青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「持つた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

持たない~ ~持ち 持ち~ ~持っ 持っ~ ~持った 持った~ ~持つ 持つ~ ~持つた
持つた~
~持主 持主~ ~指 指~ ~指し 指し~ ~指す 指す~ 指先~ 指図~

「持つた~」 1348, 15ppm, 7671位

▼ 持つたもの~ (65, 4.8%)

63 がある 2 であるが, です, でなければ, と考へられる, ばかりである

1 [46件] かさ, があります, がうた, がこの, がなかつた, が多い, が多く, が少, が段々, だから, だが, だけをさ, だと, だな, だらうと, だヨ, であると, である事, では, で同時に, といふ事, としての語, として出来れ, として考へ, とも云, と考へ, と考へる, と見る, に分裂, に導い, はいつも, はございません, はさ, はどうか, はやはり, は一つ, は古く, は少ない, は屹度, は次第に, への企て, よりも豪壮, をトラ, を失ふ, を探し出し, を置かう

▼ 持つた~ (56, 4.2%)

6 である 3 はと言 2 だらう, です, はこの

1 [41件] がある, がこ, がこの, がなか, が一つ, が三輪, が出た, が固定, が普通, だ, だが, だつたが, であります, であるから, でした, とは別に, はあれ, はたしか, はどう, はほんの, は何ん, は凧, は初めて, は大分, は實際, は巴里, は彼, は日用品, は此二つ, は珍しい, は語, は銀紙, もある, も妹, も源, も無理, も自分, を内, を平次, を聊か, を資本

▼ 持つた~ (50, 3.7%)

3 のやう 2 だと, は二つ

1 [43件] かも知りませんでした, か如何なる, があつ, がある, がない, がゐる, が來, が多, が寄り, が所謂, が特殊, が相, その議論, だから, だけが, だちのため, だちは, だつた, であつ, です, ですから, でもあるまい, で初めてよく, で綺麗, なの, ならその, なる事, には所謂, には非常, の出, の目, はもう, は廣い江戸, は沢山, は無理, は鮮少, もありました, もあります, も昔, をも猶, を招いた, を行火, を見た

▼ 持つたこと~ (48, 3.6%)

12 のない 9 はない 4 がある, がない 2 があつ, がなく, もない

1 [13件] があまり, がたつた, がなかつた, が無い, であらう, について疑ひ, のねえ, はなかつた, は想像, は此後, は西洋, もある, を嘆くだらう

▼ 持つた~ (36, 2.7%)

3 を膝 2 が少し, で帽子, を胸

1 [27件] がのつて, が更に, でそツ, でゲンコ, と共に目, と茶わん, に喰, に洋傘, の動かし, の掌, は無手, は肩, までもあふ, も忘れ, を二つ, を伸し, を出す, を宙, を少し, を左, を抑, を放し, を止め, を痙攣, を突, を背中, を見る

▼ 持つた~ (30, 2.2%)

4 などが何 3 でした 2 だつた, です

1 [19件] か知れない, が, が始終, が寧ろ, が粗雑, が通る, だが, だし, であるの, ですが, でその, で一應, ならヒステリー位, なんか顔, に多い, の人, の處置, は商, を有し

▼ 持つた~ (28, 2.1%)

4 は無い 3 がある, が無い, は一度 2 がない, のない, の無い 1 がありません, がねえ, が長く, はある, はございません, はなかつた, も考へられる, を後悔, を話し

▼ 持つた~ (25, 1.9%)

4 の大和

1 [21件] があつ, がまだ, が入, が出る, が多い, が後に, が気, が無い, が若い, になる, にはとても, には容易, の, のある, の間, は浪人, は現れなかつた, もある, も多, や爪立ち, 殊に手足

▼ 持つたやう~ (17, 1.3%)

4 に朧ろ 2 に膨れ

1 [11件] だ, である, な彼女, な愛感, な紋ちりめん, な静けさ, にさ, に明るく, に書, に温く, に見えた

▼ 持つた~ (14, 1.0%)

2 であつ

1 [12件] がやつ, が出, が矢庭, が立つ, この人相, である, でした, です, といへ, と厚司, は靜, をし

▼ 持つた~ (13, 1.0%)

3 のやう 1 が, などふと, にその, にはたいてい, には殆, のよろこ, の中だるみ, の心持, の爲, の言葉

▼ 持つた人間~ (12, 0.9%)

