青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拙者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

押え~ ~押し 押し~ 抽象~ 拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~
拙者~
招待~ 拭い~ 拳~ ~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~ ~拾っ 拾っ~

「拙者~」 3431, 37ppm, 3123位

▼ 拙者~ (791, 23.1%)

4 これに, それを 3 これで, これにて, これより, これを, 斯う, 旅の, 武士だ, 粂野美作守家来渡邊織江と, 足利の

2 [35件] あなたに, ある事情, このまま, これが, これだ, そのお, ついこの, どこまでも, ひとりで, まだこの, 丹波浪人の, 今日まで, 何も, 何処へも, 其の五十金, 君を, 外にも, 夢の, 姉と, 存じて, 怪しい者, 悲惨だ, 拙者だけの, 拙者として, 日本の, 机竜之, 江州の, 法月弦之, 知って, 石川孫三郎と, 絵師です, 腕が, 醍醐弦四郎と, 鏡葉之, 長井新九郎

1 [686件 抜粋] あえてかく, あえて裏切り, あなたこんな, あなた方が, あなた方こそ, あのこ, あの井戸, あの千浪, あの大岡殿, あの社内, あまり作に, あやなして, あり合せの, あれ以来, あんたの, いかにも篁守人, いかにも進藤勝之助, いっこうに存じ寄り, いつでも, いつまでも, いま手許が, いや身ども, おのおのと, お前を, お奉行榊原主計殿, お弓町, お恥, お聞き, お関所, かくの, かの髪洗い, きっとやっ, きつぱりと斷, きやつ, こうしてはおられぬ, こうして一室, こうして旅, ここで, ここに, ここを, こっちの, このうしろかな, このごろ三十六童子の, このたび, この一城, この千浪, この問題, この寺, この岡崎, この岩, この春, この書物, この村, この歌, この理性, この稲代殿, この者, この言葉, この通り眼, この附近, これからこの, これから例, これから明け方, これから松島, これだけに, これなる, これに対する, これまで, ご城下柳端, さる大藩, さる御直, しきりに欲しく, すぐに, ずっとここ, そうし, そうで, そうは, そう思っ, そう思わぬ, そう決め, そこに, そちに, そのしのぎ, そのままに, その人, その儘手水, その大小軽重形貌精神, その方角, その机竜, その気, その罪, それとは, ただいま, ただそなたが, ただひとり, ただ今太政大臣, ただ貴殿, たまらない, ちと急ぎ, ちょっと道, つい先頃, とめないです, どうする, どうでも, にわかに大役, ぬけ殻だ, のこって, はじめてお目にかかりました, はじめて憎い, ひと目見る, ふしぎで, ほかの, まいらずに, まずクイ先生, まず自, また昨夜, また編笠, まだ一つ, まだ二十五歳, まだ五分の余裕, まだ捕まる, まだ日本, まだ暗い, まだ胸, まだ軽業, まるッきり反対, もうがまん, もうここ, もう一度江戸, もう参りまする, もう少し深く, もう覚悟, もう隠密組, もとは, やはりそう思わぬ, よく知っ, わけが, イシカリ, オンコッコと, フグで, マアどうやら, 一つずつ, 一人で, 一人相手は, 一命を, 一度も, 一廻り邸外を, 一式小一郎貴殿の, 一応引, 一應引揚げる, 一緒に, 一足お先に, 一閑殿を, 三四人の, 上の山の, 上杉, 上海において, 不具, 不慣れの, 不日東京, 不用だ, 不義とは, 世評が, 中院, 丹波福知山の, 主人持ち, 主張する, 九州へ, 乞食かも, 予ての, 事情あっ, 人に, 人を, 人足でござる, 仇の, 今まで, 今二つの, 今房州に, 今日から, 今日限りこの, 仔細あっ, 以上の, 以前に, 以前大岡亀次郎と, 伊東頼母と, 伍長の, 会いたいの, 何か, 何にも, 何やらここ, 何心なく, 何時の間にか庭, 何者であろう, 余り処世, 余儀ない理由, 信ずる, 信ずるその, 信ずる然るに, 修業の, 偉い, 僅かに, 元より, 元来唯心論者に, 兄の, 兄弟の, 先の, 先般この, 先頃から, 免れぬな, 六部に, 其のこと, 其の大小軽重形貌精神, 兼てから, 内藤家より, 別だ, 別な, 別に用向, 剣の, 割下水, 加藤虎之助の, 北国の, 北町奉行所配下の, 医者の, 十数年間ビールばかりの, 千浪と, 卜を, 原の, 又この, 友人の, 叔父の, 右の, 右ようの, 吉原へ, 名も, 君たちの, 君の, 唯物論者の, 堤作右衛門, 壬生の, 変り栄えが, 外に, 大丈夫です, 大名衆では, 大坂の, 大坂城小姓組, 大垣伊右衞門と, 大岩の, 大方の, 大日武者之, 大発明, 大阪表より, 天下無祿の, 女の, 女嫌いで, 好人物で, 姉上と, 始め許し, 宇和島と, 宇宙の, 宇宙間に, 宮本村の, 富坂町に, 富武家の, 小林でござる, 小次郎から, 小豆島紋太夫, 屋敷を, 屋敷育ちで, 山寨の, 山崎でござる, 山浦甚六郎だ, 岡崎藩の, 岩越賢藏と, 島原へ, 島津豊後用人飽津平八と, 島田虎之助でござる, 左様な, 巫女の, 帰る, 常に貴殿, 幕府の, 年来古今東西の, 年来東西両, 府中の, 引き止めること, 引っ外し, 弟じゃ, 当国, 当所の, 当部落, 彼奴らを, 後を, 御主人, 御代田仁平, 御免蒙る, 御徒町の, 御馬廻り役, 心してご, 心外で, 心当りが, 忍んで, 思い切って, 思う, 急ぎの, 恥かしい, 悪人, 想像し, 感激の, 戦争は, 手の者と, 打支度, 拙者で, 拝島の, 指ヶ谷町に, 散々考え抜いた, 数年前より, 斉彬公の, 斎藤だ, 料理屋の, 新役, 方針を, 旅から, 旗本藪紋太郎実は, 日本医方を, 春部梅三郎と, 昨夜から, 昨夜人の, 是迄, 時間を, 最う貴殿, 月江様が, 有馬兵部少, 木曽家の, 朱主に, 来栖勘兵衛などという, 東邦の, 松代藩の, 松倉金右衛門ここに, 松戸の, 松蔭大藏と, 柔弱, 柳田典藏と, 根岸の, 植村土佐守家來吉住求馬と, 槍, 機会悪し, 櫻庭兵介當南部藩の, 止すと, 止めだ, 此の, 此土地の, 此方の, 武兵衛に, 武勇の, 武士として, 武士武士は, 武州小川の, 武蔵だ, 武蔵野の, 武術修行の, 武辺修行の, 死にたくない, 殺した者, 気に入らないので, 気の毒に, 水を, 求めるもの, 江戸では, 江戸へ, 江戸表の, 決してその, 決して放火, 決して逃隠れ, 浅香だ, 浪人を, 海後磋磯之, 深くも, 深見新五郎である, 源内殿こそ, 潁上, 烏賊虎さんの, 無証拠, 父の, 物質不滅勢力恒存因果相続の, 狩島右門厄介な, 狩野永徳が, 独創天心流を, 独身者だ, 猟に, 田中新兵衛の, 田安家の, 田山白雲先生から, 甲府勤番支配の, 申した, 男子一匹天涯一剣の, 画家では, 番町の, 病気の, 病気上がり, 病気所労と, 皆伝だ, 皆目その, 目下丹生川平に, 目科です, 直真蔭, 相良金吾だ, 真の, 真先に, 知らないだが, 知らぬ, 知らん, 知らんちょっと, 知らんまあ, 石で, 石津右門, 石津右門大垣伊右衞門と, 祈祷の, 神仙に, 神儒仏三道の, 神尾主膳でござる, 福島の, 穴山の, 立退こうと, 竹町の, 筑前黒田藩の, 筑紫権六と, 米沢藩の, 納戸方村田与三, 納戸頭正木作左衛門でござる, 絵を, 絶えずそ, 緑林の, 聞かぬぞ, 肥後の, 胸が, 臆病者と, 自分の, 自重派には, 至急奥, 與力笹野新三郎, 花嫁の, 花村右門と, 若い女, 苦心致し, 茶碗や, 萩江と, 落胤で, 薩州の, 虫尾兵作の, 行きたくない, 要領を, 観世銀之丞柳営おとめ芸の, 言句に, 許すとも, 試合を, 話が, 誰でもねえ, 誰の, 諦めました, 貝を, 貴公の, 貴所の, 貴殿に, 越前敦賀藩の, 身世の, 辰の, 近く御, 近藤じゃ, 近藤勇いざ, 近藤派に, 逃げぬ逃げようとて, 途中相当の, 通りかかりの, 通りがかりの, 逸見多四郎じゃ, 遠藤主膳, 郡上平八でござる, 酒は, 金が, 金井一角と, 銀之丞, 鏡智流の, 長井与右衛門でござる, 長者町の, 長谷倉甚六郎西國の, 門倉平, 間抜け者でござった, 間近かな, 阿蘇の, 陰険だ, 隠れ潜ん, 雪隠に, 雪隱に, 青山から, 非番な, 面を, 騎馬し, 高山まで, 高島十太夫と, 黙って

