青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「急い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思召 思召~ 思惟~ ~思想 思想~ ~思案 思案~ ~急 急~ ~急い
急い~
急ぎ~ 急ぐ~ ~性 性~ ~性格 性格~ ~性質 性質~ 怨み~ 怪~

「急い~」 5530, 55ppm, 2115位

▼ 急い~ (5308, 96.0%)

106 いた 72 行った 53 出て 48 帰って 39 それを 37 いる, 行って 32 いるの 30 家へ 28 来た 27 自分の 24 行く 22 来て 21 来たの, 行くと 19 そこを, 着物を 18 家に, 降りて 17 封を 16 歩いて 15 眼を 14 外へ 13 いると, ゆくと, 手を, 来ると 12 写生した, 階段を 11 くれ, ゐた, ゐるの, 家の, 帰った, 戸を, 来たが, 歩いた, 部屋を 10 いたが, いたの, やって, 下りて, 彼の, 持って, 顔を 9 いるん, ゐる, 急いで, 扉を, 来たもの, 立って, 走って 8 いるよう, そこへ, その場, やって来た, やつて, ゆく, 家を, 戻って, 支度を, 行きました

7 [14件] いたので, いった, いて, いました, そっちへ, 二階へ, 勘定を, 山を, 座を, 梯子段を, 目を, 行つた, 身を, 逃げて

6 [15件] いますから, ここを, そこに, そっちを, 居りました, 帰る必要, 引っ返しました, 来る, 歩き出した, 涙を, 玄関へ, 起って, 門の, 靴を, 馬を

5 [39件] いって, います, いること, おりますが, しまった, その前, その方, それに, ゐると, ゐるやう, 例の, 傍に, 出かけて, 出して, 参りましょう, 外に, 居りまして, 席を, 帰ろうと, 往って, 来たので, 来るの, 東京へ, 次の, 母の, 窓の, 立つて, 答えた, 腰を, 行くの, 行け, 行けば, 言った, 話を, 起きて, 足を, 身支度を, 這入って, 金を

4 [60件] あとを, いきました, いたと, いるから, おくれ, おりて, くれよ, そこから, そのあと, つけ加えた, のぞきこみました, ゆくの, 下駄を, 主人の, 二人の, 二階に, 云った, 云ひました, 仕度を, 受話器を, 口を, 台所へ, 宅へ, 帽子を, 床を, 彼は, 後を, 扉の, 来い, 来たん, 格子を, 私を, 立ち上がって, 立ち上った, 腕を, 船を, 茶碗を, 草履を, 荷物を, 行かなければ, 行こう, 街へ, 表へ, 見に, 視線を, 読んで, 車に, 車を, 近づいて, 近寄って, 通り過ぎた, 道を, 部屋の, 門を, 障子を, 食事を, 飯を, 馳けて, 駆けて, 駈けつけて

3 [113件] いたもの, いたん, いつた, おいで, かけて, きたの, くると, ここまで, こちらへ, こっちへ, これへ, すぐに, そのままやめました, その後に, その部屋, ついて, どこへ, ゐたが, テーブルの, ハンケチを, ベッドを, ポケットの, 下さい, 下宿に, 云つた, 人を, 仕事を, 他の, 其処を, 出た, 十字を, 取って, 取りに, 口に, 坂を, 奥へ, 女の, 学校に, 宅に, 宿へ, 寝台の, 居た, 居る, 川の, 帯を, 帰つた, 帰るにも, 帰る時, 帰庵した, 店から, 店の, 座へ, 庭へ, 引っ返して, 引返して, 彼を, 後から, 後に, 後へ, 応接室に, 戸外へ, 手拭を, 抜けて, 服を, 木の, 木の下へ, 机の, 来たと, 東京に, 林の, 梯子を, 此方へと, 歸る, 水を, 湯殿へ, 灰を, 父の, 片づけて, 物蔭に, 用を, 眼鏡を, 私の, 立ち去った, 紅矢の, 膝を, 自分も, 舟を, 行きすぎようと, 行く人, 行ったこと, 行ったの, 衣服を, 表の, 見て, 走つて, 退場, 通って, 通りなさい, 通る, 遣って, 酒を, 鏡に, 鏡を, 開けて, 階下へ, 電話を, 電車を, 顔に, 風呂へ, 飛び出して, 馳け, 駆け寄って, 髪を

