青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「持つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

持~ ~持たない 持たない~ ~持ち 持ち~ ~持っ 持っ~ ~持った 持った~ ~持つ
持つ~
~持つた 持つた~ ~持主 持主~ ~指 指~ ~指し 指し~ ~指す 指す~

「持つ~」 16007, 173ppm, 602位

▼ 持つ~ (10187, 63.6%)

380 ゐる 341 来て 336 來た 327 來て 301 ゐた 209 ゐるの 161 行つた 118 來る 111 ゐて, 来た 98 きて 90 ゐると 88 ゐるもの 87 居る 86 ゐたの 78 ゐない 71 ゐること 68 來ました 63 居るの 52 居た 45 ゐなかつた, 行くと 42 来たの 40 ゐます, 来る, 行つ 39 ゐるが, ゐるやう, 出て 36 ゐるので 33 居ります 32 行くの 31 ゐるから, 居ると 29 居たの 28 ゐたので, ゐるん 27 ゐたが, 居るもの 26 ゐるか, 居て 24 行きました, 行く 23 ゐる人 22 いつて, ゐたもの 21 ゐないの, ゐる事, 来い 20 いらつし, ゐたと, ゐなければ 19 ゐたこと 18 やつて, 行かうと 17 ゐたから, ゐました, 來い 15 いる, ゐさ, ゐても, 歩いて, 立つて 14 きた, ゐながら, ゐる者, 居ない, 居るが, 帰つた, 来たん 13 ゐれば, 來ない, 来ました 12 ゐないと, ゐないもの, ゐるといふ, 來たんだ, 出た, 居る者, 行つても, 行つてやる 11 ゐないこと, ゐません, ゐるに, ゐるよ, ゐるわけ, ゐる筈, 參りました, 居るから, 居るやう 10 おいで, 來たり, 來ます, 居ること, 来るの, 歸る, 行くこと, 行けば

9 [14件] くる, それを, ゐたやう, ゐる私, 入つて, 入つて來, 居りました, 居るので, 居る樣子, 来いの, 来たので, 来ると, 行くん, 飛んで

8 [19件] ゐたか, ゐたといふ, ゐたん, ゐなかつたの, ゐるかも, ゐるらしい, ゐるらしかつ, 來させ, 來なかつた, 來られた, 居たこと, 居つて, 居る筈, 居れば, 来たが, 来たもの, 来たり, 歩いた, 行つたら

7 [23件] いつた, ゆくと, ゐたに, ゐら, ゐるだけ, ゐる女, ゐる男, 來いと, 入らつし, 出かけて, 居たが, 居たので, 居なかつた, 居りますが, 居るん, 来いと, 来な, 来庵, 歩くの, 行かなければ, 行きどころ, 行きます, 行く筈

6 [19件] ゐた人, ゐるけれども, ゐるし, ゐるぢ, ゐるのに, ゐる手, 居たもの, 居つた, 居ます, 居る人, 来させて, 来たか, 来るやう, 歸つた, 生きて, 行かれて, 行けと, 行つては, 這入つて

5 [55件] いて, お帰り, くるの, まゐりました, まゐりませう, ゐたし, ゐたらしい, ゐた本, ゐた筈, ゐないから, ゐないといふ, ゐないやう, ゐない事, ゐなかつたが, ゐるさ, ゐるその, ゐるため, ゐるところ, ゐるね, ゐる人間, ゐる彼, 來させた, 來させました, 來や, 先に, 出づ, 居さ, 居たか, 居たから, 居たらしい, 居たん, 居た筈, 居つたの, 居ても, 居ないこと, 居ないの, 居るか, 居るに, 居る様, 心に, 戻つて, 来たと, 来たといふ, 来たよ, 来れば, 歩くと, 歸つて來た, 現はれる, 生れて, 行かれた, 行きながら, 行きやう, 行くやう, 行く物, 金を

4 [65件] おいでよ, お出, お出で, きたの, ゆきました, ゆけば, ゐたさ, ゐたならば, ゐないが, ゐないん, ゐない人, ゐますよ, ゐるかと, ゐるとも, ゐる以上, ゐる大きな, ゐる家, ゐる思想, ゐる方, ゐる物, ゐる考, ゐる鍵, 何か, 來いの, 來たつ, 來たら, 來ても, 來な, 來られ, 來れ, 出たの, 出ると, 右の, 外に, 姫の, 居さうな, 居た藤原, 居つたもの, 居ながら, 居ました, 居らぬ, 居るかと, 居る土地, 居る本, 帰つて来た, 来た様, 来ても, 来ませうか, 歸り, 歸りました, 生れたと, 生れた性分, 行かう, 行きましたが, 行くから, 行くが, 行け, 行つたと, 行つたのは, 行つてゐる, 街へ, 見おろして, 見ると, 遊びに, 還れと

3 [121件] あが, いきました, いた, いた人, いるの, いるよう, いるん, お内儀さん, お出でに, くると, くれて, つた, まはつ, ゆかうと, ゆかれて, ゐたいと, ゐたとは, ゐた事, ゐた竹, ゐては, ゐない樣子, ゐなかつたから, ゐなかつたので, ゐましたが, ゐや, ゐようと, ゐるかい, ゐるけれど, ゐるこの, ゐるそれ, ゐるつもり, ゐるとは, ゐるのみ, ゐるン, ゐる位, ゐる或, ゐる本, ゐる様, ゐる様子, ゐる樣子, ゐる為, ゐる純, ゐる言葉, ゐる金, ゐる限り, ゐる點, 下り立つた, 二階へ, 來させる, 來たい, 來たらしい, 來られる, 元の, 出かけるの, 出る, 參ります, 參りませう, 土間へ, 女中が, 家を, 居たと, 居たといふ, 居たやう, 居ないやう, 居ますが, 居ますよ, 居や, 居られたと, 居られる, 居りまして, 居りません, 居るお, 居るし, 居るだけ, 居る人間, 居る所, 居る物, 山を, 左の, 帰つ, 帰るから, 廊下へ, 往つた, 来いだ, 来たお, 来た時, 来た衣類, 来た風呂敷包, 来てあつ, 来ては, 来ないか, 来よう, 来ること, 来るもの, 来給, 此は, 歩くやう, 現はれた, 生れた者ゆゑ, 町の, 私の, 育てるに, 行かねば, 行くといふ, 行くに, 行く所, 行つたつ, 行つたのが, 行つたのである, 行つてお, 行つてや, 行つてやり, 行つて呉れ, 行つて見, 見て, 迎へに, 逃げて, 遊んで, 遙, 降りて, 飛び出して

2 [354件] あちらへ, いかれて, いたの, いつしよ, います, いるから, おいでに, おりて, お出でよ, お膳, きたが, くと, くるから, くること, くるやう, くれば, こい, こようと, しまつたのである, そこへ, それが, たんだ, つて上げる, つて貰ひ, どこかへ, はいつて, ませんよ, また小使室, まゐります, まゐる, やつた, やはり斎き, やはり齋, やらなければ, ゆきさ, ゆく, ゆくの, ゆくやう, ゐさうな, ゐたかと, ゐたつて, ゐたでは, ゐたとしても, ゐたものの, ゐたり, ゐたわけ, ゐたステツキ, ゐた利休, ゐた女, ゐた小さい, ゐた彼, ゐた愛, ゐた手, ゐた様, ゐた男, ゐた盃, ゐた福富, ゐた考, ゐた脇差, ゐた詩人, ゐた青酸加里, ゐないかも, ゐないけれど, ゐないでは, ゐないので, ゐないのに, ゐない人間, ゐない男, ゐない筈, ゐない者, ゐなかつたもの, ゐなくては, ゐまい, ゐましたから, ゐますか, ゐますから, ゐますが, ゐますので, ゐませんから, ゐませんでしたから, ゐよう, ゐられる, ゐるいろいろ, ゐるお方たち, ゐるかの, ゐるからと, ゐるからには, ゐるかを, ゐるきり, ゐるぜ, ゐるだけに, ゐるだけの, ゐるだらう, ゐるであらう, ゐるでは, ゐるとか, ゐるならば, ゐるにも, ゐるよう, ゐるらしいこの, ゐるんで, ゐる之, ゐる人々, ゐる力, ゐる唯一, ゐる小さな, ゐる平凡, ゐる意味, ゐる故, ゐる書, ゐる櫂, ゐる武器, ゐる漁家, ゐる瑠璃子, ゐる筆, ゐる自分, ゐる自分達, ゐる若い, ゐる茶碗, ゐる鋭い, ゐる間, ゐ乍ら, んだ, 一人で, 一緒に, 上つ, 上つた, 上つて來た, 上つて来た, 上京した, 下さい, 下りて, 二人の, 使ひ, 來う, 來さし, 來さす, 來と, 來ませう, 來やが, 來るなら, 僕の, 兎も, 其れ, 写生に, 出ようと, 出るの, 出掛ける事, 勝手口まで, 参りました, 参りますから, 呉れて, 喋舌つた, 回すといふ, 奥へ, 家の, 居さうに, 居たいもの, 居たに, 居たらしいの, 居た一つ, 居た人, 居た処, 居た様, 居つたさうナ, 居つても, 居ないから, 居ないが, 居ないもの, 居ましたか, 居ましたが, 居ましたよ, 居らぬに, 居らぬもの, 居られた, 居られたが, 居られたらしかつ, 居りますから, 居るぜ, 居るだらう, 居るだらうな, 居るでは, 居るといふ, 居るところ, 居るのに, 居るよ, 居るわけ, 居る事, 居る刄物, 居る地方, 居る文化, 山へ, 帰つたら, 帰つて来る, 帰らうと, 帰りたいと, 帰りませう, 帰ること, 帰るやう, 帰るわけ, 庭の, 庭へ, 廊下に, 廻つた, 廻つた礼式作法の, 彼は, 彼方へ, 往つたと, 往つた方が, 後から, 感ぜられた, 戻つたの, 戻つて來, 支那の, 書斎へ, 朝から, 机から, 来いといふ, 来させた, 来させると, 来させるの, 来たいろ, 来たから, 来たこと, 来たそれ, 来たところ, 来たとは, 来た事, 来た小さい, 来た小さな, 来た序, 来た母, 来た照子, 来た男, 来た花, 来た酒, 来た金, 来なかつたので, 来なくても, 来なくな, 来なければ, 来なさい, 来は, 来や, 来ようと, 来られた, 来られたと, 来るが, 来るには, 来る様, 来る訣, 来ればよ, 横に, 横町組の, 此の, 歩く, 歩くこと, 歩くわけ, 歩くん, 歩けません, 歸つたと, 歸らう, 歸ります, 殆ん, 母家へ, 水の, 水を, 渠の, 源助さんは, 源太郎の, 現れて, 生まれて, 生れた事, 生れた人, 生れた性質, 生れた根性, 生れた雄弁, 生れ出る人, 甲板へ, 町に, 相變ら, 私を, 窓から, 立ち上つた, 立ち上つた孝子, 自分の, 船の, 行かうか, 行かうとして, 行かせて, 行かないと, 行かないの, 行かなかつた, 行かれたの, 行かれたもの, 行かれたやう, 行かれた上, 行かれても, 行かれないで, 行きさうな, 行きたま, 行きますよ, 行きますわ, 行きや, 行くか, 行くがい, 行くさ, 行くし, 行くつもり, 行くもの, 行くやつ, 行くよ, 行くわ, 行く人, 行く者, 行けるやう, 行つたが, 行つただけ, 行つたで, 行つたといふ, 行つたのだ, 行つたのに, 行つた時は, 行つた校長が, 行つた者が, 行つて, 行つておくれ, 行つてから, 行つてその, 行つてやつた, 行つてやつたら, 行つて上げ, 行つて其の, 行つて煙草を, 行つて皆んなに, 行つて置い, 行つて置いた, 行つて見せた, 行つて貸し, 行て, 裏二階に, 貰ひたくない, 買ひ, 走つて來, 近くの, 追つ, 追つかけ, 送つて, 逃げたの, 長い御, 頼みに, 飛び出すと, 駈けつけて, 魚を

