青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「振~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

指図~ 指導~ 指揮~ ~指摘 指摘~ ~挙げ 挙げ~ ~挨拶 挨拶~ ~振
振~
~振っ 振っ~ ~振った ~振り 振り~ ~捉 捉~ ~捜し 捜し~ 捜査~

「振~」 2400, 26ppm, 4499位

▼ 振~ (351, 14.6%)

114 して 14 した 10 見て 8 しながら 7 する 6 見せた 5 するの, 見せて 3 きかせて, したが, 上げて, 示して, 見ると, 見れば

2 [19件] お八重, かし田中, したり, しなければ, し乍ら, すると, するなり, する爺, なす, 取って, 喜んだり, 掉った, 掉って, 示した, 見せたり, 見せると, 見ては, 見て取つて, 見ようとして

1 [126件] お島, お見せなす, かしき鈴, かの女, きかせた頃, ことかかなかった, したと, したりと, しつ, しては, しながらも, しなくては, しや, し乍らそつ, し始めたが, し彼女, し行動, するから, すること, するつて, するも, するやう, する何しろ, する僞善, する劇, する心, する男, ぢつと, つけて, つける杉狂, なおしたり, なせり, はっきり心, はらりと手許, みせたが, みて, もう一ぺん, やって, 一々見, 上げたよ, 上げながら, 交えて, 交へ, 作って, 備え天下, 先頭に, 加れ, 叙するもの, 口にも, 右の, 変えたの, 如何にも評し得, 始めた, 始めるの, 弄りつつ, 彼の, 思ひ出して, 思へ, 憎んだの, 招んだ, 振る, 振ると, 掉る, 探し當, 描写した, 敬つて白す, 本式に, 渡世に, 溢るる, 発揮し, 発見した, 發揮し, 真似した, 真似ながら, 眺めたり, 眺め我, 眼を, 着て, 瞳に, 示す者, 箒白樺を, 紫の, 経験し, 繕う遑, 繰り返す様, 聞いた家康, 聞いて, 聞くと, 蔭で, 被て, 装おいながら, 見せ, 見せたが, 見せたけれども, 見せたの, 見せては, 見せないので, 見せない尤も, 見せなければ, 見せました, 見せましては, 見せます, 見せられて, 見せる, 見せるといふ, 見せるには, 見せるん, 見せる女, 見せれば, 見せ出した, 見た, 見もて行くうち, 見るべく, 見学する, 見返るお, 視て, 視察し, 観たいと, 言つた, 認めしが, 認めたる連中, 變へ, 賜ふ, 醜く真似, 附添は, 黙って

▼ 振つて~ (173, 7.2%)

33 ゐた 9 見せた 8 ゐたが 4 見た, 見て 3 ゐたの, 出て, 見せながら, 見たが 2 ゐた吉野, ゐました, 居た, 歩いた, 歩いて, 歩くの, 立ち縁側, 考へ, 見せたが

1 [85件] いらつし, おどけ抜いたこと, からそれ, からに後来花, する云, ついて行きました, なかつたら少し, は力, は独り, は籠, は肩, は蹂, は青菜, は顏, ばかりゐ, ばかりゐる, もとても, も出, も悔いない, も振, も追, も離れ, も雫, も鳴つ, も黄色い, やがる, やつて來, ゐたこと, ゐたので, ゐたら好から, ゐた支那人連, ゐた村会議員, ゐた露西亞人, ゐた頃, ゐましたが, ゐます, ゐませう, をりました, をります, 乗せたの, 出たやう, 別れた, 喚いた, 威張りし愚人, 居たさ, 居たの, 居ました, 居らん, 居ります, 帰る帰ると, 感じて, 打ち撥, 拒んだ, 持つて, 振飛ばした, 来たので, 歩き馬車屋, 混ぜて, 登らうと, 白々しい容子, 立ち上つた, 立つた, 立つて, 絡み付く癖, 繰り込んで, 行くの, 見せ, 見せたり, 見せて, 見せました, 見たいので, 見たいもの, 見たところ, 見たり, 見ても, 見ましたが, 見よう, 計つて, 説いて, 説く, 踊る真似, 近いた, 這入り込まうと, 降つて, 駈け出した

▼ 振~ (149, 6.2%)

4 ざるは, なして 3 ざるに, して, ない, ないこと, 少しも 2 ざるが, ざる原因, しむ, ないが, ないと, よし氣前, 二人が, 入口の, 剣を, 見せた事

