青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「心得~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~心 心~ ~心から 心から~ 心もち~ 心中~ ~心地 心地~ 心境~ ~心得
心得~
~心持 心持~ ~心持ち 心持ち~ ~心理 心理~ ~心臓 心臓~ ~心配 心配~

「心得~」 4130, 40ppm, 2922位

▼ 心得~ (2509, 60.8%)

190 いる 116 いた 81 いて, いるの 36 いたの 35 いるから 34 ゐる 33 おります 26 いるよう 25 います, ゐた 20 いるので, いるん, ゐるの 19 ゐて 18 いると, いるもの, おる, ござる 17 いなければ 16 いること, いるらしい, いる人 14 いるが, いるつもり 11 いたから, いるという, いるに, おりまする, 居ります 10 いる筈, 居る 9 いたが, おかねば, 候 8 いました, いますよ, いるよ, おいて, おりますが 7 いる者, ますよ, よろしい, 候う

6 [11件] いたもの, いながら, いるだろう, いるはず, おりました, ござります, ゐるから, ゐるもの, 居りました, 居りますから, 居るの

5 [13件] いたこと, いたので, いたよう, いない, いる男, いれば, おりますから, おるか, それに, ゐたの, ゐたので, ゐること, 出て

4 [21件] いたし, いたん, いても, いないの, いましたから, いるか, いるらしいが, おかなければ, おくこと, おるよ, すぐに, ら, ゐたから, ゐるが, ゐると, ゐるん, 居たの, 居て, 居るが, 置かねば, 飛んで

3 [33件] いそう, いないと, いましたが, いますから, いますが, いるお, いるし, いるだろうな, いるのみ, いるわけ, いる人間, いる奴, いる限り, おいで, おく必要, おけ, おけよ, おりますよ, おるから, おるの, おれば, ゐない, ゐるので, ゐるやう, ゐる男, ゐる筈, ゐれば, 居ますよ, 居るか, 居るぞ, 居れば, 持って, 置いて

2 [102件] いざ狼, いたか, いただけ, いたって, いたと, いたに, いたばかり, いたらしい, いたわけ, いないから, いねば, いますからね, いますし, いますので, いよう, いられるの, いるうえ, いるかの, いるこの, いるじゃ, いるせい, いるその, いるため, いるだけ, いるだけに, いるだろうか, いるといった, いるところ, いるべきこと, いるらしいので, いる上, いる向き, いる女, いる必要, いる様子, いる点, おいでに, おくべき事, おったの, おらねば, おらるる, おられるか, おりながら, おりまするが, おろうな, ささやんが, しまって, その入口, その方角, その紙片, それで, ほしい, ました, ましたよ, ますのよ, ゐた頃, ゐながら, ゐなければ, ゐます, ゐますよ, ゐるつもり, ゐるといふ, ゐるよ, ゐるらしいので, ゐる雇女, マチガイは, 下さい, 中, 仲間外れに, 候あわれ, 八五郎を, 出頭せよ, 口取り燒肴と, 同じ部屋, 女房の, 小座敷に, 居たので, 居ます, 居りますが, 居るから, 居るだけに, 居ると, 居るもの, 居る奴, 差支なし, 帰るが, 平次の, 店から, 御座る, 提灯を, 満足し, 百姓を, 私用に, 置くがい, 置くべき事, 置く事, 落雁の, 行くと, 路地へ, 門口へ, 門口まで, 順平に

