青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「揃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

探し~ ~探偵 探偵~ 接し~ ~接吻 接吻~ ~控え 控え~ ~掴ん 掴ん~
揃~
揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ ~描く 描く~ ~描写 描写~ ~提げ

「揃~」 1398, 15ppm, 7421位

▼ 揃へて~ (271, 19.4%)

5 笑つた 4 云つた, 妨げませう 3 あります, ある, ゐるの, 同じ事, 斯う, 脱いで, 言つた

2 [16件] くれた, ゐる, ズン, 二階の, 出す親切さ, 出て, 十二頭, 坐つて, 居りました, 持つて, 敷居際に, 書斎の, 笑ひ出した, 草の, 證明し, 黒い土

1 [205件] あつしから, ありますが, あり身, あるから, あるでねえか, あるの, ある一組, ある習慣, ある雑誌棚, あんな事, いつにも, いふ, おいた七八冊, おいた衣類, おけないこと, お千勢, お客が, お眼, お辞儀を, かう言, きちんと立っ, きて, くれ, くれて, この一目, これも, さう笑, しなければ, しまふだらうと, そこに, それに, そんな話, ぬくぬくと, ひよい, みますと, みんなで, やつた, やつて, ゆくだらうか, わあといつた, わけの, ゐた, ゐたから, ゐたやう, ゐた自分, ゐて, ゐるから, ゐる妻, ゐる樣子, アドケなく, カバンの, ト撓め, ニジリ寄りました, ヒヨイと, ピヨイと, 一斉に, 一線に, 丁寧に, 上下に, 丸で, 主人を, 二本確実に, 休み中立, 何人もが, 何処かに, 僕に, 元朝高麗の, 公儀へ, 切下げた雀鬢, 前に, 劒に, 動かして, 勢よく, 十五六種も, 卓子に, 参りますわ, 又机, 反返るやう, 叫びました, 叫ぶので, 各新聞, 各自に, 合唱した, 同じ筋, 向うへ, 呉れた, 呉れと, 和尚さんに, 哄笑し, 哄笑した, 問は, 啼いて, 喚き出したので, 喚く, 報道した, 士行氏に, 大喝一声, 夫婦し, 女の, 寒烈, 寝た, 寢た, 寢に, 少し扁, 少し扁べつ, 居たこと, 居ります, 居ると, 居るの, 屹度持參の, 嵯峨や, 幾筋もの, 庭の, 庭下駄で, 弦月丸の, 御檢屍, 忠告やらを, 手ぐすね引い, 打つてか, 攻戦する, 書かれた文字, 根占に, 橋の, 歌ひ, 歌ふ, 正坐し, 正坐する, 歩き出した, 歩めるを, 毒は, 泣き出した, 流行歌を, 浮彫の, 湧き上, 玄関迄, 生涯添寢を, 疾風迅雷と, 目は, 相手の, 眺めはじめた, 着て, 睨めるやう, 砂の, 神妙に, 神妙らしく, 穴の, 突き出しながら, 立つてたが, 立てて, 立膝し, 端坐した, 笑ひ出す, 笑ふ, 結論を, 繋いで, 繰り出して, 置いたならば, 置いた大, 置きました, 習慣にな, 脱ぎ捨てて, 腰を, 花を, 蔵し, 號數を, 袖口を, 見るん, 見送りの, 言ふ, 言ふたのである, 言上しました, 譽めた, 變な, 讚美し, 賛成した, 起き直りながら, 路地の, 蹲つてゐた, 身なりを, 軌道に, 返す, 返すか, 返すなどは, 返辞を, 通過ぎた, 進んで, 遠くへ, 遣つて, 都合十四段の, 醫者に, 鉛筆の, 鉢肴に, 鐺を以て, 長崎へ, 院長や, 隙間へ, 隣, 面白可笑しく, 順々に, 風呂敷に, 食事を, 駈け出した時, 高くあげ, 鳴く, 鼠の

▼ 揃つて~ (215, 15.4%)

