青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「持~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

招待~ 拭い~ 拳~ ~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~ ~拾っ 拾っ~
持~
~持たない 持たない~ ~持ち 持ち~ ~持っ 持っ~ ~持った 持った~ ~持つ 持つ~

「持~」 2968, 32ppm, 3647位

▼ 持~ (229, 7.7%)

3 よくない, 隠居が

2 [18件] お柳, ことを, ならない事, ならない助平根性, ような, ように, 万年筆とが, 女は, 子, 子と, 方は, 死を, 男が, 良い女, 蜜蜂は, 話を, 身で, 連中が

1 [187件] ありし日, いやしさ, うち一人は, うまいところ, おかみさん, お供であり, くせに, ことすべてが, この女中, した生涯, しない男, する高価, と申され, ならない, ならないもの, ならない原罪, ならない奴, ならない文句, ならない気取屋, ならぬ政府, ならぬ気取り, ならぬ程, やうな, よい筈, よい者, ような売れ, よしあしまで, よろしくない, わるい養父, をばさ, テンバという, テンバなる, テンバを, 一人として, 一人の, 一人や, 一隊を, 三十男で, 下僕を, 不具者ばかり, 乱暴な, 事は, 人では, 人としても, 仕業だらう, 代から, 代に, 件だらう, 何番目の, 保護を, 健在だった, 兄にあたる, 兄哥はては, 兄家持が, 全部だ, 函な, 分だ, 友人で, 友人の, 命が, 和助か, 和助が, 喜三郎の, 四十男です, 国公が, 国公は, 国公を, 堅い女性, 堅い娘, 堅さ, 声が, 声に, 大名より, 大尽だ, 大尽様だ, 大西氏も, 太一と, 女から, 女に, 女房が, 女房にな, 妻君は, 妾が, 姿なり, 威勢と, 娘なら, 婦人に, 嫉妬やきで, 子じゃがの, 子だ, 子とは, 子には, 子小次郎将門だ, 子相馬の, 客が, 家持です, 家来が, 寄席の, 寄席は, 寒牡丹を, 小さい鏡, 小僧が, 小僧を, 小児が, 小頭と, 尻の, 年に, 幸平は, 弟たちだ, 弟子日圓は, 弟良兼良正の, 強烈さものを, 役僧は, 後方から, 後見は, 恥だ, 息子さんで, 息子で, 悪い人, 悪い男, 悪い蟹, 意に, 才を, 挨拶という, 支那人夫の, 放免の, 放言を, 方の, 方へ, 旦那で, 旦那様が, 旧領であった, 時計までも, 松公に, 歌い方, 歌である, 此の, 死後おれたち幼い, 死後豊田の, 没後は, 法要を, 煙草入で, 煙草入薄色の, 父親として, 甘き月府, 用人石澤左仲の, 男は, 療治を, 百姓の, 祕藏子だ, 私が, 結果である, 給金は, 者が, 胸の, 興趣に, 良い娘, 良い方, 良かつ, 若い男, 虚無僧ぢや, 親切で, 親父の, 言うの, 言葉に, 話で, 話などは, 諸侯であろう, 謹直さに, 負嫌, 身分を, 遣領, 遺した土地, 遺子たちへ, 遺言だの, 長男相馬の, 間に, 隠居で, 雑人たちが, 雑人二十人を, 雨傘と, 革袋が, 頭は, 顔を, 類も, 風帆船横笛と, 高いこと

▼ 持~ (193, 6.5%)

20 ている 19 ていた 6 てゐた 4 てゐる

2 [14件] たりと告白, て, てい, てゐ, てゐなけれ, て動きつ, て容易, て寄越した, て放たない, て来た, て校長, て老, て自己, 博愛衆に

1 [116件] しかも面白い, つつしかも, つつ現代, ていただろう, ていつ, ています, ていやしくも, ているらしい, てうごかぬようす, ておられた, ております, ておる, てかり, てきた, てくだらず, てこの, てしばらく, てそういう, てそこ, てそれから, てなお, てはなたぬ, ては次ぎ次ぎ, てまさに, ても無駄, てゆこう, てをります, てヨリ以上, て一同, て不動, て不意, て不眠, て乗り, て事件, て仔細, て余義, て俗, て保ち得る, て出撃, て利害, て動かなかった, て各地, て外, て孤独, て宋, て寂然, て寄越す, て対峙, て居た, て居ません, て居られる, て居る, て帰し, て強国, て心こ, て必, て或, て接し, て放つべからず, て敵, て旧新, て曠野, て来れる, て機, て次第に, て死刑, て火の気, て現在, て生き, て白い, て真剣, て示す, て竜宮, て笑わなかった, て舞, て苟くも抗弁, て行かなけれ, て行く, て行ける, て行乞, て誇る, て謹愼, て譲らなかった, て逍遥, て進む, て遂に, て部屋, て長い, て静か, て頼朝, て風雲, て默ツ, て黙っ, ながら, ながらその, ながら故, また将軍, 一時に, 仁愛人を, 優劣を, 古典に対する, 威を, 婆羅門の, 存在に対して, 強て, 手を, 敦厚人を, 敵の, 欲なく, 決して明白, 深く祖先, 燕に, 秀吉方へ, 運命的施設を, 道行を, 難し

▼ 持~ (110, 3.7%)

3 よくない, 悪くて 2 いた頃, よくなる, 宜しくない, 惡かつ, 良いの

1 [94件] あった, あらあ, いいです, いってから, おさまらず壻, おさまらぬので, おれの, お身持, かたく山際, ことでございます, すべての, する, するでしょう僕, する一時, なくなって, なくなつた, ならないもん, ならなかったり, まだ生き, よいさあ御, よい併, ようやくの, よかったら, よくなかつた, よくなく, よくなっ, よく唄, わるいので, わるくて, ジリジリと, 一番収入が, 七瀬と, 七瀬を, 三皿の, 不知不, 二列に, 今夜に, 修まらず娘, 修らねえ, 六百ばかりの, 出来た, 出来るという, 初出に, 十年の, 呼んだ, 善くない, 増えた位, 変ったの, 変つた事尼に, 大事だ, 寒そう, 度を, 強いの, 後になつ, 恐縮千万の, 恥かしい, 息を, 悪いから, 悪いという, 悪く酒色, 惡か, 惡く, 憎くなっ, 扇子を, 振向いた, 擁して, 改って, 新元服, 本当の, 棟木に, 死んでから, 治り懸けた重, 生前よく, 生涯を, 疲れて, 直るまでは, 立って, 肉親の, 肩へ, 能いと, 膝を, 自分の, 自転車で, 見つめて, 賞めて, 身の程を, 身体を, 近頃どうも面白く, 通ったり, 遺した荘園, 遺産として, 遺言に, 配達する, 鹿爪らしく

▼ 持~ (91, 3.1%)

