青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「指先~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~持つた 持つた~ ~持主 持主~ ~指 指~ ~指し 指し~ ~指す 指す~
指先~
指図~ 指導~ 指揮~ ~指摘 指摘~ ~挙げ 挙げ~ ~挨拶 挨拶~ ~振

「指先~」 1316, 14ppm, 7850位

▼ 指先~ (421, 32.0%)

13 つまんで 4 それを, ちょいと, 器用に, 自分の 3 コツコツと, 叩いて, 探って, 撫でながら, 頬を, 頬辺を

2 [29件] いい, いぢ, くるくる廻し, こすって, そっとつまん, たたいて, つっついた, つっつくと, ほごして, もって, もてあそびながら, 丸めて, 二三度撫で, 前髪の, 卓上の, 叩きながら, 廻して, 弄んで, 引き出したの, 彼女の, 撫でて, 火鉢の, 用心ぶ, 眉を, 触れて, 軽くしなやか, 軽く箸, 鬢の, 鼻の

1 [316件] あしらって, あらためると, いじつて, いじりながら, いじりまわしたが, いたずらを, うす黒い布くず, おして見た, おし潰しそして, かいたこと, かきあげながら, かきあげ蒼, かきまわし長椅子, かき上げながら, かき合せて, かき集め口, くりひろげて, くる, くるくると, ぐるりぐるり動かし, こすりつけて, ことんと, この低能娘, この数字表, こめかみを, こんな字, さぐった, さぐりながら, さぐると, さし示し, さすったり, さらひ, さわって, さわるだけ, しきりに眼, するほど, そっとつついた, その乳首, その小袋, その紐, その通信, その頬, その顔, その髪, それに, たたいた, たどって, たひらに, ちょっとつい, ちょっと弾い, ちょっと温め, ちよいと, ちーん, つきあげた, つっついて, つっ突いたり, つついては, つぶして, つまみあげたの, つまみましょう, つまみ上げると, つまみ出しました, つまんだ, つまんだあと, つまんだまま, つまんだまま暖炉, つんつんと, とった, とん, とんとん叩い, とんと突いた, なおし乍ら, なでて, なにかしきりに地面, のばしはじめた, はじいた, ぱらぱらと, ひきちぎられました, ひきはたけて, ひつくりかへ, ひねくり廻したり, ひねくること, ひねったり, ひろ子の, ふわふわした, ほぐしたもの, ほぐし花がつお, まさぐった, むしるの, めくられた, もてあそびぐいと, もてあそぶの, もみながら, もみ拡げられた穴, わざ, わざとらしく幾度, ギュッと, ギユツと, グリグリ突き, シシリイ島人らしい, シンの, チョイと, バチバチと, バットの, ピアノの, ピストルの, ピンと, マッサージを, マリ子の, ルウズヴエルト氏の, 一度解きかけた, 三十度ぐらいの, 両の, 両眼, 中の, 中ほどの, 丸い頤, 二度ほど, 互いに胸もと, 何か, 充血した, 刀尖, 刃の, 分けて, 切り拔い, 切ると, 切符の, 動かすかの, 勘定し, 勘定した, 卓上を, 取つて, 口紅を, 叩いたり, 叩き, 叩くよう, 右の, 味わって, 呼び寄せました, 和尚を, 唇に, 四五本握だ, 圓を, 夜具の, 女の, 室内を, 容子を, 寝衣, 寶兒の, 封を, 小さくむしっ, 小さな無電, 小突いて, 少しはがし, 少し摘ん, 尺を, 巻いて, 布地を, 帽子の, 廻しながら, 廻しはじめた, 弄って, 弄びながら, 引っ張り出した, 弧を, 強く二つ, 強く圧した, 弾いても, 彼の, 彼女を, 彼方の, 戸を, 手招きした, 打ちたたきそれから, 払いながら, 扱いて, 抑へ, 抓みあげた, 抓み上げたよう, 抓み指先, 抓んで, 抜きとったよう, 押さえて, 押した, 押したら餅みたい, 押した鈴, 押しつけるよう, 押しても, 押しもどした, 押すと, 押すとき, 押へて, 拭いて, 拭きながら, 拭くが, 持ち上げたいよう, 挟んで, 探った, 探りながら, 掴み上げたとき, 掴んで, 掻いて, 掻き廻しながら, 掻上げながら, 揉みつぶす唾液, 揉み出すやう, 揉んでも, 摘みあげて, 摘み上げたとき, 摘むよう, 摘んだ僕, 摧く, 撫でさ, 撫でた, 撫でただけで, 撫でたり, 撫で廻して, 撮みあげて, 撮むと, 操りました, 擦り剥がして, 支えて, 数字を, 新しい煙草, 暖めて, 曇りを, 書きしたためたと, 服を, 札を, 机の, 柄元の, 格子を, 桐の, 梳き上げ耳, 椅子の, 植える一つ一つ, 水平に, 注意を, 涙を, 潜り戸を, 激しぐかき, 無器用に, 無雑作, 煙草の, 煙草を, 牛肉を, 物を, 甘える, 男と, 畳の, 畳を, 皮を, 盛んに, 眉香子の, 真暗に, 眩しいほど, 眼か, 眼鏡の, 眼頭を, 短い寸法, 砕いては, 示した, 私の, 空想の, 穿ったと, 突いた, 突いたの, 突いて, 突きながら, 突く真似, 突っついても, 窓硝子を, 紙幣を, 縁板を, 耳たぶの, 耳を, 肌に, 脂ぎった茶碗, 腹を, 自分で, 自分自身を, 苛立たしさうに, 茂樹が, 蝋燭の, 血を, 触って, 触つて, 触れたが, 話が, 調べながら, 調子を, 貨幣を, 軽くそれ, 軽くたたいた, 軽くノック, 軽く戸, 軽く扉, 軽く押し, 軽く給仕人, 軽く頬, 障子の, 雷鳥の, 静に, 頤の, 頬に, 頬の, 頭に, 頭を, 額に, 飴を, 駒を, 骨と, 骨の, 鳥目を, 鳴らして, 黙って

