青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「探偵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

掌~ 掛~ ~掛け 掛け~ ~掛けた 掛けた~ 採用~ ~探し 探し~ ~探偵
探偵~
接し~ ~接吻 接吻~ ~控え 控え~ ~掴ん 掴ん~ 揃~ 揃っ~ ~描い

「探偵~」 6872, 74ppm, 1513位

▼ 探偵小説~ (1355, 19.7%)

19 を書く 16 を読ん 15 の中 14 を読む 13 のトリック, を書い 12 の作家, の愛読者 10 というもの 9 に出, の読者 8 ではない, の真 7 なるもの, を愛読 6 が好き, の使命, を読んだ 5 にある, の, の型, の愛好者, の筋, の題材, 本來 4 という, の世界, の作者, の場合, の興味, は芸術, を書いた, を発表

3 [35件] がお, が文芸, が書きたい, が流行, なん, にはこの, により, に於, のこと, のよう, の価値, の出現, の創作, の常識, の本来, の本質, の材料, の様, の歴史, の流行, の犯人, の発達, の第, の話, の魅力, の鼻祖, はまだ, は全, は私, をよん, を作る, を好む, を愛好, を書こう, を謎ときゲーム

2 [90件] か何, が, がある, があれ, が出版, が日本, が発達, が芸術, じゃあるまい, じゃない, だ, だけは例外, だった, だという, である, ではこういう, では偉い, というよう, といっ, としては不, としては実に, ともなれ, と名, と実際, なんてあり, なんてもの, にあき, にこういう, にし, にはならない, にはよく, にはフランス, には必ず, にカブレ, に対する注文, に於ける, に求むる, に現われた, に組立て, に限らず, のうち, のため, のもつ, のやみじ, の一つ, の上乗, の古典, の定義, の将来, の形, の必然, の意欲, の技巧, の持つ, の挿画, の方, の映画化, の最も, の本, の本道, の正体, の流儀, の独自性, の神秘, の行詰まり, の要領, の面白, の面白味, の類, の鬼, はこうした, はこの, はその, はついに, はほとんど, は一度, は人類, は他, は犯罪, は短篇, は良心, への情熱, をお, を二, を書きたい, を書くなら, を生む, を読まない, を読破, を非常

1 [813件 抜粋] およびその, かいて, かね, からヒント, から思ひつい, から捕物小説, から駆逐, があっ, がいかに, がこもっ, がころがっ, がそこ, がそれ, がそれほど, がなかっ, がはじめ, がぼつぼつ, がミステリー興味, が一時, が一般, が下火, が今年, が先天的, が出た, が出来上がる, が単に, が喜ばれる, が大いに, が大好き, が天才, が従来, が急, が書い, が書き得ない, が書けない, が最高至上, が歓迎, が独自, が生じ得ない, が生れる, が示した, が継子扱い, が芸術化, が諸, が面白く, さえ生れ, じや, ずきであった, だから, だけれども, だとして, だな, だの化学, だの宗教関係, だの高等講談, だよ, ってもの, であって, であるから, であると, であろう, であろうか, でこの, でした, ですよ, でないと, でないもの, でのこの, ではある, ではあるまい, ではそれ, ではシャーロック, ではトリック, では一人, では一面, では切りすてる, では手がかり, では有名, では茶碗事, では複雑, でもその, でも同様, でも書こう, でも読ん, で殆ど, で無い処, というの, というメス, という名前, という形, という感じ, といえ, といふジャンル, といわれ, とき, とこの, としての最も, としての面白, としてはあまり, としてはつまらない, としては上位, としては恐らく, としてまっさきに, としても幾分, として余裕, として採用, として書い, として第一義的, として非常, となった, とはおよそ, とはこんな, とはほとんど, とは怪奇小説, とは立場, とを分け, とイブセン, とオカルティズム, と云, と云つて, と名付, と名付ける, と呼び得る, と来, と申, と神秘学, と称し, と縁, と考え, と違う, と関聯, などでそれ, などで双生児, などという名, などに書かれ, なども主として, なども混, など御覧, など見向き, なら僕, なんかによく, なんかに書い, にあっ, にあらわれた, にあらわれる, にいかにしばしば, においてそう, においては一貫, において取り扱われる, において犯罪, における判官, における江戸川乱歩氏, におぼれはじめた, にかよう, にくわしい, にしばしば, にせず, にその, についての議論, についても言える, について何, について考える, について語り合った, にでもある, にとってまことに, にとってスリル, にとりあつかわれた, になっちゃった, にならない, にのみ特有, には, にはあまり, にはしばしば, にはそれ, にはザラ, には型, には妥協, には指紋, には政治, には有る, には極端, には犯人, には硯友社, には芸術至上主義, には謎, にもくわしい, にもそういう, にももちろん, にも例外, にも僕, にも暗号, にも筆, によく, による, に一つ, に三角形, に之, に今, に低圧電気, に入れられぬ, に冒険小説, に力, に取り入れられ, に嘴, に対するそうした, に対する信念, に對, に応用, に慣れた, に昂奮, に書い, に望みたい, に独自, に種本, に縁, に興味, に要求, に読みふけっ, に趣味, に還っ, に関する研究, に限らない, に飛びつき, のある, のお, のすぐれた, のすべて, のどれ, のねらっ, のほ, のやう, のグループ, のコツ, のジゴマ, のスリル, のドンドン, のファン, のミステリー的部面, のヴァン・ダイン流, の一場面, の一歩前進, の一部, の下手, の主人公侠賊リユパン, の九十九パーセント, の二三冊, の人間的, の今後, の何処, の作中, の個性, の側, の傑作, の傾向, の元祖ポー以来百十余年, の内容, の処女地, の原型, の原著, の台頭, の名, の吟味, の嚆矢, の多く, の如く, の妙味, の存在権, の実質的, の寄稿, の専売, の小, の常道, の影響, の御利益, の愚劣さ加減, の懸賞募集, の技術的方面, の探偵, の数冊, の新しい, の新人, の早い, の書き, の書きだし, の本場, の本格, の根本的, の構成, の模範, の欠点, の氾濫時代, の流行児, の版権, の犯罪事件, の独自, の生命, の目的, の知識, の祖, の科学的利用, の空想, の立法者, の範疇, の紋切型, の紹介, の翻訳本, の胴体, の自然, の芭蕉, の芸術的価値, の行き詰まり, の要求, の要素, の語義, の講話, の貧困, の身上, の身体, の近親, の邪道, の重, の長篇, の開祖エドガー・ポー, の関係, の革命的発展, の領域, の鬼江戸川乱歩先生, はありゃ, はある, はいわゆる, はかなり, はきっと, はこういう, はこれ, はこれら, はすべて, はずるずるべったり, はそこ, はたしかに, はだいぶ, はどこ, はどっち, はほんと, はもう, はやがて, はエドガー・アラン・ポー, はコンストラクション, はジフテリヤ, はパズル, はプロレタリア文学, は一種, は三つ, は下火, は主人公, は伊達, は何人, は僕, は凡俗主義, は出来ない, は十九世紀, は十八世紀, は嘗て, は多かれ少なかれ, は大衆文学, は嫌い, は小説, は強烈, は従来いくら, は従来曾, は想像力, は成り立たない, は成立, は探偵事件, は探偵小説, は日常, は明治二十年代, は明治期, は書かないだろう, は書ける, は最も, は最近数年来, は権威, は氏, は涙香, は物理学, は現在, は理知, は生まれない, は百頁, は盲目的本能, は直接ぼくたち個人, は科学書, は背後, は芸術品, は行, は行詰っ, は裏表紙, は読む, は読書界, は謎, は謎ときゲーム, は雑誌, は面白き, は飯, ばかりよん, ばかりを読みつづけ, ばかりを読ん, への意欲, への愛情, へ表現, めいた名, めいた譚, もお, もなかなか, もまた, も出した, も恋愛小説, も書く, も無い, も然, も相当, も芸術, やドイル, や大衆文芸, や捕物, や捕物帳, や無意味, や犯罪小説, らしい伏線, らしい形式, らしい探偵小説, を, をあさっ, をさえ読まぬ, をすい, をとざした, をのせなくなった, をもその, をもっ, をよむ, をゲーム, を一席, を一般, を五十冊位, を伏せ, を作つて, を作者, を冒涜, を出し, を刻明, を勃興, を勉強, を吟味, を地, を執筆, を学ぶ, を広義, を律し, を御存じ, を心, を想像, を愛する, を愛讀, を手, を捕物小説, を掲載, を映画化, を時々, を書かなかった, を書きつづけ, を書き上げ, を標準, を欲求, を熱心, を盛ん, を相当量, を研究, を紹介, を耽読, を自分, を至上, を見る, を評価, を読まされた, を読み, を読み慣れた, を読み耽っ, を読んでる, を論ずる, を連想, を闇, を随分書き, を離れた, を飜訳, を高級, 又は捕物作家, 又は捕物小説, 未発達, 殊に長篇探偵小説, 程私達

▼ 探偵~ (909, 13.2%)

22 そういっ 8 それを 6 少しも 5 二十面相の, 自分の 4 そう言っ, 何か 3 つかつかと, なぜか, 事務所に, 小林少年を, 少年の, 検事の, 頭を

2 [61件] いすに, いった, いったいなに, いつに, ここで, このこと, さっきから, しばらく考え, そう思っ, そこに, その場, その時, その覆面, それが, そんなこと, たのもしげ, ちょっと言葉, どうした, どうしたであろう, どこに, どこへ, なぞの, なんの, にこにこし, ふたりの, もとの, シャーロック, スパイダーの, タバコを, ニコニコ笑っ, ハタと, ポケットから, 中村警部と, 何も, 何を, 口を, 叫んだ, 小林少年の, 巧みに, 彼の, 急に, 懐中電灯で, 手を, 椅子から, 歯を, 気でも, 無言で, 猫背を, 玻璃の, 目を, 私の, 窓の, 笑いながら, 笑って, 背が, 言葉を, 訊ねた, 車を, 部屋の, 鉄の, 階段の

