青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「指揮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

持主~ ~指 指~ ~指し 指し~ ~指す 指す~ 指先~ 指図~ 指導~
指揮~
~指摘 指摘~ ~挙げ 挙げ~ ~挨拶 挨拶~ ~振 振~ ~振っ 振っ~

「指揮~」 1655, 18ppm, 6393位

▼ 指揮~ (209, 12.6%)

31 ていた 29 ている 4 てその, てゐた, て入れた 3 て, て居る, て行く 2 たりした, てこれ, てゐる, て朝, て襲

1 [118件] いまや屋, その労働, その夜二更, たりする, たり俳優, たり賀茂子爵, たる者, つつあった, つつ暴れ, ていたらしい, ています, ているあり, ているらしい, てお, ております, てから自分, てくだん, てこしらえた, てこの, てしきりに, てそれぞれ, てみたい, ても夕べ, てやっと, てゆく, てティボー, てパンゼラ, てビクター, てベルリン・フィルハーモニック管弦団, てレコード, て一同榛, て一軒店, て万端, て三日, て上陸, て下さい, て入れ, て十五分間, て吾等兩人, て品行, て地主高利貸警察署, て堤防, て大, て太田, て夫妻, て始め, て家具書筐, て家康, て居た, て屏風岩, て峠, て彼女, て後方, て忙, て憚ら, て戦線, て手早く, て操練, て攻撃, て数時間豪雨, て整理, て數時間豪雨, て早くから, て早速, て明智先生, て是, て未明, て東北地方, て枯木枯枝, て根絶やし, て母, て消し止め, て消火, て潜入, て焼けた, て百姓, て知辺, て競走, て船内, て街頭, て見たい, て見る, て踏みやぶる, て農業, て重要書類, て雨中, て頗る, て麓, て黒門口, ながらも時々, ながら公衆, ながら騒ぎ立てる, に音楽会場, また歌った, みずから戦い金雁橋を, よく戦った, カルメン夫人は, ヒルは, マニラトワイン南京麻等の, レーマン, 一八一五年には, 一八九一年には, 事業を, 全く狼狽, 古典の, 山上の, 左の, 弁護士を, 成就した, 手に, 整理する, 斉の, 最後の, 楽員の, 演奏し, 父を, 独唱の, 職人たちに

▼ 指揮~ (176, 10.6%)

22 して 12 とって 5 した, とった 4 する, とること 3 うけて, とる, 仰ぐの, 待つ 2 つづけて, 仰いだ, 仰がねば, 可被受, 執って

1 [102件] あやぶんで, あやまる, うけずに, うけよと, おくだしくださいまし, おねがいいたします, お前たちに, かえた, かえたが, かたく待て, くだして, くだすまで, くだす光身, さずけてから, さずけ終るや, したあの, したり, したコロンヌ, した者, してやる, しながら, しました, すまい, するだけでも, するつもり, するという, するの, その人, つ, つかさどって, とったの, とってでも, とってるブロシュ伯爵, とらし, とらせたの, とられて, とりながら, とるデニー, とる一等運転士, とる佐伯船長以下二十三名, とれ, とれば, なされた御, なすに, はじめた, やらして, わたしに, カンパニーニに, 一任せられた, 下したが, 中隊長に, 事務長に, 仰いだ上, 仰いだ方, 仰いだ結果, 仰ぎに, 仰ぐ, 仰ぐこと, 仰ぐに, 仰ぐのほか, 仰ぐを, 仰ぐ爲め, 仰ごうとして, 仰せつかつ, 任じて, 信じて, 出したが, 取って, 取るよう, 受けたこと, 受けての, 受けなければ, 受けましょう, 受けられるよう, 執ってるという, 執り別所山, 執る, 委すと, 孝男氏に, 完うし観客の, 引受けて, 待ちかまえて, 待つたの, 待つ暇, 忘れた, 或る, 挙げるだろう, 振るッ, 採ろう, 求めるよう, 決意した, 爲せ, 理学士は, 発して, 発し全, 発し自身, 耳に, 見なかった, 重んずること王, 需められた, 願うのに, 鮮やかに

▼ 指揮~ (175, 10.6%)