1 [3298件 抜粋] あがります, あぶな相, いいか, いきなりぐつと, いたかんてき, いつたかも, いつた人, いつもの, いないよう, いました, いるか, いるドル, いる尊厳さ, おありだし, おくれよ, おりますと, おんつ, お医者様, お帰りなさる, お秀, かがやいて, きたか, きたらしい琥珀色, きた一反風呂敷, きた報告, きねえ, きよと, くるところ, くる傾向, くれぬかしら, くんですかい, こいと, こちらへ, この辺, こられるの, さぞ, しばし文句, すこし舌, そこの, そして昼寝, その尻, その棺, そばに, ただ在るべき, ちよこちよこと, つてお返しし, つて焼い, とけ時計, どちらも, はいつてタギシミミ, ひとりでし, ほしいと, ますから, また改めて, まづ手近, まゐれ, みる, もう心配, やがて樹明君, やりたくまつたく下手, ゆかれないもの, ゆきたいらしかつ, ゆき信州, ゆくといふ, ゆく真似, ようわた, ゐずドシドシ刹那的, ゐたお里, ゐたけれど, ゐたため, ゐたところ, ゐたなら犀水氏, ゐたらしいとも, ゐたら男, ゐたビール, ゐた二日目, ゐた信仰, ゐた労働者, ゐた原子病, ゐた女優, ゐた小, ゐた弓矢, ゐた扁理, ゐた昔, ゐた杖, ゐた楽器, ゐた烟管, ゐた生命力, ゐた矢先, ゐた精神上, ゐた美津江, ゐた記憶, ゐた金包, ゐた鑓, ゐちや惡い, ゐないかねと, ゐないし, ゐないで, ゐない人達, ゐない小説, ゐない様, ゐない私たち, ゐない連中, ゐなかつたこの, ゐなかつたら, ゐなくとも, ゐましたぢ, ゐませんでしたが, ゐやしないよ, ゐられたやう, ゐられるらしい, ゐるい, ゐるかね, ゐるこれん, ゐるだけで, ゐるとの, ゐるなら仕方, ゐるみやま, ゐるらしいね, ゐるらしい者, ゐるらしく話材, ゐるヘンリー, ゐる三千五百石, ゐる主人, ゐる人物, ゐる余り, ゐる傘, ゐる切符, ゐる原稿, ゐる問題, ゐる土人, ゐる大胆, ゐる娘さん, ゐる小鳥, ゐる年代, ゐる彼女, ゐる感想, ゐる放火狂, ゐる文学, ゐる時刻ぢ, ゐる本質, ゐる歴史式, ゐる気, ゐる港町, ゐる独特, ゐる琵琶, ゐる着物全部, ゐる第, ゐる細身, ゐる美徳, ゐる自然公園, ゐる若干, ゐる行事, ゐる詩, ゐる語彙, ゐる貸家, ゐる通称, ゐる隣, ゐる音楽研究, アツシジの, ジャングルの, ハダシに, ムツソリニ首相の, 一刀を, 一本引き拔かう, 七日目に, 上げませう, 上るらしい忍びやか, 下さること, 下るに, 両脚一面に, 主張する, 九月と, 二十五号機の, 云ふ, 京都市中を, 今長崎奉行を, 以来汝の, 伺ひましたん, 何やら打つ, 余して, 來いなんだ, 來させます, 來たさうです, 來たんなら, 來てる, 來なすつたさうで, 來ようと, 來るであらう, 候ひし, 元寛君へ, 入らつした風呂敷包み, 入るとき, 六日の, 其小野の, 再生した, 出かけたが, 出した, 出た氷, 出ましたつて, 出るん, 出掛けた, 出来るの, 前に, 勘次の, 卓の, 去ぬし, 参りましたフランス, 参るを, 參つてお, 又珈琲屋, 口を, 台所の, 向う突き, 呼び出しに, 回して, 土藏から, 坐つた, 墓參り, 夜盜の, 大きな湯槽, 大将の, 大雅の, 奉りましたので, 妙な, 娘を, 客の, 家庭に, 寄る小刀, 小学校に, 居たからと, 居たでございますよ, 居たらうと, 居たら後に, 居た人相書, 居た奈良朝, 居た村国, 居た猫, 居た訣, 居た頃, 居つたやう, 居ないだらうと, 居ないのに, 居ない国民, 居なかつたと, 居なすつた, 居ません, 居よつて, 居らぬ筈, 居られなかつた爲め, 居られ一年毎, 居りましたので, 居りませんでしたか, 居り指, 居るうち, 居るだらうそいつ, 居るとの, 居るらしい年増, 居る二, 居る公園, 居る喬木, 居る女, 居る後期王朝, 居る歌, 居る滅法, 居る癖, 居る私, 居る考, 居る親, 居る金持, 居ろ, 山口へ, 岸近く, 帆綱の, 帰つたのである, 帰つた方が, 帰つた試しが, 帰つて下さる, 帰つて自分の, 帰らう, 帰りたいの, 帰り祭器, 帰るには, 帰る気, 帳場へ, 広間へ, 座敷の, 廊下を, 廻つた末明日の, 廻るし, 引張つたり, 彳んで, 彼女の, 往くからな, 往た, 往つてこの, 往つて表装を, 待ち焦れ, 御出, 微笑みながら, 恋人同志を, 悠悠と, 慣れること, 戸外へ, 戻りほつとして, 手を, 押し出し大地, 振るやう, 探し廻つたが, 故郷の, 方向さへ, 日の, 時あ, 暫らく見, 書く時, 本を, 来いである, 来い飯, 来させる, 来たかも, 来たとも, 来たやう, 来たわけ, 来た丈, 来た冷茶, 来た四つ, 来た大皿, 来た小型本, 来た所, 来た時代, 来た民間生活, 来た焼酎, 来た知合, 来た篠枝, 来た羊羹, 来た蝋燭, 来た軸物, 来た鏡, 来た鱒, 来てないの, 来ないもん, 来なかつたが, 来ながら, 来ましたが, 来やう, 来られた連中, 来るか, 来るで, 来るもん, 来る女, 来る毛糸, 来る道筋, 来至上, 東叡山の, 枝折戸から, 椅子から, 様々な, 次ぎの, 此潮流に, 歩いた印象, 歩かない, 歩きました, 歩く代物, 歩く野郎, 歸つたの, 歸つた書を, 歸つてやる, 歸つて殺し, 歸られる, 殺し場, 毟つて, 水に, 油に, 泰山木, 浮かれ出さうとして, 渡り合ひ, 炉の, 片手で, 独立の, 獨りで, 現れるもの, 生れたこと, 生れた剽軽, 生れた好, 生れた悪性, 生れた気象, 生れた癖, 生れた表情, 生れながら, 甲板に, 畑の, 登るの, 目の, 省三の, 眺める場合, 知邊の, 私達が, 立ちあがりながら, 立上がりました, 筆記を, 紙に, 線路の, 義雄の, 耳に, 背伸びし, 舞うた事, 花屋と, 草鞋を, 蛇の, 行かうかといふ, 行かざるを, 行かない, 行かねえこと, 行かれたん, 行かれました, 行かれるもの, 行きその, 行きなさい, 行きましたところ, 行きません, 行き同時に, 行き此, 行くかね, 行くとでも, 行くほか, 行くんだい, 行く分, 行く新酒, 行く眞, 行ぐんだお, 行ける, 行つたかも, 行つたのでした, 行つた丹波栗の, 行つた傘を, 行つた女も, 行つた徳利と, 行つた文箱を, 行つた本を, 行つた聴診器を, 行つた食べものも, 行つてお寺から, 行つてくつ付け, 行つてしまつたのである, 行つてへ, 行つてよ, 行つて一心不, 行つて三階の, 行つて乗せ, 行つて何う, 行つて内儀の, 行つて反覆翫味した, 行つて嗅ぐ, 行つて好い加減に, 行つて建て, 行つて指と, 行つて整理された, 行つて服従を, 行つて氷峰の, 行つて焦げ, 行つて發音的の, 行つて空手で, 行つて脇差と, 行つて觀世縒で, 行つて貰ふ, 行つて門前町の, 行つて養つてやり, 表現した, 西も, 見たり, 見る必要, 親戚や, 訪れて, 諸国の, 豆腐いつ, 買は, 起つた, 踉い, 辛抱出來んで, 迫つて来る, 逃げたこと, 逃げるの, 逃出した, 通りか, 遁げた, 道後へ, 部屋へ, 里の, 錫の, 開門しよう, 階下の, 集まつた時, 雲脂を, 音が, 頻りに度合, 飛び出した時, 飲み合つた, 駅の, 高められること, 魔法壜を

▼ 持つこと~ (713, 4.5%)

32 が出来る 22 になった 18 が出来ない 16 が出来た 15 ができない, になる 14 ができる, は出来ない 13 ができた, が出 8 の出来ない, の出来る 6 が出来なかった 5 の出来た, はできない 4 がない, が出来ず, だ, である, なしに, になっ, によって初めて, のできない, のできる, もある

3 [12件] がある, ができたら, ができぬ, が出来ました, が必要, であらう, に努め, はできません, は不可能, を私, を要求, を許され

2 [43件] ができ, ができず, ができなかった, ができました, ができます, が便利, が出来, が出来なかつた, が出来ぬ, が出来ません, が出来るでしょう, が多い, が当然, だと, でしょう, ないじゃ, なくし, にした, にしよう, にする, になつ, になるだろう, にも当らない, によって人間愛, に成功, ね, はその, はできず, はまだ, はやがて, は出来ないだろう, は出来ぬ, は絶対, もできぬ, もできる, も出, も出来ます, を否定, を希望, を恥ぢない, を意味, を知らない, を許されず

1 [347件] いいです, からし, から一, があっ, があった, があつ, がありませんでした, がいちばん賢明, がおでき, がこれ, がし, ができたなら, ができなかつた, ができなく, ができましたなら, ができよう, ができるだろう, がどこ, がなかっ, がならぬ, がのぞましい, がま, がむずかしく, がわからなかった, が不可能, が不法, が全く, が出来たろう, が出来なかっただろう, が出来なかったであろう, が出来なく, が出来なくなった, が出来なけれ, が出来はじめた, が出来ます, が出来ませう, が出来よう, が出来るであろう, が出来れ, が分ります, が困難, が大切, が実に, が寧, が少く, が少ない, が常習, が微弱, が悪い, が旅行者, が望ましい, が殆, が無い, が無理, が理想, が甚だ, が私, が第, が紐育, が絶対必要, が能, が自分, が許されない, が証明, が資本, が難, が館, さえも怖しく, さえ理解, さえ覚束, すらもはや, すら出来ない, すら北國, その事, それに彼, だから, だからと, だが, だけしかいっ, だそう, だろう, だろうと, だわ, でありその, であります, であり仕事, であるが, であると, である外, であろうからと, です, でその, でそれ, でなければ, では, でも, で広い, で母, で真面目, で罰せられる, とさらに, とならう, となり, となります, となる, とは別, と友情, と彼等, なく日本風, なく済ん, なく移動, なく終ったでしょう, などとても, などは大, などをよし, なの, なので, ならもう, においてさえ男, におなり, にかけても似, にきまった, にされた, にし, にしました, にすぎない, についても餘, になつた, になつたの, になり, になりました, になるらしく, には総, には誰, にもなる, によってこの, によってのみ真, によってまさに, によって物理現象, によって甚だ, によって発達, によって第, によって組織的, によって緊張感, によって蜀, によって要するに, によって軽, に何だか, に依, に初, に於, に決めるだろう, に満足, に疑い, に腹, に話, のできた, のない, の何, の出来なかった, の危険, の喜び, の多い, の少い, の少ない, の幸福, の必要, の悩み, の方, の殆, の至難, の苦難, の難し, は, はあたし骨, はありません, はいう, はうれしい, はこの, はずっと, はできないであろう, はできなかった, はできぬ, はとうてい, はとめられ, はどの, はない, はないでしょう, はなん, はねえ, はま, はまず, はむつかしい, はらくに, はスキー, は一城, は万葉あたり, は争われません, は云, は人情, は仏, は何, は信長, は先天的, は凡そ, は出, は出来, は出来なかった, は出来なく, は出来る, は別に, は十軒, は単に, は厭, は取り, は固く, は好ましく, は嫌がり, は実に, は実にしばしば, は寧ろ, は対照, は少い, は少ない, は常住, は幸福, は当然, は後代, は心がけ, は必要, は悦ばない, は愉しい, は意地, は我々, は敢, は日本人, は昔, は殆, は消し, は無視, は現代文学, は生まれ, は男, は禁ず, は禁制, は私ども, は稀, は結局, は翁, は自分, は自然, は自身, は苦しい, は要らない, は覆い, は言うまでもない, は許さない, は許さぬ, は許され, は許されなかつた, は認め, は近東及印度, は間違っ, は青春, ばかりをケイ女史, ほど愚かしい, ほど気, また耶蘇教, まではできない, もあった, もございます, もできず, もなかっ, もなく, もまた, も出来させ, も出来た, も出来ない, も出来なかった, も出来るだろう, も変, も多い, も持たぬ, も魔, や庖丁, わいな, をあさはかな, をあなた, をきらった, をこそその, をさし, をしらず, をば恥ぢない, をほのめかさう, をもっ, をゆるさなかった, を予想, を信ずる, を光栄, を初めて, を制限, を厭, を否む, を好ん, を少し, を強いられた, を得た, を得なかった, を得なかつた, を忘れない, を忘れなかった, を怖, を急いだ, を恐る, を恐れ, を悦ん, を想像, を感得, を愧ぢ, を指摘, を教える, を教わった, を欲求, を烈しく, を理由, を發見, を知, を知った, を知るべきである, を確め, を示し, を禁じ, を禁止, を絶対, を考え, を自分, を自覚, を見のがし, を見のがす, を許されずし, を許されなかった, を許し, を誇っ, 出来たら夫婦, 多からざりし, 恋しくて, 拙く番号札縫ひつ

▼ 持つもの~ (312, 1.9%)

24 である 17 では 5 だ, であるが, であること 4 だと, でした 3 か, だろうか, であって, です, でないと, と思われる, のよう, もある

2 [19件] がある, だから, だったの, だという, であつ, でありまた, であるかを, であると, でないこと, でなければ, となっ, と見, と見え, には物揚場, は, はその, はたとい, もあり, を粗末

1 [186件] かいかなる, かそれとも, かとか従って, かね, かも知れなかった, か持つ, が, がいる, がぎっしり, がない, がなかっ, が一人, が多い, が多く, が安全, が形式分化, が最も, が本当に, が此, が知る, が精神病者, が若い衆, が虚偽, が論理, が雲岡, さえあります, その人, だが, だけをもっ, だぜ, だそう, だそして, だった, だったらあるいは, だったら科学, だとして, だよ, だわ, であったから, であらう, であらね, でありいつも, でありその, でありながら, であり他, であり後者, であり電車, であるかについて, であるから, であるという, である故, であろう, であろうか, であろうと, ですから, ですね, でない, でないという, でない限り容易, でね, でもうそう, で孔, で文明, で純粋, で色彩, で蕎麦, で足音, で通常, とか尺八, ときまつたらしい, とし, としての組織, としては日本最古, としてまず, として分析, として取, として味わう, として対立, として捉えられ, として現われ, とせられる, とならざる, との考, とは考えられない, とは言えない, とほとんど, とみえ, とも知った, とも考えられない, と云わね, と信じ, と信じられた, と取, と思い込み, と思う, と思はれ, と思はれる, と思召, と想像, と睨んだ, と知らざる, と考えられ, と考へ, と観た, と言うべきである, なの, ならなんでも, なら容易, なら豊世, なること, にきい, にし, にした, にちがい, にとつ, になっ, にも総て愛想, に引きつけた, に相違, に私, に違, に重き, に魅惑, のごとく, のみを顧みた, のわが, のレベル, の一つ, の一部, の労働, の寂し, の悲し, の永生, はいつも, はお, はこの世, はございません, はどうも, はない, は世界, は世間, は伏見屋, は其特性, は割, は労働者, は単純, は可, は坊主, は彼ら, は従業員, は探偵作家, は死, は決して, は無, は無論, は特に, は男, は皆, は細引, は統計的方法, は罪人, は芸術, は起原, は道徳, ばかりはいなかった, ほどさ, もたくさん, もない, も偽善者, も懐ろ手, も畢竟, やら, よ, らしいと, わけても奧方樣, をあげ, を以て集まる, を作る, を持たない, を朝鮮, を確, を見る, 各々言, 必ずしも構成性, 悉くが, 持つて

▼ 持つ~ (293, 1.8%)

