青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「掛け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

捨てる~ 据~ ~据え 据え~ ~掃除 掃除~ ~掌 掌~ 掛~ ~掛け
掛け~
~掛けた 掛けた~ 採用~ ~探し 探し~ ~探偵 探偵~ 接し~ ~接吻 接吻~

「掛け~」 4718, 51ppm, 2279位

▼ 掛け~ (3073, 65.1%)

59 ある 56 いた 53 いる 32 あった 25 いるの 22 あつた 19 ゐた 18 あるの 13 居た, 居る 12 ゐる 11 あります 10 いたが, いると, 置いて, 見た 9 あって 8 くれ, それを, ゐるの 7 ありますが, いて, 居るの, 来た, 見ると 6 あつて, いたの, いるので, くれた, やって, やつた, ゐて, 休んで, 來た, 待って 5 おいて, その上, やった, やりました, 出します, 居たの, 煙草を

4 [21件] あったが, ありその, ありましたが, いた椅子, いるその, いるよう, いる椅子, おく, しまった, やるの, 下さい, 居ります, 新聞を, 来たの, 相手を, 置いたところが, 置いたの, 置くと, 見ました, 見る, 頭を

3 [36件] ありました, あるから, あるが, いない, いること, いるという, いるところ, いるもの, いるん, いる人, おいたの, おくこと, お願, しまって, そつと, みたが, もらって, ゐたの, 両手を, 休息し, 呉れて, 寝て, 居たが, 居りました, 居ると, 斜に, 本を, 来て, 横に, 私を, 置いても, 置く, 貰って, 静かに, 顔を, 首を

2 [194件] あげて, あったの, あったもの, あの家, あり大, あるあの, あるし, あるそして, あるところ, あるばかり, ある下, ある大きな, ある柱時計, ある洋書, ある物, ある着物, ある良人, ある蒲団, ある軸, ある鉄瓶, ある額, いたから, いたこと, いたので, いたり, いった, いつた, いつもの, いました, いられるところ, いるから, いるが, いるため, いる婦人, いる所, おいで, おくの, おくん, おけそう, くれたの, くれた某, くれるもの, くんねえ, こう言わなけれ, この奇妙, ございました, しまいました, しまひました, すが, その前, その辺, それが, ますね, みた, みて, みようかと, みる, みるが, みると, みるの, やらないと, やりながら, やります, やろうかと, ゐたが, ゐたといふ, ゐた手, ゐると, ゐるね, ゐるので, ゐるやう, ゐる所, ママに, 一人泣い, 一寸, 三十いくつに, 上には, 下さいました, 下すった, 中に, 乾かして, 二十分間置きます, 休んだ, 住居し, 何か, 僕の, 再び例, 出て, 前に, 力一ぱいに, 呉れた, 喜助は, 四時には, 大籠, 大約半時間も, 客の, 居ない, 居りまして, 居りますが, 居るから, 居るもの, 居る肺病患者, 川へ, 左右に, 左右へ, 床の間の, 店に, 引きながら, 引くと, 強く引きし, 彼の, 彼は, 待つて, 御覧, 恋した, 恐らくは葦, 手の, 手を, 暫時莨を, 朝夕清澄な, 朝夕眺め, 机の, 村の, 来るの, 林の, 此の, 殺したの, 殺したも, 殺して, 水を, 洋卓の, 活けるが, 浪人とは, 涙ぐんだ, 深い溜息, 済まない, 済まなかった, 濡らすまいため, 火を, 火鉢の, 無言で, 牛乳を, 物を, 甲板から, 眠って, 眼を, 突かないの, 突進し, 窓の, 立って, 立つて, 糸を, 置いた, 置きました, 耳の, 肩上を, 背嚢も, 脚を, 腰を, 自分が, 自分の, 色の, 芋畑麦畑で, 茶盆を, 血に, 行く, 行くの, 行った, 行って, 表へ, 見せた, 見せて, 見たが, 見たん, 見ても, 見ましたが, 見やしょう, 見ようか, 見るが, 話した, 話を, 責る, 貰は, 起す元気, 身を, 遠くから, 遣りして, 都合を, 銀の, 銀杏返しに, 鐘五郎自身に, 靴を, 頂戴な, 飛んで