▼ 拙者~ (684, 19.9%)

8 名を, 手に 7 方は, 考えでは 6 方で 5 ような 4 ために, 後を 3 ことは, ところへ, みるところ, 口から, 如きは, 家は, 心は, 眼は, 身の上も, 連れの

2 [45件] ことで, ごときこの, すること, ほうから, 上に, 主人を, 仕事の, 刀を, 刃の, 前に, 剣法を, 剣道の, 同志かが, 名は, 命の, 女房は, 如きも, 妻に, 妻の, 妾でござる, 娘を, 小刀を, 工夫が, 心に, 心底は, 手で, 手を, 方から, 方にも, 眼の, 耳に, 胸中に, 腰の, 行くところ, 見たところ, 見るところ, 話を, 財産を, 身が, 身の, 身分を, 邸へ, 顔が, 顔を, 首を

1 [515件 抜粋] あとに, いうこと, いうとおり, いうの, いたして, いったとおり, いま話した, いるうち, いるの, いる屋敷, いわゆる大, お宿もと, かいた下書, かっぷくは, ここへ, こといささか, ことか, ことです, ことを, このごろの, この一歩銀, この道場, これへ, これまでの, ごとき人間なみ, ごとき歯, さがす家, じゃまを, ためなら, ためにと, ためには, ためにも, だ, だが, である, でなければ從弟, ところは, とるところ, はうから, は出たとこ勝負, は国, は少し, は此通り此處, ひねくれより, ふきか, ふところへ, ほうが, ほかに, ほかには, ほかの, まえをも, むかし見た, もっとも至難, もとへ, ものかね, もので, ものでござる, ものと, ものを, ように, わざものが, を揉ん, ヒガメであろう, ファルス精神であります, 一人存在する, 一存で, 一撃, 上を, 下僕でござる, 不在中, 不始末, 不念から, 不念ゆえお, 不意を, 不覚, 不覚じゃ, 不覚でござる, 不調法お詫びつかまつる, 不調法も, 主人, 主人が, 主人と, 主人事, 主人同様の, 主論は, 二人が, 井上の, 人を, 人相教授も, 今の, 今までの, 今度の, 仕事じゃ, 仕合振り, 仕度は, 仕業じゃ, 仕業だ, 他に, 代と, 代りとして, 代りに, 代参として, 以前に, 任務だ, 伯母な, 位置まで, 住むところ, 住居は, 体を, 何であろう, 使命は, 來國俊は, 傍へ, 働きさ, 兄で御座る, 兄と, 先々代が, 先輩だ, 処の, 処へ, 出場を, 出鱈目何か, 刀は, 刀術隠, 切先を, 判断いたしまする, 別に, 利害には, 前で, 前では, 前髪を, 剣に, 剣前に, 勝ちで, 勝ちでござる, 勝である, 勝負は, 勤めだ, 印籠に, 印籠を, 去った後, 友人その, 友人で, 友人に, 友人を, 友達で, 名が, 名と, 名の, 名刺を, 名前が, 味方何も, 命に, 命奪わるる, 咽喉を, 品だ, 品でござる, 問いに, 問に, 報告を, 場合だけには, 声が, 天下である, 太刀筋などは, 奥の, 女房が, 女房であった, 女房です, 女房と, 女房も, 好事に, 如く尽すべき事, 妹兇賊黒雲源左衞門の, 妹八重は, 妻が, 妻たる, 妻だ, 妻でござる, 妻は, 姓名は, 姓名を, 姓名等も, 姫でござる, 姿を, 娘, 娘と, 娘茂世を, 嫌いな, 子分同様に, 存分に, 学説は, 宅で, 安定で, 安煙草入, 宗旨は, 実父忠右衛門を, 実際見聞, 家の, 家わが, 家来筋の, 宿望です, 寓居まで, 寓居を, 寝室へ, 寝床を, 察する, 尋ねるもの, 尋ねる人々, 小手を, 小袖も, 居どころを, 居所を, 屋敷で, 屋敷に, 屋敷の, 屋敷へ, 屋敷も, 巣へ, 左腕だ, 差して, 差料に, 希望であり, 師匠に, 帰るまで, 平素崇拝し, 弟で, 弟は, 弟を, 役目だ, 役目に, 役表が, 往生際を, 後より, 従者な, 得意の, 御伴, 心を, 心境では, 心境を, 心得ちがい金吾は, 心得申したる, 心持は, 志は, 念力だけでも, 念願は, 思ひそ, 思惑が, 怪我は, 恥に, 悪口を, 情誼は, 態度でござる, 懇望を, 戒刀の, 所作が, 所存を, 所持品と, 所見を, 手から, 手が, 手すさびでございましたろう, 手でと, 手などへ, 手にかけて, 手には, 手にまで, 手の甲に, 手へ, 手落であった, 技の, 折屈を, 持ち物を, 挙動を, 振り廻す, 探偵小説でも, 控える目, 推量だ, 敬意を, 文は, 文を, 文学の, 断わりなし, 方が, 方です, 方へ, 方寸に, 旅出の, 旧主人, 旧主鴻家とは, 旧主鴻家の, 旧悪のみが, 書き物を, 書面を, 最も光栄, 最初の, 朋友で, 朋友間瀬金三郎誤っ, 望みも, 望みを, 望むの, 本分これ以上は, 本心も, 本志も, 本意で, 杖は, 来の, 来国俊, 枕元へ, 枕元を, 枕許まで, 検証が, 楽だけは, 歩いた足, 死を, 死んだあと, 母の, 母御に, 気遣いに, 求めるもの, 決心を, 油は, 泊るところ, 泊る宿所, 流儀が, 流儀で, 流儀は, 浅慮であった, 淺墓さだ, 為じゃ, 父が, 父なる, 父にも, 父の, 父も, 父を, 父上は, 父相良勘解由に, 狐疑心が, 生れた頃, 生命は, 生命を, 申したこと, 申すところ, 男っぷりと, 病が, 発明では, 発明の, 発明のは, 発明を, 盟友です, 目から, 目に, 目を, 目的は, 目違いで, 相手を, 相談し, 眼が, 眼で, 眼とは, 眼に, 眼力は, 矢面へ, 知ったこと, 知って, 知り人, 知る限り, 知人である, 知人汝らに, 知合いだ, 祖母で, 私邸に, 立場, 競争相手, 籠手を, 精神を, 糺明させた, 紛失物も, 組み伏せた男, 絵を, 罪です, 罪を, 考うる, 考えで, 考えには, 聞くところ, 背中に, 背中を, 背後へ, 胴巻を, 胸に, 胸中を, 脇差を, 腕で, 腕を, 腰の物, 腹の, 腹の虫ちと, 腹を, 舌に, 苦労は, 落としたもの, 落度じゃ, 藩などは, 藩は, 行く先は, 行く先を, 行く途, 行動に関しては, 行手を, 術が, 袂に, 見たの, 見受け申すところ, 見届けた真実, 観るところ, 言うこと, 言を, 言動は, 言葉が, 計い, 計らいその, 計画や, 討取ったの, 記憶に, 訪問を, 許に, 試合は, 詰所まで, 話によって, 説なども, 説を, 講演の, 謡いだけが, 謡を, 負けでござる, 責任でござる, 貴君の, 買い取った運命, 質問書に, 足を, 足手まとい, 足許が, 身で, 身では, 身と, 身に, 身にとっては, 身の上を, 身も, 身上よりは, 身体に, 身分でござる, 軽率に, 輩下から, 迎えぐらいで, 迷うて, 連れだ, 遊説に, 運命とが, 運命は, 道づれも, 道場で, 道場の, 選ぶもの, 邸でござる, 邸に, 邸へは, 部屋へ, 郷里水戸の, 酒で, 鑑定する, 門下に, 門弟を, 間だ, 陰茎僅に, 隊では, 隠れ家と, 隠れ家を, 難儀を, 面倒を, 面前では, 面目丸潰れじゃ, 面目何んと, 音を, 頭では, 頭を, 頼みを, 頼み様が, 顔にまで, 飲み代だの, 餞別, 館, 館へ, 首でございます, 駄吟などは, 高弟といふ, 魂は, 鼓だ, 鼻も

