青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「振り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~挙げ 挙げ~ ~挨拶 挨拶~ ~振 振~ ~振っ 振っ~ ~振った ~振り
振り~
~捉 捉~ ~捜し 捜し~ 捜査~ ~捨て 捨て~ 捨てる~ 据~ ~据え

「振り~」 4675, 51ppm, 2302位

▼ 振り~ (726, 15.5%)

314 して 18 しながら 14 した 12 見せて 9 するの, 発揮し, 示して 8 見て 7 したの 6 する 5 聞いて 4 したり, ふって, 発揮した, 発揮する, 眺めて, 示した, 装って 3 したら人々, しては, しようと, すること, やって, 見せた, 見ても

2 [15件] したかったの, したもの, するか, するん, する男, 努めて, 夢に, 振りながら, 発揮しました, 目し, 眺めました, 示したが, 見ると, 見るに, 観察し

1 [236件] あつしは, あらためて詫びた, お為, お示し下され, かたむけつくして, かなぐり捨てて, かの女, ご覧な, されても, される, されるお, しごきながら, したがるあの, したがるという, したつて駄目, したなり, したに, したので, したやう, したん, した以上, した子供, した訳, した金山寺屋, しつつ, しても, してやらう, してるの, しとくって, しないで, しながらも, しなさんな, しはじめる, します人, しようとも, しろ名士, し一座, し乍ら, するかに, するけれども, するって, すると, するという, するところ, するなんて, するほう, するもの, するよう, する一種, する人, せねば, そのまま伝える, そろえる時, たしなみと, ただじっと, つけて, ながめて, ながめ注意, なさつて, なされぬ方, なすった, のぞいて, ひどく気に入っ, ふった, ふったかと, また連れ, まる出し, みせたいと, みても, みよう, みること, みると, みんな見習え, めちやめちやに, やかましくいう, やるらしいので, よそおって, ニヤニヤ笑っ, モット素人向きに, 一しおうい, 与えた, 与えながら, 人一倍不快, 今日の, 代表した, 余程以前, 作って, 佩いて, 保つて, 俺は, 偲んだところ, 偶, 入れると, 凌ぐもの, 出なかった, 加えて, 参観し, 吾, 問題に, 嗤つてゐた, 嘆く, 売物, 変えた, 夢中に, 大きく振る, 始めたので, 存分に, 実演させる, 実際に, 察する, 将軍家御, 山の上から, 平気でした, 待って, 思い出す, 思わせる, 思合せ, 恥ずかしく思った, 感心し, 憎みきれない, 憎み妬む感情, 手すりに, 手伝えと, 批判した, 披瀝した, 押しつけること, 拜見したなら, 拜見しよう, 拝見する, 指摘, 指輪の, 振る娘, 推測する, 揃えて, 描き野原氏, 損じたの, 政策やら, 新聞に, 書いたかと, 棹って, 横目に, 正視せよ, 母は, 毎日朝から, 畏敬し, 発揮される, 発揮します, 發揮した, 皆さんは, 直すやう, 眉よ, 眞似, 真似する, 眺めたり, 眺めつつ, 眺めてばかり, 知った日, 知って, 知つてる, 知ること, 示したり, 示し一切, 示し飯塚酒場, 示す, 示そうと, 示そうという, 神職養成と, 積極的に, 空想し, 簡単に, 素ツ破, 細かく観察, 続けて, 續けて, 習おう, 考えた, 考へて, 聞かれて, 聞き取らうと, 苦々しく思ひ, 装い仕舞い, 装い大, 装い母, 装うて, 装っても, 装つてゐる, 装つて其場を, 装ふてゐた, 見かけたもの, 見せあわせて, 見せいッ, 見せその, 見せたもの, 見せながら, 見せなければ, 見せも, 見せようとして, 見せる, 見せるため, 見せる程, 見せ付けられちゃ, 見せ付けられて, 見たいという, 見ながら, 見に, 見ようと, 見ること, 見守って, 見定めて, 見張つて, 見物した, 見習っちゃ, 見習つて來い, 觀察する, 許した上, 証明した, 試みた如く, 話したもの, 話して, 誇つて, 誇示する, 認めること, 論じ東京人, 諸君に, 變じたる, 賞讃した, 載せて, 連想する, 遥かに, 非常に, 面白そう, 頭に, 餌に, 餘程以前から, 餞別し, 龍の

▼ 振りながら~ (377, 8.1%)

9 言った 6 云った 3 叫んだ, 歩いて, 答えた

2 [18件] そう云いました, やつて, グン, 今度は, 出て, 座敷の, 廻る, 片手に, 男の, 相手の, 私の, 裁判官の, 言いました, 言つた, 走り過る, 門を, 雑然と縦横, 頭を

1 [317件] あいつを, あちこちと, あとに, あなたには, あの洒落者, いい声, いって, いひました, うれしさ, おいで下さった, お供に, お通, お雪ちゃんが, お駒, こう白, こまかく大きく闊歩, ごとごと走った, さつき良子が, しきりに何やら怒鳴り立て, しっかりした, しゃべって, すぐに, すこしでも, すたすた歩い, すっとはいっ, ずんずん先, そうしてせっかく, そちらへ, その思ひ, その顔色, それに, ただそれ, ちょうどこう自ら, ちょろちょろと, ついて, つまらなさうに風車, どなりました, どれだけの, なつかしそう, なんともいい, ぱっかぱっかと街道を, ひとりごとを, ぴったり三疋引き, ぴつたり三疋引き添う, ふとぶっつかった, またもや哄然, またも小声, また地面, また歩き出す, また泣け, また矢来, まっしぐらに, まっ黒に, もうほか, もどって, ものを, やがて曲っ, やって, やって来た, やっといった, やはり見えなくなる, ゆっくりと, よい敵, よた, よたよた歩い, わめいた, オルガンの, ガラッ八, キーキー声で, ジンの, ドン, ヒョイヒョイと, フーッと, モリエールの, ヴォロンツォフ公の, 一直線に, 一足飛びに, 一隅の, 上の, 不器用な, 不機嫌そうに, 中へ, 丹三郎に, 主人の, 主水正, 之を, 九兵衛は, 二頭の, 云つた, 云つて蔑む, 今松, 伊織は, 休憩室へ, 伸子は, 何か, 何も, 何やらささやき続け, 使部の, 傍らを, 元氣, 光子の, 入って, 入つて, 八五郎が, 六人の, 冷やかに, 出も, 出掛けた, 助手に, 勇んで, 博士は, 危なかしい, 又も, 又歩き出す, 口を, 叫びそれ, 叫びはじめた, 叫んで, 可愛らしい巻舌, 右往左往し, 右肩を, 合せて, 合点合点合点と, 同じく身, 同じ都会人, 向うの, 呟きます, 周囲の, 善ニョムさんの, 善良な, 喫驚した, 四畳半と, 坐って, 変なしかめ, 夏の, 夜に, 夢中に, 大また, 大股に, 奥の, 妙な, 妻を, 姿の, 婦人たちの, 嬉しそう, 子供の, 孤り, 孫兵衛の, 安全装置を, 宙に, 室の, 寒い風, 寝て, 尋ねた, 小さい球, 小走りに, 岸本へ, 左手では, 座敷を, 彼は, 彼女の, 彼女を, 彼方此方に, 待たしてあつ, 待って, 後を, 御帰還, 微笑んで, 心配そうに, 忙が, 忙しく宙返り, 快げ, 怒鳴つた, 怪訝そうな, 恰も出陣, 悪右衛門たち, 愛想の, 感服なさっ, 扉から, 掛茶屋に, 揚々と, 放牧場の, 散歩し, 日光の, 旦那の, 早口に, 明日から, 時々大きな, 時々甲高い, 木賃宿へ, 未だ人, 本当に泣き出し, 森君に, 森君の, 機を, 機械の, 歌いながら, 歌う, 歌とも, 歓呼をも, 正面の, 武蔵は, 歩いた, 歩調を, 歸つて行つた, 母の, 氏神さまへ, 波の, 涙を, 淋しく笑, 深夜の, 渋々右手, 湖尻の, 湿った土地, 滔々と, 激しく硝子, 煙管を, 爪立ちして, 父に, 爺やが, 片足で, 犬殺しの, 現はれる, 生徒監は, 田圃道を, 申しました, 男は, 発車した, 白い泡, 相手が, 眼で, 眼を, 確信をもって, 祠の, 禁慾鍛身の, 私を, 穏和しく, 立ち縁側, 笑うの, 答えました, 簡単に, 紀久子の, 終日塩せん, 絶望的に, 続いて, 老人は, 聞いて, 肉薄し, 脚と, 腕を, 腰程の, 自分の, 自分も, 舐めまわした, 舞い出した, 芝生の, 若い女性, 茶の間を, 落っこちて, 蒸気河岸の, 行つ, 言いつづけた, 言い女, 言い溜息, 言い続けるの, 言って, 言ひ出す, 言葉を, 証人席目がけ, 説き始めた, 説明を, 警戒する, 走って, 足踏を, 跟い, 踊りだした, 車道と, 車道の, 軽いため息, 近づいて, 近頃の, 追ひかけた, 逃げて, 通して, 通つた, 進んで, 運転台へ, 遠い銀杏, 遠ざかって, 遠州, 遠方の, 部屋の, 酒楽の, 酒樽の, 金太の, 鋭い声, 鐘を, 長い事芝浦, 長い太息, 階段を, 雁金に, 静に, 靴音も, 韋駄天と, 頻に, 顔を, 飛び出した, 飛んで, 食事を, 餌を, 馬上の, 駅夫が, 駆込んで, 駈けて, 駈け寄りました, 黒衣婦人の, 黙々として

