青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「懐中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

憂鬱~ 憎い~ 憎悪~ 憚~ 憲法~ 懇意~ 應~ ~懐 懐~ ~懐中
懐中~
懷~ ~懸け 懸け~ 戀~ 成~ ~成っ 成っ~ ~成った 成り~ ~成る

「懐中~」 2856, 30ppm, 3965位

▼ 懐中電灯~ (754, 26.4%)

98 の光 48 をつけ 37 を持っ 23 を照らし 20 をてらし 13 で照らし, をふりてらし 12 をとりだし 9 でその, でてらし, をもっ 8 をパッ 7 を消し 6 のまるい, を取りだし 5 であたり, のひかり, をたより, をつける, をふり照らし, を持ち, を持った 4 がその, でしらべ, の光芒, の電池, をその, をだし, をつけた, をふり 3 の明り, をうばいとっ, をかざし, を出し, を取っ, を消す

2 [36件] があります, がいくつ, がパッ, だ, です, でそれ, で下, で地面, で穴, で老人, で足許, とピストル, のあいず, のこと, のよう, の信号, の光り, の灯り, をうけとる, をけし, をさしつけ, をとっ, をとりだした, をひったくる, をふっ, をむけました, をポケット, を取り出し, を取出す, を受けとります, を小林君, を手, を消した, を消しました, を照, を片手

1 [279件] えーとそれから, があちこち, があっ, がいきなり, がいくすじ, がおい, がきみ, がそこ, がちょうど, がつぎつぎ, がてらし, がはいっ, がゆく, がサッと, がユラユラ, が三つ, が二つ, が二階, が先頭, が光っ, が光り, が六個, が動い, が岩, が当てられた, が彼, が手, が揃っ, が暗い, が消え, が消えた, が消える, が点った, が照, が鉄ごうし, が顔, が首領, さえ使わない, だけが彼, だけをのこし, だよ, であること, でおとうさん, でさっき, でじいさん, でじぶん, でそのもの, でてらされ, でてらされた, でてらしつけ, でてらしつける, でてらします, でてんじょう, でのぞいた, ではない, では片手, でまざまざ, でもあれ, でもっ, でもない, でも持っ, でよく, でグルッ, でコンクリート, でトランク, でドア, でヘリコプター, で一人一人顔, で中, で井戸, で信号, で切符, で双方, で四方, で団長, で塔, で奥, で小屋, で岩, で床や壁, で庭, で探し, で探した, で斜面, で棟瓦, で森, で正面の, で照, で照らし合い, で照らす, で瞳孔, で窓, で見る, で豹, で道, で電話ボックス, で顔, とで固めた, とヘッドライト, と木刀, と蝋燭, などです, などを点す, なの, にてらされた, にはあらで, にも被, に暗い険しい, に照, に照らされた, に追われ, に驚いた, のほか, の一つ, の下, の中, の丸い, の主, の光線, の前, の弱い, の強い, の暗号通信, の曲物, の灯, の男, の細い, の薄ら明り, の通信, は, はいつの間にか, はし, はすぐ, はそのまま, はたくさん, はちゃんと, はつけなく, はつけられません, はとっくに, はとほう, はまず, は何処, は半分, は四本, は大, は少年探偵団, は左手, は持っ, は明智探偵, は消し, は賢吉君, は電池, は静か, までお, もある, もうばいとっ, もそこ, もってたの, もわし, もわたし, も其場, も取落し, も四十面相, も明智探偵, も用意, やこん棒, やちょうちん, をあちこち, をうけとっ, をうち振った, をうばっ, をおっことしちゃった, をかえしなさい, をかし, をかり, をかりだし, をかります, をください, をけす, をこちら, をころがっ, をさし, をさしつけた, をさしむけました, をさし入れ, をさっと, をすばやく, をたたき落とした, をたたき落としました, をだんだん, をつかっ, をつきつけた, をつけぱなしで, をつけよう, をつけろ, をてらさない, をともした, をとりおとす, をとりだしました, をとりだす, をとり出し, をどこ, をぱっと, をひったくった, をひろっ, をふたたび, をふりかざし, をふりむけ, をふりむけました, をふり動かし, をべつ, をまんなか, をむけます, をもちます, をもった, をも遂に, をわたしました, をエンジン運転台, をサッと, をパタリ, をピカ, を三つ, を上, を以て附近, を借り, を光らせ, を出, を取りおとした, を取出そう, を取落し, を受けとっ, を叩きおとした, を叩き落とした, を向けました, を地面, を大きく, を差し向ける, を広田, を床, を恰, を拾いあげ, を拾っ, を持つ, を振りかざした, を振り照らし, を振り照らす, を捜し, を掌, を探った, を握らせ, を斜め十字, を波形, を渡し, を濡らすまい, を灯, を点火, を用意, を相手, を空, を笠原さん, を紐, を落した, を落とし, を藉, を行く手, を見, を貸し, を賊, を足許, を輝かし, を輪, を部下, を首領, を高く, 忘れたの, 忘れるなんて, 持って, 持ってるの, 長いロープ

