青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「應~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

慰め~ 慾~ 憂~ ~憂鬱 憂鬱~ 憎い~ 憎悪~ 憚~ 憲法~ 懇意~
應~
~懐 懐~ ~懐中 懐中~ 懷~ ~懸け 懸け~ 戀~ 成~ ~成っ

「應~」 1497, 15ppm, 7253位

▼ 應~ (262, 17.5%)

115 てその 3 てそれぞれ, て來, ない

2 [19件] かねて居る, てある, てこれ, てそれ, てまた, てゐた, て三五郎, て人間, て出, て居る, て己, て或, て昔, て永遠性, て直接, て相, て神, て講演, 來り

1 [199件] その六月十二日, その字, それつきり, たり行き掛り, ていい加減, ていざ共に, ていと, ていろいろ, てうそ, てくる, てくれた, てくれる, てこの, てさらに, てつまり, ての責任, てはたまに, てへい, てやつ, てやるべき, てわたし, てエロース, てキタイロン, てゾロゾロ, てダンテ, てハイ, てフオストフ事件, てヱネチア, て一人, て一代主義, て一時, て一箭, て一聲, て三人五人, て三部, て上, て下さり, て世界, て主, て之, て事務官, て五千言, て交渉的存在, て人々, て人々それ, て今, て他者, て伯林, て何, て何萬圓, て何處, て作つたの, て作つた歌, て作る, て作れる, て例, て先, て兎, て全, て共同, て兵器, て其勢, て其節度, て内容, て出た, て出掛くる, て分配, て初めて, て勝ち, て化物, て即ち, て取次, て叫びぬ, て召連鳥取, て同じく, て吾, て呉れるだらう, て四期, て圓, て圖畫, て外, て多種, て大門, て天, て奇怪, て妙手, て存在, て宗教的表象, て官吏, て客觀的實在世界, て客觀的時間, て家, て宿, て實, て屋根, て川上支部長, て工商, て左, て幸, て幾通り, て形, て征途, て御家人, て徹底的, て快活, て情誼上, て意識, て成した, て我, て打越金, て批判的, て指, て採用, て撰述, て擇, て改めて, て政友會, て敷居, て數年間同一, て文化, て文化的生, て新た, て施與, て曰く, て東, て梯子段, て樣, て次, て永遠そのもの, て海底, て滿洲, て焚い, て然るべき, て犯罪, て猛, て現, て生ける, て異なる, て疾く, て皆, て睡眠, て福, て私自身, て私達, て立ちあがつた, て立てる, て竝, て罰, て自, て自己, て興隆せり, て色々, て蒙, て行かね, て見なけれ, て觀念, て觀念論, て訓練, て詩人, て認識, て調, て謹嚴, て賃金, て身, て進ん, て遍歴, て遠く, て遠藤, て適宜, て適度, て適當, て關八州, て順義妥當, て風, て餘程違, て駈け出すで, て黨與, ないといふ, ないなら, ない勞役, ねばならぬ, ようと, 一靈ダンテの, 七遊星の, 之に, 以て, 其後半は, 四境清平なる, 己の, 我を, 新に, 日々御, 無名氏の, 相對, 聽く, 肢體の, 變に, 象を, 難しと

▼ 應~ (152, 10.2%)

