青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「微塵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~御飯 御飯~ ~御馳走 御馳走~ 復~ 復活~ ~復讐 復讐~ ~微か 微か~
微塵~
~微妙 微妙~ ~微笑 微笑~ ~徳 徳~ 徳利~ 徳川~ 徹底~ ~心

「微塵~」 1034, 10ppm, 10736位

▼ 微塵~ (481, 46.5%)

40 ない 31 なかった 17 ありません 14 ないの 7 なかつた 6 なかつたの 5 ないので, ないのに, 残って 4 動かなん, 持って 3 ないが, ないし, ないと, 感じられなかった

2 [26件] ありそう, ありませんから, ないから, ないよう, ない人, ない爽やか, なくそれ, なくただ, なくなって, なく凡そ死, なけれど, また玉, もとめて, 偽りの, 出て, 又六, 同化せず, 嘘は, 明日の, 気に, 汚いもの, 浮んで, 無い, 甘さ, 自由意思の, 虚構や

1 [279件] ありさ, ありませんからな, ありませんからね, ありませんが, ありませんでした, あるべき男, いないよ, いや味の, うごかなかった, お心, かえませぬ, こだはる心, しないこと, しませんや, その反映, その色, そりゃない, それらの, そんなお, そんなこと, そんな事, そんな弛み, そんな心, とりあふ様子, ないからり, ないくせ, ないけれども, ないこと, ないこの, ないそれで, ないです, ないという, ないとは, ないのよ, ないはず, ないもの, ないや, ない中学校, ない人物, ない代り, ない作家, ない彼, ない明けつ放し, ない明るい笑顔, ない点, ない物, ない真に, ない粗朶, ない素朴, ない職業, ない自然, ない雪, なかつたが, なかつたこと, なかつたので, なかつたのよ, なくあくまで, なくいずれ, なくいつどこ, なくさあ, なくさも, なくそれどころか, なくた, なくつくろわぬ, なくつて, なくときどき, なくな, なくなった, なくまた, なくむしろ, なくカルヴィン派, なく世俗的, なく人前, なく人格, なく侠気, なく半白, なく却, なく却つて, なく唯, なく嘉門, なく国民, なく外国, なく学問, なく学士, なく寧ろ, なく履物, なく心から, なく春雨, なく晴れやか, なく生き生き, なく福松君, なく私, なく自己, なく誰, なく質実, なく踊り, なく長い旅路, なく頭上, なし, なしに, ならなかつたので, なれなかった, ひがんで, ひけめ, ひねくれて, ふれるところ, みられなかった, ゆるがぬ一心, よその, われ持たず, フィクションでは, 一致する, 不安は, 不安を, 不自然でない, 主観では, 予想の, 交へ, 人に, 介在し, 他意は, 仮借いたさぬ, 仮藉, 作り話では, 俗臭の, 偽り気, 僕の, 共同生活の, 出さず二人, 分らずに, 劣らないばかり, 動いた気配, 動いて, 動かさずじっと, 動かさずに, 動かず, 動かない, 動かないタッタ一つ, 動かなかった, 動かぬ, 動かぬもの, 動か無い, 動きそう, 動きません, 化粧の, 匠気が, 反抗らしい, 受けずに, 嘘が, 嘘では, 場違ひ, 塵の, 変更されない, 外へ, 失くなって, 好きだ, 好意を, 好感が, 子に対する, 存し, 存在しないらし, 存在しないらしかった, 崩さずに, 幻想を, 引き返す心, 復讐心の, 心に, 必要で, 忌味ッ気が, 思いたくなかった, 怨む気, 怪我を, 悟らずに, 悪い心, 悪意の, 悪意は, 情は, 意に, 愛情を, 感じて, 感じない, 感じなかった, 感じぬ颯爽, 感じられずその, 感じられぬ手紙, 感じること, 感ぜしめない人, 戯作者気の, 持たぬ一個, 持っては, 挾まれなかつた, 掠めなかった, 敵意と, 未練という, 正義派的感傷を, 此教を, 殺伐の, 殺意などは, 気付いて, 気付かずに, 汚れの, 油断は, 浮ばなかったほど, 混同され, 減殺される, 湧き起らなかった, 無いだ, 無いの, 無いので, 無い人, 無き人, 無くお, 無くなりました, 無駄には, 狂いの, 現して, 現わし, 疑ぐったことはなかった, 疑っては, 皮肉な, 皮肉の, 皮肉らしい, 示さずやっぱり, 私の, 積れ, 窺われない, 算盤気が, 置いてない, 考えて, 考へなかつた, 聞かず平素, 自ら卑う, 自分に, 自我なる, 自由は, 興奮した, 色気の, 見えず蝋燭, 見えないあの, 見せなかった, 見せなかつた, 見せませぬ, 見られない, 見られないで, 見られなかった, 見られなかったの, 見られなかったばかり, 見出し得なかった, 訴へる, 詐りや, 誇張では, 認められないであろう, 認められないのみか, 認許する, 誠意と, 貯えては, 起きなかった, 起こらずまさしく, 起さないでは, 起らなかった, 起らなかったけれども, 起らなかつたけれども, 起りは, 違つた所は, 邪は, 邪念が, 邪気の, 陰の, 階級的な, 隙が, 隙といふ, 隙の, 雅風なく, 雜つてゐる, 音を, 風情を, 騒ごうと, 高ぶる風, 鼻の

