青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「掛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~捨て 捨て~ 捨てる~ 据~ ~据え 据え~ ~掃除 掃除~ ~掌 掌~
掛~
~掛け 掛け~ ~掛けた 掛けた~ 採用~ ~探し 探し~ ~探偵 探偵~ 接し~

「掛~」 3366, 36ppm, 3201位

▼ 掛~ (400, 11.9%)

11 上に 7 下に, 間から 5 丼から, 後ろに, 紐で, 裾を, 隙間から 4 い, 中に 3 ように, 丼に, 方へ, 方を, 船員は, 良い娘, 良い男, 裾に

2 [24件] かくしへ, ところで, ような, ドンブリに, 上へ, 下で, 下へ, 中には, 人が, 処は, 声を, 外に, 女中姿を, 手荷物を, 方が, 桃色の, 紐の, 紐を, 絹寒冷紗硝子扉の, 者が, 良い女, 芝居を, 薄茶色の, 間へ

1 [270件] あたりには, ある人間, ある室, ある廊下, ある武士, ある町人, ある者, いい作家, うえに, うちに, お方で, お方は, かかったテーブル, かくしに, かげから, ことは, じとじとに, せいじゃ, そこここには, そのばあさん, それを, ついた鏡, とこで, ところだけ, ところへ, ところを, どんぶりに, ないもの, ない新調, ない窓, ない隣り, なかへ, ひだの, ほうへ, ま, ままである, まま枕元へ, まま炉辺で, もりあがって, やうな, よいお, よい信心, よい女中, よい聟, ようでいけません, ようなる, よからぬ, よさ, ゴオルキイは, ドンブリから, ブルターニュ風の, 一人で, 一番い, 一等主計と, 三原喜之助の, 上から, 上で, 下から, 下より, 下女が, 下婢が, 世話女房赤様を, 中で, 中へ, 丸太を, 主人の, 丼にでも, 丼の, 丼を, 事件には, 五人や, 交代に, 人でございました, 人でございます, 代りに, 何とも云, 処に, 刀に, 刀を, 前に, 前へ, 効能とは, 包みを, 半襟は, 可い, 名で, 向に, 善い人, 四布蒲団を, 地も, 場合に, 大事に, 奥へ, 女が, 女に, 女よ, 奴だ, 好い人, 如何を, 妻に, 姿が, 姿で, 姿に, 婀娜女は, 婦人労働者に, 字の, 小さな荷物, 小僧や, 小劇場, 小屋の, 小母さんに, 少し上, 少尉の, 岩田内蔵之助御, 左の, 巻いたの, 帽子と, 序に, 底から, 底に, 底の, 廉半襟を, 建物に, 影にも, 役人は, 役人を, 後に, 後ろの, 悪い女子, 悪い女房, 惜くも見ゆる, 惡い, 慥な, 房の, 手へも, 手拭を, 技手に, 持主は, 指令は, 掛ったテーブル, 搖ぐほとりに倚子を, 支度で, 方に, 旅荷物小, 旨く行, 暦など, 松と, 様に, 様子から, 様子までが, 模様を, 歴史劇に, 殊勝なる, 沸り足らない, 油紙を, 浮織を, 深い襞, 渡辺さんも, 火が, 火を, 片膝, 男でした, 男でもねえ, 男に, 男タ, 疊み, 白き布, 白く染め抜かれ, 白布を, 皺み, 皺や, 相場ぢや, 眞田紐では, 真田を, 眼鏡を, 短い舞, 神事に, 立派な, 端で, 竹から, 筍ほど, 答弁を, 算法である, 算法に, 管轄で, 箭を, 紐か, 紐だつたさうだ, 紐ぢや, 紐です, 紐とか, 紐に, 紐は, 紙鳶屋が, 紫スタンプが, 細い脚, 給仕が, 絵馬や, 絹寒冷紗その, 絹寒冷紗其蔭の, 総が, 縁から, 縁を, 羅紗の, 美しいお, 者じゃ, 者は, 者も, 者共を, 胸へ, 脇差の, 腰を, 膝に, 膝を, 臭気が, 良い人, 良い少し, 良い息子, 良い遺族, 色が, 色の, 芝居が, 花の, 芸術的価値を, 若い男, 若者です, 茶屋を, 菊が, 蔭に, 薄い膝, 蝋燭が, 蝋燭は, 行李を, 袖口の, 被告竹内景助が, 装置も, 裏に, 裏まで, 裾から, 裾が, 裾は, 襞の, 見世物を, 言葉を, 説明で, 説明であった, 調, 警官に, 負担を, 足袋は, 踏段を, 身は, 釘へ, 鏡を, 陰から, 隅の, 隙間を通して, 隙間越しに, 隠しへ, 隠しへでも, 隠に, 類で, 類は, 飴屋が, 飴屋と, 馬の, 馬簾を, 鹿, 麻糸の, 黒さ

▼ 掛~ (358, 10.6%)

26 して 14 かけて 7 着て 4 持つて 3 両手で, 掛けて, 通す鉄棒

2 [19件] あてた新, かけ肱, つくつて, ひろげて, やって, 卸して, 呼んで, 巻付けた, 引いて, 捲いて, 有つ, 締めて, 貸して, 透き斜め陽, 透した明るい, 透して, 集めて, 顔へ, 首から

