青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「成っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~懐 懐~ ~懐中 懐中~ 懷~ ~懸け 懸け~ 戀~ 成~ ~成っ
成っ~
~成った 成り~ ~成る 成る~ ~成功 成功~ ~成立 成立~ 成績~ ~成長

「成っ~」 1194, 12ppm, 8864位

▼ 成っ~ (1070, 89.6%)

62 いる 46 いた 35 来た 19 行った 18 いるの 14 いて 13 了った 10 居るの 9 いるが, いること 8 いない, しまった 7 居ります, 見ると 6 いたが, いるか, いるもの, 居たの, 来て, 来る 5 居て, 居りますから, 居ると, 笑った 4 いたの, いるから, いると, しまったの, 居る, 来たの, 来ました

3 [18件] いないの, います, いるという, いるところ, サ, 下されば, 仕方が, 居るから, 岸本の, 彼の, 掛って, 来ると, 来るの, 此の, 泣いた, 行くの, 行ったの, 見れば

2 [37件] いたこと, いたん, いましたから, いますが, いるので, いる事, いる場合, しまいました, しまって, ますから, 万骨枯る, 三吉は, 三吉も, 了いました, 了います, 了う, 仕舞って, 何う, 何か, 働いた, 反って, 居たが, 居りまして, 居りますが, 居るが, 居るもの, 居る処, 居る此, 帰って, 復た, 故郷の, 来たか, 来たから, 来たこと, 来たと, 気が, 私が