1 [106件] おくびにも, これっぽ, ざるを, しないよう, しながら, しむべき機會, しむべしと, しむる爲め, しめ, しめまた, すれど, その室, そばに, それが, それまで, ちょっと立ちどまっ, ちょっと馬, ないで, ないの, ないらしく, ない一つ, ない中, ない半面, ない原因, ない場所, ない尋常代用小學校, ない覚悟, ない風采, なかつた, なかつたとも, なかつたもの, なくな, なくなつ, ぬ, ぬの, また言っ, まだ十分, み, みじんも, むとするの壮心を, ややこの, よし気前, よほど下がった, 中へ, 云う迄も, 五六頁, 仕切れないもの, 他人の, 何といふ, 何処かに, 助けた女, 口にも, 同じらしい, 唯人目, 堂々たるもの, 声を, 大声を, 女を, 好し応対, 好し浮気者, 好し程が, 宜しゅうございます, 家の, 容易に, 専門家から, 平生の, 後から, 後に, 忘れ葱, 急に, 晋の, 次の, 母を, 潔い, 無いの, 然ることだ, 益々猛烈, 目を, 直さず我儘, 相公, 眼ざましい, 眼を, 習いませぬぞよ, 考えついたこと, 腰に, 腰の, 舟を, 虫が, 見えなかったかい, 見えぬが, 見せず, 見せず却って, 見て, 論じない, 足取りは, 邪神が, 邪神に, 邪神の, 関わずただ, 音羽屋, 顔へも, 餘り, 首を, 馬から, 驚いた, 驚くべき勢い

▼ 振~ (139, 5.8%)

3 刀を, 短刀を 2 ありしか, くり返され, 上京で, 各自名ある, 好い人, 如何にも, 宜い, 怪しきは

1 [117件] ある女, いいひねた松, いい土地, いい方, いい河野さん, いかに恐ろしい, きく若, ことじゃ, ささめき, てれかくし, なかに, ひどくなった, むずかしき舞, よいの, よい大官, よい時, よい石付, ような, よさ, よろしさ, ワヤだつた, 一つでも, 一杯, 一浴であり, 上機嫌を, 上歌です, 下から, 事な, 二人の, 今日思掛ない, 代りと, 伴ふ, 俳句とも, 儘今は, 入浴, 再会話し, 出勤, 刀の, 刃に, 利く森本庄右衛門, 剣を, 匕首拔い, 半ばを, 友人などと, 可笑, 可笑しなと, 可笑ところ, 命寺院より, 図中には, 多い饒舌, 太刀を, 太刀二刀づゝを, 奇妙さ顔と, 好いの, 好い方, 好かった, 好という, 如きも, 宜いお, 客は, 室である, 家産を, 將棋の, 少いもの, 居所を, 底に, 彼の, 快晴僅か, 戟を, 戯ば, 戲ば, 扉である, 手は, 持主である, 斧と, 新年も, 方に, 方を, 日に, 日和で, 昔話それから, 松が, 松明柱松など, 武家式事ぞ, 気が, 氣に, 泡立てたの, 灯, 炉辺に, 片下, 田舎饅頭その, 白身を, 着るヘル地, 着物を, 短刀である, 紅い, 羽根飾を, 肴屋であった, 色を, 花, 薄刃の, 袂は, 袂を, 裏付の, 裡面には, 謂えらく, 身も, 道理ある, 邂逅であった, 金を, 金蔵という, 開いた柔, 闘剣を, 音を, 顔を, 高麗剣が, 鰻飯を

▼ 振~ (117, 4.9%)

3 目を 2 なる, 再會, 叔父に, 天気に, 於ても, 旧知の, 此盛岡には, 現して, 蕎麦を

1 [96件] あの碓氷川, あらわれて, うたれてもの, おちついて, お目, すっかり打解けた, すつと, どこやら, なって, のんびりした, ひどく牽きつけられたらし, ぽつりぽつりと, アルコールを, 一同も, 一杯やらう, 一緒に, 乗って, 会ったもの, 会つた所で, 似合はず腕の, 何か, 作品の, 俄分限の, 候, 傘屋を, 入浴憂欝と, 全く気, 其日記を, 其等の, 再会した, 出た, 出勤した, 初めて新調, 勧めて, 取つて, 変な, 大牢の, 姉妹四人が, 宗兵衛に, 家を, 小田原へ, 就いて, 就て, 己れ, 平七の, 御前で, 想を, 憂鬱を, 振り飛ばさんず勢, 接する心地, 換へて, 日光塗の, 旧い友達, 晴々しく笑いました, 校長の, 桜木の, 気がつき隣, 気を, 氣が, 汗が, 油斷ならず, 消えて, 湯に, 無頓, 父を, 異境へ, 直接関連し, 眺めた時, 私も, 私達を, 美音会に, 而かも, 腑に, 艪を, 苦味生さんに, 茶入に, 見えそう, 見えた, 見えたので, 見た, 見とれて, 論語を, 賭けて, 身体を, 近日開かれる, 逢えると, 逢った弟, 逢つたに, 逢つた弟を, 逢へる, 郷里の, 金起の, 陰暦の, 顔を, 髪結床の, 鳴くも