1 [12件] が, がゐた, が金, だよ, であるかの, ですね, でないの, などがこの, の顔つきぢ, は誰, も出, を縛らせた

▼ 持つた~ (12, 0.9%)

2 である 1 から見, が今, が始終使, である様, としてはおとな, として使つて, なので, を中, を以て此小唄踊り, を検査

▼ 持つた~ (11, 0.8%)

2 言つた奇縁で 1 いひたいくら, いふので, すれば, 人々は, 同時に楽人たち, 思つて一所懸命で, 思つて滿足した, 感じるの, 言はれます

▼ 持つた人々~ (11, 0.8%)

1 [11件] からは見さげられ, が嚴肅, が四顧, には重要, の中, の住ん, の心胆, の生活, の記憶, はその, は概して

▼ 持つた~ (10, 0.7%)

21 あたふたと, つく, である, の手, また一頻り, 立つて, 美しい眼, 黙つて微笑

▼ 持つたまま~ (8, 0.6%)

1 いきなりマスト, その度, その方, もう一目散, 動けなかつた, 泣き出しさうに家来, 現れる, 立ちあがると

▼ 持つた~ (8, 0.6%)

2 が好 1 がある, がい, が出, が都合, です, で撞球

▼ 持つた~ (8, 0.6%)

1 が先生, が再び, にとつて, の気分, の読書欲, は幸福者, や何, を連れ

▼ 持つた~ (7, 0.5%)

1 あらためて男, これも, そんな心, どうしても世間一般, 為に, 病で, 間違ひ

▼ 持つた~ (7, 0.5%)

1 が七軒, が水, でなくては, の子ども, の様, は七郎丸一軒, をつぶし

▼ 持つた~ (7, 0.5%)

1 が恋愛詩, と言, なの, に対する自覚, を作らしめた, を歌, を覚え

▼ 持つた~ (6, 0.4%)

1 人と, 呪ひである, 品です, 國の, 由良は, 道の

▼ 持つたといふ~ (6, 0.4%)

1 ことで, ことを, やうに, 主人官兵衞の, 気持は, 言葉に

▼ 持つた~ (6, 0.4%)

1 と深い, の引つ込んだ, は大きく, も聰明, を平次, 柔かい鼻筋

▼ 持つた~ (6, 0.4%)

2 と雌蕋 1 とが別々, とが咲く, も別々, も雌蕋

▼ 持つた~ (5, 0.4%)

2 あらうと 1 あらうが, 悪い事, 惡い

▼ 持つたなりに~ (5, 0.4%)

1 下顎, 女の, 振り返つて, 細君の, 起ちあ

▼ 持つた~ (5, 0.4%)

2 しても 1 ちが, 相違ない, 過ぎぬが

▼ 持つたので~ (5, 0.4%)

3 弟の 1 あつた, あらう私

▼ 持つた匕首~ (5, 0.4%)

1 がお, で一, で刺し殺し, で掻き切る, で自分

▼ 持つた~ (5, 0.4%)

1 が熱心, である, の生活, の足もと, は量

▼ 持つた時代~ (5, 0.4%)

2 があつ 1 には既に, には用語例, は書史

▼ 持つた~ (5, 0.4%)

1 が何故, である, と考へられた, の信仰, をふ

▼ 持つた青年~ (5, 0.4%)

1 がこ, だらう, とは別別, は最後, を新

▼ 持つたから~ (4, 0.3%)

1 である, でも, なほ更ら見込みが, 披露かたがたなんでも

▼ 持つた一人~ (4, 0.3%)

1 の夷人, の屠, の紳士, の青年

▼ 持つた京西~ (4, 0.3%)

4 の寺

▼ 持つた執心~ (4, 0.3%)

3 の深 1 は深

▼ 持つた~ (4, 0.3%)

1 か着物, がゐる, に中, は一番懇ろ

▼ 持つた~ (4, 0.3%)

1 だ, で氣, なら自害, のこと

▼ 持つた~ (4, 0.3%)

1 がをります, だつた, です, の悲しみ

▼ 持つた子供~ (4, 0.3%)

1 が一人, である, と少し, の一隊

▼ 持つた~ (4, 0.3%)

3 をどり 1 は誰

▼ 持つた民族~ (4, 0.3%)

1 だと, の言語的遺産, は少なくも, は海

▼ 持つた白い~ (4, 0.3%)

