青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「掛けた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~据え 据え~ ~掃除 掃除~ ~掌 掌~ 掛~ ~掛け 掛け~ ~掛けた
掛けた~
採用~ ~探し 探し~ ~探偵 探偵~ 接し~ ~接吻 接吻~ ~控え 控え~

「掛けた~」 1231, 13ppm, 8316位

▼ 掛けた~ (132, 10.7%)

7 です 6 である 43 であった, では 2 だそう, は, はお前, は四十二三, は庭下駄, は柳, を見る

1 [95件] か, かい, かぽん, か怪訝, か或いは, がある, がすなわち, がすんなり, がチュウインガム, が一人, が二つ, が二人, が十二月半ば頃, が店前, が彼, が怪しい, が満潮, が甲子太郎, が紅, じゃが硝子窓, だから, だった, だという, だといふ, だな, だの木綿物, だらうと, であったが, であります, であるが, であろう, でございます, でした, ですが, でも, と一緒, はあの, はこの, はこれ, はすく, はその, はほんの, はまさに, はみんな俺達, は一石橋, は丁度, は三十八, は下女, は主人, は主人萬兵衞, は先, は八五郎, は凄まじく, は半途, は妾, は平次, は心配, は我衛生隊附, は木戸番, は次郎右衞門, は江戸ッ子特有, は焦茶色, は番頭, は皆んな俺達, は相, は眞砂町, は私, は笹野新三郎, は言うまでもなく, は貴女, は貴方, は貴様, は赤井, は赤土, は近所, は近頃, は高城鉄也, は麻川荘, も, もあの, もある, も無理, も言葉, をしなやか, をフッ, を今更大, を余, を初め, を外す, を民子, を沁, を玄関さき, を玄關さき, を見物, を親分

▼ 掛けた~ (87, 7.1%)

3 それは 2 その顔, 私は, 答えず思わぬ大金, 返事が

1 [76件] あけに, いつかから, お前は, お妙, この小僧, この時, さて其の, しかし満足, しばらくする, すぐに, その上, それと, それなり魔法, それには, それまで, ちと言, ちやうど, つひに, はじめて吻, ほんた, またも世, また小, もう駄目, やはり家内, よい, ステパンの, フト引戻さる, フト引戻さるる, プッツリと, 一足躍り出した, 今夜は, 何だか興奮, 何にも, 作りかけの, 俄に, 健三は, 先生は, 全くの, 其の儘又, 右衛門は, 周圍は, 声が, 声を, 女を, 宇平の, 尊き女, 少し体, 少し體, 巧い, 引き抜くこと, 忽ち思い出し, 怖いから, 掛けた時, 效能が, 既にその, 明か無いので, 最後がんぢがらめに, 桃, 河野は, 熟と, 片手に, 疑ひも, 直ぐそのまま為事, 眼からは, 立ち去って, 細い身體, 美子も, 荻原は, 誰も, 返事を, 途端に, 過まり, 銭が, 青芒が, 靴足袋を, 首を

▼ 掛けたもの~ (25, 2.0%)

3 があります 2 が五段目, である

1 [18件] か間もなく, がどこ, しんじょは, だから, だが, だと, であった, です, でせう, とは思はれない, と船長初め, どっせ, に相違, は, は米国, は自分, やらが部屋中一杯, や薄き

▼ 掛けたので~ (24, 1.9%)

1 [24件] いそいそと, お君, この名, ずるり, 三吉も, 今では, 保田から, 僕は, 女中は, 子供は, 小供, 巨大漢は, 差引が, 忽ち微醺, 慌て, 此歌も, 母熊怒っ, 町人は, 私は, 稀に, 翁と, 老婆は, 見向いた佐吉, 體が

▼ 掛けたよう~ (22, 1.8%)

1 [22件] なところ, なもの, なわけ, な入道雲, な具合, な棚, な真赤, な艶, な苔, な衣, にその, になっ, になった, になびい, に其処, に庇, に流れる, に縮こまっ, に見える, に見せ, に針葉樹帯, に霜

▼ 掛けた~ (18, 1.5%)

2 思うと

1 [16件] いふが, したら, する, すると, サ, 云う, 云う様, 思ったら途端, 思つ, 思ふと, 思われます, 思われる椅子, 見れば, 言って, 言ふ, 豕と