5 のよう 4 となり 3 の地位 2 がない, であった, とする, となれり, なの, になっ, になりたい, のやう

1 [147件] から上野, があった, があらゆる, がいない, がその, がひ, が使う, が参加, が台, が呶, が急所急所, が戦闘準備, が手, が指揮棒, が握っ, が検閲, が稽古, が競っ, が総て, が要る, が調べ, たること, たるその, だから, だけがいつ, だけが残っ, だったん, で, であった村松検事, でありまた, でありクラリネット, であり演劇教師, であるとともに, であると共に, であるのみ, であるらしかった, であるクーパー事務長, である事務長クーパー, である手前, ですか, ではなかっ, でもある, で当時シカゴ, というもの, としてこの, としての五年間, としては何, としては羽柴筑前, としてイボル, としてフランケッティ, として令名, として名高し, として祖国ドイツ, として船, とすべて, となした, となっ, となった, となつて, となる, とみえる, と楽手二名, なきオーケストラ, なくして, なしには, なるゲオルク・シューマン, なるハンス, になった, になつて, になる, になれない, によって始めて, によって指揮, によって操られる, に任, に任命, に対する信じられない, に導かれる, に歌, に訊ねる, に選び, に音楽理論, の, のため, のふりかざした, のもと, のよ, のティーチェン, のトスカニーニ, のニキシュ, のバトン, のヘンデル, の下, の丸源, の信念, の個性, の前, の命, の役目, の指揮, の格, の森山, の棲ん, の機眼, の決心, の特殊, の石金, の秘訣, の糸, の能登, の血相, の要求, の警部補, の重藤中尉, の頭, の顔, の風姿, はあらかた, はた, はイタリー, はサー, はマック大尉, は二人, は作曲者, は副長, は毛谷平吉, は無限, は船尾, は装飾部主任, は遠慮, は高, は麾下, もだ, も合唱者達, や録音, らしい姿, らしい年かさ, をし, をもたざる, を亡, を俟, を同伴, を失え, を察し, を必要, を生, を追われた

▼ 指揮した~ (156, 9.4%)

52 のが 8 レコードが 5 のも, もので, レコード 4 ビクター 3 のは, ポリドールの, レコードを 2 と云う, レコードは, レコードも, 名盤が

1 [60件] かの, ことなく, とき, ところだ, の, のだ, ので, のと, のや, のを, ほとんど唯一, ものが, ものだ, ものも, んです, ギャルド・レピュブリケーヌの, コロムビアの, コロムビアを, コロムビア・レコードに, コロムビア・レコードの, コロムビア・レコードを, サージェントが, トスカニーニ, トスカニーニと, トリオの, ビクターのだろう, フランスの, フルトヴェングラーの, ベルリン国立歌劇場管弦団の, メンゲルベルク, メンゲルベルクと, ワインガルトナーの, ワルターと, ワルターの, 優麗な, 全曲あるいは, 全曲も, 全曲レコードが, 古いレコード, 序曲が, 後に, 方法に, 時から, 松平伊豆守は, 森弥左衛門をでも, 温雅な, 田園交響楽は, 程だった, 第四幕, 第四番, 組曲, 総合曲が, 義戦隊と, 者が, 舞踊組曲, 諸将軍, 豪華な, 豪華盤だ, 連隊長, 青年テロリストグリゴリ・ゲルシュニーが

▼ 指揮~ (134, 8.1%)

31 下に 17 もとに 3 がコロムビア, 杖を 2 がある, が新しい, レコードが, 重職に

1 [72件] があり, がやはり, がよかろ, がわずか, がビクター, がポリドール, が中途半端, が古い, が良かろ, が録音, ことで, ために, だろうか, とおりこれを, とほり此, とエルマン, とベーム指揮, は録音, もある, ものが, ものを, コロムビア・レコード, コロムビア・レコードが, ビクター盤と共に, レコードも, 七將おのおのに, 下で, 下と, 下により, 事法師竹切勝負の, 以外に, 位置に, 労働を, 単位と, 名盤, 四種の, 国防軍その, 場所で, 声を, 大任を, 大将方と共に, 将には, 将校に, 小まっ, 巡査部長が, 形の, 形式は, 彭二憤慨已む能わず, 役も, 態度な, 成田殿が, 手を, 方針は, 服部良一に, 果疲勞の, 為に, 現代版へ, 甲組が, 矛を, 程度は, 第一番, 管弦楽などは, 編隊機が, 腕を, 臆病さによる, 至らないため, 英空軍と, 責任は, 資格を以て, 重厚壮麗さを, 間に, 陣頭に