7 して 4 突いた 2 してたあの, する男, 見定め自分

1 [74件] あらわして, この際, させて, させる為, したこと, したので, したり, した事, しても, すること, すると, するとは, するね, する人, せずに, そがれしハ一番, そこに, ついた, ついたそして, ついたは, ついて, つかまえて, つくの, なせるもの, ひきつれて, ぶん擲ぐろうと, もって, もつという, やって, やつて, よく搜つて見てくれ, よく調べ, よみ頭, 一人世話し, 一人雇い, 一人雇う, 一生肩に, 三人ずつ, 世話を, 使って, 保證し, 先に, 兼ねると, 分担し, 勤めと, 咎めぬのみかは, 困らせるの, 変えない, 失ひは, 搗いて, 搗きました, 支いた体, 改めます, 改め貴殿, 有つて周囲の, 洗つ, 洗はせる, 為したる事, 癒したり, 破らざれば, 突いたところ, 突いて, 致して, 致しましょう, 見せつけられて, 見守るため, 訊きましたが, 調べ拔く, 連れて, 連れ僧服, 雇い北方, 雇って, 雇つて一日歩い, 頼むこと

▼ 持~ (85, 2.9%)

3 あるまいと, どうだ 2 お弓, こびなど, 八百徳の, 血が

1 [71件] あなたの, あなた様の, あまり良く, いかんと, お家の, ぐっと睨め, この年二月二十二日, じっと綱手, すぐ膝, すでにその, その金, そんな豪語, どうでした, どうです, どんな具合, まだ二十歳, まだ生き, よし麓, 一段くるしい, 一緒に, 下総介従五位下長田の, 世間常例の, 久しきを, 二三間先で, 何分にも, 僕の, 先に, 先へ, 先祖からの, 八千円の, 其処へ, 出た, 北の方の, 口早に, 土地者の, 堅かつ, 堅固で過し, 多少間, 大変心配らしい, 床の間の, 店の, 怒りに, 旅人の, 早合点を, 昂って, 暫く言葉, 極めて真面目, 此処から, 気の, 濠端へ, 無理な, 生前から, 田畠大小に, 申すに, 疲れて, 空気の, 立上っ, 綱手の, 能く, 腕組し, 見掛け程, 親切に, 言語道断福村の, 誰な, 調所が, 調所に, 違ったもん, 部下を, 重い荷, 非常に, 顔を

▼ 持~ (73, 2.5%)

9 して 4 した 3 するの, すれば 2 した國, し來つて, するが, すること, するもの

1 [44件] が張る, されなくても, されなければ, されるもの, したならば, しなかつた, し國民, し得ず彎曲, し得ぬ理, し得べきや, し得るは, し得る時間, し得る理, し得る間, し易い, し是, するかといふ, するかも, するに, するやう, する場合, する箇々, する間, する限り, せよ, せられた信仰, せられて, ではなく, としての時, とは過去, と呼ぶ, と數, と發展, に於, のうち, は生物學的, は進む, も貞操, を助成, を屬, を考へない, を見, を體驗, 及び數

▼ 持~ (70, 2.4%)

6 なって 3 なつた 2 なつて, なると

1 [57件] あるその, させて, して, するぜ, そういっ, なったか, なったが, なったの, なったまでの, なったら身持, なったればとて, なったわたし, なったん, なった女, なった身, なってから, ならないの, なりました, なるの, なれない, なれる, なろうが, わかれて, 七千八百五十円貸す, 乏しいところ, 信用いたし, 入れて, 召れ, 向い, 向って, 声を, 大切な, 對する, 就いて, 後ろ指される, 悪い影響, 成つて居た, 成りました事, 所謂先進に, 持合っ, 来たよう, 案内され, 森の, 極めて悪い, 気を, 氣を, 熟して, 立てて, 縁故の, 縋らなくては, 聞くと, 茶番と, 落ちぶれて, 話しかけた, 違えねえ, 適合しか, 野糞を

▼ 持~ (58, 2.0%)

7 して

1 [51件] いたして, いたしました, いたしました人參, が千兩, が日向, させますから, したいと, したと, したの, した三谷未亡人, した上, した例, した國書, した御, した道具, しまして, す, すること, するまでの, せられたノロ, だ, だけでも何千兩, だとばかりは, で, で一日, で來, で出かけ, で夜更, で嫁, で嫁入, とは何ん, などといふ虫, にする, になります, のカメラ, の事, の割籠, の文箱, の本書, の桃, の業平男, の煙草盆, の琵琶, の蒸汽船模型, の見, の辨當, の鞄, の風呂敷, は百兩, を持つ, を諦め

▼ 持~ (55, 1.9%)

2 十八九の, 尋常二年に, 父作松と, 界隈の, 苦労を

1 [45件] あつた, あんなもの, かれは, こないだ安目に, こんな席, ざっと扶持, せう, やること, ビクビクし, マトヴェイ・サヴィチという, 一しょに, 且つ郷士, 世間から, 世間は, 二階に, 何んとかの, 何千両という, 便乗する, 別に他, 商売も, 四十を, 困ります, 夜あるき, 天明は, 居ながら, 山も, 弟子の, 怒りっぽい, 惱むのであつた, 所蔵の, 手代の, 朝夕の, 気に, 水呑百姓を, 満腹する, 盗み溜めた金, 話を, 赭ら顔の, 逢ひ, 酒乱の, 長崎の, 随分お, 随分人相書, 雑費だけ, 風雅に対してだけ

▼ 持合せ~ (54, 1.8%)

11 ていない 7 てゐた, てゐる 6 ていた, ている 3 てゐない 2 ていよう, てゐなかつた 1 ていなかった, ていなけれ, ておらぬ, ております, ておりません, てゐまい, てゐましたら, てをりませう, てをりません, て居る

▼ 持~ (50, 1.7%)

4 て来た 3 ていた, て来る 2 てい, ておる, てサ, てッ, て往ッ, て来

1 [28件] たかと, たら些, た事ゆえ, た思い, ていつ, ている, てお迎え, てき, てはいれ, てみなけれ, てらッ, てッたん, て上ッ, て参れ, て参ッ, て廊下, て往きました, て来い, て来ない, て来ましょう, て洋服, て生れた, て行くなら持っ, て行け, て見返り, て親, て銭乞い, とんねえよ

▼ 持統天皇~ (43, 1.4%)

3 の吉野行幸 2 が吉野, の時

1 [36件] から始まる, か文武天皇, がその, が伊勢, が天皇火葬, が強烈沈静, であつ, であらせられる, である, ではあるまい, と問答, と志斐嫗, と申し上げた, などは其適例, に仕えた, に譬え奉った, のお伴, の三年己丑誕生, の五年, の四年, の在位, の如き, の妹, の御代, の御製, の朱鳥元年, の頃, はその, は万乗, は天智天皇, は時代, は藤原遷都, もこの, もヒダ王朝出身, を太上天皇, 及び其周囲

▼ 持~ (41, 1.4%)

2 の顔, も官

1 [37件] がきっと, が年上, が来なくなる, が沓, であること, という一人, との愛情, にしだれ, にそれとなく, にとっては帯, にはそんな, にははじめ, には存在, にもたれ, のくせ, のもとめる, の人, の名, の姿, の愛情, の放埒, の言葉, はいつ, はかく, はふたたび, はやっと, は一層, は一瞬, は倉, は再び, は冷然, は加茂, は悠然, は悠然と, は笑った, も凝, も強いられた