▼ 掛けたまま~ (18, 1.5%)

1 [18件] この場, じりじりと, である, です, ではっと, で見送った, の安城郷太郎, わざと娘, 動かない, 動かなかった, 動こうとも, 已めた, 引き返した, 振り返った女, 素早く駆け出し, 運んで, 頻りにこく, 頼むよ

▼ 掛けた~ (18, 1.5%)

4 です 3 だろう 2 だ, ですか 1 だから, だが, だよ, だ暑, ですが, ですけど, ですと

▼ 掛けた~ (18, 1.5%)

2 であ

1 [16件] であった, である, でした, には, には常, には鈴江, には飛び込ん, に謎, に追, に醫者, はお, は智恵子, は智惠子, は自分, まだアトラクション, 白い毛布

▼ 掛けたこと~ (12, 1.0%)

4 がある 1 があります, がなかっ, だけは解りました, になります, になる, のある, をしきりに, を軽はずみ

▼ 掛けたやう~ (12, 1.0%)

1 [12件] でしたが, な, な形, な恐怖, な白い, な衣, になつ, に歴史, に番頭, に血, に鎭まり, に霜

▼ 掛けた~ (11, 0.9%)

1 [11件] それが, どうか, わからない電話, 一条の, 一條の, 忘れました, 打香り, 掛けないよう, 知ってるだろう, 紺の, 覚えて

▼ 掛けた~ (11, 0.9%)

2 を停め 1 が滑る, のやり場, の震え, はなよ, へ力, をそのまま, を休め, を差, を弛める

▼ 掛けた~ (11, 0.9%)

2 がある, の所 1 が, があつ, が眼, である, のじっと, は不思議, もあり

▼ 掛けた~ (11, 0.9%)

6 があります 2 がある 1 があった, がありました, がなかつた

▼ 掛けた~ (10, 0.8%)

2 だね, であった 1 が緑盤, だと, であつ, と思い, と思ひ, に編鍼

▼ 掛けたところ~ (9, 0.7%)

1 だからね, だったが, ですが, でそれ, で前々, へ, を二足, を後ろ, を見る

▼ 掛けた~ (9, 0.7%)

1 がある, なれば, はいかな, はない, はねえ, はクリスト様, は度々, は絶え, をこれから

▼ 掛けたその~ (7, 0.6%)

1 両手に, 余波が, 捌きが, 時に, 暖簾の, 椅子は, 裏長屋の

▼ 掛けた~ (7, 0.6%)

1 があり, がある, が名乗っ, に会う, の名前, の姿, はそこ

▼ 掛けた~ (7, 0.6%)

3 の心 1 がいぎたなく, だと, の顔, はみんな

▼ 掛けただけ~ (6, 0.5%)

1 だただ, だな, であった, でお, ですよ, 彼の

▼ 掛けたなり~ (6, 0.5%)

2 額を 1 で一尺三寸, 予に対して, 台所へ, 洋燈を

▼ 掛けたばかり~ (6, 0.5%)

1 であっても, でその, で櫛, で誰, 身は, 長い外套

▼ 掛けた~ (6, 0.5%)

1 があり, があります, がある, があれ, で拳骨, も無し

▼ 掛けたから~ (5, 0.4%)

1 それで, だと, やがて係官, 一生懸命に, 百姓も

▼ 掛けたという~ (5, 0.4%)

1 ことは, 伝説も, 柿を, 気持が, 風に

▼ 掛けたのに~ (5, 0.4%)

1 いざと, ろくろく返事, 小按摩, 猫化だ遣つけろ, 違いない

▼ 掛けた~ (5, 0.4%)

1 であるの, で学生, で手早く, で話した, 投げて

▼ 掛けた卓子~ (5, 0.4%)

2 が五つ 1 と椅子, に近づいた, の上

▼ 掛けた~ (5, 0.4%)

1 がたちまち, が勢, が可, に思わず, の下

▼ 掛けた~ (5, 0.4%)

2 の土 1 だから, の下, を渡っ

▼ 掛けたあの~ (4, 0.3%)

1 人の, 人は, 教父教父の, 時を

▼ 掛けた~ (4, 0.3%)

