青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感情~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~感じる 感じる~ ~感ずる 感ずる~ 感傷~ ~感動 感動~ ~感心 感心~ ~感情
感情~
~感想 感想~ ~感激 感激~ ~感覚 感覚~ ~感謝 感謝~ 慄~ 慈悲~

「感情~」 10478, 108ppm, 991位

▼ 感情~ (2416, 23.1%)

63 もって 28 抱いて, 持って 21 害して 15 持つて 14 表現する 11 有して 10 もつて 9 懐いて, 本と 8 少しも, 弄ぶこと 7 こめて, 刺戟し, 害すること, 私は 6 抑えて, 経験した

5 [15件] あらわして, 刺激する, 動かして, 動かすの, 声に, 害した, 彼の, 抱いた, 持ちながら, 持つこと, 経験し, 表は, 表現した, 表白する, 覚えた

4 [25件] あらは, ありのままに, いだいて, ぬきに, 代表する, 刺戟した, 反映する, 害する事, 尊重し, 弄んで, 抑えつけて, 抑制し, 披瀝する, 持つたこと, 捨てて, 支配し, 浄化する, 率直に, 現は, 現わし, 表面に, 述ぶる, 露骨に, 面に, 顔に

3 [41件] あらわに, そのま, その上, 交へ, 伴って, 出して, 動かされて, 動す, 吐露する, 味った, 味わったこと, 害したこと, 害したよう, 害した様子, 害しては, 害しは, 害すると, 害するよう, 寄せて, 弄ばうと, 彼に, 感じて, 抑へ, 抑制する, 抱いたの, 本として, 満足させる, 無視し, 現す能, 現わす, 示して, 経験しました, 表に, 表現し, 表現しよう, 誇張し, 語って, 起させた, 隱す, 離れて, 露出する

2 [164件] あらわしたり, いたわって, いつはり, うごかして, おさえて, おさえること, おぼえる, さへ, しずめるため, すてて, すなほ, そのままに, その瀬戸物, はばかって, ひそめて, もたせた, もった, もった男, もつた人間, もつと, ロシヤから, 一つに, 一時に, 不安定に, 与えて, 主と, 伴うもの, 伴わないで, 偽らずに, 催さしめずまた, 傷つくる, 傷わ, 克服した, 内に, 制した, 制しながら, 刺戟され, 刺戟しない, 刺戟する, 動かさしむること, 動かされた, 取除くこと, 口に, 吐露し, 含めるもの, 吸込まれた方, 味い, 味つた, 味わった, 呼びさ, 唆る, 喚び起したの, 喚起し, 喪失し, 外に, 夫人と共に, 失って, 奏する, 害したらしいん, 害しても, 害しようと, 害すやう, 害すよう, 害するに, 害するの, 害するばかり, 害ね, 察して, 尊重する, 少しでも, 左右する, 弄ぶこと丈, 強いて, 弾きとばすこと, 彼にたいして, 心に, 忘れさせられながら, 忘れて, 思いやること, 思い出した, 悲しみながら, 払いのけようと, 抑えきれなくなった, 抑えながら, 抑え得ない, 抱かずには, 抱かせるの, 抱きつつ, 抱きながら, 押えて, 押し殺して, 拘束も, 持たずには, 持たせること, 持たないで, 持ち出して, 持ち初めて, 持ったこと, 持つに, 持つの, 持つべき理由, 持つよう, 探しあぐねるロシヤ作家, 探り出し書き, 操つてゐたなら, 支配する, 暗示する, 最初から, 有するもの, 有つてない, 朗らかに, 棄て, 極端に, 殺して, 殺すと, 求めて, 泛べ, 注ぎ込むの, 流露させ, 淨化する, 湛えて, 満し, 満足させ, 犠牲に, 發表する, 盛りあげて, 盛るに, 直叙し, 直叙する, 直叙せずし, 知らない位, 研究する, 破りたりと, 社会的に, 私の, 移植する, 経験する, 繰返した事, 聯結せり, 聲に, 胸の, 自ら批評する, 自分で, 自由に, 蓄へながら, 覺え, 言ひ, 言ふ, 誇張する, 誘へり, 論じ世界聯邦論, 貫いて, 貴女に, 起さしむるといへども, 超越してるらしかった, 蹂み, 迎合し, 述べるもの, 隠して, 隠すよう, 非常に, 顔へは, 高めて, 高調し

1 [1526件 抜粋] あくまでもおさえ, あてずっぽうで, あますところ, あらわさない男, あらわすかれ, あらわすまいと, ありありと, ある表情, いたいたしく刺激, いだいてるかも, いだきそれ, いだくこと, いつはらないこと, いつも長い, いつわるところ, いろ, うごかさなかった四高弟, うごかすには, うちこんで, おこさせるであろうか, おこし覚えず, おさえながら, おし殺さうと, おぼえずに, お互, かきたてます, かくして, からかうよう, きまり悪, こしらえた条件, この上, この頃, これは, さえどの, さかんに, さし挿む余裕, さっぱりと, さりげなくつつむ, しのぐよう, しらべる必要, じっと抑える, すっかり忘れ, すて給, そこなうもの, そこねたらしかった, そこね一座, そそいだ, そそるだろう, そのまま書い, その友情, その頃, それぞれ区別の, た, ただちに入れる, たっぷり自分, つい電話口, つけ加えるの, つつむこと, つよくする, とって, ともなって, とりのぞく必要, どうして融和, どうにか手, どう縮める, どこか, どこやらに, どんなに害するでしょう, なかなかことば, なだめようとしても, なほ持つ, なんといい表わしたら, ぬけ得ない間, はじめて抱いた, はつきり云ひ, ひきおこした, ひた押しに, ひどく損なっ, ふき込もうと, ふと思い切っ, ぶちまけるやう, ほとんど同時にいっしょ, ほんの少し, ぼんやりしか, まざまざと, まじえぬ文学的表現, まつたく殺さねば, まもりそれ以上, みだされた形跡, みよ, むき出しに, もたざるを, もたせた事実, もたなかったものの, もたれて, もちはじめる予想, もっ, もった以上, もっとも濃やか, もつこと, もつた生物, もつまでに, もつ動物, もてこれ, やがて世, やわらげられて, ゆり動かす, よく守り立て, よく現, よび起させその, わざわざ當, われに, カムフラージした, グッと, コムミュニストが, チラリと, バラバラに, メカニックに, 一つ一つ道義と, 一層醜く, 一緒に, 不当な, 与えたのに, 与えられる, 与ふ, 与へは, 主として味, 乱しては, 互に抱き, 交えずに, 享楽する, 人生の, 今ここに, 今日行われ, 代弁し得, 以つてする, 伝えた, 伝えるには, 伝へる方法がま, 伴うとか, 伴わない道理, 伸子は, 何もかも否定, 佯って, 促すもの, 保留し, 倍加する, 偏した, 偽つて, 偽り売った, 傷け, 傷つけたくないので, 傷つけること, 傷ふこ, 働かして, 優しく看護, 元に, 先づ第, 入れるから, 全く混同, 公けの, 具えた女房, 具象的に, 内心でばかり, 再現する, 冷やすこと, 出しては, 出ないから, 分析し, 判断させ, 利用し, 制すると, 制御し, 刺さるる如く, 刺戟されるなら, 刺激しあう, 加へて, 動かさないで, 動かされたよう, 動かされること, 動かしたという, 動かした様子, 動かすもの, 包んだ頭, 十分に, 危く露出し, 厭服せん, 反芻する, 受くる, 受け入れる余裕, 可なり, 各自の, 同時にすてる, 吐きそこねて, 向けようとして, 含まして, 含んで, 吹きちぎつた, 告げたり, 味わ, 味わせて, 味わって, 呼び覚まされる結果, 呼び起こすかも, 呼び醒した, 和げる唯, 咏じた, 善くなし, 喚び起すかね, 喚醒する, 嗅ぎわけるの, 噛みしめるの, 圧え, 圧縮した, 培うたもの, 基調と, 増した, 多少とも, 夢にも経験, 失ったエモーション, 失っても, 失ふもの, 奔放に, 妥協の, 嫌ひます, 完全に, 害されるよう, 害したからって, 害したって, 害したもの, 害したらしくも, 害したらどんな, 害した時, 害しないで, 害しました, 害し以来, 害し形勢, 害し部下, 害すまいとして, 害するから, 害するため, 害する如き擧動, 害する訳, 害せんよう, 害ねた, 害ふ, 寓した, 対象に, 少し浅く, 巧みに, 幼いながら, 弄びました, 弄んだの, 引き起して, 弱める傾向, 強く呼び起す, 強めて, 彼と, 彼女とともに, 彼女は, 待つて, 徹底的に, 忘れさせた, 忘れはてた人, 怒らせずには, 思いの, 思う, 思ひやる事, 急には, 恢復し, 恥かしく思いはじめた, 悪くする, 惑乱せしめたる, 想い出しながら, 惹き起すを, 惹起せし, 意識せずし, 愛そのものだ, 感じつめて, 感じ来るなり, 感受せし, 慰めた, 懐いたか, 懐かせる, 懐くに, 懷き, 或程度, 打破った以来, 抑えつけようと, 抑えるは, 抑える事, 抑へながら, 抑制しなけれ, 折々寧ろ屡, 抱いた最初, 抱かせられて, 抱きたる様子, 抱き特殊, 抱くこと, 押えたよう, 押えるに, 押え押え, 押しつつんで, 押し殺すこと, 押し隠して, 拒否し, 持たすよう, 持たせられますわ, 持たないという, 持たない人間, 持たれたくない, 持ちはじめたの, 持ち始めたの, 持ち過ぎて, 持ったこの, 持った人形, 持っとるでな, 持つそうして, 持つた圓滿, 持つだろう, 持つな, 持てと, 指して, 挑発さるる, 捨て, 捨てさせたいと, 排斥し, 掴むもの, 描いた, 描いて, 描ける点, 揺さずに, 損ねたらしくいら, 損ねてからと, 摸するなり, 支えとして, 支配せられ, 整理し, 文章と, 新たに, 昂めて, 明らかに, 昧う, 暴し, 書かせて, 最も強く, 有したる地下, 有する時, 有つてゐる, 枯し, 植ゑつける, 極力なだめる, 構成する, 次第に押しこめ, 歌ったと, 歌ふ, 正当化する, 歪めしかも, 残して, 殺した表情, 殺し人, 殺そうつまり, 母性感に, 求めなかった, 汲みとったよう, 沒却する, 洗練し, 洩らすこと, 活き活きと, 流露しつくし, 浮藻に対し, 深く内, 混え, 湛えたもの, 満足さす, 滅し, 激させ, 激動させ, 激発した, 無理に, 煽りたてた, 燃せり, 片付けて, 犇, 現さないやう, 現し得ざるは, 現す科, 現わさ, 理知で, 甘く引きます, 生かそうと, 生じさせる暇, 生活の, 画面に, 発展させる, 発達せし, 的確に, 皮肉るよう, 盛った言いあらわし方, 盛つてゐる, 盛り込んだプロレタリア文学, 盛るの, 目ざめさせた, 相当巧み, 真っ向う, 眼の, 知らずしらずの, 知り絵画, 研究し, 破壊し, 確立させ, 示さなかった, 示し合, 示す顏色, 私に, 秘めかくす気苦労, 稍理解する, 突き刺して, 立てて, 籠めていう, 紙に, 素子は, 組織し, 結局は, 絶対な, 締め抑えた, 縛つてゐた, 美くし, 肆に, 背景として, 自分に, 自己の, 自白し, 舞台の, 苛立たせて, 蒸留し尽し, 蔽ひ, 融和させられ, 表さない, 表し居るもの, 表わさなかった, 表わしながら, 表わすため, 表明したなら, 表現しない, 表示する, 見せないで, 見せまいとして, 見て, 見出すこと, 視ひと, 覚えなかった, 解さない人, 解放し得た, 言い表わすと, 言外に, 言語の, 訴えるきっかけ, 誇張した, 認めぬ静か, 誘う, 語り得るに, 語るの, 説明し, 説明する, 読みとつ, 読み取ること, 諸君並びに, 象徴した, 費すこと, 起こさせるナヂェージダ, 起こすこと, 起させた朱器, 起させること, 起させるやう, 起すこと, 超えた一ツ, 超越した, 軟く, 載せるの, 近くに, 述べたる者, 追つて, 通じてだけ, 遺憾なく, 重く鈍くかげらし, 金太だけが, 鋭敏に, 鎮めようと, 限りなく魅する, 階級の, 隠さなくなった, 隠すやう, 露わして, 静に, 顕わす, 養い套習, 駆り立たせた, 高めるだけ, 鳥も

▼ 感情~ (2041, 19.5%)

33 中に 23 上に 22 ために 19 うちに 16 中で 14 意味 11 なかで, 動きを 10 なかに 8 上で 7 ままに, 中には, 波を 6 上の, 表現を, 論理は 5 もつれが, 上から, 動きの, 動きも, 変化は, 波が, 流露を, 満足を, 為めに, 行き違い

4 [13件] ありよう, ような, 一つである, 一面を, 上でも, 上にも, 中へ, 動物です, 嵐は, 底に, 為に, 表現に, 鬱屈と

3 [38件] あるの, うちで, こもった声, なかでは, ほかに, ように, よりどころ, 上では, 下に, 中から, 動きに, 動きは, 底を, 強い人, 意味を, 所有者である, 持主で, 持主である, 本質的な, 機微を, 波の, 流れが, 深さ, 滿足を, 激昂を, 激発の, 激発を, 爲めに, 犯罪, 疎隔し, 発作に, 相違の, 翳の, 論理に, 豊かな, 質が, 部分には, 高い形式

