青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「掴ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~探し 探し~ ~探偵 探偵~ 接し~ ~接吻 接吻~ ~控え 控え~ ~掴ん
掴ん~
揃~ 揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ ~描く 描く~ ~描写 描写~

「掴ん~」 1157, 12ppm, 8784位

▼ 掴ん~ (1107, 95.7%)

30 いた 16 いるの 15 いる 7 来て 6 いた手, 力任せに 5 いたの, いるよう, いる手, それを, ゐた, 死んで, 自分の 4 いない, しまった, ゐるの, ズルズルと, 居りますが, 居る, 引き起すの

3 [12件] いること, いると, いるん, ゆすぶりながら, グイと, 何か, 居ります, 引きずって, 悶絶し, 表へ, 顔を, 食ふ

2 [63件] いたもの, いて, いないよう, いる様子, いる物, きた, き先づ一番神聖, くるだろう, ぐいぐいと, しっかりと, しまいました, しまう, しまったの, ずるずると, ずるずる手もと, その店先, その顔, ぶらさげて, また身震, みせると, ゐた手, ゐる, ゐると, 來て, 來ました, 俺の, 偶然に, 勢よく, 口の, 右手で, 土間へ, 地に, 妻を, 宙に, 家へ, 川の, 左の, 引, 引き戻されても, 引っ張った, 引摺り出す, 彼の, 投げつけた, 振って, 振り回したり, 放さないので, 来たもの, 根を, 歩いた, 水へ, 池に, 泳ぐ形, 突き倒し, 立ち上った, 立つて, 行きます, 起き上るという, 起ち上った, 身を, 身体を, 逃げ出した, 雪の, 首を