▼ 持~ (37, 1.2%)

2 二人で, 見えまして

1 [33件] いうが, いって, なった後, なって, なっても, なり, なり遂に, なるなど, ひとしく坂東地方, 二人さ, 云う病, 云う祭礼, 云ふ, 別れてから, 力を, 同じで, 幾人かの, 店の, 店中の, 後嗣の, 心中仕, 日本橋の, 来て, 案内人が, 機嫌よく, 船で, 見えて, 見え鬢の, 親父の, 言はれる, 言われるに, 越後屋へ, 金の

▼ 持上っ~ (31, 1.0%)

3 ていた, ている, てしまった

1 [22件] たり或いは, ています, ていよう, てくる, てだぶりだ, てよく, てわたし, てクララ, てゴム靴, て人, て孫火庭, て徳川方, て掌にすい, て来た, て来る, て物, て矢張, て芳さん, て蟻, て見物, て跡, て顔

▼ 持~ (29, 1.0%)

3 てゐた, てゐる

1 [23件] たといふ, た人間, た声, た積, てそして, ても汚い, てる者, て來, て参ツ, て大, て来, て来ます, て来る, て来るなら, て泯然, て獨, て生まれ, て生まれなかツ, て研究, て空しく, て螽, て行ツ, の敬語

▼ 持~ (27, 0.9%)

2 小女も

1 [25件] あります, あり夜, あれば, できなかった, ならないの, ならぬ, ならわぬ笏もち, ようなっ, よくて, よく身体, よろしくない, 一つ腹で, 一と, 修まつて, 兵士も, 手一杯に, 泣き別れに, 洲崎に, 直ったよう, 直りご, 知りたかろうが, 私も, 秩序なく, 邸も, 頽れ

▼ 持~ (25, 0.8%)

6 し者 2 した

1 [17件] したかたち, したやう, したよう, した塩梅, した様子, した色恋, した身体, しつる, しもの, しものでその, し此, し気味, し物, せしが, せるかの, せるなり, ました色恋

▼ 持參金~ (25, 0.8%)

2 が千兩

1 [23件] か又は, がなき, が三百兩, が二千兩, が覘ひで貰つた, でメキメキ, で乘, で乘込, で業平, で財産, といふこと, に養子, のある, の三國一, の手前默つて, は五千兩, もあるまい, もしつかりあり, を持たせ, を要, を費, を附け, 附きで評判

▼ 持~ (25, 0.8%)

1 [25件] がある, が許され, であったに, で出かけたら, で噸數六千四百, で此處, で阿波, とし, なん, になる, の三国丸, の方, の水夫, はいつ, はチャーター, は二十四隻, もことし中, も少なから, を三隻, を人, を仕立て, を使っ, を利用, を奪, を提供

▼ 持添え~ (24, 0.8%)

52 てその

1 [17件] つつ釵, ていた, てお, てそれ, てどこ, て勧めた, て岸本, て床板, て掌, て構えた, て濃い, て立膝, て袴, ながらすっと, ながら茶呑茶椀, ながら食った, 揉烏帽子を

▼ 持~ (23, 0.8%)

9 はせて 4 はさなかつた 3 はさ 1 がある, が崩れぬ, が無い, なき時, の無い, はせ, ふべきである

▼ 持した~ (19, 0.6%)

2

1 [17件] かは記録, が他, ことは, だけである, というの, といふ, ままただ, わけである, 世にも珍, 丹下左膳それは, 事は, 人で, 所は, 朗かさを, 牧羊者, 生活態度という, 藩の

▼ 持上った~ (19, 0.6%)

2 のだ, のです

1 [15件] かのよう, が何, といいなさる, にした, のでございます, のでしょう, のを, ものの, わけである, んです, 例の, 兇事の, 時その, 時に, 混乱した

▼ 持合わせ~ (19, 0.6%)

3 がない 2 ていない

1 [14件] がある, がござん, がなかっ, がなく, ていず, ていなかった, ている, ているだろう, ておりません, ておる, てはおりませぬ, の銭, もない, もなかっ

▼ 持余し~ (18, 0.6%)

6 ている 2 ていた 1 てこれ, てしまった, てゐた, て了, て了つて, て居りまする, て居る, て彼等, て見えたる, の茶目

▼ 持~ (18, 0.6%)

1 [18件] おふたり, であつ, で出演, として働かなけれ, となる, に従った, のうち, の中門, の取り替えっこ, の台詞, の端役, の範囲, はそら, は不調法, は大概, も同じく, を受け, を替え

▼ 持~ (18, 0.6%)

2 へて勧めた

1 [16件] へた, へたる, へつつ宮, へつつ釵, へてチリリリチリリリ, へてト, へて刀, へて小腰, へて居る, へて漢字, へて突, へて膝, へて風情, へると, へ乍ら, へ右手

▼ 持~ (15, 0.5%)

1 [15件] いや樗蒲打, から乗込み, から爲樣, から発作, けれど, けれども兄, つたと, つた事は, とある, といふ, とすれ, と言う, のの, よ, 疳癪が

▼ 持~ (15, 0.5%)

6 つた 3 がつて 2 つた鮎釣 1 がつたん, たかと, つたもの, て来た

▼ 持たる~ (14, 0.5%)

1 [14件] とも其一銭限り, らん, ダイアモンドは, 変若水, 変若水い取り来, 時も, 時不如意に, 燭に, 物遠き, 生大刀生弓矢, 神童の, 銭を, 鎗を, 鞭面白げに

▼ 持~ (14, 0.5%)

2 りし活字版, る 1 すこと, たすもの, たりて, りて, りペテロ, り其一, り其境地, り縁, れといふ, れるすべて

▼ 持~ (14, 0.5%)

1 [14件] がはつきり, が基礎, が少し, が違っ, であった, で放肆, としてはそれ以上, に対しては大きな, の違った, は剛柔いずれ, は年, まで旧来, をし, を何時

▼ 持~ (14, 0.5%)

2 にし

1 [12件] たるため, なり, なるか, なる教育, にする, に譬, のつもり, の名, の樣, の麻杏, は好かつた, も用意

▼ 持もの~ (13, 0.4%)

1 [13件] じゃない, だつて, でしゅが, で花, はお, はお産, はその, は人, らしい提紙入, を一々, を一応, を肯定, 御秘蔵

▼ 持来り~ (12, 0.4%)

1 [12件] てそれと, て呑まし, て多く, て示す, て米, て署名捺印, て薦むる, て薦めし, 候牛馬引捨の, 家中の, 槍の, 酒盃を

▼ 持~ (12, 0.4%)

2 の妹 1 とすぎ, のころ, の両御, の初期, の意志, の皇子たち, の頃, よりも聖武, 両天子合葬陵, 両夫妻帝

▼ 持出せる~ (11, 0.4%)

4 のは 1 ものか, もので, ような, ように, わけだ, 奴, 話なら喜ん

▼ 持宝院~ (11, 0.4%)