▼ 振り~ (227, 4.9%)

5 あつた 4 自分の 2 別の, 流石の, 邂逅した, 鎌倉の

1 [210件] あっしが, あつしが, あの時, あらう, あらうか, あらうふと, いい味, いた, いる, おまえの, お鳥, きつと, こんな東京, ご一緒, さっさと崖, しかもその, じきに, すッ, せう, そういう事, そこの, その前, ただその, つか, どう先ごろ, どんな時, のうのうと, はいった動物園, ぶらぶらあるい, また東京, また読み返す, みる二階, めぐり会, めぐり合った父, めぐり會, めぐり逢ったの, もって, やうやく, やって来てるので, やつて, ゆっくり妻, よく分っ, わが家へ, わたしには, わっし, アメリカから, ボートを, ヨーロツパから, 七俵の, 三人の, 三人並ん, 下総屋へ, 不二雄さんの, 両眼, 二度の, 云々と, 亭主とは, 会うお, 会う木村義雄君, 会った彼女, 会ひ, 何く, 俺は, 倉の, 入ったら, 八谷家は, 其説明を, 内地へ, 出来て, 分って, 切りと, 勝利を, 勤めの, 勿体振った, 又北陸, 向き合った兄, 味う, 品が, 問いつめて, 噂で, 国に, 国技館へ, 土を, 夜明けに, 夫と, 奥様は, 好い気持, 妻の, 始めて, 実は婆さん, 実は義絶, 寝て, 寝巻を, 實は, 対局中むつかしい, 対山館へ, 対手を, 尋ねて, 尋ねると, 小判十両ての, 小田原へ, 小鐘, 尾瀬ヶ原を, 尾瀬沼尾瀬ヶ原三条瀑を, 山の, 川の, 川柳の, 市街の, 帰って, 帰っても, 帰ると, 帰るの, 帰国した, 延若が, 彼を, 御出, 御影の, 御目, 復た, 復一は, 忘られず, 情を, 我が子, 故郷の, 故郷を, 旅から, 日本を, 昔話を, 昨夜とつぜん, 未だ多少病後, 本村町へ, 東京へ, 東沢に, 柏に, 梅ちやんの, 横浜へ, 歸つたのか, 母の, 気息を, 江戸へ, 江戸表へ, 深川通りを, 漸く本栖村, 濃い翠, 父に, 狸寐入りを, 狸寢入りを, 省線電車に, 真実の, 眺めた中禅寺湖畔, 知人に, 私が, 私は, 私を, 空罐を, 立寄った, 第二回戦, 答えた, 純日本式, 細目に, 罪状の, 聞く滝, 背骨を, 色の, 英国に, 草鞋を, 荒稼ぎ頭突きと, 薙刀を, 薩摩下駄を, 行き過ぎようと, 行って, 行つ, 行儀の, 表面は, 裏梯子から, 見たけれど, 見て, 見ながら, 見る, 見る山田, 見る故郷, 見送って, 訊ねて, 話した, 話も, 話を, 谷間には, 越後の, 足人も, 身の上話らしい, 通すつもり, 逢うため, 逢ったよう, 逢ったわけ, 逢った東京, 逢った間柄, 逢って, 遇つた, 遣って, 酒を, 酔っぱらって, 金峰甲武信間を, 鎌倉へ, 長広舌を, 間拍子なぞも, 靴を, 顔を, 飲むと, 飲食を, 鮎の

▼ 振り~ (225, 4.8%)

3 なって, 帰って

2 [16件] なつて, なりました, またこんな, 天保山の, 就いて, 尾道へ, 感激する, 故郷の, 文楽を, 於て, 本所へ, 私は, 私を, 自分の, 見とれた, 見る五大力

1 [187件] いささか苛酷, うちの, おきぬは, お目, お詣りする, かかるの, かまわないとは, かまわないわけ, きみを, ぎゅうといわせてやろうとしたが襟が, こもる感情, しかもあ, しかも全く, その焼跡, その町, ただ驚歎, なった, なつた, なりまして, なる, なるの, なるもの, はやりきれないので, めでて, わたくしに, わたくしの, カラカラと, スケートを, ハミ出し, ヒントを, マンは, 一同は, 一杯, 三人対座し, 上京した, 不思議な, 主人は, 京都に, 人間の, 今も, 今一層, 今一度シャッポを, 会う二人, 伯母に対する, 伯母の, 伴れ, 何處か, 依って, 便りが, 免じて, 出て, 出逢つて其風采言行, 出遇, 初めて見る, 勤めに, 卑しい笑, 南へ, 及ぼして, 反感を, 取りつくろって, 同情する, 吾ことごとく, 吾ながら, 地に, 基く内閣バトン, 基く新聞営業人, 外の, 多分の, 多大の, 大へん便利, 大阪まで, 妙な, 妻の, 媚薬を, 宜い, 家で, 容易く乘, 寝巻に, 対局を, 少しの, 帰つ, 帰れる父宗太郎, 帰郷し, 広島を, 庸介が, 弓之進や, 引手の, 彼は, 復活する, 心から感激, 心も, 心索かるる, 怖れ, 思わず苦い, 怠惰の, 息を, 惑わされて, 愛嬌の, 感激の, 慣れて, 我慢が, 手紙を, 手酌で, 打とけ, 抑揚が, 指す一生一代, 振って, 振り廻す, 接したこと, 接して, 接触する, 放任し, 方向転換を, 昔の, 時も, 最適の, 月下に, 来る母親, 染んで, 根限り腕を, 正三, 武家方からは, 比べて, 気も, 氣を, 水月に, 泉邸へも, 浦崎さんと, 渋面を, 温泉か, 異様な, 畳の, 直面する, 真白な, 眥を, 眼を, 私の, 立つたの, 笑った, 耽つて, 聞く友人, 聞く権右衛門, 肩を, 至っては, 舌を, 花の, 行くけ, 行って, 見るなつかしい, 見るも, 見る尾道, 見る彼, 見る旅, 見る明るい, 見る燈火, 見る秋, 見る顔, 見る飛行機雲, 見出したと, 見送る眼, 解放された, 訪れるところ, 貴重な, 貸手の, 較べて, 辟易した, 返る, 逢つた父親です, 遊びに, 道子が, 郵便物到着, 郷里の, 都会の, 酒の, 酔つた, 里祭が, 野分来れり, 金を, 長い間, 青空が, 顔を, 飲み慣れない酒, 養家の, 馴れようと, 驚かされた, 驚くべきほど, 驚嘆させられ

▼ 振り~ (172, 3.7%)

4 中に 3 山刀を 2 いかにも親切, ことだ, 中で, 兄だ, 役を, 監視に, 赤さ, 餡気の

1 [149件] い, いい人々, いい青年, うち倚天の, うち君の, お七, お君, お機嫌伺い, お盛ん, お詣りでございました, お關, こと, ことで, ことであった, こまかさ, そして最後, たもとを, ところで, なかに, ぶら, まったく三年目, みじんない, ものであった, やうです, やうに, ような, アラユル尖端を, タッチは, ヒョットコ踊りと, 一種の, 一般的な, 丁寧な, 三人の, 上天気で, 中畑さんは, 仇け, 会飲に, 作法でござんし, 価を, 偽装を, 優しさ, 内には, 剣が, 剣で, 剣と, 劍又, 効果を, 匂ひも身近く, 十一月の, 名であった, 善い定, 喜代三は, 地で, 地であった, 場が, 変り果てた満月, 大雪な, 天気を, 太刀を, 夫の, 奧に, 好いあの, 好いが, 好いところ, 好いの, 好い三十男, 好い人間, 如き婚約者, 如何に, 宝剣を, 客に, 対局といふだけでも, 対面は, 小刀を, 小意地, 小綺麗な, 峻烈を, 帰京に, 帰郷を, 年増盛りが, 底に, 弘光慶子さん三年前に, 形と, 御太刀, 悪評は, 懐剣を, 我は, 或る, 抜き身の, 故郷の, 敵は, 新聞には, 方が, 方は, 時代とな, 朝臣が, 木刀を, 本だ, 来状頗る, 枝笞を, 極めてスマート, 歌を, 武士が, 武者が, 死顏に, 洋刀だけで, 洋式短剣を, 涙や, 湯上りで, 激情的を, 烈しさ, 煙草を, 片下, 猛烈な, 玉子で, 白身を, 眞似, 私の, 紅を, 繰り返しの, 美しさ, 良いに, 良い貫六さん, 良い野郎, 良い駒三郎, 芝居見物興なき, 芸当始まり, 華やかな, 落着き拂つた態度から, 袂で, 見透しと, 訪問は, 詩を, 詳細な, 誉の, 議論も, 踊, 踊りが, 鈴も, 鑑定を, 限りを, 露子を, 青と, 面白さ, 頭巾かな, 飄々たるに, 魚屋から, 鵜飼の, 鶫も