▼ 懐中から~ (431, 15.1%)

10 出して 9 一枚の 8 一通の 6 取り出して, 財布を 5 手帖を 4 何か, 名刺を, 手紙を, 書面を, 紙を, 紙包みを, 鏡を 3 ピストルを, 例の, 取り出したの, 取り出したもの, 短刀を, 紙入を, 鍵を

2 [19件] そのふくれた, ズッシリふくらんだ, ヌッと, 一冊の, 一通を, 位牌を, 取出して, 女持の, 小粒を, 手帳を, 書付を, 煙管を, 発見された, 短銃を, 紙入れを, 蟇口を, 金を, 金魚を, 鼻紙を

1 [300件] あるだけの, いくらか出し, いつか失われ, いつもの, お放ししない, かぎを, かくしもった種ガ島, こぼれるの, これだけの, こんなもの, さぐり出して, すうと, ずり落ちそう, そつと, その書物, その貰うた指環, たつた一枚きり, ちょうど折, でたの, とび出したところ, とりだすの, とり出して, どんな物騒, ぬき出して, はみ出して, ぺちゃんこに, また手拭, もう一枚, ガマ口を, キリキリと, キリキリ舞い立った, コロコロと, サイを, シャツの, スケッチ帖を, スケッチ帳を, スルリと, トランプを, ドキドキ光る, ナイフを, ノートを, ハンケチを, パイプを, パッと, ヒョイと, ビスケットの, マスクを, マッチ箱を, マドロスパイプを, レコードを, 一つずつ, 一個の, 一円紙幣を, 一掴みの, 一書を, 一服を, 一札を, 一条の, 一物を, 一葉の, 丁子油を, 七子の, 三円出し, 三十二銭入りの, 三千円なにがしを, 三椏紙を, 二つの, 二朱金を, 二枚に, 二枚の, 二重にも, 五寸ばかりの, 五弗取出し, 今の, 今松, 何やら書き物, 先刻の, 光り出したもの, 入つて, 八ツ当りに, 公儀の, 写本を, 出され, 出し, 出した, 出したの, 出した匕首, 出した山手形, 出した茶色, 出した銀磨き, 出し惣右衛門, 出すため, 出すと, 出たという, 出たもの, 出て, 刃ものが, 切りもち包みが, 切立の, 別に, 匕首を, 十両取り出し, 十字架を, 十手が, 十手を, 半紙を, 印籠を, 去つて東京, 取りおとして, 取り出した, 取り出したレヴェズ, 取り出した一枚, 取り出した一物, 取り出した一通, 取り出した春重, 取り出した笹穂, 取り出した紙入れ, 取り出した財布, 取り出し是非とも, 取り去るであろうが, 取出した, 取出したチヨコ, 古びたコンパス, 可愛らしい絵封筒, 可愛らしい茶色, 叺を, 名器, 四文銭を, 固く封じた, 地図を, 垂れて, 塵紙を, 夕刊を, 大きな名刺, 大きな財布, 大事な, 大事の, 大切さうに二三種の, 大形の, 奉書の, 奪い取った文箱, 奪い取ること, 奪って, 女雪駄を, 守袋を, 宗十郎頭巾を, 封書を, 封筒を, 小さい包, 小さい壺, 小さい算盤, 小さく巻いた, 小さな手箱, 小さな賽, 小さな鏡, 小さな電燈, 小さな黄ろ, 小切手帖を, 小田原提灯を, 小荷駄奉行の, 小菊の, 小菊を, 嵩高な, 巻き奉書, 巻き紙, 巻物を, 巻紙を, 年賀の, 広い洋紙, 廻文を, 恭, 惜しさうに十円紙幣, 懐剣を, 懐紙に, 懐紙を, 或る, 手の, 手ばなした, 手帛に, 手拭に, 手拭ひ, 手拭を, 手紙らしい, 払う事, 投げ出したの, 抜き出した, 抜き出して, 抜き取って, 抜くの, 抜けて, 抜け落ちた, 拳銃を, 拾った金, 持参の, 掏った, 掴み出した一朱金, 数珠を, 文芸時評という, 新聞を, 新聞紙に, 早縄を, 時計を, 書抜きを, 書状の, 書状を, 書類の, 本を, 札の, 朱総つき, 村役人郡奉行在, 柄頭が, 椿の, 櫛を, 水の, 油紙に, 油紙の, 浅黄地に, 海の, 消えた後前, 涙を, 火打石を, 片方の, 独楽を, 画帖を, 畳の, 畳紙を, 白い伊万里焼, 白い蝶々, 白い辞表, 百両の, 皺くちや, 真田紐の, 眼鏡を, 矢立を, 短い剣, 短冊を, 私の, 秘蔵の, 窺かせた, 笛を, 紙の, 紙幣束を, 紙袋を, 経木皮包を, 綱手の, 罫紙の, 羅紗の, 羽織を, 股倉へ, 背や, 膝栗毛の, 自分の, 芝居の, 菱形を, 落して, 落ちて, 落としたもの, 薪の, 薬などを, 薬を, 蘭丸の, 虫眼鏡を, 蝋マッチという, 袋入りの, 袱紗を, 見おぼえの, 見出したという, 見覚えの, 詔書を, 警官の, 財布が, 赤表紙の, 転げ出したので, 転び出た, 連判帖を, 部下の, 酷く古ぼけた, 金入れを, 金入を, 金貨を, 金銀の, 鉄鎚を, 鉛筆を, 銀色の, 銀製の, 銭形模様の, 革の, 革巾着を, 頭巾を, 顎の, 風呂敷を, 飛び出し塀, 香水を, 鬱金木綿の, 魔睡, 鳶の, 麻の, 黄色い皮, 黄袋を, 黒い表紙