1 [593件 抜粋] ああいう, ありまして, あるか, いかなる者, いきなりゴロッ, いたから, いたという, いたところ, いたとしても, いたには, いたので, いたら子, いた二つ, いた僕, いた時, いた草屋根, いったから, いったが, いつ果, いないと, いないん, いない事, いない刀, いない地層, いない男, いない集団農場, いなかった, いなかったん, いながら, いなければ, いました新吉, いますから, いますからね, いませんよ, いらしった, いられる訳, いるかと, いるかという, いるかは, いるし, いるその, いるでは, いるに, いるべきである, いるらしい, いるん, いるワケ, いる一種, いる中央部, いる事実, いる人, いる人形, いる処, いる姪, いる幾多, いる庵室, いる彼, いる所, いる時, いる節子, いる素足, いる結晶, いる観, いる身の上, いる限り, いろいろ知らなかった, いわゆる柱頭, おいで, おらぬ, おらぬ場合, おらんので, おらんよ, おりこの, おりますから, おりますだけ, おりまする, おり他, おり淵頭, お久美さん, お前が, お前に, お呉れなら, お客を, お尻, お父様, お稼ぎ, お香, きたの, くるよ, くれそう, くれた人, くれた渇しても, くれる, くれるだから, くれると, ここに, この人, この妹, この弟, この谷間, これから巣, しまいそう, しまい仕様, しまい作右衞門, しまい親, しまうか, しまうと, しまうなんて, しまうの, しまったが, しまったこと, しまわあ, しまわア, すっかり酔, そこを, そして何方, その実, その対象, それから出発, それも, たしない事, ついて行く様子, ついに今日, どうか鹽原, はいますが, はいますもの, はじめて, まいったの, ます, また還俗, まだ耕作, まもなく与吉, みたい, みたところが, みよや, みると, みれば, めでたく京都, やる奮発, ゆくお, ゆくの, よく実り, よく寝られなかった, ゐないしようが, ゐました, ゐると, アなら, アヤマリ, サこう, サ未だ, ヌッと, パーラーから, 一体それ, 一体まア, 一寸こちら, 一年を, 一方に, 一旦休ん, 一時に, 一雫の, 一頃から, 万骨枯るる, 三人鼎足で, 三吉の, 上げますから, 上る処, 下さいなね, 下さいま, 下さいませんか, 下さるよう, 下に, 不図災難, 中学の, 之を, 了って, 二つの, 亭主と, 亭主を, 人間を, 今しも, 今は, 今日に, 今更何, 今迄の, 仕舞いました, 仕舞いましたが, 仕舞い当人, 仕舞う, 仕舞うのよ, 仕舞う方, 仕舞えば, 仕舞ったから, 仕舞ったの, 仕舞った旦那, 仕舞った時, 仕舞わなければ, 他に, 以来の, 仮令相手, 仰しゃっては, 仲好く, 休んだ, 何の, 何も, 何を, 傍目を, 傷口を, 働きます年, 働き始めた, 充分に, 先生の, 兎や, 入ってるん, 入口に, 其の周囲, 其の殺された, 其の看病, 其姓を, 冠った, 冷く, 出て, 出るかと, 出ると, 出版される, 初めて言う, 前方活動俳優の, 助太刀を, 動いて, 半月ほどの, 厳粛に, 参ります, 又その, 又此処, 又茲, 可惜, 同時に彼ら, 名を, 向うから, 呉れ, 呉れるなら自分, 呉れホッ, 呉れ否, 周囲から, 呼んだ, 和田の, 唯白い, 喋られると, 回復の, 国の, 在るかは, 坐り居合, 基部は, 大きな眼, 大きな蛇, 大和の, 大正五年, 夫婦の, 女性の, 妹の, 婆さんに, 子の, 孫右衞門は, 守りましょう, 定めし本意, 宜いのです, 家に, 寝ました処, 少師, 居た, 居たに, 居たもの, 居た主人, 居た心持, 居た所, 居た相, 居ったが, 居ても, 居ない故, 居ました, 居ました其の, 居ます, 居ようから, 居りましたが, 居りますでしょう雨, 居りますと, 居りますの, 居りまするが, 居りまする中, 居りまする処, 居ります事ゆえ, 居ります又, 居ります門, 居り二行, 居り前, 居るお, 居るか, 居るかは, 居るかも, 居るからの, 居るし, 居るそれ, 居るだろうから, 居るでは, 居るは, 居るカーテン, 居る事, 居る人, 居る児, 居る分家問題, 居る塔, 居る後, 居る数えて, 居る様, 居る為, 居る稻垣小三郎様, 居る重, 居る間, 居る降りれば, 居る顔, 岸本は, 巾笥に, 帰ったと, 帰れ, 帰れる様, 幸作からは, 引かれる者, 彩色だけは, 彼らの, 彼女は, 彼女をも, 後へ, 後田舎, 後確堂公, 御用が, 御覧どんなに, 御重役様, 微笑み合いました, 思い思いの, 悪者に, 惠梅と, 意気揚々と, 愛宕下へ, 慰めたり, 抜けて, 揉療治を, 政治家の, 散歩を, 斬れない所, 新しい家, 新聞紙は, 旅立を, 旗挙げ, 既に十八春秋, 是なりに, 暖で, 暗かった, 暫く途中, 更に河原続き, 木曜島を, 未だ当の, 村へ, 来たかと, 来たかナ, 来ただ, 来たとは, 来たには, 来たゆえ, 来たん, 来た人, 来た国, 来た大塚さん, 来た或, 来た時, 来た病, 来ましたよ, 来ましても, 来るが, 来ること, 来るに, 来るもの, 来るシタ, 来る愈々, 来る最早, 来れば, 東京に, 根気に, 楠公の, 権田は, 横目で, 欲しいと, 正造の, 此処え, 此方より, 此方私は, 死んだ, 段々見える, 気に, 気の毒だ, 気欝病を, 水彩画家, 永い間, 汝を, 沢山の, 泣き出した, 洗馬から, 浪の, 浮ぶので, 深川相川町の, 添乳を, 済まないと, 渋江家で, 湧いたから, 漸く豊世, 然ん, 熱が, 父さまや, 生きる自信の, 直ぐに, 相好は, 省察せず, 碌に, 祖母さんや, 神戸から, 私だけ, 私は, 私も, 突然義雄, 笑い転げた, 紅葉屋に, 終ったイヤサ黒人, 終を, 署や, 耐え難い, 自分が, 自分の, 自身番の, 苞の, 苦労知らずに, 落ちたので, 藤田の, 蘇る, 蘇我氏一族が, 行きかけた, 行きそう, 行きますね, 行く, 行くうち, 行くか, 行くかく, 行くよう, 行く勢, 行く時, 行く様, 行く気, 行く鞠子, 行こう, 行ったかとも, 行ったという, 行ったらほんとう, 行ったん, 西国三十三番の, 見せなけれや, 見たいと, 見たい心, 見た人, 見て, 見ますると, 見るよう, 見直せば, 親の, 親不孝を, 親父に, 言い合わせる暇, 訪ねて, 詮応に, 話しながら, 誠に恐入ります, 謝って, 豊世の, 貰いたいと, 起って, 身を, 返す時, 逃げるよう, 逆上た, 這入って, 遊ぶわい, 遣るの, 遣るッ, 重い体躯, 重三, 金鶏山のみ, 間もなく旅, 間もなく私, 閣下よ, 阿弥陀仏と, 随分英領インド政府, 雑種の, 頂きましてね, 頬から

