青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拔~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~押 押~ 押え~ ~押し 押し~ 抽象~ 拂~ ~拍子 拍子~ ~拔
拔~
拘らず~ 拙者~ 招待~ 拭い~ 拳~ ~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~

「拔~」 2456, 27ppm, 4385位

▼ 拔~ (482, 19.6%)

69 出して 14 だな 13 荷を 10 荷の 9 ようと 8 なこと, 目の 5 なければ, 出したの, 出て, 穴の, 荷 4 なもの, なんだ, ます, 目が 3 だ, 出さうと, 出すこと, 出すの, 穴を

2 [28件] きらなかつたで, だと, ぢや, でも, なかつた, なの, ぬ, ました, ません, みたいな, 出しさ, 出したか, 出したやう, 出し加減, 出すと, 出せるの, 出で, 奴, 毛を, 目は, 穴から, 荷でも, 荷も, 荷や, 荷扱ひ, 裏の, 驅けし, 驅けの

1 [239件] おちて, おばあさんの, がけの, きらない可愛らしい, きれない十四, きれない可愛らし, きれない未完成, きれない言葉, きれませんが, この連中, ざれば, すべての, そして雷門, それから北四條一丁目, たつて, たま, たら土橋, たら明朝, たるが, たる夫, たる時を以て, たれば, だからどうせうかと, だからな, だが, だつたので, だね, だねエ, だ八五郎, つく, づらに, てないの, てるこの, である, ですが, ですがね, ですよ, でて, でなきや, でぼんやり, で類, で飛び上がり者, ない, ないぢ, ないところ, ないの, ないので, ないらしく, ないん, ない初々しい女房振り, ない奴, ない年増, ない強固, ない筈, ない身體, ない道, なおコンコン, なかつたぢ, なかつたもの, なかつたやう, なくな, なくなる, なんです, ばいづれ, ばその, ば一本, ば四分許, ば大きな, ば村, ば直ぐ, ひとは, ますか, ますから, ますが, ますと, ませんか, め, めなく, めなし, めの, やうと, ようとしても, ようとは, 丁度その, 上つた額と, 二人拔け, 井戸端に, 代つて, 出させようと, 出しあと, 出しこれ, 出した, 出したお, 出したくなる, 出したこと, 出したと, 出したといふ, 出したところ, 出したには, 出したまま, 出したもの, 出したり, 出したん, 出した一人, 出した島田, 出した後, 出した惡鬼, 出した時分, 出した男, 出した辰次, 出した途端, 出しちや, 出しては, 出しても, 出してを, 出しました, 出しましたが, 出しやう, 出し仲間, 出し凉舟, 出し大, 出し彌, 出し樂屋裏, 出し窓, 出し表, 出すといふ, 出すなんと, 出すやう, 出す工夫, 出す暇, 出せさ, 出せない攻め手, 出せやしません, 出せるか, 出せること, 出せるし, 出せる道理, 出た, 出ただけで, 出たの, 出たよりも, 出た樣, 出た火山, 出た貪婪さ, 出でて, 出でぬ, 出でん, 出ると, 出るばかりの, 切つてしかも, 切つてゐる, 切らないせゐで, 切らないの, 切らないのに, 切らない平次, 切ること, 切れないの, 切れないもの, 十四五の, 去つた美しい, 去るやう, 去る刹那, 夏の, 奴ツ, 子供心にも, 寒くなつちや, 常に流通, 彼を, 得る筈, 悉く櫻, 戀の, 木挽橋を, 果てたやう, 次の, 歐米人の, 此方に, 殼, 殼か, 殼の, 殼を, 毛が, 氷川神社の, 灰色の, 無盡, 牛伴の, 目ない, 眞つ, 神代を, 穴が, 穴だ, 穴でも, 穴知らず, 自分の, 茶わん, 荷か, 荷さばきと, 荷だ, 荷で, 荷と, 荷は, 荷仲間で, 荷仲間の, 荷密輸入された, 荷檢擧騷ぎから, 落ちさうになつたま, 落ちたの, 落ちたやう, 落ちた位牌, 落ちた猪首, 落ちた穴, 落ちて, 落ちるやう, 衣紋に, 裏が, 裏で, 裏でも, 裏も, 裏を, 裏傳ひ, 裏娘の, 詣りだらう, 詣りには, 詣りも, 路である, 路を, 路地を, 通れかし, 道から, 道へ, 郵便局の, 隣の, 難いから, 顏に, 駈けて, 騷ぎをしてゐた室とも, 騷ぎをやらうといふ計略な, 驅け, 鳥も, 齒ざはりのいゝあへものとなるのである