▼ 懐中~ (374, 13.1%)

30 して 27 入れて 15 手を 8 しまひ, 持って, 捻ぢ 4 したまま 3 入れた, 収めた, 呑んで, 用意し

2 [20件] した彼, ねじこんだ, ねじこんで, ねじ込む, ねじ込むと, 入ると, 入れると, 入れ刀, 忍ばせて, 抱かれて, 押込んで, 捩ぢ, 捻じ込んだ, 残って, 浅黄の, 秘して, 納めて, 花道へ, 金が, 金の

1 [222件] あずけて, あたためて, あった, あった金, あつた, ありったけの, ありまして, あるため, あると, あるん, ある一個, ある事, ある小さな, ある金, いいの, いくら持っ, いそいそと, いた蝮, いれたわけ, いれて, いれふたり, おさめて, おさめ茫然, お持ちあっ, お竹, かくしいかにも, かくしてゐた, この騒ぎ, ございました, ござんす, さして, したてつけ, したの, した時, しながら, しまいこみ次に, しまい曳出し, しまった, しまって, しまひ今, しまふ, し成業帰朝, し片手, し途中, し陰々, する, するか, すると, せしまま, せめてもう二十ルーブリ, そっと入れ, その手, それを, たくわえて, ちよつと, つけても, どうした, ない, ない少年, なにが, ねじこまれて, ねじ込まれて, ねじ込み, ねじ込んで, のんだまま, まだ槍, グッと, スルスルと, チョン髷を, トグロを, バクダン一個持っ, 一両くらいの, 一文の, 一文も, 一点の, 三銭の, 了い込んだ, 二円くらいしか, 二月二十七日の, 五十両の, 些とばかり, 仕舞う, 仕舞うよう, 何か, 余裕が, 余裕の, 先づ延若, 入った時, 入りぬ, 入りました, 入るそこで, 入れその間, 入れたが, 入れたの, 入れたまま, 入れたまま一散, 入れた儘安, 入れた樫, 入れた精製, 入れては, 入れまた, 入れようか, 入れようと, 入れられる, 入れる, 入れるよう, 入れ又, 入れ家, 入れ直すと, 兵部から, 再び収め, 刃物を, 匕首か, 匕首を, 匿し待つ, 十二三銭も, 十円もの, 十円サツが, 十円サツを, 半紙が, 印形が, 及ぶ, 収めた帽子, 収めて, 取縄, 呑んだは, 固くしまう, 大奉書, 大観が, 大金を, 始終入れ, 家出し, 容れた, 容れながら, 小判などが, 少しも, 少なくとも七ツ道具, 少許, 差し込んだと, 差込んだ, 巷勇蒲生泰軒が, 年中貯金通帳を, 弥蔵を, 心得あり, 心得て, 忍ばせた, 応じて, 慥乎と, 抱いた気, 抱えて, 押こんだ, 押し入れると, 押し込みました, 押し込み殺したの, 押込んであった, 持ってるん, 持つて, 持参の, 挿入れた, 推し入れ, 掴み込んで, 握って, 敷島の, 日和下駄曳摺って, 暖めたと, 有って, 残して, 残し後, 残り少し, 沢山ある, 深く秘め, 潜めたまま, 男の, 画家の, 短刀, 短刀を, 硬ばった物, 磨ぎ澄ましたところ, 私が, 秘い, 秘めた彼女, 