青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「我々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~成功 成功~ ~成立 成立~ 成績~ ~成長 成長~ ~我 我~ ~我々
我々~
我が~ 我儘~ 我国~ ~我慢 我慢~ 我輩~ 或~ 或いは~ 或は~ 戦~

「我々~」 13057, 135ppm, 792位

▼ 我々~ (4316, 33.1%)

29 前に, 行為は 28 心を 27 祖先の 25 生活の, 祖先は 24 生活に 23 ために, 心に 20 ような, 自己の 19 うちに 16 心の 15 仕事は, 生活は, 生活を 14 日常の, 知識は, 自己が, 自己は 13 ように, 眼に 12 周囲に, 国の, 心は, 為に, 祖先が 11 中に, 住んで, 間に, 間には, 頭の 10 時代の, 注意を, 認識は 9 前には, 生の, 目に 8 やうに, 心が, 手に, 方へ, 眼の, 眼前に, 考へて 7 ところへ, やうな, 意識の, 持って, 持つて, 方で, 目の, 眼から, 知って, 研究は

6 [22件] 中で, 仲間の, 先祖の, 共同の, 力で, 周囲を, 外に, 感情を, 日常生活に, 現実の, 生活が, 知識の, 神は, 経験の, 經驗の, 耳に, 行為が, 言葉は, 認識が, 遊星系の, 運命を, 魂の

5 [17件] 上に, 内に, 存在は, 想像を, 手で, 方は, 時代には, 時代は, 現在の, 生命の, 生活では, 考えて, 興味を, 要求する, 認識に, 部屋の, 間では

4 [52件] すべての, 一つの, 中の, 主人公は, 今日の, 仕事の, 仕事を, 仲間で, 仲間では, 仲間に, 仲間は, 先祖は, 原稿用紙に, 国では, 國の, 太陽の, 存在の, 存在を, 山越しの, 後から, 怒の, 思惟の, 思想は, 思想を, 愛する者, 感覚に, 感覺の, 手には, 方が, 方に, 方を, 日常に, 理想を, 生命は, 生活には, 目前に, 知性は, 知識が, 精神は, 耳へ, 耳を, 自己に, 自己を, 自然的な, 行為の, 観念の, 觀念の, 話を, 足もとに, 間にも, 頭に, 魂を

3 [90件] うちの, 世界と, 世界の, 中には, 中へ, 予期する, 予期せざる, 今の, 今後の, 佇んで, 個人的自己に, 個人的自己を, 傍に, 内なる, 内部に, 判斷の, 前へ, 各々が, 名づけて, 周囲には, 唯一の, 問題に, 地方の, 多くは, 好奇心を, 姿を, 家に, 家の, 家へ, 家庭には, 家業は, 少しも, 思想と, 想像する, 想像も, 意識は, 感情は, 態度は, 文化の, 文化は, 文学は, 文明が, 新たに, 時代が, 時代に, 晴の, 根を, 様に, 歌の, 民族の, 決意を, 為しうる, 物の, 現身は, 生きて, 生命を, 生存に, 生活と, 生活にとって, 目を, 真の, 知つてゐる, 社会に, 祖先と, 神, 立場からは, 経験に, 耳には, 背後に, 胸に, 血の, 行動を, 行為によって, 行為を, 裡で, 見るところ, 親たちの, 観念と, 観念は, 言葉の, 計画は, 認識の, 認識を, 身辺に, 身辺には, 部屋は, 部屋へ, 間を, 顔を, 驚きは

2 [298件] いるところ, いる建物, うちで, うちにおいて, うちには, うち誰でも, ための, ところから, ところで, ところに, ところにも, ところまで, とは違っ, とるべき道, と同じ, と非常, なすべきこと, に比較, ものと, ものとして, やって, ゆりかごでは, ゲエテを, トランクの, 一生などは, 一生の, 一致する, 世界に, 世界には, 世界は, 両親や, 中では, 中にも, 主人役は, 久しい間, 事実上の, 事業は, 交渉に, 人力車は, 人力車夫は, 人格の, 人生は, 人生感情として, 仕事が, 仕事にも, 仰ぐオリオン星, 仲間, 仲間には, 休むこと, 住む世界, 住む国, 住む地球, 作って, 作るもの, 作る映画, 使って, 使つてゐる, 信ずるところ, 信仰の, 個人は, 個人的自己の, 先祖である, 先祖も, 力では, 力の, 努力は, 動作の, 印象に, 原稿用紙の, 原稿用紙も, 受くべき, 口に, 同感を, 名前を, 向うに, 周囲にも, 周辺には, 味方に, 呼ぶ茘枝, 命を, 問題と, 問題は, 四周に, 国でも, 国に, 国には, 国民性は, 国語に, 国語の, 地球が, 場合は, 太陽は, 太陽も, 妻たちは, 始であり, 婚礼の, 子供の, 子孫に, 学問に, 宗教の, 実人生, 実生活を, 実践的な, 実際生活, 射の, 尊ぶ自由, 尊敬し, 小説の, 小説は, 屯所へ, 希望は, 平凡は, 平素の, 廻りを, 引越と, 役割は, 従来の, 心である, 心も, 必要から, 忘るる, 思想や, 想像の, 想像は, 想像力は, 意味における, 意志の, 意志を, 意欲が, 意見が, 愛が, 愛を, 感傷的な, 感情に, 感情や, 感覚を, 懐かしい祖父, 所へ, 所有と, 手では, 手によ, 抱いて, 指図に, 捜して, 探して, 文化を, 方の, 方も, 旅館よりは, 既に有する, 日常生活が, 日本の, 日用語が, 明日の, 時代から, 時代においても, 時代まで, 時代までは, 書くもの, 最も深い, 最初の, 最後の, 服装を, 望むところ, 望む所, 本当の, 本性の, 村の, 来ること, 案内者は, 様な, 標準で, 此の, 毎日の, 求めて, 汽船が, 注意は, 海の, 深く考えなけれ, 為すもの, 爲に, 特色は, 現代の, 理想は, 理知は, 生きた思想, 生きる道, 生を, 生命と, 生存には, 生死を, 生活から, 用語が, 町でも, 町に, 百年戦争に, 目からは, 目には, 相手に, 真実の, 眼で, 眼には, 眼にまで, 眼前で, 知つて居る, 知るところ, 知能が, 知識に, 祖先たちの, 祖先には, 祖先も, 神を, 秘密の, 空腹を, 立って, 立場が, 第一, 精神そのものにおいて, 精神に, 精神の, 精神へ, 精神及び, 經驗に, 習慣では, 考えでは, 考えは, 考が, 考へ方, 聖なる父, 聖徒の, 聖書を, 肉体は, 背後を, 胸には, 胸の, 脚元に, 腰に, 自己という, 自然を, 舟の, 船の, 艦は, 芸術の, 若い時分, 荷物は, 荷物を, 血は, 行手を, 行為する, 行為には, 行為的自己に対して, 行為的自己は, 行爲の, 行爲は, 表象と, 裡に, 見なれて, 見ること, 見解では, 親たちが, 親たちは, 観察を, 観念が, 観測する, 觀念と, 言葉が, 言葉と, 言葉を, 計画では, 認識といふ, 認識作用が, 誰が, 諜報局には, 象徴詩に対して, 責任である, 踏んで, 身に, 身の, 身体が, 身体の, 身体は, 運命は, 過去には, 道徳的感情の, 遠くに, 部屋を, 鉄の, 間でも, 関知する, 闘争を, 面前で, 音楽は, 音楽を, 頭では, 顔にも, 食物の, 馬は, 馬車の

1 [2292件 抜粋] あいだに, あまりに情熱的, あらゆる学問, いうところ, いう絶滅, いふ, いわゆる文学, いわゆる竜宮, おかれて, お客さんです, かつて知らなかった, ことです, この変化, この船, ごとき眇, して, すぐ手, それとは, ついした, とこでも, とちがい, とは非常, と同様, に匹敵, はいって, は申す, ふるさとという, ほかには, まわりの, もつもの, もはや本能的, やり方とは, よく知つて, よりも厚く, ゐるオオケストラ・ストオル, グウタラな, ジャックストンス, デタチすなわち, プロスペロオは, ポイエシスより, ラジオ体操の, 一九二六年迄, 一分隊が, 一国民俗学の, 一応の, 一生を, 一部でも, 上のみ, 不幸な, 不意を, 不満の, 世の中に, 世界からか, 世界も, 中から, 中誰が, 主君の, 乏しい知見, 乗艦シャッガァ号が, 予想を, 事情が, 二度目の, 互の, 交われる人々, 交際は, 人格も, 人生の, 人間を, 今まで, 今日有する, 仕事です, 仕事部屋にも, 代表的な, 仲間が, 仲間入りした, 企ていよいよ, 会社の, 位置が, 住む地上, 住む狭い, 体得の, 作家に, 使命は, 依頼者から, 保守主義などは, 信仰を, 信念も, 信頼し, 俳句は, 個人的な, 個性が, 倭朝廷で, 側からの, 偶感では, 催したる, 働きは, 充分な, 先祖たちは, 先輩として, 党の, 全く感じ得ぬ, 全自己たる, 兵営まで, 内の, 内生活, 内部生命そのものを, 再檢討, 冷笑を, 出る幕, 分析に, 切望し, 判斷は, 到底なし, 前の, 創ったもの, 力を, 努力の, 動きを, 勤めも, 南方諸国への, 及ばぬ処, 友人の, 友情の, 収入の, 受ける影響, 口頭伝承は, 古代には, 古馴染の, 右手かなり, 同僚たる, 同僚二人を, 同志なる, 同志討ち, 同業者, 同胞である, 名字は, 周囲では, 周圍には, 呼方じゃ, 哲學の, 商売も, 問題です, 喧嘩の, 困ること, 国体の, 国民にとっては, 国語での, 國でも, 在獄中ツシタラ, 地球を, 執れる唯一, 場合では, 士官の, 外には, 夢が, 夥伴を, 大和魂の, 大衆活動を, 太子殿下は, 太陽だ, 太陽系は, 失敗を, 好み次第に, 如き境遇, 姉妹の, 子供や, 学び得ること, 学問の, 学問を, 完成とは, 宗教的修業で, 実践的決断は, 実験では, 宴会や, 家庭での, 家庭も, 宿営地に, 實存を, 将来も, 小さな日本人, 小実験所, 小説を, 山の神が, 工場で, 希望が, 帝大, 常に目撃, 常識と, 平凡生活にとって, 平生使はれ, 年中行事が, 幻覚です, 庭さきまで, 建物は, 形容な, 役に立つやう, 彼に, 従ふこ, 心における, 心持ちで, 心臟から, 忘却もしくは, 思ひも, 思惟に, 思想において, 思索が, 性格から, 恥では, 悦びは, 悲劇と, 情意的要求を, 情生活そのものが, 想像しえない, 想像に従って, 意の, 意志によ, 意志的自己実践的自己を, 意見に, 意識そのものの, 意識作用は, 意識的統一の, 愛の, 感じでは, 感ずるもの, 感嘆おかぬ, 感性知覺が, 慈父, 態度に関する, 慣習は, 戎克には, 或もの, 所有に, 所謂宗教である, 手といふ, 手段の, 手許を, 批評も, 技に, 投錨地, 持つあらゆる, 持つ時間観念, 持参した, 捉え得ない隠れた力, 捨てるもの, 探求する, 提供する, 政治論なぞは, 故郷にも, 教育は, 敵が, 文化が, 文壇や, 文学も, 文學的經驗の, 文章そのものに対する, 新しく殖える, 方から, 方には, 方法に, 方面は, 旅行の, 既成概念を以て, 日常会話は, 日常生活を, 日常経験とは, 日本人等は, 日用品を, 昔話は, 是から, 時代では, 時代を, 普通の, 書いたもの, 書き物には, 書翰中にも, 最も慎重, 最も誇りたい, 會合も, 望どおりに, 期待よりも, 本の, 本意で, 杖そして, 来住を, 根の国の, 案山子の, 概念を, 様子を, 標語から, 横を, 機関車を, 欲する物, 歌道の, 正月とは, 歯痛では, 歴史的考究欲を, 民族が, 民族性に対して, 気づいたこと, 気勢に, 永遠の, 求めるもの, 汽船の, 注意すべき, 注目を, 活動に対して, 深い注意, 溯り得るの, 漠と, 為また, 無能まことに, 爪を, 父兄には, 父祖は, 牢屋の, 犠牲として, 猪牙舟は, 現前に, 現実を, 理会と, 理性を, 理想どおりに, 理知的努力と, 理解を, 環境である, 生きつつ, 生きる姿, 生にとって, 生命活動は, 生活する, 生活である, 生活上実に実に, 生活方法は, 生活立ちゆかず, 用ひ, 申上る, 畏敬し, 発展の, 盆の, 目前においても, 目的が, 直面した, 眞の, 真価を, 眼と, 眼を, 眼前にも, 着きよう, 着物を, 知らないもの, 知らない智慧, 知らない間, 知らぬ様, 知り得る最古, 知人間では, 知的自覚的自己の, 知識では, 短い生涯, 研究には, 社会においては, 社会へ, 社会的生命において, 社會に, 祖先から, 祖先とともに, 祖先のて, 祖先達の, 祖母の, 神の, 神経は, 科学批判の, 秩序は, 種的生命という, 突然な, 立てる蓋然, 第一歩は, 答える以上, 精神が, 精神文化と, 精神肉体の, 紙鳶あげ, 組織の, 経験した, 経験ばかり, 絵画史の, 緊急事である, 縄張を, 缺點をと, 罪障も, 義務が, 義務の, 習慣より, 考えとは, 考えを, 考へから, 考へます所, 考へるべきは, 聞いた昔話, 職務として, 職業上秘密を, 肝心な思ひ, 背中は, 胸を, 能力は, 脳裡に, 自己において, 自己意識は, 自然で, 自由と, 興味に, 舟夫は, 良俗を, 芝居は, 若い血, 荒肝を, 落度だ, 蜜月旅行は, 血液の, 行き着く処, 行けない途, 行動も, 行為的自己が, 行路では, 衣服は, 表象する, 裡でのみ, 要求や, 見る普通, 見逃すこと, 親しい友, 親友であります, 観念でなく, 観衆独特の, 觀念に, 解釈は, 言ふ, 言語から, 言語の, 計り知れぬ, 記念日たら, 訪れようと, 話は, 認識と, 認識根源の, 説明しえない, 読者と, 課題は, 論理に, 謀計を, 謂ふた, 財布の, 責任の, 質問に対し, 超顕微鏡下, 足の, 踏む土, 身体的生命を, 車夫は, 輜重行李を, 農民文学は, 近代の, 追手が, 通る横町, 通辞が, 連中で, 進軍を, 遊星系に関する, 過去が, 道では, 道連れには, 適応は, 邪魔する, 部落我々の, 都市では, 鎌倉時代に, 門口に, 間の, 関心や, 闘つてゐる, 陽光の, 隙を, 集って, 集会で, 霊場を, 面目に, 靴の, 頗る不服, 頭は, 頭上には, 顏にも, 顔は, 類推力と, 風習らしい, 食べ物は, 食料は, 飯の, 馬子は, 驚嘆に, 高度よりも, 鳥居や

