青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~抱え 抱え~ ~抵抗 抵抗~ ~押 押~ 押え~ ~押し 押し~ 抽象~
拂~
~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~ 招待~ 拭い~ 拳~ ~拵

「拂~」 1110, 12ppm, 9141位

▼ 拂~ (191, 17.2%)

7 を濟 6 をし, をした 4 が出 3 になつ, をする, 下げの 2 ぢや, ながら, の八五郎, の是, を取, 二十ヶ月とよ, 箱に, 給は, 給はむ

1 [141件] あの可愛らしい, かくして彼, がお, がすべて濟ん, がたい雲, が歩いた, が溜つて, が聽, が足りず, が足りない, が足りなかつ, が足りなくなりまし, さる光明かく, そしてその, それでもお前, たり, だけでも二千兩, だけは出, つつ一段, つつ男, て, ては地, て因果, て挽子一人, て武器, て盆暮, て竹村, て良材, て行かん, て隣, どう工面, ながらゆり, ながらカチリ, ながら呼吸, ながら奧, ながら定吉, ながら立ち上つ, ながら立上り, ながら言, ながら起き, など旨く, にされ, にした, にしてやる, になつたん, になり, になる, にはなつた, にもなるでせう, にオド, に一杯, に人間一人, に似, に喧嘩, に困, に當, に籾, に遊ばす, のお, のガラツ八, のダミ聲, の上女, の介抱, の宿料, の幇間, の役, の惡, の期限, の爲め, の警官, はし, はすべて自分, は精, ほどの騷ぎをして, やうが, や小, を, をすます, をすませ, を一つ, を六ヶ敷さうに勘定, を勤める, を挾ん, を檢め, を願, アカイア勢を, サツと, 一つ聞えなかつた, 下げなど, 下げに, 下げは, 下げを, 下げ代金を, 下げ代金三千餘圓の, 下げ運動を, 下げ馬の, 下げ馬七八匹を, 不孝者に, 乍らこの, 乍ら續け, 乍ら苦笑ひ, 二月は, 位から, 其の日, 其間に, 凡そ二十年共計, 出來ない, 努力を, 厭味な, 嚴重なる, 堪忍を, 大小十六把を, 平次は, 度いと, 忽ち柳眉, 或は財寶, 手ま, 指で, 捨つ, 暗雲遠く, 最前も, 東京に, 極く, 海に, 燒き, 窓際へ, 竭さむ, 笠で, 箱で, 箱と, 罪名は, 義雄の, 英武の, 評定衆を, 譜代召遣ひ, 赤い布, 辛うじて腕車, 近代的の, 重複した, 鐵漿を, 靴の

▼ 拂つて~ (145, 13.1%)

7 居ります 6 ゐる, 見ると 3 やつて, ゐて, ゐると 2 しまつ, は又, も, ゐたの, ゐるの, ゐるやう, 借りて, 居る, 置いて

1 [99件] あの娘, あの小屋, ありました, あるので, いつた, いて, お勇, お高, から臺所, から食堂, この時代遲, さて娘, すつくと, そして, その下, その丸々, その妖しく, その足音, ともかく二階, どうやら無理, はない, は居なかつた, もよい, もゐませんでした, も中, も元金, も必ず, も歸, も頬冠, も頭, や, やつて來, やり乍ら, やる, やるからと, やるの, やる先, やんだから, よくする, ゐた, ゐても, ゐないな, ゐなかつた, ゐるとは, ゐる中, ゐる北劍, ゐる多, ゐる此方面, ゐる自分, ゐる譯, をります, 今直ぐ, 住み込み家賃, 住んで, 何やら考, 入つた八五郎, 其の一輪, 凡そ胡散臭, 出されたもの, 動かうとも, 呉れる人, 威張つて, 居たこと, 居たに, 居て, 居ないの, 居りました, 居りますが, 居ります今日, 居りや, 居るか, 居るガラツ八, 居る此四十一萬圓, 早く歸, 更に木の葉, 歪んだ笑, 死んだやう, 渡して, 漬けられて, 漸く二兩纒め, 白い鋼, 立ち上がるの, 立つ, 置くもの, 行く疾風, 見た, 見るの, 説き進みます, 踊り出す, 近附き, 送つて, 逃げて, 開けると, 降りたの, 青白く佇んだ, 頂かなければ, 颯と埃, 飛んだ目, 驚きました