1 かひな, 二階建の, 扇に, 手

▼ 持つた老人~ (4, 0.3%)

1 じみた信玄袋, であ, である, の顏

▼ 持つた~ (4, 0.3%)

1 である, でかう告げた, の太い, は何時

▼ 持つた若者~ (4, 0.3%)

1 がそんな, がゐるだらう, が台所, が幾人

▼ 持つた~ (4, 0.3%)

1 です, は年齡程, を思ひ浮べ, を見せました

▼ 持つたあの~ (3, 0.2%)

1 いやな, 広告マンに対して, 歌が

▼ 持つたきり~ (3, 0.2%)

1 であつ, で出, で彼

▼ 持つたこの~ (3, 0.2%)

1 女も, 小鳥の, 聲が

▼ 持つたため~ (3, 0.2%)

1 にそれ, にまた, に一つ

▼ 持つたなり~ (3, 0.2%)

1 で惘然, で立つ, で顏

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 です, ですが, ですな

▼ 持つた一つ~ (3, 0.2%)

1 の委員会, の山, の風俗

▼ 持つた一種~ (3, 0.2%)

1 のアクセント, の堀割, の神

▼ 持つた人達~ (3, 0.2%)

2 ばかりで 1 の集り

▼ 持つた剃刀~ (3, 0.2%)

1 で右, で思ひ切り, を向

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

2 の手 1 の手先

▼ 持つた四人~ (3, 0.2%)

2 の夫 1 は思はず

▼ 持つた大きな~ (3, 0.2%)

1 旅かばんを, 眼が, 面皰を

▼ 持つた姿~ (3, 0.2%)

1 である, の張り, は又

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 剣を, 壜の, 學校の

▼ 持つた小僧~ (3, 0.2%)

1 が来た, が通行人, の額

▼ 持つた平次~ (3, 0.2%)

1 がそれ, は懷ろ, も力負け

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 と考へられ, には二度と, の情景

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 である事, でこれ, の真赤

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 だ, な理会, に見える

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 だらう, であつ, 色々入費

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 であるが, に限られる, を懷

▼ 持つた立派~ (3, 0.2%)

2 な一本立 1 やかな

▼ 持つた等身~ (3, 0.2%)

3 の白玉

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 のい, を勢, を突き出し

▼ 持つた~ (3, 0.2%)

1 になつて, を書き, を聞いた

▼ 持つたその~ (2, 0.1%)

1 お牧, 唇は

▼ 持つたところ~ (2, 0.1%)

1 でそれ, で仕方

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 し錦絵, し錦繪

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 同じで, 梛の

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 だから, です

▼ 持つた一個~ (2, 0.1%)

1 の新しい, の物体

▼ 持つた不思議~ (2, 0.1%)

1 な市長, な聲

▼ 持つた二本~ (2, 0.1%)

1 の撥, の櫂

▼ 持つた京子~ (2, 0.1%)

1 の手, の腕

▼ 持つた伯母~ (2, 0.1%)

1 が主, が芥川

▼ 持つた作品~ (2, 0.1%)

1 があつ, は彼

▼ 持つた作家~ (2, 0.1%)

1 がゐる, であるから

▼ 持つた儘中~ (2, 0.1%)

2 に入

▼ 持つた儘志田君~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ 持つた儘敷島~ (2, 0.1%)

1 に火, を出し

▼ 持つた儘火~ (2, 0.1%)

1 の様, の樣

▼ 持つた八五郎~ (2, 0.1%)

1 に案内, は何ん

▼ 持つた出刄庖丁~ (2, 0.1%)

1 で切つたのさ, で右手首

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 兵衞を, 漁半

▼ 持つた土地~ (2, 0.1%)

1 と先, に来

▼ 持つた場合~ (2, 0.1%)

1 であるので, の日本人

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 女で, 文学者の

▼ 持つた女中~ (2, 0.1%)

1 が三人, はコツプ

▼ 持つた女房~ (2, 0.1%)

1 のお, は不幸

▼ 持つた娘たち~ (2, 0.1%)

1 が先, の群れ

▼ 持つた小説~ (2, 0.1%)

1 が作られる, である

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 持つた従者~ (2, 0.1%)

1 が縦横, は悟空

▼ 持つた心持~ (2, 0.1%)