▼ 我々~ (3807, 29.2%)

65 それを 42 我々の 25 ここに 23 これを 22 そこに 20 彼の 13 次の, 自分の 9 これらの, 一つの 7 すべての, それが, それに, もつと, 何も, 何を, 彼を, 手を, 日本の 6 すぐに, 他の, 何処までも, 多くの, 彼が, 我々自身の, 神の 5 このやう, このよう, それから, 出来るだけ, 右の, 容易に, 生きて, 直接に, 知って, 行為的直観的に

4 [25件] お互に, かくの, ここで, ここにも, このこと, この問題, この点, これに, さう, さうし, ただそれ, 一緒に, 二人とも, 作られたもの, 床に, 彼女が, 彼等が, 彼等に, 我々が, 普通に, 東京から, 物を, 現在の, 自由に, 過去の

3 [52件] かう云, こ, この世界, この言葉, そこから, そこで, そこへ, それで, どこから, どこに, ひとつの, まずこの, 一人の, 人力車を, 人間の, 今の, 今まで, 何よりも, 君の, 君を, 大に, 如何に, 孔子が, 対象を, 平和を, 彼に, 彼らの, 彼等の, 急いで, 意識的に, 持って, 新たに, 昔から, 時間を, 東京の, 歴史の, 決して彼等, 現代に, 環境から, 環境を, 町を, 社会から, 自分で, 舟に, 花を, 蝋燭の, 西洋の, 身体を, 進んで, 道元の, 非常な, 非常に

2 [224件] あのよう, ある人, いかに多く, いくつかの, いつも絶対矛盾的自己同一, いまは, いよいよ心, お互, お銀様, かかる世界, かの, かの普通, ここでも, この不安定, この人物, この分離, この和歌, この建物, この書, この業縁, この歴史的カラクリ, この発端, この種, この都会, この陸地, この風変り, これからどこ, これと, これまで, その, そのうえもうなに, そのこと, その存在, その思想, それぞれの, それによ, それによって, それらの, それ等を, そんな好い, ただこの, ただ現在, つねに多かれ少かれ, つねに見る, どうしたら, どこまでも, どんな粗末, なんの, またそこ, まだ年, めいめい自分の, もう笑っ, よろこんで, カラタール氏が, キリストを, ゲーテが, ゲーテにおける, ゲーテの, デカルトの, ドストエフスキーの, 一世紀がた後れる, 一人物の, 一般に, 一軒の, 丁度日本画, 不断に, 世界の, 世界的に, 之に, 二階の, 人間よりも, 今, 今も, 今一度去年以來の, 今一度去年以来の, 仕事に, 休まなければ, 何か, 何の, 何もかも忘れ, 何故に, 例へば天, 個人的自己として, 偶然の, 先ずこの, 先ず最もきびしく, 先づ根柢まで, 先生の, 全く習慣的, 内心ビクつい, 再び昔日, 切に君, 初めてそれら, 別の, 到底合奏, 前に, 勝手に, 同じこと, 唯我々自身, 噂される, 国民の, 在来の, 声を, 夕方の, 多すぎる, 多少の, 夜の, 夢みて, 大いに貧乏, 大阪へ, 太初より, 奇妙な, 奇抜を, 存在する, 孤立的動物でない, 学校の, 完全に, 官憲の, 実際に, 将来の, 小説を, 少くとも, 山の, 島の, 川越へ, 干枯びたオレンジ, 平凡人の, 平安朝の, 当時の, 当然我々自身, 彼女を, 悲劇に, 意志する, 意識しない, 意識的にの, 感じて, 我々で, 我国の, 戦争と, 手に, 敵を, 既にかかる, 日出前に, 日常的な, 日本人の, 昔の, 映画の, 時を, 暗くなる, 最初から, 最後に, 朝の, 村を, 束縛される, 東京へ, 栗も, 根岸氏が, 植物を, 極めて曖昧, 欄干の, 此の, 歴史と, 氏の, 民族的である, 沢山の, 河を, 注意しよう, 海岸に, 漂泊を, 濃霧に, 物から, 物において, 物の, 物静かな, 特殊的な, 犬の, 狐や, 玉桂の, 生の, 生命の, 痛快に, 白鳳天平の, 皆同じ, 真夜中まで, 真実に, 睡眠の, 矛盾的自己同一的世界の, 知らない, 知るの, 確信を, 社交的の, 社会に, 祖先の, 神に対する, 種々の, 窮屈な, 立派な, 第二, 精神を, 純粋に, 絶えず先, 絶えず自己自身, 絶対に, 考えて, 腰を, 自分が, 自己の, 自己矛盾の, 色々の, 蜜蝋が, 蜜蝋そのものを, 西洋人の, 言葉, 計算する, 認識に, 認識の, 読者の, 運命と, 長崎へ, 隣室で, 電車に, 食事を, 馬じゃ, 鬼や

1 [2707件 抜粋] あえて主張, あちらへ, あの夢, あの真珠, あらゆる私的, ある大名, いう, いかにあて, いじけた心, いつか側へ, いつまでも, いつも花, いまだ一度, いやと, いろいろの, いわゆる, お世辞抜き, お像, お少さい時分, かかる仏教, かかる直接認識, かく信ずる, かのベーコン, こういう批判, こう云う, ここ数年間彼に, このたび甲府勤番支配, この一文, この世に, この二つ, この作, この困難, この場合デカルト, この実社会, この岬, この悲し, この文明, この時代, この法律, この町, この自信, この苦しみ, この衣服, この詩, この踊り, この過ち, この隋唐, この靴跡, これだけの, これをも, こんな一寸, ごく僅か, さっそくモルグ街, さらに一層の, ざらに, しばらくお, じつにその, すでにフッサール, すべて靴を, せめてこの, そういう話, そこで先進的, そのシーズン, その世界, その他の, その古い, その外国人, その差, その後の, その方向, その晩, その法則, その犠牲, その相違, その美点, その覘, その重大, それだけで, それの, それ以上に, そんな子供, ただいつか後, ただの, ただ二人, ただ存在要素, ただ簡単, たとえて, ちっとも知っ, ちょっと何, つい忘れ, つねに忘れ, つまらぬこと, とくに科学的精神, どうしてかう, どうしても後世, どうする, どう考へ, どこへ, なおこれ, なぜ変, なるほど煙, ひきあげた, ふたたび家, まかり越したの, ますます弱く, まずその, また一つ, また利根川, また時代, また陽光, まだ手, まったく夢, まるで快楽, みすぼらしい茶店, みんなこの, むしろ姙まれ, めいめい毛布一枚タオル一枚石鹸一個と, もうそろそろ本, もう一度はつきり我々, もう何ん, もし欲するなら, もっと苦しんだ, もと唯ひとり幸福, もはやベルグソン, もはや永久, やり続けねば, よき意味, よく考え, わが政治犯達, アイアムビツクに, イツも, イワンの, カゴを, カント並びに, ギリシア的なる, ゲーテについて, シベリア鉄道以来の, センチメンタルな, テーブルを, トンと, ドクタア・デーヴィッド・マレーの, ニイチェを, バネの, パヴローヴァ個人の, ブリテン国を, ヘンリ王子の, ペン軸を, ポテンシャル, マルクス殊に, ユートピア的社會主義政黨主義等を, ラロで, 一々の, 一パイの, 一口に, 一度浸った, 一方には, 一歩を, 一種奇妙な, 一足先に, 七時前に, 三人揃つて二階の, 三次元の, 上陸した, 不平です, 不細工な, 世界を, 中学校の, 主として斯くの, 乗込んだという, 事実そのものに, 二において, 二人ずつ, 二時まで, 互に他, 五マイルばかり, 些かも, 人の, 人格として, 人間です, 人間的な, 今どこに, 今俄, 今彼等の, 今日いる, 今日快楽追求時代に, 今迄, 仕事の, 他にも, 仮装隊を, 住谷氏が, 何たる怪物, 何とか万葉, 何人かの, 何時も, 何等かの, 余りに時代, 使つてゐる, 侮辱せられた, 信仰によって, 個人的なれ, 個物的なれ, 僅かな, 先ずヘボン先生, 先ず床の間, 先づ君の, 先乗りで, 先駆である, 全く同一, 全員豪雨を, 八時半その, 六ルーブリの, 六通りの, 其を, 其時初めて, 円場に, 再び会わない, 再び銃, 凡ゆる, 出発し, 切符を, 判断する, 別れを, 制作的身体的に, 創作に際して, 動き出し正午, 勿論先輩諸氏, 北極の, 十分完全な, 十幾時間を, 午後九時竹中氏と, 南蛮の, 単に我々, 博士について, 原則として, 又芥川氏, 反対の, 古い日本, 古めかしく静か, 古來鬼畜, 只お前, 各々孤立, 同じき相違, 同じ期間中, 同船し, 君が, 味わう態度, 唐木政右衛門を, 商人達が, 嘗つて英米の, 四台の, 四角な, 国内の, 地上では, 墓前に, 夕暮の, 外国風な, 夙く元気よく, 多分正, 夜が, 大いに呑もう, 大きな枕蓋, 大分困難した, 大小を, 大竹中将の, 天が下の, 失ひがち, 好むと, 妙椿を, 姫君の, 子供が, 孟子自身が, 宇宙に, 宗教の, 実に消滅的, 実際においては, 客観的に, 家の, 寝ずに, 寧ろ自分, 對象を, 小さな籠, 小舟を, 少年時代以来延喜の, 屋敷から, 屡古典舞踊, 峠に, 工場を, 市場に, 帚木が, 常に一般人, 常に考え, 干潮で, 平靜さの, 広い並木路, 度々同, 弁当持ちで, 弥陀の, 当然全滅, 彼らが, 彼等と, 待って, 徹底的に, 必ずしもつねに直ぐ繰り返し, 怒鳴っても, 思ひ返さうと, 恋の, 息も, 悪夢の, 意識し, 愕然と, 感心する, 慣れて, 我々だけの, 戦争が, 所謂支那通から, 承知し, 抽象的意識的自己を, 採集する, 改まった節, 政治の, 敢て, 数日分の, 数軒の, 文化の, 文明的学問を, 斯かる, 新しい道徳, 新時代, 新規に, 既にこの, 既に度々云う, 日常銭湯などで, 日本政府に, 日頃巷に, 早瀬を, 明日は, 映畫, 是れ, 時々交通, 時々火星人, 普通さう, 暇が, 暫らく川手氏の, 更にひとたびこの, 曾て, 有つ, 朝五条を, 未だ隱居, 本文自身の, 本郷小石川牛込四谷という, 来年の, 東京行きの, 果してこの, 柔かい筵, 森の, 楽の, 樂園から, 樫その他の, 欲望曲線が, 正しい認識, 正確な, 此等の, 歴史を, 死な, 死者の, 殺人事件の, 氏と共に, 気持の, 氷河の, 江戸キッスイの, 決してぽつねんと切り, 決して敵意, 決して試し斬り, 沁, 河童は, 泡の, 流行を, 海に, 深き興味, 湾内に, 滅びるの, 漢代の, 濃霧の, 炉に, 無神論者であり, 無限に, 熊本の, 父祖伝来ゆずり伝えた, 物について, 特急に, 狐狸では, 現に社会, 現在でも, 現実を, 理解しなけれ, 生きねば, 生命を, 生産の, 甲板で, 町奉行や, 疑いを, 病気する, 発見し, 皆んなに, 皆酔っ, 目下事実の, 直ちに広々と, 直接体験の, 相当の, 真の, 真鍮製の, 知つてゐる, 知事を, 石段で, 社会主義建設の, 神に, 私的生活と, 移植鏝で, 空間が, 立ち止って, 筆を, 節を, 精神的に, 約二時間, 素直に, 終日海岸に, 経験しなけれ, 結局は, 絶えず新, 絶対未来の, 絶頂から, 織田から, 美しい湖水, 美術学校に, 老樫樹, 聞いて, 肉ばかり, 能面の, 腹を, 自ら進ん, 自力を, 自己活動性を, 自然と, 自発的には, 舟を, 色ある, 若し犬, 苦しむ神, 苦笑し, 荘内藩の, 葉巻珈琲甘露酒その他を, 虚しく食つて, 蝦夷の, 街に, 表現作用的に, 装具検査が, 見かえる人, 見るの, 規約に, 親鸞においても, 解釈学の, 言葉の, 訳して, 認めなければ, 読んで, 諸君の, 谷中真島町の, 貧民と, 跣足に, 身体的なる, 軌道に, 近代ヨーロッパの, 追放され, 通常我々の, 進歩性を, 運動を, 過去において, 遙か, 郵便局の, 醇美なる, 金を, 鋤を, 長い平地, 閉めかけた場内, 闇の, 隅の, 随意に, 雨降りの, 靖国神社に, 靜岡藩士と, 靴音を, 須らくこの, 風土において, 食事の, 飲料を, 馬車に, 驚いて, 高い山脈, 鬪爭本能といふ, 鶏卵を