▼ 拂~ (89, 8.0%)

7 やうに 4 ことに 3 ことを, のを 2 ことが, ごと, に由, のかと, のが, のでした, のに, わけにも, 猛火の

1 [54件] だけの小, でせう, にいたる, に異ならず, に當, に等しき, に至らず, に足る, に足るべし, のだ, のである, のに骨, のは, ばかりである, ほど目ざとい, ほど砂, やうな, わけには, を欲, を要す, 中へ, 人でも, 人達と, 凉かぜ音さえ, 前金も, 勇氣今は, 廣告料が, 強き風, 影も, 必要が, 所の, 拍子に, 時や, 時蒲團屋へ, 樣では, 氣に, 渡の, 爲めに, 男一人女二人松葉の, 當が, 瞼の, 程度の, 積りで, 義務が, 羽織の, 者, 者の, 術を, 要あらむ, 追從, 金で, 雪の, 音が, 風に

▼ 拂~ (75, 6.8%)

9 うと 7 なければ, ねば 3 ないで 2 されて, せながら, ないと, ねえこと, れず

1 [39件] う, うとし出した, うとは, ざる報酬, して, しめしこと, しめし女, せた, せたの, せたり, せられた, でむかし, ない, ないうち, ないから, ないだらう, ないの, ない分, なかつた, なかつたり, なかつた人, なきや, なけりや, ぬが, ぬと, ぬので, ぬらしく下界, ぬ一人, ぬ庭, ぬ者, ねば止むまい, れずに, れること, れるの, れる事, れる方, れる時, れる間, れんこと

▼ 拂~ (29, 2.6%)

3 てやりました 2 たりする, てくれ, てくれる, てしまひました

1 [18件] たらしく常に, たりした, たり中, たり拂, たり皮, ちやつた, ちや居ないだらう, ている, ておい, てき, てくれた, てくれない, てしまはう, てしまひます, てしまへ, てやる, てやれ, てるよ

▼ 拂はれ~ (26, 2.3%)

2 てし, て居るなら

1 [22件] さへ, その跡, て, てあつ, てある, てかめづらしく, てその, てぱたぱたと疊, てゐた, てゐる, てイワン, て仕舞つたの, て他, て何ん, て漢詩, て現在, て箒目, て素直, て見る, て隈, やうが, 又た

▼ 拂つた~ (25, 2.3%)

2 やうな

1 [23件] かも知れません, か寢, か貴方, が, が小, が硯箱, ことで, ことに, その男, だけのことぢ, つもりです, で, と云, に相違, のであつ, のみで, ものだつた, ものです, よ, らしい, んだ, 全く裸, 筈ぢや

▼ 拂~ (22, 2.0%)

3

1 [19件] さうも, たこと, ない, ないから, ないと, ないといふ, ないに, ないばかりに, ないやう, ない場合, なかつたら貸して, なかつたん, なかつた店賃, なくて, ねえこと, ばとて, ば取すがり突き放せ, やせんぢ, よう

▼ 拂ふと~ (18, 1.6%)

2 中には

1 [16件] いふ事, いふ氣持がち, かするの, か工夫, これも, すつかり, すれど, すれば, でもいふ, ガラツ八は, 後をも, 早桶の, 末野に, 欝血散じ, 燦爛として, 續く

▼ 拂~ (13, 1.2%)

2 ことが, ように, 行事を 1 がそれ, のである, 意である, 時分には, 積りである, 行事, 風習である

▼ 拂はれた~ (13, 1.2%)

1 [13件] から碑亭, ことが, ことと, という, のであります, ま, んです, 一度は, 事實は, 四十男外に, 穢い卯平, 空隙が, 草が

▼ 拂って~ (12, 1.1%)

1 [12件] いた, いて, いては, いるの, くれるの, やって, 居る三人, 引き揚げたの, 来て, 歸って, 起き上った光子, 非常識きわまる

▼ 拂下げ~ (11, 1.0%)

1 [11件] て, てし, てよこす, てタツタ一萬一千百圓, て其跡, になつ, になつて枝, になり, を受けた, を願, 七千六百町は

▼ 拂~ (10, 0.9%)