1 に似た, を考へ

▼ 持つた怪しげ~ (2, 0.1%)

2 な高麗烏

▼ 持つた意味~ (2, 0.1%)

1 なの, の方

▼ 持つた感情~ (2, 0.1%)

1 がそれ, が間違

▼ 持つた我々~ (2, 0.1%)

1 は同時に, は脱帽

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 る真言, 民族が

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 の, の所謂民族的宗教

▼ 持つた新太郎ちやん~ (2, 0.1%)

1 と一緒, の顔

▼ 持つた昆虫~ (2, 0.1%)

1 の如き, の話

▼ 持つた時分~ (2, 0.1%)

1 からある, の言

▼ 持つた松明~ (2, 0.1%)

1 に小さい大きい, の光りで

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 な小高い, な新

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

2 の樹

▼ 持つた機関車~ (2, 0.1%)

2

▼ 持つた母親~ (2, 0.1%)

1 のやう, はその

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 だから, 當の

▼ 持つた短い~ (2, 0.1%)

1 本文に, 言葉だ

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 の下, を仰いだ

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 の品格, の昌造

▼ 持つた經驗~ (2, 0.1%)

1 はあり, はありません

▼ 持つた美しい~ (2, 0.1%)

1 じや, 娘だつた

▼ 持つた脚場~ (2, 0.1%)

1 のやう, は階段

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 え者, 物で

▼ 持つた若い~ (2, 0.1%)

1 娘が, 男が

▼ 持つた茶碗~ (2, 0.1%)

1 をころり, を地面

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 といふもの, の悲しみ

▼ 持つた親達~ (2, 0.1%)

1 に告げ, は顫

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 えは, えはねえ

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

2 ひ方

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 持つた誇り~ (2, 0.1%)

1 だつたの, に心

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 がぢ, を戸

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 で何, の刄先

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

1 に逢, のことば

▼ 持つた~ (2, 0.1%)

2 がもろもろ

▼1* [532件]