7 ゐた 6 ゐる 5 居たの 4 ゐるの, 居て, 居るの, 見える 3 やつて來, ゐたこと, ゐて, ゐても, ゐること, ゐれば, 居ります

2 [12件] ゐたが, ゐるから, ゐると, 出て, 居たやう, 居た筈, 居ます, 居る, 居るから, 居ると, 居るん, 来て

1 [136件] あつしの, あの不幸, あの邸, あるの, いつもの, お喋舌, お説教, かあい, かげろふが, かはい, からやりだす, こつそり, この下屋敷, しかく無能, しつかりして, しまつ, そのアトリエ, その中, その気持, その菓子, とぼ, なくつ, の旅, はありません, は大金, は最早, は鞍馬, ひ, まだ開かれ, もその後, も可哀想, も大きな, も天, も此曲者, も武家屋敷, も町方御用聞風情, やがる, やるの, ゐたからなあ, ゐたところ, ゐたもの, ゐたら五百兩, ゐちや, ゐないので, ゐなくては, ゐなければ, ゐます, ゐますが, ゐるかも, ゐるかを, ゐるし, ゐるぜ, ゐるだけでも, ゐるだらうな, ゐるぢ, ゐるところ, ゐるな, ゐるのに, ゐるやう, ゐるらしく近寄ると, ゐる佛寺, ゐる大, ゐる森, ゐる此界隈, ゐる清々し, ゐる皆, ゐる蔦, ゐる間, ゐる間中, 下りて, 低い鼻, 出かけた, 出かけた筈, 出かけて, 出たこと, 出掛けた, 出掛けて, 出掛ける事, 出来ましたね, 啼き出す, 堅い基督教信者, 大賑, 安つ, 小砂利, 居たが, 居たこと, 居たつて, 居たと, 居た樣, 居た相, 居ない不思議, 居りそれ, 居りますが, 居りますなどと, 居り一, 居るか, 居るが, 居ること, 居るぢ, 居るところ, 居るに, 居るので, 居るやう, 居る家, 居る癖, 居る筈, 居る證據, 居れば, 微笑んで, 忍び寄り小, 快げ, 悉皆豪い, 書くと, 死んだもの, 消えた, 皆菜食主義者, 美しいですが, 美しい背, 美しい顏, 美しく生, 自轉車, 薄い髯, 行くと, 見に, 見ると, 踊る, 踊れば, 返らないと, 通りました, 通るの, 遊んで, 選り拔きの, 長いの, 顕れた時, 飛出す麻上下, 駈け

▼ 揃~ (109, 7.8%)

10 の浴衣 2 が間, のご, のを, の手, の派手, の着物, の紙衣裳, は同じ, をし, 本の

1 [79件] いつでも, がちな, が出来, この日, これを, それ問屋向の, だけ持つ, て, てやる, て乱れ行く, て好き容量, て揚げ, て盃, て目, ながらずつしり, ながらどうやら, にこし, にさす, になつ, になつて, になる, に並んだ, に兩手, に洩れた, に至らざりし, に茶の湯用, に買, のくちなし色, のところ, のケバケバ, のメダル, の一重帯, の一門, の人形, の加之, の唐黍, の場, の天幕, の姿, の幔幕, の恰好, の手拭, の淡泊づくり, の眼, の祭手拭, の筒袖, の絣, の背中, の衣物, の衣裳, の袴, の赤い, の赤襦袢, の鎧扉, の青い, の黒羽織, の鼎, はある, ばかりお, へ眞ツ先, まづまづ龍, やう無いです, をした, を出し, を完了, を帽子指揮刀ぐるみ新調, を着, を稍ぞんざい, ウイを, ピンピンし, 二時半まで, 君ヶ代を, 川柳点に, 日本の, 滑り好かれ, 程よい古び, 縁側には, 船あしは, 色々話した

▼ 揃~ (107, 7.7%)

7 ました 65 たの 4 たやう, てあつた 3 かたが, たる籘を 2 た娘さん, た毛, てあつて, ば好い, ます

1 [65件] あり, さして, させて, させる, させること, ずとも, ずに, たあかつき, たせゐで, たま, たまま, たもの, たよりは, たるを, たわけである, た両手, た他, た儘, た兩手, た友吉, た曲節, た盆, た睫毛, た程, た端唄, た素足, た股引, た足先, てかう, てこの, てじつとして, といて, なきや, なければ, なさい, ば酒酒酒, また立作者出頭, むかいくら, めざす敵, られさ, られた, られた廊下, られた晝食, られた物, られて, りやいつでも, オイ銃を, ポロポロと, 両手を, 市立美術館の, 手に, 持ちたるは, 指を, 様御用聞に, 樣御用聞に, 正坐し, 段々と, 直にも, 精一杯後, 置き体, 群がる彌次馬, 胴を, 頭が, 頭を, 高らかに

▼ 揃~ (36, 2.6%)

