青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「掌~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

捜査~ ~捨て 捨て~ 捨てる~ 据~ ~据え 据え~ ~掃除 掃除~ ~掌
掌~
掛~ ~掛け 掛け~ ~掛けた 掛けた~ 採用~ ~探し 探し~ ~探偵 探偵~

「掌~」 3307, 36ppm, 3267位

▼ 掌~ (869, 26.3%)

26 合せて 17 合わせて 15 あわせて, 合せた, 指すよう 10 あわせた 9 上に 8 あてて, さすよう, 当てて, 開いて 7 あげて, ひろげて, 合わせた, 見せて 6 出して 5 合せるの, 拡げて, 指すやう, 胸に, 返すが 4 ひらいた, 合して, 指すが, 眺めて, 見た, 見て, 返して, 頭の, 額に

3 [16件] あて, あてた, かざして, ひらいて, ぽんと, 口に, 叩いて, 合は, 合わして, 宙に, 打って, 膝に, 見ると, 返すやう, 開くと, 飜す

2 [60件] あは, うって, かえすよう, かざしながら, のせて, はなれて, はらいのけた私, ひるがえすよう, ぼんの, もつて, 三千代の, 上げて, 下から, 下に, 仰向け低く, 動かしたこと, 動かして, 反すよりも, 反へ, 合せ, 合せたり, 合せました, 合せる, 合せると, 合わせたが, 合わせる, 垢の, 差出したの, 差出して, 平らに, 当て, 当てた, 押して, 拍って, 持って, 指します, 振った, 振りました, 振るの, 揉みながら, 握って, 握つて, 眺めた, 眺めた彼, 突き出して, 組み合せて, 肉襦袢に, 肩に, 腰の, 見る男, 覗いた, 調べた, 軽く頬, 返すよう, 重ねて, 開いた, 開けて, 開けました, 離して, 顔へ