▼ 拙者~ (455, 13.3%)

5 お相手, 行って 3 何を, 勝たば, 引き受けて, 引受けるから, 悪かった

2 [20件] いって, ここへ, この家, それに, それを, 保証する, 出て, 出向いて, 君に, 尋ねて, 引受けて, 待って, 拙者か, 甲府に, 直々に, 知って, 見て, 見届けて, 追いかけて, 阿波へ

1 [390件] あずかって, あなたの, あの女, あの引き出物頂戴, あまり愚痴ッ, あらためて受け取っ, あんなに申した, いいと, いい気持, いただくでご, いないと, いま十まで, いま鬮を, いわれるまま, うけたまわる, おしえて, おとも, おひきうけ, お尋ねの, お屋敷, お引きう, お手, お授けうけた, お断わり致さ, お毒味, お里の, お雪ちゃんの, かかること, かく申す, かけ合って, きいてると, ぎゅッと, こうしてうろつい, こうしてここ, こうして釣, ここで, ここに, このへん, この口, この場, この山家, この席, これから行っ, これまでの, ご案内, さがして, しきりに工夫, しんがりを, じかに見た, すぐに, すぐ連れ, すすめて, する, するよう, その一萬兩, その先導, その実験, その笠, その老人, そんなこと, そんなばかげた, たしかに, ために, ついて行って, つきとめて, ところへ, とり戻して, どこまでも, なにを, なろうと, ひとつ出直して, ひとつ屹度いましめ, ひとつ竹外のを, ひとひねり, ひとりで, まいって, まず一刀, またそれと寸分, まだ平太郎, まだ幼稚, まだ弱年, まだ当地, もう一度河北, もう一本, やって, やる, ゆくまで, よきよう, わからないばかり, わかるか, わが物, わざわざ自身, アルコール漬に, ソレその, ホンの, 一つ御馳走を, 一ッ走り行っ, 一代の, 一切を, 一太刀くれた, 一心を以て, 一日に, 一日謡を, 一火流の, 一睨みすれ, 一筆書きましょう, 丁と張る, 七ヵ年の, 万事この, 上って, 下手人にな, 下谷を, 不人情を, 不具と, 主と, 九州人でない, 二度までも, 云った, 亡き先生, 亡師の, 交際し, 亥の, 人の, 人助けの, 今までに, 仕る進軍, 他の, 付いて, 代る, 以前とは, 仲間相手に, 伊八の, 保護し, 借りようと, 偶然東北の, 傍から, 傍に, 先に, 先触れに, 出なん, 出る, 出るからと, 出色し, 勝つ, 勝てば, 勝手に, 化されて, 半方と, 単身下妻の, 原始的で, 参堂いたしましたる, 取ると, 右源太で御座る, 右門でござる, 名を, 君の, 君を, 吹いて, 周瑜なら, 哲学専門なりと, 哲学者である, 喜んで, 喜捨し, 四五日預かっ, 困る御, 坊主にな, 坐ったまま, 外出した, 大ようは, 太鼓判を, 好きな, 好まぬ故, 如意輪寺へ, 妻, 姿を, 媒酌者を, 嫁に, 嫌に, 存分に, 安田一角と, 宰領で, 寄って, 寄進したい, 対手だ, 專三郎を, 尊公をか, 小枝, 屋敷まで, 山川に対して, 巣鴨まで, 工夫し, 工夫中の, 左膳を, 平座し, 平河天神まで, 引きうけたから, 引き取って, 引き受けた, 引き受けたぞ, 引き受けました, 引き受けるから, 引き請けたから, 引受けたご, 引受けますから, 引受けよう, 引受けよう七兵衛おやじ, 引受ける, 当分預り置き, 当地に, 当地へ, 当家の, 役目の, 後暗いこと, 御伝授, 心づけを, 心ばかりの, 心を, 心中の, 心中心持という, 必ず討ち取り申す, 忍んで, 応対し, 応対に, 応対を, 思いとどまって, 思った, 怪しいとでも, 怪しむの, 恩怨もない, 悪い, 悪いどれどれ, 悪いので, 手で, 手取りに, 手荷物を, 打ち割って, 扱って, 承知と, 抑えて, 投節くずし, 抜かりでご, 抜こうと, 拝借したい, 拝見した, 持ちましょう, 持ちましょう誠に, 持ち合して, 持って, 持てば, 持歸つて三年經て, 探しに, 控えで, 放火いたした, 故障を, 救い出しここ, 斬り人, 新影流, 方角ちがいへ, 旅の, 旅中でございました, 日本左衛門を, 早いよ, 時々見廻り, 時の, 曲者を, 替ろう, 有難く頂戴, 本当の, 来た, 東奉行所へ, 案内を, 梅茶亭を, 様子を, 横取, 橋の, 正使に, 正式に, 歩みました西道, 殊更其方, 殺した女子, 殿への, 毒を, 泊り込んで, 注ぎの, 浪人西塔小六と, 済まないと, 潁上から, 無用な, 現われたの, 用人代りに, 申しわけが, 申し上ぐる, 留守を, 病気に, 発起人で, 発起人と, 盗んだに, 目を, 直に蜂須賀村, 相手に, 真っ二つ, 真ッぷたつにしてくれるテ, 真二つ, 眼を, 石で, 秘帖を, 立ち去ってから, 立って, 立換える, 竜之, 答えると, 紛失いたしたる, 綱田屋を, 綸を, 織江殿に, 聞いて, 聟に, 肌を, 肩を, 脇坂です, 脈を, 腕前を, 腹にも, 腹を, 自から, 致しますが, 良心に, 若いうち, 若いまだ, 若い時分, 若江を, 行きましょう, 