1 [260件] あけなどす, あげて, おこした, おろして, おろしに, おろすの, おろせ, お勝手に, お教え致しました, お松の, かけさすと, かけその他類似, かけたの, かけたベルネ, かけたホテル, かけた両, かけた丸い, かけた受持, かけた太った年, かけた姿, かけた小さな, かけた小僧, かけた彼女たち, かけた粗末, かけた長い, かけつつ, かけ全身, かけ茶, かけ鼠色シャツ, かぶり窓掛, させるにも, さらさらと, されて, したおでん屋汁粉屋燒鳥屋, したこと, したといふ, したもの, したり, した十五六, した地蔵如来, した大勢, した女, した帳場, した痩せこけた爺さん, した鶴子, してる者, しない由子, しなやかな, しました, しめた四十恰好, しめて, しめ刀, しめ雪駄ちやらち, しめ黒縮緬五ツ紋, し地下足袋, し立兵庫, し鯨, する事, せられました, つけさせたの, つけさせられ朝, つけたの, つけたば, つけて, つけなければ, つけられて, つけ手, つれた騎馬, とられて, なさるも, はぎ合わせたよう, はずすと, はね上げながら, ひき固い, ひらめかせ代表員, ふるいました, もたげその, やり一朝, よくした, コツコツ打ちつける, スカートいっぱいに, ハンケチに, ポンポンと, マクリ上げ, 一つ取出しました, 一寸抓ん, 一枚引きよせました, 上げて, 上げますといふ, 下して, 下ろして, 二杯食べました, 以つて改めて, 件の, 作って, 作りて, 借りて, 其方へ, 出して, 出た出刃庖丁, 函に, 分析検討し, 刎ね, 刎散らし, 初め在ゆる, 勤めた, 勤める程, 卸した闇, 卸すこと, 友人に, 取って, 取りに, 取ると, 受取つて, 叩き立てて, 合図し合う, 呼寄せて, 命じ下田奉行, 垂れて, 基礎として, 外して, 大きいおなか, 天井へ, 夫に, 少しだけ, 巻付けました, 帶に, 廃し, 引きおろした, 引きはがして, 引きました, 引く気, 引つかけると, 引抱い, 引掛け, 後に, 後ろに, 得る事, 徹底させる, 忘れずに, 忘れなければ, 忘れました, 念入に, 懸けて, 懸け露, 手に, 手伝って, 手離し, 払いながら, 払って, 払つて朝の, 払ひ除けた, 抜きに, 押えた, 押しのけると, 押し開けた, 拂いのけ, 拜命し, 拝した, 拝命し, 拡げて, 拵えて, 拵えました, 拵へ, 拾われては, 持って, 振うか, 捌き, 捜すらしかつ, 捨てて, 捲り上げました, 掛けたり, 掛け仰向いて, 掛け新しい, 探って, 推除け, 掩うて居る, 掩ひ, 掲げて, 掴み出した時, 握った両手, 握った片手, 揮り放そう, 携へ, 支払って, 新しく見, 新聞屋の, 晴れて, 枕に, 欠いて, 歩む熊野, 残らず側, 氣に, 求め候, 片寄す, 片寄せて, 獨りで, 用いるが, 疊んで, 発見し, 皆まで, 眺めて, 眺める, 眼を, 着けた面長, 着たお姫様, 着た米友, 着た花嫁, 着ても, 着ました, 窓の, 終り十二月廿日, 結び且つ, 絞った高い, 締めた荷揚, 締めながら, 締め寒けれ, 縫って, 缺い, 置き留守居, 置けるは, 羽織って, 背中まで, 胸に, 胸高に, 腰から, 膨らませて, 自分に, 自分の, 致して, 致しましたが, 荷の, 被せたに, 被せたの, 被つた, 被つて, 見せて, 見付けると, 解いた, 訪ねて, 請求するであろう, 貰った, 買って, 買つて來た, 透し視る, 透す日光, 透視する, 造つて居著い, 遺したに, 開いた, 開くと, 開けたまま, 開けて, 雑作も, 頭から, 頭に, 食うと, 食うの, 食べさせる店, 鴎に

▼ 掛つて~ (247, 7.3%)

11 ゐた 7 ゐる, 居る 6 居た 5 ゐるの, 居ました 4 ゐたの, 来た 3 ゐる時計, をりました, 居たの, 居たん, 居りますが, 死んだと, 死んだの, 殺されたの

2 [15件] はゐない, ゐたと, ゐて, ゐると, ゐるので, ゐる古い, 居たが, 居た筈, 居て, 居りました, 居るか, 居るが, 居るの, 来る, 死んだつて

1 [144件] おヒヤラかす気味, お願, から今日, から幾度, この文句, この気, この節, ごつたす, しまつ, た, たつた十九, なるもの, はにやにや, はゐなかつた, は一寸, は助かり, は居りませんでした, は所謂, みると, も宜し, も是以上, やがては, る, る白い, ゐたが, ゐたさ, ゐたので, ゐたらう, ゐた大きな, ゐた木綿屑, ゐた松, ゐた樣子, ゐないか, ゐないの, ゐなかつた, ゐなかつたもの, ゐなかつたら見逃すの, ゐました, ゐますよ, ゐませんでした, ゐるか, ゐること, ゐるそれ, ゐるでは, ゐる十幾人, ゐる博士, ゐる密室, ゐる忍び返し, ゐる掲示板, ゐる望み, ゐる本箱, ゐる柱鏡, ゐる毛布, ゐる消防係り, ゐる炉端, ゐる無明, ゐる私, ゐる箱, ゐる舟, ゐる薄暗い, ゐる遁, ゐる長剣, ゐる鴨居, をら, をります, バタバタし, 不機嫌, 亡くなられたの, 亡くなりましたが, 其の側, 出られなくな, 動いたかも, 多少の, 射貫, 少々位, 少しばかり, 居ず二人, 居たさ, 居たと, 居たら成, 居た白い, 居た相, 居た雪, 居つたり, 居ない上, 居ましたぜ, 居ましたよ, 居ますよ, 居ませんよ, 居りそれと, 居ります, 居ります斯, 居りません, 居るあれ, 居るお前, 居るから, 居るくら, 居るそれで, 居るぢ, 居ると, 居るとは, 居るん, 居る人, 居る料理菊, 居る時計, 居る机掛, 御話, 来さうな, 来たかの, 来た相手, 来ないやう, 来なくなつ, 来る場合, 来る時分, 死にたいの, 死ぬの, 死んだ, 死んだといふ, 死んだとも, 死んだのに, 死んだもの, 死んだん, 死んだ伊保木金太郎, 死んだ翁屋, 死んだ薊, 段々と, 殺され, 殺された, 殺されたと, 殺されたに, 殺されたので, 殺されたんで, 殺された一埒, 殺されてを, 漸くと, 漸く突出, 苦しんで, 行くから, 見た處, 見ると, 見るも, 詰り五十銭, 遠い花見, 騙されたこと

▼ 掛~ (219, 6.5%)

6 して 4 なりました 3 手を

2 [16件] かかって, かけた, かけて, くるんで, なって, なつて, なるとき, 女の, 手から, 手の, 斬って, 斬られたの, 斬られたま, 斬られて, 映つた, 長い尺度

1 [174件] ある, あるやう, ある冬日, ある神仏, いっぱいに, かけられた, しまして, しゃくい込んで, しようと, ついた米, ついて, どの山, なし其上首筋胴, なったので, なったり, なった薪置場, なっても, なつた, なられますので, なりかけた時分, なりそう, なりますか, なりますと, なりやがて, なる, なると, なるという, なるなら今, なるなんて, なるメーテルリンク, なる様, なる訳, よく似, よらないもん, よらない性悪, よらない敏感, よらぬ学者たる, よらぬ學者たる, よらぬ羞, よらぬ辣腕, 一寸一円貸せ, 一寸寄ったら, 一粒銜え, 上田まで, 上野辺まで, 両肱, 云うと, 任じ大阪, 体を, 例の, 俯伏し, 入れて, 内が, 凭る, 出ます時, 切って, 切りましたから, 包んだ火熨斗, 包んで, 半ば蔽われ, 半纏を, 印半纏の, 合歓の, 吸わせ何ん, 唐桟の, 大小を, 子供の, 寄って, 寄らず最後, 寄るの, 寄席的な, 小さな草刈籠, 左の, 己ア肩叩えて, 師団長旅団長師団の, 帯は, 帽子を, 引上げようなどと, 必ず草鞋, 愛でて, 感じ入, 感心し, 懸けて, 成ったら可, 成つたの, 成りました, 成りましたよ, 成るそう, 我々の, 我を, 手拭の, 打据ゑければ, 扶けて, 持主の, 捻込んで, 掛けありし故, 掛けあり手近, 掛けて, 掛ける, 接近した, 斬った恐ろしい, 斬った手口, 斬つた手口, 斬られたに, 斬られたもの, 斬られた伊之助, 日の, 春を, 有った一刀, 有合せの, 服を, 染めた店, 欄干が, 正吉が, 涎掛を, 潜ませながら, 炭を, 片腕を, 特別な, 用いられます, 留意し, 白い葵, 目を, 瞭然と, 禦ぎ同体割相撲, 穴が, 立脚した, 立見を, 紅梅が, 紋附羽織を, 納めて, 紺の, 紺足袋穿という, 結びっ玉だらけ, 絣の, 纏まった容子, 置く塵, 美事な, 羽織姿の, 背いたこと, 脊中を, 脚絆を, 腕を, 腰を, 致しましても, 色彩羅馬の, 花車の, 草の, 華美や, 落ちて, 蒲鉾小屋を, 行って, 被成, 見なれない男, 見るよう, 触って, 觸つた, 言つた事を, 話しかけるよう, 赤い筋, 途中で, 遊びに, 遣れるもの, 遮られて, 釣しあり, 隣へ, 雨が, 須田町で, 頬辺を, 頭の, 頭を, 顏を, 飛び上って, 鼠色の