1 [895件 抜粋] あたしの, あたりを, あなたの, いいくらい, いかにも教授, いそいそ立つ, いたからと, いたころ, いたせい, いただけに, いたでしょう, いたという, いたところ, いたもん, いたらしい新九郎, いたらまず, いたり, いたろう, いたろうし, いた中島歌子, いた位, いた彼, いた彼女, いた調馬師, いた駈込み訴え, いつもより, いないかぎり, いないで, いないで怒るという, いないはず, いないらしい, いないらしい顔つき, いない人間, いない大使館, いない筈, いなかった, いなかったの, いなくちゃ, いなさるか, いなさるよう, いましたもの, いますがね, いますさ, いま食べた, いやがるだろうこれからゆっくり, いやすから, いよいよ太平楽, いようもの, いらっしゃい, いらっしゃるのに, いるあの, いるうるさい, いるかと, いるからね, いるくらいの, いるくらいは, いること万, いるさ, いるその道, いるぞ, いるぞと, いるだろうから, いるだろうという, いるでありましょうか, いるでは, いるとは, いるならば, いるのに, いるばかりか, いるものの, いるゆえ, いるらしいな, いるらしい口吻, いるらしい若旦那, いるらしかった, いるらしくすれ合い摺れちがって, いるらしくて, いるらしく桃輔, いるらしく行先, いるらしく見えます, いるクセ, いる三つボタン, いる事, いる人物, いる人物はめッ, いる位, いる八五郎, いる北極グマ, いる友人, いる同じ, いる国粋的, いる外国人, いる孫右衛門長者, いる将軍, いる廓者, いる徒輩, いる故, いる時機, いる時節, いる本能, いる津村検事, いる物置, いる玄人, いる生徒, いる私, いる粗野, いる肉眼, いる花前, いる被告, いる質, いる近頃, いる連中, いる道庵, いる顔付, いる馬鹿者共, うしろへ, うなずいたが, うわてに, おいても, おかないと, おかなくっちゃ, おきたい場合, おきたまえ, おきなさいといった, おきゃア, おくと, おくべきいろんな, おくべきこと, おくべきであるという, おくべき文献, おく方, おけい, おけば, おしゃべりも, おった, おったもの, おって, おやりなすった, おらぬよう, おられますので, おられるの, おられるらしい, おりさえ, おりなまじ, おりましたところ, おりましょう, おりますからな, おりますでございます, おりまする憎むべき敵, おりますれど, おりますんで, おります長, おりませぬ, おりません, おりマグロ, おり並木先生, おり同様, おり態度, おり既に, おり気炎, おり申して, おり申しますかの, おり舞踏, おるが, おるなれば, おるに, おるらしい, おる参って, おる筈, おれ, おれは, おろうが, お君, お置きなされ, お茶を, かえってそれ, かかれば, かりそめ, くたぶれずに, くるって, くれよ, くれ敵同士, こうガヤガヤ, この, この中, この日, この金, これを, ござるが, ござる暫時これ, さうし, しかも私, しかるべきだが, しまった, しょっちゅう浮き立っ, すぐ二人, すまして, そこへ, そのうえに, そのぶつ切り, その実は, その皿, その秘密, その翌日, その通り, その邇, それからは, そろそろと, そんな真似, たらしいの, ちゃんと待っ, つかつかと, て帰り, とうとう坂井, どうしてみよう, なすったので, なんらか, のれば, はいますけれども, はる云うて, ふわりと, まさあ, まさあね, ます, ますがね, まず木, また闇, まづそ, めったに有難う, もらいたい, もらいたいという, もらいたいの, やにわにその, やり直して, よいの, よし, よろしからう, わが子に, わざと大切, わたくしも, ゐたが, ゐたし, ゐたもの, ゐたやう, ゐたら自身, ゐた方, ゐた町人, ゐても, ゐない代物, ゐました, ゐますからね, ゐますもの, ゐるし, ゐるぞよ, ゐるだらう呼んで, ゐるぢ, ゐるとか, ゐるなんぞと, ゐるは, ゐるらしい, ゐるらしいが, ゐるんで, ゐる世間, ゐる人間, ゐる半, ゐる国家, ゐる實, ゐる恐ろしく, ゐる椿三千麿, ゐる樽野, ゐる点, ゐる珍, ゐる田舎, ゐる画家, ゐる程, ゐる老優, ゐる路, ゐる造作, ゐる點, コップを, ドンドンドン, ヒラリと, ボートが, 一々指し, 一人, 一人の, 三回も, 上京した, 上手に, 下さるならこいつ, 不締まり, 世話を, 乘る, 事も, 二人を, 二階座敷の, 人の, 今か, 今の, 仕入, 他へも, 仮面を, 伝蔵召し捕り, 何でも, 何処を, 候と, 先生先生と, 入らしったか, 入水致した, 兵馬とは, 其処で, 出された, 出して, 前後の, 勝手に, 匹夫下郎の, 卑怯にも, 去った, 受けたもの, 叢中より, 口取り焼肴と, 口真似に, 叨り, 台所へ, 合の手に, 名を, 吹消した, 吾妻橋から, 唯々彼の, 堪えに, 大切な, 大寺警部に, 大急ぎで, 太脛から, 始めて夫婦, 実に私, 実行された, 家の, 宿元から, 小走りに, 少しの, 居たから, 居たら宜, 居た様子, 居ったが, 居ったる処, 居った所, 居つた, 居つたの, 居なければ, 居ねば, 居ますから, 居らなければ, 居らるるか, 居られる事, 居りいろいろ, 居りましたかな, 居りましたが, 居りますよ, 居ります再度, 居りやす, 居り信長, 居るくら, 居るし, 居るそんな, 居るだらうと, 居るだろうから, 居るだろうな, 居るとの, 居るなんて, 居るゆえ, 居るらしい, 居るらしく万事, 居る人, 居る人間, 居る何だ, 居る内, 居る和上, 居る孫右衞門長者, 居る是, 居る町役人, 居る積り, 居ろと, 山平殿も, 山羊を, 左様に, 己れ, 年頭や, 廉う, 弁信を, 引き出した, 引き退ったが, 待って, 後年の, 御入所, 忍び忍びに, 忠義を, 怒るの, 思いあがる人々, 恨みを, 悪水, 手早く座蒲団, 打ったの, 持来る, 描いて, 收納の, 早くも, 星学者に, 普段は, 暮らして, 有りも, 朝霧の, 未来の, 来た, 果たしてそれ, 梅渓家の, 楫を, 楼に, 正しく取引, 歩きさえ, 江戸表へ, 決して田舍者, 沼田の, 浴客自身が, 深痍, 滅多に, 炭一俵牛乳一本の, 焚火の, 然は, 然樣, 燕作の, 父諸共に, 犬つ, 甘寧, 甥が, 用心棒を, 甲軍の, 町浄瑠璃の, 番犬の, 疾く手, 目を, 直ぐさまその場, 直ちにその, 矢比近くなり, 知識も, 私が, 私の, 穴熊毛綱の, 立ち上がったとき, 立ち去ると, 立って, 立去ろうと, 立役を, 籬へ, 米友を, 粋な, 組付き引立て, 網を, 置かなければ, 置きます, 置くが, 置くべきであるといふ, 置くべきもの, 聞かなければ, 胴を, 能から, 致したと, 若き婢, 蒲団の, 蜘蛛の, 表に, 表向きが, 触角を, 言う事, 診察を, 貰わねば, 起き上って, 足を, 蹈ま, 身の, 辛抱し, 近侍の, 逃げたが, 進行し, 運ぶこと, 遠慮なく寝泊り, 配達され, 長持の, 長火鉢の, 関所破りを, 降りて, 雇って, 雨戸の, 雪洞に, 鞘を, 頂きますよ, 飛んだ事, 飛んだ樣子, 食って, 駈け廻るといふ