見えぬか, 見つけて, 見ても, 見事に, 見付けて, 見出して, 覚悟を, 親元にな, 親切に, 言い交した女, 言ひ交した, 言わないこと, 試合に, 詰めかけ千本殿, 誓って, 調べを, 請合って, 諸国に, 豪州シドニー客中に, 貴公を, 貴所の, 贔屓し, 赴きましょう, 起しに, 身上に, 近眼連中を, 送って, 通りかかって, 通り合せなく, 連れて, 進んで, 遠矢を, 遣うと, 遣らぬ決して, 里まで, 釜淵流の, 釣を, 関羽を, 附いて, 陣街道を, 離して, 霊魂に, 霊魂不滅論を, 面を, 音頭を, 頂くかな, 頂戴する, 預かる一同, 預かろう, 預かろう貴殿, 預くかな, 預り役だ, 領主の, 頼んで, 飛び出して, 飲んだ酒, 首を, 鶯を

▼ 拙者~ (322, 9.4%)

6 これで 3 それを, 参ると, 見て 2 あやかりたいほど, こう見え, ここの, よくは, ゼントルマンで御座る, 万吉も, 御同様, 心がけて, 連れて

1 [289件] あたらして, あなたから, あの女, あの方, あの時, あまりに似, あやかりたいもの, いささかぎょっとし, いずれ考え, いはない, いろいろと, いわん, おもしろいこと, お供つかまつろう, お前からの, お前も, お手つだいする, お暇, お犬係り, お船手, お見舞い, お訊ねいたしますまい, かなり先達, かれこれ十何年あちら, きょうは, こうして大道, こうなった, ここで, このごろは, このほど一本を, この名目, この眼, この辺, この道, この金, これからあなた, これから参る, これまで, これまでは, これより, こんな風, さとったよ, すぐあと, すぐ播州, すこし変, すこし耳, ぜひお, そう思う, そう思うた, そう思っ, そう感じました, そう考え, そう見申した, そこに, そこもとと, そなた, そのこと, そのつもり, その事, その仕度, その半日, その奈良井, その日, その気, その沢井, その神尾殿, その長浜, たしかにここ, たしかに一度, たしかに今, ちとあやかりたい, ちょッと, ついでに, ついに勘, つい昨今あれ, つくづく考える, つらくなっ, ともに若君, どちらへでも, なんだかこう聞い, はやくタメトモ, ひとつ新, また乗りかかった, また微, まだ王侯, めずらしい槍, もう八十四, もう当年八十四歳, もう泥棒渡世, もう貴様, もとめましてな, よく存じ, よく存知, よく心得, よく知っ, アンマリ飲み, 一人旅御, 一同とともに, 一太刀左の, 一度その, 一度は, 一文も, 一日たり, 一時は, 一本の, 一番器量一杯という, 一緒に, 不審に, 久しぶりで, 二十歳ばかり, 二月二十五日より, 井上嘉門殿の, 亦お尋ね, 今しがたまでは, 今は, 今宵は, 今日の, 今日より, 今物を, 今程, 今駈けつけた, 仕度を, 以前から, 伊賀流の, 何かの, 何も, 信じて, 先日来の, 共に興, 共に雨龍太郎, 其の恩義, 其許も, 兼ねて, 冗談は, 刀が, 切支丹宗徒の, 包み兼ねて, 十余名の, 厄介人の, 参って, 参会した, 同じく剣道, 同じ人間, 同じ巫女, 同感だ, 同様でござる, 同行する, 名のって, 名のり申そう, 向こうへ, 君の, 吾輩も, 唯心論の, 喜しく思ふ, 四の, 国を, 変な, 夢の, 大事に, 大阪に, 好んで, 子供の, 存じて, 実は夜目, 実は奥方, 実は青く, 家を, 察して, 尊公の, 尺八は, 居るよ, 岡つ, 左様思っ, 市十郎の, 帰りたいと, 年来蘭書, 幸いに, 弱ったの, 弱り切って, 当分この, 当地へ, 彼女に, 彼等と, 御曹子などと, 御覧の, 徽典館へ, 心を, 心得てを, 心苦しい, 必死と, 忌いましくなっ, 忙しいから, 思って, 思わず涙, 思案を, 恋を, 悉く胆, 意外な, 意気地として, 慾ばかり, 手を, 承って, 折々は, 抜く溝部, 教えられるふし, 数々敵を, 数年前に, 旅の, 日本を, 昨日あの, 是非, 最初は, 木曽へ, 本日の, 村に, 柳営の, 欲望は, 歌を, 止むを, 武士じゃ, 武士だ, 武士であれ, 武士の, 武士頼まれた, 母の, 永い忍苦, 江戸へ, 江戸児で, 江戸立ちじゃ, 江戸表に, 泣かされたもの, 滝川長兵衛だ, 潜入いたした, 然う, 甚だ心強い, 生国は, 男いたずらにたま, 男だ, 留守を, 疑うの, 疲れて, 病床を, 盗賊に, 目のあたり実見いたし, 真面目には, 知って, 知らなかつたかうと, 知らぬ, 知らぬでは, 知らぬ世間, 石にあたり, 確と, 筆を, 考えて, 職掌柄で, 肉親同様不憫に, 腰を, 腹を, 臍を, 自分ながら, 至って孝心, 舟で, 良人として, 若気の, 行は, 計らずお世話, 諸国を, 貴公に, 貴殿の, 身を, 近い所, 近ごろ悟る, 近づきが, 近藤右門こよい, 近道を, 近頃つくづく, 退散いたしまする, 遁さぬ, 遥かに, 重なる縁, 長崎の, 長旅で, 長浜まで, 門人も, 門倉うじも, 門跡へ, 阿波へ, 頂戴致したい, 飯島を