38 である 15 では 75 か, です 4 が精一杯, だから, であった, であります, であるが 3 だった, だと, だろうか, は一人

2 [14件] かい, が当然, であって, であると, であるという, でなければ, にも均しい, は, はこの, は具体的, は厭, を忘れ, を視, 外は

1 [163件] かいろいろ, かおれ, かと思っ, かはっきり, かふと, かも知れぬ, かよく, かよよう, か不思議, か中島湘煙女史, か尼, か訳, がいい, がおじいさん, がほんとう, が一概に, が一番, が一番確か, が不可能, が不思議, が原則, が厭, が右, が否定, が堕落, が如何にも, が左, が常, が幸い, が当今, が怖い, が文化, が本領, が特色, が現実, が考え, が自然, が草雲, が荒っぽい, が落ち, さ, だが, だがと, だそう, だという, だらう, だろう, だろうこんなに, だろうと, だ手前運, だ観念, ぢや, であったして, であるか, であるから, であること, であろう, でした, でしょう, でしょうか, ですから, でない女, でなく別個, でも, というわけ, と一般, と本質的, どういうの, ならこっち, にし, にすぎぬ, にはたいへん, には余程, にホネ, に二人, に人, に便利, に過ぎない, に雙苞, はあたし, はいい, はいよいよ, はこりゃ, はその, はともかく, はどっち, はどんな, はまちがっ, はまつる, はまア, はイヤ, はオレ, はタガメ, はマルキシスト, は一日, は不思議, は主として, は事物, は二十人, は他, は仰ぐべき, は何ゆえ, は何ん, は作つた歌, は便利, は俳人得意, は再び, は好ましい, は学問, は当然, は心, は必ず, は必然, は思想的内容そのもの, は悪, は悪い, は政党, は新た, は日本, は書物, は正に, は死, は毎朝, は毒, は江戸, は無意識的, は男, は男性, は當, は當然, は私, は私事, は穏, は縱, は誰, もある, もちと, もつまり, もむだ, もよから, もよろしく, も厭, も厭う, も変, も容易, も早計, も樂, も理由, も真理それ自身, よ, わかる, をいやがっ, を厭つて, を待っ, を恐れる, を知らなかつた, を米友, を見る, んと, ネ, 力を, 義で, 風船に

▼ 持つよう~ (279, 1.7%)

83 になった 35 になっ 21 になる 16 になりました 13 になり 5 になったら 4 なこと 3 になります, になるであろう, になれ, に見える 2 に成った

1 [88件] だ, だったら大変, である, でござるが, でしたら私, でなくちゃ, では, な, なお嬢様, なさまざま, なそんな, なもの, なスケッチ帳, なスローガン, なファン意識, な事, な人, な人柄, な体熱, な優し, な六尺棒, な具合, な型, な執拗, な外観, な心, な性格分裂, な恰好, な態度, な手つき, な手付, な柄, な業, な気分, な男, な疑い, な癖, な百姓, な社会, な自然哲学, な評論, な身の上, な軽快, な頑丈, にいい, にお, にさえなった, にし, にしか感ぜられない, にしなけれ, にすすめたい, にすらなった, にする, にと励まし, にと勇気づけ, にと希う, にと思っ, にと悪辣, になったで, になったらしく, にならない, になりまし, になり出した, になるだろう, になれる, にはいつ, には取られたくない, にもなっ, にもなった, にフワリ, に三枚, に両手, に勧めた, に導いたら, に思われ得る, に成っ, に成ろう, に成長, に持つ, に文学論, に書き, に求道者, に泣く, に考えられる, に街頭, に見え, に設計工作, に遺言

▼ 持つ~ (266, 1.7%)

12 すれば 8 いふこと 7 云ふ 3 いえば, 云う事 2 いう, いふ事, する, それは, なれば, 信ぜられて, 小学読本に, 考えられる, 聞いて, 言ふ

1 [213件] ああいう, ああおとなしく, あり, いうけれども, いうだけよ, いうので, いうのみ, いうべきである, いうよりも, いきなり窓, いくぶん姿勢, いけないので, いったので, いふか, いふだけ, いふとも, いふ矢先, いへどを, いわれたあの, いわれた怪物, いわれた魔術師, いわれるの, いわれる吉田首相, いわれる変そう, いわれる怪物, おっしゃるので, かならず少しばかり, かの女, こういうふう, こんどは, さっさとあちら, さながら生れ変った, したらそれ, したら幾らふところ, じきにあなた, すぐ留守, すっかり甘く, すると, すッ, ずしりと, その日河内, その理相, その精魂, それから角力, それで構え, それで私, それらの, ただ想い, ためらいも, ちょうど神主さん, どんな骨董, なかなか心配, なかなか金, なかなか離さなかった, なな, なると, なんで忍耐, はっきりする, ひょろひょろした, ほとんど見境, まが, まがい物の, また馳, みんなが, みんなそう, もう食べる, よく云われる, らんです, わたし軍隊生活の, サッと立っ, プンと, ユラユラと, ルイが, 一応云っ, 云うか, 云うし, 云うじゃ, 云うの, 云う一事, 云う信条, 云う点, 云えない, 云った, 云った処, 云って, 云っても, 云つた, 云ふこ, 云ふも, 五兵衛さまが, 人に, 仮定された, 仮定し, 何だかえらくなった, 何時でも, 信じて, 信ぜられた, 再び, 刀尖, 刄が, 厄介だ, 同じよう, 同時にその, 同時にそれぞれ, 同時にふ, 同時に煙たがっ, 同時に自分, 同時に閑, 喉佛に, 噂され, 囁くを, 坊主共の, 城太郎は, 大概こんな, 夫人が, 女が, 女の, 女中が, 妹の, 婢が, 察せられるよう, 平素の, 座敷の, 引っ張りながら, 引越しする, 彼女は, 御鷹部屋へ, 必死の, 忽ち一帶, 思います, 思い做, 思い恥しい, 思う, 思うので, 思つてを, 思ふすべて, 思われる有明荘, 急に, 成ると, 手から, 手に, 抱き寄せるよう, 持たぬとによって, 持たぬので, 故郷の, 春三郎は, 暗がりの, 梅を, 極附, 槍に, 武士は, 歩卒に, 殆ど必ず途中, 民子は, 気が, 水を, 決していい, 決ったとき, 油断も, 流石に, 渋谷へ, 渋谷へばかし, 澁谷へ, 澁谷へばかし, 為に, 物の本に, 物差を, 獣の, 申して, 申しました, 真綿の, 矢っ張り, 称せられるあの, 種々な, 稱せられる, 竿は, 第一, 紙も, 繁は, 考えられますか, 考えられるべきでは, 考えられる時, 考えられる根本的運動, 考えられる物, 考えられる要素, 考えられる限り, 考へられる, 考へ区別, 聞くが, 聞くと, 腸の, 自分たちの, 自分で, 自然に, 自然炭火などは, 舞踊劇としての, 良人は, 見て, 見られて, 見るの, 親は, 言う法外, 言える, 言つたそれは, 身體まで, 退歩し, 道を, 離せない気, 雨戸を, 雲助までも, 面白いがと, 飛び立つやう, 高氏は

▼ 持つ~ (115, 0.7%)

4 である, は一人 3 に福徳, の善悪

2 [11件] がある, がいる, でなければ, ではなかっ, に逢った, の手, はその, はほとんど, は金, は非常, らしい面持

1 [79件] がありまするなら, がうらやましかっ, が一人, が今, が全く, が多く, が案外, が極めて, が沢山, が自ら, が自慢, で, であった, であるから, であること, であろう, でもその, でもどんな, でショパン, といふ, として私, とならしめる, とは思えなかった, とは思った, とも思われなかった, と粗製, などは極めて, なること, にさせよう, にはことごとく, には大きに, には病苦, には自ずと, には貴き, に名前, に多い, に宿命, に対してはそれ, の体力, の例, の如何, の心, の心持, の思い, の性格, の末路, の話, はあと, はありません, はお, はどこ, はや, は心得, は我国, は有りません, は水温, は沢山, は真, は美くし, は自分, は誰, は長く, は間もなく, また龍宮, もある, もあるであろう, もあろう, もくもくと掻き掻けり, もこの世, もなき, もゐた, も他, も信仰, も持たれる, や編集, よりも少ない, を救おう, を私, を見つけ

▼ 持つ~ (114, 0.7%)

3 がぶるぶる, に力

2 [12件] がふるえ, がふるへ, がわなわな, が顫, に取り縋った, の動く, の右, は始め, ふるへて, も凍える, を動かし, を膝

1 [84件] から血, がすこし, がふるえる, がふるへる, がブルブル, が始終, が幽か, が恐ろしく, が我, が戦え出した, が横ちょ, が次第に, が甚だしく, が疲れ, が見るみる下った, さえ躊躇い, です, でひしと, と顔, にいま, にしこり, にすがる, には取られない, に反動, に差, に毛, に汗, に筆, に縋りいる, に血, に触られ, に邪魔, に震へる, のわなわな, の慄, の手首, の打ち震う, の掌, の細か, はしきり, はねえ, はヘロ中, は彼, は時々, は百姓, へ一つ, へ働い, もたのし, もだらり, もだる, もふるへ, もわな, もわななく, や立て, をつと, をば上, をぶる, をやや, をわななかせた, をダラン, をハッ, を上げ, を休め, を伝っ, を伝つて, を宙, を左, を徐々に, を抑, を押, を握りしめた, を断れん, を横穴, を止め, を止める, を殴りつけた, を緩め, を置いた, を膝頭, を落し, を逆, を離し, を静か, を額

▼ 持つ~ (104, 0.6%)

9 になる 8 が出来た 4 が出来る, になつ 3 が出来なかった 2 が必要, が恐ろしく, になっ, になつたの, の出来ない, を学ばしめた, を忘れなかった, を私, を貴方がた

1 [58件] から始め, ができた, ができなかった, ができる, がキツイ嫌い, が出, が出来, が出来ない, が出来なくなった, が出来るだろう, が出来れ, が出来ん, が可能, が多い, が好き, が快く, が気, その事, だ, だと, なんか僕, にした, になった, になり, になりますだ, になるであらう, になるでしょう, によって人間愛, によつて, に誇り, に非, の出来た, の方, はどうしても, は全く, は出来ぬ, は喜び, は必ずしも直ちに, は時に, は許され, は誠に, も出来ない, も出来なかった, も嫁, も政治的権利, も歓びます, も流行, も経済的智識, をわが, を信じます, を得たれ, を恥辱, を生涯, を知らなけれ, を禁ぜられ, を罪悪, を考えなけれ, を認めなかつた

▼ 持つ~ (91, 0.6%)

7 至ったの 5 至った 4 しても, 違いない 3 いたり 2 いたつた, しろだいたいあんまり, 反して, 至って, 至りました, 至るには, 違ひない

1 [54件] あらざれば, あり, いたったの, いたった原因, いたった痛切, いたりました, いたること, いたるであろう, いたるの, いたれば, すぎないこと, すぎぬ, もえい, 似たりけり, 充分だった, 到ったこと, 到つたかも, 到つたが, 及ばず候, 堪えない感情, 堪えなくなった, 定って, 庭なき, 当つて, 必要な, 懶し, 極って, 止まらず更に, 止まる, 相違ない, 至ったという, 至った動機, 至った新兵器, 至った私, 至った証拠, 至っては, 至つた, 至つたのは, 至つては, 至つて武力で, 至らなかつた国民, 至りこれ, 至りそう, 至ります, 至り便利, 至り数年, 至る, 至るか, 至るの, 足りないほどの, 過ぎない, 適当な, 限る, 非れ

▼ 持つ~ (91, 0.6%)

2 がない, がなかっ, ならば, なり, にし, の名前, は, は料理

1 [75件] があった, がある, がうっかり, がなく, がもし, が多い, が小さな, が最も, が沢山, さながらに, さらになく, だ, だと, であつ, である, であるかの, であること, であるという, でさえも, ですが, でなければ, では, といわれ, とは云, などは想像, ならかえって, ならその, にとってこの, には現象的, のごとく, のなかつた, のみが真に, のよう, の世界, の側, の心, の心當, の眼, の知識, の經驗, の罪, はいなかった, はその, はそれ, はなかっ, はなかつた, はひとり, はわれ, は一身, は不, は不幸, は世界, は何処, は出世, は切角, は常に, は手, は斬る, は殆, は王侯以外, は甚だ, は男, は皆, は纔, は誰, は足軽, は馬の背, ばかりで, へ訴え, もあり, もある, も一旦, も持たない, 必ず禍, 持たない者

▼ 持つという~ (90, 0.6%)

15 ことは 10 ことが 4 事は 3 ことを, のは, ような, わけには 2 ことで, ことも, のである, 事な, 変装の

1 [39件] ことさえ, ことでありました, ことである, ことであろう, ことです, ことに, ことばかり, ことへ, この村, その気持, のだ, のも, わけで, わけに, 一つの, 事も, 事実は, 人々とかに, 人達だった, 処から, 実に莫迦, 意では, 意味が, 意味は, 意見が, 意識が, 方が, 来がけ, 段取りに, 水爆の, 特別な, 立場, 立場そのものである, 結論にも, 義務に, 習わしは, 考えが, 考えしかも, 訳で

▼ 持つやう~ (85, 0.5%)

29 になつ 7 にな 6 になり 4 になる 3 になりました 2 だが, にした, に成つた, に成つて

1 [28件] なお, なの, なもの, な世間的, な事, な人ぢ, な仕事, な太鼓, な所, な手, な手風琴, な時さ, な浅間, な緊張, にされた, にしたい, にしなけれ, にならなく, になりたい, になります, には見えず, に平, に成つた時, に文化, に物々しく, に育てあげた, に自ら, に藏書政策

▼ 持つてを~ (78, 0.5%)

16 ります 4 りました, るつもり 3 れば 2 つた, つたか, らない, らぬ, りましたが, りますと, る

1 [37件] つたかといふ, つたと, つたもの, つたらいい, つた事は, つた固有の, つては, つて物事を, ばさんと, られる, られるので, られる方, りお, りおの, りこれ, りそして, りその, りますから, りますが, りますのよ, りまするは, りません, りません者, りミケル祭, り便所, り又, り白石, り私, り自分, り落附, り調べ, るか, るにはを, るの, るのう, る方, る自信

▼ 持つては~ (58, 0.4%)

6 ゐなかつた 4 ゐない, ゐるが 2 ゐたが, ゐないが, ゐないの, ゐないやう, ゐません, 居ないの, 居ません, 居らなかつた, 居りません

1 [26件] いけないと, いけません, いつたん, いつて, しなかつたから, ひつて, ゐずその, ゐないかも, ゐないだらうと, ゐないで, ゐないのね, ゐなかつたが, ゐませんから, ゐませんけれど, イケぬ, 先づ寢床の, 好く削らん, 居ず手拭, 居なかつた, 居なかつたの, 居らぬ, 帰られぬ獲物, 拾ふ, 時, 来て, 熱心に

▼ 持つ~ (48, 0.3%)

4 よい 3 いい 2 もう多少の, ブルジョア社会の

1 [37件] いいか, いいや, ごとき冷然, その最も, それにしても国民全体, それは, そんなの, やると, ゆえにそこ, よいし, よいと, よからう, 他人の, 仮にそう呼ん, 其れ, 切断されない, 周囲には, 変動し, 大体日本人ほど, 如くすぐれた信仰, 宜い, 宜かろう, 抑も, 摩擦を, 故にかえって, 故にこの, 故にハムレット, 故に一般, 故に先ず, 故に召し上げられた, 榛名湖は, 現代の, 町家の, 自分以外の, 茲に, 返って, 返つて來

