青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

抽象~ 拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~ 招待~ 拭い~
拳~
~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~ ~拾っ 拾っ~ 持~ ~持たない 持たない~

「拳~」 1601, 17ppm, 6599位

▼ 拳~ (812, 50.7%)

61 固めて 35 握って 16 かためて 15 握りしめて 14 あげて 10 振り上げて 9 膝に 8 上げて, 握りしめた 7 握った 6 振って, 握りしめながら, 握りて 5 こしらえて, ふりあげて, 振りあげて

4 [11件] して, ハタと, 入れて, 出して, 口に, 挙げて, 振りながら, 振上げて, 握ると, 空に, 顫わせて

3 [14件] あてて, ついたが, 当てて, 打ちます, 打つて, 振つた, 振つて, 振り上げると, 握つて, 握りしめました, 握ッ, 突き出して, 腰に, 開いて

2 [51件] あてが, おいて, かためたり, かためると, かため体, にぎって, にぎりしめた, にぎりしめて, ふりあげた, ふりあげながら, ふり揚げて, もって, ポカリと, ワナワナと, 両方枕に, 両耳, 作って, 口へ, 固めた, 固めながら, 固めると, 差し出した, 当て, 打ち一箇, 持って, 振った, 振りあげた, 振りあげたり, 振り上げた, 振り上げながら, 握ったの, 握ったり, 握つて矢張震, 握りしめ歯, 握りながら, 握りました, 握り歯, 握れり, 横に, 示した, 突き出した, 突出した, 胸の, 膝において, 自分の, 蔵すに, 避けて, 震は, 頬に, 顫わして, 鼻の