秘めた若い, 秘めて, 秘めなにげない, 移されたとは, 突っ張らかして, 突込まれた, 突込み胸を, 突込み裏口に, 突込む, 突込んで, 算籌を, 納め龕燈, 紙入れを, 素足の, 肩を, 致し候, 花牌を, 若い良寛さん, 落ちたトラ十, 蔵され, 蔵ひ込ん, 蝮が, 見ようと, 詰めこんで, 転がりこんだので, 転がり込みました, 辞職願が, 金なき, 金は, 鏡を, 隠して, 隠しました, 隠し持った匕首, 隠す必要, 雨も, 預かった, 顔を, 飛びこみ或, 飛び込みある, 飛び込んだが, 飼い馴れたれい

▼ 懐中電燈~ (248, 8.7%)

30 の光 11 を持っ 8 の丸い 6 をつけ 5 で照らし, を照 4 をもっ, を点し 3 の光り, をさしつけ, をたより, を出し, を用意

2 [20件] に照らしだされた, の光りで, の円光, の灯, の電池, もある, を, をかざし, をつけた, をてらし, をとりだし, を取り出し, を持つ, を握りしめ, を消し, を点じ, を照らし, を片手, を空, を買ひと

1 [120件] があっち, がある, がうつし出した, がこわされた, がその, がてらした, がなん, がはじめて, がチロチロ, がパッ, がポカポカ, が大きく, が目まぐるしい, が蛍, が電光, つきつけて, であった, であなた, でいけません, でうしろ, でしらべ, でその, でもあったら, でもなけれ, でも灯さなけれ, で中, で二, で十分検べた筈, で地下室の, で執念深く, で室内, で森, で照, で祭壇, で自分, で血, で足許, で道, で部屋, とを取出そう, と雑嚢, なしに, に照らされ, のおぼろげ, のかわり, のまるい, のよう, のスウィッチ, のスポットライト, の光線, の円い, の方, の明り, の男, の白い, の載った, の青い, はとき, はない, は客席, は消した, は点火, は空しく, もいつ, もつけ, も丁度, も取つた, らしい光りが, をあちこち, をお, をけし, をさしだします, をさし向けた, をしまっ, をたずさえ, をつかん, をつき付けた, をてらすなら, をとつ, をとつて, をとりだす, をぱっぱっとさせて一目散, をふり照らし, をぶらさげ, をむけました, をもった, をもつ, をピカピカ, を一層, を三谷, を借り, を借りる, を入れ, を出せ, を取っ, を取り出す, を奪っ, を差しつけられた, を抱い, を拾, を持ち変えた, を持った, を振, を振り照らし, を探した, を携え, を明智, を時々, を机, を洋服, を消す, を点じた, を点火, を照らしかけた, を突込ん, を置く, を若者, を買おう, を貸し, を返す

▼ 懐中~ (234, 8.2%)

59 手を 25 入れて 7 入れた, 入れると 6 忍ばせて 2 しまいこんで, ねじ込んで, 入れました, 入れましたが, 入れます, 入れるの, 押し入れて, 突込ん, 納めて, 隠した

