青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「徳利~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

復讐~ ~微か 微か~ 微塵~ ~微妙 微妙~ ~微笑 微笑~ ~徳 徳~
徳利~
徳川~ 徹底~ ~心 心~ ~心から 心から~ 心もち~ 心中~ ~心地 心地~

「徳利~」 1345, 13ppm, 8505位

▼ 徳利~ (515, 38.3%)

23 持って 14 取って 9 持つて 8 さげて 7 持った, 振って, 提げて, 置くと 6 取り上げると, 片手に 5 ぶらさげて, 出して, 取った, 枕に 4 とって, 下げて, 手に 3 ブラ下げ, 二本持っ, 傾けて, 取つて, 取りあげて, 置いて

2 [42件] いくつも, かかえて, かたむけて, とり寄せた, まくらに, わしづかみ, 一つ提げた, 一人で, 一本持出し, 上げて, 出した, 前に, 十三本倒した, 取りました, 取り上げた, 取り上げて, 取り寄せ自分, 取ると, 取上げて, 取上げました, 取出して, 嗅いで, 夜具の, 川へ, 抱えて, 押しつけた, 拭いて, 持ちながら, 持ったまま, 持出しそれ, 振つて, 捧げて, 掴んで, 携えて, 洗ったり, 洞ろな, 爺や, 物々しくも, 落しさて, 見ると, 載せて, 逆に

1 [287件] あがりくちに, あけ女中, おいて, かけて, ぐいと傾け, こっちへ, さ, さかさに, さげたまんま, さげた乞食, さげた観音, さげ風呂敷, じつと, そこに, そのまま燗, そばにおいて, ちょっと取っ, ちょっと振っ, つかむと, つかむなり, つかんだまま, つき突けられた, つけたるが, とりまく山, とり出した, どうして明, どこで, なでて, ならべたの, なんと勘, ぬいと, はや三十本, ふって, ふりこ, ふり廻すよう, ぶら下げて, ぶら下げようと, ぶら提げて, また口, また柱, まわした, もって, もつて, ゆっくり顔, ガチャガチャさせ, ヒョイと, ポンと, 一つ取り下ろし, 一つ持参し, 一本つけ, 一本と, 一本前へ, 一本持つ, 一本空に, 一本銅壺の, 一本飾りこみ, 一枝の, 三つぶッ壊しちまっ, 三人めは, 三本空に, 上げました, 下げた小僧, 下げスタスタ, 下に, 下ろして, 両手に, 並べた後, 並べて, 中心に, 二つ三つ地面に, 二人の, 二合入りと, 二本, 二本八五郎の, 二本盆に, 五六本も, 何本も, 使った, 使つてゐた, 使用する, 倒した今, 倒に, 入れたり, 入れて, 入れては, 兩手に, 兩方に, 出しちょっと, 出しながら, 出し手酌, 動かして, 十何本とか, 半七, 半分も, 卸し行炉, 取あげた, 取った新九郎, 取つて耳, 取りあげたが, 取りあげたまま, 取りあげると, 取りあげ左, 取りさ, 取りながら, 取りに, 取り出した, 取り出して, 取り手酌, 取り揚げて, 取上げた, 取上げたので, 取上げた倉賀屋, 取上げます, 取出したうえ, 受け取ると, 受取つてまた, 受取ると, 叩きながら, 叩き卓, 右手にとって, 呉れた, 器用に, 囲んで, 囲炉裏の, 土間へ, 執りあげると, 大きくした, 奪い取る前, 奪ひ取る, 寝かしたよう, 小脇に, 左手に, 差し入れて, 差し出した, 差出した, 差出すと, 平手で, 幾度でも, 床の間に, 座敷の, 引きつけて, 引き出しました, 引き寄せると, 引出して, 引込めたから, 当てが, 微塵に, 思ひきり惡さうに, 愛するの, 懸けて, 手もとに, 打ち砕け, 投げつけたこと, 抱いて, 抱えるよう, 抱き寄せて, 押えた, 押据え, 拔い, 拾って, 拾つ, 持ちあげて, 持ち上げて, 持ち出して, 持ち口, 持ち添えて, 持ち變, 持ち銘酒, 持ったくま, 持ったま, 持った儘, 持った女, 持つたま, 持つ洗い物, 持参で, 持参致し, 持添え, 持添へて, 指さして, 指した, 指して, 振った, 振て, 振りとばすと, 振りまわして, 振り揚げたから, 振ッ, 捜しようやく, 捜す, 捧げるよう, 捨てて, 据えて, 探して, 探すといふ, 控えた手付, 掴み出して, 掴み立ちあがって, 掴むや, 掴んだが, 提げた立姿, 提げ子供, 提て, 換えた様子, 換える隙, 換へ, 換へる, 握つて三藏, 揮って, 摺り替えて, 摺り替へて, 敷居際に, 更へる, 机に, 枕にごろん, 林立させ, 柱に, 棒掴みに, 欠かさなかった, 水神の, 洗って, 洗つたのは, 浸けた, 浸したり, 浸して, 火鉢の, 灰に, 炭火の, 熱湯の, 父が, 用意し, 留吉目がけ, 盆の, 眼の, 示し, 示して, 穴へ, 突っ込んで, 突つ込ん, 突出した, 納めるため, 紙撚, 縛るよう, 置き袂, 置き酌, 羽織の, 耳の, 膝の, 膳に, 膳の, 自分で, 自分の, 花瓶がわりに, 蔵し, 見たこと, 見つけた, 見つけ封印, 見つけ毎日毎日, 見て, 見ながら, 見付けたといふだけの, 見付け封印, 誰かが, 貸して, 踏倒す海嘯, 蹴った, 載せたる午餐, 逆さに, 逆さまに, 逆ま, 逆手に, 通帳という, 避けたの, 銅壺から, 鐵瓶に, 長火鉢の, 門前の, 間に, 隠して, 隠すよう, 隱す, 集めたり, 集めて, 集めても, 順々に, 顎で, 風呂敷包に, 馬右エ門の

