青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「指~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

持っ~ ~持った 持った~ ~持つ 持つ~ ~持つた 持つた~ ~持主 持主~ ~指
指~
~指し 指し~ ~指す 指す~ 指先~ 指図~ 指導~ 指揮~ ~指摘 指摘~

「指~」 9319, 101ppm, 1086位

▼ 指~ (2444, 26.2%)

88 折って 39 くわえて 29 さして 28 さした 25 かけて, 出して 21 立てて 16 ついて, 当てて 15 繰って 14 あてて, 入れて, 口に 13 銜えて 12 もって, 組み合せて 11 あげて, くは, 動かして 10 啣えて, 触れて 9 切って, 噛んで, 持って 8 挙げて, 組んで 7 かけた, して, ひろげて, 一本ずつ, 屈して, 触れた 6 やって, 一本出し, 口の, 咥え, 啣へて, 拡げて, 突っ込んで, 銜へて

5 [15件] さしながら, のばして, ふれて, 一本立て, 切るの, 咥えて, 唇に, 啣え, 屈すれば, 差して, 折りながら, 曲げて, 膝の, 開いて, 額に

4 [23件] うごかしながら, くちびるに, だして, つっこんで, やった, 上げて, 伸ばして, 口へ, 屈するに, 引金に, 折った, 折ると, 折るの, 掛けて, 揃へ, 染めて, 私に, 突つ込ん, 見つめて, 見て, 解いて, 鳴らした, 鼻の

3 [40件] おしいただき, くわえながら, さし入れて, さす, さすので, そろへて, つけて, なめながら, もつて, もて, 一本あげ, 交る, 前へ, 動かした, 動かすと, 反して, 反らして, 向けた, 唇へ, 弾いて, 当てた, 折つて, 折りました, 折る, 持った女, 揃へて, 撫で, 浸して, 火に, 痛くする, 眼の, 神経的に, 突っこんで, 突込んで, 胸の, 自分の, 解いた, 触れながら, 触れると, 離すと

2 [150件] あてながら, おって, かけた時, かけると, かって, かんだん, かんで, くりながら, くわえたまま, くわえる, さし, さして笑っ, さしのべて, さし上げて, さすこと, さすに, さす者, した, しなやかに, しばらく奇麗, そろえて, つかえて, つき出して, つけながら, つっこむ, つまみて, とがらして, とって, はさまれて, はらして, ぱちっと鳴らした, ひらいて, ふるれば, ふれないよう, やつて, ゆるめて, るほども, グッと, チョイときって, チョッキの, ツト挙げ, 一本づつ折る, 一本一本折る, 下に, 二本出し, 二本口の, 二本鼻の, 代助, 伏せて, 伸べて, 俯向い, 傷めた時, 入れた小, 入れると, 出したり, 切ったの, 切つた, 切られるの, 切りますよ, 切る, 切ると, 切断し, 動かしながら, 動かすこと, 向けて, 咬んで, 噛みました, 噛んだ, 噛んだという, 噛んだところ, 器用に, 四本出し, 少し許, 屈しなければ, 屈すべきは, 屈すると, 屈せら, 左右に, 延ばして, 当てながら, 当てる, 彼の, 彼は, 感心に, 折つて数へ, 折つて數へて, 折つて見, 折つて見せる, 折りつつ, 折りて, 折り始めた, 折るほども, 折れば, 抜いた, 拭いた痕跡, 指した, 指して, 挙げました, 揃えて, 揉んで, 握りしめて, 擧げたり, 断って, 柄に, 染めては, 櫛に, 櫛の, 浮かさねば, 煙管の, 物憂げ, 痛めて, 目の, 眺めた, 眺めて, 眼に, 矢鱈に, 示して, 私の, 突きました, 突つこん, 突ッこん, 突掛け, 突込ん, 立て, 立てた, 算盤の, 組みあわせて, 組み合わせて, 腰の, 舐めて, 蒐める, 見せて, 触れた釵, 触れること, 赤くし, 踵の, 軽くテーブル, 輪に, 釘の, 鉤の, 鍵盤に, 開くと, 離した, 離れて, 震は, 静かに, 頬に, 食わえて, 鳴らして, 鼎の

1 [1290件 抜粋] あげた, あた, あてがったり, あてては, あて眼, いきなり蝋燭, いじっては, いつも口, うごかして, うごめかして, うらやんだり, おそる, おもうて, かがなうる, かけそっと, かけたまま, かけた跡, かけました, かけようと, かける狗, かためて, かまれて, からませた, からませて, かるくゆるめる, かんだの, かんだ女, きつく噛む, ぎゅっとにぎり合わせ, くすぶらせつつ, くだきかけた, くみ合わせた両手, くわえては, くわえるって, くわえる者, こう弾く, こち, ことごとく使っ, この論派, こんどは, こんなに傷つけ, さ, ささせぬ生活, さされたら尺, さされ親たち, さしこんだ彼, さしたぐらいじゃ, さしたので, さしだせば, さして教, さして見せた, さして話, さしぬけり, さしますと, さし上げた, さし延ばして, さし込むのに, さすもの, さはれ, したよう, した色, しばつ, しゃぶりながら, すっかり失っ, すり合わせて, せせる, そえた人差指, その刀身, その尖端, そらして, そろえたまま, そろへ, たてた, だしその間, ちらりと射た, ついた, つかえ, つかって, つき, つきだすの, つっこまれたの, つっこみました, つつこんだり, つまみ上げ拡大鏡, つッ, であり神経, とった歌子, どうしてうしなった, なくしてから, なめて, なめなめ戸籍簿, なめる者, にぎりしめて, ぬぐってから, のばしたかと, のばし信二, はさむドア, はじき鳴らした, はなした, はなれて, ばさまよ, ぱっとひろげた, ひきちぎられて, ひっかけ, ひどく負傷, ひろげそれ, ひろげた様, ぴくぴくやっ, ぴんと鳴らし, ふって, ふるはせながら, ふれた, ふれれば, ぶら下げて, ぶるぶるだの, ぽき, まいて, まげて, まず順々, まわして, みな斬り落せ, みんな開い, むずむずさせ, もいで, もっとよく調べ, もつらした様, もてあそんで, もみながらも, やがては, やさしくからみあっ, やったが, やつた, ゆすぶつた, よくみ, わななかせつつ, オモチャに, ギゴチなく, ケリュウ爺さんの, ソッと, チクリ, チラチラ動かし, パッと, ヒラヒラさせ, ページの, ワナワナと, 一つづつ四本折つて見せました, 一つ折る, 一休禅師の, 一本あてる, 一本くわえてる, 一本一本こじ起こし, 一本一本もごう, 一本一本引きは, 一本一本解い, 一本出した, 一本切り落とし, 一本口の, 一本挙げました, 三方に, 三本の, 三本出した, 三本喰われちまった, 三本懸けた, 上げた, 上げてに, 下して, 下について, 与へ, 両腕, 中から, 丸げた様な, 丹羽柴田と, 二ほん切り落した, 二三度屈する, 二寸程, 二本ずつ, 二本唇に, 二本握らした, 二本私の, 二本載せ, 五十度繰り返, 五本斬る, 介に, 伏せても, 伝わって, 伸して, 何か, 何度も, 佩いて, 使用する, 借りて, 傷けて, 傷つけたぐらいの, 傷づけた, 傷めて, 働かせて, 先生に, 入て, 入れられる位, 全部パツと, 其処へ, 冷したの, 凍傷に, 出します, 出す, 函の, 切ったが, 切ったよう, 切った僅か, 切ってるじゃ, 切つたのが, 切つてから, 切らした放蕩息子, 切られた奴, 切られて, 切られるまでも, 切られ出血, 切りとられるかたがた, 切りに, 切りました, 切り取りそのまま, 切り落し漸く, 切るなんぞとは, 切る前, 切れという, 切取るか, 別のにかけながら, 刺し吾人, 前に, 動かさないで, 動かしたり, 動かす, 包め袖, 半ば埋めた, 厚い擦り, 反らした足先, 取った云いよるけんど, 取られて, 取るべく起きて, 合せながら, 合図でも, 咥へて, 咬み切って, 唾で, 喰は, 嘗めつつ, 噛ませること, 噛まねば, 噛まれた夢, 噛みきれなくなった模造大御所, 噛み乍ら, 噛み又, 噛み断りそれ, 噛むこと, 噛む時節, 噛んだな, 四本ずつ, 四本并べて, 地に, 埋めて, 堕すを, 大事に, 天に, 失った川島, 妖しくふるわせ, 宙に, 寶器に, 小刻みに, 小指から, 少しよごし, 屈したらば, 屈しられる者, 屈すべきで本店, 屈すべき少, 屈するが, 屈するでしょう, 屈するばかり, 屈する程, 屈する風景, 屈せねば, 屈めて, 差された処, 差されるよう, 差し, 差し伸べて, 差し出せば, 差すと, 差すわけ, 差込だ, 布団の, 平に延べたらいけない, 広げて, 床に, 延ばし指, 引いた, 引きさいて, 引き出し今度, 引っ張った, 引っ込めると, 引抜きざま, 弾いた, 弾くよう, 当た, 当てた襦袢, 当る事, 彼方へ, 律義に, 後部扉へ, 忘れた, 思い出した, 悉く折り尽し, 想い出させた, 我と折っ, 打ち合せるやう, 打って, 扱きつつ, 投げ出した, 折ってから, 折つ, 折つてかう, 折つてみせ, 折つてる, 折つて居ります, 折つて数を, 折つて母親の, 折つて見れ, 折らなけりゃア中, 折らるる大原, 折られるの, 折られる格式, 折られる築城, 折りかぞえ出した, 折りだして, 折りてつよく, 折りまげて, 折り乍ら説明, 折り直して, 折り翁鬼, 折るなり, 折るほどしか, 折る寂々, 折れよとばかり, 押えると, 押し込んだり, 拡げたまま, 拭いた, 持ちながら, 持ったぎゅっと, 持った馬, 持つ怪物, 指し示すとともに, 振りました, 挾んで, 掌に, 探して, 接吻した, 掩い兼ねる, 揃える, 揉みながら, 揉み合わせつつ, 描くといふ, 握ったり, 握らしてから, 握りしめ何, 握り除け片, 撓めながら, 撫で撫で上, 擧げて, 改めて見つめる, 放心的に, 数回素早く, 文学に, 斬り落す, 断ったのよ, 日夜に, 暖めると, 本当にかみきる, 染めたり, 染めぬもの, 染めるというは, 染めるよう, 染め得たるもの, 椰子の, 残して, 水で, 水中の, 決して清潔, 泥だらけに, 洩る一条, 深い前髪, 渋で, 溢れ落ちた, 漏りて, 濡らします, 火鉢の, 炎の, 焼いた, 焼いたらしかった, 熊手に, 熊手形に, 獲物を, 畳の, 痙攣的に, 痛めたとかいう, 発見し, 目に, 真っ赤に, 眺め随分, 示したるもの, 示せば, 秀吉に, 私は, 稽古用に, 突いた, 突かれさらに, 突き入れたり, 突き出しては, 突き込むお前, 突き込んだすん子, 突こんで, 突っ込む, 突っ込んだらきっと, 突つこ, 突つつかせ, 突ッこみ, 突込むでそれから徐々剥い, 窮屈そうに, 竪に, 紙の, 細かく顫わせ, 組みひそか, 組み合せ動く庭, 組み合はせ, 組み合わしへだてなくささやきかわす, 組み眼, 組む時, 組合わせた手, 絡み合わせて, 締めつけて, 縛るくらいは, 縞目の, 繋いで, 繰ってなど, 繰るよう, 置きながら, 翻へ, 肌に, 腐らせるあの, 膝に, 舐め腰, 菊川英山渓斎英泉の, 蒐めて, 蒲團の, 蠢かしたの, 襟に, 見せまいと, 見せると, 見ても, 見りや, 見ると, 視詰めた, 覚えて, 触れさせて, 触れたら温かい, 触れた時, 触れるが, 觸れ, 詰めて, 論じたこと, 走らせて, 越えて, 踵で, 軽蔑し, 辿り始めた, 近づけるたんび, 追いその, 透かして, 遠い陸, 重ねて, 銜えながら, 銜へ, 鍋の, 閉じながら, 開き彼, 隠して, 離した瞬間, 青蛇の, 順にかけ, 顋に, 顫わせ私の, 風呂敷に, 食えて, 食事を, 飾る美くし, 高くさしあげた, 高く上, 髻に, 鳴らしたよう, 鳴らすと, 鼻に