▼ 拔~ (405, 16.5%)

20 てゐる 16 て居る 15 てゐた 11 て來, て見る 10 てその 8 てくれ 6 てある, てゐ, て居た 5 てそれ 3 て, ている, てこの, てし, て行く, て見ました

2 [21件] てお, てくれたら, てくれたら死なれるだらう, てしまふ, てそこ, てやらう, てやる, てパツ, て先, て呑ん, て居りました, て居ります, て戰, て持つ, て疊, て私, て窓, て行, て遣つ, て遣る, て障子

1 [231件] たりし, たりする, たり散々, だこと, てあ, てあげたい, てあつ, てあの, てあり, てあります, ていきなり, ていつ, ています, ていらつ, ていろ, ておい, ておいた, ておられる, てお勝手, てから又, てきた, てこそ初めて, てこれ, てした, てしなだれ掛かる, てしまった, てしまつ, てしまつたの, てしまはない, てしまひかける, てそつ, てそれでも, てたべ, てちやん, てつけ, てでもゐる, てなこの, てな鬘, ての果し, てはいけない, てはつた, てはならん, てはりつけ, ては出まかせ, ては懷, てひろい, てふら, てみる, てもう, てもどうして, てもどうしても, ても二千兩, ても何, ても命, ても多賀屋勘兵衞, ても捉, てや, てやつ, てゐたなら, てゐない, てゐなかつたなら, てゐなけれ, てゐました, てゐるらしく, てイヅモタケル, てガラツ八, てクワツ, てストン, てパラパラ, てピカリ, てポカ, て一擧, て一時, て一服, て一段と, て一番, て三崎町, て上げませう, て下, て下さいまし, て下され, て下手人, て並べる, て中, て主人, て之, て了つた頃, て二三度手, て二人, て二品, て二百二十人, て何ん, て何處, て來い, て來さうに, て例證, て保守主義者, て停車場, て傍, て僕, て兄, て八方, て其一つ, て其處, て凍付い, て出し, て出る, て切つて, て切符, て刻ん, て力, て力任せ, て北歐風, て午吉殺し, て又, て同封, て向, て呉れ, て器, て大きな, て大地, て天下, て妙, て娘, て家主, て少し, て左, て巻きつけ, て平次, て底, て後, て御, て御子, て心臟, て我と, て手一杯, て打, て拵, て指, て捨て, て捨てた, て文庫, て斬り付けました, て斬るだらう, て斯, て明かした, て明神下, て晩秋, て本書, て机, て棧留め, て椅子, て正午, て此處, て武士, て死ぬ, て死んだ, て殺し, て水, て江戸, て河内屋, て波, て潜戸, て火氣, て灯り, て煤, て燭臺, て牢格子, て特別, て犇, て狂, て猛然と, て珊瑚, て生垣, て用箪笥, て痒, て白紙, て百千キロ, て眞綿, て眼, て瞳, て秋, て穴, て立向, て紅白粉, て置い, て置いた, て脅かし, て脅かした, て脅し, て脇腹, て膝, て自刃, て自分, て舷, て良い, て草臥れる, て萬, て萬七, て蟲齒, て血祭り, て補, て裾, て見, て見せ, て見せる, て見た, て見てくれ, て見ろ, て言, て調べました, て讀ん, て豫, て貰, て貼りつけた, て近頃, て返された, て追, て逆さま, て金, て階下, て隣り, て難題, て飛んだ, て飛上りさま, て飮, て飯粒, て鬢, て麥笛, て麻繩, て龍

▼ 拔けて~ (189, 7.7%)