▼ 我々~ (1477, 11.3%)

20 それを 9 そこに 8 これを, 我々の, 明晰に 6 見て, 通過した 5 何処までも, 想像する, 或る, 日本の, 食事を 4 主体として, 子供の, 物において, 物を, 知覚する, 知覺する

3 [22件] ここで, その中, 一緒に, 世界の, 今まで, 使用する, 個物的なれ, 入って, 外国語を, 彼等の, 心を, 最初に, 此の, 物の, 知って, 立ち止ると, 耳に, 自分の, 自然を, 見えなくなる迄, 見ても, 見ると

2 [100件] かくして後, こ, ここに, ここへ, これまで, そこにおいて, その原因, その思考, それに, ただ我々, やるよう, アッと, プラトンの, ホモ・ファーベルである, 一つの, 一般に, 人生を, 今掲げ, 今日において, 今読ん, 休んだある, 住んで, 何か, 何を, 使つてゐる, 働くという, 内地へ, 出して, 前便を, 口で, 古参だ, 同様の, 問題と, 夢の, 大日本, 天は, 存在の, 安ん, 家庭に, 尋求する, 山に, 往来を, 怒るとか, 意志を, 手も, 手を, 把捉しない, 抱く感情, 旅において, 旅の, 既成の, 日常の, 日本が, 是認する, 有する多く, 東京から, 機械を, 次から, 欲求し得る, 気付くの, 決して避, 注意し, 注意しなけれ, 流行に, 清掃に, 溯れる限り, 物に, 現実に, 理解し, 環境に, 環境を, 生きて, 痛切に, 発見した, 眞と, 眼を, 社会を, 立って, 立寄った旅籠屋, 競争し, 純潔さと, 結婚する, 絶対不変の, 罰が, 考えて, 肯定し, 自分を, 自己矛盾的に, 自己自身を, 行いつつ, 見ること, 話して, 認識する, 變つたと, 財産を, 足を, 追跡し, 過つこと, 静かに, 首尾よく

1 [1097件 抜粋] あえてし, あなたの, あの人, あるの, ある事物, ある目的, あんなに探し廻っ, いくらかでも, いまやっ, いると, うけついで, えく, お互に, かうや, かかる展開, かつて知った, きっととり, こうし, こうしたよう, こうして美しく, こしらえたもの, この世に, この二章, この問題, この外国語, この島, この悲劇, この第, この部屋, これらの, こんに, さてはと, すがりつく草, すべてを, せっかく見つけた, ぜひ見たい, そういう読者, そう読む, そのどっち, その半生, その新しき, その時, その木の根もと, その誤り, それの, それらを, そろって, ただ一人の, ちゅうちょし, つい言葉, つづら折の, とくに蕉門, どういう制服, どうしても我々自身, どうならう, どのくらい, どれほど真面目, どんなに恐れ驚いた, どんなに驚駭, どんな風, なし得また, はるか先に, ほかの, まさに履, また生産, まだ小説, まだ若い, まだ食卓, まはり, みんな文学者だ, もしこの, もし此方, もし自殺, もって, ものを, やったら結局損, ややもの心, よき涙, よく知つて, わが上州, オヤスミまたは, カラスカラスと, ギセイに, コと, サンヂカリストに, タンジェリン, テーブルに, ドングリの, パーリの, プラグマチズムを, ポイエシス的なる, ラサ府で, 一の, 一命を, 一室に, 一方の, 一生不足なく, 一瞥した, 一秒時間も, 一身の, 万事彼等と, 三輪式神話の, 上野の, 下手人の, 不平なる, 不時の, 中へ, 主として最も大きく, 久し振, 乗った舟, 乗ると, 乾かして, 二つの, 人の, 人力車で, 人数で, 人間だ, 人間文化の, 今から, 今の, 今夜ここへ, 今探し, 今日存在し, 今日見ます, 今経験, 仕事に, 仮りに, 休憩した, 何に, 何より先, 何百年の, 何等外的, 作るもの, 使う場合, 使ふ, 例えばロケット, 価値の, 俳風は, 個人的自己であれ, 個性的に, 借りたい時, 偏見を, 偶像崇拝を, 働いて, 兄弟墻に, 先生の, 入ると, 六条御息所や, 其の同じ心, 其問題の, 内発的に, 再生し, 出あう人間, 函館へ, 分り切った加減乗除, 初めだけは, 初めて接した, 判斷を, 前を, 前記の, 加藤の, 勉強し, 動くので, 勧めた珈琲, 十五年前に, 十年一日の, 卑小な, 南海航路の, 単に大量的, 占めた客家, 即座に, 参詣する, 取り出す瓶, 取引し, 受けるやう, 受ける印象, 受取ろうという, 口を, 古い時代, 古典に, 古色蒼然たる, 台風突風と, 史記の, 各自の, 吉良殿を, 同じ仮名, 同じ音, 同行する, 名づけて, 向つて, 周囲を, 呼ぶところ, 和歌山へ, 問を, 喜劇精神と, 嘗て夢想, 囲炉裏の, 國史を, 地理と, 夕食の, 外国古, 多少でも, 多年努力し, 夢にも見ぬ, 大入道と, 大砲を, 天神地祇の, 太陽の, 奥の, 始終賞め, 子供だった, 字を, 存在に対して, 孤獨を, 学校で, 宗像さんの, 宗教行為という, 実生活における, 実際に, 客観から, 宿泊を, 富士の, 寝た部屋, 対象から, 対象の, 小さな店, 小樽で, 小舎に, 小説を, 小鳥を, 岩国の, 岸の, 峠へ, 巡った村, 工場の, 帰つたあとで, 帰国し, 帰路に, 常に見馴れ, 常用する, 平凡な, 平穏に, 幼いころ天真, 店まで, 廊下へ, 引受ける, 張番を, 当面の, 役者の, 彼らの, 彼女に, 彼方其方という, 待って, 後援で, 従来数理的に, 微細な, 必要と, 忍耐強く, 忠義な, 思わぬこと, 怠つて, 恐怖の, 悪いの, 情の, 想像した, 想像出来ない, 意識から, 感じつつ, 感じる弱い, 感情の, 慰めて, 我々で, 我々自身の, 戦争を, 手わけし, 手本に, 持つだけ, 捨てぬでも, 推古彫刻の, 支配として, 故人に, 敗けるの, 敢て, 敵討に, 文字を, 斬られるの, 斯うし, 新しい生活, 新らた, 新聞で, 新聞紙から, 旅した, 既に忘却, 日々に, 日夜の, 日常其内に, 日常尤も口に, 日常諸方に, 早く読み, 昔から, 映画に対すると, 春風が, 昼飯を, 普通, 普通に, 普通日本有史時代と, 普通漢學で, 更に良い, 曾て, 最も奥深い, 最も手, 最初の, 最終の, 會合を, 月世界へ, 朝食を, 未だかつて聞いた, 未来に, 本当に動的, 本意を, 本郷で, 束に, 来るまで, 森林に, 棲息する, 極端な, 構いつけなかったため, 模範を, 橋に, 欠陥多し, 止ると, 正しく見る, 此処に, 歯を, 歴史において, 歴史的, 歴史的破, 死に就, 死ぬるには, 母の, 民間伝承の, 永久に, 求め探しそれに, 決して危害, 汽車の, 泊った旅舎, 海へ, 涯ない, 渡つて行かなけれ, 測定した, 漂着し, 演劇として, 濁って, 濡れ鼠, 災難を, 無から或, 無対自動詞, 無批判, 無限の, 熔岩の, 爰で, 物そのものに, 物語るところ, 犬なら, 独立した, 珍しいと, 現に住ん, 現に死に, 現世に, 現在の, 生きてを, 生命を, 生来敏感, 生活する, 生物として, 用いて, 番人として, 異樣, 疑うこと, 痛痒を, 皆同じ, 直きじ, 直観の, 直面し, 真に深い, 真似し, 真個に, 眺めて, 矛盾的自己同一的世界の, 知らない間, 知りたいの, 知るの, 石についての, 確かに, 祖先以来高禄を, 神即ち, 私有財産を, 科學的理論において, 税を, 穢したため天帝, 空想で, 空襲だ, 立ち寄った旅籠屋, 第一, 紗綾縮緬羽二重を, 素人探偵気どりで, 経験した如き, 経験の, 經驗によつ, 綿密に, 練習した, 繰返して, 考えたところ, 考えるという, 考えるよう, 考へてを, 考へるよりも, 考へる様, 聞き逃がして, 聯想の, 能, 膝を, 自然に, 自然の, 自然現象の, 自由勝手に, 艦隊を以て, 良心的である, 芝居の, 芸術品として, 苦しむの, 落つく, 行きつつ, 行くという, 行ったの, 行つたつて些とも, 行動し, 行為的直観的に, 表へ, 表現作用的に, 表象と, 見たとき, 見た感じ, 見つつ, 見るゆえ, 見る故, 見る物體, 見捨てて, 覗き込むと, 親より, 触れ我々, 言い分け聴き分け, 言ふ, 言わないこと, 言語を, 計って, 訪問し, 詩作の, 話してるそれ, 語ろうと, 誤謬に, 調査を, 警視庁へ, 費して, 賛歎し, 越えようと, 越した一つ, 車付き西洋腰掛け便器を, 迎えに, 近寄って, 近寄つて, 迷惑する, 追縋っ, 逗子の, 通って, 通りすぎた他, 通り過ぎた人々, 通行する, 逢うの, 連句を, 過日橋石で, 道元を, 達すること, 郊外において, 郵便局に, 野蛮人だ, 長い年月, 門川で, 関係という, 雇った舟, 青虫だったら, 音韻変化だ, 頂戴する, 食人種でない, 食卓を, 飮料を, 餘所目に, 駄洒落を, 高利の, 麹町に