1 [712件 抜粋] あいかわらずニコニコし, あいかわらず落ちつき, あきれかえって, あきれはてて, あたたかい手, あなに, あの大男, あまりの, あまり乗り気, あらゆる能力, あれから, いいあてた, いいつけられたとおり, いかにも気乗り, いくたび過誤, いすを, いちど受話器を, いっこうおどろく, いったいどこ, いつの間にか相手, いつもの, いないよう, いぶかしそう, いままでの, いままでよりは, いま二十面相の, いよいよ勢いづい, いよいよ大事そう, いよいよ猫背, いよいよ用件, うすぐらい電灯, うそを, うっかり約束, うまく二十面相, うれしさ, えらすぎる, おおいそぎ, おっかぶせるよう, おどろきの, お茶の水に, かえす言葉, かならず捜査課, がっかりした, きたないセーター, きょうは, きッ, くどいほど, くやしいの, ぐったりと, けっして客席, けっして負け, こうし, こうしたわずか, こうしてまんまと, こうでなく, こう言っ, こころよく会社, ことばを, このすごい, このとき, この傷跡, この名画, この塔, この怪塔ロケット, この推定, この泰助, この犯人, この知恵, この花, この重大任務, これを, こんどこそ, こんなところ, こんな工合, さいしょから, さけぶやいなや, さっきの, さてはと, さもこき, さもざんねんそうに, さもと, さも自信, ざんねんそうにつぶやきましたがまだ, しずかな, しばらくし, しばらくの, しゃくにさわって, じっとそいつ, じつに意外, すぐさま刑事たち, すぐさま懐中電灯, すぐ走りだしました, すこしも, すばやくお, せいぞろいを, せっかくつかまえた, そういい, そういいはなっ, そういう間, そうずばぬけた, そうは, そう考えた, そこでいっそう, そこまで, そこまでは, そのお, そのしげみ, そのとき, そのまま受話器, そのやり, そのモジャモジャ頭, その一点, その中, その四角, その壁, その夜一夜, その女客, その建物, その性格, その怪マスク, その東京, その甥, その表情, その足, その顔, その飾り物, そばに, それから先, それから小林君, それ迄に, そんなあまい, そんな奇妙, たいしたもの, たえずどこ, ただ批評家, ただ驚嘆, たのまれた事件, たばこを, だんだんスピード, ちょうど事務所, ちょっと不思議, ついに二十面相, ついに顔, つくる人, できやしない, とうとうその, とうとう怪塔王, ときどきこんな, ともかく犯人, どうして手, どこを, どんなにし, どんなスポーツ, ながいあいだ病気, なぜしっぽ, なにかしら, なにか冒険, なにか心, なにげない様子, なにげなしに, なわの, なんだかうかぬ, なんでも, なんという, にこにこ笑っ, にっこり笑っ, にやにや笑っ, のちのちまでも, のどに, はたしていっぱいくわされた, はたしてそれ, はやくも, ひじょうな失策を, ひじょうにざんねんそうなようすでしたが, ひっくりかえる, ひとりで, びっくりした, ふだんにも, ふと気づいた, ふらふらと, ほんとうに, ますますみょう, またさ, また一歩前, また小林少年, また左官, また首, まだその, まだ年, まだ若く, まっさおに, まるでしたしい, まんまとここ, まんまと敵, みょうな, むっくり起, むっつりと, めったにこの, もう何, もちろん小林少年, もっとえらい, もっと用心, やがていそい, やさしく言いました, やっと和船, ゆうべの, ゆかい, ゆっくり木, ゆめから, ゆるやかな, よういし, ようやくから, ようやく安易, りっぱな, わしが, わりあいはっきり覚え, イスから, イヌの, イワノフ博士を, エレベーターを, オカルティズムの, ガスマスクぐらい, キッと, シッという, ステッキに, ソッと, ソロソロ自らの, タパン先生の, ツカツカと, ドアの, ニッコリ笑っ, ピストルを, プラットホームで, ベッドに, ペーブメントの, ポッケットから, マユミさんが, ラシイヌ探偵からの, 一つの, 一にも, 一体どうなった, 一体全体何, 一刻も, 一向平気, 一彦を, 一時間も, 一歩も, 一生懸命です, 一議に, 並び並んだ, 中村係長と, 中村警部たちの, 乞食少年の, 事もなげに, 事実の, 二人の, 二度目の, 云った, 云って, 五分間ほど, 井戸の, 人知れぬ, 人見さんを, 今に先生びっくり, 今まで, 伯爵の, 何という, 何事かを, 余の, 余輩天駆, 作者の, 倒れた窓, 倶楽部を, 傍の, 先に, 入口の, 入替り, 全く水の泡, 八つ手の, 八人の, 兵曹長が, 其の道, 写真の, 分って, 刑事たちを, 別に何心, 助手が, 医師に, 千円の, 午後三時帰宅しました, 単身, 博物館の, 口の, 叫んで, 名刺を, 名探偵, 吾, 呀ッという, 呆気に, 呻った, 呻って, 唇を, 喰いしばって, 四つの, 圧しつけるよう, 墓の, 声の, 変装に, 夜の, 夢から, 大きくうなずき, 大じょうぶな, 大まじめ, 大木老人の, 大木老人を, 大犯罪者, 大胆にも, 大阪へ, 奇蹟的に, 女中が, 宇宙怪人の, 安東と, 室内の, 家中を, 尊敬さえも, 小わきに, 小声で, 小林君の, 小林君を, 小林少年と, 小男の, 小門の, 少々らんぼう, 少し笑っ, 少年たちを, 少年を, 少年時代から, 岩かげに, 岩と, 布団を, 師の, 広田を, 座席で, 引き取らせ一人, 彼を, 後から, 微笑を, 徹頭徹尾大面, 心配し, 心配そうに, 快よく, 怒鳴った, 思いだした, 思わず感歎, 怪しいです, 怪人二十面相と, 怪塔王の, 怪物の, 恋を, 息を, 想わずそれ, 意味あり, 意外な, 感嘆に, 慇懃に, 我らの, 所長と, 手の, 手足を, 扨は, 持ちまえの, 探偵だ, 推理の, 推理分析の, 改めて電話, 敵の, 旅の, 日夜織る, 早や, 昼でも, 昼間から, 時間を, 暗号の, 更に一歩, 替え玉の, 服の, 机に, 机の, 松ヶ谷団長が, 松山たちの, 果して正気, 森主, 棺の, 構わず話, 機会が, 次第次第に, 歯が, 歯切れの, 殆ど急所でも, 残念そうに, 気が, 気の, 気絶し, 水泳は, 決して人, 深刻な, 溜息を, 漸くに, 潜水服を, 烈々たる, 烏啼に, 烏啼を, 片手を, 片附け, 猶独語, 玄関から, 現場に, 甥と, 畢竟ヂュパン, 白黒表の, 皆そんな, 盗賊の, 目の, 直ぐ鼻, 直感した, 直接に, 相手の, 眼だけ, 知って, 神楽坂に, 秘密裡に, 空っぽに, 突然赤ん坊, 立ち上って, 笑いだしました, 笠原さんの, 粘土なし, 素顔を, 紫煙が, 経験も, 縄付の, 罪人を, 考えた, 職業探偵でなく, 胸から, 腕力にかけては, 腕組みを, 自分と, 自分達と, 自動車の, 興奮の, 船の, 若い理学士, 若紳士, 苦しそう, 落着き払って, 虫が, 行詰って, 西洋のよりも, 観察力が, 言った, 話を, 警官たちを, 警官の, 警察の, 警戒線の, 豊乃が, 豹の, 賊の, 賛成せぬ, 赤帽に, 身が, 身動きも, 辛いです, 送話口に, 通路の, 遂に逆上, 違いますよ, 鉄道ホテルから, 銃口を, 関係し, 陰暗, 階段を, 雁金検事の, 雑草を, 電話の, 電話帳を, 電話機の, 非常な, 頸を, 顔を, 首を, 駄目です, 驚いて, 骸骨男を, 魔法博士の, 鹿爪らしい, 黒い眼鏡, 黙々と本職, 鼻を

▼ 探偵~ (876, 12.7%)

29 顔を 14 助手の 7 ような, 姿は, 手を 6 ことを, ように, 一人が, 前に, 手に 5 ことばに, ために, ところへ, 知恵を 4 ほうで, 仕事を, 姿を, 目の, 眼を, 青竜王, 顔が

3 [18件] ことです, そばによって, 事務所を, 勝利, 危難, 名を, 命令で, 声でした, 姿が, 方が, 方に, 方を, 有名な, 歩を, 目を, 結果を, 耳に, 部屋へ

2 [50件] あとを, いうこと, いう事, おちついた声, からだ, からだは, くせに, ことである, しごと, ための, なかま, ぬけめ, ほかに, まわりを, やり方の, やり方よりも, 仕事が, 係で, 出現に, 力を, 助手として, 勝利である, 名助手, 報告資料たりき, 声が, 変装, 小林君でした, 少年助手小林芳雄君は, 帆村荘六は, 弟子だ, 敗北, 方で, 方は, 方法が, 明智先生でも, 明智小五郎か, 書斎へ, 様子を, 登場, 相棒に, 知恵は, 突飛な, 胸に, 胸を, 袋猫, 言葉に, 資格ある, 身に, 際には, 顔に

1 [580件 抜粋] あいずを, あざやかな, あたま, あのニコニコ, いうと, いうよう, いったこと, いったとおり, いろはだ, いわゆる有力, うしろ姿を, うちみたいだ, うなずくの, おくさ, おどろきは, お伴は, お蔭で, お馬鹿さん, かえ, かたうで, かたわらへ, かどで, きょうの, くせです, こうした炯眼, こえは, ことと, ことには, ことばが, ことばを, この予想, この言葉, こぶんだ, これほどの, これまでの, ご光来, さしむ, され損, しぐさに, しょうかいで, すがた, すばらしい手がら, すべての, せっかくの, そばに, そばへ, たたかいは, たまご, だいじな助手, だいじな弟子, ちがいさ, とじこめられて, とつぜんの, となりの, どちらが, なんのと, にせものに, のこって, はからいで, ばけて, ひとりぎめの, ふりあげた右腕, ふんそうを, ほうから, ほうが, ほうは, ほうも, ほうを, ほかには, ほかは, まうし, まゆには, もうひとり, もつ観察, やうな, やうに, やったおせっかい, やったほど, やつ灰色の, やるよう, ようじゃ, ようすが, ようだ, よく知っ, わかい美しいおく, ウマの, スミ子ちゃんです, チンピラどもも, ニコニコした, ハシリかも, ピストルの, マシュース, マスコットでした, モジャモジャ頭の, リスの, レザールが, ヴァランタンが, 一人たる, 一命は, 一団, 一団に, 一致した, 一行だ, 一騎当千を, 七つ道具の, 七つ道具は, 三吉だ, 三吉と, 三浦三吉は, 上手な, 不在を, 不用意な, 世話で, 両足を, 中には, 事件には, 事務室を, 事務所は, 事務所へ, 事実小説な, 事業を, 事項を, 二人づれが, 二役を, 云う程, 云った事, 云った様, 人に, 人形も, 仕事って, 仕事とは, 仕事に, 仕事には, 仕事は, 仕業か, 仮称に, 仲間の, 仲間入りを, 任務は, 任務を, 体を, 作家と, 偉いところ, 側から, 傍に, 元祖である, 冒険, 冷やかすの, 凡人でない, 出した答, 出て, 出來損ひみたい, 出来ない犯罪, 出馬, 前を, 力によって, 功績は, 助力を, 助手です, 助手と, 助手は, 助手みたいな, 助手を, 勝利に, 勝負が, 勧めにも, 千人や, 卓子も, 南市太郎老人そんな, 危急, 友だちが, 友情を, 口に, 口の, 口ほども, 口論を, 合図によって, 合棒でも, 名に, 名は, 名まえ, 名人だ, 名刺を, 名前を, 名助手小林少年, 名誉の, 向うを, 君でも, 味方は, 哄笑, 唇が, 噂を, 四方を, 域を, 報告に, 報告によって, 報告書あとで, 場合には, 声に, 変装した, 変装す, 変装だ, 変装で, 夜光時計が, 大きな写真, 大ぜ, 大先生, 大家だ, 大親分, 大辻は, 夫人ほど, 失敗であった, 失策, 奇矯な, 奇計, 奥の手, 奴め間違った, 妻だけに, 姿に, 姿まで, 姿も, 威嚇力と, 存在には, 存在を, 学も, 宅に, 宅へ, 宗像だ, 実話の, 家は, 家を, 宿である, 対話は, 対話を, 専門だ, 小林だ, 小林君で, 少女助手マユミさんの, 少年助手です, 少年助手の, 少年助手小林君でした, 居ること, 山本さんッていう, 差し出した手, 帆村氏だった, 帆村荘六だった, 帆村荘六という, 帆村荘六君だ, 帰還, 常に血, 幸運を, 幽霊, 廻物が, 引揚げ, 弟子の, 役を, 役目では, 役目を, 後から, 後を, 心づかいだろう, 心には, 心へ, 心やすい, 心眼は, 心眼を, 必死の, 必要も, 念入りな, 思わせぶりに, 性格は, 息の根を, 悪口を, 意外に, 意見と, 意見の, 意見は, 意見を, 態度に, 懐中電灯を, 手が, 手は, 手先くらいは, 手懸り, 手腕だ, 手足の, 手足を, 手首を, 才能は, 打った手, 承諾を, 持つた特異性, 指さすところ, 指さす地面, 指図に, 指揮の, 推察が, 推理に, 推理の, 推理は, 敵愾心を, 料簡で, 斡旋を, 方々で, 方です, 方には, 方にも, 方へ, 方まで, 方も, 方針が, 明察に, 明智が, 明智さんです, 明智にも, 明智君だ, 明智小五郎さんです, 明智小五郎です, 明智小五郎でも, 明智小五郎に, 明智小五郎先生だ, 昔の, 望みであった, 本当の, 来たこと, 来訪を, 案内役という, 案出した, 様です, 権能を, 横顔を, 機敏な, 正体です, 正気を, 歩調は, 殿村弘三が, 決心, 活動が, 活躍が, 活躍する, 活躍と, 海外出張中な, 準備とは, 為めであった, 熱心によって, 片腕と, 片言隻語の, 犬さんの, 犯人の, 狼藉, 理学士帆村荘六氏です, 生命です, 生命線な, 生死を, 申出を, 疑問, 発明した, 登場が, 登場を, 監視を, 目と, 目に, 直感は, 相違が, 看板は, 真似なんか, 真似事は, 真意が, 眼が, 眼の, 眼は, 眼へ, 知らない事実, 知恵, 知恵でも, 神様気取りの, 神通眼は, 私の, 私立探偵の, 秘密訊問室に, 稀代の, 積りも, 空想を, 立場に, 競演, 笑を, 第一人者明智小五郎氏は, 筋道を, 級友と, 素状を, 素質が, 結果は, 結果名古屋へ, 結果連れ, 結論が, 続き物が, 罪との, 考えは, 考え方は, 考案した, 者らは, 耳にも, 職に, 職掌だ, 肋骨を, 背中には, 胸は, 能力なし, 脳天を, 脳髄とが, 腕に, 腕や, 腕を, 腕前さ, 自信あり, 自信が, 自信は, 自動車が, 興も, 舟も, 花房一郎が, 花房一郎と, 若い奥さん文代さん, 苦労という, 苦心, 著書, 蜂矢さんは, 蜂矢十六に, 行方不明と, 要求を, 覆面は, 親切で, 親友で, 親友です, 言ったり, 言葉の, 言葉は, 言葉も, 言葉を, 計略で, 計略の, 評判が, 評判は, 評判を, 詰所に, 話と, 話は, 説に, 説は, 説得は, 調べによって, 買った切符, 資格を, 質問に, 質問は, 質問を, 足が, 足く, 足手まとい, 身の上を, 轟は, 速水さんは, 速水女史であっ, 速水女史と, 速水春子女史の, 遊戯です, 部下を, 部屋に, 部屋は, 部隊を, 酔払った耳底, 銀平が出去りたる, 鋭い口調, 錚, 鑑定に, 長い説明, 門前ちょうど, 間では, 際いちばん難しい, 電文は, 青ざめた顔, 青ネクタイ氏, 面影などは, 面白みは, 頭に, 頭脳さえ, 頭脳との, 頭脳に, 顔から, 顔でした, 顔の, 顔色が, 顔色を, 顔隣席に, 顛末を, 風間三千子の, 風間三千子女史が, 鼻の, 鼻や, 鼻口を