1 [408件] あげくらい, あて低く, うって, うつ立業, うつ者も, おさめたなり, おろしました, おろし黙って, かたく握り, かためた, かため一撃, かわすぐらいは, ぎゅっとかためた, ぎゅっと押えつけた, くらわせた, ぐいと, こしらえそれで, こしらえながら, ごらん下さい, さかだてて, さしあげるの, さしつけた, さしつけて, さし上げて, さし伸べた, さし向けた, したたか横面, しっかと固め, しっかり掴ん, しっかり握りしめた, してる活動, しゃぶって, しよく, すえて, すぐに, する, するの, そのままに, ついた, ついて, つきだし体いっぱい, つき出したが, つき出して, つくった, つくつた, つくつて相手, つくり空間, つづけざま, なおしっかり, ながめて, にぎった, にぎったが, にぎったり, にぎりしめだまって, にぎりしめながら, にぎりしめ猛然と, にぎりました, にぎりブルブル, にぎり何, にぎり板縁, にぎる意氣地, にこにこし, ぬっと上げた, ぬっと出し, ぬっと突出す, はずして, はずしながら, はったりと, ひそかに, ひっこめた, ひょいと出し, ふりあげ, ふりながら, ふり上げ, ふり上げた, ふり上げて, ふり上げながら, ふり上げ自動車, ふるいはじめた, ふるうて, ふるって, ふるって殴りかかる, ふるって泣いた, ふるって相手, ふるつて, ふるわせた, ふるわせつつ, ふるわせて, ぶつけあわてて, ぶる, ぶるぶると, ぶるぶるふるわせ, またぱっと, また開いた, みろ, みんなの, むずと出し, めがけて, もつて, もて, やり出す二時, わきの下へ, わななかせました, わなわなと, グッと, ズボンの, テーブルの, ドシンと, ヒザに, ブル, ブルブルふるわせた, ブルブル顫, 一つ喰らう, 一文字に, 上げるもの, 上下に, 下す, 両股, 丹田より, 乗せて, 二つ耳の, 二つ重ねた, 二本に, 人人の, 付けた, 伏せたよう, 伸ばすも, 作つて宙に, 僕の, 出し合った, 刀に, 前後に, 剣帯に, 力一ぱい空に, 加えに, 加えました, 加へ, 勘次に, 勢いよくふりあげた, 千切れる, 卓の, 卓子について, 卓子の, 厚板の, 収めて, 取られながら, 受けつづけて, 受けて, 受けよ, 口から, 口の, 叩いて, 叩かれ一つ, 叩き鼻, 右の, 向顱巻, 喰わす時, 固くにぎり, 固く拵え, 固く握っ, 固く握り締め, 固め, 固めたぜ, 固めたり, 固めてぬツ, 固めぬ, 固めまるで, 固め上気, 固め上氣, 固め人々, 固め反り返って, 固め猿, 固め胸板, 固め頭, 固め黒檀, 堅く握りしめ, 堅めて, 堅める, 壺の, 天に, 天井へ, 太股の, 太郎の, 奮って, 妙な, 威嚇する, 宙に, 尋ねて, 小脇に, 差し出し彼, 差出したが, 廻して, 引き外した見ると, 彼の, 後ろへ, 後手に, 怖れぬ, 思いとまって, 急いで, 恐るるね, 悲しげ, 慄わせた, 我れ握る, 打たれ頬, 打ち下し加減, 打ち出すもの, 打ち合わせた, 打ち振りながら, 打ち歌舞, 打ったり, 打ってる, 打つたの, 打つよう, 打つ二人, 打つ掛声, 打つ者, 打つ高い, 押す, 押へ, 持ちあつかって, 挙げぬ, 挙げました, 挙げろ, 振つて歓呼, 振ふわけ, 振りかぶりざま, 振りしめたる, 振りなど, 振りまわした, 振りまわしながら, 振り上げざま, 振り上げたそして, 振り上げたり, 振り上げた時, 振り上げなさいましたので, 振り上げはげしい, 振り上げる, 振り廻したが, 振り廻して, 振り廻す連中, 振り振り, 振り揚げ五つ六つ, 振り示しなほ, 振る, 振るかも, 振るも, 振るよう, 振わせ, 振上げたまま, 振上げたもの, 振上げた時, 振上げようと, 振上げられた時, 振上げるなり, 振上げ相, 振廻したら猫, 振挙げて, 振揚げて, 捻込むよう, 掌で, 掴って, 掴んで, 揚げて, 握ったが, 握ったまま, 握った手首, 握つた, 握つたとき, 握つた儘, 握つて机, 握つて爪, 握つて石, 握らしめないであろうか, 握りしめしばらくじっと, 握りしめずに, 握りしめただろう, 握りしめたまま, 握りしめた両, 握りしめる, 握りしめるやう, 握りしめ両, 握りしめ目, 握りしめ眉, 握りしめ眼, 握りしめ足, 握りしめ頤, 握りしめ顔一パイ, 握りしめ首, 握りその, 握りつ, 握りつつ, 握りつめて, 握りつめながら, 握り固めて, 握り固め五本, 握り固め闇, 握り緊め, 握り締めた, 握り締めて, 握り詰め, 握り詰めて, 握り足, 握り跳び上って, 握り過ぎて, 握り髪の毛, 握る, 握るか, 握るの, 握るより, 握る幾月日, 握る意久地, 握ツ, 揮いながら, 揮いました, 揮い合った, 揮い造酒, 揮うの, 揮うのに, 揮って, 揮つて一打打つ, 揮ひ, 揮り上げ, 揮廻す, 撫でまわして, 擧げて, 擧げると, 擬し何時, 放れた鷹, 敷き布, 曲げたよう, 月光の, 柄に, 柄頭から, 構へる, 次郎の, 没すること三四寸, 注意し, 漏れて, 用いたの, 當て, 當てる, 痛められて, 盛んに, 眞向に, 眼に, 眼へ, 砕くるばかりに, 砕けよと, 示したの, 私の, 空中に, 突きつけた, 突きつけたので, 突きつけようとして, 突き出したまま, 突き当てつつ, 突き放しも, 突っこみ血, 突出し, 突出すよう, 籠から, 米友は, 納めその, 緩めて, 置いた時, 置かれて, 置きなお, 置き指, 置き驚くべき恐ろしい, 胸に, 腰の, 膝が, 自分で, 衝と, 袖に, 被ると, 襟が, 見せるよう, 見せ日頃, 見て, 見向きも, 見詰めて, 解かずその, 解きふう, 解くが, 赤ん坊の, 車外に, 辰三は, 造つてごらん, 開いた, 開かせようとして, 開くの, 闘わせた, 離れた鷹, 震はせて, 震わせ, 頭の, 頭上で, 額ご, 顫は, 顫わしながら, 顳, 食らえ, 食わせられたが, 高くふりあげた, 高く差し上げ, 高く空中, 鼻さきへ

▼ 拳~ (204, 12.7%)