1 [467件] あけたが, あけたよう, あけながら, あけると, あずけた, あてがったなり, あてながら, あてました, あて眼, あはす, あはせ, あわせてから, あわせない様子, あわせながら, あわせに, あわせ八神殿, あわせ涙, うちあわせて, うち近眼鏡, うつむけて, おつた, おぬぐい, おろして, お高, かえしたよう, かえして, かざしたが, かざすの, かたくし, かぶせた春重, かぶせて, かるく打ち合わせました, がばと当て, きつく握っ, きること, くすぐりさては, くぼませて, くるりと, ぐいと突出, こすり合せながら, こすり合わせた後, こすり拭いて, さしあてて, さしのべて, さし入れて, さし出し片手, さすがごとき, さすごとく大手, しっかり握っ, して, じっと握りしめた, じっと眺め, じっと見る, すこし切, すべりて, すり合せて, すり合わし, そこに, そつと, その下, その口, そらした, それへ, そろえて, たたき孫伍風, ちよいと, ちらちら動かす, つかんで, つくっては, つくと, つけて, とって, なすりつけた, のけた, のっけた, はたと打つ, ぱつと開い, ひたとお, ひどく擦り剥いた, ひどく磨り剥いた, ひら, ひらいた片腕みたい, ひらく, ひらひらさせ, ひらひらと, ひらひら動かし, ひろげたこと, ひろげても, ひろげる, ぴたりと, ぴったり合わし, ふさふさと, ふって, ふつた, ふりほどこうとも, ふりました, ぽんぽんと, まるで小鳥, むすんだまま, めぐらさず田地田畠, もじゃもじゃと, もって, もつさ, もておの, もてはたと, もて頬, もみながら, やられあ, やられあッ, やんわりと, グッと, シッカリと, ズボンで, ズボンの, トキ子の, バタリバタリと, パッと, ヒラヒラさせ, ピタリと, フウフウ吹き, ペロリと, メガホンに, 一つ打つ, 三方から, 上げた, 上げたり, 上の, 上へ, 上半, 上向きに, 上向に, 下ろし掌, 両耳, 両膝, 交互に, 人差指で, 代る代る打ち眺めた, 伸ばして, 伸べて, 何うし, 使いながら, 俊助の, 僅か動かし, 入れて, 全部下ろさず, 内緒内緒とでも, 凹くして, 出され猿, 出した, 出す, 出すと, 出すの, 出せと, 刀の, 切つた, 切開し, 刺し止められては, 力いっぱい蹴りつけ, 動かした, 十三人の, 十分に, 半ば開い, 半開に, 卓上に, 双の, 双方ぴつたりつけててんでに, 反すが, 反らして, 反らしながら, 叔父の, 取らんばかりに, 受けるの, 口の, 口へ, 口辺へ, 叩きながら, 叩き事件, 合さないばかりに, 合してると, 合すこと, 合せかけたが, 合せたぐらいでは, 合せたの, 合せたので, 合せたま, 合せたもの, 合せてをが, 合せぬばかりに, 合せます, 合せゐる幼児, 合せ僧, 合せ嗚咽, 合せ拝むゆえ, 合せ母の, 合せ長い, 合はせ, 合はせる, 合わす松, 合わせある, 合わせただけ, 合わせたと, 合わせたまま, 合わせたもの, 合わせた壁辰, 合わせながら, 合わせました, 合わせんばかりに, 合わせ腰, 合わせ額, 合掌に, 向うへ, 吸い取るばかり, 吸って, 嘗む, 嘗めた, 嘗めて, 器の, 囲んで, 固く握りしめ, 固く握り締め, 固めて, 地上で, 地板に, 地面の, 埋ずめ, 執って, 堅く胸, 外して, 大きくふり, 大将の, 大空へ, 太股へ, 学生の, 宛てて, 寵愛せず, 射とめられた大将, 射撃した, 展げて, 山口の, 差しだした, 差し出して, 差し出し廻る独楽, 差出した, 差出します, 差出すと, 差出すの, 己れ, 広げると, 床から, 引っくりかえした, 引っ張って, 強く目, 当てがっ, 当てたまま, 当てたり, 彼女が, 後頭部に, 心中で, 志緒乃の, 忘る, 思ひ出したやう, 感じた, 感じて, 感じながら, 懐へ, 我肩上に, 打たれひるむところ, 打ちたたき, 打ち合すよう, 打ち合わせて, 打ち合わせました, 打ち或, 打ち膝, 打ち貫いた為め, 打ち鳴しつ, 打つて, 打つと, 打つ水, 打合わして, 打眺め, 打鳴らした, 抜いて, 披げて, 抵ち, 押しあて, 押しあてたが, 押し当て, 押し開いて, 押当て, 拊って, 拊つて大, 拊つて談笑する, 拍つ, 拍つて妙案, 拍てば, 拝せて, 拝むよう, 拡げた, 拡げたまま, 拭いて, 拭きそこ, 持上げて, 指して, 指すごとく情勢, 指すばかりに, 指す如く正確, 指す様, 指で, 挙げて, 振って, 振りて, 振ります, 振り払つて, 振り離して, 振る機会, 挾んで, 捧げて, 掌って, 控えました, 掴んで, 掻いた, 揉みしぼった, 揉合せ, 握った, 握りしめ, 握りしめながら, 握りつめて, 摩り合わせて, 摺り合した, 撃つ, 撫して, 擦り合わして, 放さず肩, 放して, 敲きながら, 斜に, 斜めに, 板の, 枕に, 柚子の, 検めて, 横に, 母の, 母親の, 池の, 油だらけに, 泳がせ乍ら, 流血淋漓たらしめ, 温水で, 焼きこがされて, 煖炉で, 用いなかった, 田舎武士の, 畳に, 當てる, 痛くする, 痛むる程, 直接肌に, 直角に, 眺めながら, 眺める, 眼の, 短刀で, 示した, 示して, 示し仰向けた指, 空に, 穿たんばかりに, 突込まない, 窓板へ, 窪めて, 立てた, 立てた様, 立てた樣, 竪に, 紙で, 組み合せ篝火越し, 組み眼, 組み胸, 組んで, 組合せて, 絹を, 緊と, 置いて, 置かれて, 置きそして, 置く, 置くばかり, 翳ざし, 翻え, 翻すよう, 老夫, 耳の, 肉刺だらけに, 肌に, 肩で, 肩の, 肩腰の, 肱の, 胸の, 腮に, 腰骨へ, 膝の, 自分で, 落せば, 蓋して, 薔薇の, 血の, 表かえし, 裏返した, 裏返しに, 見せる八卦, 見せ合った, 見たから, 見たとき, 見たの, 見つめて, 見つめること, 見つめるよう, 見ながら, 見ますと, 見る, 見るに, 見るよう, 見入るの, 見足, 解くと, 解く隙, 豆だらけに, 貫かれたよう, 踏ませて, 軽く合せる, 載せたまま, 載せて, 辷らしながら, 辷り抜けなん, 辻町は, 返したよう, 返すと, 返すより, 返す如く景氣, 這ツて, 避ければ, 酢漬けに, 重ねたまま, 重ねたやう, 金網に, 閉ざしたから, 閉じたから, 開いたまま胸元, 開いたよう, 開いたり, 開き, 開きその, 開き本当, 開き肘, 開けさせて, 離した, 離すと, 離れると, 静かに, 頬に, 頬の, 顔に, 高く打, 鳴した, 鳴せり

▼ 掌~ (656, 19.8%)

40 のせて 20 載せて 9 乗せて, 受けて 7 額を 6 据えて 5 握って, 汗を, 置くと 4 あるもの, して, ひろげ指できしきし, 入れて, 残って, 灰が, 自分の, 載って 3 あけて, 唾を, 捧げて, 掬んで, 置いて, 触れた, 載せた, 顔を

2 [31件] それを, ついた血, とらさむ, とりて, のせた, のせました, のせ腕, 乗せたまま, 乘せる, 似た白山, 何やら腥い, 受けた, 唾し, 押しつけられたなり, 持たれし花, 指すが, 掬った水, 掬って, 握つた, 握らせて, 照りそ, 牛の, 相睦み和む, 置いた, 落して, 落ちたもの, 觸れた, 載せたまま, 載せた賽, 酒を, 頬を