▼ 心得~ (260, 6.3%)

15 あって 14 あるの 12 あるから, あると 9 ある 8 なくては 7 あるので 5 あった, あったの, あったので, あります 4 あるが, ないから, なければ 3 あつた, ありますよ, あるだけに, あれば, なくて

2 [15件] あったもの, あつて, ありしかも, あるだけ, あるという, あるとか, あるよう, あるん, いるの, ないと, ないので, なかった, なく大井久我, 確かな, 違って

1 [106件] あちらの, あったけれど, あったと, あったところ, あったに, あったよう, あったらこんな, あっていう, あつたらしく肝腎, あつた相, ありその, ありそれ, ありたま, ありながら, ありまして, ありますが, ありますし, あり先, あり日向船, あるか, あるかも, あること, あるし, あるたア, あるだらう, あるだろう, あるところ, あるな, あるならこんな, あるね, あるらしい呂宋兵衛, あるらしくいく袋, ある事, ある処, ある子女等, ある様子, あれバ随分, あろうとは, あろうもの, いる, おありです, おじゃるゆえ, おすの, おに, お有りなら, こういう時, この場合, ござります, ござると, さとされて, そもそも解せぬ, ちがう, ちがうぞ, ちゃんとしかも, ない, ないからの, ないが, ないじゃ, ないでも, ないところ, ないの, ないわけ, なかったら, なきや, なくっちゃ, なくつ, なくても, なければこそ, なさそう, もともとある, よくなつ, よくやがて, よろしい, 不純だの, 僕に, 充分ある, 半分でも, 哲学だ, 多少あった, 大切だ, 宜しくない, 御座いますの, 必要であった, 必要に, 悪い, 有るところ, 浅いのでな, 浴場の, 無いで, 無くちや, 無ければ, 無さ, 絶對に, 肝心な, 自然に, 薄いもの, 要る, 要るね, 要るやう, 要るよう, 議に, 赤インキで, 違う, 違うし, 違うよう, 違ふと

▼ 心得~ (211, 5.1%)

19 ために 14 ある者 13 あるもの 9 ある人 5 ある長老 4 あるの, ある武士, ないもの 3 ある人間, ある女, ない人

2 [14件] あったこと, あった人, ありそう, ある下男, ある奴, ある彼, ある手口, ある方, ある男らしく, ある百姓, 事, 少しも, 最善を, 爲に

1 [102件] あった彼, あった玄白斎, ある, あるお, あるお前, あるお方, あるここ, あること, あるはず, あるもの十余名, あるやつ, あるアンマ, ある内閣, ある四条風, ある婦人, ある媼, ある対手, ある小父さん, ある忍び者, ある所, ある据わり方, ある方々, ある柔道, ある梅田源左衛門, ある武士共, ある男, ある百姓たち, ある竜, ある筈, ある老, ある老人, ある者ども, ある良人, ある藤左衛門, ある証拠, ある達人, ある錺屋, いずれにも, うとい私, かるたなり, こと, ためちょっと, ためとて, ため物頭ども一同へ, ため申あげ, ため申上げ置きます, ため皆樣の, ないお, ないこと, ないやつ, ない下女, ない下手人, ない不作法者, ない二葉亭, ない人間, ない奴, ない奴ら, ない忍び, ない料理人, ない燕作, ない疎漏愚昧, ない素人役者, ない者, ない自分, はずだ, ひとつでございます, 一つという, 一般を, 下に, 中には, 乃木希典少佐から, 人が, 人間が, 件は, 先生だけ, 善い人, 外に, 夥しい事, 女どもは, 応用の, 怪しい石卷左陣, 怪しい石巻左陣, 悪い奴, 悪い私, 所叔母早儀は, 手ほどきじゃ, 手帳を, 承知の, 方を, 有る人, 条々を, 準備だけは, 為めに, 無い下手人, 爲めに, 種にも, 第一, 良否を, 話に, 足りない人, 足りない健三, 間違った奴