1 [110件] おさめバロンセリ, お入れなさる, お宝は, かくして, かくれて, さし入れる, さも薄気味悪, しまいこんだ, しまい込んだの, しまって, しまひ, そっと流しこむ囁く, その酒井先生恩賜, なら尚, ねじこむわけ, ねじ込んだ, ねじ込んだの, ねじ込んだもの, のむと, はいった, はいったよう, はいって, むんずと手, グイと, スッと, ツルリと, 一つへい, 両手を, 了い込ん, 仕舞いながら, 仕舞った者, 仕舞ひこんだ, 入った, 入って, 入る, 入るよう, 入れいつも, 入れおったな, 入れたから, 入れたまま, 入れた小判, 入れた手, 入れますと, 入れノン, 入れ傍, 入れ呑んで, 初めて両手, 参ります, 収いこんだ, 収めた, 取って, 呑んだ, 始末を, 小口を, 少しでも, 差し入れた, 差し込むと, 差し込んだが, 差入れて, 巻き奉書, 帰って, 忍ばせたもの, 忍ばせた幾通, 忍ばせた手裏剣, 手繰り込むや, 抜取り代り物, 抱きしめた, 押しこみそれから, 押し入れると, 押し込んだまま, 押し込んで, 押込んで, 押隠すよう, 括し, 拾い込みそれ, 捩じ込んだ, 捩込んで, 捻じ込もうと, 捻じ込んだ, 捻じ込んだが, 捻じ込んだ手, 捻じ込んで, 捻ぢ, 捻込んだ大小, 捻込んで, 掻込んで, 放り込んだまま, 深く手, 深く押込ん, 用意の, 移したの, 移転させる, 突っ込むと, 突っ込んで, 突込む, 納めた後, 腕を, 落とし込めば, 蔵い, 蔵い直した, 蔵う, 衝と, 転がり込んで, 隠したじゃあ, 隠しました, 頤を, 顎で, 風を, 飛び込んだとたん, 飛び込んで

▼ 懐中~ (142, 5.0%)

4 中へ 3 中に, 手拭を 2 ものを, マキリを, 十手を, 原稿料は, 本を, 物を, 紙入に, 紙入を, 財布を, 金を

1 [112件] あたりに, あたりを, あても, ある間, お鳥目, それを, ふくらみよもや, ふた品, ぽって, まま, ものでも, わずかな, ピストルを, 一両は, 一帖の, 七部集で, 三世相とともに, 三円, 三千円を, 中から, 中で, 中の, 乏しいお客, 乏しい中毒者, 乳呑み, 二分に, 五円切手の, 五円紙弊を, 児を, 内へ, 写生帖から, 冷たい時, 切手を, 前を, 匕首抜く, 十手さえ, 十手に, 印可の, 右手が, 合口を, 名刺により, 名香その, 奥に, 奥へ, 奥深くに, 奥深く押し込んだ, 宝, 宝丹でも, 寂しさ, 小さなの, 小判を, 小判包みを, 底に, 御都合, 手は, 手帳を, 手拭に, 捕縄などを, 文書を, 方が, 暖く, 書状を, 書類を, 最も奥深い, 果物なんか, 楽な, 淋しい折, 温みに, 湯婆子よ, 湿っぽさ, 物理書が, 略図を, 百両を, 百円を, 短剣を, 空白を, 竜手さまを, 紙で, 紙を, 紙入から, 紙入の, 緑青を, 縄を, 苦しいとき, 茶壺は, 蜜柑を, 蝮が, 蟇口が, 蟇口には, 蟹の, 蟹みたいに, 袱紗が, 裕なる, 裕福な, 覚書を, 財布は, 赤児に, 輪袈裟を, 辺の, 金の, 金も, 金子は, 金子を, 金袋の, 銅貨たちまち, 鍼箱を, 鏨を, 革嚢を, 鞘に, 音に, 風呂敷を, 駒下駄を

▼ 懐中~ (132, 4.6%)

