青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「成る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

懷~ ~懸け 懸け~ 戀~ 成~ ~成っ 成っ~ ~成った 成り~ ~成る
成る~
~成功 成功~ ~成立 成立~ 成績~ ~成長 成長~ ~我 我~ ~我々

「成る~」 2121, 22ppm, 5249位

▼ 成る~ (201, 9.5%)

2912 のう 9 なあ 8 成る程 4 ねえ, 考えて 3 と合点 2 そうかと, そう云われ, と思っ, 或る

1 [124件] あの吹き溜り, あの親爺, いい名, いや忝ない, うまい口実, えらいもの, おツ母さん, お葉, この坊主, この家, この屋敷, この画, この血, この街, こりや痛かん, これからが, さうだ嬢, さてさて素晴らしい, じゃあもう, するとこの, そういう事情, そうかも, そう云え, そう云われりゃ, そう云われれ, その大粒, その店, その楽譜, その考え方, その連中, それであと, それではこの, それでは仕方, それで彼女, それで感, それで松本, そんなこと, そんなもの, そんな事, そんな愚か, そんな方向, だんだん穴, でもその, とある, というドン底, とうなずかせられる, とお, とは思いました, とピン, と判った, と得心, と思い, と思いかえし, と思いつ, と思いました, と思い出した, と思った, と思はれ, と思ふ, と思わせず, と思わせられる, と感じる, と感ずる, と感心, と早く, と気がつい, と膝, と頷ける, な, なあそう, なそれ, なア, な一人, ねそして, ねその, ね恐ろしい, ね蔭, のうそんな, の苦痛, ひどく剽悍そう, ふっと噂ばなし, ますます気鋒, もうわかった, よいところ, よく聞い, よく読ん, わかった, わかった様, わからん事, コトコトと, ナ, 一々尤も, 一見普通, 丹生夫人は, 仰云, 其の日, 出来るん, 分った天然, 同じもの, 多少延び, 大きな事件, 実際の, 小さな真鍮, 御尤もさ, 御立派, 忘れも, 思い中るの, 折々母, 拙い講釈師, 斬徳, 日本は, 旨く考えた, 無い, 相変らず, 縛って, 良い本, 芥川は, 薄暗の, 詰って, 足利時代には, 透して, 遠くまで, 鎌倉時代にも, 面白かろう

▼ 成る~ (175, 8.3%)

5 思って 3 いつたら嘘, 成らざるとは, 質屋を 2 いっても, 云ふ, 己れ, 復た, 心配は, 私は, 自分の, 言ふ

1 [145件] あやしく成る, いいデモクリトス, いう, いうじゃ, いうと, いうに, いうので, いうべし, いえども, いって, いま, いわれるが, おせんは, お仙には, お勢, お國, お思いなさい, お種, ぐるりと, しこの, すぐから, すぐに, そこは, その時三吉, それこそ, それは, でも冬, どんなにで, ふ, またしばらく, まるであれ, もうそれ, もう白足袋, フーと, 一寸樣子, 一日は, 一生先は, 三めぐり, 不可いから, 不思議や, 世間から, 中, 事業家でない, 云うそんな, 云うて, 云う者, 云う話, 云う趣向, 云う風, 云はば, 五疋ばかり, 人間は, 仮定すれ, 伏見宮に, 伝うる, 何が, 例の, 例年の, 信じて, 先づ以つて盆の, 南向きながら, 可怪可, 同時にいつかあとかた, 同時にすこしも母親, 同時に一方, 同時に中天, 向うには, 土藏の, 夕飯まで, 大拡, 大風呂敷, 始めてその, 定義し, 定義した, 実に綺麗, 家康を, 少し舌, 山門と, 御寐, 心は, 必ず主, 思いますなら引出すの, 思つてんのよ, 思われたの, 患いの, 成らないとは, 我慢し, 我知らず道徳家めいた, 數ヶ月で, 日が, 早合点し, 明治時代に, 時節柄早速, 書かれて, 書付を, 最う外聞, 柔かい新, 森彦は, 椅子から, 死ぬ気, 氣が, 流の, 無精を, 珍物だ, 男女の, 町中の, 疾い, 皆, 皆な, 皆の, 目を, 秀吉は, 稱し, 答うるも, 粋に, 約束し, 納まらないや, 考えたこと, 考えること, 考え無理, 自分から, 茂つた稻の, 蓬の, 薄ら寒いのに, 藻に, 見えたり, 覚悟し, 言うは, 言って, 説く, 説けりと, 論ずる人, 諺では, 躍上つて, 身に, 適当な, 針子は, 間もなくある, 階子の, 雖も, 雖其の, 非常に, 飮んだり, 驚く程立派, 高瀬の

▼ 成るほど~ (147, 6.9%)