▼ 心得~ (112, 2.7%)

5 もって 4 話して 2 ききに, たずねた, 書いて, 説いたもの, 説いて

1 [93件] いい渡された, いって, いひきかせて, いふ, うけたまわった, おきかせ下さいまし, おごそかに, お教え, お話しいたしましょう, お雪ちゃんに, かきました, きかされた, きかせろという, きく参考, ことごとく捨て, さずけて, さとした, して, そのなん, ちやんと, のべたもの, みんな忘れ, もつては, もて扱って, よくする, ると, るん, 三十分も, 与えるから, 仰げと, 会得し, 口早に, 呑み込んで, 命ぜられた, 問うの, 四六時中忘れざりし, 守って, 守りて, 尋ねた, 導き出すこと, 常に持ちたい, 必要と, 忘れがち, 拝命し, 教えられたこと, 教えるという, 教えるところ, 書いた, 書き連ねたもの, 栃木群馬両, 申し渡された, 申し聞かせよう, 痛く叱る, 發表した, 知って, 知らぬ者, 示さば, 示したもの, 示したるもの, 示した物, 示して, 繰り返した手紙, 罷免され, 翁は, 聞いた, 聞いて, 聞きたいね, 聞きまた, 胸に, 触れおく, 言い聞かせて, 言って, 言ひきかせた, 言ひ残した, 語るのに, 誨へ, 説いた, 説いたが, 説いた言葉, 説かれること, 説き尽くしたもの, 説き聞かされた, 説くよりも, 説明し, 説明した, 論じたもの, 論じて, 諭されその, 諭したり, 諭して, 諭す, 諭すに, 追加すれ

▼ 心得~ (75, 1.8%)

3 あつた, ある 2 あり子供, あれば, 多少あった

1 [63件] あった, あったから, あったし, あったと, あったの, あったよう, あったらしい, あって, ありながら, あります, ありまた, ありキモ, あり寄らば, あり殊に, あり氣, あり長い, あるから, あるし関心, あるだろうし, あるであらう, あるはず, あるべきはず, あるよう, あるらしかった, あるらしくその, あるらしくガラッ, あるらしくガラツ八, あるん, あるんで, ある万太郎, ある奴, ある清水, ある蹄鉄屋, おおいに必要, ございますから, ございません, ござない, ござる, その通り, ない, ないから, ないこの, ないよう, ない母, ない無知, なからざるべからず, なきゃ御用, なきや, なき民種, なく無茶苦茶, ひと通りは, 剣術のけ, 忘れて, 持ちませぬので, 教えた, 有るらしい体格, 有之, 概略話した, 深いもの, 盃も, 相当以上だ, 相當以上, 腹も

▼ 心得~ (72, 1.7%)

7 ある 3 あるが 2 あるかい, 主人の, 何一つない

1 [56件] あった, あったが, あったの, あったもの, あつた, あつて, あとで, あるだらうが, あるだろうが, あるだろうと, あるだろうまして, あるだろう仮令, あるつもり, あると, あるという, あるの, あるはず, あるらしく武藝, あるん, あろうとも, いくらでも, このとき, ござるかな, すでに老中, それだけの, ない, ないか, ないかね, ないらしい, なくとも, ねえが, ひざの, もう一芸, もう十分, よく教えられ, 一時間近くに, 余り画を, 使番を, 充分ある, 始には, 娘の, 少し古, 左膳の, 当然必要, 心得で, 明治の, 有り余るけれども, 無論この, 現在並びに, 相当に, 相當, 知って, 私も, 萬事斯の, 褒めたものぢ, 途中で

▼ 心得~ (64, 1.5%)

4 いて 2 今の

1 [58件] あらうと, いなければ, いるが, いろ, おる程, この歓迎, この煤, これを, ご奉公, それぞれその, ちゃんと金, てくてくやっ, な, やらなければ, やらねば, わざと猫なで声, 万事取り計らう, 三々五々目立たぬ, 事に, 二月の, 五郎治が, 休養を, 何の, 働こうぞ, 其の方, 出版者も, 動いて, 参ったが, 只今この, 名の, 墓参りを, 審問に, 居て, 居りましたの, 居りますそれ, 居りまするが, 居れば, 応戦し, 指導しなき, 支度を, 政七も, 斯様な, 新作品, 方言だの, 晨する, 有ったが, 父とは, 縁も, 罷り出ましたので, 考えて, 聞けば, 茲には, 虎の, 貯けて, 賛成致した, 述作に, 遣って, 金銀なども