持つたいかめしいお屋敷, 持つたうちの, 持つたお伽噺の悪魔, 持つたお前は何, 持つたお松にそ, 持つたお蔭でこの, 持つた何う, 持つたかも知れないが, 持つたからくり人形がどし, 持つたからこそさうい, 持つたからとか戀愛した, 持つたからの名だ, 持つたくせ者であること, 持つたけれども現在は, 持つたこの小さな手帳を, 持つたころには四圍, 持つたしるしの杖, 持つたそれは軽蔑, 持つただけで出かけようぢ, 持つただけの私を, 持つたつもりであ, 持つたとかといふ廉に, 持つたときにふり, 持つたとも考へられる後北条氏, 持つたとんぼ釣りの竿, 持つた何の, 持つたばかりかしこたま財産, 持つたばかりに果敢ない雀, 持つたばかりの年の暮れに, 持つたほかゐなども, 持つたほどの働き者で, 持つたままこちらの顏, 持つたままはるかにニユウヨオク, 持つたままぼんやり口を開けてる, 持つたまま右の手, 持つたまま大揺りに, 持つたまま山の中, 持つたまま懐中時計へ目, 持つたまま無言沈默のあ, 持つたまま片手でがつ, 持つたまま私の傍, 持つたまま虚脱したやう, 持つたものさへある, 持つたものたちを如何にも, 持つたものの別称である, 持つたよく響く濁つた憎々しい, 持つたアミーバを発見, 持つたガラツ八は平次, 持つたガルダといふ神, 持つたセラフが天, 持つたチル子を指し, 持つたトヨが出, 持つたハツパを擲げ, 持つたハンケチを眼, 持つたペンが辷り落ちる, 持つたミツシヱルはまるで, 持つたミミ夫人と博士, 持つたレオナさんとお, 持つたレコードが激しい, 持つたロシアの女, 持つた一条の連頭路, 持つた一群である, 持つた一萬一千刀などといふ記録, 持つた三人の手, 持つた三十前後の男, 持つた三四尺ばかりの蛇, 持つた三本の雄, 持つたは自分, 持つた上後ろから奧樣, 持つた下宿屋が存, 持つた下船客がぞろぞろ, 持つた下駄で相手, 持つた不安が鋭く, 持つた不快の第, 持つた丑滿參りを, 持つた世間の親父, 持つた中二階に達した, 持つた丸吉は二三度八五郎, 持つた丸木小屋に似た, 持つた主人の言前, 持つた主題をと, 持つた二つの道筋, 持つた二人の運不運, 持つた二十四五の男, 持つた二重橋を見た, 持つた二頭の馬, 持つたひ方, 持つた五才の淵子ちやん, 持つた交渉は知る, 持つた人たちが大勢, 持つた人物もあつ, 持つた人足が通つて, 持つた人間らしさを, 持つた人類がピラミツド, 持つた今来の神, 持つた仕事師がやつ, 持つた仕立物が恐らく, 持つた他人の家, 持つた代作は或は, 持つた会社の支配人, 持つた体中へ魂, 持つた作家たちは必ず, 持つた作者が偶然, 持つた侵略者に対して螫毛, 持つた倭国造家の人, 持つた健康さうな人, 持つたで受けました, 持つた儘ぐたりと椅子に尻, 持つた儘そつと後, 持つた儘ぢつとして, 持つた儘卒倒した, 持つた儘女中の顔, 持つた儘寝室にし, 持つた儘寢室にし, 持つた儘恰好の好い円い, 持つた儘指の先, 持つた儘書斎へ引き取つ, 持つた儘河合は笑つて, 持つた儘画の前, 持つた儘畑を横切つ, 持つた儘茫然として三千代, 持つた儘見世からこちら, 持つた儘魚のやう, 持つた儘默つて玄關に立つ, 持つた優秀なもの, 持つたの怒り, 持つた先づは申分, 持つた先生が一人, 持つた先生達が集ま, 持つた兩親の心, 持つた六十あまりの童顔, 持つた六十二三の老女, 持つた六本の小さな, 持つたつ, 持つた其の姿が, 持つた其人自身の威力, 持つた典型的な旦那衆, 持つた内儀のため, 持つた円筒で出し, 持つた冬子が私, 持つたもある, 持つた処女が貴君, 持つたを取落す, 持つた刄物さへ掌, 持つた切株は一つ, 持つた初期のもの, 持つた利根が石, 持つた前代の人, 持つた劇団がある, 持つたでなくては, 持つた化物のやう, 持つた医者子を負, 持つた医院が描かれ, 持つた十字形のもの, 持つた半島がずつと海, 持つたい理会, 持つた印形が口, 持つた印象深い事実が, 持つた即日蓮の直弟子, 持つたに遇, 持つた友達を羨み, 持つた取廻しです, 持つた口調だつた, 持つた例の, 持つた古めかしい洋館だつた, 持つた古本屋のおや, 持つた時代の, 持つた同じ色彩の, 持つた名刺と下女, 持つた名工の作, 持つた名簿を開け, 