▼ 指~ (1499, 16.1%)

99 先で 59 間から 56 間に 41 先に 35 先を 27 先が 19 股に 18 爪を 17 さきで 15 先へ, 節を 14 あいだに 13 先から, 先まで 12 ように, 間で 11 腹に 10 上に, 爪の, 腹で 9 さきを, 先の, 股へ, 跡が 8 爪が 7 あいだから, さきに, 尖を, 股を 6 あとが, さきから, 先には, 先は, 股が

5 [14件] ような, 傷を, 先き, 先と, 尖が, 尖で, 尖へ, 数を, 爪で, 爪に, 爪は, 股から, 間へ, 間を

4 下で, 太さ, 形を, 方が, 爪も, 痕が, 関節を, 頭で

3 [23件] あいだを, あと, はたらき, やうな, やうに, 上で, 中で, 中に, 代りに, 先や, 動きを, 尖から, 尖まで, 怪我を, 方向を, 短かい, 節が, 股で, 跡を, 間が, 間には, 間の, 頭を

2 [78件] おと片言まじり, ことは, ことを, さき, さきちぎれる, さきちぎれるようにてたんとたんと苦ろういたし, さきにも, さきまで, さきも, ために, つけ根に, つめで, なかの, のびつ屈みつ洩れたるを, またに, わななき, 一つ一つが, 一節だった, 下を, 中へ, 先きで知らせ, 先こわき, 先ほども, 先までも, 冷めたさ, 凍り縮むの, 力の, 動いて, 動きが, 動きに, 動くの, 動くまま, 厚さ, 又の, 尖の, 尖も, 尖端と, 形が, 形も, 恰好から, 感覚が, 手の, 指した者, 方は, 深さ, 無い淫売婦, 爪まで, 環を, 生爪が, 甲の, 男の, 痕である, 痕に, 痕の, 痕も, 痛みを, 白さ, 穴, 端を, 節々が, 節々に, 節も, 細い手, 細さ, 置き方, 肉が, 足あとが, 跡, 跡に, 跡は, 跡も, 運動を, 間からは, 間より, 関節で, 香取屋, 高さ, 魔術を

1 [564件 抜粋] あせを, あた, あたたかさ, あたった処, あたりに, あたりを, あちこちに, あとつめたく, あとと, あとという, あとに, あとの, あと以外には, あの白金, あは, あひだ, あやしいまでの, あられは, ありたけ, あるべき掌, ある手, いわゆる過, うえに, うちには, うちの, うち真中の, お世辞, かかりが, かけらを, かげん, くみ方, ことが, ことごとに, ごく近く, さきだけ, さきのみ, さきへ, さきほどに, さきまでが, さきわな, さき一片の, さき少しく, ささえを, さしようも, さす処, さす所, さはりの, さばきにも, しずくを, しなだれその, しなだれ燐火, しなへで, しなやかさ春の, すきから, すべった様子, その爪, そりかえった頑丈, そろって, たに, つけね, つけねの, つけ根が, つけ根の, つま先からも, つめの, つめを, では, と比較, ないもの, ないよう, ない人, ない人間, ない大きな, ない手, ない淫売婦, ない理由, なかから, なかに, なまめかしい息, ぬけるほど, はこびが, はたらきを, はみ出した破れ靴, はらでそうっと, はらで丁寧, はらで強く, はらで機械, ひしゃげつぶれた反り腕, ひしゃげつぶれた父, ひとつ足らぬ, ひまから, ふくらみたなごころ, ふしが, ふしの, ふるえるよう, ふるえを, ふれあって, ふれるの, ぶるぶる震え, ほとんど一番上, まさぐりに, またから, またの, まだ伏せ, まろび出す, まわりに, もとに, もとの, ようじゃ, ようでした, よごれたの, わざなる, を天虎五指の, アリョーシャの, キズは, ジャック, タッチと, パッと, マタに, ワセリンを, 一つづつが, 一二本だけ, 一本か, 一本が, 一本すらも, 一本ない, 一本の, 一本も, 一本や, 一本二本を, 一本足りない, 上の, 上を, 下から, 下に, 両端の, 並んだ形, 事を, 二三本で, 二本が, 二本ない, 二本なく, 人が, 人は, 人間に, 仕末, 仕業だ, 他には, 付根に, 代用も, 位置を, 何時までも, 作り方を, 使い方が, 使い方と, 使い方も, 偏執狂だった, 傷が, 傷だった, 傷と, 傷へ, 兄貴と, 兄貴の, 先, 先々まで, 先あたりが, 先か, 先からでも, 先きが眼, 先きで, 先きで丸めた, 先きで弾き, 先きのしびれる, 先きの節少, 先ぐらいは, 先ぐらゐよ, 先だ, 先だってそんな, 先では, 先でも, 先などが, 先にても, 先にまで, 先へでも, 先ほどな, 先ほどの, 先までが, 先までに, 先までの, 先をも, 先細な所, 入るだけ, 内側人差し指の, 内職を, 冷たさ, 凍痛, 出て, 切れるやう, 切れる程, 切口を, 力が, 力だ, 力で, 力です, 力では, 力は, 力を, 動かし方, 動きと, 動きには, 動き方を, 動くごとくわが, 動く特別, 動く通り, 動作も, 印章を, 又に, 叉から, 叉が, 叉の, 叉を, 及ぶだけ, 句には, 右手が, 右手を, 合図で, 向いた方, 向く先, 周囲から, 周囲で, 周囲を, 喰違いの, 圧力を, 地に, 型だ, 垢で, 声である, 変な, 変死人が, 太いの, 太い婆さん, 太い手, 太い皸だらけ, 太い皹だらけ, 太い連中, 太さ位, 女給が, 如く學術, 如し手の, 嬰児の, 子が, 子に, 子供, 宝石が, 尖でずッ, 尖でちょい, 尖で密, 尖で廻わす, 尖で或, 尖で掻, 尖で涼しい, 尖で目, 尖で触ると, 尖で鬢, 尖に, 尖にて, 尖は, 尖二三本, 尖端から, 尖端に, 屈伸の, 差す方角, 幅ほど, 幅ほども, 幅位の, 平で, 弾き方, 形から, 形などを, 形まで, 形腕の, 影が, 影し, 影まで, 律動を, 怪我すら, 恍惚感に, 恰好は, 恰好聲の, 悪戯をよ, 意味が, 感じをも, 感覺は, 感触で, 感触に, 憂き昼, 手が, 手を, 手首は, 技巧を, 抒情性を, 指先を, 指環の, 指環を, 指紋とは, 指紋のみに, 指紋を, 掛けやう, 揃って, 撓へるは, 撥だこを, 数が, 数しか, 数で, 数は, 整い方, 方に, 方程式の, 早さ, 曲げ方, 曲線である, 木賊條の, 本の, 柄に, 柄を, 柔かな, 根元で, 根本の, 様に, 欠けて, 次にくる, 正確さなどは, 死人を, 水を, 汚れるの, 活, 渦紋の, 温みを, 満足だ, 満足の, 無い人間, 無い握り拳, 無くなった跡, 爪から, 爪と, 爪へ, 爪ほどの, 爪までが, 狂いに, 環で, 生爪を, 生理的運用の, 用法を, 由なれ, 甲が, 甲で, 疵を, 疵ハ浅手なれ, 痕じゃ, 痕だ, 痕で, 痕です, 痕と, 痕とが, 痕は, 痕らしく, 痕を, 痛みぐらい, 痛みだけが, 痛みです, 痛むよう, 痛を, 皮の, 皮まで, 皮らしい, 皮を, 皮膚が, 皮膚に, 皺の, 短いぎこちない手, 短い一つ, 短い両, 短い小さい手, 短い手, 短かき, 破れたの, 硬直が, 示すがま, 示す方, 示す方向, 種じゃ, 端が, 端でも, 第一関節, 筆を, 節々には, 節々は, 節から, 節で, 節の, 節は, 紋が, 紙捻, 細く美しい人, 細そりと, 細りし, 絵筆を, 綺麗な, 線とを, 線も, 練習から, 美々しさ, 美しさ, 聯想から, 肉と, 肉に, 肉片を, 股だ, 股の, 股へと, 股まで, 股や, 背を, 腐れおちた, 腹から, 腹は, 荒れて, 蒼い爪, 藤田画伯は, 蛇の, 血が, 血を, 行くが, 表情風に, 覚えも, 触れた肱つき, 触れ心地の, 触手みたいな, 触覚を, 觸る, 觸れ, 訓練には, 説明は, 谷, 谷から, 負傷を, 赤ん坊を, 足りない貴婦人, 趾が, 跡さえ, 跡という, 跡までが, 跡みた, 跡一つだ, 輪で, 輪を, 逆手, 逆手に, 遊びに, 運びに, 運び方, 運動が, 銀の, 鍵盤に, 長い仏手柑, 長きに, 長さ, 開きの, 間じゃが, 間だ, 間でしつかり, 間とを, 間は, 関節か, 附け根, 附根の, 附根を, 陰には, 際へ, 震へる, 面積を, 頭が, 頭ぐらい, 頭ぐらゐの小つぶの, 頭に, 頭には, 頭も, 頭等で, 顫え, 飯粒を, 馬の, 骨が, 骨に, 骨の, 魔術という, 魔術の, 魔術師と, 黒い影, 黒ン坊, 龜けては

▼ 指~ (1013, 10.9%)

18 つまんで 14 自分の 10 丸を, 摘んで 9 弾いて, 押して 8 おさえて, さわって 5 それを, ちょいと, 触って 4 かきまわしながら, こすりながら, 押えて, 突いて

3 [25件] あつた, さしながら, そっと鷺, たどって, つついた, はじいて, まさぐりながら, もつて, トントンと, 一本の, 下唇, 切った, 動かして, 圧して, 壁に, 抓んで, 押へて, 撫でた, 撮んで, 栓を, 瞼を, 石を, 私の, 突いた, 輪を

2 [81件] おさ, おさえた, くるくると, こすつて, こねたり, こめかみの, さした, さして, しごいて, しごく, そつと, その人家, その絵, たたいた, たたきながら, つついて, つまむと, ひねって, ふいて, ふれて, グイと, 一寸と, 両耳, 丸い形, 乳房に, 傷口を, 十字を, 取つて, 叩いた, 叩いて, 右の, 君の, 四角の, 圧すと, 女に, 女の, 左の, 差した, 弄り乍ら, 引いて, 引けと, 引張つて, 弾く, 弾くと, 彼の, 戸の, 打てば, 抑えた, 抑へ, 押えたまま, 押えながら, 押しても, 押すと, 押せば, 拍子を, 招きながら, 拭いて, 持ち上げて, 持って, 挟んで, 掻き上げながら, 摘み上げて, 数えるほどしか, 文字を, 書いて, 梳いて, 皮を, 盃を, 眼を, 示して, 突いても, 筒の, 紙を, 線を, 自分を, 頭を, 顔も, 顔を, 髪を, 黄金の, 鼻を