1 [802件 抜粋] あえだり, あっという間にその, あっぷあっぷやってる, あなたほんとうに, ある, いこうと, いたあの, いたからこそ, いたこと, いただきます, いたらしい事, いたる雛鳥, いたわ, いた写図, いた実験, いた敵, いた泥, いた粗朶, いた者, いた舵柄, いた裾, いた解決, いた訳, いた道徳, いっしんに心, いつた, いないに, いないの, いない作者, いなかった, いなかったから, いなければ, いました, いません, いらしつて, いられそう, いるだけに, いるだろうねと, いるという, いるので, いるはず, いるものの, いるらしい, いる上, いる人, いる人物, いる又野, いる彼, いる牛太郎, いる真理, いる私, いる腕, いる自分, いる魚, えいとばかりに, おいて, おくに, おられるお, おりますが, お捕り, お母様の, かからないと, かつぐ, がらりと, きた小型, きっと身構えた, くだされば, くる札束, ぐいぐい飲み干し, ぐいと引かれ, ぐいと引き立て, ぐいと引抜かれる, ぐいと引抜く, ぐいツと, ぐっと壁, ぐっと引上げ, ぐンと, こしらえて, こづきまわした, こと切れて, この私, これへ, しだいと, しまうの, しまったよう, しまった現実, しまひました, しまふなんて, しまふン, じっと屏風, じぶん, すつかり, せいせい言っ, そこに, そこへ, そこらを, その地点, その耳元, それに, だらりと, ちま, つまみだされた, ですねえ, とうとう小森砲手, とめる, どこにでも, のんで, はたはたと, はなさなかった, ひき上げねば, ひき止め, ひどい権幕, ひらりと, びりびりと, ふところに, ぶっ倒れた, ぶら下げて, ぽかぽかその, まごついて, みせる, みせるぞ, みせるよう, みせチイナ, みた, みて, みな, みます, みろいくら, むしゃむしゃと, めえりやす, もとへ, やにわに股, ゆく, ゆくこと, ゆく姿, ゆすぶった, ゆすぶったとき, ろ, わたしは, ゐた三本, ゐた解決, ゐた訳, ゐないといふ, ゐないに, ゐられる信仰, ゐること, ゐるとい, ゐるもの, ゐるやう, ゐる人物, んだ, エエーイッと, ガツガツと, ガラツ八の, ギューギューと, ギリギリと, グイグイと, ゲジゲジでも, コヅキ廻した, ゴッツンと, サラサラと, ジリジリと, チャリイン, トラバースし, ナチスは, バッタリ倒れ, バラバラと, パッパッと, パラパラと, フリ廻し投げとばし, ポケットに, マゴマゴした, 一しょに, 一つ小突いた, 一方を, 一目散, 丁度それ, 上つたのである, 下さいでないと, 下の, 両手で, 両足へ, 丸つ, 事件の, 事務所を, 二十人あまりの, 二足三足登る, 五百何十兩を, 人目を, 仇を, 仰けぞ, 仰反, 何んの, 何処へか, 何者かに, 來るだらう, 俎上に, 倒に, 倒れたまま, 倒れて, 偉くならね, 僕は, 入って, 其處に, 其處を, 再び刈りはじめる, 凝然と, 刀まで, 切腹しかける, 刈った束, 別に取り除け, 制作する, 劇しく揺すり, 力一ぱい撲りつけた, 力一パイゆすぶっ, 動かない屍骸ひとつ, 動きの, 千歯に, 双方腰を, 取りがち, 古い足跡, 叩きつけ, 叱るよう, 右往左往する, 同じく子, 向岸, 呆気に, 呉れた, 呪いの, 呶鳴った, 呼吸が, 哀願しつづける, 喘いで, 喧嘩も, 喰う罰当り, 喰べても, 回転のか, 国技館へと, 圓朝は, 地面に, 外に, 大声に, 大宇宙, 奥の, 姉に, 家まで, 富岡と, 寝台の, 小函, 小刻みに, 少し引きずった, 尻つこけ, 居た, 居ないが, 居ないの, 居ると, 居る或, 居直らせた, 左へ, 左手で, 差出しながら, 席をや, 帰って, 平次は, 床の, 座を, 庭へ, 庭先に, 廓の, 廻りながら, 引いちや, 引きずり出す, 引きずる様, 引きちぎって, 引きとめ, 引きよせよう, 引き下ろした, 引き伏せよう, 引き寄せると, 引き戻そうと, 引き折, 引き据えた, 引き据ゑた, 引き放そう, 引き落した, 引き落そう, 引き起そうとしても, 引くの, 引っ張る奴, 引つ立てて, 引つ立てられて, 引もどそう, 引上げに, 引出し押しつけぬ, 引寄せる, 引戻しざまキラリ, 引戻しました, 引戻します, 引戻す, 引据ゑて居た, 引摺り倒し, 引立て, 引立てた, 引裂くこと, 引起そうと, 引込みました, 引釣る, 影を, 彼女を, 待合の, 御覧なさいました, 思ふさまそれ, 悶えるよう, 悶へ, 惘然と, 想像を, 愧か, 懸命に, 戻って, 手どり, 手放しで, 手荒くゆすぶり, 手荒く交番, 打振, 投げかえす決意, 投げた, 投げつけたが, 投げつけられるよう, 投げつけると, 投げんと, 投げ飛ばす, 押さえつけた, 押仰向, 押入の, 拾い上げた首, 持ち上げた, 按摩の, 挙げた顔, 振った, 振切りながら, 捻じ倒すと, 掌を, 探したの, 揉みほぐしたり, 握りしめました, 握りつぶし踏みに, 揺すぶるが, 揺って, 揺ぶった, 撒きながら, 攀じ登るの, 放さずに, 放さなかった, 放しません, 教室の, 散々骨を, 斯う, 方々の, 日も, 星明りに, 時勢と, 暗くなった, 更に身体, 杉本の, 来いっ, 来い臑, 来たいそれ, 来たの, 来たらしい一寸, 来るかを, 来るでしょう, 架け出されたま, 森野の, 椅子の, 横飛び, 此の, 此れ, 武道者は, 歩いて, 歸られた, 殺して, 毎日, 気障でない, 決行された, 泣こうかしらと, 浩嘆せず, 浮き上つたのだ, 渾身の, 滅茶, 火の車に, 火鉢の, 無理に, 煙を, 父に, 片手で, 物も, 物置の, 狂気の, 猟師の, 玄関まで, 生捕, 田の, 申上げ, 申上げろ, 皺枯れ, 盛り上げる, 盥の, 矢つぎ早に, 短躯小身の, 破って, 私どもが, 秋子の, 稲を, 穴を, 空間を, 突っ立っ, 突ッ立った, 窓寄りに, 窓枠を, 立ち上つて, 立ち上ると, 立った, 立上った, 立上つた, 立上り足を, 粘土を, 紀州部屋を, 絶えず何事, 締めつけ初めた, 縁側に, 縁端に, 置いた様, 置けば, 群猿の, 耳に, 肩に, 肩先を, 背負うと, 腰かけるの, 腰を, 膝去り出した, 自由に, 苦しい聲, 苦しまぎれに, 苦しんでるので, 血の道の, 血塗れの, 行かなければ, 行くの, 行け, 行つた, 行つて一層, 袂は, 裏門から, 見せましやう, 見た, 見たい, 見てから, 見なければ, 見ますと, 見ること, 見るよう, 言いました, 計算し, 説き起こし説き去られるという, 豪いぞ, 走り出した, 走るどぜ, 起させないもの, 起った, 起直, 足を, 踏み停ると, 軽くゆさぶった, 追いついた, 逃げりゃあ, 運び去つたの, 道の, 遠眼鏡をね, 遣手蔵へ, 金庫に, 鉄の, 鍵盤に, 門を, 階を, 階段の, 隣りの, 離さないよう, 離さなかったの, 離さぬ熊鷹根性, 青竹の, 頬を, 頬摺りを, 額の, 顫へる, 飛出したと, 香炉の, 高くさし上げ, 鶏の, 鼓舞する

▼ 掴んでは~ (18, 1.6%)

2 倒され捲き上げては

1 [16件] いないの, いなかった, また打砕く, ゐなかつたの, 入れして, 入れ掴んでは, 又其の, 夜に, 引きずり, 投げ, 投げる, 投げ掴んでは, 投げ散らして, 暗を, 鎌を, 食うほどに

▼ 掴んだり~ (15, 1.3%)

2 花筒の

1 [13件] したが, したの, して, するが, する矛盾, 古戦場を, 安全燈を, 岩角に, 引っぱったり, 手頸を, 耳を, 肩に, 蛇が

▼ 掴んでも~ (7, 0.6%)

1 いなければ, そのまま仰向け, よろしい, 中へは, 二人が, 掴み損ねた, 搦まる

▼ 掴ん~ (2, 0.2%)

1 や, やゐない

▼ 掴んでから~ (2, 0.2%)

1 一つ大きく, 出来ること

▼1*

掴んじゃ不可い, 掴んでてやらないと, 掴んでというより, 掴んでのそっとはいっ, 掴んでまで撫でつけた鬢, 掴んでまでも徳松の