持つた名詞が熟する, 持つたらしく脂, 持つたなど物, 持つた商人が長崎, 持つたは錢, 持つた四十近い女, 持つた団扇を放り出し, 持つた国語的性質を新入漢語, 持つたでは寶探, 持つたい存在, 持つた圓滿な人格, 持つた土器を入れ, 持つた在院の患者, 持つた地方は多く, 持つた坂道を下, 持つたを打ち壊し, 持つた執念の狼達, 持つた報知それが済む, 持つた場所に芝草, 持つたと長方形, 持つたがあの小さな, 持つた外来民族又は新付民族, 持つたの空気, 持つた夜目には見分, 持つた大人が垣, 持つた大寺源十郎は少し, 持つた大谷川の谷, 持つた大都市相互の間, 持つた大鳥が獲物, 持つた大黒屋徳右衞門を下敷き, 持つた天分はその, 持つた太政官の使, 持つたの数, 持つた夫人が入, 持つた奉公女は妙, 持つた女たちとが相, 持つた女優はその後, 持つた女商人がグウグウ鼾, 持つた女性のか, 持つた女恋にもだえた, 持つた女達が一日, 持つたしい聖地, 持つた好感を忘れ, 持つた妖婆がゐた, 持つたが働い, 持つた嫁御寮は何, 持つた学生の中, 持つた学者は見当りませぬ, 持つた孫たちにゆづるべきものらしい, 持つた學生たちや奉公袋, 持つた學者すらも居ない, 持つた安心と誇り, 持つた実になるの, 持つたが現, 持つた家々は堅く, 持つた家内はそんな, 持つた家老の惡者, 持つた容貌の者, 持つた宿屋を見つける, 持つた対等の表現, 持つた小さい太郎は, 持つた小さな腫物を, 持つた小栗風葉の, 持つた小籠の獲物, 持つた小鳥で両, 持つた少年を愛し, 持つた少数の人々, 持つた屋根裏なの, 持つたである, 持つた山巒が聳え, 持つただと, 持つたが貫流, 持つた巡査に代り, 持つた巡査フロツク・コオトや紋附, 持つた巫女が主, 持つた巾着切の辰三, 持つた平城天皇の御代, 持つた平塚さんの対照, 持つたを誤る, 持つた建築が多い, 持つた弓形張出窓には常春藤, 持つた引き緊まつた足首, 持つた形容詞類似の助動詞, 持つた彩料は洋彩, 持つた影像をむし, 持つた影芝居又は錦影繪, 持つたとはその, 持つた微笑である, 持つた徳次が河原町, 持つた志士肌の男, 持つた怖い小父さんの, 持つた悦びを誇り, 持つた情景でした, 持つた情熱を表現, 持つたはぬ, 持つた感覚をうけとる, 持つた戦争二つの制度, 持つたはその, 持つた手巾の裏, 持つた手燭が案外, 持つた手紙を巻き納める, 持つた手許をスツ, 持つたに接吻, 持つた振子は鮮かに地, 持つたへ難, 持つたに受け, 持つた探偵者の襲撃, 持つた支那人を連れ, 持つた政兼が廂, 持つた文化を再び, 持つた文字ばかり常に, 持つた文芸さへ, 持つた新藤氏の家, 持つた旅行で漫然と, 持つた旦那衆が美しく, 持つた稻田大, 持つた時勘次は裏戸, 持つた時大根には指, 持つた時筆が運ばなかつた, 持つたの閃き, 持つた有名な妓樓, 持つた有機體をつくり上げ, 持つた木劍で敵, 持つた木箱には, 持つた未練気のない, 持つた村境のパーラー, 持つた松原である, 持つたから辷り落される, 持つた柳村の人達, 持つたの若葉, 持つた栗山十三郷の山村, 持つたの樹, 持つた棍棒かと思はれます, 持つた森林が山脈, 持つた森林帶には扁柏, 持つたはそこ, 持つた極めて長い連作短歌, 持つた極端にいへ, 持つたをトン, 持つた様子が露骨, 持つた横井源太郎が今朝自分, 持つた樵夫の吉太郎, 持つた欲念にそそられる, 持つたの蒸気, 持つた武井の蒼白い, 持つたもあれ, 持つた民間伝承がお, 持つた気組の婀娜, 持つたで, 持つた氣もちは又, 持つた氣組の婀娜, 持つた水兵等の自分, 持つた沈丁花の下, 持つた洋服の女, 持つた洋杖なり蝙蝠傘, 持つた洋盃を代, 持つた活きものは蜜蜂, 持つた浚渫船が起重機, 持つた浪人者が居候, 持つたを放つ, 持つた液体がこの, 持つた湯のみにもその, 持つた滑らかに艶, 持つた滝本と新しい, 持つた漬け方をする, 持つた濡れ手拭が恐ろしい, 持つた煙幕を目, 持つた煙草入を手, 持つた營利會社の外交風, 持つたを見せる, 持つた牝牛から乳, 持つた物淋しき多くの, 持つた物語として見なけれ, 持つた特異性はいつも, 持つた犠牲と言, 持つた独り者なん, 持つたの作り物, 持つた獄吏の戲畫的, 持つた獨語である場合, 