▼ 持つ~ (42, 0.3%)

3 のつとめ 2 だった, であつ, となった, にし, には富, の給金

1 [27件] が師, さては, じゃ, であること, でございます, でござったか, という言葉, とこの, とはなるなり, と云う, と覚え, なるわ, になった, になつ, になれた, には煙たがられる, には神様, に容易, に用意, の, のしみじみ, の何, の弱, の当惑, の心配, の忽ち, の男子

▼ 持つから~ (40, 0.2%)

8 である

1 [32件] いいと, お互に, お喜代, そうした懶惰, そこへ, その利益, その日, それ自身に, たまらない, だ, だつた, だと, でありましょう, でありますが, であろう, とりあえず帰れ, プラーゲの, 仕方が, 例えば古代的範疇, 其の優越, 同一条件の, 大丈夫よ, 失戀失敗が, 心配する, 怒りつぽく, 成程, 推理と, 来て, 環境が, 発声器を, 盗まれるやう, 試して

▼ 持つところ~ (39, 0.2%)

2 の半分, の或, の深

1 [33件] があり, が怪しから, だつた, では或, にある, になる, の, のこの, のすべて, のもの, のより, の一, の人間夢想家, の伝国, の十三卷, の十字架, の大きな, の実力, の感性, の活, の特殊, の独尊的, の異なった, の盲目的活動, の知性, の腕, の詩人, の軽快, の音楽, へ翅, まで来, を九年, 又文明史

▼ 持つ~ (37, 0.2%)

4 どうか 2 何物も, 兎に

1 [29件] あるいは他日自分, くれた野性, この二つ, しれないと, そう云う, その原因, その後の, である, どうかという, どうかは, どうかを, どうしてこの, どつ, 五年と, 分らない健康, 勿論山崎, 即ちどういう, 又社会科学, 否かに, 否かを, 否どれ, 実際に, 容易に, 持たないかだけの, 持たないかは, 持たんか, 知れたもの, 腰に, 製造を

▼ 持つ~ (31, 0.2%)

16 になつ 3 になった 2 にな, になる 1 な安楽, な純粋客観性, な調子, になっ, にならなけれ, になりました, にもなつて行, に成つた

▼ 持つ~ (26, 0.2%)

1 [26件] が小さくっ, が文化統制, にしたるなり, に形式的直観, のもの, のやり方, の云わ, の今日, の全体, の半ば思惟的, の否定, の哲学, の問題, の広い, の意味, の意識, の文芸評論, の方法, の時代, の歴史的, の自律性, の自然科学, の西洋, の観念, の論理性, やや細き

▼ 持つ~ (26, 0.2%)

2 でその

1 [24件] が一人, が生前, じや, だから, であって, であり一たび生死, であると, であれば, です, でそれ, ではない, で学校, で成, とし, としか扱はず, として何, に特殊, に飛びかかった, のそば, はこれ, はしあわせ, は半, は細君, を論じなく

▼ 持つため~ (25, 0.2%)

2 にはまず

1 [23件] だったの, だろうと, でもあろう, に, にいつ, にかえって, には, にはどんな, にはなんら, には女, には実は, には少なくとも, には温情美賞主義, にまた, にも自由主義, に即ち, に是非, に民衆的, に水平, に結婚, の事実上, の用意, の運動

▼ 持つたり~ (24, 0.1%)

6 して 2 した

1 [16件] しました, すること, サイダーを, チョコレートまで, テニスや, プルウストの, 他人を, 伜に, 力仕事し, 叉手を, 帽子を, 愚かな, 或ひ, 煙ので, 疑つたり, 纏を

▼ 持つ~ (24, 0.1%)

4 だ, だよ 3 じゃない 2 ですよ

1 [11件] じゃねえ, だおりたくなったら上, だから, だし, だったら心得, だて, だと, だね, でしょう, です, と

▼ 持つ人間~ (24, 0.1%)

2 の地域的団体

1 [22件] がかくれ, がこの世, がもひとり, が超越的, だ, でもりっぱ, といふもの, とが武蔵, として, と詩, なの, なればぞ, にはだれ, のあらゆる, のわたし, の重味, の間, は努力精励, は地球, は女, を沢山, を無聊

▼ 持つ~ (22, 0.1%)

3 はない

1 [19件] か, がしなかった, がなく, さらになし, だね, だよ, でいた, なら入用, になっ, になります, になる, になれなかった, になれましょう, になれやしない, にはなれないらしい, の弱い, は少し, も毛頭, も起つ

▼ 持つとは~ (20, 0.1%)

1 [20件] いいながらも, いえ私, それが, なんという, インドに, 一人の, 全一に, 其結合の, 卑怯だ, 如何に, 思えない, 思はれないぢ, 思わない, 思われない, 昔から, 申されませんが, 言っても, 郷土に, 限らないぐらいは, 限らないので

▼ 持つ人々~ (19, 0.1%)

1 [19件] かがこの, があった, がだんだん, が列, が幸福, が有識階級連, によって遂行, によろこび迎えられ, に対してあまりに, に貧乏, のみがこの, の中, の会, の念頭, はだれ, はチェス, は是非, を伴っ, を念頭

▼ 持つ~ (19, 0.1%)

2 なの

1 [17件] がある, がそ, が寝室, こそは彼, だつたら派手, であった, である, です, になった, に注意, のひと, の中, の群れ, の良人, はまだ, は一人, を見

▼ 持つちや~ (18, 0.1%)

4 居ません

1 [14件] ゐないの, ゐないん, ゐねえ俺, ゐねエ, ゐませんよ, 居ない, 居ないか, 居ないだらう, 居なかつたし, 居ねえぞ, 居ねえのに, 居ませんでした, 居られないもの, 居りません

▼ 持つてつ~ (17, 0.1%)

2 てやる

1 [15件] たの, たもの, たらどう, たらよう, ちまつたん, てあげない, ていた, てお, てくださる, てくれろや, てちやうだい, てみせ, てみろ, とるだらう, とるでな

▼ 持つには~ (16, 0.1%)

1 [16件] あなたにも, すくなくとも相当, よほどの, 健康が, 到らなく却, 困るとか, 売らないこと, 嫌な, 差支が, 平素の, 憤激それ自身が, 是非とも, 沢庵は, 私は, 遅すぎる, 違いなかった

▼ 持つ~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] がある, が来る, その観念, なども鬼門, には少し, にやどう, に取る, のよう, の用意, の足し, は福徳円満, まもなく機会, 全然癩者, 初めて貴

▼ 持つこの~ (15, 0.1%)

1 [15件] たくましい攻撃力, やうな, アカグマ国イネ州駐, 人との, 小さい赤ん坊, 巧妙な, 建物の, 断層こそ, 瑕は, 男は, 自由を, 若者までが, 辺の, 野郎が, 長いと

▼ 持つ~ (15, 0.1%)

2 がいい

1 [13件] が不思議, が出来たら, が勿論, が右, が左, が襤褸, だから, だ姫君, であったから, に違い, の勝利, の手, もなく

▼ 持つ~ (15, 0.1%)

2 では

1 [13件] が幾つ, で呪術, との間, などは一つ, なるが, に適わしく出来, は出来る, をみな, をも奪, を持ち, を身, 容れは, 持たない物

▼ 持つだけの~ (14, 0.1%)

1 [14件] ほんとうの, 余裕が, 余裕は, 余裕も, 力しか, 根柢を, 歓迎を, 理由を, 用意は, 知識は, 素養を, 腕が, 語彙を, 餘裕も

▼ 持つだけ~ (13, 0.1%)

2 だ, だった, であった 1 であり随, である, では, で自宅, で装い, 大切な, 権利を

▼ 持つても~ (13, 0.1%)

1 [13件] つひ傍, どつて來, ゐたが, ゐなかつた, 一向差支, 九人の, 可愧, 大したこと, 居ない, 搜し, 直ぐ棄て, 神經の, 足らない程

▼ 持つ~ (13, 0.1%)

4 ひとりの 1 ただ二分間, テキストブツク, 人を, 人情である, 実に此, 武なり, 炎か, 篤なる, 黒き梟

▼ 持つほど~ (13, 0.1%)

3 賑ひ充ち 1 な者, より大きい, 今迄, 水臭い仲, 膨張した, 貴い, 貴重である, 賑い充ち, 面白くなっ, 颯と一雨

▼ 持つほどの~ (13, 0.1%)

2 者は

1 [11件] ことで無かった, ものなら, 低級な, 余裕が, 工面が, 彼です, 御身分, 旧家は, 港では, 珍しい事件, 腕では

▼ 持つより~ (13, 0.1%)

2 ほかない

1 [11件] ほかは, やはり花, 仕方が, 仕方なくなっ, 善き友, 外に, 外は, 大きいの, 無い方, 熱き血, 鎌を

▼ 持つ場合~ (13, 0.1%)

2 もある, を他 1 があっ, があります, が多々, とでは自ら心, と茶碗, には何等, に於い, の方, を考へる

▼ 持つ必要~ (13, 0.1%)

3 がある, はない, もない 1 があります, ができた, が生じ, は必ずしも

▼ 持つ意味~ (13, 0.1%)

1 [13件] から先づ考, が一番, が邪魔, に於, の, の大き, の長い, は未だ, ほど彼, をその, を人間的生活自身, を回避, を誤り

▼ 持つかの~ (12, 0.1%)

3 ように 1 やうな, やうな犯し, やうに, ゆえんをも, 問題が, 女の, 女は, 女も, 意志的迫力を

▼ 持つかも~ (12, 0.1%)

3 知れない 2 しれない 1 しれません, しれませんが, 分明せぬ, 知れないなぞと, 知れぬ, 知れませんよ, 知れんが

▼ 持つ~ (12, 0.1%)

2 の源泉 1 から未知, がその, にはそれゆえ毎, のよい, の要素, は一種, は腕, への渇仰, をもたなけれ, を感知

▼ 持つかと~ (11, 0.1%)

1 [11件] おもわれるより, 云ふと, 問わるるならば, 思うと, 思われた位, 思われる, 或る, 穿鑿する, 言うこと, 言ふこ, 言ふと

▼ 持つてや~ (11, 0.1%)

4 しないん 2 しない 1 がる, がるな, しないの, しないも, しねえだよ

▼ 持つとき~ (11, 0.1%)

2 は犬 1 が来る, そして実際, には棒, に渋紙, に火鉢, のため, のよう, の用意, は敵

▼ 持つなんて~ (11, 0.1%)

2 ことは 1 いくら何ん, すこし可笑し, なんだかおかしい, 不埒千万だ, 全くいやらしい, 怪しからん, 洒落過ぎてる, 生意気千万だ, 馬鹿

▼ 持つ不思議~ (11, 0.1%)

2 である, な力, な魅力 1 な分泌物, な性格, な空, に混亂, の一つ

▼ 持つ大きな~ (11, 0.1%)

2 任務では 1 堂々と, 塚が, 家屋の, 建物が, 弱点から, 強みであります, 暖爐が, 轟き渡る川, 鞄を

▼ 持つかを~ (10, 0.1%)

1 判斷する, 問題と, 定めること, 理解し, 理解する, 生活に, 示そう, 考えて, 肯んじた, 見れば

▼ 持つわけ~ (10, 0.1%)

1 がない, だが, である, です, でも, になる, には行かない, に行かなかつた, はありません, はない

▼ 持つ一つ~ (10, 0.1%)

1 の例, の力, の悟り, の意義, の支, の根本的関係, の特徴, の直感, の語気, の雰囲気

▼ 持つ~ (10, 0.1%)

2 ばかり不幸 1 という親, としてこの, の味, の心持, の心理, の意地, はぶるぶる, は現在

▼ 持つ限り~ (10, 0.1%)

1 その職, ない, にはあまり, に於, に於い, の力, の実験的操作, の葦切, 併せて, 元来無意味

▼ 持つその~ (9, 0.1%)

1 バロンだった, 分量だけを, 地位に, 太暖かい響, 女であっ, 婦人は, 目的が, 考えを, 首級は

▼ 持つにも~ (9, 0.1%)

1 それで, 及ばなかつたの, 困って, 左手です, 拘らず一定, 拘らず思想, 拘らず社会, 程度に, 銘刀を

▼ 持つもん~ (9, 0.1%)

3 じゃない 1 じゃご, じゃね, じゃねえ, じゃ有りません, だろうと, ですか

▼ 持つ~ (9, 0.1%)

1 なし, になりし, の物尺, の状態, の言っ, の領土, はちっとも, は以前, よ

▼ 持つ~ (9, 0.1%)

1 からは此金屋何某, が例え, でないと, ではなかつた, のため, はあまり, はしたがって, はちょっと, をたち

▼ 持つ~ (9, 0.1%)

2 はない 1 がない, である, なのに, のもの, の第, もなかつた, もなく

▼ 持つはず~ (8, 0.0%)

2 であった 1 がない, だし, でございまする, で内々家, と思います, の人

▼ 持つ感覚~ (8, 0.0%)

2 に似た 1 である, とを以てま, とを以てまず, と肉体, の奥行, の楼上

▼ 持つ特殊~ (8, 0.0%)

1 な外国風, な意義, な構造, な潔癖, な色, な道具, のにおい, の意義

▼ 持つ~ (8, 0.0%)

1 に笹原, のハッ, の千々岩, の快から, の私, の自ずと, の親指, を担ぐ

▼ 持つ魅力~ (8, 0.0%)

1 が他, の一, の幾分, はそれ, は容易, は燃え上る, を奪い去っ, を百パーセント

▼ 持つあの~ (7, 0.0%)

1 いやな, 大胆な, 散木, 特有の, 精悍な, 闇であった, 霊魂第

▼ 持つかは~ (7, 0.0%)

1 ここに, 人各々の, 全然問題, 即ちどういう, 後に, 思い半ば, 未知数であった

▼ 持つ~ (7, 0.0%)

1 いやな, 且つは, 又その, 叔父や, 好んで接近, 異民族, 装置家の

▼ 持つ~ (7, 0.0%)

1 の事, の教会, の本能, の野性, は狼狽え, は頼長, を一門

▼ 持つ~ (7, 0.0%)

1 が際大, の暖か味, はあらわ, は大きい, も実に, も拒み, をも捨てなけれ

▼ 持つ感情~ (7, 0.0%)

2 と相 1 だ, の性質, はどう, をはじめて, を各自

▼ 持つ~ (7, 0.0%)

2 がある 1 があらわれ, があります, のつい, をつけた, をつけなけれ

▼ 持つ美し~ (7, 0.0%)

1 さ, さが, さだ, さと, さという, さには, さの

▼ 持つ自分~ (7, 0.0%)

1 が忌まわしく, だと, である事, にとってはこれら, の脛, はすぐれ, もこの

▼ 持つ青年~ (7, 0.0%)