1 [1957件 抜粋] あさひを, あったので, あった一挺, あった古い, あった夜具, あった強弓二張, あった甲斐, あった鞭, あなたの, あの乱杭, あり, ありました細, あり其處, あり天狗, あり角, あるぢ, あるというばかり, あるもの, あるアメリカン・インヂアン, ある一枚, ある二歌仙, ある出席簿, ある古, ある女柄, ある川狩使い, ある手拭, ある擬銘仙, ある有名, ある橋, ある火鉢, ある禾本科, ある簾, ある羽織, ある荒縄, ある諸, ある鍵, い, いそがしそう, いたそう, いたとしても, いたらしい黒塗, いた二十二三, いた土耳古形, いた安楽椅子, いた手, いた数珠, いた本, いた汽車, いた目金, いた薬草, いた袋よう, いた革文筥, いつかの, いつまでも, いないと, いながら, いましたが, いらっしゃったあなた, いらっしゃる海音如来, いるか, いるだけが, いるは, いるアチミアーノフ, いる半襟, いる大坂下り, いる密告者, いる彫師, いる桐油紙づつみの品, いる眼鏡, いる貴, いる間, いる飴売, うまそう, おいたよう, おいででした, おきたる衣類, おきましたところが, おき給え, おくれ毛越に, おった, おやん, おりました願い, おれたちの, お初, お孝, お待ちください, お話を, からだを, が土地, ぎゆつとしめた, くだされよう, くるりと, くれたです, くれて, くれなかったの, くれませんか, くれるの, くれ何, ぐったりと, こうしたお世話, この三島, これは, ご懇意, さっきから, さも苦痛, しばらく住み, しまったん, しよんぼり佇んで, じれつたさ, すました顔, ずっとこう薄気味, そっと, その一方, その人品, その紐, その背, それから馬鈴薯, それ以上の, ちょいと, ちょっと揺す, とったの, どこ迄も, ながめ楽しむに, のどかに, ひとを, ふらふらと, ほぐかも, ぼか, またお茶, また一時間, まわりに, みたって, みても, みるったって, むしろ不思議, もう暫らく様子, ものおじした, もらわねば, やらうか, やらなければ, やりなど, やり襟, やる善吉, やろうか, ゆくべきもの, ゆッくりと, ようやく中心, よく頼ん, より五遍, わざと庭, ゐたので, ゐた場所, ゐても, ゐながら, ゐるかい, ゐる人, ゐる爺, ゐる眼鏡, ゐる質問, ガラツ八を, グツグツと, サンタは, スカートの, チビ, ツクを, ニコライ・イーリイッチは, プラトンの, ヤイ, 一つ, 一人が, 一座を, 一服やつた, 一言一行の, 三人が, 三十分ずつ, 三尺の, 上げたならば, 上げるから, 上へ, 下さいまして, 下さらぬの, 下さると, 下せい又, 不取, 両手には, 並んだ, 主人は, 亂れ, 二ツ三ツ飛石を, 二三間ひょこひょこ, 二人の, 二足ばかり, 二階の, 人を, 人間が, 今度は, 以ての外かな, 仲好く, 会所へ, 住もうという, 何んの, 何程の, 作り出したもの, 使ったこと, 來る, 促す迄は, 倒さに, 傘を, 僕は, 元二は, 先非後悔で, 入るべけれど, 全山皆, 兩方の, 其の上, 其儘崩折れた, 内から, 冠の, 出さねば, 出でたり, 出を, 出雲より, 切り下げたの, 判事は, 別条なく, 前髪を, 勉強したら, 勢よく, 医者を, 十畳敷の, 半分隠した, 卍巴を, 危く大器氏は, 厭な, 参れば, 友達は, 取引され, 古くから, 叱るぞ, 右横の, 呉れ, 呉れました, 呉れんな, 呼んだの, 和服の, 唯一槍に, 喫べて, 四万村まで, 四隣が, 土間口から, 型を, 塗下駄に, 士族丸出しの, 外に, 多津吉, 大に, 大火傷, 太った鴨, 奈何する, 好きでござる, 妻と, 威すで, 婢に, 子供の, 宇平は, 家を, 寐て, 寝た源氏自身, 寝る流儀, 封印し, 小さな風呂敷包み, 小蛇, 少し邪慳, 尻まで, 居ただけに, 居たマス君, 居た所, 居た長崎屋, 居なさるけれども, 居ます朱縮緬, 居りましたし, 居りません, 居るといふ, 居る事ゆえ, 居る何者, 居る半纏, 居る御, 居る様子, 屋外の, 岸破, 差し出しても, 席に, 帶の, 干す土壁, 平野橋の, 床へ, 弁当を, 引き出した, 引き開けると, 引っこすった, 引渡すは, 彼氏の, 御世辞半分, 御覧なさい, 必ず貴方, 急に, 愛して, 憩いつつ, 懐ろには, 戸を, 扇を, 手間取って, 打込む命掛け, 投げ付けるものの, 抱締めた処, 押入れに, 拝む角大師, 持つ法, 掘抜, 掴んで, 揉み上げ揉み上げ揉ん, 握飯を, 揺り動かした, 擔ぎ上げました, 故と, 数本の, 數珠を, 斬付ける, 旅を, 早口に, 明日一杯おめでたい, 時間の, 暖めながら, 暫く休ら, 曳いて, 曽根にも, 朝は, 本国政府の, 机に, 来さえ, 来たカバン, 来た驟雨, 来やい, 来るから, 来るわ, 枕を, 柱へ, 格子から, 棕櫚の, 極めて計略, 機械体操の, 次郎吉は, 正香に, 此村の, 歩いた連中, 歩く凄い, 死んだこと, 殺さなければ, 殺すよう, 毛糸を, 気の毒な, 江戸市中不景気と, 沢山な, 油断を, 法律智識の, 注意深く, 流の, 浮く浦, 消そうとしても, 済まんから, 渋茶を, 源護の, 漸く巡礼, 火に, 灯先が, 無理に, 焼く, 煙草一と, 煮ようと, 熱心に, 燐寸の, 爰を, 犧牲を, 猶言葉, 生命の, 申し訳ない, 番を, 発奮むばかりに身を, 白木の, 白魚の, 皇帝は, 直ぐ行, 眞下の, 真甲, 眼鏡を, 破つた, 磨かねば, 私が, 秋波を, 積んだの, 突き徹す, 立つた夢, 端坐した, 笑つた, 算盤と, 素足で, 細目に, 結ぼれたお, 継の, 練ったですね, 繰る器械, 置いたよ, 置いたキユビスト, 置いた茶碗, 置かれる場所, 置きますが, 置くの, 置くん, 置く布, 美人像に, 考えたり, 聴く毎, 肩から, 背後の, 脂粉こまやかに, 膝を, 自分丈の, 興津を, 艶や, 若者の, 茶飯を, 萬能を, 著るしく起つた, 蔽に, 藝當を, 行, 行くが, 行く用意, 行こか, 行つて恐く, 裏木戸から, 西洋の, 見たいの, 見たという, 見たりなど, 見てくれ, 見なければ, 見よう, 見る分, 見様と, 覗く樣, 試みなかったの, 話そう, 語録の, 読売新聞社の, 貧乏人の, 貰ったレイ, 貴婦人が, 赤い椿, 走るを, 足から, 足相撲を, 躊躇した, 軒口から, 近いた, 追はう, 逃出す, 通り姉らしい, 連理の, 遁出した, 遊ぶので, 道中の, 遠眼鏡で, 遣りましたが, 遥か若菜, 酒屋の, 金剛力は, 針で, 釣取る, 銀色の, 鏡餅や, 開けた, 間さえ, 隔ては, 隣座敷へ, 離れて, 雪に, 霊柩自動車を, 頂いて, 頬杖を, 風で, 颯と前, 飛込んだといふ, 食後の, 飴練る, 饅飯だ, 馴, 駈け出さねば, 髯が, 黒い水引