3 ない, ないと 2 ないの

1 [28件] すので, せられ威儀堂々, ないうち, ないさうかと, ないぢ, ないで, ないので, ないん, ない手, ない様, ない美しい女子, ない舞台, なかつたの, なくても, なければ, ぬがち, ぬこと明白, ぬその, ぬとか, ぬとき, ぬほどの, ぬま, ぬ事, ぬ寺子屋流, ぬ粒, ねえ女, 中, 出来ずに

▼ 揃へる~ (34, 2.4%)

3 やうに 2 ことが, ために, 責任を

1 [25件] ことの, ことも, そして嫁入り, その苔, と, といふやう, と一, には一人, のが, のでさ, のでした, のは, のほかは, のも, ものと, 事は, 大望を, 必要が, 時の, 水, 紅絹裏の, 綴ぢる, 葩に, 迄には四半刻, 音が

▼ 揃つた~ (29, 2.1%)

3 ところで, ならば 2 かさあ, ぞ, もので

1 [17件] がそれ, ことは, でせう, ときに, のぢ, ので予, また一境, もの, ものです, やうな, やうに, らしいな, んだ, 白い穗, 筈だ, 見に, 長い眞白

▼ 揃~ (25, 1.8%)

2 浴衣を

1 [23件] お方々, ゆかたみな, リボンを, 上に, 中に, 丸髷絹足袋に, 事, 前歯とが, 夏冬の, 女車掌, 注連飾を, 浴衣で, 浴衣に, 縞羅紗の, 藍色の, 蝙蝠を, 袷で, 袷と, 説で, 読違え, 赤い端緒, 防毒面を, 馬に

▼ 揃~ (18, 1.3%)

2 のは, やうに

1 [14件] ことの, のまで, のを, まで思ひ知らせ, まで風邪, まで飼つて, ウイを, 午後の, 日は, 時でも, 沓掛の, 足竝, 頃の, 顔が

▼ 揃~ (14, 1.0%)

2 て何れ

1 [12件] たかい, たらしく入りまじつた, たり箱, ちや, ちや放つ, てあつた, てい, てくる, てくれる, てます, てみる, てわたし

▼ 揃~ (14, 1.0%)

2 延びて

1 [12件] する為, なった, なったと, なるので, もじゃもじゃする, 括りつけて, 拵えた緑色, 泣いつ怒りつ訴, 為立てさせ, 畳み上げた胴中, 立って, 辛くも胸

▼ 揃ひだ~ (11, 0.8%)

1 [11件] からひどく, から多く, から好から, から真, から遠, けれどお前一人, つた, つたので, といふ噂, などうしても, ナ

▼ 揃ひも揃つて~ (11, 0.8%)

1 [11件] お喋舌, お説教, しかく無能, 低い鼻, 堅い基督教信者, 安つ, 死んだもの, 皆菜食主義者, 美しい背, 選り拔きの, 長いの

▼ 揃~ (10, 0.7%)

1 あつた, お堅くっ, さる料理店, どれにも, はある, 一字, 可愛がっ, 猟犬や, 眼が, 私を

▼ 揃~ (10, 0.7%)

4 して 1 したやう, すること, 得た譲吉, 着て, 見て, 買って

▼ 揃~ (9, 0.6%)

1 お袋が, で二百円, とりそろえて, に髪上げ, の法衣, を借る, を手, 上げたいもの, 貸して

▼ 揃ひで~ (9, 0.6%)

2 あつた 1 お談話, どんな用事, なんと六萬圓, はある, 御散歩, 赤い薔薇, 黒い半被

▼ 揃~ (9, 0.6%)

2 ていた 1 た所, た観, てやがる, て乞食, て噺, て心しずか, て隣同士家

▼ 揃つて來~ (8, 0.6%)

1 たので, た河原礫, た田, てもこれ, ました, ますぜ, られては, る

▼ 揃ひも揃~ (7, 0.5%)

2 つて 1 つたお方, つたり, ひし瘡痂頭, ひし馬鹿者め, ふて辻車

▼ 揃ふと~ (7, 0.5%)

1 あの晩二度, 君ヶ代を, 小唄や, 曲者は, 父は, 理想的の, 言つても

▼ 揃~ (6, 0.4%)

1 のは, のはを, 家の, 火箸を, 足取で, 黄色い歯

▼ 揃つて手~ (5, 0.4%)

1 に手, の音, を挙げた, を振り, を支い

▼ 揃~ (5, 0.4%)

1 御退り, 拝め肝, 立て, 茶の, 願げは

▼ 揃ひし~ (5, 0.4%)