1 がいたる, がない, でした, と年上, の母, は多く, をどう

▼ 持つあらゆる~ (6, 0.0%)

2 他の 1 ものを, 節廻しは, 美点と, 雄々しい男性

▼ 持つばかり~ (6, 0.0%)

1 である, でなくその, でなく中納言, でなく幸福, でなく揚子江, では

▼ 持つまで~ (6, 0.0%)

1 人中へ, 多一さん, 左の, 待て身上, 笹村は, 長いあいだ

▼ 持つ~ (6, 0.0%)

2 さを 1 さ, さには, 大丈夫だ, 御崎

▼ 持つ一種~ (6, 0.0%)

1 の味的触覚, の幽, の恐怖, の皮肉, の空間, 淋しいセンチメンタル

▼ 持つ人達~ (6, 0.0%)

1 であつ, であるだろう, と云, にとっては恐らく, の手, よりもかえって

▼ 持つ作品~ (6, 0.0%)

2 を他 1 が思い浮ばない, でも二者, にてんで, を書く

▼ 持つ女性~ (6, 0.0%)

1 が主として, であつ, との生活, と職業, はなかろう, は必ずや

▼ 持つ日本~ (6, 0.0%)

1 が何故, にあっ, の人々, の好古者, の新しい, を始め列国

▼ 持つ時代~ (6, 0.0%)

1 があった, が女, となっ, になる, に入っ, もある

▼ 持つ秘密~ (6, 0.0%)

1 がやがて, が子ども, な使命, な境地, を僕等, を別

▼ 持つ~ (5, 0.0%)

1 あるじは, はぐろの, 二人は, 蝶も, 金持では

▼ 持つかという~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことに, ことは, 点に, 点を

▼ 持つてかへ~ (5, 0.0%)

2 つて活ける 1 つて二錢でも, つて冬越の, つて活けた

▼ 持つ三人~ (5, 0.0%)

5 のニンフ

▼ 持つ二つ~ (5, 0.0%)

1 の動機, の小さい, の意義, の歴史的意味, の量

▼ 持つ価値~ (5, 0.0%)

1 であり之, というよう, と力, や研究, を失う

▼ 持つ~ (5, 0.0%)

1 がなかっ, と表情, の働く, は人間総て, を拒ぐの

▼ 持つ唯一~ (5, 0.0%)

1 のドア, のポケット, の別離, の廊下, の遺物

▼ 持つ~ (5, 0.0%)

1 こそ倒れない, では一様, にとって実は, に在っ, に対して私

▼ 持つ~ (5, 0.0%)

1 兵力と, 勢力が, 和尚山を, 問題を, 新聞である

▼ 持つ性格~ (5, 0.0%)

1 である, として夢みられ, の多種, は実は, を没却

▼ 持つ日本人~ (5, 0.0%)

1 がこれ程, が三月堂, のため, は今, は相

▼ 持つ~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, になつたの, になれ, にはならなかつた, のなかつた

▼ 持つ源氏~ (5, 0.0%)

1 であったから, であるが, であること, はそれ, を良人

▼ 持つ~ (5, 0.0%)

1 では, で南, で技術, にも関係, に於

▼ 持つ理由~ (5, 0.0%)

1 がなく, が多々, はない, もなく, を失った

▼ 持つ~ (5, 0.0%)

1 は知らない, も知らない, も知りませぬ, を知らない, を習わし

▼ 持つ覚悟~ (5, 0.0%)

1 だ, だろうと, ではなく, も健康, 極めて目出度

▼ 持つ言葉~ (5, 0.0%)

1 として私, となっ, の音楽, や文字, を例

▼ 持つけれども~ (4, 0.0%)

1 二月も, 悲しい事, 此の, 演出の

▼ 持つそれ~ (4, 0.0%)

1 とはたして, と同じ, と同時に, は感性的

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 あらういろ, せう, せうその, 物の

▼ 持つとい~ (4, 0.0%)

31 でさ

▼ 持つといふ~ (4, 0.0%)

1 はなしな, やうに, 理由から, 願ひ

▼ 持つとか~ (4, 0.0%)

1 ペンは, 単なるそんな意味, 持たぬとか, 暖簾を

▼ 持つとともに~ (4, 0.0%)

1 こういう彼, またその, 先代中村屋の, 此家の

▼ 持つとも~ (4, 0.0%)

2 なく乳 1 云ひ得るであらう, 城壁の

▼ 持つと共に~ (4, 0.0%)

1 その制約, 暫く座敷, 短歌に, 荒地の

▼ 持つなどは~ (4, 0.0%)

1 おろか口すら, 以てのほかだ, 惧れ, 無論星学

▼ 持つので~ (4, 0.0%)

2 あつた 1 あらう, それが

▼ 持つまでに~ (4, 0.0%)

1 この世に, 分化発展し, 至らず終つて, 至らない熱海

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 否, 否や, 手握, 持たずや

▼ 持つ世界~ (4, 0.0%)

1 が分裂, とは自ら別, の最も, をコスモス

▼ 持つ人物~ (4, 0.0%)

1 か只, というもの, の多様さ, は私

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 には道開き, に僕, の婦人たち, を愛する

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

2 の手 1 のごとき, のよう

▼ 持つ奇妙~ (4, 0.0%)

1 なカチンカチン, な形, な船尾, な風習

▼ 持つ婦人~ (4, 0.0%)

1 が激増, であると, に特に, を描い

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 があり, に住ん, の稲, は往々

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

2 とし 1 だ, ですが

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 主人と, 婦人方には, 摂理の, 見込みな

▼ 持つ心持~ (4, 0.0%)

2 は保子さん 1 がどうも, をかくし

▼ 持つ恐怖~ (4, 0.0%)

1 すべき毒矢, だという, はも早, は本能的

▼ 持つ意義~ (4, 0.0%)

1 が所謂通俗, が読み取られ得る, はそれだけ, は大き

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

2 るもの 1 る種, 傾向を

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 と変っ, におの, の客体, の智識

▼ 持つ文化~ (4, 0.0%)

1 と同じ, と誇示, に直接, を研究

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

2 の多い 1 のみ子, は幾日

▼ 持つ最も~ (4, 0.0%)

1 よい劇団, 大きな特色, 芸術的な, 蠱惑的な

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

2 になつ 1 になつたの, になれ

▼ 持つ権利~ (4, 0.0%)

2 を決定 1 がある, の限界

▼ 持つ母親~ (4, 0.0%)

1 のスルイヤ, の全部, の苦労, へ

▼ 持つ民族~ (4, 0.0%)

1 であ, であること, の性質, の混淆

▼ 持つ為め~ (4, 0.0%)

2 の金 1 に, に憧憬

▼ 持つ特有~ (4, 0.0%)

2 なにおい 1 の味, の悪臭

▼ 持つ生命~ (4, 0.0%)

1 があり, にはたまらない, のはかな, の曲

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 です, の枝, の都, を緒

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

2 さでは 1 さと, さの

▼ 持つ誇り~ (4, 0.0%)

1 だ, であらね, であり又, は近代人

▼ 持つ読者~ (4, 0.0%)

1 には私, はこの, はヘップバーン, は何等

▼ 持つ都会~ (4, 0.0%)

1 だけにくろがねせんべい, に働きかける, の優美さ, の名

▼ 持つ重大~ (4, 0.0%)

1 なる不安, なる不幸, な事件, な意味

▼ 持つ~ (4, 0.0%)

1 がなかつた, なくし, は短く, も畳

▼ 持ついろいろ~ (3, 0.0%)

1 な線, のタッチ, 違った名前

▼ 持つくらいの~ (3, 0.0%)

1 ところだろう, 年に, 母親の

▼ 持つじゃ~ (3, 0.0%)

3 ないか

▼ 持つすべて~ (3, 0.0%)

1 のもの, の人々, の未知

▼ 持つつもり~ (3, 0.0%)

1 じゃ, でいました, でしたが

▼ 持つてか~ (3, 0.0%)

2 へりました 1 へるんで

▼ 持つてから~ (3, 0.0%)

1 で自分, 暫く不妊, 生れた子供

▼ 持つてる~ (3, 0.0%)

1 からのこと, に違い, もなねえ

▼ 持つとしても~ (3, 0.0%)

1 また一面, マヽが, 借家の

▼ 持つなどという~ (3, 0.0%)

2 ことは 1 金色の

▼ 持つのみ~ (3, 0.0%)

1 でたれひとり自ら, ならず人, ならず同一

▼ 持つほう~ (3, 0.0%)

2 であったから 1 がお

▼ 持つゆえ~ (3, 0.0%)

1 に, に全体, のもの

▼ 持つ一人~ (3, 0.0%)

1 の作家, の女性, の料理人

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 に実際, に於, に最も

▼ 持つ二人~ (3, 0.0%)

1 である, には何, の交際

▼ 持つ人たち~ (3, 0.0%)

1 である, ばかりで, ばかりでした

▼ 持つ以上~ (3, 0.0%)

2 は又 1 はである

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 で大層, のもの, 大きく扁平

▼ 持つ作家~ (3, 0.0%)

1 だと, の一面, を糾合

▼ 持つ個性~ (3, 0.0%)

2 をひとつひとつ 1 から其何山

▼ 持つ冷たい~ (3, 0.0%)

2 不気味さと 1 壁を

▼ 持つ厳し~ (3, 0.0%)

2 さだった 1 さに

▼ 持つ古い~ (3, 0.0%)

1 家々と, 聖歌の, 金貨が

▼ 持つ古風~ (3, 0.0%)

1 な家々, な日本建築, の諷詠

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 が見当らぬ, じゃねえ, ではない

▼ 持つ国民~ (3, 0.0%)

2 である 1 は文化的

▼ 持つ地方~ (3, 0.0%)

1 である, となった, は日本中

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 が便利, であること, といっしょ

▼ 持つ夫人~ (3, 0.0%)

1 に万一, のこと, を考え

▼ 持つ夫婦~ (3, 0.0%)

2 の未来 1 は世間的

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 がならず者, はあわて, ばかりで

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 の夕, の存在, は結局夫人

▼ 持つ尊敬~ (3, 0.0%)

1 である, とミリガン夫人, も軽蔑

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 供等が, 枝を, 航空母艦の

▼ 持つ小さな~ (3, 0.0%)

1 スプーンと, 世界は, 倭鶏である

▼ 持つ常識~ (3, 0.0%)

1 では判断, としてはいささか, をことごとく

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 となりました, の上, をした

▼ 持つ意識~ (3, 0.0%)

1 とが在る, とは限らない, をば解明

▼ 持つ愛情~ (3, 0.0%)

1 の深, はそれ, は我々

▼ 持つ感じ~ (3, 0.0%)

1 である, とは創作, に尽きた

▼ 持つ我々~ (3, 0.0%)

21 が野蛮人

▼ 持つ扇子~ (3, 0.0%)

1 の上, を右, を膝

▼ 持つ技巧~ (3, 0.0%)

1 かららし, や歪曲, を次々

▼ 持つ指先~ (3, 0.0%)

1 がこまかく, に出, もかかる

▼ 持つ新しい~ (3, 0.0%)

1 演劇形式は, 笠や, 長編小説に

▼ 持つ方々~ (3, 0.0%)

2 が意外 1 に對

▼ 持つ明る~ (3, 0.0%)

1 さである, さと, さを以て

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 との折れ合える, のため, ばかり四人

▼ 持つ気持~ (3, 0.0%)

1 として無理, にはならない, 思うと

▼ 持つ特徴~ (3, 0.0%)

1 が之, が混, は正に

▼ 持つ特権~ (3, 0.0%)

1 だ, ともいえましょう, を捨て

▼ 持つ特色~ (3, 0.0%)

1 ある手仕事, につい, を永く

▼ 持つ独特~ (3, 0.0%)

1 のジェスチュア, の匂い, の情緒

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 に近付き得る, の意義, 価値を

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 がいい, の人, の親

▼ 持つ程度~ (3, 0.0%)

1 に豊富, のもの, の反感

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 には, に月, の何となく

▼ 持つ竿~ (3, 0.0%)

1 に通っ, は浮子, は竿

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 一, 一に, 一吹越の

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

2 の先 1 がいつしか

▼ 持つ者たち~ (3, 0.0%)

1 が十分の七興味, である, は殺される

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 であろう, でございまするから, にはそれ

▼ 持つ自然~ (3, 0.0%)

1 の特色, の趣, は倨然

▼ 持つ若い~ (3, 0.0%)

1 女の, 女を, 無法の

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 がない, でも, に行かない

▼ 持つ~ (3, 0.0%)

1 だから, の意味, を喜ん

▼ 持つ鍛冶屋~ (3, 0.0%)

1 の大将, の大将こと金谷鉄造, の子

▼ 持つ香水~ (3, 0.0%)

2 を選ぶべきだ 1 もあり

▼ 持つある~ (2, 0.0%)

1 家へ, 美術通が

▼ 持ついのち~ (2, 0.0%)

2 かなしかりけり

▼ 持つかが~ (2, 0.0%)

1 初めて問題, 明かに

▼ 持つかに~ (2, 0.0%)

1 存する, 就いて

▼ 持つからには~ (2, 0.0%)

1 いま地球上に, 何か

▼ 持つぐらゐ我慢~ (2, 0.0%)

2 もなる

▼ 持つことそれ自身~ (2, 0.0%)

1 は一向に, は彼等

▼ 持つすべ~ (2, 0.0%)

1 だにも存ぜぬ, を知らない

▼ 持つそう~ (2, 0.0%)

1 だ, だが

▼ 持つそういう~ (2, 0.0%)

1 いたわり, 頭脳の

▼ 持つそうして~ (2, 0.0%)

1 努力する, 喜怒哀楽に

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

2 かし目見えの

▼ 持つたか~ (2, 0.0%)

1 とおも, の女

▼ 持つたらしい~ (2, 0.0%)

1 一人の, 神経質な

▼ 持つだけに~ (2, 0.0%)

1 して, 留めて

▼ 持つちや來~ (2, 0.0%)

1 ねえ, ねえつちやつた

▼ 持つちや居め~ (2, 0.0%)

2

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 やない, やねえか

▼ 持つてあつ~ (2, 0.0%)

1 ちへ, て別に

▼ 持つてかの~ (2, 0.0%)

1 大勢の, 女を

▼ 持つてつちやつたん~ (2, 0.0%)

1 だ, だよ

▼ 持つての~ (2, 0.0%)

1 御折檻ぢ, 遊戯が

▼ 持つてはを~ (2, 0.0%)

1 らず, らぬ

▼ 持つとして~ (2, 0.0%)

1 いくら位溜つた, 拍手された

▼ 持つなどと~ (2, 0.0%)

1 考違へを, 言うこと

▼ 持つなり~ (2, 0.0%)

1 ぐらゐのことはしますよ, といへ

▼ 持つひま~ (2, 0.0%)