▼ 振向き~ (109, 4.5%)

34 もしない 22 もせず 13 もしなかった 7 ながら 3 もしなかつた 2 ながら彼女

1 [28件] あと, かけるやう, しながら, たるわが, たる若衆, たる面構, たれば, ながらそう, ながらもそのまま, ながら一刀浴, ながら尿, ながら手綱, ながら時々, ながら義経, はしなかった, もしません, もしませんでした, もせず急ぐ, もせず答える, もせで行過ぎん, もせぬ, もせん, もできなかった, 呻くよう, 思はずほつと, 思わずほっと肩, 振向き, 見れば

▼ 振~ (96, 4.0%)

14 なかった 6 ないの 3 ない 2 ざりしが, ざるを, して, ないこと, ないという, なくなった, なければ

1 [59件] う, されること, ざりき, ざりしに, ざりしは, ざりし同志社, ざるが, ざるべき, ざるを以て, ざる事においては, ざる今日に, しめた, すべきでは, ず, ずおまけ, ずその, ずため, ずとうとう, ずほとんど, ずジュリア, ず一部少数ファン, ず不純, ず勢, ず沢田君あたり, ず片っぱし, ず項羽, ず魏軍, せた, せたこと, せたであろう, せたとも, せたの, せたもの, せた五代, せるよう, せる大, ないで, ないと, ないので, ないばかりに, ないらしかった, ない一因, ない位地, ない原因, ない紺, ない金沢, ない風采, なくって, なくなったある, なくなったからと, なくなったの, ぬながらに, ぬに, ぬの, ぬよう, ぬパーヴェル・パーヴロヴィチ, ぬ句, ぬ店, ぬ領民

▼ 振~ (85, 3.5%)

2 ある, 人の, 案外親切

1 [79件] あたりま, あつたり, いいから, いいほど, いかにもいい, こう言った, これまで, ごっちゃに, ごつちや, そのまんなかどころ, ちと穏, つ, つくと, どうこうと, どうも自分, どうやら小説家, なにを, まだる, よっぽどおかしい, 下がらあ, 中國, 亭主の, 何か, 余り物々しく, 優れて, 単純な, 可怪しく, 合つて乳の, 垢抜けして, 変らないといふ, 夜旅を, 好う御座います, 如何に, 定めて, 宜い, 宜いもんだ, 宜いよ, 宜くっ, 宜くなる, 宜しいから, 宜しくお, 引いて, 怪しいので, 悪いで, 悪いもん, 悪いよ, 手に, 拙なくなった, 暫く鶏, 書付と, 有ろうから, 母親には, 気に入っちまった鰈, 気に入らず殆ど, 決してあるべき, 流れて, 渡世で, 現われたけれども, 癪に, 立派な, 紅い, 細君の, 腑に, 自然に, 良くなる, 見えて, 見えますが, 見たいか, 見たくば, 設備の, 読者の, 變です, 違つて見えた, 開いて, 陰気な, 雲泥の, 面白くない, 飜って, 餘り

▼ 振~ (74, 3.1%)

13 って 11 ると 7 ってみる 4 った 3 きも 2 ったが, つたが, りました, る

1 [28件] いた, くと, ったりなど, った一人, った日本左衛門, った男, った編笠, った覆面, っていた, っている, ってお, ってつぶやく, ってまた, って事, って光悦, って尺, って恟々, って次郎, って清麿, って破れ廂, りながら, りましたが, ります, るか, るので, る姿, る往来, れば

▼ 振~ (60, 2.5%)

2 ないの, なく静, 信吾の

1 [54件] あがったじゃ, あった, ある, あれより, うろたえた様子, おぼえたという, ぎつて逃げ, しつとり, して, しどろに, ずんと宜しい, どうも違います, ないこと, なかった, やはりあの, よし人柄, よれよれに, ハキハキした, 亂れ, 二三人いる, 今の, 伊東伴作の, 使わねば, 同様に, 好く小綺麗, 好けれども, 好し何処, 徳田さん独特だ, 忘れはて, 日日眼の, 木の葉も, 気取られたくないと, 為難い, 爲難い, 確定した, 紅白脛, 紹介する, 見えずこの, 見えたくらい, 見えなかった, 見えぬの, 見ずまた, 見せずに, 見せないで, 見せないよう, 見せない癖, 見せませぬ, 見せようとは, 見られ, 見るん, 試して, 通りがかりに, 関はず腕捲りし, 鮮かに

▼ 振~ (38, 1.6%)