▼ 掛~ (130, 3.9%)

3 なくては, 風に 2 あった, ふはり, 出来て, 好きで, 急に, 自分を

1 [112件] あったが, あつた, あつたら, あなたを, あり寝床, いいから, いかん, えが, えを, お濱, かかる, かけて, くくりつけて, これを, すっかりおろし, すんなりと, その少年, その時, それほど違う, たいへんいそがしく, つかない係長初め何人, つけて, つまり守護霊と, できました, どうした, ないの, ないので, なきゃこれ, なく薄い捲, なければ, ゆるされるならば, よくわかる, ガタンと, スルスルと, ダラリと, 一つクルクル, 一枚ありました, 一枚戸棚に, 上って, 下がって, 下げて, 下りて, 与へられること, 主に, 二人を, 人気の, 人氣の, 伊集院平の, 入って, 出来か, 出来やす, 切符を, 利くだねえ, 十六文する, 古びて, 四幅も, 垂れて, 堀田一人で, 大抵重, 始まれば, 屍体の, 左右に, 帆の, 引かれて, 引かれてるにも, 引き絞ったまま硝子, 必要だ, 必要だろう, 必要です, 悪い, 悪いの, 悪くっては, 惡い, 惡いから, 懸かって, 懸つて, 掛けて, 掛け連ねられて, 掛つてゐる, 擦り落ち, 最も必要, 来て, 架って, 気に入ったよ, 氣に, 汚れ切って, 油染みて, 無いので, 無い様, 無かつ, 無くては, 焼焦, 燃え出したよう, 緑色では, 置いて, 背後から, 胸で, 能楽の, 自然その, 至らぬからの, 良いので, 良い方, 見えた, 見える, 賞讃せられる, 踊つ, 違ふ, 鄙びた形, 野蛮である, 鋭い鋲, 隱し, 願へ

▼ 掛~ (115, 3.4%)

11 手を 3 あった, 濡れた手, 顔を 2 働いて, 東嶽に, 涙を, 顏を

1 [87件] あったこと, あまり眼, あるから, あるからのう, あると, あるとしても, ある所々, ある掌中, いれば, お雪, こすった, こすつた, こすり, この山, ござります, すたすた来る, そつと, その上, その中, そんな事, やってる者, 一杯ひつかけた, 丁寧に, 五六軒遣っ, 人の, 人を, 働き出した, 出掛ける, 十文目筒を, 半纏を, 叔父を, 口を, 喉を, 大儀相な, 寒さ, 居さ, 店の, 張物を, 得意先, 手拭を, 押えたお, 拭いた, 拭いつつ, 拭いて, 拭きながら, 拭き拭きあがって, 拭き拭き出て, 掛る布, 掩はれた, 撮れて, 斃し, 日本の, 暮して, 月給四十円であった, 棺桶を, 植物学教室に, 歩いて, 殺した曲者, 汗を, 浅黄模様の, 濡れ手を, 私の, 粉だらけの, 胡坐に, 腰を, 舞台に, 芝居を, 芸術的効果を, 装飾され, 計らずも, 詩人ダンテが, 話が, 販売する, 買うの, 買入れるとき, 買入れを, 身を, 近在の, 鉦を, 銀行へ, 防ぎました, 頤や, 頭の, 顏などを, 飲まうなど, 飾つたそこの, 麥の

▼ 掛椅子~ (96, 2.9%)

12 に腰 5 にすわっ 4 に埋もれ 3 の前 2 から移転, にかけ, にすわり, に身, の上

1 [62件] いろ, から立ち上った, から立上つて, があった, がとりまい, が一つ, が一脚, が置い, が部屋, である車輪付き, でいつ, と一脚, と二つ, などを取り, など取り留め得られる, にいつ, にかけた, にかけて少年, にぐったり, にしどけなく, にすわり込んだ, にどうぞ, になさいます, にはプリングル氏, にばらばら, にもたれ, にもたれた, にも施され, にゆったり, に事もなげ, に仰, に倒れた, に凭, に凭りか, に反り返っ, に反身, に坐っ, に坐り込んだなり, に寄りかからせ, に戻り, に着かれた, に背, に腰かけた, のところ, のまま会場, の中, の動く, の布団, の後ろ数歩, の擦り切れた, の背, の腕木, は屋根裏, へ腰, もない, も気, も見た, や寝, や祈祷台, を壁, を見る, 小さい一臺

▼ 掛~ (79, 2.3%)

8 のない 3 なしに, をし 2 で空理空論, のこと, もない, をする, 善く機宜

1 [55件] がありました, がある, があろう, がうまい, がない, がなく, が多く, が強, だの朝鮮方, ですが, でやっ, で出, で叩き上げたせゐ, で申す, との多い, と臆測, なき自由発言家, なき自由發言家, など気恥しく, なんかしあが, なんかしやがっ, なんぞには並々, にせよ, によって定まる, に充ち, のうまい, のため, の妙, の強い, の忙わしきもの, の自在, はよっぽど, は日夜, は止し, は結局自分, は親子, は軍記, は難, もあらう, もなく, も僞, も技巧, も知らない, も細工, や嘘, よ, をいたし, をするで, をまだ, を変ずべからず, を知ら, を知らない, を自然, を見せ, 割当てた寄附金

▼ 掛~ (77, 2.3%)

2 垂れて

1 [75件] あまり結構ぢ, いつも白, おほ, おろか召し, かなりよごれ, この子たち, この際徹底的, これまた, すっかり下り, それを, どうして起った, なんだかわけ, にやりと笑い, コイツらしい, ニュッと, 一つも, 一人で, 下品尾籠の, 世の常の, 並は, 些とは, 今日取変えた, 何處と, 余り立派, 兎も, 其召物を, 別として, 勿體らしく, 十銭という, 又別, 双子と, 古いの, 喜ばしさ, 大方十年も, 実に感心, 実の, 少年に, 屹度だ, 川北孫左衛門という, 平常毎日, 幸千鶴子にも, 幾らだ, 幾度も, 御位, 悪くっても, 感心だ, 明かに, 昔からの, 最初の, 有るけれど, 枯木の, 止して, 気の, 海老茶の, 無い様, 男の, 白無垢の, 皆亡き, 真白だ, 立ち縮んだ, 緞子の, 縮緬に, 與母吉が, 色の, 薄い板敷, 見るから, 見当らなかつた, 親分, 誰のだ, 貴方の, 違う見上げたものの, 長くて, 降りて, 頷いた, 駈足