▼ 拙者~ (180, 5.2%)

3 しても, 於ても, 見せて 2 お譲り, したって, とれば, 任せて, 任せるが, 何か, 向って, 従いて, 於ては, 知られずに

1 [151件] あると, いま陣中に, おおせつけねがいとう, おかしたまわるなら, おかまいなく, おつづきなさる, おまかせなさい, おゆずりくださらぬ, お任せ下さい, お味方, お委せあれ, お渡し下され, お話しなされい, お貸し下さい, かまわずお, かまわずここ, かまわず三人, きくとは, きまっておる, くれました, このまま, この梁楷, これ, ご不満, さよう, してからが, しばらくの, すすめた趙範, ぜひ会いたい, そのお, その駒井能登守, それと, たずねるには, つかないで, つかまれ, つきとめられて, つれなく召さる, どこへ, なついて, なり代って, なんで, はござり申す, まかせて, まだ聊かの, むかって, わからんこと, 一つの, 一大事を, 万事御, 下さるまいか, 不覚を, 中座せよ, 二三百の, 代って, 任かせ, 任せ給え, 伴れ, 何の, 何を, 何んの, 依托せられたその, 免じて, 刃向うほどの, 切り付けおった, 助太刀を, 友造君を, 取つて, 口実を, 向かい, 問いただす廉, 問うつもり, 報ずる所以, 声を, 夜具を, 女房は, 存じよりが, 実を, 少しく不用, 少し分け, 島津家が, 幕府の, 引き渡すべし, 引き渡すべしと, 弟子入りし, 待てと, 待てとか, 御用だ, 心当りの, 怨みが, 怪しい素振り, 恋慕の, 恨みあって, 恩を, 手を, 手向かいいたしたな, 折入っ, 指南し, 挑みかけて, 捕ったが, 捨てられたからと, 掛合って, 教えて, 斬って, 於いて, 於いては, 於て, 旨を, 楯を, 構わず先, 毒蛇を, 江戸へ, 油断が, 渡して, 無用の, 王国を, 用が, 用事か, 申し出たところ, 相愛の, 相談を, 眼に, 示しさらに, 立会って, 縁は, 罪が, 聞きたい人, 能く, 腹を, 蝋燭を, 親切を, 言ったって, 許されますよう, 訴えるところ, 詫びを, 話が, 話といった, 読んで, 諸国修行を, 講演を, 譲つては, 譲る気づかいも, 負けたでは, 貸して, 賜わるが, 近よれぬ, 違いない, 隠しては, 預けて, 願いという, 食言いたせ, 飽きた暁

▼ 拙者~ (156, 4.5%)

3 して, 見遁 2 お呼びに, ここまで, 案内し, 襲ったの, 討とうと, 賊に

1 [138件] あの里, おつなぎ, おなぶりなすった, おびんずる, お召捕り, お呼びか, お呼びなされた, お引き, お弟子, お忘れ, お恨み, お放しなさるまい, このまま, こんなところ, ご存じの, そちは, その躑躅ヶ崎, たずねて, つかまえる, つけ狙うて, どうしよう, はじめと, はじめ同志を, よくは, バカと, 三五兵衛と, 三文や, 不忠者と, 京都に, 仇と, 作阿弥と, 出世さし, 初めすべての, 加えて, 助けること, 努め励ましては, 可愛がって, 叱って, 呑んで, 呼び止めたの, 呼び迎えながら, 呼ぶに, 呼ぶは, 嫌って, 嬲りついに, 嬲りに, 存じおるはず, 尋ねて, 導きまして, 少しも, 左様な, 差した事, 弄り物, 待ちうけて, 待ちうけるの, 待って, 思って, 恨むに, 恨む新, 愚弄した, 愛しても, 憎まないが, 憎みこそ, 手籠に, 打ち負かすほどの, 打ち込んだあの, 拙者とも, 捉えて, 捕えたよう, 敵と, 敵呼ばわり片腹痛し, 斬る気, 東儀と, 根深く恨ん, 案じて, 案内致せ, 欺きまして, 止ど, 止めようと, 武芸者だ, 死なせませんでした, 残して, 殺そうと, 殺そうという, 殺めようとして, 江戸まで, 泊めて, 狙う半, 狙って, 疑わるるか, 白浪仲間とでも, 目掛けて, 盲目に, 知って, 知ません, 絡めたくらい, 置いて, 胡散と, 臆病と, 衝き当らせたから, 襲われた, 襲われたの, 見くびりおるな, 見せて, 見つけて, 見のがして, 見忘れなされは, 見忘れは, 見縊るな, 覗う, 討ち取って, 討ち取るだけに, 討ち取ると, 討って, 討つこと, 討つ心境, 討つ時, 討て, 討とうとは, 記憶し, 訪ねて, 詛うて, 認めたと, 認め走り, 誘拐しか, 調べにでも, 讐仇と, 責めるには, 躑躅ヶ崎まで, 辱めて, 追いかけ廻して, 追っかけ, 追って, 追ってこの, 追って来た, 遣わさるれば, 選んだの, 阿賀妻と

▼ 拙者~ (77, 2.2%)

7 一緒に 3 いたしましては 2 いえども, きた日, 同道し, 貴殿とは

1 [59件] いきおいこんで, いたしては, いっしょに, いるが, お腰元, きまりましてから, これなる, つき合って, ともに江戸, どっちに, 一処に, 一騎打だ, 二人がかりで, 五郎魔が, 井上これを, 井村との, 京極家の, 伯父一族とには, 住むこと, 佐, 何んの, 入れちがいに, 其方とが, 同じご, 同じよう, 同伴乾児と共に, 同姓の, 同宗, 同船いたす, 同道する, 同道せい, 嘗めようお, 城彈三郎は, 夜もすがら炉辺, 大垣殿は, 太刀を, 女房の, 小平太どのとは, 川上氏とで, 彼とは, 彼の, 月江様とは, 月江殿を, 来ては, 槍を, 死んで, 江戸へ, 浪太郎殿が, 浪太郎殿と, 浪太郎殿は, 玄蕃と, 話して, 話は, 誓って, 違って, 鉢合せを, 離れぬよう, 雪之, 駒吉殿だ