4 あつた 3 来たといふ 2 ゆっくり話そう, 突然村

1 [27件] あちらから, いった, いやすけれども, お前に, こう答えた, ここへ, こちらへ, さっさと引込もう, それを, ついと立った, 一杯の, 二十枚ほど, 僕も, 初めて邂逅, 叫ぶの, 君に, 宗像君にも, 帰って, 日本女性の, 明るい町, 書くもの, 来たから, 示す, 米の, 足立の, 遇う友, 遊んで

▼ 振~ (38, 1.6%)

2 し行政機構, するの, の代り, を買っ

1 [30件] が一つ, しなければ, しようと, し且つ, し更新, するが, すること, すると, するとは, するに, するを, する亦, ということ, となっ, とはかかる, なるもの, に非, のため, の一事, の即ち, の形, の相手, の言責, は真, は粛軍, や吏道, よりも先づ党, を, をわすれなかった, を断行

▼ 振~ (37, 1.5%)

5 にし 2 の中, の荷物, を持っ

1 [26件] からとり出した, たる後毛の, と笠, と菅笠, に背負つて, の下, の小包, の小荷物, の真田紐, の荷, の髪, はあらためんで, は大阪, へ入れ, まで自分, も置い, をそこ, をほどき, をもぎ取っ, を下ろし, を投げだし, を渡された, を渡したくない, を解い, を預かっ, 髮を

▼ 振~ (22, 0.9%)

1 [22件] がつく, が附いた, つかざりしと, である, などに就い, については随分, には困つた, に蠱惑, の工夫, の相談, の着き, もだ, も考え, をつけ, をつけよう, をでも, を付けなけれ, を依頼, を定めん, を相談, を考える, を變

▼ 振かへ~ (19, 0.8%)

3 つて見た, つて録之 2 つた, つて美登利さん呼んだ 1 つたと, つた事が, つて, つてまともに, つてみた, つて一寸に, つて慌て, つて訊いた, つて遠ざかつ

▼ 振~ (18, 0.8%)

2 言葉使ひ

1 [16件] 何かから, 何かで, 何かは, 口真似が, 叫び声にも, 声色まで, 手真似で, 文句は, 梅雨の, 癖や, 習癖まで, 行為には, 言に, 言葉, 言葉遣いなど, 顔形を

▼ 振~ (18, 0.8%)

2 に話した

1 [16件] がはいっ, が同, が秦, だったらしい, と女中, と数語, と案内者, に話しかけた, の心理, の手, は二人, は思い浮べた, は私, は霊界, もそば, を連れ

▼ 振~ (17, 0.7%)

4

1 [13件] たきり, たばかり当り触り, ちまった阿呆, ている, てみせん, て振, て振っ, て振りまわし, て来る, て見, て見せる, て見た, 払って

▼ 振から~ (16, 0.7%)

2 友達には, 察すると

1 [12件] でありました, ほんとの, 一人で, 仕上げて, 先生の, 推して, 昔より, 昔よりは, 能く, 言っても, 赤ん坊の, 附会した

▼ 振~ (16, 0.7%)

1 [16件] あった, いい気立と, いい言い様, いうと, いったらトテモ非道, いふの, よう似, パセリの, 云い今, 云い葉, 同じからず, 女が, 書いて, 気脈を, 言つて東京で, 連係し

▼ 振~ (16, 0.7%)

3 ひて, んとも 2 ふとも 1 いた事も, かっしゃりました, きたるまま, て件, とそれ, ば柳の, もせず, もせな

▼ 振~ (14, 0.6%)

3 へられて, へると 2 へりて, へり見る人たち 1 と腹は, へりては, 嘲弄する, 実際それとも

▼ 振~ (14, 0.6%)

2 の命

1 [12件] が, だの, であるが, にあざむかれ, によって殺され, に殺された, に殺されてる, に殺される, の命權, は国史上, は忍熊王, をつかわし

▼ 振~ (14, 0.6%)

5 の下 1 にも期待, に刺さっ, に挾ん, に攀じ登っ, に瓦斯管, に触れた, の真下, を引かさなけれ, を引く

▼ 振時計~ (12, 0.5%)

2 に近 1 がちょうど, であります, ではこういう, の方, の針, はピストル, をどんな, を巧み, を検, を見つめました

▼ 振~ (11, 0.5%)

1 [11件] なくなり資本論, ばいくらでも, ば一度に, ば中へ, ば天下, ば新聞記者, もしますまい, 云々, 付きたいは, 付きたくなると, 付きたくなるほど

▼ 振にて~ (11, 0.5%)

1 [11件] 君が, 御伺申, 心安く眠, 松莚子に, 築地の, 綛の, 耳に, 菊五郎に, 診察に, 鎧橋病院に, 鬢に

▼ 振にも~ (10, 0.4%)

1 お見せ, 何となく見覚え, 出さない心根, 別に平生, 姿にも, 構えなくなりました, 見せなかつたけれども, 見せなかつた叔父, 見せなかつた物, 関は

▼ 振~ (10, 0.4%)