▼ 心得~ (55, 1.3%)

5 ひを 4 ひの 2 である, で恐ろしい, なり, のため, の廉, の行為, ひから

1 [32件] から刄物, から貶黜, があ, で, で賦, というもの, なりと云, なりと申候, なり君, なり青年, なれば, にし, に起れる, のもの, の事, の教員, の者, はしない, ひ, ひか, ひから起つた事, ひと, ひなり之, ひなり然, ひに, ひは, ひやつたけ, ひ成るべし拙者, ひ致さざる様, をいたしたる, をし, を致しません

▼ 心得~ (47, 1.1%)

2 して, なりそう, なること, 御座候

1 [39件] あり米, あるが, いろいろの, お伺い, これあり, これあるべく, つき一般命令, なったよう, なって, なります, なるかも, なるから, なるつもり, なるの, なるほん, なるやう, なるよう, なる事, なる噺ども, レンタツし, 万遺, 五年目には, 伺って, 伺つて置きます, 候, 候え共差当り先日七蔵, 候得共私事六十余歳罷, 候處運惡しく, 味噌汁は, 御坐, 御座候ひし, 成るやう, 新しく調えた, 於ては, 書かれて, 柳生流の, 注意した, 相成, 而雨天の

▼ 心得たりと~ (30, 0.7%)

4 身を

1 [26件] あって, わざと大刀, 一刀閃り, 七人の, 下りては, 下り立し, 体を, 劉封も, 受流し暫時, 太華大藏の, 宙に, 小膝を, 左右より, 常樂院, 引ッつかん, 弥之助は, 弩弓を, 抜き放ち二, 武田左典廐信繁これを, 筋斗打せ, 聲を, 覺えられき, 貞宗の, 進み出て, 飛込其斜かけに, 黄金丸は

▼ 心得ある~ (23, 0.6%)

1 [23件] ものが, ものなし, ように, を倖, 乗り方で, 人々に, 人で, 人は, 人より, 人を, 侍は, 博徒と, 士分の, 家来の, 某或, 武士と, 男子なり, 看護婦であり, 者でなけれ, 者と, 者なれ, 者は, 若者連が

▼ 心得として~ (19, 0.5%)

1 [19件] あります, かねて児玉さん, どのくらい, よく云われる, 君辱しめらるれ, 必要である, 普九さんから, 最も大切, 江湖十二則を, 相当の, 経済法律云々も, 聞置, 腹を, 興味が, 藩令に, 虚飾や, 覚えて, 身に, 過去幾年かの

▼ 心得~ (16, 0.4%)

3 と相

1 [13件] て必ず必ず, と出行, と答, はね, へど, へどもさ, へども世間, へば, へば久八, へば何卒, もの無, 御尊父, 見顯

▼ 心得~ (14, 0.3%)

2 云うよう

1 [12件] して, す, なり手引, なるべきくだりくだり, なるべき事柄, なるべき禅門, 云つた, 云ふ, 云わなければ, 存ずる黒田家, 知れては, 言う可

▼ 心得ては~ (13, 0.3%)

4 いるが 1 いたが, いたけれど, いないの, いるだろうけれど, ならぬ, 大局の, 居るから, 居るけれども, 済みませんよ

▼ 心得てを~ (13, 0.3%)

8 ります 2 りますが 1 りまする, り指一本, れば

▼ 心得~ (12, 0.3%)

2 からし 1 が必要, が違っ, が間違ってる, とを数箇条, などを言っ, は程, よろしからず, よろしく暮し, をお話し, 宜に

▼ 心得~ (12, 0.3%)

3 を講義 21 なるもの, に載せた, のある, の中, をどなた, を五県七郡, を懐中

▼ 心得~ (12, 0.3%)

2 でした 1 に入る, に入口, に平次, に教, に町, に語る, に金太, のガラツ八, の中年女, をした

▼ 心得にて~ (11, 0.3%)

2 筮竹の 1 おきき, 取扱然, 同道仕り, 向背を, 大井川を, 嬉々談笑公然, 少々金子, 端々聖か, 精出して

▼ 心得ながら~ (10, 0.2%)

2 行き處 1 それを, なぜ自, ツイ吉原へ, 出ようと, 得意に, 暫しの, 白々しく無邪気, 行き処

▼ 心得なき~ (10, 0.2%)

2 事を, 故一徹に 1 ものであれ, ものでも, 方々では, 某貴殿の, 者が, 西洋人に

▼ 心得~ (9, 0.2%)

2 そして暗愚 1 が貴方, とか地獄, と云っ, ね, のと, 上から, 次におれ

▼ 心得たり~ (8, 0.2%)

2 又得た 1 けんその後, し齊人, と箸, 年は, 手を, 若先生

▼ 心得にも~ (7, 0.2%)