▼ 指先~ (219, 16.6%)

4 見つめて, 見て

2 [15件] あてて, しきりに撫で, ふれて, ネジから, 使って, 口の, 吹いてか, 持って, 持つて, 握りしめた, 暖めながら, 眺めて, 眼の, 自分の, 見つめながら

1 [181件] あてると, いじりながら, うつした, お浜, かう拜む形, かけると, かざした, かみそり, くじかれて, くちびるで, くちびるに, こまかく働かせ, さわった時, して, しゃぶって, しゃぶりながら, しやぶるの, すじ目に, すっかり仕上げ, そっと握っ, その口, たどらせ撫でさ, ちょいと, ちょっと動かし, ちょっと握っ, ついて, つかうこと, つかえながら, つかえます, つかんで, つき挨拶, つき込むよう, つけた手, つっ込みながら, つぼめて, つまんで, つよく握りしめた, どこかに, ながめながら, なめずりながら, なんとなくこめかみ, ぬらしたその, のぞいて, はげしく揺すぶりはじめた, ひらひらさせた, ぴちんと音を, ぴちんと鳴らした, ふるはせつつ, ふるわして, ふるわせつつ, ふるわせて, ふれた伸子, ふれた柔軟, ふれながら, みつめて, みつめながら, もじつと, もったその, もって, わななかしながら, アルコールの, オキシフルで, クネクネと, ザクリと, ソッと, ナプキンで, ハンカチで, パタパタやっ, ピチリと, ポケットから, 一心に動かし, 上げて, 下へ, 並べたるが, 二本差し出し, 五十嵐が, 傷けて, 働し, 入れて, 出して, 出す, 切るほど, 切るほどに, 動かした, 動かしながら, 動かしながらも, 吹いて, 唇に, 嘗めて, 噛む事, 器用に, 四本そろえ, 固く握り締め, 土について, 土の, 地へ, 小刻みに, 小器用に, 巻込みながら, 平たく押しつけ, 延ばして, 弄んだ, 引つかけて, 当てて, 待って, 心持ちまげ, 思い切って, 惑は, 愚弄する, 憎体な, 懐紙へ, 手布で, 払いながら, 折々薄目, 押しあてた, 拭いた, 拭いて, 拭い口, 拭うと, 拭つた, 挙げては, 挟まれて, 掴みました, 揃えて, 揉みながら, 握って, 握られたまま, 握りしめて, 握ると, 放れて, 水に, 水の, 江戸へ, 泪で, 浸すばかり, 濡し, 熱かった, 男の, 畳目へ, 痛いほど, 白くふっくら, 眺めた, 眺めながら, 眺めると, 眺めるよう, 砕かれた, 神経的に, 秘し戸, 突いたまま, 突き入れると, 突込ん, 笠べりにかけて, 細かく扇ぐ, 肉に, 膝に, 舐めながら, 莢の, 蔽いその, 血が, 見た, 見たのに, 見つめないでは, 見ると, 見下しながら, 見守りときどき, 触れただけでも, 触れますると, 軽く器用, 軽く当て, 軽く握りしめた, 軽く相手, 近づけて, 追つて, 運びながら, 酒に, 離さぬ留意振り, 離すまで, 震わせて, 顔や, 鳴らした, 鼻の