▼ 徳利~ (224, 16.7%)

32 酒を 12 口を 10 ような, 尻を 7 中に 5 中へ 4 やうに 3 やうな, ように, 中から, 口から, 口へ, 底を

2 [17件] うちどちらかを, うち吾妻屋の, お酒, 中には, 六郎さんが, 包みの, 口が, 口などは, 口に, 口もち, 底に, 底の, 栓を, 湯で, 酒と, 酒に, 首を

1 [92件] かけを, こととて, ことなどは, しずくを, そばに, そばには, ところへ, どじょう殺しを, ないこと, なかに, ほかに, ま, ままと, まま持っ, ようだ, アクセサリ器用に, カケラで, センを, チリンカラカラ, 三分の一は, 上に, 中でも, 乗って, 乳の, 代りに, 仮声, 價値が, 冷酒を, 別れか, 利目が, 動くの, 包を, 取り散らされて, 口なら, 口には, 四五本を, 場所も, 外面に, 大小について, 太さ, 如何し, 寐姿忌, 底が, 形に, 形の, 形も, 徳利たる, 携帯用の, 效き, 数は, 数も, 数ガラッ, 數が, 數ガラツ八の, 方に, 方へ, 木綿糸を, 枕を, 林の, 林立で, 横面いきなり, 横面突然, 欠が, 欠けや, 欠片を, 泰軒先生心得が, 濁り酒を, 熱いの, 燗の, 燗を, 現実の, 用意も, 目印の, 目量を, 紐を, 総見を, 肩まで, 色であった, 貼紙を, 転がったを, 転った, 載つた朝飯, 道づれ, 酒が, 酒さへ, 酒の, 頭へ, 頸を, 顛覆を, 風鈴は, 首に, 首へ

▼ 徳利~ (117, 8.7%)

2 [13件] かかって, ついて, つけて, 一本, 三四本肴の, 二本ございます, 二本それが, 八十幾本ビール壜が, 出て, 十本に, 水甕の, 空にな, 置いて

1 [91件] あつくなっ, ありそれ, いくつも, いつも台どころ, しきりに動く, ないわ, なければ, ならび間もなくもう, ならんで, ひつくりか, もう七八本, やはり相, ガチャガチャ鳴った, グワン, 一つころがっ, 一つ一つ振つ, 一つ過ぎ去った, 一対それから, 一本たつ, 一本づつ倒され, 一本と, 一本五合の, 一本倒樣に, 一本小型の, 一本猪口が, 一本限りで, 一本隠し, 一本隱し, 七八本も, 七本に, 七本並ん, 三四本も, 三四本膳の, 三本あいた, 三本も, 三本並んだ, 三本四本と, 三本恐らく, 並び夜, 並ぶ, 主人の, 乗って, 二つ, 二つあり, 二本です, 二本なら, 二本も, 二本用意し, 五六本が, 五本並ん, 今も, 供へ, 倒された, 入れて, 入用だ, 出た, 出たよ, 前に, 勃然と, 化けた遊女, 卓子の, 唐津焼, 四本も, 四本持ち出された, 小さいから, 彼等の, 懸かって, 数え切れないほど, 既に全く倒され, 残って, 沢山あつ, 狼藉を, 破れるといふ, 空に, 紫縮緬の, 置かれて, 荷に, 落ちて, 袴を, 見つかりましたよ, 見付かりましたよ, 転がって, 輕かつ, 運ばれて, 間違って, 頭に, 頻繁に, 風呂に, 飛び出して, 飛び盆, 飛んで

▼ 徳利~ (114, 8.5%)