2 [144件] あらしが, あること, ある事, いきさつを, うごきを, うちには, うちにも, おもむくまま, かけらも, かげが, くまぐままでもが覚えず, ことで, ことを, こもらないもの, すべてが, すべての, ためにも, つながりが, どこかに, ない声, なかには, ま, もつれから, もつれを, ニュアンスを, ニュアンス巴里生活の, リアリティーとして, リズムとを, リズムの, リズムをこそ, 一致し, 一部には, 上からは, 上には, 世界に, 中にまで, 主要な, 乱酔を, 何かを, 全部は, 処理まで, 出て, 劇しい, 力を, 動きが, 動きでは, 動くま, 動くまま, 動揺を, 動物で, 半面で, 単一なる, 問題な, 喚起, 大浪と, 奇怪な, 奔蹤を, 奥底に, 対立が, 嵐の, 底から, 底で, 弱さ, 影が, 必然を, 性質を, 意味が, 意味と, 意味によって, 捨場に, 放蕩を, 文学である, 新しさ, 方面の, 昂ぶっ, 昂ぶりが, 昂揚, 昂揚に, 最高潮に, 本と, 本質は, 柱は, 根を, 極致を, 機微が, 波に, 波動を, 流れに, 浪費を, 消滅が, 消滅する, 消滅を, 深いところ, 深い人間, 潮が, 激しい動き, 激しい渦巻, 激しさ, 激動を, 濃やかな, 熱烈な, 燃焼を, 爆発を, 爲に, 生れて, 異常な, 疎隔を, 病的に, 発作の, 発露な, 空虚を, 純な, 純粋な, 経緯を, 美しさ, 胸中に, 自由な, 興奮に, 興奮を, 荒んだ今, 融和期間を, 蠧惑とを, 行き違, 衝突が, 衝突に, 衝突を, 表現が, 表現の, 表現も, 表現法に, 表白が, 裡に, 誇張を, 論理, 論理が, 躍進が, 道を, 重さ, 間に, 附加が, 限界が, 面に, 齟齬が, 齟齬を

1 [1331件 抜粋] あいまいさや, あふれた狂気, あまり蒼く, あらゆる波, あらわれた不, あらわれという, あらわれる大きな, ある一つ, ある許, いきさつの, いろいろを, うごきなどは, うずまきに, うねりとを, うねりを, おだやかな, かくも, かげりひなた, きつい人, くいちがいに, くすぶりが, こだわりが, ことまでも, この形態, この表現, こみあげて, こもったこと, こもった調子, こもらない心持, これまで, させたこと, さまざまな, しずまるまで, せんさいな, たちという, ためだけでも, ためな, ちがいを, つながりといふ, つよい彼, つよさ, ともな, どのよう, どれほど, どん底に, ない機械, なかから, なかつたとき, なかへ, なくなった虚無, はけ口は, はしに, はたらきかも, はやりから, ひよわさ, ひろがりの, ふくらみなど, ぶつかりなんて, ほうが, ほか何も, ほのめきを, ませかた, まにまにそれ, まま呂布が, まま胸の, みな動い, もっとも旺盛, もつれだろうと, もつ役割り, やさしさ, やり場が, ようで, ようやく乱れかけ, よりよき, アクセントが, インテンシチーの, グニャグニャした, ニヒリスティックな, ニユアンスでも, ビラビラに, モツレという, リズムに, ルンペンさが, 一つと, 一大要求である, 一層分化, 一致が, 一進一退は, 一部を, 一面だけが, 上からでも, 上すべりした, 上において, 上へ, 不具ディフォーメーションを, 不安定さを, 不純が, 世界には, 世界を, 中では, 中の, 中心の, 乏しい女, 乖離に, 争闘に, 云ふま, 交流が, 交錯と, 交錯を, 人に, 人間らしいすこやかさ, 今日の, 伸びてゆくありさま, 何らかの真実, 余韻をめぐって, 使い分けは, 修養それから, 偏狭独善と, 健全なら, 傾きその, 傾き小さな, 働きを, 働く動因, 儚い発散, 先達と, 入って, 入り乱れたまま, 入れまじつた, 全中心, 全部であった, 全面の, 其の思想, 内に, 内容で, 内容は, 内容更に, 内部で, 内部までも, 内面的構造である, 冒険は, 冷やかさで, 凸凹にまで, 出口を, 分裂が, 分裂両, 切なる, 切迫の, 刺戟を, 前に, 力であり, 勁靭さ豊富さと, 動きだけ, 動きについては, 動きまでも, 動き方にも, 動乱を, 動揺に, 動搖を, 動物なれ, 勢ひによつ, 十分の一をも, 危険, 原理は, 反復と, 収拾は, 古めかしさ, 吐露は, 含蓄は, 告白を, 命令によつ, 問題などについては, 問題のみ, 問題最近の, 噴出でも, 困難に, 園生に, 土台の, 在りよう, 型づけ, 域に, 基調つまり, 塵っ, 壮烈一つは, 変動で, 変化の, 外に, 多様さが, 大きな動揺, 大浪が, 天も, 奥の, 奥深くまで, 如きは, 妙に, 始末の, 守護神わが, 実質においては, 宮殿の, 寤むる時人生は, 対立を, 対象には, 尊重を, 小さい面, 小市民的分裂, 小鬩合い, 展開に, 峰から, 差は, 幅が, 平衡を, 底は, 底流れを, 度の, 弛緩これが, 張り切った声, 強いの, 強い人ゆゑ, 強い時, 強き表出を, 強大な, 形態をしか, 影法師でしか, 役割を, 微妙さ, 心の, 必然性として, 必然的飛躍である, 思いがけない生れ変り, 急所を, 性質では, 性質は, 息吹が, 悲天の, 意味として, 態度を以て, 成長し, 我儘とが, 所有者であり, 扇で, 承知せざる, 投げ繩, 披瀝である, 拘束の, 持ち主であった, 持主であり, 持主には, 捌け口の, 推移と, 推移を, 揺らぎの, 揺れも, 操練として, 擾乱を, 改り, 故にどうこう, 教練が, 教養は, 整理に, 文学であり, 方から, 方に, 方向が, 方向をも, 旋律であり, 昂ぶりを, 昂奮から, 昂揚が, 昂揚論理の, 昂進よ, 明暗が, 明暗は, 晩い, 暗く幽囚, 曲折の, 曲線を, 最大の, 最後の, 本ものである, 本質も, 杵搗き合いで, 林であるべきである, 柔軟さが, 根源に, 極致までも, 機密を, 機微など, 機械動物が, 欠けてるこの, 歯の, 殆ど全部は, 母線や, 水位が, 沮喪の, 波だちをもって, 波動の, 波立ちから, 波長を, 洗煉され, 活動を, 流れも, 流露しない大人びた, 浅い粘力, 浸透に, 深い根, 深淵を, 混乱の, 渦中へ, 渦巻きが, 渦巻を, 湧きおこるの, 湧くが, 満足言ひ, 溢れるまま, 滿足が, 潜んで, 激しい動揺, 激する, 激動をも, 激怒によって, 激昂に, 激発に, 激発によって, 濁りから, 火の, 火花や, 点で, 焦点に, 焦点を, 熱い波立ち, 熾烈さも, 燃え上って, 燃焼であり, 爲である, 片影をすらも, 牢として, 特異性は, 牽引と, 状態から, 状態と, 狂いから, 独裁に, 猛烈さ程よい, 獅子が, 現れが, 現わし方, 現われなの, 現状に, 琴線は, 生々しさ, 異様な, 疎隔した, 疲労と, 発作であった, 発動は, 発現に, 発生及び, 発育を, 発達の, 発達盛り, 発露と, 発露や, 發揚である, 發露は, 皺である, 盲動的感激を, 相対する, 相違が, 看板は, 真実であっ, 眼で, 硬さ, 神経を, 移入を, 程度か, 種目で, 空気を, 第二変遷, 節奏である, 節約から, 範圍内に, 籠つたと, 籠らない言葉, 糸に, 純潔さを, 素朴な, 細かいこと, 絃の, 結合と, 絡まりが, 緊張で, 緊張を, 線の, 線外に, 縺れも, 繊細さにとって, 繊鋭な, 置き場が, 群がるの, 習慣と, 習慣的な, 翳を, 耽溺に, 肌理を, 背景として, 胡魔化せない, 脆弱な, 自主性を, 自意識の, 自然を, 至純さと, 興奮し, 色どりを, 色合いで, 色調にも, 芽生えた時, 葛藤と, 葛藤を, 融和などといふ, 行きがかりの, 行掛り上から, 行違いを, 衝動された, 衝突, 衝突で, 表れが, 表われ, 表出法についても, 表現その, 表現である, 表現には, 表現形式を, 表示であります, 表象であり, 裏付けが, 裡から, 複雑さに, 要素の, 見分け方, 解剖などにも, 言ひ, 詩で, 誘惑は, 調子で, 論理な, 論理を, 變り, 豊かさと, 豊かに, 象徴である, 貞節さ常住不断の, 貧弱さは, 貯蔵と, 質との, 質的転化という, 赴くま, 起こるの, 起伏消長を, 跼蹐が, 軋りつつ, 迫った声, 通行で, 連絡も, 逸早く現, 逼迫を, 遊戯や, 過剰であり, 遺した余影, 醇正を, 鈍い人, 鈍い青年, 鋭さ, 鋭さを, 鋳型に, 鏡によって, 閊えを, 関連を, 陰に, 陶冶といふ, 隈まで, 集注は, 霞が, 露は, 面だ, 音階が, 響きの, 順位を, 顔に, 顫え, 飛躍が, 食い違いが, 餌食に, 高く貴い現れ, 高まりは, 高低は, 高潮しきつた, 高潮を, 高翔した, 高調時に, 鬱積や, 黄金時計で

▼ 感情~ (1243, 11.9%)

17 ある 15 湧いて 12 私の 9 あった 8 動いて, 彼の 7 あるの, 湧いた, 胸の 6 一時に, 私を 5 あって, こみあげて, こもって, そのよう, 激して 4 あるから, あると, たかぶって, 彼女の, 心の, 文化の, 現われて, 込み上げて

3 [20件] あります, あるわけ, うごいて, こみ上げて, それを, 伸子の, 先に, 動いた, 含まれて, 彼を, 心に, 昂ぶっ, 極度に, 潜在し, 燃えて, 胸に, 胸を, 胸一杯に, 自分の, 起って

2 [49件] あつた, あつて, あること, あるでしょう, あるなら必ずや, いっぱいに, かれの, この箱, すこしでも, そこには, そのままに, その人, その民族, なくて, またその, もてあそばれ汚されるの, わたしを, 一本の, 一般の, 三人の, 今彼の, 伴って, 伸子に, 其の政府, 内に, 再び目ざめだした, 出て, 出来て, 動揺し, 喉元に, 存在し, 彼女を, 昂じて, 概念的でなく, 水の, 流れて, 激昂し, 爆発し, 生きて, 画面に, 籠って, 素直に, 自分を, 自然に, 豊かで, 起こって, 起る, 雲の, 非常に