3 の一室 1 では秀吉以下, というお寺, にいた, に置かれ, の客殿, の庭, へ上がっ, を出

▼ 持重り~ (11, 0.4%)

4 がし 3 のする 1 がするだろう, が少し, が為, のする古びた

▼ 持らしい~ (10, 0.3%)

1 のが, 侠な, 嘲笑の, 彼女を, 老人で, 背の, 色白面長の, 若い声, 華奢な, 顔を

▼ 持上る~ (10, 0.3%)

1 かのよう, かフン, という, に及び, に違, ような, 事も, 少し前, 節子の, 縁談の

▼ 持~ (10, 0.3%)

2 でて 1 てうるま, で, でしが, でと存じられます, で二人, で燈, のトランク, の箪笥

▼ 持合せた~ (10, 0.3%)

1 ことが, のであろう, 拾円紙幣二枚を, 洋杖で, 紳士は, 紹介状を, 薬も, 薬を, 藥の, 金子も

▼ 持放埒~ (10, 0.3%)

2 で行方 1 で今, で勘當, で若い, で身上, とかいうよう, なので, の廉, の科

▼ 持~ (10, 0.3%)

1 が二人, が浮かばれませぬ, と, にお納め, にはどんなに, のお, のわすれがた, の大きな, の御, も世

▼ 持~ (9, 0.3%)

1 わたしの, 三浦諏訪などの, 人柄は, 博労が, 合切袋や, 橋渡には, 酒を, 金廻りは, 馬子麓から

▼ 持上つて~ (9, 0.3%)

2 ゐる松原家, ゐる縁談 1 その決闘, ゐた, ゐるので, ゐるらしい, 見える肋骨

▼ 持帰っ~ (9, 0.3%)

1 てほか, てほくほく, て明るい, て来, て来た, て石膏, て祀る, て萩原, て賞玩

▼ 持帰った~ (9, 0.3%)

1 がそれから, もとより御身, 上で, 例の, 品物を, 大海亀の, 月桂樹の, 錦絵や, 靴箆に

▼ 持帰り~ (9, 0.3%)

1 たる香水, になった, になつ, になりませんなら, に成りやした, 拡大鏡によって, 皆に, 翌日は, 詳細に

▼ 持扱っ~ (9, 0.3%)

6 ている 1 て, てもらいたい, て私

▼ 持~ (9, 0.3%)

1 から出, だの財産, で姓名, で暮した, に小学校, の僧院長, の管理, へ避暑, も一緒

▼ 持~ (9, 0.3%)

2 を東 1 が船積み, とやらを東, の大, の江戸廻送, をお, を売り払っ, 多きよし思い切っ

▼ 持どの~ (8, 0.3%)

1 がお, が生き, には似, の亡, の法要, の総領, の計, の長男

▼ 持去った~ (8, 0.3%)

1 かも知れない, ことを, のか, のかね, のである, ものなら, ものに, 洞白の

▼ 持帰る~ (8, 0.3%)

2 のも 1 ことは, ような, 也, 事を, 積りだろう, 途中岡山で

▼ 持扱い~ (8, 0.3%)

1 だね, ながらこれ, ながらど, ながら坂, の体, の荒くれ, もしなかったろう, 兼ねて

▼ 持来し~ (8, 0.3%)

1 てお前さん, て吟味, て味, て感じ, て深く, て私, て立入っ, 又永久平和

▼ 持~ (8, 0.3%)

1 だ, だが, でグルデンフイツシユ, にこれ程, の名称, の帆, はなくなっ, を居

▼ 持~ (8, 0.3%)

2 の念 1 さるべきよう諫争, するところ, せよという, の策, は今, 加減

▼ 持~ (8, 0.3%)

1 だ, だった, と変更, はみな, も出場, をもった, を好く, を検査

▼ 持~ (7, 0.2%)

51 ねエクリスマス, もので

▼ 持~ (7, 0.2%)

2 しに返し 1 しからおなじ, しが, しは意気, と主張, にし

▼ 持~ (7, 0.2%)

1 である, に当, に附いた, の守備, はたとえば, をいう, を固める

▼ 持~ (7, 0.2%)

1 つたので, はない, ひかねたやう, ひて, ひながら, ひを, へなかつた

▼ 持~ (7, 0.2%)

2 と楽譜 1 をすっかり, をすつ, を取られた, を巻き上げられた, を悉く

▼ 持~ (7, 0.2%)

5 して 1 し氣味, し遂に

▼ 持~ (6, 0.2%)

3 ゆるに 1 二本差の, 何ぞの, 独り者か

▼ 持ちなんです~ (6, 0.2%)

41 から, の

▼ 持です~ (6, 0.2%)

2 が大した 1 か, からいっそ, から名, よ

▼ 持~ (6, 0.2%)

2 が吃驚 1 が悪い, とはいえぬ, になつてスタート, はその

▼ 持~ (6, 0.2%)

1 して, す, すべく育てられたの, するを, と書くべき, には経

▼ 持~ (6, 0.2%)

1 がみんな, の全部, を写され, を抜かれた, を棄てる, を讀む

▼ 持歩い~ (6, 0.2%)

3 ている 1 たり百貨店, ていた, てゐた

▼ 持~ (6, 0.2%)

1 が容易, で食っ, で養子, というの, の容易, の方法

▼ 持あげ~ (5, 0.2%)

2 いろんなこと 1 て眞一文字, て覗い, 升た

▼ 持ってな~ (5, 0.2%)

4 ぃぞ 1 此の

▼ 持てりし~ (5, 0.2%)

1 に其半生, は県庁, ものの, 兇器なる, 雨を

▼ 持という~ (5, 0.2%)

1 ところであろう, ので, のは, 者が, 豪族の

▼ 持~ (5, 0.2%)

1 のだ, のでございましょう, のです, のでそれ, んだ

▼ 持にて~ (5, 0.2%)

3 新聞記者より 1 かの悲劇, 或時

▼ 持上り~ (5, 0.2%)

1 さうに思はれた, そうに, 小糸氏は, 或は屋根, 眼は

▼ 持時間~ (5, 0.2%)

1 からし, から引い, そのうち, にいつも, は十三時間づつ

▼ 持替え~ (5, 0.2%)

1 て, てそうして, て門, て麹町, ながら

▼ 持来りし~ (5, 0.2%)

1 が口, ぞ, に不審, 品なり, 水に

▼ 持續性~ (5, 0.2%)

1 であり惡變, では有り得ぬ, ならざる張る氣, のもの, を増す

▼ 持續的~ (5, 0.2%)

1 でないから, な力, な性質, に光つたの, に發光

▼ 持運び~ (5, 0.2%)

1 が不便, にも困難, の出来る, は頗る, をする

▼ 持重し~ (5, 0.2%)

2 て敢 1 て主力, て時節, て而

▼ 持~ (5, 0.2%)

1 と住所, に応じ, の額, をもっ, を五等

▼ 持する~ (4, 0.1%)

1 と其の, にかたく, に堪え, に至らず

▼ 持そう~ (4, 0.1%)

1 でないか, では, とし, な

▼ 持てり~ (4, 0.1%)

