 体操, 何か, 何より先, 何事か, 何処も, 俺達の, 倒れかけそう, 健在であった, 僅かな, 儒者ふうの, 元気でい, 元気よく, 先生に, 光広の, 冷たい屍体, 冷麦を, 出かけた時, 出かけて, 出かけると, 出た村長, 出なおそうよ, 出やしたが, 出掛けた, 出掛けようと, 出発昼の, 出迎えて, 分ったもの, 前後を, 前記古谷氏宅に, 割れるよう, 勝頼の, 勤めに, 北氷洋や, 十七銭という, 十文女が, 半男女, 南の, 参ったこと, 参りましたん, 口ほどにも, 右に, 吉良邸に, 同じよう, 同型に, 名臣, 吝ん坊だ, 咲出す, 品川へ, 唯灰色, 商科大学の, 喉から, 囚人自動車に, 四十度近い, 坂を, 城太郎の, 墓地に, 壇の, 夏の, 夏侯楙の, 夕飯を, 外出する, 外方を, 夢酔の, 大きい背中, 大きな口, 大地へ, 大宝八幡の, 大物である, 天窓の, 太刀を, 奇麗好きであった, 奥へ, 女ばかりが, 女人禁制の, 妻の, 姫を, 娑婆ふさげ, 娘二人が, 子供思いだった, 学長の, 孰れ, 宗右衛門町の, 定食を, 家並は, 容貌よし, 寝に, 小豆っぽい, 少しの, 局を, 居たそう, 居ちゃ, 居ないな, 居りますが, 居りまた, 居るであろう, 居るの, 居るのに, 屋台を, 山田耕筰家の, 山荘を, 川遊びに, 巧いものでございます, 巴里の, 席を, 帰っちま, 帰京ねむく, 常司, 床に, 座へ, 庭いじりを, 庭へ, 引き揚げ月, 引絞られたり, 当夜の, 彼らの, 彼奴の, 往来の, 待って, 後れ毛の, 後脚, 御堂への, 御殿女中の, 御飯を, 御馳走を, 忍び込んだの, 怪我を, 悪人だ, 愛宕下を, 感心し, 慶正, 戻って, 扇子を, 打ちうなずきつつ, 押しかけて, 押し寄せなば, 拝診, 挙手の, 捨児を, 揺られ, 改めてその, 改札口を, 政治的人類学という, 救われない人間, 斉彬公方じゃ, 新聞を, 方々を, 日日新聞社へ, 早起, 暖くき, 朝食大勢だ, 本郷追分の, 来たこと, 来たので, 来たもの, 来るとは, 東宝映画本社へ, 東宮と, 林さんへ, 桜色に, 梅島の, 楽しい食事, 橋を, 歓び迎える習慣, 正月を, 正直者であった, 殿下に, 気骨稜々たる, 水夫どもの, 江戸の, 河原町の, 法事に, 派手に, 浜に, 清はしゃぐ, 湾を, 濃紅姫, 点くと, 無愛嬌で, 無茶先生の, 爺さん婆さんな, 牛肉を, 狂人ばかり, 独身と, 猿曳の, 玉乗りを, 用を, 甲州屋の, 男で, 男の, 異口同音に, 畳の, 痛飲会が, 発育不全であった, 白い的, 皆し, 盛装し, 直ぐさま君, 相手が, 着席の, 着物を, 祝いを, 神田の, 神経に, 禅行の, 科学を, 程遠からぬ, 空中に, 空家だ, 立ち上がる, 立った場合, 立つでしゅ, 立停, 笑い出した, 笑った, 笠を, 答えた, 算術が, 箱根環翠楼へ, 箸を, 精神的不具者としか, 組織的な, 経済に, 絵巻物の, 練ります, 練る時, 繩を, 纏って, 美しい七人, 美しく健康, 美しく生い立ち, 聖堂の, 育児院の, 背が, 胸先が, 脱藩し, 腰ぬけ, 腹を, 膝を, 臆病な, 自害した, 舞う神楽, 芝居がかりに, 芝居好で, 花嫁への, 花見に, 芸達者である, 苦い経験, 蔵相に, 薄情な, 薄汚い, 蚊帳の, 蜂須賀党の, 行くそう, 行こう, 行ったこと, 行って, 行ってから, 裏二階の, 褒める以上, 覇気の, 見なかったという, 見ゆるのに, 見分に, 見物する, 言った声, 言上する, 詑びにきたがその, 警察に, 財宝の, 越年を, 足を, 踊って, 踞って, 踞んで空, 軍服を, 軽挙される, 辞儀を, 迎えになど, 近日中に, 返らないと, 退け, 遊びに, 道幅の, 部屋を, 都合よく, 酔っぱらって, 醜悪に, 銀座の, 長く一列, 長田君が, 閉じ切って, 関の, 阿賀妻の, 陣列を, 階下の, 隣の, 雉子鳩が, 雑司ヶ谷父上の, 雑色がわりに, 静かに, 非常に, 面白い話, 音を, 頬を, 額ずいた, 顔面にだけ, 風呂へ, 飛び出して, 食った時, 食事, 食堂に, 食料品店で, 馬車に, 騒ぐ, 麻雀, 黄祖の, 黒い扉

▼ 揃っての~ (6, 0.5%)

1 そういう雑談, 御見物, 晴れ業は, 楽しい談笑, 正月は, 食事が

▼ 揃っても~ (5, 0.4%)

1 まだ毛糸, 一向見分け, 今度は, 以前の, 誰も

▼ 揃っちゃ~ (3, 0.2%)

1 お寿, 居りませんが, 重忠様が

▼ 揃っては~ (3, 0.2%)

1 いない, いないという, 行かれないの

▼ 揃ってから~ (2, 0.2%)

1 でないと, ファラデーは

▼ 揃ってや~ (2, 0.2%)

2 がる

▼1*

揃ったりするたび, 揃っちゃあ三時に, 揃ってぞっくり, 揃ってと申しますと, 揃ってもの干へ