2 の代り 1 するが, するに, する亦, に非, の一事, の言責, は眞, よりも先づ黨

▼ 振かで~ (9, 0.4%)

1 こう云う, のびのびと, 叔父の, 妻の, 思いがけなく大島先生, 恁云ふ, 昼から, 生家の, 輝子夫婦が

▼ 振~ (9, 0.4%)

2 の氷結 1 が一方, が内壁, が反対側, と内壁, を叩きつけた, を手, を挾ん

▼ 振~ (8, 0.3%)

3 ふぐ男あれお前さんは 1 きたれば, ぐる, ぐる槌に, ぐる鍬の, ぐる鎚に

▼ 振には~ (8, 0.3%)

1 これと, どう間違った, 何か, 何の, 出さなかつた, 実に気, 少しも, 見向きも

▼ 振~ (8, 0.3%)

1 がどう, で, にも不浄, に引比候而, に遣る, ひは, も考へね, を得

▼ 振つたの~ (7, 0.3%)

1 だ, だが, だつたの, と同じく, は矢張模範, も甚だ, を私

▼ 振医学士~ (7, 0.3%)

1 がブルブル, が又, だ, にぶつかっ, の方, の顔, はそんな

▼ 振~ (7, 0.3%)

2 ひて 1 つた, はう, はれやう, ひ体, ふを

▼ 振熊命~ (7, 0.3%)

1 という強い, はしまいに, はそれ, はとうとう, は何, は勝, は見る見る

▼ 振かえって~ (6, 0.3%)

1 そこを, 云った, 田から, 聞きただすの, 見た, 見ると

▼ 振つた~ (6, 0.3%)

1 その姿, だけで, なりで黙, 呟きを, 沈んだ音声, 重々しい様子

▼ 振~ (6, 0.3%)

4 ッて 1 つて青年を, 側足受利四管頓情消失奴若

▼ 振~ (6, 0.3%)

2 の侍女 1 が伊達忠宗, が将軍秀忠, が養, は実は

▼ 振廻し~ (6, 0.3%)

1 たがる悪習, に出, やたらに, 居りしと, 振上げられる逞しい, 泣かんばかりに

▼ 振廻わし~ (6, 0.3%)

1 たもん, てそう, てみ, て人間, て大下, て来た

▼ 振~ (5, 0.2%)

1 急に, 泥の, 行くところ, 見たが, 見て

▼ 振ふと~ (5, 0.2%)

1 その太, な何, も, 見ゆる香川雪枝, 面を

▼ 振わし~ (5, 0.2%)

1 つつ, て泣, て言います, て雨, ながら侍

▼ 振~ (5, 0.2%)

1 て, て考へた, て見せた, て見る, て阿

▼ 振~ (5, 0.2%)

1 ったなり, った時, って一打, って切ろう, って切掛ける

▼ 振向こう~ (5, 0.2%)

3 とする 1 とした, ともせんで

▼ 振声色~ (5, 0.2%)

1 と矢崎嵯峨の屋, をつかい, を交え, を使う, を使った

▼ 振~ (5, 0.2%)

1 はれやう, ふ, ふ羽織, へば, へば半面

▼ 振~ (5, 0.2%)

1 がその, が反乱, といふもの, は又, までの代

▼ 振~ (5, 0.2%)

2 の落口 1 の河原, へ下り, を遡っ

▼ 振~ (4, 0.2%)

1 にし, につけ, に若かず, に適した

▼ 振ばかり~ (4, 0.2%)

2 でも 1 では, なので

▼ 振假名~ (4, 0.2%)

3 を附け 1 を書い

▼ 振学士~ (4, 0.2%)

1 の横面, の顔色, は大切, をナグリ

▼ 振~ (4, 0.2%)

2 して 1 しながら, す提灯

▼ 振~ (4, 0.2%)

2 と茉莉花 1 の内部, もす

▼ 振~ (4, 0.2%)

1 のある, の上, をよし, を振鳴し

▼ 振うに~ (3, 0.1%)

1 は及び, は持っ, も千々

▼ 振おうと~ (3, 0.1%)

1 したり, して, する姿

▼ 振さえ~ (3, 0.1%)

1 ありません, 示した, 見せた事

▼ 振つけ~ (3, 0.1%)

1 と御, なの, をし

▼ 振つた口~ (3, 0.1%)

2 をきいた 1 ばかり利い

▼ 振つて云~ (3, 0.1%)

2 ひました 1 つた

▼ 振つて火の玉~ (3, 0.1%)

1 のやう, の様, の樣

▼ 振でも~ (3, 0.1%)

1 あったが, しようもの, 見せるよう

▼ 振といふ~ (3, 0.1%)