1 久の, 倉は, 役人が, 祖母あ

▼ 掛けたって~ (4, 0.3%)

1 おれを, 仕様が, 女は, 容貌の

▼ 掛けたとか~ (4, 0.3%)

1 お思い, 云うの, 知らせるもの, 聞きました

▼ 掛けた~ (4, 0.3%)

2 此の 1 さらにそれ, 喉的破

▼ 掛けた~ (4, 0.3%)

1 なぞはお, は其処, は濡れます, へ客

▼ 掛けた平次~ (4, 0.3%)

2 軽舸 1 に見向き, の身體

▼ 掛けた~ (4, 0.3%)

1 がよかろ, が好かろ, が餘程増, で黒眼鏡

▼ 掛けた~ (4, 0.3%)

2 の, の鈴

▼ 掛けた途端~ (4, 0.3%)

2 に一道 1 であつ, に

▼ 掛けた~ (4, 0.3%)

1 で御座, と思ひます, には硯友社, はお

▼ 掛けたかと~ (3, 0.2%)

2 思うと 1 聞く世の中

▼ 掛けたくらい~ (3, 0.2%)

1 である, では, 落着い

▼ 掛けたこの~ (3, 0.2%)

1 まま留南奇を, 小説の, 話では

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

2 に今度 1 に素幡

▼ 掛けた二人~ (3, 0.2%)

1 に近寄り, の紳士, はやがて

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

1 のない, の門倉, の黒革巾着

▼ 掛けた小屋~ (3, 0.2%)

2 から二三個 1 から二

▼ 掛けた手拭~ (3, 0.2%)

1 に水, の端, を取つ

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

1 から二タ月, が劃然, が少時竹藪

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

1 が以前, とがあった, の上

▼ 掛けた椅子~ (3, 0.2%)

1 だ, に倚, をちょっと

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

2 の最後 1 の机

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

21 の古い

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

1 があった, が一つ徐ろ, が一隻

▼ 掛けた衣桁~ (3, 0.2%)

1 の下, の際, へサツ

▼ 掛けた赤髯~ (3, 0.2%)

3 のせ

▼ 掛けた鉄瓶~ (3, 0.2%)

2 の湯 1 を双方

▼ 掛けた~ (3, 0.2%)

1 がはずされる, なぞわけ, をまわし

▼ 掛けたある~ (2, 0.2%)

1 日紀代子は, 薙刀も

▼ 掛けたあれ~ (2, 0.2%)

1 は手品, は手品ぢ

▼ 掛けたかの~ (2, 0.2%)

1 よう, 露月が

▼ 掛けたかも~ (2, 0.2%)

1 しれないが, 知れない

▼ 掛けたけれども~ (2, 0.2%)

1 それでも物, 真斎

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 うして, うに

▼ 掛けたじゃ~ (2, 0.2%)

1 ありませんか, ないか

▼ 掛けたそう~ (2, 0.2%)

1 でその, に褌

▼ 掛けたそれ~ (2, 0.2%)

2 を透い

▼ 掛けただけで~ (2, 0.2%)

1 お秀, 船は

▼ 掛けたばかりの~ (2, 0.2%)

1 十手を, 合羽姿を

▼ 掛けたほど~ (2, 0.2%)

1 だつた, な屋台

▼ 掛けたまで~ (2, 0.2%)

2 であった

▼ 掛けたまま身動き~ (2, 0.2%)

1 しようとも, もせず

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 まあお, 問詰められ流石

▼ 掛けたテーブル~ (2, 0.2%)

1 が据え, をひかえ

▼ 掛けたランプ~ (2, 0.2%)

2 との外

▼ 掛けた一人~ (2, 0.2%)

1 があつ, の女

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 で大きな, のすらり

▼ 掛けた下女~ (2, 0.2%)

1 が部屋, が鼻唄

▼ 掛けた丸髷~ (2, 0.2%)

1 の艶, の鬢

▼ 掛けた丹前~ (2, 0.2%)

1 にくるま, にくるまっ

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

2 の自分

▼ 掛けた以上~ (2, 0.2%)

1 は敵, もう彼

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 は彼, は物

▼ 掛けた吾妻下駄~ (2, 0.2%)

2 を内輪

▼ 掛けた大きな~ (2, 0.2%)