14 探って 4 さぐって 3 探った, 調べて 2 あてに, たたいて, 奪って, 当に, 捜った, 探ると, 見ると

1 [94件] かき廻し, かすめたもの, けっく蕎麦, ころがる小児, さがして, さぐったが, さぐったの, さぐり出した, さぐり袂, さぐり袱紗包み, しっかり抑え, しらべました, ちく, とりだす, ねらった, のぞいたならば, はたいて, ひっこぬいたり, ひらいて, ふくらませて, まさぐると, ソロソロと, ヒョイと, 一応調べ, 上目で, 伏目に, 傍へ, 出て, 危ぶんだか, 叩いたもの, 叩いて, 合せて, 大きく膨らませ, 寝床の, 広く身, 心細く感じつ, 忘れたそう, 思うて, 恋するところ, 抑えた, 抑えても, 抑える, 抜かれたなどの, 抜くとか, 抜くの, 抜くほど, 抜けなお, 抱えた, 拵へた者に, 捜って, 捜りました, 捜ります, 掏る, 掠めて, 探ぐる, 探した, 探して, 探しました, 探ったかと, 探りましたが, 探り大声, 探り慈善箱, 探れば, 掻い探って, 改めてこれ, 改めて下せえ, 改めないとは, 改めると, 検めて, 気に, 狙うたお, 痛めるの, 的の, 盗んだ, 絞つて手下, 考えたい, 肥すこと, 膨らまさうと, 膨らましただけ, 膨らますと, 膨らませたが, 膨らませたの, 膨らませた連中, 見て, 見届けずに, 見抜くこと, 見透かした俥賃, 覗かれたね, 覗込みます, 読んで, 調べる処, 踏まれたよ, 開け袂, 預かって

▼ 懐中~ (76, 2.7%)

15 ていた 9 ている 3 て来た 2 てい

1 [47件] いわば確固たる, て, てあるいた, ていざと, ておる, ておれ, てさて, てならいたて, てゐた, て下駄, て了, て例, て入水, て出, て去った, て寺, て居た, て居る, て怒鳴り込み, て早出, て春部梅三郎, て来, て止むるをきかず突, て歩きたい, て海路大阪, て畑打ち, て立, て素知らぬ, て芝居, て行っ, て行った, て馴れた, て髪結, ながら, ながら何, やがて鳰鳥, 二人は, 供に, 元の, 又, 吸物椀の, 恭しく手, 曳出の, 爆発ついに, 用意の, 脅迫状には, 貝十郎は

▼ 懐中~ (62, 2.2%)

3 の水銀, の裏, を出し 2 とすみ子, は私, を取り出し, を取出し

1 [45件] から無意識, があった, が一つ, が妙, だって何, であった, であること, で女, で気持, で自分, で髪, で鼻, と写真, なん, にもオペラバッグ, に映し見れ, に顔, のサック, は水銀, は財布, まで捨てる, やらの小さい, やら鼈甲, をとり出し, をのぞき込み, をぱちんと閉ぢ, をひねくり廻し, をわし, を借り, を出す, を取り出した, を取る, を取上げました, を取出せ, を帯, を弄び, を弄ん, を持ち上げ, を持っ, を立て, を立掛け, を落し, を見ない, を開き, 随分古い

▼ 懐中には~ (59, 2.1%)

3 ない 2 一文も

1 [54件] いっぱいに, いつもその, いつも俳諧七部集, いつも刃物, いつも鏡, おのおの二十銭ずつ, この袋, その当座, ちょッと, つつましくすれ, また札, まだ三百両余, 一両持っ, 一文の, 一片の, 一銭の, 三百両という, 丸善で, 二十両ほどの, 二十円ばかりの, 二十円五十銭ある, 五十円, 五十円それでも, 五十円と, 五十銭玉が, 五千円ほどの, 今もらった, 僅に, 剃刀なんぞを, 十両余の, 唯帝劇, 外務大臣子爵青木周蔵子爵夫人エリサベツトの, 大型蟇口一個現金四十五円参銭それから, 実印が, 小刀さえ, 小判三枚を, 少なくも三百円, 山を, 帰りの, 悪魔を, 数百円入りの, 波江さんから, 無いが, 煙管筒の, 現金八十余円入の, 百も, 百五十ドルの, 祖先の, 神戸の, 羅紗の, 腹巻に, 身分不, 金が, 金を

▼ 懐中より~ (29, 1.0%)

2 一通の, 真実の

1 [25件] たばこを, まっち取りだし, 一節切を, 何程か, 出し気の毒げ, 別の, 十円紙幣五枚取り出し, 取り出して, 天眼鏡を, 小形の, 幾束もの, 廿五両包を, 彼くる, 彼の, 懐紙を, 手帳を, 文読む, 時計を, 櫛取り出し, 片手出し, 装弾したる, 証書を, 金子若干を, 銅貨を, 鳥打帽を