1 [432件] あけたが, あった, あて, あてたり, あてて, あまりて, あり, ありありと, ありだ, ありですから, ありと, ありという, あるぞ, あるでは, あると, あるも, ある十銭玉, ある南京豆, ある磁石, あろう, いま彼の, うけたら冷, うけて, うけのまば, うつしては, うづく, うらがへ, おいた, おかれた天眼鏡, お受けしよう, かなりの, くい入って, くい込むほど, こすりつけて, こたえるよう, こつ, この時心持力, こめそのまま, さすこと, さへ, さやりつつ, したまま孫堅, したよう, しつかりと握つた, しつつ, しては, しながら, じっと握りしめた, すいつく紙, すくつた水, すくひ, すると, するもの, その一摘み, その月, たたみ込むと, たてて, たらたらと, ついた色, つかんだもの, つたわったばかり, つたわるその, つたわる息づかい, つばき, といつた風に, とつた, とり, どろりと, なければ, なでられすぎた女, なるらしい, ぬるぬるした, ねとねとした, のせきらきら, のせたまま, のせた紙, のせた黒髯, のせてぞ, のせられた卵, のせ白蓮, はさんで, はたき出した, ひかって, ひっついて, ひやりとした, ふさがれ咽, ふるい落して, ふるひ落して, べとべとと, ぽうっと薔薇色, まめが, まるめて, もしかと, もてあそぶ短銃, よく熟れた, よほどムラ, わずかに, ギュッと, グイと, パンを, ヒゲが, ベットリ血だ, マメが, 一つ手にぎる, 一ぱい赤い, 一城が, 一字ずつ, 一本の, 一杯に, 一杯墨を, 一片の, 一粒の, 三つの, 上って, 丸めこむと, 丸めながら, 乗せた, 乗せられて, 乗せること, 乗せ得たところ, 乗せ更に, 乗せ硯面, 乗せ陽, 乗っかって, 乗った, 乗った茶碗, 乗って, 乗るばかり, 乗るほど, 乗れそう, 乗ッ, 乘合ひ, 五十銭銀貨を, 享けて, 今に, 付いた, 似たよう, 何か, 何の, 何やら書い, 何やら書いた, 余るほど, 傷が, 僅かに, 光った, 光ります, 入ったこの, 入って, 入つて, 入りそう, 入れたまま, 入れた蛾, 入れながら, 入れ振り音, 八橋と, 八箇国を, 六つ字を, 写真を, 処女の, 出して, 力が, 力を, 力籠りし, 包まれたの, 包みこみその, 収めて, 取って, 取られると, 取り上げられ人, 取り集めると, 取ると, 取上げた, 受けそいつ, 受けそれ, 受けると, 受け式, 名刺を, 吐き捨てて, 向けるだけの, 吸いつき独楽, 吸殻を, 呼んで, 唾液を, 固く固く支え, 圧すごとく, 在るもの, 地図を, 埋めた, 埋め水, 堅く且つ, 堪えますと, 塗って, 塗る式, 塞ぐの, 宝丹移せし, 寂然として, 密着し, 小さくなりぬ, 小さな手, 少しの, 尾類の, 峠の, 巻き据えた手紙, 帰したとは, 帰ろうが, 広がりて, 弄んだ上, 引丸げて, 当てそこ, 忍せ, 忍ばせて, 応える時計, 忽ち統一, 感じた, 感じたの, 感じて, 感じられた, 感ずると, 感ぜられると, 手の裏に, 把握し得た, 投げ遣るべき金沢市中, 折って, 抱きながら, 押されて, 押しつけた, 押しつける, 押し当てた, 押し拭, 拔い, 招んで, 拳を, 拾ひとつた, 持ったまま, 持って, 指す事, 指を, 挟んで, 振らせる, 捧げ冷静, 据えたが, 据えたの, 据え直し載せるため, 据ゑてうつによろしも足音ちかづく, 据ゑて行く, 据ゑられしが忽ち, 据ゑ給ふ, 授かったの, 授かるという, 接吻し, 接吻する, 掩うて, 掬いてのみ, 掬い取って, 掬うて, 掬った, 掬った時, 掬ひ居つ, 掬びたるほどなりともその, 掴まれて, 掴んだ魚, 揃えては, 描いたその, 握ったじゅう, 握った時, 握ってから, 握つて, 握つて歸ら, 握らせた, 握らせながら, 握らせるの, 握らないでも, 握られて, 握りしめた雪, 握りしめて, 握りつぶされて, 握りて, 握り何気な, 握り得るもの, 握り緊め, 握り締めて, 握り裏, 握り込むを, 握ると, 握るの, 握るやう, 握れるほどの, 擦り傷が, 数えた一枚二枚三枚, 書翰の, 本を, 札を, 死の, 残された餌, 母の, 毒蛇の, 気味悪く拡がった, 水を, 水泡が, 汗が, 河水を, 浮いた脂汗, 消えた煙草, 渡された, 渡されるの, 渡した, 渡すあの, 満海, 溶いて, 滴し, 無限を, 焦ける, 煙草の, 熱いほど, 燃ゆる, 物を, 独楽は, 猪口を, 玉を, 生々しく握りしめたい, 生あたたかく感ぜられる, 生へた草, 男の, 留りぬ, 瘡なく, 白い粉末, 白い羽根, 百両包を, 皮が, 皺くしゃになっていた書ものに, 盛つた宝石を, 直ぐ入, 着いた, 石を, 確と, 礼拝し, 秘めた采, 秘密を, 移して, 移ったの, 移るよと, 積んで, 筋が, 篦で, 米を, 紙が, 細長い青い小さな, 緑の, 緑色の, 繩尻が, 置かん, 置きて, 耳を, 肉親に, 肉豆が, 胸に, 胼胝の, 自らの, 舍利こつ, 花の, 苔の, 落し込み左右, 落ちて, 落ちるよりも, 葉を, 虎の, 血が, 血まめが, 血マメが, 見しは, 覺えた, 触つた瞬間ピリリ, 触れた蒼空, 触れて, 触れても, 豆を, 赤と, 足もとの, 足を, 躍らすよう, 軽くのる, 軽く唾, 載せ, 載せそれから, 載せたとき, 載せた感触, 載せた真桑瓜, 載せた米, 載せた鹽, 載せつつ, 載せられて, 載せれば, 載せ呼鈴, 載せ次に, 載せ片手, 載せ銀, 載っかって, 載つて, 載る小, 輝りてこ, 近くしなけれ, 送られて, 逆さに, 進呈した, 運らすごとくすべし, 過ぎないようであったたまたま用, 配った, 采を, 重いブロオニング, 針たてた, 針たてたくらゐ, 銀貨が, 附着した, 障ったの, 障つたの, 隠し八方, 隱し, 雨を, 雪が, 零れた酒, 霧を, 露置く, 響いた時, 響き雪, 頭を, 顎を, 飛び込む拍子, 飛帰り, 飛雲を, 骨牌緊しく, 黄金色を, 黒い墨