1 [926件 抜粋] あくまでも強められ, あたたかく心, あったから, あった最も, あとから, あなたの, あらあらしくなる, あらわされる, あらわれて, あり, ありあり分る, ありそう, ありますね, あり一つきり, あり好意悪意, あるか, あるけれども, あるそれ, あるという, あるとは, あるならば, あるので, あるやう, あるらしいの, あるらしかった, あるん, ある以上女, いかなる場合, いかに強い, いくつも, いくらかでも, いたずらに昂, いつしか消え失せ, いつも緊張, いまでも, いま頗る, うかが, うごめいてる深い, うまく表現, えならぬ薫香, おしもへ, おびたゞしくふしぎな, お延, かえりみられた, かの女, かれと, きさまら, きつく示され, きれいに, こぐらかったらなかなか, こじれたよう, こじれて, このよう, この口, この失策, この翻訳, こまかいユーモラス, こもり余響, こんがらかって, ごちゃごちゃ入り, ごつた, さらに入っ, さらに金五郎, しずまると, しつくり, しないでも, すいて, すこしも, すらりと, ずるずるべつ, せまい女, せめて一つ, そういう大きな禍, そうである, そこに, そこまで, そのま, そのやう, その中, その技術, その目, その瞬間動作, その美, それが, それは, それほど違う, そんな風, たかぶりすぎて, たかまって, ただようの, たまって, たまるの, だん, だんだん和らい, だんだん胸, だんだん薄らい, つきぬけて, つけ加えられた, つつまれて, つよいから, とおって, ともな, どういう所, どうかすれ, どうのこうのとは, どう傾いた, どこかにか, どこに, どのよう, どれ程, どんなに変っ, どんなもの, どんな昂揚, ないと, なかった, なくては, にじみだして, にじみ出すの, にわかにたかぶった, にわかに冷たく, のこされるの, はいるから, はげしく心, はじめてわたし, ばらばらに, ひたひたと, ひったり, ひと頃の, ぴったり胸, ぴり, ふと胸, ぶつかり合つて, ほころび始めたらしかつ, ほんとうに, ますます険悪, また再び社会生活, また私自身, まだ動い, まだ辺鄙, みずから道を, みなぎったとき, むき出しかける, むやみに, もたれて, もつれあって, もつれるとでも, もやもやし, やはり甲冑帯剣, ゆき子を, ようやく円熟, よく現われ, わかりませんでした, わかるよう, わき立つよう, わだかまって, ウィーンへ, コンセントレートする, スポイルされます, ハッキリし, ピッタリと, マンの, 一つに, 一つ一つに, 一度に, 一捻じ, 一杯こみ上げ, 一杯に, 一点に, 一般に, 上の, 不信用, 不安と, 不思議な, 不思議に, 不足し, 主税の, 久しく重ねられ, 乏しかった, 事実に, 互に剋, 互に反撥, 交った, 交つて居た, 交流する, 人と, 人より, 今も, 今度は, 他の, 仲間たちを, 伴うの, 伴つてゐる, 伴は, 体の, 何に, 作家に, 俄かに, 保存せられ, 働いて, 優しいだけの, 先立つ頃, 全くあり来り, 全的に, 公開的な, 再びむらむらと, 冷えきって, 分らなくなるわ, 分る, 切なく彼, 別な, 到底西洋, 前後の, 加わること, 動いたの, 動いた瞬間, 動きさえ, 動きません, 動くもの, 動作の, 十分に, 十分満足されない, 半兵衛には, 博士を, 厳として, 取りとめなく胸, 可なり悪化, 右の, 同じである, 同藩中, 吹つ飛ばされる思ひ, 周作の, 呼び起された, 和むはず, 喪失し, 因襲打破の, 土台に, 基礎に, 塗りつぶされて, 変って, 変わって, 変化した, 外界の, 多分に, 多少動揺, 大きくひろがった, 大部分, 太く凝り固まつ, 失はれたの, 失はれ藩浪人, 失われ藩浪人, 女として, 如何し, 如実に, 婦人雑誌なみの, 子供にとって, 実感された, 家族の, 富岡の, 少いから, 少しずつ, 少しづつ妙, 少しでも, 少しばかり, 尖鋭に, 山霧の, 帰着する, 常に豊満, 平静を, 広く行き渡らない, 引いて, 弱々しいからから, 強い, 強かった, 強くな, 強くなっ, 強く主張, 彈き, 形作られ始めた, 彼女に対して, 彼等を, 往来した, 往来する, 復讐の, 心内に, 必要である, 思はず漏れて, 急に, 恋情に, 恭一に対する, 患者に, 悪化した, 想像力を, 意識された, 慄え, 慎一には, 我身を, 戦場の, 手伝って, 抑えきれなくなると, 押される, 拒むだらう, 拡大され得る, 持続し, 掠めた, 揉み合ったかは, 揺れた, 攻め寄せて, 整えられて, 敵にも, 文学の, 新たに, 旋風の, 日々を, 日常性に, 日本人に, 日本国民の, 早くから芽生え, 昂じたあと, 昂ぶった, 昂揚し, 昌作の, 明に, 春の, 時々きらきらと, 時には, 時雄の, 普遍的だ, 書いて, 未だまったく法律, 本質的に, 柔かくありません, 極点に, 横溢し, 欠けて, 歌の, 正木博士の, 死ぬべき者, 殆悉この, 段々昂, 段々映っ, 民衆の, 水を, 水夫らに, 汪洋として, 決して的確, 没落の, 泉の, 波打って, 泳いで, 流れしかも, 流れた, 流露しなく, 浅いから, 浅薄です, 浮き上るの, 浮んで, 涌いて, 深くなる, 混つて居り, 混乱し, 渦巻いて, 測られず超, 湛えられて, 湧かぬ筈, 湧き出した, 湧き立ったけれど, 湧き起った, 湧くこと, 満月は, 満足される, 滾, 漲つて來, 漸次に, 潜まされて, 潮流の, 激さない, 激しく胸, 激烈である, 激發する, 激越なれ, 瀰漫する, 烈しく可, 無いと, 無数の, 熱を, 燃え立って, 爆発しない, 特に根本的, 現はれ, 現代の, 現実の, 理智を, 理解される, 環の, 生れた, 生来だらし, 甦った, 男に, 発生した, 白熱し, 盛られて, 盛り上がり沸, 目覚め其の, 目醒めた, 直接こもっ, 真に潤沢, 真実わたしたちの, 眠つてゐる, 眼を, 瞬間サッと, 確立しかね, 禎輔の, 私には, 穏かで, 突然はっきりと, 突然紙, 窺はれる, 第四階級, 粗く野生的, 粗雑で, 純でなく, 純粋に, 紛紜し, 細かいので, 絡んで, 総て放散的に, 縺れ合ったまま, 纏まり過ぎたといふ, 老夫婦, 胸いっぱいに, 胸いつ, 脆くなっ, 脈を, 自分で, 自分にとって, 自分一個の, 自然な, 自然自然こういう, 舟出し, 花を, 芽生えて, 若者の, 苦痛が, 茂子一人に, 荒立つ儘, 萌えだし生, 葉子の, 蘇って, 蟠って, 街に, 衝き上げて, 衣川の, 表われ, 裏附けられ, 襲來し, 言葉から, 詩全体に, 誇張ない, 論理を, 豊かに, 豊富に, 起こるよう, 起つて, 起り顔に, 起る日本人, 足りないせい, 身に, 軍歌にも, 迫ったの, 通うもの, 通じないの, 進んだとき, 過敏に, 遠からず, 醇化せられ, 鈍って, 鈍ってると, 鉛の, 鍛錬された, 閃いて, 閑枝の, 間違ひでなかつた, 防寨を, 随処に, 隠されて, 雨の, 電流体の, 露出し, 露骨に, 静まってから, 静まりかけて, 頑としていう, 頭の, 顔に, 餘り, 高ければ, 高潮に, 鬱積し, 鼻について, 齟齬し

▼ 感情~ (793, 7.6%)

12 支配され 11 於て 7 なって, 駆られて 6 動かされて, 激し, 訴えて 5 よりて, 支配される, 身を 4 かられて, 本づく, 走つて, 迫って 3 ふれて, 富んで, 就いての, 於ても, 立って

2 [52件] あふれた走り書, すぎないの, とらはれて, なった, ひとりでに微笑, ぴったりする, ほかならない, まかせて, みちて, 上気し, 任せて, 何か, 傾き易き, 共感を, 動かされながら, 囚われて, 基いて, 壓せられ, 変って, 奔る, 就ての, 左右され, 引き摺られて, 彼は, 心を, 打たれて, 捕えられて, 捕われて, 於ては, 暗い翳, 没交渉である, 泪ながした, 浸って, 満された, 満足を, 理窟の, 生きて, 直截な, 胸を, 裏づけられた談話的表現, 襲はれ, 襲われて, 襲われる, 訴え先生, 訴へ, 訴へて, 負けて, 迫められた, 陶酔し, 頓着せざる, 頭が, 駆られたの

1 [588件 抜粋] あおられたよう, あおられわけ, あこがれて, あゆみ入って, あらざるのみ, あらずして, あらず極致, あらわれた一種, あるかの, あると, あるの, あるので, ある場合, ある理解, ある習慣, ある輪郭, いかなる名前, いかなる衣, いきなりむすびつい, いちじるしくその, いろいろな, いろいろの, うけて, うけ入れられやすかっ, うごかされない老父, うごきやすく, うまく訓練, うるみほっそり, うるんで, おかれた点, おかれた鴎外, おかれて, おされて, おし出されるよう, おそわれあの, おそわれて, おぞ毛, おどろいたの, かえた, かかずらって, かかわりなく, かたまりついて, かなり長い, かられると, からんで, こういう風, こうした忠告, こたえねば, こだわって, こらして, さいなまれて, さし迫って, さまざまな, された, しつくりそぐはなくなつて來, して, しみこんで, しみついて, しみ入って, しろまだ, しろ淡白, じかにふれた, そういうユーモア, そぐわない多く, そむいたもの, たけって, たとい一時的, たまらなくなっ, ちが, つかまれた, つき動かされたり, つけこまれる余地, つけ込み複雑, つつかれて, つよい信頼, つよく同僚, つれて, とどまるか, とらはれるの, とらわれた, とらわれて, とらわれること, どしどし移入, なずまない理由, なった貞操観, なつて, なにか文学, ならされたの, なりきり得る思想, なる, なるまいと, なる事, ぬれて, のこされるの, ひいて, ひきくらべて, ひきずられる自分, ひたること, ひどく圧倒, ひッ, ぴったりしなくなった, ふくれて, ふさわしい表現, ふるえて, ふれたな, ふれるところ, ふれ自分, ほだされ流されやすい, ぼんやり浸っ, まかせたため, まかせた乱暴, まきこまれ彼等, まけたこと, まけて, また赤インク, まだ多少の, みえながら, もたらす変化, もちこまれて, やさしく一致, やぶれた, ゆすぶられながら, よれる言葉, わずらわされながら, アッピールし, ゴツリと, ピッタリした, ポツリと, モミクチャに, 一つの, 一向つながる, 一定の, 一層切実, 一年一年と, 一等二等は, 一身を, 丁度母親, 不似合, 不知不, 乏しいながらも, 乗じて, 今も, 介せられて, 他ならず, 他ならない, 任せ前後, 伝えられるの, 似たよう, 似て, 似る他, 何となくプロフエツシヨナル, 何らの, 何時でも, 何等の, 作用する, 併し, 偏し, 偏すると, 催された, 傾いて, 傾きやすい, 充たされて, 充ちた声, 充満され, 克てなかった, 入って, 全く無縁, 全身を, 凡俗性の, 出来るだけ, 出発した, 利いて, 制せら, 制せられず, 制約され, 刺戟され, 刺戟されない, 前後の, 前後を, 動かされたの, 動かされたよう, 動かされないよう, 動かされやすい, 動かされる国民, 動く女, 包まれて, 即して, 即しては, 即すること, 反して, 反対する, 反映し, 取つて, 取り巻かれて, 合うよう, 味が, 呼びかける, 咽せ, 喉を, 喰はれ, 噪が, 囚われず芸術家, 固有の, 圧しつぶされて, 圧せられて, 圧倒され, 圧迫された, 基き科学, 基くとしか, 基く文化, 基く社会行動, 基けて, 基づいて, 堪えず神経, 堪えられなくなったらしくグッ, 堪え得ないで, 堪へないやう, 変じて, 変な, 変るらしいの, 変わって, 変化が, 変化したる, 変化せられざる, 変形する, 委せて, 媚びて, 存するの, 密着し, 富みたる完全, 富むところ, 富める者, 対処し, 對し, 導かれて, 少々異, 屈服する, 属するもの, 属する故, 巣喰う, 左右される, 左右せらるる, 常に和, 常に消えない, 引きずられて, 引ッかかるまい, 強い窕子, 強く心, 当て込むに, 形而上學的背景を, 彩られた重大, 影響し, 影響する, 彼を, 従うこと, 復讐を, 微妙な, 徹へる, 心持に, 急には, 恋の, 悩される, 悩まされ始めた, 悲しみを, 愕き, 感覚に, 愬へる, 慄え, 憎々しく胸, 憑かれた, 或点, 戦争挑発に, 打たれずに, 打たれた, 打たれつつ, 打たれました, 打ち克ち其の, 打ち負かされて, 打れます, 打克つ, 打勝つた, 抵抗し, 押しつけて, 拘りなく, 拠りてこそ, 指針を, 挟んで, 捉はれすぎ, 捉へ, 捉われすぎ, 捉われた, 捉われ易い, 探り入ること, 掻き乱されて, 揺すりあげられたの, 揺られ猶も, 揺り動かされるの, 支配される如き思ひ, 攻めつけられて, 新しい表現, 新しく加, 於いて, 於ける二つ, 於ける正しき, 明瞭に, 映して, 暖く賢く, 曇った鑑識, 有機的な, 染まって, 根ざした事件, 根ざした孤独悲愁, 根ざし侠気, 根ざす権威, 棘の, 植えられただけに, 止まらぬの, 止まり詩, 正常な, 殉じて, 殉じやすい, 気がついた, 気疲れが, 沈湎し, 没頭せよ, 波を, 流れること, 淋しいという, 深くひびい, 添うて, 湛えて, 満たされた, 満ちたり, 満ちてる若い, 溢れて, 溺れきったよう, 溺れて, 溺れは, 溺れる勿, 漠然とした, 激した, 激する, 火が, 烈しく意志, 無頓着に, 焼きついて, 煽られる, 熱しながら, 燃やされた色, 牴触する, 甘えて, 甘えるつもり, 生えた棘, 生きること, 生きる民衆, 生じた, 疎隔され, 疑を, 疑惑を, 発足した, 目ざめ育て合い日々, 直接で, 直接影響し, 相応し, 相通ずる, 相違ない, 真面目な, 移すの, 空虚感なんか, 立返つて物, 答えたという, 節奏が, 納得ゆく, 素朴に, 結ばれて, 結びついたもの, 結びつけて, 結婚の, 絡まれながら, 絡んだ気分, 統一され, 統一の, 缺け, 耽ること, 育てて, 脅かされた, 脆い女, 自主的弾力と, 自分を, 自分全体を, 至るまで, 至る迄, 興奮し, 色あせつ, 若しも融和, 苦しめられた, 苦しめられた揚句, 苦しんだこれ, 荒々しくゆすぶられ, 蓋を, 融かして, 衝かれたと, 衝かれること, 表裏が, 裏づけられた唐突, 裏打せられる, 裏打ちされ, 襲はれた, 襲われた, 襲われたこと, 襲われたの, 襲われるの, 襲われ急, 見えた, 触るらしく自分自身, 触れる術, 訴えたい, 訴えなければ, 訴えられるもの, 訴えるもの, 訴えるよう, 訴える声, 訴える用意, 訴える若い, 訶まれて, 誇張の, 誘ひこまれて, 誘惑された, 語りかけて, 調和し, 豊かな, 負けず劣らぬ位, 負けるだけ, 負けるところ, 負けるな, 責任の, 赤面する, 走った結果, 走って, 走つて云, 走らないで, 走りすぎたよう, 走りやすく, 走り易い, 走ること, 走るな, 走るの, 走るを, 起った変化, 趨らんと, 近いであろう, 近いの, 近い憎悪, 近づいたリズム, 近代も, 迫るの, 迷わさるるなと, 通じた, 通ずる逆説的, 通暁し, 遊びの, 過ぎず, 過ぎないもの, 違いなかった, 適合する, 適宜な, 遺憾の, 還って, 還る人, 酷似し, 重ね合わした憎々し, 鈍感で, 鍛えられ文化, 閃く高い, 関係ある, 関係なく, 関係の, 障り直ちに, 隨ひたがる, 震えた木村, 震動させられ, 靡くの, 面して, 鞭うち意志が, 頓著なく, 頼ること, 飜訳し, 飢えて, 饒かな, 馴らされて, 馴れ世馴れた分別, 駆られざるを, 駆られたり, 駆られた結果, 駆られるまま, 駆られ布団, 駭く, 驅られた, 高翔する, 鼓動する