2 [279件] あるきな, いく様子, いたし, いつて, いましたので, いるが, いるとは, いるので, いるらしい, いる場合, いる様子, いる頃, いろいろな, うちへ, おいでに, おくん, おるところ, お出でに, お宮へ, お迎い, お風呂, かぎを, かけつけて, からだを, きた, くる, くる様子, くれい, くれなくちゃ, これを, したくを, して, しなければ, じぶん, せいの, そこの, そつち, そのお, そのそば, そのほう, その一つ, その家, その言葉, その跡, それと, どうやら下地, どこかの, はねを, また出, みると, もとの, やった, やってきて, やって来て, やって来ました, やりな, やること, やれ, ゆきました, ゆくうち, ゐたので, ゐますから, ゐるので, ゐるん, ゐる者, ズボンを, ドアの, ドアを, ベッドの, ベルリンの, ページを, ランプを, 一つの, 三人に, 上から, 上つて来, 下に, 下山する, 中を, 二階から, 二階を, 云いました, 云い足した, 仕事に, 仲間の, 体を, 來た, 來る, 便所へ, 停車場へ, 傍へ, 先の, 入って, 内へ, 写生する, 出かけなければ, 出かけました, 列席の, 別れて, 助けに, 勝手口の, 医者へ, 厨へ, 去る, 参りましたが, 参ります, 取って返して, 向うの, 呼びかけた, 国へ, 国元へ, 垂幕を, 夜具を, 女と, 娘の, 子供を, 学校の, 室から, 宿に, 封筒の, 小屋へ, 小田原の, 居たの, 居ると, 己の, 帰ったが, 帰つて来た, 帰ること, 帰る拍子, 帰る気, 帰る途中, 帰途に, 店先へ, 廊下に, 廊下へ, 廊下を, 弁解した, 彼女の, 往きな, 復た, 我が家へ, 我家へ, 戸口へ, 戻つて, 手紙を, 手配しなけれ, 拾い上げて, 持つて, 挿し込み, 探して, 探しに, 支度し, 断つて, 方丈の, 旅館へ, 日向を, 昇って, 書いたもの, 書いて, 書斎へ, 朝食を, 朝飯を, 来たのに, 来る姿, 来る時, 杭州へ, 東照宮の, 根津の, 楼梯を, 横に, 樽の, 次の間へ, 止めて, 武器を, 歩きだした, 歩きながら, 歩く, 歩み初める丁度, 歸つて來た, 母屋の, 水に, 池の, 決行せね, 汽車を, 洋燈を, 洞を, 活動的に, 派出所の, 海に, 海へ, 漕げば, 玄関を, 町へ, 登って, 盛岡行の, 矢を, 石段を, 祈願を, 穴を, 窓から, 窓を, 立ち上ろうと, 立つ, 立つと, 立去つた, 竿を, 箱を, 箸を, 籠を, 老婆の, 耳を, 胸から, 舞台を, 茶を, 茶室成就よ, 著物, 蓋を, 蚊帳を, 行かうと, 行きな, 行きます, 行くが, 行くこと, 行くもん, 行ったり, 行った処, 行願寺内へ, 衣物を, 表に, 裏へ, 褥を, 襖を, 見舞に, 言葉を, 話題を, 谷に, 財布を, 買いに, 起きあがって, 起き上ると, 起ちあがって, 跡を, 跳ね起き, 踵を, 車の, 轟々と通りすぎる, 退場する, 逃げ出した, 逃げ出して, 通りへ, 通り過ぎて, 速度を, 遁出す, 遣つて, 邸へ, 部屋には, 部屋へ, 配所へ, 鏡の, 開いて, 開封し, 階下に, 集まって, 離れへ, 電話口へ, 電車に, 面を, 頬冠り, 飛んで, 食べて, 食堂へ, 馬に, 馬の, 駅の, 駈けて, 駈け出して, 駒を, 駕籠を, 黒い股引