▼ 掛かつて~ (69, 2.0%)

8 ゐる 6 ゐるの 4 ゐた 3 ゐて

1 [48件] おる, この私, その日, それに, ましたよ, ゐたり, ゐました, ゐますが, ゐますので, ゐようといふ, ゐるきり, ゐるやう, ゐる小形, ゐる工合, ゐる帽子, ゐる所, ゐる所謂一大事, ゐる時計, ゐる松林, ゐる男, ゐる町中, ゐる白い, ゐる軸物, ゐる黒い, ステパンは, チヤンと, 上の, 下草に, 云ひ, 來た, 來ない, 俺の, 取るだけの, 天一坊は, 居ります, 居り水道, 居る, 幾が, 忙が, 拵へ, 来ました, 来るやう, 歩一歩踏締て, 死んだもの, 準備を, 稀く, 貯へた金は, 赤く嘴

▼ 掛~ (62, 1.8%)

4 して 2 がある, に制せられた, のない, はなけれ

1 [50件] あるいは自分, があっ, があった, があつ, がありあり, がって駄目, がつて駄目, が不安, が折々, が猛烈, さえなく, されて, しあるいは, しかつ, したばかり, したるもの, しながらも, し学者, するに, だけが問題, である, でふるえ, で暗に, となら, なきに, なく押し切っ, に及ばず, のある, の体, の半分, の問い, の曇り, の種子, はその, はなかッ, もあった, もありました, もない, もなく, もわし, も起らない, より, をどこ, をまるで, をもっ, を抱いた, を抱かない, を省い, 少しも, 被下間敷候

▼ 掛かつ~ (53, 1.6%)

225 たやう 4 た時 3 たので 2 た褐色

1 [17件] たかと, たこと, たといふ, た事, た六角時計, た刹那, た壁, た椰子, た氣持, た洋服, た生徒, た色, た薄暗がり, た薄皮, た軽い, た鍋, た頃

▼ 掛~ (53, 1.6%)

2 それから, 来たの, 水を, 行く了見

1 [45件] いた, いつた, いる難事件, うちん, お目, ひとりで, ふわりと, まず, やった想い, ゆさ, ギイツと, ヤット胸に, 三泊り, 事切れと, 今なほ襟に, 休息し, 使ひける, 出した者, 参られて, 居たが, 居て, 居り此方, 居る, 思ふ存分日光, 書き, 来るなら相手, 来れば, 目科は, 私かに, 移り気ならぬ, 笛尺八で, 自分の, 船頭が, 藁叺を, 行く, 行った, 行ったの, 行ました, 見ても, 見る如くと, 警視庁が, 赤地に, 閾を, 階下で, 飼ひける

▼ 掛小屋~ (42, 1.2%)

3 の中, の裏 2 があつ, のやう

1 [32件] から顔, がぎつしりと, が出来かかっ, が出来た, が常設館, だの露店, であった, では今, で乃木大将, で二人一緒, で活動写真, で見, で見た, で見世物, なので, のうしろ, のなか, の上, の主, の付近, の楽屋, の芝居, の裏手, の西側, の鳴物, はごらん, へおまえさん, へはひり, へ急い, へ首, をいちいち, を作つて

▼ 掛~ (41, 1.2%)

3 何も 2 なかった, 持たずに

1 [34件] あります, あれば, お料理, きれいな, して, しなければ, ない, ない異母兄, ない窓ぎわ, なく算盤, なしに, なし声, ルノアール張の, 京染の, 人柄も, 作ります, 入って, 全部手製でなけれ, 好い, 念入りで, 新らしい, 椅子も, 気が, 洗濯した, 済んだの, 濡れて, 無き事, 無くからくり, 申分ない, 破れたり, 純白とは, 買つてや, 雨に, 飾って

▼ 掛~ (38, 1.1%)

2 なつて, 云ふ

1 [34件] いい捲上げカーテン, いっしょに, おっしゃるの, その光り, それからさきほど, なって, 一緒に, 云うもの, 云う風体, 云っても, 仕給うか, 化けたの, 可愛い家鴨, 問うに, 帯と, 広巳, 思いますけど, 換へ, 杉箱の, 歯磨ブラシコップなど, 洋傘とは, 無電掛が, 申程に, 畳の, 真白い晒布, 石膏の, 簪が, 絨氈の, 舎人とに, 莨入を, 見えて, 言つてね, 言へ, 額とで

▼ 掛つた~ (29, 0.9%)

3 に違 2 と思ふ

1 [24件] から助け, か知れません, が今, が軈て, すると群雄四方, その女, でせう, ところで生徒, としたら, と余, と相, ので此, ほど悦び, らしいん, をり, んべな, 半纒, 大鍋, 少し地味, 尤も埼玉縣, 恐ろしい惡黨, 有難くない, 美しい蝶, 青蟲

▼ 掛から~ (28, 0.8%)

2 して, 舞台に

1 [24件] こっそり地図, もそもそと, エルテルは, 一挺の, 両手を, 中老引まで, 五十銭銀貨一枚出し, 五十錢銀貨一枚出し, 十九号と, 却ってタジタジ, 厳重に, 取ると, 外し手, 帽子を, 来て, 楽屋へ, 滑り込んで, 犯人が, 白い神, 紙切れを, 芋を, 花の, 財布を, 鬣尻尾まで

▼ 掛~ (28, 0.8%)

32

1 [23件] からいつ, からお, から何時, から間, から餘裕, がかう, が博士, が可笑しい, が折目, けれどちょっと, そうです, その気, とかそれ, ところで今度, と判る, と存じました, と思えました, と思っ, なア, な親方, のを, 口惜しかったら, 是が

▼ 掛~ (28, 0.8%)

3 をかけ

1 [25件] から恐るべき, から掛聲, が時々, が聞える, して, で居るです, で撲つた, とが入り, に走り退く, はありません, は人生, は何處, は殊に, ばかりきこえ, まで耳, もきこえなく, も構はず, を, をしぼり出し, をする, を三人, を以て酷, を尤も, を送り, 勇ましき黒塗馬車

▼ 掛行燈~ (25, 0.7%)

2 が見えた, の下

1 [21件] が懸け, が戸毎, が有る, が疎, が薄暗い, が赤く, だけがかんかん, などを見, など引受け, にはまさしく, に浮気御免, に火, に算木, のともつて, の光り, の前, の更けた, の絵, の風致, は少し, も少し

▼ 掛~ (23, 0.7%)