1 この物光, てふ, とを見, 實これより

▼ 持である~ (4, 0.1%)

1 が為, と言わなけれ, のは, 事は

▼ 持とか~ (4, 0.1%)

1 上流とか, 円タクの, 或は臆病, 馬とかいう

▼ 持ならない~ (4, 0.1%)

1 気障ったらしい, 自惚, 音楽の, 黴臭い案

▼ 持には~ (4, 0.1%)

1 心から惚れ, 昆布茶の, 有中米八が, 真に便利

▼ 持ッテ~ (4, 0.1%)

1 戻ッテ, 戻ッテ来, 這入ッテ, 這入ッテ来

▼ 持參付~ (4, 0.1%)

3 の聟 1 で入

▼ 持合わせた~ (4, 0.1%)

1 天分を, 感情とは, 才の, 絵筆を

▼ 持合わせない~ (4, 0.1%)

1 人達ばかり, 何ものかを, 彼の, 父は

▼ 持囃された~ (4, 0.1%)

1 後やがて, 詩人の, 読物は, 連中でも

▼ 持囃される~ (4, 0.1%)

1 につけ, 名古屋種の, 者広く, 身に

▼ 持~ (4, 0.1%)

2 は常磐亭 1 の変る, をつとめた

▼ 持~ (4, 0.1%)

1 たりて召, たりて座中, て両, らした下駄

▼ 持来す~ (4, 0.1%)

1 ことによって, に至る, のである, 回生の

▼ 持~ (4, 0.1%)

1 の乱, の娘, の娘子, を非業

▼ 持添えた~ (4, 0.1%)

1 はっと薫る, まま葎の, 女持ちの, 雪の

▼ 持統女帝~ (4, 0.1%)

1 とを合せ, の御相手, の晩年, の退位

▼ 持~ (4, 0.1%)

2 を披露 1 で何もの, を並べたて

▼ 持行く~ (4, 0.1%)

1 ことを, とも我, もあり, 薬箱とう

▼ 持込み~ (4, 0.1%)

1 などは全く, の原稿, の合棒, の場合

▼ 持雅澄~ (4, 0.1%)

1 の, の古, の歌, は伎

▼ 持~ (4, 0.1%)

1 はたしか, も前, も百點, を一氣

▼ 持かけ~ (3, 0.1%)

1 て態と, て来た, て根

▼ 持じゃ~ (3, 0.1%)

1 が, ア有る, 付き合い切れないぜ

▼ 持つて~ (3, 0.1%)

1 をられる, をりました, をる

▼ 持として~ (3, 0.1%)

1 一ヵ月の, 小遣いは, 評価されなけれ

▼ 持とは~ (3, 0.1%)

1 けだし鉾持, なりましたが, 同座し得ず

▼ 持など~ (3, 0.1%)

1 いわれるもの, その種類, 何を

▼ 持なら~ (3, 0.1%)

1 あの令夫人, ない厭, 理学士文学士潰が

▼ 持ならぬ~ (3, 0.1%)

1 傲慢である, 貝細工, 連中だ

▼ 持にな~ (3, 0.1%)

1 つてから, つてゐた, つて入らつ

▼ 持~ (3, 0.1%)

1 わしらが, 冷やかな閃き, 話しかけた

▼ 持~ (3, 0.1%)

2 への負け 1 への綺麗

▼ 持ませぬ~ (3, 0.1%)

2 何うで 1 どうで

▼ 持よろしから~ (3, 0.1%)

2 ずという 1 ずと

▼ 持~ (3, 0.1%)

1 呼出状を, 意なり, 顔貌も

▼ 持チ駒~ (3, 0.1%)

1 もとぼしく, も二万余騎, を使い始めた

▼ 持三五郎~ (3, 0.1%)

1 から京, が憤り, は紺飛白

▼ 持上がる~ (3, 0.1%)

2 かも知れない 1 黒い固まり

▼ 持余す~ (3, 0.1%)

2 蛭の 1 のに

▼ 持古し~ (3, 0.1%)

1 ている, の指環, の火

▼ 持合し~ (3, 0.1%)

1 ていなかったで, ている, てゐる

▼ 持合わし~ (3, 0.1%)

1 てい, ている, てはいなかった

▼ 持呪者~ (3, 0.1%)

1 に与う, のため, は只

▼ 持囃され~ (3, 0.1%)

1 ている, てエライ勢力, 彼の

▼ 持~ (3, 0.1%)

1 が美濃, たる海津城, へと引き移った

▼ 持寄り~ (3, 0.1%)

1 にしたら, の薪, の藝盡

▼ 持~ (3, 0.1%)

1 つたやう, てから急, 下さいまし失礼

▼ 持~ (3, 0.1%)

1 の歿後戦乱, は身, をたよっ

▼ 持~ (3, 0.1%)

2 して 1 する改進

▼ 持彦さま~ (3, 0.1%)

1 お沓, しかと手, どうぞご

▼ 持得ない~ (3, 0.1%)

1 のだろう, 感銘の, 芸術的表現と

▼ 持~ (3, 0.1%)

2 遣し被 1 小人組小頭木下藤吉郎

▼ 持扱う~ (3, 0.1%)

1 わい, 手も, 雑作に

▼ 持換え~ (3, 0.1%)

1 てそう, て我と, ながら

▼ 持来る~ (3, 0.1%)

1 と身, や忽花, を目科

▼ 持歩く~ (3, 0.1%)

2 者も 1 七つ道具は

▼ 持~ (3, 0.1%)

1 りしこと, りそれ, り再び

▼ 持殿~ (3, 0.1%)

1 からの旧領, にもまさる, のあと

▼ 持~ (3, 0.1%)

1 という, というたて, となる

▼ 持筒頭~ (3, 0.1%)

1 の廃止, の栄位, の水野藤右衛門

▼ 持統帝~ (3, 0.1%)

1 ではなく, の崩御, 及びその

▼ 持続け~ (3, 0.1%)

1 ていた, ていられる, て行けた

▼ 持行き~ (3, 0.1%)

1 て手摺, て目科, 売らんと

▼ 持ある~ (2, 0.1%)

1 人物で, 女性の

▼ 持あるいた~ (2, 0.1%)

1 画板が, 畫板が

▼ 持かける~ (2, 0.1%)

1 と, のです

▼ 持から~ (2, 0.1%)

1 生れるもの, 言えば

▼ 持され~ (2, 0.1%)

1 ていただろう, 朝廷をすら

▼ 持し得た~ (2, 0.1%)

1 ことは, のは

▼ 持すれ~ (2, 0.1%)

1 ば国中, ば此

▼ 持せず~ (2, 0.1%)

2 ば出世前

▼ 持たっせ~ (2, 0.1%)

1 え, え弱い

▼ 持たりとも~ (2, 0.1%)

1 内証の, 内證

▼ 持たれ~ (2, 0.1%)

1 になっ, になる

▼ 持だけに~ (2, 0.1%)

1 生一本で, 高い所

▼ 持ちる~ (2, 0.1%)

2 かな

▼ 持つてげ~ (2, 0.1%)