6 來た 2 いつた, しまつ, ゐて, ゐるやう, 來る, 居るぜ

1 [171件] いくらか危險, いつたの, おかしくな, お六婆ア, お宮の, きた黄いろく, くつきりと, くる, しば, しまつて, しまつて殘る, しまひました, しまふの, するりと開く, そこから, そして其の, その丘, その婦人, それを, とんぼ返り, はいって, ぶら, ぽかんとした, まゐりました, やう, やつて, ゆく, ゆくこの, ゆく老婆たち, よい, ゐた缺點, ゐない, ゐなかつたお, ゐましたよ, ゐるぢ, ゐると, ガラツ八の, ギラギラする, コソコソと, サツと, ヘナ, ポコリと, 一同に, 一方の, 上がけの, 上段の, 上等の, 上野へ, 中妻へか, 了つた, 了つたやうに, 了つてゐた, 了ツた, 二人の, 五日目に, 井戸端に, 仕やう, 仕舞つて既に, 何處へ, 來ても, 來ました, 修道院の, 倒れさうに, 傘よりも, 其處ら中に, 切戸は, 勢ひ, 半之丞の, 半兵衞, 半里, 卓子の, 向うへ, 吾妻橋の, 味方の, 和尚さんの, 圃路に, 地上に, 塀を, 大きな血袋, 大唐紙, 大家さんの, 大野田仁左衞門一と, 奧と, 女として, 女の, 女は, 姫が, 少しでも, 居た, 居たには, 居たもの, 居るから, 居るの, 居るもの, 山あ, 巖の, 店先へ, 廣い, 後をも, 恐しい剛力, 拔萃に, 挨拶も, 振り返つて, 數寄屋橋の, 日本橋から, 本當, 村の, 柳の, 橋架の, 檜皮葺の, 櫻田の, 歸つ, 死せたま, 死んで, 母家へ, 海岸に, 溝川に, 濱へ, 物置の, 玄關に, 町盡の, 疊へ, 白, 白の, 目の, 知合の, 窓格子が, 立つて, 米は, 籾御藏跡へ, 膝が, 臺所の, 舊道を, 舊關所の, 落ちた穴, 落ち相な, 蒟蒻粉で, 藏造りに, 藪の, 行きました, 行きます, 行くかに, 行くだけで, 行くの, 行くやう, 行く一艘, 行ったの, 行つた, 行つたすると, 行つた女が, 表戸, 裏口へ, 裏木戸から, 褄を, 見えます, 見晴しの良い, 言問橋の, 語學が, 足の, 跡を, 途中まで, 進み出で, 遂, 鐵道線路に, 階下へ, 電車通りに, 響きます, 顏を, 高く調子, 黒瑪瑙の, 龍の

▼ 拔~ (165, 6.7%)

16 にし 6 にくい 5 差しの 4 てその, 討に 32 かざし, にこんな, にした, の穴, 刷りを, 去ること, 書きを, 筒で, 足で

1 [109件] あは, あはせ, おもち, か, がたく彼ら, がぶがぶそれ, さう, さへ, その周圍, てうち, てこの, てジョーヴェ, て一時, て其頸, て出雲建, て學校, て後手, て振りあぐれ, て振りあげ, て振り翳し, て曳革, て浪, て淺, て湯, て私, て野猪, て鋭き, て青燈, でやりませう, となつて, とを戰地, と來, と手紙, ながらこんな, にか, にく, にくかつ, にはありません, には聽, に人, に何處, に來, に始ま, に常盤座, に平次, に拔, に致しまし, に行く, に違, に限られ, のお化け, のため, のつもり, のやう, のよう, の博徒, の土地, の場面, の我, の美人, の葉, は無造作, もせず, も法螺, をとりだし, をみのる, をわざわざ, を入れ, を出し, を大事, 一年毎に, 三十五と, 下品な, 且之を, 乍らケロリ, 井戸の, 以て, 出だして, 出で, 去る時, 又それだけ, 取り易い, 右手に, 善美を, 差しなら, 差しも, 帳を, 引き拔, 後ろから, 打ちに, 書きする, 書きで, 書きの, 月の, 植ゑ退く, 樣の, 殘された, 百姓に, 皺を, 盜賊の, 終つたのが, 詳略當を, 足差し足灯の, 身の, 身を, 難い觀念, 飯粒を, 髮を, 黒い揚羽蝶

▼ 拔いた~ (163, 6.6%)