▼ 我々~ (621, 4.8%)

26 とつて 8 向って 6 取っては, 必要な 4 して, 示して, 訣る 3 しても, 多くの, 忠告する, 教えて, 教へ, 教へる, 最も近い, 臨むもの, 近いもの, 迫るという

2 [46件] ある種, かくも, こんなもの, したって, なると, もたらした利益, わかって, 不必要, 与えて, 与えられて, 与えられるもの, 与えるよう, 与へ, 人生を, 伝えて, 何の, 何を, 取って, 向い此頃英国, 呈示せられ, 寄せる通信, 對し, 感じさせる悪, 投げてから, 接触する, 提供する, 教えられた直ぐ, 教える, 於る, 最も手近, 残した, 氏の, 生死を, 示した性的快感, 臨む所, 至るまで, 與へる, 興味の, 苦労を, 見せて, 語る, 迫つて来る, 迫り来るもの, 迫るの, 迫るもの, 迫る力

1 [441件] あたえた, あっては, あつて芸術的欲求, あの三尊, あんなこと, いたずららしく微笑む, いっさい干渉しなかった, おのづか, お恵, お給仕, お茶が, お辞儀を, お顔, かつて見た, くれませんしかし, こういうこと, この大陸, この島, さう云, さう言, したところ, してからが, しめす, しろ当然どうも, すくなからぬ, せめて苦難ちょうもの, そう申し出ない, そっくりそのまま伝わっ, その志, その生涯, その田舍暮, その祭礼, その鑑定, ついて, つたわるの, できましょうか, できる話, とって, とにかくに, どんなこと, どんな功用, どんな姿, どんな風, ないどこ, なかなか深い, なくて, なにか声, なんの, のこした, ぴつたり訣つて来る, ふさわしい多く, まさつた強い, まつはりつい, もたらしたもの, もたらすと, ゆずって, ゆるさぬ程, よきこと, よく気, わざわざ云う, アニゼットを, シアワセな, スナイドル銃が, ビリビリひ, ビールを, ピストルを, リラの, 一番骨の, 一緒の, 下せたとしても, 不可能である, 不快を, 与うる忠告, 与えた表情的, 与えた課題, 与えられた, 与えられたもの, 与えられたものそのもの, 与えられた一つ, 与えられた最も, 与えるもの, 与え大いに, 与え得るもの, 与え美術品, 与へたもの, 与へた恩恵, 与へて, 与へは, 与へられたる直接経験, 与へられた一つ, 与へられて, 与へるやう, 予想された, 今必要, 仏教が, 会うこと, 伝えたが, 伝えられて, 伝はらない, 伝はりつづけた, 何でも, 何らの, 何れ程, 何等の, 作の, 使い古されて, 供せられたもの, 供与する, 信じさせようと, 信じ得られると, 傳へ, 働きかけて, 働きかけるという, 働きかけるの, 働き掛け逆, 先取権が, 先立って, 先見の, 入用も, 全く不, 全く似合わしく, 其が, 出させるの, 出来事の, 刄向う, 分って, 切て, 判らぬこと, 判りやすい, 別段噺, 到底訣, 刻印する, 加えられた執筆禁止, 劣った旅, 劣らないもの, 劣ること数等, 助言を, 勇気と, 十全に, 危害を, 即時撤退を, 取つて, 取つて大, 取つて快楽, 取次いだ, 古い日本, 古人よりも, 古代の, 可能な, 同じ興味, 同情し, 名前を, 向っては, 向つて, 向つて合唱的, 向つて命令, 向ひ, 吹き込むよう, 告げる, 告げるの, 呼び掛けるという, 呼び掛けるところ, 呼び掛けるの, 命ずる, 命令的に, 啓い, 單に, 地理の, 多分に, 多田陶器と, 大きな暗示, 大切な, 天国に対する, 太陽を, 失敬な, 女の子の, 好都合な, 如何なる訓戒, 委しい事情, 実業家の, 害を, 害意の, 宿った霊知, 寄せられた, 對する, 差し出して, 平和を, 幸いせず, 幸せを, 幸福を, 延長させる, 引き継がれて, 当地の, 彗星を, 役立ち得ない, 役立つもの, 彼等を, 往昔の, 後を, 従えと, 御面会, 必要である如く, 応対を, 忠実であった, 快楽と, 怒りを, 思い起させる, 恋人を, 恐怖を, 恩恵を, 情緒上の, 想像も, 想像出来ない, 意味の, 意識させる, 意識された, 愛せられて, 愛惜の, 感ぜしめる例, 我々が, 我々自身の, 戻って, 手拭を, 手紙や, 托して, 投げ掛ける, 押しつけられるもの, 挨拶し, 挨拶する, 捜査の, 接せられたこと, 提供し, 提供せられた, 教えては, 教えなかったの, 教えまた, 教えるであろうか, 教えるという, 教えるところ, 教えるよう, 教へて, 教へるであらう, 敬度の, 敵対行為を, 断ちがたい, 新しいファウスト, 於ても, 既に分つた, 日常関係ある, 日本人は, 明晰判明なる, 映画を, 暗示した, 暗示を, 最も同化, 最初から, 最大の, 未来を, 来られないところ, 来るの, 極めて無作法, 極めて興味, 欲しいの, 止まる事, 此れ, 此上も, 死を, 残された書類, 残された道, 残して, 殘される, 比して, 比べると, 気づかれること, 水尾曳い, 永遠を, 求められるかという, 求めるもの, 決して関係付けられる, 源泉の, 災いした, 無くて, 無礼を, 無関係に, 無關係, 無限の, 犠牲を, 珍しいであろう, 現はれ, 現れること, 現世の, 現象として, 理解させる, 理解と, 理解の, 生す力, 男と, 異なり, 皆話し, 目を, 直接に, 直観的である, 直観的な, 相応した, 相談に, 真に必要, 真理の, 知らしむべく神, 知らしめこれ, 知らせた, 知らせる, 知られまた, 知られること, 知られるやう, 知るやう, 知れて, 示さうとして, 示さうとは, 示されかうした慰問袋, 示された幾多, 示されて, 示したこの大いなる, 示すこと, 示すの, 示すもの, 示す時, 示そうとは, 示唆すべきであらう, 示唆すべきである, 祟りを, 笑顔を, 答える, 粉茶と, 納得され, 結ばれた強縁, 耳遠い, 聞かせようと, 聞かせ迎い, 聞き取り得たの, 臨み来るもの, 臨むこと, 臨むという, 臨む世界, 臨んで, 自分自身が, 自分自身の, 自明の, 自然に, 與へ, 興味を, 色彩学の, 芸術の, 芸術的感銘を, 苦しみを, 裏切りを, 襲い掛ろうと, 要求され, 要求する, 見えた, 見えないであろうという, 見えないの, 見させようと, 見ざら, 見せたい品, 見せた妙, 見せながら, 見せる, 見換えても, 親しさ, 親密な, 観させるやう, 解らぬ場合, 訣つてゐる, 訣らぬ, 許されずことに, 許して, 話しかけること, 詳しく話し, 認めんの, 認識させる, 語った時, 語って, 語つた, 語つてゐる, 語るごとく本来秋葉, 語るもの, 語るやう, 語る事, 語ろうと, 説いて, 読んで, 課された宿題, 課せられた宿題, 課せられた義務, 譲って, 負わされて, 賦与せられた, 賦與せられた, 贈られ他, 足を, 近い二重星, 近い処, 近い部分, 近づいたの, 近づき再び, 近づき或いはまた, 近づこうと, 近より, 返事が, 迫って, 迫つたか, 迫つて來る, 迫りおるの, 迷惑を, 追いついたので, 追いついた旅人達, 追随し来る, 送つて, 逆に, 逢うと, 逢ふ, 運命づけられ, 達する余程, 遠いもの, 配つた, 重圧を, 関係が, 防ぎよう, 集まりむずかゆい様, 離れずに, 非常な, 面した辷る衝立, 面して, 面倒を, 頒ち与へる, 頓着しない, 頼んだの, 首肯せしめる, 香の, 驚きを, 驚異の

▼ 我々~ (513, 3.9%)

17 して 7 導いて, 待って 4 幸福に, 超えたもの 3 乗せて, 助けて, 動かすの, 動かすもの, 尊敬し, 案内し, 見つめて, 見て, 解放し, 送って

2 [31件] ただ紛糾, のせて, むかえた, ジロジロ見た, 决し, 助けると, 動かすで, 動かすという, 困惑させる, 地犬, 守って, 待ち受けて, 意味する, 愚弄した, 憎んだり, 我々の, 承服せしめる, 束縛する, 欺くとは, 無言で, 瞞した, 納得させる, 納得せしめる, 罰し地獄, 脅迫する, 解放する, 訪ねて, 訪問せられた, 身動きも, 驚かしたの, 驚かせたの