1 問屋が, 塑像が

▼ 掛けた女房~ (2, 0.2%)

1 にも目, のお

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 が自分, を私

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 の平たい, の方

▼ 掛けた姿勢~ (2, 0.2%)

1 ならば, をとる

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 がある, が一軒

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 の脂色, を取りました

▼ 掛けた床几~ (2, 0.2%)

1 の三ツ, を引寄せ加減

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 なぞの軒, へ来

▼ 掛けた当時~ (2, 0.2%)

2 で侍

▼ 掛けた懐紙~ (2, 0.2%)

2 を余儀なく

▼ 掛けた晒布~ (2, 0.2%)

2 を取つ

▼ 掛けた晒木綿~ (2, 0.2%)

1 を取つ, を除

▼ 掛けた書物~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 がちゃんと, の下っ

▼ 掛けた梯子~ (2, 0.2%)

1 に思い付き, に思ひ

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 だと, になります

▼ 掛けた死骸~ (2, 0.2%)

1 に近づきました, を護つて

▼ 掛けた火皿~ (2, 0.2%)

2 の脂

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 雑作な, 雜作な

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 などは内藤, を卸し

▼ 掛けた白い~ (2, 0.2%)

1 布が, 物を

▼ 掛けた短い~ (2, 0.2%)

2 手紙が

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 だったが, の結い

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 の中, の口

▼ 掛けた結果~ (2, 0.2%)

1 にほかならん, に終った

▼ 掛けた羽織~ (2, 0.2%)

1 の袂, の裏

▼ 掛けた蜘蛛~ (2, 0.2%)

1 の囲, の巣

▼ 掛けた記憶~ (2, 0.2%)

1 の綯, を新

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 である, でも

▼ 掛けた費用~ (2, 0.2%)

1 のこと, を捨てる

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 の撞突, をも止め

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 とその, は隅々

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 の中, は沸

▼ 掛けた長い~ (2, 0.2%)

1 報告であった, 梯子を

▼ 掛けた隆造~ (2, 0.2%)

1 はそんな, は振り落される

▼ 掛けた雑巾~ (2, 0.2%)

2 の跡

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

2 を二三枚あと

▼ 掛けた風呂敷包~ (2, 0.2%)

1 をおろした, を重い

▼ 掛けた風情~ (2, 0.2%)

2 なの

▼ 掛けた馬吉~ (2, 0.2%)

1 を引っ立て, を引立て

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 も質素, を五分刈

▼ 掛けた黒木長者~ (2, 0.2%)

2 の手

▼ 掛けた~ (2, 0.2%)

1 の長い, の隆

▼1* [455件]