持つた獵師が眞ツ赤, 持つた王者であつ, 持つた理論家であつ, 持つた琥珀色やひす, 持つた生徒等の齢, 持つた生物の姿, 持つた用語例もある, 持つた田舍娘で種吉, 持つた由縁ある歌謡, 持つた男性に對, 持つた男性的の烈しい, 持つた男狐と紋付, 持つた町人は今日, 持つた界隈の嫌, 持つた番頭の徳三郎, 持つたには勝てないらしい, 持つた痩せぎすのスマート, 持つた痩形の老人, 持つた白刄に自分, 持つた白壁の家, 持つた白旗直八が盲鬼, 持つた白玉と一つ, 持つた白魚はその, 持つた百姓町人が世, 持つた監獄が遠く, 持つたで凝, 持つた助は, 持つた県知事が赴任, 持つた真紅な花, 持つた眷属殿には事実, 持つた短銃までも取上げ, 持つた石田清左衞門は平次, 持つた砂丘の原, 持つた社會的な大人, 持つた祖先の生活, 持つた祖述者が出, 持つた神主の祭祀能力, 持つた神事とはなつ, 持つた神名である, 持つた神様にでもなつ, 持つた神社の内陣, 持つた神聖な生き物, 持つた神職で居, 持つた禮廻りに來, 持つた私ひとりの内, 持つたの日, 持つた科学から完全, 持つた秘かな一観客, 持つた称号の女性, 持つた種族よりも古い, 持つた空想の世界, 持つたが夜, 持つた立體のす, 持つた立體感がある, 持つた竹竿で時々, 持つた竿が大きく, 持つた箒川の谷, 持つたを女, 持つた精霊の代表者, 持つた素ばらしい竈, 持つた素質の優れた, 持つた紳士であつ, 持つた紳士風の男, 持つた組織は翌年, 持つた経験のない, 持つた給仕の女, 持つたの斑点, 持つた繊維が柔, 持つたのむれ, 持つた美型だつた, 持つた群衆が浜, 持つた老獪無比の岡, 持つた者海岸の除地, 持つた職業を作り上げた, 持つた胸膈に移つた, 持つた脇差でいきなり, 持つた腰曲りの老媼, 持つたを揺り動かし, 持つた自分を濟, 持つた自己が作られ, 持つた自然が作りだす, 持つたひの, 持つたまでがさ, 持つた花火の束, 持つた芸術ないし演芸, 持つたを少し, 持つた若き夫人の, 持つた若干の男, 持つた茶褐色の短, 持つた草花を何処, 持つた草葺屋根を二棟, 持つた莫大の富, 持つた華奢な手, 持つた落葉の一, 持つたの行列, 持つた葬儀社の人足, 持つた薄手の和蘭皿, 持つた藤井重之進はお, 持つた蜻蜒釣りの子供, 持つた蝋燭は危く, 持つた蝙蝠傘を杖, 持つた螫毛を少し, 持つたの下, 持つた表情で始, 持つた表現なる事, 持つたを引つ, 持つたからはダラダラ, 持つた覚えは確か, 持つた觀音像はついぞ, 持つた言語で押し, 持つたであるが, 持つたとして使, 持つた詞曲である事, 持つた詩人たちの多, 持つた話し方で話し, 持つた誘惑を含んだ, 持つた読者に一様, 持つた調子と見る, 持つた論文にし, 持つた諷刺家の一人, 持つた議員改善会に新しく, 持つた豪い長者が, 持つた豪家などでは塩物屋, 持つた貝殻のザル, 持つたでで, 持つたはひで, 持つた質問を投げつけ, 持つたを投げなけれ, 持つた赤いフランネルの, 持つた赤皮の瀟洒, 持つた足軽百人が北向, 持つた跛足の哲, 持つたに就いたおしやれ, 持つた軍刀がキラキラ, 持つたさは, 持つた輻射谷にもすぐれた, 持つた辜鴻銘と云, 持つた迄には語り脱された長い, 持つた這松茨藤蔓などが岩, 持つた連衆で何と, 持つた連載小説が生れる, 持つた遊猟家なん, 持つた運命はく, 持つた道路は一直線, 持つた違つた世界を見た, 持つた部分までは大抵, 持つた醜男に話しかけました, 持つた野生のなつめし, 持つた金次郎その背, 持つた釵鬢摺れに, 持つたと洗ひざら, 持つた鉄扇で思ひ, 持つた鏡子の鈍い, 持つた長柄の草刈鎌, 持つた長歌の類, 持つたを置い, 持つた関係にある, 持つた降魔の利劍, 持つたの庭, 持つた雁首に火吹竹, 持つた雑人とが行く, 持つた雜誌に掲載, 持つた雨具や炊事具, 持つたは竹, 持つたから或, 持つた霊魂を追, 持つた靈力を附與, 持つた青葉をまだ, 持つた面皰のある, 持つたの世界, 持つた音楽でせう, 持つた頑丈な門構, 持つたのカスペリイニイ, 持つた食物の破片, 持つた首領らしい寛大さ, 持つたも何十頭, 持つた駒吉が崩, 持つた騎士があつ, 持つたもぢ, 持つた魚たちが四邊, 持つたといふの, 持つた鼻綱を引