2 事も 1 一項を

▼ 振とは~ (3, 0.1%)

1 大剣, 懸け離れて, 打つて

▼ 振~ (3, 0.1%)

1 しかも一種, 慾望の, 様子を

▼ 振など~ (3, 0.1%)

1 して, 微塵も, 見せると

▼ 振はず~ (3, 0.1%)

1 といふ點, ともわれわれ, にはゐない

▼ 振はん~ (3, 0.1%)

1 として羽, とする, とはかれり

▼ 振~ (3, 0.1%)

1 はされ, はすから, ふを

▼ 振よき~ (3, 0.1%)

1 お妾さん, 柳の, 栂の

▼ 振わせ~ (3, 0.1%)

1 てジリジリ, て立ち上りざま, なかった

▼ 振わん~ (3, 0.1%)

1 とした, として振い得ない, とする

▼ 振上げ~ (3, 0.1%)

1 かけては, なすったから, 襲いかかって

▼ 振力ちやん~ (3, 0.1%)

3 と違つて私

▼ 振向きざま~ (3, 0.1%)

1 といふ形容, ふた声三声, 撲ったり

▼ 振~ (3, 0.1%)

2 の直 1 は當時

▼ 振~ (3, 0.1%)

1 な頭巾, に入れ, 眞似

▼ 振手真似~ (3, 0.1%)

1 が悉く, を加, を加え

▼ 振玉氏~ (3, 0.1%)

1 がその, が買, の序文

▼ 振~ (3, 0.1%)

1 がけたたましく, が響く, を吹い

▼ 振菊蔵~ (3, 0.1%)

1 という医学士, の方, を見よ

▼ 振附師~ (3, 0.1%)

1 だって素直, の名家, の花柳寿輔

▼ 振ある~ (2, 0.1%)

1 よし婢女ども気味わる, よし婢女ども氣味

▼ 振いし~ (2, 0.1%)

1 て恐怖, て麹屋

▼ 振こそ~ (2, 0.1%)

1 作れと, 踏めますが

▼ 振さけ~ (2, 0.1%)

2 見れば

▼ 振さん~ (2, 0.1%)

1 からの婚約, の親御さん

▼ 振じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないじゃ

▼ 振その~ (2, 0.1%)

1 眼付如来を, 莞爾と

▼ 振だから~ (2, 0.1%)

1 半治, 鰻飯を

▼ 振つたやうだつ~ (2, 0.1%)

2

▼ 振つて先生~ (2, 0.1%)

1 のうち, の家

▼ 振つて囲~ (2, 0.1%)

2 を衝い

▼ 振つて大股~ (2, 0.1%)

2 に室

▼ 振つて女~ (2, 0.1%)

1 は見せた, を軽蔑

▼ 振つて水~ (2, 0.1%)

1 の上, を清め

▼ 振つて筆立~ (2, 0.1%)

1 に, に挿し

▼ 振つて言~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 振での~ (2, 0.1%)

1 人に, 夕食を

▼ 振という~ (2, 0.1%)

1 特別の, 者です

▼ 振ながら~ (2, 0.1%)

1 煉瓦塀に, 遠い空

▼ 振などは~ (2, 0.1%)

1 容赦なく斬られ殺され, 滅多に

▼ 振などを~ (2, 0.1%)

1 見ると, 話された

▼ 振にが~ (2, 0.1%)

2 みありて

▼ 振ふところ~ (2, 0.1%)

1 の雄弁, はこの

▼ 振へども~ (2, 0.1%)

2 甲斐なし

▼ 振へば~ (2, 0.1%)

1 桜花, 蟋蟀イタリアこほろぎ甲翅虫など

▼ 振までが~ (2, 0.1%)

1 どうでも, へんに

▼ 振わけ髮~ (2, 0.1%)

1 のおさな, のかみならね

▼ 振わずし~ (2, 0.1%)

1 てほとんど, て一両年間輸出入

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 向ケナイカラ顔ハ, 返ラナイ

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 して, し跣足

▼ 振先生~ (2, 0.1%)

1 だってそう, 思わず自分

▼ 振剣術~ (2, 0.1%)

1 の道場, や雑剣客

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 振で, 振で教

▼ 振囘つた聽衆~ (2, 0.1%)

1 との間, を睨み

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 った曖昧, る

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 だと, の時

▼ 振~ (2, 0.1%)

2 はし

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 されて, と弛緩

▼ 振手拍子ひとつ~ (2, 0.1%)

1 も変る, も變

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 かれた, くの

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 し國, の帰途

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 に花簪, を

▼ 振~ (2, 0.1%)

2 を胸

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 が到着, は頑強

▼ 振狂言~ (2, 0.1%)