1 さて一緒, だぞ, ては鷄, て中, て羅, ながら矢, にし, の先生, 又來, 此の

▼ 拂つたの~ (9, 0.8%)

1 か, が充分, だね, であらう, である, でした, は何, は義雄, を見すまし

▼ 拂った~ (8, 0.7%)

1 に相違, のかい, ような, 揚句前後不覚に, 明晰な, 時なんかに, 時少年は, 聲で

▼ 拂はず~ (8, 0.7%)

1 に, に一夕カフエー, に其處, に又, に四五日前, に威張り返, に立て, に長火鉢

▼ 拂ひも~ (8, 0.7%)

1 あへず, ありません, しないで, どして, ないせゐ, ならずその, ならずまア, 其の吐月峯

▼ 拂ひ退け~ (8, 0.7%)

1 て屹, て必死, て邪魔, でもする, ながら, やうの, 内儀の, 齒を

▼ 拂ひ落し~ (7, 0.6%)

1 たり爪, て, てさしあげたく存じまし, てみる, て物, ながら家, ながら父親

▼ 拂へば~ (7, 0.6%)

1 半面を, 又三月, 咽喉白く, 愁然たる, 拂ふ, 昏惘として, 遙に

▼ 拂~ (7, 0.6%)

2 して 1 あまり勘考, したま, 多少づつ遲, 濟ました, 通つて鵡川に

▼ 拂ふも~ (6, 0.5%)

4 のは 1 のが, のなり

▼ 拂下げた~ (6, 0.5%)

1 のは, 其失策を, 夫で, 是が, 時から, 爲に

▼ 拂つた態度~ (5, 0.5%)

1 から押し, です, で火打鎌, など, に一種

▼ 拂ひのける~ (5, 0.5%)

2 ことが 1 やうな, 事は, 勇氣も

▼ 拂ひました~ (5, 0.5%)

21 が中, が戸締り, が霙

▼ 拂ふこ~ (5, 0.5%)

1 とあら, となく, とによつ, ともなく, とも出

▼ 拂~ (4, 0.4%)

1 ことで, 傳票に, 大號令, 改正令が

▼ 拂ひのけ~ (4, 0.4%)

1 てくれます, て久吉, ながら起き上る, やうと

▼ 拂ひ退ける~ (4, 0.4%)

2 やうに 1 ことが, ために

▼ 拂へる~ (4, 0.4%)

1 なり, 後に, 目が, 筈だ

▼ 拂いのける~ (3, 0.3%)

1 ことが, ことの, ように

▼ 拂つてやつ~ (3, 0.3%)

21 たりどうやら

▼ 拂つて仕舞~ (3, 0.3%)

1 つた, ふといふ, へ若し

▼ 拂つて貰~ (3, 0.3%)

1 つた, ひ度さ, ふわけ

▼ 拂ひたる~ (3, 0.3%)

1 ため庭あらたなる, ものに, 噂こそ

▼ 拂ひま~ (3, 0.3%)

2 しよな 1 でして

▼ 拂ふため~ (3, 0.3%)

1 ださうである, に夜, に給料

▼ 拂ふべき~ (3, 0.3%)

1 は遠, ものが, 金いと

▼ 拂うて~ (2, 0.2%)

1 も澁, 特定の

▼ 拂~ (2, 0.2%)

1 七圓を, 三十二圓も

▼ 拂っても~ (2, 0.2%)

1 いないらしい, 中斷

▼ 拂つたら~ (2, 0.2%)

1 文句は, 身體くらゐ

▼ 拂つた樣子~ (2, 0.2%)

1 が不思議, が小憎らしく

▼ 拂つた苦心~ (2, 0.2%)

1 とを併せ, にどんなに

▼ 拂つてこれ~ (2, 0.2%)

1 だけ入る, に馳走

▼ 拂つてむつくり~ (2, 0.2%)

2 と半身起上つて

▼ 拂つて云~ (2, 0.2%)

1 つた, つたな

▼ 拂つて八五郎~ (2, 0.2%)

1 に見張らせた, の鼻

▼ 拂つて殘~ (2, 0.2%)

1 つたら大福餅, りは

▼ 拂つて燒~ (2, 0.2%)

1 いた火傷, け死んだ

▼ 拂つて言~ (2, 0.2%)

1 つた, ふ言葉

▼ 拂~ (2, 0.2%)