1 [382件] ああ又, あざむいて, あざむくの, あしらうコツ, あたたかく迎え, ある建物, いらいらさせる, おどかして, おどかす治安維持法, おどろかして, おびやかしたもの, からかったの, こうして隠し, ここで, ここに, ここまで, この上, この上なくよろこばせた, この世に, この態度, この都会, これまでに, こんなにも感動, こんな格子, さぞ憎く, さへ, してかの, その女, その筋, それが, それに近, たぶらかしやがるなア, つかまえて, つき動かす内容, つけて, つつむ, つれて, とじこめて, とり巻いた, なんだ, なんと心得, のせた自動車ぎり, はなはだしく驚かせた, ひきよせるの, ひとつ御, ひやかして, ふりむいて, ふり返っ, ふり返つて, まず打つ, まったく迷わせる, むかえる準備, めぐつて, もって, もてなした, ゆかしがらせる, よろこばせたか, よろこばせて, アッと, オールド, ガヤの, シャンと, 一目見, 三千石以下と, 上人だの, 不安に, 不審のかど, 世話し, 乗せた猪牙舟, 九州まで, 乱す計略, 交互に, 仕止めようとして, 休息させなかった, 伝統の, 何と心得おる, 何と覚しめす, 何んと, 余分に, 余興の, 作る, 侮蔑した, 侮辱した, 侮辱する, 保護し, 保護する, 偶像崇拝者に, 傅へる, 傳へる, 元気づけない, 入れすぐ, 入れて, 公でない, 内側へ, 凌ぐほどの, 凌駕する, 凝視し, 凝視した, 出むかえる役, 出來, 出来る限り截然, 出迎えた, 別室に, 制限する, 刺戟した, 刺戟する, 励まされた, 励ましたが, 動かさずには, 動かしたの, 動かすこと, 包み我々, 包むもの, 包囲した, 十五マイルの, 南蛮夷狄と, 博覧会場に, 厄介者の, 取り囲むところ, 取り囲んで, 取り巻いて, 取り調べに, 取卷く天體, 取巻く天体, 吃驚させる, 吹払う, 呪うため, 呼び迎えに, 哲學的な, 唆かす, 唆る, 喚び起すという, 喚び起すもの, 喜ばした丈, 喜ばした文芸復興, 喜ばして, 嘲笑し, 嘲笑って, 回顧せしめる, 土牢まで, 圧しつけるやう, 圧して, 圧し来るもの, 圧するの, 圧迫しつづけた, 圧迫する, 在って, 地上に, 坐らせた, 壓迫する, 変化する, 外から, 夢幻の, 大切に, 天上に, 奧まつた, 女子だ, 奴隷化する, 好奇心の, 子供扱いに, 害そうとの, 家の, 尋ねて, 導いたの, 導き入れた, 導き入れました, 導き入れると, 導くであらう, 巡りやや, 座らせた, 引き合したもの, 引き離すこと, 引くという, 引っかける事, 引張つて行つて, 引摺っ, 強く堅固, 当家に, 征服する, 征服出来たでしょう, 待ち設けて, 御機嫌に, 徹底的に, 応接間に, 忠義の, 思ひ出して, 恐れさせました, 恨まなけりゃならん筋, 恵ませ給う事, 恵み我々, 悩し始めた, 悩ますもの, 悩ませました, 悲しませるよりも, 惹付ける, 愈々ますます神経質, 愉しくさせ, 愉快に, 愚弄する, 愚弄致す, 感動させる, 感動せしめる, 感激させる, 感謝せしめる, 慰めて, 憐れみ笑う立場, 憐んで, 懐郷病に, 或時, 打ちのめしも, 打ちやるの, 打つため, 打つやう, 抑圧する, 抱きしめた, 招き入れた程, 招き入れ我々, 招じ入れた, 指導する, 振り返って, 振り返ると, 捉へる, 捕えて, 排撃した, 措いて, 搾取し, 支配する, 攻め出した, 攻撃する, 救うため, 救けに, 教訓し, 敵と, 斬り倒す如く空想的, 昂然たらしめる, 東京の, 東京へ, 根源に, 案内する, 欺いた表裏, 此に, 此処まで, 死の, 残して, 段階的に, 殺すもの, 殺そうと, 気違いと, 水の, 油断させる, 泊めて, 津軽海峡という, 海岸に, 海岸まで, 深く考えさせる, 温めて, 無智, 無理に, 無限の, 照らすの, 照らす知識, 獄中の, 生かしながら, 生むと, 生んだところ, 生育させ, 田舎者か, 町はずれまで, 町まで, 當惑させる思ひ, 疑って, 白眼視し, 益し, 目送した, 目醒めさせる, 看出し, 睨ませて, 瞞着する, 瞠目せし, 瞠目せしめる, 知らぬ, 知るばかり, 知識の, 礼儀正しく, 神と, 立たせずには, 紹介し, 経験の, 置き去りに, 美に, 羨むの, 考えさせる, 脅した, 脅すの, 自由に, 舁ぎ入れた, 興がらせた, 苦しめるに, 苦しめる法律, 茲で, 茶室へ, 虐んで, 行為に, 裨益する, 見た, 見ても, 見る丈, 見る眼, 見下して, 見出すこと, 見廻した, 見捨てには, 見渡しながら, 見縊り給うか, 見詰めて, 観察し, 訪うの, 訪れて, 訪問し, 試さんとして, 詮議する, 誑すもの, 誕生させ, 誘い込むの, 誘うて, 誘き出そうと, 誘き寄せようとの, 誘引する, 誘惑に, 誡められた, 誣ひる, 誤らせる, 警戒する, 走らせる軌道, 越えたもの, 軽蔑しおる, 軽蔑しきっ, 載せて, 轎に, 迎えて, 迎えました, 送つて, 送り届けるつもり, 送り度, 這麼格子の, 通す為, 造つた, 連れて, 逸らせるほどの, 遇せられて, 重い苦しい愧, 野蛮だ, 野蛮人だ, 銃器庫裏の, 間誤つかせ, 限定し, 限定する, 除いては, 隔てる頑迷, 雑役に, 非常に, 非難する, 面喰わせ, 顧みた, 食いつくすであろう, 食は, 食わして, 駆使する, 駆逐する, 驚かし騒がせんが, 驚かすかも, 驚かすの, 驚かせたが, 驚かせるやう, 驚す, 驚ろかした, 驚嘆せしめた, 驚歎させ, 驚歎せしめる, 魂の, 麻痺させる, 鼓舞し

▼ 我々には~ (222, 1.7%)

6 想像も 3 何の, 訣らぬ 2 不思議に, 停車場の, 分って, 分らない, 判らぬ, 参考に, 我々の, 書物が, 滑稽です, 甚だ至難

1 [190件] あの作, あはれの, あまり厄介, あまり有難く, ある日, いくら一生懸命, いっこう取りと, いま防空警報が, うかがい知ること, お染, こういう賢明, この広大無辺, この景気, これらの, さういふ観察, さっぱり分らない, しなかったお前, そのまま受取る, その女自身, その真理, それらの, そんな金, ちっとも判りません, ちょうど手頃, ちょっと歯, ち畜ツ, つかまりません, とてもあんな, とてもこの, とても出来ない, とても考えられない, どうもそうらしく感ぜられる, どんな程度, なお二つ, なんといっ, なんの, はっきりと, はつきりしない, ほとんど響い, まだおおよそは, まだその, まだ何, まだ理会, まるでわからぬ, まるで見当, もうなくなっ, もう何, もう全然無意味, もはや單純, やつぱり岡田村が, やれそう, よくわからぬ, よく分らない, よく飲み込めた, わからぬ優雅, わかりません, 一寸思いつかぬ, 一見し, 一言も, 不可解である, 不明に, 之を, 二重に, 人工の, 今まで, 今日に, 他の, 会えんまた, 伝わって, 何か, 何だか大した, 何だか話し, 何となくこの, 何とも, 何も, 何れだけ, 何んにも, 便利である, 信じられないの, 充分に, 全く理解, 全然危険, 其を, 其場合にも, 出来ない, 出来るだけ, 出来んじゃ, 分らんが, 分りすぎるほど, 判らない句, 利己的感情が, 到底出来ない, 到底想像, 到底断言, 到底読めない, 勝ち目は, 却つて安井の, 古語という, 只無意味, 可成り, 同じ金額, 呑みこめない, 呑み込めない, 唯一の, 啓示であった, 回顧せられる, 地下の, 垣間見をも, 夢の, 大尉の, 大約の, 奇妙に, 好意を, 如何にも莫迦げ, 姫君が, 嬉しかった, 字だ, 容易に, 少しも, 常の, 必しも, 必要である, 思えない, 思ひも, 想像の, 感覚的な, 掴まりません, 教えられて, 日に, 日常ザラに, 日本の, 明に, 時間が, 最もよき, 本当に何時頃, 此言葉が, 死身に, 殊に共感, 気がつかぬらしくしきりに, 測り兼ねる器用, 無力で, 無頓着の, 犯罪の, 珍しくも, 理解の, 異国に, 異様に, 百七十年は, 目が, 目前の, 直接連絡しない, 相手に, 相撲と, 知られて, 知られてを, 禁じられて, 空想する, 窺ひ知れない, 精密な, 考へられない, 考へられない粗食, 考へられる訣, 自分で, 自己主張の, 自然が, 興味が, 苦に, 行けないところ, 裸形の, 見当も, 親しみ深く, 親の, 解らないが, 解釈しえない, 訣の, 訣る, 認める事, 語って, 説明の, 読めない, 豪くも, 退屈な, 遠くな, 非常な, 面白いが, 面白いの, 面白く考へられる, 頼りない, 飛びかからずあの, 魔力的に

▼ 我々~ (181, 1.4%)

2 それと, 信じて, 安心此通りの, 日糖の, 面倒臭い事, 食事の

1 [169件] いくつかの, いつまで, おいおいああなっ, かねて, こうして暢気, この世界, この悪業, この英人等, これから食事, これが, さすがに, しばしば知人, すぐに, すばらしい話題, ずいぶん世間, そうしよう, そうやろう, そのお客さん, その古, その御, その方, その決議, その置炬燵, その通り, それぞれ違った, それで, それに, それにつれて, たまには, ついて行った, ついにギャング, どうかすれ, ひとかたまりに, ふるえあがって, まず平和, またこれら, またやがて, またデモクリトス, また彼等, また御多分, また我々, また或, また握る, また故国, また歴史的社会的科学, また用心, また知らず, また祖先, また緩やか, また見せつけられる, まだ年, もう覚悟, もう野心家, よく知つて, よし富豪者, よろしくその, よんどころなく承諾, ゴシゴシ引張られ, サジを, ソヴェト同盟の, ツシタラの, フォークを, ボートを, 一つ餌に, 一生懸命に, 一種の, 一緒に, 二千年以前は, 二種類の, 亦天主教, 亦我々, 亦知らない, 亦非情, 人真似に, 今までに, 以来は, 何かに, 何を, 使うて, 倉田公一事件は, 光栄です, 其の勞働者, 其萌芽を, 具体的, 前に, 又戦争, 及ばずながら, 反省し, 古典の, 同じこと, 同年の, 同感する, 同様に, 困って, 大助りです, 太古の, 子として, 学ぶこと, 安心この, 安心し, 安心でした, 差入物に, 差支えの, 床几に, 当時は, 彼の, 彼女の, 彼等の, 彼等同様に, 御免を, 御嶽冠者殿の, 心苦しいし, 思って, 思ひます, 悪と, 悪魔と, 惟神について, 意地に, 我々である, 承知せぬ, 拝観料を, 早計だ, 明日の, 昔の, 昨日までは, 是非共御, 時々路傍, 時代から, 此自然界以上の, 武者小路氏に, 残念がっ, 残念に, 毎晩こうして, 気が, 流石に, 無論その, 甚だ快う, 皆外へ, 真の, 真似を, 知って, 知つてゐた, 秘密に, 結局造幣局へ, 美術や, 職業に, 肝を, 脚は, 自宅へ, 自然金を, 艦橋で, 若い時, 苦心においては, 英人に対しては, 行軍の, 見物させ, 言葉なく, 警察や, 身体的には, 辿り来て, 近ごろ言う, 近世の, 追って行こう, 這入れぬという, 運動甲斐が, 部署に, 隅の, 黙って, 黙つて

▼ 我々~ (150, 1.1%)

11 一緒に 6 同じよう 5 して 4 しても 3 同じやう, 同じ人間, 同時代 2 いたしましては, 反対で, 彼等との

1 [109件] いうよりも, いっしょに, かけ違った方法, かけ違つた方法, そう違わぬ, そのものとの, たいてい同じ, ちがって, レンラクし, 両方に対して, 人形の, 人種を, 会うこと, 会食した, 似たり, 何ら異なった, 全く反対, 全く没交渉, 全然異なった, 共々に, 共にある, 共に憂えた, 共通した, 共通の, 出合う人, 出違, 分れて, 前後し, 前後した, 反対の, 同じい辿り, 同じく, 同じくこれら, 同じくらいの, 同じく制服, 同じく動物, 同じく山尼, 同じく苦しんだ, 同じところ, 同じな, 同じもの, 同じ一般, 同じ世界, 同じ人, 同じ大, 同じ容貌, 同じ教え, 同じ服装, 同じ楽器, 同じ様, 同じ法則, 同じ混乱, 同じ混雑, 同じ現代, 同じ種族, 同じ背広, 同じ路, 同じ遊覧人, 同一の, 同価, 同席し, 同席すべき, 同席する, 同期の, 同様だ, 同様に, 同様新たに, 同種の, 同級でありました, 同行し, 同行すべく, 外の, 存外縁, 實在との, 少しも, 彼との, 従来の, 意見を, 戦うこと, 摩れ違, 旅行鞄とだけ, 椅子を, 没交渉でも, 物との, 現象との, 略同時に出立, 異うところ, 異ならないもの, 疎遠に, 直接間接に, 知己の, 立場の, 英国人を, 茶を, 行き違う馬, 行を, 行違に, 話して, 話し続けた, 逆に, 遊びたいが, 運命を, 違って, 遠くもし, 関係深い, 雖も, 雨とは, 馴染み深く, 高等中学の

▼ 我々自身~ (108, 0.8%)

5 の中 4 に近い, の時代 3 の存在, の眼, の統一

2 [12件] から起る, がその, が存在, が現在, が過去, でなくて, の味かた, の年齡, の意識, の方, の要求, の運命

1 [62件] いかに特殊, から出る, が, がそれ, が主体, が使う, が同じ, が犬, が自由, が論じる, ではない, で満足, との関係, なの, にとっての, にもわかつ, によつて, に依存, に実在, のあて, のそれ, のもの, の上, の事, の国, の定める, の希望, の愚, の感じ, の感情, の手, の本性, の為, の現, の生活, の目的, の立遅れ, の自信, の自由, の論理, の身の上, の醸し出し, はもう, は既に, への強要, も, もあの, も今夜重病, も果たして, をさえびっくり, をも含ん, を向わしめね, を失い行く, を守るであらう, を形成, を感ずる, を省, を紹介, を表現, を間柄, 或ひ, 或る

▼ 我々人間~ (105, 0.8%)