掛けたあたりは大方, 掛けたあとでぱちんと札, 掛けたおれもの後, 掛けたお前の取る, 掛けたからと云って, 掛けたからには罪は, 掛けたかを怪しみながら, 掛けたがってエリザベートを, 掛けたがまた考え直して, 掛けたけれど後の, 掛けたさっき女が通した, 掛けたずっと彼, 掛けたが糸, 掛けた好いもん, 掛けたただの一息, 掛けただけの百円を, 掛けたちょっとした橋が, 掛けたつもりでも, 掛けたといふ責任は, 掛けたときひょいとモ一度, 掛けたとき返事がなかつた, 掛けたところ恋人が昨日屋敷, 掛けたとてきっと停める, 掛けたとでも形容したら言い表わせる, 掛けた過ぎませんが, 掛けたじゃア, 掛けたねんねこばかりは往時何, 掛けたのちにっこりチョビ安, 掛けたひとりの屑屋, 掛けたふくろから一つかみ, 掛けたまでが殆ど三十分其の, 掛けたままいつでもこういう, 掛けたままハナヤの方, 掛けたままポカンとし, 掛けたまま下から坂井, 掛けたまま不景気極まる話, 掛けたまま両足をばたばた, 掛けたまま事の意外, 掛けたまま出雲守頼門はぼんやり, 掛けたまま千日前の通り, 掛けたまま夜を過した, 掛けたまま奥を振り向い, 掛けたまま孟宗藪の所, 掛けたまま室の隅々, 掛けたまま寢亂れた姿, 掛けたまま工場の門, 掛けたまま床の上, 掛けたまま手には施, 掛けたまま新らしく二度, 掛けたまま梯子段の下, 掛けたまま正月は迎えられない, 掛けたまま残忍の白眼, 掛けたまま気抜のした, 掛けたまま無惨にも地面, 掛けたまま猫背の老いた, 掛けたまま碧血の中, 掛けたまま秀吉はすぐ, 掛けたまま私を見詰める, 掛けたまま竹藪や小川, 掛けたまま縁側から書斎, 掛けたまま身を動かし, 掛けたまま遠くから陽子, 掛けたまま門へ出よう, 掛けたまま雌浪を柔, 掛けたまま鷹揚にあいさつ, 掛けたむら尾花の連, 掛けたもう一枚の, 掛けたもののそのやり場, 掛けたやつですから, 掛けたやらいつ見習士官, 掛けたよりもっと微妙, 掛けたわけでも, 掛けたわなにみづか, 掛けたアコーディオンの重, 掛けたウラも元々, 掛けたグロテスクな郵便屋, 掛けたサウですが, 掛けたザイルに軽い, 掛けたジャケツの下, 掛けたジュッドの額, 掛けたゼンマイ通りに動きまわる生きた, 掛けたタア真逆, 掛けたタオルに薬鑵, 掛けたバケツの水, 掛けたパナマ帽子の方, 掛けたベンチの傍, 掛けたペンギン鳥がタンゴ, 掛けたミシンの上, 掛けた一室へ僕等三人, 掛けた一等の車室, 掛けた一紙の絵, 掛けた一群の人, 掛けた一艘の小舟, 掛けた一軒の茶店, 掛けた一面墨絵の額, 掛けた三人の角帽, 掛けた三平君は座敷中, 掛けた上繩で縛つて, 掛けた上羽織の紐, 掛けた中でも脊の, 掛けた中折帽を忘れた, 掛けた丸窓の内, 掛けた主人が小形, 掛けた九つ梯子を登っ, 掛けた九里は大きな, 掛けた二三の老, 掛けた二台の人力車, 掛けた五十位の附添人, 掛けた五十格好の婆, 掛けた五十歳の父, 掛けた人力車を見, 掛けた人物も彼自身, 掛けた他人同士のよう, 掛けた以前の壮漢, 掛けたの繻子張, 掛けた伜乙松を御, 掛けたですから, 掛けた位置になよなよ, 掛けたで独, 掛けた何やら鳥の, 掛けた何家かの下郎, 掛けた何所へ立ち去る, 掛けた余燼が赫, 掛けた作家は云々, 掛けたし勿論少し, 掛けたは養生園, 掛けたの台, 掛けた儘ほつれ毛と白い, 掛けた儘其處らに零れた, 掛けた儘大儀相にし, 掛けた儘岡を上つて多く, 掛けた儘手も通さない, 掛けた儘新らしく二度, 掛けた儘椽側から書斎, 掛けた優型の神經質, 掛けた優婉な婦, 掛けた光景を暗々裏, 掛けた八五郎を押, 