1 て假築堤防上, て力, て竈屋, 瘡痂頭見る, 馬鹿者めと

▼ 揃ふて~ (5, 0.4%)

2 袷かな 1 二羽と, 辻車に, 飯時分

▼ 揃へたり~ (5, 0.4%)

2 して 1 お鳥目, 十手を, 水を

▼ 揃つたの~ (4, 0.3%)

1 と脇差, も久し, を眺め, を見る

▼ 揃つたら~ (4, 0.3%)

1 ば人民安泰, もう駄目, 大した色氣, 隨分樂しいだらう

▼ 揃ひです~ (4, 0.3%)

21 か, からね

▼ 揃ひと~ (4, 0.3%)

2 来て 1 しては, 来たので

▼ 揃ひました~ (4, 0.3%)

2 から 1 よ, よ花

▼ 揃へながら~ (4, 0.3%)

2 かういふ 1 かう言ひつ, 突慳貪に

▼ 揃~ (4, 0.3%)

4 揃って

▼ 揃~ (4, 0.3%)

3 を着た 1 がうすら寒

▼ 揃~ (3, 0.2%)

1 五十万円脚一揃なら, 備えて, 瓢箪を

▼ 揃つた時分~ (3, 0.2%)

1 に新, に雨, を見

▼ 揃つて入院~ (3, 0.2%)

1 して, し一人, すること

▼ 揃つて甲斐性~ (3, 0.2%)

3 のある

▼ 揃ひたる~ (3, 0.2%)

1 奏楽を, 春花なれや, 黒き船

▼ 揃エテ~ (3, 0.2%)

1 坐ッテイル, 坐ッテイル蜻蛉石線, 寝タ

▼ 揃い持っ~ (2, 0.1%)

1 ていました, ている

▼ 揃~ (2, 0.1%)

2 何かを

▼ 揃~ (2, 0.1%)

1 からナ今, といふ

▼ 揃つた具合~ (2, 0.1%)

2 に得

▼ 揃つた完全~ (2, 0.1%)

2 な鍋

▼ 揃つた足~ (2, 0.1%)

1 擦の, 擦れの

▼ 揃つた青草~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 揃つて無疵~ (2, 0.1%)

2 のま

▼ 揃である~ (2, 0.1%)

1 からじゃ, ことは

▼ 揃なる~ (2, 0.1%)

1 こと驚く, 調子にて

▼ 揃はせる~ (2, 0.1%)

1 つもり, ハネ十時五十分

▼ 揃ひも~ (2, 0.1%)

1 してを, 揃うて

▼ 揃ひ過ぎる~ (2, 0.1%)

1 ぢや, よ八

▼ 揃ふとき~ (2, 0.1%)

1 は何, は新緑

▼ 揃への~ (2, 0.1%)

1 ゆかたの, 衣裳の

▼ 揃へば~ (2, 0.1%)

1 五百兩も, 文句は

▼ 揃へを~ (2, 0.1%)

1 する, 購はんと

▼ 揃~ (2, 0.1%)

1 デ恐, 御新調

▼1* [318件]