4 が河童, の国, を理解 3 と同じ, にとつて, のやう, の心 2 にもいつか, に比べれ, の恋愛, の皮膚, の真面目, の頭, は僕, は正義

1 [65件] から見れ, がそれ, が一番, が仏, が口実, が實際, が歴代, が死ぬ, が祖先, こそ最も, であること, としてこの世, と変りません, と変わりません, と親類同志, にとってこの, に取, に対しては環境, に操縦, に至る, に賦与, に食べられる, のおかし, のよう, の事, の先祖, の内, の力, の可笑し, の哀れさ, の堪へ得られぬ, の大切, の妻, の存在, の将来, の弱い, の思慮, の恋, の恐ろし, の持っ, の本性, の本能的反抗, の本質, の生んだ, の苦しみ, の言葉, の認識, の負, の間, の霊魂, はからだ, はどんな, は人間獣, は今日, は何処, は彼, は我々人間, は神, は紙, は都合, も此, よりも享楽的, を操縦, を知り, を飜弄

▼ 我々日本人~ (72, 0.6%)

2 の祖先, は, は漢文

1 [66件] から見る, がだ, がロシア, が世界的潮流, が云, が仏蘭西, が彼, が最近四十年間, が未だ, が概念, が象徴化, だけを死なさず, ではなく, と出所, にかう, にとって彼女, にとつて, にはよく, には余り, には始め, には差支, には皮膚, に取っ, のため, のひとり, のヌサ, の一人, の代表者, の口, の國民的生活, の場合これ, の大, の將來, の常, の心, の或, の教化, の民間暦, の爲, の現状, の生活, の精神生活, の耳, の能率, の食事, はどうか, は不, は世界的, は之, は今日, は何, は勿論, は戦争, は支那人, は日本語, は有, は武勇, は気前, は清い, は照れくさい, は特殊, は現に, は現今地盤上, は糞尿, も随分, を理解

▼ 我々にとって~ (64, 0.5%)

2 その酒井, 成るもの, 重要な, 非常に

1 [56件] いっそう有用, かくも, この宗教, この重し, これは, すべてある, その思想, はなはだしく興味, ひとつの, 一つの, 一番捨て, 不思議である, 不思議な, 二つと, 人格的価値を, 何でありましょう, 何よりも, 余り必要, 作られたもの, 作り出さるべき状態, 利用が, 動き漂い, 単に与えられた, 古典であり, 実に不可解, 実に並はずれ, 実に意味, 実践は, 宿命である, 少しばかり, 尽きぬ興味, 工場は, 当の犯人, 必要である, 怨敵と, 悪しき因縁, 意義の, 意義深い, 我々の, 我と汝, 明かに, 明瞭に, 構造づけられた, 犯人が, 珍しからぬ, 現象が, 環境である, 自明なる, 興味ある, 誠に有難い, 遅すぎた, 運命の, 重要で, 重要である, 顕わに, 馴れぬ交渉

▼ 我々から~ (46, 0.4%)

7 見ると 4 見て, 見れば 2 して, すれば, みれば, 考へると, 見ても

1 [21件] ひどくやっつけられた, みると, 単に独立, 受けた印象, 奪ひ去る, 愛を, 無条件の, 独立した, 独立な, 申すと, 硯一面を, 立ち離れ, 考へれば, 言うと, 言えば, 言へば, 説明する, 譲歩を, 過ぎ去り消え去って, 隠した, 離れない

▼ 我々二人~ (41, 0.3%)

2 だけが一等船客, の者, は一行, ばかりだ

1 [33件] が互いに, が土牢, が非常, しばらく顔, すぐに, だけが行く, で十一ルーブリ, と握手, に迫っ, の外, の女, の淋しい, の老人, の身体, の間, はいっしょ, はこの, はちょうど, はパレエ・ロアイアル, は一, は万葉, は先発, は前, は執拗, は政府, は早速, は朝, は銘々一対, も御, を迫害, を除い, 出かけること, 斯くと

▼ 我々にとっては~ (37, 0.3%)

1 [37件] あたかも日, かなり残酷, こづかれること, さらに極めて深刻, じつに無限, それは, たいへんありがたい, なつかしい記念, むしろ味方, シャーロック, 一つの, 一番楽しい, 交換曲線の, 今更この, 何が, 元来学は, 全くの, 多少の, 夢の, 実際馬鹿げた, 彼等を, 忍ぶべからざる抹殺, 最も重要, 村の, 死が, 江戸時代も, 無二の, 甚だ窮屈, 皇室は, 程度を, 自分の, 譬えようも, 迷惑至極な, 重大で, 限りも, 隠されて, 音色と

▼ 我々にも~ (33, 0.3%)

2 興味は

1 [31件] いろいろな, お恵みください, この男, して, その聲, ハッキリした, 一人, 不合理に, 亦それ, 何だか訣, 凡想像は, 十分納得ゆく, 又, 大体は, 常に心, 常識的に, 彫れるもの, 彼ら動物どもの, 必要な, 意見は, 感じられた点, 昨日からの, 普通と, 毛皮を, 決してない, 理会し, 知られた北歐民話, 絶対の, 見せて, 説明し, 飲ませたが

▼ 我々にと~ (29, 0.2%)

10 つては

1 [19件] つてこそ, つての, つて人生と, つて作り出さるべき, つて先づい, つて外界は, つて宿命である, つて宿命的な, つて山と, つて心強い, つて思想の, つて惡しき因縁である, つて構造づけられた, つて死といふ, つて水泳は, つて環境である, つて誇りである, つて運命の, つて長い

▼ 我々~ (28, 0.2%)

2 より遙, を追出した

1 [24件] がこの, がちょっと, が極め, が花魁, が食う, たった今ここ, とても鬼, にはわかりません, の勢, の役目, の支配, の極楽世界, の楽しみ, の粗忽, の職業, の覚悟, は今日, もお花畑, を何と, を御, ハ一戦争と, 使節の, 及便船人を, 触方

▼ 我々よりも~ (23, 0.2%)

3 遥かに

1 [20件] かえって早く, もっともっと進化, もっと高い, やがて何, よほど楽観的, 一足先に, 上手に, 上手の, 二十年も, 会社の, 先の, 先へ, 却ってみるべき, 尠くも形の, 数十倍労力節約の, 数十倍娯楽道楽の, 早く既に, 特に悪い, 立派に, 鋭敏に

▼ 我々に対して~ (20, 0.2%)

2 与えられたもの, 真に表現的

1 [16件] ああいう, あると, あるもの, これだけの, 与えられるもの, 世界は, 命令の, 大いに物, 客体が, 常に敵意, 悪魔の, 現はれ, 礼を, 聞えぬ一言, 自己の, 超越的である

▼ 我々三人~ (19, 0.1%)

1 [19件] が斉, が英文科, が酔人, だけとであった, のため, の兄弟, の心もち, はずいぶん古く, はまったく, はガヤ, はマレー半島, は一樣, は応接室, は晩, は温泉, は石, もただ, をも指, を見つけた

▼ 我々とは~ (14, 0.1%)

1 [14件] かけ隔, 元治以来犬と, 列席し, 多と, 大分異なっ, 少し違っ, 献立が, 異なった根拠, 異なって, 社の, 考えが, 親しみ易い, 違った人種, 非常に

▼ 我々より~ (14, 0.1%)

2 先に

1 [12件] ズット年下しかも, 一日前に, 五歩ばかり, 余程自分, 偉大である, 先輩だつた, 前に, 大きいという, 強いから, 愚劣ぢや, 賢いであろう, 賢いもの

▼ 我々一同~ (14, 0.1%)

1 [14件] がここ, がやはり, が力, が戦死, どんなに望ん, にて欺き防ぎ遮っ, にどんな, に対してあなた, の中, の面目, はこんな, もまた, を代表, を満足

▼ 我々仲間~ (14, 0.1%)

1 [14件] がかく, でなら, では定説, でも蔭, で始め, にはいま, に何ん, に入られれ, に於, の文人, の者, の談話, へ加わった, をみんな誘惑

▼ 我々同志~ (13, 0.1%)

1 [13件] が事情, が会合, が敵, に縁, の名簿, の少数, の書いた, の無事出獄, の総代, よ, よなんて若い, よもみっともない, を売る

▼ 我々国民~ (13, 0.1%)

2 又この

1 [11件] が身命, に何, の代表者, の動乱, の生活, の蒙, はそういう, はもつ, は官僚政治, は政府, もその

▼ 我々素人~ (13, 0.1%)

1 [13件] がみ, としてはほんとう, とは違つて其, には読み, にもそう, にもよく, に教え込まれ, のとうてい, の有象無象, の言, は必要, までがそれ, を嚇かし

▼ 我々ども~ (12, 0.1%)

1 [12件] がまかりいで, の手, の服, の気分, の考, も世子, も泥靴, も興味, も附近, を人力車夫同様, を何者, を加え

▼ 我々青年~ (12, 0.1%)

2 の手 1 がもっ, が過去, にはまったく, はこの, はま, は犠牲, は誰, もまた, を囲繞, を指導

▼ 我々だって~ (11, 0.1%)

1 [11件] いつ手, もって, 一軒持ってる, 乞食する積もりで, 卑下する, 必ずしも文法的, 決してお前, 無期徒刑じゃ, 皆十分な, 見込んで, 首領なし

▼ 我々との~ (11, 0.1%)

2 間には, 間の, 関係を 1 不調和は, 交通も, 距離だけの, 間に, 間は

▼ 我々人類~ (11, 0.1%)

1 [11件] が住む, が助, が悉く, が甚だ, のため, の未来, の生活, はどうして, は地球, は斯く, をどう

▼ 我々河童~ (11, 0.1%)

2 ではありません, の神経作用, はあなたがた 1 というもの, と云, はなんと, は何と, は腹さ

▼ 我々~ (11, 0.1%)

6 の為 1 に影, の泳ぐ, の背中, の食, を食

▼ 我々~ (10, 0.1%)

1 あらねば, お能, 一団体つくっ, 久米佐野松岡などと, 北沢が, 参詣し, 招く, 生きて, 見廻って, 越えよう

▼ 我々凡夫~ (10, 0.1%)

1 なかなかそんな, の慣, の涙, の道, はかかる, はちょっとした, は内部, は誰, は馬鹿, をお

▼ 我々風情~ (10, 0.1%)

1 がとても, がとやかく, が云ってられます, にはちょっと, には勿体ない, のすまじき, のもの, の家庭料理, の草履, の遠く

▼ 我々としては~ (9, 0.1%)

1 かえって迷い, まず子安信仰, 一々支那人, 何等の, 多少検べた所, 彼は, 愛情を, 日本語を, 相当大きな

▼ 我々に対する~ (9, 0.1%)

2 客体の 1 ものが, 取扱に, 呼び掛けが, 客観の, 心づかいも, 感謝の, 暗示多き

▼ 我々一行~ (9, 0.1%)

1 の不, の如き, の姿, の興味, は大, は少し, もその, を眺めやった, を見

▼ 我々文士~ (9, 0.1%)

1 からいっ, が酒, でもその, とちが, など, の中, は一種, は諸君, もそれ

▼ 我々以上~ (8, 0.1%)

1 であって, に安定, に紙鳶, に財, に賢い, に進む, に配給制度, のなまけ者

▼ 我々夫婦~ (8, 0.1%)

2 の実生活 1 がきた, と彼, の心, の生活, は左, を廃れもの

▼ 我々文学者~ (8, 0.1%)

2 の責任 1 が四畳半, など, などというもの, にとっては人間, の義務, は社会

▼ 我々でも~ (7, 0.1%)

1 いざ戦場, なんかさ, 吹く何, 慣れて, 読むこと, 部屋の, 陳べますが

▼ 我々とても~ (7, 0.1%)

1 それは, それを, 今も, 思はない唯識, 油断し, 相互に, 資金さえ

▼ 我々にとっても~ (7, 0.1%)

1 ありがたいこと, ノスタルジイの, 不明であります, 光栄という, 実に遺憾, 彼女にとっても, 最もよく見ゆる

▼ 我々両人~ (7, 0.1%)

1 あんな口幅ったい, だけで, にとつ, の記憶, はこの, はその, は冷たい

▼ 我々凡人~ (7, 0.1%)

1 にゃてんで, の及ぶ, の紋切形, はいや, は単に, は気, ばかりで

▼ 我々日本~ (7, 0.1%)