4 のは 3 のだ, のです, のも, やうな, やうに 2 ことが, のである, のでした, のでせう, ものである, 時の, 樣に

1 [130件] お常, お秀, お縫, かて乘つて, か匕首, か長谷倉甚六郎, が, がこいつ, が伊織, が千兩箱, が既に, が死んだ, が汚, が籠, ことには, ことを, ぞ, つもりで, といふぢ, といふの, といふ感じ, といふ酸味, ところから, とすれ, に違げ, のかな, のなら, のを, まま積み重ねた, もの, ものだ, ものに, もの恰度柱にも, やり口は, んだらう, ポンプが, ポーズの, モノに, 一刀用捨も, 一萬兩の, 上で, 上でなけれ, 上に, 上の, 上主人平, 上先妻の, 上平次と, 上床下から, 上柳橋に, 上用意し, 上腹まで, 上近頃は, 下島の, 串に, 二千兩の, 八五郎は, 刀を, 十七八に, 半被を, 四斗樽を, 場所だ, 塔に, 増屋の, 壁の, 大男と, 奧に, 女, 女だ, 女などは, 女の, 奴の, 奴妾を, 小菊には, 巾着を, 平次は, 後の, 感じだ, 懷中物に, 所存を, 手拭それは, 揚句に, 揚句今夜私は, 擧句思案に, 智惠だ, 末知合の, 末麹町九丁目の, 板敷に, 格子, 格子にも, 格子戸を, 桶を, 植木鋏を, 標題の, 樣子です, 樣子は, 樣子も, 殺しで, 港から, 炭取に, 焔は, 煙草を, 物なぞに, 物干, 犬が, 男が, 男に, 疊針, 眞珠の, 眼の, 瞬間の, 穴が, 穴の, 穴へ, 窓の, 竹で, 竹竿で, 筈だ, 紙に, 素直な, 茶釜の, 血染の, 酒に, 酸漿提燈に, 野暮な, 金だ, 金唐革の, 釜の, 雨樋の, 顏だ, 體に

▼ 拔ける~ (125, 5.1%)

11 やうな 6 やうに 3 のが 2 と道, のは, ように, 外には, 時後ろを, 道

1 [93件] か, から悲しい, ことの, ことは, さ, とあと, とさわ, とそいつ, とぞくぞく, とほか, とまた, ともう, とやや, とメシチャンスカヤ街, と三島樣, と上野, と不, と二, と再び, と十勝原野, と可也, と向う, と小池, と山, と巨大, と幾里四方, と廣, と廣小路, と湖, と直ぐ, と眼, と群衆, と自分, と裏, と豁然, と路地, と闇い, と霧, に從つて, のか, のです, ので少し, のと, のに從つて下人, のも, ばかりで, ほどの傷, ほどの凄まじい, ほどの金, ほど刺され, ほど刺す, ほど深く, ほど白く, ほど縫, ほど脇差, やうについて, よ, わけで, んです, オヂュシュウス, 人々は, 仕掛けだ, 仕掛けにな, 口は, 四角から黒い影, 工風を, 平次の, 感じが, 手段が, 才氣と, 拍子に, 掌に, 數は, 方に, 旅人は, 時が, 時に, 時も, 時何うし, 樣に, 氣の, 狹い町の, 猫だ, 甘酢つ, 程の, 程引つ, 筈だつた, 身も, 通路が, 遠慮の, 青銅の, 風が, 風の

▼ 拔~ (112, 4.6%)

4 やうに 3 のは, のを, やうな

2 [12件] ことが, ことの, ことを, と云, のです, ので御, を得べからず, 手も, 時に, 時手早く, 樣な, 隙も

1 [75件] ありき, かも知れん, かわからなかつた, か財布, が早い, こと, ことなどは, ことにな, ことも, こと一伊尺に, こと一房より, こと五千八十八尺の, こと八百七十六メートル男體よりも, こと能はず, ぞ, ために, ための, であらう, と, といふぢ, といふで, といふ時, とかます, とか何とか, ときに, とその, とサツ, と一氣, と中, と僞, と十圓紙幣, と呼吸, と外, と大きな, と少々, と平次, と後, と後悔, と得意, と根, と氣, と石垣, と箱, のだ, ので米, のと, のに, のも, の人, の成算, よ, ような, を知り, 事を, 人は, 其拔方が, 凄い年増, 努力への, 勿れ, 可から, 名御用聞, 夜盜に, 平次だ, 弊が, 役目を, 拳を, 時は, 時倒に, 暇に, 暇も, 氣に, 江戸つ, 筈は, 術も, 間も

▼ 拔~ (53, 2.2%)