▼ 微塵~ (234, 22.6%)

15 砕けて 9 なって 6 なれと, 砕いて 5 砕けた, 碎けて 4 くだけて, して, 砕かれて, 粉砕し

2 [15件] してやりたい, する, なせ, なるの, なれッ, 崩れ落ちて, 引き裂いた, 打ち砕いて, 打ち砕かれて, 砕いた, 砕かれました, 砕けます, 碎かれて, 碎くべし, 粉碎し

1 [142件] うちくだかれ檣楼, うちくだく大いなる, うち毀たれ簷頭, うち砕い, うち砕く, くだけ大きな, くだけ散った, くだけ散つて行つた, くだけ眼, こわれたねえ, こわれて, されただろう, したと, したろう, してやろうでは, してやろうというくらいに, しようと, せずに, なぎ倒し多数, なさん, なったか, なったと, なったよう, なつた, なりて, なりましょう, なること, なるぞ, なるだろう, なるまで, なる程御神輿, なれ, なれば, なれやと, ぶちこ, みちた, われた, カッ飛ばし, 下頤, 似た湯垢, 似た火の粉, 凝着し, 分解を, 切って, 刻んだの, 割って, 割れても, 単衣, 叩き割って, 叩き壊されて, 叩き潰されて, 叩き潰した方, 叩き潰す覚悟, 叩き碎いて, 吹きとばして, 吹き飛ばされて, 吹き飛ばされないとも, 崖下へ, 崩壊し, 成て, 打ち壊そうと, 打ち砕かれました, 打ち砕こうと, 打っ砕けるだが, 打崩し, 打砕いたそのもの, 打砕いて, 打砕くもの, 打碎かれたる, 押しひしゃがれた, 押し流されて, 掴み潰しさ, 敗れて, 散った, 散らしました, 敵の, 橋桁を, 消え失せる程, 消し飛んで, 潰れて, 爆発し, 爆破し, 琉球の, 砕いたと, 砕いたり, 砕いた時, 砕いた蝶吉, 砕かれた, 砕かれたと, 砕かれた一頭, 砕かれる, 砕けた傘, 砕けた時, 砕けた残骸, 砕けなか, 砕けに, 砕けました, 砕けましょう, 砕けよと, 砕ける, 砕け一塊, 砕け散った, 砕け散ったり, 砕け散って, 砕け散つた, 砕け散つて, 砕け散つて無, 砕け散りました, 砕け散る惨状, 破って, 破れて, 破壊されたらしく, 破壊したくなる, 碎いた時, 碎けたの, 碎けた物音, 碎けた白色檣燈, 碎けよと, 碎け散るよ, 碎け新式魚形水雷, 碎け潮煙, 碎け燈光, 穂を, 笛を, 粉末に, 粉砕され, 粉砕されなけれ, 粉砕される, 粉砕せらる, 粉碎された, 粉碎される, 粉韲いたる, 踏みくだかれたや, 踏みつぶして, 踏み潰されて, 轢かれたん, 轢き砕かれて, 過ぎない, 過ぎないの, 飛ばされる奴, 飛散った, 飜弄し

▼ 微塵~ (112, 10.8%)

3 ような, 衣服を

2 [13件] くもりも, 七三に, 垢でも, 如き本体, 影も, 氷吹きつくる, 狭い袷, 狹い, 糸織の, 素袷十手を, 細に, 花, 袷を

1 [80件] うその, ごとき人間, ちらばるそら, ゆるぎも, ように, を肩, 一枚着, 不安も, 仮借も, 作為も, 作用で, 偽りも, 價なし, 光お, 光渦巻きに, 動ぎをも, 卑下も, 吸収による, 嘘も, 土も, 太織紬ちと, 容赦も, 小袖を, 形なし, 影ひとつ, 影響も, 御召縮緬の, 恐れも, 悪意も, 情け容赦も, 情実など, 意気な, 意氣な, 愛も, 愛情も, 感情が, 手抜り, 星, 有名な, 有樣, 構えを, 浴衣を, 浴衣一まい, 混乱状態を, 澄むところ, 濁りも, 照りに, 玉屑が, 疑いを, 知慮も, 私心私慾は, 素つ破, 素袷で, 素袷に, 素袷三尺を, 素袷掛守りを, 結城を, 綿入れ襦袢それに, 羽織平打の, 花の, 苦も, 葛織, 虚偽も, 虚飾も, 衣服は, 衣裳に, 袖を, 袷という, 袷に, 袷格子の, 裾を, 誇張も, 誤魔化しも, 責任だに, 身を以て, 身動ぎだにも, 輪が, 野心も, 雲も, 雲母と

▼ 微塵~ (38, 3.7%)

