青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「持主~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

持ち~ ~持っ 持っ~ ~持った 持った~ ~持つ 持つ~ ~持つた 持つた~ ~持主
持主~
~指 指~ ~指し 指し~ ~指す 指す~ 指先~ 指図~ 指導~ 指揮~

「持主~」 1115, 12ppm, 9110位

▼ 持主~ (191, 17.1%)

5 手に

2 [14件] ことを, 凝菴, 勇太郎を, 名が, 名前が, 名札が, 大質屋, 小三郎に, 悲惨な, 手から, 手の, 方に, 方も, 顔が

1 [158件] あこぎ, ある物, いない真新しい, お口添え, お葉, ことが, ことさ, ことであっ, この辺で, すべての, そこもと様が, ために, つまらない, ところへ, どっちとも, ないらしい, ほがら, ほろぶる, むかしの, やうに, ようです, ように, わかるたとえば, コックニー博士が, チヤアルズ・シユワツブ氏に, ドイツ人が, ドイツ人に, ドイツ人は, ポケツトから, マノリス・エリヤキス, ロス大佐と, ロス大佐は, 不倫行為の, 不在の, 主人は, 云ふ, 京極安知が, 人が, 人間たちに, 人間までを, 代が, 代表者を, 住んで, 住所を, 体から, 体を, 何者であった, 傍に, 内生活, 出現は, 前へ, 勇太郎じゃ, 勇太郎ぢや, 勘兵衛という, 千葉勝五郎の, 千賀子の, 口笛が, 名の, 名儀, 名前も, 名前を, 名器に対する, 味酒神社は, 喜多村次郎の, 嘆願を, 土居三津子を, 報効義金は, 外には, 大佐は, 大将さつま薯を, 大工も, 女房だ, 好奇心を, 妾を, 姿が, 姿を, 嫣然たる, 宗湛の, 家では, 小早川さんの, 小早川武丸という, 居間に, 岩野氏自身の, 帰るの, 心づかひが, 心当たりを, 怒気を, 性格意志感性なぞを, 恨めしそう, 息子である, 惣兵衛ちやんは, 意味であります, 慈悲で, 態度でした, 所に, 承諾を, 承諾をも, 抗議に, 持つ癖, 斎藤君が, 方で, 方を, 旅客は, 時代から, 本多は, 本宅が, 松田と, 某は, 死んで, 死後旬日ならずし, 洋服と, 浪人小林習之進でなけれ, 源さん家では, 焼判が, 特性を, 生きて, 生んだ子, 生活環境への, 男の子は, 白骨と, 目は, 知れないこの, 知れない薄, 私な, 私の, 経歴も, 美しい夫人, 老人に, 老婆が, 腕の, 若主人ぢ, 蔵書の, 蛍雪の, 血筋を, 行く方向, 親類か, 解らないこと, 言草では, 言葉です, 許可を, 誰である, 誰なる, 諒解をも, 資本が, 賞愛を, 赤児の, 越後屋といふ, 身分が, 身辺に, 軍馴れた, 農夫じゃ, 迷惑はさこそと, 配偶者に, 野郎めが, 長所であっ, 頭文字は, 顔は, 飯村という

▼ 持主~ (120, 10.8%)