▼ 掛け~ (112, 2.4%)

9 なって 3 して, 腰を 2 かけて, なりました, 寄る事, 書生部屋を, 来た, 架けて, 行くと

1 [83件] うつ向いた時彼, お父さま, かかったたくましき, かけた儘, からんだ瞬間, きた, けり, さがった毛皮外套, した村長, しても, すれば, それを, ちょっくら顔, つかまり馳, です, なったらどう, なっちゃ, ならない僕, なりましたか, なりましたね, なりましょうかしら, なりませんか, なると, なるなんて, なるまでも, なれば, ひっかけて, ぶっ放した, やられて, アノ野郎言張, 一人の, 一口やっ, 両掛け, 二三寸斬り下げ, 二太刀切りさげました, 何の, 先程から, 切り込んで, 包まれて, 包みました, 包んで, 参りましたの, 大小を, 寄った, 寄ると, 成って, 成りさぞかし, 手を, 掛かって, 掛けられて, 掛って, 揉合ふ, 斃し, 斬られたん, 斬られて, 斬り下げたから, 斬り伏せた, 斬り倒ふし, 日の, 書物の, 木曾へ, 来ます, 来る, 殆ん, 法蔵寺様へ, 目禮し, 突っ伏して, 納め, 置いて, 肩へ, 行きたいらしくそ, 行く途中, 行く風, 行った, 行った監督, 負い筒袖, 身構えを, 軽く, 通うだけ, 通ったので, 飾られて, 麗人を, 黒地に

▼ 掛け~ (103, 2.2%)

3 ポケットに, 煙草を 2 ように, よく洗濯, 上に

1 [91件] うちに, かかった食卓, かけて, きらびやかさ金銀の, それを, つらなめ, ときに, ない三種, ほかには, やうにも, ような, ようにも, ジャバ更紗も, ポケットから, ポケットには, ポケットの, 一つに, 一人, 一方には, 一種に, 上へ, 中年婦人が, 事で, 二太刀で, 井戸を, 仕事を, 代わりに, 仮小屋, 依代, 僧覚猷が, 出所を, 前の, 勇気を, 勝負であった, 叫び声が, 土噐を, 大刀を, 大金を, 女が, 女の, 女中に, 女給さん達と, 姿が, 官吏らしい, 宿料を, 小屋を, 幅には, 幌馬車を, 戰爭する, 所に, 所謂卯杖が, 扁平な, 手段を以て, 掛絡と, 支度を, 方は, 旅客でも, 日の, 松と, 松手植えの, 棒に, 森夫すこし, 棹に, 横に, 横物が, 水仕業ばかり, 物を, 用途を, 盃と, 穴へ, 竹竿に, 米屋の, 精巧な, 紺足袋と, 羽織を, 胴を, 膳で, 花売娘であっ, 花模様が, 荷物でも, 菓子の, 袋戸の, 袷で, 袷を, 赤い布, 踊舞台が, 辻斬りか, 釘へ, 闇斬り, 饅頭が, 駄賃に

▼ 掛けながら~ (92, 1.9%)

2 云った, 子供の, 彼は, 溜息し, 自分を

1 [82件] あっしも, ある夜, いきなりに, いつた, お才, さて何処, するすると, せめても, その前, それでも減らず口, でたらめを, なんの, またその, もう先月, ショールを, 一心に先, 三人で, 下男部屋の, 二人の, 云い争うて, 今は, 伝平は, 何気なく葉末, 依然として駘蕩, 保存した, 倅と, 前後を, 力任せに, 受取ったと, 台所口から, 喬介は, 声を, 外へ, 女の, 婆やの, 寝台の, 小唄を, 岡本が, 床の, 引剥ぐ, 心も, 心太を, 急いで, 慌しく云った, 慌しく駆, 扉の, 扉を, 手でも, 斜めに, 日頃の, 書斎で, 格子の, 格子戸を, 桑畠へ, 毎朝例刻に, 気色ばんで, 気軽に, 油断なく, 泣いて, 物干しの, 白痴の, 相手の, 社を, 私が, 私の, 立つて, 節子は, 群衆を, 群集を, 老婆と, 胸を, 膝頭を, 自分でも, 自分の, 行かむとす, 言つた, 訊ねた, 道者の, 長谷寄りの, 青年を, 頭巾の, 馳せつけて

▼ 掛けたり~ (78, 1.7%)

11 して 2 する, すると, するの, 春の

1 [59件] あるいは新鮮, いろいろ手, おろしたり, お歯黒の, した, したの, した所, した擦り切れた服, した馬, しながら, しまいには, し柴田是真, し機糸, すること, するという, そのうち, たたんだり, できなくても, なぞし, はずしたり, また或, クツシヨンの, タワシで, 三人対座し, 下したり, 位置を, 俵に, 割ったり, 向ひ, 品物を, 外套をか, 多少の, 大向うの, 天幕を, 屋根に, 帯を, 引いたり, 忍び返しの, 手に, 担いだり, 拭いたり, 新らしく, 欄干に, 汽船に, 火を, 犬を, 玉子を, 秋の, 窓際から, 立ち上ったり, 立ったり, 笠をか, 腹巻は, 色々苦労, 費用を, 途方も, 錫杖の, 長持の, 風呂敷包を