▼ 成っても~ (48, 4.0%)

1 [48件] いる, お薬一服, ついそれ, まだ叔父, まだ岸本, まだ空, よい, よう御座ん, よし成りたく, よろしゅうございます, 今日の, 他人に, 其処が, 勅任にでも, 叔母も, 困りは, 堅く結ばれた, 変らなかった, 大小は, 妙に, 宜いと全身, 宜しいが, 室の, 戻らない, 斬られても, 未だお, 未だそんな, 未だに無名, 未だ帰らなかった, 未だ残っ, 未だ毛糸, 来ません, 構わないさ, 決して其の, 決して声, 洋服を, 無駄だ, 無駄な, 物を, 盈ち溢, 矢張り若く, 知りませんよ, 破れても, 稻垣さまと, 自分は, 追い懸けるつもり, 達雄からは, 関わないッ

▼ 成ってから~ (20, 1.7%)

1 [20件] お前も, お関, だんだんこわく, ちょうど半月目, 一層節子, 二夏ほど, 亭主が, 入るが, 失敗の, 妙に, 始めて弟, 岸本には, 岸本は, 後は, 故郷懐かしく, 榊は, 父は, 結構な, 貴方の, 遂にこの

▼ 成っては~ (15, 1.3%)

1 [15件] いけませんよ, いるが, 何にも, 何の, 何も, 困ります, 壊れ壊れては, 居られない心持, 幽霊が, 済みません私, 真実に, 若衆頭でも, 詰りましねえ, 誰を, 駄目だ

▼ 成っちゃ~ (13, 1.1%)

3 いねえ 1 いない芝居, いねえまるで, いねえ成っちゃ, ゐない之, ア意気地は, ア生き, 居ないネ, 居ないワねエ, 終だ, 駄目よ

▼ 成ったり~ (7, 0.6%)

1 した, して, する, 亜米利加時代の, 又は煉瓦造, 夢特有の, 書生流儀に

▼ 成ってからは~ (7, 0.6%)

1 一層この, 一層心持, 三吉も, 二番目の, 大学や, 太一と, 客も

▼ 成ったって~ (2, 0.2%)

1 云って, 宜いや

▼ 成ってからも~ (2, 0.2%)

1 姉弟は, 私は

▼ 成っての~ (2, 0.2%)

1 二度目の, 引き揚げとは

▼ 成ってや~ (2, 0.2%)

1 しない, 少し様子

▼1*

成っちょらんし僕, 成ってからの節子の, 成ってこそ正しい民藝, 成ってさえ決して心, 成ってと嘲けられたの, 成っ将河野対馬