17 して 10 ずに 2 したの, ずとも, なきや, なければ

1 [18件] したとしても, したり, したわけぢ, しました, しめて, しめないの, し傳馬町, し六代目, ずす, せまいと, ないで, ない刀, ない麥酒, なかつたに, なかつたので, なかつた所爲, ねば到底, るれば

▼ 拔かれ~ (49, 2.0%)

6 てし 2 て來, て口, て居る

1 [37件] たり, たりする, ちやつたら, てあり, ていじめ, ていまや, てさすが, てしまっ, てしまひました, てもその, ても怨む, ても驚かない, てゐた, てゐない, てゐる, てグウ, て中, て了つたの, て了つた惡魔, て人前, て塵一つ, て少し, て居た, て居ります, て水, て泣く, て疵物, て第, て腰, て裸男, て頭, て默, でもした, どおし, 乍らこれは, 其處から, 氣味で

▼ 拔けな~ (40, 1.6%)

10 話ぢや 4 話だ 2 面を

1 [24件] 事が, 事は, 合圖が, 大變ぢ, 女ぢ, 彌造, 怪我を, 恰好を, 意見などを, 武家が, 犬の, 理窟なら, 男が, 男の, 笑ひ, 聲を, 見世物ぢや, 話さ身請, 足跡なんか, 間違ひ, 面だ, 顏は, 顏を, 髭面だい

▼ 拔かれた~ (35, 1.4%)

3 やうな

1 [32件] あとの, お關, かと思つた, かな, ことも, といふの, と言, に違, のを, ばかりに昨夜, やうに, んだ, んだらう, んです, 上日頃仲が, 四尺の, 小雀の, 小雀を, 平次は, 格子戸にも, 格子造りの, 樣子で, 氣持で, 江戸の, 海老を, 物を, 穴の, 肌の, 藝妓が, 釜や, 顏は, 鳥が

▼ 拔けの~ (35, 1.4%)

3 殼で 2 したやう, した顏

1 [28件] くせに, したもの, した三十七八, した五十がらみ, した人柄, した喜光寺, した奧樣, した氣持, した瀟洒, した瀧五郎, した生活, した精神, した美し, 上天氣である, 平次を, 意地の, 散歩に, 柔弱野郎で, 標準に, 正直者に, 殼の, 氣味で, 氣味でした, 氣持を, 狂態が, 臆病です, 遊びが, 靜寂さに

▼ 拔~ (30, 1.2%)

2 ものぢや, 事を

1 [26件] ことを, ところも, なかなか新鮮, のが, もので, 一種の, 下手人だ, 人間ぢや, 俊秀な, 幽靈ぢ, 才能を, 文句で, 景色を, 法が, 深草の, 狼だらう, 考案を, 者には, 聲なんぞ, 觀察を, 説の, 論が, 議論が, 靴屋な, 顏を, 高い聲

▼ 拔けに~ (27, 1.1%)

1 [27件] あんなお札, して, そんなこと, どうした, なつた, なりさ, ふところ手を, むごい事, 云つた, 來て, 友達が, 奇問を, 奇襲を, 小僧の, 思いも, 怠けた上, 歸る, 歸京を, 泣いて, 聞えます, 聽え, 聽えて, 聽えます, 行つて見る, 覗いて, 頂戴します, 飼ひ

▼ 拔けたやう~ (26, 1.1%)

3 な顏 2 に若人たち

1 [21件] だから, で手, なもの, なガラツ八, な中, な古い, な妙, な寂しい, な男, な病氣, な穴, な空罅, な色男, にガツクリ, にヘタヘタ, に人, に呆然, に椅子, に立つ, に笑つて, に語る

▼ 拔けた~ (22, 0.9%)

2 やうに

1 [20件] か, かういふ問題, か自分自身, とか粹, ところが一二個所, と見る, と言, のが, のださうである, ので私, のやらまたは, ほどの傷, よぼよぼの, ニヤニヤ笑, 光りがと, 大きな穴, 小さい穴, 彌造, 眠さ, 程みじめ

▼ 拔かう~ (16, 0.7%)

4 とした, とする 2 と云, 眞直に 1 かといふ順序, といふ位, としても大きい, とすれ

▼ 拔~ (16, 0.7%)

3 やうな

1 [13件] した奴, つくり, 名人でも, 天理存し, 太刀を, 尺數も, 態之に, 戸に, 技倆を, 歌と, 狡猾, 言に, 誌面や

▼ 拔き出し~ (13, 0.5%)