▼ 探偵~ (414, 6.0%)

5 出て 4 みょうな, 声を, 現れて, 現われて 3 乗って, 何か, 苦心に

2 [15件] そこに, 例の, 待ちかまえて, 急に, 来て, 此の, 活躍する, 犯人を, 発明した, 登場し, 眼を, 立って, 第一, 聞いて, 言いました

1 [354件] あったもの, あつた, あのへん, あまり大胆, あらわれたの, あらわれて, あらわれ死体, あらわれ警官たち, あるでしょう, あるもん, あわただしくたずねました, いいおわるか, いいますと, いかにも思い入れ, いすにかけて, いそいで, いたらもっと, いた筈, いったよう, いつに, いつも危機一髪, いない丈, いなくなったの, いままでとは, いみありげ, いる, いるでしょうか, いると, いれば, いろいろと, うちの, うようよし出す, おいでに, おだやかな, おどろいたよう, おどろいて, かわって, きいたら笑うだろう, きて, きびしくたずねます, きょうも, ぎくりとし, くりかえしすすめるので, くるの, こう云っ, こちらへ, こっそり未, こっちへ, こともなげに答えました, このさわぎ, この不思議, これを, こわい顔, こんなにがっかりした, さいそくしました, ささやくよう, さっしたとおり, さもおかしく, しきりに登場, しずかに, じっと相手, じろじろと, すきだった, すきな, すっかり忘れ, すなわち盗賊, せつかく, そういっ, そうと, そこへ, そのとき, そのようす, その場, その室, その結論, そばに, それほどに, それを, そんなこと, そんなへま, たしかに, たじろぐの, たずねました, たたみかけるよう, だいすきな, だまりこくって, ちょうどうまい, ついて, つきそいその, つけ髯で, つぶやきました, つれさられたその同じ, できないかという, できるの, でて, ときに, とつじょとして, とつぜん名, とつぜん立ちどまっ, とつぜん笑いだした, とめるので, とらえようとも, とりだして, どこへ, どんな計略, ない, なぜか, なにかうまい, なわを, にこにこし, にこやかに, はいって, ひかえ目, ひどい目, ひろいあげた謎, びっくりした, ふたりに, へんな, またし, またみょう, まだ健在, みんなの, やってきた, やってきました, やってくること, やって来る, やりかえしました, ゆくから, よくここ, わけの, わざとそうし, わざわざ注意, わらいながら, イスに, ガレージの, グリーン家には, スリ泥棒強盗の, ニッコリわらっ, ニヤニヤ笑っ, ハヤブサ丸から, ハンドルを, ピストルを, ベッドの, ヤケを, 一つ出来た, 一方の, 一日外出しない, 一時かっと, 一歩部屋の, 一生懸命で, 万能鍵を, 三人普通の, 両手を, 中村係長と, 中村警部に, 事件の, 二の矢を, 二人筒先揃え, 二十面相の, 互に相談, 五六歳の, 今旅行, 今朝早く, 仕易く, 伯爵の, 住んで, 住吉区岸姫町の, 何う, 何かに, 何を, 何人と, 依頼者の, 借りて, 偉すぎる, 偶には, 兇器を, 先ず此, 入ったろうと, 入り込んで, 再びこの, 出したもの, 出して, 出るまでも, 出動する, 出来て, 出来るかも, 出来る者, 到着した, 劇場の, 力量を, 助手の, 勝ちほこっ, 勝ったわけ, 勤まるか, 十人も, 原っぱへ, 参るまで, 友人らしい, 口を, 叫んだ, 同伴し, 同市郊外に, 名智, 命じますと, 商売だって, 問題として, 嗅ぎ附けたらしい, 地上に, 変装する, 外務省から, 大いに活動, 大きな包, 大きな石盤, 大利根博士を, 大江山捜査課長はじめ地中突撃隊の, 大胆にも, 大騒ぎを, 女中の, 姿を, 娯楽が, 嫌疑者もしくは, 嫌疑者を, 安公, 実は真犯人, 容疑犯罪者と, 寄り添って, 小林君の, 小林団長の, 小泉邸を, 少女の, 届きますからね, 岩瀬氏の, 左右と, 差し出したの, 席を, 帰宅しない, 平田門人らの, 幽霊でも, 彼女に, 待ちぶせて, 御入用, 心の, 必要である, 思い入れよろしく, 思わずつぶやきました, 思案に, 怪しいと, 悪人を, 想像した, 愕いた, 懐中電灯を, 手がけた事件, 手を, 手帳に, 拾った折鞄, 持ちこんだ大切, 持って, 指名を, 捜査課の, 探すの, 探偵として, 推理によって, 斯う, 明智探偵を, 春木氏の, 書斎に, 木曽路の, 机の, 来ても, 来られましたぜ, 来るという, 来合わせて, 検事を, 極度に, 横浜の, 死にものぐるいに, 毒蛇からでも, 浪花節の, 深くもの, 深山理学士と, 漢于仁の, 潜伏しとる, 無か, 熱心でも, 犯人, 犯人だった, 犯人という, 犯罪の, 玄関を, 現れなかったならお話, 現れる, 現われる, 理学的論理的を以て, 甚だ恐ろしい, 生み出されて, 発見した, 登場する, 真犯人を, 真相を, 知って, 私に, 穴の, 突然叫んだ, 竈の, 紙きれを, 紹介します, 終る迄は, 網に, 総監の, 罪人を, 考えだしたもの, 聞き耳を, 背中を, 自信あり, 自信に, 自分の, 自動車で, 自動車に, 自慢天狗若年の, 船長の, 船長室に, 落としぶたの, 行くこと, 行届いて, 見つけだしたの, 見遁, 解く力, 解決の, 言った, 言ったことば, 訪ねて, 説明しました, 警察医と, 負けたの, 走って, 走つたり, 足を, 追っかけて, 這入って, 進みはせぬと, 道楽だ, 道楽で, 遣って, 長い間, 間抜けて, 附けて, 階下で, 順次に, 頬を, 頭蓋骨の, 駈け付けて, 驚いて, 高橋さんの, 黙って

▼ 探偵~ (255, 3.7%)

6 ちがいない 4 電話を 3 たずねました, なって, 化けて, 向って

2 [18件] あたって, して, しては, たのんで, なったの, なりきって, なる, なること, 化けた二十面相, 尾行され, 従事する, 来たの, 相談した, 興味を, 近い表情, 近づいて, 違いなかった, 頼んで

1 [197件] あいさつした, あいさつしました, あったこと, ありては, いいつけられたとおり, いっさいを, いままでの, いわれ正太, うちへ, うち負かされあわれな, おそれを, おそわった小林君, おとらず残念, おまかせと, お浦, かえだま, かなうはず, からかわれたの, こう云われ, ことの, この事件, この波, これほどの, ごまかされるはず, ご依頼, ご相談, ささやいて, しちゃあ, しろだれ, しろまた, しろ又, じゃまを, すがりつくよう, すくわれこんな, ずいぶん責められた, せがんだすえ, そういった, そっとささやきました, それを, それ位の, たずねた, たのむこと, たのもうと, たのんだほう, ちがいありません, つかまえさせたの, つかまるほど, つかみかからんばかり, つきまとわれる身, つけまわされて, つめよりました, つれられて, でかけた, でむいた班, とけなかったら怪人, とりかかった, とりもどされて, どこか, どしん, どんなにたいへんな, なったよう, なったわけ, なった気, なってからは, ならねば, なりすました二十面相, なりたいと, なるつもり, なるには, なるの, なるまでに, なるやう, なるよう, なる奴, なる決心, なれるぜ, なれるぞ, なれるという, はずかしくって, はやがわりし, ひきあわせました, ひき合わせました, ふんした, また出し抜かれた, まちがいありません, まんまといっぱいくわせた, やってきたの, わたしの, 不審の, 事件を, 仕込むため, 会わせて, 依頼し, 依頼した, 依頼しよう, 信頼を, 入りこんだの, 入り込んで, 其の旨, 凝って, 凝りだして, 出し抜かれたくやし, 助け出されこの, 助け舟を, 勝ちを, 化けたの, 化けたり, 化けた怪人, 協力を, 取って, 取られた, 取りかかりました, 告げたので, 呼びかけるジャヴェル, 囁いた, 変装した, 夢中に, 好感を, 尾行される, 屁の, 川北先生が, 巡りあった, 役に立つ事, 後来の, 成て, 成功した, 抱かれて, 抱きついた, 挑戦した, 挑戦状を, 捜し廻されちゃ, 敬意を, 早く応用, 早替りせる, 最新式の, 来て, 比すべき頭脳, 比するの, 水銀石英灯が, 注意し, 深い興味, 渡された, 渡した, 満腔の, 無電を, 熱中し, 犯人は, 発見され, 監視され, 相談する, 相違ない, 知らせて, 知らせようかと, 知れたいうたら光子さんとそ, 秘密を, 移ったの, 移らう, 移ろう, 窺わるること, 細語く, 組つい, 聞くと, 肩がわりを, 脅迫状を, 腕を, 葉巻の, 襲いかかるかの, 見つかって, 見る陽気, 詮議させず, 話しかけました, 話しかけるの, 話して, 詳しく前夜, 説き付けた探偵, 調べさしたら性的, 賭けた爾, 跟けられた, 跟けられる, 跟随られ, 通じるであろうと, 逢うまでは, 過ぎないの, 還らなければ, 開き直られては, 関したもの, 関した事項, 電話で, 面会し, 面会を, 預かり死尸, 頼み漸く, 頼むと, 頼もうかと, 頼んだとこ, 食って, 高い月俸