5 自分の 4 テーブルを, 卓子を, 叩いた 3 たたいた, たたいて, 卓を, 叩いて, 眼を, 額を 2 ぽんと, もって, トントンと, 伊豆の, 叩いたり, 叩きながら, 扉を, 背中を, 胸を, 頭を

1 [149件] あたりの, うちたたき, うつてから, おさえて, おすと, おびやかし近づくこと, がんがん叩い, ぐわんと擲つ, こづかれるよう, こめかみを, こツこツと, しっかりと, じっと畳, その怪物, たたいたわけ, たたかれる, たたきこわすと, たたきたたき笑いこけて, たたきながら, たたき始めた, たたくこと, たたく人, とんとん叩き, どんと脇腹, なぐった, なぐったって, なぐって, なぐられたろう, なぐる, なみだ, ふいて, ふとんの, ぶん撲っ, ぼろぼろ流れる, まるで男みたい, もつて, わが紺色, わしの, グイグイ突きあげた, テーブルの, トントン戸を, ドンと, ナイフを, ノックした, 一つあて, 一つ頭を, 一撃を, 乱打し, 乱打する, 二つ三つ叩い, 二の腕の, 五寸釘を, 仕方を, 何度か, 傍の, 割りそう, 力いっぱい自分, 力一杯男, 勝誇って, 卓子の, 厚い胸板, 口の, 口やかましくて, 叩いてから, 叩きつつ, 叩き凄惨, 叩く真似, 右の, 喉を, 坊主に, 大辻の, 天を, 天井を, 左の, 己が, 席を, 広い地層, 弥蔵を, 彌造, 彼の, 徐和の, 悲涙を, 懷中に, 打ち七郎, 打つ, 払う男, 払って, 抑へ, 押えつける者, 押さえ腰, 拝んだだがね, 拭いながら, 拭った, 拭って, 撲った, 撲りつけたが, 擲つて, 敲くと, 机の, 机を, 板へ, 板を, 案を, 横なぐり, 止まったの, 歯車を, 母の, 毎日幾金かを, 深淵の, 滅茶滅茶に, 激しく机, 無茶苦茶に, 犇と, 猫板ドンと, 甚八が, 目を, 眼眦を, 石を, 砕くこと, 私を, 空を, 突いたら閉つた門, 突いたり, 突きまくられ, 突き上げるよう, 突き仆す, 突然環, 窓を, 縁極めを, 耳を, 肩を, 脊を, 脊中を, 腰の, 腰を, 腿の, 荒っぽく眼, 衣嚢を, 袋を, 變な, 負けて, 辺りの, 道行を, 頤を, 頬を, 顎を, 顔じゅうの, 鬼を, 鳴らすと

▼ 拳~ (115, 7.2%)

7 下に 6 上に, 中に 4 劒を 3 ような, 上へ, 剣を 2 ように, 一撃を, 上には, 下で, 中へ, 力が, 間から, 雨が, 雨の

1 [65件] ためだ, ふるえるよう, もとに, やうに, やり場に, やり場を, グリ, 一たび爾を, 一撃が, 三則は, 下から, 下における, 下を, 世の中で, 世の中である, 両手を, 中から, 中にな, 中の, 何んと, 先で, 先を, 先端が, 冴えに, 冴に, 剣という, 劒, 力と, 力は, 動きの, 勝利のみを, 勝負に, 勝負を, 右の, 大さ, 如き瘤, 尖った所, 弾力が, 形し, 意味を, 手を, 打擲だけ, 指から, 指の, 數も, 旗に, 柔と, 楯に, 痛くなる, 端から, 節に, 置き場は, 腹で, 腹にて, 蔭から, 角で, 連中は, 雨に, 雨は, 雨を, 雷手錬, 音が, 骨が, 骨は, 鷹に

▼ 拳~ (101, 6.3%)

8 卓を 6 鷹を 5 すえて, 据えて 4 力を 3 して 2 はしつかり, 似て, 頤を

1 [64件] あつかい馴れて, あつめのしかかって, ある一羽, こめかみを, こめ両, こめ兩眼, こもって, さざめく夕涼み, さわるほど, すえさせて, つかれた横腹, つきて, つれて, なって, ねっとり汗, のせて, ふるわしたかと, もどる, キラリと, 下りなかった, 乗せて, 余る傷跡, 俯伏せに, 力いっぱいルミ子, 力が, 囲れ, 固めた, 婦人を, 巨人クリストフの, 張たほす, 当った, 彼の, 応じたもの, 思案を, 息を, 戻った, 打ち卸される, 拂つてキツと, 据えた五羽, 据え朝, 据ゑた隼を, 握りしめたまま, 握り締めだした, 撲倒す勇氣, 放鷹, 敗けたもの, 気合いがの, 浮き出さして, 甲武信を, 納めるん, 細い尻尾, 組んだ両手, 自然と, 血が, 見入って, 采を, 鍔音を, 降りて, 集めて, 頭を, 頻回頬, 風を, 馬の, 黒髪が