2 に凭つて, の障子

1 [19件] あり, から外, から暗い, がある, で谷川, にもたれ, に倚, に疲れた, に肱, の側, の外, の手摺, の竹格子, へ片足, めいた低い, もあっ, を覗く, を開け, を開ける

▼ 掛~ (21, 0.6%)

3 や羽織 2 を見せ, を道具屋

1 [14件] がない, と双子, と泥だらけ, と羽織, なしで, の様, はどこ, も売っ, や泥だらけ, をかけ, をみせ, を売る, を川, を持っ

▼ 掛~ (19, 0.6%)

1 [19件] かとビク, が市, が引き退がっ, たちの, たちは, たちを, でも待たせ, にも見離された, にゆく, に押しかけられる, に歩かせられた, に頭脳, のおれたち, の町人, までも, ももう, 也今更の, 共の, 金を

▼ 掛つたの~ (15, 0.4%)

2 が彼これ夜

1 [13件] か, が幸ぢ, が指井, である, であるが, でした, です, でせう, に紛れ, はこの, は丁度, を權右衞門, を運命

▼ 掛~ (15, 0.4%)

2 の裾

1 [13件] ありて, に嫁菜, に山, のきれ, のずらりと, の伊賀, の外, の此方, の穂, の背後, の陰, は一杯, を縫っ

▼ 掛くる~ (14, 0.4%)

2

1 [12件] がよろしい, が肝要, こそ人, ことが, こと雨の, ときは, と共に正式, なりと, に小声, ものから, 少き一人, 強盗の

▼ 掛三年~ (13, 0.4%)

3 にもなる 2 の間 1 と言, にて再び, に成ります, に成る, に跨る, の長い, ばかりの不, 経って

▼ 掛~ (12, 0.4%)

1 [12件] さえ設けてなかった, として評定所, に手伝われ, の徽章, は, は七月一杯, は又, は広, は油, は私, は葬式, へ托し

▼ 掛~ (12, 0.4%)

2 の上 1 がかかっ, で蓋ごと, のいとも, のとられ, の下, の皺, の穴, の裾, は人, を速

▼ 掛~ (12, 0.4%)

2 して, で尋常二年, をする 1 が増えた, だった, で随分, の件, の寄席, を致し

▼ 掛~ (12, 0.4%)

2 をながめ 1 などがほしく, にした, に書い, のところ, は不, もさび, やクツシヨン, や厚ぼったい, や相応, をながめました

▼ 掛~ (11, 0.3%)

1 [11件] から夫, が学べ, のが, のは, ものと, 堕落だ, 大荷物, 少年が, 御方でした, 紙を, 若い衆の

▼ 掛~ (11, 0.3%)

1 [11件] かけて, べっとり附いてる, 仕舞いこんだ, 斜っ, 書いて, 油を, 消えて, 脇差を, 行ったの, 附く筈, 願い出ること

▼ 掛~ (11, 0.3%)

1 [11件] から子, さまざまな, 五掛の, 御掃除, 所行や, 手提を, 武内樣の, 股引を, 行為より, 調度を, 頭巾胸当などを

▼ 掛蒲團~ (11, 0.3%)

1 [11件] が一枚, と白い, の染めた, は要らない, をとつ, をとつぷり蓋, を一枚, を剥ぎとられる, を四つ, を引張る, を足

▼ 掛引き~ (10, 0.3%)

1 がない, でかクルベー, ではなく, で腹, などなかなか, に乗っ, のあらん, ののち, もありません, をしまし

▼ 掛次第~ (10, 0.3%)

1 だ家, でその, で人相, で出来ない, で十分家事, で善く, で女, で如何なる, で引取つて世話, で貴

▼ 掛です~ (9, 0.3%)

51 からどんなに, かッ, が紐, ねところで

▼ 掛~ (9, 0.3%)

1 および寒天寄物, が唐辛, に大概, の味, は鮭, をかけ, を拵えます, を添え, を舌

▼ 掛~ (9, 0.3%)

1 が, があと, が席, といふ事, のそば, の肩, の藤井氏, はあきれ, は鋭敏

▼ 掛~ (8, 0.2%)

1 が忽ちに, てあっ, ている, てそれ, てゐ, 太き卓子, 樋で, 者なる

▼ 掛つて來~ (8, 0.2%)

21 たので, た一人, なければ, るかも, るで, ると

▼ 掛には~ (8, 0.2%)

1 なりたくないと, 二つの, 井師の, 夫人に, 小新らしい, 葵の, 銀の, 関係しなかった

▼ 掛~ (8, 0.2%)

21 たいたずら髪, たの, たりする, た訳, て行きます, て髪

▼ 掛~ (8, 0.2%)

1 で奉公人, となっ, になった, になつ, になる, の佐々波金十郎, の寺本山平, の浪人者

▼ 掛炉焼鴨~ (8, 0.2%)

1 と八宝, など, のみいけた, の味, の味噌, をたらふく, をとっ, を次

▼ 掛でも~ (7, 0.2%)

1 あったが, あるまいが, した男, ないお, 揉むやう, 有た, 絹のは

▼ 掛という~ (7, 0.2%)

1 ものだ, もの随行す, 場所を, 姿です, 扮装小意気な, 服装だ, 連中が

▼ 掛として~ (7, 0.2%)

2 観念を 1 外交の, 幕府の, 某と, 毎日接触する, 河原で

▼ 掛ない~ (7, 0.2%)

3 処で 1 ことで, 巡り合せで, 怪我を, 誠に夢

▼ 掛まで~ (7, 0.2%)

1 させられた上, して, 全部同色の, 日本から, 為て, 皆記者, 行き笛

▼ 掛五年~ (7, 0.2%)

1 になり, になる, の月日, の永滯在, の間, も続いた, 満三年三月

▼ 掛~ (7, 0.2%)

2 から帽子 1 が二三列, が錆, にかかる, に人差指, の上

▼ 掛一つ~ (6, 0.2%)

1 であんな, できまる, で既, で疵, の下, 換えること

▼ 掛姿~ (6, 0.2%)

1 で白い, で麻裏草履, のミサ子, の七三, の花嫁, を見比べた

▼ 掛~ (6, 0.2%)

2 は稀 1 のあたり, の下, の香, を盜むとかいふ蔭口

▼ 掛~ (6, 0.2%)

1 が, がつい, が来る, が遣, の影, の景色

▼ 掛~ (6, 0.2%)

2 が薫じました, や唖 1 の匂, らしい匂

▼ 掛では~ (5, 0.1%)

2 駄目である 1 どうしてこの, 勤まりませぬ, 書物を

▼ 掛といふ~ (5, 0.1%)

1 いでたち棒杭, のだ, ものは, 官職を, 格である

▼ 掛なく~ (5, 0.1%)

1 吾輩の, 夫人の, 旦那様が, 清兵衞さんが, 色々の

▼ 掛もの~ (5, 0.1%)

1 が掛けてなかった, が無常, と, は歌集, は沈南蘋

▼ 掛二年~ (5, 0.1%)

1 の旅, の月日, ばかり三吉, もマルタプウラ, も燻

▼ 掛四年~ (5, 0.1%)