▼ 指揮する~ (119, 7.2%)

4 ために, のは 3 ことに, のだ, ものは, やうな 2 ことと, と音楽, の首領, ものが, ような, ように

1 [87件] かのよう, がごとく, ぎくしゃくした, ことが, ことの, ことを, そうな, ためには, ため危険予防上指揮刀を, ということ, という風, とかいくらでも, ときおのずから, ときなどは, ところ, ところが, とたれ, となる, との違い, どころか何, など千八百九十年, なんぞと, のが, のだった, のである, のに, のに指揮者, は怪しから, は智慧, は真に, ばかりでなく, ほうが, ままに, ものしかも, やうに, を喜んだ, ウィーン, オーケストラで, スペインの, フランス軍の, ベートーヴェン, ベートーヴェンの, モーツァルトに, ロンドン・フィルハーモニック管弦団の, 上は, 事困難である, 人と, 人物が, 体に, 信號の, 兵に, 処へ, 力を, 十数機の, 取っておきの, 四万余の, 回天艦が, 大将に, 大王と, 宇宙艇よりも, 将みたいに, 張合も, 弾圧によって, 彼の, 徳川万千代であった, 所も, 手腕が, 時の, 曲者の, 権威ある, 気勢が, 法王の, 為に, 癖が, 秋霜烈日ぶりや, 種子が, 空軍部隊は, 童子の, 管絃楽の, 管絃楽団を, 者の, 者を, 職責の, 臨検隊を, 袁紹は, 野武士の, 飛行隊に

▼ 指揮~ (109, 6.6%)

3 のよう 2 となり, は警視庁, は飛行機

1 [100件] かわからない, がある, がめざましい, がわざと, が優秀, が剣, が役目, が真赤, が部下, たらしめたカストラトス, たりしなり, たるおれ, たるべき力量, たる岑威, たる彼等, だけは決死, だった, であった, であるが, でしかない, でまた, という訳, といつた, として, として働い, として先頭, として同乗, として整列, として決死, として淡路, とする, とて信用, となっ, となりし, となる, と銃, になった, になり, には誰, により統一運用, に任命, に同, に指令, に私, の, のところ, のやう, の一つ, の一声, の一隊, の二つ, の任, の作戦, の児玉就忠, の動作, の勘忍袋, の号令, の奴等, の少尉殿, の意見, の手許, の指揮, の明確, の正木署長, の池上四郎, の看守長, の精神状態, の職, の職務, の雁金検事, はいっ, はおりがら日射病, はにわかに, ははっきり, は刀, は勝麟太郎, は博士, は声涙共, は大胆, は席, は役目, は思わず, は極力, は碧, は連合軍, は遂に, は隊, は頬, へは何程, へ無線電話, まで昇り, も相手方, らしい口調, をも銃殺, をやっ, を呼び出す, を呼ん, を自分, を買つて, を養成

▼ 指揮~ (83, 5.0%)

9 当って 3 あたって 2 出づる, 出でざるも, 声を, 立って

1 [63件] あたったと, あたつ, あたらなければ, あたりだした, あたるや, あったという, あればこそと, かかって, かかりきって, したがい喜多村六衛, したがうこと, したがった, したがって, したがわざるを, でるところ, のぞむもの, まかせそれ, みちびかれて, もとづきながら, よれとのみ, 任じて, 任じられても, 任すべくその, 任ずる上野介に, 依って, 依りこれ, 出たか, 出たもの, 及ばず其証拠, 向けられた判官兼綱, 夢中に, 奮立つ, 安ん, 属し国際的, 布かれやがて, 当たって, 当ったのみ, 当ったり, 当っとります, 当ります以上, 当り時には, 当り重厚, 当ると, 当る長崎, 待つを, 従うもの, 従えば, 従ったなつかしい, 従は, 従ひ, 従ひ働く, 従わざるを, 從つて勉強しない, 思い出すひま, 担って, 服さず総がかり, 来て, 當つてゐた, 疲れ果てた将校たち, 統一されない, 臨みまた, 違背し, 随わ

▼ 指揮~ (41, 2.5%)