▼ 振り~ (155, 3.3%)

33 った 17 って 12 ると 7 って見る 6 つた 5 りながら 4 ってみる, られた 3 っていた 2 ったが, った時, って見

1 [58件] いて, ったけれど, ったひとり, ったり, った小六, った玉枝, った男, った跛行, った鐘巻, った黒装束, ってうす暗い, ってお, ってぎょっと, ってしばらくじっと, ってじ, ってすたすた, ってまた, ってみ, ってみた, ってももう, ってニッコリ, って以前, って八大神社, って動悸, って千浪, って向う, って塀, って変った, って後ろ, って微笑, って心, って悪口, って指, って正面, って考える, って血刀, って見た, って見られた, って言おう, って話し合う, って躊躇, って郁次郎, って鋭く, って長浜, つたり, られたり, られるよう, りざま, りした, りたまえば, りて, りを, り振り顧, り暫し, り玉, るよう, る途端, 見ると

▼ 振り~ (153, 3.3%)

4 なして 3 皆人を 2 どうだ, なした, 今の, 仰がず誰ひとり眼, 併し, 好いが, 好いけれど, 寧ろ現代的, 日本戦史の, 際限も

1 [126件] あの婆さん, あまりに有名, いうまでも, いかがな, いかに, いまもっ, こうだ, この世の, この内儀, さすがに, したが, しないん, すっかり理想的, すべてその, その人々, その被, だんだんに, つつしんだ方, どうかと, どんなに幼心, なかなか良い, なされたとたん, なされては, なされ振り, なすと, なすに, なんだか奥歯, にこやかで, はたで, まあい, まことに十二分の親孝行, まことに至れり尽せり, まつたく對蹠的, やったが, ゆったりと, よかった, バカバカしく幼稚, ポルト・リシュの, ラジオ放送化によって, 一人前です, 一分の隙も, 一方ならぬ, 上品で, 下に, 不斷, 並大抵の, 人の, 人を, 今と, 今考え, 仕切れま, 何か, 何たる気, 何の, 全く同様, 全く姑, 全然バラック式, 共和党を, 出来ない, 初めから, 刮目し, 同じこと, 喋って, 大したもの, 大した違, 大道商人と, 失恋者の, 好い, 好いに, 妙に, 始終見, 実にキビキビした, 実に手, 寧ろ当然である, 巌流よりも, 巫山戯て, 平次も, 幼い私, 彼等には, 心からの, 思ひやられます, 思わず熱意, 恰も満, 抜群の, 揺りつつ, 断髪令にも, 日を, 明らかに, 東京の, 案外暢気, 楽しそう, 正に自分, 正気の, 殆ん, 活きて, 淺見君の, 無意識の, 無抵抗に, 物靜かに優し, 狂気じみ, 独り映画の, 猫被りの, 現在の, 益々甚, 目ざましかつ, 目も, 眞劍さが, 示さずに, 禁止と, 私の, 素敵に, 義理か, 聞捨てに, 至極打ち解けた, 良いけれど, 観兵式か, 言語に, 誰一人の, 諸事穏やかでない, 謹嚴である, 逸早く世間, 雄弁術で, 非常に, 頗る複雑, 飄々たる, 驚歎の

▼ 振り~ (141, 3.0%)

2 なるもの, よくて, 好いの, 思ひやられます, 良過ぎる

1 [131件] あと唾を, あまりにも, あらわれて, あり仮, ある, いかほど光り輝い, いけないん, おかしい, この時, これを, して, その頬, そんな好評, ついて, できなかつたり, でたらめで, とてもよかっ, どうあらう, どんなに大, なかなかユウモラス, はつきり想像出来る, はつきり見え, まずい理窟ッ, また一種特別, みんなつい, めずらしくなく, やがて神, ようやく収, よくなった, よく外国人, よ過ぎ, ズラッと, 上手である, 不穏に, 並大抵でなく, 今までとは, 今様な, 付けて, 代なし, 会員の, 伝わって, 何よりの, 何よりも, 出来たの, 出来るであろうか, 出来る程, 出発早々から, 分るだらう, 判るよう, 勢い込んで, 又なかなか容易, 可笑しいので, 土地の, 大変に, 好いから, 好いので, 好い癖, 好くても, 好くは, 好もしかった, 如何に, 如何にも横柄, 妙に, 威嚇した, 存するの, 実に不埒, 少し小癪, 広田内閣乃至, 彼女の, 彼女を, 思ひやられ二人, 思ひ出されるせか, 悉く当局, 悠長の, 悪いので, 悪い変骨, 悪く憎くそして, 想像できよう, 意に, 或は読者, 探偵小説の, 日頃から, 時々眼, 暴い, 暴いじゃ, 歌舞伎芝居に, 比較的馬鹿げ, 気に入った, 気に入らなかった, 気味が悪くなった, 氣に, 浸み, 熱演される, 猛烈であった, 生れて, 異う, 異うから, 異様だった, 癪に, 目から, 目に, 目立った, 相對, 知りたかつたの, 示したかつたの, 私には, 私は, 聯想され, 自在に, 自慢の, 自然と, 良いせゐな, 良いとか, 良いので, 良いらしく, 虚栄の, 見たいの, 訝しいから, 説明出来なくなる, 警視庁あたりでも, 貴美子夫人の, 違って, 違つて来た, 遠回しで, 酷烈な, 鈍間な, 鉢巻を, 非道く, 面白い, 鞭撻の, 頗る板

▼ 振りかえって~ (113, 2.4%)

19 見ると 7 見た 5 見て 2 みて, 見たが, 見るの, 見れば

1 [74件] いいつけた, うらやましげ, おもて, お母さんの, お辞儀を, ささやくよう, そこい, そこに, その建物, その方, それっと, にらみつけると, はあまりに, はぞっと, はニッコリ, みたい気持, みたり, みても, みました, も早, アッ, ネルロの, 云うの, 僕を, 光悦母子の, 北魏の, 叫んだが, 呆気に, 嘉七の, 大声で, 大笑, 威丈高, 嬉しそう, 家の, 小さく胸, 弓の, 彼女の, 後の, 心持眉を, 暗がりへ, 村を, 松島湾を, 枯木の, 楓の, 汽車の, 爆撃隊長モンストン少佐に, 眺めましたが, 私を, 立ち上り聴衆, 笑いかけたが, 笑った, 答えた, 考えると, 聞くと, 職場を, 膳と, 舞台を, 見たの, 見たらお松, 見ても, 見ないで, 見ながら, 見ましたらあの, 見も, 見る, 見るに, 見返して, 言った, 訊いた, 課長の, 谷を, 身体を, 通りを, 連れの

▼ 振り~ (109, 2.3%)

7 をつける 5 を相談 4 に就, の相談 3 をつけ, をつけよう 2 に困った, に就い, のついた, は千代松, をし, をつけた, を考える

1 [69件] から歩き, がきまっ, がつくなら, が定, が着いた, が非常, しか陽子, だが, だった, であります, でも相談, で見せてた, というよう, といひ, と同様, なぞいう, なぞを幾通, などにはまだ, なども考え, など習う, については実家, については鍛冶富, について惑, について評議, につきお, にも呼吸, にも迷っ, に依つ, に困っ, に迷っ, に迷つて, のつく, の付く, の用金, はやや, は関さん, まで立ち入っ, もあろう, もきまる, もつかない, もつき, もどう, もなく, も会っ, も極め, をいかに, をいたします, をきめよう, をきめる, をする, をつけなけれ, をつけ度, をやる, をよく, を交え, を付けなけれ, を依頼, を定めん, を家綱, を尋ねる, を思案, を教, を案じ, を決め, を生涯, を考えます, を考え直し, を考へ, を頼んだ

▼ 振り~ (78, 1.7%)

2 かまわずに, 違って

1 [74件] あまりお過ごし, あまりかま, ありよく, あれは, いで, おたか, かつての, かまっちゃ, かまわず勉強, ぎつた三吉もう一度, ぎつて人混みの, ぎつて八幡知らずの, ぎつて崖の, ぎつて更に, ぎつて歸る, ぎつて馳け, ぎるがいなや湯殿の, ぎることがな, ぎろうとしつつ手塚と, するが, せずとって, せず跟, せぬ, そうで, どうやら職業化, なく, なくグイ, なく悄気, なく至つて平坦, なりません, はや時勢, べつな, また惡, よくツバキ, わかると, 一向冴えない, 一寸見たい, 一様に, 上を, 亦ここ, 出来なかつたので, 前年の, 動作も, 同じ空気, 向かず一直線, 大したこと, 女が, 察せられよう, 小綺麗に, 少しづゝ, 思ひやられる, 悪く無し女, 情緒や, 払はず取, 支那人と, 斯かる深い, 板に, 柳の, 構はず鬼婆アの, 構わず働いては, 構わない癖, 氣前も, 無駄を, 甚く宜しゅう, 申し分は, 相當, 知らぬ直義, 私には, 臺なし, 見せないん, 評判でした, 辯口も, 返らぬ一盛, 頼もしげ