1 [13件] こを, さらりと, てお, てそつ, てその, ては見る, てやつ, てゐる, て之, て伊東, て同じ, て指, て研究

▼ 拔きたる~ (8, 0.3%)

1 しかも又, なりき, に, に豐, 復讐的手段なりといふも, 槍を, 洞穴の, 者とのみ

▼ 拔けさ~ (8, 0.3%)

2 を笑つて 1 うもない仁體, うもなく此上, がめだつ, に自分, は何, へすれ

▼ 拔かれる~ (7, 0.3%)

1 ことに, ぢや, とどうか, と萬次郎, のだ, ほど取られ, までも言

▼ 拔きの~ (7, 0.3%)

2 美しい娘 1 よく洗, 冷たい事務的, 小風呂敷一つ, 痛々しいほど, 長い大刀箱

▼ 拔いたら~ (6, 0.2%)

1 え, んなら, 人も, 呑牛の, 立派な, 襷を

▼ 拔から~ (6, 0.2%)

3 ぬ顏 1 ず横着, ぬ調子, 轉寫する

▼ 拔かり~ (6, 0.2%)

2 のない 1 がある, たり, のある, もある

▼ 拔きで~ (6, 0.2%)

1 なんとかし, もあり, もしなき, 暫らくは, 最後に, 眉毛を

▼ 拔けたの~ (6, 0.2%)

1 は笛, は紛れ, は緋, を感じた, を溜め, を父さん

▼ 拔けた樣~ (6, 0.2%)

1 な寂しい, な笑聲, な驚喜, に, に墨, に石像

▼ 拔~ (6, 0.2%)

1 やつた, 借りて, 出して, 友だちの, 喜ぶの趣味, 思はしめる

▼ 拔いて~ (5, 0.2%)

1 使つたあとも, 使つたのは, 使へる, 側に, 側へ

▼ 拔いてる~ (5, 0.2%)

1 ことは, な, ものせ, んだ, 暇が

▼ 拔かし~ (5, 0.2%)

1 たらう, の時分, やがつたな, やがる, や俺

▼ 拔かす~ (5, 0.2%)

1 などといふ醜態, に極, ほどの騷, 二本差などは, 當世武士を

▼ 拔かる~ (5, 0.2%)

2 な八, な相手 1

▼ 拔かん~ (5, 0.2%)

2 とする 1 とす, とて, とをり

▼ 拔~ (5, 0.2%)

1 あつて, あらう, い, それは, 小道具と

▼ 拔なる~ (5, 0.2%)

1 を見るべし, ロマンテイツク・スピリツトに, 資質に, 超俗思想と, 黒檜山を

▼ 拔~ (5, 0.2%)

2 して 1 或は嚴正, 背の, 見えても

▼ 拔~ (5, 0.2%)

1 こくツ, の無い, はありません, はあるまい, もあるまい

▼ 拔いで~ (4, 0.2%)

1 お前の, てき, 世話し, 了つた

▼ 拔きました~ (4, 0.2%)

1 がその, が彌, が路用, が近頃

▼ 拔き出す~ (4, 0.2%)

1 と土, と手掴み, のに協力, 一本に

▼ 拔き取り~ (4, 0.2%)

1 て堂内, 有合せの, 籾を, 飯粒を

▼ 拔き足し~ (4, 0.2%)

1 て戻, て母, て行つて, て階子段

▼ 拔けがし~ (4, 0.2%)

1 ていや, てゐた, てゐる, て娘

▼ 拔けながら~ (4, 0.2%)

1 そこが, 彼の, 或時, 運動場の

▼ 拔かれました~ (3, 0.1%)

1 が平次, よ, 檜木官之

▼ 拔きとり~ (3, 0.1%)

1 それを, 扱ひ, 竿を

▼ 拔き去れ~ (3, 0.1%)

1 ば, ば激しき, ば鋭き

▼ 拔き取~ (3, 0.1%)

1 つてない, つて事件により, つて飯粒を

▼ 拔き取つ~ (3, 0.1%)

1 てそれ, てツイ昨日, て打

▼ 拔き取つた~ (3, 0.1%)

1 が火鉢, もので, アルコールを

▼ 拔き取る~ (3, 0.1%)