2 ば邪魔

▼ 持でしょう~ (2, 0.1%)

2

▼ 持でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 持でも~ (2, 0.1%)

1 本郷の, 飛脚でも

▼ 持と共に~ (2, 0.1%)

1 ブ師の, 参りました

▼ 持ない~ (2, 0.1%)

1 ので, んだ

▼ 持などは~ (2, 0.1%)

1 それの, とかく口

▼ 持などを~ (2, 0.1%)

1 やつて, 考へて

▼ 持にでも~ (2, 0.1%)

1 なったの, なつてる

▼ 持によっては~ (2, 0.1%)

1 加十さんの, 勘当が

▼ 持~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 がささげ, 出されは

▼ 持らしく~ (2, 0.1%)

1 頬の, 額に

▼ 持上がっ~ (2, 0.1%)

1 てやがてきりきり, て大急ぎ

▼ 持上がった~ (2, 0.1%)

1 とは, もんだ

▼ 持上がり~ (2, 0.1%)

1 さうも無い, 諸人の

▼ 持上ろう~ (2, 0.1%)

1 とそんな, とは三吉

▼ 持二人~ (2, 0.1%)

1 が酒宴, を気遣い

▼ 持伝へ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, て居ける

▼ 持伝へた~ (2, 0.1%)

1 安国寺肩衝の, 封印つきの

▼ 持余され~ (2, 0.1%)

1 ていた, て菰

▼ 持出シ~ (2, 0.1%)

1 御覽アリ, 御馬場ニ於テ

▼ 持去つ~ (2, 0.1%)

1 たままで, てゐる

▼ 持去つた~ (2, 0.1%)

1 ことを, ものを

▼ 持去られ~ (2, 0.1%)

1 ている, 徳川時代に

▼ 持去られた~ (2, 0.1%)

2 ものか

▼ 持去りたる~ (2, 0.1%)

1 書冊書画の, 神変不思議の

▼ 持去る~ (2, 0.1%)

1 ところを, のであつ

▼ 持參付き~ (2, 0.1%)

1 で嫁, の小町娘

▼ 持參金つき~ (2, 0.1%)

1 で祖先, など彼

▼ 持合さなかつた~ (2, 0.1%)

1 から, のだ

▼ 持合せず~ (2, 0.1%)

1 にはゐられない, 唯南海

▼ 持合せぬ~ (2, 0.1%)

2 写真は

▼ 持合わさなかった~ (2, 0.1%)

1 からである, としたら

▼ 持~ (2, 0.1%)

2 の御子

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 の偈, の文

▼ 持囃した~ (2, 0.1%)

2 ので

▼ 持土地~ (2, 0.1%)

1 の大尽, の見境

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 で三四人, の収入

▼ 持堪え~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 持堪へ~ (2, 0.1%)

1 がなく, もなく

▼ 持堪へる~ (2, 0.1%)

1 かわからない, 事が

▼ 持妙尼~ (2, 0.1%)

1 とよばれ, の夫

▼ 持宝房~ (2, 0.1%)

1 についた, へ遣わされる

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 の善政, の正反対

▼ 持廻り~ (2, 0.1%)

1 ながら思ふつぼ, のすれ

▼ 持彦自身~ (2, 0.1%)

1 もこう, もやつれ

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 の強い, の道

▼ 持成し~ (2, 0.1%)

1 てくれた, 優遇し

▼ 持~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 持~ (2, 0.1%)

2 へさせた

▼ 持換える~ (2, 0.1%)

2 と右

▼ 持斎茂吉~ (2, 0.1%)

1 は煽動, 同一作

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 です, になされ

▼ 持映され~ (2, 0.1%)

1 てこれ, 土瓶絵としては

▼ 持替えた~ (2, 0.1%)

1 ものであった, 角燈に

▼ 持来れ~ (2, 0.1%)

1 という, ば

▼ 持法者~ (2, 0.1%)

1 ならず若し, なり彼

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 じゃねえ, についた

▼ 持皇子~ (2, 0.1%)

1 には東海, は蓬莱

▼ 持福寺~ (2, 0.1%)

1 におらるる, まで従い

▼ 持節台州~ (2, 0.1%)

2 の主簿

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 の長屋, 大御番

▼ 持統三年~ (2, 0.1%)

1 に太宰帥, に薨ぜられた

▼ 持続ける~ (2, 0.1%)

1 事が, 者は

▼ 持續期限~ (2, 0.1%)

1 が有る, の有る

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 暫持我即, 暫時この

▼ 持誓願~ (2, 0.1%)

2 の両

▼ 持調子~ (2, 0.1%)

2 で代

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 に至っ, は即ち

▼ 持~ (2, 0.1%)

1 この怪物, にトルストイ

▼ 持返った~ (2, 0.1%)

1 話を, 頭蓋骨の

▼ 持逃し~ (2, 0.1%)

1 たりし, たりなどした

▼ 持道具一切~ (2, 0.1%)

1 をちやん, をわれ

▼ 持重論~ (2, 0.1%)

1 の人々, の宿将中

▼ 持鉢行路者~ (2, 0.1%)

1 の多数, は捕縛

▼ 持長守久~ (2, 0.1%)

1 の外, の策

▼1* [540件]