掛けた其のま, 掛けたをも抜かず, 掛けた切髮の女, 掛けた刑事は肉, 掛けたは恐ろしい, 掛けた勘弁勘次は山谷, 掛けた勝代は目, 掛けた医学士の二の腕, 掛けた卓二の腕, 掛けた印刷物の前, 掛けた厄介もまだ, 掛けた原稿がもう, 掛けた厳重な扉, 掛けた友染の, 掛けた友禅の小, 掛けた双眼鏡を取出し, 掛けたの強い, 掛けた叔父の目, 掛けた吉野太夫が死ぬる, 掛けたのいい, 掛けたを勝手, 掛けた商人が非常, 掛けた土百姓土百姓と各々口, 掛けた坑夫の遺族, 掛けたから來, 掛けた堂々たる庭球コートを, 掛けた場所よりはグツ, 掛けたに, 掛けた声もろとも左剣, 掛けた壽老人を畫, 掛けた多くの労働者, 掛けた夜具を胸, 掛けた夜明しの行燈, 掛けた夜氣を騷, 掛けた夜討が丁, 掛けたを見る, 掛けた大きさから, 掛けた大事の守り, 掛けた大尉の顔, 掛けた大根の葉, 掛けた大船のごとく静まっ, 掛けたれより, 掛けた奇しき山媛の, 掛けた奇妙な商人, 掛けた奧さんが玉ちやん, 掛けた女衆が嬰児, 掛けた女髪結が立っ, 掛けたな恰好, 掛けたのお, 掛けた姿は今, 掛けた娘たちは少し, 掛けた孤堂先生はさほどに大事, 掛けた守りのお松, 掛けた宗蔵がニコニコ, 掛けた宿屋が各駅, 掛けた寝台の方, 掛けた専門の学問, 掛けた專門の學問, 掛けた掻巻の, 掛けた小さい姿を, 掛けた小さな額縁には, 掛けた小料理屋の娘, 掛けた小橋の上, 掛けた小説を書, 掛けた少しの間, 掛けたを卸す, 掛けた居住者姓名札の中, 掛けた山梨姫とは野猪, 掛けた山水の絵, 掛けた左太松が幽霊姿, 掛けたに対してよりは新聞, 掛けたを取る, 掛けた希望の前途, 掛けたを解い, 掛けた幅物を眺め出した, 掛けた平たい柩が, 掛けた若き夫人, 掛けた幸七は五六間, 掛けたの雛段, 掛けた座敷の障子, 掛けた弱腰も撓む, 掛けた強い綱が, 掛けた当座は腰, 掛けたになっ, 掛けた影法師も烈しい, 掛けたは突然, 掛けた彼女の顔, 掛けた後姿が見え, 掛けた恋愛論よりも小さく, 掛けた悪い奴で, 掛けた悪者でございますその, 掛けた想いに身, 掛けた感じはまったく, 掛けた戀女房のお, 掛けた手古舞の女, 掛けた手炉の端, 掛けた手紙を書いた, 掛けた掛を, 掛けた拍子に小郷, 掛けたを忘れた, 掛けた掛け声が夜, 掛けた掛声ばかりが往来, 掛けた掛床几やビール, 掛けた提灯をこれ, 掛けた損失を負, 掛けた故に大発明, 掛けた数珠を見せぬ, 掛けたに向う側, 掛けた新吉の声, 掛けた新聞で読ん, 掛けた日蔽の下, 掛けたの戯作者気質, 掛けた時しびれを切らした, 掛けた時俊吉の手, 掛けた時勘次は籠, 掛けた時私ははじめてほっと, 掛けた時紅茶と西洋菓子, 掛けた時自分はこの, 掛けた時雨に濡れた, 掛けた時騒ぎを聴い, 掛けたの舶来, 掛けた書斎である, 掛けた末事件とは酔余皇帝, 掛けたを伏せ, 掛けた本人かい, 掛けた本町の角, 掛けたの葉, 掛けた東野南次はその, 掛けた染物屋の人達, 掛けたの一本, 掛けた桃桜の壇, 掛けた桃色の紐, 掛けた桔槹がご, 掛けた桟敷のよう, 掛けたがほ, 掛けた梯子最初はそれ, 掛けた極惡非道の振舞, 掛けたが二本, 掛けたにぼんやり, 掛けた樣子はなかつた, 掛けた横木に凭れ, 掛けた欄干の傍, 掛けたの碁, 掛けた死骸それを剥ぐ, 掛けた殷賑で西河岸橋, 掛けた民子もよかっ, 掛けた気合と全然, 掛けた気持は上海, 掛けた気球係の男, 掛けた河原の小屋, 掛けた油單を引つ, 掛けた法衣のよう, 掛けた浮き橋を島, 掛けた浴衣の日盛, 掛けたましい姿, 掛けた清らかな姿, 掛けたの家, 