▼ 掌~ (597, 18.1%)

95 上に 64 中に 35 上で 24 うちに 23 上へ 21 中へ 19 中で 18 中の 16 上の 10 うえに 9 なかに 7 中から 6 ひら, 間に 5 うちの, なかで 4 中には, 中を 3 なかを, やうな, 内に, 皮が

2 [26件] うえで, その血汐, どこかに, ような, ように, 上, 上には, 上を, 下で, 内の, 半分ほどの, 土を, 大きい者, 大きさ, 感触を, 我額を, 指の, 方へ, 肉の, 裏の, 裏を, 跡は, 跡らしい, 釘の, 雀子さへも, 鰭状を

1 [162件] いうこと, うえにおいて, うえの, うちと, かげで, くぼみへ, ことが, ごとく倒, したに, なかの, なかばから, ぬくみ, ひらにのせた, ひらにのせれ, ひらに乗る, ひらに受け, ひら大, ひら痛む, ふくらみについて, ほうが, ままなりき, ものだ, やきもち筋, ようで, ようであれ, ストップ・ウォッチを, マメを, 一撃で, 上から, 上では, 上役とでも, 下から, 中からは, 中央へ, 亀裂も, 人差し指の, 代りに, 傷は, 傷を, 内だ, 内を, 凹みから, 凹みで, 力です, 動かし方, 包囲に, 半分ほども, 南京豆に, 厚さ, 厚ぼったい両手, 合せ方は, 向を, 嘘か, 土塊を, 堪えそして, 外に, 外へ, 大きいの, 如く小さく, 如く茎, 宝刀稲妻の, 寶玉の, 小指の, 小鳥に, 幅が, 平安も, 底に, 形ぐらゐ大して, 形し, 微細なる, 感じまで, 感触は, 手に, 手へ, 拇指の, 指, 指に, 指にも, 指は, 指を, 掌面で, 握れど, 放射熱, 放熱という, 放熱を, 文字を, 方を, 暗き彫刻, 木の, 柔い, 棒を, 機械油を, 欠けたる, 汗に, 汗を, 汚れたるにぞ, 温かさ, 温きをば, 温け, 温みに, 温度が, 漿を, 炙りものも, 無名指が, 無名指を, 無限の, 焼肉巴里の, 煮付に, 物として, 物に, 物を, 玉を, 珠数持物脇差香花, 甲で, 甲の, 甲へ, 痛さ, 痛みも, 白きが中に, 皮薄く, 皺に, 破れた処, 窪の, 窪みで, 端から, 端が, 端に, 筋目の, 米を, 紅茶茶碗へ, 絶え間ない, 者は, 肉が, 肉に, 肉は, 脈搏つ, 膏を, 薬品を, 虫は, 虱を, 蝉を, 血糊を, 表も, 裏で, 裡一様に, 親指と, 財布を, 跡や, 近くに, 金から, 金を, 金歯を, 銀貨に, 長さ, 長さ位, 開くを, 隙を, 雀の, 雀を, 霊力の, 音が, 鳴り難き

▼ 掌~ (365, 11.0%)