▼ 拳~ (86, 5.4%)

4 彼の 3 飛んで 2 ブル, ブルブル顫, 礑と

1 [73件] あられの, あります, ある, いい, ぎっしり握りしめられ, ぐわんと安の, こめかみを, したたかその, したたか彼, すこしゆるむ, とび出しそう, のびた, ぱっと開い, パッと, ワナワナと, 上った, 中へ, 保枝の, 僕の, 入るの, 凝って, 出入りする, 割れる程門, 厭つと, 君の, 唇へ, 嘆いて, 固く握られた, 固まった, 城太郎の, 尾花の, 帽子の, 幾たびか, 張りきつ, 彼女の, 思ひ切りガラツ八, 思わずぶるぶるッ, 振りあがる殴る蹴る, 握られて, 時に瓦, 月光の, 有吉の, 有難いが, 来る前, 欠けるかと, 武士の, 犬の, 痛かつ, 痛くなる, 目に, 直吉の, 私の, 穴に, 空で, 空に, 空間を, 突然空, 緊張し, 肩に, 肩の, 腹の, 膝に, 自分の, 苦んで, 袖から, 襟を, 鉄格子から, 闘鶏の, 降った, 電火の, 霰の, 頭を, 黄八丈の

▼ 拳~ (41, 2.6%)

2 膝の

1 [39件] いかにも豪壮, いきなり薪ざつぽうのやうに三井氏, いたずらに, いたづら, おだやかに, ぐっと前, そっとやっ, どうぢ, 些とも, 以前の, 何処へ, 兼輔の, 反耶, 固く鋭い, 堅くしっかり, 如何までも, 小さい方, 少しも, 強し, 彼の, 憤りに, 懐の, 握らぬので, 搦みあった, 杉蔵の, 次第に熱烈, 決して開かなかった, 痛かった, 空しく空, 署長に, 膝に, 自然自然と, 興奮の, 蒼い陰影, 襟を, 鏨の, 震えて, 震え呼吸, 顫え

▼ 拳~ (17, 1.1%)

2 下卑て

1 [15件] ふるえて, 依然として動かなかった, 我が身も, 指先も, 砕けよと, 突き通れと, 胴も, 脚も, 脣も, 腰の, 膝も, 自ら緩み, 血漿で, 透れ透れと, 通れ通れと

▼ 拳~ (17, 1.1%)

5 の石 2 の腫れもの 1 に亙っ, のそれでいて, の小石, の恐ろしい, の活字, の瘤, の石一つ, の硝子玉, の穴, の肉塊

▼ 拳~ (11, 0.7%)

1 [11件] に, により, に又は, のお, の仕合, の立合, の競技, の翌日, の術, の達人, をなす

▼ 拳~ (9, 0.6%)

1 ちがって, なって, なり霧, わが知恵, 一緒だった, 云ふも, 共に飛び上がり, 拳た, 拳を

▼ 拳~ (9, 0.6%)

2 鷹を 1 一つは, 凸に, 呼びもどせる確信, 呼吸を, 巻きつけて, 平次の, 額へ

▼ 拳~ (7, 0.4%)

2 てさがす 1 ておる, て固く, で眼, を振り, を振りあげた

▼ 拳ほどの~ (7, 0.4%)

2 大きさ 1 お供えを, 小さな白い, 穴が, 銀製の, 雲の

▼ 拳には~ (6, 0.4%)

2 ガラスの 1 一心に青雲, 半分冗談に, 博士の, 掻き傷

▼ 拳もて~ (6, 0.4%)

1 しかとおさえたれ, 制しつれば, 卓を, 我額を, 石の, 腰を

▼ 拳から~ (5, 0.3%)

1 写し取つて行つて, 拳へ, 空へ, 羽音も, 離さないで

▼ 拳ぐる~ (5, 0.3%)