3 秀子が 2 これは, さうや, 其の様, 太きを, 成るほど, 此の, 爾だ, 若いお方, 血の

1 [126件] あそこに, ありの, あれでは, うまいマグソダケ, お浦, かう佛蘭西風, この方, この歌, さう, さうかも, そうか, そうかと, そう云え, その部屋, それは, ちよつと, ところで眞珠太夫, もつともだ, わけも, 一つの, 一台の, 一方の, 一理屈ある, 三千ポンドの, 世の中は, 世界は, 今までは, 仏蘭西, 仔細を, 何う, 余にも, 余は, 俺は, 其疑を, 出入りの, 刑務所の, 勇気の, 十五六歳に, 博士の, 合点の, 名医だ, 名誉は, 和装日本紙では, 困ること, 夏子と, 夢か, 夢に, 大な, 大分宜, 太陽の, 夫で, 夫は, 夫も, 女にも, 妙な, 嬢は, 客の, 家の, 尺で, 引き拔, 当り様が, 後には, 思えば, 悔しくも, 意味は, 憂き十年, 探偵では, 文吾のが, 新しい生命, 旨く廻らなかった, 昔の, 映画的手法を, 是が, 是だけの, 是で, 是では, 是は, 暗い畑, 有理至極である, 本心は, 根西夫妻が, 権田さんアノ裁判は, 此時は, 死骸の, 殿様と, 泳ぎの, 浜田の, 浦原嬢の, 淋しい所, 爾う, 爾でした, 犬に, 狡獪なる, 甚蔵は, 生田の, 白痴に対して, 目, 眼が, 秀子の, 秀子を, 私に, 私の, 秘密の, 窓から, 老嬢の, 考えて, 聴いて, 自分で, 若しもお, 葵の, 薬研の, 藻西太郎は, 見れば, 賭場は, 趣向は, 身体の, 適役だ, 錠前の, 長州藩も, 障子から, 隱し, 雪の, 非常に, 面変りを, 音数の, 鼠なら

▼ 成る~ (143, 6.7%)

12 である, では 5 です 3 か知らぬ, だ, だが, だがなあ 2 か, さ, だろう, であった, であるが, でございます, 後に

1 [88件] かそれでは, かと思った, かと驚いた, かも知れない, か何, か夫, か如何, か赤い, があら, がある, がお, がめずらしく, が一生懸命, が博奕, が定まり事, が此頃, が澤山, が父, が畑, が第, が肩, が遲緩, じゃああるまい, だから, だといふ, だらう, だらうと, だろうが, ぢや, つそり奴, でありました, であります, であろうあゝあ, でした, でしょうね, ですか, ですと, です此, と見えます, と論ずる, と馬鹿, には驚い, ね, のち一七七三年の, はお, はこの, は一つ, は何時, は大, は大概人參, は存じ, は昔, は知れた, は音作, もお可, も満更, も皆, も自業自得, も見える, わ当然, をながめた, を喰い止めた, を始め, を嫌がる, を待ち, を思ふ, を楽, を眺め, を見つ, を赫, サ, 前自ら憲政党に, 前自ら憲政黨に, 常にし, 後は, 後井伊家の, 後穀城山下に, 後自ら読み返し見る, 日において, 日は, 日一本を, 時何人が, 時皇室を, 望み, 機会を, 機會を, 計較, 風なり

▼ 成る~ (80, 3.8%)

2 くは, く急激, く此, く解散, く身分, く近づかない

1 [68件] きの由に, きを, き内容, き牙, く, くあの, くいふ事柄, くかう貧しい, くしなかつた, くなら卒, くなら原稿, くば, く世間, く人, く人目, く何事, く其記憶, く労力, く原作, く口数, く古, く外, く多く, く多く旧, く多く肥料, く多く舊政友, く大人しいお, く女柄, く完全, く家, く實社會, く平民的, く年寄, く廣, く引上げ, く彼, く思い出さないよう, く我が, く早く其の, く早く切り上げ, く早く済まし, く是方, く書かない, く油断, く淡紅色, く無言, く用, く省い, く眼, く砂利, く穏, く立てた, く簡単, く精細, く緩りする, く色彩, く言葉短, く話, く読まない, く誰, く遅くと, く違つた香水, く避け, く避ける, く長かれと, く関係, く雪, く音楽的

▼ 成るもの~ (78, 3.7%)

8 では 4 なれば 2 が多い, だ, である, であると, にし, の意味, は稀

1 [52件] か, かこれ, か待ちたま, か成らぬ, か黙っ, が既に, が著しく, ぞ親方様, だと, だろうか, であ, であった, であった故に, であって, であります, であるから, であること, でございますね, ですか, でそれ, でなくそれ, でなく魏, でも, で今日普通, で彼, で往時, で私, と取る, と取れない, と思つた失敗談, と雖, ならば, なら成りたいと, なり, なりと, にあらず, にて他人, の一口, の中, はどう, は何, は必ずそう, は森彦, は無い, また山背, もある, も多年, やら, を聯想, 多きが, 多し, 或は青年

▼ 成ること~ (37, 1.7%)