2 なること, なる事 1 なりまた, 例えば本当に, 御座候得

▼ 心得その~ (6, 0.1%)

1 上音曲など, 事をさえ, 度に, 形を, 脊で, 身は

▼ 心得ても~ (6, 0.1%)

1 いたの, いないもの, ゐたらうし, 居ろうが, 差し支えない, 猶くたびれない

▼ 心得なれ~ (6, 0.1%)

2 ば心用 1 ばこの, ば其節, ば別儀, ば此事

▼ 心得違え~ (6, 0.1%)

3 をし 1 なア親不孝, な奴, もエラ

▼ 心得難く~ (6, 0.1%)

1 候, 候と, 存じ候, 存上候は, 思うの, 見やりました

▼ 心得から~ (5, 0.1%)

2 であった 1 修道者の, 用心の, 誰も

▼ 心得たる~ (5, 0.1%)

1 か, 事なり, 体にて, 真実正直の, 顏は

▼ 心得ての~ (5, 0.1%)

1 ご断行, しぐさであった, 上だ, 信心です, 出陣である

▼ 心得~ (5, 0.1%)

3 のだ 2 ば夫婦

▼ 心得~ (5, 0.1%)

2 老師から 1 アキラメも, 戦略には, 挨拶の

▼ 心得~ (5, 0.1%)

1 でありました, であるから, に, にこんな, に杖槍

▼ 心得~ (4, 0.1%)

1 そうでなけれ, 何か, 如何を, 御先祖

▼ 心得がたい~ (4, 0.1%)

1 それを, と思う, 事です, 意を

▼ 心得てや~ (4, 0.1%)

2 がる 1 がるその, 梶棒を

▼ 心得でございます~ (4, 0.1%)

1 からどうか, から幾久しゅう, にそんな, はい

▼ 心得でも~ (4, 0.1%)

1 あり氣, あるが, あると, あるらしく眺められたが

▼ 心得としては~ (4, 0.1%)

1 おそらくさき, 不都合千萬と, 争うべからざる, 執筆中には

▼ 心得なし~ (4, 0.1%)

2 一徹なる 1 でいるよりは, に

▼ 心得~ (4, 0.1%)

2 るれど 1 るるが, るるに

▼ 心得を以て~ (4, 0.1%)

1 女中共の, 必死の, 演じたやう, 自から

▼ 心得あり~ (3, 0.1%)

1 げな, と大音, 気で

▼ 心得~ (3, 0.1%)

1 したか, すれば, へあれ

▼ 心得たりという~ (3, 0.1%)

1 ような見得で, 応対で, 見得で雪駄

▼ 心得など~ (3, 0.1%)

1 すべてを, ロクロクあるまい, 書いて

▼ 心得などの~ (3, 0.1%)

2 ない人間 1 あるもの

▼ 心得などは~ (3, 0.1%)

1 ございません, まるでない, 弁へ

▼ 心得まで~ (3, 0.1%)

1 いろいろやかましく, 個条書に, 附け加

▼ 心得までに~ (3, 0.1%)

1 申し上げ候儀, 言って, 調べさせて

▼ 心得んで~ (3, 0.1%)

1 とんだ事, 吠えられたに, 金の

▼ 心得童子~ (3, 0.1%)

1 が主人, と釈いた, 計九品

▼ 心得自分~ (3, 0.1%)

2 の天下 1 から帰っ

▼ 心得あっ~ (2, 0.0%)

1 てよかろ, て各

▼ 心得あの~ (2, 0.0%)

2 男だけは

▼ 心得がち~ (2, 0.0%)

1 な温良型, になる

▼ 心得ことに~ (2, 0.0%)

2 女には

▼ 心得さえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 良ければ

▼ 心得ちげ~ (2, 0.0%)

1 えだ, えの

▼ 心得てか~ (2, 0.0%)

1 ムク犬は, 視察員が

▼ 心得てでも~ (2, 0.0%)

1 いるよう, ゐるやう

▼ 心得である~ (2, 0.0%)

1 こと, 臣子の

▼ 心得でございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ 心得です~ (2, 0.0%)

1 からおおかた, な

▼ 心得でない~ (2, 0.0%)

2 など

▼ 心得という~ (2, 0.0%)

1 ような, 事が

▼ 心得といった~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 心得とは~ (2, 0.0%)

1 カルチュアの, 申しながら

▼ 心得とも~ (2, 0.0%)

1 いうべきこと, 言うべき文章

▼ 心得なども~ (2, 0.0%)

1 あり謡, いろいろ言い聞かし

▼ 心得などを~ (2, 0.0%)

1 学んだが, 學んだが

▼ 心得なら~ (2, 0.0%)

2 少しは

▼ 心得なる~ (2, 0.0%)

1 ものが, や恐

▼ 心得について~ (2, 0.0%)

1 一向厳正, 稀世の

▼ 心得にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, つてを

▼ 心得には~ (2, 0.0%)