3 バルビロリ 2 決して受けぬ

1 [36件] あたり前の, いつに, いらざること, この有名, して, すでに福島興禅寺, そちに, できないの, とらないつもり, とりえないし, オルガンと, コッポラで, セロの, バルビロリ管弦団は, ビーチャム卿独唱者の, ブレッヒ最初, プリングスハイム, プリングスハイムで, ロナルド, ロナルド卿壮麗きわまる, 一々キッカケ, 一変し, 上野を, 今一等運転士, 信長の, 再び第一線決戦主義, 取るまい, 峻烈そのものだった, 巧妙を, 恐らく中隊長, 意地ずくからの, 或る, 望月大尉が, 海軍, 航海長を, 遂にマルヌ会戦

▼ 指揮~ (38, 2.3%)

6 入って 3 ビクターに

1 [29件] いち早く救護隊, ここまで, これも, すぐ腹部, その左側, ひと通りバケツの, コロムビアから, コロムビアに, ザルツブルク, セヴィリア・ベチカ管弦団が, チェコの, ティペットが, パリ, ベルリン・ジング・アカデミー合唱団のが, ポリドールに, ポートメン利権, ミミ族狩りが, 刑事たちは, 動き彼ら, 厩舎養禽小舎洞門に, 同じパリ, 日本の, 歌って, 歌劇, 海賊船を, 突然八坂, 西洋館の, 電気の, 駆けゆく一隊

▼ 指揮~ (26, 1.6%)

4 にある

1 [22件] とする, にあった, にいくら, にかため直され, にのこし, に全, に全速力, に動く, に四万余名, に大軍甲信国境, に整然たる, に編制, に置き, に進行, に隊, に馳せ参じない, に高, の一将校, の一部将, の暴豹, の隊, ヲ離レ

▼ 指揮~ (16, 1.0%)

1 [16件] あざやかに, あらばこそ, あるはず, うまいが, したり, しデザイン, するピアノ独奏, やめます, 加わって, 常の, 当然玄徳, 徹底的には, 忘れては, 次郎の, 管弦団も, 見事だ

▼ 指揮~ (15, 0.9%)

2 下手で

1 [13件] あんまり上手, できるか, できると, とれるよう, なければ, なッ, はじまった, まるで欠け, クサリの, 出来るという, 幸いに, 時を, 非常に

▼ 指揮~ (14, 0.8%)

3 なって

1 [11件] あっては, なれば, わが蜀兵, アシビキ号の, 働きを, 分配とは, 各隊, 指導の, 生殖器の, 舞台整備とを, 見えるもの

▼ 指揮単位~ (14, 0.8%)

3 は大隊 2 が個人, は分隊, は小隊 1 に於, はこの, はどういう, は中隊, を

▼ 指揮~ (14, 0.8%)

4 の上 1 から聞え出した, から飛び降り, が二つ三つ節穴, に上がった, のうえ, のまえ, の手すり, の狐, をおりた, を飛びおりる

▼ 指揮~ (14, 0.8%)

2 を持っ

1 [12件] があった, とあらゆる, にまで利用, の発動, はみなこっち, をもつ, を与えられた, を托される, を握った, を渡す, を発動, を高く

▼ 指揮され~ (13, 0.8%)

3 ていた 1 てゐた, てアイヌたち, てハンブールグ, て自ら, て銃, ながら自分, 乾児十二人と, 先生によ, 家財を, 毎週二回の

▼ 指揮~ (10, 0.6%)

1 が歪む, が眩, と言, なるもの, のさや, の鞘, を前, を必要, を挙げ, を腰

▼ 指揮命令~ (9, 0.5%)

1 すべきこと, で動く, と服従, に従う, に従って形, に従って行動, はいつも, をしよう, を受

▼ 指揮によって~ (8, 0.5%)

1 うごく一将たる, ルアーブル港を, 今や大勢, 否応なく, 夜来日来に, 東方ホウゴウ社付近に, 辛くも持ちこたえ, 饑饉と

▼ 指揮に従って~ (8, 0.5%)

1 あっちへ, この二種, 合理的統整的行動を, 喜んで, 敏速な, 突進しました, 行列を, 貨物の

▼ 指揮~ (7, 0.4%)

1 のまわり, の中, の出入口, の向こう, の扉, の配電盤, の鍵束

▼ 指揮ぶり~ (5, 0.3%)