▼ 懐中~ (26, 0.9%)

2 甚だ手薄

1 [24件] あったかくふくらん, いつも淋しく, いよいよ膨らんだ, その時分, なおさら苦しかっ, びた銭御, よし御意, ピイ, 乏しくなる, 嫁入り前よりも, 実際淋しく, 寂しいね, 常にかく, 既う, 最近二分で, 淋しい, 温かいの, 無一文で, 無一物, 無一物で, 空っぽでも, 空っぽに, 空っぽ十手を, 空虚で

▼ 懐中~ (23, 0.8%)

1 [23件] いよいよ淋しく, ない, ないん, なつかしい, はたけて, ぴいぴいである, 乏しくなっ, 外側から, 大きくなった, 妙に, 少しずつ, 広いから, 暖まつ, 次第に乏しく, 温であった, 甚だ淋しい, 甚だ軽く, 痛むでは, 覗いて, 許すならば, 豊であら, 豊なら, 重過ぎる

▼ 懐中ランプ~ (18, 0.6%)

2 を取りだした

1 [16件] で照らし, というもん, などを吉田磯吉, のこと, はええ, ははるか海, をあんた, をこっち, をさしだす, を入れよう, を思いだした, を投げすて, を拾いあげた, を海, を石炭, を頂こう

▼ 懐中~ (15, 0.5%)

1 [15件] あった, ぺしゃんこです, もう殆ど空, よほど楽, 人一倍長い, 切詰めた都合, 匂いました, 寂しすぎた, 心細いし, 心細くなり, 残り少く, 気も, 油断が, 無一文に, 窮乏の

▼ 懐中電気~ (14, 0.5%)

1 [14件] が木, でもっ, ともしつつ, のまぶしい, の光, の光り, やら炬火, をうえ, をつけ, をまっ暗, を手, を照らし, を片手, を頼り

▼ 懐中~ (13, 0.5%)

1 [13件] まどろむやう, 堅く手, 握り合って, 数み, 敷直し, 暖めると, 漸次父系, 百円札が, 眠りさえ, 短刀の, 肘を, 遊ばせても, 鷲に

▼ 懐中する~ (9, 0.3%)

1 だけの大人, とその, とどこ, とひた, と同時に, と待ち構え, と見せ物小屋, に等しく, や不意

▼ 懐中煙草入~ (8, 0.3%)

2 を取出しました 1 がありました, が一つそこ, が物, を忘れ, を手習机, を置い

▼ 懐中した~ (6, 0.2%)

1 ことは, 手が, 手紙は, 財布を, 道具によって, 錦の

▼ 懐中~ (6, 0.2%)

3 をし 1 して, を出す, 大跨

▼ 懐中からは~ (5, 0.2%)

1 四宮理学士の, 得意の, 手の, 河野が, 短剣が

▼ 懐中~ (5, 0.2%)

1 さ, で智謀, としてその, として活用, として縦横

▼ 懐中手帳~ (5, 0.2%)

2 に何 1 から鳥渡失敬, に細手, を取り出し

▼ 懐中提灯~ (4, 0.1%)

1 に明り, の心細い, の用意, を突き付けました

▼ 懐中~ (4, 0.1%)

1 にむだ書き, に書いた, の間, をだし

▼ 懐中絵図~ (4, 0.1%)

2 をひろげ 1 の説明, を畳みこん

▼ 懐中蝋燭~ (4, 0.1%)

1 から灯, が今, は持っ, を捨てました

▼ 懐中にね~ (3, 0.1%)

2 ぢ込ん 1 ぢ込む

▼ 懐中にも~ (3, 0.1%)

1 小判の, 手にも, 見当たらない

▼ 懐中~ (3, 0.1%)

1 帯の, 腰を, 袂を

▼ 懐中汁粉~ (3, 0.1%)

1 を, を他家, を飲む

▼ 懐中深く~ (3, 0.1%)

1 をさめ, 持って, 捻ぢ

▼ 懐中無一文~ (3, 0.1%)

1 なん, の武者修業, の気

▼ 懐中~ (3, 0.1%)

1 だの折本, など服し, をのんだ

▼ 懐中鉄砲~ (3, 0.1%)