▼ 感情~ (767, 7.3%)

7 彼の 6 少しも, 文化の 4 すぐに, それを, 容易に, 非常に 3 あった, なかった, ソリダリテの, 多くの, 或る, 持って

2 [36件] いつでも, かなり内に, そこに, その計算, たいていの, 一変した, 一時の, 云って, 人間の, 今日の, 他の, 他人の, 低いもの, 何か, 内に, 前に, 可なり, 多少別, 婦人の, 常に私, 心の, 我々が, 智力を, 次第に消滅, 毎日猫の, 永遠に, 激しくあらあらしく衝動的, 痴なり, 知性的である, 経験した, 英語を通して, 蛮人の, 複雑に, 詩と, 遠さ, 醜いもの

1 [642件 抜粋] あくまで激動, あっても, あの人, あの空気, あまり外, あやふやである, あらゆる眞正, ありません, あり時, あるに, ある人々, いかがであったろう, いかにも熱烈, いかに自ら人工, いくらか虐げられ, いじけた此, いっそう悪化, いつか薄れ, いつの, いつも暗, いまも, いよいよ打ち溶け, いよいよ熱し, いろいろの, いわば一種, いわば元始的, いわば強い, うごかしたくないと, うごかずに, うそ寒く自分, おそらく彼女, おのずから別, おのずから等しく, おぼろげながら, お互に, かうした形式以外, かえってねらい, かなりいまだに普遍性, からみ合, きょうでは, こ, ことごとく鼓膜, この出来事, この問題, この小, この男, この頃, こまやかな, これに, これまでにも, これを, さもこそと, しかしある, しかし事件, すぐやわらいだ, すっかり和らいだ, すっかり忘れ, すつかり, すでに小萩, すべて心を, すべて死なね, せちがらいな, そういう形, そういう感情, そうしたこと, そう無茶苦茶, そっちのけに, その, そのせき, そのままそっくり憎悪, そのままであり, そのまま受け取れる, そのよう, その動機, その名, その基本, その後の, その時, その本来, その眼瞼, それから幾日, それだけで, それどころで, それは, それより, たかぶって, ただ, ただ一片, ただ泣く, ただ胸, たやすく友情, たよりない, だんだん分別臭く, だんだん逃げ, ちっとも湧い, ついに明るい, つよいが, とどまり得る, とぼしいなか, どういう発展, どうかと, どうにも出来ない, どうやらおのおの, どう云う, どう発した, どこかへ, どこに, どこへか, どっちか, どつ, どんなこと, ないの, ないらしい, なおさらである, なお感情, なく頭, なにかこれ, なんだかうんざりし, なんと病的, なんの, ぬきの, はじめから, はじめまるで, ひとりでに生長, ひどくほつれ, ほかの, ますます興奮, またまた硬化, まだその頃, まだまだ多分, まだわからなかった, まだ抱朴子, まだ押える, まだ発揮, まだ習慣, まったく捨て, まつたく水, まづ若鮎, まるであべこべ, みますの, もうすつかり消えて, もうその, もうと, もう飽き飽きし, もしそれ, もちあ, もちろん被, もとへ, もはや, もはやそこ, やがて此, やはりいつもはにかみ, やはり城介, やはり性欲, よほど吟味, わかる, わかるまいと, わが一家, われわれに, キミ子を, ゴーリキイの, ボリスや, モツレに, ルードである, 一九五二年まで, 一体何だ, 一切である, 一寸でも, 一層微妙, 一度入獄, 一斉に, 一時に, 一渦紋で, 一番自然ぢや, 一種不快な, 三十歳を, 三百年間大地に, 不可解に, 不幸に, 不感症に, 与えませんでした, 世界の, 丸裸な, 主として韓國, 主観的で, 主觀的, 予の, 予も, 予想し, 二十の, 二十三の, 云う丈気分, 五年間一度も, 京極を, 人間に, 人間一般の, 今まで, 今もう, 今少し, 今病的に, 以前から, 伸子に, 伸子にも, 何が, 何となし, 何とも, 個人が, 働いて, 僕の, 兄妹と, 光秀に対しては, 全くはいっ, 全く無かっ, 全然ワザ, 全身を, 其爲に, 円とか, 写象的, 凡そいつ, 凡てその, 出て, 出る船, 出来るだけは, 初めから, 判ります, 別としても, 別個の, 前にも, 前途に, 割合単純, 動くであろうのに, 卒業し, 単なる運動, 単に遠, 単純で, 又ぞ, 又妙, 収つても, 取り消すこと, 口で, 古い意味, 叫びて, 各人の, 合理の, 吉野君の, 名残も, 含まれて, 吾人の, 味うでしょう, 喉を, 單なる, 單に, 国土に, 地上に, 堂の, 増しても, 変幻自在でも, 多くひらめかし, 多く道理, 大きいさけ, 大変な, 大嫌いな, 夫れ, 失はれて, 好い諦め, 好かつた, 始めて戦場, 嫉妬と, 存在し, 宗教的範疇という, 実にまざまざと, 実に古風, 実生活上の, 室内に, 害したくないと, 家庭の, 家族の, 寧ろ山県侯, 寧ろ山縣侯, 将に, 少くとも, 巧い, 己の, 常に或, 年と共に, 幸福である, 度し難くいや, 当時極めて, 影も, 彼に, 彼より, 彼女に対する, 彼女の, 彼自身が, 往く處, 微かに, 微妙に, 必ずや何等, 忽ちがらりと, 忽ち混乱, 忽看客の, 怒りでも, 思想は, 急に, 急劇, 恋でさえ, 恋愛と, 恐らくもはや私, 恐らく彼, 恐らく越後全体, 恐怖と, 恐怖の, 悉く上滑り, 悉く奴等, 悉く活動, 悉く隠れ, 情容赦を, 意志や, 愛国の, 憎悪であった, 憎悪を, 我我の, 戦争を, 所有慾から, 手を, 打ちひしがれて, 抑えての, 抑圧する, 抱いて, 押しつぶされ詩, 捨てなければ, 排他的で, 推理を, 支へを, 敢て, 数理的に, 整理され, 新しい画工, 新鮮で, 新鮮である, 日光浴の, 日夜私を, 日常生活において, 日本の, 日本人などより, 早晩一変せず, 昂められた, 映画なんかについて, 昨日も, 時としてひどくもろい, 時に起伏, 時期によって, 普通の, 最も深く, 期待と, 木の葉の, 未だ何とも名, 未来と, 果たして一時的なり, 案外に, 棄てて, 次第にこの, 次第に興奮, 歓喜と, 止んで, 正出といふ, 正直だ, 正直に, 此の, 武田氏に, 歪んだま, 死に対する, 段々逃げ, 比ぶ, 水の, 決して単純, 決して害されない, 決定的な, 波の, 洒々落々たる, 浅くなかった, 消えたが, 消えないまでも, 深いと, 深められひろがり有機性, 深刻でした, 湧いたこと, 湧かなかった, 湧き出して, 激しく溢れん, 火と, 炎と, 無暗に, 熱情は, 父母の, 物ごとを, 特に強まり, 狭いのね, 現わ, 現われて, 現在加野に, 現実が, 現実の, 理性とともに, 甘い甘いと, 甚だしく乱調, 生涯忘れないだろう, 用捨なく, 異常な, 異性間に, 発育を, 益々動い, 益々鋭敏, 益す荒むばかり, 直ちに根柢, 相手が, 真にすべて, 知らなかった, 破産させられ, 確に, 社会的成功といふ, 私と, 私としては, 私にも, 私の, 私生といふ, 秋作氏や, 種々相距る, 突如と, 競争者と, 糸が, 純な, 経験ある, 結婚から, 絵入, 緊張し, 老人が, 肉体の, 背徳者を, 腰から, 自分との, 自分にも, 自然ある, 自然さを, 自然の, 自由詩に, 若き未亡人, 若さ, 苦しまずに, 荒び神経, 荒涼と, 著しく惡化, 虚脱し, 製材所の, 見られない, 見るに, 言ふ, 語られません, 読んで, 誰でも, 論者のと, 貴方に, 贋物でなく, 起こらなかった, 起らず仕事, 起らない, 起らなかった, 起る筈, 越智に, 越智にも, 身に, 軽蔑されました, 近來可, 迷児の, 通俗な, 進んで, 遂に成立, 過多な, 遠い世, 遺憾なく, 都会っ, 野性の, 鉄火の, 鋭くなり, 鎌倉へ, 長い生涯, 長く続かなかった, 間誤, 闇の, 闘争と, 陶磁器だけを, 随筆社の, 露わに表現しない, 青じろい権, 青木か, 面白いもの, 頗る激烈, 頻々として, 題目一つ唱える, 高まって

▼ 感情~ (293, 2.8%)

4 ない, またその, 意志も 3 あった, それに, ないもの, もって

2 [22件] あの近, あの運動, あらわさない, これは, またそう, 一緒に, 伴は, 元の, 変る, 持たなかった, 持っては, 文化の, 本能も, 歪んで, 浮んで, 湧いて, 皆智力, 神経も, 私は, 義理も, 起らないの, 趣味も

1 [225件] あっただろうし, あったという, あったろうけれども, あっちから, ありながら, ありますが, ありませんね, あるが, あるし, あるだろう, あるであろう, あるの, ある女王, あろう, いくらか, いつか忘れ, いつとは, いろいろに, うごかしては, うごかない, おあらわし, おのづか, おもて, かくされて, ことばなく, この一ト声, この人, こもらない調子, さらりと, じつはまだ我ら, すぐに, すべてが, ずいぶん安っぽく, そこに, そしてこの, そのよう, その極端, それが, ちがう多数, とけて, どこやら, ないが, ないに, ないよう, ないらしい, ない人, ない人造人間, ない声, ない愛, ない文, なおりまた, なかった, なかつた, なくまだ, なく一枚一枚, なく別れ得る, なく漫然と, なく言いなり, はげしいかも, はたらいて, はっきり知った, ひえきって, ひそんで, ひと頃ほど, ひろく深く大きいもの, ふっと横切っ, ほとんど認められない, ほぼわかり, まじえない私, またたかぶっ, またほか, また彼, まだひとつ, まったく影, まったく違っ, むき出しな, もう皆, もちろんあった, もちろんすぐ受け取っ, もち得ぬ, もっては, もつれ合った, やがて癇癪, やはりそうであった, よく働い, わたくしの, スッカリ違っ, スツカリ違つてゐた, 一般化し, 一葉に, 亀裂を, 予測の, 二つとも, 二人の, 交じって, 亦論理, 今日に, 介入する, 以前とは, 以前の, 伴うもの, 伴って, 伴わずに, 低いん, 何か, 何も, 何一つきわだつ, 俳諧を, 兄と, 全く無く, 全然先方, 其一端を, 冷靜な, 分らぬのに, 分析し始めた, 利害も, 刺激と, 動かずむしろ, 動かせない始末, 動かなかったの, 動かぬらしかった, 動きながら, 友誼も, 同一であっ, 同様に, 大いに動かす, 夫婦の, 女の, 好色的な, 客間の, 小説家としての, 度を, 強く意志, 彼に, 彼の, 彼女たちの, 微妙な, 心に, 思い出させた, 思想も, 悪い感情, 悲しみの, 悲しみは, 意思も, 意識も, 懐かずに, 成熟し, 或る, 手が, 手きびしい, 手伝った, 手伝って, 抱いては, 押石の, 持たず嘲笑, 持たなかつた, 持ちませんでした, 持って, 掻き消えて, 日常の, 根柢に, 極端に, 次の, 殆ど全く変化, 残って, 民謡によ, 流れあって, 流れに, 消え去つたかと, 消え失せまい, 消え泣かれて, 湧く, 激烈な, 燃やしきったかの, 現さなかった, 現はさ, 理性も, 理知も, 理解も, 生活や, 生活態度も, 皆おさえ, 直ちにそのままに, 真理だ, 知識も, 石や, 示さずた, 示さないで, 私には, 私を, 籠つてゐなかつた, 紛れさせる不, 紛れさせる不断, 細かに, 総て, 考へなければ, 育てつつ, 自棄的な, 荒っぽいので, 華ひらいた, 表は, 表わさずに, 複雑で, 複雑です, 複雑な, 見せない水, 見出せず朝, 解消され, 言葉も, 計らぬきれいごと, 訣つてゐる, 語られて, 読みとること, 豊潤を, 起らない, 起らなかった, 起らなかったの, 起らなかつた, 躾けも, 通じない言葉, 道徳も, 関係の, 随分変化, 雲泥の, 飢えた獣