2 が出来た, では

1 [33件] あり, が出, が出来, が出来よう, が出来る, が分かる, である, なかるべし, ならどんな, ならばのう, なら何でも, なら奈何, なら根絶, なら素ッ首, に存する, はありませんでしょう, は出来ないだろう, は勘次, は岸本, は御, は決して, は犬, もある, も出来なけれ, を希望, を得た, を恐れ, を恐れます, を深く, を発表, を確め, を言, 明かである

▼ 成るよう~ (36, 1.7%)

3 なこと, なもの, にしかならない 2 な人, な者, にし, にしか成り

1 [19件] なお, な事, な仕末, な子供, な心, な心地, にお, にしか成らない, にしか成らぬ, にしか成りません, にしか成りゃしません, にしきゃならない, にと云い, にと思っ, に寒い, に心, に政子さん, に斜違, に致しましょう

▼ 成る~ (33, 1.6%)

7 成らぬか 5 成らぬかの 3 成らぬかは 2 成らぬかを

1 [16件] あゝ逆上せ, どうかという, なし, ならぬかと, またはその, 判らぬと, 成らないか, 成らないかの, 成らぬかなど, 成るかと, 斯う, 此方も, 知れない, 知れやしねえ, 知れんぞ, 解りませんネ

▼ 成る~ (33, 1.6%)

3 こりや 2 まかせて, 及んで, 連れて

1 [24件] あらねば, いたり, こと欠い, しろ全然, なんな, もとづくを, 任せば, 似たりき, 及びいよ, 及べり, 垂として, 從つて燒趾の, 從ツて, 易い, 是非も, 甘じる, 至ったと, 至つたと, 至らざりきといふ, 至りては, 至る, 違いは, 違ひない, 難く小

▼ 成るたけ~ (32, 1.5%)

1 [32件] ならしつかりやつ, 働くよう, 多く利用, 多く広く知りたい, 大きい声, 大きな家, 太い聲, 好く一目, 少い言葉数, 散らばらないやう, 早くは, 早く寺, 早く来, 早く男, 早く部屋, 色んな細い, 落ちついた静か, 見ないやう, 詳しくそれ, 詳しく書い, 軽いもの, 軽くしよう, 逢うまい逢うまいとして, 連れ立って, 遅い方, 遅くなっ, 違うの, 避けよう, 険しい近, 離して, 食べて, 高い庇

▼ 成る~ (31, 1.5%)

8 ままに 3 あり通

1 [20件] いい, その中, その形状大小, ために, ゆえにロレンズ氏, よい, 何う, 儘に, 其月夜の, 各章, 多し文化, 如く極めて, 小学校は, 斯んな, 早いは, 本来なら, 独身では, 直ぐ大通, 神田の, 顕微鏡で

▼ 成る~ (26, 1.2%)

2 世間皆, 伯は, 公は, 園田男は, 彼は, 彼れ, 政治上の

1 [12件] ただちに孔明, もとより此四人, 先生一本を, 名とげ, 命を, 大河の, 弟は, 成らずでさ, 成らずの, 爰に, 飛ぶが, 首陽山に

▼ 成るので~ (21, 1.0%)

5 あつた

1 [16件] あらうか, せう, せう愈, 其の筆耕, 又蒟蒻, 君の, 後見役たる, 散々に, 昔から, 時間を, 有った, 有つた, 有る, 森彦も, 温八叉, 赤玉とも

▼ 成るやう~ (19, 0.9%)

2 に人間

1 [17件] なこと, な場合, な物, な話, な顏, にさせる, にし, にしか成らぬ, にしか成りません, にとの意味, になつ, になれ, には取, に思つて, に成らせる, に自然, に長火鉢

▼ 成る~ (18, 0.8%)

2 でしょうねえ, ですか

1 [14件] だ, だが, だぞ, だつけ, だな, だなんて, だねえ, だもの, だよ, だらうと, ですが, ですその, ならどっち, なら仏様

▼ 成る~ (17, 0.8%)

2 ならば

1 [15件] が出来る, だが, であるは, であれば, でございます, です, では, なら一冊, なら利子, にし, に既に, は出来ません, は望みませんです, もございます, も一度

▼ 成る程これ~ (17, 0.8%)

1 [17件] あ理窟, が上野, が今年, では化物屋敷, では小さな, で旦那, ならば, なら一杯, なら間違い, はいい, はよい, は理窟, は私, は結構, は美しい, まで世間, も無理

▼ 成るという~ (16, 0.8%)

1 [16件] ことが, ことだけは, ことは, ことを, この大きな都会, ものだ, ように, 事を, 仮説の, 心掛が, 所から, 手紙と, 是れ, 訳にも, 説明をも, 風で

▼ 成る~ (16, 0.8%)

2 告げて

1 [14件] うべくば, えたらん, まって, われ願ふ, 信じて, 得しめられよ, 得るは, 望まざるなり, 望む時, 知りつつ, 知る, 聞かざれども, 識覚せずし, 願ふべし