▼ 探偵~ (228, 3.3%)

10 小林少年は 6 小林少年が, 小林少年と, 小林少年の 5 いっしょに, なって 4 云ふ, 小浜兵曹長とは 3 なると, 一彦少年とは, 中村警部が, 中村警部と, 云えば, 怪盗との

2 [14件] いえども, いわれるだけ, 中村警部の, 中村警部は, 云うもの, 助手の, 小林君が, 小林君は, 小林少年とが, 小林少年に, 小浜兵曹長は, 少年助手の, 警察医とが, 警視庁の

1 [136件] あの激しい, いうべきであって, いうより, いえるでしょう, いっても, いわなければ, いわれたこと, いわれた塙隼人, いわれて, いわれるあなた, いわれるほど, いわれる明智, いわれる明智さん, いわれる明智小五郎, おぼしい黒い人影, きいて, したしい友だち, その恋人, その片腕, その配下, ちがうの, ならなかったため, なりある, なりまして, なり上った, なり変装自在, なること, ふたりで, まちがわれて, わかりますと, トラ十の, レザール氏と, レルネルという, 一しょに, 一彦とが, 一彦とは, 一彦は, 一彦少年, 一彦少年とが, 一緒に, 並び称せられる, 中村係長が, 中村係長と, 中村警部たちも, 中村警部に, 中村警部も, 二十面相, 云ういけすかない, 云う可, 云う奴, 云う者, 云う言語, 云っても, 云われる宗像君, 人間精神の, 会う少し, 信じて, 倫敦から, 共犯者の, 分る様, 医者とが, 十一人の, 同じよう, 同じ二階, 同様に, 名助手, 名少年助手, 向かいあって, 呼ばれた長身, 呼んで, 噂され, 大江山捜査課長とは, 大発明家遠藤博士, 大盗賊, 宮田さんが, 小僧とが, 小林団長を, 小林少年, 小林少年だけは, 小林少年も, 小林少年や, 小浜兵曹長とに, 小浜兵曹長の, 川北先生とが, 希代の, 彼の, 思いこんだの, 思つたと, 怪人とは, 怪人の, 怪人二十面相との, 悪魔との, 我を, 文代さんは, 書いて, 書きたてて, 検事だ, 正太少年とが, 正太少年とを, 殿村探偵とは, 母親の, 湯河とは, 犯人との, 疑われ一三二七年八月十日牢死, 白丘ダリアとが, 相談した, 知つてる, 知らなかったと, 称した事, 競うところ, 競争し, 結婚した, 聞いてから, 聞えた捜査課, 肩を, 船長と, 見ること, 言われた花房一郎, 言われた警視庁, 評判の, 評判ばかり, 話して, 話を, 謳われたの, 警官ばかり, 警官隊とは, 警部補と, 辻野氏とは, 違いまさア, 遠藤博士と, 遠藤博士を, 間違える者, 間違へ, 高利貸ほど, 高輪田との, 魔法博士とは

▼ 探偵~ (228, 3.3%)

7 の団員 6 とチンピラ隊, の副, の団長 5 の七つ道具, の少年たち 4 のひとり, のバッジ, の同志たち, の同志五人 3 の, のこと, のなか, のチンピラ別働隊, の別働隊, の小林団長, の規則, の顧問, やチンピラ隊

2 [17件] というの, にてがら, にはいっ, にはいった, のため, のみんな, のチンピラ隊, の一員, の三人, の三少年, の中, の井上少年, の名, の子ども, の子どもたち, の記章, ばんざあい

1 [116件] からの電話, がこの, がそんなに, ができあがった, がふかい, がまちぶせし, がやる, がヒシヒシ, が勝った, が活動, が見, が見はっ, が電話, さてはまた, じゃない, だ, だからね, だって, だね, だよ, っていうの, っていう会, ってなんだい, でありました, でいちばん, です, ではいちばん力, でぼく, でもこの, で尾行, というもの, という団体, とは深い, などといばっ, なの, なんてなま, に, にくわわった, にこの, にこれから, にたいしては指揮権, にたいするふくしゅう, にちがい, にです, にはいりたい, にもうらみ, に五百万円, に先回り, に入れ, に加わっ, に加入, に正一君, のかた, のからだ, のけなげ, のしるし, のなわ, のみなさん, のもの, のものがたり, のよびこです, のチンピラ, のチンピラども, のチンピラ隊員, のポケット小僧, の一行五名, の三十人, の井上一郎君, の井上一郎少年, の井上君, の人たち, の働き, の力, の十人, の吉村菊雄, の同志, の名コンビ井上一郎君, の名折れ, の団員たち, の大, の客員, の小, の小玉, の幹部, の恥辱, の手, の手なみ, の探偵長, の有力, の正面衝突, の活躍, の目, の篠崎君, の精神, の結成, の諸君, の連中, の銀色, の集まり, はいつか, はその, はもう, は何, は何者, は同志五人, は四人, ばんざい, ばんざーい, へ五百万円, もできるだけ, をおびきよせ, をからかっ, をこらしめる, をつくっ, を結成, を集めれ

▼ 探偵~ (202, 2.9%)

7 して 3 やって, 依頼した, 気取って 2 まきて, 主と, 使って, 前に, 呼んで, 迎えた, 連れて

1 [172件] あの広い, あらは, うたがわしげ, おそうため, おびきよせるの, おびきよせる計略, かえりみました, きたえたらしいの, きっとここ, この地下室, この青年, さがして, してやろうと, しなきゃならない辛, しばりつけて, しんから, じっと見, すること, するつもり, するの, する気, せんとうに, そっと呼ん, その場, その寺, その殺人, それほどおそれる, たいへん喜ばせた, たすけて, たたえるよう, たのみに, たのむの, たのんだ, だして, つけて, つけるに, つづけないの, つとめて, つりだしたところ, とじこめて, とらえたの, とりかこんで, とりこに, どうして君, なんだか大, にらみつけました, ぬすみだすという, のせた急行列車, はやがわりで, ば看病人の, ひっぱって, ふりかえり椅子, まねて, みつけました, みつめそろって, みると, むかえなければ, やりすごした, やるだけで, やるの, ゆうかい, ゆりおこしました, イスに, エレベーターの, スリ泥棒に, ヒョイと, ビリッコに, 一人注文し, 中に, 事務室へ, 二発撃った, 交ぜた係官, 仕事と, 使う金田君, 使つて私たちの, 依頼され, 信頼し, 働いた罪, 働き日本軍, 其の室, 凝視しつづけた, 出して, 出しぬいて, 出むかえるなんて, 副業と, 動員し, 勤めて, 勤めるが, 十円くらいで, 取り囲んで, 可愛ゆく, 吹き送り, 呼びました, 呼び寄せて, 呼ぶ必要, 呼出した, 命令けた, 嘲ったの, 嘲笑し, 壁の, 妻君に, 始めました, 尋ねたけれど, 尾行させ, 崇拝し, 巴里の, 廃業し, 引きうけたこと, 忌嫌う, 志願した, 応用し, 我が国に, 手球に, 投げ込んだ其の, 抱き起した, 押え付けて, 持ちだされては, 指の, 描くが, 断念しろ, 此の, 気どる気, 気取ったり, 気取ったわけ, 気取ること, 気取る程, 泊りがけで, 激励する, 照らすまるい, 煩わすまでも, 物色し, 疑って, 発見する, 登場させる, 立ちあがらせその, 笑い返すこと, 簀巻きに, 紹介し, 結成しよう, 罵り散らすよう, 翻弄する, 自動車に, 苦しめ自然, 虎の, 装って, 見おろして, 見かえしました, 見かけたらすぐ, 見たの, 見つけて, 見上げる様, 見詰めて, 見返しながら, 訪問し, 試みたくらい, 諸方に, 講師に, 迎えたの, 近け, 追いつめて, 追っ払ったかも, 追駆けまわし, 進めて, 選んで, 避けるため, 長い間研究, 開いて, 開業した, 雇って, 雇つて京阪マーケットに, 頼んだり, 魔法の

▼ 探偵~ (129, 1.9%)

2 このとき, そこまでは, それを, 犯罪者も

1 [121件] あとに, あの秋川家, いくじが, いましたので, うちに, おおぜ, おちつきはらって, きっとさん, こっちへ, このふい, この勝手, この大, この花鳥絢爛, この謎, これには, こればっかりは, こんやの, ささやき声で, さすがに, さもおかし, さらに役に立たない, しどろもどろであった, ぜったいぜ, そうまで, そうまとも, そこまで, そのうちわし, そのうつくし, その場, その夜, そばに, それに, そんな尾行者, たよりに, たわいが, ちっとは, ついにこの, ついゆ, とうとう透明人間, どうする, ないもん, なつかしそう, ひどくあわて, ひもじさ, ふいを, まさかあんな, まじって, またここ, まだそれ, まつたく余り得意, みな無事に, もうどうする, もっと自分, もろいもん, やはりこれ, やるって, ウカウカし, カタズをの, ギョッと, ゴングを, ステッキを, ニコニコし, ボケた, ポケット小僧の, 一彦も, 一彦少年も, 一行と, 乞食少年も, 事務所に, 云って, 亦余, 今頃は, 全く信用, 兵曹長の, 刑事も, 同じ程度, 名少年助手小林芳雄君, 名犯人, 呻った, 呼吸が, 天井裏に, 娘っ子も, 小林少年も, 小浜兵曹長も, 少しも, 少し手抜かり, 少年たちも, 少年探偵の, 届いたか, 巡査も, 彼が, 心が, 心眼が, 思わず少年, 思わず立ちどまっ, 怪人の, 怪人も, 手も, 手を, 携帯望遠鏡を, 早くいえ, 星の, 昼夜を, 横から, 死んで, 気がつかなかった, 深刻に, 火葬炉の, 知って, 第六号艇, 興味が, 芸術家に, 落ちぶれたな, 薬物の, 逃げる私, 通り過ぎれば, 遂に同意, 雇った, 面白いだろう, 馬鹿馬鹿しい失策, 高輪田氏も

▼ 探偵事務所~ (122, 1.8%)

4 へ電話 3 と話, の小林, の小林少年, へとどけ 2 の前, の客間, の書斎, をたずね, を訪ねた, を訪問

1 [94件] からここ, からもそんなに, からもなん, から半町, から製本屋, だ, です, ですか, ですが, では明智探偵, とおなじ, とはまるで, とへ電話, と少年探偵団, などをやりだした, なの, におくりとどけました, にかけつけます, にすまわせ, にとまった, にはそういう, にはもう, にはもと, にまい, によって小林君, に姿, に帰り, に新婚, に無電, に立寄った, に這入りまし, に電話, のある, のいちばん, のかた, のこと, のじ, のそば, のちかく, のほう, のまわり, の一室, の仕事, の地下室, の奥まった, の寝室, の居間, の広い, の応接間, の所長室, の方, の方角, の木島助手変死, の横, の番号, の窓, の裏口, の裏庭, の費用, の電話番号, はわかっ, は丸の内, は同じ, は明智, は麹町アパート, へいく, へいそいだ, へいっ, へかけつけよう, へつい, へのりこむ, へひとり, へみょう, へやってきました, へマユミさん, へ伝え, へ助手, へ小林少年, へ帰っ, へ引きかえす, へ引き上げる, へ持っ, へ芝浦沖, へ虎井工学博士, へ送っ, へ送りとどけました, まで帰る, まで歩い, をとびだす, をもっ, をよびだし, をよびだしました, を呼びだす, を訪ねました