▼ 指先~ (193, 14.7%)

8 力を

2 [16件] こめて, そっと自身, ついて, つけて, つまみあげて, つまんで, ふれた, ふれて, 何か, 力が, 唾を, 感じられた, 挟んで, 穴の, 突掛けた, 触れると

1 [153件] あった, あるもの, あるよう, かかったの, かけたら, かさかさした, かすかな, からまって, くっついて, くつ着い, こつんと, さは, さはつ, さわった, さわらなかった, さわる, しっとりと, しぼりだしたこと, しみじみしみ込む, そっと絨氈, その一本, その名, つつまれて, つまみだしたもの, つまみ出し出刃, つまめないじゃ, つまんだま, なまなましい柔かいもの, はさんだまま, ひやりとした, ふれたので, ふれる冷た, ぶらさげて, ほぐれて, ぼんやりと, まっ白な, まるめて, むずと掴まれ, やさしく戯れ, よみがえって, カチリと, キラリと, ゴソと, ザクザク障る, ザラザラした, ダニューブの, ヌルッと, ハッキリ感ぜられた, 一向力, 一寸切り創を, 上りきつ, 付いて, 代る代るぬりつけ, 伝わって, 伝わり白い, 何かが, 光る剃刀, 光を, 光秀は, 冷り, 出して, 出て, 出会った, 反古を, 吊り下げたまま, 墨が, 壁の, 女の, 存在を, 小さい鍵, 少しずつ, 尖らすは, 山口は, 巻いて, 巻きながら, 弄びながら, 弄んで, 引き付けられ他, 弾力が, 当る, 当る湘江, 意識を, 感じて, 感じなかった, 感じら, 感じられる乳, 感じる, 戯れ大, 手がかりが, 手提電灯が, 払いながら, 抜き出されて, 持ち眉間, 持添へ, 指紋も, 挟んだだけ, 挟んだ莨, 挿んで, 捕えられた, 摘みだした, 摘み上げて, 摘むと, 最高の, 樫の, 残って, 残つてゐる, 残りました, 毟られたの, 沁み心, 火花を, 熟練を, 白い息, 白い散薬, 白く乘, 白前垂の, 皮膚と, 目もとを, 眼が, 石の, 砂が, 碁石を, 秘密の, 粘りついたの, 粘りつきあわてて, 粘りつく事, 細かい塵, 編み物を, 肩に, 至る微妙, 著明, 見とれて, 親しい感覚, 触った物, 触つたの, 触れた, 触れただけで, 触れたと, 触れたの, 触れた着物, 触れて, 触れる, 触れるだけでも, 触れるもの, 觸れる, 言葉を, 赤いもの, 軸を, 這ひ寄る, 針を, 銀色の, 集まって, 響いて, 駒下駄の

▼ 指先~ (118, 9.0%)