▼ 拙者には~ (64, 1.9%)

2 わからない, 拙者の, 沈南蘋の

1 [58件] いちいち歴々, いま申した, お気の毒, こうなる, その娘, その気力, それを, ちと強, とんと判断, どうもわからなくなった, ないです承るだけに, べつな, まだ定, よくわかる, よく諒, わからん, グッと, ハッキリと, 一ツよく, 下手人の, 何かしら霊感という, 兄弟は, 分らないよ, 別に望み, 別に本名, 十数人の, 又箱根町, 名刀と, 向きさ, 君の, 商売柄そう, 多年使い馴れた, 女房じゃ, 少々荷, 幾人か, 思えぬ, 思われまするが, 思案も, 怨みが, 怪しまれる, 拙者としての, 武力は, 用の, 用は, 疎くなった, 破門される, 竹馬の, 美服は, 船の, 茫漠な, 見える, 見られるほどに, 解せぬこと, 解せませぬ, 解って, 貴殿の, 隠れたる罪, 魅入られるよう

▼ 拙者にも~ (29, 0.8%)

1 [29件] いっこう考え, おぼろげながら, たった一つ, てんで見当, とんと合点, もはや女房, やさしい言葉, やれようはず, よく分かっ, わかって, わからぬ, わからんその, トント解らない, 了簡が, 今まで, 分りません所, 匿名書で, 多少の, 存じ寄りが, 思い当りは, 恩師御, 智恵が, 熊谷と, 疑問で, 真如から, 縁の, 考えが, 解せぬ田中, 解らぬわい

▼ 拙者~ (25, 0.7%)

1 [25件] が万事, が出向い, でお, ではござらぬ, において先, にはいっこう, には御, には更に, に任せる, に対する御, の仕事, の伝手, の名誉, の役目, の目, の知っ, の筆, の部屋, は, はなに, は一向に, は曲者, は歩い, は身ぶるい, ヘ委任

▼ 拙者一人~ (24, 0.7%)

1 [24件] が生き伸び, が罪, が致します, が行く, が道, だけで, だけは, だけ帰っ, で, でたくさん, でも, でよい, でよろしく, で何とか, で大丈夫, で往きます, で最初様子, ならすぐ, に大勢がかり, に女一人, のみなれ, の心得, の恥, は夫

▼ 拙者~ (18, 0.5%)

1 [18件] からいい, からそれ, からただあて, がお茶, が御用, この伊坂權内, さあ討ち取れ, とてあ, とてそれ, よ, 一式小一郎だ, 何の, 南条だ, 守人でござる, 拙者だ, 数右衛門でござる, 無意味に, 覚心坊の

▼ 拙者から~ (15, 0.4%)

1 [15件] いい渡し, いのち乞いを, せなければ, 久右衛門殿, 名のり申す, 太夫に, 奉献する, 幾重にもお詫び, 懲らして, 改めて鳰鳥, 果し合いを, 申入れる, 言って, 貴殿に対して, 起こったこと

▼ 拙者とは~ (13, 0.4%)

2 必然的に, 讐敵同士 1 何んの, 前から, 壬生の, 多少の, 年来の, 従兄妹でござる, 果心居士先生の, 相違が, 若いころ

▼ 拙者~ (13, 0.4%)

2 の身分

1 [11件] が弥次馬顔, が徒歩, といえ, と行動, に与するなら, の建築, の手, の膳, はその, もここ, も二

▼ 拙者では~ (12, 0.3%)

4 ない 1 ござらぬ, どうでしょう, ないが, ない今日, ない助けよう, なくそう, 無いさ, 無い拙者一人

▼ 拙者などは~ (11, 0.3%)

1 [11件] ごく小食, その一人, 今日なお, 只でさえ, 士分以外の, 山の, 微力ながら, 早く親, 無芸である, 生来悪い, 陰気な

▼ 拙者とても~ (10, 0.3%)

1 今日はじめて, 十日後には, 同じであった, 同じ事, 強いて, 無条件で, 片時も, 皆目の, 致し方が, 若い時分

▼ 拙者ひとり~ (10, 0.3%)

1 か熊太郎どの, が引上げ, でよろしかろ, で一ッ走り, で寒, で沢山, で申, で結構, を杖, 助かっては

▼ 拙者より~ (10, 0.3%)

1 お訊きしたい, 位置が, 先に, 先を, 呈出しおる, 外には, 庄左衛門殿に, 申そうその或, 申談候てつが, 直々因果を

▼ 拙者にとっては~ (9, 0.3%)

1 あくまで母上, この上, 二つと, 何よりの, 八幡城を, 旧主の, 残念でござる, 活路です, 許すも

▼ 拙者~ (9, 0.3%)

2 ついて 1 このよう, 危害を, 対して, 毒蛇を, 申しつかった役目, 遣わしましたところ, 金を

▼ 拙者~ (8, 0.2%)

2 屋敷へまで 1 暇つかまつる, 毒味を, 相伴いたしましょう, 相手お下がりある, 相手その間に, 邸に

▼ 拙者ども~ (8, 0.2%)

1 に何, に心, の才能, はそれ, は芸妓小峯, またお, までなぐさめ, もお

▼ 拙者こそ~ (6, 0.2%)

1 あなたの, お恥ずかしく, その冠者, 兄上に, 大きに失礼, 花村甚五衛門の

▼ 拙者この~ (6, 0.2%)

2 場において 1 儘頂戴致す, 帳中で, 度仮令, 眼で

▼ 拙者~ (6, 0.2%)

1 ござりまする, さへ, もござりませぬぞ, 別にまた, 御不足, 貴殿では

▼ 拙者という~ (6, 0.2%)

2 ものが, ものは 1 人間こそ, 人間を

▼ 拙者として~ (6, 0.2%)

1 このまま会津征伐, まず第, めったに手, 斯様な, 皆に, 語りつくすところ

▼ 拙者にとっても~ (6, 0.2%)

1 よろこびの, 不相応だ, 怨みが, 恋仇だ, 残念至極, 貴殿は

▼ 拙者貴殿~ (6, 0.2%)

1 に対してはいろいろ, に怨み, に悪い, の恋人, へ助太刀, へ申し上げました

▼ 拙者とて~ (5, 0.1%)

1 同じでござる, 素より気まずい, 芸者に, 若い身空, 酔興で

▼ 拙者との~ (5, 0.1%)

1 争いも, 武芸争いの, 間に, 間を, 關係詳しく

▼ 拙者これ~ (4, 0.1%)

1 が道楽, までのそ, まで人, より同道

▼ 拙者たち~ (4, 0.1%)

1 が知った, が立った, もこれ, も旅

▼ 拙者としては~ (4, 0.1%)

1 あなた方の, 嫌でも, 自分の, 黙許出来

▼ 拙者と共に~ (4, 0.1%)