1 で帝国主義, をやっ

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 のむかし, のむかし大山つみ

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 にて示す, を殿下

▼ 振粛行政統一~ (2, 0.1%)

1 の実, を以て自ら標榜

▼ 振肅行政統一~ (2, 0.1%)

1 の實, を以て自ら標榜

▼ 振華氏~ (2, 0.1%)

1 その長, に贈る

▼ 振落し僕~ (2, 0.1%)

2 を拒み

▼ 振~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 取を, 振面白く

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 君は, 隊の

▼ 振~ (2, 0.1%)

1 の問題, の海浜乱舞

▼ 振面白く~ (2, 0.1%)

1 さし伸べ, 歌つて廻る

▼ 振顧つて~ (2, 0.1%)

1 もモウ社, 眺めた双子山

▼ 振顧ら~ (2, 0.1%)

1 すとも, せて

▼ 振鷺亭~ (2, 0.1%)

1 が意妓, などという人

▼1* [310件]

あらはるれ, 振あれほどまでにし, 振の出る, 振いたいおもいに燃, 振うその数珠, 振うた宦官の朴, 振うた後の整頓, 振うた所と一致, 振うた所以であります, 振うときどうしてその, 振見限り, 振かかるのを, 振かくしてあるん, 振かな切通しを, 振かにおかん, 振かを出して, 振ぐらい試したとて, 振こんなお正月を, 振じゃが大層髭, 振だけでも話は, 振だしへもどっ, 振やの, 振つたこれが自然, 振つたそうです, 振つた仮装行列や道化, 振つた何うして, 振つた意味からANTICIPATIO, 振つた所は微塵, 振つた東に向, 振つた烏丸種族の酋長, 振つた顔があつ, 振つた馬はすぐ, 振つた鬱屈の種, 振つてみちみちの夏草, 振つてむづかしい読書に打込ん, 振つてハズミの敗北, 振つて一時に笑, 振つて万歳万歳と言, 振つて了ふの, 振つて事件には關係, 振つて二人の女達, 振つて人を笑, 振つて仰天し遍く, 振つて來る人, 振つて偖て又, 振つて催促したもの, 振つて兩眼の手, 振つて其処に居る, 振つて出発した, 振つて別を惜む事, 振つて包みに顔, 振つて反対した, 振つて叙述の労, 振つて合図をする, 振つて合圖をした, 振つて呪禁つて下すつて, 振つて命知らずの奮闘, 振つて喝采した, 振つて地面を一打ち, 振つて大海が横行, 振つて婆さんの傍, 振つて山をこちら, 振つて左右からお, 振つて幻を消さん, 振つて庭先へ廻つて, 振つて延板を作り, 振つて応へた, 振つて押込んだん, 振つて挙礼した, 振つて支那に入, 振つて斫り倒して, 振つて斯んなこと, 振つて日比谷のはう, 振つて曰ふ否, 振つて會へた, 振つて歌唄へば, 振つて歓呼の叫び, 振つて此方を一顧, 振つて歩るく, 振つて江戸中を歩ける, 振つて注意し, 振つて牙を咬ん, 振つて狐を遠く, 振つて甲板を歩み出した, 振つて町を通つて, 振つて畝路から畷, 振つて登校した, 振つて白痴の子, 振つて相図をする, 振つて相手に為ぬ, 振つて眉を寄せ, 振つて眼を据, 振つて笑つてゐた, 振つて答へない, 振つて籾を打ち始めた, 振つて脚で大股, 振つて自分の脇, 振つて舌を鳴らし, 振つて莚へぢ, 振つて藤枝を黙らせよう, 振つて行つた, 振つて訥々と当時, 振つて試る, 振つて諾かなかつた, 振つて警官と一緒, 振つて豪傑笑ひを, 振つて貰つたり, 振つて踊つてやるぢ, 振つて逆説を述べたい, 振つて通り拔け夏, 振つて道を行く, 振つて道路を行く, 振つて重吉を制し, 振つて震雷の如し, 振つて龍夫のゲートル, 振でかう云つて居た, 振とかだ勿體, 振とのために, 振ともいうべきもの, 振とを添ふる, 振と共にすたらないで, 振どこの御, 振なぞは見せ, 振などに就いてまで, 振なり容子なり, 振なんかして, 振なんぞ為ねえで, 振については我々と, 振にてずつと膝を, 振にての旅行大阪在住の, 