▼ 振り~ (75, 1.6%)

53 ていた 2 てああ, ておい, て他, て小, て素直

1 [57件] つつ見, てあっさり, ていつ, ていらっしゃる, ておれ, てさんざん, てそして, てそそくさ, てただ, てちゃっかり, てとぼけ, てのこのこ, てもそんな, てやがて, てわあ, てわが, てゐた, てカムサツカ, て一心に, て一生おまえ, て云った, て勉強, て叔父さん, て右, て大声, て客間, て室, て家, て寝ころん, て小声, て居る, て平気, て放し, て木, て来た, て武田, て水車, て満, て生活, て畏, て眺め, て立ち帰られい, て米, て聞きゐたる, て花壇, て行燈, て言った, て謝りぬく, て逃げる, て通り抜ける, て通り過ぎよう, て過す, て顔, て默つて, て黙, て黙々と, 彼らが

▼ 振りかへ~ (74, 1.6%)

16 つた 13 つて見る 5 つて 3 つてみた, つてみる 2 つていひしれぬ, つて見た, られる

1 [28件] し日, つたが, つたと, つたとき, つたま, つた私はわ, つておきたい, つてさ, つてしみじみ, つては, つてみ, つて両, つて云つた, つて云ひ, つて何か, つて叫ぶ, つて叫んだ, つて彼女の, つて汽車の, つて獨言を, つて考へ, つて腹を, つて見, つて見たい, つて身体を, つて鍬打つ, らふとし, りつ

▼ 振り~ (67, 1.4%)

5 った, ったの, っていた 3 った刀 2 ったが, った乱髪, った左門, りながら, り左門, ると

1 [37件] ったまま, ったる釿, った一刀, った懐刀, った懐刀月光, った曲者, った秋安, った途端, った陣十郎, った集五郎, ってニヤリ, って一瞬, って何と, つたる釿, られた刀身, られて, り, りその, りました, りましたが, りましたな, りサッと, り前面, り嬉し, り小柄, り左手, り怒り, り怪しい, り精鋭一, り繃帯, り背後, り脳天, り走り, り起き上ったらただ一, り追いかけたが, る, るの

▼ 振り~ (61, 1.3%)

16 へると 5 へる 4 へれば 2 かつて來, へらずに, へりかつ, へりざま, へりました, へり振り, へるやう

1 [22件] えり立ち去った, えッて, かつて来よう, くるのみ, へったやう, へらないで, へらないやう, へらぬの, へられあれ, へられた, へりそつくり, へりそれ, へりて, へりながら, へりみる鬼怒沼媛, へり峠, へり見つ荒布採り, へり見ること, へり閾, へるに, へる暇, 持って

▼ 振り振り~ (57, 1.2%)

2 云った, 代助, 例の, 歩いて

1 [49件] いかにも上手みたい, いろいろ澪, こう言った, さらばさらばを, その頭, そんなこと, たしなめ出した, どうやら教壇, なるたけお, またどこ, まともに, まるで聴耳, ガツガツと, トニオ・クレエゲルを, 六頭が, 叫んだ, 塩を, 変な, 導者らが, 小声で, 左手へ, 帰って, 弁じ立てる, 彼の, 戻って, 暗い路, 曳いて, 未亡人は, 歌を, 歩いた, 歩く手薄, 泣きじゃくりはっきり, 浮き足で, 真紀子の, 私あの, 立ち上つたが, 素の, 考えて, 言って, 走って, 走つて, 蹄鉄の, 身体を, 附いて, 陣十郎を, 駆けて, 駈け足, 麦こき, 鼻息を

▼ 振り~ (46, 1.0%)

26 はし 8 はした 2 はされ, はす 1 はさず, はさない, はし義務と, はすこと, はすで, はすので, はすん, はせ

▼ 振りかえっ~ (45, 1.0%)

27 てみる 8 てみた 2 ていた 1 たりわざと, ていった, ている, ておい, てみたら, てみます, てみれ, て過ぎ越し

▼ 振り廻し~ (41, 0.9%)

4 ていた 3 ている 2 て見る

1 [32件] あの独特, して, そうにも, たりし, たりした, たりする, つつ引き離そう, つつ慌てふためいた, つづいて, てやる, てゐたらしい, てゐる, て向っ, て唄, て噛まれた, て彼, て手, て振り, て茶袋, て見せた, て見せる, て見た, て逃げ惑う, ながら, ながら云った, ながら擦りきれた, はする, 同時に二羽, 狙って, 知らずの, 給え, 駈けて

▼ 振りかえり~ (35, 0.7%)

6 もせず 3 振りかえり 2 ながら

1 [24件] ざま叫ぶ, ざま声を, しばしば提灯, それからこっち, それから又, それに, つつ馳せゆきける, てそれ, て女, ながら何, ながら南条己, ながら大通り, ながら待っ, ながら白い, ながら言い出した, ほとんど追いつかれ, 何か, 佩びていた刀を, 小屋に, 手振りで, 振りか, 振りかえりし, 濶く, 足早に

▼ 振り~ (34, 0.7%)

2 行先は

1 [32件] あり, のさりと, ト云フトコロヲ手を, 云ひ, 何か, 勉めて運動, 勝手は, 去りゆけり, 大道を, 我が許, 我等此方に, 打撥, 晝は, 歌へ, 此方を, 歩きまわる, 海より, 火持たぬ, 眄顧する, 答えず, 脇と, 舞台に, 苦を, 見せびらかす機会, 見せるも, 身悶せるなり, 迫られ勢, 長く嘶, 頷けり, 食う今日, 馬追う, 鳴らして

▼ 振り~ (33, 0.7%)

2 いい葉

1 [31件] いい決して, この機宜, これに対する, そして桁, なった, チンピラの, 云いその, 云い余程, 云い帝人事件, 云つたら, 云て, 云はれる, 云ひ, 云ふか古, 人の, 人柄を, 人目を, 倫理呼ばわりとの, 倫理呼ばわりによって, 口車に, 同程度, 品行の, 境内の, 強がりが, 来たら又, 琴瑟相和す, 称する小, 虚空に, 言ふも, 負けず劣らずの, 較べて

▼ 振りむい~ (32, 0.7%)

42 てみます, て眺めた, て見よう, て見る

1 [20件] ていた, ている, てしばらく, てたしかめよう, てみる, てもうこ, てイトマ, てオデンヤ, てマイネ, てマダム, て一目散, て丁寧, て兄弟たち, て力まかせ横びんた, て合図, て行った, て行つて, て覗き, て言った, て駈け去った

▼ 振り~ (26, 0.6%)

1 [26件] かれら一まき, がって, な, 三谷の, 人物に, 修飾の, 大概の, 大道商人の, 客席の, 小財閥, 平次の, 店員の, 惡い, 態度に, 教師らしい, 断じて笑, 楽の, 樣子に, 物腰を, 眼ざし, 私生活が, 程度の, 能の, 賢女振りが, 起居と, 踊り手の

▼ 振りかで~ (25, 0.5%)

1 [25件] ひとまず私, ふた, ふる郷, 九段の, 井の頭公園に, 今年の, 今年また, 会ひ, 再び懐しい, 出もう, 出合った自分, 家に, 帰った故郷, 帰朝いたしました, 彼女の, 故国に, 會ふと, 朝起きを, 朝電気の, 父母の, 眼に, 荒れ果てた工場, 見る彼, 逢った一座, 顔を

▼ 振りには~ (25, 0.5%)

1 [25件] こうした根本的矛盾, ちょいと, また他, もうその, もう馴れ, 一種の, 何か, 全く感心, 及びも, 同じ津軽人, 吾輩イヨイヨ舌を, 寄附申込書に, 少からず, 少しも, 居合わせた顔馴染, 意外な, 普通に, 栗生武右衛門チャリネ買切りの, 流石の, 甚だ東洋的, 目を, 私が, 聊かあきれた, 腹立たしいばかりな, 驚かざるを

▼ 振りもぎっ~ (25, 0.5%)

2 て, て逃げよう

1 [21件] たり胴, てあちら, ている, てがむしゃら, てしまう, てときどき, ても行かれず, てジャンナン夫人, てパタパタ, て出, て前, て右手, て喧嘩犬, て帰っ, て帰る, て戸外, て振向い, て立ち去りかけた, て走りかける, て走る, て馬

▼ 振りかえった~ (22, 0.5%)

2 のは

1 [20件] があまり, がそっと, がその, がそれ, がどちら, がもう, が勿論, が返事, とき, ときに, と思う, のち左右から, ので日吉, のを, 二官の, 時すべての, 自分に, 自来也鞘, 途端, 途端に

▼ 振り~ (22, 0.5%)