1 ことを, と鍵穴, やうな

▼ 拔き合せる~ (3, 0.1%)

1 ところまで, と手, のが

▼ 拔くん~ (3, 0.1%)

21 だね

▼ 拔けがした~ (3, 0.1%)

1 と同時に, ものに, 樣子です

▼ 拔けさう~ (3, 0.1%)

1 で, で可, な細い

▼ 拔けたところ~ (3, 0.1%)

1 がある, にあつ, に帝國女優學校

▼ 拔けたもの~ (3, 0.1%)

1 だといふ, であるが, を用意

▼ 拔けた聲~ (3, 0.1%)

1 だが, で答, を張上げ

▼ 拔けねば~ (3, 0.1%)

1 ならないと, ならないのに, ならぬので

▼ 拔けれ~ (3, 0.1%)

1 ば木犀, ば邸町, ば髮

▼ 拔けん~ (3, 0.1%)

2 やうに 1 は罪深し

▼ 拔~ (3, 0.1%)

1 ても管, て支那, て高等學校

▼ 拔~ (3, 0.1%)

1 じ出づる者, ずる術知らず, づるほまれのコオーンかくと

▼ 拔いたつ~ (2, 0.1%)

1 てそんな, て使

▼ 拔いたらし~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ 拔いち~ (2, 0.1%)

1 やいけ, やいけない

▼ 拔きい~ (2, 0.1%)

2

▼ 拔きし~ (2, 0.1%)

1 たり, は猶

▼ 拔きたい~ (2, 0.1%)

1 のだ, のです

▼ 拔きとれ~ (2, 0.1%)

1 ど, ば臟腑

▼ 拔き去り~ (2, 0.1%)

1 て, 彼を

▼ 拔き討ち~ (2, 0.1%)

1 にやつ, に切つて

▼ 拔くに~ (2, 0.1%)

1 も拔, 及びて

▼ 拔けたり~ (2, 0.1%)

1 いろ, したのち

▼ 拔けたん~ (2, 0.1%)

2

▼ 拔けた事~ (2, 0.1%)

1 をしかねない, 夥し

▼ 拔けた足~ (2, 0.1%)

1 で轉, を急がせ

▼ 拔けた頭~ (2, 0.1%)

1 では證據, をした

▼ 拔けなもの~ (2, 0.1%)

2 ぢや

▼ 拔けにな~ (2, 0.1%)

1 つてゐ, つて寢たり

▼ 拔けね~ (2, 0.1%)

1 えが, えぜ

▼ 拔けねえ~ (2, 0.1%)

1 で居んだから, 暫らく念入りに

▼ 拔けは~ (2, 0.1%)

1 させない, 何處に

▼ 拔~ (2, 0.1%)

1 にはさすが, に陶醉

▼ 拔~ (2, 0.1%)

1 云ふ, 言は

▼ 拔~ (2, 0.1%)

1 哀果啄木二人の, 極めて明瞭

▼ 拔三千尺~ (2, 0.1%)

1 の, の高

▼ 拔取られた~ (2, 0.1%)

1 ので他, ものらしい

▼ 拔取る~ (2, 0.1%)

1 だけの話, と共に袋

▼ 拔書き~ (2, 0.1%)

1 をされ, をされた

▼ 拔衣紋~ (2, 0.1%)

1 に成つて, の形

▼1* [190件]