振にても分りたるが, 振によりてわが爲, 振によりましてはその生命, 振に対して一点の, 振のみやびの, 振はいつまでも, 振はず勢を得た, 振はず安永末年朱楽菅江唐衣橘洲四方赤良ら青年狂歌師の輩出, 振はず殆んど, 振はず生駒馬脚をあら, 振はず衰へず, 振ひたいおも, 振ふうなんて, 振ふた時代で, 振納った, 振ほどで彼と, 振ほんとうに久ぶり, 振または綱渡り籠抜け, 振までするこたア, 振までも思い出された, 振よい別れ方だつた, 振よく泡立たせて, 振よりは腕つ, 振わねえから, 振わねばならないそれ, 振われ始めたの, 振をば幽かに, 振をもってある者, 振キク蔵君にブツカル訳, 振ダンスをやる, 振ッテ犬舎ノ方, 振ト云ヒ古事記ニ手を振り, 振ニ眩暈ヲ覚ユ, 振ニ葉山デ泳イデ来タト云ウ, 振とある, 振リカケ扇風機ヲカケテクレルガ決シテ前ヘハ廻ラナイ, 振リデ許ス積リデハナインデショウカドウモアタシハ浄吉ツァンハ浄吉ツァンデ颯チャン以外ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 振リヲシタンデハ斯ク, 振リヲシテイタノニコノ古狸ニ突如素ッ, 振リヲシテ便所ニ入リ, 振リ切ラレモ出来ヌカラ向ウノ云ウ通リニシタラ, 振リ廻シナガラ這入ッテ, 振見セテイタ, 振ヲ晒シテ當選ヲ爭フ制度ハ, 振振左, 振三振不圖平, 振ぐれば, 振上ぐ調子を帯び, 振上げざま向うの硝子店, 振上げ打おろす鍬, 振上げ相になつ, 振上し鉈には鉄, 振盆用心棒の, 振字は, 振仮りにも色, 振うしなすった, 振余り早いと, 振八五郎はイカサマ, 振其一部の形式, 振分人形箱などあたふた, 振しかつた, 振医学士閣下は吾輩, 振即ち七斤ほどを, 振去ることが, 振口上をうつす, 振只者に非, 振向きこれでお, 振向きさっきからそこ, 振向きざまひょうっと鉄箭, 振向きざま中腰に二三歩, 振向きざま馬上から鉄, 振向きしなに人力車夫, 振向きそれを八一ねえさん, 振向きむつつり口を噤ん, 振向き下婢に何, 振向き僕を見つけ, 振向き加多を見る, 振向き吃驚した様子, 振向き女房が, 振向き手に持った, 振向き樣に, 振向き状にぶつ, 振向き自動車の背, 振向き身体をかがめ, 振向き闇にまぎれ, 振に転居, 振坊主の次郎庵, 振垂げてヨタヨタもの, 振声色交りに, 振売商人の暴利, 振多き団欒の, 振天府に入れ, 振に讓ら, 振の肩, 振威将軍に封じ, 振婆さんが私, 振は兆新, 振などは順治, 振山虹ノ松原松浦潟の風光, 振の説話, 振の小手, 振巻絹一つ鎧一領頸結うたる俵一つ, 振廻し二人を叩き倒す, 振廻し我此劍で永く, 振廻つて見ると, 振廻り斧でその, 振廻わしちゃ不可んよ, 振廻シサエスレバドコカラカ開化ガ参リマスソウデ私モマケズニ言文一致デコノ手紙ヲシタタメテ差上ゲマス, 振のカニウレ, 振もあらかた, 振が手ぐすね, 振彼らのくだらない, 振徳堂の総裁, 振態度を描き得るなり, 振戻りの頬被り, 振所作のお, 振返しの, 振打ちの詰まった, 振打水にも褄, 振払ッてついと, 振っちて, 振る態度, 振で櫓, 振て置く, 振方位考へて, 振旦等はシニスタン, 振早くも乾雲, 振時々ものいいの, 振杉田が一, 振ではない, 振のある, 振に掛け, 振武閣というもの, 振武閣建築の寄附金, 振比礼と浪切比礼, 振沢山に手, 振とも字, 振温順と貞節, 振渾心の, 振ほしく足並亂, 振も洗っ, 振玉虫色の紅, 振申分なく才, 振けば, 振程を過ぎ, 振神等を神問, 振がかなり, 振粛星除名論を唱, 振粛秩序保持の美辞, 振粛非常時的認識の奨励, 振細かく砕いて, 振綱以外にない, 振せる異形, 振肅星除名論を唱, 振肅秩序保持の美辭, 振に落ちん, 振菊佐衛門は貴族院議員, 振落し後悔の尾, 振落し葉子にちらりと, 振見事であった, 振訝しい限りと, 振からぬ, 振に入れ, 振足振りおかしく何, 振の様, 振連中であった, 振酒器なの, 振野里鋳物の種々, 振鎗五百筋矢一千本ずつを作り, 振と一緒, 振長き京の, 振除けたいにも力, 振の遠山, 振して, 振顧つてモウ社が見えない, 振顧つて上つて來たあと, 振風体までが担がれる, 振風態までが担がれる, 振打って, 振鰭山