7 挨拶を, 調べが 2 手當てを, 手當を, 縁に, 辯解を

1 [130件] おもな, お祝ひ, ことを, それまで, たかい精神, ないう, ないこと, むしろなり, もので, ものと, やうに, 三年僕の, 三年間も, 下調べを, 事である, 事件が, 事實しらべ, 事情を, 介抱を, 仕方である, 公正を, 出世でも, 出現を, 刺戟を, 前後まで, 力などで, 取調を, 口から, 口の, 品位と, 員數手近の, 問ひ, 國である, 國でなかつた, 地位に, 報告を, 奢侈僭上に, 始末に, 威嚴とで, 室は, 尊敬に, 尊敬を, 小さなもの, 希望が, 年月を, 廣さが, 形を, 彫刻やら, 御取調べ, 御挨拶, 心も, 心的經驗を, 恰好が, 愉快である, 意味で, 愛嬌が, 感情は, 感覺は, 手紙で, 手續きが濟んで, 挨拶が, 政治に, 敬意が, 文化を, 文學部は, 有用性は, 末にかけての, 査覈を, 檢屍を, 檢死は, 武技は, 歴史と, 治績を, 注意だけ, 注意を, 洗面場の, 理由である, 理解を, 理解以上には, 理詰以外に, 理財科の, 由來が, 疑ひを, 疑問を, 皺も, 着物が, 知識としては, 知識も, 禮を, 義憤に, 考へ, 考へで, 考慮には, 能力を, 自信が, 自由を, 處置を, 觀察を, 解決が, 解決に, 解釋を, 言ひ, 記憶力あり, 註文を, 話し相, 話を, 説明は, 調が, 調べにか, 謙遜を, 變裝術です, 讓受人を, 費用も, 資産獲得いたし, 賑ひ, 質に, 質の, 質問である, 躰格しか, 進歩は, 都市生活を, 野球部へ, 階段に, 順序を, 風習を, 飼養上の, 高い地位, 高慢を, 鯉魚と, 鯉魚は

▼ 應~ (112, 7.5%)

2 それに, 今まで, 尤もだ, 搜し, 止めました, 疑つて, 聽い

1 [98件] あつた, あわてましたが, おちかの, おもつ, お近さん, この飯炊女, さう, しい話, しい造り, しからぬ堂々たる, しき縁も, しくいはんと, しくない, すすめて, その孝道, それぞれ手續の, それも, それを, ない, ないが, なんとなく輕蔑, もっともらしい, もつともな, よくやる, わかつたが, ボーツと, 不快なる, 不思議だ, 主として力, 今日抱い, 全部的に, 兩親に, 出來, 加減乘除が, 反感を, 吉三郎殺しの, 外から, 大井樣の, 小才が, 小言を, 少しも, 尤もです, 尤もながら, 帳面へ, 引揚げる, 強酸性に, 怒鳴つたが, 思ひましたが, 思へたが, 怪我で, 愁眉を, 感心させられ, 承服し, 投げ出す外, 拾ひ上げる, 持て餘, 探偵では, 推して, 敬服し, 止めましたが, 注意しました, 清めて, 理詰に, 申しません, 申すわけ, 當つて見る, 疑ひも, 相談も, 知つてを, 知つて居ります, 納まりましたが, 綺麗に, 美しいと, 考えて, 考へられて, 考へられないでは, 聞いて, 若樣, 萬と, 見せて, 見て, 許さなければ, 話を, 調べて, 調べました, 讀まれ且つ, 起る, 辭退し, 辯解し, 逢つて見ました, 金六も, 間違へる, 陷るべき, 顏見知りの, 首を, 首肯される, 骨を, 點檢され

▼ 應~ (86, 5.7%)

2 心を, 盡し, 相應

1 [80件] あづかつた後, あづかつて, あづかり得ないと, あどけなく歌, ありさ, いろいろな, かたり貧道, きちんと身, それを, 一々文句, 上等の, 主義の, 佛へと, 作すべき, 供養せらるべき, 依ツ, 入るまいと, 出來, 出來候者, 利益を, 助長を, 努力せよ, 反感を, 古き世, 史的價値を, 名の, 品位を, 嚴しく, 奇麗な, 女に, 定められた金錢, 心も, 性格の, 惡戯も, 惡戲も, 手厚い保護, 持つて, 文字を, 文章を, 是れ, 時候の, 暮して, 有つて, 木口も, 正確な, 此詩の, 氣苦勞の, 流行した, 深い山, 深さ, 溌剌たる, 澤山あります, 物事を, 物心が, 當時の, 疲れた心, 疲れて, 硬い方, 繁昌つてる, 美しくも可愛らしく, 自分の, 至りて, 與へ, 興味を, 褒められて, 要領を, 見える程, 評判のよ, 誦すべきもの, 談話が, 買ひ込み, 贅澤な, 足を, 鋭い眼, 長く感ぜられる, 面白くない, 風紀上の, 馬鹿力が, 騷が, 骨が

▼ 應~ (86, 5.7%)