▼ 探偵小説家~ (98, 1.4%)

2 というもの, としての氏, の中, の心得, の戸浪三四郎, の父親

1 [86件] ができないであろう, がない, がみな, がみんな, が出たら, が出鱈目, が同一, が毫厘, が無視, が社会, が雪, ことに英米, たる先生, だ, だった, だったそう, だってこれ, だと, であった, であった僕, であなた方, であるあなた方, であるから, であるという, でいわゆる, でここ, でしたか, ではありません, で園田黒虹, という立場, としてのデビュー, としてのポオ, としての博士, としての地位, として曾, として私, として立ち得る, として立っ, として立てる, と言われる, などの推理, にとっても最後, になれ, によって採用, に反骨, に小城魚太郎, に籍, に考え, のある, のヨタ以上, の二人, の友人, の名, の名論, の問題, の坂部健作, の悪い, の戸浪三四郎さん, の描く, の林生理学助教授, の某氏, の梅野十伍, の森下雨村, の注意, の甲賀三郎くん, の甲野八十助, の群れ, の見方, の輩, の輩出, の途方, の長谷川, はその, はどうしても, はより一層, はヤクザ, は実際, は江戸川乱歩氏一人, は立, は自分, もよろしく, もゾラ, も眠狂四郎, よ, を名乗る, を掴まえ

▼ 探偵明智小五郎~ (84, 1.2%)

4 でした 3 と小林少年, の事務所 2 だったの, です, の少年助手, の少年助手小林芳雄君, の目, はついに

1 [62件] があらわれました, がかくれ, がこしかけ, がたずね, がとうとう, がヒョッコリ手塚家, が住ん, が大, が楽屋, が透明人間, さえもばん, ただひとり, だったでは, とその, との力, と助手, と名, と少年助手小林, と怪人二十面相, と怪人魔法博士, にさまたげられ, にし, ににくにくしい, には小林芳雄, に正体, に相談, のお, のぎまん作業, のこと, の世話, の助手小林少年, の名前, の名声, の好敵手, の少女助手, の新しい, の有名, の膝, の顔, は, はいったい, はけっして, はその, はそれら, はどんな, はなに, は博物館長, は妖人, は春, は無為, までがまんまと, もこの, もとっさ, もどこ, も賊, をぬすみだそう, を向こう, を盗みだし, を盗みだす, を知ってる, を除い, を青二才

▼ 探偵団員~ (72, 1.0%)

4 のひとり 3 でした 2 がい, であること, のだれ, の木下君, の記章, を引きつれ

1 [53件] あわせて, かね, がいつも, ががんばっ, がその, が園井君, が尾行, が暗やみ, が注意, が胸, が見れ, だ, だったの, だったので, だと, だという, だよ, ですから, で中学一年, で小学校六年生, とが輪, とチンピラ隊, とチンピラ隊十七人, とチンピラ隊員, なの, なん, に伝え, のきば, のこと, のぜんぶ, のところ, のなか, のノロちゃん, の七つ道具, の中, の井上一郎君, の姿, の少年, の川瀬, はいつも, はこの, はなるべく, はもとより, は懐中電灯, は日ごろ, へのふくしゅう, もこの, もその, やチンピラ隊, をいじめたい, をよび集める, を五人, を苦しめる

▼ 探偵作家~ (66, 1.0%)

2 がトリック, のうち, の心得, の星田

1 [58件] が一生懸命, が書い, だ, だって犯罪そのもの, だと, ですから, ではない, というもの, とした, としての初期, として特殊扱い, として突然, と並ん, と書い, にあり, にし, になりたい, には純粋, にも氷片, に似合わない, に例, に合作, に書かせ, に稀, の一つ, の人間, の仲間, の出現当時, の大, の星田代二, の某氏, の根柢的, の発明, の空想, の突飛, の苦心, の間, は, はかなり, はこの, はこれら, はその, はたいがいモト, はめった, はもっと, はダメ, は万事, は動機そのもの, は同じ, は実に, は実地, は文章, は申し合わせた, への多く, もまた, を以, を現世, を顧み

▼ 探偵~ (49, 0.7%)

84 ねえ 32 からね, と想像

1 [30件] え, かということ, かよほど下等, からいいます, からすぐ, から一眼, から分るでしょう, がこいつ, つたのだ, ということ, とまとも, と云, と云う, と思いあたる, と思いました, と思ったらしい, と悟られない, と感づい, と議論丈, な, なぞと, なと私, などと云っ, なんてほんとう, な僕, ね, のと, わい, 女探偵だ, 相じゃ

▼ 探偵帆村荘六~ (38, 0.6%)

2 のこと

1 [36件] が口癖, が居合わさなかった, が数日前, さえそう, その人, だった, であること, として完全, と名乗る, にとって諦めよう, にどこ, になった, になりきっ, に外, に感, の努力, の勇気凜, の和やか, の姿, の必死, の活躍, の身分, の闘志, はいつも, はこの, は彼, は心, は憩う, は曾呂利本馬, は脳底, は身, は銀座, は顕微鏡, もいま一歩, をえらん, を朝っぱら

▼ 探偵~ (35, 0.5%)

3 ていた, ている 2 たり質問, て見よう, て見る

1 [23件] その上秘か, たり俺, つつまた, てあるく, ていたく, ています, ているらしく, てきた, てしかるべき, てみた, てみたい, てみよう, てもいい, てゐる, て報知, て突き, て見たい, て電子, 暴露し, 曝露し, 目を, 直しに, 直しを

▼ 探偵小説界~ (35, 0.5%)

2 の一時期

1 [33件] から駆除, では働い, においてあれ, における本格派, にその, にもめったに, に一人, に対し一種, に小酒井, に尽くされた, に投ずる, に於ける, のため, の双璧, の外道, の大, の寵児, の怪物江戸川乱歩, の文章, の知性, の非常時, の鬼才江戸川兄, はなんと, はまだ, は一時代, は何, は外国礼讃, は洋, は現在, をアッ, をイキイキ, を叱咤, を背負っ

▼ 探偵という~ (34, 0.5%)

6 ものは 3 職業を 2 のが, のは, ものが, ような, 仕事は

1 [15件] ことは, ものの, わけです, グアイである, 人は, 保護色によって, 名は, 商売が, 商売は, 噂の, 文字に, 職業上できるだけ, 職業意識である, 英語の, 言葉を

▼ 探偵趣味~ (30, 0.4%)

4 の会 2 の会合

1 [24件] があっ, があり, じゃ, で惹き付けられた, で探偵味, というもの, とその, なぞいう, にもあきあきした, に生, のある, のお話, のスパーク, の所有者, の普及, の発露, の芽生え, は一個, は生, へ, もある, よりもむしろ, をそそる, をねらった

▼ 探偵小説作家~ (29, 0.4%)

1 [29件] が出ないだろう, が彼, が殺人方法, が毒蛇, が真剣, たるあなた方, だったら之, であった, であること, として一家, と云え, と試合, なぞと呼ばれ, などは役人, になってる, にはこの, には批評眼, に分類, に支援, のなり損いか, のよう, の中, の作品, の興味, はあまりに, は幼稚, は必ず, もシッカリ, を自任

▼ 探偵~ (29, 0.4%)

2 を働かせる

1 [27件] が鈍く, だから, で賊船, と猟犬性, には少なから, には映らない, にもよく, に圧倒, に酔わされ, のある, のお世話, のすぐれた, の鈍かっ, の鋭さ, はたいへん, はどうやら, はますます, は天蓋, も近頃大いに, をなんとなく, をも備え, を働かし, を働かせ始めた, を利用, を徹底的, を疑う, を誇りたい

▼ 探偵物語~ (28, 0.4%)

2 というもの, に対する興味, の創作, をうけたまわりたい, を伺いたい, を書い

1 [16件] であるが, でうずめられ, で填められ, とか言った, などを耽読, には精通, に作り上げる, に詳しく, の類, をかく, をはじめた, を二つ, を書く, を紹介, を聞かせ, を読む

▼ 探偵~ (27, 0.4%)

2 斥候の, 犯人の

1 [23件] いろいろの, えらい塩田大尉, それからまた例, スーパーマンを, レザール探偵達の, 一彦が, 一彦少年はぶじ, 三少年の, 中村係長の, 中村警部も, 中村警部や, 其他利己心多き, 刑事でも, 初心者に, 名検事, 小林少年とも, 小林少年に, 少年たちに, 少年探偵団を, 正木署長たちが, 警官などが, 警察の, 警部を

▼ 探偵さん~ (26, 0.4%)

2

1 [24件] いいもの, があんた, が僕, くいつきそう, じゃろう, その信用, だぜ, どうだった, に物語っ, ねそんな, の云う, の助手達, の引き, はいまごろ, はいろんな, は何, は先生, は案外, まんまといっぱい食った, もかなわなかった, もヘリコプター, も驚いた, よく思い出し, を連れ

▼ 探偵でも~ (26, 0.4%)

1 [26件] ありませんので, ある様, ある相, こういう事情, この一族, この秘密, これには, そうきゅう, そう神経過敏, そのげんじゅう, その証拠, それを, そんなはなれ, なく法被, なければ, まさか鍾乳洞, 不可能で, 何でも, 何でも勇蔵さん, 厭な, 居合せたなら必ずや, 手の, 敵が, 気がつくまいて, 誤魔化し得るという, 頼まなければ

▼ 探偵たち~ (24, 0.3%)

1 [24件] がはいっ, がスッ, がプラネタリウム, が入り込ん, と遠, と鳩首協議, に取っ, に気づかれない, のうしろ, の一致, の注意, の考え, の脇甲斐, はうまく, はジジ, は俄然, は口, は四十面相, は異様, は眼, は突如, は躍起, もこの, もつづい

▼ 探偵とは~ (23, 0.3%)

1 [23件] いえこんな, いえこんなに, いえ宗像博士, しばらくじっと動かなかった, とうとう恋仲, とても釣り合わない, どのくらいの, なんという, めいめい懐中電灯と, 一體どう, 切っても, 刑事達と, 同じ社交倶楽部, 失礼ながら, 思わず目, 正義の, 相前後, 興信所の, 親友じゃ, 違い其筋, 違う, 顕微鏡や, 首尾よく

▼ 探偵~ (23, 0.3%)

1 [23件] かという, たる, によって鑑定, のうち, の創始者シャーロック, の新奇, の特色, の革命, はいわば, はかく, は心理的, は検察当局, は気がつかなかった, は読者, もあまりしばしば, もこれ, より外, をいう, を工夫, を思いついた, を案出, を用い, を説い

▼ 探偵では~ (22, 0.3%)

2 ありません, ないかと

1 [18件] あったが, あるまいかなど, あるまいけれど, ないか, ないかしらと, ないかという, ないけれども, ないと, ないという, ない殿村, ない物, ない透明怪人, なかろうか, 心細いと, 心細いという, 有るまい通例, 無い神様, 面目玉を

▼ 探偵事件~ (22, 0.3%)

2 であるが

1 [20件] がここ, が文章, が起った, とどういう, について考え, にぶつかっ, に主人公, に引っぱり出され, に手, に興味, のため, のなか, の中, の興味, はなかろう, は仏蘭西ッ児, ばかりを扱っ, をとり扱った, を紹介, を骨子