2 どこの, わずかな選ばれた, 事業に, 五年前に, 叫んだ, 自分の

1 [108件] あつて, あのお, いつでも, いないから, いま札幌停車場新, かならずもっと俗悪, ぐっとも, ここの, この街道, こりゃ何者, これは, すぐわかる, すぐ捜し出されました, すでに上下身体, すでに自分, その探索, その目つき, その肩衝, その鼻, たつた一, だれですと, ついぞこれ, とかくセリフ, どういふ, まずない, またやや, まづないだらう, みんな革命の, わかって, わかつて, わかりませんでしたから, エスペラントで, フラウ・ミウラあなただった, 丈夫な, 中川権左衛門といふ, 乞丐の, 予て顔, 二三年前まで, 京都に, 人間では, 仏像の, 体格の, 何故に, 何者か, 兎も, 其の様, 勘兵衞にも, 又附加, 叔父の, 古い汚れた, 吃驚した, 同じ町内, 夫, 存外好人物, 定まったと, 定め難から, 実は彼自身, 客の, 少年探偵団に, 市ヶ谷合羽坂下の, 強くか, 彼から, 得意な, 忘れようとして, 思いがけない司令官, 急に, 恐ろしい力, 恐ろしく得意, 愚昧で, 政友会の, 文藝春秋新, 早くから詰, 昔三沢の, 柵の, 楠本正敏男であり, 正に人類文化, 湯島切通しの, 滅多に, 牛の, 特にこの, 畑が, 看板ごと家作を, 確かに, 神尾主膳であっ, 秀吉この, 稲荷さまなどという, 細君が, 自分が, 茫然として, 落魄し, 蜜柑取に, 血の, 見渡すところ自分, 見物人に, 覗いて, 誤たず私, 誰だ, 誰だい, 誰に, 誰れ, 赤味がかった, 赦免の, 郎党であろう, 都会から, 鋼鉄製の, 階段を, 風呂焚き, 馬の

▼ 持主~ (112, 10.0%)

3 自分の 2 二度も, 変って, 多いの

1 [103件] あったか, あったならば, あって, あとから, ありながら, ありまして, ありますかねえ, あるに, いる, いるよう, おつ, かわり修理が, ここに, ここへ, この穢い, こんな僅, そこらの, その穴, たとえ危急, ちょと, どういふ, どこかに, どの人だ, ないん, なかつたら平次, なくて, ほかならぬ岩波, また珍, もう見せ物, もつと, わかるだらう, わしの, ゐたといふ, ゐなかつたの, ポカンと, 一枚一枚を, 也有の, 五百石に, 亡くなると, 人が, 人間では, 今朝も, 代って, 住み荒らしたの, 住んで, 佐野松さん殺しの, 何とか言うだろう, 何世紀か, 何人か, 何者である, 僕嫌ひなんだ, 八釜敷い, 其の許, 処分を, 分りました, 助けて, 売に, 変っても, 変更した, 女性しかも, 居ないと, 居るから, 工場の, 幽かな, 幾度も, 必要以上の, 忘れて, 怒って, 怒り出せば, 急いで, 息張つて, 悪いん, 手入れを, 承諾し, 支那から, 旦那様な, 有るもの, 本気で, 桃色の, 烈しくそれ, 無いから, 現われると, 現われるまで, 畑と, 盜ま, 私であった, 私の, 私共だ, 突然に, 立去ること, 色白く, 虚名と, 見た所, 誰に, 転じて, 農工銀行で, 違っては, 闇に, 隣の, 非常に, 音楽上においては, 騎手にな, 鶴谷と

▼ 持主~ (102, 9.1%)

17 あつた 2 それに, 彼女は, 紡績飛白の, 而かも

1 [77件] あつたさうだ, あつたの, あつたり, あらうと, あらせられた女帝, あられたメントール侯, あられること, いつも僕, いつ険しい, いらした河田子爵, うっかりその, うつかり, お紺婆, かつて自慢気, かの世界的発見, がすよ, この犬歯, しや, すくなくとも五六百万, せう, そこに, その上, その点昨年暮正式, それからそれ, そんなら, そんな事, たまたまその, ねまあ, ほんとうに, まともに, ハンケチで, 三千両の, 何時の間にやら, 分れる, 別に唄, 又五郎などの, 同じ年ごろ, 名前は, 唖娘の, 善心さえ, 善良な, 塔の, 女の, 学校の, 平次も, 広い肩, 店子や, 彼らは, 後の, 感じも, 我々が, 文に, 日本国民の, 書残されない女, 本名を, 株式界に, 極めてよく身体, 機智縱横の, 此の, 気力も, 焙烙を, 神田中の, 私の, 私を, 空嘯いた鼻, 篤実の, 背格好も, 自分一代の, 自然が, 若くて, 葉子の, 醜い自分自身, 長旅でも, 陰府の, 顔の, 食えば, 鹿児島県の