▼ 掛けても~ (71, 1.5%)

3 返事は 2 らへ, 外国人の, 女を, 返事が

1 [60件] い, いいが, いいの, いいよ, いけない, いけませんくらい, お話中が, くれぬに, すぐ引っ繰り返り, そのぴょん, なか, まだダクンダクン, よいの, よいコスト, チヤンと, 一反半織る, 一廉の, 万三郎の, 主人は, 二人共夢中に, 亭主の, 今の, 何の, 健三が, 凶年が, 出て, 千万無量の, 取れめ, 商売に, 大磐石, 始終穏, 尾端は, 居なかった, 形に, 思はざりし宝, 政宗に, 曲者を, 本人が, 歌はれる, 正直に, 武蔵の, 水晶掘りに, 汽車へ, 犇, 相手は, 私は, 美味しくって, 致し方が, 致すから, 良いが, 萬三郎の, 貰おうと, 足が, 輝かない鉛, 返事も, 連れて, 遣る事, 関はんのだ, 願へる, 食べられます

▼ 掛けては~ (69, 1.5%)

2 くれない, 相済みません

1 [65件] いたけれど, いるが, いるもの, それは, なかなか遣手, ならないと, なりませんよ, はずしはずしては, またなかなか, まだ青い, まるで無, ゐなかつた, ゐられなくなつ, ベロベロと, 一心不乱互いに, 中華亭の, 乘り, 人後に, 今言つた新橋, 他人数, 仙人です, 何にも, 六七千人にも, 又なか, 吹矢で, 呑込の, 大力の, 天下一で, 婦女鼠の, 実に奇麗, 実直な, 容易に, 小さい人力車, 恐しく眼, 成らぬアノ約束, 手錬だ, 日本一の, 望を, 此の, 殊に毎日愉快, 気の毒と, 汝が, 済まないその, 済まない飯島, 済まんけれども, 済みません, 無頓着でいられない, 男子にも, 相当名の, 箸を, 置くもの, 背負いどしどし, 背負い掛けては, 行きませんでした, 評判の, 負けそう, 軟かに, 近代政治界の, 通過ぎた, 遥かに, 鏡を, 非常に, 非道だ, 食物に, 香煎を

▼ 掛け~ (57, 1.2%)

8 ひの, ひを 7 ひは 6 ひ噺 3 ひに 2 つたが, ひが, ひでした, ひましたが, ひ事, ひ話

1 [13件] つたら静か, の面白, はさせ, はせた, ひから, ひである, ひですよ, ひました, ひ事ぢ, ひ噺程度以上, ひ娘, ひ形式, ふこと

▼ 掛け~ (40, 0.8%)

2 して, ほめる前, 取って, 取りに, 繰返して, 賞めた

1 [28件] お見せ申す, さがし出して, したり, しました, する者, つッ, まくって, 一枚一枚検め, 半分喫べ, 取り上げた, 従えながら, 手繰って, 抜いて, 持って, 据ゑて下男と, 捲き附け堀, 擔が, 敷いて, 照らし錫, 用いる密儀, 眺めて, 着せられて, 立てるの, 翳して, 致すの, 見ると, 買ひ, 集めて

▼ 掛け椅子~ (30, 0.6%)

2 に倒れかかり, に腰, の上

1 [24件] から身, がいる, が一つ, が並び, が互いに, が暖炉, が空い, とを暖炉, にすわっ, にはだれ, には一つ, には逞, に上っ, に腰かけさせた, に身, のそなえ, のため, の一つ, はふさがり, はオンム・アルメ街, は二つ, は室, を取り, を持っ

▼ 掛け~ (29, 0.6%)

5 えの 2 かけて

1 [22件] あたら冷える, あった, あったり, あって, お嗜, かかった中, こと, して, たまりましたので, ないの, ないので, むやみに, 一杯一銭という, 來てから, 六畳の, 巧みだ, 掛って, 施して, 無く成った, 艶めかしくパッ, 要ると, 載って

▼ 掛け~ (29, 0.6%)

2 働いて, 能く

1 [25件] あつたの, おいで, おそれ入るが, さすがの, やります, スリッパを, 二の腕まで, 余りに無神経さ, 夕飯の, 大きな箱車, 手がたく構え, 持合せが, 斃し, 暴れ込み誰彼かまわずなぐり, 朗に, 格子を, 欲しいので, 歌を, 算盤を, 綾に, 航海を, 車坂の, 長い刀, 鶏お, 鶏追

▼ 掛け小屋~ (18, 0.4%)

2 であった

1 [16件] からは陽気, が彼, が旗, が立っ, で大きな, で火事, に失火, の入り口, の太夫達, の板壁, はかなり, へ入った, へ帰っ, もかかっ, をぶち壊す, を倒した

▼ 掛けての~ (16, 0.3%)

2 私は

1 [14件] 事だ, 十数年の, 取越苦労を, 島民で, 市街は, 御機嫌とり, 男を, 縄張りで, 逕路は, 長期に, 間に, 青年の, 風俗が, 馬も

▼ 掛け~ (16, 0.3%)

1 [16件] あるまいかと, ここに, したものの, しなかつた, しなかつたらうか, せずや, なれたいとも, 一日で, 八尺, 如何で, 少ないけれど, 成るべく大きく, 拂は, 波を, 確かに, 脱れ

▼ 掛けちゃ~ (14, 0.3%)

1 [14件] いけないよ, いけない一人, いけねえよ, いません, ならねえぞ, アいけねえ, ア孝行に, ア済まねえ, ア馬の, 出せやしませんさ, 困るね, 売らないの, 己の, 旨く食えません

▼ 掛け~ (14, 0.3%)

1 [14件] いいえそんな, で, なら私, に就い, に通じ, の努力, はあります, は云, も従容, も心得つれ, をした, をする, を怠る, を祝福

▼ 掛けその~ (12, 0.3%)