1 なり八百屋, 注進

▼ 拂はう~ (2, 0.2%)

1 とても鎭まつ, と露臺

▼ 拂はせる~ (2, 0.2%)

1 ことに, ほどのこと

▼ 拂はるべきである~ (2, 0.2%)

1 からである, 事を

▼ 拂はれました~ (2, 0.2%)

1 から見通し, がその

▼ 拂ひあげ~ (2, 0.2%)

1 て白き, ながら一人

▼ 拂ひし~ (2, 0.2%)

1 劍禁軍の, 語の

▼ 拂ひで~ (2, 0.2%)

1 もする, 借りてるのよ

▼ 拂ひと~ (2, 0.2%)

1 おもふ, 云ふ

▼ 拂ひも敢~ (2, 0.2%)

1 へず, へぬ

▼ 拂ひ下げられ~ (2, 0.2%)

1 たりとぞ, て木

▼ 拂ひ棄て~ (2, 0.2%)

1 ながら愛相, 淨き

▼ 拂へと~ (2, 0.2%)

1 莊公は, 言ひ出した

▼ 拂らつて~ (2, 0.2%)

1 やるの, 逃げま

▼ 拂~ (2, 0.2%)

1 て平筆, て節約

▼ 拂下げました~ (2, 0.2%)

1 のです, 三千七百町と

▼1* [239件]