1 がない, もなく

▼ 持つふう~ (2, 0.0%)

1 を装う, を見せる

▼ 持つまでには~ (2, 0.0%)

1 なって, 清少納言の

▼ 持つまでは~ (2, 0.0%)

1 到底なほりつこ, 親の

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 いいが, また不

▼ 持つもう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一人の

▼ 持つやら~ (2, 0.0%)

1 掃出すやら, 猿が

▼ 持つよりは~ (2, 0.0%)

1 多くの, 少しぐらいの

▼ 持つよりも~ (2, 0.0%)

1 お前さんを, 重い鉄板

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 あれだって, しつかりおやりよ

▼ 持つわけぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やね

▼ 持つアイノコ~ (2, 0.0%)

2 で端麗

▼ 持つパイプ~ (2, 0.0%)

1 に比べたら, をたたき落されない

▼ 持つモダン人種~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 持つリアリティ~ (2, 0.0%)

1 というもの, の何もの

▼ 持つロマンティシズム~ (2, 0.0%)

1 と技巧, はコルトー

▼ 持つ不吉~ (2, 0.0%)

1 なる雅味, な電話

▼ 持つ不変性~ (2, 0.0%)

1 をすて, を捨て

▼ 持つ不幸~ (2, 0.0%)

2 なる患者

▼ 持つ人々・名~ (2, 0.0%)

2 をもたない

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 の自分, 云ったよう

▼ 持つ便利~ (2, 0.0%)

1 と云う, な効果

▼ 持つ倦怠~ (2, 0.0%)

2 と憂鬱

▼ 持つ僅か~ (2, 0.0%)

1 なお, に一町歩

▼ 持つ先生~ (2, 0.0%)

1 が見つからぬ, の文章

▼ 持つ全然~ (2, 0.0%)

1 新しい意味, 新らしい

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 と戦う, をし

▼ 持つ内容~ (2, 0.0%)

1 がいかに, の圧制的

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 ではない, として回帰

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 にしばらく, の最大

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

2 みを

▼ 持つ原語~ (2, 0.0%)

2 とも国語

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 お箸, 他に

▼ 持つ友達~ (2, 0.0%)

1 と研究, にさえ思える

▼ 持つ各種~ (2, 0.0%)

1 の技術的学術, の職業

▼ 持つ問題~ (2, 0.0%)

1 ではない, は実際

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 の上, を搬び

▼ 持つ土地~ (2, 0.0%)

1 さえありゃしねえ, ではあり

▼ 持つ威力~ (2, 0.0%)

1 であ, と一つ

▼ 持つ存在~ (2, 0.0%)

1 で晶子さん, の意義

▼ 持つ安亀事安井亀二郎~ (2, 0.0%)

1 が, がこの

▼ 持つ家庭~ (2, 0.0%)

1 では独り者, もない

▼ 持つ富豪~ (2, 0.0%)

1 の家庭, は西

▼ 持つ小さい~ (2, 0.0%)

1 他愛主義その, 花を

▼ 持つ市長~ (2, 0.0%)

1 とか町長, の希望

▼ 持つ平俗~ (2, 0.0%)

1 な関聯, な関連

▼ 持つ年寄~ (2, 0.0%)

2 は楽焼

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 さや, さ深

▼ 持つ広い~ (2, 0.0%)

1 場所には, 範囲の

▼ 持つ建物~ (2, 0.0%)

1 で聖十字架, のよう

▼ 持つ弁証法的本質~ (2, 0.0%)

2 として見ね

▼ 持つ形式的~ (2, 0.0%)

1 な優位性, に繁縟

▼ 持つ彼女~ (2, 0.0%)

1 はあたたかく優し, はかねがね

▼ 持つ思想~ (2, 0.0%)

1 と犯罪, や主張

▼ 持つ性質~ (2, 0.0%)

1 のもの, を知っ

▼ 持つ怪奇~ (2, 0.0%)

1 と恐怖, な語り草

▼ 持つ怪物~ (2, 0.0%)

1 が気体, として自己

▼ 持つ情熱~ (2, 0.0%)

2 は決して

▼ 持つ感謝~ (2, 0.0%)

1 だ, は私

▼ 持つ懐中電燈~ (2, 0.0%)

1 が目まぐるしい, であった

▼ 持つ所以~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 持つ手先~ (2, 0.0%)

1 がかすか, がブルブル

▼ 持つ手首~ (2, 0.0%)

1 のひねり具合, をぎゅっと

▼ 持つ才能~ (2, 0.0%)

1 と同じ, に対する単純

▼ 持つ抵抗力~ (2, 0.0%)

2 をもはや

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 の先, をゆるめ

▼ 持つ探照灯~ (2, 0.0%)

1 が照らし進め, で照らし出す

▼ 持つ文明~ (2, 0.0%)

1 と技術, と教養

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 カント主義哲学などによって, 百瀬の

▼ 持つ新聞~ (2, 0.0%)

1 などが又, を見せた

▼ 持つ方法~ (2, 0.0%)

1 があれ, でやる

▼ 持つ有名~ (2, 0.0%)

1 な呼吸器病, な自然科学者達

▼ 持つ朝鮮~ (2, 0.0%)

2 がどうして

▼ 持つ本能~ (2, 0.0%)

1 がある, の相

▼ 持つ本質的~ (2, 0.0%)

1 な戦慄, な文章

▼ 持つ松明~ (2, 0.0%)

1 の淡い, を挙げ

▼ 持つ格調~ (2, 0.0%)

1 の本質, を其

▼ 持つ概念~ (2, 0.0%)

1 から考え, に推移

▼ 持つ構造上~ (2, 0.0%)

2 の諸

▼ 持つ様子~ (2, 0.0%)

1 です, もなかっ

▼ 持つ樣子~ (2, 0.0%)

1 です, で横

▼ 持つ機会~ (2, 0.0%)

1 を与えられ, を与えられない

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 の婦人, 強い聯想

▼ 持つ武家~ (2, 0.0%)

1 か縁, が世

▼ 持つ歴史~ (2, 0.0%)

1 と香気, に一閃光

▼ 持つ民衆~ (2, 0.0%)

1 の中, の心

▼ 持つ気分~ (2, 0.0%)

1 の外, は自分

▼ 持つ決心~ (2, 0.0%)

1 をおこさん, をした

▼ 持つ洋燈~ (2, 0.0%)

1 を危気, を危氣

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 さは, 秘の

▼ 持つ溝口夫婦~ (2, 0.0%)

2 の思いやり

▼ 持つ熱情~ (2, 0.0%)

1 と力感, を直接

▼ 持つ特別~ (2, 0.0%)

1 な親, の悦び

▼ 持つ特性~ (2, 0.0%)

1 でありましょう, ではある

▼ 持つ特異~ (2, 0.0%)

1 な性格, の境地

▼ 持つ真剣~ (2, 0.0%)

1 な原始力, の呼び名

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 である, の光

▼ 持つ社会的規定~ (2, 0.0%)

1 を取り扱った, を取り扱わね

▼ 持つ神秘感~ (2, 0.0%)

1 の物理的根拠, をそのまま

▼ 持つ科学~ (2, 0.0%)

1 にわれ等, のごとき

▼ 持つ積り~ (2, 0.0%)

1 だと, は無い

▼ 持つ立姿~ (2, 0.0%)

1 の図, の圖

▼ 持つ粗末~ (2, 0.0%)

1 な筵, な脂蝋

▼ 持つ約束~ (2, 0.0%)

1 だつた, でこんな

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 の上, の美

▼ 持つ美貌~ (2, 0.0%)

1 の一女性, 殊に理智的

▼ 持つ習い~ (2, 0.0%)

1 がいま, なりしが

▼ 持つ老い~ (2, 0.0%)

1 たる若い, たる若き

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 に応えた, の痛み

▼ 持つ腋香~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 が思わず, を胸

▼ 持つ色彩~ (2, 0.0%)

1 は常に, よりも極り

▼ 持つ苦労~ (2, 0.0%)

1 に変った, はともすると

▼ 持つ華麗~ (2, 0.0%)

1 な彩色, にし

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 が臑, の大群みたい

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

2 れを

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 科学に, 藩の

▼ 持つ謙遜~ (2, 0.0%)

1 な忍耐, な滋味

▼ 持つ象徴~ (2, 0.0%)

1 の紫, 或は比喩風の神語

▼ 持つ貴方~ (2, 0.0%)

2 はそちら

▼ 持つ資格~ (2, 0.0%)

1 のない, はない

▼ 持つ過去全体~ (2, 0.0%)

2 の総和

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 さに対する, さ比重を

▼ 持つ銀色~ (2, 0.0%)

2 の指揮杖

▼ 持つ長兄ピエル~ (2, 0.0%)

2 はこの

▼ 持つ関係~ (2, 0.0%)

1 と似通う, を要求

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 のむずかし, の色

▼ 持つ非常~ (2, 0.0%)

1 に完備, に智的

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 の驚くべく, をありのまま

▼ 持つ音楽~ (2, 0.0%)

1 を作っ, を半分

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 だった, になる

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 とも玉鬘, や感情

▼ 持つ願望~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ 持つ~ (2, 0.0%)

1 が家, を避けん

▼ 持つ香気~ (2, 0.0%)

1 と酸味, のなつかし

▼ 持つ高度~ (2, 0.0%)

1 の教養, の美

▼1* [1238件]