9 入れて 4 手を, 酒が 3 お酒, 入って, 毒を, 酒を 2 仕込みました, 入つて, 入れた冷酒, 口を, 毒が, 水を, 石見銀山鼠捕り, 移して

1 [69件] あけると, うつして, お猪口, かかると, さされて, さわって, すすきと, それを, なりたがる酒桶, なれば, まつたく熱中, ゆかりが, コクコクと, 一本しか, 一本の, 上酒を, 二升入らない, 二本が, 似たる土噐, 似たる色, 何か, 何にか, 優さる, 入ったぞ, 入れずに, 入れられて, 剣菱を, 取りつくと, 口だ, 差す飾り物, 憂き身を, 手が, 投り込んだ, 振ひつくと, 挿して, 挿す, 斯んな, 月が, 未練の, 松絵を, 残ったの, 殘つた燗ざまし, 殘つた酒を, 殘つて燗ざまし, 汲んで, 盃二つ干, 目印を, 眼を, 石見銀山か, 石見銀山の, 移した, 移しながら, 移し火鉢, 移し燗鍋, 移す女, 納まつた, 自らの, 蒼白い光, 蓮芋の, 角樽それから, 触って, 触れた瞬間彼, 詰めて, 酒の, 鉄瓶を, 間違ひありません, 頭を, 風呂敷に, 鰍を

▼ 徳利~ (63, 4.7%)

2 その拙い, たしかに二本, はねとぶ, 主人の, 外に, 横に, 河へ, 綺麗に

1 [47件] いかが, いかがです, お父さんの, くわえ出されて, この絵描き, こわさない枯草, さっき来た, でて, とうに空, どこに, どれを, なんにも入, なんにも入っ, ほんとに素敵, またお, エンマ堂の, オランダからの, 一時暴騰した, 一本だ, 二つに, 二三度自在鍵で, 伊万里の, 伊萬里の, 千金の, 半分ほど, 女の, 室の, 急に, 或いは独立, 手を, 振って, 杯を, 模樣入りで, 汚らしくて, 火鉢の, 無地で, 片附け, 狹い, 猪口は, 留吉の, 留置き何本, 百年ぐらゐ昔の, 皆んなで, 盃を, 自然人の, 銅壺の, 長野近在に

▼ 徳利~ (53, 3.9%)

5 猪口を 3 盃を 2 コップが

1 [43件] いっしょに, お艶, かれの, した平, すれば, それに, なりて, 下物の, 乾物を, 二つ三つの, 云った, 十円札を, 味噌漉を, 塩辛の, 山頭火とは, 心中という, 摘み物が, 擂粉木が, 杯を, 極めし數, 洋盃とを, 洗米の, 渋団扇一枚, 湯呑が, 湯呑には, 猪口が, 盃と, 盃とが, 石油の, 称する, 竹皮包みを, 竹皮包を, 絶交する, 綽名し, 茶のみ, 茶椀を, 茶碗を, 茶碗火鉢が, 菜籃を, 菜籠を, 見分ける爲, 通帳とを, 黒い鍋

▼ 徳利から~ (24, 1.8%)

2 一口呑みかけた, 手酌で

1 [20件] あおりながら, さきに, じかの, その丹塗, ちょうど相馬焼, ラッパ呑み, ラツパ呑をや, 二三杯夜は, 冷のを, 冷酒を, 出て, 口飲み, 壁の, 少し酒, 徳利へ, 心では, 湯呑茶碗に, 独酌を, 茶碗酒を, 酒を

▼ 徳利~ (24, 1.8%)

2 猪口を, 皿小鉢を

1 [20件] むやみに, オルゴウルや, 団子や, 小皿が, 小鉢まで, 杯をも, 椀などを, 樽に, 湯呑茶碗が, 猪口が, 猪口は, 皿の, 盃が, 盃まで, 盃を, 茶碗なども, 茶碗を, 蓋附壺などに, 鍋などが, 雲助も

▼ 徳利~ (19, 1.4%)

2 せう, どちらに, 別に燗, 大井久我之

1 [11件] あらうと, きっと連れ立っ, それとともに, つるんで, でも, 三本まで, 三本飲ん, 作ったのっぺらぼう, 受ける, 小買いを, 眉間を

▼ 徳利~ (17, 1.3%)

3 毒を 2 へちまの, 酒を 1 お辞儀した, 乳首を, 入れさせて, 入れて, 入れる, 味淋を, 秋の, 移されて, 移し肴, 麦と

▼ 徳利~ (13, 1.0%)

2 持たずビール

1 [11件] あつた, タクサンある, 同様だ, 宵からは, 帳面も, 御鏡, 用いず何時, 盃も, 置いて, 退屈しのぎに, 酒盃も

▼ 徳利には~ (9, 0.7%)