2 の青年 1 のプロレタリアート, の人民, の将兵, の当面, の男女

▼ 我々において~ (6, 0.0%)

2 これらの 1 ただ受容的感性的, 具現する, 歴史的な, 送らるべき好意

▼ 我々への~ (6, 0.0%)

1 侮蔑であった, 支払いも, 攻撃の, 教訓である, 最大な, 注意を

▼ 我々若い~ (6, 0.0%)

1 ものは, ものも, 作曲家仲間が, 社員が, 者だけの, 者の

▼ 我々読者~ (6, 0.0%)

1 からいう, に今日無限, に親しませる, の休養, も共々, を悩ませる

▼ 我々だけの~ (5, 0.0%)

1 国であり, 国とは, 天地という, 職工の, 話だ

▼ 我々と共に~ (5, 0.0%)

1 さがしに, どの位勇士, 団坐し, 越中へ, 酒を

▼ 我々なら~ (5, 0.0%)

1 そういう時, 何でも, 半日は, 大抵まあその, 竪橋と

▼ 我々~ (5, 0.0%)

2 一礼した 1 害を, 対しての, 常々申し聞け

▼ 我々以後~ (5, 0.0%)

3 の時代 1 とでは文壇及それ以外, とで田山花袋氏

▼ 我々四人~ (5, 0.0%)

1 は他, は仲間, は又, は数名, を渡し

▼ 我々姉弟~ (5, 0.0%)

1 のほか, は, はいつも, は早く, ほど侘しく

▼ 我々新聞記者~ (5, 0.0%)

1 にとってはこんな, に対する取扱, の生活, の通弊, を下等室

▼ 我々日本民族~ (5, 0.0%)

1 から分析, が直面, はすべてこれ高天原, はもといろいろ, は高天原

▼ 我々階級~ (5, 0.0%)

2 にとつ, のもの 1 のサラリーマン

▼ 我々こそ~ (4, 0.0%)

1 お世話に, 今日憲法発表式場の, 半ば好奇心に, 芭蕉の

▼ 我々すべて~ (4, 0.0%)

1 がキリスト, が助かっ, に與, は救主エス

▼ 我々~ (4, 0.0%)

1 がそれで, つて何時で, つて出口が, と普通

▼ 我々における~ (4, 0.0%)

3 主体への 1 これが

▼ 我々にとっての~ (4, 0.0%)

1 使命である, 唯一の, 存在と, 小さな仕事

▼ 我々ばかり~ (4, 0.0%)

1 でなくおなじ, でなく白耳義公使, では, 以前なら

▼ 我々みたい~ (4, 0.0%)

1 な外国人, な非, に碁, に第三者

▼ 我々みんな~ (4, 0.0%)

1 でお前, の様子, の知っ, よりもずっと

▼ 我々以外~ (4, 0.0%)

1 にもう, に我々, はすべて日本人, はどんどん

▼ 我々労働者~ (4, 0.0%)

1 に取, の前途, は工場, は社会主義

▼ 我々同様~ (4, 0.0%)

1 というエー, のもの, の愚かしき, 更に真贋

▼ 我々外交官~ (4, 0.0%)

1 にとっては今, にはどうしても, に外務, はまず

▼ 我々小姓~ (4, 0.0%)

1 が世子, の一人, の詰所, も読書

▼ 我々小説家~ (4, 0.0%)

2 が千年一日 1 なんぞの道楽商売, は嘘

▼ 我々~ (4, 0.0%)

1 の傘, の発音, の音楽, は翌朝

▼ 我々悪魔~ (4, 0.0%)

1 の仲間, の種族, はもう, も又

▼ 我々旗本~ (4, 0.0%)

1 として甘んじ, の名誉, の安泰, の身分

▼ 我々東洋人~ (4, 0.0%)

2 は非 1 から見る, の渇望

▼ 我々~ (4, 0.0%)

1 がふとった, の観客, はめったに, は口

▼ 我々祖先~ (4, 0.0%)

4 の間

▼ 我々この~ (3, 0.0%)

1 世界, 四人の, 国の

▼ 我々ごとき~ (3, 0.0%)

1 一介の, 物数奇は, 者が

▼ 我々だけで~ (3, 0.0%)

1 十分うまく, 占領した, 王国を

▼ 我々だけは~ (3, 0.0%)

1 それに, 無事に, 用心し

▼ 我々である~ (3, 0.0%)

2 と同時に 1 が部署

▼ 我々では~ (3, 0.0%)

1 ないの, 想像出来ない, 見当も

▼ 我々について~ (3, 0.0%)

2 来た 1 来たこと

▼ 我々によ~ (3, 0.0%)

1 つて, つて滿たさう, つて表象された

▼ 我々によって~ (3, 0.0%)

2 作られたもの 1 内乱の

▼ 我々による~ (3, 0.0%)

2 ので 1 のである

▼ 我々よりは~ (3, 0.0%)

1 いひ難き, よっぽどえらい, 比較に

▼ 我々をも~ (3, 0.0%)

1 それを, 動す強い, 打ちますよ

▼ 我々プロレタリア~ (3, 0.0%)

2 と言っ 1 の階級

▼ 我々人民~ (3, 0.0%)

1 の運命, は法王政府, を籠絡

▼ 我々以前~ (3, 0.0%)

2 と我々以後 1 に訪れた

▼ 我々個人~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の工場

▼ 我々友人~ (3, 0.0%)

1 にもはっきり, の間, は井口氏

▼ 我々~ (3, 0.0%)

1 年配の, 時代の, 業者に対する

▼ 我々同類~ (3, 0.0%)

1 に御, の事, を誣

▼ 我々商人~ (3, 0.0%)

2 は忽ち 1 は大いに

▼ 我々地球~ (3, 0.0%)

1 の上, の人間, の生物

▼ 我々地球人類~ (3, 0.0%)

1 の幸福, をいじめる, をこころよく

▼ 我々婦人~ (3, 0.0%)

1 に取, に教えられる, はどういう

▼ 我々学生~ (3, 0.0%)

1 が通る, は昼, は牛

▼ 我々家族~ (3, 0.0%)

1 は麹町平河町, をお, を慰め

▼ 我々小売商~ (3, 0.0%)

1 が大, の刻下, はこうした

▼ 我々年輩~ (3, 0.0%)

1 のもの, の少年世界, の者

▼ 我々日本犬~ (3, 0.0%)

1 だよ, に対する待遇, は高

▼ 我々時代~ (3, 0.0%)

1 にはそれ, のこむずかしい, の青年

▼ 我々欧州人~ (3, 0.0%)

2 と寸分 1 の文明

▼ 我々男子~ (3, 0.0%)

2 の事業 1 の心臓

▼ 我々男性~ (3, 0.0%)

1 には大いに, の眼, を囚

▼ 我々芸術~ (3, 0.0%)

1 にた, を旨, を解せぬ

▼ 我々親子~ (3, 0.0%)

1 の世間, の気持, の縁

▼ 我々詩人~ (3, 0.0%)

1 が詩, にとって真面目, の心外

▼ 我々貧乏~ (3, 0.0%)

1 な作家, な文士, な文士ぐらゐ

▼ 我々近代人~ (3, 0.0%)

1 は, は何と, を陶酔

▼ 我々閑人~ (3, 0.0%)

1 にユックリ, のノンキ, を遇する

▼ 我々からは~ (2, 0.0%)

1 如何にも悪意, 簡単に

▼ 我々こうして~ (2, 0.0%)

1 永らえて, 計らずも

▼ 我々こそは~ (2, 0.0%)

1 何故に, 未だ行っ

▼ 我々だけに~ (2, 0.0%)

1 かぎられて, 限らないでも

▼ 我々でござれ~ (2, 0.0%)

1 ば果して, ば果たして

▼ 我々としての~ (2, 0.0%)

1 余りに虫, 餘り

▼ 我々~ (2, 0.0%)

1 のさ, んだ

▼ 我々などは~ (2, 0.0%)

1 さうし, 考えても

▼ 我々にでも~ (2, 0.0%)

1 出来ますか, 殆ど余す

▼ 我々にまで~ (2, 0.0%)

1 見せ付けられる, 隠そうと

▼ 我々に対しても~ (2, 0.0%)

2 なほ芸術的享楽を

▼ 我々のみ~ (2, 0.0%)

1 で, 遠くおくれ

▼ 我々のみが~ (2, 0.0%)

1 ここに, その道を

▼ 我々のみに~ (2, 0.0%)

1 なって, 幸した

▼ 我々ばかりが~ (2, 0.0%)

1 ここに, こんな所

▼ 我々まで~ (2, 0.0%)

1 あいつの, 戦々兢々として

▼ 我々までも~ (2, 0.0%)

2 ことの

▼ 我々~ (2, 0.0%)

1 松岡君より, 覚兵衛たちが

▼ 我々~ (2, 0.0%)

1 実生活, 映画事業ニシテモ何カ会ダノ組織ダノガデキルタビニズラリト重要ナ

▼ 我々ロシア人~ (2, 0.0%)

1 がまだ, の集会

▼ 我々ロシヤ~ (2, 0.0%)

1 の地方団体, の地方團體

▼ 我々一介~ (2, 0.0%)

1 の僧侶, の旅客

▼ 我々一家~ (2, 0.0%)

1 の批判, を目の敵

▼ 我々七人~ (2, 0.0%)

1 の客, の異様

▼ 我々~ (2, 0.0%)

2 素下郎と

▼ 我々両名~ (2, 0.0%)

1 の後, の者

▼ 我々九名~ (2, 0.0%)

2 の同志

▼ 我々仏教僧侶~ (2, 0.0%)

1 としてはそれ, の手本

▼ 我々信徒~ (2, 0.0%)

2 の礼拝

▼ 我々僧侶~ (2, 0.0%)

1 は一人, は仏道

▼ 我々兄妹~ (2, 0.0%)

1 が折檻, はこの

▼ 我々~ (2, 0.0%)

1 人類が, 青年の

▼ 我々全体~ (2, 0.0%)

1 にとって幸福, に敵意

▼ 我々六人~ (2, 0.0%)

1 の中年者, の新体詩集

▼ 我々及び~ (2, 0.0%)

1 他の, 我々の

▼ 我々各自~ (2, 0.0%)

1 の夢, の胸

▼ 我々同様作者~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 我々国民はさ~ (2, 0.0%)

2 のみ天皇

▼ 我々外国人~ (2, 0.0%)

1 が深く, でさえも日本人

▼ 我々大人~ (2, 0.0%)

1 が真実, には到底

▼ 我々大和犬族~ (2, 0.0%)

1 の優等, は敢

▼ 我々~ (2, 0.0%)

1 ばかりからそんなに, や老人

▼ 我々如き~ (2, 0.0%)

1 者をも, 青二才の

▼ 我々官吏~ (2, 0.0%)

1 が長官, の帽子

▼ 我々家庭~ (2, 0.0%)

2 にとつ

▼ 我々局外者~ (2, 0.0%)

1 の目, の眼

▼ 我々平民~ (2, 0.0%)

1 との考え, の祖先

▼ 我々後代~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 我々後進~ (2, 0.0%)

1 のため, は余り

▼ 我々批評家~ (2, 0.0%)

1 の地位, は好い加減

▼ 我々捕物作家~ (2, 0.0%)

1 はそう, は夢

▼ 我々教育者~ (2, 0.0%)

2 にとつ

▼ 我々文人~ (2, 0.0%)

1 の人間なみ, の私行

▼ 我々文明人~ (2, 0.0%)

1 があまりに, にもある

▼ 我々~ (2, 0.0%)

2 時代の

▼ 我々普通~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 我々朋友~ (2, 0.0%)

1 が集まっ, ばかりで

▼ 我々東京~ (2, 0.0%)

1 の者, の貧民ども

▼ 我々松山人~ (2, 0.0%)

1 には聞伝え, も頗る

▼ 我々民衆~ (2, 0.0%)

1 の一人, は余りに

▼ 我々河童以外~ (2, 0.0%)

2 の何もの

▼ 我々無産階級~ (2, 0.0%)

2 に到底

▼ 我々犬族~ (2, 0.0%)

1 の先祖たる, も多分

▼ 我々現代~ (2, 0.0%)

1 の考, の若い

▼ 我々生きもの~ (2, 0.0%)

2 のさだめだ

▼ 我々生存~ (2, 0.0%)

2 の目的

▼ 我々町人風情~ (2, 0.0%)