1 [2667件 抜粋] あいずを, あそこまで, あちこち歩い, あのろう人形, あらわな, いかせながら, いき両, いずれへか, いたって, いた不具者, いた母, いた金太, いったいどこ, いつも整列, いますからね, いらっしったもん, いられる様子, いるし, いるという, いるとも, いるのよ, いるらしくありました, いる仕事, いる妻, いる筈, いる青年, うち消した, おうち, おしたくを, おのおのの, おられたの, おりましたので, おるの, お出かけに, お取りかかり下さい, お宮の, お帰んなさい, お書きなさい, お知らせに, お絹, お道, かえって来た, かけつける木靴, きたと, きた雲霧, きまりの, くださいね, くる三艘, くる途中, くれないか, くんな, こいで, こさえて, こっちに, この位置, この小屋, これから松谷鶴子, ごまかそうと, さっと差しこまない, さんと, しばらくし, しまえば, しゃべりまくり自分, すたすたと, せかせか歩い, そちは, そのこと, その一軒家, その傍, その向う側, その小さい, その戸棚, その杵, その注, その穴, その話, その電車, そは, それから先, それ等の, たもれ, ちょうど柳ヶ崎, つける工夫, ととのえて, なおして, ぬぎっぱなし, はい上がっ, ひきわけて, ひらく場合, ふり拂つ, まいったゆえ, また寝床, また次, まだイワン, みたいという, みんなを, もう一, もどって, やがてひろびろと, やってきたの, やって来たよ, やっと三合目, やると, ゆきましょう, ゆく人々, ゆく弥生, ゆけば, よこして, わが家え, われ勝ちにと, ゐるうち, ゐるソーンフィールド莊, ゐる老いた母, オランダに, ガラス張りの, グレイ, コンパクトを, ジャヴェルに, スヰッチを, テーブル, ドヤドヤ入, ハンカチを, バス・ルウムへ, パンを, プツゼル婆あ, ポケットから, メシを, リップの, 一と, 一方の, 一群の, 三ツ木は, 上がった, 上の, 上京した, 上草履を, 下さいとさ, 下りる, 下宿の, 丘陵を, 並木通りへ, 中二階の, 丸木舟に, 乗りこんで, 了つた, 二三歩芝の, 二階の, 京都から, 今の, 仕事の, 仕立てながら, 仙台へ, 会場へ, 佐野の, 何處へ, 作る方向, 便所を, 俯向い, 傷口の, 僚機に, 先ず洋燈, 入つて, 入口を, 八月の, 其の拳, 其扇子を, 内田の, 冠って, 出かけたの, 出かけるという, 出なければ, 出口の, 出掛ける仕度, 出頭なされませ, 刑事溜の, 別のを, 前もってそれ, 力任せに, 動き出すといふ, 包んだ風呂敷, 医師の, 千早館へ, 博文館を, 原稿を, 去ったの, 参ったよう, 参りましたお前さん, 参るの, 又暗い, 反対の, 取って返した, 取り片, 受刑者を, 古谷に, 台所の, 名所を, 向きを, 否定し去っ, 呉国へ, 呼びとめた, 和服の, 啜泣き, 四方の, 国家を, 土蔵の, 地上へ, 坐勢, 城に, 堤について, 塾を, 壁に, 壺の, 外出の, 多助の, 夢中に, 大宇宙探検計画, 大理石の, 天神の, 奥へは, 女中を, 妻への, 姿を, 子供達に, 守に, 宣城へ, 室蘭を, 家と, 寄って, 寝室に, 寝所へ, 寝間を, 対外的に, 尊性昇蓮等に, 小日向の, 小走りに, 少年の, 居りますが, 居る人, 履いて, 山道を, 岸へ, 崖下へ, 