1 いた, になる, にも成る, の月日, 働いて

▼ 掛地蔵~ (5, 0.1%)

1 というの, という真黒, といっ, などは毎月二十四日, はこの

▼ 掛~ (5, 0.1%)

3 の中 1 から女, もない

▼ 掛~ (5, 0.1%)

1 が作製, と色紙, に於, のよう, を獲た

▼ 掛~ (5, 0.1%)

2 役所様 1 勘定役などの, 目候ハヾ可, 肴料二方金御恵贈被遣辱拝受乍去御過

▼ 掛手拭~ (5, 0.1%)

1 が冷, と手水鉢, の外, を腰, を賞め

▼ 掛~ (5, 0.1%)

2 のない 1 は惜, への煙草入, 工事を

▼ 掛~ (5, 0.1%)

1 ある家, が下っ, に何, のし, ももぎとっ

▼ 掛~ (5, 0.1%)

2 の上 1 だけどす, の曳出し, の蓋

▼ 掛~ (5, 0.1%)

1 と鼠木綿, や袈裟, をはずし, をまとえ, を外し

▼ 掛~ (4, 0.1%)

2 艶の 1 咲が, 目附その他役附老中の

▼ 掛つて相~ (4, 0.1%)

2 果てたの 1 果てた妻, 果てました

▼ 掛なき~ (4, 0.1%)

2 告別演説を以て 1 人殺しは, 衣の

▼ 掛にな~ (4, 0.1%)

2 つたので御座います 1 つても, つて日蔭者で

▼ 掛よう~ (4, 0.1%)

1 とし, とした, と思, と思ッ

▼ 掛~ (4, 0.1%)

1 の来, の来る, は来, よりは訴訟人

▼ 掛六年~ (4, 0.1%)

2 もゐた 1 である, の間一度

▼ 掛~ (4, 0.1%)

1 が待っ, で一ばん, の大江山課長, を手古摺らした

▼ 掛~ (4, 0.1%)

2 のまれ人 1 の人, も學藝

▼ 掛~ (4, 0.1%)

1 なるべけれど, のみならず, を云う, 同様に

▼ 掛花活~ (4, 0.1%)

1 に燈火, の下, の薊, を取っ

▼ 掛見習~ (4, 0.1%)

1 では親族, として斉彬, などの役, などを勤め

▼ 掛くべき~ (3, 0.1%)

1 ところです, 所開港以来諸, 筈で

▼ 掛たり~ (3, 0.1%)

2 戻したり 1 御帰宅

▼ 掛だの~ (3, 0.1%)

1 下駄の, 傘袋だの, 帽子だ

▼ 掛とか~ (3, 0.1%)

1 号するもの, 帯留一本とかいう, 新しい様々

▼ 掛などの~ (3, 0.1%)

1 して, 他に, 据置かれた

▼ 掛にて~ (3, 0.1%)

1 りかへ, 後へ, 開化の

▼ 掛にも~ (3, 0.1%)

1 たれて, なるでのう, 茶がかった

▼ 掛ばかりの~ (3, 0.1%)

1 効能じゃ, 奴らだ, 罪では

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 の塔, 合うなら下宿, 合えと

▼ 掛三年目~ (3, 0.1%)

1 であつ, の二月, の今日

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 から空手, をみんな, を集め

▼ 掛半襟~ (3, 0.1%)

3 にする

▼ 掛守り~ (3, 0.1%)

1 と犢鼻褌, の銀鎖, を少し

▼ 掛官たち~ (3, 0.1%)

1 が集っ, に知れわたった, は意外

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 という役所, に備え, の株

▼ 掛~ (3, 0.1%)

2 のない 1 へるが

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 と云います, にし, にした

▼ 掛毛氈~ (3, 0.1%)

1 とを眺めん, のうしろ, を前

▼ 掛竿~ (3, 0.1%)

1 で西陽, にかけ, へかけ

▼ 掛股引~ (3, 0.1%)

1 で勢, の職人, も一人

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 の下, の陰鬱, を織りで

▼ 掛豆腐~ (3, 0.1%)

1 の変体, の製法, を食っ

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 しか出来ない, つたが, つて

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 し一詩, する幾万, を願い

▼ 掛~ (3, 0.1%)

1 が流し, で一寸顔, を覗き込み

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 して, にい

▼ 掛たる~ (2, 0.1%)

1 女なり, 黒皮の

▼ 掛だけ~ (2, 0.1%)

1 ある, くっきり照らさせ

▼ 掛だけが~ (2, 0.1%)

1 やたらに, 残って

▼ 掛だけは~ (2, 0.1%)

1 して, 殊勝で

▼ 掛だけを~ (2, 0.1%)

1 ヅタツと, 外して

▼ 掛つた人~ (2, 0.1%)

1 がある, の影

▼ 掛つた時~ (2, 0.1%)

1 には少し, の外

▼ 掛つた白粉~ (2, 0.1%)

2 で皮膚

▼ 掛つた窓~ (2, 0.1%)

2 を開ける

▼ 掛つた葉~ (2, 0.1%)

1 の中, はきら

▼ 掛つた蟲~ (2, 0.1%)

2 のやう

▼ 掛つてお話~ (2, 0.1%)

1 を伺つて, を承つ

▼ 掛つて申~ (2, 0.1%)

1 上げたいこと, 上げやう

▼ 掛つて行~ (2, 0.1%)

1 つた, つたが

▼ 掛てあつ~ (2, 0.1%)

1 た, て最

▼ 掛でさえ~ (2, 0.1%)

1 しみったれて, 今にもずたずた

▼ 掛ででも~ (2, 0.1%)

1 あれば, いるか

▼ 掛でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばなりません, ば文明流

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 ので, 顔を

▼ 掛なぞ~ (2, 0.1%)

1 の間, は部屋

▼ 掛などが~ (2, 0.1%)

1 垢染み, 置いて

▼ 掛などは~ (2, 0.1%)

1 その場, 大急ぎで

▼ 掛なら~ (2, 0.1%)

1 初めから, 前掛

▼ 掛なんかを~ (2, 0.1%)

1 今お, 氣まぐれに

▼ 掛にでも~ (2, 0.1%)

1 成つたので, 染めたら流行

▼ 掛にばかり~ (2, 0.1%)

2 いはないでね

▼ 掛ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 大きな土産物

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 くも文に, はた前垂

▼ 掛までが~ (2, 0.1%)

1 底の, 用意され

▼ 掛みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, な具合

▼ 掛より~ (2, 0.1%)

1 刀を, 効能が

▼ 掛を以て~ (2, 0.1%)

1 した, し金三両二分二朱

▼ 掛七年~ (2, 0.1%)

1 あゝ飛んだ, の間

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 な位地, は着なけれ

▼ 掛先生たち~ (2, 0.1%)

1 はどう, はよく

▼ 掛八年~ (2, 0.1%)

1 に跨がり, 全く骨身

▼ 掛八年故郷~ (2, 0.1%)

1 へ歸つたの, へ還

▼ 掛出し~ (2, 0.1%)

1 にし, になっ

▼ 掛卷毛~ (2, 0.1%)