2 の要 1 が六ヶしき, に及ばずし, に至らず

▼ 拳を以て~ (5, 0.3%)

1 之を, 勝を, 相手の, 空気を, 空氣を

▼ 拳下り~ (5, 0.3%)

1 に一刀, に弓鉄砲, に撃つた, に狙つて, に鐵砲

▼ 拳~ (5, 0.3%)

1 にだ, をのせた, を廻つて, を置い, を転ずる

▼ 拳とを~ (4, 0.2%)

1 おも, テナルディエは, 示しながら, 自分の

▼ 拳~ (4, 0.2%)

1 下駄や, 歪められた顏, 肱でない, 酒戦も

▼ 拳一つ~ (4, 0.2%)

1 じゃ斬り結ぶ, でな, にあった, に全身

▼ 拳~ (4, 0.2%)

3 を抜き 1 を破り

▼ 拳~ (4, 0.2%)

2 の乱 1 が北京, という奴

▼ 拳ぐれ~ (3, 0.2%)

1 えなちっぽけな, ば強姦, ば曩日

▼ 拳にも~ (3, 0.2%)

1 並々ならぬ, 倦き, 飽きまた

▼ 拳~ (3, 0.2%)

1 を喰った, を喰わされ, を喰わす

▼ 拳隠れ~ (3, 0.2%)

1 の固め, の構え, の真

▼ 拳~ (2, 0.1%)

2 何んかで

▼ 拳とは~ (2, 0.1%)

1 どうする, 暗やみの

▼ 拳にて~ (2, 0.1%)

1 会釈なく, 額を

▼ 拳ほど~ (2, 0.1%)

1 でふわふわ, な穴

▼ 拳ほども~ (2, 0.1%)

1 ある大きな, ある大形

▼ 拳まで~ (2, 0.1%)

1 一直線に, 握つた

▼ 拳り殺す~ (2, 0.1%)

1 ぞ, ぞ馬鹿め

▼ 拳をも~ (2, 0.1%)

2 固めて

▼ 拳下がり~ (2, 0.1%)

1 に一刀, に短刀

▼ 拳~ (2, 0.1%)

1 拳, 拳両

▼ 拳~ (2, 0.1%)

2 の痣

▼ 拳殺す~ (2, 0.1%)

1 ぞ, ぞ馬鹿め

▼ 拳程の~ (2, 0.1%)

1 染を, 白い雲

▼ 拳鬪選手~ (2, 0.1%)

1 とつき, もやつ

▼1* [68件]

あてて片づけ, 拳いっぱいに欲張っ, 拳からはタラ, 拳くらいの大きな赤貝, 拳ぐらいで騒ぎが, 拳ぐらゐのがあつて舐めて, 拳げたオギャアオギャアの声, 拳げん抜苦与楽の法可笑, 拳こそいちばん大切な, 拳ごと突き上げ誰か一枚, 拳さえ女は, 拳しにかかつては, 拳のの, 拳だけうんと手, 拳や男, 拳って座中の, 拳ついに成らざれば, 拳でさえたたいた, 拳でじぶんの, 拳ですな, 拳でのどもと, 拳でも勝つたためし, 拳とともに閃いた, 拳にしかと握り締め, 拳にまで力が, 拳に対しては常に正確冷静, 拳へと飛びますが, 拳もてしかとおさ, 拳よりも大きかった, 拳をにぎつて待つ, 拳の代り, 拳一つぢや斬り結ぶ, 拳上がりに心, 拳上りに突いた, 拳与えるぐらいな, 拳ともいひたい, 拳佐平次の鬢, 拳元気かくのご, 拳公演をし, 拳を抜い, 拳の霊徳, 拳るまで, 拳大さに過ぎない, 拳大胆な心, 拳小さいのは, 拳山内の引い, 拳弄弁挑みか, 拳当てで素早く, 拳手頃の礫, 拳握りしめてそれ, 拳握りつめて當處, 拳斗屋の益戸, 拳柄頭の下, 拳法体術の達人, 拳無作法な態度, 拳真槍白刄よりちと, 拳背骨も歪む, 拳脛恆に膳夫, 拳で亜剌比亜模様, 拳螺旋状をなす, 拳るる秋, 拳須心前に至る, 拳に迸り, 拳頭菜など挙げいる, 拳髯胸前に垂れ, 拳鬚心前に至る, 拳鬪家のやう, 拳鬪試合に飛び入り