いのって居ります, 揃うた言うこと, 揃するに一人, 揃それから傘や, 揃つたあなたがたのお, 揃つたお方だ, 揃つたぢやありません, 揃つたら見に来, 揃つたら訊き度い, 揃つたわけぢやない, 揃つたわね主人も, 揃つた一團の可愛, 揃つた万朶の花, 揃つた三月の中旬, 揃つた上は平次, 揃つた上下調べが濟, 揃つた二人それから仕度, 揃つた亡者を選ん, 揃つた仏頂顔でスマシテ, 揃つた入歯が彼, 揃つた吝嗇坊で寄附事, 揃つた夫等を風呂敷, 揃つた姿を見, 揃つた席ではとても, 揃つた朝顏の芽, 揃つた木の音, 揃つた材木を一, 揃つた桃の畑, 揃つた櫻が何本, 揃つた欠点を暴露, 揃つた犯人を平次親分, 揃つた玉の井へ行つて, 揃つた眞晝の芍藥, 揃つた砂の敷い, 揃つた硝子戸に突当, 揃つた聲の調子, 揃つた背皮に黄金, 揃つた街でした, 揃つた賑やかなコーラス, 揃つた道具らしいが, 揃つた酒酒酒そして鰯, 揃つた隊列を横, 揃つた頃のこと, 揃つた頃組長田丸浩平は旅行トランク, 揃つた麥畑の中, 揃つた麦畑の中, 揃つた齒並だけが昔, 揃つてあたりは神々し, 揃つてすつかり春, 揃つてそれを持つ, 揃つてたんだな, 揃つてなまくら許りとは, 揃つてなりふり構はず働く事, 揃つてみな嫌だつた, 揃つてやくざな男, 揃つてる経済界だ, 揃つてトンパチ屋の常連, 揃つてパスすれあ, 揃つて一事を演ずる, 揃つて一人者で皆んな, 揃つて一時内地へ出掛ける, 揃つて一緒に出掛ける, 揃つて三四百円で譲つて, 揃つて三角にめり込ん, 揃つて下手であり肝心, 揃つて下浦へ避寒, 揃つて不思議にも亂雜, 揃つて世間話をし, 揃つて中座の楽屋, 揃つて予約したのに, 揃つて二人をお腹, 揃つて二階の喫煙室, 揃つて五十前後以上の代物, 揃つて今日の悦び, 揃つて何不自由なく暮し, 揃つて借金をした, 揃つて八五郎と三輪, 揃つて出懸ける事, 揃つて出來た病人, 揃つて出勤すること, 揃つて出發する事, 揃つて刃を磨いた, 揃つて前津の田畝あたり, 揃つて南禅寺の本堂, 揃つて反対したらしい, 揃つて口を開け, 揃つて口口に串戯, 揃つて名告り出た, 揃つて商賣を, 揃つて商人を侮蔑, 揃つて四隻どす黒い煙, 揃つて埃にまみれ, 揃つて塵も積つて山主義, 揃つて増屋の敷居, 揃つて外出して, 揃つて夜の散歩, 揃つて大川を一, 揃つて大粒な奴, 揃つて天保時代だね, 揃つて夫人からダンス, 揃つて奇れいなもの, 揃つて奮鬪的生活をし, 揃つて好人物で一泊四十銭, 揃つて嫁入先から追出された, 揃つて字余りの三十五六字, 揃つて存在して, 揃つて學者であつ, 揃つて小指ほどの大き, 揃つて尻立てて, 揃つて居ちや一人拔け出し, 揃つて平次の話し出す, 揃つて幾組となく, 揃つて庚申横町は洒落た, 揃つて庭を隔てた, 揃つて後光が射す, 揃つて御飯にし, 揃つて忠臣蔵の真似, 揃つて念佛を唱, 揃つて戸外へ歩きでた, 揃つて手拭を冠つた樣子, 揃つて擬ひつ気なしの, 揃つて支度を了, 揃つて故郷に錦, 揃つて文筆に親しん, 揃つて新作の脚本, 揃つて方々を婿君, 揃つて旅をいたしました, 揃つて日に蔭, 揃つて早朝に起き, 揃つて松茸狩りに出かけた, 揃つて校長のところ, 揃つて歌ふ無邪気, 揃つて此方を向いた, 揃つて武勇には勝れ, 揃つて氣違ひ踊り, 揃つて泣きやがる, 揃つて浮足に成つて, 揃つて潰家の下敷, 揃つて烟を好かない, 揃つて燒け死ん, 揃つて父親が老年, 揃つて玉子焼や蒲鉾, 揃つて瓶の中, 揃つて男の家, 揃つて癪にさはる, 揃つて皆して, 揃つて目を, 揃つて磔刑臺の上, 揃つて神様の前, 揃つて神樂坂の通り, 揃つて神経衰弱になつ, 揃つて秋風のさびしく, 揃つて空に向, 揃つて空中に飛躍, 揃つて笑つてゐました, 揃つて粗雑な顔, 揃つて縮緬七子羽二重の黒, 揃つて聖天堂の前, 揃つて背が低, 揃つて脊が低, 