▼ 持主~ (99, 8.9%)

5 告げる, 返して

2 [11件] して, なって, 一番適当な, 取つて, 帰るか, 戻って, 返さうと, 返されること, 返せばい, 返そうと, 青年の

1 [67件] あらざれば, あれを, かう云つて, かう伝へて, かえすこと, かえるべく向けられて, かけるため, かつて着た, かわった, こう云っ, こう伝え, ござります, それを, たまを, とっちゃあ, なってさえ, ならなかったこと, なりたいもの, なるが, なること, めぐり会うこと, よろしく, よろしく申し, わたそうと, 乞うて, 予察させた, 代価を, 似ず見たところ, 向って, 向っての, 多少は, 妾が, 委任され, 導かれて, 届けて, 市川紅車という, 帰らねば, 当てつけたやう, 心付けを, 懸けあって, 手紙で, 打勝って, 挑みか, 教へる, 明白な, 渡しましたその, 満腔の, 生れて, 相違ありません, 相違ない, 禍いして, 細川藤孝が, 良人の, 観音さまの, 誰かが, 請うて, 返した, 返すという, 返すといふ, 返へ, 送り届けた, 逢えると, 還して, 重ねて, 金を, 頼み番小屋, 黙って

▼ 持主である~ (81, 7.3%)

9 ことは 5 ことを 4 ことが 2 かどう, ために, ということ

1 [57件] あの柚子, かと云, かなどと云, かなどと云う, かを見れ, が模倣, が自分, が遇, こ, ことも, この尼僧, その女性, だけに放っ, というところ, といえよう, といふだけでも何となく, といわれる, ところの, と同時に, と常, と思ひます, にはちがい, に違, のは, やら又, ように, ロロー殿下を, 上に, 人間の, 以上眼中に, 博士たちを, 博士にとっては, 博士の, 外国人は, 外國人は, 大学生雨谷君は, 大衆らしい, 奥州の, 川手氏の, 己れ, 彼だ, 後者は, 所の, 旗田鶴彌, 日本民族の, 最早詮方, 東国の, 源一と, 照子にと, 相国は, 私が, 私は, 老船長, 背の, 自らが, 自分の, 若き神

▼ 持主~ (50, 4.5%)

2 妾だ, 知って, 知つてゐる, 知るため, 知る唯一, 置いたまま

1 [38件] きめて, さとった娘, その旅, はっきりきめ, みつけて, センサクした, 今頃は, 何人にも, 先に, 分らなくしよう, 咎めると, 喘息か, 始め日頃牝牛, 尋ねて, 御存じで, 御存じは, 思ひちが, 意味し, 感ぜずに, 捜し当てる事, 探したの, 探して, 探し出すの, 換えたこと, 斥す, 暗示する, 殺したがるに, 物色した, 発射した, 知らない, 知りたくなった, 虐待した, 見出す事, 観察した, 訊かなかつたの, 訪ね天上沢, 誰が, 題材と

▼ 持主~ (30, 2.7%)

3 といふ 2 がしかし, つたのです

1 [23件] から, からこの, からであらう, が病的健康, つたと, つたのである, ということ, というところ, という事, といえるであろう, とかいふこと, とか百万長者, とばかり思っ, と云, と思う, と思ふ, と自惚れ切っ, と良寛さん, と認め, な, よ, わい, 同宿の

▼ 持主~ (26, 2.3%)

2 いえば, なって, みえる, 一緒に

1 [18件] この世で, この鏡, なったいきさつ, なったの, なつて, なりおわった, なり得たといふ, なること, なる事, 一しょに, 値ぶ, 分別の, 坑夫との, 後でわかりました, 文化意識と, 来て, 誰も, 錫杖の