▼ 探偵~ (22, 0.3%)

2 とはその, に興味, は半

1 [16件] が記された, で, というべき, とでもいうべき, などの猟奇趣味, なんていう, には松田君, に変ろう, に変わろう, の口, は一切ぬき, は少年科学探偵塚原俊夫君, をきくべく, をし, を聞く, を設け

▼ 探偵である~ (20, 0.3%)

2 という嫌疑心

1 [18件] かどう, かのごとく見える, ことが, ことを, それが, というよう, との嫌疑, とも言, とも言われ, と告げました, と告白, と想像的, と睨まれ, と答え, に反し, に相違, のも, 事を

▼ 探偵として~ (20, 0.3%)

1 [20件] このドーヴィル, この事件, すこし心, その名, たいへんはずかしい, わるものどもに, 入り込む内命, 多少共に人, 実に珍, 師の, 押しも, 摩天閣の, 日本に, 林田の, 物色された, 畏敬し, 職務に, 評判の, 近頃売り出し, 鳴らした警視庁

▼ 探偵~ (20, 0.3%)

2 に頼ん

1 [18件] と約束, なぞが, にやっ, に命じ, に行っ, の人, の大きな, の客, の方, の社長砂山二郎, の者, の薄闇, の調査, の調査報告書, への報酬, へ頼み, を煩わし, を調査

▼ 探偵から~ (19, 0.3%)

1 [19件] うばいかえしたマスク, お電話, その話, それを, だと, でした, 取消と, 呼ばれたに, 始まって, 委細を, 教わったとおり, 斯様な, 睨まれます探偵, 血の, 見れば, 言いつかった配電盤, 遠ざかって, 電話が, 頼まれて

▼ 探偵には~ (18, 0.3%)

1 [18件] あらたな, いるん, かえって向く, そういうもの, その奇怪, まえに, まだまだ世の中, ピョコンと, 一回も, 商売仇きのボンクラ探偵の, 困難である, 外国人は, 役に, 生命をさえ, 笑止だった, 見えませんでしたけれど, 音楽の, 頷くもの

▼ 探偵じゃ~ (16, 0.2%)

4 ないか 3 ないん 2 あるまいし 1 からね, ない, ないからね, なくて, よ, ハッハッハッハッ, 名探偵長

▼ 探偵小説的~ (16, 0.2%)

1 [16件] だ, でありたいと, である, で冷たい, なもの, な一つ, な匂, な策略, な興味, な詭計, に不可解, に使用, に神出鬼没そのもの, に考え過ぎた, 又は活動写真的, 面白さ

▼ 探偵~ (16, 0.2%)

1 [16件] がようやく, だ, であるが, として価値, となる, なぞの活動写真, に, には人間, に熱狂, の中, の主人公, の傾向, の材料, の絵, はただ, もしくは犯罪実話

▼ 探偵~ (16, 0.2%)

2 なもの, な観察, な解き方 1 である, というよう, な, なの, な事, な努力, な捕物小説, な気持, な話, の物語

▼ 探偵~ (16, 0.2%)

1 [16件] が一変, ですが, との差異, に科学, のイロハ, のモットー, の初歩, の虎の巻, ばかりでなく, や法医学者, をまね, をもっ, をチョコチョコ, を勉強, を応用, を行った

▼ 探偵~ (15, 0.2%)

4 んだ 3 のです 2 のである, んです 1 かりせば, のだ, のよ, んだろう

▼ 探偵する~ (14, 0.2%)

1 [14件] こと, ことも, ためあわて, ためであった, つもりじゃ, とはこれ, なんて, に困難, のが, サ外の, ワ探偵, 事が, 積りだった, 者は

▼ 探偵~ (14, 0.2%)

1 [14件] かな, が彼, だった, だと, だの, で観客, というもの, と異, にも毛頭, の二明星, の女優, の親玉, をやつ, を御

▼ 探偵~ (13, 0.2%)

1 [13件] あつた, いらっしゃいましょうか, いらっしゃいますもの, さあ, せえ, 将軍自身の, 居乍ら, 彼は, 彼も, 斃れ, 普通の, 立って, 遊びが

▼ 探偵~ (13, 0.2%)

1 [13件] がここ, だったから, として全, として鉄道会社, になった, になりすまし, になる, に迎えたい, の大辻, はひどく, は帰庁, また爆弾事件, を横

▼ 探偵青竜王~ (13, 0.2%)

1 [13件] からだった, がムズ, だった, だったの, だと, とキャバレー, なの, の正体, の策戦, は戦慄, は現われない, は竜宮劇場屋上, は雪辱

▼ 探偵とも~ (12, 0.2%)

7 あろうもの 1 あろう二人, いうし, 云われる人, 呼ばなかった, 素人探偵とも

▼ 探偵にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] いろいろおそわっ, このなぞ, そのうまい, また明智, ゆめゆめ劣らぬ, 分りません是, 夢, 成れる男, 来て, 知らせては, 通知し, 連絡した

▼ 探偵~ (12, 0.2%)

1 [12件] が進歩, でも研究, なるもの, においてもその, に一新機軸, に興味, の普及, の神様, の第, の試験, も進歩, を説く

▼ 探偵~ (12, 0.2%)

1 [12件] がうしろ, でもない, の一隊, の探検隊, はあんた, はやつぱり角, は今度, は知らない, は部屋, もただ, も例, を見る

▼ 探偵みたい~ (11, 0.2%)

1 [11件] だけどさ, ですこと, なこと, なまね, なやり方, な口, な方, な油断, な顔つき, にさしず, に跡

▼ 探偵団長~ (11, 0.2%)

6 の小林君 4 の小林少年 1 だね

▼ 探偵森主水~ (11, 0.2%)

1 [11件] が貴女, さえ看破る, だ彼, である, と貴方, に次第, の呼吸, の為, は何, は愈々, を縛った

▼ 探偵です~ (10, 0.1%)

32 か, ね 1 か若しそう, けれど相川技師長, わ

▼ 探偵なら~ (10, 0.1%)

1 このなぞ, ば, ばいくら, ばきっと, ばその, ば当然, ば知りあい, 奇賊烏啼を, 正に名, 烏啼天狗専門だ

▼ 探偵七つ道具~ (10, 0.1%)

3 の一つ 1 がはいっ, というの, のうち, の中, の革サック, や水, をてらし

▼ 探偵だった~ (9, 0.1%)

2 のです 1 から気の毒, がモダーン, ことは, と知っ, のかと, のである, 父が

▼ 探偵としての~ (9, 0.1%)

1 名声は, 名誉を, 君であっ, 彼の, 推理は, 最初の, 法水に, 腕なぞを, 貴女と

▼ 探偵もの~ (9, 0.1%)

2 の構造 1 だと, にも映画, はいかなる, を探し, を注意, 全盛を, 風な

▼ 探偵~ (9, 0.1%)

1 であるという, です, なり探偵吏, なればこそ, に寸鉄, のお話, の始末, の良民社会, は多く

▼ 探偵花房一郎~ (9, 0.1%)

1 が老, こう言った, です, とは思い, の隠れ家, の顔, は一件, は南老人, は新聞記者

▼ 探偵団員たち~ (8, 0.1%)

1 が出発, が見はっ, の身, の顔, はうち, は仲間, は日ごろ, は深

▼ 探偵小説好き~ (8, 0.1%)

1 で, ですからね, で古く, で将来, なの, の, の三田村, はノックス

▼ 探偵~ (8, 0.1%)

1 あらゆる新聞社, である, について取調べさせた, に帰る, の主任プライス, の刑事, の帆村荘六, の須永助手

▼ 探偵帆村~ (8, 0.1%)

1 とは何, の化け, の活躍ぶり, はどこ, は勇敢, は多量, は彼, は短い

▼ 探偵的興味~ (8, 0.1%)

1 から訪ね, が強く, に誘われ, よりも文學味, をつながせ, を感じた, を殺がれたらしく, を湧かせ

▼ 探偵した~ (7, 0.1%)

1 ところに, んだい, 事も, 時には, 結果を, 結果博士邸の, 順序を

▼ 探偵とが~ (7, 0.1%)

1 あいさつの, まって, イワノフ博士の, 光と, 同じ事件, 競争する, 肩を

▼ 探偵にでも~ (7, 0.1%)

1 つけられて, つけられてるよう, なったよう, なったらどんな, なつて敵地, 捕まって, 来たの

▼ 探偵塚原俊夫君~ (7, 0.1%)

1 が自分, に, の出る, の名, はある, は八月, を紹介

▼ 探偵~ (7, 0.1%)

1 が居る, でした, なの, にか, はしきりに, は付近, をかりだし

▼ 探偵しよう~ (6, 0.1%)

1 じゃない, というの, というわけ, といふ, とし, と思っ

▼ 探偵たる~ (6, 0.1%)

3 ものは 1 ことは, 気持を, 義務は

▼ 探偵との~ (6, 0.1%)

1 おっかけっこ, 出会も, 手を, 知恵くらべ, 返事を, 間に

▼ 探偵なんか~ (6, 0.1%)

1 きらいで, する気, できやしないよ, やとったの, 大嫌いです, 間抜けの

▼ 探偵ぶり~ (6, 0.1%)

1 が少から, にどういう, は本, を見せた, を見た, を見る

▼ 探偵三吉~ (6, 0.1%)

2 はどこ 1 のため, はそう, は参加, は珍探偵大辻又右衛門

▼ 探偵商売~ (6, 0.1%)

1 だから, だもの, には厄介, はい, もこれ, ももう

▼ 探偵小説論~ (6, 0.1%)

1 ではない, には不思議, にもこれ, の小乗的解析, の脚注, を書い

▼ 探偵小説集~ (6, 0.1%)

1 が出, が洪水, というべきである, と比べ, なの, もよまず

▼ 探偵文壇~ (6, 0.1%)

2 の王座 1 に, にだけしかいない, の双, は怪奇趣味

▼ 探偵方法~ (6, 0.1%)

1 です, なん, はそうとう, はない, は一種独特, を行っ

▼ 探偵~ (6, 0.1%)

1 には何, の如き, はこれ, はまったく, よりも鼻, をつとめ

▼ 探偵でない~ (5, 0.1%)

2 ことを 1 から正直, 自分は, 限りそんなに

▼ 探偵とか~ (5, 0.1%)

1 いわれる人, なんとかいわれ, 云えば, 何んとか, 鬼課長とか

▼ 探偵なんて~ (5, 0.1%)

1 どうだ, 商売は, 知りませんよ, 職業を, 警察官と

▼ 探偵らしい~ (5, 0.1%)

1 ぞ, 影は, 手段を, 探偵と, 説だった

▼ 探偵助手~ (5, 0.1%)

1 がどうして, だ, の小林君, の小林芳雄君, の恥辱

▼ 探偵小説中~ (5, 0.1%)

1 にもこの, に主要, の一役, の人物, の殺人動機

▼ 探偵~ (5, 0.1%)

1 と比較, にメキメキ, の悲哀, を攪乱, を支配

▼ 探偵~ (5, 0.1%)

1 があり過ぎる, が一層, が顔, とでもいう, のある

▼ 探偵~ (5, 0.1%)

3 の中 1 とを持っ, を出し

▼ 探偵~ (4, 0.1%)

1 何かが, 兇賊か, 兇賊でさえ, 新聞記者が

▼ 探偵さんきみ~ (4, 0.1%)

1 にはこの, の部下, はとんでもない, もとんだやぶ

▼ 探偵としては~ (4, 0.1%)

1 その筋, 及第点であった, 宗像博士の, 既に烏啼

▼ 探偵について~ (4, 0.1%)

1 一般に, 下の, 並々ならぬ, 現場を

▼ 探偵よりも~ (4, 0.1%)

1 いろいろなひ, 事件そのものに, 深くこの, 美女に

▼ 探偵小説史~ (4, 0.1%)