2 が少し

1 [20件] からな, から乗ろう, が僕, が吾, が真, が評判, つたな, つて滿更ぢや, という述懐, とかい, とかいうくらいで, とも断定, と思われる, と称し, な, ね君, べ, よ, 一二杯は, 一服吸つていきな

▼ 振り~ (22, 0.5%)

3 のである 2 ところが, ほした, 笑ひ

1 [13件] ことを, のだ, のだった, のです, ば誰, んです, 云ひ, 先づは, 動き方を, 様子を, 空疎な, 調子で, 調子は

▼ 振り落し~ (22, 0.5%)

3 てしまった 2

1 [17件] すんなりと, ていた, てしまいました, てしまう, ても容易, ても振り, てやり, てやれ, て全く, て新芽, て来た, て行った, て語り, て飛ぶ, て食べ, むき直って, 或いは民主主義的

▼ 振りにも~ (21, 0.4%)

3 構わずに 2 顔面の

1 [16件] かまわない内儀さん, かまわない山出し, その渉外面, やはり優れた, わかる, 一つの, 亦頗る, 似合わず口, 彼女は, 拘らず云わば, 明らかに, 異状は, 落ち付き, 見せず平次, 見せなかつた, 頓着なく

▼ 振り動かし~ (21, 0.4%)

2 てみた

1 [19件] そして駆け出し, て, ていた, ております, てみ, てやがて, て伏せる, て怒り, て揉み消さう, て泣かせる, て見た, て見る, ながら医師, ながら噪音, ながら太鼓, ながら手, ながら父, 具合は, 足を

▼ 振り~ (20, 0.4%)

2 を上げ, を動かし, を動かす, を摺る

1 [12件] で調子, の下, をあげる, を挙げました, を振る, を跳ね, を踊らせ, を踏みならし, を踏み鳴らし, を踏ん, を蹴り上げ, を飛ばしまし

▼ 振りから~ (19, 0.4%)

2 大きな雪輪

1 [17件] して, みると, ナポレオンの, 一種不快な, 上の空の, 亡き源三郎, 低級な, 判斷し, 察する, 推察る, 着物の, 確然として, 笑い声から, 腋の下へ, 花笠, 言葉つきに, 間接に

▼ 振りむき~ (18, 0.4%)

7 もせず 6 もしない 2 もしなかった 1 さえしなかった, もせず答えた, もせぬ

▼ 振りつつ~ (17, 0.4%)

2 あらん限り

1 [15件] しなしなと, すぐ楊儀, にらんで, 何かを, 例の, 坂を, 壮快に, 声を, 歩いた, 歩いて, 石に, 踊るさ, 逃ぐるに, 這入って, 進む馬

▼ 振り~ (15, 0.3%)

3 ふやう 2 つた, はう 1 つたつもり, つたり, てまた, ふ, ふが, ふこと, ふとともに起ち, ふ力

▼ 振りでも~ (14, 0.3%)

3 して 2 調べて 1 したんで, すぐに, なし危なげ, 仕て, 何でも, 何でもが, 生やさしい, 見せて, 覚えるん

▼ 振り仰い~ (14, 0.3%)

2 で見る

1 [12件] で, でいね, でそう, でみ, でみる, で吉次, で彼ら, で後ろ, で新緑, で灯, で見た, で驚き

▼ 振り仰ぐ~ (14, 0.3%)

2 といま

1 [12件] とツイ頭, と七, と上層, と五十人あまり, と南方, と焼岳, と脚元, 爽快な, 瞳の, 程に, 空の, 顔に

▼ 振りでは~ (13, 0.3%)

1 [13件] あつた, ありほろ酔, ありません, あるが, ないか, ないはず, なかなか行ける, 三円五十銭の, 千鶴子の, 合戦が, 或は夙に, 支倉も, 火焚き

▼ 振り~ (13, 0.3%)

2 して, はす 1 しせっかく, しその後, してるの, しながら, はさ, はし, はしました, はせ, はせし

▼ 振り仰いだ~ (12, 0.3%)

2 お仲, 顏は 1 お信, お春, 八五郎の, 猪之吉の, 申松の, 眼は, 顔の, 顔は

▼ 振り向き~ (12, 0.3%)

4 もしない 3 もせず 2 もしなかった 1 になっ, にならない, もしまい

▼ 振り振っ~ (11, 0.2%)

2 て投げました 1 てパチリ鞘, て両, て初めて, て勢い, て投げた, て投げ出した, て振り飛ばそう, て母屋, て碁盤

▼ 振り廻わし~ (10, 0.2%)

1 た, ている, て天下, て得意, て無茶苦茶, て言った, ながら部屋中, やア, 始めた, 斬るの

▼ 振り落した~ (10, 0.2%)

2 んだ 1 かそう, その簪, という覚え, のでございませう, ものか, やうな, 男である, 雪ゆゑ怪我は

▼ 振りにて~ (9, 0.2%)

1 ざれ歌ざま, ひそかに, 再び舞扇, 吾等には, 娑婆の, 巴里漫遊の, 御村, 新福亭を, 清元会を

▼ 振り~ (9, 0.2%)

2 をあげ 1 のかぎり, をかぎり, をひそめ, を合せ, を嗄らし, を張上げ, を潜め

▼ 振り~ (9, 0.2%)

2 はす, わされ 1 はされる, はし, わすと, わすハンケチ, わす以上

▼ 振りそして~ (8, 0.2%)

1 あの早口, 事実を, 冷やかに, 叫び出した, 土地の, 引き返して, 火薬の, 落ちた物

▼ 振りその~ (8, 0.2%)

1 いかがわしい仇, たびごとに, ために, ま, ような, 必要は, 紙の, 頭を

▼ 振り乍ら~ (8, 0.2%)

1 かう呟いて, もそう, も脳裡, わめいた, 出たり, 叫んだ, 戻りはじめたの, 行って

▼ 振り~ (8, 0.2%)

21 した影法師, した野暮, した髮, して, し脛, り

▼ 振り~ (8, 0.2%)

2 つて見る, ッて 1 えると, つた, つて, つて見た

▼ 振り~ (8, 0.2%)

2 を振り, を振りし 1 をひねっ, を動かす, を揺ぶり, を曲げ

▼ 振りまで~ (7, 0.1%)

1 お熊さん, がらり違っ, した, して, 引っぱり出して, 指定しました, 武家風を

▼ 振りむいた~ (7, 0.1%)

1 お蓮様, がしばらく, がその, とき見る, 一同の, 時には, 時の

▼ 振りむく~ (7, 0.1%)

1 と, とうしろ, とその, と上, と寂莫, と富士, 代りに

▼ 振りきつ~ (6, 0.1%)

1 て八五郎, て彼, て無理, て用事, て逃げ出せなかつた, て鹽町

▼ 振りする~ (6, 0.1%)

1 うちに, と, と同時に, と私, と鞘, やうに

▼ 振りだった~ (6, 0.1%)

1 がさすが, が当代春團治, にし, のか, のとで, ものです

▼ 振りなど~ (6, 0.1%)

1 いずれ由縁, して, してねえ, する, なだれを, 構わぬと

▼ 振りなんか~ (6, 0.1%)

3 して 1 してるん, する, 見てると

▼ 振り下ろした~ (6, 0.1%)

1 がその, 一刀は, 刀は, 刃は, 剣は, 木剣は

▼ 振り~ (6, 0.1%)

1 でも所作, など歌舞, にかけては五代目, の類, は彼, 即神遊び

▼ 振り仰ぎ~ (6, 0.1%)

1 あとに, さま, その父, ながら, 屋根棟外れを, 峠をの

▼ 振り~ (6, 0.1%)

2 を振った 1 がそれ, が本, を上げた, を打ち叩い

▼ 振り~ (6, 0.1%)

1 振って, 振りかう云, 振り五体, 振り励まして, 振り口々, 振り果ては

▼ 振り打ち振り~ (6, 0.1%)

1 何ものかを, 力強く, 十数人が, 大軍の, 犬猿雉の, 魔法めいた

▼ 振り捌い~ (6, 0.1%)

3 て一様 2 て一樣 1 てその

▼ 振り~ (6, 0.1%)

5 して 1 し宛

▼ 振りかえれ~ (5, 0.1%)

1 ば今しがた綱, ば勢い, ば灯, ば牛, ば私たち

▼ 振り~ (5, 0.1%)

3 け見れ 1 うで, へ見えました

▼ 振りとを~ (5, 0.1%)

1 あざやかな, ついでに, 併せて, 兼ねて, 即ち大学

▼ 振り廻した~ (5, 0.1%)

1 ことも, って僕, ところで, のであった, 杖の

▼ 振り~ (5, 0.1%)

1 の望み, の目, の顔, はじっと, をひどく

▼ 振り振る~ (5, 0.1%)

31 と今度, よと見へた

▼ 振り照らし~ (5, 0.1%)

1 せめて本道, つつわれら, ている, てゆく, て床下

▼ 振り~ (5, 0.1%)

1 にも留まらぬ, をき, をつぶった, をつむった, をむきだし

▼ 振り離し~ (5, 0.1%)

1 て, て又八, て起き, て起き上った, て逃れ去る

▼ 振り~ (5, 0.1%)