2 耳を 1 うしろに, さきの, 上に, 前に, 前へ, 土蔵の, 声に, 尿を, 手を, 枝を

▼ 掛けつつ~ (11, 0.2%)

1 [11件] しばらく人, ものうげ, 云う, 偶と, 几帳越に, 宗吉の, 打湿り, 棹が, 片肌脱ぎ, 男の, 過言を

▼ 掛け~ (11, 0.2%)

1 [11件] えけれども, さえまし此方, さに, さは, さも, さを, せいお, せいまし, よ, んだ, 叔母さん貴方は

▼ 掛け~ (11, 0.2%)

1 [11件] がって, しめえ, はる, また焼き, ア, アが, アがった, 床を, 毛皮の, 肘掛椅子はては, 金襴の

▼ 掛け~ (11, 0.2%)

42 へ君 1 ひしを, ふな, へ≫蒙昧, へさあ, へば夫人

▼ 掛け茶屋~ (11, 0.2%)

2 や藤棚 1 があっ, がある, が出, などと申す, には主人, に入っ, の一つ, の主人某, の片隅

▼ 掛け引き~ (10, 0.2%)

1 があろう, であると, でいこう, というもの, といふもの, なしの, なんぞでせめて, にお, のない, をし

▼ 掛けそれ~ (9, 0.2%)

2 を清酒 1 から言った, がまた, には津山不動講, に昇っ, に毛布, は鴉, を聽

▼ 掛け~ (9, 0.2%)

1 しない, しなかった, ないこと, ない事, ない写生, ない話, みんな同じ, レース飾りも, 勘定万端を

▼ 掛け~ (9, 0.2%)

1 ありて, が斜陽, の上, の張った, の緋, の面, はよれよれ, は恋人, を一所スー

▼ 掛け蒲団~ (9, 0.2%)

2 の上 1 で包ん, とまた, にし, に襟首, の外, は灰色, を押しのけ

▼ 掛け~ (8, 0.2%)

2 の匂 1 で旦那, のけむり, の匂ひがし, を三十, を持つ, を焚い

▼ 掛け~ (7, 0.1%)

2 した女, へすれ 1 した, したの, っしゃったのが

▼ 掛けてから~ (7, 0.1%)

1 こちらへ, また云, また云いました, まだたしかに五六十秒, 初めて行人, 脈を, 門傍へも

▼ 掛け~ (7, 0.1%)

1 いうに, チエーンの, 三人掛けが, 並べて玄関口, 呉れりゃそれ, 申しても, 色々ある

▼ 掛け行燈~ (7, 0.1%)

31 にあかり, のうす暗い, の下, を張り替え

▼ 掛け~ (6, 0.1%)

1 えを, へられし事, へられたこと, へられたの, へるさし潮, へる仕事

▼ 掛け~ (6, 0.1%)

3 もない 1 の責任, も御, を知らないらしい

▼ 掛け心地~ (6, 0.1%)

1 が違う, のい, のいい, はそれほど, は悪く, をくらべ

▼ 掛け自分~ (6, 0.1%)

1 が鍬, で縊れ, の面相, は其の, は手綱, は船

▼ 掛けから~ (5, 0.1%)

1 ホヤの, 仕上にまで, 取って, 帽子と, 必要の

▼ 掛けもの~ (5, 0.1%)

1 でつつんだ, にし, に顔, の下, め

▼ 掛けやう~ (5, 0.1%)

1 とする, と云, にも間違, は一通り, をされ

▼ 掛け~ (5, 0.1%)

2 へのない 1 へがない, へもなく, へを安く

▼ 掛け~ (5, 0.1%)

1 も堪, を待つ, を掛け, を浴び, を通して見た

▼ 掛け~ (5, 0.1%)

1 からじっと, から秋, に寄りかかっ, の戸, をあける

▼ 掛け~ (5, 0.1%)

1 いさましく駈け, が町内一ぱい, だけは大袈裟, をかけ, をし

▼ 掛け~ (4, 0.1%)

1 使いなすった, 妙の, 悦びの, 瀧が

▼ 掛けこの~ (4, 0.1%)

1 人から, 場合にも, 方の, 椅子には

▼ 掛けさえ~ (4, 0.1%)

4 すれば

▼ 掛けっ放し~ (4, 0.1%)

1 ておく, でありそれ, にされた, にした

▼ 掛け合つて~ (4, 0.1%)

1 は全く, ゐるうち, をります, 来い

▼ 掛け~ (4, 0.1%)

1 いくらゐでした, いと企ん, くなかつた, くなつたん

▼ 掛け~ (4, 0.1%)

1 とは圖中精製石棒, に於ける, の條, も形状大

▼ 掛け遊ばし~ (4, 0.1%)

1 て, ていえ, て今日, て何分

▼ 掛け~ (4, 0.1%)

1 としてはモドリ, にからだ, に掛かった, を丁寧

▼ 掛けこれ~ (3, 0.1%)

1 に燧火, に靴足袋, を晒し

▼ 掛けたま~ (3, 0.1%)

3

▼ 掛けてさ~ (3, 0.1%)

1 うしちや二三日遊ん, うして, 泥が

▼ 掛けでは~ (3, 0.1%)

1 いって, なく白絵刷毛目, よこさねえのに

▼ 掛けよう~ (3, 0.1%)

1 ではない, もない, をし

▼ 掛け一つ~ (3, 0.1%)

1 だって私, を投, 買えないん

▼ 掛け乍ら~ (3, 0.1%)

2 入つて來 1 あつしも

▼ 掛け~ (3, 0.1%)

1 は無心, れ是, を庇護

▼ 掛け~ (3, 0.1%)

1 には鋼鉄, に数珠, に水晶

▼ 掛け~ (3, 0.1%)