▼ 成る~ (16, 0.8%)

2 けの順序

1 [14件] お互, けより, けソレ, け事もなげ, け他, け借用, け催促, け安静, け平穏, け早く, け閑静, け離れぬ, でよろしい, 早く此

▼ 成るから~ (15, 0.7%)

1 [15件] いい, お前の, お起きなす, つて, つて私を, である, 互いの, 先ず気, 内では, 心配しなく, 心配する, 振り返て, 提灯を, 止める, 永く置い

▼ 成るだけ~ (14, 0.7%)

2 小さいの

1 [12件] お金の, より少く, 余計に, 倹約する, 多くの, 女に, 彼を, 旅は, 櫛で, 深い根本的, 無理を, 陰惨な

▼ 成るまで~ (14, 0.7%)

1 [14件] おぬ, 一日だに, 兩手で, 坊主の, 婚期を, 家に, 彼は, 待っても, 息めなかつた, 町へ, 真実に, 聞いた, 身だしなみを, 黙って

▼ 成る~ (13, 0.6%)

3 厭や, 御存じ無い 1 一朝一夕の, 何が, 僅かに, 当然だ, 必定です, 比へて, 非常の

▼ 成る~ (13, 0.6%)

3 は多かる 1 が提灯, である, と思う, の多く, の負担, は有, は皆, を迎え, 若し淨, 若し穢れたる

▼ 成る程それ~ (13, 0.6%)

2 は巧, もそう 1 で分った, はそう, はよい, はステキ, は世にも, は困つた, は放つ, もよかろ, も理屈

▼ 成るといふ~ (12, 0.6%)

3 事は 2 ことも 1 ことに, のが, ものか, 事を, 信仰の, 思想は, 理は

▼ 成る~ (12, 0.6%)

5 成らぬも 1 あるもの, なお学問, 人の, 此の, 用ひる, 知れず早く, 破るるも

▼ 成るかと~ (10, 0.5%)

3 思ひますると 1 思い夫, 思うと, 思う計, 思って, 思われたお, 悲しみ死人, 聞いて

▼ 成るかも~ (10, 0.5%)

4 知れません 1 知れずイヤ, 知れないぞ, 知れぬ, 知れぬと, 知れません若し, 知れんと

▼ 成る生産費~ (9, 0.4%)

3 に等しい 1 が生産物, に等しから, に等しく, に絶対的, に超過, より大

▼ 成る~ (8, 0.4%)

3 成ると 2 此樣な 1 ういふ句, うですね, こんな小

▼ 成る~ (8, 0.4%)

2 く注意, く無意識的 1 く平素憂慮, く數多, く知らす識らす, く風景秀絶

▼ 成る~ (8, 0.4%)

1 お俊, かと思っ, でまだ, にはお, には私, のその, の五位鷺, の小春日和

▼ 成る~ (7, 0.3%)

1 さつと拔, にその, には, にはアハハ, は伏姫, は成る, は有るであらう

▼ 成る~ (7, 0.3%)

1 かと云う, かと怪しまるる, かと殆ど, にてこの, はない, は何ら, も有る

▼ 成るこの~ (6, 0.3%)

2 よろこびを 1 大楽劇, 大著を, 池の, 活ける一幅

▼ 成るとか~ (6, 0.3%)

1 そういう考え, また金, サ, 人間全体の, 地水火風から, 成らぬとか

▼ 成るとは~ (6, 0.3%)

1 ちゃんと見通し, 何とまア, 実に見上げた, 此の, 見えなかった, 里人の

▼ 成るほどと~ (6, 0.3%)

1 うなずくの, これを, 初めて合点, 合点成, 思いましたけれど, 教へ

▼ 成るもん~ (6, 0.3%)

2 ですよ 1 か, じゃあない, ですか, ですから

▼ 成ると共に~ (5, 0.2%)

1 この難関, 二子至る, 内容が, 直ちにこれ, 装いを

▼ 成るのに~ (5, 0.2%)

1 この女中, 不審を, 未だこうして, 目が, 確乎と

▼ 成る~ (5, 0.2%)

2 はあるまじ 1 じゃあない, なるが, は造られし

▼ 成る程君~ (5, 0.2%)

1 に取っ, の伯父さん, の算術, はその, も僕

▼ 成る程爾~ (5, 0.2%)

1 かな, かなア, だ, だ何, だ順に

▼ 成る~ (4, 0.2%)

1 春が, 美味しいもの, 菊という, 豐という

▼ 成る~ (4, 0.2%)

1 又亡, 寂しいもん, 皆な動い, 貧苦の

▼ 成るその~ (4, 0.2%)

1 噂さが, 建造物は, 生産費に, 重力打消

▼ 成るところ~ (4, 0.2%)

1 のもの, の二重火山, の八角垂芒, の長歌一首

▼ 成るとの~ (4, 0.2%)