1 といふもの, にはその, の非, は特徴, を見せよう

▼ 指揮~ (5, 0.3%)

1 で後見役, の命, の老人, は知行五百石, をし

▼ 指揮~ (5, 0.3%)

1 でも一号艇, にとどい, の前, の屋内, へ遊び

▼ 指揮したる~ (4, 0.2%)

1 がごとく, ものの, 上みだりに, 者なり

▼ 指揮に従い~ (4, 0.2%)

1 働くよう, 奥穂高へ, 幕軍と, 日常も

▼ 指揮監督~ (4, 0.2%)

2 するを 1 し或, を受ける

▼ 指揮さえ~ (3, 0.2%)

2 すれば 1 下したなら一議

▼ 指揮された~ (3, 0.2%)

1 という事実, 白鉢巻手ッ甲脚絆素わらじの, 軍隊が

▼ 指揮してる~ (3, 0.2%)

1 かもわからなくなり, トリップを, ドルンベルグを

▼ 指揮として~ (3, 0.2%)

1 兵約, 日本開け, 警察隊千二百名を

▼ 指揮~ (3, 0.2%)

1 処置に, 勧誘や, 戦争指導が

▼ 指揮使~ (3, 0.2%)

1 となし, の余, の妻

▼ 指揮官ら~ (3, 0.2%)

1 があらかじめ, に不安, は会議

▼ 指揮官卓~ (3, 0.2%)

1 での話し声, にいた, に集っ

▼ 指揮方針~ (3, 0.2%)

1 に与える, のみならず, の変化

▼ 指揮~ (3, 0.2%)

2 の動く 1 を振つ

▼ 指揮これ~ (2, 0.1%)

1 あり候わば, あるべく候

▼ 指揮せん~ (2, 0.1%)

1 がため, とは片腹痛し

▼ 指揮という~ (2, 0.1%)

1 ところだ, もので

▼ 指揮どおり~ (2, 0.1%)

1 にする, には動かぬ

▼ 指揮なす~ (2, 0.1%)

1 あやしき少女, ところの

▼ 指揮にあたり~ (2, 0.1%)

1 信長自身も, 兵員十万長駆し

▼ 指揮につれて~ (2, 0.1%)

1 手を, 日本人が

▼ 指揮にも~ (2, 0.1%)

1 あたって, 当たり私

▼ 指揮により~ (2, 0.1%)

1 プロイセン第, 士官両人の

▼ 指揮ひとつ~ (2, 0.1%)

1 で実に, に懸っ

▼ 指揮より~ (2, 0.1%)

2 出でたれ

▼ 指揮パリ音楽院管弦団~ (2, 0.1%)

1 で入っ, の以外

▼ 指揮官ゴンゴラ大将~ (2, 0.1%)

1 が口, はかまわず

▼ 指揮振り~ (2, 0.1%)

1 はいま, は実に

▼ 指揮~ (2, 0.1%)

1 が翼, の発した

▼ 指揮者達~ (2, 0.1%)

1 がひと通り, が腕

▼1* [158件]