巣鴨庚申塚に, 市さんに, 師団司令部へ, 帰ったので, 帰つ, 帰らっしゃれ, 帰られました, 帰りました, 帰り支度に, 帰るよう, 帰京した, 帰宅する, 平家の, 床から, 店を, 庫裡の, 庭上へ, 廻るからよ, 引きかえした, 引き寫した, 引っ張って, 引っ返すでしょう, 引返したのよ, 役人の, 彼れ, 彼等の, 後片付を, 御報告, 徹夜し, 慥へて, 我が屋, 戸外に, 戻りました, 手の平の, 手当たり, 手配を, 抱き止めて, 押入を, 拭こうと, 拾った, 拾上げ, 振り返った, 捕らえたの, 掌面の, 接いだ, 揉み消そうとして, 操縦された, 故郷へ, 教室主任の, 散紙, 斯の, 新聞を, 方々に, 日本全国の, 早口に, 明智たんて, 昼ごろには, 暖かい炉端, 曳き出して, 書き綴り岩波書店から, 最後の, 朝の, 木から, 本ものの, 本文に, 机に, 村松氏の, 来かかった洋服, 来たところ, 来た客, 来た為, 来た途中, 来ました, 来る別手組, 来る足音, 東京から, 林木の, 柳生へ, 梅に, 椅子を, 楼を, 横瀬浦に, 檢査する, 欲しい, 正面の, 此方に, 歩いたり, 歩きはじめた, 歩き出すと, 歩けば, 歸つた, 死にたくも, 残りの, 気乗りの, 水着に, 江戸を, 沓を, 法師温泉を, 洗礼を, 流れへ, 海辺の, 深入りした, 渋団扇で, 湊に, 源氏の, 漕いで, 火鉢の, 焚火を, 熱い往来, 父親の, 片道十分は, 猛烈に, 玄関口の, 現場へ, 用事だけ, 甲板へ, 町医者を, 異人墓の, 痰吐を, 白羽二重の, 盃を, 相集まり, 着のみ, 矢大臣門の, 石和街道の, 研究室の, 社へ, 祝言の, 私に, 穴蔵を, 窮屈な, 立ちましたが, 立ち上がろうと, 立ち去りまして, 立てなおさなくては, 立去って, 竹川へ, 筆と, 簡単に, 粟の, 純之進, 結わえた, 結婚の, 絵の具箱を, 綸を, 縁の, 縫い合わされた, 置かないと, 羽織を, 耳へ, 肉屋の, 肩と, 腕車を, 自分で, 自己を, 臺所に, 船に, 芝の, 茶の間の, 荊州へ, 菓子を, 著更, 蓮華寺へ, 薬の, 蟹沢の, 行かなくても, 行きかけたが, 行き過ぎた, 行くといつて, 行くらしくどんどん, 行く姿, 行く男, 行く面, 行こうか, 行ったかも, 行ったところ, 行つ, 行つて大蛇の, 行ッて, 表を, 被ったらしい頭巾, 裏を, 見た, 見回した, 見舞はんけれ, 角パンを, 言い直した, 言つた, 計算にか, 訊問を, 話さうと, 語ろう, 誰でも, 論文を, 讀み下した, 象の, 賣りたくは, 走り行列, 起き上がって, 起上つた, 足もとを, 足音を, 身体を, 農舎の, 迎へに, 近よった, 返事だけ, 追いつく, 追っかけて, 追ふ, 退却する, 送るべく, 逃げるという, 逃げ出そうと, 逆戻りに, 這入つて, 通りすぎて, 通り過ぎたので, 通るの, 連れもどるよう, 進んで, 道路を, 遣て, 還ろうと, 郭の, 都へ, 野中の, 鉄ば, 銃を, 鑵詰を, 門口の, 開けられた, 降りた, 降り立ったが, 除けて, 随筆を, 隠れた窓掛, 雑誌の, 電文を, 露路の, 頂戴, 頼むぞ, 風呂から, 飛ばし飛ばし読んで, 飛び去ったよう, 食べあつい, 食べ終ろうと, 食事する, 飲っつけたで, 餡パンを, 馳けろ, 駆け上ったが, 駈けだして, 駈けつけ悠々, 駈付けると, 験べに, 魏城の, 黒江氏の