1 ことであった, んの, 事を, 細君の

▼ 成る場合~ (4, 0.2%)

1 だと, について想像, にはおそらく, には利潤

▼ 成る~ (4, 0.2%)

2 と憎く 1 か食, が此様

▼ 成る~ (4, 0.2%)

2 の兒 1 の児, や女

▼ 成るあかつき~ (3, 0.1%)

1 にはかならず, には古今未曾有, まで仮に

▼ 成るとい~ (3, 0.1%)

2 へり 1 へるモスカ

▼ 成るとも~ (3, 0.1%)

1 云って, 判らぬこの, 限らぬ不気味

▼ 成るには~ (3, 0.1%)

1 余り遅, 成るが, 早いと

▼ 成るにも~ (3, 0.1%)

1 せよ成らぬにも, 批評の, 猛者が

▼ 成るほどさ~ (3, 0.1%)

1 ういはれ, うぢ, う云

▼ 成るまでには~ (3, 0.1%)

1 いろいろと, なお五千年, 跣足で

▼ 成るまでは~ (3, 0.1%)

1 横に, 皇室に対し, 豊世も

▼ 成る~ (3, 0.1%)

1 お飯, 大真打, 此の

▼ 成る一つ~ (3, 0.1%)

1 のグループ, の力, の存在

▼ 成る~ (3, 0.1%)

1 でぼく, には法蔵菩薩, には蜂須賀家

▼ 成る即ち~ (3, 0.1%)

1 その半, 中古の, 修養する

▼ 成る収入~ (3, 0.1%)

2 の貯蔵 1 及び第

▼ 成る~ (3, 0.1%)

1 とが互に, は多勢, を負いまし

▼ 成る程そいつ~ (3, 0.1%)

2 は良い 1 は念入り

▼ 成る~ (3, 0.1%)

1 がない, であるから, もなし

▼ 成る~ (3, 0.1%)

1 かと大抵, です, で悪い

▼ 成る~ (3, 0.1%)

1 の出來事, ソヴェトの, 團體は

▼ 成るくらい~ (2, 0.1%)

1 であった, なら

▼ 成るけれども~ (2, 0.1%)

1 丸で, 亦忽ちに

▼ 成るされど~ (2, 0.1%)

1 力のむ, 彼は

▼ 成るそう~ (2, 0.1%)

1 しちゃあ, です

▼ 成るたけ人~ (2, 0.1%)

1 に知られぬ, の泊らない

▼ 成るたけ家~ (2, 0.1%)

1 の人, を空けない

▼ 成るたけ金~ (2, 0.1%)

1 のいらん, を使

▼ 成るだけは~ (2, 0.1%)

1 知らぬ躰, 知らぬ體

▼ 成るつもり~ (2, 0.1%)

1 だッ, なん

▼ 成るはず~ (2, 0.1%)

1 である, はない

▼ 成るばかり~ (2, 0.1%)

1 です, ですし

▼ 成るまでの~ (2, 0.1%)

1 一切の, 間には

▼ 成るらん百年~ (2, 0.1%)

2 の悶

▼ 成るわが~ (2, 0.1%)

1 事成れり, 鰹船の

▼ 成るんで~ (2, 0.1%)

1 さあ, せう

▼ 成る一団~ (2, 0.1%)

1 が棺, のうち

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 は御, へ乗

▼ 成る事情~ (2, 0.1%)

1 が戯曲, とが戯曲

▼ 成る二町~ (2, 0.1%)

1 ほどの石段, ほどの長い

▼ 成る今日~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 が位牌, が余念

▼ 成る図形~ (2, 0.1%)

2 であること

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 においては利潤, においては資本

▼ 成る圖形~ (2, 0.1%)

2 であること

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 勢力が, 規模な

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 巒数百海中に, 部落で

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 で所々, を見る

▼ 成る~ (2, 0.1%)

2 物を

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 と云, に行きます

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 収入, 発明の

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 が来る, は個々自滅

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 でも持つ, の切

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 な事柄, に成る

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 はありません, は有りません

▼ 成る百姓~ (2, 0.1%)

1 の娘, も居

▼ 成る程そこ~ (2, 0.1%)

1 に一軒, の一廓

▼ 成る程よく~ (2, 0.1%)

1 分る, 心得たとは

▼ 成る程人~ (2, 0.1%)

1 の命, の好

▼ 成る程今~ (2, 0.1%)

1 までに見た, まで気

▼ 成る程彼奴~ (2, 0.1%)

1 は剣術, は政治家

▼ 成る程歴史~ (2, 0.1%)

1 といふこと, の意味

▼ 成る程頭~ (2, 0.1%)

1 が痛い, は円か

▼ 成る積り~ (2, 0.1%)

1 だろう是, ですか

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 二版で, 六獄の

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 の浅黒い, の白い

▼ 成る記録~ (2, 0.1%)

1 であって, を読む

▼ 成る~ (2, 0.1%)