持つあいだこそその, 持つあたたかさとお, 持つあどけなさを, 持つあらたかさをしみじみ, 持つありったけの宣伝, 持ついかり心に世の中, 持ついちばん強大な蠱惑物, 持ついやしさに, 持ついやらしさが, 持つうぐいすは年毎, 持つうたふと言, 持つうつくしい幽霊だ, 持つうまみはすっかり, 持つうれしさは, 持つえたいの知れぬ, 持つおじいさんとも申します, 持つおまんの, 持つお前か, 持つお子さんとは人, 持つかすかな実感, 持つかといふことを, 持つかとさえ思ったこと, 持つかとも思はれた, 持つかなり広い並木街, 持つかなり観察の鋭い, 持つからこそ理想主義であった, 持つからとのことで, 持つからの言だ, 持つかわいいがんじ, 持つかわりにこれ, 持つきびしいものに, 持つくらいならたま, 持つぐらいの女だ, 持つけれど無論女持, 持つこそ肝要なれ, 持つことそれはすべて, 持つことに標語的な, 持つこと丈は争われない, 持つこと心に抱き持つ, 持つこと心持の上, 持つこと極端なほど, 持つこと自己を示す, 持つこれと似た, 持つこれらの多岐重層性, 持つころまでお, 持つごとに法律, 持つごろつき道徳である, 持つ一人で, 持つささやかな住居, 持つさまざまな心伊達, 持つすなわち無料の, 持つすべて日本と日本, 持つすべて英吉利と英吉利, 持つそしてそれを, 持つそのうち江戸へ, 持つそれらの不毛地, 持つたくましい攻撃力は, 持つたくらゐで, 持つたけもの, 持つたたつた一人の, 持つたのしき感動だけ, 持つたままでむツちり, 持つため大変よろしい, 持つため隣の家, 持つたらしいおつかぶせる様, 持つたらしく恐ろしい熱心さで, 持つたりはして, 持つたんでがす, 持つたんぢや恁, 持つだけが能では, 持つだけでも呼吸に, 持つだけは手伝いを, 持つちやアこまるよ, 持つちや亭主が氣, 持つちや使はずに居られません, 持つちや心配さねえそん, 持つちょっと見たところ蓴菜, 持つちよれてば, 持つちよらにやいかん, 持つってことも, 持つつまり加速度の, 持つてけ銃を, 持つてつたんだ, 持つてつちやつたな, 持つてつちやつたぞ, 持つてつちや泥棒だね, 持つてと突然ムツ, 持つてとねが降りて, 持つてね行くうち, 持つてのみ血戦の, 持つてへいお, 持つてめえりやしたどうか, 持つてもよかねえかえ, 持つてもをらぬ, 持つてる者は無い, 持つてんでささ, 持つといった竹垣も, 持つとかいうことは, 持つとき桝を買った, 持つとこまで来, 持つとつてくれ, 持つとまでもなかった, 持つとを問わずこれ, 持つどころか空手を, 持つどの直観も, 持つ一指たり, 持つなぞと段々, 持つなだらかな線, 持つなつかしい木箱の, 持つなと教え世間, 持つなどすべてこの, 持つなどもすべて彼の, 持つなんぞということは, 持つなんとなしの, 持つにおいを誘う, 持つについて何の, 持つにや当ら無え, 持つに対してソクラテスの, 持つのに小さな引っ越し, 持つのみにて開閉すべき, 持つの意味で他, 持つはなやかな人, 持つばかめが, 持つばかりにこんな病院生活, 持つばばには同じ, 持つふしぎな御仁, 持つふしだらなもの, 持つふたつのゆうすげ, 持つふたりは若, 持つほか今はあがき, 持つほどはなけれども, 持つほどまでに進んでは, 持つまた中士の, 持つまでもなく肉眼, 持つみかどで, 持つものぢやない, 持つもの不平を抱く, 持つもの堆積したもの, 持つもの斧を持つ, 持つもの棒を持つ, 持つもの皆それぞれ得物に身, 持つもの鉾を持つ, 持つやからがわざと, 持つよい態度が, 持つよう細心な努力, 持つよう身支度をし, 持つよき相談相手と, 持つよと若々しい仇気, 持つよりはと私から, 持つりりしい強さが, 持つわざというもの, 持つわれわれは勿論, 持つ見て, 持つアイヌの家, 持つアメリカ婦人を私, 持つイデオロギイからも満州, 持つイデオロギーであるか, 持つイデオロギー性の特色, 持つイデーリア親爺に祝福, 持つエスプリとニュアンス, 持つエラサが君等, 持つエラ物だという, 持つエロチシズムが多分, 持つオジヤであるから, 持つカルーゾーが音楽, 持つクリクリ坊主のエンジェネール, 持つコゼットを所有, 持つタクアンで鹿児島, 持つダラならば, 持つて言, 持つトランスペランシーがある, 持つナイフではありません, 持つネジ廻しがどこ, 持つハムレット型の人物, 持つハリとロザリー, 持つバッハの理知的, 持つバルーンです, 持つヒロイックな魅力, 持つファンタジーにうっとり, 持つフランスがその, 持つプラス的なもの, 持つプレモ形の二枚掛寫眞器, 持つマネキン人形や真珠, 持つミタマの飯, 持つメロヂイとリトム, 持つユニホームの赤, 持つヨーロッパの反, 持つヨーロッパ人が急激, 持つランプが行っ, 持つリキエー軍勢の, 持つリズムがとても, 持つリュトムスの感じ, 持つリーロフ君は手斧, 持つレベルはここ, 持つロシア名を並べ, 持つローマはあたかも, 持つ一人一人に殿舎, 持つ一同は苦笑, 持つ一流の御, 持つ一種ヒロイックな魅力, 持つ一等すぐれた感情, 持つ一羽の鶴, 持つ一般性がその, 持つ一般的な重要さ, 持つ一角が, 持つ一連の, 持つ一青年があつ, 持つ七兵衛の拳, 持つ七情を生かせ, 持つ万国共通の好奇心, 持つの実力, 持つ丈男ほど純一, 持つ丈純粋な心持, 持つ三つの部分, 持つ三匹の鼠, 持つ三十歳ばかりの青年, 持つ上流の子弟, 持つ下心がある, 持つ不可思議な牽引力, 持つ不安を感じた, 持つ不定代名詞の一, 持つ不逞の奴等, 持つ丑松は頭, 持つ世界知識又は世界認識, 持つ世間の知識階級, 持つ両面をすっかり, 持つにも剣, 持つ中小の勤人, 持つ中村屋にエレベーター, 持つ丸顔の袴, 持つとなっ, 持つ乱波者のがん, 持つが悦び, 持つ事実とは正反対, 持つ事日本人と異ならず, 持つ二三の事物, 持つ二十インチの巨砲, 持つ二重の性質, 持つ云々といふやう, 持つ五六町間の一角, 持つ交響曲が発表, 持つ人大阪の同じ, 持つ人夫六人何れも支那人, 持つ人差指に気味悪い, 持つ人形は新しく, 持つ人格者である予期, 持つ人種ではある, 持つ人間どものごく, 持つ人間共のごく, 持つ人間後悔をする, 持つ人間性問題を解く, 持つ人間至純の感情, 持つ人面獣が, 持つ什器を珍重, 持つ仁侠的な志気, 持つ今一の部屋, 持つ今日という風, 持つ仕事を現今, 持つ仕事道具をなげすて, 持つ仙公だ, 持つ代りに両足, 持つ代表的な風態, 持つ以上それと同時に, 持つ以上われわれは再び, 持つ以前に神, 持つ仮面も奪, 持つ伊兵衛の挙動, 持つ伊太利製のランチャ, 持つ伝来の風習, 持つ伝統と後醍醐, 持つ位置関係の内, 持つ低音で示される, 持つ住民にとっては街, 持つか物, 持つ何よりの武器, 持つ何処となく, 持つが一方, 持つ余裕もない, 持つ余裕位ひは, 持つ作品等がかなり, 持つ作戦であるかは, 持つ作用の区別, 持つ佳人である, 持つ使いが馬, 持つ俗人への魅力, 持つ信頼は理想的, 持つ個々の性格, 持つ個人店が三割四割, 持つ偏見即ち善惡, 持つを右, 持つ備えとして恃, 持つ傾向がある, 持つ傾向如何によって彼等, 持つ働き以上の働き, 持つの事, 持つ儀左の手, 持つ優美感とが一つ, 持つの姿, 持つ兇暴な一団, 持つ兇状は二人, 持つ先入見の, 持つ先入主観から離れ, 持つ先輩を乗越し, 持つ光秀は, 持つ児童等に架空的, 持つ兒童までが同じ, 持つ党員を任命, 持つ全体的な構図, 持つ兩親は身分, 持つ公憤や私憤, 持つ兵衛の身, 持つ兵隊の手, 持つ兵馬はもよりもより, 持つに冷, 持つ写生ということ, 持つ冥府の王, 持つい強, 持つ冷酷さである, 持つさには, 持つ凡ての個性, 持つ凡百の文士連, 持つの柄, 持つ初秋の熱, 持つ別個の建物, 持つ利鎌の錆, 持つではない, 持つ創造主の計画, 持つ力以上の力, 持つ力関係乃至運動関係, 持つ劣等感に対して復讐, 持つ助けになったろう, 持つ助教授が栄転, 持つ労力は常, 持つ効果はたしかに, 持つ勇敢な行動性, 持つ勇気が出, 持つ動物であるかの, 持つ動物質のすこし, 持つ勘次の手, 持つ勤人の遠距離, 持つ化粧の女, 持つ医学士だと, 持つ十二の方位, 持つ十二人目の人, 持つ千束町の女, 持つ千騎の兵, 持つぺらを, 持つ半生の物語, 持つ単純さが新, 持つ博士のこと, 持つ危険が無く, 持つ厖大な海豚等, 持つ原因がない, 持つ原始的の味わい, 持つ原子と変り, 持つ原子爆弾が出来, 持つ原理その日, 持つ原理毎日同じこと, 持つ友人に煩ら, 持つ友情が恋愛, 持つ反感は大きかっ, 持つさの, 持つ古めかしい縁が, 持つ古代の大都市, 持つ古典日本建築に生甲斐, 持つ古城跡が諸国, 持つき筈, 持つ台湾に大きな, 持つ右手が怪しく, 持つ同情と共感, 持つ探偵の, 持つ名目上の倫理的, 持つ名称はそれ, 持つ名誉上けんかはすまい話し, 持つ呑気な漁師, 持つは実に, 持つ味以上のもの, 持つ味噌汁はできない, 持つ問題提出の上, 持つ善いところを, 持つ喜びといふもの, 持つ喜び充実満足彼はつい, 持つだろう, 持つ器用さと巧妙さ, 持つ四角い木柱が, 持つ四角くて浅い, 持つ図柄であります, 持つ疾で, 持つ国名の響, 持つ国家権力として自身, 持つ国民大衆にとっての露骨, 持つ國體が何, 持つ圓楯に打ち, 持つ圧力をブルジョアジイ, 持つ地上の人間, 持つ地位を与えた, 持つ地名が多く, 持つ地獄味のうち, 持つ均衡を打破つて, 持つにならない, 持つ埃及彫刻と丁度, 持つ執念というもの, 持つ報道価値乃至は, 持つ場合お母さんをも大事, 持つ場所がある, 持つ墨壺を事, 持つ変形なの, 持つ外国人を, 持つ外国文化の驚くべき, 持つ衆をこそ, 持つ夜半だった, 持つ夢想のなか, 持つ大きいお寺の, 持つ大事な体, 持つ大使館はきょう, 持つ大字も今, 持つ大工や指物師, 持つ大業を惜しむ, 持つ大町は安曇高原, 持つ大胆と慎重, 持つ大臣のこと, 持つ大衆性は前衛自ら, 持つ大阪でも婦人, 持つ天地から観れ, 持つ天平の雀, 持つ天性の負けず嫌い, 持つ天皇と庶民, 持つ契機はなかっ, 持つ奥深い宇宙的性質は, 持つ女傑スペインの傲慢, 持つ女性ファンがあったなら, 持つ女性惱みと憂悶に疲れ, 持つ女房が湯沸かし場, 持つ女流歌人で先夫, 持つ女童を招いた, 持つ女等に酒, 持つ女郎花さえ眺める, 持つ奴国の宮, 持つ好意だけでも紫, 持つ如意のよう, 持つ妓女が繊手, 持つな気味, 持つ妙子は雪子以上, 持つ妙高山へ行く, 持つとして親, 持つ始末であったが, 持つ威厳王威成功の眩, 持つであった, 持つ娯楽雑誌の歓迎, 持つ媚態とでもいつた和み, 持つ媚態女の持つ, 持つその嫂, 持つ子供はどんな, 持つ子供達の王様, 持つ子弟であった, 持つ存在性を存在, 持つ学士榊三吉もむかし, 持つ学生が友人, 持つ学究的冷酷というよう, 持つ宇津木兵馬はその, 持つ亀事安井亀二郎が, 持つ安易な評価, 持つ完全な円錐形, 持つ宗教であります, 持つ宝物のよう, 持つ用品な, 持つ実例は少なく, 持つ実践的な役割, 持つ実際的な, 持つ客観的な根拠, 持つ客観的意義を科学的, 持つ室蘭湾は画, 持つ害虫である, 持つ家々のあつ, 持つ家内といっしょ, 持つ宿根車で忽ち, 持つ宿業の深, 持つ寂しさは, 持つ密集の敵, 持つ富士が自分, 持つ實業青年にも同, 持つ寫眞機を肩, 持つとしてそれ, 持つ寿司観の長短, 持つ封建的な考え, 持つ専門家でないから, 持つ尊厳と光彩, 持つ尋問ばかりでした, 持つ小さい逞しいいのちは, 持つ小ぢんまりした二階建, 持つ小品で主として, 持つ小生意気な手触り, 持つ小者や駕籠, 持つ少し借り度, 持つ少女のまた, 持つ少年の時代, 持つ少年青年たちも今日, 持つ少数の読者, 持つ尺八を見る, 持つ注意し, 持つ山茶褐色の山, 持つ岩魚もある, 持つであると, 持つ峽谷に入, 持つ川中島の百姓たち, 持つ川手氏も環境, 持つ工場など, 持つ工面の出來, 持つ左手の気, 持つ巨人のよう, 持つ巨大な端瓦, 持つなのにと, 持つ市川義平太も山本左右太, 持つ市民の群, 持つ帆村荘六を援助, 持つ帝劇の立場, 持つ師匠の苦心, 持つ常世神は段々, 持つ常套に対する反抗, 持つ幕下の将士, 持つ平原は金色, 持つ年輩ですが, 持つ年配で男達, 持つ年頃であるお, 持つ年齢の若い, 持つ幸福を知らなけれ, 持つ幻想の, 持つ幽霊になった, 持つ幾人かの個人, 持つ広大な自然力, 持つしれぬ力, 持つ庖丁取り落とし用, 持つ庭作り人きりそけて乏しく, 持つ庭面の闇, 持つ廣大なる愛, 持つ建築を示し, 持つ建築物であった, 持つ弄具同様な十手, 持つ弥左衛門の手元, 持つさである, 持つ弱味と見なけれ, 持つ弱点を知っ, 持つさと, 持つ強味を露骨, 持つ強国が多数, 持つ強烈な霊, 持つ当局の人々, 持つ彗星というプロトン, 持つ彦根城主井伊直弼は安政五年四月二十二日, 持つ彫刻的能力を出し尽した, 持つに似た, 持つ役割はこの, 持つ征服にたいする歓喜, 持つ後味のわる, 持つ徒輩である, 持つ従って吾, 持つ得物の思い, 持つ得物得物を調べ, 持つ御幣が幽か, 持つ御方とする, 持つ復讐心や侵略思想, 持つの然, 持つ心づもりらしかった, 持つ心理であろう, 持つろしい, 持つ思いなしか眸, 持つ思惟としては誠に, 持つ思考力鍛錬の特質, 持つの苦し, 持つ恋愛の苦しみ, 持つ恋物語である, 持つ恐るべき性能に, 持つ恐ろしい意味を, 持つ恨みを雪解, 持つ恩恵や真理, 持つ悉くの美, 持つ患者を訪れる, 持つ悦ばしさ共に, 持つ悩みはそんな, 持つ悲しさ, 持つ悲しみはかえって, 持つを正当, 持つ情味というもの, 持つ酷味などは, 持つ意味関係によって制限, 持つ意思はない, 持つ愛人へ愛する, 持つ愛国心に一致, 持つ愛執の深, 持つ愛嬌が何うに, 持つ愛子には解り過ぎる, 持つ愛着とは比較, 持つ感じ方に注意, 持つ感じ論説や記録, 持つ感覚世界が一定, 持つ態度と同じ, 持つ憂愁の甘美, 持つ憎悪の念, 持つ懐中電灯の光, 持つ我がめぐまれたる米国, 持つ我會であるから, 持つ或は夫を, 持つ所何か必ず, 持つをひろげ, 持つ扈従もなし, 持つ手ごと一流の剛力, 持つ手さへ躊躇, 持つ手つきで親指, 持つ手の甲を熟, 