1 でこの, にも残っ, の最高峰, はマーク・トウェーン

▼ 探偵小説的興味~ (4, 0.1%)

1 へと漸時, もあっ, を与える, を刺激

▼ 探偵小説雑誌~ (4, 0.1%)

2 を読ん 1 には毎号, を買っ

▼ 探偵方針~ (4, 0.1%)

1 で働い, のハイカラ, も定め, を捨てる

▼ 探偵方面~ (4, 0.1%)

2 にも興味 1 に早変り, に早変わり

▼ 探偵映画~ (4, 0.1%)

2 である 1 に見る, の主役

▼ 探偵気取り~ (4, 0.1%)

1 でいやがる, で尾行, で犯人, もない

▼ 探偵かも~ (3, 0.0%)

1 しれないぞと, 知れないぞ, 知れんのう

▼ 探偵その~ (3, 0.0%)

1 ひとでした, 人が, 少しうしろ

▼ 探偵だけ~ (3, 0.0%)

21 でなくて

▼ 探偵だって~ (3, 0.0%)

1 そう敏活, 家へ, 警視庁の

▼ 探偵であっ~ (3, 0.0%)

1 ていわば, てこれ, てその

▼ 探偵であり~ (3, 0.0%)

1 ながら熱情, ながら真実僧侶, 名探偵ヴィドック

▼ 探偵どの~ (3, 0.0%)

1 か, ができあがる, もご

▼ 探偵などと~ (3, 0.0%)

1 いうと, 云う者, 思ったの

▼ 探偵などに~ (3, 0.0%)

1 この大, 告げ可, 知れると

▼ 探偵などは~ (3, 0.0%)

1 まるで眼中, 歯牙にも, 社会的に

▼ 探偵なる~ (3, 0.0%)

1 が故に, ものは, ものを

▼ 探偵~ (3, 0.0%)

1 千円の, 水晶の, 電話を

▼ 探偵への~ (3, 0.0%)

1 信義を, 尊敬の, 敵意を

▼ 探偵ほど~ (3, 0.0%)

1 劣等な, 実在性の, 間違いの

▼ 探偵より~ (3, 0.0%)

1 いくら人間らしい, 種々の, 背が

▼ 探偵らしく~ (3, 0.0%)

1 じっくりこれ, もない, 落付き払っ

▼ 探偵二人~ (3, 0.0%)

1 が飛ん, に前後, を恐れる

▼ 探偵~ (3, 0.0%)

1 によって見事, に及ばなかった, は全く

▼ 探偵~ (3, 0.0%)

2 犯人 1 犯人に

▼ 探偵又は~ (3, 0.0%)

1 伝奇小説の, 捕物小説は, 盗賊など

▼ 探偵~ (3, 0.0%)

1 ではない, のある, を含んだ

▼ 探偵~ (3, 0.0%)

1 成功式の, 活劇が, 発明家

▼ 探偵宗像博士~ (3, 0.0%)

1 の為, もこれ, を犒う

▼ 探偵小林君~ (3, 0.0%)

1 のいさましい, の変装, の顔

▼ 探偵小説そのもの~ (3, 0.0%)

1 について一たい探偵小説, の価値, を捨て去り

▼ 探偵小説みたい~ (3, 0.0%)

1 じや, なこと, に自由自在

▼ 探偵小説ファン~ (3, 0.0%)

1 で, はその, は思わず

▼ 探偵小説位~ (3, 0.0%)

1 しかこの, の面白, は読む

▼ 探偵小説壇~ (3, 0.0%)

1 によき, に残した, の総

▼ 探偵戸針康雄~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, は大平氏宅, は暫らく

▼ 探偵明智~ (3, 0.0%)

1 のことば, の名, の変装姿

▼ 探偵明智小五郎氏~ (3, 0.0%)

1 にこの, の尽力, 誘かいさる

▼ 探偵犬シャーロック~ (3, 0.0%)

1 の鋭敏, は地面, を自動車

▼ 探偵生活~ (3, 0.0%)

1 でのいわば, に鍛え上げられた, の経験

▼ 探偵蜂矢十六~ (3, 0.0%)

1 という者, の若々しい, を睨みすえた

▼ 探偵雑誌~ (3, 0.0%)

1 とは嚇しつける, のこと, を出そう

▼ 探偵かと~ (2, 0.0%)

1 思はれる, 思われる

▼ 探偵からの~ (2, 0.0%)

1 電報を, 電話で

▼ 探偵きどり~ (2, 0.0%)

1 でいいました, でじまん

▼ 探偵さえ~ (2, 0.0%)

1 付けて, 空しく湖水

▼ 探偵させる~ (2, 0.0%)

1 くらいでなく, 事に

▼ 探偵され~ (2, 0.0%)

1 つつ一時間余, ている

▼ 探偵すれ~ (2, 0.0%)

1 ば何, ば此方

▼ 探偵そのもの~ (2, 0.0%)

1 が面白く, の興味

▼ 探偵だけが~ (2, 0.0%)

1 知って, 頼りな

▼ 探偵だけに~ (2, 0.0%)

1 いつでも, どうもわけ

▼ 探偵だったら~ (2, 0.0%)

1 ここで, 合鍵を

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 ゅう商売の, ゅう奴で

▼ 探偵であろう~ (2, 0.0%)

1 か, とは思わなかった

▼ 探偵でなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃならん, ともあの

▼ 探偵といった~ (2, 0.0%)

1 のは, 型の

▼ 探偵といふ~ (2, 0.0%)

1 のが, 訳で

▼ 探偵とかいう~ (2, 0.0%)

1 ことには, 人は

▼ 探偵とを~ (2, 0.0%)

1 兼ねて, 睨んだ

▼ 探偵どころか~ (2, 0.0%)

1 大盗賊, 恐るべき夜盗

▼ 探偵なぞ~ (2, 0.0%)

1 がいくら, になった

▼ 探偵などとは~ (2, 0.0%)

1 違って, 飛んでも

▼ 探偵などの~ (2, 0.0%)

1 活動する, 疑いを

▼ 探偵などを~ (2, 0.0%)

1 すること, 引張って

▼ 探偵にだって~ (2, 0.0%)

1 だれにだって, わかりっこないよ

▼ 探偵にとっては~ (2, 0.0%)

1 あの僧侶, これが

▼ 探偵にまで~ (2, 0.0%)

1 依頼し, 成り下

▼ 探偵によって~ (2, 0.0%)

1 それからそれ, 外へ

▼ 探偵に対する~ (2, 0.0%)

1 女賊の, 非難は

▼ 探偵はにが~ (2, 0.0%)

1 笑いと共に, 笑いを

▼ 探偵ばん~ (2, 0.0%)

1 ざあい, ざーい

▼ 探偵まで~ (2, 0.0%)

1 つけて, 敵の

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 まだ死にそこなっ, アッと

▼ 探偵ものがたり~ (2, 0.0%)

1 に何等, を聴き出す

▼ 探偵よく~ (2, 0.0%)

1 ぞ見破られた, 見やぶった

▼ 探偵アンポンタン・ポカン博士~ (2, 0.0%)

1 が博士自身, はタッタ

▼ 探偵スミス警部~ (2, 0.0%)

1 がふらり, も乗っ

▼ 探偵ホームズ~ (2, 0.0%)

1 がこの, のいる

▼ 探偵ヴィドック~ (2, 0.0%)

1 のうち, の容赦

▼ 探偵三人~ (2, 0.0%)

1 で名前, とで共々

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 なり, の重要

▼ 探偵事実談~ (2, 0.0%)

1 がある, を聞い

▼ 探偵先生~ (2, 0.0%)

1 おどろいたかい, もおれ

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 を帆村荘六, 探偵と

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 かい, なにか遺言

▼ 探偵大辻又右衛門~ (2, 0.0%)

1 だ, と一緒

▼ 探偵好き~ (2, 0.0%)

1 の若い, の隠し相

▼ 探偵実話~ (2, 0.0%)

1 などにはかえって, を発表

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 がいい, の手

▼ 探偵小説以外~ (2, 0.0%)

1 のこと, の小説

▼ 探偵小説実践的~ (2, 0.0%)

2 にはギャング

▼ 探偵小説家戸浪三四郎~ (2, 0.0%)

1 が乗り合わせ, のうわずった

▼ 探偵小説式~ (2, 0.0%)

1 な同時に, な架空

▼ 探偵小説怪奇小説~ (2, 0.0%)

2 の類

▼ 探偵小説愛好慾~ (2, 0.0%)

1 の芽生え, はそれ以来急激

▼ 探偵小説流行~ (2, 0.0%)

1 の第, の風潮

▼ 探偵小説的要素~ (2, 0.0%)

1 が多い, を備えた

▼ 探偵小説評論~ (2, 0.0%)

1 の専門家, を生んだ

▼ 探偵小説趣味~ (2, 0.0%)

1 から言う, を逆

▼ 探偵小説通~ (2, 0.0%)

1 と自他とも, の読者

▼ 探偵小説風~ (2, 0.0%)

2 な興味

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 にいえ, の活躍

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 を起さなきゃ, を起し

▼ 探偵捕物小説~ (2, 0.0%)

1 のトリック, の構成

▼ 探偵捜索~ (2, 0.0%)

1 の用, を進め得る

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 がそこ, を讀みふけつた

▼ 探偵根性~ (2, 0.0%)

1 をさらす, をもっ

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

2 と同じ

▼ 探偵気どりで~ (2, 0.0%)

1 各々何かとカングルところ, 血の

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 が燦然, を見せられ

▼ 探偵結城~ (2, 0.0%)

2 新十郎

▼ 探偵~ (2, 0.0%)

1 のため, の襲撃

▼ 探偵能力~ (2, 0.0%)

1 がいっそ, を疑うなら

▼ 探偵読書界~ (2, 0.0%)

1 は直接, ほど大騒ぎ

▼ 探偵諸君~ (2, 0.0%)

1 に向っ, に首肯

▼ 探偵連中~ (2, 0.0%)

1 から聞かされた, が

▼ 探偵過ぎる~ (2, 0.0%)

1 って, んだ

▼1* [397件]