▼ 感情~ (282, 2.7%)

12 なもの 11 になっ 5 な女, になつ 4 になり 3 だと, でも, なところ, なれども, な意味, な態度, な表現 2 であった, である, なこと, なの, な一つ, な理由, になる, に全く, に解釈, のもの

1 [204件] だから, だからね, だったの, だった動物, だつた, であ, であったの, であって, であつ, でありそれ, であり合理性, であり母, であるが, であるけれども, であるだけでも, であるといふ, であるとしても, であるべきはず, でかつ, でさえ, です, ですな, でないだけに, でない泣き方, でなくなり概して, では, で互に, で他人, で作家, で危いも, で旋律的, で昔, で無く, で痛快, で鈍重, で頭, として疎外, と理論的, ないきさつ, なうけとりかた, なおどろきおののきの, なしこり, ななかなか, なほとぼり, なゆたかさ, ならざるべからず, なりし小室, なんで, なイダルゴ, なニイチェ, な主観的, な事, な人格, な人間, な仕事, な低, な何物, な信仰, な偏見, な兄, な光, な力, な又は, な反対意見, な反撥, な同情者, な同胞主義, な声, な女性, な対立, な小, な少年, な弱い, な怒り, な思考, な意志, な感じかた, な感性的実践, な我まま, な我執, な教唆, な方面, な日本人, な暴言, な母, な気持ち, な水平線, な発言, な私, な筆致, な純情, な能力, な自, な自分, な致命傷, な行為, な表出, な言葉, な議論, な貴族主義, な辛い, な迷惑, な部分, な重藤, な面, な騒音, な高岡軍曹, に, にうける, におなり, にかの女独得, にした, にせつ子, にその, にな, になった, にならない, になり始めました, になるまい, になんとなく, にのみ行動, にはぐいぐい, にはっきり, にはとにかく, には支持, には本質的, には独立, には見ない, にばかりなっ, にひっかかっ, にむか, にむしゃくしゃ, にも二人, にも思想的, にも政治的, にも物質的, にも痒, にも自分たち, にも解放, にも身体的, にコジレ, にホロリ, に一般, に不快, に主観的, に云い表わした, に人間, に他, に作用, に俳優, に傾き, に僕, に処さない, に動かす, に動く, に反ぱつ, に反発, に国民, に堪えがたい, に大嫌い, に好もしく, に存在, に悪い, に惑わかされ, に戦い, に打ち合う, に承認, に支那, に書い, に森先生, に汚らわしい, に深く, に異, に皮膚的, に真摯, に瞬間, に答える, に結合, に考える, に聞い, に肯定, に衝突, に見せる, に解する, に賛成, に青年, に非, のいきさつ, のこと, の作用, の動物, の喧嘩, の民族, の理由, の要素, の言葉, の重荷, の音楽, や凡人, 両方面, 主觀, 及び政治的理由, 悪気流, 自涜行為

▼ 感情~ (274, 2.6%)

6 思想とを 4 なって 3 ユニテの, 文学の, 理窟の, 生活とは, 行動の

2 [16件] いうより, いかにも淋し, して, 動物感情とが, 名づけられ他, 情熱との, 情熱とは, 意志とが, 文字とを, 無理想, 理窟との, 理解との, 生活の, 相通ずる, 表情とを, 驚異とを

1 [217件] ああこれ, あらゆる行ない, ある部署感, いいそれら, いい青春, いうべきだ, いうよりも, いえること, いえる語, いくらでも相, いっしょに, いっても, いへども, この思想, この眼, ごたごたした, されて, しようと, すれば, その瘠せ衰えた, その表現, その開花, それから満足, それに, それを, ちがうだろう, つながって, てっぺんでは, であった, である, どっちが, どれだけ, なつた, なつて, なる, ほか云い, みて, みゆる動機, もとより両立, 一つの, 一口に, 一緒に, 不断の, 世界観とは, 世間に対する, 中途半端だ, 主義の, 云うの, 云うべきであろう, 云うもの, 云つた, 云ふ, 云われて, 云われるもの, 交錯し, 仏像と, 似たもの, 信仰の, 偉大なる, 充ち溢れる感謝, 先刻自分の, 先祖の, 全くかけはなれた, 全く同様, 全く違っ, 共通の, 共鳴し, 兵士の, 切ない感情, 判断を, 利害は, 前とは, 創作された, 動機が, 勤労者の, 友人としての, 叙事詩的な, 叡智を, 古典の, 合體し, 同じくらいに, 同じく混成, 同じもの, 同じよう, 同じ事, 同じ系統, 同一である, 同意義, 同時に婦人, 同時に武蔵, 呼んで, 境遇すなわち, 境遇に, 変化する, 大阪の, 天罰こそ, 如何に, 姿勢の, 威圧であった, 完全な, 官能との, 官能の, 実務とを, 寂寞の, 当時の, 心理と, 心理の, 心理を, 思はれるもの, 思想, 思想と, 思想とが, 思考と, 悪い感情, 情景を, 情緒の, 意味を, 意志の, 意識とを, 感情の, 感情ばかりが, 感覚で, 感覚と, 感覚との, 感覚とを, 戦争心とを, 教養との, 文化整理であっ, 文字が, 文学とは, 明らかに, 明朗なる, 時としては, 時代感覚を, 智慧が, 智慧とを, 智慧は, 智能とが, 更に鮮やか, 正しき思想, 歴史が, 民衆性とが, 民衆的な, 気分とが, 没交渉な, 泰造の, 深い絶望, 溶け合うもの, 溶け合った如く観て, 煩悶とは, 狂熱めいた, 現在の, 理屈との, 理屈の, 理性と, 理性とが, 理性とへ, 理性直観と, 生そのもの, 生命とを, 生活意識の, 生活様式と, 異常に, 皇室にたいする, 相当受難, 相打ちつづけ, 相近似, 知性と, 知性の, 礼譲とを, 祝賀の, 科学とは, 竝行し, 精神の, 素子の, 経験とを, 結びついたもの, 結びついてる, 結びつき家, 結びつけて, 結び付いて, 結合し, 縁が, 自分たちとの, 自分の, 自我価値感情とは, 自然に, 自身の, 興奮を, 芸術とを, 芸術家の, 虚偽な, 血液の, 行動にも, 行為との, 行為とは, 表現における, 見え親密, 見ゆるもの, 見られて, 見解から, 觀相とを, 言ふ, 言ふも, 誤解の, 調和する, 警戒を, 警戒心の, 途方に, 闘いつつ, 隠遁の, 雖も, 青春とを, 非常に, 願望に対しては, 養教育の, 鼻っ

▼ 感情~ (240, 2.3%)

5 居られる長い 4 あつた 3 伸子は

2 [13件] あつて, いっぱいに, せう, 一杯に, 云えば, 対して, 感じて, 理解し, 眺めて, 眼に, 私は, 胸が, 自分の

1 [202件] あとの, あなたを, あの上人, あらう, あらうか, あらうとも, いうこと, いうわけ, いえば, いささかも, いた, いっぱいだった, いつも議論, いまさらどうにも動かし, いるの, お蝶, お金の, かためられた, きくよう, ぐるりに, この米屋, ござりました, さう思つて, しずかに, しみじみと, すごすの, せわしくあちこち, そこへ, そだてて, その人, その時, その男の子, その遠吠え, それに, それらの, それを, つきつめるなり, つよく眼, できて, なくして, はちよつと, ひとり無念, ふるえて, まだ未, もうすこしで, やはり万葉時代, ゆき子に, ゆき子の, よまれます, わずかな, クリスマスという, ルーダオは, 一ぱいに, 一人は, 一円だけの, 世間とは, 二人の, 云われ得て, 会ったの, 何となし, 何時も可笑しく, 作ったかも, 作品を, 俺は, 兵隊の, 冴えかえった, 判断される, 判断する, 前の, 助けられること, 動いたじゃ, 動かされて, 動く動作, 勤労者の, 包まれるよう, 十銭銀貨を, 反撥した, 受けとったかは, 叫んだ, 叫んで, 同じ為事, 告白した, 呼びかけるの, 喉元を, 噂する, 多少無, 夢中に, 娘である, 子供に対する, 子役を, 宏子は, 定り, 対手から, 居るのに, 山腹を, 引きと, 弟様に対して, 張り裂けるやう, 張り裂けるよう, 強いて云え, 形象し, 彼女に対して, 彼女の, 御交際, 心まで, 心を, 忽ち話題, 怒るの, 思いかえす, 思い出すの, 思うの, 息子が, 感じます, 感じられて, 感得し, 戦ったと, 扱われて, 批評し, 描写する, 数えるであろうかと, 文学などを, 暫くすると, 曇りを, 書いたところ, 書いたの, 朝テーブルの, 本が, 東京での, 東京の, 永い間, 決めるが, 活, 深く違った, 満ちる点, 烏とは, 熱烈な, 燃焼されてる, 爭ふ, 父親の, 物を, 物事を, 現実を, 理解する, 生きて, 生き愛し, 田舎宿の, 申し上げるの, 直感する, 眺めた, 眺めながら, 眺めはじめた, 眺めるであろうか, 知つてゐる, 私に対して, 私自身を, 窓を, 窓先の, 終るという, 結ばれて, 縁まで, 羽織の, 考えたり, 考えること, 聞けば, 聴いて, 胸を, 腹の, 自分から, 自分が, 自分を, 自分自身で, 自覚しない, 苦しむ, 蛇を, 表出される, 見た, 見つめるの, 見て, 見ること, 見るよう, 見る人々, 見合って, 観察でも, 訓練される, 評価できない, 話すの, 認識を, 語りすすめて, 語ること, 走り出したの, 輝く海, 迎える仕度, 迸り出た, 遇されない, 達者な, 邸に, 都会の, 青木に対して, 頭を, 風景を, 骨を, 高め演劇の

▼ 感情~ (162, 1.5%)

6 思想を 5 意志の 3 意志を, 感覚が 2 それに, 思想は, 性格なぞに, 情調や, 意志は, 意欲の, 感覚の, 衒う心, 道徳に

1 [127件] お増一家, また或, もん理由, トリックには, 一寸も, 中流人的な, 主題が, 乾ききった情緒, 今回の, 位置の, 低い物欲, 体面を, 信念は, 個人生活の, 偉人や, 利害と, 利己的小, 前衛党と, 創意も, 勇気や, 呪言伝承, 哀しみを, 問題の, 善徳や, 善行の, 嗜好や, 国家間の, 境遇に, 好意が, 官能で, 市民的平民的な, 幸福感は, 幻想をも, 待遇で, 心理を, 思想と, 思想などは, 思想にたいして, 思想の, 思想や, 思索の, 性格を, 悲しさ, 情熱は, 想念や, 意地に, 意志が, 意志では, 意志として, 意志など, 意志に, 意志にも, 意志も, 意欲などが, 意欲に, 意欲は, 意識を, 愛情だった, 愛情は, 感傷は, 感情に, 感覚であっ, 感覚である, 感覚などを, 感覚に, 感覚のみが, 感覚や, 感覚を, 態度が, 慾望を, 憂國や, 憧憬や, 批判を, 損得の, 文芸を, 普遍的理性必然性が, 智慧を, 欲情の, 欲望も, 欲望や, 正しい事, 比較的落ついた, 気質の, 氣分, 氣分の, 氣持を, 焦つ姿, 物質の, 特殊な, 現実の, 理性を, 理想や, 理智の, 生活から, 生活を, 生活態度などについて, 生活態度の, 知覚が, 知覚の, 私見に, 習慣を, 考えの, 考えを, 考への, 自分自身の, 色彩熱量などの, 薬師仏に, 行動が, 行為の, 表現を, 要求は, 見解の, 観念に, 観念の, 観念は, 言葉が, 言葉の, 計画に, 記憶は, 論理が, 論理に, 責任を, 趣味が, 趣味の, 趣味を, 願いや, 風物の

▼ 感情から~ (129, 1.2%)

5 では 4 迸り出た 3 云えば, 伸子は 2 ですか, ぬけだせない, はいって, 全く羈旅, 出発し, 来るので

1 [102件] いうと, いえば, いくらかでも, いつの間にか救, いつの間にか救われ, おりたくないゆえ, お祝いを, この一党, しだいにとらえられた, して, すれば, せき立てられること, そいつを, そういうこと, その席, その疑問, だと, でいったん, でた一言, なん, ぬけ出ようと, みると, やがて組織, やって, 一家の, 一応は, 一歩も, 不可能な, 云へば, 他の, 何心なく, 共感が, 再び広く, 出なければ, 分らせて, 判断する, 割り出すが, 区別し, 口の, 右の, 吽と, 失われて, 女子が, 妻としての, 少しの, 少年は, 帰って, 引き上げ私, 引き出した議論, 引受けたと, 彼が, 彼は, 彼らが, 急速に, 悲しくて, 情熱に, 扱いえなくて, 抜け出さなければ, 政恒という, 救はれる, 書いたもの, 服従した, 本が, 来た鼻, 来るの, 死にたがりながらも, 比較的個人, 洗って, 洗濯を, 浄められた, 消えると, 父兄に, 独立し, 独立した, 申し出たもの, 画面に, 発しるもの, 眼を, 知識を, 精神の, 結ばれた母, 義太夫の, 肯ける, 脱けられなけれ, 脱したい乃至, 自分自身が, 芸術, 行動の, 行動へと, 衝かれて, 見て, 見ると, 解放される, 言えば, 言つても, 起る執拗, 超越し, 退いて, 逃避する, 遊離し, 静かな, 非常に