1 をさげ, を下げ, を揺つて, を擡げ, 振り種

▼ 振りたて~ (4, 0.1%)

1 するどくなき声, ながらやがて, ながら言った, 寄らば

▼ 振りです~ (4, 0.1%)

1 かなア, がこの, がそれだけに, が瓜實顏

▼ 振りよう一つ~ (4, 0.1%)

2 なん 1 では聖人, で蔵元屋

▼ 振りよく~ (4, 0.1%)

1 巨木移植法にも, 調子が, 食物も, 餌さを

▼ 振りダンス~ (4, 0.1%)

2 をやった 1 だみんな, を想っ

▼ 振り仮名~ (4, 0.1%)

1 が附け, すべきが, するの, をした

▼ 振り~ (4, 0.1%)

2 されて 1 された時, されます

▼ 振り~ (4, 0.1%)

1 った, はれて, ひて, ふの

▼ 振り棄て~ (4, 0.1%)

1 てしまう, て自分一人, て行く, になっ

▼ 振り~ (3, 0.1%)

1 ぐる拳, ぐる槌を, ふぐ瞳の

▼ 振りうち~ (3, 0.1%)

1 振りあたかも, 振りはや, 振り豪傑笑い

▼ 振りおろした~ (3, 0.1%)

1 が朝, のじゃ, 二の

▼ 振りかえってそう~ (3, 0.1%)

1 いった, わたしに, 云った

▼ 振りかの~ (3, 0.1%)

1 まつ枝の, 厳寒で, 大雪で

▼ 振りくら~ (3, 0.1%)

2 ゐで 1 ゐです

▼ 振りごと~ (3, 0.1%)

1 に土, に歌, の身振り

▼ 振りじゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, ねえか, 昨夜は

▼ 振りすれ~ (3, 0.1%)

1 ばいい, ばその, ばそれ

▼ 振りそれ~ (3, 0.1%)

1 から一塊, に合わせ, に強情

▼ 振り~ (3, 0.1%)

3 やない

▼ 振りである~ (3, 0.1%)

1 がその, ことが, ことだらう

▼ 振りとは~ (3, 0.1%)

1 思想の, 現代の, 西洋人の

▼ 振りなどは~ (3, 0.1%)

1 無理で, 笑われた義理, 藥に

▼ 振りなどを~ (3, 0.1%)

1 書き加えたもの, 眺めて, 私は

▼ 振りなら~ (3, 0.1%)

1 チースを, 自分の, 馬の

▼ 振りふっ~ (3, 0.1%)

1 てねじ, て大声, て首

▼ 振りむいたら~ (3, 0.1%)

2 もうマダム 1 ぴしゃんと頬を

▼ 振りもぎる~ (3, 0.1%)

1 ところでしょう, と押さえ, ような

▼ 振りやら~ (3, 0.1%)

1 またなおわが, 社会観などを, 言葉つき果は

▼ 振り一つ~ (3, 0.1%)

1 の声, 大きい溜息, 扱くと

▼ 振り冠つたの~ (3, 0.1%)

2 です 1 は小道具物乍ら眞刄

▼ 振り動かす~ (3, 0.1%)

1 と同時に, 匕首と, 度に

▼ 振り反っ~ (3, 0.1%)

1 てみ, て見, て見た

▼ 振り帽子~ (3, 0.1%)

1 を動かし, を動かす, を振り

▼ 振り廻される~ (3, 0.1%)

1 トロンボーンと, 劉髪の, 袋の

▼ 振り廻す~ (3, 0.1%)

1 のであった, 幅広の, 御幣を

▼ 振り打ち~ (3, 0.1%)

1 振り後ろの, 振り指圖を, 振り紋太夫は

▼ 振り振った~ (3, 0.1%)

1 かと思う, はずみです, 後で

▼ 振り搾っ~ (3, 0.1%)

1 て, て女中, て老爺

▼ 振り~ (3, 0.1%)

1 から私, さ, を廻はし

▼ 振り~ (3, 0.1%)

1 をうたい, をうたいだす, を詠みます

▼ 振り~ (3, 0.1%)

1 て, てたる僧, てられるに

▼ 振り~ (3, 0.1%)

1 をまばたき, を揺, を揺かすか

▼ 振り直せ~ (3, 0.1%)

1 と, とかいう諺, 他店の

▼ 振り~ (3, 0.1%)

1 をあげ, をしかめ, を顰めた

▼ 振り~ (3, 0.1%)

1 あの辺, がこの, の助手

▼ 振り落され~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, 既に実

▼ 振り落された~ (3, 0.1%)

1 のさ, 余は, 私の

▼ 振り落す~ (3, 0.1%)

1 ように, わけには, んでも

▼ 振り~ (3, 0.1%)

2 てわが 1 て我が

▼ 振り顧ら~ (3, 0.1%)

1 ずに, ずには, せて

▼ 振り飛ばされ~ (3, 0.1%)

1 てこの, てしまった, て茂左衛門

▼ 振り飛ばし~ (3, 0.1%)

2 ながら自動車 1 てしまいました

▼ 振りいや~ (2, 0.0%)

1 もう恐れ入った, 他の

▼ 振りいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な合図, 澪の

▼ 振りおとし~ (2, 0.0%)

1 そうに, てゐる

▼ 振りかえらせる~ (2, 0.0%)

1 に充分, ほどの仇

▼ 振りかえらぬ~ (2, 0.0%)

1 のである, 人は

▼ 振りかた~ (2, 0.0%)

1 に就い, に迷った

▼ 振りかと~ (2, 0.0%)

1 思った, 思つたら

▼ 振りかな~ (2, 0.0%)

1 希有じゃ, 希有ぢや

▼ 振りかに~ (2, 0.0%)

1 その応接室, 小池の

▼ 振りかむった~ (2, 0.0%)

1 がこれ, 時に

▼ 振りこぶし~ (2, 0.0%)

1 の人さし指, を鼻

▼ 振りさけ~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ 振りさらばさらば~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 振りすて~ (2, 0.0%)

1 て去りかねない, サッとまた

▼ 振りずつ~ (2, 0.0%)

1 大きく腰, 振りとっては

▼ 振りそれから~ (2, 0.0%)

1 上目を, 急に

▼ 振りそんな~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことを

▼ 振りつい~ (2, 0.0%)

1 てきた, て叫んだ

▼ 振りては~ (2, 0.0%)

2 また空

▼ 振りであった~ (2, 0.0%)

1 が数正, ことは

▼ 振りであり~ (2, 0.0%)

1 そして更に, 新興味

▼ 振りでした~ (2, 0.0%)

1 と, ねえ

▼ 振りという~ (2, 0.0%)

1 ものも, ような

▼ 振りとか~ (2, 0.0%)

1 でご, 彼の

▼ 振りとど~ (2, 0.0%)

2 とかなし

▼ 振りなども~ (2, 0.0%)

1 罪はかろい, 見て

▼ 振りにな~ (2, 0.0%)

2 つてお

▼ 振りはと~ (2, 0.0%)

1 いうと, いへば

▼ 振りまた~ (2, 0.0%)

1 あつち, どこかへ

▼ 振りむきます~ (2, 0.0%)

1 とうす黒い, とそこ

▼ 振りむき赤濁り~ (2, 0.0%)

1 に濁った, に濁つた

▼ 振りもぎった~ (2, 0.0%)

1 刹那だった, 時に

▼ 振りやがて~ (2, 0.0%)

1 寂しく微笑ん, 狙いを

▼ 振りハンカチ~ (2, 0.0%)

1 で洟, を振

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 脣と, 脣を

▼ 振り下した~ (2, 0.0%)

1 のが, 槌が

▼ 振り下ろす~ (2, 0.0%)

1 刃は, 鍬の

▼ 振り両手~ (2, 0.0%)

1 で眼, を

▼ 振り乍ら麻油~ (2, 0.0%)

2 にねちねち

▼ 振り二振り~ (2, 0.0%)

1 するうち, と虚空

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 には見せ, に無礼

▼ 振り~ (2, 0.0%)

2 助の

▼ 振り~ (2, 0.0%)

2 の快活

▼ 振り具合~ (2, 0.0%)

1 ではほとんど, までも守吉

▼ 振り冠つた~ (2, 0.0%)

1 ま, 青い顏

▼ 振り冠つた刀~ (2, 0.0%)

1 のやり場, を降し

▼ 振り冠つた拳~ (2, 0.0%)

1 を叩かれ, を打つた

▼ 振り剣術~ (2, 0.0%)

1 と違っ, の先生

▼ 振り割り~ (2, 0.0%)

1 とか舞, は家元

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 したり, し槌

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 切るよう, 断られないの

▼ 振り卸ろ~ (2, 0.0%)

1 した, すの

▼ 振り反る~ (2, 0.0%)

1 と, と富田

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 に手, を押

▼ 振り古りぬる~ (2, 0.0%)

2 楢を

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 へると, わすの

▼ 振り売り~ (2, 0.0%)

1 の, の手合い

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 喝采を, 跨に

▼ 振り大股~ (2, 0.0%)