1 お屋敷, 宿所まで, 彼の, 道場通いを

▼ 拙者など~ (4, 0.1%)

1 お伴の, お相手, 失礼ながら, 率先し

▼ 拙者ばかり~ (4, 0.1%)

1 でなくこういう, でなくだれ, でなく貴, では

▼ 拙者~ (4, 0.1%)

1 では尊顔, へ参る, へ預け, よりも誠に

▼ 拙者~ (3, 0.1%)

1 新九郎という, 春日新九郎なんて, 碁など

▼ 拙者~ (3, 0.1%)

2 拙者の 1 この拙者

▼ 拙者こと~ (3, 0.1%)

1 は七年前汝, は伊東頼母, は当

▼ 拙者ごとき~ (3, 0.1%)

1 の類, も痛憤, 者は

▼ 拙者その~ (3, 0.1%)

1 元, 貴殿より, 長として

▼ 拙者ただ今~ (3, 0.1%)

1 偽りを, 申したこと, 討ち果したもの

▼ 拙者でござる~ (3, 0.1%)

1 ぞ, ぞ杉浪, よ

▼ 拙者としても~ (3, 0.1%)

1 お詫びの, こんな教え甲斐, またおのずから

▼ 拙者なども~ (3, 0.1%)

1 そうかも, 痛くない, 霊魂は

▼ 拙者において~ (3, 0.1%)

1 思案の, 所望いたしたい, 異議が

▼ 拙者はな~ (3, 0.1%)

1 お屋敷内, 切り紙だ, 足こそ

▼ 拙者よりも~ (3, 0.1%)

1 かの放蕩, 前かたより, 貴殿よりも

▼ 拙者~ (3, 0.1%)

1 は右京次郎, は同じく, は江川太郎左衛門

▼ 拙者必ず~ (3, 0.1%)

1 槍先を, 源女を, 解くでござろう

▼ 拙者看破~ (3, 0.1%)

2 をいたし 1 いたして

▼ 拙者~ (3, 0.1%)

1 と約束, は役目, を誰

▼ 拙者あの~ (2, 0.1%)

1 一剋の, 娘を

▼ 拙者かな~ (2, 0.1%)

1 さあ何者, 拙者かな

▼ 拙者からも~ (2, 0.1%)

1 再三若君, 示談の

▼ 拙者ここ~ (2, 0.1%)

1 で果し合い, へ出向い

▼ 拙者~ (2, 0.1%)

2 なたに

▼ 拙者だけが~ (2, 0.1%)

1 登り道, 音を

▼ 拙者だけの~ (2, 0.1%)

1 勤めを, 成敗為る

▼ 拙者だけは~ (2, 0.1%)

1 ほんとだ, 破格だ

▼ 拙者だって~ (2, 0.1%)

1 そう没風流, 意地で

▼ 拙者です~ (2, 0.1%)

1 か拙者, 君たちの

▼ 拙者でも~ (2, 0.1%)

1 余りと, 分らぬこと

▼ 拙者とが~ (2, 0.1%)

1 しめし合わせて, 立戻っ

▼ 拙者なぞは~ (2, 0.1%)

1 京都に, 白熱的に

▼ 拙者などの~ (2, 0.1%)

1 唯心的方面より, 唯心的眼光を

▼ 拙者においては~ (2, 0.1%)

1 この年頃, 赤尾の

▼ 拙者においても~ (2, 0.1%)

1 信じきれぬの, 引き付けられその

▼ 拙者におきましては~ (2, 0.1%)

1 あの巫女, この邂逅

▼ 拙者にとって~ (2, 0.1%)

1 不思議に, 反対者でござれ

▼ 拙者はじめ~ (2, 0.1%)

1 あらゆる手, 思いました

▼ 拙者への~ (2, 0.1%)

1 お礼よりも, 書面か

▼ 拙者へも~ (2, 0.1%)

1 じろりと薄気味, 伝授なき

▼ 拙者~ (2, 0.1%)

1 に万事, に道案内

▼ 拙者一代~ (2, 0.1%)

1 の孝道, の過ち

▼ 拙者一存~ (2, 0.1%)

1 で七日, の取

▼ 拙者一度~ (2, 0.1%)

1 で充分, はこの

▼ 拙者五年~ (2, 0.1%)

1 の苦心, の間

▼ 拙者~ (2, 0.1%)

1 しばらくながめさせ, までその

▼ 拙者参っ~ (2, 0.1%)

1 てあべこべ, てござる

▼ 拙者如き~ (2, 0.1%)

1 の知る, の首

▼ 拙者~ (2, 0.1%)

1 に幾日, へ是

▼ 拙者屋敷~ (2, 0.1%)

1 に参り, へお

▼ 拙者~ (2, 0.1%)

1 あって, に飛んだ

▼ 拙者未だ~ (2, 0.1%)

1 之を, 観音経は

▼ 拙者江戸~ (2, 0.1%)

1 の人屋, へ帰っ

▼ 拙者決して~ (2, 0.1%)

1 取り合いませぬぞ, 雇いませんな

▼ 拙者~ (2, 0.1%)

1 より承っ, より承った

▼ 拙者申した~ (2, 0.1%)

1 ところ突然, のじゃ

▼ 拙者自身~ (2, 0.1%)

1 で入る, で山科

▼ 拙者貴様~ (2, 0.1%)

1 のその, の様子

▼1* [272件]