2 毒は 1 すでに全く魅力, もはや水, 二本とも, 二本共南蛮物の, 四合位入るだろう, 木綿糸で, 酒が

▼ 徳利にも~ (8, 0.6%)

4 毒が 1 もう一本, 口と, 毒は, 酒を

▼ 徳利でも~ (6, 0.4%)

1 いっぱいに, 小さいの, 投げつけられたって, 番茶碗でも, 空の, 落ちましたの

▼ 徳利をからに~ (6, 0.4%)

2 したこと, したころ, して

▼ 徳利~ (5, 0.4%)

2 少しでも 1 があれ, が友人, とかそういう

▼ 徳利とか~ (5, 0.4%)

2 盃とか 1 一つ一つ調べ, 制札とか, 塩壺とか

▼ 徳利一本~ (5, 0.4%)

2 には毒 1 でたくさん, といわず, には唯今申

▼ 徳利~ (5, 0.4%)

1 にふくらんだ, の大きな, の木製具, の水差し, や酒樽形

▼ 徳利とを~ (4, 0.3%)

1 さげて, そこに, 両手に, 氷峰から

▼ 徳利とが~ (3, 0.2%)

2 置いて 1 目に

▼ 徳利二本~ (3, 0.2%)

2 の毒 1 その代金三歩也

▼ 徳利搗き~ (3, 0.2%)

1 というの, をやっ, をやり

▼ 徳利~ (2, 0.1%)

1 つ立て, 孃さんの

▼ 徳利だけは~ (2, 0.1%)

2 確保しなけれ

▼ 徳利では~ (2, 0.1%)

1 ありません, 無論ない

▼ 徳利などが~ (2, 0.1%)

1 ごたごた片寄せられ, 乱雑に

▼ 徳利などに~ (2, 0.1%)

1 入る, 巧な

▼ 徳利などの~ (2, 0.1%)

1 物に, 類には

▼ 徳利などは~ (2, 0.1%)

1 いちいちだれ, 沖縄の

▼ 徳利なども~ (2, 0.1%)

1 ある, のせて

▼ 徳利みたい~ (2, 0.1%)

1 な味, にそこ

▼ 徳利やら~ (2, 0.1%)

1 ところも, 乱雑に

▼ 徳利をも~ (2, 0.1%)

1 いっしょに, 有するあたわざるもの

▼ 徳利屋主人~ (2, 0.1%)

1 の手紙, より遠藤工學士宛

▼ 徳利~ (2, 0.1%)

1 と云う, のもの

▼ 徳利野郎~ (2, 0.1%)

2

▼1* [72件]

徳利いっぱいになろう, 徳利おしこめばえ, 徳利お嬢さんの手箱, 徳利お茶のつぼ, 徳利かたむくいざわれ, 徳利かと思ったと, 徳利かなんかで納まりかえって, 徳利がまはつた, 徳利ころび満座酒の, 徳利さげて, 徳利さげくる月の, 徳利しか並んで, 徳利え持っ, 徳利それから大きい, 徳利たる所以は, 徳利でございますよ, 徳利といふのは, 徳利として認められたの, 徳利とともに橋を, 徳利と共に蹴飛ばされ酒, 徳利なぞがあった, 徳利なら自分達の, 徳利なんか家へ, 徳利なんぞ提げて, 徳利にて煮て, 徳利そんなもの, 徳利ばかり集め一人, 徳利ぶらさげてね, 徳利ぶら下げてなんと, 徳利てえ, 徳利むすびにした, 徳利よりか瓢箪と, 徳利よりも貧乏徳利を, 徳利ソワカにても醤油樽ソワカ, 徳利ビールびん皆お台所, 徳利持つて, 徳利一件で地震, 徳利一本づつしかへえんねえから面倒臭かんべと思つて, 徳利一本猪口一箇を置いた, 徳利主義と云, 徳利亀八生井北風胸悪ハクショウ, 徳利二ツ三ツありたりとて, 徳利云々は勘考, 徳利ひ倒れるかと, 徳利入れて薪, 徳利出せ徳利出せ, 徳利北九州の徳利, 徳利取り上げて松島, 徳利口附片口擂鉢水差何でも揃える, 徳利樣だ, 徳利同様だ, 徳利嘗めけろり鐸ふる, 徳利四つ五つも併せたる, 徳利れから, 徳利の主人, 徳利差し出してお, 徳利干上る財布の, 徳利形椎の実, 徳利程此ン中, 徳利持って酒買い, 徳利持參で出かけ, 徳利を並べ, 徳利泣くにも笑う, 徳利片口など多く, 徳利片手を軽く, 徳利盃洗などとし, 徳利紙銀細工竹細工扇子団扇櫛など, 徳利自身に貴重, 徳利花活香炉湯呑等色々, 徳利花立壺これが広っぱ, 徳利花立湯呑皿擂鉢植木鉢水注等々, 徳利をくみ交す