1 で歩み去る, に歩き廻った

▼ 振り~ (2, 0.0%)

2 息を

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 に引きかえした, の方

▼ 振り戻っ~ (2, 0.0%)

1 てもう一度, て来る

▼ 振り振り街~ (2, 0.0%)

1 を歩いた, を流れる

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 いた, きいそいそ

▼ 振り歩い~ (2, 0.0%)

1 て行, て行く

▼ 振り滌ぎて~ (2, 0.0%)

2 さ齧み

▼ 振り照らす~ (2, 0.0%)

1 懐中電燈の, 提灯や

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 が追う, の容太郎

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 を剥い, を鳴らし

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 をそろへ, を挙げし

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 の見える, を出せ

▼ 振り舞わす~ (2, 0.0%)

1 のだ, 事が

▼ 振り落されない~ (2, 0.0%)

1 だけが見, ように

▼ 振り蒔いた~ (2, 0.0%)

1 ように, 軽快な

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 を歩いた, を流れる

▼ 振り足ぶみ~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 振り身体~ (2, 0.0%)

1 を動かし, を揺す振り

▼ 振り通し~ (2, 0.0%)

1 ながらそれでも, にてありし

▼ 振り顧つて~ (2, 0.0%)

1 みても, 見ると

▼ 振り飛ばした~ (2, 0.0%)

1 から騒ぎ, わけで

▼ 振り飛ばす~ (2, 0.0%)

1 というの, は何

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 のやう, を乗りこなす

▼ 振り~ (2, 0.0%)

1 も聞えず, を両

▼1* [598件]