1 ヌカリが, 教書のみ

▼ 心得に関する~ (2, 0.0%)

2 印刷物が

▼ 心得また~ (2, 0.0%)

1 お家の, 元の

▼ 心得または~ (2, 0.0%)

1 それを, 義務と

▼ 心得一つ~ (2, 0.0%)

1 であります, で危険思想

▼ 心得~ (2, 0.0%)

1 申候, 罷在

▼ 心得候ため~ (2, 0.0%)

2 とは申

▼ 心得候事~ (2, 0.0%)

2 当然なり

▼ 心得教育~ (2, 0.0%)

1 というの, をする

▼ 心得水着~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 心得申し~ (2, 0.0%)

1 てござる, て候

▼ 心得百姓~ (2, 0.0%)

1 よりは穢, を虐げ

▼ 心得私用~ (2, 0.0%)

2 に費さう

▼ 心得~ (2, 0.0%)

1 一条は, 何条かに

▼ 心得~ (2, 0.0%)

1 に至る, に関しては絶えず

▼ 心得縦横~ (2, 0.0%)

2 に知識

▼ 心得罷り~ (2, 0.0%)

1 在候, 在候間申上

▼ 心得~ (2, 0.0%)

1 にすばしこく, に起っ

▼ 心得~ (2, 0.0%)

1 を任せ, を入れなけれ

▼ 心得違げ~ (2, 0.0%)

1 えせな, えの

▼ 心得難い~ (2, 0.0%)

1 ことが, 顏でした

▼ 心得難き~ (2, 0.0%)

1 ことに, 朝朗かな

▼1* [289件]