23 ました 8 たの 7 た, ます 3 ましたが 2 ようともしません

1 [36件] かたを, き, この相, ざるため形しば, しよう, すべきなど, ずいきなり, ずもう一度, ず刄, ず十一月下旬具さ, ず謹み深い, ず遠く八五郎, せずや, そのものが, たお, たかつたけれど, たるは, たツヤ, た爾時, た積, だに, つ白面, です, どころの, ないの, ない番茶, ません, ませんでした, む波の, やうも, ようと, ようとも, られさ, 乍ら平次の, 給はんことを, 給ひね

▼ 應~ (60, 4.0%)

10 てゐる

1 [50件] たりしも獨, てくれた, てさき, てせめて, てそして, てゆく, てゐた, てゐます, て一種, て主義, て出, て吾人自身, て嚴, て國家, て大きな, て大夫, て居た, て山川, て庶民歡樂, て怒, て成立, て我が, て戻らざる, て新, て極力, て歡樂, て漁つて, て狼狽惑ふさ, て着物, て自ら處, て自ら高低, て自然, て自由黨, て自身, て行, て訓練, て起た, て運轉活用, て還す, て食物, 且つ一年, 又は之, 合つて地味で, 如何に之, 或は之, 相應, 第八天, 縁に, 針の, 黒と

▼ 應ずる~ (40, 2.7%)

4 ことが, ために, やうに 3 ことを 2 ものは

1 [23件] が如く, ことなく, ことの, ことも, だけの力, ところが, とそれ, にさ, に過ぎなかつた, のか, のである, のに危險, の力, の意思, ものである, ものとして, ものなかりき, ものも, や, やうでした, やうな, や否や, を見

▼ 應~ (40, 2.7%)

2 人通りが, 位置や, 都城の

1 [34件] ほど良い, ものだけは, もので, 事が, 仕事を, 佛蘭西美術の, 大きな蚊帳, 大望を, 夫を, 官吏で, 家へ, 希望は, 慾望など, 才能を, 支度の, 旅籠屋も, 智慧が, 構へで, 生活を, 生計を, 縁故が, 苦勞の, 著物, 謙遜家らしい, 財産を, 資産家として, 贅で, 距離に, 遺産を, 醫者に, 金が, 錢を, 願を, 高度を

▼ 應する~ (34, 2.3%)

2 のは

1 [32件] かの研究, からであらう, ことを, ため一も, とかいふところ, ところまで, ところより, にあらずん, のである, のです, の作用を, ものが, ものの, やうに, 事が, 人を, 反應, 器物, 女の, 政治的進歩を, 政治組織とを, 爲めには, 物が, 生活關係の, 産業を, 能力である, 表現價値が, 要素が, 諸感情, 變化を, 變革が, 象徴的な

▼ 應~ (30, 2.0%)

5 ありません, 二應も

1 [20件] ありません眼隱, ないまご, なくお, なくそれ, なく丸ごと, なく二人, なく人身御供, なく夜逃げ, なく平次, なく眼, なし, 亦異なる, 其邊を, 凝つた家, 得せずやう, 斷つた, 求められません, 澁りました, 言は, 調べましたよ

▼ 應へる~ (22, 1.5%)

3 やうに 2 のでした, のです

1 [15件] ことが, ために, だけ, と思つて, ので何と, のは, ものです, ものは, 三十女です, 代りに, 者は, 者も, 自己の, 苦痛は, 譯が

▼ 應~ (22, 1.5%)

2 受けた

1 [20件] うるに, しづかに, しなければ, する場合, 主と, 取替すと, 受けさ, 受けた繪, 受けて, 受ける, 受け下男, 含む全, 垂れ守護, 引き起す, 思ひ返して, 惹き起すこと, 示すで, 觀察する, 起すべきもの, 起せなく

▼ 應へて~ (21, 1.4%)

1 [21件] お延, くれたの, くれます, くれるもの, そつと, それを, ゐる, 下さいよ, 出て, 娘は, 平次と, 平次を, 或日平次, 手代と, 掌の, 深い溜息, 私が, 秋の, 胸の, 芥川が, 行くので

▼ 應した~ (20, 1.3%)