▼ 感情では~ (61, 0.6%)

11 ない 3 なくて 2 ありません, あるが, ないの, なかった, なくして

1 [37件] あつた, ある, あるいは物, うちひらかれるべき, しばしば美, すでに謀叛人, そう否定, それが, とても及び, とても耐えられない, どうしても称える, ないか, ないけれども, ないだろうか, ないであろう, ないに, なかつた, なかろうか, なかろうと, なくいつも, なく博士, なく啄木, なく知性, 何うし, 何となし, 兎角外国, 判らないながらも, 女の, 実行できません, 戦争が, 時に思慮, 民子が, 無く永い過去, 理解の, 磯崎と, 質問の, 飽くまでも照子

▼ 感情には~ (59, 0.6%)

2 つねに或

1 [57件] あいまいに, いくらかの, いつも起こっ, おのずから啓三, この二者, それを, たしかに期待, だいぶんの, ちが, どうしてもぴたりと, ひと握りの, ほとんどたえ, みぢん, われわれが, 一つの, 何か, 何よりも, 何処までも, 何等穢れた, 全然関係, 前途の, 医者の, 可憐な, 問題では, 喜怒哀楽の, 嘘を, 四十三年の, 堪へ切れぬもの, 夙くから, 婦人を, 実にひとくち, 屹度不純な, 幼い柔かいそして, 微妙に, 心理学の, 感じられなかった, 捉はれた, 既にしつくりせない, 染まって, 横車を, 民族的偏見という, 無頓着に, 男女の, 程度が, 結婚や, 絶対に, 自分を, 若い影, 要は, 読みにくい, 警官とても, 迂路を, 遠いもの, 開化の, 集団として, 雲泥の差を, 麻痺性が

▼ 感情とは~ (53, 0.5%)

2 この, それを, 嫉妬や, 恐らく理性

1 [45件] あなたを, いえこの, いえ譫言, いつたいぜんたい, かく明, その夕方, たしかにある, ちがうの, ちっとも結びあわせず, ちつとも, とけあつ, どこかで, どんなもの, はるかに, まことに私ども, またおのずから, もちろん世界中, ピッタリ合う, 互に倒錯, 今世紀の, 余りに不調和, 全く沒交渉, 全く違った, 別種な, 古参の, 外部からは, 始めて, 対立した, 対立する, 小僧っ子の, 少なからず, 屡, 往々衝突, 必ずしも一致, 或は全然, 異った, 異る, 相対的な, 素直な, 習慣で, 芽を, 言えないまでも, 近いうち, 関り, 関係の

▼ 感情として~ (51, 0.5%)

2 何うにも, 自分に

1 [47件] あこがれ乃至, あらわれるかを, いまだに胸, きわめて原始的, しみ入ります, そちの, その父, それを, ちがうところ, どっちかと, ほんとうの, まずこの, みずからしりぞけ, ホラここで, 一般に, 世界的な, 会得される, 伝わって, 個人の, 力学性をも, 取扱つてゐ, 変ること, 存在する, 宇宙間に, 把握されなけれ, 持續する, 描かれて, 此句を, 注意深くみなおされ, 湧いて, 灯の, 理解されね, 生れたゴーリキイ, 男に, 男は, 眺められる, 純粋に, 経験する, 羨望を, 考えさせられる点, 自意識を, 見られて, 解す可, 説く典拠, 變る, 非常な, 馴染みにくい

▼ 感情生活~ (50, 0.5%)

3 の記録 2 というもの, のなか, の世界, を高

1 [39件] から解脱, が脈々, とをまた, に対してあまりに, に比較的, に触れない, の中, の中心, の侵蝕, の僞, の単純, の危険, の変化, の明暗, の本源, の機微, の諸相, はまだ, は右近, は最初, は最早, は決して, は独特, は社会, も性格, も極めて, や作者, をも思ひ, を一層, を初めて, を含める, を察し, を撥無し, を時々, を結婚生活, を続け, を考えました, を考察, を追究

▼ 感情~ (48, 0.5%)

4 だから 2 だけで, だと, の

1 [38件] が, たるゆえ, だった, だつた, であった, であったが, である, であるから, であるとともに, であるの, である自分, ではある, でサ, で一生孤独, で勝気, で我まま, で泣い, で激し易かっ, で無鉄砲, で綺麗, として僕, と言, なの, にすぎない, にならされた, にみえます, のいわん, のこの, の先輩, の彼, の母, は, は大野, ばかりの世の中, や女, らしいこと, らしい臭味, らしい藤田伝五

▼ 感情という~ (43, 0.4%)

11 ものは 10 ものが 5 ものを 3 ものには 2 ものの

1 [12件] ので, ぴんぴんし, ものこそ, ものそれを, ものにとっては, ものも, ような, 奴で, 奴は, 涙の, 者は, 自分の

▼ 感情をも~ (37, 0.4%)

1 [37件] うけとるの, こめた一切, それとなく支配, つらせた旅費, ひいては全, まじえない私, まだ経験, 一般の, 之を, 代わる代わる背負って, 何もかも次の, 動かさずに, 動かしおらざるものの, 動かし居らざるもの, 叩き上げなければ, 吟味し, 吹き飛ばす様, 声低く, 多面的に, 容易くうけいれよう, 抱くこと, 持って, 持つて, 有する事, 柔らげて, 正義化し, 殺せという, 浮べる事, 烈火と, 甘えさせは, 直接に, 直接自分たちの, 誘はれないほど, 語って, 起さなくなる樣, 除くこと, 顧慮せずし

▼ 感情~ (35, 0.3%)

3 のこと 2 の衝突

1 [30件] からも私, から之, から云っ, どうしても自分, なんとなくある, においては主我的, にも自分, のあるいは, のはなし, のまた, のもつれ, のヘダタリ, の不和, の乖離, の仲違ひも, の勇気, の動機, の危惧, の問題, の大, の教育, の暗闘, の理由, の臆測, の行違い, の責任感, の領会, もあいまい, より文字, 決して不自然

▼ 感情である~ (30, 0.3%)

2 と思う

1 [28件] か, かと問われる, からである, から広義, かわからない, がいたって, がごとき, がそれ, がヤス子, が客観的, けれどもその, ことが, ことに, ことは, ことよ, そういうこと, ということ, というの, という強引, といふこと, といふやう, とか云つた樣, とすれ, と冬子, と彼, と思います, にもせよ, のかは

▼ 感情との~ (30, 0.3%)

1 [30件] その混淆, ちがいについて, つながりを, ひらきに, 不均斉, 中に, 作用で, 円満な, 分裂が, 単純な, 取引だ, 問題から, 妥協や, 密に, 対比という, 尊き波, 已むに, 強さ, 微妙な, 最少の, 権衡を, 深淵が, 混合体である, 疎通ぶりを, 発現が, 葛藤が, 衝突は, 調和に, 間に, 間にさえ

▼ 感情~ (30, 0.3%)

4 のである 3 のだ 2 のだろう, 機械人間の

1 [19件] のかじぶん, のかも, ので, のであります, のであろう, のでお, のです, ので苦し, ものだった, んだ, んです, 一対の, 中性的な, 事実の, 石の, 結論で, 顔し, 顔つきを, 顔や

▼ 感情表現~ (28, 0.3%)

2 をし

1 [26件] がそういう, がちがう, が顔面表情, だけで, であった, でしょう, としてこう, として非常, にくち, になれる, に不賛成, に加え, に問題, のため, のなか, の手段, の手法, の方法, の欲求, の歌, の身振り, は阿, をした, をしない, を物, を独特

▼ 感情とを~ (27, 0.3%)

1 [27件] こね合わせること, つつむ一つ, もって, もつて, 一つに, 一緒に, 備へ, 勇気づけ押し出して, 動かすこと, 古典的な, 土産に, 完全に, 忘れようとして, 排斥した, 描き出す力, 書いて, 有して, 混同する, 無慙に, 示唆しうるであろう, 社会の, 絶滅させた, 考えつづけて, 考え合せれば, 詩に, 述べる様, 鍛へる

▼ 感情にも~ (27, 0.3%)

2 ひきずられて

1 [25件] ある程度順応, これに, さからわずに, しみ入って, そして自我, その根柢, それぞれ区別の, だいぶ変化, とかく偏, はつきり滲み出, やはりいろいろの, 動かされないで, 形を, 快活な, 意志にも, 成長を, 捕われないで, 気取った皮肉, 潜伏期が, 特異な, 綴字にも, 訴えるもの, 追求といふ, 過去の, 違った内容

▼ 感情によって~ (24, 0.2%)

2 歌い出され小説

1 [22件] じゃなし, その内容, のみ感かす, 主観的に, 之を, 事物を, 凝視し, 動きが, 動くこと, 多少なり, 家庭的淳風を, 左右される, 書いたならば, 温熱されたる, 測量され, 物を, 研ぎ澄まされて, 融かされて, 行動する, 裏づけられて, 認識し, 追い立てられ哲学的

▼ 感情そのもの~ (23, 0.2%)

2 の中

1 [21件] がもう, が今日, が工場労働者, が悪い, である, ではない, ではなかつた, として生き, にも複雑さ, によって決定, に感触, のうち, のせつない, のなか, の存在, の本質, の質, の重量, はゴーリキイ, は他, を実際

▼ 感情とが~ (23, 0.2%)

2 あるが, 流れて

1 [19件] ここ数日いかに, この事, それぞれに, ぴったりそのまま同じ, まじりあって, もとめるだけの, 一つに, 並行し, 交つてゐた, 別々に, 古きもの, 心の, 或る, 手を, 生活に, 相争っ, 相忤, 竝行線的若しくは, 統一された

▼ 感情を以て~ (22, 0.2%)

3 人は

1 [19件] おも, する傾向, その舞台, テクテク歩い, 主觀, 偶然と, 対すること, 強て, 意を, 愛憎を, 感得する, 或事業, 接して, 物を, 相対し, 自分と, 自然の, 良人を, 読みそして

▼ 感情~ (18, 0.2%)

1 [18件] からね, が物語, けれどもその, という風, といふ, とか近所合壁, と云, と云う, と思い, と思う, と解する, と言う, な, などと文学者, ね, ね何と, もの, よ

▼ 感情でも~ (17, 0.2%)

2 彼女の

1 [15件] あったなら自分, ある, あると, うまく処理, それが, だぞ, ないし, なく理智, なく行きずり, よくわかります, 何でも, 形に, 思ひの, 自分が, 違ったところ

▼ 感情にまで~ (17, 0.2%)

1 [17件] さばかり涙ぐましい, はいりこむこと, 変化する, 感覚されなかった, 抽象された, 注意せよ, 浸透し, 潜り入っ, 私たちの, 立ち入ろうなんかと, 自分を, 融合さし, 血肉化された, 込入るの, 追い込まれて, 追い込まれないこと, 進みました

▼ 感情移入~ (17, 0.2%)

2 では移入, の哲学, はコーヘン

1 [11件] が享受者, という説, として単に, にでも依る, の作用, の心理作用, の範囲, の美学, の説, はかかる, をした

▼ 感情よりも~ (15, 0.1%)

3 彼の 2 零細なる 1 もつと, 先に, 強いもの, 悪いもの, 欠けて, 理性に, 理性を, 複雑であっ, 遥かに, 非常に

▼ 感情といふ~ (14, 0.1%)

4 ものは 2 ものが, ものを 1 のは, ものの, 二つの, 奴で, 宗教中に, 語の

▼ 感情とに~ (13, 0.1%)

2 絶大な

1 [11件] みちみちて, 包まれて, 基づく純一, 心を, 打ち克つため, 拘はらず確乎, 最も親密, 由って, 矛盾する, 駆られて, 驅られ

▼ 感情より~ (13, 0.1%)

1 [13件] すること, する職業選択, せば, ほかには, 以上の, 來り, 出た職業選択, 強くなっ, 昨今の, 来たるもの, 生じたる論議評隲, 発祥しなく, 脱離

▼ 感情さえ~ (11, 0.1%)

1 [11件] こう云う, 与えた, 公然とは, 分らないという, 味う, 戦争で, 殺すよう, 現金払いだ, 理づめに, 生まれて, 起させるの

▼ 感情とか~ (11, 0.1%)

1 [11件] そういった方面, その陰影, で始めたからの, 好悪から, 思慮とかを, 意志とか, 意志とかの, 意思とか, 意識という, 気分とかを, 義理とかいふ

▼ 感情など~ (10, 0.1%)

1 かまって, ちっともかまわなくなっ, なかった, みじん胸にも, もつれさせては, 全然湧かなかった, 匂いも, 問題に, 実によくわかり, 素直に

▼ 感情によ~ (10, 0.1%)

2 つて貫かれ 1 つてのみ, つて仕上げ, つて必要以上に, つて押しのけられ, つて揉み消されよう, つて祖先達の, つて行動する, つて裏づけられ

▼ 感情への~ (10, 0.1%)