1 [659件 抜粋] あかんべい, あたらしいお, あつさ, あやつッ, いきなり栄介, いじくりそら, いじくりなさるけれど, いじって, いたづら, いつたい何処, いらだたしげ, おさえても, おさえもう, おさえると, おさへようと, おしんしょ, おでこを, おどかしたい気持, おのが, おまけに, お嬢様お嬢様と, かいさぐって, かかる中, かきあげた, かきまわすの, かきよせては, かき上げながら, かぞえ出した, かたき討ち, かなり大きな, がらがらと, がりがり掻く, くちびるを, くわしく示した, ぐっと押し, ぐつと擴げて, ぐるぐる廻し, こすったり, こすって, こすると, こつぴどく, こねつぶして, この, さげたま, さされて, さししめしました, さして問うた, さして教え, さして示した, さし招い, さし招いた, さし示し, さすって, さすと, さすの, さす隙間, さへ, さわった, さわり, さわるの, ざっと拡げ, しきりに忙, しきりに擦った, しきりに擦つた, しきりに空中, しきりに蓆, しごきながら, しごきました, しんみりと, すいた, すいて, すくっては, すくよう, すら五十, すり剥げ, すり込むよう, そこここを, そこらぢゆう, そっと受け, そっと探し, そっと撫で, そのべろべろ, そのモジャモジャ, その入れ物ブリキ缶, その大き, その字, その穴, その辺, その重い, その頭部, たたいて, たたかれると, たたみの, ちょっとその, ちよん, ち切りながら, ついた杉村, ついて, つかまえて, つかまれて, つかんだ痕, つき立てながら, つっついた, つつきました, つぶして, つまみあげて, つまみながら, つまみを, つまみ上げては, つまむよう, つめ, てんびんぼうほどの, どんな形, なおも建築学, なすびづけをつまみ, なでたり, なでて, なで上げた, なにか相, にぎやかな, ね, のどを, はかって, はがれて, はさみながら, はさんで, はじきながら, はじき飛ばすと, はじくよう, ぱっと披, ひいた, ひっ痒, ひと撮み口, ひねりまわしながら, ふいたな, ふさいで, ふさふさ落ちかかっ, ふれる時, ほじくって, ぼーっとほごされるほ, ぽんと, まさぐりました, まさぐり咳, まむしを, むいて, むしりながら, むしり落しながら, もうなん, もちその, もって, もてあそびながら, もみ初めました, やっとつまめる, やはり爪垢, やりにく, よく押し, わたしの, わたしを, わなわなと, カシタンカの, カチンと, キャラメルを, クルクルと, コップを, コツ, コツコツたたい, コツンと, ゴシゴシ掻いた, スメルジャコフを, ソッと, タクトを, チャンバラの, ナンバーを, ハマグリを, ハープを, パチリ, ヒタイを, ピアノを, ポインと, ポツンポツンと, ポンと, ムズと, メリンスの, モジャモジャの, モジャモジャ掻き廻し, ライフ, 一なでしたら消え, 一の, 一字一字読みはじめた, 一寸つまみ, 一斉に, 一行一行たどっ, 丁寧に, 万事を, 上の, 不器用に, 不細工に, 中りを, 丸めて, 丹念に, 之を, 九枚の, 事務的に, 二十錢銀貨を, 二階を, 人を, 仔牛を, 以て, 仮名を, 伐り倒した木, 何か, 何やら書いた, 作図を, 保証する, 備前盛景の, 先を, 円く形, 切り石を, 判を, 券を, 剃刀を, 剥いて, 動かし美しい, 半白の, 印を, 反物の, 受け取るとはなんて, 受験の, 句し, 叩いたり, 叩かずに, 叩こうと, 合図する, 吊るしながら, 味わいそば好き, 図面の, 土を, 圧え, 圧しても, 圧するため, 圧へ, 地面へ, 地面を, 埃を, 壁を, 壓し, 大皿の, 太い火箸, 如意輪観音の, 妻の, 字を, 寝台の, 小さいハンカチーフ, 小鬢などを, 尖塔を, 尻ぺたをひどく叩かれた, 左右の, 差しながら, 差し示した, 差し示しながら, 座布団を, 延ばしてから, 弄びつつ, 弄んで, 弓を, 引っぱる, 引張って, 引掻いて, 引掻かれて, 張窪ますほどの, 張飛の, 強くおさえる, 強くそれ, 弾いた, 弾いたり, 弾きに, 弾けば, 弾丸の, 彼を, 後頭部に, 御つまみ, 怪物は, 手習いを, 打つの, 打つ者, 抑えるらしい音, 抑へました, 抓って, 押えた処, 押えた頁, 押えますと, 押える株, 押え注意を, 押した, 押したよう, 押したり, 押した跡, 押しながら, 押すだけ, 押すの, 押へる, 拭きつつ, 拭き紙, 拭って, 指さした, 指さしつ, 指さしながら, 指しても, 指しながら, 指すので, 挟んだ唐辛子, 挟んでは, 挾んで, 捜り, 捲毛, 捻り潰し, 捻り潰せるよう, 掘つて, 掘り始めたの, 探ると, 掬い取ると, 掬って, 掴み掻いた, 掻き, 掻きむしり腰, 掻き上げるの, 掻き落すと, 掻くと, 掻上げた, 提げてるカンテラ, 握りきれない太, 握りこむの, 握り固めた兩手, 握り固める, 揺かす, 摘まみながら, 摘まみ上げたよう, 摘まんで, 摘まんで七輪, 摘み上げたよう, 摘み何気なく, 摘み力, 摺りその, 撓めて, 撥い, 撫でながら, 撫でま, 撫で暫く, 撮んだまま, 撮んだ儘, 擡げて, 支えられピン, 教えて, 数えつくせるくらい, 数えられて, 数えられるほどの, 敲いて, 斬ったの, 斬り合, 斬る眞, 断食芸人を, 曳金を, 書かれたらしい葉書, 書き記しそこ, 机に, 机の, 板の間に, 根元から, 梳いた, 梳きあげながら, 棚に, 楔形文字の, 楽々と, 次の, 死人の, 殺されました, 毛の, 毛筋を, 民藝を, 海図の, 涙を, 潰してばかり, 無心に, 無造作に, 煙管を, 煙草の, 燈心を, 特別に, 男の, 畳のうへに, 畳へ, 白米を, 皺くちや, 盆の窪を, 盛んな, 目を, 目次に, 直線を, 真似を, 真鍮の, 眼が, 眼尻を, 眼瞼を, 眼頭を, 着物を, 瞼の, 石ころを, 石文字を, 破るもの, 示した, 示したの, 私を, 穴を, 空いた牀, 空中に, 突いたもの, 突かれて, 突き上げて, 突こうもの, 突っつかうと, 窓が, 窓ガラスに, 窓ガラスを, 第一頁, 筋を, 算え始めた, 算盤の, 糸底を, 紙幣を, 細くし, 絵具を, 絵図面を, 網の, 締めつけた, 締め直しながら, 練り固めて, 翻しさも, 耳に, 耳を, 背中から, 背中や, 脇腹を, 腰の, 膏薬売を, 舌を, 花城の, 茶釜を, 落としぶたを, 薄ら埃の, 蜜柑の, 蝋人形の, 表紙を, 角を, 解いたよう, 解かれたであろう金, 触つて, 触れた所, 触れ得るもの, 觸つて見ず, 計って, 計りこれ, 賃銭の, 足の, 踊った, 軽く払い落す, 軽く押し, 軽く擦り, 軽く頭, 辷る甍, 辿りつつ, 辿りはじめた, 追って, 追っては, 送ったり, 部屋の, 金勘定を, 針の, 鉄棒を, 鉛筆を, 長い髪, 除去し, 隙間を, 障子紙を, 隱した, 集めて, 雪を, 電鍵を, 青い風呂敷包み, 静かに, 鞄の, 頻に, 頻りに眉毛, 額に, 額を, 顎を, 飲む真似, 魚の, 鶏の, 黒んぼうの, 鼻糞を

▼ 指~ (648, 7.0%)

20 をはめ 9 の玉 8 を買っ 7 を嵌め 6 のはまった, は 5 をはめた, を手, を抜い 4 に嵌めた, を一つ, を出し, を見た 3 が一つ, なの, のよう, の文字, や腕環, をお, を売っ, を嵌めた, を穿め

2 [54件] があった, がはいっ, がはまっ, が二三十, が光っ, が彼, だった, だと, だの, だの翡翠まがい, であった, である, です, というもの, に就, に嵌め, のため, のほか, のケース, のサック, のダイアモンド, の宝玉, の宝石, の形, の発見, の真珠, の箱, の緑碧紅黄, の輝く, はめて, は明星, は緑紅, まではめ, も他, も穿め, や櫛, や頸飾り, よ, を, をし, をその, をはめてる, をサック, を三つ四つ, を交換, を受取るなら, を小指, を幾個, を忘, を抜く, を新郎, を映し, を見せ, を静か

1 [426件] かという事, かなんか貰っ, から白光, かを借り, か何, が, があります, がある, があんなに, がか, がきらめき, がころがっ, がささっ, がその, がちゃんと, がどこ, がなくなったら, がにわかに, がはめ, がまがっ, がキラ, がキラリ, がギラギラ, が一つ抜き, が一つ目, が万事物, が二つ, が借りられ, が光つて, が変, が嵌っ, が暑い, が最もよく, が灰色, が盤, が目, が私, が立派, が細っ, が輝い, が遠慮なく, が金, が銀盤, が閃いた, ぐらい其中, この指環, さえ穿め, じゃない, だけをここ, だってここ, だって好き, だとか, だとかが, だの帯留, だの頸, だの髪, だ一晩, であったの, であるから, でございます, ですが, ですもの, ではございません, でも, でも出来る, でも揮廻し, でも着物, で切れる, で大変大事, で目立つ, で頭, という, といっしょ, とか髪飾, とくらべ, とこの, とであった, とともに, との調和, とを, とをこさえる, とをはずし, とを手, とを見比べ, と二つ, と云っ, と共にシンガポール沖, と共に種々, と夜鶯, と申し, と糸子, と重ね, と頸飾り, どころか一切, なぞと申す, などということ, などのよう, などはめ, などもとっくに, なども顔, などをぴかぴか, などを光せ, など光らせ, など指, など見た, なのよ, なん, なんてもの, にうつし, にかけてとっさ, にそれ, についての私, についてゐる, には亡くなられた, にふと, にも趣好, によく, によらない, に仕立, に何, に古渡珊瑚, に対してもあんなに, に対しまして幾多, に惹きつけられた, に手, に接けた, に真, に真珠, に耳, に見覚え, に魅力, ね, のあと, のあり, のある, のお, のお金, のきらめく, のきらり, のくいこんだ, のこと, のこわれた, のすべて, のつい, のどこ, のなか, のはまっ, のはまつた左手, のはまつた手, のはめられ, のみ燦然, のもの, のやう, のよく, のダイヤ, のブラ下つて, の上, の中, の主, の二つ, の他, の代り, の件, の価格, の印, の台, の多い, の多き, の太い, の奇怪, の寸法, の小, の嵌った, の彫刻, の恐く, の散弾, の星, の求める, の為, の無う, の珠, の真犯人, の税, の紅玉, の緑, の蚊, の表情, の見える, の金剛石, の青い, の飾, はあなた, はあまりに, はいかにも, はいくら, はいけない, はいちど, はいったん, はいつも, はおのずから, はきっと, はごらん, はそれ, はたいへん, はちろちろ, はどこ, はみがき, はめてるの, はもう, はもと, はアラビヤ, はエンゲージ, はサファイヤ, は一つ, は俺, は割れ, は右, は唯, は固く, は大事, は大粒, は実に, は嵌めず, は嵌めませんでした, は悉く, は悪魔, は抜けかけた, は燦然, は白金, は私, は純金, は紛うべく, は貴族, は黄金, ばかりで, ばかり六つ, まだ其上, までも取, まで出し, まで贈物, もある, もいらない, もいる, もうつった, もがなと叫ぶ, もなけれ, もはめられない, もトリック写真, も何, も剥ぎ, も売った, も嵌まっ, も嵌まつ, も日本人, も簪, も紅, も買, やちょいちょい, や何, や古色, や彼女, や数, や時計, や書物, や真珠, や着物, や着物抔, や腕時計, や金, や金貨, や金釦, や髪, よと不覚, よりももっと, らしい包み, をあげます, をいじり, をいただきましょう, をいただく, をうごかし, をお前, をかき集め, をかっ, をこわし, をさし, をそこ, をそこそこ, をだにこの, をちょろまかした, をつけ, をつけた, をでこでこ, をとった, をとにかく, をとらなく, をとりもどし, をどう, をぬい, をぬいた, をぬき, をぬく, をのせる, をはめさせ, をはめさせた, をはめたい, をはめない, をはめる, をば, をば一個花魁, をば出い, をひきちぎりました, をひねる, をほし, をもたせ, をもらった, をアンナ夫人, をチョッキ, をニャール, を一度あらためて, を一眼, を三つ, を上げよう, を下, を与うる, を与うるなり, を与えた, を五つ, を今一度チョト拝見, を作りかえる, を修繕, を借り, を借りられた, を僕, を元, を剥ぎ取った, を取っ, を取り上げ, を取り交す, を取り出し, を取り戻さん, を取り返さなく, を取換えよう, を受けとった, を受け取った, を受取っ, を右手, を吐き出させました, を呉れました, を喞, を噛みあわした, を噛みあわせた, を売り飛ばし, を売付けられました, を大事, を奪う, を奮発, を学生, を小さく, を左, を差し上げたい, を恋人, を戻し, を手品師, を投げ出した, を抜きとった, を抜きとる, を抜きました, を抜き出し, を抜き取った, を抜取り, を抜差し, を拝借, を指, を振り転がした, を捜す, を探し, を探し出す, を探った, を撰, を支配人, を柳田, を気, を渡す, を烏, を無理, を玩弄, を男, を眺め, を示し, を私, を私の, を窃盗, を竈, を篏め, を紳士, を脱ぎ, を自分, を落した, を落す, を衒, を見, を見せた, を見つけられた, を見まする, を視, を観賞, を詰め, を誇り, を貰, を貰つて, を買, を買いました, を買う, を買つて, を買わされた, を赤い, を輝かせる, を返さなきゃ, を選んだ, を酒造屋, を陛下, を靴磨き, を頼まれた, 出して, 売る売らないそんな, 長い長い髪