14 顔を 13 額を 7 自分の 6 頬を 4 口を, 押えて 3 ポンと, 彼の, 撫でて, 頤を

2 [24件] さし蔽う, たたいて, もって, 丁と額, 以て, 受けた, 受けて, 受けると, 叩いて, 叩きながら, 叩き放し, 女の, 娘の, 左の, 抑えて, 拭いて, 拭き消し, 握り合つてゐる, 明確に, 目を, 背を, 蓋を, 顎を, 鼻から

1 [257件] おさえた, おしつけた, お顔, かかえて, かすんだ眼, ぎゅっと握りしめ, ぐりぐりと, ぐる, こすって, こなたに, この鎖, こめかみを, ころがし二三度手毬, ささえひと, さわりました, しゅっと, すうっと, そっとなで, そつと, そのくせ, その女学生, その縁, その胸, その血まみれ, その頬, その顔, それを, つかまなかったなら大変, つかれた腰, つるりと顔, ていねいに, でっちあげるよう, なさい両, にぎりしめて, のぶちゃんの, はたいて, はたと打っ, ばたばたと, ひょいとふせた, ぴしゃりと, ぴしやりと横面を, ぴたぴたと揉ん, ぴつたりと耳を, ふれるとか, ぶるぶる顫, べたべたと, べたりと撫でる, ほこりっぽい, ぽんぼん, まさぐって, まんべんなくその, むやみと, もつて, もてあそびながら, もみ合せながら, ゆるくの, よく禿げた, わたくしの, グイと, グルグルと, ケテイの, コップを, ゴシゴシと, ザクザク蜆, ザラザラやっ, シッカリと, スッと, ツルリと, ハツと, パタパタと, ビシッと, ピシャリと, ピシヤリと, ピシリと, ベロリと, ペロリと, 一つ打った, 一人前に, 上唇の, 両眼, 中てた, 丸めるの, 丹尾は, 二三度叩い, 二三度撫で, 伏せそっと, 伸し下ろします, 何時も, 俯向いた, 俯向けに, 傷口を, 冷えた富次, 制しながら, 包みこむやう, 危うく白妙, 受けるか, 受けるだ一本脇腹, 受け取って, 口の, 叩いた, 叩いたり, 叩きつけたので, 叩くの, 吸殻を, 唇の, 嗤ひ, 囲んで, 圧え, 圧えられ, 圧し潰す, 地を, 地面を, 塞いで, 塞ぐ体, 夜を, 子供の, 孫の, 小さな烏瓜, 小児の, 帳面を, 広げて, 弄びながら, 当てて, 後ろに, 打ち降ろすと, 打つた跡, 扱下し, 抑えながら, 抑える形, 抑へ, 抱えて, 抱へて, 押えそれ, 押えた, 押えつけられたよう, 押えました, 押しそれ, 押し戻した, 押し拭った, 押へて, 押出して, 拭いた, 拭いながら, 拭い取ってから, 拭うと, 拭きながら, 拭き消すよう, 拭く, 拭って, 捕らえそこで, 探って, 掬つては, 掴むと, 掴んで, 揉み, 揉みくちゃに, 揉みくちやに, 揉み廻しその, 揉んだの, 揉んで, 握って, 握りしめて, 搏たれ, 撫で, 撫であげました, 撫でさすつた, 撫でた, 撫でまわした, 撫でまわした感じ, 撫でまわしてから, 撫でられるよう, 撫でると, 撫でる形, 撫で上げては, 撫で乍ら, 撫で廻される手頃, 擦ったが, 擦ってから, 支えた, 支へながら, 数珠を, 暴れるから, 柔かく円め, 槍の, 水を, 洋袴を, 湿り具合を, 溶きながら, 烟管を, 無意識に, 煽ぎ煽ぎ二三挺順, 燗を, 燠の, 由の, 畳を, 痩せた頬, 発止と, 皆の, 目隠しを, 眼を, 知りたった, 砂を, 碎いて, 私の, 私を, 空間へ, 籾を, 耳を, 肩の, 背中や, 胡麻塩髯の, 胸を, 胸毛を, 膝の, 蒲原の, 蔽って, 薄べ, 蚋を, 蛾を, 裸の, 触れ肉眼, 請けながら, 身体の, 軽く撫で上げる, 軽く震え, 軽小, 近眼鏡の, 逆さに, 重みを, 銀の, 鍬を, 鐸の, 長い顎, 長ん, 隠して, 隱し, 電話の, 電車の, 面を, 項を, 頬の, 頭を, 額の, 顎の, 顏を, 顔の, 飲み口, 髪から, 髪の毛を, 髪や, 髪を, 鬚だらけの, 鷲掴みに, 麦の, 麦粒を, 黒斑を, 黒漆の

▼ 掌~ (137, 4.1%)