1 [20件] ことで, もの, ものと, 其大きな, 堅氣の, 外氣の, 差が, 心像を, 方法を以て, 樣な, 死後の, 理由の, 相棒の, 程度の, 精神と, 背丈とを, 自動車を, 處で, 行程を, 運行の

▼ 應じた~ (19, 1.3%)

5 のは 3 のである

1 [11件] が自分, と云, に違, ものか, もので, もののすこし, 相手方も, 者さへ, 自分の, 身振, 金を

▼ 應~ (19, 1.3%)

6

1 [13件] させて, ざりきと, ざる, ざるべからず, ざる場合は, ずして, ずとかや, ず又は, ぬ, ぬ積り, むとせば先づ閣下に, られないと, ること下

▼ 應でも~ (19, 1.3%)

1 [19件] ある, お芳, こいつを, その女, ほかの, ナヂェージダ・フェドセーヴナの, 僕は, 再び彼女, 刻々に, 助けて, 動物と, 喧嘩だ, 早く營業化, 毎日顏を, 私の, 辛抱しなけりや, 金持の, 面白くならざる, 飛ばなければ

▼ 應なし~ (18, 1.2%)

2 にその

1 [16件] にこの, にやがて, にグン, に三十一文字, に乘, に今, に口, に大きな, に大阪, に店, に引きずり上げなき, に捲き込まれ, に縛, に認め, に辛抱, に連れ込ん

▼ 應~ (17, 1.1%)

1 [17件] あつた, あつて, ある, あると, しますが, その全, ない只一度遙, なかつた, 他の, 初まる以前, 影をも, 役に立ち或は, 役に立つといふ, 濟むと閭が, 缺け, 自慢な, 行は

▼ 應しい~ (17, 1.1%)

1 [17件] ことで, と思ふ, と考へた, のだ, もので, ものです, 一種の, 人といふ, 内儀です, 品です, 女を, 學校は, 岩が, 方を, 方法で, 相手では, 結構な

▼ 應調べ~ (15, 1.0%)

1 [15件] さして見よう, さして貰ふつ, てからにいたしませう, ては見ました, て下さい, て置きたい, て置きます, て見たい, て見なき, て見ました, て親分, て頂きたい, て頂く, なきや, に來

▼ 應へを~ (8, 0.5%)

1 して, するでも, するの, 待ちましたが, 得たの, 感じる, 試さうと, 願ひたい

▼ 應~ (7, 0.5%)

1 吉の, 君さんの, 役人立ち, 村を, 歸し, 訊ねする次第, 調べを

▼ 應せる~ (6, 0.4%)

1 ものと, ものなりし, 力を, 宗教あらは, 或はその, 者と

▼ 應~ (6, 0.4%)

2 解すれ 1 いつた事, するの, 推し, 體型との

▼ 應ふる~ (6, 0.4%)

1 すべを, ものなく, ものも, 定例の, 日なる, 鵞鳥早や

▼ 應への~ (5, 0.3%)

1 あるまで, 口が, 常識以上に, 發火點も, 頼りな

▼ 應現場~ (5, 0.3%)

2 を調べた 1 を見, を見た, を見る

▼ 應見せ~ (5, 0.3%)

4 て貰 1 てもらひました

▼ 應この~ (4, 0.3%)

1 事件を, 説明で, 諡號との, 邊で

▼ 應しく~ (4, 0.3%)

1 ない, ないこと, ないので, 靜かに

▼ 應じなかつた~ (4, 0.3%)

1 が一月許, し夏, に相違, 一人は

▼ 應その~ (4, 0.3%)

1 三人が, 人の, 日の, 鞘を

▼ 應として~ (4, 0.3%)

1 これに, 何を, 彼女に, 生ずる

▼ 應との~ (4, 0.3%)

1 ために, 二つなる, 親, 間に

▼ 應なく~ (4, 0.3%)

1 崖の, 決心させた, 私の, 誘ひ出された

▼ 應へも~ (4, 0.3%)

1 ありません, なきを, なく亡靈, 恰度好い

▼ 應~ (3, 0.2%)

1 たま, のない, もせず俯き居

▼ 應から~ (3, 0.2%)

1 明治初年に, 生ずるもの, 輩出した

▼ 應~ (3, 0.2%)