9 なって 2 いえども, いへども, なりて

1 [23件] くだけて, するか, なしそれ, なったか, なつて, なり, なりこの, なりどこ, なる, なるか, なるとも, なる五体, 固緊, 変じた, 成っても, 打ち砕いたに, 打ち蒐, 打砕きホッ, 斬り込んだ, 砕け去った, 突っ込んで, 身構えて, 震え上って

▼ 微塵~ (10, 1.0%)

2 の達人 1 から出, での真, とあらため, のくだり, の遣い手, の遣ひ, の長, 往々存する

▼ 微塵~ (9, 0.9%)

1 もうもうとそこ, 光つて, 怒風, 熱を, 眞珠の, 立って, 躍つて, 集まって, 高い気層

▼ 微塵~ (7, 0.7%)

2 の原子 1 のかがやく, のパルヴニュウ, の満ち満つ, の珍, の香

▼ 微塵でも~ (6, 0.6%)

1 あったならば, この凡下, 彼の, 正義に, 見えぬ根気, 鈍れば

▼ 微塵~ (6, 0.6%)

1 かがやかし, 加えて, 散す, 狭く着, 狹く, 空気中に

▼ 微塵~ (5, 0.5%)

1 ぞ, つて, も動い, よ, 探偵も

▼ 微塵~ (5, 0.5%)

1 その他一切の, 太陽からの, 気色すら, 隕石に, 風の

▼ 微塵曇り~ (5, 0.5%)

5 のない

▼ 微塵~ (4, 0.4%)

1 とうめい, みな水の, 明らかに, 通例有機質の

▼ 微塵ほども~ (4, 0.4%)

1 ない, わたしは, 感ぜられなかった, 無く深く名利

▼ 微塵~ (4, 0.4%)

2 を持っ 1 をしゃぶっ, を縦

▼ 微塵だに~ (3, 0.3%)

1 体を, 取つて用, 後悔し

▼ 微塵~ (3, 0.3%)

1 大敗を, 威も, 水垢の

▼ 微塵ある~ (2, 0.2%)

1 ので, わけで

▼ 微塵すなわち~ (2, 0.2%)

1 宇宙塵と, 宇宙塵に

▼ 微塵たり~ (2, 0.2%)

1 とも隠れ, とも隱

▼ 微塵にな~ (2, 0.2%)

1 つてし, つて碎け死んだ

▼ 微塵ほどの~ (2, 0.2%)

1 くもりも, 紊れ

▼ 微塵ゆるがぬ~ (2, 0.2%)

2 脚爪の

▼ 微塵切り~ (2, 0.2%)

1 とスパイス, にした

▼ 微塵~ (2, 0.2%)

2 の花

▼ 微塵物質~ (2, 0.2%)

1 の上, は遊星運動

▼ 微塵~ (2, 0.2%)

1 の中, の回転周期

▼ 微塵程も~ (2, 0.2%)

2 ない

▼ 微塵~ (2, 0.2%)

2 しい虚偽

▼1* [74件]

微塵あるいは小流星群, 微塵怨み申し上げる心, 微塵何かに, 微塵からなにからすつかり, 微塵きずなき美, 微塵この間に私心, 微塵ごみが忍法手灯, 微塵そんな気色が, 微塵だにもないジミ, 微塵や顔, 微塵でしょうな, 微塵といったていたらく, 微塵とが太陽の, 微塵ないのです, 微塵なく慶應大學で, 微塵などのような, 微塵にもほんとに自分, 微塵によるだけでは, 微塵ばかりも善の, 微塵ほどになる, 微塵よりも多し, 微塵並びにエネルギーの, 微塵も許さず, 微塵の中心, 微塵の新鮮さ, 微塵光夕さり永し芽, 微塵を超過, 微塵劫的現実に密着, 微塵もしない, 微塵動こうとはしない, 微塵勝ち目はない, 微塵も衒い, 微塵姿は消え, 微塵宿業全く終り, 微塵弑虐の目算露見, 微塵後ろ髪をひかれる, 微塵れは, 微塵悪意のない, 微塵愛敬のなき, 微塵日頃の私情, 微塵暗黒体及び諸, 微塵棒達磨に玉兎, 微塵棒達磨狸の糞, 微塵模様となる, 微塵も無い, 微塵流剣法これで見事, 微塵流将軍家流とも云うべき, 微塵海老鞘の刀脇差, 微塵にシャンデリア, 微塵狼狽へた, 微塵狼狽えた様子は, 微塵真暗になった, 微塵短日にし, 微塵って山, 微塵空虚なところ, 微塵立腹氣もなき, 微塵系列の底, 微塵の膝, 微塵縞一楽の小袖, 微塵の一ツ小袖, 微塵の天幕, 微塵聊かない人, 微塵にした, 微塵色気も鄙気, 微塵虚偽や作為, 微塵見れば鉄, 微塵覚えのない, 微塵遠慮といふもの, 微塵遺憾な点, 微塵のない, 微塵隠し持っていた, 微塵非難をする, 微塵騒がず遽かに, 微塵骨灰の中