持つ手もとがおる, 持つ手エ妙に顫てる, 持つ手一つでもいろいろ, 持つ手兵親類の子等, 持つ手土につく, 持つ手拭ひで顏の汗, 持つ手斧を自分, 持つ手燭は仲居, 持つ手筆とる手, 持つ手頸に掛りました, 持つ才女であったらしいから, 持つ才識がかえって, 持つ打球板を奪, 持つ批判精神への反撥, 持つ批評として主人, 持つの力, 持つ技倆がどの, 持つ技師となっ, 持つ技法をも一度, 持つ技術によって写実的, 持つ技術的な側面, 持つ折助の若い, 持つ抜んでた長所, 持つ押鐘津多子がしかも, 持つ抽象性と其句, 持つ拙者の手, 持つ持味だけで眼前, 持つ探偵に取っ, 持つ推古彫刻と軌を一に, 持つ推理の興味, 持つ支那文明の滓, 持つ支那智識そのものが凡て斷片的, 持つ政右衛門の自己韜晦, 持つ政治家は遂に, 持つ故に勝手に, 持つ救いのない, 持つ教育制度を踏襲, 持つ散歩者は一度, 持つ敬意を聊か, 持つ数学がそれ自身, 持つ数学的操作も行なわれる, 持つ数物ばかり荒砥, 持つを破り得なく, 持つ文化圈の強大, 持つ文化意識のもの, 持つ文化的な意味, 持つ文士樋口謙氏の丸, 持つ文字です, 持つ文学は俳句, 持つ文学上の記念碑的価値, 持つ文学者が云う, 持つ文學としての第, 持つ文學者がその, 持つ文章の平明さ, 持つ文章語の上, 持つ料理はない, 持つ新味である, 持つ新蔵の影, 持つ新鮮な覇気, 持つ方々町方の岡っ引き, 持つ方向と作者, 持つ方針を立てた, 持つ旅つづら一つ担って, 持つは街路, 持つ旗本の精鋭, 持つ既婚の婦人達, 持つ日常性に代える, 持つ日本帝国主義の侵略性, 持つ冬的気候が, 持つ早々こうして女, 持つ昂揚した気分, 持つ明日はちがう, 持つ明智の動悸, 持つ明白さは空間表象, 持つ明瞭な層理, 持つの草花, 持つ時分はまだ, 持つ時当人はもとより, 持つ時意外な最も, 持つ時計ではない, 持つ時間観念を含まず, 持つの旗, 持つ普通の幸福, 持つにはこういう, 持つはなかつた, 持つ暗い感じは, 持つ曲舞から出た, 持つ最上級の抒情詩, 持つ最優秀の潜水艦, 持つ最初にし, 持つ最大の悪癖, 持つ最大限度には発展, 持つである, 持つ有様となり, 持つ有頂天を無惨, 持つの棒, 持つ木の実である, 持つ木綿針にも足らぬ, 持つ木製の心棒, 持つ未来のすべて, 持つやタバコ, 持つ本人しか知つて, 持つ本当の面白, 持つ本当に文化的な, 持つ来歴に就い, 持つ東海の大国, 持つの木の下, 持つ林コンツェルンの親玉林謹直, 持つ某会が参加絶対反対, 持つ某家の令息, 持つかな鮮緑, 持つ柔かみと, 持つ柔らかな感触, 持つ根利沢の奥, 持つ根拠である, 持つ根深い常套の, 持つ格好にのう, 持つ桁違いの大き, 持つ桑名城は長島, 持つのよう, 持つ植木だった, 持つ楕円である, 持つの香り, 持つも武者, 持つの代り, 持つ極めて上品な, 持つ極度の自我主義, 持つ極東セメント商会出張所の外交員, 持つ楽しい相談に, 持つ概念語感に幾分, 持つの枝, 持つ構造をでなく, 持つと鑿, 持つ様式においてベートーヴェン, 持つ樣式もロマンチシズム, 持つ横木で六フィート四方位, 持つ横浜の市街, 持つが霧, 持つ機関に幾千円, 持つのよう, 持つ欠点を正しく, 持つ欠陥によってまた, 持つ次第である, 持つ欧州風の常識, 持つ欧羅巴の文明, 持つ欲情というもの, 持つ欲望とをそのまま, 持つ欲求はそれ, 持つ欺瞞的な記事, 持つ歌手と称した, 持つ歌枕式の知識感銘, 持つ歓びと怖, 持つ歓喜と矜持, 持つ正確な法則, 持つ正確さで犯罪, 持つ武人でありそれ, 持つ武器だ, 持つ武士なの, 持つ武士たちは目, 持つ武蔵はそれ, 持つ武門のほこり, 持つ歴史的使命を条件, 持つ歴史的内容というもの, 持つ歴史的必然性からの直接, 持つんど, 持つ残忍性に先ず, 持つ殘念物をいはふなら, 持つ殺人光線灯が最後, 持つ殺人犯人を捉える, 持つ母たちであろうと, 持つ母親同志の心遣い, 持つ比類のない, 持つという毛, 持つ毛ムクジャラの大使, 持つ毛利博士だったの, 持つは作品, 持つ民主主義の社会, 持つ気だかい人よ, 持つ気力さえ失せ, 持つ気品はそれ, 持つの概念, 持つ決定力歴史的原理はシェーラー, 持つ決定的な魔力, 持つ沈着と機敏, 持つ沿岸警備の武士達, 持つを使, 持つ法律ではこんな, 持つは伊勢, 持つ活気と心, 持つ浜川平之進にまぎれ, 持つ海緑色の瞳, 持つ海豹にも獺, 持つ液體に對, 持つ淋しい言葉に, 持つ深い抑制した, 持つ深刻な憎悪, 持つ深川のにおい, 持つ清冽の水, 持つ清十郎は折, 持つ渡世私は裏, 持つのこの, 持つ源助の餘計, 持つ準備をする, 持つ滝本の妹, 持つ火辻軍平という三十歳, 持つ灰分は小麦, 持つに対句, 持つ烏川とが合流, 持つ氣味さが, 持つ無力な私, 持つ無意識な謙譲, 持つ無気味な静かさ, 持つ煙管の火, 持つ熱情以外には何ん, 持つを取り落せる, 持つ父兄はウメ, 持つ牡丹がまた, 持つ物一切が嫌い, 持つ物語的な夢, 持つ物質の資源, 持つ物質性は有, 持つ特に著しい異常, 持つ特殊性を貧農一般, 持つ特質を鋭敏, 持つ特長である, 持つ独自の特色, 持つ独鈷というもの, 持つ狭い通路が, 持つ猟鞭は嵐, 持つ猪口がフラフラ, 持つ獨特の微妙さ, 持つ王様が, 持つ王者の気品, 持つ玩具の末, 持つ珠数らしく出来て, 持つ現世に対する虚無思想, 持つ現在であった, 持つ現実性の正当, 持つ理性の冷めた, 持つ理解という烙印, 持つ甚だしいのは, 持つ生きいきした眼, 持つ生き物にすぎない, 持つ生命力とは何, 持つ生活の表情, 持つ生活上の伸縮性, 持つ生活問題なり事業, 持つ生物はそれ, 持つ用具などであった, 持つ用辭上の特異性, 持つ由囁き散らしその, 持つ甲州自慢の中堅, 持つ男たちにとってはかなり, 持つ男わたしの寵, 持つ男並となり, 持つ男子はどんなに, 持つ男性だった, 持つでウォリク, 持つ町内の氏子, 持つ町家にしばしば, 持つ画人であっても, 持つ疑問と一致, 持つで早く, 持つ痛々しいまでの美し, 持つ痴愚や不完全さ, 持つ発知川と池田川, 持つ登攀の友人達, 持つ白刃の鎬, 持つ白皙隆鼻の碧, 持つ百姓は決して, 持つ百姓たちとも違い, 持つ盜癖性がいろ, 持つ盲目の老人, 持つ直径六十六尺のプロペラ, 持つ直覚の優秀さ, 持つである, 持つ相愛の御, 持つ相模川の鮎, 持つ真実性とか誠実性, 持つ眩惑的な錯覚, 持つ着物もやはり, 持つ瞬間に階級性一般, 持つ知識の未だ, 持つ知識それが常識, 持つ短所の長所, 持つ研究法であり第, 持つ研究発表が現代, 持つ破れ易い船, 持つ破風と彫刻帯, 持つを出し, 持つ磁力砲の威力, 持つ磨きのかかった, 持つ示唆性がある, 持つは石鳥居, 持つ社会の変遷, 持つ社会人の溌剌, 持つ社会批評家として新聞雑誌, 持つ社会生産機構の問題, 持つ社会的世間的条件の変化, 持つ社会的歴史的価値から切り, 持つ社会的規定それが学問, 持つ社会観が赤, 持つ祖国の観念, 持つの義, 持つ神性なるもの, 持つ神経質であった, 持つ神聖な袋, 持つ禀賦の野趣, 持つ秀吉だから, 持つ秀哉の芸風, 持つ私共位の女性, 持つ私的条件を全く, 持つを持った, 持つ科学的機能を体系, 持つ稀有の哀愁, 持つない感情, 持つ種々な不満, 持つ種族で語学, 持つ種類としての等し, 持つ稼業には向かなかつた, 持つ稽古するの, 持つ稽古本や大阪板, 持つ究極の意味, 持つ空想家であった, 持つ空気の新鮮さ, 持つ空腹感であった, 持つ空虚な響き, 持つ空間性にまだ, 持つ童馬の口取り, 持つに気がつく, 持つ第一義に優れた, 持つ第六感の働き, 持つ等々のこと, 持つ筋肉の震え, 持つを弟, 持つ算段をしろ, 持つ範囲の感情, 持つ篤学者が出, 持つを, 持つ籌賀明子さんなどの婦人客, 持つ精神の美, 持つ精神内容の高, 持つ精神過程はすべて, 持つ精鋭なる武器, 持つ紅梅に生れかわっ, 持つ納豆に対して化学調味料, 持つとくらべ, 持つな感興, 持つ純情に従いましてこの, 持つ素晴らしいプリマドンナである, 持つ素朴不逞の自由さ, 持つ細い眼を, 持つ細胞の大, 持つ紳士にとって女, 持つ経済的な意味, 持つ結果になる, 持つ結論に達した, 持つ給金の殘, 持つはどっしり, 持つ絵画的な建造物, 持つ絶景の場所, 持つ綾子さんは今日, 持つ兵力という, 持つ総ての積極, 持つ総勢だった, 持つ総量に変る, 持つ緑色の面, 持つ編物を見た, 持つでぜひ, 持つ織物であります, 持つ纏つた熟語になつ, 持つを許し給え, 持つ美徳でありこれ, 持つ美質はみんな, 持つ羨ましい人々である, 持つ義務がある, 持つか, 持つなりしが, 持つ習慣がまったく, 持つ將軍である, 持つ老母の手, 持つ考えで土地, 持つ者公事に負けず, 持つ者共と互, 持つ者斜視にし, 持つ者百事望みのまま, 持つ聯想や音韻, 持つ職業でありなながら, 持つ肉体の美し, 持つ肉体変態的なまでに, 持つ肉体美の女, 持つと唇, 持つをとらえ, 持つ能力が発揮, 持つ能面が野卑, 持つ腕力であろうかと, 持つ臣民の兵, 持つ卑自屈と, 持つ自信のほどを察知, 持つ自分自身をも嘲笑, 持つ自在の現れ, 持つ自我と雖, 持つ自然的諸概念, 持つ自負心と自負心, 持つ自身の影響力, 持つ興味の純粋さ, 持つ興津川の水, 持つへの感覚, 持つ艇長に僕たち, 持つ良家の令嬢, 持つとにおい, 持つ艶消しの紙, 持つも子, 持つ芳之助と思ふ, 持つの本質, 持つ芸者が短時間, 持つ芸術に携わる, 持つ芸術家の凄味, 持つ若人に食べ, 持つ若者もあつ, 持つへ入れたくなる, 持つ草刈り鎌を納屋, 持つ草津に隱, 持つ荒涼たる光景が, 持つ荒神の十左, 持つの花, 持つ菊池文学が愛された, 持つ華麗さ絢爛さ高雅さが貴女, 持つ萎微退嬰の消極的指導方針, 持つ葉子であったら毛, 持つ葡萄その房, 持つ蕪雑な詩趣, 持つは夜, 持つ薫物の香, 持つと代赭, 持つ藝術的内容を眞, 持つのシナリオ, 持つ虚勢に過ぎなかった, 持つ虚静の美, 持つ虫眼鏡を買つて來, 持つの灯, 持つ蝋燭の灯, 持つ血液である, 持つ行儀のよい, 持つ行器が神聖, 持つ行進の習慣, 持つ術着物を着る, 持つの名, 持つ表情において半, 持つ表現法が思ひ, 持つ裕福な美しい, 持つ西日かな, 持つ西涼軍に対してさすが, 持つはない, 持つ要は何も, 持つ要素はおしなべて, 持つ見越しを読ん, 持つひどころ, 持つ覚悟十二月に御嶽, 持つ親しい解け合った雰囲気, 持つ親藤夜叉も子持ち, 持つ親達は用心深く, 持つ覺悟でなけりや, 持つ言語族に偏, 持つ計画などを語った, 持つ記号が多く, 持つ記録である, 持つである, 持つ詩情の中, 持つ誇り人に見られない, 持つ認識内容には限らない, 持つ語群の中, 持つも生じただろう, 持つ説明役であつ, 持つでも故郷, 持つ調子や心持, 持つ謀士だとか, 持つ謀士勇将の数, 持つは, 持つをどこ, 持つ謎自身の方, 持つ警官はみんな眼, 持つに行きませんでした, 持つ讀者の目, 持つ豊かな期待, 持つ貞之助には切り出し, 持つ負け札として見のがせない, 持つ財的エネルギーとして他, 持つ貴族たちはこの, 持つ貿易船を想像, 持つ資金とし, 持つが女, 持つ赤手袋を穿め, 持つ赤樫の古, 持つ赤裸である, 持つ子昂, 持つ趣味は私, 持つ跫音がそれ, 持つ踊りである, 持つ身の上ではとても, 持つ身分にまでなっ, 持つ身私の気迫, 持つ身迷惑千万避け, 持つ軍勢寄せ來る, 持つ軟らかい草花が, 持つはこれ, 持つ農夫にも心, 持つ農村の若き, 持つ農民でも政治的野心, 持つというもの, 持つ持つという, 持つ迄に到らない心理, 持つ迄には大分な, 持つ迄の隱居の, 持つ近藤勇をし, 持つ逞しき現実の, 持つ連山と遠く, 持つ進撃的な意志的, 持つ進歩的辞典は日本, 持つ運動とは考えられない, 持つ運動量の測定, 持つ運命と云う, 持つがない, 持つの神, 持つ道徳觀念よりも却つて, 持つ遠大な性質, 持つ遺族の暗愚, 持つ邑君の後身, 持つ邑落生活の間, 持つ部屋が沢山, 持つ部族の首長, 持つ郷土料理があっ, 持つ郷士の伜殿, 持つ都育ちの夫人, 持つ采配を略した, 持つ重々しい力の, 持つ重大要素とは考えられなかった, 持つ重要なネタ, 持つ野性の夢, 持つのため戦闘機, 持つでも欲しかっ, 持つ金持であって, 持つ金網を張った, 持つ金貨のよう, 持つ釜無川金峰山の本, 持つでちよ, 持つ釣り道具屋へ訪ね, 持つ鉄弾丸は惧, 持つ鉄製のもの, 持つで底部, 持つ銃のと, 持つに縁どられたる, 持つ銚子が湯沸し, 持つをお盆, 持つ錫杖を突きさし, 持つを把, 持つの前, 持つもまた, 持つさ五フィートの, 持つ長い竿の, 持つ間もなく草履突掛ける, 持つ関心をうるさく, 持つ闘鶏でもう, 持つ防火建築がある, 持つ限りそれが政治新聞, 持つ限り之は再び, 持つ限り学問性を持ち, 持つ限界に到達, 持つ陰影をつくり出し, 持つ陸地との交錯, 持つ隆起へと変っ, 持つ階級意識之は社会, 持つ階級的宗教即ち儒教, 持つ隠忍にし, 持つ雌鶏のこうした, 持つ雑巾をかける, 持つ雰囲気から受けた, 持つ雲雀よ暮れ, 持つ電子のプラス, 持つ電子望遠鏡が最近, 持つ電気性が多い, 持つ電気的性質の研究, 持つ霊威力とを第, 持つ霊的な顔立ち, 持つ霊石はその, 持つ青年たちなの, 持つ青年男女が自己, 持つ青紫の紫陽花等, 持つ静かさを, 持つ静けささへあつ, 持つ静止であるそれ, 持つかなふかい, 持つ靜けさには何やら, 持つ面倒がなくっ, 持つ音楽さへ味, 持つ音楽的魅力に捉えられ, 持つ響きを感じ, 持つ頁岩がある, 持つ頑強さで盡, 持つ領民は一年三百六十五日, 持つから中高, 持つなどに止まった, 持つひが, 持つ風俗などに大, 持つ風呂によって彼ら, 持つ風景の広, 持つ風船を集め, 持つはしい, 持つを盤, 持つ骸骨魚でいずれ, 持つさ二十フィートあるいは, 持つ高次の彫刻性, 持つ高次的客體の存在, 持つ高気圧がある, 持つ高照峰の中腹, 持つ高雅な味, 持つとは受取れなくなった, 持つ魅惑力はあの, 持つの空間, 持つ魔性の生物, 持つ魚二三について語っ, 持つ鮑吉を自分, 持つの自由, 持つ鹿児島市の幸福, 持つ麗々しい気品の, 持つ黄金の杖, 持つ黒い瞳で, 持つ齢頃だ, 持つ龕燈提灯を二人