1 うして, に二十世紀, に君

▼ 應じない~ (3, 0.2%)

1 かといふこと, で地震後一月, のでその

▼ 應ずる爲~ (3, 0.2%)

1 であつ, には細かしい, に作つた

▼ 應~ (3, 0.2%)

2 と多人數 1 と思ふたら

▼ 應へが~ (3, 0.2%)

1 ないんでね, 何より私たち, 齒車に

▼ 應へに~ (3, 0.2%)

1 困つて眼, 困ること, 困るやう

▼ 應へは~ (3, 0.2%)

1 彼を, 望めないこと, 素直で

▼ 應三年~ (3, 0.2%)

1 で間もなく, と矢繼早, まで扶助

▼ 應清め~ (3, 0.2%)

1 てあります, てある, て店

▼ 應皆んな~ (3, 0.2%)

1 に逢つて, の顏, を次の間

▼ 應お前~ (2, 0.1%)

1 とおすがを, の疑ひ

▼ 應かの~ (2, 0.1%)

1 船の, 返事を

▼ 應これ~ (2, 0.1%)

1 で我, を金

▼ 應さう~ (2, 0.1%)

1 お思ひ, 言つてから

▼ 應さう思ふ~ (2, 0.1%)

2 のも

▼ 應しからぬ~ (2, 0.1%)

1 が私, 男らしい思想

▼ 應じたい~ (2, 0.1%)

1 といふの, と煩悶

▼ 應じる~ (2, 0.1%)

1 のが, やうな

▼ 應ずる者~ (2, 0.1%)

2 はありません

▼ 應ずる駿馬驅~ (2, 0.1%)

2 り去りぬ

▼ 應それ~ (2, 0.1%)

1 で筋, を直され

▼ 應~ (2, 0.1%)

1 どこからが, 此の

▼ 應である~ (2, 0.1%)

1 ことは, と同時に

▼ 應です~ (2, 0.1%)

1 か, がね

▼ 應といふ~ (2, 0.1%)

1 ことが, 事を

▼ 應とても~ (2, 0.1%)

2 浮世の

▼ 應なれ~ (2, 0.1%)

1 ど, ばと美事

▼ 應はしか~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 應へながら~ (2, 0.1%)

1 その兵士, 其二言三言の

▼ 應下手人~ (2, 0.1%)

1 のやう, の疑ひがか

▼ 應不思議~ (2, 0.1%)

1 なこと, に思ひました

▼ 應八丁堀~ (2, 0.1%)

1 の旦那方, へ引返し

▼ 應~ (2, 0.1%)

1 の藝術觀そのもの, をはつきり觀

▼ 應感心~ (2, 0.1%)

1 しましたが, するの

▼ 應拭き清め~ (2, 0.1%)

1 てあります, てはあります

▼ 應措く~ (2, 0.1%)

1 としてわれら日本人, より外

▼ 應注意~ (2, 0.1%)

1 させましたが, して

▼ 應清めた~ (2, 0.1%)

1 のか, 相で

▼ 應考へ~ (2, 0.1%)

1 て置く, て見る

▼ 應聞い~ (2, 0.1%)

1 てみな, て置きたい

▼ 應~ (2, 0.1%)

1 て置い, て置かない

▼ 應訊い~ (2, 0.1%)

1 て見てくれ, て見ました

▼ 應辭退~ (2, 0.1%)

1 したが, して

▼1* [204件]