1 涕涙の, 申しあげられませんが

▼ 成る~ (2, 0.1%)

2 も修行

▼ 成る道具~ (2, 0.1%)

1 を手, を持っ

▼1* [517件]

成るいっさいのもの, 成るいや其の美しい, 成るいわゆる風化の, 成るうち一年が二年, 成るおせんを妻, 成るお花畑を作り, 成るかしらあゝもうとても, 成るかとまで疼痛を, 成るかとも考へた, 成るかの問題では, 成るからと云うと, 成るからは右らの, 成るかを判ずるに, 成るがね其間唯, 成るきっと成るよ, 成るくらゐで, 成るけれど呉服橋を, 成ること此頃はまた, 成ること難からむまして, 成るこれが結納, 成るじゃアない, 成るそして色彩で, 成るそれらの一行, 成るぞと云つて去つた, 成るたけお金をたんと, 成るたけそれを取つ, 成るたけ七人かたまって, 成るたけ世帯じみないよう, 成るたけ世間の人, 成るたけ事を大きく, 成るたけ先方を怒らせ, 成るたけ刺の多い, 成るたけ威厳を保つ, 成るたけ完全に發音的, 成るたけ平素の声, 成るたけ役者も平素, 成るたけ忠実に現代語, 成るたけ我慢して, 成るたけ手持の商品, 成るたけ明日はお, 成るたけ昔の感じ, 成るたけ樂な仕事, 成るたけ煩らわねえ, 成るたけ生産的に發達, 成るたけ知つてゐる顔, 成るたけ落付いて, 成るたけ西洋臭くしよう, 成るたけ谷に遠い, 成るたけ賑やかな処, 成るたけ身綺麗にする, 成るたけ身體を壯健, 成るたけ静として置きたい, 成るたけ順礼を遠く, 成るたけ頭を動かし, 成るためには単純, 成るやない, 成るって呉れましたが, 成るづらか, 成るときは携え, 成るところ各自趣向を異に, 成るとしてある, 成るとともに精神再び, 成るとのみ覚悟せよ, 成るくんば, 成るなぞは折角, 成るなんど場席はない, 成るにつれ娘同志も, 成るにつれて眩しさ, 成るにゃア私も, 成るに当たって永い間本, 成るねえ併し, 成るのにと此の, 成るのみで有った, 成るの三聲續けてきち, 成るの可能性を有する, 成るの類にし, 成るばかしだな, 成るひとり理性は神, 成るいが夫婦は, 成るほどという観念が, 成るほどな木彫の, 成るほどなあ御もっとも, 成るほどねなかなか面白く, 成るほどの長い, 成るまでも働けと, 成るえとさ, 成るもう一歩慣れたら, 成るものぢや無し, 成るものサその曲線だらけ, 成るもの二つ三つ四つよりなる, 成るもの彼の作品, 成るもろもろの出来事, 成るもんぢやねえ, 成るやにも承るよう, 成るやらそれから聞き, 成るらん靜かに青雲, 成るくよくよしなさん, 成るわいなし, 成るわけでは, 成るをもってこれを, 成るイギリス艦隊の碇泊, 成るカサルス・トリオを挙げなけれ, 成るカツトで飾, 成るゲルマン族の牧歌, 成るコマセだと, 成るタコロ峡のこと, 成るタンカを知つて, 成るて, 成るドイツ将校下士官兵の一隊, 成るフランス訳が手許, 成るルクレチウスの科学的意義, 成る一つ一つのショット, 成る一切の物, 成る一区域のうち, 成る一千偈よりも聞き, 成る一千言よりも聞き, 成る一大集団の動き, 成る一種妙な輪廓, 成る一群の内容, 成る一軍の荒々しい, 成る一隆起は二千八百九十一米, 成る一隊商が全滅, 成る丈世を広く, 成る丈気を附け, 成る丈節儉しなくちや不可, 成る下女とが出, 成る主力艦隊の巨砲, 成る九個の輪, 成る事業が最も, 成る二百四十人からの群れ, 成る二階建の建物, 成る人物ではない, 成る人生に何, 成る人造人間の一隊, 成る人達に亡くなった, 成る仁王像があつ, 成る仏陀であります覚者, 成るて高飛, 成る仮説を漫然, 成る仲間で二, 成るです, 成る作品を見, 成る作家だといふ, 成るしナニ, 成る使用人の一隊, 成るとして引用, 成る個々の彫刻, 成る傲慢性とであった, 成る傾きが生ずる, 成る傾斜の急, 成ると六歳, 成る先鋒隊からは三日, 成るがいたいけ, 成る全権のよう, 成る兩詩人ジェーリオネの背, 成る八百八十六人の同勢, 成る共和主義的平等と幸福, 成る其の前文であります, 成る冠位を定め給うた, 成るの中, 成る動隊であった, 