1 あるを, もお, を出す

▼ 掛け~ (3, 0.1%)

1 ッぽ, 脚を, 足踏み掛け

▼ 掛け白い~ (3, 0.1%)

1 屏風を, 帶を, 脚半に

▼ 掛け~ (3, 0.1%)

2 の上 1 を撫

▼ 掛け茶屋当り矢~ (3, 0.1%)

2 のお 1 を買いとっ

▼ 掛け~ (3, 0.1%)

2 のつもり 1 の華瓶

▼ 掛け~ (3, 0.1%)

2 卸しの 1 なす胸

▼ 掛けあるいは~ (2, 0.0%)

1 井戸端を, 損害を

▼ 掛けごえ~ (2, 0.0%)

1 ばかり, も勇ましく

▼ 掛けさうに~ (2, 0.0%)

1 した, しました

▼ 掛けさも~ (2, 0.0%)

1 愉快そうに, 済まなそう

▼ 掛けそう~ (2, 0.0%)

1 で恐縮, にした

▼ 掛けそれから~ (2, 0.0%)

1 三人かたまっ, 毛糸の

▼ 掛けたわし~ (2, 0.0%)

1 でごしごし, で洗い

▼ 掛けてか~ (2, 0.0%)

1 なぐり取ろうと, へりしが

▼ 掛けてこそ~ (2, 0.0%)

1 一流だ, 女流の

▼ 掛けてなが~ (2, 0.0%)

1 むる人に, むる何も

▼ 掛けてや~ (2, 0.0%)

1 がって, ッた

▼ 掛けである~ (2, 0.0%)

1 がその, 其の卓子掛け

▼ 掛けです~ (2, 0.0%)

1 か, からことに

▼ 掛けとか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 刷毛目とか

▼ 掛けどんどん~ (2, 0.0%)

2 と石炭

▼ 掛けには~ (2, 0.0%)

1 い上る, 袖口の

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 一日の, 猫つるし

▼ 掛けまたは~ (2, 0.0%)

1 分けられる物, 墓参の

▼ 掛けもち~ (2, 0.0%)

1 で行く, の為

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 るるが, るるも

▼ 掛けテーブル~ (2, 0.0%)

1 に肘, の上

▼ 掛けパッ~ (2, 0.0%)

1 とその間, と槍先

▼ 掛け一人~ (2, 0.0%)

1 は腰車, は莚包

▼ 掛け三十七八~ (2, 0.0%)

2 の代

▼ 掛け互に~ (2, 0.0%)

2 せり合い次第に

▼ 掛け代え~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 ともつかぬ, も弁えん

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 はいなう, 次に

▼ 掛け右手~ (2, 0.0%)

1 の生, は泡

▼ 掛け四本~ (2, 0.0%)

1 の脚, も來たん

▼ 掛け守り~ (2, 0.0%)

1 の紐, を取出しました

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 の手, の足

▼ 掛け左右~ (2, 0.0%)

1 に台察児, の臣

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 などをし, の女

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 丁寧に, 迷惑の

▼ 掛け或は~ (2, 0.0%)

1 削り花, 古道具屋を

▼ 掛け戸口~ (2, 0.0%)

1 から現われた, まで出ました

▼ 掛け手袋~ (2, 0.0%)

1 はづしたる右, をくしゃくしゃにしたりのばしたりしながらしきりに首

▼ 掛け換え~ (2, 0.0%)

1 の一粒一粒, の大事

▼ 掛け放し~ (2, 0.0%)

1 ではいかぬ, と云

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 える, へる

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 えの, えも

▼ 掛け校長~ (2, 0.0%)

2 や秋野

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 はなく, ひは

▼ 掛け片手~ (2, 0.0%)

1 には黄金, に貧乏徳利

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 か何, を吊し

▼ 掛け短い~ (2, 0.0%)

2 顎鬚を

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 は夫, は背

▼ 掛け紺絣~ (2, 0.0%)

1 の単, の單衣

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 ねたるかた, ねて

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 にはドーシャル, の紐

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 に掛け, をあらわ

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 に拳銃, に長剣

▼ 掛け茶屋越し~ (2, 0.0%)

2 にどんより

▼ 掛け草履袋~ (2, 0.0%)

1 を手, を提げ

▼ 掛け草鞋~ (2, 0.0%)

1 を穿き, 穿きに

▼ 掛け赤い~ (2, 0.0%)

1 切で, 顔を

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

1 を乗せる, を掛け登る

▼ 掛け遊ばしまし~ (2, 0.0%)

1 て, 少しお

▼ 掛け長椅子~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 掛け青い~ (2, 0.0%)

2 十字架を

▼ 掛け飛石~ (2, 0.0%)

2 を置い

▼ 掛け~ (2, 0.0%)

2 も剃らず

▼1* [439件]