2 何か, 動いて, 器用だ, 私の

1 [110件] あち, あられの, いうこと, いつまでも, かかった, かじかんで, かすかに, こまかく震える, こわばって, さし示し, さはつ, さわったと, しなやかに, しびれるよう, そこに, そこへ, その上, その冷たい, つぶれたよう, ひとりでにかじかむ, ひりひりする, ふとその, ふと水月, ふるえると, ふれた刹那, ふれるぐらゐ, ふれるだけ, ぽんと, まさに魂, まだ皆, むずむずした, わなわなと, ピクピクと, 三尊一体として, 中の, 乳房へ, 何とまざまざ感じるでしょう, 何気なく私, 光った, 凍つて了, 凍りついて, 出て, 切られるよう, 利かなかった, 利くので, 口の, 器用と, 土俵から, 大きな醜い, 妙に, 少女の, 尼の, 尾に, 届くであろうほど, 嵌まり, 廊下の, 彼の, 彼女の, 戦いて, 手入れ保存に, 押すと, 掌で, 掛るか, 極めて巧妙, 泳いで, 烈しく震え, 煙草の, 熱して, 狡猾に, 痒くて, 痛いほど, 痛むほど, 痺れて, 白魚の, 盲目の, 真っ赤に, 窓枠に, 立てる音, 箆の, 細かくブルブル, 細かく顫, 総計の, 美しい額, 肌に, 自由と, 花模様の, 虚空を, 血を, 角張って, 触れる, 触れるか, 触れること, 語るに, 軽く触れ合う, 辛うじて手紙, 金粉に, 針でも, 鉤の, 鉤形に, 銀の, 鋭敏に, 長くヒラリヒラリ, 震えた, 震えだした, 震えて, 震へて, 非常に, 髪が, 黄色くなる, 黙って

▼ 指先~ (108, 8.2%)

4 器用な 3 まるみだらう 2 何かは, 動きを, 太い人物, 感じが, 方を, 肉は, 速度を

1 [87件] あたりを, あとは, お仕事, かかつ, こまやかな, ささくれこれ, ささくれにも, すぐれて, つめたくなる, やうな, ように, 丸み, 仕事が, 仕事一つで, 代りに, 傷を, 傷口から, 働きを, 円い扁平, 凍るよう, 出血は, 分れて, 力が, 力の, 力も, 加減一つで, 動きに, 危ね, 向かった所, 地へ, 太い両手, 巧みな, 形を, 意志で, 感じは, 感覚が, 感覚で, 感触が, 手品に, 指紋を, 捌きは, 援助も, 早業で, 早業を, 暗号で, 汚れたの, 渦卷や, 渦巻や, 温味が, 熟練工, 爪が, 病を, 痛みは, 痺れも, 短いマリーナ, 碁石は, 示すあたり, 神秘です, 神経から, 神経的な, 粉を, 紅らみの中に, 紋を, 細工が, 細工も, 美しい音楽家, 美に, 肉附など, 至藝で, 荒神箒から, 血を, 行くえ, 衰えも, 触感だけで, 触覚だけで, 走るの, 透明で, 運動です, 錬磨が, 震える程自分自身, 顫え, 骨まで, 魔術である, 魔術にも, 魔術も, 魔術使いな, 黄色くなった

▼ 指先~ (46, 3.5%)

1 [46件] あまり顫, おのずとふるえ, お通, きわめてやさしく, とりすました西村社長, ひりひりと, ませた表情, まだ濡れ, やぶれて, 一々見分け, 丁度めがね, 冷血し, 切れて, 吾, 唐手の, 宙に, 少々不器用, 工芸品か, 左端の, 当惑する, 彼女に, 怪魚に, 慄え, 持って, 更らに, 死人の, 殆ん, 濡れるに, 火鉢の, 燈芯の, 猛鳥の, 痛いほど, 白い一本, 知らず知らず縮まって, 石に, 空を, 空中に, 腹の中に, 茶色の, 虫の, 蝋の, 表通に, 軽く頬, 震えて, 顫へるだらう, 飽く迄も冷静

▼ 指先から~ (36, 2.7%)

3 流れて 2 お前の, 次には, 私の

1 [27件] あやつり出された, この瞬間羞恥, しみこんで, その上気, その襟もと, たらたらと, ピヨンと, ポロリと, 乳を, 全身へ, 全身を, 弾き出る琴, 押し動かされるの, 放れも, 月の, 流れる汗, 滑り落ちて, 生み出されたもの, 肉を, 肘にかけて, 胸へ, 脳天まで, 落して, 落ちる輕蔑, 霊力を, 霊波を, 飛ばすので

▼ 指先~ (28, 2.1%)