▼ 指~ (531, 5.7%)

14 はめて 7 はさんで, 力を 6 力が 5 眼を 4 つまんで, 嵌めて, 巻いて, 挟んで 3 ついて, はさんだまま, 唾を, 持って, 指輪を, 触れた

2 [30件] さし餌, さわった, ついた汁, ついた飯粒, つばを, つれて, なって, はさまれて, はめた, はめた指環, ふれて, むすびつけられて, わが唇, ペンを, ルビーの, 付いて, 噛みついて, 宝石を, 巻きつけて, 巻きつけながら, 怪我を, 手を, 折られた大, 指環を, 数へ, 比べて, 氷着く, 紙片で, 藻が, 霜やけが

1 [398件] あてて, あてはめて, あの内儀さま, あまるくらい, あらゆる宝石, あり, ある宝石, ある煙草, ある金口, いずれも, いつもはめられ, うすい指環, うんとダイヤ, おけるが, おじぎされ, お力を, かかって, かかる木の葉, かくれて, かけられた八寒嘯, かそかに力, かみついて, かみつかれたので, かみつくの, からませて, からまっちまったもん, からまれた岡, からみつくよう, からめて, からんだ黄色い, からんで, からんでるアーダ, きらめいて, ぎりゐつ今年竹の, くちを, ぐつと力が, ここと, この指環, さぐり出される, さした, さした指環, さす一つ, さっと接吻, さはる, さへ, さわったぞ, さわって, さわりました, さわる, さわる物, しが, したって, して, しては, しみ込んで, しろ福々しい, じっと手, すっかり指環, するどく研げる, そだ, そっぽを, その素晴らしい, そまりし黄表紙, それが, それでも針, それを, たこの, たつたささくれを, ちかいながら, ちくちくと, ついた洟, つい泥, つかんだよごれしなびた片手, つかんで, つきそう, つきたてた, つくくら, つくくらい, つけて, つけては, つけようか, つけると, つたへて, つままれて, つまみあげて, つまみあげようとして, つまみ上げた金, つまみ上げて, つまんだ燃えさし, つめたく, とおしたゴム紐, とげが, どれだけの, なかった, なずんで, なると, にじむその, はさまらないので, はさみて, はさみながら, はさみぬ月見草, はさむ, はさむと, はさんだタバコ, はさんだ敷島, はさんだ煙草, はじかれ, はまって, はまりません, はめた指輪, はめた脆い, はめた銀指輪, はめてた指輪, はめては, はめようと, ひきはられて, ひっかかる真綿, ひっかけて, ひろがりその, ぴかりと光る, ぴたっと吸着, ぴったりと, ふさは, ふれた, ふれたの, ふれられて, ふれると, ふれるばかり, ふれるばかりの, ふれる丸い, ふれ得ずして, ぶっつけて, ぶらさ, ぶらりと掛つて, ぶる, べっとりと, まだ力, まつはる, みんなで, もつれて, もつれふわり, やけどした, よく似, よりて, インクの, カスタニエツト打鳴らし, ギュッと, クリームが, グッと, ゴムの, サハイヤや, タコが, ダイアモンドが, ヒョーソーが, プッツリ, ホータイし, ヨードチンキを, レエスの, 一本一本火が, 一筋髪を, 七絃を, 不断の, 二包の, 付けて, 伴れ, 伸ばして, 似て, 似てるある, 何の, 余ったところが, 偶然あの, 光って, 光つてゐる, 入れて, 冷たかった, 冷たくぬれる, 凸起の, 出来た水, 出来て, 分厚な, 力は, 十本手首にも, 卷いたり, 取って, 受け取りました, 口を, 右の, 同じペン, 吸いつくとき, 吸ひ着く, 唾液を, 喰ひつく, 噛みついた, 噛みつく, 噛みつこうと, 墨を, 変わり得る事, 外ずして, 大きい金, 大きなダイヤ, 大きな印形入り, 大豆位の, 女は, 宝石入りの, 宝石夫人と, 寛い白麻, 導かれての, 小さき玉, 小太刀を, 小鬢の, 少し神経痛, 嵌って, 嵌めかけて, 嵌めさす, 嵌めた, 嵌めたり, 嵌めたオパール, 嵌めた指環, 嵌めた細い, 嵌めた認印, 嵌めてこそ, 嵌めながら, 嵌められると, 嵌め箪笥, 嵌め込んで, 川に, 巨人の, 巻きつける, 平打の, 幾つも, 引懸って, 強く, 当つたの, 当るところ, 彼の, 従ふ, 従事し, 心を, 忤うたが, 息を, 感じられは, 感じられる, 懸け直されただけ, 手拭いを, 手馴れたもの, 承けて, 抓みあげて, 折らる, 折られた大分限, 折られて, 折られるうち, 折られる一人, 折られる傑作, 折られる大分限, 折られる娘, 折りきれないほど, 折紙を, 押へ, 持たせた, 持たれて, 持ちにくく, 指輪が, 挟つて残つて居た, 挟むだ儘, 挟むと, 挟む筆, 挟んだが, 挟んだ煙草, 挟んだ葉巻, 挾まって, 挾んだまま, 挾んで, 捧げられた美しい, 捲いて, 掘り出す, 掛けつつ, 掛った儘, 接吻した, 掻き除く, 描かれたといふ, 握らせるには, 揺かしたら, 摘まみあげて, 摘まれた紙巻煙草, 摘みあげられたぼく, 摘みあげられて, 摘んで, 撮んで, 故郷の, 数珠を, 數へ, 染まって, 止まつてる, 残った, 残って, 比翼指輪が, 水に, 水晶の, 汗には, 沿って, 沿つてずつと, 泥を, 泰造から, 洋橙の, 深く切り込んだ, 清吉の, 火傷を, 無意識運動を, 無数に, 煌々と, 煙草を, 熱い血, 燐寸を, 燦然と, 爪の, 生えて, 畳まれて, 白手袋の, 目を, 真中を, 真珠の, 碧く, 私たちから, 私の, 私は, 移すこと, 移って, 空しき心地, 空を, 突つ込む, 立てて, 箝めて, 篏めて, 粘りついた飯粒, 紅猪口の, 純金の, 紙燭を, 素敵も, 絡まって, 絡みついた, 絡んで, 絵筆を, 絹の, 緑青を, 繃帯を, 置いて, 耀くもの, 耀く物, 胼胝が, 膏薬を, 膜が, 膺える, 芳しいうつり香, 茶を, 莨を, 華を, 葉巻の, 薄墨が, 薄墨散りぬ思ふ, 見えなければ, 解れた, 触った, 触った一冊, 触つて, 触るん, 触れしむとしてあやふく, 触れたので, 触れたら執拗, 触れたズボン, 触れた紙包み, 触れて, 触れない, 触れるまで, 觸つて首を, 觸れたる, 赤く白く指環, 起って, 蹴爪が, 身を, 軽かった, 輝いて, 輝き始めた, 輝く指環, 輝く金剛石, 透いて, 遑なし, 適へ, 遷し頭, 重そう, 金の, 鈎る, 鋭い痛み, 長い爪, 附いたの, 障るので, 青酸加里を, 食ひつい, 香の

▼ 指~ (489, 5.2%)

4 鉤の 3 なくて, はいって, ふるえて, 出て, 引金に, 私の

2 [27件] あって, あらわれた, しらで, それに, ちょうつがいに, なかった, なくても, まだコマ, 二本か, 五本とも, 出た, 切れて, 切れるよう, 動くよう, 四本しか, 急に, 断末魔の, 満足に, 無意識に, 皆内側, 確かに, 細くしなし, 絡みついて, 自分の, 見えた, 触れた, 触わると