掛けた漁夫が二三人寒風, 掛けた炬燵が置い, 掛けた出された宿直, 掛けたには薄, 掛けた牀几の上, 掛けた片足を態, 掛けた物凄い掛声, 掛けたに七夕, 掛けたの名, 掛けた生徒はつと, 掛けた産婆狐が赤ん坊狐, 掛けたの村, 掛けた町角の本屋, 掛けた番頭姿を想像, 掛けた異形の彫刻物, 掛けた病院の寝台, 掛けた登山においては江戸, 掛けた白布を取りました, 掛けた白帆くらいは城, 掛けた白絹を彌太郎自身, 掛けた目と色艶のよい, 掛けた直後なまなましい色気, 掛けた看板も, 掛けた真中のが, 掛けた眼つきの悪い, 掛けた着物を取り, 掛けた短艇に一団, 掛けた硝盃と酒, 掛けた祇園だん, 掛けた祝儀は壮観, 掛けた禿頭の古道具屋, 掛けたの蝶, 掛けたであつ, 掛けたとその, 掛けた窓硝子が見える, 掛けたの前, 掛けた竹の子笠を紐, 掛けた竹籠を脊, 掛けたも揺れる, 掛けた二の, 掛けた笹尾の姿, 掛けたを抛たせた, 掛けたなのに, 掛けたを取る, 掛けた籐椅子である, 掛けたに豌豆, 掛けた粗末な板, 掛けた糟糠の妻, 掛けた紅白の牡丹, 掛けた細い手首を, 掛けた紺背広の内, 掛けた結目をそのまま, 掛けた絨布の如く, 掛けた綿入れに緋, 掛けた緋鹿子を見る, 掛けたを解く, 掛けたに掛った, 掛けた置炬燵のしかも, 掛けたの話, 掛けた美しい小さい手を, 掛けた羽目に咳止飴, 掛けた羽衣の手, 掛けたる四十二年, 掛けた老人の押丁, 掛けた者ゆえ余も愈々, 掛けた胞胎を一條, 掛けたを据え直し, 掛けた腰掛をまた, 掛けたを長火鉢, 掛けた自分の身, 掛けたの生, 掛けた色々の面, 掛けたなの, 掛けた花笠の子供, 掛けた花開万国春とある, 掛けた茂七を引, 掛けた茶店の女, 掛けた草鞋を見るでしょう, 掛けた草鞋穿の親仁, 掛けた荒筵を剥ぎました, 掛けた華工の名, 掛けた薄色のショオル, 掛けた薄闇の中, 掛けた売り, 掛けた處見あんした筵, 掛けたのよう, 掛けたは音, 掛けた衣物の合せ目, 掛けた袈裟ならず緋, 掛けたも花, 掛けた被いを取る, 掛けた裾模様の単衣物, 掛けた襤褸だの腹, 掛けた襦袢の襟, 掛けた見よげな, 掛けたは無し, 掛けた親分の岡っ引きいろは屋文次, 掛けた親切な言葉, 掛けた親方へ何時, 掛けたえも, 掛けた言葉を夢, 掛けた記録の続き, 掛けたをする, 掛けた語学校の椅子, 掛けた議員が快, 掛けた豪奢の床の間, 掛けた赤い箱枕八五郎には, 掛けた足許近く二枝三枝萩, 掛けた路地の物, 掛けた踏台の中, 掛けたをなびかせ, 掛けた身体は兎, 掛けた身軽さの為, 掛けた身長の高い, 掛けたの中, 掛けた車麩で一杯, 掛けた途端発車のベル, 掛けた造り花などであつ, 掛けた金房が少し, 掛けた金襴の垂れ布等, 掛けた鉄兜の兵隊, 掛けた鉄砲笊をぐいと, 掛けた銀次はそのまま, 掛けた銅像に似, 掛けた鋭い声は, 掛けたの中, 掛けた長次郎と源次郎, 掛けたの溝, 掛けた阿修羅は, 掛けた限りいずれは必ず, 掛けたにツァンニー・ケンボ, 掛けたが白, 掛けた雪平の牛乳, 掛けた雪洞があった, 掛けた電球がひとつ, 掛けたや赤, 掛けた青木の画幀, 掛けた青白の糸, 掛けた非常口の木, 掛けた革鞄の手, 掛けた須彌壇を最も, 掛けた須永の肩, 掛けたへ注がれ, 掛けた額面として横, 掛けたを見る, 掛けたで恐し, 掛けた風呂屋のよう, 掛けた風呂敷包みを外ずし, 掛けた風除けの莚, 掛けた食卓が三列, 掛けたの身, 掛けた馬力がイ, 掛けた駕籠はそのまま, 掛けた持の, 掛けた高島田がどう, 掛けた鶏足山の話, 掛けた鹿の子の布, 掛けたの勝った, 掛けた黒木の数珠, 掛けた黒檀の牀几