1 恐伎, 恐伎應

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 がひとつ, に腰

▼ 掛四年前~ (2, 0.1%)

1 の四月, の天正十五年正月

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 で談ずる, を厭

▼ 掛布團~ (2, 0.1%)

1 の慘憺, の裾

▼ 掛廻り~ (2, 0.1%)

1 じゃア, に往

▼ 掛~ (2, 0.1%)

2 せずして

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 と女房, 金持算の

▼ 掛手掛~ (2, 0.1%)

1 に遣れる, は最初

▼ 掛提燈~ (2, 0.1%)

2 は苦

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 まで施し, を施し

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 らしきわかき, 番組野村徳太郎廿一

▼ 掛梯子~ (2, 0.1%)

1 の上, の代

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 が斜違い, の傍

▼ 掛~ (2, 0.1%)

2 第行為次第

▼ 掛江教官~ (2, 0.1%)

1 が, の四元

▼ 掛深く~ (2, 0.1%)

2 おわしましかたがた歌道茶事

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 には敷物, みこまれて

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 が始終目, の指揮

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 とやらまで出ます, に控え

▼ 掛置き~ (2, 0.1%)

2 被下候

▼ 掛茶店~ (2, 0.1%)

1 あり, を出し

▼ 掛装束~ (2, 0.1%)

1 でお供, になり

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 の着物, を掛け

▼ 掛見習仙波八郎太~ (2, 0.1%)

1 と申します, の妻

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, をはずし

▼ 掛障子~ (2, 0.1%)

1 のわき, の紙

▼ 掛~ (2, 0.1%)

1 には手拭, にも白い

▼1* [431件]