▼ 急い~ (73, 1.3%)

3 いるので, 来る 2 いた, いるん, 鐙の

1 [61件] あとの, いたから, いたが, いたこと, いたもん, いた城太郎, いて, いましたので, いる, いるあんばい, いるお, いるが, いるの, いるもん, いるよう, いる二人, いる折柄, おりましたせい, おりますから, おりますので, おるの, おる場合ゆえ, お出でに, きた, しみじみ話, すぐそれぞれ, そういう結果, それではまず, てどうしても, ふりか, ほとんどその, まっしぐらに, ゐたが, ゐても, ゐるので, ドアを, 不可から, 九郎右衛門が, 事を, 出て, 又燐寸, 又長い, 呶鳴った, 呼ばれても, 喰は, 四五人押込も, 居りますから, 息が, 智恵子は, 智惠子は, 来た, 来るの, 猛って, 登りながらも, 納戸に, 老夫婦, 訊く, 追撃戦へ, 飯も, 馳け, 駆け附けた

▼ 急いでも~ (57, 1.0%)

2 その回復, 夕方に, 時間が

1 [51件] あたり前に, いた, いやしない, いるし, いるようだつた, おるの, かえってまずい, ここだけは, こちらは, そわそわし, ときた渓畔, ぬれないという, また夜, もう無駄, われんぞ, 一昼夜の, 一語づつしか, 三日がかりの, 二日路ほど, 五時間近く費し, 亥刻, 人形は, 今から, 今までの, 八日には, 半月や, 只今の, 四半刻は, 四里の, 容易に, 少しも, 山東までは, 帰りは, 廿日は, 急いでも, 急がいでも, 捗る道のり, 明日の, 書き残して, 歌川家まで, 決して早, 片道一時間かかる, 牛車は, 着く船, 私は, 詩の, 追ひつけない, 遲く, 顕家が, 駄目だ, 駄目です

▼ 急いでは~ (33, 0.6%)

3 いけない, いって, いなかった 2 ならない, ならぬ

1 [20件] あぶないと, あるかれない, いかんと, いけないの, いけないよ, いけない伯次, いけません十分, いる, いるが, いると, ならないこと, ならない茲, ならぬと, ゐないの, ゐるものの, ムリだ, 失敗の, 成りません花, 来ましたが, 転ぶわ

▼ 急いては~ (15, 0.3%)

9 事を 2 ならぬ 1 いけない, いけません, いけませんよ, 困るな

▼ 急いだり~ (13, 0.2%)

2 焦ったり

1 [11件] した, して, する, すること, まあいい, ゴチャゴチャかたまっ, 努力し, 打算が, 案じたり, 狼狽てたり, 立止まっ

▼ 急いても~ (4, 0.1%)

1 お検察め, すぐ駕, なにか見つからなけれ, 舌は

▼ 急いでを~ (3, 0.1%)

1 はりの, りました, る

▼ 急いじゃ~ (2, 0.0%)

1 いけねえ, 駄目だ

▼ 急いたり~ (2, 0.0%)

1 あんまり喜ん, する時

▼ 急いでとは~ (2, 0.0%)

1 おっしゃらないん, またどう

▼ 急いでの~ (2, 0.0%)

1 帰るさ, 素気ない

▼ 急いでや~ (2, 0.0%)

1 がるな, ぐらの

▼1* [14件]

急いたっていけない, 急いだりはつつしまなければ, 急いちゃァ事, 急いちゃあいけない, 急いやいけない, 急いてでもいると, 急いてね急いで, 急いてのことでござる, 急いでかうつけ足した, 急いでけえ, 急いででもいるの, 急いでねまきに, 急いではとのおことば, 急いくれやすえ