7 に載せ, に載せた 5 に載つけ 3 でそつ, で押, のなか 2 である, で揉み, で頤, で額, にそれ, に盛つて, の上, の皿

1 [93件] からシヤツ, から一弗半, から弾き飛ばした, から持ち上げ, から黙, が大きい, だけに指, だつた, だなと, でいきなり, でもつ, でパラピン, で下, で丸薬, で二つ三つ臍, で右, で夫人, で女, で弄くり, で戴いた, で撫で, で撫であげる, で撫で初める, で汗ばんだ, で皺, で肩, で蝉, で軽く, で頸窩, で顔, で鼻先, と不恰好, にのせた, にはまた, には米粒, にひねくり廻し, にひりつけ, にへばりついた, にもある, に一杯, に三十円, に丸め込む, に何, に取り, に呪文三回墨書, に填め, に怖気, に抱きとめられ, に揉みくち, に握, に握つ, に握らせた, に握られ, に流れ出す, に置き忘れた, に置く, に自分, に載せられ, に載つけた, に載つた, に載る, に静か, の大き, の恰好, の茶入, の蜜柑, の講釈, の鼻糞円め, は硬い, は職人, もたげ, より取り落そう, をいくつ, をぱつと, をやつ, を一つ一つ丹念, を刺しました, を前, を小橋氏, を屋根, を弛める, を当てない, を拡げ, を掉, を揉み, を握, を握つた, を爺さん, を相手, を突き出した, を衝, を覗き, を鼻先

▼ 掌~ (87, 2.6%)

3 あつた, 私の 2 先か, 八五郎の, 自分の, 障ると, 鳴つたかを

1 [71件] あがり両方いっしょ, あった, いやに, かすかに, ごそごそと, すぐ日吉, そこに, そつちの頬を, その壁, その女, その胸, つき掌, ふるへた, ぽん, むずむずし, むず痒ゆくなる, やけるよう, よく撓い, よく眠, ガーゼの, ギュッと, ゴツ, ネットリと, 両方共ぬるぬる, 何か, 僅かの, 分らない程, 厚くたっぷり, 受ける汁, 口を, 合わさったの, 合わせられて, 君の, 大きいの, 大きくて, 大きく慈愛, 寒子の, 小さな私, 小鳥でも, 岩に, 彼女の, 彼女を, 恰度僕の, 感じられた, 来る咄嗟, 柄の, 楽に, 汗ばんで, 泥だらけに, 温かいよう, 無恥な, 畦の, 白い武漢, 白刃を, 盗賊の, 真赤に, 空に, 蓋を, 薄く玉, 誰のよりも, 誰れ, 赤くなった, 赤くなつた, 足の, 途端に, 運転手の, 重なって, 鈴江の, 銃尾に, 開いて, 鳴る

▼ 掌~ (87, 2.6%)

6 載せて 2 のせた, のせて, 乗せて, 私は

1 [73件] あけて, あげて, うつした, うつし起って, おのが, お星様, お銭を, かろいこぶし, その黒髪, それから口, とって, はらはら涙, ひしと当てた, ま白, もたせて, エミリアンは, キスを, サラサラと, ハタと, ポンと, 一銭入れ, 一面血の, 三つばかりを, 三滴ばかり, 乗せた黒い, 乗っかるよう, 五文六文と, 何かしら書い, 刺りさう, 力を, 印籠を, 取って, 受けながら, 右手の, 吐いて, 吸殻を, 吹いた火玉, 呉れました, 呼吸を, 惜しげも, 感じたの, 戴て, 手渡した, 持って, 振らせた, 振り出して, 据え直して, 掌から, 掬った水, 握って, 握りとって, 撒き移して, 滲み停って, 片頬, 白粉下を, 移すぐらいな, 移るとか, 立てると, 筆で, 紫なる, 脂の, 落ちた, 藤吉は, 載せた, 載せたやう, 辷込ませると, 返すん, 針を, 銭を, 開けた, 隠れるばかり, 零れて, 頭を

▼ 掌~ (64, 1.9%)

2 常に生生しい, 白く輝い, 蜥蜴の, 風に

1 [56件] いきなり叩頭, いったい右掌, いまあなたに, お重ね, からだの, ささへるに, した, しなびて, とても振り放す, ひたと握り合わされました, ひとりでに鎧, ひどい血まめ, へっぴり腰を, みづにかくれ, むずと十三本, もはや呉, やがて冷たい, やや大きく, ネト, ベトベトする, 一生戸籍簿でも, 一種不快な, 今も, 例によって, 傷だらけぢや, 其の奉書包み, 動くけれども, 勿論大きい, 北島の, 堅くあら, 大きく温かくて, 天下一の, 女の, 徒に空, 愛するもの, 正しく団扇位, 氏の, 汗に, 火の, 異常に, 痛むし, 白粉も, 私の, 空間で, 筋が, 素敵な, 肉刺が, 腫れ腰, 荒れては, 落せば, 蓮華に, 血だらけに, 遠くから, 釘にて, 鉄管の, 顔に

▼ 掌~ (41, 1.2%)

2 ものは, 人は, 役目だ

1 [35件] ことが, ことと, ことにな, ことによって, ところであった, ところであり, と信ぜられ, ので今, の公吏, の役所, ものと, ものを, を良好, オオトモ, 事は, 周布政之助長井雅楽の, 夫人令嬢は, 官司で, 家であったなら, 家に, 家柄であり, 役目であった, 役目を, 御身として, 所である, 支配人が, 祝詞は, 神と, 神といふ, 者は, 職務である, 能力ある, 脳は, 葬儀の, 長官で