ありしとのうはさ, 掛あるにはあらず, 掛いつか無くなりては, 掛かけて, 掛かつてまるで私が, 掛かね遠乗, 掛からもいい声, 掛きょうず天下に, 掛くるあるのみ, 掛ぐらゐ暗示的なもの, 掛けりや譯, 掛て峠さ行ぐまでに行ぎあって今夜, 掛げらせだぢ, 掛こそ着て, 掛ごえがあっ, 掛さえ同じ色, 掛されると燒, 掛したのが, 掛したるが何事, 掛しどけなく引掛に, 掛しなに縁, 掛しないときは, 掛しますわ, 掛しみじみと青葱, 掛しやんとして草鞋, 掛じゃ無いか, 掛じゃと白い歯, 掛ずりに, 掛すでに大時代なり, 掛すると利くてえ, 掛そつくりである, 掛その色の, 掛その他を見せ, 掛それから私が, 掛だけで短い半, 掛だけになり, 掛ちよいとしめ, 掛や道, 掛ちや酷い, 掛つたあたりを覗い, 掛つたとき首筋を撲つ, 掛つたもんだから, 掛つたベートーベンのデスマスク, 掛つたモリエエルが瞥見, 掛つた中に掛字, 掛つた中田論は, 掛つた二人寝の, 掛つた傷ぢやない, 掛つた儘漸く吊り, 掛つた凧を取つ, 掛つた地味な袷, 掛つた大事の太夫, 掛つた大連の諸君, 掛つた家です, 掛つた家柄まさか着流し, 掛つた帽は巴里, 掛つた弱き棲主たちの幻, 掛つた戰友の血, 掛つた打算的のもの, 掛つた拵へだ, 掛つた時三千代は不意, 掛つた時代付の桐箱, 掛つた服でそれ, 掛つた木綿物に赤前垂, 掛つた本箱を置い, 掛つた柱の右手, 掛つた椅子にもたれ, 掛つた治三郎は中年者, 掛つた物を身, 掛つた着物の人, 掛つた私を留めた, 掛つた繩を拂つて, 掛つた美保館の座敷, 掛つた羽虫のやう, 掛つた舟だ宜しく, 掛つた船の浮袋, 掛つた茶室がそこ, 掛つた虫見たいに, 掛つた虻のやう, 掛つた蛛の巣, 掛つた蜘蛛の巣, 掛つた血から判斷, 掛つた袢纒を引つかけ, 掛つた襖を傳つて, 掛つた襦袢の襟, 掛つた言葉でうつむいた, 掛つた雪を手, 掛つた鯉が, 掛つた黄八丈の袷, 掛つた黄八丈妙に地味, 掛つた鼻声でわたし, 掛つてそつと申, 掛つてそれから宇都宮, 掛つてよう儲からんと, 掛つてわけもなく, 掛つて一ツト前のめりに泳いだ, 掛つて一年の人口増加, 掛つて七十兩も奪, 掛つて三人連れの無駄話, 掛つて三日も金縛り, 掛つて之を噛め, 掛つて二度に感嘆, 掛つて今では名誉, 掛つて傳馬町に送られ, 掛つて僅に切ない, 掛つて元のやう, 掛つて參つたのであります, 掛つて口では言, 掛つて吉原に身, 掛つて大二郎は丸太, 掛つて失敗でもした, 掛つて寄附金を集め, 掛つて山の宿, 掛つて心配して, 掛つて手取りたつた二十八兩, 掛つて方角が分らねえ, 掛つて木の根は彼, 掛つて木曜日までに了つて日曜日発行, 掛つて東京市中大騒ぎである, 掛つて橋の下, 掛つて歌ふこと, 掛つて毒害されたもの, 掛つて氣を順當, 掛つて清水の町, 掛つて演芸画報を見, 掛つて現在にまでなつた外國車, 掛つて眠つた儘代助, 掛つて眼に見えぬ, 掛つて知つた事であるが, 掛つて空を眺め, 掛つて精一杯の媚態, 掛つて肩越に球, 掛つて花の彫物, 掛つて苦心した作, 掛つて謀判の罪, 掛つて転地する計画, 掛つて釘の差し, 掛つて雲を眺め, 掛つて非業の最期, 掛ても書簡の, 掛てんでがす, 掛でがすが, 掛でしたが辛ッ, 掛でなくては, 掛といふものぢや, 掛としては非常に, 掛となつたのは, 掛とに大抵私, 掛とは調和しない, 掛とを出して, 掛どう見ても, 掛どうかその宝, 掛なくやさしく物を, 掛なさいそこへ, 掛なすった事も, 掛なすつて火にお, 掛などすること, 掛などまですべてばけ, 掛などを一つ貰った, 掛なる物品が, 掛なんてケチな, 掛なんというもの, 掛によってもっと多く, 掛によるぞかし, 掛之を, 掛はて我ながら, 掛ばかりが美くしい, 掛ばかりだってそんなの, 掛ひとつだが, 掛ぶとんカバー, 掛ぶとんをおしのけ, 掛へは大木を, 掛へもたれて, 掛むすびしを優に, 掛た, 掛やうを知らぬ, 掛よりはもっと呑, 掛よりもまた自分, 掛よろしく別して芸道丈夫である, 掛わずかに一人, 掛をとのお気は, 掛イスという応接間, 掛ギヤマンの窓, 掛ケサセテ予ハソノ下ニ仰向, 掛ケソノ上ニ顔ヲ打, 掛ケタンダソウデスソシテオ知リ合イト見エテ仲, 掛ケテ見ルガ如シ, 掛ケテイテモ予ハ眼ガ晦ンデ倒レソウニナッタ, 掛ケテ云ウカラオレガ云ウニハソレハ兄デモ御言葉ガ, 掛ケテ古代開化國ノ存在セシ證跡甚ダ, 掛ケテ諸州ヲ周流シ, 掛ケナケレバ彼女モ後ヲ振, 掛ケル所存ニ付左様承知下サイ, 掛ケ寡婦ガ自ラ薪, 掛ケ布団ヲスッカリ取リ, 掛ツちや幾らするごつ, 掛一つ殘つては居ません, 掛一トつたりとも, 掛一品料理一番高い中空, 掛一枚きりだった, 掛一枚右の品々, 掛七年ぶりであったという, 掛丈長など売る, 掛三ヶ月かかつて, 掛三年前の五月, 掛三年唐人屋敷に居住ん, 掛三年淹留した, 掛三年經つた, 掛三年間の我が, 掛三隅に金箔, 掛並べて昼間, 掛がよく, 掛命有之, 掛九年も京都, 掛し終るという, 掛二年彼の野郎, 掛二年明治二十八年私が二十一, 掛二日かかつて, 掛二月に成る, 掛二枚を買, 掛五分の勘定でよう, 掛五本掛の処, 掛人足が意気, 掛代金や何, 掛伊豆殿まで其趣, 掛作観音の貸し傘, 掛なしの, 掛価無しの千, 掛倒しの空々しい, 掛て不, 掛候事なれば, 掛候人ハ銃を捨, 掛候而度々前件, 掛も杖, 掛があり, 掛六七年になる, 掛六百円の中, 掛其他さまざまのもの, 掛兼勤となりし, 掛兼用の衝立, 掛別にレエスの, 掛前垂をあて, 掛加賀友禅帷子などが見られます, 掛勉励の労, 掛勘定にしとかない, 掛十二年の月日, 掛十五年に成る, 掛十年になる, 掛の六之進, 掛取するように, 掛取らしい小僧が, 掛ジ珊瑚ノ, 掛同勢引返されて, 掛員一同すっかり敬服, 掛員達から, 掛唐桟の単, 掛善き御方にて, 掛四年丸二年半の佐渡, 掛四年寒川に住ん, 掛四年目になっ, 掛四年阿部家の館, 掛がずつと並べて, 掛地木場贔屓中より白縮緬, 掛城あたりを中心, 掛売一切御断, 掛し自在, 掛子供などと一緒, 掛敷, 掛寄せ沈んだ跡, 掛寄せ掛寄せ沈んだ跡, 掛寫眞器でその, 掛專ら槍劍術の世話, 掛小舎で道化, 掛屋根莚がある, 掛山鶴木山などがある, 掛川北孫左衛門が坐っ, 掛布机ランプスタンド其等は今彼女, 掛から平常, 掛というもの, 掛干す柿の, 掛をならべ, 掛床几やビール, 掛と存, 掛座敷にも床几, 掛座頭に至る, 掛延引明日より相, 掛廻して殺す, 掛引からは, 掛引その他については何, 掛引だらけで眞心, 掛引なんどを用, 掛引上大変に損得, 掛引上手で, 掛引沢山な言葉, 掛引無しに持ちかけました, 掛役人にて取調べ, 掛御免内願に付容体書, 掛御馳走が始まる, 掛心持がある, 掛念仏にて大通り芝口, 掛念至極の相手, 掛感心なこと, 掛懸するものあり, 掛の蔭, 掛戻さなければならない, 掛手柄者の若者, 掛手袋長靴や鉛ガラス製, 掛手金山の精錬所, 掛持問題につき話す, 掛捨テニシテヤロウカソウ云ッテハ取ラヌカラ, 掛提灯懸行燈等, 掛換工事を欠席, 掛昼夜帯若い世話女房, 掛暖簾をくぐっ, 掛替ったと言っ, 掛替ゆる折滬上当今の, 掛で低い, 掛にたかっ, 掛とて大木, 掛松麻布の一本松, 掛果樹の茂り, 掛に草双紙類, 掛があり, 掛と云う, 掛を外し, 掛を支える, 掛椅子タバコセツトマツチ皿かざり棚と本棚, 掛椅子数個と多彩, 掛椅子普通の椅子, 掛ひの, 掛殊勝に見えし, 掛毛氈黒檀のよう, 掛毛繻子かセル, 掛法被に, 掛流しだから, 掛浅黄や紫, 掛渡しの鉄, 掛渡した酸漿提灯も, 掛から引, 掛滞相, 掛無垢や何, 掛独木舟は今, 掛獨木舟は今, 掛候えども, 掛申候ものに御座, 掛と通り過ぎ, 掛聖天皇御世重, 掛が二つ, 掛の痕, 掛白線の制帽, 掛直したり, 掛看板にも灯, 掛即ち肖像畫, 掛にか, 掛着せいこれは, 掛着付とも黒羽二重, 掛というの, 掛碩学ロウジャ・アスカムが横ぎつて, 掛に遣っ, 掛稲嫁菜の畦, 掛窓此向うより鳥居, 掛立派な心掛, 掛童放免が各, 掛であるところ, 掛紙紙袋等何かしら私たちの気持, 掛細帯でげす, 掛の脚絆手甲, 掛紺股引下ろし立て, 掛絡も天蓋も, 掛絡胸に下げた, 掛絨毯を飾っ, 掛絨氈ピアノ油絵などで甚, 掛が柱, 掛という公卿, 掛締めたる八重, 掛縄投縄引縄釣縄抜縄何でもそれ, 掛纏い一手の, 掛置候様可被相達候, 掛聲勇しく必死, 掛股引彩ある七福神, 掛脚絆に草鞋, 掛脚絆草鞋ばき, 掛にさ, 掛清涼更無, 掛致しくれと申す, 掛興行になった, 掛芝居の太鼓, 掛に昼顔, 掛花瓶にさし, 掛花生に菊, 掛茶家ではない, 掛茶道具の類, 掛草履植木屋のこし, 掛草鞋穿といふ服装, 掛をそそる, 掛落した男装の, 掛行灯のある, 掛行燈下手は梅松, 掛行燈桜木の正面上手一面, 掛行燈軒提灯をかけ, 掛袢纏の客, 掛見たいにカツト, 掛見立てて買っ, 掛は米, 掛言葉等邦語固有の妙所, 掛計りでは其眞價, 掛買つてやる氣さ, 掛越しに空, 掛込んで土間, 掛連ねた鉄橋を, 掛遊ばして, 掛過分に存候, 掛違いましてお, 掛違って逢わない, 掛にございましょう, 掛醤油に使う, 掛とかその他, 掛が背鰭, 掛鈎伊豆形の九分, 掛を外し明け, 掛長持に附し, 掛間際に腹, 掛だったもの, 掛の話, 掛電話がチリン, 掛電話機を覘, 掛頸筋に喰, 掛を音, 掛の年寄, 掛麻久毛畏幾大神, 掛黒く塗ったる高下駄