▼ 持主であった~ (24, 2.2%)

2 ことは, のだ

1 [20件] かという事実, かどう, が普通選挙, ことから, ことが, ことも, し連れ, ためか, ためかも, ためも, ということ, としか考えられない, にかかわらず, にし, のである, のでその, バルメラ男爵, 商人が, 彼の, 所以も

▼ 持主では~ (20, 1.8%)

3 なかった 2 あったが, あつた, あるが, ない 1 あった, ありません, あるけれど, あるまいと, ないか, ないかと, ないから, ないと, なかつたから

▼ 持主だった~ (14, 1.3%)

1 [14件] かも知れない, からこそ本当, からこそ真犯人, がちっとも, ことが, し皮膚, そうです, にし, のだ, のでこうして, のです, わけである, 伊予守忠弘は, 広重に

▼ 持主でも~ (13, 1.2%)

1 [13件] あった, あったの, あつた, あつて, あるから, あるし, この難局, ない岸田氏, なかった, 変ったよう, 意外に, 意想外に, 最後は

▼ 持主~ (13, 1.2%)

2 案外容易

1 [11件] ある, あるには, いる, この時我, ほとんど持て, ゐるし, 代って, 住田, 快川, 改築する, 珍らしかった

▼ 持主~ (12, 1.1%)

5 のだ 2 のか 1 のかも, のだろう, のです, わけで, んです

▼ 持主として~ (11, 1.0%)

2 貴女に 1 予じ, 人生の, 儲けたの, 厳寒中にも, 平家方の, 有名であった, 有名な, 相当し, 非難される

▼ 持主から~ (10, 0.9%)

2 牝牛を 1 借り船, 山を, 桑畠の, 筍を, 譲りうけて, 買いとって, 金若干を, 集めて

▼ 持主という~ (7, 0.6%)

3 のは 1 のが, ので, ものでしょう, ものを

▼ 持主らしい~ (7, 0.6%)

1 お酉, ことは, つつましい四角い小, 人ざわりのデリケートな, 凡ての, 樣子までが, 男は

▼ 持主であり~ (6, 0.5%)

1 その後僕は, ながらしかも, ながら唯, また遠慮なく, 山城守も, 音楽的波動で

▼ 持主とは~ (6, 0.5%)

1 いえないの, なって, 二つでは, 同一の, 思へなかつたの, 知らないので

▼ 持主なる~ (6, 0.5%)

1 作曲者は, 囃子方の, 子供の, 岩太郎にも, 東野南次の, 渡辺君は

▼ 持主らしく~ (6, 0.5%)

2 如才ない 1 ロスコー家の, 夜中に, 東海坊も, 随所に

▼ 持主たち~ (4, 0.4%)

1 の出現, はこの, までが舌, を停頓

▼ 持主であっ~ (4, 0.4%)

1 てそうして, ても精神的, て憐れ至極, て折々

▼ 持主なら~ (4, 0.4%)

1 ばそれ, ば真犯人自身, 容易に, 料亭の

▼ 持主には~ (4, 0.4%)

1 なれない女酋長, 一種の, 相済まぬ, 違いなく

▼ 持主~ (3, 0.3%)

2 紺婆を 1 紺婆に

▼ 持主たる~ (3, 0.3%)

1 ドイツ人は, 丸部家から, 高輪田長三さえ

▼ 持主です~ (3, 0.3%)

1 がそれ, よ, 又私

▼ 持主でなけれ~ (3, 0.3%)

2 ばならない 1 ばならなかつた

▼ 持主といふ~ (3, 0.3%)

2 ので 1 ものは

▼ 持主にも~ (3, 0.3%)

1 信ぜられた位, 別れを, 見離され道端

▼ 持主~ (2, 0.2%)