▼ 掌から~ (39, 1.2%)

2 腕へ, 身内に

1 [35件] ぴゅーんと, まるでわたくし, 二寸ばかりの, 何かしら粉の, 出して, 唇へ, 外れようとは, 天下の, 失くなつて, 手頸を, 手首から, 手首にまでも, 投げられた五六枚, 桜の, 水が, 油がに, 滲みだす脂汗, 甘い雫, 申訳ばかりの, 粟を, 肘に, 脂汗が, 落して, 落ち源女, 落とし放心, 血を, 足から, 蹠に, 逃がした折, 逃げは, 離せなかった, 離れないこと, 飛び出して, 鯖色, 鼓の

▼ 掌には~ (29, 0.9%)

2 何の, 花の

1 [25件] あまるもの, すくひ上げた, その時, たくさんの, べっとりと, べっとり血, キラキラ光る, ランプの, 人形として, 伝二郎の, 余るくらい, 依然として棒, 冷たい汗, 同じ文字, 墨黒, 拳銃が, 汗が, 烟の, 細君の, 蛇にでも, 赤黒い血, 逸早く壁, 重たいの, 長年の, 電気が

▼ 掌~ (24, 0.7%)

2 同様の, 外套の, 掌を

1 [18件] うち震う, すばやくひっくり返し, ゆびと, 十本の, 唇と, 思ったもの, 指に, 掌とを, 掌の, 楢雄の, 爪を, 痩せこけた娘, 紙との, 膝頭とを, 記されて, 足の, 足尖, 輝やく

▼ 掌ほどの~ (11, 0.3%)

2 大きさ 1 あの踏切田圃, 大さ, 平地に, 甜瓜が, 畠刺身の, 穴だらけで, 紋の, 肉を, 青白い臓腑

▼ 掌~ (11, 0.3%)

1 [11件] これに, そして俗人, よごと, わけても祖先後藤祐乘, 国津神系統の, 富貴權勢飛ぶ, 後徳川家康, 氏神の, 監は, 講席を, 馬その

▼ 掌~ (10, 0.3%)

1 な痕, に見える, の凸字, の土地, の地, の地面, の田園, の白い, の素晴, の花さき滿

▼ 掌にも~ (9, 0.3%)

2 火の, 載りウイスキイ 1 それらしい, 一碗を, 入りそう, 帽子にも, 血

▼ 掌って~ (8, 0.2%)

1 いたので, いたナカトミ, いる, いるうち, いるから, いるところ, いれば, 御礼を

▼ 掌~ (8, 0.2%)

1 いくらかは, チットも, 固く凝っ, 我が唇, 肱も, 開かず, 額も, 魚の

▼ 掌~ (8, 0.2%)

1 ハンカチなどで, 少し膝, 脇の下から, 膝の, 舎人を, 袂などに, 足それが, 足の

▼ 掌~ (6, 0.2%)

1 しめた, しめたいと, しめたので, しめられた, す夜, せた

▼ 掌~ (6, 0.2%)

2 の學 1 といふもの即ち, はある, は面白く, 二冊抄録数冊とを

▼ 掌~ (6, 0.2%)

1 に収める, に取っ, に在る, に帰し, に握られ, の筋斗翻

▼ 掌俊秀~ (5, 0.2%)

1 である, ですが, と天見, にたずねた, もけさ

▼ 掌暗号長~ (5, 0.2%)

1 から叱られた, が兵たち, とこういう, にで, や通信士

▼ 掌砲長~ (5, 0.2%)

1 が嬉し, が砲, だつた, はぷり, は下村

▼ 掌つて~ (4, 0.1%)

1 から之, ゐた土師部族, ゐた様, 頗る治績

▼ 掌どる~ (4, 0.1%)

1 官省で, 役人である, 彼等は, 神人たちの

▼ 掌にて~ (4, 0.1%)

1 我が額, 打てり, 獲たる尊き, 身を

▼ 掌料理~ (4, 0.1%)

1 であるまいかと, は支那, を仕上げる, を食べた

▼ 掌~ (4, 0.1%)

1 して, し給う政令始め, の戦捷, の祝典

▼ 掌った~ (3, 0.1%)

1 ことは, もので, 観が

▼ 掌では~ (3, 0.1%)

1 ありません, ないよう, 七ツの

▼ 掌など~ (3, 0.1%)

2 しみじみと 1 ちょっと見せやれ

▼ 掌にでも~ (3, 0.1%)

1 のりそう, 乗せられるくらい, 潰れたら何

▼ 掌にとって~ (3, 0.1%)

1 しらべて, 器用にも, 軽く刃

▼ 掌ほど~ (3, 0.1%)

2 でも 1 あらうといふ

▼ 掌もて~ (3, 0.1%)

2 顔を 1 心地よげ

▼ 掌より~ (3, 0.1%)

2 紅血を 1 滑る鎖

▼ 掌よりも~ (3, 0.1%)

1 よほど美しかっ, 大きな白蛾, 熱かった

▼ 掌~ (3, 0.1%)

1 ともいっ, にそんな, にもない

▼ 掌~ (3, 0.1%)