1 によって重囲, の先, を取出し

▼ 懐中附木~ (3, 0.1%)

1 へ火, もあります, を持ってる

▼ 懐中じる~ (2, 0.1%)

2 こを

▼ 懐中すれ~ (2, 0.1%)

1 ば船, ば蝮蛇

▼ 懐中せる~ (2, 0.1%)

1 今朝の, 小刀を

▼ 懐中~ (2, 0.1%)

1 相談し, 言わず袂

▼ 懐中にでも~ (2, 0.1%)

1 ゆすりの, 隠すに

▼ 懐中もの~ (2, 0.1%)

1 の中, まで剥

▼ 懐中付木~ (2, 0.1%)

1 とを探っ, をふところ

▼ 懐中加減~ (2, 0.1%)

1 が寒い, の好い

▼ 懐中勘定~ (2, 0.1%)

1 によった, を訊く

▼ 懐中~ (2, 0.1%)

1 と鋳掛屋風情, も近来

▼ 懐中奥深く~ (2, 0.1%)

1 から出, 忍ばして

▼ 懐中工合~ (2, 0.1%)

1 は悪く, も近頃

▼ 懐中手帖~ (2, 0.1%)

1 を出しかけ, を石

▼ 懐中洋燈~ (2, 0.1%)

2 を点じ

▼ 懐中瓦斯~ (2, 0.1%)

1 とを一, とサイダア

▼ 懐中~ (2, 0.1%)

1 と綴り紙, を出し

▼ 懐中致し~ (2, 0.1%)

1 てまいった, て居ります

▼ 懐中~ (2, 0.1%)

1 から相当, から針

▼ 懐中都合~ (2, 0.1%)

1 が好く, は悪かっ

▼1* [81件]

懐中いたしお高祖頭巾, 懐中袂の, 懐中かがみを出し, 懐中からでも十分に, 懐中からの捕物帳を, 懐中からも同じく一個, 懐中こいつは持てない, 懐中こそは自然の, 懐中これにきたなく, 懐中這入る分にゃ, 懐中させられて表, 懐中させるとただちに, 懐中さみしくして, 懐中したれば門, 懐中しようとした, 懐中しること古代もち, 懐中し荒んだ歩きかたで, 懐中せざれば山, 懐中それを購, 懐中ではないから, 懐中なる阿弥陀様の, 懐中にすらある程度の, 懐中ばかり当に, 懐中ひそかに恐るべき, 懐中ふかくしまいこみ意味, 懐中へと馬車は, 懐中へは入れず, 懐中ってりふくらん, 懐中みたような, 懐中よりは鼻紙片々として, 懐中づかに, 懐中ナイフを心臓部, 懐中入ヲ夢ム, 懐中レンズで調べ, 懐中一つ痛めずに, 懐中乏しい当時の, 懐中五十円足らずで安閑, 懐中候よし, 懐中以外にあらしめるであろう, 懐中僅かに二円三十銭, 懐中刀紫覆紗, 懐中化粧函だの半, 懐中然候, 懐中ふかく銀, 懐中少い中から, 懐中心細くなり落伍, 懐中手板をさげ, 懐中拡大鏡の力, 懐中の小さい, 懐中持ちの薬入れ, 懐中で二寸, 懐中欠乏とは嘘, 懐中湯たんぽを背中, 懐中無一物の今日, 懐中爪磨き道具でマニキュア, 懐中のやう, 懐中甚だ欠乏で, 懐中の算盤, 懐中白粉でそこ, 懐中磁石ですぐ, 懐中磁石一個毛布数枚ゴム製の舟, 懐中空しゅうして, 懐中紙入を出す, 懐中羅針儀とそれから, 懐中蟇口より長, 懐中衰微の徴, 懐中貧困であった, 懐中道具の中, 懐中鏡一枚の恩恵, 懐中鏡化粧道具文房具なども整然と, 懐中鏡等あり, 懐中離さぬ忍びずきんにすっぽり面を, 懐中電灯ただ一つだもの, 懐中電灯様のもの, 懐中電灯片手にお, 懐中電灯電池などと資材, 懐中電燈ただ一つをたより, 懐中電燈ろうそく覆面用の黒布等, 懐中電燈リュックの外, 懐中電燈一個を同じく, 懐中頗るピイと