成る前者の徳, 成る動物体内ではこれら, 成るれだわ, 成る満軍主力, 成る十七の春, 成る単語でしかも, 成る博勞は以前, 成る友達を作る, 成る古代佛教の聖典, 成るの上, 成る台所を持っ, 成る同勢の高, 成る味噌納屋の二階, 成る哥鬱賢と云う, 成る固形の殻, 成る土壌様の皮殻, 成る地中突撃隊を編成, 成る堂々たる脱出隊の, 成るに薄, 成る多美児族がカランダガラ, 成る夜食が出た, 成る大きい家庭を, 成る大きな領土を, 成る大商船隊をぐッ, 成る大学でも卒業, 成る大衆向けの教育機関, 成る大連の福昌華工会社, 成る天誅組の一揆, 成る太陽系なるもの, 成るの児, 成る女ぢやない, 成る女優たちの, 成る如くに脳中, 成る如く地にも成らせ, 成る委員が集った, 成る委員らがベートーヴェン, 成るから, 成る婚姻の事實, 成る婦人団体総連合, 成る嬰兒だが, 成る宇宙遠征隊が編成, 成る安心した, 成るき生, 成る完全な人間, 成る実に憎むべき奴, 成る実験室とを与えられた, 成る客體内容が他方, 成るの秩序, 成る家庭料理か料理屋, 成る容色の好い, 成るに憎むべき, 成る小さな農場よりも, 成る小僧と二人, 成る山々蟋蟀などの啼出, 成る峡谷では変りたく, 成るがあつ, 成る市場にも適用, 成る幌内川の沿岸, 成る幽玄な曲, 成る広大な農場, 成る床しく成る種痘, 成るに男女, 成る廊下を縫う, 成る建築に究極, 成るとが障子, 成る当地の模範小学, 成るに愚者, 成る後期の作, 成る積りな, 成る必要は無い, 成る快速潜水艦隊であった, 成る思案が納まらない, 成る性能も多分, 成る怪異な言語, 成る恐れがある, 成る戯曲は内容, 成る所以遂に解すべからず, 成る所作事であったに, 成るが, 成る手筈なの, 成る拡散現象であるとも, 成る支配者たちは誕生, 成る政務委員会が之, 成る故此所には略する, 成る救済事業が往々, 成る数千百のハーレム, 成る數個の無, 成る料理人間をつくる, 成る断崖の間, 成るで因縁, 成る方程式である程度, 成る方角でも悪かっ, 成る窶れの, 成る旅行者の一団, 成る旋渦がその, 成る日本の重, 成る成って, 成る書きものは元, 成る最高幹部の一人, 成る會意文字で子, 成る木見雪子学士の研究ノート, 成る本地垂迹説に拠れ, 成る東京愛国飛行隊はどう, 成るは斯, 成る果てを不憫, 成るく堅人, 成る極めて浅いもの, 成るな工風, 成る樣ぢや其肥料, 成る樺太観光団に加わっ, 成る橋向ふへ, 成る欧弗同盟のアフリカ, 成る歐羅巴の文化, 成る此処を通り掛っ, 成る此方の曲角, 成る此方連に大抵, 成る毛筆屋の子, 成る気遣いはない, 成る水平社がその, 成る水平運動とは意義, 成る水戸弘道館の碑文, 成る河床を水, 成るの無産者, 成る火山が幾多, 成る火葬堆の, 成るに成る, 成るもある, 成る無限に広大, 成るの右左, 成る物体を連続体, 成ると神, 成る生産物の生産費, 成るにはあまり, 成る聞いては, 成るの土, 成る登場歌の部門, 成る白い河床を, 成る白烟猛烈に噴出, 成る百偈を誦む, 成る百軒ばかりの家々, 成る眺めの好い, 成るを以て見れ, 成る短篇の連續, 成る研究劇団を作らう, 成るだの, 成る社會主義乃至無, 成る神杉若葉藤の花, 成る私たちは彼, 成る秘密を洩しました, 成る程あそこはナガス鯨, 成る程あなたは人魚, 成る程あれでは一緒, 成る程おまじないに違い, 成る程お前は良い, 成る程かやで吸っ, 成る程きゃしゃで骨細, 成る程ここの帰り, 成る程これア不思議ですネ, 成る程さもあろう, 成る程すみ子の頭字, 成る程そうだ悪魔, 成る程アノ義母殺しの輪田夏子, 成る程アムリの奴め, 成る程シェイクスピイヤなりイプセン, 成る程ソリャ数年前に縮れ, 成る程ダンスを習う, 成る程ヴィユウ・コロンビエ座は先づ存在, 成る程一切の傭人, 成る程一定の限られた, 成る程一般的なるもの, 成る程七輪を投付けた, 成る程不思議なこと, 成る程世間には探偵, 成る程事毎に動員, 成る程二人が此処, 成る程井戸の中, 成る程人々の自由, 成る程人道主義者には此処, 成る程人間の屍体, 