1 [413件] あたかも鈎, あの美鳥さん, あまり震え, ありませんでした, あるとき, ある切り, いかなる理由, いかにも長く, いたく迚, いった, おさえようとしても, おしへて, おしまひです, おじぎする, お互いに, お兄上, お藤, かくれ甲, かけて, かじかんでしまつたので, かたき討ち, かたくにぎりしめられ, かちりと, かれの, かんじるよう, きかず音, きかなくな, くさって, くたびれる程, くっついて, くっついてたり, ぐっと手前, この凄, この刺繍, こわばって, さすの, さわりゃあ, しきりにお辞儀, したいたずら, しっかとそれ, しなって, しびれたよう, しらを, すきま, すぐに, するどく指し, すんなりと, そこから, そそのかした, それと, そんなにいたい, たしかに痛む, ただれ膿んで, ちぎれ, ちぎれるほど, ちょいと, ちょっとさわっ, ちょっとしまる, ちらちら乱れる, ついて, つまみだして, とどくあたり, なかつたならば, なかなか言う, なわを, ねずみ鳴きし, のけ反って, はえて, はしや, はずれた, ひきつって, ひどく可哀そう, ひょいと動いた, ひッつり, びるつこいせえに追, びんびん働く, ぴくぴくふるえた, ふと歓び, ふれてから, ふれました, ふれると, ぶる, ぶるぶる震, へんに, べたべたすら, ほぐれず, ほてって, ぼくの, また可愛い, まだ湿っ, まだ白粉, まづそれと氣, まるでさ, まるでひとり, まるで小, みんなに, むざんにも繊細な, めくった雨, もう自分, もがくよう, やさしき女, ゆるむの, よく利く, わいわいと, わたしの, わな, わなないて, わなわなと, わるくて, ガッシリと, グーッと, コンサイス・オクスフォードの, シッカリと, ズキズキと, ソッと, ナイフを, ニヤリと, ニュッと, ハンケチを, パッと, ホンの, ポロリと, マッチを, ムズと, ワナワナと, 一つの, 一寸お, 一寸觸, 一本, 一本かけ, 一本だけ, 一本だけに, 一本づつ多く, 一本ない, 一本なくなる, 一本なけれ, 一本も, 一本もし, 一本一本笑くぼ, 一本不足し, 一本入る, 一本出来た, 一本折れてる, 一本欠け, 一本足りない, 一本通る, 一束の, 万力の, 三本ずつしか, 三本ずつの, 三本だった, 三本であった, 三本ほど, 三本より, 三本丈しきゃないんですもの, 三本指しか, 上を, 下方を, 与市の, 両方の, 中宮寺の, 二三本ある, 二人の, 二度曲げ, 二本くっつい, 二本で, 二本なかっ, 二本やられ, 二本人差指と, 五本の, 五本ニョッキリ出, 五本衝立の, 今にもギュッと, 今にも鯉口, 今までに, 今加奈子の, 今度は, 他に, 伸びた, 何か, 何かを, 何ものかを, 何故だ, 先き, 入れて, 入れられる程, 全然別, 全部無く, 六本あ, 六本あっ, 六本あった, 内へ, 冷やかな, 冷やり, 冷り, 凍ったよう, 出たので, 出る, 切られたって, 切られて, 切り取られて, 切れちゃうでしょう, 切口へ, 初めに, 前の, 動いて, 動かなくなった, 動きさ, 動きピストル, 動く, 動くたび, 動くと, 動くので, 動くまま, 動けば, 十二胸椎の, 十本, 十本全部ない, 十本揃ってる, 千切れ, 博士の, 反って, 口と, 叩く音, 右だ, 右に, 各々三本ずつという, 吉良上野殿の, 向く前, 命を, 喉に, 噛みきられたよう, 器用に, 四本ない, 固まった鉤, 地面を, 変に, 大きく光っ, 大人の, 太くなっちゃっ, 太く短くッ, 女みたいに, 妾の, 子供の, 守れるの, 宗久の, 富を, 寝くたれた髪の毛, 小蛇, 少しも, 少し上向き加減, 屆く, 届かぬ, 届くの, 川手氏の, 床に, 引き金を, 弦を, 強く硝子窓, 弾き返されたばかりの, 当っても, 彼の, 往った, 徐ろに, 微妙に, 怒りに, 思うよう, 急いで, 悉く喰, 意味なく, 我と我が, 戸に, 折れて, 折れる乳首, 抽斗の, 拇指を, 指したところ, 振動する, 捻じ切れそう, 掌の, 掌掛け, 掛からうと, 揺いで, 搦む手と, 撃鉄を, 時々震, 曲つて肉が, 朱鞘の, 机の, 板片の, 柄から, 柄に, 染まりそう, 根こそぎ切り落とされ, 機械の, 次第に大きく醜く, 殆ど無くなり, 殊に目立ちます, 毛の, 沈黙の, 浅い巻き, 消えました, 済んだなら又, 滑って, 火水と, 灰皿の, 烈しくブルブル, 煙草を, 煙草臭, 燃えるよう, 現はれ, 現われて, 生気を, 異様に, 疲れましたので, 疲れ目, 痙攣的に, 痛々しく努力, 痛いほど, 痛いん, 痛かった, 痛くな, 痛くなるだらう, 痛む, 痛むわ, 痛点を, 痲痺し, 痺れるほど, 白, 白くなる, 白く血の気, 白すぎる, 百足の, 皆わなない, 盃を, 盤上へ, 眼に, 着いたん, 着いて, 短剣の, 碧血に, 空に, 突いた, 突張って, 立って, 算盤を, 箝めたであろう, 粘って, 絶望と, 綴じ紙, 緊張し, 美麗に, 肉腫の, 背中に, 脛の, 脣に, 脱腸に, 脱落し, 腐つて, 腐るぞ, 腫れて, 腰に, 腹に, 芝生の, 茶碗の, 荒れ放題, 落ちたり, 落ちて, 落ちる盲目, 薬壜を, 虚空を, 蜻蛉に, 蝉の, 行く手一ぱいの, 行ったり, 襟元を, 見えなかったら恐らく, 触ったと, 触って, 触るの, 触れあつ, 触れたと, 触れると, 赤くほてっ, 足りない, 足りなすぎらア, 近付くと, 造った小さな, 針箱の, 銀白色の, 鍵盤に, 長々と, 長く歩く, 開くの, 附いて, 降りて, 離そうと, 離れしな, 離れた時, 離れる途端, 雪の, 電極板の, 震えた, 震えて, 震えるもん, 青竹色の, 非常に, 面皮に, 顎の, 顔を, 顫え, 飛んだ, 食いこむよう

▼ 指~ (290, 3.1%)

5 ピタリと 3 氷砂糖の

2 [18件] あとから, おるがん, すんなりと, それて, たしかな, まっかに, もう扉, 固く内側, 太くて, 帯の, 彼の, 摩耶夫人が, 皆輝き, 眞つ, 節が, 腰骨の, 薔薇色に, 蚕の

1 [246件] あいての, あの鬢, あまり証には, あやまるよ, ある一点, いためど, いっつも銹だらけ, いつもの, うちふるひ, うつらうつらと, お雪, かじかまり, かつて書物, かならずその, きくの, こころよく, この時, こんなにぶるぶるし, さされぬ自負, しかと我手, すこし屈め, すっかり切り離され, ずいぶん細い, ずんずんわたし, そいつを, そうし, そっと突いた, そのため, その夕やみ, その手, その花, その銅貨, それでも何処, それに, それを, それ自身血に, そろそろと, ただに, たちまちの, たった三本, たつの, たよ, たよわく, だんだんと, ついて, つよい感激, とても譜本, どうしてそうまむし, どうしました, どうなった, どうなっちゃった, どうなりました, どうやら手塚さん, ばねの, ひきしまって, ひらかれ, ぴんと上, ふかく折りまげ, ふたたび胸椎, ふたつなき, ぶるぶるふるえ, ぶるぶる震, ぶるぶる震え, まあ, まげること, まさかに六本, まだみどり色, まつ白, まるで蠅, みな肥り切っ, むずとばかり, もう拘, もちろん正確, やがてつき, やがて自, よく見え, われの, ゴットフリートという, ズキズキと, タイピストの, ビロウド幕の, ピアノの, ミダスの, ワナワナ慄え, 一つづつ高い, 一の, 一本だけ, 一本一本に, 三十五文字を, 上に, 不思議な, 五ツと, 五分ほど, 五本ある, 人さし指だった, 何の, 何千という, 何物かを, 使うつもり, 使うまいと, 僕の, 全部鉤形に, 六本あっ, 冷めたかった, 凍えたが, 凍結し, 動きぬ, 半分無意識に, 危うくピストル, 又この, 右に, 吉良の, 向ふ, 喉から, 固く弁馬, 土だらけに, 土の, 垂下った, 執拗に, 墓から, 如何に, 容易に, 屏風の, 左に, 左側の, 布片と, 平生から, 平生でも, 延びないから, 引金に, 思いの, 思わず知らず, 怪我を, 怪物の, 悉く腐蝕剥落, 意外にも, 感じが, 我々と, 我があらゆる暗黒面, 戸倉の, 戸棚の, 折れるよう, 掻き寄せようと, 撤回しない, 撫でながら, 敏捷に, 斬ッ, 断たれ足, 斯う, 昔私の, 暖い, 木片の, 果たして何, 枯れたる松が枝, 枯れたる松枝, 棒から, 椅子の, 欄間を, 死の, 汚れて, 洗ふ, 無心に, 焼けません, 熱いし, 爪の, 爪まで, 爪先の, 爪紅が, 牀を, 犯人の, 独自の, 猶, 珍重珍重, 琵琶の, 白い鳥, 白井差とも, 白魚を, 皆内部へ, 皆行儀よく, 目に, 直吉の, 真中の, 真黒く乾, 矢はり五本である, 矢張りそこに, 稼いで, 突然しまらん, 立ち話し, 筆の, 節くれ, 節長に, 簡単な, 紅筆で, 素晴らしい指, 紫ばんで, 細々と, 細かく慄, 細くしなやか, 細くて, 細くなっ, 細くも, 細く成つて, 細く清らか, 細く長くすらり, 細く長く節, 組み合わされて, 絵図面を, 綱が, 繊細な, 胸の, 膿の, 自分の, 自然と, 苛い, 茶碗を, 藤木の, 見えなくなる, 見る者, 誠に結構, 誰の, 輕くう, 透き通ったよう, 都ハルレムの, 都ハレルムの, 醜い癩, 金の, 鉄で, 鋼鉄の, 鍵盤の, 鍵盤を, 長くかつ, 長くは, 長すぎる, 閻王が, 雪の, 電鍵の, 霜の, 霜焼けで, 靭かに, 頸を, 顔を, 顫え, 顫へて, 馬上の, 鵞王手とて, 鶺鴒の

▼ 指一本~ (175, 1.9%)

3 の力, を切る, 触れること

2 [13件] さえ触れる, ささせるもの, さすこと, たりとも, でも, でもさわっ, でも戸, でも触れさせる, ふれること, も差しかねた, 出して, 動かすの, 触れて

1 [140件] うごかせず咳ばら, うごかせず咳ばらい一つ, うごかせない, おさし, かけること, からそんな大きな, からませた, がとても, ぐらいのこと, ささしは, ささせないぞ, ささせないよう, ささせることぢ, ささせるもん, さされず爽快, さされない態, さされない暮し, さしても, さわらせぬ, さわらせません, たてて, だって差させ, だって差させる, だって指しやしない, だって指せやしないだろう, だって触れた, だつて, つけること, でなげとばす, でなされた, でひっくりかえっ, でもささせる, でもさして, でもたいした, でもちあげられるでしょう, でもふれた, でもふれる, でも差そう, でも御, でも指され, でも指し, でも指したら, でも搗きつぶした, でも私, でも自分, でも触っ, でも触れ, でも触れさせ, でも触れさせません, でカンテラ, で動かす, で問わず語らずの, で投げ倒され, で相手, で軽く, というところが, にうごく, にも当たらない, に触れる, のため, の一接触, の上, の下, の創あと, の動き, の幅, の腕, の試合, の運動, はいる, ふれさせまい, ふれさせること, ふれたら私, ふれも, もささせず, もふれますまい, も動かさず, も動かし, も差させず, も差させません, も決して, も触れさせなかった, も触れさせまい, を動かした, を千金, を賊, 切ると, 加えること, 動かさせただけ, 動かさなかった, 動かしたって, 動かして, 動かしては, 動かすでも, 動かすほどの, 動かせやせぬ, 差させやしませんよ, 差させようとも, 差させるもん, 差さねえん, 差して, 差せることぢ, 差そうもん, 差出す余地, 当てて, 折り又, 指さしゃしねえかんな, 指させないの, 指させぬ天険, 指させは, 指させるこっちゃあねえ, 指させる事, 指さるる主, 指されん, 指すこと, 指す事, 斬り落したからとて, 欠けずに, 欠けてる所, 残らず溶かして, 触ったこと, 触った事, 触らずに, 触る勇気, 触れさすもの, 触れさせず先ほど, 触れさせたが, 触れさせぬぞ, 触れさせぬ将軍家, 触れさせは, 触れさせませなん, 触れずそっと, 触れた者, 触れないというくらいの, 触れないなどという, 触れなかったのに, 触れようとは, 触れられんよう, 詰めないよう, 障らぬ今

▼ 指さき~ (158, 1.7%)

2 でこころもち, でしっかり, でそつ, で無器用, など痛む, に血, に觸, の微細, もそれ

1 [140件] からササササ, から銀貨, がいま彼, がおののいた, がどうか, がびりびり, がむづ, が今, が余りに, が凍え, が動き, が痛む, が痛ん, が顫つて, で, でかきあげ, でこつこつ, でしごい, でする, でそこ, でそっと, でその, でそれ, でつまむ, でつまん, ではらっ, でまわし, でむしり取る, でテーブル, でパン屑, で何, で切符, で土, で寄せ, で小突い, で巨砲, で弄び, で払う, で押した, で掌面, で数え, で文字, で書く, で歯車, で涙, で番号, で相手, で算盤, で細工物, で終日愛撫, で練っ, で膝, で芍薬, で触っ, で鉄扉, で頬, で頭巾, に, にき, にきらきら, についた, につまん, になにか, にふれた, によせあつめ, に今夜, に光る, に冷めたく, に刺, に力, に吸, に墨, に手, に挾ん, に掴まつた, に摘み出された, に泌, に流れる, に目, に籠め, に紐, に衣物, に触られ, に触れた, に迫っ, に迫りよる, に釣針, に露, の, のある, の世界, の力, の加減一つ, の固く, の感触, の方角, の沈む, の皮剥けんか, の示す, の空, の細かい, の纖毛, の肉, の肉翅, の針, はすでに, はぶるぶる, は一寸, へ瞳, へ視線, ほどの灰白色, もおのずと, よりほとばしり出, をかたく, をきつく, をさしのべた, をすっかり, をちらりと, をつつ込む, をつまんだ, を二三本, を切った, を切る, を動かし, を吸盤, を嘉助, を器用, を弄び, を戦かせた, を折っ, を拭く, を持つ, を染め, を臆, を見, を見た, を見つめ, を逆, 濃青, 舌の