心得あつて附し, 心得ありて後に, 心得あろうとはかつて, 心得いか樣に, 心得いかんとの御, 心得いつか敵と名, 心得いやしくも自分の, 心得らんも, 心得おかれよとそち, 心得おきたいが家々, 心得かつておのれに, 心得かの人の, 心得がたくあるいは, 心得きつた民衆, 心得これより万事正路質素, 心得こんなにつ, 心得ござる趣き拙者にとっては, 心得ごろごろさんごろさんと以来, 心得さてこそ右様, 心得されている, 心得じゃア, 心得じゃに因って, 心得するするとこれ, 心得ずして附, 心得ただ芸妓の, 心得ために不義, 心得たりとばかりに画面へ, 心得たりの態度で, 心得たる者押静め先づ下, 心得だけで止めるが, 心得だけに限定する, 心得だけは心の, 心得だけを記そうと, 心得だったが困った, 心得ちゃいるよ, 心得ちょる, 心得てかとわめきたま, 心得てからにするの, 心得てさえいたならば, 心得てと嚴重云れ, 心得てなその腕, 心得てばかり居て, 心得てらあ, 心得でありましたが御, 心得であろうのに何とも, 心得でござろう神原五郎治の, 心得でさえあれば, 心得ではございまするが, 心得といふ役に, 心得とかなんとかいう, 心得とかいふところで, 心得としての立場より, 心得としてもこれ一つ, 心得とられるんだ, 心得とを書いたこと, 心得どころでは, 心得なおまた進ん, 心得なかるべからずとて茶の湯, 心得ながらも騒然として, 心得なくて叶わぬ, 心得なぞを読むと, 心得などがあるが, 心得なりが感じられるよう, 心得についての演説やらを, 心得については欠けること, 心得にては真の, 心得にてもあれば, 心得によつて並べ, 心得によってまだ目の玉, 心得に関しての訓話を, 心得のみでそれ以上, 心得ひたすら恐れ入りその, 心得ひとりでせかせか, 心得ぶざつながらここ, 心得ほど貧困き, 心得ほどのことなら, 心得まいてご, 心得まする天一坊を, 心得まするで何卒相, 心得むしろ手柄の, 心得もはやていはつ, 心得やらお願いやら, 心得一本なれ, 心得よき恋愛を, 心得よし名を, 心得よろしきものと, 心得わすれぬ八十歳ちかき, 心得ゐれば同町三丁目, 心得キャッと云い, 心得スカートの長, 心得テイルノデ決シテ執拗クハ注告シナイ, 心得テイルラシク浴室カラ洗面器ソノ他ヲ運ンダリ湯, 心得テ近所ハ勿論困, 心得ドッと前, 心得ニテ居ロトイウカラ待ッテ居タラ頭ガ或時云ウニハ, 心得ワーテルローを荒らし, 心得ヲヨク含メテヤッタガ嬉シガッタ彼地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラソノ約束デ別, 心得一先下宿へ下り, 心得一方はその, 心得一面意識的に, 心得万端を聞い, 心得下されましては, 心得不慮の過, 心得不用之参詣, 心得乍ら直人の身体, 心得などをお, 心得二三を書い, 心得互に共通な, 心得人形の事, 心得仇討呼はりなどいた, 心得今日西洋の文明, 心得仕入れ製造販売の研究, 心得には何ら, 心得伝えたので十七世紀, 心得伯父に話, 心得何れ無事で帰って, 心得何卒草葉の, 心得何方へなり, 心得何程づつかの祝儀を包み, 心得候えどもさ, 心得候ことを包み置き, 心得候よう相成り申すべく候, 心得候処置に及び, 心得候者有之候間, 心得氣を, 心得へ廻っ, 心得先ず其大概を, 心得先輩長老を立て, 心得先達て申立し通り幸手宿穀屋平兵衞鴻の巣宿鎌倉屋金兵衞, 心得に附随, 心得其夜の中, 心得其夜大坂へ御, 心得其金もて質, 心得再度参りました処, 心得前後を顧みる, 心得勝手な保護呼ばわり, 心得勤勉と節倹, 心得即ち術を, 心得猩々だ, 心得又は昨年中村人の, 心得古文和歌の註釈, 心得只今言上せし通り其, 心得申候, 心得の通り, 心得合つて悦に入るか, 心得吉野山のどかに住み, 心得名主様も御, 心得吠え立つるも, 心得もよく, 心得の爲, 心得四方山の話し, 心得土屋様の長屋下, 心得大刀抜き大日を切り殺しける, 心得大切なりとの, 心得は随分, 心得奇特なこと, 心得へ通しける, 心得が大きな, 心得宝鏡方俊願ニ依リ本職, 心得実父を欺い, 心得実着細心を要する, 心得宥免状を渡し, 心得家庭の事, 心得寄り集まって, 心得寛政度触出し置き候通り相, 心得寧ろそれを, 心得寧一思ひに, 心得尋常平生の自戒, 心得小荷駄のこと, 心得かと申されけれ, 心得居し事ゆゑ一向, 心得居たるを此度斯明白, 心得居れば五人, 心得居屋敷并に少, 心得居申候や訴, 心得居者なり又七, 心得屋内遊戯に属する, 心得川村操六少佐の旗下, 心得の有金, 心得では垣根, 心得て訴, 心得彼様な事, 心得両親は, 心得も空汝女房, 心得必死の勢い, 心得思案をこらす, 心得にその, 心得の心, 心得悪しき人なりと, 心得悪しく切支丹の, 心得情死を致しました, 心得成れますぞと顏色變, 心得我が女房を, 心得に入れる, 心得打點頭優たる和吉, 心得承知で愚, 心得抜衣紋の突袖, 心得拍子木の入れ, 心得拙者がお, 心得持参して, 心得引いたし, 心得按腹する指先, 心得支那で地鼠, 心得するに, 心得が襲っ, 心得文明の進んだ, 心得の通り, 心得方五厘の銅貨, 心得方位をなおざり, 心得書きにもちゃんと, 心得て附, 心得有り難く思い寝ても, 心得有事は有, 心得朋友にも迚, 心得次第では全く, 心得歓喜の余り, 心得正午時分までは何事, 心得に少々, 心得武士の道, 心得に心, 心得の急ま, 心得決然として立ちあがらね, 心得油断なく家, 心得澄したもの, 心得災後の跡始末, 心得をし, 心得現在我が女房, 心得理想に憧憬, 心得田原專務の理解, 心得べく旨, 心得申さずと云, 心得申しおり候, 心得申した一時も, 心得申したるところを, 心得申者に御座候, 心得相濟し候夫, 心得相當と見えます, 心得砲兵士官として有名, 心得の表徴, 心得空拳を振っ, 心得懸けたは, 心得童子主人の思う, 心得結局能楽を自滅, 心得ひに, 心得給ひねと一個子, 心得べし此度, 心得置かざる可から, 心得置きかつは, 心得義理も人情, 心得職業を軽, 心得さえ赤けれ, 心得脇差を拔, 心得致指揮仏蘭西人者無異議引払, 心得花嫁の朋友親戚, 心得の上, 心得若きものには, 心得に水, 心得莞爾やかに, 心得蚊帳の中, 心得西浦賀の蛇畠町, 心得西瓜きるごとし, 心得親父を欺い, 心得読むや花, 心得譬え木綿たりとも, 心得貞節を相, 心得賊徒共金銀押借に罷, 心得輸入品を用いおった, 心得通しでございますぜ, 心得通りにそれ, 心得道家のいわゆる, 心得違さへ無, 心得違ひだお前のやう, 心得違ひでも仕出來, 心得違ひといふもの, 心得違ひなのだ, 心得違ひな事は諸事万端, 心得違ひより母を殺す, 心得違イシテ親類父母妻子ニ迄イクラ, 心得違イダカラ夕方ウチヘ飛ンデ帰ッタラ, 心得違ヒ之レ, 心得違之儀可有之已来右躰, 心得ての, 心得間髪を容れざる, 心得随分大切に, 心得頂戴します, 心得風俗を昔, 心得飯島の家, 心得驚懼の餘, 心得という事