1 でなければその, 当局かが

▼ 持主かと~ (2, 0.2%)

1 惧れる, 期して

▼ 持主こそ~ (2, 0.2%)

1 犯人だ, 真犯人だ

▼ 持主その~ (2, 0.2%)

2 人が

▼ 持主だけに~ (2, 0.2%)

1 すること, 背負われるもの

▼ 持主であるらしい~ (2, 0.2%)

2 ことが

▼ 持主であれ~ (2, 0.2%)

1 ばこそ心, ばよい

▼ 持主であろう~ (2, 0.2%)

1 とはきょう, ともそのまま

▼ 持主でした~ (2, 0.2%)

1 が一つ, が趣味

▼ 持主でない~ (2, 0.2%)

1 のが, 様に

▼ 持主としか~ (2, 0.2%)

1 思えない, 思われないの

▼ 持主とも~ (2, 0.2%)

1 いひたい源三郎さん, 知らず貧

▼ 持主に対して~ (2, 0.2%)

1 内証の, 少しでも

▼ 持主に対する~ (2, 0.2%)

2 あの痛々しい

▼ 持主~ (2, 0.2%)

1 告げる, 返した

▼ 持主もう~ (2, 0.2%)

1 御岳の, 欄干に

▼ 持主~ (2, 0.2%)

1 地方豪族の, 銀閣寺の

▼ 持主をも~ (2, 0.2%)

1 一瞥驚倒せし, 驚かしたと

▼ 持主~ (2, 0.2%)

1 が不安さ, が不安そう

▼1* [77件]

持主あらはれ我山, 持主いわゆる善人を, 持主かがよく分ろう, 持主かつては熱心, 持主かもわかりません, 持主がのつそり, 持主これらをとらえ, 持主ごとにという程, 持主へある, 持主さえ突きとめれ, 持主すなわち半ゲエトル, 持主そこへ能勢氏, 持主たるべき資格を, 持主たる余の方, 持主だけが外科医として, 持主だけは世の, 持主だったらそれ程もがけ, 持主だつたがをり, 持主だらうと先刻, 持主でありましてただ, 持主であるべき嫌疑者の, 持主であるやせぎすな中年夫人, 持主でございましたな, 持主でさえあったが, 持主とのあいだに, 持主とを一身に, 持主などが相集つて, 持主なり又た, 持主なればこそわれわれ, 持主について考えた, 持主にでも五分間で, 持主にとつても, 持主によってドコの, 持主に対してはほとんど償う, 持主に関しては同様の, 持主ばかりが何万と, 持主または借主は, 持主までも判って, 持主みたいに, 持主より外へ, 持主をさえ呪いは, 持主アイネ・エリザベス・リィドの身許, 持主シツペから舟, 持主デアロウト考エテイタノデアッテソレユエニコソ白光ノ下, 持主ハ不運デモアッタガ又捉エラレルニ適シタホドノ脆弱性ト不安定トヲ持ッテイタ気, 持主パウル・ウエルトハイマーが通る, 持主ピオと申す, 持主マターファとは代る代る, 持主マルテにはこれ以上殆ど, 持主新日本, 持主不幸なお, 持主不明の花簪, 持主丸部家の血筋, 持主二度目のはお, 持主五瀬某に見せられた, 持主佐分利流の槍, 持主先づ見るより, 持主即ち真犯人でなく, 持主同道で持参, 持主夫婦は細君, 持主宇津木秋子先生が話し, 持主川口がせいいっぱい, 持主に対してはいつも, 持主日疋祐三はその, 持主星野門彌の, 持主横幅の広い, 持主池田何某という男, 持主熱烈な情熱, 持主相応のお上手もの, 持主程の者は, 持主署名をよく, 持主自身に捕えられ, 持主若林鏡太郎博士がかほど, 持主蛾次郎はよく, 持主輪田お紺, 持主郁次郎という者, 持主之丞