▼ 指差し~ (152, 1.6%)

239 ている 8 ながら 6 ていった 5 て云った, て彼 4 てゐる, をし 3 て笑っ, て説明 2 ていた, てトムソン, て何, て見せ, て言, ながら彼, ながら私

1 [68件] しながら, それから叔父さま, それから私, つつもどこ, てあの, てあれ, ていう言葉, ていかにも, てこれ, てその, ては切り, てまた, てマルコン氏, て久保, て事細やか, て云つたの, て云つて, て何とか, て叫んだ, て同じ, て君子, て娘, て山犬, て彼女, て教, て教えた, て杉田, て点頭き, て父, て皆, て直させた, て知らせ, て示した, て突如, て笑, て笑つたもの, て細君, て膳夫, て自転車, て見せた, て訊ねた, て語り, て負け惜, て顔, ながらゲラゲラ, ながら下, ながら下男, ながら医師, ながら反, ながら口, ながら周章, ながら大月, ながら威圧, ながら憤然, ながら手前, ながら機関車, ながら生真面目, ながら皆様, ながら盛ん, ながら私達, ながら笑った, ながら言った, はできないでしょう, ひっくり返りそう, をした, 熱し切つた頬, 覆ひの, 見れば

▼ 指~ (151, 1.6%)

28 をし 15 して 54 をする, を受け 3 すれば, に從, に從つて 2 がましい, すると, ですが, でせう, のま, の仕事, をしました

1 [72件] があれ, がなけれ, が行屆, されたつて不足, されて, した, してから, してを, しなさい母さん, し乍ら, する, するの, するやう, する事, だつたさうで御座います, だなんて, であつし, でございました, です, でもございません, でもし, でもなき, で八五郎, で同心, で奉公人達, で平次, で庭, で御座います, で擧げた, で松山, で母屋, で用意, で私, で米搗き男, で與力堀江又五郎, で若殿樣, で菊之助, で葛籠, といふの, と云う, と聞い, なしには, などを申しやり, なんか受け, にした, による, に一聲, に背く, の中, の儘, の反, の如く, の譯, はなか, は出けん, めいたこと, やらいろ, をあそばし, をした, をしてやらう, をします, をばフラア・マルチノ, をまつ, をも受けず, を仰いだ, を受ける, を待つ, を番頭, を簡單, を請うた, を頼む, 無いうち

▼ 指~ (106, 1.1%)

12 指との 6 指を 5 指の 2 いって, いへば, 人さし指で, 人差指で, 彼女の, 拇指で, 指とを

1 [69件] いいその, いうので, いえば, いふので, おなじい, しなやかな, そっくりだった, その爪, ひとさし指で, ひとさし指との, びつくりした, ぴったり合っ, ハンカチを, ヘロインの, 両足の, 中指の, 二本の, 人差指とを, 分れるの, 別に横, 別れてから, 十字を, 口とを, 同じ角速度, 吸ひぬ, 宗像博士の, 定使いら, 小函, 小声で, 思われるほど, 手の, 手のひらに, 拇指の, 指とが, 指とで, 指とに, 指とは, 指環との, 掌は, 支那の, 時々思い出した, 泣き顔に, 漱茶碗と, 爪が, 爪を, 瞬間的な, 矢を, 知らなければ, 知りながらも, 硝子杯を, 穂先だけ, 第三指, 第五指, 耳朶とが, 腕と, 腕とを, 親指の, 言い何一つ, 貝殻の, 足の, 離れた手套, 雲から, 頸の, 顔とが, 顔の, 食指とが, 髪と, 鼻で, 鼻髭と

▼ 指~ (105, 1.1%)

2 ささせは, 差させないやう, 触れないで

1 [99件] ある, くぐらない細かい, こ, こまかく働く, ささせぬ, ささせぬぞという, ささせぬと, ささせまい源太一人, ささせるもん, さされぬステキナ手段, さしますまい, さすまい, さすまいと, さすまじく况, させないだけに, させないで, さわらせませんでしたよ, たゆく, ちぎれそう, てる, てる曙, てる曙光神, てる美なる, ない, なめげ, なよなよと, はいらない熱湯, はたらく投機師, ばらばらに, ぴりっとも, ふれたま, また彼, みな無事について, もはやきかずなれり, やはり蒼ざめた光沢, ナフキンも, ハッと, 不思議な, 五本共べろりと, 今は, 入らないで, 入れられないよう, 切り取って, 動かして, 動かせぬ身, 動かぬを, 大脇指長, 山では, 差さずに, 差させない, 差させないつもり, 差させなかつたの, 差させねえやう, 差させまいとして, 差させるこっちゃ, 差せねえやうぢ, 差せるこつちや, 差せるもの, 差せるわけ, 強いて拒み, 手さぐりでおわかりになりますやうに, 手首も, 折れて, 折れないし, 掌も, 掛けて, 斬つたこと, 普通よりはずつと, 村正と, 毒に, 泣けるなりけり, 眞紅に, 硬直し, 私の, 立たぬので, 第一関節, 節くれ, 細いの, 腐らせて, 自由が, 萎れた, 見えない黒内障, 触つた事, 触れては, 觸れた, 觸れなかつた, 赤く染まっ, 赤く透き, 足の, 軽く動いた, 長すぎる, 震えつつ, 震えて, 顏の, 駄目だ, 骨ばつて, 髪も, 黄いろくし, 黄褐色の

▼ 指から~ (75, 0.8%)

6 腕腕から 3 血が, 赤い血 2 すりぬけて, 此画の, 此畫の

1 [57件] ああ鬢, ざらざらと, しみじみと, じかに餌, すこし血, すべり落すまいとして, その銀瓶, たらたらと, にじみ出る血, ひきぬいて, もったいぶって, やり直すん, ポロリと, ルビーの, 一気にさっと引き抜く, 三本の, 乳を, 二枚の, 今も, 何時と, 全く一昼食分, 千代重が, 半インチより, 口の, 嗅煙草を, 外した指環, 封を, 尖きは, 徐かに, 悪血を, 抜いた蒲鉾形, 抜いて, 抜き取って, 拳銃は, 放すと, 格子へ, 流れ出た血, 湯呑に, 滑り落ちた, 爪まで, 生れて, 生血が, 盗んで, 短い刃物, 突然に, 箸が, 肩に, 脂よりも, 脱いたこと, 腕中腕から, 自然に, 落ち時々, 血の, 血を, 衣の, 転ぶ音, 頭に

▼ 指ざし~ (59, 0.6%)

65 をし 2 てあれ, ていふ, ている, て見せた, ながら, ながらあれ, ながら川向う, ながら言, 給ふ

1 [30件] そうして皿, たり, たりされる, てか, てかしこ, てかなた, てこう, てこの, てさては, てどう, てわたし, てキケロ, てソラ, て何, て報せん, て市, て燭, ながらそれなら, ながら三太, ながら私, ながら自動的, なんぞをし, また自分, をした, をする, 乍ら左の, 教へ, 教へて, 残月は, 爰ばかりが

▼ 指には~ (52, 0.6%)

2 余り不景気, 力が, 大粒の

1 [46件] あまりに美し, いって, いや名人, おきまり, これも, それを, ところどころ黒チック, どんな指環, まだ一つまみ, もう力, ダイアモンドが, チョッピリ鳳仙花の, ビールの, ベットリ血が, マニキュアが, 一つの, 一寸淋しい, 一束の, 一種の, 三の, 三カラットも, 二つも, 代助, 倍額の, 四つまで, 女の, 微かだ, 折り餘, 拡大した, 指環が, 指環を, 撥胝が, 水掻きが, 洋銀の, 火の, 無数の, 疵が, 白金の, 真鍮の, 眩しいよう, 網走の, 貝殻の, 金細工屋に, 青い静脈, 飯が, 驚愕した

▼ 指~ (44, 0.5%)

2 が來

1 [42件] から葉書, から電話, がその, が下足札, が下駄, が何處, が又, が又色々, が打ち解けた, が故意, が無理, が焦れ, が然, が益々, が約束, が親密さ, が貴女, が非常, が顏, とは一寸, とは云, と自分, にはその後一寸, には前, に手紙, のこと, の名, の心事, の模樣, の電話, はその他, はインバネス, は下谷, は何, は匆々, は執念, は早速, は自分, は解らぬ, は變, は餘, も同じ

▼ 指でも~ (39, 0.4%)

3 さして, さすと 2 差して, 差すと, 指して

1 [27件] かけさせたら仲間, くわえて, ささしは, さされて, さしたら承知, さしてご覧, さすとき, さすなら差して, さす気, させば, ふれたいの, ふれると, 何でも, 刀と, 加へ, 噛まれて, 圧えず, 差さうと, 差しや, 差そうもの, 手でも, 折られる位, 指した奴, 指しや, 突つ込ん, 触れれば, 附けさせるもん

▼ 指ヶ谷町~ (32, 0.3%)

10 の喜七 4 の親分 3 にある 2 の家, の寄席

1 [11件] では如何にも, に住居, に昨夜人殺し, のあの, の俺, の傍, の自宅, へかけ, へまわっ, へゆく, へ出

▼ 指~ (28, 0.3%)

1 [28件] がわたくし, が獣, が目途, が細く, でもって押釦, で掻く, とともに揺れる, にて圧したる如き, に化け, に唾, に撮み, の下, へ加留多, へ巻い, も力, をソース, を一寸, を上框, を出し, を唇, を徐ろ, を擬する, を留めました, を鉢, を離さなかった, を離した, タステンに, 木端に

▼ 指差した~ (28, 0.3%)

42 ところを, のは, 方を

1 [18件] ということ, のださうです, ので滝本, ので見る, のを, まま唇を, モーツァルトは, 個所を, 傍らの, 壁際の, 外人たちの, 太い麻縄, 奥を, 家が, 怪しい星空, 時実の, 桟敷の, 目次を

▼ 指~ (27, 0.3%)

2 手の

1 [25件] いかにと, よく伸びた, ケイホスロウ, ヤリの, 体全体が, 唇まで, 小函, 少しばかりの, 手頸を, 指先や, 握り拳が, 歩数を, 爪を, 片胸, 美しい爪, 背中や, 花瓶も, 茶わんと共に, 足指の, 趾の, 鍵を, 頭の, 頭部の, 顔から, 顔の

▼ 指差す~ (24, 0.3%)

4 方を

1 [20件] か差さぬ, ことは, ところを, ところ十目の, とゑん, と小石川一帶, のが, のであった, のである, のでそちら, ので彼, ものでなく, 上を, 先の, 南十字星の, 方向へ, 方角から, 方角を, 沖を, 線に

▼ 指~ (24, 0.3%)

1 [24件] が冷たく, でテーブル, で押さへ, で掻き, につく, にとどまる, にはいつの間にか, に出, に加わりたる, に捻りつ, に掛かる, に摘み上げ, に生ずる, に立ち, に軽く, の爪, の痛く, の痛み, の顫, をその, をもっ, を右, を弄, を見せる

▼ 指~ (21, 0.2%)

2 絡んで

1 [19件] いきなり噛みついた, かみついた小学生, かみつきたれば, ぎりつと絡ん, つけて, やわらかに, 傷を, 刺を, 力を, 噛みついたので, 巻きつけたと, 当てて, 感じる熱度, 痛くしびれ, 礼儀を, 移った, 血を, 触って, 顋を

▼ 指~ (21, 0.2%)

3 の人物 2 かぞえて, の大, の酒屋, 数えて 1 して, であった, の優秀炭質, の変人, の富豪, の物, の物持, の物持ち, の財産, の金持

▼ 指との~ (19, 0.2%)

5 間に 3 間の 2 谷間に 1 あいだから, あひだ, すき間に, はなれたすき, 間が, 間で, 隙を, 隙間から, 隙間を

▼ 指にも~ (18, 0.2%)

2 手にも, 髪にも

1 [14件] あざやかな, その計算, はめきれないほど, キラキラと, 劣らない力, 扉が, 新しい爪, 日増しに伸びる, 煌めいて, 爪ぎわにもあった, 白い玉, 見なれぬ指環, 足りないだろう, 黄金の

▼ 指一つ~ (17, 0.2%)