掛けあいをやろう, 掛けあい場やったら黙って, 掛けあしき夢や, 掛けあそばしまして, 掛けありし鴨居の, 掛けいたく倦じたる, 掛けいろはにほ, 掛けかたで大きい, 掛けかの物いふ目の, 掛けからは命を, 掛けこちらの斜, 掛けごとに麻雀賭博, 掛けごろの一つ, 掛けさせいでもよかり, 掛けさるに至る, 掛けしまいに耳の, 掛けしも同じ事, 掛けじっと物の, 掛けじろじろ私の, 掛けつかり日蔭, 掛けすらりと抜きました, 掛けね, 掛けそこからは若い, 掛けそのまま冷して, 掛けそろそろその狆, 掛けそんな風に, 掛けたりと思うや, 掛けたりなどして, 掛けたるあるひ, 掛けネ, 掛けちゃあ麓の, 掛けちや恐れ入りますが, 掛けちや濟みません, 掛けが今, 掛けっぱなしになっ, 掛けてからでも奥様が, 掛けてが蒙古人, 掛けてけものや, 掛けてさえ二人で, 掛けててくりて, 掛けてまで会いたがる妹, 掛けてをれば, 掛けであったから如何, 掛けできるだけ完全に, 掛けでもする時, 掛けとはがらりと, 掛けなかッた, 掛けなぞをその上, 掛けなどしながら, 掛けなどを置き染革, 掛けならば確か, 掛けなんぞして, 掛けなんとも申訳無, 掛けにでもされたので, 掛けにとまつて, 掛けにも及ばねえ, 掛けねばいけません, 掛けねエ所で, 掛けばかりある半襟, 掛けばかりを研究した, 掛けひょいと前方へ, 掛けぶとんを泰二君, 掛けほとんど顔が, 掛けほどの勢力は, 掛けまことに御気の毒, 掛けまた自分も, 掛けまるで鶏鴨の, 掛けむりやり火燵に, 掛けえ苦労, 掛けもしくは思う男, 掛けもの花入れなどはその, 掛けやう筈もなかつた, 掛けやがつて, 掛けやがてユラリと, 掛けやや肥満せる, 掛けやらたくさんの, 掛けゆえ十円売って, 掛けゆるやかに葉巻, 掛けれいの勿忘草, 掛けわれを惡, 掛けをかぶつて, 掛けを以てしでに, 掛けオースチン師の献上物, 掛けコゼットにも腰掛けさし, 掛けコツク帽十人の青年, 掛けスルリ擦り抜けて, 掛けスーッと引いた, 掛けセンの天井, 掛けツルツルと一間, 掛けトコトコと二階, 掛けヒョイと空, 掛けビラに瞳, 掛けフラマンの胡椒, 掛けフルートを時々, 掛けブッツリと突き, 掛けポンと一つ, 掛けママが呼び, 掛けマルテはメフィストフェレス, 掛けラムプが此頃, 掛けリクの方, 掛け一刀伊那高遠の八幡社頭, 掛け一尺程切創一箇所, 掛け一息入れて, 掛け一方の壁, 掛け一本のビール, 掛け一生懸命に奔走, 掛け一節切に露, 掛け一階二階と昇っ, 掛け万里の孤客, 掛け三千円もする, 掛け三国伝来の妖狐, 掛け三年間を風雨, 掛け三枚掛けと色々, 掛けから水, 掛け上がりもしない, 掛け上りに掛る, 掛け上部は二本, 掛けすって, 掛け両手で舵輪, 掛け両端を胸, 掛けには始終, 掛け水は, 掛け乍ら下男部屋の雨戸, 掛け乍ら不意に抱き付い, 掛け乍ら寄つて隱し持つた脇差, 掛け乍ら平次は大, 掛け乍ら提灯携げて出, 掛け事情を告げ, 掛け二尺九寸の大刀, 掛け二度目の突き, 掛け二振りの剣, 掛け二百両位の手切れ, 掛け五六名の旗本, 掛けを呼ん, 掛け今度の凶行, 掛け仕切の板, 掛けへのない, 掛け伊太利小笛を吹い, 掛けひたく思つて, 掛けを浮かし, 掛け作り損じ製造用具, 掛け作者は語り, 掛けり武裝, 掛けの梵妻, 掛けのない, 掛けへども最早, 掛け候よう上意蒙り申候, 掛け候者を拵え, 掛け候者これ有り, 掛けの手当, 掛けなこと, 掛けはシャツ, 掛けをごまかし, 掛け全身で凭れかかっ, 掛け八十円だけの製造, 掛け八方より取巻かれた, 掛け其の身の上が, 掛け出しをし, 掛けを掴み取る, 掛け刀身をすっかり, 掛け列べて横手, 掛け委せに, 掛け勘定キチキチに小銭, 掛け勝手元の庭, 掛け十円するもの, 掛け千草の股引白足袋, 掛け千草木綿の股引, 掛けを結び, 掛け即ち八十円の, 掛け原稿料を手, 掛けに法華経普門品, 掛けされた様, 掛け古書を並べ, 掛け右手寄りにツツ, 掛け右足を前, 掛け合つたが薙刀, 掛け合つた末徳次郎と二人, 掛け合つた樣子で御, 掛け合つて以来のこと, 掛け合つて所謂事務所の横暴, 掛け合つて身を寄せ, 掛け合ひごとはあつ, 掛け合ひで滑らかなお, 掛け合ひで老のさび声, 掛け合ふつもりで山名屋, 掛け同勢すべて二百人大坂を立っ, 掛けふ程, 掛けの静まる, 掛けやかに, 掛け商品の陳列, 掛け四方山の話, 掛け土橋に近い, 掛け土間を通っ, 掛けしたるその, 掛け城内に残存, 掛け堂々たる供物を, 掛け堤方村の往来中, 掛けを片づけ, 掛け場所笊の置き, 掛けに, 掛け外出にも持ち歩いたであろう, 掛け外陣の講座, 掛け夜具の端, 掛け大きな靴を, 掛け大膳小屋のタレ, 掛け太刀を佩いた, 掛け女房恋人にまで信用, 掛け女給はすべて日本髪, 