1 に生温き, に落, の宮

▼ 掌程の~ (3, 0.1%)

2 雲も 1 廣さに

▼ 掌~ (3, 0.1%)

1 がもどっ, ていうなあ汁粉屋, の床几

▼ 掌さえ~ (2, 0.1%)

1 合せれば, 見えないよう

▼ 掌だけ~ (2, 0.1%)

1 で何処, 半分ほど

▼ 掌だけが~ (2, 0.1%)

1 ぶら下って, 手袋の

▼ 掌だけの~ (2, 0.1%)

1 手袋の, 指が

▼ 掌ってる~ (2, 0.1%)

2 からわし

▼ 掌つた者~ (2, 0.1%)

1 が重んぜ, を重んずる

▼ 掌です~ (2, 0.1%)

1 くつてでも, ぺりと撫で

▼ 掌という~ (2, 0.1%)

1 ものは, 適度な

▼ 掌とは~ (2, 0.1%)

2 君を

▼ 掌とを~ (2, 0.1%)

1 こすり合せながら, 感ずると

▼ 掌などは~ (2, 0.1%)

1 もう箸, 傷だらけだ

▼ 掌にかけて~ (2, 0.1%)

1 同じよう, 見くらべて

▼ 掌にが~ (2, 0.1%)

1 くりと, つしり

▼ 掌ほどに~ (2, 0.1%)

2 白く聳えた

▼ 掌れる~ (2, 0.1%)

2 后宮の

▼ 掌を以て~ (2, 0.1%)

1 自己の, 鼻を

▼ 掌を通して~ (2, 0.1%)

1 前腕, 彼は

▼ 掌~ (2, 0.1%)

1 握リ稍温ムレバ則チ柔ク乾果, 載セテ

▼ 掌~ (2, 0.1%)

1 にしか見えた, のもの

▼ 掌~ (2, 0.1%)

1 く, を拭い

▼ 掌全体~ (2, 0.1%)

1 がむきだし, に渡っ

▼ 掌~ (2, 0.1%)

2 は枯れたる

▼ 掌~ (2, 0.1%)

1 に分かれた, 全裂葉

▼ 掌璽大臣~ (2, 0.1%)

1 に, に関する次

▼ 掌~ (2, 0.1%)

1 にした, にて汗

▼1* [105件]

あらはれて, 掌あるいは代官を, 掌いだしたまわぬを見, 掌いっぱいにその, 掌紐か, 掌ぐるみ裏返して, 掌ていた, 掌すなわち家令の, 掌する威権赫々たる, 掌その他に極めて, 掌ここを, 掌だけでもふれ合うこと, 掌だけは煙が, 掌だったがそれ, 掌だのハンドルなどを, 掌ております, 掌つた中臣, 掌つたのは土師部, 掌つて外事に干, 掌つて斎部のほか, 掌であるほんのりした, 掌でじゆずを, 掌でも書きやしょう, 掌とに青木は, 掌どころかすでに三十万里, 掌どり他の, 掌などのチク, 掌なんか合せて, 掌にさえ飽き足りる程, 掌にすいついて, 掌にぞひしりと, 掌についていました, 掌にても指すよう, 掌にのするも, 掌にまで噛りつかれ, 掌に対して何よりも, 掌のせゐでもある, 掌はじつとりと, 掌ばかりでは, 掌ひらけば汗, 掌への感触は, 掌へは肉を, 掌へも小さい茶碗, 掌みたいに心得, 掌もしくはそれ已上長き, 掌もて得なんや, 掌もて拭う真似せり, 掌いそげ, 掌よりは小さいが, 掌り給いことにその, 掌ば三年, 掌をば合せて, 掌ハヨク撓ウノヨ, 掌一杯に捧げ, 掌に任じられ, 掌俊秀高向甲斐隅屋新左, 掌の宮地嚴夫翁, 掌典部の星野輝興氏, 掌典長とはご, 掌でたたいた, 掌前膊上膊肩胛骨その肩胛骨, 掌珠泣五夜看, 掌四嶽之祀, 掌革命的民衆基礎, 掌園部一学というもの, 掌客裴世清至りて, 掌左右よりミリヤアド, 掌をした, 掌に載せた, 掌乗員の, 掌捕し無警告撃沈, 掌掛けて油煙, 掌故に重きを, 掌斎藤越後守という, 掌とは熊宗立, 掌器に, 掌状葉を拡げ, 掌状裂をなした, 掌状複葉で長き, 掌璽官だったミロメニル氏, 掌に全, 掌砲兵が悲痛, 掌神余がかく, 掌神余隼人が実隆, 掌のうち, 掌篠懸の樹の, 掌下顎部, 掌を握っ, 掌を差し出した, 掌のよう, 掌に似る, 掌訴訟に依, 掌貫通銃創であります, 掌のうら, 掌足裏に到る, 掌軍中郎将董和, 掌部屋の外, 掌長い脚と, 掌になり, 掌面一杯の大きな, 掌馬人かの馬, 掌馬人これを聞い, 掌駝蹄の宴, 掌鳴りがたきを, 掌鼈裙吟士蟆のたぐい