4 触れさせて 2 動かすこと

1 [11件] さされたくないの, さわりゃア, ふれさせないで, を手, 曲げるわけ, 触つて, 触らずに, 触らせる旦那様, 触れなかったよう, 触れようとは, 触れるの

▼ 指~ (17, 0.2%)

4 の先 2 と拇指, の尖 1 がぶる, とを丸め, と親指, の間, よ, を擦り合わせ, を空, を竪, を自分

▼ 指~ (16, 0.2%)

2 が限られ, の報ら, の小指, の研究 1 が報ら, と使用時間, の内容, は六三銀, は四九飛, を各自, を研究, を私

▼ 指~ (16, 0.2%)

1 [16件] がハッチソン, が印され, が附着, だよ, ではない, などというもの, なん, の主, の血の気, は, は誰, をよ, を付ける, を蒐集, を見る, を附けた

▼ 指~ (14, 0.2%)

51 から亭主, か扇子, とおもっ, とでもおっしゃる, と訊い, な, なあ, のに, よ指

▼ 指~ (14, 0.2%)

2 すると

1 [12件] される場合, しかく, した, したのみ, したもの, し其リワル, すべき理由, すること, するに, する所, せられた三党, せられた御館藤原氏

▼ 指にて~ (13, 0.1%)

2 之を

1 [11件] 候, 地を, 寄せるまね, 強く圧したる, 摘まむと云, 摘み, 摘んで, 水という, 盆の, 血の気も, 裾を

▼ 指~ (13, 0.1%)

2 を吹いた

1 [11件] が二度, だ俺の, でも吹き, に息, をふい, を吹きぬいた, を彼, を鳴し, を鳴らし, を鳴らした, を鳴らす

▼ 指もて~ (12, 0.1%)

2 土に 1 その殻, その陰, われ縒りぬ, 其方を, 我頬を, 手際よく, 指揮する, 撮みて, 鍵盤を, 音な

▼ 指力線~ (12, 0.1%)

3 の振動 1 がある, とか磁場, とその, に沿う, に直角, のこと, の性質, の数, の照明

▼ 指さきで~ (11, 0.1%)

1 [11件] しきりにこめかみ, ガーゼの, 一つ一つに, 一本, 一粒ずつ, 二三度揉む, 十二三人ほど, 小さくて, 方眼紙の, 自分の, 舌の

▼ 指ざす~ (10, 0.1%)

2 方角を 1 とおり二三町先には, のである, のを, ほど笹村, 彼方は, 方に, 方を, 方向を

▼ 指折っ~ (10, 0.1%)

2 てみ 1 てみたら, てみよう, てもまる, て勘定, て名, て数え, て数える, て日数

▼ 指点し~ (10, 0.1%)

2 て教 1 て待ちたる, て曰く, て色色, て説明, て諸, ながら, 時艱を, 此に

▼ 指~ (10, 0.1%)

2 であり好意 1 が何人, だったこと, だったという, であった, であること, であるため, も滑り落ちる, を怒る

▼ 指ばかり~ (9, 0.1%)

1 であった, でなくそこ, でなく腹部, では, 佩いて, 屈て, 彫って, 折り數, 繰って

▼ 指~ (9, 0.1%)

2 の先生 1 に持っ, のあと, の治療師, ばかりでなく, もあんま, をし, をした

▼ 指差された~ (9, 0.1%)

1 ところを, ので私, のは, 地上へ, 家を, 方角へ, 方角を, 森の, 薄明の

▼ 指からは~ (8, 0.1%)

1 したたらなくなって, すこし血, なまなましく血, なれて, なれては, 一尺ずつの, 美しいピアノ, 血が

▼ 指とを~ (8, 0.1%)

1 くっつけなければ, もって, タッキタッキと, 丸めて, 出して, 失った, 用ひ, 組み合わせて

▼ 指など~ (8, 0.1%)

1 マムシに, 切らなくても, 印象深く目, 卵の, 喰い切りて, 御車, 折りまげなくとも, 見ると

▼ 指ほどの~ (8, 0.1%)

3 大きさ 1 小さな子, 山椒魚であった, 蛾が, 長さ, 鱚じゃ

▼ 指折る~ (8, 0.1%)

1 ことも, にはあたりません, ばかり淀文, ほどしかなかっ, ほどしか無い, ほど少なく, 程に, 程も

▼ 指~ (8, 0.1%)

2 すること, するに, を経る 1 する如くである, せらる

▼ 指つき~ (7, 0.1%)

2 をし, を感じた 1 でくりかえしくりかえし, でその, を見る

▼ 指という~ (7, 0.1%)

2 ものが 1 のは, のを, 手で, 日で, 風に

▼ 指~ (7, 0.1%)

1 で軽く, にあるらしく, の太い, の短い, の突端, の高く太い, をぽきぽき

▼ 指きり~ (6, 0.1%)

2 しても 1 したから, しました, をし, をしませう

▼ 指さえ~ (6, 0.1%)

1 とどこうと, なくし, ピアニストに, 差させぬ拙者, 持って, 触れる権利

▼ 指などを~ (6, 0.1%)

1 念入りに, 折つて勘定し, 折つて見せる, 折ります, 折り乍ら神妙, 折り乍ら續

▼ 指まで~ (6, 0.1%)

1 いたくなって, 噛み切ったと, 潰しゃげてしまったあの, 行かなかったん, 雨上りの, 黄金づく

▼ 指より~ (6, 0.1%)

1 して, 少し細い, 手首が, 紅の, 顔の, 黄金の

▼ 指月ヶ岡~ (6, 0.1%)

2 と云う, にのぼっ 1 ということ, というそう

▼ 指~ (6, 0.1%)

1 からこぼれ落ち, にある, にその, にはさませた, に盛, や腕首

▼ 指~ (6, 0.1%)

1 して, する事, のあ, のうち, の中, の間

▼ 指でかき~ (5, 0.1%)

1 ながらやっと, ながら答えた, まは, 廻しながら, 廻す癖

▼ 指では~ (5, 0.1%)

1 ない, なく真っ赤, 切れないカン切り, 持ちたくねえと, 決められない

▼ 指なし~ (5, 0.1%)

2 の権 1 のこと, 手袋さ, 手袋まで

▼ 指まるで~ (5, 0.1%)

5 骨の

▼ 指三本~ (5, 0.1%)

1 たっぷりはみ出た, と五本, を切断, を失った, 引かけて

▼ 指二本~ (5, 0.1%)

1 が二弗, ずつでつまんだなり, で掻, の緑, 出して

▼ 指~ (5, 0.1%)

5 が何時

▼ 指尖で~ (5, 0.1%)

1 もみ, ベルを, 襷を, 雲の, 鳥の

▼ 指白玉~ (5, 0.1%)

5 の指

▼ 指~ (5, 0.1%)

2 するに, を惹く 1 せしに

▼ 指~ (5, 0.1%)

1 だ, の中, をおろす, をはめられる, をはめろ

▼ 指だった~ (4, 0.0%)

2 のです 1 からポコちゃん, よ

▼ 指できしきし~ (4, 0.0%)

4 させながら

▼ 指とに~ (4, 0.0%)

1 はさんだ卵, 昔の, 血が, 見つめつつ

▼ 指とは~ (4, 0.0%)

1 ならない, また考えた, 九族の, 鑿を

▼ 指~ (4, 0.0%)

2 のです 1 のよ, んで

▼ 指ばかりは~ (4, 0.0%)

4 細々と

▼ 指をも~ (4, 0.0%)

1 ていたく恐喝かす, みあわして, 動かさざりき, 見舞つた

▼ 指を以て~ (4, 0.0%)

2 指さすの 1 撮みて, 私の

▼ 指一本彼女~ (4, 0.0%)

4 に触れる

▼ 指人心~ (4, 0.0%)

1 だ, で階級制度, の態度, の禅機

▼ 指~ (4, 0.0%)

1 がころげ, が出, ながら二人, をし

▼ 指~ (4, 0.0%)

1 された, し官憲, を受けた, を受ける

▼ 指折れ~ (4, 0.0%)

1 ば六, ば去年, ば少から, ば早く

▼ 指無し~ (4, 0.0%)

3 の権 1 の川島

▼ 指~ (4, 0.0%)

2 して 1 とを買う, の的

▼ 指組み~ (4, 0.0%)

1 あはせ, て, 絞り胸, 絞り胸隱

▼ 指~ (4, 0.0%)

1 しつ, して, し得るだけ, すること

▼ 指おり~ (3, 0.0%)

1 の大, の金持, 数うれ

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 ァんまれ, 何か, 或はどっか

▼ 指ざした~ (3, 0.0%)

1 のが, のは, 山の根には

▼ 指する~ (3, 0.0%)

1 ぐらいに解釈, ものである, やうだ

▼ 指だけで~ (3, 0.0%)

1 つまみぐっと, 器用に, 済みますならそれ

▼ 指だけの~ (3, 0.0%)

1 せいも, 力では, 子供を

▼ 指だけは~ (3, 0.0%)

1 いって, 火鉢の, 間違いなく

▼ 指だの~ (3, 0.0%)

1 およそありとあらゆる, 会費の, 針箱だ

▼ 指とで~ (3, 0.0%)

1 つまみ上げる, はさみ物, 取引が

▼ 指とも~ (3, 0.0%)

1 なる, なる此, 順々に

▼ 指なぞ~ (3, 0.0%)

1 という名, どうぞに, 細くって

▼ 指などは~ (3, 0.0%)

1 わからない, 分らない, 自分の

▼ 指なんかは~ (3, 0.0%)

3 まことにほつそり

▼ 指にかけて~ (3, 0.0%)

2 握って 1 熊の

▼ 指にまで~ (3, 0.0%)

1 マニキュアを, 事務的に, 至ッた

▼ 指のみ~ (3, 0.0%)

2 見せて 1 両方親骨に

▼ 指をば~ (3, 0.0%)

1 唯だの, 押し匿, 指さるる辛ら

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 中ニサシ, 小西湖ニ屈スルハ其山水ノ, 破ッテ詔ヲ書キ

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 がつき, を押しつける, を探しはじめた

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 でで, で甚五郎, なん

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 があやしい, の差, は四十哩

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 で, を印, を紙

▼ 指掌図~ (3, 0.0%)

1 ともいっ, にそんな, にもない

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 であったと, にする, になさいました

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 という名, など名所古蹟, よりチョコレート

▼ 指点した~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 山に対して

▼ 指点す~ (3, 0.0%)

3 指の

▼ 指~ (3, 0.0%)

2 に弾かれ 1 の中

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 であり之, を与える, 即ち目

▼ 指~ (3, 0.0%)

1 がつい, がはっきり, の残ってる

▼ 指あて~ (2, 0.0%)

2 眺めたり

▼ 指あて故里~ (2, 0.0%)

2

▼ 指いと~ (2, 0.0%)

2 なきまで

▼ 指い切る~ (2, 0.0%)

1 の足, の足い切る

▼ 指うごかした~ (2, 0.0%)

2 折とん

▼ 指ぐらい~ (2, 0.0%)

1 この通り, 打切られたって

▼ 指ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 もの三本の, 小魚

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 へ触れる, へ随意

▼ 指さえも~ (2, 0.0%)

1 動かすこと, 見逃さなかった

▼ 指ざされた~ (2, 0.0%)

1 ほうを, 方へ

▼ 指ざせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 指その~ (2, 0.0%)

1 指環の, 美しい花

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 のだ, 柿などが

▼ 指だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 湯鑵の

▼ 指つい~ (2, 0.0%)

1 て挨拶, て軽く

▼ 指であった~ (2, 0.0%)

1 が, 指輪も

▼ 指である~ (2, 0.0%)

1 ことも, 箇所を

▼ 指とが~ (2, 0.0%)

1 なくなって, 丸い輪

▼ 指として~ (2, 0.0%)

1 使つた, 酒器として

▼ 指なぞと~ (2, 0.0%)

1 気も, 氣も

▼ 指なぞを~ (2, 0.0%)

1 切ったこと, 切っては

▼ 指などが~ (2, 0.0%)

1 ない, 次々と

▼ 指なんか~ (2, 0.0%)

1 さされたらもう, 切ると

▼ 指によ~ (2, 0.0%)