振りあおいだの, 振りあおいだ美濃守の, 振りあおぐように, 振りあくまで親切真実の, 振りあたかも自分の, 振りあつて, 振りあては持場, 振りあて活溌な活動, 振りあるものは, 振りあれが佐渡, 振りいいえと喉声, 振りいかにも上手みたいに, 振りいそいそと出掛け, 振りいとど恨めしげに, 振りうごかしながら, 振りうんと振りますと, 振りおかしく何かを, 振りおこしトロイア軍に攻めかかる, 振りおこし船造るべき大木, 振りおとした気で, 振りおもしろくをど, 振りおろすむちの, 振りお婆さんに見せ, 振りお菜の切り盛り, 振りかえってしみじみと見入る, 振りかえってじろじろと寿女, 振りかえってちらとトヨ公, 振りかえってもういちど呟いた, 振りかえってよく見たの, 振りかえらすには何, 振りかえらず一歩一歩地団駄踏む, 振りかえらせた時玄関の, 振りかえらないままいそがず, 振りかえられると口, 振りかえりしておまるちゃん, 振りかえりますぜ, 振りかえりよみがえらせようと努力, 振りかえり見定めるため近づい, 振りかえろうともしなかった, 振りかかる近さ, 振りかへって見ますと, 振りかへて戀の, 振りかまはぬ, 振りかも知れません, 振りからも想像された, 振りきまりきまりの初々しい, 振りぎりぎりと歯, 振りくらいで防空服装, 振りくらいの訪問であった, 振りくりながら歸つて來, 振りければさらば, 振りこう言ったもの, 振りこそ文化統制の, 振りこぼされないように, 振りこぼしてあつ, 振りこまかく喘ぎながら, 振りこれが天才左近倉平, 振りごこちや曲げ, 振りさえすれば, 振りさばいて叔母, 振りざま横へとんだ, 振りしかも確乎たる, 振りした自分の, 振りしだいてはひとつひとつそれ, 振りしてるのん, 振りしましたがその, 振りし始めたということ, 振りじゃあなんでも, 振りなよ, 振りそしてまた眼を, 振りそのままの文字, 振りそのものが他, 振りそれでようやく手, 振りそれほどいそぐこと, 振りそれ以上話を進めよう, 振りそッくりをこの, 振りただスタスタと雨, 振りたて制止につとめた, 振りだけでは, 振りだけが好い若いの, 振りだけを見て, 振りだつたのでそれ以上隆造, 振りだらうとか平気, 振りちぎったらば今日, 振りちぎりつつ進行, 振りちょっと受刑者と, 振りついで例の, 振りついに心を, 振りつくやうに, 振りても街に, 振りでございましてその, 振りとかいう大水が, 振りとかいふやうな, 振りとが直ちに届けられ, 振りとにかくここから, 振りとに対して余りに扮装, 振りとばかりに感違ひし, 振りとばされそうな, 振りとばして, 振りとも思われません, 振りどうやら教壇の, 振りながらも彼女は, 振りなすったその時カチリ, 振りなどがひどくじだらく, 振りなどと云うもの, 振りなどに就いても, 振りなどの始祖を, 振りなるたけお咲, 振りなれたラケットも, 振りなんぞはよすべ, 振りについては大尽舞い, 振りについてもこれを, 振りにつつあり, 振りにまで結びつけて, 振りによってもまた文楽以外, 振りに対し名誉を, 振りに対してどうにも我慢, 振りに対する鬱憤も, 振りぬいてるもんだ, 振りはずしてしまった, 振りはや他念の, 振りはよかつたし, 振りばかりでも, 振りふり耳に, 振りふりたて漆黒の, 振りふり怪訝そうに相手, 振りふり意識を失った, 振りふり早口になつ, 振りふると卓子, 振り目を, 振りほどけない女の, 振りまでが常の, 振りまともに彼, 振りまるで聴耳でも, 振りみずから興奮して, 振りみだした髪を, 振りむかれたのよ兄さん, 振りむき馬を進めなけれ, 振りもうたまらなくなった, 振りもかへらぬ一盛り, 振りもぎッて, 振りもぎられたために, 振りもぎりもならず, 振りもぎりたがって暴れ, 振りもぐように, 振りやあがつて, 振りやうが思ひ, 振りやうくらゐは, 振りやう肩の搖, 振りやがつて威張散らす, 振りゆすって言った, 振りゆすりあげると勇敢, 振りゆっくりゆっくり内心背中に, 振りゆるゆる袖を, 振りようを思い浮べ, 振りよう位は心得, 振りより推するに, 振りよりも喜助の, 振りをも継母は, 振りウイスキーをたて続け, 振りオーリャはまた, 振りガツガツと残飯, 振りコップの冷酒, 振りスカートをなびかせ, 振りチョコチョコと奥さん, 振りトニオ・クレエゲルをもと, 振りハッパだハッパ, 振りバット進呈のオマケ, 振りベロリと垂れ, 振りモッコの片棒, 振りロッテはもう, 振りは錫杖, 振り一匹の犬, 振り一方の峰, 振り一生怨み続けて, 振り一生怨み續けて居りました, 振り万葉もどきの調子, 振り三味線で囃し, 振り三度目に手, 振り三振り鉄杖でたたき伏せ, 振り又は口, 振り上がったのは, 振り上がり女の, 振り上ぐるわが刀, 振り上ぐるアイアース怪力こめて, 振り上ぐる槌までも暗かっ, 振り上ぐる顏を見れ, 振り上って堅い, 振り上ったままに, 振り上気せた葱, 振り下ろしながら四年前, 振り不気味に微笑み, 振りの耳, 振り乍ら人間でいえ, 振り乍ら塀の陰, 振り乍ら戻りはぢめ, 振り乍ら疾風の如く飛ん, 振り乍ら續けました, 振り乍ら葡萄のよう, 振り乍ら言ふの, 振りり, 振り二階へ上つて, 振り互に健康を, 振り五体を揉み, 振り五千尺を出発, 振り交わして長閑, 振り人形のやう, 振りまでの考え, 振り今戸の寮, 振り仮名付きで一冊三四百ぺージ, 振り仮名等にも覚束, 振り仰いた万太郎は, 振り位ひで小田原の家, 振りを練りつ, 振りの芸, 振り何と羨しいで, 振り何ものかを捉, 振り何んとも謂, 振り俄然人口に, 振り保存したこと, 振り假名が附け, 振り偶像振りには甚だ, 振り先頭に立っ, 振り八五郎が凄い, 振り六法を踏み, 振り六頭が六頭, 振り共に砂を, 振り具合腕の抜き具合, 振り内心この妹, 振り冠つた丹之丞, 振り冠つた左母次郎の刄, 振り冠つた曲者の刄, 振り冠つて近々と平次, 振り冠つて傍へ寄る, 振り冠つて萬屋に乘, 振りを振っ, 振りの荷物, 振り別けの荷物, 振りになり, 振り前代未聞と覚, 振り劍術と違つて, 振り劍術物の本の素讀, 振り力任せに自分, 振り加減によつて其, 振り動かしましたが麻酔剤, 振り化粧ぶり襟や着物, 振り十数人がかかっ, 振り千切って逃げ, 振り危くこの自由, 振り眼前の, 振り反らうとする, 振り口々に, 振り口沫を飛, 振り口笛を吹き, 振り台所を往, 振りと左, 振りふ, 振り合つてゐるので, 振り合図する, 振り同時に障子を, 振り名利の争奪振り, 振りひて, 振り向けもしない, 振りにもの云, 振りいた, 振り和法を踏み, 振りを顫, 振り喇叭ある人, 振り喜色を湛え, 振り囘つて見ると, 振り国旗は馬, 振り地団駄を踏んだ, 振りをなめ, 振り声援して, 振りなこと, 振り変って学校, 振り変らうとする, 振り計代が, 振り夢中で左手, 振り大きなおくびを, 振り大樹の枝, 振り大袈裟に肩, 振り大軍の中, 振り天人倶に許さざる, 振り太郎はピストル, 振り妻恋坂をくだり, 振り婆さんは私, 振り婦人の傍, 振り宜しくお妙, 振り宝蔵院衆が手, 振り呼びしてる, 振りの襖, 振りの構造, 振り家付の無能, 振り対手の言葉, 振り将棋みたいなこと, 振り導者らが原始的, 振り小声で詩吟, 振りを振り, 振り尾振り跳るらむ, 振り工合でそうして, 振りに振り, 振り左手へヨロヨロ小走り, 振り左足と左手, 振り帰って行く, 振り平次に従います, 振り廊下へで, 振り廻されぬ年の暮れかなだ, 振り廻されようとし, 振り廻しちや町方の恥, 振り廻しひとりも遁さじ, 振り廻しヒョロヒョロと接近, 振り廻し乍ら歩いて, 振り廻し乍ら目は雪, 振り廻し仔猫を尻尾, 振り廻し刑事と怪盗, 振り廻し叱咤した, 振り廻し多数の弥次馬, 振り廻し大声で喚きちらし, 振り廻し彼女の頸, 振り廻し振り廻しして, 振り廻し振り廻しひとりも遁さじ, 振り廻し海賊船若し近寄ら, 振り廻し猿のよう, 振り廻し痙攣はじめしその五体, 振り廻し給へ, 振り廻し菊塢は可, 振り廻はしやがつて, 振り廻わし方は読者, 振りをも鳴らす, 振り強く紀久子に, 振り当てだった, 振り彼女はセルゲイ, 振り彼等はすべて, 振りからつい, 振り後ろの敵, 振り後進を導く, 振りは極めて, 振り応援して, 振りに踊りだした, 振り悩ましげな, 振り戻している, 振り手代良助の身持, 振り手古奈もそれ, 振り手巾を振廻しつ, 振り手拍子を取り, 振り打振り三味線で囃し, 振り打振り歓び勇んで, 振り払つてやつぱり海の方, 振り払つて変な力, 振り払つて顔を顰めた, 振り投げやれば親しき, 振り抗げて再び, 振りきて, 振り拍手しながら, 振り指圖をし, 振り挙げた手の甲に, 振り振りかうわたしに, 振り振りすまして歩い, 振り振りただスタスタと雨, 振り振りますとそれ, 振り振りやって来る, 振り振りチョコチョコと奥さん, 振り振りモッコの片棒, 振り振り不気味に微笑み, 振り振り五千尺を出発, 振り振り危くこの自由, 振り振り呟くように, 振り振り唄うのであった, 振り振り坐るとまた, 振り振り夢中で左手, 振り振り大跨に, 振り振り奥に引きかえした, 振り振り妻恋坂をくだり, 振り振り婦人の傍, 振り振り子がでける, 振り振り客呼びしてる, 振り振り平次に従います, 振り振り廊下へで, 振り振り後からつい, 振り振り応援して, 振り振り急いでうち, 振り振り散歩すれば, 振り振り母を負っ, 振り振り玄関へ出, 振り振り登場すると, 振り振り笹を食っ, 振り振り舞台の上手, 振り振り見えはじめ猶太人, 振り振り返事に迷った, 振り振り進行して, 振り振り金網に立ちかかっ, 振り振り飛びはねるように, 振り振り駄駄っ子のよう, 振り振れば三頭五頭, 振りで口, 振り提灯と小, 振り揺振り台所を往, 振りの立て損, 振りがせ, 振り搾る腕力が, 振り政宗の処置ぶり, 振り散らした黒髪青白い, 振り散歩すれば, 振り敵陣めがけて, 振り方おなかの子, 振り時に何か, 振り暗い路を, 振りとも言わず, 振り曳いて行く, 振りのよう, 振り木魚を叩い, 振り未亡人は出, 振り果てはお綾, 振りを振っ, 振り椅子を離れ, 振り検死役人と騎馬与力, 振り構はず子分達を引き廻し, 振りをしごい, 振りまで眞, 振り歓び勇んで, 振り歡呼をあげ, 振り歩きつきに子供等, 振り歩く手薄な, 振りを剥い, 振りを負っ, 振り毎日早朝から深夜, 振りに叶, 振りを切っ, 振り江戸といふ時代, 振り泣きじゃくりはっきり聞きとれぬ, 振り注ぐ火箭が, 振り浮き足でクッ, 振り消すと云う, 振り準之助氏の方, 振り濡れ手拭を眼, 振り濺ぎなど致し, 振り無心につづける, 振り無言にお, 振りらざる, 振り照す夥しい提灯, 振り爺さんはしきりに, 振りを握っ, 振り物憂そうに, 振り犬猿雉の三匹, 振り玄関へ出, 振り環付螺釘につかまっ, 振り甘酢を用い, 振り生活振りに多大, 振り甲斐は矢, 振り甲高い声で, 振り登場すると, 振り的理論を作曲家たち, 振り目玉をぎょ, 振り目的地に向っ, 振り真紀子の帰っ, 振り眩しげに, 振り眼玉を動かし, 振り礼譲やさしい動作等, 振り私達にあの, 振りの葉, 振りの星, 振り立ち上つたがよろめき, 振り立つる事は耳, 振りに合せ, 振りを振り, 振り二の, 振りを食っ, 振り節回しが頗る, 振りの話, 振り粗暴狂態は募る, 振り紋太夫は進ん, 振りの額, 振り素直に応じた, 振り終に絶大の, 振り終日石を敲く, 振りひて, 振り編物をとり上げた, 振り縁儀を担ぎ, 振り置いてある, 振り翻しながら通っ, 振り考えています, 振りと口, 振りを叩き, 振り肥料を擔, 振りを聳やかし, 振りのポケット, 振りを震わし, 振りを拡げ, 振り自ら縄を切っ, 振り自ら運転した, 振り自ら陣太鼓を打ち鳴らし, 振り自動車に笑顏, 振り自身槍を揮い, 振りこし幸い, 振り舞わしたが多勢, 振り舞わし前で見, 振り舞台の上手, 振り艶かしく笑った顔, 振り芸何事かあらん, 振り若くて元気, 振り荒うござるぞ, 振り落させてしまった, 振り落さるるまでに靡く, 振り落されなかつたのである, 振り落される恐れが, 振り落しそれは夜店, 振り落したらしく一文の, 振り落し庭の茂, 振り落し聲高く笑, 振り落し自分のみ登天, 振り落し自軍の列, 振り落そうとしました, 振り蒔いておくれ, 振り蒔きますよ, 振り衣服食物の好み, 振り衣袋から封筒, 振りつた一刀は, 振り被って行かん, 振り被りながら難所, 振り見えはじめ猶太人, 振り言って僕, 振り諸戸は, 振りいで, 振り豪傑笑いだ, 振りつて来た, 振り走って来た, 振り足下にじっと, 振り足踏をし, 振り足踏みして, 振りるらむ, 振り跳ねをどれ, 振り踊りをし, 振りの音, 振り蹄鉄の跡, 振り躍り上がりつつ反復数回, 振り軍服図嚢勲章類はエフィゲニウス家, 振り軍歌を殆ど一人, 振り軽く振られたん, 振り返してみ, 振り返事に迷った, 振り退えると, 振り退けながら縄, 振り通りの要領, 振り進行して, 振り里見さんは持點, 振りと時間, 振り金網に立ちかかっ, 振りをかつい, 振り鉄杖でたたき伏せ, 振り鉄笛をふかせ, 振り銅拍子を鳴らす, 振り鎮撫しようと, 振りの順序, 振り長い眼で, 振り間抜けた顔, 振り関わず料理手に, 振り附いて行きます, 振り附けがあつ, 振り降した時分にな, 振り降ろす懲戒の, 振り陣十郎を追いかけた, 振り離されまいとのみ努力, 振り離さん程の, 振りがそれ自身, 振りを望ん, 振り青木の郎党, 振り面白い江戸の, 振り面白く歌つて, 振りを聞かせ, 振りの作り, 振りを覗かし, 振り顔色を変え, 振り顧つて微笑と共に信一郎, 振りより煽りかかる, 振り飛ばされた両人でも, 振り飛ばされないやうに, 振りまで親切真実, 振りを流し, 振りをすくめ, 振り香炉の香, 振り駄々をこね, 振り駄駄っ子のよう, 振り駆けて来た, 振り駈け足で, 振りを振上げた, 振りのよう, 振り魔法めいた文句, 振り魚屋だった, 振り鯨波の声を揚げ, 振り鰓洗いをやる, 振りが手, 振り鳴らし鐘を, 振りの群, 振りこき, 振り鼓師の武, 振り鼻息を立て, 振り龕燈を照らし