いたらしい小さな寫眞, 拔いたらしく女房の, 拔いたんぢや, 拔いたんだな, 拔えて土手の, 拔かしもすべき腰, 拔かせたところの, 拔かつちやなら, 拔かねえで, 拔かれたせゐでせう, 拔かれたら船の, 拔かれたる觀ありし, 拔かれちまったんです, 拔かれないであつ, 拔かれますよ親分, 拔かれ作り出された美しさ, 拔きかけたま, 拔きしことあり, 拔きし胸にも, 拔きだからあの, 拔きだあれはどう, 拔きつづけるのであつ, 拔きですよ, 拔きで描くべき位置に, 拔きで着て出, 拔きとめて手すさみ, 拔きの上から直, 拔きの人であつ, 拔きの江戸兒である, 拔きの米屋の手代, 拔きの著作部類に屬, 拔きの豪士で大, 拔きの顎を先, 拔きまして葛根湯, 拔きやがつたな, 拔きやして病人, 拔きんじてオイリュウス, 拔き下すつて, 拔き兼ねた樣子です, 拔き出てゐない, 拔き出されて尊重, 拔き出したものであります, 拔き出し伸ばせるだけ手, 拔き出せばかなり, 拔き出せる時の, 拔き割って入る, 拔き去らば本, 拔き去られたのを, 拔き取りたる紡錘の, 拔き取りつ更に鋭利, 拔き取れよ, 拔き合せたところへ, 拔き差しならぬ現實, 拔き得ずヤマトタケルの, 拔き持ちてかの女房, 拔き捨てた栓を, 拔き放さんとしつる, 拔き放ち集へる, 拔き貫き通す實在, 拔き食む間に, 拔ぎになつて貰はなき, 拔くごとき音の, 拔くだけの炯眼, 拔くべからざる説, 拔くべからざる印象を, 拔くべく猛に, 拔くべく起つて窓, 拔くまでのこと, 拔くまいがどうだ, 拔くものである, 拔くも可なれど, 拔くる時惜しい, 拔けうる見込み, 拔けかかつた, 拔けかへし連雀, 拔けから新道へと, 拔けがすらア, 拔けさうに成つたのである, 拔けさ加減を思ひ浮べた, 拔けしたような, 拔けし車のぬ, 拔けずに恭, 拔けせずたゆみなく行く, 拔けたあとを夫婦相對, 拔けたことを言, 拔けたときに怠ける, 拔けたわけで, 拔けたツンツルテンの裾, 拔けた三角形の橋, 拔けた事實は各自, 拔けた人形のやう, 拔けた人物に與, 拔けた人間のやう, 拔けた八丈や何年, 拔けた口から微笑, 拔けた後はあたり, 拔けた息子にいひきかせ, 拔けた恰好をし, 拔けた感じのする, 拔けた握手を交し, 拔けた柄の奴, 拔けた桶のやう, 拔けた樣子で, 拔けた氣の毒, 拔けた状で, 拔けた男の事, 拔けた穴だよ, 拔けた紺の背廣, 拔けた羽目板の穴, 拔けた耳とある, 拔けた脇差を捨て, 拔けた自分の句, 拔けた薔薇の花, 拔けた處のある, 拔けた話で, 拔けた贅澤な生活, 拔けた足袋も一所, 拔けた野良着ボロボロの股引, 拔けた釘穴は丁寧, 拔けた音がする, 拔けた風で立つ, 拔けた體であつ, 拔けた高笑いであつ, 拔けだして次, 拔けだしたといふの, 拔けつ潜りつ筆屋, 拔けつ潛りつ四谷の通り, 拔けてからの方が, 拔けてばかりいて, 拔けても指が, 拔けてもとは思へど, 拔けてをりますが, 拔けでも身分の, 拔けと注意す, 拔けとが各々家族, 拔けどころか相手は, 拔けなところを, 拔けなもんぢや, 拔けほどの意, 拔けや墨汁の, 拔けられちやア困ります, 拔けられず相模屋の, 拔けられたならばこれ等すべて, 拔けられるのであつ, 拔けりヘクト, 拔けをり, 拔こうが拔くまいが, 拔した樣に, 拔するにより賞, 拔樣だ, 拔よ, 拔やありません, 拔つてゐるといふ, 拔それを, 拔でしたが五十二歳, 拔ですが今, 拔ではあるに, 拔でも譯が, 拔なひねくれたもの許りである, 拔にかゆる者, 拔になつて石原利助が, 拔にはなりますが, 拔によつたのである, 拔はさほどに高い, 拔まで出て, 拔ありますが, 拔れでもした, 拔トリツクの妙味, 拔一本勝負をやり, 拔三八〇九呎と書いた, 拔三千五百尺あたりのところ, 拔三文手品豆造弘法樣の石芋, 拔三百五十米位で湖, 拔二千五百尺の蘆, 拔二千尺の峰, 拔六〇〇幾メートルとかに, 拔六百六十尺の小山, 拔出さなかつたことも, 拔出す時も, 拔出せるかどう, 拔取られて居た, 拔取りその皺, 拔幾メートルかの高, 拔懸けの譽れ, 拔文學者の樣, 拔日蓮の英風, 拔眺望もよく, 拔荷扱ひは, 拔豆藏の藝當, 拔野郎で何ん