1 つてち, つて頬杖を

▼ 指によって~ (2, 0.0%)

1 なおすべて, 咽喉を

▼ 指はめ~ (2, 0.0%)

1 だとか, でももしも

▼ 指ひとつ~ (2, 0.0%)

1 さされたこと, でいつ

▼ 指へでも~ (2, 0.0%)

1 くらいついて, ついたよう

▼ 指ゆびで~ (2, 0.0%)

1 こうね, とんと突いた

▼ 指よりも~ (2, 0.0%)

1 うまく物, 武蔵の

▼ 指わざ~ (2, 0.0%)

1 が天王寺, で思う存分

▼ 指ケ谷~ (2, 0.0%)

1 の方, へ出る

▼ 指シ舵器マタキカズソレニ~ (2, 0.0%)

2 続キ高度計

▼ 指ニテ~ (2, 0.0%)

1 之ヲ彈ズルニ, 握ル

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 先ガ背中, 先マデガ疾患部ナノデアルガ

▼ 指ヶ谷~ (2, 0.0%)

1 かけて, の地名

▼ 指一本一本~ (2, 0.0%)

1 を拝む, 切っても

▼ 指一本髪一筋~ (2, 0.0%)

2 も犠牲

▼ 指井君~ (2, 0.0%)

1 が連れ, は自分

▼ 指~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 して, タル渓谷アリ因テ山ニ名ヅク

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 したが, をしましょう

▼ 指四本~ (2, 0.0%)

1 のところ, をしっかり

▼ 指圖役~ (2, 0.0%)

1 に廻つて, に廻り

▼ 指尺通り~ (2, 0.0%)

1 に働く, に動く

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 の若者, を抽

▼ 指招い~ (2, 0.0%)

1 て低く, て卓上

▼ 指月堂君~ (2, 0.0%)

1 から北支出征, へ送つ

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 にすれすれ, にぶつかっ

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 がめちゃめちゃ, の問題

▼ 指環さ~ (2, 0.0%)

1 へ嵌め, へ穿め

▼ 指環一つ~ (2, 0.0%)

1 ないの, 嵌めて

▼ 指環指~ (2, 0.0%)

2

▼ 指環等~ (2, 0.0%)

1 の粧飾品, の装身具類

▼ 指白い~ (2, 0.0%)

1 のと, 指先白い

▼ 指~ (2, 0.0%)

2 の向う

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 が動く, を絡ましめ

▼ 指結立て~ (2, 0.0%)

2 の品

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 に泥, のあ

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 ぐらいです, だとか

▼ 指角力~ (2, 0.0%)

1 しても, なんかし

▼ 指触り~ (2, 0.0%)

1 あてゆく針, の快い

▼ 指触れ~ (2, 0.0%)

1 て見ろ, ば水気

▼ 指起り~ (2, 0.0%)

1 何れも, 外國人も

▼ 指道標~ (2, 0.0%)

1 はない, を建てる

▼ 指~ (2, 0.0%)

1 し機会, し機會

▼1* [363件]

あそびや顔, 指あるを見る, 指いつぽん動かさなかつた, 指い切ったってはア命, 指い切られる事に, 指うちやぶれ眉くらき, 指および人足指と, 指おり数えて自分, 指おり算えて, 指かが這入りまして, 指かがなへて, 指かじかみ足また凍え, 指かにはめて, 指かはゆしと, 指かもしれません, 指からほどいたんだ, 指がわりに長い, 指きりつてなあに, 指きりマアちゃんも泣かない, 指くされども, 指くらいでは, 指くわえて見, 指ぐらいは幾許切っ, 指ぐらいを切りますの, 指ぐらゐ落して, 指こそこの指環, 指こそは影の, 指ことごとく蛇に, 指この足が, 指この上なくもよし, 指ごとに弓, 指さきでいじつていた, 指さしが行先, 指さっしゃれそれを, 指さむ方は, 指さらには前途, 指ざしくれという, 指ざしして教え, 指ざし示す美しき蛇, 指しかなかった, 指しなはんなや, 指し笑ふ者, 指じゃないかしら, 指すなわち定規である, 指すらむいや, 指ずれの少し, 指そして円く反った, 指そのものより揺, 指それはいくら, 指それらが変, 指たでなく集成同, 指だけが残って, 指だけより大きくは, 指だぶだぶに拡, 指だろうか, 指ちぎれむとすれども, 指きりを, 指ついたのは, 指つかんでペタペタ, 指つけて拭きつ, 指つめどこから, 指できように, 指でと思うと, 指でなく筆の, 指というは指を, 指といふ指は, 指とおもひぬ, 指とへは灯明の, 指どもは知らない, 指などというものは, 指などに附着する, 指なども良くない, 指なよやかな下半身, 指なんかも太く短く美しいヒゲ, 指なんかをはらしてた頃, 指なんぞ折ってる時, 指なんぞは縁起が, 指なんぞを切り盗むよう, 指なんて不潔ね, 指において微光と, 指にくッ付い, 指にこそダイヤも, 指について書いて, 指にでも触れたければ, 指にとってやさしくうて, 指にとり巻かれて, 指に対して互いにひと足, 指のちからの, 指はじくなり, 指はずゐぶん, 指ははづかしさうにひつ, 指は種壺でさえあった, 指ばっかり切っとるなあ, 指ひらき啓示さるる, 指折りかき数, 指ふくよかの胸, 指ふすものは, 指ふせて, 指ふれむとすれば, 指への感じで, 指へも止まるそう, 指ほどに細まり脚は, 指ほんのり紅を, 指また昼と, 指までがギッシリと, 指までの部分です, 指までは要求なさらんでしょう, 指までも争って, 指みせて, 指みたいな形, 指もて掘りてありし, 指もろ共に指輪, 指やや痛し汐見, 指ゆびを入れ, 指ゆびでもつてさも幽, 指ゆびで火鉢の向側, 指神様, 指をかはるが, 指をかぞへるに, 指をと支えた態, 指を通してその交響曲, 指ガ際立ッテ真ッ白イ, 指ケ谷町に住ん, 指ケ谷辺で二階, 指サズ我ヨリ先ニ之ヲ聴クモノバ生ルヽノ我ヨリ先後ニ論ナク, 指シ地上ニ於テ尚我レ刄, 指押シテ見, 指ニ挟ンデ戻, 指ニ篏メテ見タイ, 指ニ篏メテイラシッタノガハッキリ見エタ, 指ノミで切っちゃった, 指ハカタク握リシメ, 指ハ疵口よくつげ, 指ヶ谷町辺の溝, 指ヶ谷餌差町辺の電車通り, 指一つ圧えて, 指一つ觸つてゐないこと, 指一ツ動かさずぬっぺりと世, 指一手で抱いた, 指一本さへ触れる, 指一本一両と思った, 指一本人にさされた, 指一本仰向けになっ, 指一本位で行, 指一本妙の身体, 指一本差さしはせん, 指一本彼女達に触れた, 指一本毛の中, 指一本爪一片もやる, 指一本絶對にふれさせません, 指一本觸れない態度, 指一本鼻の先, 指三たびに及ん, 指三百両祥瑞の香盒二百両, 指上げ城に入る, 指上ゲ候而も実, 指上御用に相立申候, 指から飛び出す, 指乗合自動車の吊り革, 指九本みな生爪をはがし, 指みて, 指二つで目, 指二本鼻の尖, 指互に触るる夜, 指五本の代り, 指井さへ居なけれ, 指井自身が來年家, 指人心見性成仏なの, 指人心見性成仏教外別伝不立文字等の標榜, 指仕事専門のスパイ, 指位突つ込みたくなるだらうよ, 指使に随, 指使いの人形, 指まで吸いつくした, 指先だつて触れる, 指入れてぞ茹, 指入れ象ある花, 指全体が生きてる, 指は懸念, 指て兎, 指出したり, 指分けてもあの, 指切って出した, 指切断をし, 指を感じた, 指動いてペリシデ, 指半月豊な彼女, 指南山勢門人何とかの何枝, 指から近時, 指合図が向う, 指なし指, 指向けてある, 指と取, 指を吐け, 指を招く, 指じるこなし, 指国定忠治の子分, 指圖人といふ風, 指圖女郎でも宜, 指圖致候義にて譬へば, 指圖通りに一生懸命, 指圖通り服從して, 指圖願ひます, 指にまみれ, 指のついた, 指垢手擦つい, 指壓師が治療, 指之涯, 指天塔が暴風, 指太き両手を, 指子辞だから, 指のよう, 指宝石入りの金, 指小耳そんなところ, 指尖で抑えて見せた, 指尖はこつに嵌った, 指尖掛けてかへりし, 指などである, 指川グル川大重沼押っ堀, 指左手の指, 指差されている, 指差しあすこはベンベン, 指差しあれこそは君等, 指差しくつくつ笑いながら, 指差したならばさすが, 指差しぱッと明るく, 指差し乍ら叫んだ, 指差し合ってしきりに, 指差し喉の奥, 指差し彼等は如何なる, 指差し故郷が見える, 指差し自分の丸い, 指差し芝居フアウストの科白, 指差せは目, 指延べてそれ, 指引いたし候, 指引致す人, 指弾くほど上げ, 指微妙な曲線, 指候御, 指にて好, 指手首腕と順次, 指の出来心, 指折つてゐる, 指折られるのは, 指折るべき産物では, 指折物も持ち居れ, 指抜きに盛る, 指持てる曙の, 指の中, 指掌前膊上膊肩胛骨その肩胛骨, 指掌方とは熊宗立, 指掻紋の大, 指飛ばし鉋, 指擧げて歌, 指擧げたる角は, 指支有之何分, 指に過ぎない, 指數角度等の靜的測定, 指斥賤称として用いられた, 指を見, 指月堂君来訪二十五年ぶりの会見, 指月禅師のそんな, 指から色々, 指朝敵只以宿意誅亡, 指を取る, 指をせられた, 指棒喝等人間の表現手段, 指歸論などの著述, 指毛皮の襟巻, 指洗椀の水, 指にし, 指添候足軽池鯉鮒之駅, 指漸く仰ぎて, 指点しうるべく東南の, 指点し得る筈である, 指の先, 指にある, 指環がちやんと, 指環ぐらゐすぐ取つ, 指環だらしなく締めた派手, 指環なんのそれしき, 指環モ取リ換エテ, 指環三個を窃取, 指環二つ嵌めた手, 指環出入口の段, 指環占の中, 指環歯に本金, 指環燦然として輝, 指環私の指環, 指環笛等は間違い, 指環腕環の金玉, 指環鎖の類, 指環鎖襟飾燦爛と光, 指環黒八丈の前, 指画明晰なる而, 指痛くはない, 指白うまたうつ, 指な象徴的, 指皿等は先, 指皿魚肉雲雀酒盃而して, 指の中, 指真似や眼, 指短い指, 指称するならんか, 指移しに渡した, 指立てぬ時を, 指端一つ触れずに, 指竿とりぬ, 指竿とりを頼む, 指等々として現在, 指するが, 指細きふたりの, 指繊長にし, 指美貌の生, 指而難儀之者も無御, 指のあ, 指股様の跡, 指腕股かれの, 指の神経痛, 指を焚剥, 指芝居をながめ, 指をすっと, 指表たるに止まる, 指触り冬は頼めし, 指れて, 指すらく, 指して, 指諸に手挟む手裏剣, 指赤く膨らみて, 指起ルトキ其土地ノ奉行ニテ法ヲ立ントスルモ, 指起候義にて時運, 指起可申詰りの, 指起可申實に氣, 指の踵, 指がある, 指をさ, 指踊りをやり, 指に尖る, 指もきもの, 指ではなく, 指込むくらいの将棋指し, 指迫指急候, 指通して其の, 指遊顏遊の唄, 指道燈のほのか, 指適したり懲毒, 指相問, 指重くどっしり胴体, 指をお許し, 指金具とあき, 指針打鬢挟髱挟当節また前髪留, 指さが, 指関節の切傷, 指をし, 指して, 指陳シテ傾刻十余紙ヲ尽ス, 指は忍ぶ, 指頸筋の荒れた, 指に塗り, 指駢指だよ, 指の一, 指鳴りさせながら