1 いきなりの, はばかりが, もだえを, アッピールは, 同情を, 影響から, 惑溺と, 猜疑を, 響が, 飛躍であり

▼ 感情にとって~ (9, 0.1%)

1 あるいは時代的, それは, どれほど, プロレタリア文学理論と, 不正の, 主として絵画的, 前方には, 女権拡張という, 必然が

▼ 感情以外~ (9, 0.1%)

2 の何もの 1 にどんな, には吾, にも何, に何物, に少し, のもの, の拠り

▼ 感情に対して~ (8, 0.1%)

2 必ず親密 1 ある程度まで, なんらの, よりずっとモンストラス, シドチの, 変態的な, 或一つ

▼ 感情問題~ (8, 0.1%)

1 があった, がある, が解決, じゃない, にはふれず, は別, も遠い, をもつ

▼ 感情教育~ (8, 0.1%)

1 が何, が非常, においては間然, の上, は色情心理解剖, を修了, を私たち, を読ん

▼ 感情その~ (7, 0.1%)

1 どちらも, 何れが, 嗜欲その, 感情から, 推移と, 行動という, 表現としての

▼ 感情だけで~ (7, 0.1%)

1 いるの, 同感する, 生活しよう, 自由奔放に, 行動できたら, 見て, 身を

▼ 感情であり~ (7, 0.1%)

1 弟妹に対する, 彼の, 愛とは, 烈しい爆発的, 行為である, 観念に, 誇張感傷を

▼ 感情です~ (7, 0.1%)

3 から 21 がこの, が殊に

▼ 感情とも~ (7, 0.1%)

1 いえれば, 一致した, 云える, 見えますが, 見られます, 言いたいくらい, 言える

▼ 感情と共に~ (7, 0.1%)

1 この年月, 働き感情, 富んで, 拡大し, 激越痛烈を, 現われて, 理性と

▼ 感情などは~ (7, 0.1%)

1 いつの間にか私, この場合いっさい考慮, 別として, 持って, 既に通り越し, 毛筋ほども, 起こしよう

▼ 感情なり~ (7, 0.1%)

2 思想なりが 1 思想の, 性質なりを, 批判なりを, 欲求なりに, 経験なりを

▼ 感情ばかり~ (7, 0.1%)

1 でなく二つ, では, でも, で物事, もつ様, 劇しい, 苛立つそうして

▼ 感情まで~ (7, 0.1%)

1 おろして, ないの, 代表し, 思出し, 投げ出して, 答えること, 考えなければ

▼ 感情意志~ (7, 0.1%)

1 なぞいう, などの単に, などをも含めた, のすべて, の作用, の差, の間接表示

▼ 感情~ (7, 0.1%)

1 が芸術, などではない, にまで及ぶ, にも賛成, の取り扱い, の批評, ばかりで

▼ 感情こそ~ (6, 0.1%)

1 あらゆるもの, たとへ, 一切だ, 土と, 明日の, 裏を

▼ 感情だった~ (6, 0.1%)

2 のである 1 かも知れない, が彼, のでかれ, のです

▼ 感情であっ~ (6, 0.1%)

1 てはならない, てまったく, てもそれ, て情熱, て旅, て生命

▼ 感情としての~ (6, 0.1%)

1 イデヤを, 不平の, 意味が, 本質の, 特にこれ, 美の

▼ 感情にのみ~ (6, 0.1%)

1 囚われて, 奔る, 支配される, 支配せられし, 滿足を, 生きられるよう

▼ 感情ほど~ (6, 0.1%)

1 不安を, 不思議な, 享楽的に, 大なる, 惨めな, 美くし

▼ 感情乃至~ (6, 0.1%)

1 意志であろう, 意志との, 意志へ, 生活様式を通して, 色調の, 財産との

▼ 感情感覚~ (6, 0.1%)

1 が主として, なしに, を研ぎ澄まし, を舞台, 全精神, 及び心肉

▼ 感情~ (5, 0.0%)

1 わからないが, 其とも, 否かを, 深い人生感情, 知らぬ

▼ 感情からの~ (5, 0.0%)

1 ことが, つながりとして, ゆきちがいは, 動機なし, 解放が

▼ 感情からは~ (5, 0.0%)

1 すっかり解放, どっちかと, 少し遠ざかる, 決して偉大, 見事に

▼ 感情からも~ (5, 0.0%)

1 しだいと, すらりと, 堪えぬと, 遠くなっ, 面白いと

▼ 感情だけ~ (5, 0.0%)

1 だった, でしばらく, では, なの, 起こしたくなりました

▼ 感情だけが~ (5, 0.0%)

1 だんだんと, 妙に, 彼の, 痛々しいまでに, 論理を

▼ 感情だけを~ (5, 0.0%)

1 伝へその, 残す, 洩らしたに, 育てて, 表明する

▼ 感情であった~ (5, 0.0%)

1 か, かも知れない, と思う, のに反し, ばかりで

▼ 感情でなく~ (5, 0.0%)

2 知性に 1 この感情, てはならぬ, て何

▼ 感情としては~ (5, 0.0%)

1 わからない, 何となし, 在り得るという, 場合によって, 恐ろしいこと

▼ 感情としても~ (5, 0.0%)

1 どこかに, はっきり理解, 夫が, 実体を, 決してそこ

▼ 感情とともに~ (5, 0.0%)

1 あらわれるという, 感覚に, 疑問は, 私に, 驚きが

▼ 感情なりを~ (5, 0.0%)

1 すこしも明示, 伝えられなかった場合, 外界と, 大衆的に, 盛らうと

▼ 感情なる~ (5, 0.0%)

2 ものは 1 ものを, 言葉の, 言葉ほど

▼ 感情においても~ (5, 0.0%)

1 かなり旺盛, その表出法, また利益, 何ら虚偽, 何等虚僞

▼ 感情について~ (5, 0.0%)

2 考えます 1 セシルへは, 云えば, 考えながら

▼ 感情については~ (5, 0.0%)

1 その警戒, どことなく霧中, なんらの, 小説本, 本書の

▼ 感情による~ (5, 0.0%)

1 のだ, ので, ように, 暴断でしか, 象徴的影像の

▼ 感情~ (5, 0.0%)

1 うけとって, 動かしたの, 戦争準備的な, 油を, 苦味が

▼ 感情までが~ (5, 0.0%)

1 カラリと, 一緒に, 内蔵され, 加わって, 読みとられるよう

▼ 感情やら~ (5, 0.0%)

1 万策の, 争いやら, 利害の, 反抗やら, 持って

▼ 感情本位~ (5, 0.0%)

2 でない施行 1 であり情象, で行動, の自由主義

▼ 感情理窟~ (5, 0.0%)

2 の語, の限界 1 や世間

▼ 感情~ (5, 0.0%)

1 によって他日話, によりて説明, に次々, の上, の変化

▼ 感情~ (4, 0.0%)

2 ている, 意志する

▼ 感情しか~ (4, 0.0%)

1 ないからと, なかった, 出して, 私を

▼ 感情だけは~ (4, 0.0%)

1 どうする, 健やかにとり, 少し知っ, 解つた

▼ 感情だの~ (4, 0.0%)

1 判断力だ, 印象だ, 道徳だ, 道徳だの

▼ 感情って~ (4, 0.0%)

1 あるもの, 十分思いやっ, 奴は, 実に面白い

▼ 感情などに~ (4, 0.0%)

1 とらわれて, 動かされて, 囚われて, 至つては

▼ 感情などの~ (4, 0.0%)

1 存する, 日が, 最も不思議, 芽生えが

▼ 感情などを~ (4, 0.0%)

1 アイテルに, 憶測する, 自分の, 芸術の

▼ 感情なんか~ (4, 0.0%)

1 あるもの, だれに, もって, 問題じゃ

▼ 感情のみ~ (4, 0.0%)

1 であった, でありました, である, では

▼ 感情へと~ (4, 0.0%)

1 導かずには, 導かれる場合, 強めた, 移って

▼ 感情任せ~ (4, 0.0%)

1 で蝸牛角上, で道理, という動物性, に句

▼ 感情即ち~ (4, 0.0%)

1 このやう, この人生, 仁の, 美学上の

▼ 感情表出~ (4, 0.0%)

1 の差別, はできない, も見, を展開

▼ 感情趣味~ (4, 0.0%)

2 に於 1 が当時, などが言葉

▼ 感情~ (3, 0.0%)

1 へ, へもこの, へ自分

▼ 感情じゃ~ (3, 0.0%)

1 どうしよう, ないって, ないん

▼ 感情する~ (3, 0.0%)

2 ことの 1 ためには

▼ 感情そのまま~ (3, 0.0%)

1 である, に恋しい, 手を

▼ 感情それら~ (3, 0.0%)

1 のすべて, の激情, はみな

▼ 感情それ自体~ (3, 0.0%)

1 が驚くべき, の直接, を直ちに

▼ 感情だけに~ (3, 0.0%)

1 うごいて, 支配され, 止まりこれ

▼ 感情でしょう~ (3, 0.0%)

1 か, だって父, に自分

▼ 感情といった~ (3, 0.0%)

2 ような 1 様な

▼ 感情とから~ (3, 0.0%)

1 否定されるべき, 来ったもの, 脱却する

▼ 感情とで~ (3, 0.0%)

1 幾は, 私に, 解決し

▼ 感情なし~ (3, 0.0%)

1 には考えられないであろう, には考へられない, に規定どおり

▼ 感情などが~ (3, 0.0%)

1 すべての, 一時的に, 細かく書い

▼ 感情なりが~ (3, 0.0%)

1 なければ, 極めて力強く, 残る隈

▼ 感情において~ (3, 0.0%)

1 ある光明的, 不平を, 決して一つ

▼ 感情においては~ (3, 0.0%)

1 判ります, 君と, 永遠の

▼ 感情についての~ (3, 0.0%)

1 さまざまな, 想像力であった, 観察は

▼ 感情にとっては~ (3, 0.0%)

1 この流れ, すぐ何, 今の

▼ 感情に対する~ (3, 0.0%)

1 不自然な, 新らしい, 腹立たしさ

▼ 感情のみが~ (3, 0.0%)

1 あって, 波立つて, 高調し

▼ 感情へまで~ (3, 0.0%)

1 つきぬけて, 入って, 切実に

▼ 感情までも~ (3, 0.0%)

1 其国から, 脅やかし, 読み得るの

▼ 感情よく~ (3, 0.0%)

1 云われる悪く, 理解し, 筆に

▼ 感情一つ~ (3, 0.0%)

1 だけで, はお前, は冷

▼ 感情世界~ (3, 0.0%)

1 に全然, の新しい, をも経た

▼ 感情~ (3, 0.0%)

2 に生活 1 に溢れ

▼ 感情交渉~ (3, 0.0%)

1 があり得る, がなりたった, のところ

▼ 感情内容~ (3, 0.0%)

1 においてかなり, をはっきり, を最新

▼ 感情利害~ (3, 0.0%)

1 とは一致, と階級, にふれた

▼ 感情~ (3, 0.0%)

1 でも凡て私, などの分類法, のもの

▼ 感情欲望~ (3, 0.0%)

1 などはす, をみずから, を自ら

▼ 感情~ (3, 0.0%)

1 の人, の人々, の宗教家

▼ 感情状態~ (3, 0.0%)

1 でできあ, の裡, や欲求

▼ 感情的いきさつ~ (3, 0.0%)

1 にとん, は紛糾, も小説的

▼ 感情的態度~ (3, 0.0%)

1 が排斥, を意味, を排する

▼ 感情関係~ (3, 0.0%)

1 にある, の深い, は母

▼ 感情および~ (2, 0.0%)

1 芸術の, 認識力の

▼ 感情からだけ~ (2, 0.0%)

1 でさえも, でない面

▼ 感情こそは~ (2, 0.0%)

1 すべての, 私を

▼ 感情この~ (2, 0.0%)

1 一郎の, 真理これは

▼ 感情さえも~ (2, 0.0%)

1 いだきながら, 拙者には

▼ 感情すなわち~ (2, 0.0%)

1 美しさ, 魂に

▼ 感情すら~ (2, 0.0%)

1 妥協の, 湧き上つて

▼ 感情その他~ (2, 0.0%)

1 に在り, を無視

▼ 感情それ自身~ (2, 0.0%)

1 の気分, の美しき

▼ 感情そんな~ (2, 0.0%)

1 ものを, 些細な

▼ 感情だけでも~ (2, 0.0%)

1 このまま土, 沢山だ

▼ 感情でない~ (2, 0.0%)

1 ことは, という場合

▼ 感情とまで~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて

▼ 感情なき~ (2, 0.0%)

1 ものは, 写真機に

▼ 感情なく~ (2, 0.0%)

1 しては, ただ過不足

▼ 感情などとは~ (2, 0.0%)

1 丸で, 関係なく

▼ 感情なら~ (2, 0.0%)

1 ばうすれる, 枕詞以下の

▼ 感情なりに~ (2, 0.0%)

1 当面し, 関係の

▼ 感情なりの~ (2, 0.0%)

1 上で, 傾向の

▼ 感情なんて~ (2, 0.0%)

1 何とはっきり作品, 害されやしなくつて

▼ 感情における~ (2, 0.0%)

1 ごとくもっと, 正しき伝統

▼ 感情にて~ (2, 0.0%)

1 これを, まだ性

▼ 感情にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて宮廷或は

▼ 感情にばかり~ (2, 0.0%)