2 に力, をもつ

1 [24件] から立ち昇る, でつまみとりました, にくる, にやっと, に喰っつい, に噛みつく, に挟んだ, に熱, に當, に豆, に露, の彼方, の方向, は至極, ばかりを視詰めた, をあげ, をもと, を今度, を吸込む, を怪我, を椅子, を突き込ん, を触れた, を辿り

▼ 指先きで~ (14, 1.1%)

1 [14件] オチヨボ口を, コツコツと, ソッと, ダイアルを, トントンたたい, 何か, 四辺に, 塀の, 妹の, 徐ろに, 歯を, 盃を, 私の, 自分の

▼ 指先には~ (14, 1.1%)

1 [14件] お互, りっぱな, ポケットの, 一文の, 何の, 何も, 力を, 力一杯の, 四つ折に, 涙の, 無心な, 環状紋蹄状紋などが, 白い球, 脈が

▼ 指先~ (14, 1.1%)

1 [14件] じっと視線, それを, つけたの, ときどき白い, ブラ下がった, 付けて, 力を, 巻いて, 微かに, 感じて, 止まった, 白い息, 眼を, 触れた

▼ 指先~ (9, 0.7%)

1 モモヒキと, 一緒に, 冷たい金属, 可愛い爪, 唇の, 指先とが, 耳朶と, 足の, 頬辺とが

▼ 指先~ (7, 0.5%)

1 かかる寒, その朱, 凍れて, 切れんばかり, 少し縮ませ, 最早すっかり痺れたらしく, 素晴らしいが

▼ 指先まで~ (6, 0.5%)

1 ぽとぽと垂れ, ベッタリ瘡蓋, 動き出すよう, 熱くなっ, 細かい神経, 綿を

▼ 指先きが~ (4, 0.3%)

1 つやつやした, 凍えそう, 痛くなっ, 震えた

▼ 指先にまで~ (4, 0.3%)

1 みっちりと, みなぎって, 染渡る, 痙攣を

▼ 指先でも~ (3, 0.2%)

1 ちょっと触れた, ふみつぶせるほどの, 眼の

▼ 指先とが~ (3, 0.2%)

1 まざまざと, 思わず触れあった, 空間で

▼ 指先ばかり~ (3, 0.2%)

1 である, では, チラリと

▼ 指先~ (3, 0.2%)

2 乳首や 1 手首などの

▼ 指先かと~ (2, 0.2%)

2 見えて

▼ 指先きでもつ~ (2, 0.2%)

1 て知る, て纔

▼ 指先だけを~ (2, 0.2%)

1 時々動かした, 触れ合

▼ 指先とを~ (2, 0.2%)

1 いっしょに, ふいた後静

▼ 指先にさえ~ (2, 0.2%)

1 触ったこと, 触って

▼ 指先にて~ (2, 0.2%)

1 弄ばんも, 拈り廻す

▼ 指先より~ (2, 0.2%)

2 血を

▼1* [49件]

指先尖つた帽子, 指先からは酒盃が, 指先きが狐色に焦げつく, 指先きが顫えるらしくそれ, 指先きでおどろの髪, 指先きでこすってみ, 指先きで廻されると曙色, 指先きで頻りと鼻糞, 指先くらいの大きさ, 指先ぐらいの大きさ, 指先さえも袖の, 指先しなやかに揉みはじめた, 指先方を, 指先が彼女, 指先だけ千鶴子の, 指先だけが奇妙な, 指先だけで内側に, 指先であってそれ, 指先でしゃりしゃり一端を, 指先ということに, 指先とに止まりまた, 指先のに, 指先などがブルブル顫, 指先などを臆面も, 指先にかけつかまえたもの, 指先にくツつけ, 指先にさえもあの絵, 指先にすら及んで, 指先にも活きて, 指先によつて加へ, 指先に迄染渡る, 指先のみ出て, 指先はやにで染めたよう, 指先へでも触れば, 指先ほどかかって, 指先ほどの大きな黒子, 指先までがその書物, 指先らしいという, 指先をがにっと噛ん, 指先をも叩きつぶす, 指先を以て川底を, 指先を通して感じられ彼等, 指先一つでどう, 指先一寸程はイヤ, 指先仕事ばかりで, 指先少し縮れ加減, 指先白い手すこし, 指先白く高麗結びを, 指先走りに廊下