あぐねたところへ, 持あぐんで引, 持あり朝日講堂へ, 持いたす約束を, 持取持, 持おのおののお, 持おもりのする, 持お尋ね者なぞの隠れ家, 持かけられ戻つたのは, 持かなんかであるらしい伝法, 持からの半世紀, 持がった事を, 持きたりて例, 持ぐらいな一将校としか, 持ぐらいの一部将に, 持こそをかしけれ, 持こたへるか何, 持これは多分, 持させてみ, 持さなければならない, 持さねばならぬ, 持さまの荘園田領, 持ざっぺいが悪くて, 持しいそがず迫ってゆく, 持しかりそめにも淫猥, 持しきって来るべき, 持しなくても美, 持しもって他生, 持しようなどという慾張根性, 持し得るの必要或は, 持じゃあ三日と, 持すなわち多数の, 持すべも白炭, 持すべきがかく, 持するであろうと思われる, 持のお, 持せたて, 持せるとお, 持そこねて魔道, 持それから殺されたお, 持たちは山, 持たっせえてついでに, 持たてには二人, 持たら妹に, 持たりしハンカチイフ, 持たるたしなみの米, 持たる者其左右に立たり, 持たろうか持つべき, 持たん者ぢゃ話にならん, 持だすことが, 持だったことは, 持だつたんだ, 持だつたら今頃は, 持だなげえお祭り, 持だの芸者などが, 持だろうが新聞売子, 持ちくされだから, 持ちなんだぜ, 持つかれはこういう, 持つて立出づる廊下の摩れ, 持つぶら提灯その灯, 持つまも斬る, 持つめえの, 持つらむか復, 持やうでした, 持てこしみやこぐ, 持てこ汁飲ましょって, 持てめえだと, 持であって所謂白米, 持であったイヤな, 持であったならどうしてもわたし, 持でございまして一切, 持でございますがかりに, 持では他人の, 持といふものは, 持とうじゃござんせんか, 持とかいうこの船頭, 持とともに薦むる筒の, 持とにみちた言葉, 持とまでなり本所, 持とをもって, 持どうしても雰囲気には, 持なさった一と, 持なさるご聖体, 持なされ候ふお, 持なすった写真が, 持なせえ, 持なぞはこれ, 持などの住みそう, 持なども交った, 持なりとて彼レ両人, 持なれば眉, 持なんかあるもの, 持なんかと一緒に, 持なんぞすると, 持について申すの, 持については何事も, 持にもなれるお, 持に対してひどく気, 持に対しては国公だの, 持のみ小説めいた, 持はてわけを, 持ばかり小石一つ持て居ない, 持ばかりを拾い込んで, 持ふるした鞄, 持べき殊にお, 持ませうかネ, 持もの預けもの沢山, 持血を, 持よく一寸感服, 持よりは少し優し, 持らしき風体の, 持り扱って気持, 持れるだらうと信じます, 持わけても奉公人達の, 持なって, 持ましてエ, 持シテ各々之レ, 持タセテ神イサメヲシテ少シ, 持タセテ諸方ヘ遣, 持チカケテ見タラ, 持チ上ゲ親趾ト, 持チ十時頃五子ヲ誘ッテ法然院, 持チ右手デアダリン, 持ッていさえすれ, 持ッてんのよ, 持ッタ機械ヲ遠, 持ッタ経験ガナカッタナラバ彼女ダケニ備ワッテイルアノ長所ヲ長所ト知ラズニイルデモアロウガ, 持ッテイタモノデマコトニ不思議ナ経験デアッタ, 持ッテイルケレドモタトエバソノ胸部ハ薄ク乳ト臀部ノ発達ハ不十分, 持ッテイルスネークウッドノステッキノ石突ヲ示シ, 持ッテキテガナイカラ何ニモイラヌト云ウカラ権之助, 持ッテタノヲオ婆チャンモ見タコトハナイト, 持ッテト存ジタガ御好キナ物モ知レヌ, 持ッテラシッタンデス陸子ニハ出銭ガ多クッテ, 持ッテ一人出タカラ二三ベン刀ヲ振, 持ッテ兵庫ニヤッタラ悦ンデ受取ッタ, 持ッテ帰ッテ大兄ヘ見, 持ッテ朝早ク立チ, 持ッテ来サセコンナ時ノ用意ニポケットニ忍バセテ来タセデスヲ二錠, 持ッテ来タガ木村ガ手伝ッテイルノヲ見ルト, 持ッテ来タモノハ期限ノ切レタ, 持ッテ来タ本ヲ廣ゲタ, 持ッテ来テ寝直, 持ッテ来テ予ノ高飛車, 持ッテ来テ是デ牧野様ガ, 持ッテ来テ適当ナ位置ニ置イタ, 持ッテ来マシタト云ッテソノアト一時間ホド三人デ話シテ帰リカケル様子ダッタノデ, 持ッテ来ルカラ素人ヨリ買ウカライツモ損ヲシタコトハナカッタ, 持ッテ来ルト前金ニ内通シテクレル故イチモ損, 持ッテ東京ヘ出, 持ッテ濡レタ体ヲ拭キ, 持ッテ監督ス二下名ハ如何ナル場合ニオイテモ決シテ妻ヲ離縁セズ, 持ッテ行カナイデコノ家ノ庭ニ面シタ十畳, 持ツことを忘れない, 持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ反シ後者ハ適合性, 持ツテ待ツ汝ノ崇拝者ヨリ, 持ツテ来マシタマタ来月モ持ツテ来ルデセウだつで, 持ツテ来ルデセウだつで, 持ツテ来ルノデハアルマイカト云フ想像説ヲサヘ吐カレツヽアル, 持ツデアロウコトヲ我輩ハ疑ワナイノデアル, 持ツマイカラドウデ御心願ガ成就ナスッタラ, 持テナイガ恐ラク虎ノ門病院, 持て私, 持ハ左右に, 持一人と的持, 持一人傍路に前, 持一人張替持一人, 持一人挾箱持一人馬取二人, 持一人鑓持一人挾箱持一人馬取二人, 持一人馬取二人, 持一廉のぬ, 持一番に立帰り, 持上がらない程の, 持上ってる最中でも, 持上つた時村井吉兵衛氏の邸, 持上つた雪が他, 持上つて二人は嬉し, 持上つて來る, 持上つて地割れを生じ, 持上つて面長な薄, 持上らずやと自分, 持上らねえような, 持上りますそうであります, 持上り凹み或る, 持上るでしょうか, 持上ツた, 持不行儀にし, 持不規則なりしなれ, 持久須利荷高の面々, 持二宗經僞教來朝とある, 持亡きあとは, 持の姿, 持人足の仕業, 持以来の所領, 持と娘, 持伝えている, 持伝えた人麿の, 持伝へられて来た, 持えは, 持か訳, 持何軒水役何軒と記しあり, 持余された重右衛門, 持の厨子, 持佛堂に請じ入れ, 持來さないもの, 持來于陣頭見之, 持と娘, 持做ぶりの違う, 持健薬としてゐた, 持傳へた人は北千住町, 持傳家藏はおろか, 持兇器を罷める, 持兇器強盗なの, 持の前, 持共右之段相心得, 持とは思はれなかつた, 持兼帯の男, 持凶器強盗清水定吉がのち, 持出しの矢疵弾丸痕, 持出る女中を, 持出用の食糧, 持切れなくなって来た, 持別嬪じゃろうがな, 持若, 持十二が居る, 持千恵造は代用教員, 持南天の衣裳, 持多数の, 持卸して背負い出した, 持つて最後の, 持去ってしまう, 持去られたるものの, 持去りになる, 持去れるものの, 持参り深々と, 持參す可きを, 持參つて彼の所, 持參人を取調べる, 持參公儀のお, 持參家老石津右門と用人大垣伊右衞門立合, 持參差出候處被請取置, 持參道具の中, 持參金一萬兩で聟, 持參金三百兩で聟, 持參金三百兩人橋を架け, 持參金澤山の不, 持參龍之口, 持六尺棒持たる者其左右に, 持仏は, 持古るしたお粗末の, 持さ, 持合うて前, 持合さないのが, 持合さなかったからのこと, 持合さぬのである, 