指揮あらば義貞, 指揮いかんにある, 指揮いたしまいてご, 指揮いたしますので忙, 指揮いたすゆえ御身は, 指揮いたせわしに, 指揮かの合図が, 指揮から受けた印象, 指揮こそまことに鮮やか, 指揮させた時の, 指揮さるるこの男, 指揮されてるのみだった, 指揮されるおびただしい捕り, 指揮したらそれは, 指揮しなくてはならず, 指揮しはじめたのである, 指揮しますが文句, 指揮し出すのを, 指揮すなわち前進や, 指揮すべき挙国皆兵としての, 指揮すべく引っぱり出されたのである, 指揮すべて軍師の権, 指揮せし人, 指揮せぬか, 指揮せねばならなくなった, 指揮せられて軍国, 指揮せり若し警官, 指揮といっ, 指揮だろう一々, 指揮であるから従軍, 指揮できようか, 指揮では折紙つきという, 指揮とに疲れ切つて, 指揮とによって纔かに, 指揮との中に, 指揮とを与へた, 指揮ほりに, 指揮どおり我はまず, 指揮などして, 指揮などが面白かろう, 指揮にあたっておる, 指揮にかけては世界一で, 指揮にたいして時折心痛した, 指揮についての情理を, 指揮にはいつも玄明, 指揮によつて建築された, 指揮に対し大隊長の, 指揮に関して共同の, 指揮やや新しいので, 指揮をと其れ, 指揮をば道誉は, 指揮コンセルトヘボウのレコード, 指揮コンセルトヘボウ管弦団の壮麗さ, 指揮コンセルトヘボウ管弦団以外に良い, 指揮コンセル・コロンヌ交響管弦団の演奏, 指揮コンセール・コロンヌ交響楽団のが良い, 指揮シテ瓊筵ニ坐ス, 指揮スカラのベスト, 指揮スカラ座合唱団のが良い, 指揮セラレタル全日本國民ノ超, 指揮バッハ協会合唱団のがあり, 指揮パリ交響楽団が名演, 指揮パリ交響管弦団のだけ, 指揮パリ交響管弦団のがある, 指揮パリ音楽院のが入っ, 指揮パリ音楽院管弦団のは, 指揮パリ音楽院管弦楽団を推すべきであろう, 指揮ベルリン・フィルハーモニック管弦団でポリドール, 指揮ベルリン・フィルハーモニック管弦団ウラル・コサック合唱団の演奏, 指揮ベルリン交響管弦団のとコロムビア, 指揮ポリドールのフルトヴェングラー指揮, 指揮リヨン混声合唱団のがある, 指揮受クルモノトス, 指揮一切は帷中, 指揮一切玄蕃どのにうけ, 指揮下手はきわめて, 指揮下蒋奇の兵一万, 指揮仏蘭西人者無異議引払, 指揮代りはいと, 指揮作戦の一切, 指揮使楊文と与, 指揮使謝貴は, 指揮僉事とし, 指揮だった行在所, 指揮刀ぐるみ新調する事, 指揮劉忠をし, 指揮卜万松亭関を出, 指揮号令が可能, 指揮合図を下す, 指揮にちがい, 指揮塔内に入っ, 指揮大臣の威令, 指揮奮戦にあたっ, 指揮宗麟を誅し, 指揮官あれです, 指揮官たちもその, 指揮官どのに笑われる, 指揮官スミス中佐は母国, 指揮官フェレラの実に, 指揮官マック大尉に対し必要, 指揮官中村捜査係長のさし, 指揮官以下四千五百名の悲壮, 指揮官勝麟太郎をはじめ, 指揮官南雲海軍中将陸軍部隊指揮官斎藤中将海軍部隊指揮官辻村少将の写真, 指揮官原社会部長蒼ざめて現る, 指揮官学士院長国防特別裁判所長総組合長, 指揮官心臓は微か, 指揮官斎藤中将海軍部隊指揮官辻村少将の写真, 指揮官望月大尉ののった, 指揮官松平伊豆守の子供, 指揮官歩兵工兵砲兵と列をつく, 指揮官総督郡監などあたかも, 指揮官警部の頭, 指揮官辻村少将の写真, 指揮官部へ報告ニ及バズ, 指揮官野津大佐は敵弾, 指揮に入っ, 指揮は半, 指揮張信というもの, 指揮張玉朱能等をし, 指揮心がまえ忠義一すじの鍛え, 指揮は把手, 指揮掌握に充分, 指揮を稽古, 指揮遠を, 指揮機関の不充分, 指揮武勝を遣り, 指揮激励を送っ, 指揮王騏馬を躍らせ, 指揮的態度をつづけ, 指揮盛庸潘忠楊松顧成徐凱李文陳暉平安等に命じ, 指揮振と, 指揮が両, 指揮統一すること, 指揮統率あらせられた御, 指揮者たちは無念, 指揮者たるのかたち, 指揮者オッペルトと提案者フェロン師, 指揮者ストララムが自分, 指揮者デニー博士の命令, 指揮者ニキシを参らせた, 指揮者ニキシュのピアノ伴奏, 指揮者ブルーノ・ワルターがモーツァルト時代, 指揮者ランナウ君の声, 指揮者レーニンはこの, 指揮者ヴォドビヤーノフの記録, 指揮者家でも総, 指揮者杉先生を壇上, 指揮者江戸昌の命令, 指揮者滝口の兵, 指揮者白髪の巨人, 指揮能力を有する, 指揮致し黄忠に, 指揮衛青をし, 指揮計画者となり, 指揮進退玄蕃に御, 指揮を授け, 指揮馴れのし