1 ふけって, まかせて

▼ 感情にゃ~ (2, 0.0%)

2 あ気

▼ 感情に対しては~ (2, 0.0%)

1 それぞれの, 人生の

▼ 感情のみを~ (2, 0.0%)

1 保ちたいと, 頼りに

▼ 感情または~ (2, 0.0%)

1 愛情の, 狭隘なる

▼ 感情みたい~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 感情もしくは~ (2, 0.0%)

1 行為を, 行爲を

▼ 感情らしい~ (2, 0.0%)

1 んです, 矛盾も

▼ 感情をしか~ (2, 0.0%)

1 呼び起こさなかった, 覚えない

▼ 感情をば~ (2, 0.0%)

1 あらは, 神前に

▼ 感情を通じて~ (2, 0.0%)

1 うつたへる美し, 行われるもの

▼ 感情~ (2, 0.0%)

1 尊重シテヰルカニツイテ考ヘテミルト, 抑制スルノ力ハ驚クベキモノアリ

▼ 感情一方~ (2, 0.0%)

1 には權威, に支配

▼ 感情上中途半端~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 感情交錯~ (2, 0.0%)

1 をたどった, を経

▼ 感情全体~ (2, 0.0%)

1 が鈍っ, への憤懣

▼ 感情又は~ (2, 0.0%)

1 性格なぞ, 持って

▼ 感情及び~ (2, 0.0%)

1 事情が, 風習を

▼ 感情喪失~ (2, 0.0%)

1 が原因, に対する好奇心

▼ 感情基底~ (2, 0.0%)

1 の確立, を失はずし

▼ 感情~ (2, 0.0%)

1 兒の, 利害の

▼ 感情思想~ (2, 0.0%)

1 を忖度, を持っ

▼ 感情思想趣味~ (2, 0.0%)

1 があっ, を以て実社会

▼ 感情性格~ (2, 0.0%)

1 なぞが全然, を解剖

▼ 感情情熱~ (2, 0.0%)

1 をその, を持たぬ

▼ 感情意欲~ (2, 0.0%)

2 が果し

▼ 感情昂揚~ (2, 0.0%)

1 と相, の鞭

▼ 感情昂揚綜合~ (2, 0.0%)

2 と暗示

▼ 感情欲望等~ (2, 0.0%)

1 の中, を駆逐

▼ 感情殊に~ (2, 0.0%)

1 笑いとは, 肉体的条件に対する

▼ 感情特に~ (2, 0.0%)

1 憎悪の, 空想や

▼ 感情理屈~ (2, 0.0%)

1 の語, の限界

▼ 感情理性~ (2, 0.0%)

1 の全部, を喰っ

▼ 感情理想~ (2, 0.0%)

2 それから亨一

▼ 感情的主観~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ 感情的傾向~ (2, 0.0%)

1 という意味, といふ意味

▼ 感情的生活~ (2, 0.0%)

1 が最も, に一つ

▼ 感情的知覚~ (2, 0.0%)

1 がひどく, の域

▼ 感情社会的~ (2, 0.0%)

1 な感情, な責任

▼ 感情~ (2, 0.0%)

1 でない, に対して抱く

▼ 感情自分~ (2, 0.0%)

1 だけの意識, で自分

▼ 感情行為~ (2, 0.0%)

1 に統一, の必然

▼ 感情衝突~ (2, 0.0%)

1 から, をよく

▼ 感情表示~ (2, 0.0%)

1 に差違, をなし

▼ 感情詩社~ (2, 0.0%)

1 の記念事業, を設立

▼ 感情通り~ (2, 0.0%)

2 に一日

▼ 感情過剰~ (2, 0.0%)

2 と憂愁

▼ 感情過多~ (2, 0.0%)

1 いわゆる水性, の陥穽

▼1* [357件]

感情あらわれて居る, 感情あり意志あり, 感情あるいは行動をも, 感情あればこそ思想, 感情いきさつ一切の総, 感情いな単なる感傷, 感情いわゆる折り目正し, 感情かの心棒みたいな, 感情かも知れない, 感情からか昔の, 感情からこそ本当に純, 感情からでもあった, 感情からというよりは, 感情からよりも寧ろ都會, 感情がかへりみられた, 感情がをかしかつ, 感情きり見て, 感情くらいのもので, 感情こういういきさつは, 感情ことに小さな女々しい, 感情じゃあないん, 感情すべて人間らしいもの, 感情すべて社会の状態, 感情すらもないよう, 感情ずくめの手紙, 感情せまって泣き出す, 感情せめて勝ったの, 感情せよという風, 感情そういう風に, 感情そしてチャイコフスキーの, 感情その他種々のこと, 感情その他説明する幕, 感情それが千鶴子, 感情それから反動もし, 感情それ以外にわれわれ, 感情たらしめるのは, 感情たるに外, 感情だけについて言へば, 感情だけのもので, 感情だつてあれ以上, 感情だつたがその, 感情だろうと思われる, 感情ていうもん, 感情つよい思索意志するなら, 感情であったろうか, 感情でうけ入れられ, 感情でさえたとえば近頃, 感情でさえもそれを, 感情でして私, 感情でしかなくその, 感情でほどをはずれたこと, 感情としてのみである, 感情とちえが, 感情とにおいても両ながら江戸時代, 感情とには何處かに, 感情とにより我が国の, 感情とを以てそれらの, 感情ないし感覚生活という, 感情なぞと同時に阿吽, 感情なぞ何年来もったこと, 感情などから超然として, 感情などからは神, 感情などでも私たち流の, 感情などというしろもの, 感情などについてもごく清潔, 感情ならでは解らぬ, 感情なりについてあなたの, 感情なりは必然性に, 感情なんかが絡み合って, 感情においてのみ可能である, 感情にさえ動揺的な, 感情にたいするほとんど本能的, 感情についても仕方ない, 感情にとり極めてつらい, 感情になど走つて, 感情により自分の, 感情に対し厭わしく恐るべき, 感情に対しての探究を, 感情一つの, 感情のうへでは別に何, 感情のせゐもあるだらう, 感情のみに動かされて, 感情のみへ突入し, 感情はをりを, 感情ばかりが先に, 感情ばかりで取扱って, 感情ばかりに拘泥し, 感情ばかりにて尊しとも, 感情ばかりの女だ, 感情ばかりを味わった, 感情ふかきにたと, 感情かい, 感情へはいきなり, 感情まかせな呟き, 感情また漠然たる憎悪, 感情まだカゴの, 感情まったくあらゆる感情, 感情までを理解するだろう, 感情まる出しに, 感情もっとも熱情的な, 感情ものの考えかた, 感情やらが入れ代り, 感情やらに堪へられなくな, 感情よりは遥かに, 感情わかって下さる, 感情わけてもその, 感情をさえ抱いて, 感情をのみ動かして, 感情をまで思いやって, 感情をよこに, 感情を通して彼は, 感情ニ刺戟ヲ与, 感情プロゼックな現実感, 感情ムキ出しの墨, 感情リズムの表現, 感情として彼, 感情一偏の愛, 感情一口にいう, 感情一言で言, 感情一辺の女, 感情上毫しも無理, 感情上複雑な理由, 感情上靈魂上の教養, 感情不穏なもの, 感情不良で共同動作適切, 感情世界史の積極的発現, 感情世界観を新, 感情事柄が文学, 感情亢昇の爲, 感情交流にどれ, 感情の達し, 感情以上に我々, 感情何物をも, 感情作家的志望の感情, 感情作者はそれ, 感情例えば怒り憎しみまたは, 感情信念洞察などが伺われる, 感情信念等の変化, 感情個人生活の利害, 感情偏執その他についてここ, 感情偏重の時代, 感情傾向が特殊, 感情優しき良心同情など, 感情先づ悲哀とでもいふ, 感情全部からその, 感情公平ならざる事情, 感情ま, 感情典型としてこの, 感情再現の内容, 感情冒険だの偏奇, 感情処世の智慧, 感情動き景色, 感情されて, 感情内容である, 感情一般に, 感情同感される点, 感情問題等もそう, 感情問題面目問題はかなり, 感情国交の阻隔, 感情地盤的情熱を支柱, 感情型雑誌の発行, 感情基底稀薄にし, 感情多くこれには, 感情天皇というもの, 感情でこそあれ学問, 感情妄想なぞいう, 感情の感情, 感情子供には告げる, 感情宗教的感情とにより我が国, 感情実にアッサリした, 感情害さんように, 感情害しちゃうじゃねえ, 感情家らしかつた, 感情家肌の人物, 感情容易に消えなく, 感情寂しいと思ふ, 感情対人的に発露, 感情対立を事難かしく, 感情対象としてそのもの自身飛躍, 感情尊重する余裕, 感情常識を基礎, 感情の短い, 感情さも, 感情強い佐々木は, 感情価は, 感情形式を忌みきらっ, 感情心持の句, 感情心理學は歴史的, 感情思想傾向といふやう, 感情思想等を標準, 感情思想議論上にもその他, 感情怡和人の春, 感情性格その他王自身に就, 感情性格生命などについては一言, 感情悪くしちゃうじゃ, 感情情緒を論拠, 感情想像力と機智, 感情意志行動の監視者, 感情意志表示に便宜, 感情意志記憶判断信念なぞいう, 感情意氣を有した, 感情意義よりは高大, 感情愛情が次第に, 感情感動の領域, 感情感想から生れた, 感情ひは, 感情或は国民感謝の, 感情戦ひたり, 感情手品を, 感情抑制の必要, 感情投入から來, 感情抜きでシッカリ, 感情挙動言葉服装とも女性, 感情描写もあり, 感情放散をやっ, 感情教育美的教育はその, 感情文学感情は古い, 感情新参の感情, 感情昂く内は, 感情の中, 感情最も高く最も, 感情有る仕事を, 感情極端に清浄, 感情構成がある, 感情次第でその, 感情したまた, 感情欲求に結びつい, 感情欺瞞にいきどおっ, 感情の中, 感情気分の中心, 感情水たまりをバシャバシャ, 感情氷結し或は, 感情波瀾にいのち, 感情活動および意志活動, 感情をこらえる, 感情深い湧き出ずるもの, 感情源泉の感情, 感情激発の語, 感情濫用の弊, 感情無しに冷たく, 感情無理にも受けさせた, 感情熱烈なる青年, 感情燃焼自分にこの, 感情父弟からの人間, 感情現れたり, 感情現実家としての不安, 感情理智の燃焼, 感情理論能力の所産, 感情生活はいふ迄もない, 感情生活換言するなら個人生活, 感情の感情, 感情発表の形式, 感情發散機關これらの意味, 感情的デリカシイを欠く, 感情的伝統について印象づけられました, 感情的位置は先, 感情的価値あるいは気分的内容, 感情的光耀につき, 感情的凡俗的の記事, 感情的分子を含ん, 感情的啓示が彼, 感情的基礎に我, 感情的妄動は自己, 感情的対立の原因, 感情的弱点をねらふ, 感情的情緒的であるという, 感情的惡罵に使用, 感情的意志的又理論的, 感情的感性的な仕事, 感情的感性的規定が神, 感情的投機的要素を最も, 感情的抗争に発展, 感情的摩擦が繰り返され, 感情的文人的性向はそうした, 感情的欲望生活的意欲など一言, 感情的浪費に終始, 感情的独断は排斥, 感情的理智的又は智的, 感情的生命の中心, 感情的疎通性に欠けた, 感情的直覚と結びつい, 感情的称嘆とその, 感情的立場です, 感情的精神錯乱の歎願, 感情的結末に落付, 感情的美くしさ, 感情的興奮に駆られ, 感情的色彩を指す, 感情的葛藤の範囲, 感情的融和を計り, 感情的表現にたすけられ, 感情的要求を決して, 感情的要素が変らぬ, 感情的誤解の根本原因, 感情的象徴的音樂的である, 感情的道徳的素質が濃かっ, 感情的錯誤におちいる, 感情皮相の感情, 感情相混交して, 感情知性は社会, 感情知覚意志意識に当たります, 感情硬化に到達, 感情社会の一般的情勢, 感情社会関係の現実, 感情移入物我合一というよう, 感情移入説では前者, 感情薄きに, 感情空漠の感情, 感情精神性は智慧, 感情経歴も子供づれ, 感情経緯のなか, 感情統一におかれ, 感情絶無な花前, 感情絶頂に達せ, 感情習慣性格欲望など複雑, 感情耽溺であ, 感情にせまり, 感情自体の真偽, 感情自由の主張, 感情興奮であるに, 感情興奮性等に関していろいろ, 感情さから, 感情若くは知識, 感情若しくはその因果, 感情荒廃の状態, 感情葛藤の面, 感情融和に反間苦肉の策, 感情行動の必然, 感情行動近東の絵画的風俗, 感情表白たやすい感動, 感情表象のあらゆる, 感情装飾の幻術者, 感情要素が複雑, 感情見方をはっきり, 感情観念を現す, 感情観念等は心理学者, 感情記憶智慮意識等が不完全, 感情読者の頭, 感情論理の展開, 感情豫想追念, 感情につきまとい, 感情軋轢を整理, 感情輸入の深, 感情付変っ, 感情遊戯などですれ, 感情遊離の感情, 感情都風の軽薄, 感情錯乱の中, 感情錯綜の中, 感情階級的欲求などが個人, 感情の如く, 感情靈應の諸, 感情面会の後, 感情領域として捕えられ, 感情願い否定の, 感情顧慮さであった, 感情高いこころもちに