あることなし, 應お湯をつかはせ, 應ずに, 應かかる表象を, 應かたづけましたら久しぶりに, 應こそが大きな張合ひで, 應させて早く, 應させることで, 應しいしそしてよく, 應しいだらうと思はれる, 應しうるやうな, 應しかつた, 應しき名よと私, 應しき岩窟なりきわれ導者, 應したるだけの公園也, 應したる如き亦甚だ, 應しなければ駄目, 應しようとした, 應じさせ盡く, 應じしぜんと, 應じたうめき聲も, 應じたき念が, 應じたる手段と, 應じたれど兩者, 應じなければならないだらう, 應じました又今日, 應じ得ば, 應以下の, 應すべくもない, 應ずべき處置を, 應ずべく神樣が, 應ずる之を二重, 應ずる事なら何, 應ずる外はありません, 應ずる態度でこちら, 應ずる所の物, 應ずる手づるがない, 應ずる物がある, 應ずる積りで願書, 應ずる聲が水, 應ずる能はざれ, 應ずる色素の準備, 應ずる言葉にて, 應ずる響の如く, 應ば輙, 應せざるもの多き, 應せしむべき詩體の, 應せず實義を, 應せられて別れる, 應ぜん氣はひも, 應だけには勞作の, 應とだけである, 應とはかならず言, 應どの部屋とも, 應なぞも病的である, 應なむくいを受けない, 應なるものを, 應には足らぬこと, 應のみにても外務大臣の, 應ふるならん, 應へた者があります, 應へで打ちのめさうと, 應へでもあつた, 應へにも妙な, 應まであつた, 應ガラツ八の樣子, 應シテ一擧露國ヲ屈服セシメ, 應シテ中部支那以南ノ割取, 應ジテ貸銀, 應ジ捷徑ヲ取, 應ズル完成ヲ得, 應望むところ, 應ツ此處は鐵璧, 應丁寧に挨拶, 應三年頃だと, 應不可能に見え, 應不服らしいこと, 應主義者といふ意味, 應事件の起つた, 應二人にも訊い, 應二年の暮おし, 應二年頃と判斷, 應介抱して, 應仕事が片づく, 應伏せて結果, 應何とぢや, 應何人にも明白, 應係り合ひの, 應克服された, 應八方へ氣, 應内儀のお, 應出身とやらで, 應出過ぎたことの, 應別居して, 應前後より終り, 應すること, 應十四五の男, 應十手を見せ, 應原稿御示し, 應參加を謝絶, 應反覆して, 應取調べて居る, 應取調べるのが, 應受けたわけだ, 應可能であるかの, 應同情しました, 應呼出してお, 應四方を見廻しました, 應の女房, 應天子にまで奏上, 應女房を庇護, 應へ引, 應尋ねて先方, 應小言を言, 應尻込みはしました, 應屋敷の中, 應市内へ歸ら, 應常識的な疑ひを, 應平民と見, 應年寄にた, 應引き取つて頂い, 應引取つて呉れ, 應引取つて考へさし, 應引合はせられ, 應強い毒藥を, 應性質を異に, 應愛嬌者に見えます, 應感じたる感情を, 應手ぬかりを叱られました, 應手前どもへお, 應打切ることに, 應承りませう藤屋さん, 應抛棄する, 應押入の中, 應拭いて鞘, 應拭いたとはいふ, 應掃き出されてそこら, 應掛け合つたが, 應措くならばかつて, 應政友に相談, 應文學者自身が自省, 應日本の方, 應時計屋へ引返し, 應本堂を拜見, 應村川菊内に預け, 應東京の弟, 應死んだ四人の, 應死骸を見ました, 應殘存結果の再現等, 應母親に相談, 應江戸の場末, 應無理ならぬこと, 應片づいて自分, 應物置に入れ, 應理屈はある, 應理惠按司の勾玉, 應理窟はある, 應用せんとする, 應町人にし, 應百姓家には相違, 應知らせたらしい樣子で, 應知られてゐる, 應神田へ引, 應納まりましたがまださすが, 應納戸町へ歸, 應絡んで見せます, 應縛り上げて窮命, 應美しくあるに, 應自害のやう, 應自己の中, 應臭いやうだ, 應落着しました, 應落着き工合を調べる, 應被害者へ噺, 應見た筈の, 應見てくれと厭應言, 應見ることに, 應見廻すと町, 應見物するだけでも, 應見直すと思ひ, 應解けたわけだ, 應解けますがさて, 應言葉を緩和, 應訊いた上で, 應訊くだけは訊いた, 應許容した, 應詮議して, 應認めた上で, 應説明を要する, 應調べた上諦め, 應調べたいことが, 應調べなきやなりません, 應調べ了つて歸らうと, 應調度に眼, 應調査したが, 應身許を調べる, 應軍隊が解散, 應通夜の衆, 應遠いものに, 應遠ざけて平次, 應邪魔した十手, 應金錢などといふばか, 應面白さうだ, 應頼まれた位の