拙者あとを慕っ, 拙者いかにもお名差し, 拙者いさぎよく名乘つて, 拙者いずれ左膳に, 拙者いつでも討たれ, 拙者うけたまわりたいその上, 拙者うまれつき粗忽に, 拙者お知らせいたそう, 拙者かくなり果てし上, 拙者かつて九州を, 拙者かわって, 拙者がか何かで, 拙者くだくだしゅうは言わぬ, 拙者ぐらいのものです, 拙者ぐらゐのものですよとおどかす, 拙者こそは浪人にて, 拙者こと武者修行のため, 拙者こと江戸の浪人, 拙者こと萬一非業に相, 拙者この間意外なところ, 拙者これから屋敷へ, 拙者ころびましたがどうやら, 拙者案内を, 拙者ような, 拙者しかと突きとめ, 拙者じゃ鈴木の, 拙者すなわち卜翁でござる, 拙者せがれ弥七郎儀七年このかた芝露月町土偶師泥斎方, 拙者そのため上の命, 拙者ただいま思案いたした, 拙者だけを神尾殿に, 拙者ちと変り者で, 拙者つまり蛙イケシャアシャアね, 拙者であってみれ, 拙者であると太鼓バン, 拙者でさえ腹が, 拙者としての仕事が, 拙者とでは身を, 拙者とも分りませず, 拙者どこへ参ろう, 拙者ども御用向を承り置きまし, 拙者なぞそなた, 拙者などが茅屋破, 拙者などとは事変わり, 拙者などにわかるもの, 拙者などには及びも, 拙者ならば旅, 拙者ならびに同行の, 拙者なりゃその方, 拙者なんぞにも手伝わせて, 拙者なんぞは無茶です, 拙者なんぞもこのうえ金, 拙者なんど人屋にて死に候え, 拙者にだけはお便りを, 拙者についてあれも, 拙者にばかり物云わす, 拙者に対して苦言を, 拙者に関する限りお, 拙者のみ思っても, 拙者のみといわず同, 拙者のやしきに, 拙者はつぎの宿直, 拙者ひどい目に, 拙者へは同時に二人, 拙者まさに引き受け申したぞ, 拙者また御老台, 拙者まだ拝見を, 拙者まったく知らんの, 拙者までが又候同様, 拙者までも腹でも, 拙者めったにヒケ, 拙者もちと急, 拙者ゆえ何と仰せられ, 拙者ゆるされたらこの土地, 拙者よりはかえってそちら, 拙者らこれよりサッポロ, 拙者ら一味のため, 拙者ら兄弟の父, 拙者ら生命を賭し, 拙者ら相談いたし盗人, 拙者わざわざ貴殿の, 拙者をかぼうて, 拙者をとは限らぬ水戸, 拙者一人右足でふみきる, 拙者一人推参すると, 拙者一個としてはあれ, 拙者一家に於ける, 拙者一己の安心, 拙者一松斎の手元, 拙者一流の兵法, 拙者一走りして, 拙者一足先へ参っ, 拙者一身のため, 拙者万吉を召し連れまし, 拙者上海において珍, 拙者不孝ながら孝, 拙者不学といえ, 拙者不案内でござるよ, 拙者不覚を取りまし, 拙者にある, 拙者丹生川平へ参る, 拙者主人島五六郎樣始め拙者までも腹, 拙者主人島五六郎殿は御, 拙者主人美作守は小, 拙者主從を助ける, 拙者乃チ旗田鶴彌ハ昭和十五年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作, 拙者争いはいつ, 拙者事なにがしが門人, 拙者事四五年以前まで御, 拙者事明治二十三年十一月より本年二月, 拙者二十九の春, 拙者五郎蔵はじめ五郎蔵の乾児ども, 拙者今夜はいかなる, 拙者今夜ここを立つ, 拙者今日参ったは, 拙者今月は月番, 拙者代りに御, 拙者代わって償いましょう, 拙者代わりの品物, 拙者何処そこの某, 拙者個人の恥辱, 拙者の注文, 拙者老足可, 拙者儀今般政府へ尋問, 拙者儀今般政府尋問の廉有, 拙者儀領内の女共, 拙者元服すると, 拙者兄弟はなんと, 拙者ほど阿婆擦れ, 拙者先刻も申した, 拙者先日迄才, 拙者共手付にいたし, 拙者を納め, 拙者切腹を仰せ付けられなかつた, 拙者初め沖田永倉藤堂倅周平右五人に御座候, 拙者初対面から怪しい, 拙者を持ちませぬ, 拙者に津山, 拙者は東軍流, 拙者剣侠を志し, 拙者たば, 拙者十二神貝十郎でござる, 拙者参上いたしたの, 拙者及ばずながらご, 拙者酔って, 拙者大きらいでござるて, 拙者に, 拙者妻こと京より離別, 拙者始め沖田永倉藤堂倅周平右五人に御座候, 拙者姓名は, 拙者嫉妬をしない, 拙者宇津木矩之丞怨みを受ける, 拙者対手仕ります, 拙者少々感心し, 拙者居残病人手厚, 拙者屹度調るぞ, 拙者師匠は浅利又七郎, 拙者年来のウンチク, 拙者幼年の頃, 拙者幾重にもおわび, 拙者庄八郎殿には数々, 拙者府中へまかりこし, 拙者当地へ参っ, 拙者役目違いの儀, 拙者往年この町, 拙者後ろをかためる, 拙者従来確執ござる, 拙者心ゆくまで斬りむすんだおぼえ, 拙者必要必要でござる, 拙者剣に, 拙者愚考いたし係, 拙者付かぬとは, 拙者所持して, 拙者所望の品, 拙者に入れた, 拙者手弁当で出かける, 拙者手引き致して, 拙者打明けて恥, 拙者推薦いたしたきは, 拙者政府え對, 拙者数日前備前屋の店頭, 拙者断じて他言致さぬ, 拙者新米昆虫館の掟, 拙者方家人の粗忽, 拙者明日は早々, 拙者は町奉行, 拙者是非とも, 拙者木剣が得意, 拙者本懐之至り, 拙者本日よりカメ殿, 拙者本来八岐大蛇の転生, 拙者合わせて, 拙者東京に出る, 拙者松浦様の家来, 拙者松軒其儘油川居残, 拙者柳田平治です, 拙者止むに止まれぬ, 拙者武器を持っ, 拙者死相は当然, 拙者殺してよい, 拙者水品陣十郎と申す, 拙者水火もいとい申さぬ, 拙者永年祕藏して, 拙者江戸表へ帰ります, 拙者洒落に物, 拙者活路をひらきましょう, 拙者浪速あやめより淀屋, 拙者深夜にまいった, 拙者源三郎と明朝, 拙者火急のこと, 拙者は持っ, 拙者生れてより, 拙者生害の上, 拙者申しひらきを致します, 拙者申しましたので貴殿, 拙者畢生の過ち, 拙者相当の取越し, 拙者真っ先に叩き斬る, 拙者が冴え, 拙者眼前に現れましたで, 拙者知り合いの者, 拙者秋山要介, 拙者突き止めてお, 拙者立ち合い致して手並み, 拙者立つ瀬が御座らぬ, 拙者立て替えた銭お, 拙者等父祖先輩諸氏の義慨, 拙者箱根下山の際, 拙者納谷殿屋敷へ参る, 拙者組み止めお引き渡す, 拙者のない, 拙者この度江戸表, 拙者考えますお屋敷, 拙者自らいささか行うた, 拙者自分で調べ, 拙者致すべくその間に, 拙者芳敏の三人, 拙者若年のみぎりお家, 拙者若江を連出し, 拙者苦心に苦心, 拙者落籍が致したい, 拙者葉末さんの御意, 拙者血路をひらきましょう, 拙者介秋山要, 拙者てまいりましょう, 拙者見届け押込みと, 拙者親元になつて, 拙者親共より形見, 拙者試していた, 拙者殿方を, 拙者をもっ, 拙者身上は前, 拙者身体の続く, 拙者退治て進ぜよう, 拙者逃隠れはいたしません, 拙者通俗の概念, 拙者道了塚のほとり, 拙者道庵のあこがれ, 拙者も見たい, 拙者遠慮なく労り介抱いたし, 拙者金三郎の身代わり, 拙者鎧櫃の血汐, 拙者長屋へ, 拙者係らぬぞ, 拙者雨具を持たん, 拙者非常に幸福, 拙者面会致してな, 拙者頭上をめがけ, 拙者頼母めを背後, 拙者打って, 拙者か駕籠, 拙者驚き入り申した