あづかりの前, 拂いのけでもする, 拂いのけ捲上げカーテンを, 拂いましたのでお, 拂うだろうと思う, 拂おうとするの, 拂かうとした, 拂やら, 拂けてゐるので, 拂て而, 拂といふ冬至, 拂ってるにした, 拂つたあとでなければと, 拂つたお金が三百圓そこそこ, 拂つたもとの店, 拂つた一刀の激しい, 拂つた上駕籠に乘, 拂つた丹之丞, 拂つた主人も今度, 拂つた事を得, 拂つた僕の多く, 拂つた其顏が着, 拂つた刀に仲間, 拂つた利息で石燈籠, 拂つた吾妻屋永左衞門の言葉, 拂つた圓三郎の頬桁, 拂つた多之助, 拂つた女は低い, 拂つた家内が又, 拂つた幇間なんかに附き, 拂つた彦四郎貞宗の一刀, 拂つた彦太郎に比べ, 拂つた後に殘, 拂つた恐怖の念, 拂つた手に彈, 拂つた方正に兄, 拂つた曲者だが, 拂つた樂しみを思ふ, 拂つた樣にからり, 拂つた此の春, 拂つた眞似なんか, 拂つた絲のやう, 拂つた聲で斯, 拂つた聲錢形平次はそれ, 拂つた自然の築山, 拂つた處置振りです, 拂つた裸かの短刀, 拂つた親しみはこの, 拂つた金で大, 拂つた靜かな姿, 拂つた顏を出した, 拂つてここに誰, 拂つてしまへツ, 拂つてそこへ藁莚, 拂つてそれは冷淡, 拂つてぢきに, 拂つてなほ大分に殘, 拂つてめいめいの話聲, 拂つてるのか, 拂つてオフイスへ出かける, 拂つてキツと見渡す, 拂つてホテルを出, 拂つて一時下宿屋生活をする, 拂つて三百に押, 拂つて三階をあげ, 拂つて下男部屋へもぐり込んだ, 拂つて二臺の大八車, 拂つて二階から降り, 拂つて井戸へ落ち, 拂つて人の云, 拂つて人間が變, 拂つて何處が惡い, 拂つて俥で家, 拂つて俺もまだ, 拂つて八兩の金, 拂つて動物園へ入, 拂つて卷煙草を袂, 拂つて四方を眺めました, 拂つて夜の明ける, 拂つて夜分とは違つた靜, 拂つて夜更けに歸, 拂つて女房のお, 拂つて姿を消し, 拂つて子分のガラツ八, 拂つて家へ歸, 拂つて容易に立ち上がり, 拂つて屹と屹立, 拂つて工事總額二千九百何十圓といふ巍然, 拂つて左右良の別邸, 拂つて席を立ち, 拂つて平次はもう一度, 拂つて店には私, 拂つて悠然として教, 拂つて懷へ手, 拂つて懷紙をキリキリ, 拂つて手代喜三郎とたつた, 拂つて手負猪の樣, 拂つて手酌でコツプ酒, 拂つて施行されんこと, 拂つて日が暮れる, 拂つて昨夜遲く歸つて來, 拂つて時鳥を見る, 拂つて朱塗に成つて, 拂つて東京へ來, 拂つて椽側に腰, 拂つて樂しむ見物, 拂つて檢死を待つ, 拂つて歸つたところ, 拂つて歸つて來たこと, 拂つて歸朝の途, 拂つて死屍に鞭, 拂つて死骸の前, 拂つて殘つてゐるの, 拂つて母一人を安, 拂つて母親の老後, 拂つて火の箭, 拂つて爺やの手, 拂つて畢へば既に, 拂つて移つて來たばかり, 拂つて笑つて居ります, 拂つて管を卷い, 拂つて美人の孤家, 拂つて美少年を藏す, 拂つて聽きましたけれども, 拂つて腰を伸ばします, 拂つて自分の態度, 拂つて自火を出し, 拂つて舞臺を見, 拂つて船首へと吹き出し, 拂つて花の霞, 拂つて花嫁の最期, 拂つて蓋を開ける, 拂つて藝者と共に電車, 拂つて蘇つたかのやう, 拂つて親類會議のお, 拂つて詞をつづけた, 拂つて買取つたら自分, 拂つて車の中, 拂つて錦葉に似, 拂つて長夜に憐む, 拂つて門の中, 拂つて階子段の上, 拂つて餘裕が無い, 拂つて鴛鴦の床, 拂皆濟たる, 拂とか節季候とか, 拂として殘つて居る, 拂拂つ, 拂にと少しばかり, 拂には開けなければ, 拂ば, 拂はずして即ち, 拂はず女房のお, 拂はせて, 拂はむと置炬燵, 拂はれし時我等は, 拂はれたひにや好い, 拂はれない爲めまご, 拂はれなきや喜ん, 拂はれぬので活字函, 拂はれ消えて天, 拂はんでもいい, 拂ひおとしたやうに, 拂ひか何かに, 拂ひかけた途端, 拂ひかねて五尺, 拂ひきよめるため, 拂ひきれぬ涙を, 拂ひすて大, 拂ひするつもりで, 拂ひたればいざ, 拂ひだよ錢形, 拂ひつくして心, 拂ひと吐月峯を叩く, 拂ひと煙草を一つ, 拂ひなら半歳も溜める, 拂ひますよ, 拂ひも一とき保證して, 拂ひも出來ないの, 拂ひも武家も御用聞, 拂ひも滯らず身裝, 拂ひも若い衆が行, 拂ひよお前さんの飯, 拂ひらしく先に, 拂ひ下げることで, 拂ひ下さるとの事, 拂ひ去られ唯だ, 拂ひ去り斯くて, 拂ひ去り脱ぎし衣を, 拂ひ呉れたり, 拂ひ思はず頤を, 拂ひ消すめり, 拂ひ納めるものは, 拂ひ罵辱の, 拂ひ落さうとする, 拂ひ落された樣子です, 拂ひ落したやうな, 拂ひ落すやうに, 拂ひ落せば新, 拂ひ落せるものか, 拂ひ込まねばならん, 拂ひ込む日は, 拂ひ込んであるからそれ, 拂ひ退けたほどです, 拂ひ退けたい氣持から, 拂ひ退けねば成らぬ, 拂ひ退けるべく二三度激しく, 拂ひ過けるやうに, 拂ひ除けつつ改めて, 拂ひ除けようとした, 拂ひ除けるかのやう, 拂ふお金だつたさうでございます, 拂ふかするまで, 拂ふかして置い, 拂ふから荷物はよこせ, 拂ふその轟き, 拂ふた時此城が最後, 拂ふて河を, 拂ふところへ拂, 拂ふべく徹宵守護に, 拂ふらむわが, 拂ふんですもの, 拂ふんださうで良い術, 拂ふ唸る喚く慘憺たる, 拂へとのことだ, 拂滯り, 拂へば又, 拂るれば心, 拂て地動, 拂なければ, 拂わしてやる, 拂われて出雲, 拂われるとする, 拂わんし心あたり, 拂をもせぬ故, 拂退ケル, 拂下げまして又, 拂下げるやうに, 拂掃除には