成る程他人の業績, 成る程何こか父, 成る程何処かから入っ, 成る程余は知っ, 成る程俺は独房, 成る程其処には三尺四方位い, 成る程医師の云う, 成る程台詞になまり, 成る程右衛門七は美麗, 成る程合理的だ, 成る程和服も捨てた, 成る程喬介の手元, 成る程噂には聞い, 成る程囚人藻西太郎は寝台, 成る程地面はすっかり, 成る程坊さんの言う, 成る程外部から其の, 成る程大勢で附けた, 成る程夫は面白い, 成る程奇妙だチャン, 成る程女の云う, 成る程女人は虚空, 成る程女房には叱られ, 成る程好き森であつ, 成る程子供は巧, 成る程子供好きらしい柔和, 成る程学校の建物, 成る程実験用の犬屋, 成る程屋根に大穴, 成る程屍体の後頭部, 成る程左様ですか, 成る程巻線香のカケラ, 成る程年上の情婦, 成る程後悔に駆られ, 成る程志士的気慨の溢れ, 成る程思考は一切, 成る程憂鬱そうな風付き, 成る程房州へ行つた, 成る程掛矢でブン, 成る程支那に於ける, 成る程方法概念が体系概念, 成る程昨今では袋, 成る程昨夜藻西太郎が老人, 成る程普通の半弓, 成る程曲者と私, 成る程木戸のすぐ, 成る程本物の眉毛, 成る程村中は大変, 成る程松原がある, 成る程桑畑の間, 成る程正面に印形屋, 成る程此の時, 成る程毒にさえなれ, 成る程毒茸はえらい, 成る程毛が薄く, 成る程江戸ッ子らしい兄いや親方, 成る程沈黙の時, 成る程沢山の砂糖, 成る程河の水, 成る程油断できぬわい, 成る程波の形, 成る程流石に専門家, 成る程涙にぬれ, 成る程無残な状態, 成る程煙突の掃除棒みたい, 成る程熊楠は攝, 成る程物騒だと, 成る程白髪だ熟, 成る程百面相役者は実際, 成る程私はチョコレート, 成る程空間という範疇, 成る程立派だが, 成る程築地には支那人, 成る程籔鶯の声, 成る程精神科學では, 成る程紅白だん, 成る程絵画は事物, 成る程綺麗な水, 成る程考へやがつたな, 成る程肌の匂, 成る程自然科学にだけ固有, 成る程船の左舷, 成る程茲は穴倉, 成る程荒療治で脳味噌, 成る程親父には此方, 成る程諸君は立派, 成る程豚は少し, 成る程貴公の云う, 成る程貴方は私, 成る程貴族の生れ, 成る程貴様の仕事, 成る程転変する諸, 成る程軽輩の暴れ者, 成る程通つて來る女, 成る程過去千五百年の間, 成る程道理ですから, 成る程重心板の下端部, 成る程門前へ横, 成る程離縁問題が出た, 成る程食斷ちは, 成る程馬鹿だな, 成る程髪の毛も取捨, 成る種痘が痒く, 成るで次, 成る符号のよう, 成る樸に, 成る約束があつ, 成る紙木綿の布, 成る級数の初め, 成る結晶の存在, 成る絶大の大作, 成る絶対的な表象内容, 成る総領のお, 成る美しい林が, 成る老人が物心覺, 成る老人三十二歳の時, 成る者さへある, 成るが二個, 成る腰掛で話し, 成る自分の苦し, 成る舟跡がまるで, 成る良書を買わない, 成るは全, 成る芸文会という集まり, 成る芸術の専ら, 成る若干の部隊, 成る英米仏蘭四国の連合艦隊, 成る英米仏蘭四国連合艦隊の来襲, 成る荻窪の家, 成る血統ではない, 成る表画は故, 成る被害者の老人, 成る製品は工業博覧会, 成る規則法則乃至すべて, 成る組んだ蘆, 成るを換, 成る言葉か知らぬ, 成るです, 成るの最後, 成る詩人等がジェーリオネ, 成る詩句が色々, 成る詩稿に加, 成るなん, 成る貢さんは独, 成る資本は引去られ得る, 成る赤裸の山肌, 成る身の上だが, 成る辞書においては各, 成る農民美術研究所に臨む, 成る迄に非常な, 成る迄には大分私には, 成る迄は仮令え, 成る迄も一聲を, 成る近所の女, 成るに其序文, 成る連句はまさに, 成る配合は所詮, 成る酒盛りというもの, 成る酒神頌歌を創る, 成る鑄造機各活字字形, 成る長い月日には, 成る限り大切を取っ, 成る陶冶し易し, 成るの停車場, 成るの厚い, 成る電報をうけとった, 成る非情の山, 成る革命軍の健児, 成る韻律及び諧調, 成る順登りの地勢, 成る食卓に就き, 成るを起し, 成る驚ろくべき違い, 成るさ一丈一尺の, 成る高き岸の, 成る鳥獣の羽毛, 成る鶴岡八幡宮の神宝