持合せましたと云っ, 持合せる以上さ, 持合って堺, 持合つてゐたが, 持合つて注意して, 持合わさず僅に, 持合わさない植物なれ, 持合わせずにただ, 持合わせず従って, 持合わせなかったので引っぱられる, 持合候時計一面さし出し申候, 持しければ, 持呪者食時ごとにまず, 持命語の中, 持したまいければ, 持問題につき話す, 持囃さるる中に, 持囃さるる如く富山と, 持囃されずその画, 持囃されましたが何分, 持囃して福神毘沙門, 持わられて, 持回つたなら皆, 持国大名が頭, 持地所を賜わら, 持地面に置い, 持堪へた激情が, 持外道持などいわれる, 持大名などはその, 持大尽でごわす, 持大尽様にございます, 持王之, 持太鼓係等多勢ひきつれて, 持にならう, 持が何, 持如意向之言論次, 持妙尼御前名宛には御膳料, 持孔子を祭りたる, 持が天海, 持宝房源光が許, 持宝院下まで送っ, 持家作持でも本郷, 持宿をした, 持寂定ならば, 持寄せ勿体らしく息, 持寒牡丹の模様, 持兒の, 持小児の二人, 持小屋を建て, 持小駒若, 持居たるに強く, 持山持土地の大尽, 持帰つた其の神秘, 持帰つたのは自分, 持帰つた荷物の中, 持帰つては其, 持帰つてしまつたのである, 持帰つて大阪城内に移し, 持帰らしめ照を, 持帰らなかったか, 持帰られた時明瞭と, 持帰りいただくということ, 持帰り下さい面白からぬ, 持帰り下され併しまざ, 持帰り候伽羅は早速, 持帰れるかどう, 持帰ッた花, 持平説を口, 持のひとつ, 持度いと云っ, 持を奪われぬ, 持になる, 持廻っている, 持廻ったので今, 持廻つた確に人形, 持廻つて冗説するもの, 持廻らせたのである, 持廻られて息災延命, 持廻りすぎてゐる, 持彦様わたくしが此処, 持律義にし, 持ば軍陣, 持得る道具なり, 持御上人様解りまするか, 持のある, 持するという, 持念仏に恋々, 持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 持とを失った, 持けて居ます, 持だけ旺盛, 持成されるので高谷君, 持成すを満枝, 持戟者らが襲いかかる, 持戻ったりする, 持で舞台, 持手提一枚の写真, 持扱いかねている, 持扱いましたね全く, 持扱かつて居ります, 持扱ざまをし, 持扱った三世相を, 持扱つてゐる, 持扱わないので子供, 持扱わなければいけない, 持挙げたばかりのところ, 持据えて, 持揃いの機関室, 持提灯一つひげこ, 持揚げて仕舞う, 持揚げたかと思う, 持ない女, 持操人界絶えて, 持操貞確案を挙げ, 持へた, 持房雄も, 持教わる僕は, 持の論, 持斎堂というの, 持斎茂吉原田英三郎等が主として, 持斎茂吉桜井与惣治横塚治三久野口春蔵谷口房吉野口源蔵越波丑次郎井田兵吉等が上京, 持方人の境遇, 持方村の男体山, 持日位日辨日朗の弟子日像, 持映されるものと, 持昨日は誰今日, 持時間八時間ぢやア, 持時間十三時間ずつ三日間, 持暫く遠慮せい, 持へたらしい, 持替えたらしいいまその, 持来さしめぬよう心懸け, 持来さしめるまでには実に, 持来したものは, 持来すべきかということ, 持来そうとして訪れ, 持来たされついに牡丹, 持来たしている, 持来たした珍奇の, 持来たすとは, 持来って立処, 持来つて明らか, 持来ぬと, 持来らされている, 持来らず湯香高く, 持来りしかばそれ, 持来り磨りましょうという下, 持来る数え唄, 持来れるは珈琲茶碗, 持来候捨場所比木村勿論朝比奈村上十五日, 持来植之, 持来轎前に在, 持根拠する所, 持の前置詞オ, 持を覆い来, 持なりで, 持が見える, 持槍持の若党共, 持槍薙刀台笠立傘挟箱用長持引馬までが動揺, 持様さへ御存じ, 持次子将弘, 持の頃, 持在, 持歩いた腕なんかは, 持歩行いたと, 持歸つた日本貨幣取戻しの, 持歸つて置いたと, 持歸つて三年經て後貴君, 持歸つて鼻高々と家人, 持浪人多賀小三郎の懷ろ具合, 持煬帝に事, 持は切札, 持を知らず, 持狂人鼻ツかけ眼ツパ, 持用心棒にもなる, 持田地持の類, 持はぜひ, 持番頭忠助の評判, 持が起る, 持に合薬, 持皇子一人は右大臣阿倍, 持囲んで, 持も割合, 持福寺左内どのが組, 持福木股などの城, 持立ての女, 持立てるように, 持一の, 持筒役頭は千八百石長坂丹後守信次, 持筒組同心の次男, 持筒足軽仲間の四段, 持節使粟田真人唐に入る, 持節十九年の彼, 持へとて其身, 持統三年頃人麿二十七歳ぐらいの作, 持統元明両帝, 持統八年十二月であるから, 持統八年十二月六日藤原宮に遷居, 持統六七年あたりではなかろう, 持統十一年であるから, 持統四年五月か五年四月, 持統天皇八年まで四十二代, 持統天皇八年四月五日賻物を賜った, 持統天皇十年十月には勅, 持統天皇即位前記の条, 持統天皇参河行幸従駕の作, 持統天皇従駕作の如く, 持統天皇御製として言, 持統天皇春過ぎての, 持統天皇難波行幸の時, 持統文武両朝に仕えた, 持統文武元明の三朝, 持統文武元明元正の四帝三十五・六年, 持統文武元明元正聖武六代にわたつ, 持統文武兩帝は藤原宮, 持統時代の文武帝, 持統朝に妙, 持統聖武天皇などの歴世, 持の多い, 持続けでねつから, 持續シ得ル者ニ非ズ, 持續セントスル國際的特權ノタメニ宣傳サレツツアル平和主義非軍國主義ガ, 持續換言すれば, 持續數その他これに類する, 持羅公如意奪顏色, 持の筆, 持翳すと火入, 持なら逆, 持者真言の行人, 持而必誅などある, 持背後へ寄せ, 持腐りは犬, 持船いろは丸と鞆, 持船ぢやございません, 持船以外の仕事, 持船天神丸に同乗, 持良茂と数多くあつ, 持の半分, 持萩中納言の息女, 持蓮柄香炉常花, 持藥劇藥の事, 持行けば面, 持衰不謹便共殺之, 持見たいに, 持記事を書く, 持然後彼金剛及彼蓮華二事相撃, 持誦することを, 持論じやないか, 持護法胤などと称せられ, 持貸借の樣子, 持清香梅一枝, 持越しの晴れやらぬ, 持足思いなしで敷居, 持足軽五十名ほど引きつれ, 持込めないとする, 持込めるはずは, 持込場のない, 持えりの, 持返して透したれ, 持返っている, 持返りやがて彼, 持返るのである, 持をしよう, 持遊ばされた天皇が, 持遊ばしては困ります, 持遊び物を宝物呼ばわり, 持運べぬ位ひ, 持還りこうして神棚, 持還るべき土産は, 持重派が勝ち, 持金二十銭しかない, 持だと, 持じられると, 持長屋に住ん, 持長者アンドリウ・カアネギイがこの, 持長者アンドリウ・カアネギイさんですよ, 持阿良心及び良曉等, 持の濟詮, 持の呉絽, 持風のが数名, 持高き美しき人として, 持高百七十五石所持有之候得共江戸表年々日増しに御, 持高百五十石積廻船一艘の資産, 持點八十點だが