掛け好きなラ・ラビア, 掛けのお, 掛け始終海岸防禦にのみ, 掛け姿見に対, 掛け婦人の体, 掛け嫁子さんを上, 掛けの市, 掛け守袋の紐, 掛け守袋一つの逞しい, 掛けには坐れ, 掛け富士甚内は躍り掛かっ, 掛け左衞門が, 掛け小屋しばやとかの, 掛け小屋御免で道頓堀, 掛け小腹を束縛, 掛け小道のうち, 掛け少し傾けるよう, 掛け尻端打という出立, 掛けという大岩, 掛け岩羽衣の松, 掛け布巾その他色々なもの, 掛けで塵, 掛け帰りにその, 掛け庄三郎は麓, 掛けの上, 掛け床屋は後, 掛けから奧, 掛け座布団の上, 掛け座敷に垂, 掛け建部の溝, 掛け廻りに往, 掛け引き一つで行こう, 掛け引き万端それはきびきび, 掛け引き無しのところ, 掛け当分病気だと, 掛け彼女は彼, 掛けの言葉, 掛け後隊の便, 掛けられた数珠, 掛け思い沈んで, 掛け急ぎ行きて, 掛け悩ましい体を, 掛け悪い事を, 掛け悲しみを哀訴, 掛け惜んでゐた, 掛け愉快な会話, 掛け愛想を尽され, 掛けを忘れ, 掛け我が愛にも, 掛ける物, 掛けはたたかず, 掛け戸外を視, 掛け手拭糠袋を持っ, 掛け手足に纏う, 掛けの寄席, 掛け換えられ急に, 掛け換わりでもし, 掛け放れた彼らと, 掛け散らし髮に兜巾, 掛け斤目によって名前, 掛け新しい帽子を, 掛け方パンの扱い, 掛け既に片影が, 掛け日中は硫黄, 掛け日本式ホオズキ提灯数十個をともし, 掛け明るい方を, 掛け易く出來, 掛け時々余の, 掛けと罅, 掛け暫くは差向, 掛け暫時にし, 掛けに凭, 掛けたったその, 掛けなぞに遺る, 掛け枕元に香, 掛け枯木に縋り, 掛け柄杓を持っ, 掛けに手, 掛け桐油を羽織っ, 掛け検電機の捻じ, 掛けが小, 掛け横ざまに乗りて, 掛け機関車と給水タンク, 掛けの五騎, 掛け歌口を沾, 掛け此三日間を如何, 掛けには私, 掛け毛布の下, 掛け毛氈のこと, 掛け気分でぶらぶら, 掛け水中の実演, 掛け水気の断, 掛けを心, 掛け派出へ引い, 掛け流し物一時的の, 掛け浮きあがるよう, 掛け淨衣は衝立, 掛け渡し終りて, 掛けを掛けし, 掛け湿っぽいような, 掛け灰色の霧, 掛け無理に引, 掛け無茶苦茶に鍵盤, 掛け無表情な群衆, 掛けにてはじけ, 掛けに裂き, 掛けよがりの, 掛けも打ちき, 掛け玄関に出, 掛け玩具など置き並べ, 掛け甘酒を往来, 掛け甚内もしばらく, 掛け田町へ出まし, 掛け申して, 掛け町はずれの国道, 掛け将几, 掛けの床, 掛け病癒れば, 掛け痩身でちよ, 掛け発光路まで幾金, 掛け発句地口など様々, 掛けの甲掛脚半, 掛け白手袋の両手, 掛け白鉢卷に身, 掛け相手の肩, 掛けを伏せ, 掛け稽古に熱心, 掛け掛けて, 掛け竝めて玉名少女, 掛け竝め日ざかりや関, 掛けで塵, 掛け籠枕を頬, 掛けの徳利, 掛けが漲る, 掛け紋付羽織が好き, 掛けの上, 掛けの對, 掛け紫色に叩かれた, 掛け結びの帯, 掛けが幾つ, 掛け網代笠をさげ, 掛け綴りにつづっ, 掛け綿麻の下着, 掛け総体に打, 掛けに細波, 掛け縁側で絞め殺した, 掛け縊死して, 掛けにかかったらしい, 掛け罪滅しのため, 掛け羽織は着, 掛けねたるかた, 掛け聲それらの甲高く強い, 掛け股引尻端折という面白い, 掛けを卷き, 掛け脚絆の緒, 掛け腋の下を止め, 掛け自害して, 掛け臭くて鼻, 掛けが漸次, 掛けの中, 掛けを活け, 掛け花笄に平打, 掛け若く幸福そうだった, 掛けなど沸かし, 掛け茶屋花には早い, 掛け草履で片手, 掛け草摺掛けなどを置き, 掛けの軒, 掛け菅笠に金剛杖, 掛け華美な羽織, 掛け萬屋さんと一緒, 掛け之助, 掛け葉巻をくゆらし, 掛け蒔絵の鏡立て, 掛け蒲脚絆を着け, 掛け蚯蚓と呼ぶ, 掛け螺旋形に蜒, 掛け行きずりに一夜, 掛け行灯の明り, 掛け行脚の僧, 掛けをつかん, 掛け表側の塀, 掛け成りましては, 掛け両袖, 掛けの雨戸, 掛けを端折っ, 掛けにも紫革, 掛け西餅屋に控え, 掛け言葉で風, 掛け議官僧官さへ頷き, 掛け議論たるに過ぎない, 掛け買いでそれ, 掛け越し方を見下せ, 掛け軒先へ組合, 掛け近く来ると, 掛け通しにし, 掛け連らねられ桜, 掛け連らねた唐辛子唐黍大根の如く, 掛け進入を掛けた, 掛け遂に自分の, 掛け道中の風情, 掛け采配を持っ, 掛け金銀衣類を奪い取り, 掛けがある, 掛け鉛筆を借り, 掛けの運び, 掛け敷く万一, 掛け防火用の黒い, 掛け階子をのぼっ, 掛けつまじと, 掛け隣郷の者, 掛けに連れ, 掛けは南瓜, 掛けの桟, 掛け青磁のよう, 掛けを垂れ, 掛けを引い, 掛け頭北面西にし, 掛けに輪, 掛け額髮おし上げて, 掛け風呂敷包みまで腰, 掛け飛礫の袋, 掛け食器を並べ, 掛けに事欠かず, 掛け飯島の遺書, 掛け駿府の城, 掛けは大黒頭巾, 掛けをねり, 掛けの縮緬, 掛けの脚半, 掛けっ先