探偵あなたにちょっと, 探偵ありと雲間, 探偵いひ付けられて来た, 探偵おれはきみ, 探偵かは知らないが, 探偵かぶれなん, 探偵きどりで呻った, 探偵つこ自分, 探偵ごっこをし, 探偵さえもこの邸内, 探偵されたのです, 探偵されてるようで, 探偵さんおれたちの首領, 探偵さんお話が済んだら入らっしゃい, 探偵さんびっくりしてるね, 探偵さんみたいなかた, 探偵さんイヤサ明智君流石の君, 探偵さんマリ子を何時, 探偵さん二十面相の腕, 探偵さん僕はもう, 探偵さん探偵さんお話が済んだら入らっしゃい, 探偵さん邪魔だ, 探偵したらしくあったままの, 探偵しっかりやれえ, 探偵してるのだ, 探偵やない, 探偵じみた風采の, 探偵じゃあないし, 探偵すぐに品川, 探偵すべき手がかりが, 探偵するであろうかと色々, 探偵ずきのかわいい, 探偵そっくりだわ, 探偵それから本庁の, 探偵ただ一人となりました, 探偵たちまちおどろきの, 探偵たち次長や毒蛇, 探偵たらしめたならばあるいは, 探偵だけにはそういう権利, 探偵だけのことで, 探偵だの刑事などと, 探偵っていわれるだけの, 探偵づらそれからポーラ, 探偵であったのだ, 探偵であったら人の, 探偵できるか, 探偵でさえもおどろいたの, 探偵でしたね, 探偵でなかったらもっと前, 探偵でなければならない, 探偵ときたら仕事を, 探偵とだけが残った形, 探偵とっさのま, 探偵とても顔色を, 探偵とでも思ったの, 探偵とになって, 探偵と共に祕密を, 探偵どうしたん, 探偵どくとくのもじゃもじゃ, 探偵なさいね, 探偵なぞと云うもの, 探偵などが訪ねて, 探偵などという奴が, 探偵なども推理の, 探偵などよりも法律の, 探偵ならずともこの, 探偵なりの際主人公の, 探偵なり切取強盗人殺, 探偵なんてなんて厭な, 探偵においてはつまりその, 探偵にくらしいほど落ちつき, 探偵につきまと, 探偵にとって最大の, 探偵になつて安楽に, 探偵に関する書物を, 探偵ねがいたいのであります, 探偵のうでまえを, 探偵のくらい顔と, 探偵のてなみを, 探偵はかぶりをふっ, 探偵はかべのまえに, 探偵はさもゆかいらしく笑い, 探偵はとくい満面, 探偵ばかりじゃない, 探偵ばかりは全く落ち着きくさっ, 探偵ぶった天川呉羽の, 探偵ぶりアイクチをふりかざし, 探偵ほどの者も, 探偵までが気ちがいが, 探偵までは推理小説の, 探偵までも同じよう, 探偵めいたことが, 探偵めがけて飛びかかっ, 探偵やの抽象された, 探偵ゆくえ不明のまま, 探偵らしくじつくり, 探偵をと考えたが, 探偵アンポンタン氏の日課, 探偵エガンは時, 探偵エルロック・ショルムス氏の好い, 探偵オーギュスト・ヂュパンは警察, 探偵ガニマールとショルムス, 探偵ガンスの明智, 探偵ゴロンが特に, 探偵ジャヴェルが市長, 探偵ダーウィンとウォーレス, 探偵ヂュパンの出, 探偵デュパンがある, 探偵ニュートンアインシュタインの流れ, 探偵バーンスはかよう, 探偵ファイロ・ヴァンスは犯跡捜索, 探偵ファンの間, 探偵フィロ・ヴァンスみたいな半可通, 探偵フランボーに会い, 探偵ブレスナンは問題, 探偵プライスを病床, 探偵ヘルロック・ショルムスの誘拐事件, 探偵マーリニがカー, 探偵メーグレと犯人, 探偵モドキに神月, 探偵ルコックが活動, 探偵レオ・カリングはいかにも, 探偵レザールはどこ, 探偵一しょについて来た, 探偵一人を附け, 探偵一件を処置, 探偵一同に参集, 探偵一名を手下, 探偵三根夫君です, 探偵三浦三吉も口惜し, 探偵の恐しい, 探偵世に是ほど, 探偵中村さんは警視庁, 探偵中村係長相川技師長それから小林君はじめ四人, 探偵中村警部小林少年チンピラ隊の代表者五名, 探偵中村警部遠藤博士の三人, 探偵事件的に魅力, 探偵事務所二箇所へ知らせました, 探偵事業を生命, 探偵二の句もでない, 探偵その理屈, 探偵以上の智力, 探偵は出来ます, 探偵何んの用, 探偵作品新らしい所, 探偵作家アントニー・アボットは, 探偵作家クラブの愚挙, 探偵作家クラブ会長を引受け, 探偵作家ヘルラーの長篇, 探偵作家ポーストとフランス, 探偵作家梅ヶ枝十四子は先日女学校, 探偵作家梅野十伍は罪汚れ, 探偵作家黄谷青二との両, 探偵作業に当ります, 探偵係官が入り乱れ, 探偵であって, 探偵入来り種々, 探偵兼古今未曾有式超特急, 探偵兼脳髄学の大, 探偵出馬の記事, 探偵頭領とも, 探偵創作の中, 探偵劇スターとして売出す事以外, 探偵劇王の後継者, 探偵劇王刺殺さる, 探偵劇王殺害の動機, 探偵劇王殺害事件の遠因, 探偵劇王轟氏の遭難, 探偵だった, 探偵勝つか魔法博士, 探偵南愛銭堂老人も一ペン, 探偵及び巡査の, 探偵をよん, 探偵吏三日月と名, 探偵君世の中にはいろいろ, 探偵問題に持っ, 探偵団がけいたい無, 探偵団のは絹糸, 探偵団チンピラ別働隊っていうの, 探偵団チンピラ隊ばんざあい, 探偵団員ぜんぶを同じ, 探偵団員二十三名警視庁捜査一課の係長中村警部, 探偵団員花田石川田村の三少年, 探偵団団長は明智探偵, 探偵団相手はお化け, 探偵団長小林少年ポケット小僧をはじめ, 探偵団長小林芳雄君は小娘, 探偵であったが, 探偵大辻だった, 探偵大辻又右衛門先生が出馬, 探偵夫妻は珍, 探偵奇談佛蘭西革命小説經國美談三國志西遊記等の珍書, 探偵姿を見る, 探偵学全体にわたってまとめられたる, 探偵学的方法とに差異, 探偵学者の現れない, 探偵実は松木亮二郎です, 探偵実話ソックリの怖い怖い, 探偵実験が外相官邸, 探偵対仮面の恐怖王, 探偵小品的興味を私, 探偵小林少年北村さん平野少年の四人, 探偵小林少年黒井博士ミシン会社の社長, 探偵小説ことに長篇探偵小説, 探偵小説それも創作方面, 探偵小説みんな読んだって, 探偵小説ものだ, 探偵小説アブノーマル・リテラチュアの中, 探偵小説キチガイでまだ, 探偵小説クラブという会, 探偵小説不振の声, 探偵小説並に地下鉄, 探偵小説中貴下の印象, 探偵小説作家心得なぞを読む, 探偵小説作法にも引きうつし, 探偵小説全盛の時代, 探偵小説全盛時代が準備, 探偵小説全般の欠点, 探偵小説全集が出版, 探偵小説創作壇がだいぶ, 探偵小説十数冊を出版, 探偵小説史探偵小説論の脚注, 探偵小説味を有し, 探偵小説国といわれる, 探偵小説執筆のかたわらひそか, 探偵小説好なの, 探偵小説好きアボットは作家, 探偵小説家カーとクイーン, 探偵小説家ヴァン・ダインが, 探偵小説家坂部健作の存在さ, 探偵小説家時代までのことごとく, 探偵小説家楠田匡介君は画, 探偵小説家江馬兆策氏を自宅, 探偵小説家諸氏に今, 探偵小説専門の月刊誌, 探偵小説専門家よりも本質的, 探偵小説復興の機運, 探偵小説怪談などの取り扱う, 探偵小説恋愛小説そんなもん, 探偵小説愛好家がウッカリ, 探偵小説愛好者にも理智以上, 探偵小説愛好者諸氏の御, 探偵小説愛読者だけのこと, 探偵小説所謂怪奇小説と称, 探偵小説批評本陣殺人事件の批判, 探偵小説文學論に賛意, 探偵小説時代に入っ, 探偵小説書である, 探偵小説月評があり, 探偵小説本来の素材, 探偵小説本格論も生まれ, 探偵小説構成の定石本, 探偵小説浪六奴之助曙山美禅竹の島人ら, 探偵小説特輯号を買い, 探偵小説犯罪実話に興味, 探偵小説狂の老, 探偵小説狩りに出発, 探偵小説獨自の興味, 探偵小説甲種当選山口海旋風氏の作, 探偵小説界最初の年鑑, 探偵小説界隠退の意, 探偵小説的トリックが生れ, 探偵小説的作品も書く, 探偵小説的技法の骨子, 探偵小説的構成の精緻さ, 探偵小説等総てを含め, 探偵小説至上論者であって, 探偵小説芸術論という一風潮, 探偵小説芸術論これも探偵小説, 探偵小説解答と書い, 探偵小説評論家の白石潔氏, 探偵小説談が交わされた, 探偵小説類似のもの, 探偵小説飜訳書を読む, 探偵局ピンカトン・エイジェンシィの巴里特置員, 探偵居古井警部である, 探偵に最初, 探偵帆村壮六とが事件, 探偵帆村荘六氏の探偵事務所, 探偵弱ったよ, 探偵怪奇に対する好奇心, 探偵恐怖劇なん, 探偵恐怖劇興行者兼現代稀有の邪妖劇名女優, 探偵恒川警部が指揮官, 探偵意識を活躍, 探偵気が, 探偵所内でも敏感, 探偵手先か, 探偵手腕を絶対的, 探偵打語らえり一人は年四十頃デップリ, 探偵扱いなさるの, 探偵技術からいえ, 探偵振りを諸君, 探偵捜査の手段, 探偵捜査事務を統轄, 探偵文学と犯罪科学, 探偵文学同人は解散, 探偵文学方面では息, 探偵文学者として一流, 探偵文學趣味ともまつたく異なる, 探偵文庫に代えた, 探偵文芸とかいう雑誌, 探偵十郎が, 探偵旅行を企てた, 探偵明智先生の弟子, 探偵明智小五郎ざまはないです, 探偵明智小五郎みごとにしょい投げ, 探偵明智小五郎遠藤博士少年探偵団長小林少年ポケット小僧をはじめ, 探偵映画当時は活動, 探偵木沢氏及び私, 探偵本能を科学, 探偵本部ではよく, 探偵材料を提供, 探偵林田英三という男, 探偵桜井洋子のところ, 探偵森主水の口から夫, 探偵のこと, 探偵機関の精鋭, 探偵死体を盗ませた, 探偵殿村弘三です, 探偵気どりでいちゃいか, 探偵気分横溢しすぎるキライ, 探偵法今も昔, 探偵泥棒と同じく, 探偵助奴, 探偵浅田与一君が探偵, 探偵と立ち聞き, 探偵物語さへそれ, 探偵猟奇小説界に於ける, 探偵だった, 探偵る, 探偵スケ探偵が, 探偵生活中にこれ, 探偵の自動車, 探偵用虫眼鏡を借し, 探偵用道具の入った, 探偵登場の余地, 探偵的傾向は全く, 探偵的態度をもっ, 探偵的手腕についてよく, 探偵的才能もある, 探偵的推理に熱中, 探偵的暗示にも何一つ, 探偵的興味以外にこれら, 探偵的行動を少し, 探偵的試驗で暴露, 探偵的頭脳がこの, 探偵直接関係者だけでも七人, 探偵研究時代に於ける, 探偵社会の一員, 探偵秘伝に分り, 探偵稼業でもし, 探偵立合いの下, 探偵組織を象徴, 探偵絵描きは絵描き, 探偵緑川夫人は早苗さん, 探偵者自身の能力, 探偵の人, 探偵を組ん, 探偵自身でそれ, 探偵興味とが兩者, 探偵芝居をやった, 探偵芦田義資は中央, 探偵若い男が, 探偵苦心談なるもの, 探偵藤枝真太郎という看板, 探偵蜂矢十六氏のこと, 探偵見たような, 探偵して, 探偵親子二代にわたって忠実, 探偵記録や裁判聞書, 探偵評論家の白石潔, 探偵にほんとう, 探偵誘かいのしだいと, 探偵先生が, 探偵で読んだ, 探偵趣味ノンセンス味神秘趣味なぞというもの, 探偵趣味家だと, 探偵趣味怪奇趣味の芝居, 探偵趣味雑誌の耽読者, 探偵速水女史に附き添わせ, 探偵速水春子女史は越え, 探偵には, 探偵邪妖劇の幕, 探偵長ウォウリング警部が出張, 探偵長大辻がつい, 探偵長春木少年だった, 探偵長株の春木少年, 探偵陣地であるが, 探偵隊首領現ドーヴィル詐欺賭博取締係長, 探偵青ネクタイ氏は憤然, 探偵面目玉を踏みつぶし, 探偵顧問にお, 探偵にやっ, 探偵風情の払い得ぬ, 探偵風間三千子の背筋, 探偵鼻介でござい