揃つて舞つて居ます, 揃つて舞踏する, 揃つて芝居に仏頂面, 揃つて芽出度く出陣, 揃つて荷の揚下し, 揃つて行はれるので, 揃つて街へそして, 揃つて見物し翌日, 揃つて親不孝者になつ, 揃つて観客の一万五千, 揃つて記念の寫眞, 揃つて訪問して, 揃つて貧乏人の子, 揃つて貪婪で邪慳, 揃つて賑はしい, 揃つて連枷で麥, 揃つて郷へ帰らう, 揃つて酒屋は變ぢ, 揃つて野良の方, 揃つて金銀の鎖, 揃つて金銀造りの脇差, 揃つて鉢卷なんかし, 揃つて銃殺せられたつて, 揃つて鍬をふりあげ, 揃つて門を出, 揃つて雑煮を祝, 揃つて雨あがりの, 揃つて風呂に行き, 揃つて風邪を引いた, 揃つて飯田橋を歩い, 揃つて首をかしげ, 揃てあつて仕馴れまい, 揃ですが銀, 揃でもあつた, 揃柱とで, 揃というのだ, 揃とは言ひ兼ね, 揃なくして人, 揃なさしめ秀吉を, 揃なら七十万円で, 揃にて太公登城, 揃はずそれに, 揃はずけい古し直し, 揃はず今日は催し無し, 揃はず家庭でパン, 揃はず本を校正, 揃ひある筈だ, 揃ひさうなものばかり, 揃ひした野越家の, 揃ひすぎて腑, 揃ひだ彼家にし, 揃ひであたし羞しいよ, 揃ひでありましたが是, 揃ひでお出で下すつた, 揃ひで不器量なこと, 揃ひで二君の噂, 揃ひで先頭には大, 揃ひで東京の方, 揃ひで社寺へお, 揃ひで薔薇色の短靴, 揃ひで買つたがこれ, 揃ひで長男は薄馬鹿以上, 揃ひと言つて, 揃ひなので芝居, 揃ひなところが自由, 揃ひな家が軒, 揃ひな活字は明らか, 揃ひな火箸を取つ, 揃ひな焼絵玻璃の古ぼけた, 揃ひな證言で一向に, 揃ひな魅力は江戸, 揃ひな點など輸入活字, 揃ひまして八十円, 揃ひも学生の昔, 揃ひも揃つたあなたがたのお, 揃ひも揃つた吝嗇坊で寄附事, 揃ひも揃つてなまくら許りとは, 揃ひも揃つてやくざな男, 揃ひも揃つて一人者で皆んな, 揃ひも揃つて下手であり肝心, 揃ひも揃つて二人をお腹, 揃ひも揃つて五十前後以上の代物, 揃ひも揃つて出來た病人, 揃ひも揃つて大粒な奴, 揃ひも揃つて天保時代だね, 揃ひも揃つて字余りの三十五六字, 揃ひも揃つて後光が射す, 揃ひも揃つて擬ひつ気なしの, 揃ひも揃つて烟を好かない, 揃ひも揃つて父親が老年, 揃ひも揃つて癪にさはる, 揃ひも揃つて芝居に仏頂面, 揃ひも揃つて親不孝者になつ, 揃ひも揃つて観客の一万五千, 揃ひも揃つて貧乏人の子, 揃ひも揃つて貪婪で邪慳, 揃ひも揃つて鉢卷なんかし, 揃ひ居りしこそ不思議, 揃ひ待ってたら何と佐々木俊一, 揃ひ持ち出して来た, 揃ひ過ぎてゐる, 揃ひ過ぎたことが, 揃ひ過ぎてる身長が, 揃ひ過ぎますよ, 揃ふうへを, 揃ふからこいつは疑ひ, 揃ふから嘘ぢやあるまい, 揃ふか非常識漢多きかを, 揃ふけれども一時, 揃ふてゐるからはそれでも, 揃ふて行くがえ, 揃ふと突然ごろりと車輪を, 揃ふべしと答, 揃ふものが, 揃ふんだから, 揃へたお粂, 揃へた九か二十, 揃へた手などは十七八, 揃へた眞中を分け, 揃へた端然とした, 揃へての拵へ, 揃へても見つ, 揃へやがる, 揃へようとせ, 揃へればい, 揃ほど道学者輩が, 揃もとめて来た, 揃紋尽は, 揃ろつた楽しいお正月, 揃わが身につけ, 揃われは身, 揃をも批判すべき, 揃スキー帽手袋襟巻シャツズボン下カトリック辞典一二英語のギリシャ語文典, 揃ッテイルカラ様子ヲ聞イタラ右, 揃てゐない, 揃ヒナル駆ケ草鞋, 揃ヘテ威嚇ヲバ試ミハタ又千代ヶ崎ナル平根台場ニハ, 揃志げニ与, 揃五つ半時其少しく前, 揃て居ります, 揃助ちゃんのため, 揃胡坐の, 揃天富斎木石川出立す, 揃差上候こそ相, 揃巳中刻御出, 揃安祥被, 揃御多祥, 揃方御用承り度, 揃が出来た, 揃札ひとつないのに, 揃だけを安売, 揃申居候間御買上, 揃竹行李が一つ, 揃出仕午刻御, 揃遊御機嫌様宜しく, 揃調練の御, 揃ひぬ, 揃驚いたものの目