2 よりも抜目

▼ 我々町奴~ (2, 0.0%)

1 が自制, を目の敵

▼ 我々病人~ (2, 0.0%)

1 にはまつたく, は朝

▼ 我々百姓~ (2, 0.0%)

1 の争議, は高利貸

▼ 我々看守~ (2, 0.0%)

2 を却つて鬼

▼ 我々背広服~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 我々菓子屋~ (2, 0.0%)

1 の同業中, の方

▼ 我々衆生~ (2, 0.0%)

1 が無心, に笑う

▼ 我々諸君~ (2, 0.0%)

1 の現世, の目

▼ 我々警察~ (2, 0.0%)

1 にとってはスエヒロガリ, の方

▼ 我々貧乏人~ (2, 0.0%)

1 が中年, は

▼ 我々~ (2, 0.0%)

1 禁錮および, 禁錮の

▼1* [415件]

我々いい年を, 我々いつものこと, 我々うつしみの現在, 我々お互いはもう, 我々がどいるに, 我々こそと云うよう, 我々ごとき至らぬものも, 我々へ少時, 我々さえも襟を, 我々しかないだから, 我々じゃない我輩, 我々すこしも存じ申さぬ, 我々すなわち今日この, 我々それに海老塚医師諸井看護婦下枝さんらを, 我々のぶす, 我々たくさんの人間全部, 我々ただ二人ぎりだということは食う, 我々だけでなく有力, 我々だけがここに, 我々だつて何, 我々っていったいなん, 我々つまり日本芸能全体の, 我々であり我々の, 我々でたらめの姓名, 我々とかがメンバーで, 我々とが逆である, 我々として注意しなけれ, 我々とて今の, 我々とともに生きて, 我々とどめまいらせん, 我々とにお辞儀を, 我々なしだ, 我々なぞも雉を, 我々などの心事を, 我々なら許されたとて容易, 我々なんぞとは趣味が, 我々なんぞはもう腋の下, 我々なんてありゃせん, 我々においてよりも一層よく理解, 我々にこそこれは, 我々にさえ或る, 我々にても生きて, 我々にという事に, 我々にとってこそ天皇も, 我々にゃあ, 我々に対するということは, 我々のわづかしか, 我々はうッかりした, 我々はかやうな, 我々はじめいずれも一, 我々はたとへ火の手, 我々はなつて居る, 我々はめつたに使, 我々はようくおぼえ, 我々ばかりの手で, 我々ひそかに案ずる, 我々ふらふらと脳, 我々ほど子供を, 我々までが随い, 我々みずからを正視, 我々みずから無意識界へ幽囚, 我々もうつかりして, 我々もさうしようといふ, 我々もとより反対であった, 我々りゅうりゅう工夫したもの, 我々そこに, 我々をば打つて, 我々をわづかの, 我々ををがんで, 我々ところの, 我々アナアキスト詩人は, 我々カンヅメ組では先程, 我々ガ死ンデ, 我々コムソモールは全力, 我々シモジモにはお話, 我々スラヴの反, 我々ソヴェトの人間, 我々ドイツ社会主義者たちは我々, 我々ニテモ力ノ及バザルコト, 我々今マデニオイテモ行書, 我々プロレタリアートよなんて若い, 我々プロレタリア狐は, 我々マルクス主義者の云う, 我々ロマンチストは, 我々ワフタンゴフでシルレル, 我々崇敬シテ影後ニテモアダニ思フベカラズ候, 我々一人一人の心, 我々一代の間, 我々一党の者, 我々一党命がけの問題, 我々一同不覚にも記代子さん, 我々一同其一日も早く, 我々一同祖先の古, 我々一同非常に心, 我々一味の活躍, 我々一家族を晩餐, 我々一年半の刑, 我々一座の面, 我々一生涯中にも次第に, 我々一統の面目, 我々一般國民はまだ, 我々一行中の二人, 我々一行八人は籐椅子, 我々万葉学の刺戟, 我々の話, 我々三ぴんの飯, 我々三ぴんがこうまで心を合わせ, 我々三ぴん連を眼中, 我々三人重吉のあと, 我々三人顔を見合せ, 我々三名の間, 我々三文文士は色々, 我々上州の中央, 我々上方育ちの者, 我々下根の衆生, 我々両人その他一二名と覚え, 我々並びに我々の, 我々では比較的, 我々中世人日本の国, 我々中以下の生活, 我々中年の傍觀者, 我々中間の俳句, 我々を間道, 我々九十年代の文学者, 我々事務員はみんな, 我々二三を除く, 我々二人世にあり, 我々二人彼目がけ, 我々二十の世代, 我々二高の山岳部幹事, 我々五人の外, 我々五人のも固, 我々五千万人斉しくその, 我々亡者にし, 我々亭主はしきりに, 我々が使, 我々人後に落ちません, 我々人生と甚だ, 我々人類生存の意義, 我々今日の科学者, 我々今日斯う云, 我々仏師の道, 我々仏教徒にとってこと, 我々他人は心得, 我々代理人はもう, 我々以下の労働者, 我々仰臥シタママデモノヲ書クモノニトツテハ些細ナ力ノ消費モ, 我々会員は協同, 我々会社員の仕事, 我々住民にとりましては有難い, 我々佛蘭西作家は努力, 我々作者は一生, 我々俗物党と違, 我々個人商店はその, 我々偉い方々が, 我々党員の辞書, 我々全員を陪審員, 我々全員草林寺へでむい, 我々全部がこの, 我々兩人もたつ, 我々兩名の後, 我々共容易ならぬ心配, 我々共産主義者を非難, 我々共通の友達, 我々内界の経験, 我々冠者党の主意, 我々凡夫小人は罪, 我々凡才濁った脳漿, 我々助手に任せきりだった, 我々十余人を有楽町, 我々卒業生の面汚し, 我々印度人にはもう, 我々参拝人の入る, 我々友人仲間では噂, 我々友人達の介抱, 我々古い人間の, 我々古代文化の研究者, 我々各々に酒, 我々合衆国人の渡航, 我々合計して, 我々同人の集まる, 我々同人達が共同, 我々同僚の敵, 我々同勢を内, 我々同意者は相, 我々同族のうち, 我々同族間では目刺, 我々同業へも捜索, 我々同業間の面, 我々同様一匹一匹違って, 我々同様呼吸して, 我々同様屁を垂れた, 我々同様手掴みで食べ, 我々同様敏感であるが, 我々同職の風上, 我々同胞の中, 我々商店の労働, 我々善良なる国民, 我々嗜酒漂泊の徒, 我々四人上を向い, 我々四十五年の歳月, 我々四十前後の者, 我々四年生が主謀者, 我々土地っ子としてできるだけ, 我々欧の, 我々地上の愛, 我々壮士仲間には特に, 我々外勤の者, 我々外國人の耳, 我々多くの俳人, 我々の男, 我々大いに学ぶ必要, 我々大勢で金, 我々大和民族と闘っ, 我々大阪で若い, 我々太郎池の池掛り, 我々女達にはもっと, 我々姉妹この末, 我々始め一睡もせずでした, 我々子供たちを驚かす, 我々子供時分は三間, 我々学徒の任務, 我々学究が思索, 我々んじ, 我々宗教家は街, 我々実業家の恥, 我々家庭婦人の教訓, 我々専門家がみる, 我々射手と勢子, 我々小人の日常, 我々小作人が, 我々小売商人はあの堂々たる, 我々少年時代の隨喜渇仰, 我々少年軍に依, 我々少数の有色人種日本人, 我々山男の身分, 我々焼党, 我々に住む, 我々常人の想像力, 我々常民の間, 我々の審査員, 我々平地の住民, 我々平野の人々, 我々年少なりと, 我々幹事は大いに, 我々幼少時代に読んだ, 我々店主として大いに, 我々庶民が時流, 我々前の, 我々当事者間が無事, 我々当局者を攻撃, 我々後人は動かされ, 我々後生がバトン, 我々後輩の敬意, 我々微弱なる湖上生活者, 我々性急な者共, 我々愉しき喜劇役者の, 我々愚かな人間, 我々感服したの, 我々するもの, 我々捕物作家クラブ員が建立, 我々捕物作家群と捕物小説, 我々探偵小説ファンはその, 我々探訪記者だという, 我々教師は唯, 我々数人の所有, 我々文学に親, 我々文明の民, 我々新聞関係者の一部, 我々新選組が甲州鎮撫隊, 我々旗本浪人のうち, 我々日本国民が数多, 我々日本帝国人民が偉い, 我々日本男児はなんとなく, 我々民族の, 我々明治の青年, 我々明治年間に生年月日, 我々明治時代に遭逢, 我々映画の進出, 我々映画芸術の創造, 我々映画芸術家の保有, 我々時代共通の一つ, 我々普通一般の人間, 我々普通人も同じ, 我々書生の上, 我々有為の青年, 我々有限な者, 我々朋友たる者が冷, 我々朋友全体の面目, 我々朝寢坊には大分徹, 我々熟者に, 我々未だその隠れたる, 我々未婚の青年, 我々未来の大望, 我々末世の衆生, 我々東亜民族は一緒, 我々東亞民族は一緒, 我々東海の孤島, 我々枯稿連ハ口ヲ出ス, 我々案内ですら, 我々武骨者一同は意思, 我々歩兵隊の耳, 我々母親は十何年来別々, 我々民俗芸術の会, 我々民族のあ, 我々民間人の創設, 我々が仕事, 我々江戸表に於, 我々に與, 我々温泉業者も新, 我々火星人に自由, 我々火星兵団が危険, 我々関門の, 我々燕趙悲歌の士, 我々と弟, 我々父子の間, 我々物自体の作家, 我々の方, 我々は云う, 我々現代人の生活, 我々現在の観念, 我々現在のよりも優れ, 我々現在生活の陥, 我々生きとし生ける, 我々生活の内容, 我々甲府勤番を何と, 我々甲羅をへた, 我々男たる者は其の, 我々男の子の仲間, 我々男共に拝見, 我々町人百姓じゃ, 我々の観賞者, 我々異国の軍隊, 我々発展したもの, 我々白人の探検隊, 我々皆一同師匠の病気平癒, 我々真っ先に討っ, 我々眷族の子孫, 我々知識層はかう, 我々神聖義勇軍たるもの, 我々寒気を, 我々程度の素人, 我々窩人なるもの, 我々に五事, 我々五組としての, 我々筆舌の徒, 我々箱庭を拵, 我々紳士を遇する, 我々置き去りにされた, 我々羅馬学者にとっての研究課題, 我々群島の住民, 我々老人はもうこ, 我々老人共のホルモン剤, 我々老生をし, 我々考えるには冬, 我々肉親の子ら, 我々胃病患者に自殺, 我々臣下よりも切に, 我々臣民は明治維新, 我々自体の必要, 我々自身予想すること, 我々自身幾度自分の眼, 我々自身現実の中, 我々芸術家の存在, 我々若き思索者よ, 我々若干あき足らぬ気持, 我々英ちゃんとで片づける, 我々英国人から見れ, 我々菓子業界においては商売柄四月, 我々菜食人種は病気, 我々落語家は正直, 我々落語社会の顔, 我々虐げられたる者は, 我々西方国民はこれ, 我々西洋人が東洋人, 我々見物もこんな, 我々観光団の面目, 我々計りが此, 我々詩人仲間は何ん, 我々語學教育に携はる者, 我々議員団も南カロライナ州マサチュウセッツ州, 我々讀者をし, 我々貧乏絵師の夢, 我々賓客を慰めん, 我々賤民の長, 我々赤子が何で, 我々軽輩の者, 我々近代の日本人, 我々も一人二百留, 我々通り一遍の面識者, 我々通常人との交渉, 我々連合国国民として御, 我々郊外生活者の遊歩区域, 我々酒徒が酒, 我々釣り人が疑問, 我々釣り仲間が行っ, 我々鈍根のもの, 我々鈍漢が千言万言, 我々鈴子夫人の夥しい, 我々鉄道屋仲間の言葉, 我々銀座の通行人, 我々銃猟仲間は遠方, 我々鍛工の多数, 我々門外の者, 我々関東の役人, 我々障子はりをする, 我々は鷹, 我々雀ガ丘へゆく, 我々青鞜社員が目下, 我々非常に敬服, 我々飲食しましょう, 我々に賭け, 我々骨董品に何ら, 我々高等生物をやっつけよう, 我々黄色い仲間へ